close

Enter

Log in using OpenID

JR東労組本部OB会ニュース2015年1月号①

embedDownload
「緑の風」JREU TIMES OB版(OB会 ニュース
№209 )
東日本旅客鉄道労働組合
東京都渋谷区代々木 2 丁目 2 番 6 号
JR新宿ビル 13F〒151-8512
Tel. 03-3375-5740(代)
発行責任者古 川 建 三
))
№ 209 2015 年 1 月発行
む
指
定
廃
棄
物
を
福
島
県
に
集
め
て
処
分
迎
春
結
集
を
目
指
す
た
し
ろ
議
員
の
政
治
活
で
私 し
た た
ち 。
O
B
会
は
リ
ベ
ラ
ル
勢
力
の
う
な
野
党
は
残
念
な
が
ら
あ
り
ま
せ
ん
れ
か
ら
だ
」
が
載
っ
て
い
ま
す
。
弾
圧
側
号
に
美
世
志
会
の
梁
次
氏
の
「
闘
い
は
こ
出
さ
れ
ま
し
た
。
「
自
然
と
人
間
」
12
月
昨
年
の
10
月
3
日
、
美
世
志
会
の
地
位
二
〇
一
五
年
元
旦
確
認
訴
訟
で
最
高
裁
の
厳
し
い
決
定
が
団
結
で
闘
う
べ
き
だ
っ
た
の
に
、
そ
の
よ
担 O
当 B
書 担
記 当
「
労
働
者
派
遣
法
廃
案
」
を
目
指
し
て
総
し
」
、
更
に
「
自
民
党
憲
法
草
案
反
対
」
、
議
決
定
撤
回
」
、
「
特
定
秘
密
保
護
法
の
見
直
O
B
は
健
康
第
一
で
事
務
局
次
長
事
務
局
次
長
と
連
帯
し
た
取
り
組
み
も
重
要
で
す
。
事
務
局
次
長
鈴 森 本 植 川
田 松 崎
木
昭
祥
佳
織 優 章 健 雄
町
が
、
条
件
付
き
で
決
断
し
ま
し
た
。
し
衆
院
選
は
そ
う
し
た
安
倍
政
権
に
対
し
て
、
保
障
の
基
盤
を
再
構
築
す
る
た
め
、
現
役
中
間
貯
蔵
施
設
を
巡
り
、
大
熊
・
双
葉
両
出
来
る
国
づ
く
り
に
邁
進
し
て
い
ま
す
。
少
子
高
齢
化
に
歯
止
め
を
か
け
、
社
会
被
災
県
か
ら
風
化
が
進
ん
で
い
る
の
で
す
。
備
移
転
三
原
則
を
決
定
す
る
な
ど
、
戦
争
が
果
に
は
形
と
な
っ
て
現
れ
ま
せ
ん
で
し
た
。
自
衛
権
行
使
を
認
め
る
閣
議
決
定
、
防
衛
装
被
災
地
の
想
い
は
、
今
回
の
衆
院
選
の
結
ま
た
、
特
定
秘
密
保
護
法
施
行
、
集
団
的
会
は
、
平
和
無
く
し
て
は
実
現
し
ま
せ
ん
。
て
い
ま
す
。
高
齢
者
が
大
切
に
さ
れ
る
社
付
を
徐
々
に
目
減
り
さ
せ
る
事
を
狙
っ
風
化
し
て
い
く
危
機
を
感
じ
て
い
ま
す
。
い
ま
東
日
本
大
震
災
や
原
発
事
故
が
、
高
齢
者
や
弱
者
い
じ
め
の
政
権
で
す
。
を
8
%
へ
と
引
き
上
げ
ま
し
た
。
本
当
に
社
会
保
障
費
を
減
ら
し
、
介
護
や
年
金
給
ま
た
政
府
は
今
回
の
衆
院
選
勝
利
で
、
堵
し
て
い
ま
す
。
幸
い
に
死
者
を
出
さ
ず
に
良
か
っ
た
と
安
し
、
多
く
の
被
害
を
も
た
ら
し
ま
し
た
。
城
断
層
地
震
が
震
度
6
弱
の
規
模
で
発
生
事
故
の
記
憶
が
新
し
い
中
、
昨
年
長
野
神
済
を
円
安
・
株
高
へ
と
誘
導
し
、
消
費
税
気
対
策
・
金
融
緩
和
を
実
施
し
て
日
本
経
が
1
千
兆
円
を
超
え
た
中
で
大
規
模
景
の
議
席
を
得
た
安
倍
政
権
は
、
国
の
借
金
2
0
1
2
年
の
衆
院
選
で
絶
対
多
数
輸
出
ま
で
行
っ
て
い
ま
す
。
ら
に
原
発
再
稼
働
へ
と
舵
を
切
り
、
原
発
「
粛
々
と
進
め
る
」
と
し
て
い
ま
す
。
さ
示
さ
れ
た
県
民
の
民
意
に
関
わ
ら
ず
致
で
闘
っ
て
い
ま
す
が
、
政
府
は
選
挙
で
事 副 副 副 副 会 顧 本
年
務
も
会 会 会 会
よ
局
ろ
長
長
長
し
長
問
長
長
く
お
伊 竹 戸 島 佐 古 大 願
々
藤 島 谷 崎 木 川 熊 い
致
富
建
勝
し
敏
義
源
ま
男 博 雄 明 幸 三 明 す
ま
だ
ま
だ
東
日
本
大
震
災
や
福
島
原
発
に
感
謝
申
し
上
げ
ま
す
。
役
各
関
係
者
の
皆
さ
ん
の
絶
大
な
ご
協
力
て
仲
間
と
共
に
前
進
し
ま
し
よ
う
。
危
な
い
安
倍
政
権
辺
野
古
へ
の
移
転
に
反
対
し
て
県
民
一
勝
を
お
祈
り
し
ま
す
。
沖
縄
で
は
、
政
府
の
米
軍
普
天
間
基
地
の
O
B
会
員
の
皆
様
の
御
健
康
と
、
ご
健
昨
一
年
間
の
会
員
の
皆
さ
ん
や
本
部
、
現
明
け
ま
し
て
お
め
で
と
う
ご
ざ
い
ま
す
。
じ
て
た
め
息
が
出
ま
す
が
、
理
性
を
信
じ
て
い
ま
す
。
人
間
の
「
悲
し
い
性
」
を
感
す
る
「
福
島
集
約
論
」
が
く
す
ぶ
っ
て
き
畜
」
に
な
る
こ
と
も
知
り
ま
し
た
。
い
ま
体
験
者
か
ら
聞
き
、
戦
争
で
人
間
が
「
鬼
戦
で
は
「
軍
隊
は
住
民
を
守
ら
な
い
」
と
投
下
に
よ
り
終
戦
を
迎
え
ま
し
た
。
沖
縄
の
で
し
ょ
う
か
。
広
島
・
長
崎
へ
の
原
爆
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
か
」
の
た
た
か
い
に
も
立
ち
向
か
わ
な
け
で
す
。
ま
た
「
い
か
に
健
康
に
生
き
る
の
ー
マ
ニ
ズ
ム
」
を
確
認
す
る
こ
と
が
大
切
そ
し
て
国
鉄
改
革
時
の
「
抵
抗
と
ヒ
ュ
会
長
古
川
理
性
を
信
じ
仲
間
と
共
に
J
R
東
労
組
O
B
会
建
三
日
本
は
「
戦
争
」
か
ら
何
を
学
ん
で
き
た
一
度
学
び
た
い
と
思
い
ま
す
。
敗
戦
か
ら
70
年
の
年
と
な
り
ま
し
た
。
実
り
あ
る
も
の
と
す
る
た
め
に
も
も
う
ご
協
力
を
お
願
い
し
ま
す
。
平
和
で
社
会
保
障
を
す
。
O
B
会
も
、
今
後
の
第
二
の
人
生
を
か
け
て
全
8
巻
が
刊
行
さ
れ
る
予
定
で
年
が
経
ち
、
今
後
松
崎
明
著
作
集
が
二
年
松
崎
初
代
委
員
長
が
亡
く
な
っ
て
4
る
こ
と
は
沢
山
あ
り
ま
す
の
で
会
員
の
ん
の
参
考
に
な
る
で
し
ょ
う
。
ー
動
を
最
大
限
支
援
し
て
行
か
な
け
れ
ば
か
し
最
近
、
他
県
か
ら
放
射
性
物
質
を
含
「
原
発
再
稼
働
反
対
」
、
「
集
団
的
自
衛
権
の
閣
ド
集
め
な
ど
O
B
会
員
が
地
域
で
で
き
な
り
ま
せ
ん
。
後
援
会
加
入
や
紹
介
者
カ
闘
が
書
か
れ
て
い
ま
す
。
組
合
員
の
皆
さ
の
狙
い
に
始
ま
り
、
美
世
志
会
個
々
の
苦
「緑の風」JREU TIMES OB版(OB会 ニュース
も
政
治
日
程
に
入
れ
る
状
況
が
生
ま
O
B
会
員
、
ご
家
族
の
皆
様
方
の
負
会
活
動
に
大
変
勉
強
に
な
り
ま
し
た
。
に
関
す
る
ご
意
見
を
伺
い
、
今
後
の
国
や
「
介
護
」
、
「
医
療
」
等
の
社
会
保
障
来
ら
れ
た
皆
様
方
と
、
直
に
「
年
金
」
し
ま
す
。
2
0
1
5
年
1
月
2
0
1
5
年
1
月
1
日
を
結
合
す
る
こ
と
に
よ
り
、
安
倍
政
権
の
暴
走
を
止
め
、
平
和
と
民
主
主
義
す
。
し
か
し
、
民
主
党
を
中
心
と
す
る
国
会
闘
争
と
現
退
一
体
の
院
外
闘
争
働
法
制
や
社
会
保
障
制
度
改
悪
の
攻
勢
も
、
一
段
と
強
ま
る
こ
と
も
必
死
で
様
に
は
大
変
お
世
話
に
な
り
ま
し
た
。
ま
た
一
年
間
ど
う
ぞ
よ
ろ
し
く
お
願
い
律
を
制
定
し
、
つ
い
で
憲
法
改
正
に
着
手
す
る
と
し
て
い
ま
す
。
ま
た
、
労
さ
て
昨
年
一
年
間
は
、
O
B
会
の
皆
る
よ
う
が
ん
ば
っ
て
い
き
ま
す
の
で
、
安
倍
内
閣
は
、
こ
の
選
挙
結
果
を
背
景
に
集
団
的
自
衛
権
行
使
の
関
係
法
憲
法
改
正
が
俎
上
に
!
手
の
温
も
り
が
今
も
合
員
ら
の
声
を
少
し
で
も
国
会
に
届
け
果
と
な
り
ま
し
た
。
O
B
会
員
や
ご
家
族
、
エ
ル
ダ
ー
組
さ
れ
な
が
ら
も
、
民
主
党
は
73
議
席
に
と
ど
ま
り
自
民
党
の
圧
勝
を
許
す
結
な
る
こ
と
が
予
想
さ
れ
ま
す
。
き
国
会
解
散
で
あ
り
、
安
倍
首
相
自
身
の
長
期
政
権
を
狙
う
選
挙
だ
と
酷
評
り
ま
す
。
第
1
8
9
回
の
通
常
国
会
が
始
ま
議
席
を
確
保
す
る
中
で
、
1
月
末
か
ら
し
、
与
党
で
3
2
5
と
い
う
圧
倒
的
な
党
が
2
9
1
議
席
を
獲
得
し
て
圧
勝
い ん ま
さ ま も す 明
て す 心 。 け
、 。 新 新 ま
昨
た 春 し
年
に を て
末
し 迎 お
の
え
て 、 め
総
い O で
選
る B と
挙
こ 会 う
で
と の ご
は
と 皆 ざ
自
民
思 さ い
大
震
災
と
原
発
事
故
を
経
験
し
た
私
た
可
能
性
が
高
い
と
言
え
ま
す
。
東
日
本
ル
の
法
律
改
正
も
改
め
て
提
出
さ
れ
る
え
て
い
ま
す
。
類
的
に
叡
智
を
結
集
す
る
べ
き
と
考
原
発
」
社
会
を
目
指
す
た
め
に
、
全
人
ち
は
、
原
発
の
再
稼
働
を
許
さ
ず
「
脱
が
目
白
押
し
で
、
大
変
厳
し
い
闘
い
と
た
ち
の
社
会
保
障
制
度
に
関
す
る
法
案
め
て
行
く
重
要
法
案
や
高
齢
者
、
弱
者
今
年
の
国
会
は
、
国
の
方
向
性
を
決
し
て
、
国
会
を
解
散
し
総
選
挙
を
実
施
し
ま
し
た
。
こ
の
選
挙
は
、
円
安
倒
す
。
と
こ
ろ
が
安
倍
首
相
は
、
昨
年
12
月
、
被
災
地
の
皆
様
を
置
き
去
り
に
産
に
揺
れ
る
地
場
産
業
や
物
価
の
高
騰
に
あ
え
ぐ
国
民
を
顧
み
な
い
大
義
な
ど
被
災
地
の
復
興
遅
れ
に
対
す
る
責
任
が
、
政
府
に
厳
し
く
問
わ
れ
て
い
ま
今
年
も
O
B
の
声
を
国
会
へ
東
日
本
大
震
災
か
ら
3
年
10
ヶ
月
、
福
島
原
発
事
故
の
除
染
や
汚
染
水
な
新
春
の
ご
あ
い
さ
つ
を
申
し
上
げ
ま
す
。
会
員
な
ら
び
に
ご
家
族
の
皆
様
2
0
1
5
年
の
年
頭
に
当
た
り
、
謹
ん
で
労
働
法
の
改
正
や
、
労
働
者
保
護
ル
ー
秋
の
臨
時
国
会
で
廃
案
に
な
っ
た
派
遣
ま
せ
ん
。
手
の
温
も
り
を
い
つ
ま
で
も
絶
対
忘
れ
に れ
変 ま
え し
さ た
せ 。
て 憲
は 法
い 9
け 条
ま だ
せ け
ん は
。 、
ま 絶
た
、 対
託
にす 今
年
こ
も
た
よ
え
ろ
る
し
た
く
め
お
に
願
も
い
、
い
皆
た
さ
し
ま
ま
の
会
長
阿
部
保
吉
日
本
高
齢
退
職
者
団
体
連
合
・
を
守
り
国
民
の
暮
ら
し
を
守
る
こ
と
が
出
来
る
と
確
信
し
ま
す
。
各
地
か
ら
貸
し
切
り
バ
ス
で
国
会
へ
い
よ
い
よ
憲
法
「
改
正
」
が
い
つ
で
№209 )
つ
新
年
た の
し
ろ あ
か い
お
る さ
参
議
院
議
員
司
馬
俊
枝
佐
々
木
求
民
主
党
の
国
会
闘
争
と
現
退
一
体
の
院
外
闘
争
結
合
で
公
畠
設
山
秘
浩
書
信
安
倍
政
権
の
暴
走
を
止
め
、
平
和
と
民
主
主
義
、
国
民
の
暮
ら
し
守
ろ
う
!
つ年
頭
の
あ
い
さ
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
46
File Size
592 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content