close

Enter

Log in using OpenID

CHEMOTHERAPY Bacmecillinam(KW

embedDownload
VOL.33
333
CHEMOTHERAPY
S-3
Bacmecillinam(KW-1100)の
植 田省 吾 ・吉 住
臨 床的 検 討
修 ・中村 勝 ・松 田 央 一 ・今 野
久留米 大学 医学部泌尿器科学教室
繁 ・江 藤 耕 作
(主任:江 藤耕作教授)
Mecillinamのetboxycarbonyloxyethylester誘
導 体 で あ るbacmecillinam(KW-1100)を28例
の
慢 性複 雑 性 尿 路 感 染 症 に使 用 し,そ の臨 床 的 検討 を 行 い以 下 の結 果 を 得 た 。
1)総
合 臨 床効 果 で は著 効4例,有
効4例,無
効19例,判
定 不 能1例
で総 合 有 効 率 は29.6%で
あ った 。
2)細
菌学 的効 果 で は38株 中22株(57.9%)が
3)副
作 用 で は 発 疹 が1例,頭
除菌 され た。
痛,腹 痛,嘔 気 が1例,ま
た臨 床 検 査 値 に お い て はBUNの
上昇
を1例 に認 め た 。
Bacmecillinam(KW-1100)は,Astra社
で 合 成 され た
ー ゼ に よ り3位
剤 は 経 口 投 与 後,腸
よ び 補 遺3))に 基 づ い て 行 な っ た 。 ま た,
症 例 に よ っ て は14日
mecillinam(MPC)のethoxycarbonyloxyethylester誘
導 体 で あ り,本
基 準(第2版2)お
管粘 膜内のエステラ
の エ ス テ ル 部 分 が 加 水 分 解 さ れ,MPC
目に も効 果 の 判定 を行 な った 。
III.臨
検 討28症
床
例 の 詳 細 はTable
と な り抗 菌 力 を 発 揮 し,MPCのpivaloyloxymethylester
に 中 途 で 投 与 を 中 止 し たNo.24を
誘 導 体(PMPC)と
評 価 の 判定 が可 能 で あ った 。
比 較 し腸 管 粘 膜 か らの 吸 収効 率 が 高
(1)5日
い と 言 わ れ て い る()。
今 回,我
々は 本 剤 の尿 路 感 染 症 に対 す る有 用 性 と安 全
性 に つ い て 検 討 し た の で,そ
1.対
を 有 す る28例
を 対 象 と し た 。 年 齢 は22歳
男 性23例,女
性5例
盂 腎 炎8例,慢
性 膀 胱 炎20例
た は320mg
間1例,14日
II.臨
間12例
間1例,
で あ った 。
床 効 果 判 定基 準
臨 床 効 果 の 判 定 はU.T.I.研
究 会 のU.T.I.薬
10例(37.0%)が
2の
効19例(70.4%)で
あ った 。 膿 尿 に 対 す る 効 果 では
structure
of KW-1100
菌尿に対する 効果
消 失,7例(25.9%)が
菌 交 代,
不 変 で あ っ た。
疾 患 病 態 群 別 に お い て は,Table
3の
ご と くで あ り,
群 別 有 効 率 は1群0%,2群0%,3群0%,4群46.2
%,5群0%,6群33.3%で
あ り,単
数 菌 感 染 症 で は22.2%の
細 菌 学 的 効 果 で は,Table
midisは80%と
Chemical
改 善,15例
不 変 で あ っ た 。 ま た,細
で は5例(18.5%)が
独菌感染症 では
4の
有 効 率 で あ った 。
ご と くで あ る 。
E.coli,P.vulgaris,E.cloacae等
Fig. 1
が 薬効
ご と く 著 効4例
正 常 化,2例(7.4%)が
(55.5%)が
33.3%,複
効 評価
除 い た27例
効4例(14.8%),無
15例(55.5%)が
経 口 に て 連 続 投 与 した 。 投 与 期 間 は2日
5日 間14例,7日
で
で あ った 。
投 与 方 法 は 本 剤 を1日240mg(3×)ま
(4×)を
か ら90歳
で あ った 。 感 染 症 の 内 訳 は 慢 性 腎
示 す 。 副 作 用 のた め
目判 定
総 合 有 効 率 は29.6%で
当 科 入 院 お よ び 外 来 患 者 の うち 慢 性 複 雑 性 尿 路 感 染 症
績
1に
総 合 臨 床 効 果 に お い て はTable
(14.8%),有
の 成 績 を 報 告 す る。
象 お よび 方 法
成
は100%,S.epider-
高 い 除 菌 率 で あ り,Paem8inosaは
28.6%,S.mamescensは40%,S.faeoalisは20%と
低 い 除 菌 率 で あ っ た 。 全 体 で の 除 菌 率 は57.9%で,P.
aerugimsa,S.marcescens,Sfaecalis等
投 与 後 出 現 菌 はTable
2株,S.epidermidis
5の
が 存 続 した 。
ご と くで,R.alcaligenes
3株,S.faecalis
2株 等,15株
が
分 離 され た 。
MICと
で はTable
細 菌 学 的 効 果 と の 関 係 で は106cells/ml接
6の
ご と くE.coliは
全 て1.56μg/ml以
で,全 株 除 菌 さ れ て お り,P.aeruginosaは
全 て100μg/ml
種
下
334
CHEMOTHERAPY
OCT.1985
VOL.33
S-3
CHEMOTHERAPY
335
336
CHEMOTHERAPY
OCT.
1985
VOL.33
CHEMOTHERAPY
S-3
Table
Table
3.
2
Overall
Overall
clinical
clinical
efficacy
efficacy
337
of KW-1100
of KW-1100
in complicated
classified
by type
U.T.I.
of infection
(Evaluation : 5th day)
以 上 で6株
中2株(33.3%),S.marecscenSは100μg/m1
以 上 で5株
中2株(40%),S.epidermidisは25μg/m1
で2株
Table
示 す ご と く2群,3群,5群,6群
%の
と も 除 菌 さ れ た 。 ま た,108cells/m1接
7に
示 す ご と く ほ ぼ106
cells/mlと
種 で は
同様 の結 果
で あ った 。
(2)14日
検 討28例
の う ち14日
に つ い て14日
間 連 続 投 与 が 可 能 で あ っ た12例
目 にU.T.1.薬
等9株
効 評 価 基 準 に 準 じて み て
み る と,総
合 臨 床 効 果 で はTable8の
(8.3%),無
効11例(91.7%)で
ご と く 著 効1例
あ った 。 ま た,細
果 で は 消 失1例(8.3%),菌
50%,Sfaecalis
あ っ た 。 疾 患 病 態 群 別 で はTable9に
体 で70.6%の
11の
50%,他
sp,S.maroesoens
12に
目の判
示 す ご と く有 効2
あ り14日
目判 定
意 で は な か った 。 膿 尿
目判 定 よ り 正 常 化 が 少 な く,改
善 が 多 か っ た 。 細 菌 尿 に 対 す る 効 果 で は ほ ぼ14日
定 と 差 を 認 め な か っ た 。 疾 患 病 態 群 別 で もTable
示 す ご と く14日
除菌
除 菌 率 で あ った 。 投 与後 出現 菌
で 総 合 有 効 率 は16.7%で
に 対 す る 効 果 で は14日
変
は 全 て100%の
が 分 離 さ れ た 。 ま た 同 一 症 例 に お け る5日
効10例
示
80%,Smar-
ご と く.Pseud0monas
よ りや や 良 い 成 績 で あ っ た が,有
菌 尿 に 対 す る効
交 代5例(41.7%),不
が 分 離 さ れ,Paeruginosa
定 で は 総 合 臨 床 効 果 で はTable
例,無
総 合 有 効 率 は8.3%で
あ っ た 。 膿 尿 に 対 す る 効 果 で は 正 常 化3例(25.0%),
不 変9例(75.0%)で
6例(50.0%)で
cesms
はTable
間 連 続 投 与)
は25.0
有 効 率 で あ っ た 。 細 菌 学 的 効 果 で はTable10に
す ご と く17株
率 で,全
目 判 定(14日
は0%,4群
目判
13に
目判 定 と 差 を 認 め な か っ た 。 細 菌 学 的
CHEMOTHERAPY
338
Table
4
Bacteriological
* Persisted:
Regardless
Strains*
treatment
appearing
after
in complicated
response
of bacterial
OCT.
to KW-1100
in complicated
count
1985
U.T.I.
(Evaluation:
5 th day)
認 め られ た が5日 間 の投 与 は可 能 で あ り本 剤 投 与 中 止 に
Table
5
KW-1100
U.T.I.
て 直 ち に軽 快 した。
投 与 前 後 に お け る臨 床 検 査 値 の 詳細 はTable16に
す ご と くで あ る。No.4に
ら23.3mg/dlへ
に て16.9mg/dlと
示
お い てBUNが18.5mg/dlか
と 軽 度 の 上 昇 を 示 し,1週
間 後 の再 検
正 常 化 し,こ の変 動 は 本 剤 と関 係 あ
るか も しれ な い と考 え られ た。 他 の症 例 にお い て は 自他
覚 的,お
よび臨 床 検 査 値 に お い て本 剤 に よ る と思 わ れ る
副 作 用 は認 め られ な か った。
V.考
案
尿 路 感 染 症 に 対 す る治 療 薬 と して過 去 に お い てABPC
等 の経 口 ペ ニ シ リン 剤 の 感 染 症 に 及 ぼ す 貢 献 度 は大 き
く,そ の有 用 性 と安 全 性 は 多 くの 症 例 に お い て 評 価 され
て い る〇 しか し,近 年ABPC耐
性 株 の 増 加 に よ って こ
れ ら既 存 の経 口 ペ ニ シ リ ソ剤 に よ って は 難 治 性 の尿 路 感
*: Regardless
of bacterial count
(Evaluation: 5 th day)
染 症 が増 加 して い る。
Bacmecillinam(KW-1100)は
に はTable14の
は40%で
ご と くで ありp.aem8inosaの
あ り,14日 目判 定 の80%よ
全 体 で も52.9%の
除 菌 率 で14日
た 。 投 与 後 出 現菌 で はTable15に
除菌率
り除 菌 率 が 低 く,
linamと
腸 管 粘 膜 内 でmecil-
な り抗 菌 力 を 発 揮 し,か つ腸 管 粘 膜 よ りの吸 収
効 率 も良 く,E.coZi,KlebsieZlasp,Proteusspな
どの
目 よ り低 い値 で あ っ
グラ ム陰 性 菌 に 対 して 強 い 抗 菌 力 を 有 し,か つABPC耐
示 す ご と く,5株
性 株 に も優 れ た 抗 菌 力 を 示 す と言わ れ て い る4,5)。
と
14日 目判 定 よ り少 な く,14日 間 投 与 に よ る菌 交 代 の増 加
が認 め られ た 。
今 回,我 々はbacmecillinam(KW-1100℃
を慢 性 複 雑
性尿 路 感染 症 に対 して 使 用 して 総 合 有 効 率29.6%の
IV.副
自他覚 的 に はNo.24で
作
投 与2日
結
用
果 を 得 た。 こ の結 果 は や や 低 い 値 で あ った が 各症 例 に つ
目に本 剤 に よ る と思
い て み て み る と難 治 性 尿 路 感 染 症 が 多 くを 占 め て お り,
わ れ る薬 疹 を認 め た た め 投 与 を 中止 した。 またNo.25
疾 患 病 態 群 別 に お い て も1群,2群,5群,6群
に お い て 本剤 投 与3日
の 約 半 数 を 占 め て お り,ま た投 与 前 分 離 菌 に お い て も
目 よ り軽 度 の頭 痛,腹 痛,嘔 気 が
で全体
VOL.33
CHEMOTHERAPY
S-3
Table
6.
Relation
between
MIC
and bacteriological
339
response
in KW-1100
treatment
No. of strains eradicated/No.
Table
7.
Relation
between
MIC and bacteriological
response
in KW-1100
No. of strains
of strains
isolated
of strains
isolated
treatment
eradicated/No.
CHEMOTHERAPY
340
Table
Table
9.
8
Overall
Overall
clinical
clinical
efficacy
efficacy
OCT.
of KW-1100
of KW-1100
in complicated
classified
by type
1985
U.T.I.
of infection
(Evaluation:14th day)
Table
*P
10
ersisted:Regardless
Bacteriological
response
of bacterial count
to KW-1100
in complicated
U.T.I.
(Evaluation:14thday)
VOL.33
P. aeruginosa,
CHEMOTHERAPY
S-3
S. marcescens, S. faecalis が多 く分離 さ
341
Table
11
れ て い て,こ れ ら の菌 種 の 除 菌 率 の低 さが影 響 した も の
と考 え られ た。 しか し,Ecoli,Profeus
Strains*
treatment
appearing
after
in complicated
KW-1100
U.T.I.
sp等 が分 離 さ
れ た症 例 で は著 効,有 効 例 が 多 く,こ れ ら有効 菌 種 に対
して は 良好 な成 績 が得 られ る も の と考 え られ た 。
ま た,本 剤 の2週 間連 続 投 与 は12例 に 可 能 で あ った
が そ の 有効 率 は8.3%と
の5日
低 い 値 で あ った 。 そ の 同 一 症例
目判 定 と比較 す る と除 菌 率 の向 上 は 認 め られ る も
の の,菌 交 代 が増 加 し全 体 の有 効 率 の向 上 に は つ な が ら
な か った と考 え られ た。
副 作 用 で は 発 疹 を認 め た1例
気 を 認 め た1例
の 計2例
と軽 度 の頭 痛,腹 痛,嘔
と 臨 床検 査 値上,軽 度 のBUN
*:Regardless
上 昇 を 示 した1例 を 認 め た が い ずれ も軽 微 で あ り,特 に
of bacterial
count
(Evaluation:14th
day)
2週 間連 続 投 与 にお い て も5日 間 連 続投 与 と比 較 して も
Table
Table
13.
12
Overall
Overall
clinical
clinical
efficacy
efficacy
of KW-1100
of KW-1100
in complicated
classified
by type
U.T.I.
of infection
(Evaluation : 5th day of 14 days treatment)
CHEMOTHERAPY
342
Table
14
Bacteriological
response
*Persisted :Regardlessofbacterialcount
副 作 用 の増 加 傾 向 を認 め なか った 。 また,本 剤 の 長 期投
与 に お い て も既存 の経 ロペ ニ シ リン剤 と劣 らぬ 安全 性 を
to KW-1100
OCT.
in complicated
1985
U.T.I.
(Evaluation: 5 th day of 14days treatment)
Table 15 Strains*
appearing
in complicated
U.T.I.
after
KW-1100
treatment
有 して い る もの と考 え られ た 。
*: Regardless of bacterial count
(Evaluation : 5 th day of 14days treatment)
VOL.33
S-3
CHEMOTHERAPY
343
344
CHEMOTHERAPY
OCT.
1985
VOL.33
CHEMOTHERAPY
S-3
文
1)
山 路 武 久,
他:
Chemotherapy
献
KW-1100
(Bacmecillinam)
の体
内 動 態 に 関 す る研 究 ー ヒ トに お け る 吸 収, 排 泄 に つ
い て 。 第31回 日本 化 学 療 法 学 会 西 日本 支 部 総 会, 佐
賀,
2)
1983
大 越 正 秋,
Chemotherapy
3)
大 越 正 秋,
他:
28:
他:
345
UTI薬
効 評 価 基 準(第2版)。
324∼341,
UTI薬
1980
効 評 価 基 準(補
4)
熊 沢 浄 一,
28:
他:
1351∼1358,
KW-1100
1980
(Bacmecillinam)
の泌
尿 器 科 領 域 に お け る 臨 床 評 価 成 績 。 第31回
5)
日本化 学
療 法 学 会 西 日 本 支 部 総 会, 佐 賀, 1983
石 神 裏 次: わ が 国 に お け るPivmecillinamの
礎 的,
1∼11,
臨 床 的 研 究 の ま と め 。Chemotherapy
基
25:
1977
遺)。
CLINICAL STUDIES ON BACMECILLINAM (KW-1100) IN
CHRONIC COMPLICATED URINARY TRACT INFECTION
SHOGO UEDA, OSAMU YOSHIZUMI, MASARU NAKAMURA,
YOUICHI MATSUDA, SHIGERU KONNO, and
KOUSAKUETOH
Department of Urology, School of Medicine,
Kurume University
Bacmecillinam (KW-1100) was administered to 28 cases of chronic complicated urinary tract infection and
the following results were obtained.
1) The efficacy of KW-1100 was clinically evaluated and found to be excellent in 4 cases, moderate in 4
cases, poor in 19 cases and unknown in 1 case, with the efficacy rate being 29.6%.
2) Bacteriologically, 22 (57.9%) out of 38 strains were eradicated.
3) Side effects were observed in 2 cases (eruption, and slight headache, abdominal pain and nausea respectively) and as for laboratory findings, transient elevation of - BUN was observed in 1 case.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
270
File Size
1 099 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content