close

Enter

Log in using OpenID

BYKの「表面・界面のコントロール」

embedDownload
BYKの「表面・界面のコントロール」
BYK 添加剤により「表面・界面」をコントロールできます。また耐スリキズ性向上や手触り感などの機能付
与にも役立ちます。
固体(粒子)と液体の界面を制御する分散剤
DISPERBYK-2152
分子の立体構造制御によるあらたな特性DISPERBYK-2152で用いられた超分岐テクノロジー
核:
アミン系顔料親和性ブロック
o 顔料に吸着
内殻: 超分岐構造によりアミンをカプセル化
o 柔軟性が非常に高い
→ マトリクス樹脂との反応を抑制
外殻: 極性の調整
o 追加的な立体障害
分散特性も高く、マトリクス樹脂と不要な増粘
反応を抑制し貯蔵安定性に優れる分散剤
三次元的立体構造により、無溶剤、固形分100%の分散剤
・DISPERBYK-2152
膜の表面張力を制御できます。
BYK-3560
◎添加するだけで、膜の表面張力が
「上がる」
「下がる」ともに可能です。
塗膜の表面エネルギーアップ(極性項増加)
BYK-3560を添加した自動車用水系中塗の例
塗膜に超親水性を付与:BYK‐3560 水接触角が大幅に低下
ポリエステル/メラミン
無添加
極性項
分散項
ターペン可溶アクリル
BYK-3560
10sec.
Very hydrophilic !!
5min.
Very hydrophilic !!
無添加
BYK-3560
Effective
Effective
中塗りA
水の接触角が小さくなり、自己洗浄性や防曇性が向上します。 また塗液の濡れ性も上がります。
撥水機能付与により汚れ防止・易洗浄性の向上
BYK-SILCLEAN 3700 /-3720
中塗りB
極性が高くなり、
この上に
塗る液の濡れ性が向上する。
多層カーボンナノチューブディスパージョン :
CARBOBYK-9810
表面に局在化したポリシロキサンにより撥水性・撥油性が向上する。
OH基により架橋しているので効果が持続
◎今まで取り扱いが困難だったCNTも分散体で供給します。
多層カーボンナノチューブディスパージョン :
CARBOBYK-9810添加で塗膜の導電性向上
水系ポリエステル/メラミン焼き付け塗料
O
O
O
O
I
O
O
I
O
I
O
I
O
O
O
I
O
[Ohm]
O
架橋
架橋
表面に配向
表面に配向
溶剤型 BYK-SILCLEAN 3700
塗 膜
水系
BYK-SILCLEAN 3720
下 地
試料
表面張力
分散項
極性項
添加剤なし
26,6
21,8
4,8
4%* BYK-SILCLEAN 3720
22,5
22,3
0,2
1.00E+13
1.00E+12
1.00E+11
1.00E+10
1.00E+09
1.00E+08
1.00E+07
1.00E+06
1.00E+05
1.00E+04
1.00E+03
1.00E+02
1.00E+01
1.00E+00
導電性カーボン
> 109 Ω ‒ 静電絶縁
105-109 Ω ‒ 静電消散
< 105 Ω ‒ 静電気導電性
CARBOBYK-9810
低濃度で導電性発現
0
0.5
1
2
CARBOBYK-9810
- 23 -
4
固形分に対して
CNT(wt%)固形分
6
8
導電性カーボン
BYKの「表面・界面のコントロール」
人の感触にも提案があります。
グリーンなツヤ消し剤 CERAFLOUR 1000
CERAFLOUR 1000: バイオ製品
再生可能資源
変性
CERAFLOUR 1000
マイクロナイズド
100% 再生可能
100% 生分解性
0% 合成
• バイオポリマーをベースとするマイクロナイズド添加剤
• 疎水性物質, 結晶性
• 加水分解に安定
• UV耐性
• 融点:175℃
• 代表的な粒子径:d10:1μm d50:4μm d99:20μm
下記、コーティング膜に添加したときの感触を調べてみました。
アンケート結果より
コーテイング膜を触った心地よさ
各種ツヤ消し材料での手触り感アンケート結果‐1
コーテイング膜を触った心地よさ
各種ツヤ消し材料での手触り感アンケート結果‐2
2液ウレタンクリヤー
ワックスのソフトフィールが評価される
2液ウレタンクリヤー
表面のすべりが評価される
融点℃ d50:μm
どちらが心地よいですか?
どちらが心地よいですか?
Silica
115
8
Silica
CF929
135
9
CF929
160
9
CF950
160
18
CF970
175
5
CF950
CF970
CF913
CF1000
0
5
10
15
20
これのみシリ
コン系スリッ
プ剤を添加
CF913
CF1000
人 25
0
10
20
30
40 人 50
機能付与では、二つの異なるアイデアの耐スリキズ性向上技術があります。 ナノ粒子ディスパージョン 「再フローモデル」
「架橋密度アップモデル」
ナノ粒子ディスパージョン:再フローモデル
傷負荷
修飾鎖
ナノ
シリカ
ナノ粒子ディスパージョン:架橋密度アップモデル
表面
通常のマトリクス
硬化
一般的な架橋密度
オリゴマー樹脂
架橋密度上げると
クラッキング
拡大図
収縮応力
マトリクス樹脂
ナノ粒子添加
ナノ粒子有
SiO2
傷拡大
ナノ粒子無
浅くてなめらか
硬化
修飾鎖末端の二重
結合によりオリゴ
マーと架橋
アクリル官能基
オリゴマー樹脂
深くてぎざぎざ
架橋密度の向上
NANOBYK®-3605
- 24 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 457 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content