close

Enter

Log in using OpenID

昭和30年代の、肺結核の「三者併用の薬」と言えば、「ストマイ」と「イナ

embedDownload
昭和30年代の、肺結核の「三者併用の薬」と言えば、「ストマイ」と「イナ」
と、もうひとつが何だったかを調べたい。
『サナトリウム残影 結核の百年と日本人』p95 と『結核の歴史』p37 にある記述を総合
すると、質問者の言う「ストマイ」は「ストレプトマイシン(SM)
」、
「イナ」は「イソニコ
チン酸ヒドラジッド(INH)
」となり、もうひとつの薬品名は、
「パス(PAS)
」だとわかった。
結核は、日本において昭和 10 年に死亡原因で首位となり、戦後昭和 25 年まで続いた。
翌年新しい結核予防法が施行された後、治療に薬が用いられるようになったようである。
医学(内科学、公衆衛生)の書架にある結核の資料を探したが、「ストマイ」「イナ」を含
む三種の薬品表記が見つからない。そこで、インターネットで検索すると、
「ストマイ アイ
ナ
パス」という表記があるのを見つけた。
この薬品名をヒントに、改めて結核の資料を見てみると、
『サナトリウム残影
結核の百年
と日本人』p95 に「昭和二十年代後半にストレプトマイシン、パス、イソニコチン酸ヒドラ
ジッド、そして昭和四十年代にリファンピシンが登場するに及んで、死病結核は、急速に治
る病気になっていった。
」という記述があった。
また、
『結核の歴史』p37 には「ストレプトマイシン(SM)は、ウクライナからアメリカ
に移ったワックスマンによって一九四四年(昭和一九年)に発見された。結核に本当に有効
なはじめての薬である。同じ頃(一九四六年)、ずっと以前に合成されていた化合物であるパ
ス(PAS)が結核の治療に有効であることがスウェーデンのレーマンにより明らかにされ発
表された。…(中略)…一九五二年(昭和二七年)から使えるようになったヒドラジッド(INH)
は SM、PAS に較べれば一段と強力な薬で、一九五五年頃には画期的な結核化学療法といえ
る SM、INH、PAS の「三剤併用療法」が完成した。」との記述があった。
参考資料
『サナトリウム残影 結核の百年と日本人』 高山啓輔/著 日本評論社 2004 年
『結核の歴史』 青木正和/著 講談社 2003 年
-6-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
136 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content