close

Enter

Log in using OpenID

IEA-HIA Annex21Extendedr

embedDownload
水素エネルギーシステム Vo
1
.3
6,No.1(
2
0
1
1
)
見聞録
見聞録
璽主主主富喜墨書喜重墨書豊富璽豊富富麗富麗麗富麗麗聾翠豊富藍露呈-
ギリシャ?トルコ?イギリス?なキプロス島
~IEA-HIA A
n
n
e
x2
1E
x
t
e
n
d
e
d
rこ参加して
若山樹
国際石油開発帝石株式会社
グループ。
経営企画本部 ・事 業 企 画 ユ ニ ッ ト 技 術 本 部 ・技術推進ユニット ・EOR
干1
07-6332 東京都港区赤坂 5
3・1赤坂 Bizタワー
l 複雑なキプ口ス島
というのも、キプロス島は、島南部の EU ~ こ加盟する
次々回のl
E
A
回 AArm
ex21盈 t
e
n
d
e
d
.
会議開催地が地
キプロス共和国(ギリシャ系住民、通貨はユーロ、以下
月のユパスキュラ
中海のキプロス島に決まったのは、 9
南キフ。
ロス)、トルコ共和国のみが承認する北部の北キ
(フィンランド)会議だ、った。スキューパ ・ダイビング
プロス ・トルコ共和国(トルコ系住民、通貨はトルコ・
や海が好きな筆者は、キプロス島!地中海!シーフー
リラ、以下北キプロス)、両国間の衝突抑止のための国
ド!と繰返し想像を膨らませつつ、厚手のダウンジャケ
地帯(グリーンライン)、さらには、イギリスの
連緩種I
ットを着こんで、氷雨降りしきるユパスキュラ空港を後
)。
主権基地領域(英国海外領土)が存在するのである(図 1
にしたのだ、った。
よって、タクシーに乗ってラルナカ(南キフ。
ロス)からフアマグ
キプロス島ラルナカ空港に、かりゆしウエアー姿 [
1
]
で降り立ったのは、 1
年後の9
月1
4日の深夜2時過ぎ、だ、っ
スタ(北キプロス)に行くには、タクシーとしてでは無く、バレバ
レではあるものの自家用車として越境するのである。
た。その夜は市内のホテルに宿泊し、翌朝時差ボケ解消
グ
リ ーンラインには
に青い海で一泳ぎしてから、会議会場に移動する予定だ
南北キプロスを繋ぐ 7
ったが、そうはし¥かなかった。翌朝、現地パス移動を斡
か所の検問所が有る
旋している学会開催企業に連絡を取るものの、度重なる
が、入出国印はパス
不手際でホテルや空港で長時間待機状態にされ、結局自
ポートには押印せず
力で会議開催地ファマグスタに向かうことになった。
に別用紙(左図)に
押印する。パスポート
ラルナカ空港で
グス夕までで、の移動を頼むと、おもむろに トランクからガ
に押印する事によって、
ムテープを取り出し、ナンバーフ。
レートのタクシーを示
トノレコによって実効支
T
J の字をガムテープで隠し、屋根の上の社名表示
す i
配(不法占拠)されて
T
a
x
iと書かれているいわゆる行灯)を取り外してト
灯 (
いる北キフ。
ロスを認、め
ランクに放り込み、ようやく走り出したのだ、った。
る事を避けるためであ
る。もし、北キプロスの
入国印がパスポートに押印されると、南キフ。
ロスに不法入国
したとみなされ、南キフ。
ロス入国とギリシャ入国が拒否されて
しまう。
2
. I
E
A
HI
AA
n
n
e
x2
1E
x
t
e
n
d
吋
国 際 エ ネ ル ギ ー 機 関 白l
t
e
r
n
a
t
i
o
n
a
lEne
明
2
]
図1 キプロス島の統治状況[
T
Ag
e
n
c
y
,
I
E
A
)
は
、 1
9
7
4
年に経済協力開発機構(
O
E
C
D
)の国際エネ
-61-
水素エネルギーシステム Vo
1
.36,NO.1(
2
0
1
1
)
見聞録
ルギ一計画征EP)の実施機関として設立された(2
8ヶ国
季節やロケーションは申し分な いのだが、実行支配
+EC)[
泊。 I
EA
では、エネノレギー研究技術委員会(CERT)
(不法占拠)地での国際会議の開催及ひ著者らの参加は、
に属する 4つの作業部会の IEA
実施協定(Im
p
l
e
m
e
n
t
i
n
g
実行支配の既成事実化への手助けとも取られかねず、事
A
g
r
e
e
ment
,IA)を通して、代替エネルギー源などの研究
実、北キプロス・エネルギー省の大臣が参加者全員を夕
開発を支援している 。再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー 作 業 部 会
食に招待するなど疑問が多い状況で、あった。
低EWP)は
、 1
977
年に水素に関する共同研究開発と情報
開会時や招待講演では、In加n
a
t
i
o
n
a
lA節的油.onf
o
r
交換を行うために、水素実施協定但y也'O
genIA,回A)凶
HydrogenEn
e
明 T(IAHE)のPru
f
.T
.N
e
j
a
tV
e
z
i
r
o
g
I
u博士
を 組 織 し ( 1 ヶ 国 +EC+UNIDO) 、Arm
ex 10B
の功績を称える発表が相次ぎ、 一般の聴講者は些か引し、
(
P
ho
句p
r
o
d
u
c
t
i
o
no
fHydroge
,
n 1995
・1
9
9
8
)、Arm
ex1
5
ていた感じがあった。
∞
(
P
ho
加b
i
o
l
o
g
i
c
a
lP
rod
u
c
t
i
o
,
n 1
的92 4) 、Arm
ex 21
口頭の研究発表では、クリーンエネルギーや再生可能
(
B
ioHy
命。g
e
,
n 2 5
2
0
1
ω に続くArm
ex21 E
x
t
e
nded
エネルギーに関する多数 (
1
9
1
件)行われたが、水素生
(B
i
o
i
n
s
p
i
r
e
dandB
i
o
l
o
g
i
c
a
lH
Y
I
也u
ge
,
n 2011・2
0
1
6
)におし、
産 (
3
9
件)、燃料電池 (
2
6
件)に関する件数が目立った。
て、生物学的水素製造技術開発に関する技術交流などが
水素生産の中でも生物学的な水 素生産に関する発表は
行われている (
2回/年) 。
闘牛で、Arm
ex21E
x
t
e
nded
のメンバーや開催国で、ある
∞
Arm
ex 21 E
x
t
e
ndedのOpe
r
a
t
i
n
g Ag
e
n
t (O
A)は、
トルコからの発表が多かった (
9
月1
6日) 。 尚、プロシ
NREIJDO
F1U
SA
の阻めa
e
lS
e
i
b
e
此博士となり、技術分
ーディングは、 ICCE-2010
のサイトから DL
可能である。
野 を 5つ の S
ubtaskに 分 類 し て い る (Sub
句s
kA
(
B
i
o
i
n
s
p
i
r
e
dS
y
s
t
e
m
s
)、SubtaskBωarkB
i
o
h
y
d
r
o
g
e
n
4
. I
E
A
HI
AA
n
n
e
x2
1E
x
t
e
n
d
吋会議
F
e
r
m
e
n
t
a
t
i
o
nS
y
:
説e
ms)、 SubtaskC 侶a
s
i
cS
t
u
d
i
e
so
f
L
i
g
h
t
也i
v
e
nB
i
o
h
y
d
r
o
g
e
np
r
吋u
c
t
i
o
n
)
、
Subtask D
S
a
l
a
m
i
sBa
yC
o
n出Reso
r
tH
o
t
e
l
の会議室において、
(Biological 目白仕切hemi切lSystems)、 SubtaskE~仏Terall
Ki
c
k
o
f
桧議となる第 1
回I
E
A
日 AArm
ex21E
x
飴nded
会
Anal
y
s
i
s
)
)。
議が開催された (
9
月1
7
'
"
'
'
1
8日) 。
当該会議のホストは、トノレコ側委員で、ある中東技大の
3
.
1
0
t
hI
n
t
e
r
n
a
ti
o
n
aIC
∞ference on CIean Energy
(
Iα~-2010)
Pru
.
fIn
chEro
g
l
u博士で、
あり、Arm
ex21のKi
c
k
o
任会議(イ
∞
スタンブーノレ, 2 5
) の時も尽力頂いている。 当該会議
には、 I
E
A
阻 A加盟国から日本(三宅、筆者)、カナダ
ICCE-2010[
5
]は、北キプロスのファマグスタJImに立
(Pa
出c
kHallen
民地モントリオーノレ大)、オランダ
地するリゾー卜ホテルS
a
l
a
m
i
sBa
y Co
r
r
世Re田此 H
o
t
e
l
(
A
s
t
r
i
dG
r
o
o
t
,ワーゲ、
ニンゲ、
ン大)、米国(Mi
c
h
a
e
l
[
6
]で9月 1
5
'
"
'
'
1
7日の会期で開催された(図2
)。
S
e
i
b
e
r
t
,
NR
EI1DO
E
)、フランス (M
紅 kR
u
s
s
e
t
,
CNRS)、
韓国(Mi
-SunKim,胞団〉、トルコ(In
chE
ro
g
l
,
u Meral
Yuωl
、中東技大)、オブザ、
ーノミーとして台湾 (
J
o
・s
hu
α
l
a
l
l
g
,国立成功大)、日本(富山、
MA
目、)などの9ヶ
国2路 が 参 加 し た。スエーデン (
P
e
t
e
rL
i
n
d
b
l
a
,
dUppsala
大)、イギリス (D.L.Haw~民 Glamo昭'an大)、ドイツ
(RudugarS
c
h叫位-Frei
也
i
.
c
h
,
α凶ぬanAlbrech臼大)は
急用のため欠席した。
OA
によるArm
ex21E
x
t
e
nded
全体の説明、小職による
!日Arm
ex21の総括、各国の活動報告に続き、Arm
ex21
h 旬nded
の運営に関する討論を行った。
当該会議の各国活動報告は、各国委員・オブザーバー
図2 臼 l
a
m
i
sBa
yC
o
n
t
iR側 此 H
o
t
e
l
のPri
v
a
t
eB
ea
ch
の聴講を可能とし、運営会議は各国委員のみとした。各
国活動報告資料の委員間の共有は、 I
E
A
田 AのHP
にパ
- 62-
水素エネノレギーシステム Vo
1
.36,No.1(2011)
見聞録
e
b
s
i
飴を設けることとした。原則委員の
スワード付きのw
6
. おわりに
みの閲覧であるが、不都合な情報は事前に削除が可能と
した。
生物学的な水素製造技術は、嫌気性微生物を用いた廃
また、Ann
ex21肱 t
e
n
d
e
d
の効率的な運営のため、新
水処理システムで、実用化が近づきつつあり、光合成水素
たにリージョナル・コーディネータ~(RC) を設け、北南
生産も藻類によるバイオディーゼル生産の技術を転用
米:Seめe
此博士(米国)、アジア:三宅博士(日本)、
可能であるため、今後も国家レベルで、の研究開発が必要
欧州:R
u
s
s
e
t
博士(フランス)が選出された。 RC
を設
であると思われる。
けることにより、情報源の拡充・情報の共有・新たな加
NEDO
が公表している「燃料電池・水素技術開発ロー
盟国・オブザーバー国のリクルート・国際共同研究PJ
ドマッフ。2010 (水素詳細版) J[10]~ こおいても、水素製
の構築などが期待されている。
造技術・再生可能エネルギー原料のうちバイオマス・生
次回会議開催地については、ブラジル(サンパウロ、
光合成水素
物利用に中長期的技術として「水素発酵J r
リオデ、ジャネイロ)をOA・日本(若山)が推薦した。
年頃の実用
生産Jが位置付けられており、両者とも2020
ブラジルで、は、サッポロビール社がペトロプラス社とエ
化が期待されている。 NEDOr
再生可能エネルギー技術
1
ルゴステック社にバイオオ℃素のパイロットプラント (
白書・バイオマスエネルギーの技術の現状とロードマッ
m3
規模)を輸出しており、セルロース系バイオマス(製
プ」においても、
糖廃棄物であるパガス)を原料に水素・メタンの二段発
イオ水素製造Jが定義されている。
「藻類由来のバイオ燃料製造Jと「バ
酵を共同で検討している問。しかし、カナダが提案した
シンガポールやマレーシア案が提出され、採択された。
参考文献
次回会議は、古l
eKe
ys
句neS
ymposiumonB
i
o
f
u
e
l
si
n
1
. h枕p
:
l
/
www.k
紅 i
y
u
s
h
i
o
k
i
n
a
w
a
.
c
o
m
l
Singa:卵白 (3月 1~6 日、於S羽錨ha飴l 官leS句mford
2
.h
t
t
p
:
/
/
j
a
.
w
也i
p
e
d
i
a
.
o
r
g
/
w
i
k
i
I
%E3%83%95%E3%82%A1
S
i
n
g
a
p
o
r
e
)耐と併催(活動報告2
月2
9日一3
月 1日、別途
%E3%82%A4%E3%83%AB:Cy-map-ja.png
3
. h枕p
:
l
/
www.
i
e
a
.
o
r
g
/
運営会議開催)の予定である。
:
l
/
i
e
a
h
i
a
.
o
r
g
/
4
. h枕p
5
. I
E
A
HI
AA
n
n
e
x2
1各国活動概要(抜粋)
5
. h抗 p
:
l
/
i
c
c
e
2
0
1
0
.
e
m
u
.
e
d
u
.
仕l
i
n
d
e
x
.
h
t
凶
6
.h
t
t
p
:
/
/
w
w
w
.
s
a
l
a
m
i
s
b
a
y
c
o
n
t
i
.
c
o
m
l
(αmYueLin,逢
APEC: 日本(三宅、若山)と台湾
圃
:
/
/
w
w
w
.
s
a
p
p
o
r
o
b
e
e
r
.
j
p
/
n
e
w
s
_
r
e
l
e
a
s
e
/
0
0
0
0
0
1
0
1
3
3
/
7
. h抗p
甲大)を中心にアジア(日本、台湾、韓国、中国、タイ、
0
0
0
0
0
1
3
3
.
p
d
f
インドネシア、マレーシアなど)のバイオ水素研究を連
8h
t
t
p
:
/
/
w
w
w
.
k
e
y
s
t
o
n
e
s
y
m
p
o
s
i
a
.
o
r
g
/
m
e
e
t
i
n
g
s
/
9
]を既に立ち上げており、その運営会
携するB
i
o
H
y
l
i
n
k
s[
v
i
e
w
M
e
e
t
i
n
g
s
.
c
f
m
?MeetingID=1125
月15--20日に逢甲大(台中/台湾)で開催
議が2010
年11
抗
t
が
p:
/
/
w
w
w
.
部
a
S阻
l
a
b
i
l
白
o
h
y
l
i
n
k
s
.
ぽ
o
I
r
g
/
d
o
k
u
9
.h
t
された。
/k
o
u
b
0
/
o
t
h
e
r
/
1
0
.h
t
t
p
s
:
/
/
a
p
p
3
.
i
n
f
o
c
.
n
e
d
o
.
g
o
.
j
p
/
i
n
f
o
r
m
a
t
i
o
n
s
骨 6
のPJ
で、あるH
y
v
o
l
u
t
i
o
n
から PJ
全体予
トルコ:EC
万ユーロ (
7
,
7
算の約7%に相当する 62
∞万円相当)が配
1
分されている中東技大では、同大の屋外完験施設で変異
株を含む数種類の光合成細菌を大量音養し、光水素発生
を検討している。同大では、 40L
のチューブラー型(ア
の
クリル管、水平置き)リアクター(温調有り)や80L
フラットパネル型リアクター(アクリル、垂直置き)を
用いて、製糖廃水(ピーツ由来)、ポテト工場廃棄物(皮、
蒸煮廃液)、チーズホエイ(乳精)、オリーブ油廃液な
どからの水素生産を試みている。
-63-
F
F
/
n
e
d
o
o
t
h
e
r
n
e
w
s
p
l
a
c
e
.
2
∞
9
0
2
0
9
.
3
悦泊4
8
1
9
8
5
1
nedoothernews.201ひ07・14.23424721741syous泊~s泊so.pdf
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
3 066 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content