close

Enter

Log in using OpenID

MEN`S COLUMN - 週刊NY生活デジタル版

embedDownload
週刊NY生活 SHUKAN NEW YORK SEIKATSU
2015年(平成27年)2月7日(土)
[総 合] (20)
MEN'S COLUMN
NEW YORK SEIKATSU PRESS, INC.
© Yukari Endo
舞踏家
湯山大一郎さん
ジャスピアニストの河野祐亮
BUTOH
Cafe Grumpy
カ
フ
ェ
・
グ
ラ
ン
ピ
28 ー
日で
ま
で
岡安秀士が個展
www.face
book.com/daiichiro.yuyama
そにこ
て命れいけ力のと体む踊ン
ん派の半行は、舞てをで言を闇りル身
な生舞世っ見闇台踏受はわ通のはで体
なし台紀てるのにみけなれじ部、あ表
か、芸以く者な漂しとくてて分人る現
、そ術上れをかうめめあい表に間「の
世しは前る別で重る、りる現焦の舞ひ
界て多に。世うい。地の。す点心踏と
に解く生
界ご空台にま舞るをの」つ
舞散のま
へめ気詞足まいも当奥との
し
踏
集れ
連くののをの踊のてにいジ
た
を
れ生流なつ重るだ
潜うャ
。団た
、
「
「
なと湯衛そ先1たつ去
者きづてたていう標支
をア演
昨本ーをまでイをる
日■
風 も 山 芸 れ 達 0 大 み っ29と る き 、 。 も 」 な に 部 最 模 も し 軍 年 亜 ヨ 務 で 得 オ 始 た
(舞
終
師
をにが術では3野)た年しワ」自湯真とカ、を
土踏
索持、
の門ーめにた州めめ
吹ニまはも失歳一と土前てーを分山面話ンこ立的しつ俳官Nのクて海英にた、
)ワ
に
兵
かュだ世日わで雄と方に取ク体のは目すパのち
午ー
て。優
H舞でき外語1。こ
後 ク ( せ ー 見 界 本 れ 他 も も 巽58り シ 験 体 始 な 。 ニ 町 上 は い 当 と 衛 K 台 も た 公 を 年 高 の
ニ
」
気
をげ
「上。演生留校冬
2シ高てヨぬへでて界2に(歳組ョすをめ
る地し
時ョ田ゆーメと芽しし0舞ひでむッる通の印さー象るュ最でてな大金演自なか学時来
象
を
河
く
徴こー中ののど
閣さ身どしし代米
かッ由くクン広吹ま、1踏じこ。プこし一
にとた歩をだ創すとヨだ可キにド寺れはの、たにし
らプ起。でバがいっ舞0をかの
新ーりたた踏年伝た世
指の「と受がりるをーが能ャもラ」たニ通ここオ活
4=子
たと
前
のにえたを
導で気しけとたよ目ク
性リ出マや宮ュ訳れとハ動
時14)
、
。
、
(
参 ま ッ ス 西30
で 439ン 秀
プ
で
タ
加
16丁ピ士若
ま
43分
申に。ー丁ま
日・目ーの手
で
参
申
ク
か42(個ア
し
目で
。
ら40
込し加ラ3カ
展ー
始90
費
込
ス
み
がテ
0メ
ま
番
カィ
は む30の 7 オ
っ・地
と
ド
ワ番
フス
た8、
25ル ー 地 ス
ェト
。7電
ド(ク)タ
・の
4話、グ岡
ル10シ で ジ
7
)日ョマオ
西ラ安
6
。
)
リ日ィ大は
ア常ン学埼ニ
リのグ卒玉ュ
ズ視作業県ー
ム線品。生ヨ
なをを主まー
作素中にれク
品直心に、在
かににペ東住
ら捉制イ京の
、え作ン造岡
夢た。テ形安
時午間
をまのシトたた
る展ー見グプ再構のざンーの
問 か 後 は28数 で ほ ョ か 約 も 今 。 な ク ら カ ホ 構 成 世 ま ガ ル 中
いら8月日点のかンら5の回
どでれルッ築要になをリに
合午時〜(展ペ2」成0をは
を個るチプす素あス使アい
後
示
わ6。金日すイ0をる0ひ岡
多展。ャなるとるタっリる
曜)
ン1メ作枚た安
日ーどス捉すイたズか
せ時土
数お
・午まるテ3イ品のすが
よ本かのタえべル作ムの
は。日前で。ィ年ン「ポら日
開び、らサイ、てを品なよ
ま
E
催グニのンルその持な作う
曜7。
ンかとコス描々
で
メ
しルュ影プはれ物つど品な
午時開
グらしントき見
。
ー
てーー響リヒら事。さ、シ
前か廊
作現、ポイ留て
ル
9ら時
品在そジッめき
いプヨがンッををこまマュ
をク祐た
テイ亮ジ昨
ーーがャ年
マン2ス9
にズ年ピ月
のほアに
し
ウどニ日
たッ住ス本
アドんトに
ルサでの帰
バイい河国
ムドた野し
でて(『
フ
6発完
ォ
曲売成
ー
入しさ
・
りたせ
ウ
C。、
ッ
D
こ
ダ
で
の
、
ほ)イ
河
ど』ダ
野
日とー
の
本しズ
For Woodaiders
ニと
とは今国て品りい次は駝あひ「
ュな大受若年内踊上しる々、艦かと
ー る 駱 け 手72外 る 演 た 。 と 1 ( じ り
ヨ湯駝継ダ歳で大や姿ほ新9だ)で
ー山艦がンと精道体でぼ作7いがあ
ク大にれサな力芸中踊裸を2ら主る」
に一所てーる的なにるの発年
宰麿と
舞郎属いた麿にど金劇全表のくす赤し
踏(しるち氏活、粉場身し創だる兒て
を3412。 へ の 動 現 を で を 続 立 か 「 ( 広
伝)年
脈教し在塗の白け以ん大まめ
えは目
々え
もっ作塗て来)駱ろた
、
、
、」
舞
踏
の
伝
導
を
め
ざ
し
て
ウッドサイドの街角で絵を
手にした藤木さん
ジ
ャ
ケ
ッ
ト
は
藤
木
イ
サ
ク
ジ
ャ
ズ
・
ピ
ア
ニ
ス
ト
河
野
祐
亮
ウ
ッ
ド
サ
イ
ド
・
テ
ー
マ
の
C
D
こ「ト木さんか
年科にー河くは思イてーたイ思
の私のさんでらC帰にニヨ野だ音いドいク。ドい
自
絵んがい同D国奨ューはさ楽浮にるの残の出
町
を身をの担たじのし学ーク2いかか行。思り四の
も
依絵当画ウジた金スに0」らべっ河いの季詰
テ
ー思頼をし家ッャ。をク住1と土なた野出2をま
い
。見た、ドケ
マ
得ーみ1話地がこはを曲1っ
に入藤て。藤サッ
てル始年しをらと「テも曲た
彼れ木ジ河木イト
入のめかて想、あウーニずウ
のがさャ野イドは
学ジ、らい像なるッマュつッ
曲 あ ん ケ が サ に12 。 ャ 翌 ニ る し い 人 ド に ー 表 ド
をるはッ藤ク住年
昨ズ年ュ
て人はサしヨしサ
。
話もしき
して通
しらでと「たもし
てえもしユ。うて
いた絵たー
れ作
るらを本ス
し品
。と通場ケ
かを
思しのさ
っ描
いてジん
たけ
まもャの
」る
す感ズ生
との
」じをき
快は
とて少生
諾と
matsuyamastudioint
[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
2 853 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content