Cisco Preferred Architecture�F���K�͎s���������

中堅・中小企業の音声向けシスコ
プリファード アーキテクチャ
設計の概要
2014 年 3 月
目次
はじめに .................................................................................................................................... 1
シスコ プリファード アーキテクチャについて................................................................................ 1
このマニュアルについて............................................................................................................ 1
概要 ......................................................................................................................................... 2
テクノロジーの使用例 ............................................................................................................... 2
アーキテクチャの概要 .............................................................................................................. 2
Cisco Business Edition 6000 .................................................................................................. 4
コア アプリケーション ........................................................................................................... 4
高可用性............................................................................................................................ 5
シスコ サービス統合型ルータ.................................................................................................... 5
エンドポイント ............................................................................................................................. 7
推奨される導入方法................................................................................................................. 7
Cisco Unified IP Phone ..................................................................................................... 8
Cisco Jabber ..................................................................................................................... 8
コール制御 ................................................................................................................................ 9
推奨される導入方法............................................................................................................... 10
利点 ...................................................................................................................................... 10
導入のベスト プラクティス ....................................................................................................... 10
Cisco Unified Communications Manager および IM and Presence Service ..................... 10
パブリッシャ - サブスクライバ型の導入モデル ............................................................... 10
SIP トランキングの推奨事項 ......................................................................................... 11
Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony ........................................................... 11
ダイヤル プラン ................................................................................................................ 12
エンドポイントのアドレッシング ...................................................................................... 12
サービス クラス ........................................................................................................... 13
会議 ....................................................................................................................................... 15
推奨される導入方法............................................................................................................... 16
音声会議.......................................................................................................................... 16
利点 ...................................................................................................................................... 16
導入のベスト プラクティス ....................................................................................................... 16
音声会議.......................................................................................................................... 16
サイジングの留意事項 ................................................................................................. 16
アーキテクチャ ............................................................................................................ 17
コラボレーション エッジ .............................................................................................................. 18
推奨される導入方法............................................................................................................... 19
本社................................................................................................................................. 19
リモート サイト .................................................................................................................. 19
目次
テレワーカー サイト ........................................................................................................... 19
利点 ...................................................................................................................................... 19
導入のベスト プラクティス ....................................................................................................... 19
PSTN ゲートウェイ ............................................................................................................ 19
Virtual Private Network:バーチャル プライベート ネットワーク ............................................ 20
Cisco Expressway ........................................................................................................... 20
Cisco Expressway Core ................................................................................................. 21
Cisco Expressway Edge ................................................................................................. 21
ライセンス ........................................................................................................................ 21
アプリケーション ....................................................................................................................... 22
Cisco Unity Connection ........................................................................................................ 23
推奨される導入方法 ......................................................................................................... 23
利点................................................................................................................................. 23
導入のベスト プラクティス .................................................................................................. 23
Cisco Unified Contact Center Express ................................................................................. 24
推奨される導入方法 ......................................................................................................... 24
利点................................................................................................................................. 24
導入のベスト プラクティス .................................................................................................. 25
Cisco Prime Collaboration Provisioning Standard ................................................................. 25
推奨される導入方法 ......................................................................................................... 25
利点................................................................................................................................. 25
付録 ....................................................................................................................................... 26
製品リスト .............................................................................................................................. 26
ライセンス オプション .............................................................................................................. 26
サンプル発注 ......................................................................................................................... 27
サンプルの部品表 .................................................................................................................. 28
目次
はじめに
はじめに
シスコ プリファード アーキテクチャは、組織の一般的な使用例に基づいて、特定の市場セグメント向けに推奨さ
れる導入モデルを提供するものです。このアーキテクチャには、シスコの音声、ビデオ、コラボレーション ポート
フォリオの中から対象の市場セグメントおよび定義済みの使用例に最適な一部の製品が組み込まれています。
これらの導入モデルは、規範的で、すぐに使用でき、組織のビジネス ニーズの変化に合わせて拡張できるよう
に構築されています。この規範的なアプローチにより、複数のシステムレベルのコンポーネントの統合が容易に
なり、組織のビジネス ニーズに応じた導入モデルを選択することが可能になります。
シスコ プリファード アーキテクチャについて
1. シスコ プリファード アーキテクチャ(CPA)設計の概要ガイドは、顧客と営業チームが組織のビジネス
要件に基づく適切なアーキテクチャの選択、アーキテクチャで使用されている製品の理解、また、一般
的な設計のベスト プラクティスの把握に役立ちます。これらのガイドで、営業プロセスを支援します。
2. シスコ検証済みデザイン(CVD)ガイドには、シスコ プリファード アーキテクチャのコンポーネントを導入
するための詳細な手順が記載されています。これらのガイドは、計画、導入、実装(PDI)を支援します。
3. シスコ コラボレーション ソリューション リファレンス ネットワーク デザイン(SRND)ガイドには、シスコの
コラボレーションのための詳細な設計オプションが記載されています。このガイドは、設計要件がシスコ
プリファード アーキテクチャの範囲に含まれていない場合に参照します。
このマニュアルについて
『中堅・中小企業の音声向けシスコ プリファード アーキテクチャ設計の概要』(以下「中堅・中小企業の音声向け
CPA」)は、以下の読者を対象にしています。
 音声通信環境を販売および設計する営業チーム
 シスコの音声アーキテクチャ全体と、そのコンポーネント、設計上の一般的なベスト プラクティスを理解
したいと考えている顧客および営業チーム
このガイドの読者は、シスコの音声、ビデオ、コラボレーション製品についての一般的な知識を持ち、これらの製
品の導入方法についての基礎を理解している必要があります。
このガイドには、設計および販売プロセスを単純化するために、次の内容が含まれています。
 中堅・中小企業向けに構築され、この市場向けに適切な機能セットを提供する、シスコ音声ポートフォリ
オに含まれる製品の推奨
 中堅・中小企業向け音声アーキテクチャの詳細な説明と、中堅・中小企業組織に導入する場合の一般
的なベスト プラクティスの特定
 中堅・中小企業向け料金を対象とする製品の部品表(BoM)の例の記載
このアーキテクチャの計画、導入、実装の詳細については、次の CVD を参照してください。
 『Unified Communications Using Cisco BE6000 Technology Design Guide(Cisco BE6000 を使
用したユニファイド コミュニケーション テクノロジー設計ガイド)』
 『Help Desk Using Cisco UCCX Technology Design Guide(Cisco UCCX を使用したヘルプ デスク
テクノロジー設計ガイド)』
 『Collaboration Edge Using Cisco BE6000 Technology Design Guide(Cisco BE6000 を使用した
コラボレーション エッジ テクノロジー設計ガイド)』
1 ページ
概要
概要
テレフォニー サービスに対するビジネス ニーズは新しいものではなく、時分割多重(TDM)の代わりにインター
ネット プロトコル(IP)テレフォニーを使用することが主流になったと提唱する人も多くいます。他のコミュニケーシ
ョン ツールやコラボレーション ツールとシームレスに相互運用できるテレフォニー ソリューションを配置すれば、
組織は大きな価値を得ることができます。
職場におけるモビリティの増加と、エンド ユーザ デバイスの変化により、組織は、従業員がいる場所にテレフォ
ニーを拡大する必要性に迫られていますが、多くの場合、組織の物理的な建物の壁を超えて拡大することにな
ります。また、スマートフォン、ソーシャル メディア、パーソナル コミュニケーション アプリケーションが相次いで
開発され、個人の生活に広く採り入れられています。
コラボレーション アプリケーションの進化と、新しいテクノロジーの個人生活への採用により、個人は新しいコラ
ボレーション ツールを職場で使用したいと考えるだけでなく、それを期待し始めています。組織は、従業員が迅
速に採用し最大限の価値がもたらされるコミュニケーション アプリケーションを提供することを快く受け止めるこ
とができるようになりました。これらの新しいツールによって組織のビジネス プロセス全体が向上し、従業員の
生産性が高まり、ビジネス パートナーおよび顧客とのコミュニケーションのための革新的な方法を見出すことが
できます。
テクノロジーの使用例
組織は、ビジネス プロセスを効率化し、従業員の生産性を最適化し、音声サービスをビジネス プロセスに統合
することを望んでいます。中堅・中小企業の音声向け CPA を採用すれば、組織は生産性の向上をすぐに実感
し、現在導入している音声システムにさらなる価値を加えることができます。また、次に示すテクノロジーの使用
例では、組織がモバイル ワーカーとリモート ワーカーのための機能を強化する一方で、これらの領域により高
い価値を提供します。
 在宅勤務者とブランチ オフィスをサポート:従業員は、サテライト オフィス、ホーム オフィス、出張先な
ど、複数の場所で働くことが可能になります。
 コミュニケーション インフラストラクチャを統合:音声とデータを 1 つの IP ネットワークにまとめて管理を
シンプルにし、効率的なコミュニケーションをサポートします。
シスコの音声テクノロジーに関する情報と使用例は、Cisco.com で入手できます。
アーキテクチャの概要
中堅・中小企業の音声向け CPA は、エンドツーエンドの音声通信であり、最大で 1,000 人のユーザをサポー
トします。このアーキテクチャでは、重要なアプリケーションのための高可用性が確保され、中堅・中小企業向け
に開発および価格付けされた製品が使用されています。アーキテクチャ全体で提供される一貫したユーザ エク
スペリエンスにより、ユーザへの適用も迅速で、その投資に対する価値をすぐに実感することができます。また、
このアーキテクチャでは、次の主要なサービスを通じて、モバイル ワーカー、パートナー、顧客を対象とする高
度なサービス セットがサポートされます。
 音声通信
 インスタント メッセージおよびプレゼンス
 音声会議
 モバイル ワーカーとリモート ワーカーへの対応
 統一されたボイスメッセージング
 カスタマー ケア
2 ページ
図 1 に示す中堅・中小企業の音声向け CPA は、可用性が高くセキュアな、集中型のサービスを提供します。
これらのサービスは、リモート オフィスおよびモバイル ワーカーに容易に拡張でき、本社との通信が失われた
場合でも重要なサービスの可用性を確保します。また、サービスの集中化により、組織の音声導入の管理と運
用がシンプルになります。
図 1 - 中堅・中小企業の音声向けシスコ プリファード アーキテクチャ
表 1 に、このアーキテクチャに含まれる製品の一覧を示します。単純化のために製品をモジュールに分け、
分類と役割の定義がしやすいようにしてあります。このガイドの内容は、同じモジュールに整理されます。
表 1 - 中堅・中小企業の音声向けシスコ プリファード アーキテクチャのコンポーネント
モジュール
コンポーネント
説明
コール制御
Cisco Unified Communications Manager
(Cisco Unified CM)
エンドポイントの登録、呼処理、メディア リソー
ス管理機能を提供します。
Cisco Unified Communications Manager
IM & Presence Service(IM and Presence
Service)
インスタント メッセージおよびプレゼンス サー
ビスを提供します。
シスコ サービス統合型ルータ(Cisco ISR)
Survivable Remote Site Telephony(SRST)
機能を提供します。
エンドポイント
Cisco Unified IP Phone および Cisco
Jabber
リアルタイムの音声、ビデオ、インスタント メッ
セージ コミュニケーションを実現します。
会議
Cisco ISR
音声会議リソースを提供します。
3 ページ
概要
シスコのエンドポイントが備えている適合性と IP ネットワークのサポートにより、このアーキテクチャでは、組織
に現在あるネットワークを使用してボイスコールをサポートできます。一般的なベスト プラクティスとして、音声
ソリューションは、ネットワーク全体で適切な Quality of Service(QoS)を設定して導入します。ユーザ エクス
ペリエンスを確保し、遅延、損失、ジッターなどの悪影響を避けるために、音声 IP トラフィックを分類し優先させ
る必要があります。LAN および WAN の QoS の詳細については、Cisco Collaboration SRND を参照してく
ださい。
コンポーネント
説明
コラボレーション エッジ
Cisco Expressway Core
サードパーティ システムとの相互運用性とファ
イアウォール トラバーサルを実現します。
Cisco Expressway Edge
Cisco Unified CM へのリモート エンドポイント
登録をサポートします。
Cisco ISR
公衆電話交換網(PSTN)または Cisco Unified
Border Element(CUBE)接続を提供します。
Cisco Unity Connection (Unity
Connection)
ユニファイド メッセージング サービスとボイス
メール サービスを提供します。
Cisco Unified Contact Center
Express(Unified CCX)
カスタマー インタラクション管理サービスを提供
します。
Cisco Prime Collaboration Provisioning
Standard
シスコ ユニファイド コミュニケーション アプリケ
ーションを提供します。
アプリケーション
Cisco Business Edition 6000
Cisco BE 6000 は、従業員 1,000 人以下の中堅・中小企業組織に特化して設計されたパッケージであり、
このアーキテクチャの基礎となるものです。Cisco BE 6000 は、仮想化された Cisco Unified Computing
System(Cisco UCS)上に構築されており、プレインストールされた仮想化ハイパーバイザとアプリケーション
インストール ファイルを使用して準備され、すぐに使用できるようになっています。Cisco BE 6000 ソリューショ
ンでは、1 つの統合プラットフォームで高品質の音声、ビデオ、メッセージング、インスタント メッセージとプレゼ
ンス、コンタクト センターの機能を提供しています。Cisco BE 6000 の詳細については、データ シートを参照し
てください。
コア アプリケーション
中堅・中小企業の音声向け CPA は、2 台の Cisco BE 6000 高密度サーバ上に構築され、アーキテクチャ内
のアプリケーションに対する高可用性が確保されています。複数のアプリケーションを 1 台のサーバで仮想化
することにより、コスト、ラック スペース、電力要件の削減が可能となり、導入と管理が簡単になります。また、
仮想化することで、組織のニーズの変化に合わせた、ハードウェアの再導入とソフトウェア アプリケーションの
拡張にも対応できます。
図 2 - Cisco BE 6000 アプリケーション
4 ページ
概要
モジュール
 Cisco Unified Communications Manager
 Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service
 Cisco Unity Connection
 Expressway Core と Expressway Edge からなる Cisco Expressway
 Cisco Unified Contact Center Express
必ず冗長な構成を導入し、重要なビジネス アプリケーションのために最大限の可用性を提供することをお勧め
します。ただし、完全な冗長性が不要な組織では、冗長でない Cisco BE 6000 サーバ構成を導入することもで
きます。
注
Cisco BE 6000 では、Cisco Emergency Responder や Singlewire InformaCast などの、2 つの追加の
Cisco UC アプリケーションのためのスペースを利用できます。
高可用性
中堅・中小企業の音声向け CPA の設計には、導入するすべてのアプリケーションに対する高可用性が含まれ
ています。これらのサービスは、プライマリ Cisco BE 6000 サーバでコンポーネントが障害になった場合にも維
持されます。高可用性は、導入するすべての Cisco Unified Communications アプリケーションの下位にある
クラスタリング メカニズムによって実現されます。
クラスタリングを使用することで、導入したアプリケーションの管理と設定を、それらのアプリケーションのバック
アップ インスタンスに複製できます。いずれかのアプリケーション インスタンスに障害が発生すると、シスコ
ユニファイド コミュニケーション サービス(エンドポイント登録、呼処理、メッセージングなど)は、アプリケーショ
ンの残りのインスタンスで動作を継続します。このプロセスは、組織のユーザにとって透過的です。クラスタリン
グに加えて、中堅・中小企業の音声向け CPA の設計では、冗長な電源、ネットワーク接続、ディスク アレイの
使用を通じて高可用性が確保されています。
シスコ サービス統合型ルータ
シスコ サービス統合型ルータ(Cisco ISR)は、ワイドエリア ネットワーク(WAN)サービスとシスコ ユニファイド
コミュニケーション サービスを単一のプラットフォームで提供します。本アーキテクチャでは、Cisco ISR は次の
機能を提供することができます(図 3)。
 Cisco Unified CM 向けの音声会議ブリッジ
 インターネットへの外部接続
 IP ルーティング サービスとネットワーク サービス(DHCP、DNS、NTP など)
 WAN 障害時のコールを可能にする Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony(SRST)
 公衆電話交換網(PSTN)またはセッション開始プロトコル(SIP)のための Cisco Unified Border
Element(CUBE)への音声ゲートウェイ
 サービス プロバイダーへの統合されたデータおよび音声接続
 組織のネットワークに対するマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)WAN 接続
 VPN コンセントレータへのセキュアなトンネルを確立するためのバーチャル プライベート ネットワーク
(VPN)クライアント
5 ページ
概要
このアーキテクチャでは、以下の 6 つのアプリケーションと Cisco Prime Collaboration Provisioning
Standard が 1 台の Cisco BE 6000 サーバに導入され、6 つのアプリケーションそれぞれの第 2 のインスタン
スは、第 2 の Cisco BE 6000 サーバに導入されます。これにより、ハードウェアとソフトウェアの冗長性が得ら
れます。
概要
図 3 - Cisco ISR の機能
Cisco ISR ルータには、ワイヤレス コントローラや VMware ESXi サーバなどのアドオン モジュールをサポートす
るための、追加のスロットがあります。さまざまな Cisco ISR ルータ モデルを使用して、さまざまな機能のサポー
ト、拡張、追加のサービスへの対応を行うことができます。このモジュラ設計により、Cisco ISR は、本社、リモート
ロケーション、ブランチ ロケーションに導入できます。Cisco ISR の詳細については、データ シートを参照してくだ
さい。
6 ページ
エンドポイント
シスコでは、幅広い特長、機能、ユーザ エクスペリエンスを備えたエンドポイントを提供しています。低コストの単
回線の電話機やソフトクライアントから、カラー ディスプレイを備えたハイエンドの複数回線電話機まで、エンド
ポイントにはさまざまな製品があるため、ユーザのニーズを満たす適切なエンドポイントを導入できます(図 4)。
また、これらのデバイスを使用すると、ユーザは、次のような複数の通信サービスにアクセスできます。
 音声コール
 会議
 ボイスメール
 プレゼンス
 インスタント メッセージ(Cisco Jabber)
図 4 - エンドポイント向けのアーキテクチャ
推奨される導入方法
Cisco Unified CM は、この導入におけるコール制御サーバであるため、シスコの IP フォンを Cisco Unified
CM に登録するためには SIP を使用する必要があります。Cisco Unified CM クラスタのフェールオーバー
メカニズムは、エンドポイント登録の冗長性を提供します。WAN の障害が発生し、リモート ロケーションのエンド
ポイントが Cisco Unified CM に登録できない場合、エンドポイントはローカルおよび PSTN コールのために
SRST 機能を使用します。ただし、ボイスメールやプレゼンスなど、一部のサービスが利用できない可能性があ
ります。
推奨されるエンドポイントは以下のとおりですが、その理由は、これらのエンドポイントでは、この設計に最適な
機能が、中堅・中小企業向けの料金で提供されるからです。シスコには、さまざまな特徴と機能を備えた各種の
エンドポイントがあり、組織のビジネス ニーズを満たすためにこれらのエンドポイントを使用することもできます。
7 ページ
エンドポイント
p
製品
Cisco Unified IP Phone 6901
説明
1
Cisco Unified IP Phone 7800 シリーズ
共有スペース、単回線電話機
1
一般的なオフィス使用、複数回線電話機
1
Cisco Unified IP Phone 8900 または 9900 シリーズ
一般的なオフィス使用、ビデオ電話
Cisco Unified IP Phone 8831 1
IP 会議電話
1. Cisco Expressway のモバイル機能とリモート アクセス機能はサポートされません。Cisco Expressway の詳細については、18 ペー
ジの「Collaboration Edge」を参照してください。
Cisco Jabber
製品1
説明
モバイル
モバイル デバイスとパーソナル コンピュータ向けの、音声、ボイスメー
ル、インスタント メッセージ、プレゼンス機能が内蔵されたソフト クライ
アント
Jabber for Android
Jabber for iPhone and iPad
デスクトップ
Jabber for Mac
Jabber for Windows
1. Cisco Expressway のモバイル機能とリモート アクセス機能をサポートするために必要な、Cisco Jabber の最小バージョンは、
Jabber Windows 9.7、Jabber Mac 9.6、Jabber iOS 9.6.1、Jabber Android 9.6 です。
8 ページ
エンドポイント
Cisco Unified IP Phone
コール制御は、あらゆる通信導入で核となる要素です。コール制御は、エンドポイント登録、呼処理、組織ダイヤ
ル プラン、アドレス方式の正規化、コール アドミッション制御からなります。
Cisco Unified CM は、すべてのシスコ コミュニケーション導入のための、共通のコール制御機能を提供します
(図 5)。通信インフラストラクチャで高可用性と共通のコール制御コンポーネントを使用することは、すべてのデ
バイスとコミュニケーション タイプで一貫したサービスを提供し、異なるデバイス間で統一されたダイヤル プラン
と機能を維持するために不可欠です。
IM and Presence Service を Cisco Unified CM 導入に追加することで、インスタント メッセージ、ネットワーク
ベースのプレゼンス、サードパーティ製チャット サーバとの連携が可能となり、Cisco Jabber を、インスタント
メッセージ、プレゼンス、音声コミュニケーションに使用することができます。
図 5 - コール制御のためのアーキテクチャ
表 2 に、このアーキテクチャにおけるコンポーネントの役割と、それが提供するサービスの一覧を示します。
表 2 - コール制御のためのコンポーネント
モジュール
コンポーネント
説明
コール制御
Cisco Unified CM
コール ルーティングとサービス、ダイヤル プラン、帯域幅管
理、デバイスベースのプレゼンス機能を提供し、Cisco
Jabber デスクフォンの制御を可能にします。
IM and Presence Service
Cisco Jabber で、インスタント メッセージとプレゼンス、サー
ドパーティとの連携を使用できるようにします。
Cisco ISR
WAN の停止中にコール制御機能をサポートするため、
Survivable Remote Site Telephony(SRST)を提供します。
9 ページ
コール制御
コール制御
 冗長性を確保するために、パブリッシャ ノードとサブスクライバ ノードを含む 2 台の Cisco Unified
CM サーバをクラスタ構成に導入します。
 冗長性を確保するために、パブリッシャ ノードとサブスクライバ ノードを含む 2 台の IM and Presence
Service サーバをクラスタ構成に導入します。
 高可用性を確保するために、Cisco ISR 上で、リモート サイトのバックアップ サービスとして Cisco
SRST を有効にします。
注
完全な冗長性が不要な場合は、機能を失うことなく、1 台のサーバを導入することができます。
利点
この導入には次の利点があります。
 複数の場所でのコールを 1 ヵ所で集中的に制御できます。
 管理を一元化できます。
 音声エンドポイントと Cisco Jabber クライアント全体で、共通のテレフォニー機能を利用できます。
 音声エンドポイントと Cisco Jabber クライアントに、単一のコール制御と統一されたダイヤル プランを
提供できます。
 重要なビジネス アプリケーションの高可用性と冗長性が確保されます。
導入のベスト プラクティス
Cisco Unified Communications Manager および IM and Presence Service
パブリッシャ - サブスクライバ型の導入モデル
Cisco Unified CM または IM and Presence Service クラスタは、1 台のパブリッシャ ノードと 1 台のサブスク
ライバ ノードからなります。
 パブリッシャ ノードは、最初にインストールされるサーバです。このサーバには、クラスタの構成データ
ベースが格納されています。クラスタ全体の構成がパブリッシャのデータベースに書き込まれ、サブス
クライバ上で複製されます。
 サブスクライバ ノードは、2 番目にインストールされるサーバです。サブスクライバ ノードには、パブリッ
シャ データベースの複製が格納されます。サブスクライバは、パブリッシャの構成が変化すると自動的
に更新されます。
クラスタリングは、エンドポイントと Cisco Unified CM サービスに対し、着信コールを受信して処理するための
機能など、自動的な冗長性メカニズムを提供します(図 6)。Cisco Unified CM クラスタは、サブスクライバ ノー
ドをプライマリ コール処理サーバとし、パブリッシャ ノードをバックアップ コール処理サーバとして構成することを
お勧めします。この構成は、IM and Presence Service クラスタにも当てはまります。IM and Presence
Service のサブスクライバ ノードがダウンしても、IM 機能とプレゼンス機能を Cisco Jabber クライアントで引き
続き利用できます。
10 ページ
コール制御
推奨される導入方法
コール制御
図 6 - Cisco Unified CM クラスタ
SIP トランキングの推奨事項
トランクとは、2 台の異なる呼処理サーバまたはゲートウェイの間の通信チャネルを集めたもので、サーバ側の通
信に使用されます。Cisco Unified CM は、SIP トランクを使用して外部のエンティティと通信します。
導入の一貫性のため、Cisco Unified CM からの SIP トランクを使用して、このアーキテクチャ内のすべてのコンポ
ーネントと通信します。Cisco Unified CM クラスタでは、Cisco Unified CM クラスタから、音声ゲートウェイや IM
and Presence Service などの外部のコンポーネントへ、SIP トランクを構成します。その外部コンポーネントのた
めの各サーバは、SIP トランクの構成の中で宛先として指定します。この構成により、ノードがダウンしてもサービ
スの中断が起こりません。
Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony
Cisco SRST 機能は、ビジネスの継続性を確保することから、WAN の停止中も音声サービスが中断されてはな
らないブランチ サイトに不可欠です。SRST は、リモート サイトに対して WAN および PSTN 接続機能を提供す
るのと同じ Cisco ISR 上で動作します(図 7)。
図 7 - Cisco SRST
11 ページ
 サイトにローカルな PSTN 接続がある。
 サイトにローカルな PSTN 接続はないが、ユーザ数が 25 を超えている。
WAN の停止が発生しても外部への音声サービスが中断されないようにするため、ローカル PSTN 接続が使用
できる必要があります。
SRST とローカル PSTN へのアクセスが可能なサイトでは、WAN 障害が発生しても次のサービスを利用できます。
 内部のポイントツーポイント音声コール
 PSTN 経由の外部音声コール
 コールの保留、転送、会議
 保留音
ダイヤル プラン
構造化され、適切に設計されたダイヤル プランは、あらゆるコール制御システムを正常に導入するための鍵です。
Cisco Unified CM は、ダイヤル プランを使用してすべてのエンドポイントおよびゲートウェイからのコールを処理
します。ダイヤル プランの主な 2 つの構成要素は次のとおりです。
 エンドポイントのアドレッシング
 コール ルーティング
エンドポイントのアドレッシング
PBX を使用した従来の音声のみの導入では、すべてのエンドポイントは内線番号と呼ぶ数値の ID でアドレッシ
ングされます。しかし、新しいエンドポイント タイプと接続オプションが現れると、追加のアドレッシング方式も使用
されるようになりました。一般的なアドレッシング方式には次のものがあります。
 +E.164:世界中の通信キャリアによって PSTN で使用されている、数値の公開通信インフラストラクチャ
番号計画です(例:+19195556666)。
 短縮ダイヤル:短縮ダイヤル プランは、本質的には完全な +E.164 アドレスのサブセットであり、組織内
部のダイヤリングを単純化します。たとえば、短縮ダイヤル番号 1234 を、+E.164 アドレスが
+14085551234 のデバイスのために設定できます。
+E.164 ダイヤル プランは、次のような使用が推奨されています。
 組織内部のダイヤルには、+E.164 数値アドレッシングを使用します。
 内部の場所からのオンネット ダイヤリングを単純化するために、短縮ダイヤル エイリアスを使用します。
コール ルーティング
数値コール ルーティング
数値アドレスでの +E.164 形式の使用は、次の理由で推奨されています。
 グローバルに一意であり、音声ネットワークで広く使用されている
 企業の Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)ディレクトリで広く導入されているため、システ
ムの統合性に優れている
 携帯電話など、複数のデバイス間で一般的に共有されている
 PSTN 経由または別のネットワーク上の外部デバイスに到達するために Cisco Unified CM が使用する
代替パス ルーティングが単純化される
これらの理由から、エンドポイントをグローバル化された +E.164 番号(+14085551234)に関連付けることは、
組織の内部のみで有効な番号(1234)に関連付けるよりも推奨されます。
12 ページ
コール制御
Cisco ISR 上の SRST の導入は、次の場合に推奨されます。
図 8 に、エンドポイントのアドレッシングにおける推奨事項の例を示します。
図 8 - 数字および英数字によるエンドポイント アドレッシングの例
タイプ
数字
到達可能な発信元...
+E.164 アドレス(ディレクトリ番号)
+14085551234
内部の場所または外部の PSTN ロケーション
短縮ダイヤル
1234
内部の場所から短縮ダイヤル番号を使用
ディレクトリ統合
ユーザがディレクトリで連絡先を検索しダイヤルできるように、Cisco Unified CM と組織の LDAP ディレクトリを
統合します。Cisco Unified CM では、ローカルなユーザ連絡先を作成できますが、Cisco Jabber を使用する
場合は、1 か所でのディレクトリ管理を可能にするため、LDAP ディレクトリとの統合が必要です。また、LDAP
ディレクトリとの統合により、LDAP ディレクトリの認証情報を使用した Cisco Unified CM および Cisco Jabber
での認証が可能になります。
Cisco Unified CM は、ユーザと連絡先の情報を LDAP ディレクトリから取得し、変更が発生した場合にユーザ
パラメータ(名、姓、ユーザ名、電話番号、SIP URI)を同期します。Cisco Unified CM ディレクトリにデータを設
定するには、telephoneNumber 属性と mail 属性を使用します。IM and Presence Service は、ユーザと連絡
先の情報を Cisco Unified CM から取得します。
サービス クラス
サービス クラスは、組織のユーザのアクセス サービスを差別化するために使用されます。たとえば、ロビーの電
話機からは緊急コールとローカルコールのみを許可し、幹部の電話機からは無制限でコールを許可するといっ
たことが可能です。
13 ページ
コール制御
ダイヤリングを単純化するために、短縮ダイヤルリングを +E.164 の完全な番号計画とともに使用します。そうす
ることで、完全な +E.164 番号を外部からダイヤルしたり、組織の内部から短縮番号をダイヤルすることができま
す。たとえば、同じ人に電話を掛ける際に、+14085551212+14085551212 へは内部及び外部の両方から、
また内部からは 1212 へもダイヤルすることができます。
表 3 - コール タイプごとのサービス クラス
コール タイプ
サービス クラス
含まれるもの
ロビーの電話機
基本
緊急
従業員標準
シルバー
ローカルおよび緊急
販売
ゴールド
国内、ローカル、および緊急
エグゼクティブ
プラチナ
国際、国内、ローカル、および緊急
14 ページ
コール制御
パーティションとコーリング サーチ スペースを Cisco Unified CM で設定し、サービス クラスを提供できます。
緊急、ローカル、国内、国際ダイヤリングのための PSTN アクセスを提供するために、表 3 のサービス クラス
カテゴリを推奨します。サービス クラスの詳細については、Cisco Collaboration SRND を参照してください。
会議
会議
3 人以上の人がリアルタイムにコミュニケーションを行う能力は、音声導入の重要なコンポーネントです。会議は、
ポイントツーポイント コール用の既存のインフラストラクチャ上に構築され、参加者の数にかかわらず、組織のユ
ーザに一貫したエクスペリエンスを提供します(図 9)。
図 9 - 会議のためのアーキテクチャ
表 4 に、このアーキテクチャにおけるコンポーネントの役割と、それが提供するサービスの一覧を示します。
表 4 - 会議のためのコンポーネント
モジュール
コンポーネント
説明
コール制御
Cisco Unified CM
Cisco ISR パケット音声/データ モジュール(PVDM)の音声会議リソ
ースを管理し割り当てます。
会議
Cisco ISR
音声会議リソースを提供します。
会議には次の 3 種類があります。
 アドホック/インスタント:事前にスケジュールまたは準備されていない会議。たとえば、2 者間のコ
ールに話者を追加すると、コールはアドホック会議になります。
 ランデブー:コール元があらかじめ決められた番号または URI にコールし、共有された会議リソー
スに到達する必要がある会議。このタイプの会議は、ミートミー、スタティック、永続的などとも呼ば
れます。
 スケジュール:あらかじめ決められた開始時刻に、保証された会議リソースをコール元が利用でき
る会議。
注
予約された会議に必要なコンポーネントは、このアーキテクチャに含まれていません。ただし、Cisco
WebEx Cloud のホステッド サービスを、予約された音声会議に使用できます。詳細については、
データ シートを参照してください。
15 ページ
会議
推奨される導入方法
音声会議
アドホック会議とランデブー会議用に、パケット音声デジタル信号プロセッサ モジュール(PVDM)リソースを、
Cisco ISR ルータ上に導入します。
利点
この導入には次の利点があります。
 会議を開始したり会議に参加したりするためのユーザ エクスペリエンスが一貫したものになります。
 専用のリソース(PVDM)により、高い拡張性と冗長性が得られます。
導入のベスト プラクティス
音声会議
アドホック音声会議とランデブー音声会議では、専用のパケット音声デジタル信号プロセッサ モジュール
(PVDM)リソースを音声会議ブリッジとして使用します。Cisco ISR と PVDM をお勧めします。Cisco ISR では、
音声会議、音声インターフェイス(T1、E1、FXO、FXS)、および音声トランスコーディングをサポートするために、
PVDM が必要です。
Cisco ISR を、音声ゲートウェイ、SRST、会議、および WAN 接続など、さまざまな機能に使用し、これらの音
声サービスを 1 つのプラットフォームに組み合わせることで、個別のコンポーネントを使用する場合に比べ、
大幅にコストが削減されます。導入の柔軟性をさらに高めるために、さまざまな密度の PVDM モジュールを使
用でき、複雑さの異なるさまざまなコーデックがサポートされます。
サイジングの留意事項
会議リソースを既存のルータに統合するかどうかは、そのルータの音声容量と全体的なパフォーマンスに依存
します。組織の既存のルータに次の条件が当てはまる場合は、スタンドアロンのゲートウェイをお勧めします。
 CPU 使用率が常に 40 % を超えている:スタンドアロン ゲートウェイを使用することで、音声トラフィック
の処理遅延を避けることができます。
 音声インターフェイス カードまたはデジタル シグナル プロセッサに利用できる空きスロットが限られて
いる:スタンドアロンのゲートウェイでは、必要なときに追加の容量を利用できることが保証されます。
表 5 に、推奨される Cisco ISR プラットフォームと、アドホックおよびランデブー音声会議をサポートするための
音声会議ポートの数の一覧を示します。この情報を、導入の計画のための出発点としてお使いください。
表 5 - 音声会議ポートの推奨事項
サイトの規模
Cisco ISR
音声会議ポート数
50 ユーザ
Cisco 2911
25
100 ユーザ
Cisco 2921
50
250 ユーザ
Cisco 2951
75
750 ユーザ
Cisco 3925
100
1,000 ユーザ
Cisco 3945
150
16 ページ
会議
アーキテクチャ
ランデブー音声会議では、Cisco Unified CM の Meet-me 機能が使用されます。この機能では、複数のディレク
トリ番号(DN)を、ランデブー音声会議専用に割り当てる必要があります。ユーザは、Meet-Me ソフトキーを音声
エンドポイントで押してから、あらかじめ決められた範囲の DN をダイヤルすることで、この機能を実行します。
以降の参加者は、あらかじめ決められた番号を直接ダイヤルして会議に参加します。これらの DN へのアクセス
の制御には、既存のダイヤル プランが使用されます。ランデブー音声会議は、アドホック音声会議と同じ Cisco
ISR PVDM リソースでホストされます。
アドホック音声会議リソースは、Cisco Unified CM に登録され、メディア リソース グループ リスト(MRGL)とメデ
ィア リソース グループ(MRG)によって制御されます。エンドポイントは、割り当てられたデバイス プールが適切な
MRGL にアクセスできる場合に、これらのアドホック リソースを実行します。MRGL を構成することが推奨される
ため、開始元のエンドポイントのローカルな会議リソースが、他のリソースよりも優先されます(図 10)。
図 10 - MRGL の例
page 17
17 ページ
組織は、公衆電話システムへの接続に加えて、モバイル ネットワークおよびリモート ネットワークに接続するため
の方法を求めています。モバイル ワーカーとリモート ワーカーのためのセキュアな接続を提供することで、オフィ
スから離れていても従業員の生産性を高めることができます。中堅・中小企業の音声向け CPA は、図 11 に示す
Collaboration Edge アーキテクチャを使用してこれらのニーズに対処します。
図 11 - Collaboration Edge のアーキテクチャ
表 8 に、このアーキテクチャにおけるコンポーネントの役割と、それが提供するサービスの一覧を示します。
表 6 - Collaboration Edge のコンポーネント
モジュール
コンポーネント
説明
コラボレーション エッジ
Expressway Edge
セキュアなモバイル クライアント登録と組織を通じたコールを可
能にします。
Expressway Core
ファイアウォールを介して Expressway Edge へのセキュアな接
続を確立し、Cisco Unified CM を使用したモバイル アクセスとリ
モート アクセスを可能にします。
Cisco ISR
ローカルな PSTN 接続を可能にします。
組織のネットワークからサービス プロバイダー ネットワークへの、
Cisco Unified Border Element(CUBE)を介した、SIP トランク
のための接続を可能にします。
18 ページ
コラボレーション エッジ
コラボレーション エッジ
本社
 Cisco ISR を PSTN ゲートウェイとして導入します。
もしくは、
組織のネットワークからサービス プロバイダー ネットワークへの、SIP トランクを通じた音声接続には、
Cisco ISR 上で CUBE 機能を有効にします。
 2 台の Cisco Expressway Core サーバと Cisco Expressway Edge サーバをクラスタ化された構成
に導入し、リモート Cisco Jabber の登録、IM、およびプレゼンス機能を使用できるようにします。
注
完全な冗長性が不要な場合は、機能を失うことなく、1 台のサーバを導入することができます。
リモート サイト
Cisco ISR を PSTN ゲートウェイとして導入します。
テレワーカー サイト
Cisco 8900 および 9900 シリーズ IP フォンを、既存の Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)または
Cisco IOS ベースの VPN とともに導入します。
利点
この導入には次の利点があります。
 Cisco ISR は、各種の標準規格に準拠したインターフェイスとさまざまな PSTN タイプをサポートして
いるため、グローバルな導入が可能です。
 従来の PSTN インターフェイスではなく SIP トランクを使用する場合は、Cisco ISR 上で CUBE 機能
を有効にすることができます。
 Cisco ISR を WAN 接続のために使用できます。
 Cisco Expressway は、Cisco Jabber 用のコール、プレゼンス、インスタント メッセージ、ボイスメー
ル、社内ディレクトリ サービスを提供します。
導入のベスト プラクティス
PSTN ゲートウェイ
固定電話と携帯電話はローカル コールおよび国際コールに PSTN を使用するため、組織の IP テレフォニー
ネットワークから PSTN への外部接続が必要です(図 12)。
図 12 - PSTN 接続
19 ページ
コラボレーション エッジ
推奨される導入方法
リモート サイトでは、Cisco ISR を、音声モジュールを使用したローカル PSTN 接続のために使用します。表 7
に、導入場所ごとに推奨される Cisco ISR シリーズの一覧を示します。Cisco ISR の詳細については、データ
シートを参照してください。
表 7 - 推奨される PSTN ゲートウェイ
場所
PSTN ゲートウェイ
本社
ISR G2 3900 シリーズ
リモート サイト
ISR G2 2900 シリーズ
ボイスコールのためにサービス プロバイダーに接続する際に SIP トランクを使用する場合は、本社に導入される
Cisco ISR 上で CUBE 機能を有効にします。Cisco ISR を CUBE 機能とともに導入する場合には、次のようにす
ることをお勧めします。
 CUBE は非武装地帯(DMZ)に導入します。
 外部アドレスを CUBE のアドレスに変換するために、ファイアウォールで NAT 機能を有効にします。
 ファイアウォールでボイスコールのインスペクションを有効にします。
Cisco Unified CM は、ダイヤル プランに基づき、SIP トランクを通じてゲートウェイ、CUBE、Cisco Expressways
にコールをルーティングします。ダイヤル プランの推奨事項については、12 ページの「ダイヤル プラン」を参照し
てください。
Virtual Private Network:バーチャル プライベート ネットワーク
VPN を使用すると、組織のネットワークをリモート サイトおよび在宅勤務者のサイトに拡張し、それらのサイトが
企業のサービスにフルにアクセスできるようになります。組織の既存の VPN を使用してコラボレーション サービ
スを在宅勤務者に拡張するか、シスコ IP フォンと VPN クライアントを使用します。Cisco 8900 および 9900 シ
リーズ IP フォンには、VPN クライアントが内蔵されており、インターネット経由で Cisco ASA または Cisco ISR
に接続し、組織のネットワークにアクセスするためのセキュアな接続を確立することができます。この接続に際し
て CVO ルータなどの追加のデバイスは不要です。また、これらのシスコ IP フォンは、在宅勤務者のサイトに推
奨されます。
Cisco Expressway
ネットワーク セキュリティを提供し、組織のネットワークを分離して、インターネットなどの信頼できないネットワーク
から IP アドレスを隠蔽するために、ファイアウォールが導入されます。Cisco Expressway は、モバイルの Cisco
Jabber クライアント向けに、セキュアなファイアウォールと NAT トラバーサル機能を提供します。Cisco
Expressway は、Expressway Core と Expressway Edge の 2 台のサーバからなります。
Cisco Expressway Core はネットワークの内部に導入し、Expressway Edge は非武装地帯(DMZ)に導入しま
す。その際、BE6000 サーバの個別のネットワーク ポートを、組織のネットワークと DMZ に接続します。セキュリ
ティを高めるため、Expressway Edge は、DMZ にある専用のサーバに導入します。
20 ページ
コラボレーション エッジ
Cisco ISR と時分割多重(TDM)モジュールを、本社で PSTN ゲートウェイとして使用します。この構成では、
ゲートウェイによって組織と PSTN との間の着信及び発信を解決できます。このゲートウェイを、PSTN が必要と
する番号への変換に使用します。ダイヤル プランの推奨事項については、9 ページの「コール制御」を参照してく
ださい。
Cisco Expressway Core
Expressway Core は、組織内部の信頼できるネットワークに配置します。Expressway Core は次のことを行い
ます。
 トラバーサル クライアントとして機能し、ファイアウォールを経由して Expressway Edge へのセキュアな
接続を確立します。
 Cisco Jabber クライアントのためのモバイル アクセス機能およびリモート アクセス機能と、コール シグ
ナリングを実現し、SIP 登録のために Cisco Unified CM または IM and Presence Service に振り分け
ます。
Cisco Expressway Edge
Expressway Edge を DMZ に配置するのは、信頼できない外部ネットワークから直接接続できるためです。この
サーバとの間の通信は、組織のファイアウォール ポリシーで制御されることに注意してください。Expressway
Edge は次のことを行います。
 トラバーサル サーバとして機能し、Expressway Core からのセキュアな通信を可能にします。
 外部ネットワーク上のシスコのエンドポイントからの登録および IM 情報を処理し、トラバーサルセキュア
通信を使用して、情報を Expressway Core に渡します。
ライセンス
Cisco Expressway は、追加の投資なしにモバイルおよびリモート アクセスに使用できます。
21 ページ
コラボレーション エッジ
図 13 - Expressway Core と Expressway Edge を使用した、ファイアウォールを通じた登録のためのトラバーサル
コール処理コンポーネントとメディア処理コンポーネントに加えて、中堅・中小企業の音声向け CPA には、使い
やすさ、機能、管理を強化するため、次の Cisco アプリケーションが含まれています(図 14)。
 メッセージング(ボイスメール)を提供するための Unity Connection
 簡単に導入できる洗練されたカスタマー ケアを組織に提供するための Unified CCX
 ユーザとデバイスのプロビジョニングのための Cisco Prime Collaboration Provisioning Standard
図 14 - アプリケーションのアーキテクチャ
表 8 に、このアーキテクチャにおけるコンポーネントの役割と、それが提供するサービスの一覧を示します。
表 8 - アプリケーションのコンポーネント
モジュール
コンポーネント
説明
アプリケーション
Unity Connection
ボイスメール サービスを提供します。
Unified CCX
カスタマー インタラクションおよび音声自動応答
装置(IVR)サービスを提供します。
Cisco Prime Collaboration Provisioning
Standard
ユーザおよびサービスのプロビジョニング機能を
提供します。
22 ページ
アプリケーション
アプリケーション
Unity Connection を使用すると、組織の従業員は、音声メッセージにさまざまな方法でアクセスし管理できる
ようになります。これには、電子メールの受信トレイ、Web ブラウザ、Cisco Jabber、Cisco Unified IP Phone、
テレプレゼンス、スマートフォン、タブレットなどが含まれます。
推奨される導入方法
2 台の Cisco Unity Connection サーバを、パブリッシャ ノードとサブスクライバ ノードが含まれるクラスタ構
成に導入して、冗長性を持たせます(図 15)。
注
完全な冗長性が不要な場合は、機能を失うことなく、1 台のサーバを導入することができます。
利点
この導入には次の利点があります。
• メッセージへの容易なアクセスにより、時間の影響を受けやすい通信に対する迅速な応答が可能にな
ります。
• セキュアなメッセージングにより、重要な業務データが保護されます。
• ビジネス アプリケーションの可用性が高まり、冗長性が備わります。
導入のベスト プラクティス
Unity Connection の Automated Attendant 機能は、オペレータなしでコールを振り分け、たとえば営業時間
や緊急事態に関するメッセージ再生を可能にすることで、よりインタラクティブな発信者エクスペリエンスを提供
します。Unity Connection は、自動化されたアテンダントの作成を簡単にするテンプレートを提供し、この機能
のために録音を保持します。そのため、コール管理プロセスの各ステップについて、必要な録音のメニューを
構築し、適切な録音を作成する必要があります。
図 15 - Cisco Unity クラスタ
ベスト プラクティスとして、IMAP やバックアップ操作などの大部分のクライアント トラフィックは、パブリッシャ
ノードに振り分ける必要があります。これに対し、コール トラフィックの大部分は、Unity Connection クラスタの
サブスクライバ ノードに振り分ける必要があります。
23 ページ
アプリケーション
Cisco Unity Connection
Unity Connection と組織の電子メール システムの統合により、アプリケーションの機能が強化されます。たと
えば、Microsoft の社内向け Exchange またはそのホストされた Office 365 製品を使用すると、ボイスメー
ルの扱いが強化されます。これに対し、IBM の Lotus Notes や Google のホストされた電子メール製品では、
基本的なメッセージ配送処理機能が提供されます。この機能により、受信したボイスメールがユーザに通知さ
れ、メッセージを再生するためのリンクが提供され、ユーザが物理的な電話機から離れていても迅速に応答す
ることが容易になります。
Cisco Unified Contact Center Express
Unified CCX を使用すると、高度なエージェントベースのサービスを内部および外部の顧客に提供できます。
これらのサービスにより、顧客は、組織の適切な従業員に簡単に接続し、販売に関する質問を行ったり、製品
のサポートを受けたりすることができます。
推奨される導入方法
2 台の Unified CCX サーバを、冗長性を確保するために、パブリッシャ ノードとサブスクライバ ノードを含む
クラスタ構成に導入します(図 16)。
注
完全な冗長性が不要な場合は、機能を失うことなく、1 台のサーバを導入することができます。
図 16 - Cisco Unified Contact Center Express クラスタ
利点
この導入には次の利点があります。
 録音された挨拶とカスタマイズされたメッセージにより、高度なコール処理が実現ます。
 外部のカスタマー インタラクションがサポートされます。
 ヘルプ デスクなどの活動のための、社内のコミュニケーションが容易になります。
24 ページ
アプリケーション
このアーキテクチャの他のコンポーネントと同様に、組織の LDAP との統合が強く推奨されます。この接続は、
初期の導入を円滑にするだけでなく、共通の認証情報を使用したメッセージング機能へのエンドユーザ アクセ
スを可能にします。
このアーキテクチャの他のコンポーネントと同様に、Unified CCX は、パブリッシャ ノードとサブスクライバ ノ
ードを含むクラスタ構成に導入します。クラスタは、組織の LDAP と同期され、エンドユーザ情報が格納され
ます。この最小構成では、外部の発信者が、組織の 1 つの番号にダイヤルした後で、簡単な名前または内
線によるダイヤル機能を使用することが可能になります。外線コールを接続するための電話オペレータは必
要ありません。組織の構造とビジネス モデルに応じて、以下の追加のワークフロー構成を検討します。
 販売
 カスタマー サポート
 社内の IT ヘルプデスク
 人事部
これらの、コールによって処理内容が決まる自動ワークフローにより、必要な人が組織内の適切なリソースに
すばやく簡単に接続して支援を受けることができるため、組織にとって価値があります。
Cisco Unified Contact Center Express の詳細については、データ シートを参照してください。
Cisco Prime Collaboration Provisioning Standard
Cisco Prime Collaboration Provisioning Standard は、一元化されたプロビジョニング インターフェイスを提
供します。これにより、組織内のユーザ デバイスとサービスの移動、追加、変更、削除(MACD)など、日常活
動の運営が単純になります(図 17)。
図 17 - Cisco Prime Collaboration Provisioning Standard
推奨される導入方法
Cisco Prime Collaboration Provisioning Standard をプライマリ BE6000 サーバに導入します。1 つの組織
でサポートされる Cisco Prime のインスタンスは 1 つです。
利点

一貫性がある統一されたアプローチにより、Cisco Unified IP Phone、Cisco Unified CM、その
他のアプリケーション サーバなど、複数のシスコ コラボレーション テクノロジーの管理が簡単に
なります。

一括プロビジョニング、電話の MACD、統合されたビューなどの機能により、ユーザとサービスに
関連する構成と管理が簡単になります。

セルフサービス ポータルで、ユーザが許可された変更を行うことができるようにすることで、サポ
ートが容易になります。
25 ページ
アプリケーション
導入のベスト プラクティス
付録
付録
製品リスト
この製品リストは、このアーキテクチャに含まれるシスコ製品と、その該当するソフトウェア バージョンを示します。
製品
製品説明
ソフトウェア
Cisco Unified CM および IM and
Presence Service
コール制御、インスタント メッセージ、およびプレゼ
ンス サービス
10.0
Cisco Unity Connection
ボイスメール サービス
10.0
Cisco Expressway Core および
Expressway Edge
モバイルおよびリモート アクセス
8.1.1
Cisco Contact Center Express
カスタマー インタラクション管理サービス
10.0
Cisco Prime Collaboration Standard
音声導入のためのプロビジョニングおよびモニタリ
ング サービス
10.0
Cisco ISR G2
PSTN ゲートウェイ、SRST、音声会議リソース、
インターネットへの外部接続
IOS 15.3.3M
Cisco Unified IP Phone 6900 シリーズ
共有スペース、単回線電話機
9.4(1)
Cisco Unified IP Phone 7800 シリーズ
一般的なオフィス使用、複数回線電話機
10.1(1.9)
Cisco Unified IP Phone 8900 シリーズ
利用可能な VPN クライアントとともに一般的なオ
フィス用途
9.4(1)
Cisco Unified IP Phone 8831
IP 会議電話
9.3(3)
モバイル デバイスとパーソナル コンピュータ向け
の、音声、ボイスメール、インスタント メッセージ、
プレゼンス機能が内蔵されたソフト クライアント
Jabber Windows:9.7
Jabber Mac:9.6
Jabber iOS:9.6.1
Jabber Android:9.6
Cisco Jabber
1
1. Cisco Expressway のモバイルおよびリモート アクセス機能をサポートするために必要な Cisco Jabber の最小バージョン。
ライセンス オプション
この表は、ライセンス オプションを示しています。
ライセンスの種類
ユーザ プロファ
イルの数
User Connect
Licensing(UCL)
Essential
User Connect
User Connect
Licenses(UCL)
Licensing(UCL) Enhanced /
Basic
Enhanced Plus
Unified Workspace
Licensing(UWL)
Standard
Unified Workspace
Licensing(UWL)
Professional
1
1
1
1
1
音声
ビデオ
ビデオ
サポートされるデバイス アナログ/音声
サポートされるデバイ
スの数
シングル
Jabber IM および プレ ○
2
1
ビデオ
シングル
シングル/デュアル 複数
複数1
○
○
○ または WebEx
○ または WebEx
Jabber 音声およびビ
デオ クライアント
—
—
○
○
○
パーソナル ビデ
オ会議ブリッジ
—
—
—
オプション
○3、50 ユーザ
以上のスクリー
ン ライセンス
ボイス メッセージング
オプション
オプション
オプション
○
○
26 ページ
User Connect
Licensing(UCL)
Basic
User Connect
Licenses(UCL)
Enhanced / Enhanced
Plus
Unified Workspace
Licensing(UWL)
Standard
Unified Workspace
Licensing(UWL)
Professional
WebEx Meetings
オプション
オプション
オプション
オプション
○、1:10 Meeting
Center ポート
Contact Center
オプション
オプション
オプション
オプション
○、1:25 の Standard
Express Agent
—
—
—
BE6K-UCL-ENH /
BE6K-UCL-ENHP
BE6K-UWL-BE
CUWL-PRO-K9
NEW-UWL-PRO
1. * Cisco UWL は、インストール時にユーザあたり最初の 10 台のデバイスを有効化します。さらに多くのデバイスが必要な場合は、
[email protected] にお問い合わせください。
2. BE 6000 サーバで Cisco Unified Communications Manager IM および Presence Service を使用する場合、すべてのユーザが
使用可能です。Cisco UWL ユーザの場合、WebEx Messenger の 1 年間のサブスクリプションがオプションとして付属しています。
3. Cisco UWL Professional では、50 以上の Cisco UWL Professional ライセンスを購入することで、ユーザあたり 4 ポート パー
ソナル ビデオ会議が可能です。
サンプル発注
このサンプル発注は、ユーザ数 250 名の組織が冗長構成で Cisco BE 6000 サーバを導入し、音声のみを導入
する場合のものです。この BOM に記載された製品は、中堅・中小企業向けに料金が設定されていることと、組織
の拡張に対応できることを条件として選択されています。シスコは、多彩な機能を提供する製品を幅広く取り揃え
ています。組織は自社のビジネス ニーズに基づいて、異なる製品を選択できます。
製品
数量
冗長構成の Cisco BE 6000 HD サーバ
2
本社用の Cisco ISR 3900 シリーズと CUBE ライセンス
1
ブランチ オフィス用の Cisco ISR 2900 シリーズとそれぞれに 25 の SRST ライセンスおよび PSTN インタ 2
ーフェイス
Cisco Unified IP Phone 7821 2 回線電話機
228
Cisco Unified IP Phone 6901 単回線電話機(社内の公共エリア向け)
25
Cisco Unified IP Conference Phone 8831
3
ユーザ、エージェント、サーバ ライセンス
—
27 ページ
付録
ライセンスの種類
User Connect
Licensing(UCL)
Essential
付録
サンプルの部品表
インフラストラクチャ
項目
説明
数量
BE6K-STBDL-PLS-K9=
Cisco BE6000 高密度サーバ輸出規制対象 SW
2
ONSITE 8X5XNBD CSC BE 6000UCS C サーバ TRC39.0 SWHype
2
電源コード 200/240V 6A(北米仕様)
4
Cisco Business Edition 6000 - ソフトウェア アプリケーション バージョン 9.X
2
CON-OS-BE6KSTBL
CAB-N5K6A-NA
BE6K-SW-APP-9.X
CIT-CPU-E5-2665
CIT-HDD300GI2F105
CIT-PCIE-IRJ45
CTI-VCSC-BE6K-PAK
LIC-VCS-10+
LIC-VCS-BASE-K9
LIC-VCSE-5+
2.40 GHz E5-2665/115W 8C/20MB キャッシュ/DDR3 1600 MHz
4
300 GB 6 Gb SAS 15K RPM SFF HDD/ホット プラグ/ドライブ スレッド マウント
16
Intel i350 クアッド ポート 1 Gb アダプタ
2
コンフィグのみ、電子配信 VCS 制御 PAK PID
2
Video Communication Server:追加のノントラバーサル ネットワーク コール x10
2
ライセンス キー - VCS 暗号化ソフトウェア イメージ
2
Video Communication Server:トラバーサル コール x5
2
R2XX-RAID5
RAID 5 設定の有効化
2
LIC-VCS-GW
GW 機能の有効化(H323-SIP)
2
UC-MR-1X082RY-A
8 GB DDR3-1600-MHz RDIMM/PC3-12800/デュアル ランク/1.35 v
12
UC-PSU-650W
UCSC C220 ラック サーバ用 650 W 電源装置
4
UC-RAID-9271
MegaRAID 9271-8i + C240 および C220 用バッテリ バックアップ
2
VMW-VS5-HYP-K9
VMW-VS5-SNS
項目
Cisco UC 仮想化 ハイパーバイザ 5.x(2 ソケット)
2
Cisco UC 仮想化 ハイパーバイザ 5.x - SnS
2
説明
CISCO3925-V/K9
CON-SNTP-3925V
S39UK9-15303M
L-39-SEC-K9
FL-SRST
PWR-3900-AC
PWR-3900-AC/2
CAB-AC
C3900-SPE100/K9
FL-CUBEE-25
PI-MSE-PRMO-INSRT
数量
Cisco 3925 音声バンドル、PVDM3-64 UC ライセンス PAK FL-CUBE25
1
SMARTNET 24X7X4 Cisco 3925 音声バンドル UC ライセンス PAK
1
Cisco 3925-3945 IOS ユニバーサル
1
Cisco 3900 シリーズ用セキュリティ ライセンス
1
Cisco Survivable Remote Site Telephony ライセンス
1
Cisco 3925/3945 AC 電源
1
Cisco 3925/3945 AC 電源(セカンダリ PS)
1
AC 電源コード(北米仕様)C13 NEMA 5-15P 2.1 m
2
Cisco 3925 ISR 用 Cisco Services Performance Engine 100
1
Unified Border Element Enterprise ライセンス - 25 セッション
1
インサート パックアウト - PI-MSE
1
SL-39-IPB-K9
Cisco 3925/3945 用 IP Base ライセンス
1
SL-39-UC-K9
Cisco 3900 シリーズ用 Unified Communication ライセンス
1
Cisco 3925/3945 ファン アセンブリ(ベゼルを含む)
1
3900-FANASSY
HWIC-BLANK
Cisco ISR 上の HWIC スロット用のブランク前面プレート
4
ISR-CCP-EXP
Cisco Config Pro Express、ルータ フラッシュに搭載
1
Cisco 3925/3945 ISR 用 1GB DRAM(512 MB+512 MB)(デフォルト)
1
Cisco 1900 2900 3900 ISR 用 256 MB Compact Flash
1
64 チャネル高密度音声/ビデオ DSP モジュール
1
SM-D-BLANK
Cisco 2951 および 3925 上の DW スロット用のブランク前面プレート
1
SM-S-BLANK
Cisco 290039004400 ISR の SM スロット用のリムーバブル前面プレート
2
MEM-3900-1GB-DEF
MEM-CF-256MB
PVDM3-64
28 ページ
説明
数量
C2951-VSEC/K9
Cisco 2951 音声セキュリティ バンドル PVDM3-32 UC&SEC ライセンス
FL-CUBE10
2
CON-SNTP-2951VSEC
SMARTNET 24X7X4 Cisco 2951 音声セキュリティ バンドル UC および SEC
2
Unified Border Element Enterprise ライセンス - 5 セッション
4
インサート パックアウト - PI-MSE
2
SL-29-IPB-K9
Cisco 2901 ~ 2951 用 IP Base ライセンス
2
SL-29-UC-K9
Cisco 2901 ~ 2951 用ユニファイド コミュニケーション ライセンス
2
HWIC-BLANK
Cisco ISR 上の HWIC スロット用のブランク前面プレート
6
Cisco Config Pro Express、ルータ フラッシュに搭載
2
Cisco 2951 ISR 用 512 MB DRAM(512 MB DIMM x 1)(デフォルト)
2
FL-CUBEE-5
PI-MSE-PRMO-INSRT
ISR-CCP-EXP
MEM-2951-512MB-DEF
MEM-CF-256MB
PVDM3-32
SL-29-SEC-K9
SM-S-BLANK
PWR-2921-51-AC
S2951UK9-15303M
FL-SRST
FL-CME-SRST-25
CAB-AC
VIC2-2FXO
Cisco 1900 2900 3900 ISR 用 256 MB Compact Flash
2
32 チャネル高密度音声/ビデオ DSP モジュール
2
Cisco 2901 ~ 2951 のセキュリティ ライセンス
2
Cisco 290039004400 ISR の SM スロット用のリムーバブル前面プレート
4
Cisco 2921/2951 AC 電源
2
Cisco 2951 IOS ユニバーサル
2
Cisco Survivable Remote Site Telephony ライセンス
2
Communication Manager Express または SRST - 25 シート ライセンス
2
AC 電源コード(北米仕様)C13 NEMA 5-15P 2.1 m
2
2 ポート音声インターフェイス カード - FXO(ユニバーサル)
2
ライセンス
Cisco BE 6000 & ユーザ ライセンス
項目
説明
数量
R-CBE6K-K9
Cisco Business Edition 6000 - 電子ソフトウェア配信 - トップ レベル
1
ESSENTIAL SW Cisco Business Edition
1
BE6K UCM 10X CUWL BE ユーザ - 単一フルフィルメント
250
UCSS-U-6KUWLBE-1-1
BE6K UCSS for CUWL-BE ユーザ - 1 年間 - 1 ユーザ
250
CON-ESW-UCMUWLST
ESSENTIAL SW BE6K UCM 10X CUWL BE
250
BE6K - Unity 接続 10x - VM Speech Connect ポート
2
CON-ESW-RCBE6KK
UCM-10X-UWLSTD
UCXN-10X-SCPORTS
UCXN-10X-UWLSTD
WBX-IM1-NH-UWL
WEBEX-UWL-BE-PAK
BE6K-PAK
BE6K-SW-10.X
BE6K-START-UWL25
BE6K-UWL-STD
BE6K - Unity 接続 10x - VM UWL Standard ライセンス
250
WebEx Messenger ユーザに同梱(1 年間)
250
WebEx PAK - CUWL BE
1
Cisco Business Edition 6000 - PAK - 単一フルフィルメント
1
Cisco Business Edition 6000 - ソフトウェア バージョン 10.X
1
BE 6000 - ユーザ ライセンス スタータ バンドル、25 UWL ライセンス付き
1
Cisco Business Edition 6000:Workspace License Standard
225
JAB-ADR-CLNT-UWL
Jabber for Android CUWL のみ
75
JAB-IPH-CLNT-UWL
Jabber for iPhone CUWL のみ
75
JAB8-MAC-CLNT-UWL
Jabber for Mac 8.x for CUWL のみ
250
JAB9-DSK-UWL
Jabber for Desktop 9.x for CUWL のみ
250
JAB9-IPAD-UWL
Cisco Jabber for iPad
250
CCX 10 対応 5 シート プロモーション バンドル
1
BE6K スタータ パック - 単一フルフィルメント
1
CCX-10-5E
BE6K-UXL-START
29 ページ
付録
項目
CCX-10-E-SVR-LIC
CCX-10-N-E-LIC
UCSS-U-CCX-E-1-1
CON-ESW-CCX10NEL
CCX-10-PAK
説明
数量
CCX 10.0 ENH サーバ ライセンス
1
CCX 10.0 ENH シート数量 1 ライセンスのみ
5
UCSS for CCX ENH - 1 ユーザ、1 年間サブスクリプション
5
ESSENTIAL SW CCX 10.0 ENH シート数量 1 ライセンスのみ
5
CCX 10.0 自動拡張 PAK
1
Jabber for iPad 使用権証明書
1
JAB-ADR-RTU
Jabber for Android 使用権
1
JAB-IPH-RTU
Jabber for iPhone 使用権
1
Jabber for MAC 使用権証明書
1
IPAD-UWL-RTU
JAB8-MAC-UWL-RTU
JAB9-DSK-UWL-RTU
PC-10X-STANDARD-K9
Jabber for Desktop 使用権証明書
1
Prime Collaboration Standard 10.x
1
Cisco Contact Center Express 高可用性ライセンス
項目
説明
数量
CCX-10-ADD-K9
CCX 10.0 アドオン ライセンス
1
CON-ESW-CCX10AK9
CCX-10-EHA-LIC
CCX-10-PAK
ESSENTIAL SW CCX 10.0 アドオン ライセンス
1
CCX 10.0 ENH HA ライセンスのみ
1
CCX 10.0 自動拡張 PAK
1
Cisco BE 6000 Expressway ライセンス
項目
R-CBE6K-K9
CON-ESW-RCBE6KK
LIC-EXP-GW
LIC-EXP-SERIES
BE6K-SW-10.X
EXPWY-VE-C-K9
CON-ESW-EXPWYVEC
EXPWY-VE-E-K9
CON-ESW-EXPWYVEE
SW-EXP-8.X-K9
LIC-EXP-AN
LIC-EXP-E
説明
数量
Cisco Business Edition 6000 - 電子ソフトウェア配信 - トップ レベル
2
ESSENTIAL SW Cisco Business Edition
2
GW 機能の有効化(H323-SIP)
4
Expressway シリーズの機能セットの有効化
4
Cisco Business Edition 6000 - ソフトウェア バージョン 10.X
2
Cisco Expressway-C サーバ Virtual Edition
2
ESSENTIAL SW Cisco Expressway-C S
2
Cisco Expressway-E サーバ Virtual Edition
2
ESSENTIAL SW Cisco Expressway-E サーバ Virtual Edition
2
暗号化機能が付属した Expressway のソフトウェア イメージ、バージョン X8
2
高度なネットワーキング オプションの有効化
2
Expressway-E 機能セットの有効化
2
LIC-EXP-E-PAK
Expressway シリーズ Expressway-E PAK
2
LIC-EXP-TURN
TURN リレー オプションの有効化
2
LIC-SW-EXP-K9
BE6K-PAK
ライセンス キー ソフトウェア暗号化
4
Cisco Business Edition 6000 - PAK - 単一フルフィルメント
2
31 ペー
ジ
30 ページ
付録
項目
付録
Cisco Unified IP Phone
項目
説明
数量
CP-7821-K9=
Cisco UC Phone 7821
228
SMARTNET 8X5XNBD Cisco UP Phone 7821
228
項目
説明
数量
CP-6901-C-K9=
Cisco UC Phone 6901 チャコール グレー、標準型ハンドセット
25
SMARTNET 8X5XNBD Cisco Unified IP Phone 6901、チャコール グレー、標準
25
説明
数量
Cisco Unified IP Conference Phone 8831 ベースおよびコントローラ
3
SMARTNET 8X5XNBD Cisco 8831 IP 会議用電話機、コントローラ付き
3
CON-SNT-CP7821K9
CON-SNT-6901CHST
項目
CP-8831-K9=
CON-SNT-CP8831K9
32 ペー
ジ
31 ページ
©2014 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。
本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。
「パートナー」または「partner」という用語の使用はCiscoと他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0809R)
この資料に記載された仕様は予告なく変更する場合があります。
お問い合わせ先
シスコシステムズ合同会社
14.09
〒107-6227 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー
http://www.cisco.com/jp
お問い合わせ先:シスコ コンタクトセンター
0120-092-255(フリーコール、携帯・PHS含む)
電話受付時間: 平日10:00~12:00、13:00~17:00
http://www.cisco.com/jp/go/contactcenter/