close

Enter

Log in using OpenID

平成27 年2月20 日 お客様各位 日本農薬株式会社 農薬登録のご連絡

embedDownload
平成 27 年 2 月 20 日
お客様各位
日本農薬株式会社
農薬登録のご連絡の件
首記の件、下記について登録されましたのでご連絡致します。
記
1.新規登録 平成 27 年 2 月 20 日付 (2 件)
(1)ダニコングフロアブル
有効成分 :ピフルブミド…20.0 %
毒性:毒物劇物に該当せず
危険物区分:-
【適用病害虫及び使用方法】
作物名
適用病害虫名
希釈倍数
茶
カンザワハダニ
2000~
4000 倍
かんきつ
りんご
なし
ぶどう
もも
ネクタリン
かき
いちじく
おうとう
小粒核果類
ミカンハダニ
ハダニ類
2000 倍
登録第 23628 号
使用液量
使用時期
200~400ℓ
/10a
摘採7 日前
まで
200~700ℓ
/10a
収穫前日
まで
本剤の
使用回数
使用
方法
ピフルブミドを含む
農薬の総使用回数
1回
散布
1回
ナミハダニ
【使用上の注意事項】
・石灰硫黄合剤、ボルドー液などアルカリ性薬剤との混用を避けること。
・本剤は植物体への浸透移行性がないので、かけ残しのないように葉の裏表に十分に散布すること。
・ハダニ類は繁殖が早く、密度が高くなると防除が困難になるので、発生初期に散布むらのないようにていねいに散布する
こと。
・ハダニ類は薬剤抵抗性が発達し易いので、年1回の散布とし、作用性の異なる他の薬剤と輪番で使用すること。
・散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせ、調節すること。
・本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫
防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
・適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無
を十分確認してから使用すること。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
1/2
(2)ダブルフェースフロアブル
有効成分:ピフルブミド…15.0 %
フェンピロキシメート…5.0 %
毒性:毒物劇物に該当せず
危険物区分:-
【適用病害虫及び使用方法】
登録第 23629 号
作物名
適用
病害虫名
希釈
倍数
茶
チャノホコリダニ
2000~
3000 倍
ミカンハダニ
使用時期
200~400ℓ
/10a
摘採 7 日前
まで
ミカンサビダニ
使用
方法
フェンピロキシメート
を含む農薬の
総使用回数
2 回以内
収穫前日ま
で
2000 倍
ハダニ類
本剤の
使用回数
200~700ℓ
/10a
かんきつ
なす
すいか
メロン
きゅうり
ピーマン
いちご
さやいんげん
あずき
花き類・
観葉植物
使用液量
ピフルブミド
を含む
農薬の総
使用回数
3 回以内
1回
散布
1回
100~300ℓ
/10a
1回
発生初期
6 回以内
【使用上の注意事項】
・石灰硫黄合剤、ボルドー液などアルカリ性薬剤との混用を避けること。
・本剤は植物体への浸透移行性がないので、かけ残しのないように葉の裏表に十分に散布すること。
・ハダニ類は繁殖が早く、密度が高くなると防除が困難になるので、発生初期に散布むらのないようにていねいに散布する
こと。
・ハダニ類は薬剤抵抗性が発達し易いので、年1回の散布とし、作用性の異なる他の薬剤と輪番で使用すること。
・花き類では花に薬害を生じる場合があるので、花や蕾に薬剤が付着するおそれのある時期には使用を避けること。
・蚕に長期間毒性があるので、桑葉にかからないように注意すること。
・散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせ、調節すること。
・本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫
防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
・適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無
を十分確認してから使用すること。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
2.適用拡大 平成 27 年 2 月 20 日付 (2 件)
(1)ダニトロンフロアブル
①本剤の使用回数変更:かんきつ/1 回 ⇒ 2 回以内
②フェンピロキシメートを含む農薬の総使用回数の変更:かんきつ/1 回⇒2 回以内
③フェンピロキシメートを含む農薬の総使用回数の変更:花き類・観葉植物/1 回⇒6 回以内
*注意事項の変更はありません。
登録第 17801 号
(2)アプロードエースフロアブル
登録第 20106 号
①本剤の使用回数変更:みかん,かんきつ(みかんを除く)/1 回 ⇒ 2 回以内
②フェンピロキシメートを含む農薬の総使用回数の変更:みかん,かんきつ(みかんを除く)/1 回⇒2 回以内
*注意事項の変更はありません。
以上
2/2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
85 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content