close

Enter

Log in using OpenID

ネオマフォームUF

embedDownload
2014 年 10 月版
旭化成建材株式会社
ネオマ®フォームUF 基本物性表
1.構成材料
(1)ネオマフォーム(高密度(40K))
JIS A 9511 フェノールフォーム保温材
(A 種フェノールフォーム保温板 1 種 2 号 F☆☆☆☆S / 認証番号 TC 03 08 243)
(2)面材
紙面材(ラミネート加工炭酸カルシウム紙、ホルムアルデヒド含有無)
無機質板(珪酸マグネシウム板 1mm 厚、ホルムアルデヒド含有無)
(3)接着剤
エポキシ系樹脂(非ホルムアルデヒド系(規制対象外物質))
2. 基本物性
基本物性一覧
項目
単位
物性値
試験法・条件
密度
kg / m3
40
JIS A 9511
圧縮強さ
N / cm2
22
JIS A 9511
熱伝導率※1
(平均温度 20℃)
W / (m・K)
備考
厚さ※2
13mm
0.020
22mm 以上
0.021
JIS A 1412
※1:熱伝導率は原板(ネオマフォーム)のみであり無機質板は含んでいません。
※2:無機質板 1mm を含んだ厚さです。
※ 密度、圧縮強さは測定データの代表値です。
※ ネオマフォームの熱伝導率は第三者試験機関での試験(JIS A 1412)により求めた熱物性値です。
※ ネオマフォームの発泡剤にはオゾン破壊係数がゼロで地球温暖化係数も極めて小さい「炭化水素系ガ
ス」を用いています。代替フロン等は一切使用していません。
※ ネオマフォームはホルムアルデヒド放散区分=F☆☆☆☆等級に該当します。また、紙面材、無機質
板はホルムアルデヒド含有無、接着剤は非ホルムアルデヒド系(規制物質対象外)です。従って、ネ
オマフォームUFは、内装仕上げの使用面積制限なく使用できます。
【取扱上の注意】
・ 常時高温(100 ℃以上)で使用した場合、熱伝導率等の物性の低下をきたします。
・ 保管には、直射日光に当たる場所、水分に接する場所は避けてください。
・ ネオマフォーム UF の基材であるフェノール樹脂は、炎をあてると炭化する性質があります。輸送、保
管、施工にあたっては、火気に十分ご注意ください。特に、ネオマフォーム UF の切断粉塵には火が移
り易くなりますのでご注意ください。(基材の酸素指数:28 以上)
・ 切断時には粉塵が発生しますので、切断器具には粉塵吸引装置を設け、作業者は正規の作業服を着用の
上、防塵マスク、防護眼鏡などを使用してください。また、狭い場所で多量の切断作業を行う場合は、
十分な外気の導入を行うと共に、粉塵量の管理を十分に行ってください。
・ その他取扱注意事項については、ネオマフォーム RC 打込みシリーズ(ネオマフォーム DH・UF)の
カタログをご覧下さい。
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
12
File Size
150 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content