close

Enter

Log in using OpenID

二段燃焼低NOx用バーナ

embedDownload
二段燃焼低NOx用バーナ
PAX-200K PAX-400K
1. 特長
・2段燃焼方式と自己排ガス再循環
方式を組み合せ、火炎中に局部高
温域を作らない構造をとっており、
燃焼用空気を300∼400℃に予熱し
ても低NOxレベルを保つことがで
きる。
(データ1)
O2 濃度−NOxの関係(PAX-400K)
50
H
J
C
I
G
A
L
常温空気
20
10
F
器 種
PAX-200K
PAX-400K
定 格 燃 焼 量
(kW)
203
406
低位発熱量
18
220
36
440
m=1.1常温
標準ガスヘッド圧
(kPa)
4.7
6.0
取付寸法
30
O2 濃度 O2=1.9∼2.0%
予熱空気(290∼300℃)
20
常温空気
10
0
800
900
1000
1100 1200 1300
炉内温度(℃)
備 考
標 準 ガ ス 量(m3N / h)
標 準 エ ア 量(m3N / h)
2.9
1.6
532
661
230
270
152
270
170
345
E (mm)
F (mm)
□ 310
□ 385
□ 370
□ 445
G (取付ボルト穴)
N (mm)
4-φ19
4-φ19
220
240
D (mm)
3
13A
適 用 ガ ス
標準エアヘッド圧
(kPa)
A (mm)
B (mm)
外形寸法
C (mm)
2
O2(%)
40
フローシート(PAXバーナを使用した加熱炉)
仕様
1
50
K
E
・バーナは横向き、あるいは上向き
取付けとする。
・炎監視は、紫外線光電管を使用し
冷却エアを炉内に流入させない構
造とすること。
30
(データ2)
炉内温度−NOxの関係(PAX-400K)
NOx(ppm O2=11%換算)
B
・複数個のバーナを使用する時は、
各バーナの炎が互いに干渉しない
バーナ配置、炉構造とする。
予熱空気
(340∼350℃)
0
N
3. 取扱上の注意点
・バーナタイル前面は炉壁内面と同
一とし、また火炎が、直接ファイ
アブリッジなど障害物に接触しな
い炉構造とする。
・メインバーナのターンダウンは、
4:1の範囲で使用すること。
・低NOx性能を確保するためには、
時限パイロット方式にくわえてパ
イロット・エアを遮断すること。
40
D
2. おもな用途
・熱処理炉
・加熱炉
NOx(ppm O2=11%換算)
外形図
規
格
品
H (ガス)
32A
40A
I (エア)
80A
100A
PA PA
H
L
ガス
(中間圧)
PA
L
エア
JIS 10Kフランジ
JIS 10Kフランジ
1
11/4
Rc
J (パイロット)
3/4
1
K (炎監視)
Rc
3/4
1
L (のぞき窓)
Rc
70
120
重 量 (kg)
4 : 1
タ ー ン ダ ウ ン
点 火 方 式
パイロット 専用パイロットバーナ
接 続 径
33
炎 検 知 方 式
紫外線光電管
34
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
76
File Size
413 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content