close

Enter

Log in using OpenID

ハイチとケベックのあいだで書くこと

embedDownload
公開講演会
Conférence
ハイチとケベックのあいだで書くこと
Écrire entre Haïti et le Québec
ダニー・ラフェリエール(作家)
Dany Laferrière (écrivain)
移住作家にとって、異国の地で書くとはどのようなことなのか、
ハイチやケベックの状況を踏まえながら対談形式でお話しいただきます。
日
時 : 2011年10月3日(月) 18:30〜20:00
le lundi 3 octobre 2011
場
所 : 立教大学池袋キャンパス マキムホール2階 M202教室
Université Rikkyo, salle M202 McKim Hall, 1er étage
司 会 ・ 通 訳 : 小倉和子 (本学異文化コミュニケーション学部教授)
ディスカッサント : 澤田直 (本学文学部教授)
(入場無料 Entrée libre)
講師略歴:
1953年、ハイチ生まれ。ジャン=クロード・デュヴァリエの独裁政権
下でジャーナリストとして活動中の1976年、生命の危険を感じてモ
ントリオール(カナダ・ケベック州)に移住。工場などで働きながら、
1985年、『ニグロと疲れないでセックスをする方法』で作家としてデ
ビューする。同作品はベストセラーになり、1989年には映画化(邦題
『間違いだらけの恋愛講座』)もされる。2008年、『吾輩は日本作家
である』を発表。日本文学への造詣も深い。2009年にはハイチへの
一時帰郷をテーマにした『帰還の謎』(邦訳:藤原書店)がケベック
とフランスで同時発売され、モントリオールで書籍大賞、フランスで
メディシス賞を受賞。 2010年1月、偶然ハイチに滞在中に大地震
が発生。同年3月には、現地の様子を臨場感あふれる時評にまと
めた『ハイチ震災日記』(邦訳:藤原書店)を発表。
対 象
主 催
共 催
連絡先
後 援
:
:
:
:
:
本学学生、大学院生、教職員、一般
立教大学文学部文学科フランス文学専修
立教大学異文化コミュニケーション学部
学部事務1課(Tel : 03-3985-2530)
日本ケベック学会、ハイチ支援フランコフォニー委員会
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
110 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content