close

Enter

Log in using OpenID

Microsoft OVS-ES

embedDownload
Microsoft OVS-ES
~配布サーバからのインストール方法~
OVS-ESとは、Windows OSのアップグレードやOffice、Visual SutdioのライセンスをPC台数を対象としたものでは
なく、大学として包括的に契約するものです。これを導入することにより、全利用者数で価格が設定され、他のライセン
ス・プログラムよりもライセンス単価が低くなります。
利用対象者や対象ソフトウェアなど詳しい内容については、工大HPの情報センターページをご覧ください。
CONTENTS
■ Windows7またはWindows8にて、
OfficeもしくはVisualStudioをインストールする場合
・・・・・
2
・・・・・
5
・・・・・
8
■ WindowsXPからWindows7またはWindows8にアップグレード、
もしくはOfficeまたはVisualStudioをインストールする場合
■ Windows7のアクティベーションを行う場合
■ Windows8のアクティベーションを行う場合
・・・・・ 13
■ Office2010のアクティベーションを行う場合
・・・・・ 17
■ Office2013のアクティベーションを行う場合
・・・・・ 20
1/23
Windows7またはWindows8にて、
OfficeもしくはVisualStudioをインストールする場合
① Windows7の場合は、[コンピュータ]-[ネットワーク ドライブの割り当て]をクリックする。
Windows8の場合は、デスクトップ左下のエクスプローラをクリックし、
[コンピュータ]-[ネットワーク ドライブの割り当て]をクリックする。
2/23
② フォルダ欄に「\\o-file01.ad.oit.ac.jp\apps$」を入力する。「ログオン時に再接続する」にチェック□がない
ことを確認し、「別の資格情報を使用して接続する」にチェック☑を入れて、「完了」をクリックする。
③ 上段に「ドメイン名\ユーザー名」、下段に「パスワード」を入力する。
「資格情報を記憶する」にチェック☑を入れて、「OK」をクリックする。
【注意】
上段を入力するときは、
ユーザ名の前に「oit-edu¥」をつけて
ください。
例:oit-edu¥txxxxxxx
3/23
④ 該当するフォルダの中にある「setup.exe」をダブルクリックするとインストールが開始されます。
フ
ォ
ル
ダ
名
ソ
フ
ト
の
内
容
Windows7_with_SP1
Windows 7(32bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Windows7_with_SP1_64bit
Windows 7(64bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Windows8_Pro
Windows 8(32bit版)
Windows8_Pro_64bit
Windows 8(64bit版)
Windows8.1_Pro
Windows 8.1(32bit版)
Windows8.1_Pro_64bit
Windows 8.1(64bit版)
Office_Enterprise_2007
Windows用のOfficeソフト(32bit版)
Office_Professional_Plus_2010_with_SP1
Windows用のOfficeソフト(32bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Office_Professional_Plus_2010_with_SP1_64bit
Windows用のOfficeソフト(64bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Office_Professional_Plus_2013_with_SP1_32bit
Windows用のOfficeソフト(32bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Office_Professional_Plus_2013_with_SP1_64bit
Windows用のOfficeソフト(64bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Visual_Studio_2008_Professional
Visual Studio 2008(32bit版) Visual_Studio_2010_Professional
Visual Studio 2010(32bit・64bit) <Service Pack 1が適用されていない>
Visual_Studio_2012_Professional
Visual Studio 2012(32bit・64bit)
Visual_Studio_2013_Professional
Visual Studio 2013(32bit・64bit)
Windows7_SP1(ServicePack_only)
Windows 7のService Pack 1 ※OSではない※
Visual_Studio_2010_SP1(ServicePack_only)
Visual Studio 2010 Service Pack 1 ※ソフトではない※
Windows7_Upgrade_Advisor
Windows 7 を実行できるかを確認するためのソフト ※OSではない※
4/23
<Service Pack 1が適用されていない>
WindowsXPからWindows7またはWindows8にアップグレード、
もしくはOfficeまたはVisualStudioをインストールする場合
① [マイ コンピュータ]-[ツール]-[ネットワーク ドライブの割り当て]をクリックする。
② フォルダ欄に「\\o-file01.ad.oit.ac.jp\apps$」を入力し、「ログオン時に再接続する」にチェックがないことを
確認する。
5/23
③ 「異なるユーザー名で接続します。」をクリックして、接続するユーザー名・パスワードを入力する。
【注意】
ユーザー名を入力するときは、
前に「oit-edu¥」をつけてくださ
前に「oit-edu¥」をつけてください。
い。
例:oit-edu¥txxxxxxx
例:oit-edu¥txxxxxxx
④ 全て入力できたら、「完了」をクリックする。
6/23
⑤ 該当するフォルダの中にある「setup.exe」をダブルクリックするとインストールが開始されます。
フ
ォ
ル
ダ
名
ソ
フ
ト
の
内
容
Windows7_with_SP1
Windows 7(32bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Windows7_with_SP1_64bit
Windows 7(64bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Windows8_Pro
Windows 8(32bit版)
Windows8_Pro_64bit
Windows 8(64bit版)
Windows8.1_Pro
Windows 8.1(32bit版)
Windows8.1_Pro_64bit
Windows 8.1(64bit版)
Office_Enterprise_2007
Windows用のOfficeソフト(32bit版)
Office_Professional_Plus_2010_with_SP1
Windows用のOfficeソフト(32bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Office_Professional_Plus_2010_with_SP1_64bit
Windows用のOfficeソフト(64bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Office_Professional_Plus_2013_with_SP1_32bit
Windows用のOfficeソフト(32bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Office_Professional_Plus_2013_with_SP1_64bit
Windows用のOfficeソフト(64bit版) <Service Pack 1が適用済み>
Visual_Studio_2008_Professional
Visual Studio 2008(32bit版) Visual_Studio_2010_Professional
Visual Studio 2010(32bit・64bit) <Service Pack 1が適用されていない>
Visual_Studio_2012_Professional
Visual Studio 2012(32bit・64bit)
Visual_Studio_2013_Professional
Visual Studio 2013(32bit・64bit)
Windows7_SP1(ServicePack_only)
Windows 7のService Pack 1 ※OSではない※
Visual_Studio_2010_SP1(ServicePack_only)
Visual Studio 2010 Service Pack 1 ※ソフトではない※
Windows7_Upgrade_Advisor
Windows 7 を実行できるかを確認するためのソフト ※OSではない※
7/23
<Service Pack 1が適用されていない>
Windows7のアクティベーションを行う場合
※Windows7にアップグレードを行う際は必ずアクティベーションを行ってください※
*アクティベーションとは?*
「正規のライセンスを持っていることを証明する」意味で用いられ、他に「プロダクトアクティベーション」「ライセ
ンス認証」などの単語もほぼ同じ意味をもちます。アクティベーションを行っていないソフトウェアは、一定期間
が経過すると使えなくなったり、作成したデータを保存できなくなるなどの挙動を示すものが多くみられます。
快適にご利用いただくには、正しくアクティベーションを行い、*定期的(少なくとも180日以内)にネットワーク
に接続するのが望ましいです。*スタンドアロンPCの場合。
① ウィンドウズの「スタートボタン」をクリックし、プログラムとファイルの検索窓に「cmd」と入力する。
cmd.exe を、右クリックして、管理者として実行する
③
②
①
8/23
①
② 「はい」をクリックする。
③ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
C:¥Windows¥system32>slmgr.vbs –skms kms.oit.ac.jp
9/23
④ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
C:¥Windows¥system32>slmgr.vbs –skms kms.oit.ac.jp
C:¥Windows¥system32>slmgr.vbs –ato
10/23
⑤ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
C:¥Windows¥system32>slmgr.vbs –skms kms.oit.ac.jp
C:¥Windows¥system32>slmgr.vbs –ato
C:¥Windows¥system32>slmgr.vbs –dlv
以 上
11/23
※ アクティベーションが失敗している場合 ※
Windowsを立ち上げると、画面が黒くなり、右下に「このWindowsのコピーは正規品ではありません」と
表示された場合は、アクティベーションがうまく実行されていません。
上記のような画面になった場合は再度アクティベーションが必要です。
12/23
Windows8のアクティベーションを行う場合(8.1も同じ手順です)
※Windows8にアップグレードを行う際は必ずアクティベーションを行ってください※
*アクティベーションとは?*
「正規のライセンスを持っていることを証明する」意味で用いられ、他に「プロダクトアクティベーション」「ライセ
ンス認証」などの単語もほぼ同じ意味をもちます。アクティベーションを行っていないソフトウェアは、一定期間
が経過すると使えなくなったり、作成したデータを保存できなくなるなどの挙動を示すものが多くみられます。
快適にご利用いただくには、正しくアクティベーションを行い、*定期的(少なくとも180日以内)にネットワーク
に接続するのが望ましいです。*スタンドアロンPCの場合。
① デスクトップの左下「エクスプローラー」をクリックし、コンピュータの「ローカルディスク(C:)」を
クリック後、「ファイル」のコマンドプロンプトを管理者として開く。
※ご利用のPCにより、表示・名称等が異なる場合があります。
③
④
⑤
②
①
13/23
①
② 「はい」をクリックする。
③ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
cd C:¥Windows¥System32
slmgr.vbs –skms kms.oit.ac.jp
14/23
④ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
slmgr.vbs –ato
15/23
⑤ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
slmgr.vbs –dlv
以 上
16/23
Office2010のアクティベーションを行う場合
※Office2010にアップグレードを行う際は必ずアクティベーションを行ってください※
*アクティベーションとは?*
「正規のライセンスを持っていることを証明する」意味で用いられ、他に「プロダクトアクティベーション」「ライセ
ンス認証」などの単語もほぼ同じ意味をもちます。アクティベーションを行っていないソフトウェアは、一定期間
が経過すると使えなくなったり、作成したデータを保存できなくなるなどの挙動を示すものが多くみられます。
快適にご利用いただくには、正しくアクティベーションを行い、*定期的(少なくとも180日以内)にネットワーク
に接続するのが望ましいです。*スタンドアロンPCの場合。
① ウィンドウズの「スタートボタン」をクリックし、プログラムとファイルの検索窓に「cmd」と入力する。
cmd.exe を、右クリックして、管理者として実行する
③
②
①
17/23
①
② 「はい」をクリックする。
③ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
インストールを行ったドライブを指定してください。
(例は、Cドライブにインストールした場合)
※64bitのOSにOffice 2010 32bitを入れた場合は、
cd C:¥Program Files (x86)¥Microsoft Office¥Office14 となります。
C:¥Windows¥system32>cd C:¥Program Files¥Microsoft Office¥Office14
C:¥Program Files¥Microsoft Office¥Office14>cscript ospp.vbs /sethst:kms.oit.ac.jp
成功した場合、
枠内のダイアログが表示される。
18/23
④ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
cscript ospp.vbs /act
成功した場合、
枠内のダイアログが表示される。
以 上
19/23
Office2013のアクティベーションを行う場合
※Office2013にアップグレードを行う際は必ずアクティベーションを行ってください※
*アクティベーションとは?*
「正規のライセンスを持っていることを証明する」意味で用いられ、他に「プロダクトアクティベーション」「ライセ
ンス認証」などの単語もほぼ同じ意味をもちます。アクティベーションを行っていないソフトウェアは、一定期間
が経過すると使えなくなったり、作成したデータを保存できなくなるなどの挙動を示すものが多くみられます。
快適にご利用いただくには、正しくアクティベーションを行い、*定期的(少なくとも180日以内)にネットワーク
に接続するのが望ましいです。*スタンドアロンPCの場合。
① Windows8の場合は、デスクトップの左下「エクスプローラー」をクリックし、コンピュータの
「ローカルディスク(C:)」をクリック後、「ファイル」のコマンドプロンプトを管理者として開く。
※ご利用のPCにより、表示・名称等が異なる場合があります。
③
④
⑤
②
①
20/23
①
Windows8以外の場合はウィンドウズの「スタートボタン」をクリックし、
プログラムとファイルの検索窓に「cmd」と入力する。
cmd.exe を、右クリックして、管理者として実行する
③
②
①
21/23
② 「はい」をクリックする。
③ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
インストールを行ったドライブを指定してください。
(例は、Cドライブにインストールした場合)
※64bitのOSにOffice 2013 32bitを入れた場合は、
cd C:¥Program Files (x86)¥Microsoft Office¥Office15 となります。
cd C:¥Program Files¥Microsoft Office¥Office15
C:¥Program Files¥Microsoft Office¥Office15> cscript ospp.vbs /sethst:kms.oit.ac.jp
成功した場合、
枠内のダイアログが表示される。
22/23
④ 管理者として起動されたcmd.exe にて下記のコマンドを実行する。(赤字部分を入力してください)
cscript ospp.vbs /act
成功した場合、
枠内のダイアログが表示される。
以 上
23/23
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
33
File Size
1 254 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content