close

Enter

Log in using OpenID

新規考案の温度補正回路

embedDownload
フ ラックスゲート式 Flux-gate Type
磁気比例式 Open -loop Type
If により発生する磁界は、
ホール素子等磁電変換素子
Output で電圧に変換されAmpを経由
して出力されます。
If
Vcc
Vh
Amp
(CFC シリーズ)
フラックスゲート式磁気平衡電流センサーの動作原理
L1
Vcc
温度補償磁気比例方式 Compensating Open-loop type (CAL シリ ーズ)
If
Vcc
Vcc
Amp
L3
Is
Output
If
Vcc
Vcc
擾乱防止回路
RL
Vh
Amp
L2
L4
出力電圧温度補整信号発生回路
オフセットの温度補整信号発生回路
温度感知素子
磁気比例式と同じくIfに比例した電圧を出力しますが
その際、磁電変換素子近辺の温度を感知し、オフセットや出力の温度変動値を 補整する信号を増幅回路の途中に送り、総合的に温度特性を向上させて、
高精度の電流検出をおこないます。
磁気平衡式 Closed-loop Type
この時Isによって発生するL3の磁界は、被測定電流fによって発生する磁界と
Vcc
If
Vh
Ioo
Amp
Vcc
CFCーシリーズの電流センサはホール素子を使用しない高精度、
広帯域の電流センサです。
被測定電流Ifによって発生する磁界を二次巻線L1,L2で検出します。
L1.L2には矩形波発信器からの電流が流れていますが、Ifによって発生する
磁界に比例した電圧が発生しIfの電流センサとして動作します。
このセンサ電圧を電流増幅しL3にIsとして流します。
RL
Output
If により発生した磁界は磁電変化素子でその出力を電流増幅し、
Ifによって発生した磁界を打ち消す方向に巻かれた二次巻線に
に流します(Io)。 Ioの値は一次と二次の巻比できまり、
磁気回路の磁束は限りなゼロに近くなります。
逆向きになるようにしています。
Isは一次電流Ifとの巻線比によって決まりますが、磁界ゼロになる様に
流れますので一次電流Ifに比例した電流・電流波形が得られます。
Iftが高周波電流の場合には、L4によって交流の磁気平衡式センサとして
動作しします。 この為、直流から高周波まで安定した電流測定ができます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
65 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content