close

Enter

Log in using OpenID

42 41 札幌日章 札幌平岡中央

embedDownload
【試合結果】
男子 決勝トーナメント
日時
会場
3位決定戦
平成26年12月28日(日)
室蘭市体育館
○
5
‐
札幌
9
‐
13 ‐
15 ‐
OT
札幌日章
結果
42
審判 主審 宇都宮 浩史
13:00
∼
●
札幌平岡中央
17
13
9
2
札幌
41
副審 岩崎 晋也
【ボックススコア】
札幌日章
No.
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
選手氏名
平石 悠人
櫛引 健太
関根 壮志
高田 樹貴
高見 恒成
田上 絢斗
坂口 優太
藤本 達也
榊 琢也
伊藤 亮輔
向山 乃杏
今 大和
橋本 大輝
坂口 諒
春木 一真
HC
能登 崇嘉
合計
出場 札幌平岡中央
札幌
出場 得点 3P
7
1
/
0
/
0
8
DNP 0
DNP 0
4
9
1
DNP 0
14
4
DNP 0
DNP 0
DNP 0
DNP 0
DNP 0
42
6
2P
2
FT
R
3
4
8
2
3
1
7
1
12
F
2
4
3
3
0
19
12
No.
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
選手氏名
江戸 亮文
杉井 奨平
菊地 健太
鈴木 巽
三木 琉惟
松本 大河
美口 大輝
永田 侑也
堀 優斗
竹内 柊偉
肥塚 将希
工藤 雅也
勝田 海渡
安部 恭典
稲葉 優芽
HC
山田 秀剛
札幌
出場 得点 3P
10
DNP 0
DNP 0
DNP 0
0
10
/
0
17
3
DNP 0
DNP 0
DNP 0
4
DNP 0
DNP 0
DNP 0
2P
4
41
14
合計
3
FT
2
R
8
F
3
3
1
2
2
2
9
6
4
27
11
5
3
2
4
:スターター /:途中出場 DNP:出場なし
得点 3P:3ポイントシュート 2P:2ポイントシュート FT:フリースロー
【選 評】
札幌日章と札幌平岡中央との札幌勢同士の男子3位決定戦。DFは日章ハーフマンツー、平岡中央2‐1‐2ゾーンで試合開始。1Q立ち上がり、両チームとも硬さが見
られなかなかシュートが決まらない。日章は#7のバンクシュート、平岡中央は#11の3PTで得点し始まる。平岡中央は、OFRを頑張り、#4のゴール下を決める。さら
に、残り3分02秒、平岡中央#11の3PTが決まり、2対10となったところで日章タイムアウト。タイムアウト後、日章は、#13が3PTを決めるも、すぐに平岡中央#9がド
ライブを決め、流れを渡さない。日章もOFRを頑張り始めるが、シュートがリングに嫌われなかなか得点が伸びない。平岡中央は#11らがOFRを頑張り続け、ファウルを
もらい、そのFTを決めることで10点差をつける。残り10秒、平岡は速攻から#4がファウルをもらいFTを2本とも決め、17対5と引き離し始めたところで1Q終了。2Q日
章#11のゴール下での合わせを決めるが平岡中央はOFRを頑張り続け、残り6分10秒#11がカウントと1FTを決め7対22と点差を広げる。日章も#11、#7らがゴー
ル下で頑張るがシュートが決まらない。残り4分47秒、平岡中央#9のミドルシュートが決まり、7対24となったところで日章2回目のタイムアウトをとる。タイムアウト後、
日章は#11が3PTを決め落ち着きを取り戻す。日章はゾーンオフェンスでのパスが回り出し、NO7がミドルシュートを決め12対24とするも、平岡中央は、#9ドライブ、
#4のOFRからゴール下シュートを決め返し、なかなか点差が縮まらない。残り49秒、平岡中央はタイムアウトを取り、OFの指示を出す。指示通りに#9がミドルシュート
を決め、2Qを14対30平岡中央のリードで終える。3Q日章は、DFを2‐2‐1プレスから2‐1‐2ゾーンに変える。日章#4が3PTを決め、さらにプスチールから速攻を
決めるが、平岡中央もすかさず#11が3PTを決め返す。DFRを確保し始めた日章は、徐々に動きがよくなり、#11のポストでのシュート、残り4分47秒には、日章#7
のOFRからゴール下シュートで23対33と10点差とする。その後両チームとも#4らが得点を重ね、一進一退の状態が続き、27退39の平岡中央リードのまま3Q終了。4
Q両チームともDFを変えることはせずに頑張り続けるが、得点が全く入らない。残り4分45秒、平岡中央#9から#4のゴール下にパスが通り、両チームで初めての得点
となり、27対41となったところで日章がタイムアウトを取る。タイムアウト後、日章は#10がミドルを決める。平岡中央は、焦ることなく着実にシュートまで持ち込みディレ
イドオフェンスを展開し、OFRを頑張る続ける。残り2分53秒、日章#13が3PTを決め32対45とする。さらに日章の#13は、2分22秒にも3PTを決め、35対41の6点
差とする。その後1分44秒、日章#4がゴール下での合わせのシュートを決め37対41とする。さらに残り1分07秒、スチームから日章#11が速攻を決め、39対41と
なったところで平岡中央タイムアウトをとる。試合終了近くの残り19秒、日章#13が正面から、3本連続目の3PTを決め、42対41とついに逆転する。平岡中央は、サイ
ドからのスローインの指示のため、タイムアウトを取る。タイムアウト後、日章はゾーンのままなのに対し平岡中央は、#4がショートコーナーからステップインを試みる
が、日章の見事なDFにトラベリングを取られる。残り5秒再び日章がタイムアウト。平岡中央もファウルゲームを行うが、確実にインバウンドを行い42対41で日章が勝利
し、決戦大会への出場を手にした。
記録
朝倉 潤
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
244 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content