close

Enter

Log in using OpenID

先発製品との【効能・効果】、【用法・用量】の相違に関する資料

embedDownload
先発製品との【効能・効果】、【用法・用量】の相違に関する資料
2015年2月改訂
内用薬(五十音順)
アンダーライン:相違箇所
自社品(後発品)
成分・含量
1錠中、
アジスロマイシン水和
物262.0mg
(アジスロマイシンとし
て250mg(力価))
商品名
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
<適応菌種>
アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブラ
ンハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、ペプトストレプトコッカス属、レジオネラ・
ニューモフィラ、クラミジア属、マイコプラズマ属
<適応症>
深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁
桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、
尿道炎、子宮頸管炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎
アジスロマイシン錠
250mg「KN」
用法・用量
成人にはアジスロマイシンとして、500mg(力価)を1日1回、3日間合計1.5g(力価)を
経口投与する。
尿道炎、子宮頸管炎に対しては、成人にはアジスロマイシンとして、1000mg(力価)を
1回経口投与する。
効能・効果
<適応菌種>
アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ
(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトス
トレプトコッカス属、プレボテラ属、クラミジア属、マイコプラズマ属
<適応症>
深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁
桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、
尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎
炎
ジスロマック錠
250mg
(ファイザー)
用法・用量
<深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、
扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感
染、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎>
成人にはアジスロマイシンとして、500mg(力価)を1日1回、3日間合計1.5g(力価)を
経口投与する。
<尿道炎、子宮頸管炎>
成人にはアジスロマイシンとして、1000mg(力価)を1回経口投与する。
<骨盤内炎症性疾患>
成人にはアジスロマイシン注射剤による治療を行った後、アジスロマイシンとして
250mg(力価)を1日1回経口投与する。
自社品(後発品)
成分・含量
商品名
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
1. 慢性骨髄性白血病
2. フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病
1錠中、
イマチニブメシル酸塩
119.5mg
(イマチニブとして
100mg)
イマチニブ錠100mg
「KN」
効能・効果
1.
2.
3.
4.
慢性骨髄性白血病
KIT(CD117)陽性消化管間質腫瘍
フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病
FIP1L1-PDGFRα 陽性の下記疾患
好酸球増多症候群、慢性好酸球性白血病
用法・用量
用法・用量
1. 慢性骨髄性白血病の場合
(1) 慢性期:
通常、成人にはイマチニブとして1日1回400㎎を食後に経口投与する。なお、血液所
見、年齢・症状により適宜増減するが、1日1回600㎎まで増量できる。
(2) 移行期又は急性期:
通常、成人にはイマチニブとして1日1回600㎎を食後に経口投与する。なお、血液所
見、年齢・症状により適宜増減するが、1日800㎎(400㎎を1日2回)まで増量できる。
1. 慢性骨髄性白血病の場合
(1) 慢性期:
通常、成人にはイマチニブとして1日1回400㎎を食後に経口投与する。なお、血液所
見、年齢・症状により適宜増減するが、1日1回600㎎まで増量できる。
(2) 移行期又は急性期:
通常、成人にはイマチニブとして1日1回600㎎を食後に経口投与する。なお、血液所
見、年齢・症状により適宜増減するが、1日800㎎(400㎎を1日2回)まで増量できる。
2. フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の場合
通常、成人にはイマチニブとして1日1回600㎎を食後に経口投与する。なお、血液所
見、年齢・症状により適宜減量する。
グリベック錠100mg
(ノバルティス ファー
マ)
2. KIT(CD117)陽性消化管間質腫瘍の場合
通常、成人にはイマチニブとして1日1回400㎎を食後に経口投与する。なお、年齢・
症状により適宜減量する。
3. フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の場合
通常、成人にはイマチニブとして1日1回600㎎を食後に経口投与する。なお、血液所
見、年齢・症状により適宜減量する。
4. FIP1L1-PDGFRα 陽性の好酸球増多症候群又は慢性好酸球性白血病の場合
通常、成人にはイマチニブとして1日1回100㎎を食後に経口投与する。なお、患者の
状態により、適宜増減するが、1日1回400㎎まで増量できる。
1/6
アンダーライン:相違箇所
自社品(後発品)
成分・含量
商品名
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
胃癌
1錠中、
テガフール20mg、
ギメラシル5.8mg、
オテラシルカリウム
19.6mg t
1錠中、
テガフール25mg、
ギメラシル7.25mg、
オテラシルカリウム
24.5mg
エスワンケーケー配
合錠T20
エスワンケーケー配
合錠T25
胃癌、結腸・直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌、膵癌、胆
道癌
用法・用量
用法・用量
通常、成人には初回投与量(1回量)を体表面積に合せて次の基準量とし、朝食後及
び夕食後の1日2回、28日間連日経口投与し、その後14日間休薬する。これを1クー
ルとして投与を繰り返す。
おt
お
お
t
おt
なお、患者の状態により適宜増減する。増減量の段階を40mg、50mg、60mg、75mg/
回とする。増量は本剤の投与によると判断される臨床検査値異常(血液検査、肝・腎
機能検査)及び消化器症状が発現せず、安全性に問題がなく、増量できると判断され
る場合に初回基準量から一段階までとし、75mg/回を限度とする。また、減量は通
常、一段階ずつ行い、最低投与量は40mg/回とする。
通常、成人には初回投与量(1回量)を体表面積に合せて次の基準量とし、朝食後及
び夕食後の1日2回、28日間連日経口投与し、その後14日間休薬する。これを1クー
ルとして投与を繰り返す。
おt
お
お
t
おt
なお、患者の状態により適宜増減する。増減量の段階を40mg、50mg、60mg、75mg/
回とする。増量は本剤の投与によると判断される臨床検査値異常(血液検査、肝・腎
機能検査)及び消化器症状が発現せず、安全性に問題がなく、増量できると判断され
る場合に初回基準量から一段階までとし、75mg/回を限度とする。また、減量は通
常、一段階ずつ行い、最低投与量は40mg/回とする。
ティーエスワン配合
カプセルT20
ティーエスワン配合
カプセルT25
(大鵬薬品工業)
自社品(後発品)
成分・含量
商品名
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
高血圧症
腎実質性高血圧症
カンデサルタン錠
2mg「KN」
カンデサルタン錠
1錠中、
4mg「KN」
カンデサルタン シレキ カンデサルタン錠
セチル2mg
8mg「KN」
カンデサルタン シレキ t
セチル4mg
カンデサルタンOD
カンデサルタン シレキ 錠2mg「KN」
セチル8mg
カンデサルタンOD
錠4mg「KN」
カンデサルタンOD
錠8mg「KN」
効能・効果
効能・効果
高血圧症
腎実質性高血圧症
下記の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害剤の投与が適切でない場合
お慢性心不全(軽症~中等症)
用法・用量
用法・用量
高血圧症
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして4~8㎎を経口投与し、必
要に応じ12㎎まで増量する。ただし、腎障害を伴う場合には、1日1回2㎎から投与を
開始し、必要に応じ8㎎まで増量する。
高血圧症
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして4~8㎎を経口投与し、必
要に応じ12㎎まで増量する。ただし、腎障害を伴う場合には、1日1回2㎎から投与を
開始し、必要に応じ8㎎まで増量する。
腎実質性高血圧症
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして2㎎から経口投与を開始
し、必要に応じ8㎎まで増量する。
ブロプレス錠2
ブロプレス錠4
ブロプレス錠8
(武田薬品工業)
腎実質性高血圧症
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして2㎎から経口投与を開始
し、必要に応じ8㎎まで増量する。
下記の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害剤の投与が適切でない場合
お慢性心不全(軽症~中等症)
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして4㎎から経口投与を開始
し、必要に応じ8㎎まで増量できる。
なお、原則として、アンジオテンシン変換酵素阻害剤以外による基礎治療は継続する
こと。
2/6
アンダーライン:相違箇所
自社品(後発品)
成分・含量
商品名
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
○虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制
1錠中、
クロピドグレル硫酸塩
32.63mg(クロピドグレル
として25mg)
クロピドグレル硫酸塩
65.24mg(クロピドグレル
として50mg)
クロピドグレル硫酸塩
97.88mg(クロピドグレル
として75mg)
クロピドグレル錠
25mg「KN」
クロピドグレル錠
50mg「KN」
クロピドグレル錠
75mg「KN」
(薬価基準未収載)
用法・用量
通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、
症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。
効能・効果
○虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制
○経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患
お急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)
お安定狭心症、陳旧性心筋梗塞
○末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制
用法・用量
プラビックス錠25mg
プラビックス錠75mg
(サノフィ)
○虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合
通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、
症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。
○経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患の場合
通常、成人には、投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口投与し、そ
の後、維持量として1日1回75mgを経口投与する。
○末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合
通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与する。
自社品(後発品)
成分・含量
商品名
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
単純疱疹
帯状疱疹
性器ヘルペスの再発抑制
水痘
1g中、
バラシクロビル塩酸塩 バラシクロビル顆粒
556.21mg(バラシクロビ 50%「MEEK」
ルとして500.00mg)
効能・効果
単純疱疹
造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制
帯状疱疹
水痘
性器ヘルペスの再発抑制
用法・用量
用法・用量
・単純疱疹:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。
・帯状疱疹:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
・性器ヘルペスの再発抑制:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。なお、HIV感
染症の成人(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとして1回500mgを1
日2回経口投与する。
・水痘:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。小児には体
重1kgあたりバラシクロビルとして1回25mgを1日3回経口投与する。ただし、1回最高
用量は1000mgとする。
[成人]
・単純疱疹:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。
・造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前
より施行後35日まで経口投与する。
・帯状疱疹:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
・水痘:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
・性器ヘルペスの再発抑制:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。なお、HIV感
染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとして1回500mgを1
日2回経口投与する。
[小児]
・単純疱疹:
通常、体重10kg未満の小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3
回、体重10kg以上の小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日2回
経口投与する。ただし、1回最高用量は500mgとする。
・造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:
通常、体重10kg未満の小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3
回、体重10kg以上の小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日2回
造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。ただし、1回最高用量
は500mgとする。
・帯状疱疹:
通常、小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3回経口投与す
る。ただし、1回最高用量は1000mgとする。
・水痘:
通常、小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3回経口投与す
る。ただし、1回最高用量は1000mgとする。
・性器ヘルペスの再発抑制:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与す
る。なお、HIV感染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとし
て1回500mgを1日2回経口投与する。
バルトレックス顆粒
50%(グラクソ・スミス
クライン)
3/6
アンダーライン:相違箇所
自社品(後発品)
成分・含量
商品名
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
単純疱疹
帯状疱疹
性器ヘルペスの再発抑制
水痘
1g中、
バラシクロビル塩酸塩 バラシクロビル錠
556.21mg(バラシクロビ 500mg「MEEK」
ルとして500.00mg)
用法・用量
用法・用量
・単純疱疹:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。
・帯状疱疹:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
・性器ヘルペスの再発抑制:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。なお、HIV感
染症の成人(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとして1回500mgを1
日2回経口投与する。
・水痘:
通常、成人および体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3
回経口投与する。
[成人]
・単純疱疹:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。
・造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前
より行後35日まで経口投与する。
・帯状疱疹:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
・水痘:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
・性器ヘルペスの再発抑制:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。なお、HIV感
染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとして1回500mgを1
日2回経口投与する。
バルトレックス錠500
(グラクソ・スミスクラ
イン)
[小児]
・単純疱疹:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与す
る。
・造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細
胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。
・帯状疱疹:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与
する。
・水痘:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与
する。
・性器ヘルペスの再発抑制:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与す
る。なお、HIV感染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとし
て1回500mgを1日2回経口投与する。
自社品(後発品)
成分・含量
効能・効果
単純疱疹
造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制
帯状疱疹
水痘
性器ヘルペスの再発抑制
商品名
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
パーキンソン病
効能・効果
1.パーキンソン病
2.中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)
1錠中、
プラミペキソール塩酸
塩水和物0.125mg
w
1錠中、
プラミペキソール塩酸
塩水和物0.5mg
プラミペキソール塩
酸塩錠0.125mg
「MEEK」
プラミペキソール塩
酸塩錠0.5mg
「MEEK」
用法・用量
通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として1日量0.25mgからはじめ、2週目
に1日量を0.5mgとし、以後経過を観察しながら、1週間毎に1日量として0.5mgずつ増
量し、維持量(標準1日量1.5~4.5mg)を定める。1日量がプラミペキソール塩酸塩水
和物として1.5mg未満の場合は2回に分割して朝夕食後に、1.5mg以上の場合は3回
に分割して毎食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減ができるが、1日
量は4.5mgを超えないこと。
用法・用量
ビ・シフロール錠
0.125mg
ビ・シフロール錠
0.5mg
(日本ベーリンガー
インゲルハイム)
1. パーキンソン病
通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として1日量0.25mgからはじめ、2週目
に1日量を0.5mgとし、以後経過を観察しながら、1週間毎に1日量として0.5mgずつ増
量し、維持量(標準1日量1.5~4.5mg)を定める。1日量がプラミペキソール塩酸塩水
和物として1.5mg未満の場合は2回に分割して朝夕食後に、1.5mg以上の場合は3回
に分割して毎食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減ができるが、1日
量は4.5mgを超えないこと。
2. 中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)
通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として0.25mgを1日1回就寝2~3時間
前に経口投与する。投与は1日0.125mgより開始し、症状に応じて1日0.75mgを超えな
い範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行うこと。
4/6
アンダーライン:相違箇所
自社品(後発品)
成分・含量
商品名
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
気管支喘息
1g中、
プランルカスト水和物
100mg
プランルカスト
DS10%「EK」
効能・効果
気管支喘息
アレルギー性鼻炎
用法・用量
用法・用量
通常、小児にはプランルカスト水和物として1日量7mg/kg (ドライシロップとして70mg
/kg) を朝食後及び夕食後の2回に分け、用時懸濁して経口投与する。なお、年齢、
症状により適宜増減する。1日最高用量はプランルカスト水和物として10mg/kg (ドラ
イシロップとして100mg/kg) とする。ただし、プランルカスト水和物として成人の通常
の用量である450mg/日 (ドライシロップとして4.5g/日) を超えないこと。
体重別の標準投与量は、通常、下記の用量を1回量とし、1日2回、朝食後及び夕食
後に経口投与する。
通常、小児にはプランルカスト水和物として1日量7mg/kg (ドライシロップとして70mg
/kg) を朝食後及び夕食後の2回に分け、用時懸濁して経口投与する。なお、年齢、
症状により適宜増減する。1日最高用量はプランルカスト水和物として10mg/kg (ドラ
イシロップとして100mg/kg) とする。ただし、プランルカスト水和物として成人の通常
の用量である450mg/日 (ドライシロップとして4.5g/日) を超えないこと。
体重別の標準投与量は、通常、下記の用量を1回量とし、1日2回、朝食後及び夕食
後に経口投与する。
オノンドライシロップ
10%(小野薬品工業)
12kg以上18kg未満:0.5g(プランルカスト水和物として50mg)
18kg以上25kg未満:0.7g(プランルカスト水和物として70mg)
25kg以上35kg未満:1.0g(プランルカスト水和物として100mg)
35kg以上45kg未満:1.4g(プランルカスト水和物として140mg)
5/6
注射剤(五十音順)
アンダーライン:相違箇所
自社品(後発品)
成分・含量
商品名
1アンプル(2mL)中、
アデノシン三リン酸二ナ
アデノP注20mg
トリウム(無水物として)
20mg
効能・効果
下記疾患に伴う諸症状の改善
頭部外傷後遺症
心不全
筋ジストロフィー症及びその類縁疾患
急性灰白髄炎
脳性小児麻痺(弛緩型)
進行性脊髄性筋萎縮症及びその類似疾患
調節性眼精疲労における調節機能の安定化
耳鳴・難聴
消化管機能低下のみられる慢性胃炎
慢性肝疾患における肝機能の改善
用法・用量
先発品
商品名
(メーカー名)
アデホス-Lコーワ注
20mg
(興和=興和創薬)
(1)アデノシン三リン酸二ナトリウムとして、通常1回5~40mg(0.5mL~4mL)を1日1~2
回、単独に又は等張ないし高張ブドウ糖注射液に溶解して、徐々に静脈内注射す
る。
(2)アデノシン三リン酸二ナトリウムとして、通常1回40~80mg(4mL~8mL)を1日1回、
5%ブドウ糖注射液200~500mLに溶解し、30~60分かけて点滴静脈内注射する。
効能・効果
下記疾患に伴う諸症状の改善
頭部外傷後遺症
心不全
筋ジストロフィー症及びその類縁疾患
急性灰白髄炎
脳性小児麻痺(弛緩型)
進行性脊髄性筋萎縮症及びその類似疾患
調節性眼精疲労における調節機能の安定化
耳鳴・難聴
消化管機能低下のみられる慢性胃炎
慢性肝疾患における肝機能の改善
用法・用量
1.静注の場合
アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物として、通常1回5~40mgを1日1~2回、等張
ないし高張ブドウ糖注射液に溶解して、徐々に静脈内注射する。
2.点滴静注の場合
アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物として、通常1回40~80mgを1日1回、5%ブド
ウ糖注射液200~500mLに溶解し、30~60分かけて点滴静脈内注射する。
(3)アデノシン三リン酸二ナトリウムとして、通常1回5~40mg(0.5mL~4mL)を1日1~2
回筋肉内又は皮下注射する。
自社品(後発品)
成分・含量
1バイアル中、
バンコマイシン塩酸塩
0.5g(力価)
1バイアル中、
バンコマイシン塩酸塩
1.0g(力価)
商品名
点滴静注用バンコマ
イシン0.5「MEEK」
効能・効果
先発品
商品名
(メーカー名)
効能・効果
1.
<適応菌種>
バンコマイシンに感性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
<適応症>
敗血症、感染性心内膜炎、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、骨髄炎、関節炎、
肺炎、肺膿瘍、膿胸、腹膜炎、化膿性髄膜炎
1.
<適応菌種>
バンコマイシンに感性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
<適応症>
敗血症,感染性心内膜炎,外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,骨髄炎,関節炎,
肺炎,肺膿瘍,膿胸,腹膜炎,化膿性髄膜炎
2.
<適応菌種>
バンコマイシンに感性のメチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(MRCNS)
<適応症>
敗血症,感染性心内膜炎,外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,骨髄炎,関節炎,
腹膜炎,化膿性髄膜炎
2.
<適応菌種>
バンコマイシンに感性のメチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(MRCNS)
<適応症>
敗血症,感染性心内膜炎,外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,骨髄炎,関節炎,
腹膜炎,化膿性髄膜炎
3.
MRSA又はMRCNS感染が疑われる発熱性好中球減少症
3.
<適応菌種>
バンコマイシンに感性のペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)
<適応症>
敗血症,肺炎,化膿性髄膜炎
塩酸バンコマイシン
点滴静注用0.5g
(塩野義製薬)
点滴静注用バンコマ
イシン1.0「MEEK」
4.
MRSA又はMRCNS感染が疑われる発熱性好中球減少症
用法・用量
用法・用量
通常、成人にはバンコマイシン塩酸塩として1日2g(力価)を1回0.5g(力価) 6時間ごと
又は1回1g(力価) 12時間ごとに分割して、それぞれ60分以上かけて点滴静注する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
高齢者には、1回0.5g(力価) 12時間ごと又は1回1g(力価) 24時間ごとに、それぞれ60
分以上かけて点滴静注する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
小児、乳児には、1日40mg(力価)/kgを2~4回に分割して、それぞれ60分以上かけて
点滴静注する。
新生児には、1回投与量を10~15mg(力価)/kgとし、生後1週までの新生児に対して
は12時間ごと、生後1ヵ月までの新生児に対しては8時間ごとに、それぞれ60分以上
かけて点滴静注する。
通常,成人にはバンコマイシン塩酸塩として1日2g(力価)を1回0.5g(力価)6時間ごと
又は1回1g(力価)12時間ごとに分割して,それぞれ60分以上かけて点滴静注する。
なお,年齢,体重,症状により適宜増減する。
高齢者には,1回0.5g(力価)12時間ごと又は1回1g(力価)24時間ごとに,それぞれ
60分以上かけて点滴静注する。
なお,年齢,体重,症状により適宜増減する。
小児,乳児には,1日40mg(力価)/kgを2~4回に分割して,それぞれ60分以上かけ
て点滴静注する。
新生児には,1回投与量を10~15mg(力価)/kgとし,生後1週までの新生児に対して
は12時間ごと,生後1ヵ月までの新生児に対しては8時間ごとに,それぞれ60分以上
かけて点滴静注する。
小林化工株式会社
6/6
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
298 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content