close

Enter

Log in using OpenID

レベモルカチオン#100セット

embedDownload
13/10
研究開発本部
No.470-5
レベモルカチオン厚付
用途
防水下地・水匂配・水溜り不陸調整
厚付け用カチオン系
ファイバーセメントモルタル
レベモルカチオンベース
用途
レベモル♯200A+レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯200A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
スレート屋根補強断熱
断熱カチオン系
セメントモルタル
白色/レベモル♯300A+レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯300A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
● 特殊ファイバーの配合により、
曲げ強度、耐衝撃性等の物性
に優れ、厚付特性により作業の効率化がはかれます。
●
● 施工面に溶剤系プライマー、
溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
●
付着性、耐衝撃性、磨耗性に優れます。
劣化スレートを補強しセラミックバルーン骨材の配合により
断熱効果を付与できます。
水性から溶剤系まで、幅広い仕上塗材の下地調整に適します。
●
クール
トップとの組合せにより、高い遮熱効果を発揮する
多機能下地調整材です。
施 工
★厚みが30.0mm以上の場合は加水量を減らしてください。
アスファルトシーラー[1]に対してスズカシンナー#2000[0.5]を加え希釈して塗装(0.2∼0.5kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
プライマー塗装
プライマー塗装
厚 み
調合
レベモル#200A 20kg
レベモルカチオン#700B 1kg
水2.0∼3.0kg
5.0mm
10.0mm
20.0mm
50.0mm
レベモルカチオン薄付
用途
壁面素地調整・防水下地薄付け
→
→
→
→
面 積
2.1㎡
1.1㎡
0.5㎡
0.2㎡
厚 み
面 積
1.0mm → 11.5∼13.5㎡
1.5mm → 7.7∼ 9.0㎡
2.0mm → 5.8∼ 6.8㎡
調合
レベモル#300A 20kg
薄付け用カチオン系
セメントモルタル
レベモルカチオン#700B 3kg
水7.0∼10.0kg
レベモル弾性ベース
セメント色/レベモル♯300CA+レベモルカチオン♯700B
白色/レベモル♯300A +レベモルカチオン♯700B
用途
鋼板屋根・スレート屋根断熱
荷姿/レベモル♯300A(CA)
・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
断熱弾性ポリマー系
セメントモルタル
白色/レベモル♯300A+レベモル弾性♯500B
荷姿/レベモル♯300A・
・
・20kg粉体 レベモル弾性♯500B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
吹付けを併用したコテ・ローラー作業性に優れ、作業効率の
●
付着性、耐衝撃性、耐磨耗性に優れます。
●
● 付着性、
弾性に優れます。セラミックバルーン骨材の配合に
より断熱効果を発揮します。また弾性樹脂リッチな配合のため、
割れにくい防水性の高い下地を形成します。
大幅アップがはかれます。
●
● 水性から溶剤系まで、
幅広い仕 上 塗材の下地調整に適します。
クールトップとの組合せにより、高い遮熱効果を発揮する
多機能下地調整材です。
水系から溶剤系まで、幅広い仕上塗材の下地調整に
使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
0.5mm
1.0mm
1.5mm
2.0mm
調合
レベモル#300A 20kg
レベモル#300CA 20kg
レベモルカチオン#700B 3kg
レベモルカチオン#700B 3kg
水8.0∼9.0kg
水7.0∼8.0kg
スレート アスファルトシーラー[1]に対してスズカシンナー#2000[0.5]を加え希釈して塗装(0.2∼0.5kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
鋼 板 エポクールSを無希釈にて塗装(0.12∼0.16kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
面 積
→ 23.0∼27.0㎡
→ 11.5∼13.5㎡
→ 7.7∼ 9.0㎡
→ 5.8∼ 6.8㎡
厚 み
面 積
1.0mm → 16.0∼18.8㎡
1.5mm → 10.7∼12.5㎡
2.0mm → 8.0∼ 9.4㎡
調合
レベモル#300A 20kg
レベモル弾性#500B 12kg
水3.0∼4.0kg
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
付着強さ
標準養生
(N/m㎡)
低温養生
耐衝撃性
耐ひび割れ性
軟度変化(%)
1.0
1.0
0.9
0.7
JIS A 6916(0.5以上:C−1)
1.8
1.9
2.0
0.5
JIS A 6916(2以下:C−1)
−15
−13
14
−12
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
1.2
1.0
2.0
1.1
JIS A 6916(0.7以上:C−1)
JIS A 6916 500g,30cm
JIS A 6916 20℃,65%R.H.
JIS A 6916(−20∼20)
1.6
0.4
0.4
1.5
JIS A 6916(2以下:CM−2)
0.1
0.1
0.3
0.4
JIS A 6916(0.5以下:CM−2)
長さ変化率(%)
0.13
0.08
0.07
0.09
JIS A 6916(0.15以下:CM−2)
レベモル
カチオン薄付
セメント色
レベモル
カチオン薄付
白色
レベモル
カチオンワンR
レベモル
弾性ベース
備考(規定値)
レベモル薄付けタイプ試験結果
付着強さ
標準養生
1.4
1.7
2.1
1.7
JIS A 6916(1.0以上:CM−2)
(N/m㎡)
低温養生
1.0
1.7
1.7
1.2
JIS A 6916(0.7以上:CM−2)
曲げ強さ(N/m㎡)
9.5
10.5
12.3
7.7
圧縮強さ(N/m㎡)
27.9
38.4
34.4
34.8
JIS A 6916(10.0以上:CM−2)
JIS A 6916(3.0以上:CM−2)
−17
−14
−13
17
耐ひび割れ性
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
JIS A 6916 20℃,65%R.H.
耐衝撃性
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
JIS A 6916 1kg,50cm
軟度変化(%)
レベモル
カチオン
レベモル
カチオンSL
レベモル
カチオン厚付
水6.0∼7.0kg
水4.5∼5.5kg
調合
レベモル
カチオンワンK
JIS A 6916(−20∼20)
備考(規定値)
→ 20.0∼23.5㎡(R)
→ 10.0∼11.8㎡(R・K)
6.7∼7.8㎡(R・K)
→
5.0∼5.9㎡(K)
→
2.0∼2.4㎡(K)
→
レベモルカチオン♯700B 1に対して水1∼2を加え希釈して(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
プライマー塗装
施 工
●
作業効率の向上により、工期の短縮がはかれます。
(1.0∼5.0mm)
防水下地ノロ引き不陸調整・防水下地薄付け不陸調整
ローラー用/レベモルカチオンワンR
コテ用/レベモルカチオンワンK
一材型カチオン系
セメントモルタル
レベモルカチオン#100セット(コテ用)
用途
上記の特長は全ての製品に対応していません。製品によって性能が異なりますので、お求めの性能、機能によって製品をご選択ください。
塗付け易く、良好な仕上がりとなります。
コ テ で 流し 延 べ る だ け で フ ラット にコ テ
むらなく仕上がるタイプもあります。
吹付け可能タイプや一材型タイプはむだな
手間がかからず手離れ良く仕上がります。
コンクリート、モルタル
ルーフデッキ、鋼板
スレート板、サイディング板
ALCパネル
レベモル厚付けタイプ試験結果
ローラー用/レベモルカチオンワンR 20kg
コ テ 用/レベモルカチオンワンK 20kg
0.5mm
1.0mm
1.5mm
2.0mm
5.0mm
面 積
厚 み
防水下地薄付け不陸調整・床、ベランダ床面の下地調整
(1.0∼5.0mm)
(1.0∼5.0mm)
防水材用下地調整塗材
カチオン系アクリルエマルションをパウダー化し、
セメント系粉体にプレミックスすることにより、
水と混練するだけで使用できる一材型のローラー塗り
及びコテ塗り用下地調整塗材です。一材型のため、
面倒な計量や廃材の処理が軽減できます。
特 長
荷姿/レベモルカチオンワンR・
・
・20kg粉体 レベモルカチオンワンK・
・
・20kg粉体
(0.5∼1.5mm)
用途
レベモルカチオンワン
機能性下地調整塗材
レベモルカチオン
カチオン系セメントモルタル
ペール缶セット
用途
レベモル♯100A+レベモルカチオン♯700B
防水下地調整
荷姿/ペール缶(レベモル♯100A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B(混和液)
・
・
・2.5kg)
カチオン系セメントモルタル
レベモル♯100A + レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯100A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
乾燥収縮が少なく、耐クラック性に優れます。
●
耐水性、耐アルカリ性、耐透水性に優れます。
●
曲げ強度、引張強度、耐衝撃性、耐摩耗性に優れます。
●
カチオン系セメントモルタル、
レベモルカチオン#100セットは、
粉体と混和液(2.5kgの内、0.5kgはプライマー用)がセットの
荷姿で、作業性に優れた小面積用下地調整材です。
●
●
各種下地に対する付着性が良好です。
曲げ・圧縮強度、耐衝撃性、耐磨耗性が良好です。
●
施工面に溶剤系プライマー・溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
レベモルカチオン♯700B 0.5kgに水0.5∼1.0kgを加え(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
厚 み
面 積
水4.0∼6.0kg
・厚み1∼ 5mm/レベモル♯100A 20kg
・厚み5∼10mm/レベモル♯100A 20kg
レベモルカチオン♯700B 2kg
レベモルカチオン♯700B 1kg
レベモル♯300CA+レベモルカチオン♯700B
防水下地調整
レベモル♯100SL + レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯100SL・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
(0.5∼2.0mm)
特 長
●
セルフレベリング性により平滑な下地に仕上ります。
(セルフレベリング性は、床用SL材とは異なります)
カチオン系セメントモルタル、
レベモルカチオン#300C
セットは、粉体と混和液(2.5kgの内、0.5kgはプライマー用)
がセットになっており、小面積での施工で薄付け特性に優れた
作業性の良い下地調整材です。
曲げ強度、引張強度、耐衝撃性、耐摩耗性に優れます。
耐水性、耐アルカリ性、耐透水性に優れます。
乾燥収縮が少なく、耐クラック性に優れます。
● 透水性が少なく、
仮防水性を有します。
1.5mm以上の平滑な塗り厚により雨養生を省くことができ、
工程短縮になります。
● 施工面に溶剤系プライマー、
溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
※プライマーは必ず2回塗
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 0.5kgに水0.5∼1.0kgを加え(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
(1回目)レベモルカチオン♯700B 1に対して水7を加え希釈して(8倍液)塗装。
(乾燥時間1時間以上)
(2回目)レベモルカチオン♯700B 1に対して水3を加え希釈して(4倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
面 積
厚 み
1.0mm → 7.8∼9.1㎡
調合
水4.0∼5.0kg
レベモル#100SL 20kg
レベモルカチオン#700B 2kg
面 積
1.0mm → 11.0∼12.9㎡
1.5mm → 7.3∼ 8.6㎡
3.0mm → 3.7∼ 4.3㎡
5.0mm → 2.2∼ 2.6㎡
調合
レベモル#300CA 13.5kg
レベモルカチオン#700B 2.0kg
面 積
水2.5∼5.0kg
水3.0∼4.0kg
セルフレベリング型
カチオン系セメントモルタル
レベモルカチオンSL
用途
(0.5∼2mm)
(0.5∼2.0mm)
1.0mm → 11.0∼12.9㎡
2.0mm → 5.5∼ 6.5㎡
5.0mm → 2.1∼ 2.5㎡
10.0mm → 1.1∼ 1.2㎡
調合
2.0mm → 5.5∼6.5㎡
調合
レベモル#100A 20.0kg
レベモルカチオン#700B 2.0kg
トモルタル
レベモルカチオン#300Cセット(ローラー用)カチオン系セメン
ペール缶セット
防水下地ノロ引き不陸調整・床、ベランダ床面の
用途
下地調整・吹付けタイル素地調整
荷姿/ペール缶(レベモル♯300CA・
・
・13.5kg粉体 レベモルカチオン♯700B(混和液)
・
・
・2.5kg)
特 長
●
●
●
●
注意事項
吸水量(g)
●
●
各種下地へ の付着が良好で、物理的強度に
優れています。
水系塗料、溶剤系塗料、シート防水、ウレタン
防水等の下地調整材として幅広く使用でき
ます。
セラミックバルーン骨材を配合したタイプは
断熱機能を発揮します。
吸水量(g)
透水量(ml/h)
● 性能に優れています
●
●
● 施工性に優れています
●
●
●
●
下地を選びません
レベモルシリーズ物性データ
特 長
ポリマーセメントモルタルの性能を最大限に高めた
レベモルシリーズには、各種用途に適した下地調
整塗材としての機能はもとより、透水性が低くレベ
リング性に富んだタイプなど、
それぞれ特長のある
性能を有しています。また、下地もコンクリートから
ルーフデッキまで幅広く適用できます。
屋根用断熱ベース塗材
塗装用下地調整塗材
レベモルシリーズ
●
レベモルシリーズ
L e ve m or S e r i e s
水2.5∼3.0kg
注意事項
上記の特長は全ての製品に対応していません。製品によって性能が異なりますので、お求めの性能、機能によって製品をご選択ください。
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
吸水量(g)
● 各種下地へ の付着が良好で、
物理的強度に
優れています。
● 水系塗料、
溶剤系塗料、シート防水、ウレタン
防水等の下地調整材として幅広く使用でき
ます。
● セラミックバルーン骨材を配合したタイプは
断熱機能を発揮します。
異常なし
異常なし
耐ひび割れ性
−13
−15
レベモル
カチオン薄付
白色
レベモル
カチオン薄付
セメント色
0.08
0.13
長さ変化率(%)
0.1
0.1
透水量(ml/h)
0.4
1.6
吸水量(g)
1.7
1.0
1.7
1.4
38.4
27.9
圧縮強さ(N/m㎡)
10.5
9.5
曲げ強さ(N/m㎡)
異常なし
異常なし
耐衝撃性
異常なし
異常なし
耐ひび割れ性
−14
−17
レベモル
カチオンSL
レベモル
カチオン
0.5
JIS A 6916(2以下:C−1)
0.7
JIS A 6916(0.5以上:C−1)
1.1
異常なし
異常なし
JIS A 6916(0.7以上:C−1)
異常なし
JIS A 6916 500g,30cm
異常なし
14
JIS A 6916 20℃,65%R.H.
−12
レベモル
カチオンワンR
JIS A 6916(−20∼20)
レベモル
弾性ベース
備考(規定値)
レベモル薄付けタイプ試験結果
● 塗付け易く、
良好な仕上がりとなります。
● コ テ で 流し 延 べ る だ け で フ ラット にコ テ
むらなく仕上がるタイプもあります。
● 吹付け可能タイプや一材型タイプはむだな
手間がかからず手離れ良く仕上がります。
施工性に優れています
コンクリート、モルタル
ルーフデッキ、鋼板
スレート板、サイディング板
ALCパネル
低温養生
(N/m㎡)
標準養生
付着強さ
軟度変化(%)
下地を選びません
0.07
0.09
0.3
JIS A 6916(0.15以下:CM−2)
0.4
0.4
JIS A 6916(0.5以下:CM−2)
1.5
1.7
JIS A 6916(2以下:CM−2)
1.2
2.1
JIS A 6916(0.7以上:CM−2)
1.7
34.4
34.8
12.3
異常なし
異常なし
JIS A 6916(10.0以上:CM−2)
7.7
JIS A 6916(3.0以上:CM−2)
異常なし
JIS A 6916 1kg,50cm
異常なし
−13
レベモル
カチオン厚付
JIS A 6916(1.0以上:CM−2)
JIS A 6916 20℃,65%R.H.
17
JIS A 6916(−20∼20)
レベモル
カチオンワンK
備考(規定値)
レベモル厚付けタイプ試験結果
レベモルシリーズ物性データ
特 長
ポリマーセメントモルタルの性能を最大限に高めた
レベモルシリーズには、各種用途に適した下地調
整塗材としての機能はもとより、透水性が低くレベ
リング性に富んだタイプなど、
それぞれ特長のある
性能を有しています。また、下地もコンクリートから
ルーフデッキまで幅広く適用できます。
水6.0∼7.0kg
水4.5∼5.5kg
ローラー用/レベモルカチオンワンR 20kg
コ テ 用/レベモルカチオンワンK 20kg
0.5mm
1.0mm
1.5mm
2.0mm
5.0mm
調合
→ 20.0∼23.5㎡(R)
→ 10.0∼11.8㎡(R・K)
6.7∼7.8㎡(R・K)
→
5.0∼5.9㎡(K)
→
2.0∼2.4㎡(K)
→
面 積
厚 み
屋根用断熱ベース塗材
レベモルカチオン♯700B 1に対して水1∼2を加え希釈して(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
プライマー塗装
塗装用下地調整塗材
施 工
防水材用下地調整塗材
●
レベモルシリーズ
L e ve m o r S e r i e s
機能性下地調整塗材
作業効率の向上により、工期の短縮がはかれます。
● カチオン系アクリルエマルションをパウダー化し、
セメント系粉体にプレミックスすることにより、
水と混練するだけで使用できる一材型のローラー塗り
及びコテ塗り用下地調整塗材です。一材型のため、
面倒な計量や廃材の処理が軽減できます。
特 長
荷姿/レベモルカチオンワンR・
・
・20kg粉体 レベモルカチオンワンK・
・
・20kg粉体
(0.5∼1.5mm)
用途
(1.0∼5.0mm)
防水下地ノロ引き不陸調整・防水下地薄付け不陸調整
ローラー用/レベモルカチオンワンR
コテ用/レベモルカチオンワンK
レベモルカチオンワン
一材型カチオン系
セメントモルタル
カチオン系セメントモルタル、
レベモルカチオン#100セットは、
粉体と混和液(2.5kgの内、0.5kgはプライマー用)がセットの
荷姿で、作業性に優れた小面積用下地調整材です。
曲げ強度、引張強度、耐衝撃性、耐摩耗性に優れます。
●
耐水性、耐アルカリ性、耐透水性に優れます。
●
乾燥収縮が少なく、耐クラック性に優れます。
防水下地調整
レベモル♯100A + レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯100A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
●
各種下地に対する付着性が良好です。
曲げ・圧縮強度、耐衝撃性、耐磨耗性が良好です。
●
施工面に溶剤系プライマー・溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
レベモルカチオン♯700B 0.5kgに水0.5∼1.0kgを加え(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
厚 み
面 積
レベモル#100A 20.0kg
レベモルカチオン#700B 2.0kg
水4.0∼6.0kg
・厚み1∼ 5mm/レベモル♯100A 20kg
・厚み5∼10mm/レベモル♯100A 20kg
トモルタル
レベモルカチオン#300Cセット(ローラー用)カチオン系セメン
ペール缶セット
防水下地ノロ引き不陸調整・床、ベランダ床面の
(0.5∼2mm)
下地調整・吹付けタイル素地調整
レベモル♯300CA+レベモルカチオン♯700B
(0.5∼2.0mm)
用途
水2.5∼5.0kg
水3.0∼4.0kg
防水下地調整
レベモル♯100SL + レベモルカチオン♯700B
特 長
●
セルフレベリング性により平滑な下地に仕上ります。
(セルフレベリング性は、床用SL材とは異なります)
カチオン系セメントモルタル、
レベモルカチオン#300C
セットは、粉体と混和液(2.5kgの内、0.5kgはプライマー用)
がセットになっており、小面積での施工で薄付け特性に優れた
作業性の良い下地調整材です。
曲げ強度、引張強度、耐衝撃性、耐摩耗性に優れます。
耐水性、耐アルカリ性、耐透水性に優れます。
乾燥収縮が少なく、耐クラック性に優れます。
施 工
●
透水性が少なく、仮防水性を有します。
1.5mm以上の平滑な塗り厚により雨養生を省くことができ、
工程短縮になります。
●
施工面に溶剤系プライマー、溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
プライマー塗装
厚 み
※プライマーは必ず2回塗
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 0.5kgに水0.5∼1.0kgを加え(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
(1回目)レベモルカチオン♯700B 1に対して水7を加え希釈して(8倍液)塗装。
(乾燥時間1時間以上)
(2回目)レベモルカチオン♯700B 1に対して水3を加え希釈して(4倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
面 積
厚 み
1.0mm → 7.8∼9.1㎡
調合
調合
レベモル#300CA 13.5kg
レベモルカチオン#700B 2.0kg
セルフレベリング型
カチオン系セメントモルタル
荷姿/レベモル♯100SL・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
(0.5∼2.0mm)
荷姿/ペール缶(レベモル♯300CA・
・
・13.5kg粉体 レベモルカチオン♯700B(混和液)
・
・
・2.5kg)
特 長
レベモルカチオン♯700B 2kg
レベモルカチオン♯700B 1kg
レベモルカチオンSL
用途
面 積
1.0mm → 11.0∼12.9㎡
2.0mm → 5.5∼ 6.5㎡
5.0mm → 2.1∼ 2.5㎡
10.0mm → 1.1∼ 1.2㎡
調合
2.0mm → 5.5∼6.5㎡
調合
●
カチオン系セメントモルタル
特 長
●
●
レベモルシリーズ
用途
レベモル♯100A+レベモルカチオン♯700B
特 長
●
●
異常なし
2.0
(1.0∼5.0mm)
レベモルカチオン
カチオン系セメントモルタル
ペール缶セット
荷姿/ペール缶(レベモル♯100A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B(混和液)
・
・
・2.5kg)
●
●
2.0
1.0
1.2
異常なし
耐衝撃性
軟度変化(%)
性能に優れています
0.9
1.0
1.0
防水下地薄付け不陸調整・床、ベランダ床面の下地調整
(1.0∼5.0mm)
●
●
標準養生
付着強さ
1.9
1.8
用途
●
低温養生
(N/m㎡)
レベモルカチオン#100セット(コテ用)
水4.0∼5.0kg
レベモル#100SL 20kg
レベモルカチオン#700B 2kg
水2.5∼3.0kg
面 積
1.0mm → 11.0∼12.9㎡
1.5mm → 7.3∼ 8.6㎡
3.0mm → 3.7∼ 4.3㎡
5.0mm → 2.2∼ 2.6㎡
13/10
研究開発本部
No.470-5
厚付け用カチオン系
ファイバーセメントモルタル
レベモルカチオン厚付
用途
防水下地・水匂配・水溜り不陸調整
レベモルカチオンベース
用途
レベモル♯200A+レベモルカチオン♯700B
スレート屋根補強断熱
荷姿/レベモル♯200A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
白色/レベモル♯300A+レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯300A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
●
特殊ファイバーの配合により、曲げ強度、耐衝撃性等の物性
に優れ、厚付特性により作業の効率化がはかれます。
●
施工面に溶剤系プライマー、溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
断熱カチオン系
セメントモルタル
●
付着性、耐衝撃性、磨耗性に優れます。
劣化スレートを補強しセラミックバルーン骨材の配合により
断熱効果を付与できます。
●
水性から溶剤系まで、幅広い仕上塗材の下地調整に適します。
●
クールトップとの組合せにより、高い遮熱効果を発揮する
多機能下地調整材です。
施 工
★厚みが30.0mm以上の場合は加水量を減らしてください。
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
アスファルトシーラー[1]に対してスズカシンナー#2000[0.5]を加え希釈して塗装(0.2∼0.5kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
厚 み
調合
レベモル#200A 20kg
レベモルカチオン#700B 1kg
水2.0∼3.0kg
レベモルカチオン薄付
用途
壁面素地調整・防水下地薄付け
面 積
5.0mm
10.0mm
20.0mm
50.0mm
→
→
→
→
2.1㎡
1.1㎡
0.5㎡
0.2㎡
厚 み
調合
レベモル#300A 20kg
薄付け用カチオン系
セメントモルタル
用途
鋼板屋根・スレート屋根断熱
荷姿/レベモル♯300A(CA)
・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
水7.0∼10.0kg
断熱弾性ポリマー系
セメントモルタル
白色/レベモル♯300A+レベモル弾性♯500B
荷姿/レベモル♯300A・
・
・20kg粉体 レベモル弾性♯500B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
●
付着性、耐衝撃性、耐磨耗性に優れます。
●
吹付けを併用したコテ・ローラー作業性に優れ、作業効率の
●
付着性、弾性に優れます。セラミックバルーン骨材の配合に
より断熱効果を発揮します。また弾性樹脂リッチな配合のため、
割れにくい防水性の高い下地を形成します。
●
水性から溶剤系まで、幅広い仕 上 塗材の下地調整に適します。
クールトップとの組合せにより、高い遮熱効果を発揮する
多機能下地調整材です。
大幅アップがはかれます。
●
レベモルカチオン#700B 3kg
レベモル弾性ベース
セメント色/レベモル♯300CA+レベモルカチオン♯700B
白色/レベモル♯300A +レベモルカチオン♯700B
面 積
1.0mm → 11.5∼13.5㎡
1.5mm → 7.7∼ 9.0㎡
2.0mm → 5.8∼ 6.8㎡
水系から溶剤系まで、幅広い仕上塗材の下地調整に
使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
調合
レベモル#300A 20kg
レベモル#300CA 20kg
レベモルカチオン#700B 3kg
レベモルカチオン#700B 3kg
水8.0∼9.0kg
水7.0∼8.0kg
0.5mm
1.0mm
1.5mm
2.0mm
スレート アスファルトシーラー[1]に対してスズカシンナー#2000[0.5]を加え希釈して塗装(0.2∼0.5kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
鋼 板 エポクールSを無希釈にて塗装(0.12∼0.16kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
面 積
→ 23.0∼27.0㎡
→ 11.5∼13.5㎡
→ 7.7∼ 9.0㎡
→ 5.8∼ 6.8㎡
厚 み
調合
レベモル#300A 20kg
面 積
1.0mm → 16.0∼18.8㎡
1.5mm → 10.7∼12.5㎡
2.0mm → 8.0∼ 9.4㎡
レベモル弾性#500B 12kg
水3.0∼4.0kg
13/10
研究開発本部
No.470-5
厚付け用カチオン系
ファイバーセメントモルタル
レベモルカチオン厚付
用途
防水下地・水匂配・水溜り不陸調整
レベモルカチオンベース
用途
レベモル♯200A+レベモルカチオン♯700B
スレート屋根補強断熱
荷姿/レベモル♯200A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
白色/レベモル♯300A+レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯300A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
●
特殊ファイバーの配合により、曲げ強度、耐衝撃性等の物性
に優れ、厚付特性により作業の効率化がはかれます。
●
施工面に溶剤系プライマー、溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
断熱カチオン系
セメントモルタル
●
付着性、耐衝撃性、磨耗性に優れます。
劣化スレートを補強しセラミックバルーン骨材の配合により
断熱効果を付与できます。
●
水性から溶剤系まで、幅広い仕上塗材の下地調整に適します。
●
クールトップとの組合せにより、高い遮熱効果を発揮する
多機能下地調整材です。
施 工
★厚みが30.0mm以上の場合は加水量を減らしてください。
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
アスファルトシーラー[1]に対してスズカシンナー#2000[0.5]を加え希釈して塗装(0.2∼0.5kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
厚 み
調合
レベモル#200A 20kg
レベモルカチオン#700B 1kg
水2.0∼3.0kg
レベモルカチオン薄付
用途
壁面素地調整・防水下地薄付け
面 積
5.0mm
10.0mm
20.0mm
50.0mm
→
→
→
→
2.1㎡
1.1㎡
0.5㎡
0.2㎡
厚 み
調合
レベモル#300A 20kg
薄付け用カチオン系
セメントモルタル
用途
鋼板屋根・スレート屋根断熱
荷姿/レベモル♯300A(CA)
・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
水7.0∼10.0kg
断熱弾性ポリマー系
セメントモルタル
白色/レベモル♯300A+レベモル弾性♯500B
荷姿/レベモル♯300A・
・
・20kg粉体 レベモル弾性♯500B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
●
付着性、耐衝撃性、耐磨耗性に優れます。
●
吹付けを併用したコテ・ローラー作業性に優れ、作業効率の
●
付着性、弾性に優れます。セラミックバルーン骨材の配合に
より断熱効果を発揮します。また弾性樹脂リッチな配合のため、
割れにくい防水性の高い下地を形成します。
●
水性から溶剤系まで、幅広い仕 上 塗材の下地調整に適します。
クールトップとの組合せにより、高い遮熱効果を発揮する
多機能下地調整材です。
大幅アップがはかれます。
●
レベモルカチオン#700B 3kg
レベモル弾性ベース
セメント色/レベモル♯300CA+レベモルカチオン♯700B
白色/レベモル♯300A +レベモルカチオン♯700B
面 積
1.0mm → 11.5∼13.5㎡
1.5mm → 7.7∼ 9.0㎡
2.0mm → 5.8∼ 6.8㎡
水系から溶剤系まで、幅広い仕上塗材の下地調整に
使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
調合
レベモル#300A 20kg
レベモル#300CA 20kg
レベモルカチオン#700B 3kg
レベモルカチオン#700B 3kg
水8.0∼9.0kg
水7.0∼8.0kg
0.5mm
1.0mm
1.5mm
2.0mm
スレート アスファルトシーラー[1]に対してスズカシンナー#2000[0.5]を加え希釈して塗装(0.2∼0.5kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
鋼 板 エポクールSを無希釈にて塗装(0.12∼0.16kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
面 積
→ 23.0∼27.0㎡
→ 11.5∼13.5㎡
→ 7.7∼ 9.0㎡
→ 5.8∼ 6.8㎡
厚 み
調合
レベモル#300A 20kg
面 積
1.0mm → 16.0∼18.8㎡
1.5mm → 10.7∼12.5㎡
2.0mm → 8.0∼ 9.4㎡
レベモル弾性#500B 12kg
水3.0∼4.0kg
注意事項
上記の特長は全ての製品に対応していません。製品によって性能が異なりますので、お求めの性能、機能によって製品をご選択ください。
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
吸水量(g)
● 各種下地へ の付着が良好で、
物理的強度に
優れています。
● 水系塗料、
溶剤系塗料、シート防水、ウレタン
防水等の下地調整材として幅広く使用でき
ます。
● セラミックバルーン骨材を配合したタイプは
断熱機能を発揮します。
異常なし
異常なし
耐ひび割れ性
−13
−15
レベモル
カチオン薄付
白色
レベモル
カチオン薄付
セメント色
0.08
0.13
長さ変化率(%)
0.1
0.1
透水量(ml/h)
0.4
1.6
吸水量(g)
1.7
1.0
1.7
1.4
38.4
27.9
圧縮強さ(N/m㎡)
10.5
9.5
曲げ強さ(N/m㎡)
異常なし
異常なし
耐衝撃性
異常なし
異常なし
耐ひび割れ性
−14
−17
レベモル
カチオンSL
レベモル
カチオン
0.5
JIS A 6916(2以下:C−1)
0.7
JIS A 6916(0.5以上:C−1)
1.1
異常なし
異常なし
JIS A 6916(0.7以上:C−1)
異常なし
JIS A 6916 500g,30cm
異常なし
14
JIS A 6916 20℃,65%R.H.
−12
レベモル
カチオンワンR
JIS A 6916(−20∼20)
レベモル
弾性ベース
備考(規定値)
レベモル薄付けタイプ試験結果
● 塗付け易く、
良好な仕上がりとなります。
● コ テ で 流し 延 べ る だ け で フ ラット にコ テ
むらなく仕上がるタイプもあります。
● 吹付け可能タイプや一材型タイプはむだな
手間がかからず手離れ良く仕上がります。
施工性に優れています
コンクリート、モルタル
ルーフデッキ、鋼板
スレート板、サイディング板
ALCパネル
低温養生
(N/m㎡)
標準養生
付着強さ
軟度変化(%)
下地を選びません
0.07
0.09
0.3
JIS A 6916(0.15以下:CM−2)
0.4
0.4
JIS A 6916(0.5以下:CM−2)
1.5
1.7
JIS A 6916(2以下:CM−2)
1.2
2.1
JIS A 6916(0.7以上:CM−2)
1.7
34.4
34.8
12.3
異常なし
異常なし
JIS A 6916(10.0以上:CM−2)
7.7
JIS A 6916(3.0以上:CM−2)
異常なし
JIS A 6916 1kg,50cm
異常なし
−13
レベモル
カチオン厚付
JIS A 6916(1.0以上:CM−2)
JIS A 6916 20℃,65%R.H.
17
JIS A 6916(−20∼20)
レベモル
カチオンワンK
備考(規定値)
レベモル厚付けタイプ試験結果
レベモルシリーズ物性データ
特 長
ポリマーセメントモルタルの性能を最大限に高めた
レベモルシリーズには、各種用途に適した下地調
整塗材としての機能はもとより、透水性が低くレベ
リング性に富んだタイプなど、
それぞれ特長のある
性能を有しています。また、下地もコンクリートから
ルーフデッキまで幅広く適用できます。
水6.0∼7.0kg
水4.5∼5.5kg
ローラー用/レベモルカチオンワンR 20kg
コ テ 用/レベモルカチオンワンK 20kg
0.5mm
1.0mm
1.5mm
2.0mm
5.0mm
調合
→ 20.0∼23.5㎡(R)
→ 10.0∼11.8㎡(R・K)
6.7∼7.8㎡(R・K)
→
5.0∼5.9㎡(K)
→
2.0∼2.4㎡(K)
→
面 積
厚 み
屋根用断熱ベース塗材
レベモルカチオン♯700B 1に対して水1∼2を加え希釈して(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
プライマー塗装
塗装用下地調整塗材
施 工
防水材用下地調整塗材
●
レベモルシリーズ
L e ve m o r S e r i e s
機能性下地調整塗材
作業効率の向上により、工期の短縮がはかれます。
● カチオン系アクリルエマルションをパウダー化し、
セメント系粉体にプレミックスすることにより、
水と混練するだけで使用できる一材型のローラー塗り
及びコテ塗り用下地調整塗材です。一材型のため、
面倒な計量や廃材の処理が軽減できます。
特 長
荷姿/レベモルカチオンワンR・
・
・20kg粉体 レベモルカチオンワンK・
・
・20kg粉体
(0.5∼1.5mm)
用途
(1.0∼5.0mm)
防水下地ノロ引き不陸調整・防水下地薄付け不陸調整
ローラー用/レベモルカチオンワンR
コテ用/レベモルカチオンワンK
レベモルカチオンワン
一材型カチオン系
セメントモルタル
カチオン系セメントモルタル、
レベモルカチオン#100セットは、
粉体と混和液(2.5kgの内、0.5kgはプライマー用)がセットの
荷姿で、作業性に優れた小面積用下地調整材です。
曲げ強度、引張強度、耐衝撃性、耐摩耗性に優れます。
●
耐水性、耐アルカリ性、耐透水性に優れます。
●
乾燥収縮が少なく、耐クラック性に優れます。
防水下地調整
レベモル♯100A + レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯100A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
●
各種下地に対する付着性が良好です。
曲げ・圧縮強度、耐衝撃性、耐磨耗性が良好です。
●
施工面に溶剤系プライマー・溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
レベモルカチオン♯700B 0.5kgに水0.5∼1.0kgを加え(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
厚 み
面 積
レベモル#100A 20.0kg
レベモルカチオン#700B 2.0kg
水4.0∼6.0kg
・厚み1∼ 5mm/レベモル♯100A 20kg
・厚み5∼10mm/レベモル♯100A 20kg
トモルタル
レベモルカチオン#300Cセット(ローラー用)カチオン系セメン
ペール缶セット
防水下地ノロ引き不陸調整・床、ベランダ床面の
(0.5∼2mm)
下地調整・吹付けタイル素地調整
レベモル♯300CA+レベモルカチオン♯700B
(0.5∼2.0mm)
用途
水2.5∼5.0kg
水3.0∼4.0kg
防水下地調整
レベモル♯100SL + レベモルカチオン♯700B
特 長
●
セルフレベリング性により平滑な下地に仕上ります。
(セルフレベリング性は、床用SL材とは異なります)
カチオン系セメントモルタル、
レベモルカチオン#300C
セットは、粉体と混和液(2.5kgの内、0.5kgはプライマー用)
がセットになっており、小面積での施工で薄付け特性に優れた
作業性の良い下地調整材です。
曲げ強度、引張強度、耐衝撃性、耐摩耗性に優れます。
耐水性、耐アルカリ性、耐透水性に優れます。
乾燥収縮が少なく、耐クラック性に優れます。
施 工
●
透水性が少なく、仮防水性を有します。
1.5mm以上の平滑な塗り厚により雨養生を省くことができ、
工程短縮になります。
●
施工面に溶剤系プライマー、溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
プライマー塗装
厚 み
※プライマーは必ず2回塗
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 0.5kgに水0.5∼1.0kgを加え(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
(1回目)レベモルカチオン♯700B 1に対して水7を加え希釈して(8倍液)塗装。
(乾燥時間1時間以上)
(2回目)レベモルカチオン♯700B 1に対して水3を加え希釈して(4倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
面 積
厚 み
1.0mm → 7.8∼9.1㎡
調合
調合
レベモル#300CA 13.5kg
レベモルカチオン#700B 2.0kg
セルフレベリング型
カチオン系セメントモルタル
荷姿/レベモル♯100SL・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
(0.5∼2.0mm)
荷姿/ペール缶(レベモル♯300CA・
・
・13.5kg粉体 レベモルカチオン♯700B(混和液)
・
・
・2.5kg)
特 長
レベモルカチオン♯700B 2kg
レベモルカチオン♯700B 1kg
レベモルカチオンSL
用途
面 積
1.0mm → 11.0∼12.9㎡
2.0mm → 5.5∼ 6.5㎡
5.0mm → 2.1∼ 2.5㎡
10.0mm → 1.1∼ 1.2㎡
調合
2.0mm → 5.5∼6.5㎡
調合
●
カチオン系セメントモルタル
特 長
●
●
レベモルシリーズ
用途
レベモル♯100A+レベモルカチオン♯700B
特 長
●
●
異常なし
2.0
(1.0∼5.0mm)
レベモルカチオン
カチオン系セメントモルタル
ペール缶セット
荷姿/ペール缶(レベモル♯100A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B(混和液)
・
・
・2.5kg)
●
●
2.0
1.0
1.2
異常なし
耐衝撃性
軟度変化(%)
性能に優れています
0.9
1.0
1.0
防水下地薄付け不陸調整・床、ベランダ床面の下地調整
(1.0∼5.0mm)
●
●
標準養生
付着強さ
1.9
1.8
用途
●
低温養生
(N/m㎡)
レベモルカチオン#100セット(コテ用)
水4.0∼5.0kg
レベモル#100SL 20kg
レベモルカチオン#700B 2kg
水2.5∼3.0kg
面 積
1.0mm → 11.0∼12.9㎡
1.5mm → 7.3∼ 8.6㎡
3.0mm → 3.7∼ 4.3㎡
5.0mm → 2.2∼ 2.6㎡
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
付着強さ
標準養生
(N/m㎡)
低温養生
耐衝撃性
耐ひび割れ性
軟度変化(%)
1.0
1.0
0.9
0.7
JIS A 6916(0.5以上:C−1)
1.8
1.9
2.0
0.5
JIS A 6916(2以下:C−1)
−15
−13
14
−12
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
1.2
1.0
2.0
1.1
JIS A 6916(0.7以上:C−1)
JIS A 6916 500g,30cm
JIS A 6916 20℃,65%R.H.
JIS A 6916(−20∼20)
1.6
0.4
0.4
1.5
JIS A 6916(2以下:CM−2)
0.1
0.1
0.3
0.4
JIS A 6916(0.5以下:CM−2)
長さ変化率(%)
0.13
0.08
0.07
0.09
JIS A 6916(0.15以下:CM−2)
レベモル
カチオン薄付
セメント色
レベモル
カチオン薄付
白色
レベモル
カチオンワンR
レベモル
弾性ベース
備考(規定値)
レベモル薄付けタイプ試験結果
付着強さ
標準養生
1.4
1.7
2.1
1.7
JIS A 6916(1.0以上:CM−2)
(N/m㎡)
低温養生
1.0
1.7
1.7
1.2
JIS A 6916(0.7以上:CM−2)
曲げ強さ(N/m㎡)
9.5
10.5
12.3
7.7
圧縮強さ(N/m㎡)
27.9
38.4
34.4
34.8
JIS A 6916(10.0以上:CM−2)
JIS A 6916(3.0以上:CM−2)
−17
−14
−13
17
耐ひび割れ性
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
JIS A 6916 20℃,65%R.H.
耐衝撃性
異常なし
異常なし
異常なし
異常なし
JIS A 6916 1kg,50cm
軟度変化(%)
レベモル
カチオン
レベモル
カチオンSL
レベモル
カチオン厚付
水6.0∼7.0kg
水4.5∼5.5kg
調合
レベモル
カチオンワンK
JIS A 6916(−20∼20)
備考(規定値)
→ 20.0∼23.5㎡(R)
→ 10.0∼11.8㎡(R・K)
6.7∼7.8㎡(R・K)
→
5.0∼5.9㎡(K)
→
2.0∼2.4㎡(K)
→
レベモルカチオン♯700B 1に対して水1∼2を加え希釈して(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
プライマー塗装
施 工
●
作業効率の向上により、工期の短縮がはかれます。
(1.0∼5.0mm)
防水下地ノロ引き不陸調整・防水下地薄付け不陸調整
ローラー用/レベモルカチオンワンR
コテ用/レベモルカチオンワンK
一材型カチオン系
セメントモルタル
レベモルカチオン#100セット(コテ用)
用途
上記の特長は全ての製品に対応していません。製品によって性能が異なりますので、お求めの性能、機能によって製品をご選択ください。
塗付け易く、良好な仕上がりとなります。
コ テ で 流し 延 べ る だ け で フ ラット にコ テ
むらなく仕上がるタイプもあります。
吹付け可能タイプや一材型タイプはむだな
手間がかからず手離れ良く仕上がります。
コンクリート、モルタル
ルーフデッキ、鋼板
スレート板、サイディング板
ALCパネル
レベモル厚付けタイプ試験結果
ローラー用/レベモルカチオンワンR 20kg
コ テ 用/レベモルカチオンワンK 20kg
0.5mm
1.0mm
1.5mm
2.0mm
5.0mm
面 積
厚 み
防水下地薄付け不陸調整・床、ベランダ床面の下地調整
(1.0∼5.0mm)
(1.0∼5.0mm)
防水材用下地調整塗材
カチオン系アクリルエマルションをパウダー化し、
セメント系粉体にプレミックスすることにより、
水と混練するだけで使用できる一材型のローラー塗り
及びコテ塗り用下地調整塗材です。一材型のため、
面倒な計量や廃材の処理が軽減できます。
特 長
荷姿/レベモルカチオンワンR・
・
・20kg粉体 レベモルカチオンワンK・
・
・20kg粉体
(0.5∼1.5mm)
用途
レベモルカチオンワン
機能性下地調整塗材
レベモルカチオン
カチオン系セメントモルタル
ペール缶セット
用途
レベモル♯100A+レベモルカチオン♯700B
防水下地調整
荷姿/ペール缶(レベモル♯100A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B(混和液)
・
・
・2.5kg)
カチオン系セメントモルタル
レベモル♯100A + レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯100A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
乾燥収縮が少なく、耐クラック性に優れます。
●
耐水性、耐アルカリ性、耐透水性に優れます。
●
曲げ強度、引張強度、耐衝撃性、耐摩耗性に優れます。
●
カチオン系セメントモルタル、
レベモルカチオン#100セットは、
粉体と混和液(2.5kgの内、0.5kgはプライマー用)がセットの
荷姿で、作業性に優れた小面積用下地調整材です。
●
●
各種下地に対する付着性が良好です。
曲げ・圧縮強度、耐衝撃性、耐磨耗性が良好です。
●
施工面に溶剤系プライマー・溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
レベモルカチオン♯700B 0.5kgに水0.5∼1.0kgを加え(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
厚 み
面 積
水4.0∼6.0kg
・厚み1∼ 5mm/レベモル♯100A 20kg
・厚み5∼10mm/レベモル♯100A 20kg
レベモルカチオン♯700B 2kg
レベモルカチオン♯700B 1kg
レベモル♯300CA+レベモルカチオン♯700B
防水下地調整
レベモル♯100SL + レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯100SL・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
(0.5∼2.0mm)
特 長
●
セルフレベリング性により平滑な下地に仕上ります。
(セルフレベリング性は、床用SL材とは異なります)
カチオン系セメントモルタル、
レベモルカチオン#300C
セットは、粉体と混和液(2.5kgの内、0.5kgはプライマー用)
がセットになっており、小面積での施工で薄付け特性に優れた
作業性の良い下地調整材です。
曲げ強度、引張強度、耐衝撃性、耐摩耗性に優れます。
耐水性、耐アルカリ性、耐透水性に優れます。
乾燥収縮が少なく、耐クラック性に優れます。
● 透水性が少なく、
仮防水性を有します。
1.5mm以上の平滑な塗り厚により雨養生を省くことができ、
工程短縮になります。
● 施工面に溶剤系プライマー、
溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
※プライマーは必ず2回塗
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 0.5kgに水0.5∼1.0kgを加え(2∼3倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
(1回目)レベモルカチオン♯700B 1に対して水7を加え希釈して(8倍液)塗装。
(乾燥時間1時間以上)
(2回目)レベモルカチオン♯700B 1に対して水3を加え希釈して(4倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
面 積
厚 み
1.0mm → 7.8∼9.1㎡
調合
水4.0∼5.0kg
レベモル#100SL 20kg
レベモルカチオン#700B 2kg
面 積
1.0mm → 11.0∼12.9㎡
1.5mm → 7.3∼ 8.6㎡
3.0mm → 3.7∼ 4.3㎡
5.0mm → 2.2∼ 2.6㎡
調合
レベモル#300CA 13.5kg
レベモルカチオン#700B 2.0kg
面 積
水2.5∼5.0kg
水3.0∼4.0kg
セルフレベリング型
カチオン系セメントモルタル
レベモルカチオンSL
用途
(0.5∼2mm)
(0.5∼2.0mm)
1.0mm → 11.0∼12.9㎡
2.0mm → 5.5∼ 6.5㎡
5.0mm → 2.1∼ 2.5㎡
10.0mm → 1.1∼ 1.2㎡
調合
2.0mm → 5.5∼6.5㎡
調合
レベモル#100A 20.0kg
レベモルカチオン#700B 2.0kg
トモルタル
レベモルカチオン#300Cセット(ローラー用)カチオン系セメン
ペール缶セット
防水下地ノロ引き不陸調整・床、ベランダ床面の
用途
下地調整・吹付けタイル素地調整
荷姿/ペール缶(レベモル♯300CA・
・
・13.5kg粉体 レベモルカチオン♯700B(混和液)
・
・
・2.5kg)
特 長
●
●
●
●
注意事項
吸水量(g)
●
●
各種下地へ の付着が良好で、物理的強度に
優れています。
水系塗料、溶剤系塗料、シート防水、ウレタン
防水等の下地調整材として幅広く使用でき
ます。
セラミックバルーン骨材を配合したタイプは
断熱機能を発揮します。
吸水量(g)
透水量(ml/h)
● 性能に優れています
●
●
● 施工性に優れています
●
●
●
●
下地を選びません
レベモルシリーズ物性データ
特 長
ポリマーセメントモルタルの性能を最大限に高めた
レベモルシリーズには、各種用途に適した下地調
整塗材としての機能はもとより、透水性が低くレベ
リング性に富んだタイプなど、
それぞれ特長のある
性能を有しています。また、下地もコンクリートから
ルーフデッキまで幅広く適用できます。
屋根用断熱ベース塗材
塗装用下地調整塗材
レベモルシリーズ
●
レベモルシリーズ
L e ve m or S e r i e s
水2.5∼3.0kg
13/10
研究開発本部
No.470-5
レベモルカチオン厚付
用途
防水下地・水匂配・水溜り不陸調整
厚付け用カチオン系
ファイバーセメントモルタル
レベモルカチオンベース
用途
レベモル♯200A+レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯200A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
スレート屋根補強断熱
断熱カチオン系
セメントモルタル
白色/レベモル♯300A+レベモルカチオン♯700B
荷姿/レベモル♯300A・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
● 特殊ファイバーの配合により、
曲げ強度、耐衝撃性等の物性
に優れ、厚付特性により作業の効率化がはかれます。
●
● 施工面に溶剤系プライマー、
溶剤系接着剤が塗布できます。
シート防水やポリマーセメント系防水材はもちろんのこと、
ウレタン防水やFRP防水の下地調整にも使用できます。
施 工
●
付着性、耐衝撃性、磨耗性に優れます。
劣化スレートを補強しセラミックバルーン骨材の配合により
断熱効果を付与できます。
水性から溶剤系まで、幅広い仕上塗材の下地調整に適します。
●
クール
トップとの組合せにより、高い遮熱効果を発揮する
多機能下地調整材です。
施 工
★厚みが30.0mm以上の場合は加水量を減らしてください。
アスファルトシーラー[1]に対してスズカシンナー#2000[0.5]を加え希釈して塗装(0.2∼0.5kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
プライマー塗装
プライマー塗装
厚 み
調合
レベモル#200A 20kg
レベモルカチオン#700B 1kg
水2.0∼3.0kg
5.0mm
10.0mm
20.0mm
50.0mm
レベモルカチオン薄付
用途
壁面素地調整・防水下地薄付け
→
→
→
→
面 積
2.1㎡
1.1㎡
0.5㎡
0.2㎡
厚 み
面 積
1.0mm → 11.5∼13.5㎡
1.5mm → 7.7∼ 9.0㎡
2.0mm → 5.8∼ 6.8㎡
調合
レベモル#300A 20kg
薄付け用カチオン系
セメントモルタル
レベモルカチオン#700B 3kg
水7.0∼10.0kg
レベモル弾性ベース
セメント色/レベモル♯300CA+レベモルカチオン♯700B
白色/レベモル♯300A +レベモルカチオン♯700B
用途
鋼板屋根・スレート屋根断熱
荷姿/レベモル♯300A(CA)
・
・
・20kg粉体 レベモルカチオン♯700B・
・
・18kg角缶
断熱弾性ポリマー系
セメントモルタル
白色/レベモル♯300A+レベモル弾性♯500B
荷姿/レベモル♯300A・
・
・20kg粉体 レベモル弾性♯500B・
・
・18kg角缶
特 長
特 長
吹付けを併用したコテ・ローラー作業性に優れ、作業効率の
●
付着性、耐衝撃性、耐磨耗性に優れます。
●
● 付着性、
弾性に優れます。セラミックバルーン骨材の配合に
より断熱効果を発揮します。また弾性樹脂リッチな配合のため、
割れにくい防水性の高い下地を形成します。
大幅アップがはかれます。
●
● 水性から溶剤系まで、
幅広い仕 上 塗材の下地調整に適します。
クールトップとの組合せにより、高い遮熱効果を発揮する
多機能下地調整材です。
水系から溶剤系まで、幅広い仕上塗材の下地調整に
使用できます。
施 工
施 工
プライマー塗装
プライマー塗装
レベモルカチオン♯700B 1に対して水3∼4を加え希釈して(4∼5倍液)塗装。
(乾燥時間3時間以上)
厚 み
0.5mm
1.0mm
1.5mm
2.0mm
調合
レベモル#300A 20kg
レベモル#300CA 20kg
レベモルカチオン#700B 3kg
レベモルカチオン#700B 3kg
水8.0∼9.0kg
水7.0∼8.0kg
スレート アスファルトシーラー[1]に対してスズカシンナー#2000[0.5]を加え希釈して塗装(0.2∼0.5kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
鋼 板 エポクールSを無希釈にて塗装(0.12∼0.16kg/㎡)。
(乾燥時間6時間以上)
面 積
→ 23.0∼27.0㎡
→ 11.5∼13.5㎡
→ 7.7∼ 9.0㎡
→ 5.8∼ 6.8㎡
厚 み
面 積
1.0mm → 16.0∼18.8㎡
1.5mm → 10.7∼12.5㎡
2.0mm → 8.0∼ 9.4㎡
調合
レベモル#300A 20kg
レベモル弾性#500B 12kg
水3.0∼4.0kg
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
2 928 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content