close

Enter

Log in using OpenID

神 奈 川 大 学 工 学 部

embedDownload
 1. 研究活動
2005.10〜2006.9
2. 研究分野紹介および平成17年度博士論文・修士論文・卒業研究テーマ一覧
3. 講演会開催記録
2005.10〜2006.9
1. The List of Research Activities (2005, Oct.〜2006, Sept.)
2. The List of Laboratory Activities and Student Papers (Fiscal Year 2005)
3. Public Lectures (2005, Oct.〜2006, Sept.)
神奈川大学工学部
FACULTY OF ENGINREERING
KANAGAWA UNIVERSITY
1
凡例
研究活動成果報告の分類
・研究論文Ⅰ:査読のある学会誌に掲載された研究論文
・研究論文Ⅱ:査読のある会議の会議録に掲載された研究論文
・建 築 作 品:建築学科
・口 頭 発 表:会議の会議録に掲載された研究論文
・学 術 誌:専門学術雑誌に掲載された論文等
・著
書
・調査報告書:学会等の委員会や公的機関が公表した調査報告書、 科研費の最終報告書
・講
演:学会等の招待講演と基調講演を含む
・助 成 金:科研費など
・研究奨励寄付金:企業からの寄付金 (契約そのものに守秘義務がある場合等を除く)
・受 託 研 究
・取 得 特 許
・公 開 特 許
・褒
賞
・海 外 出 張:学会、 国際会議の論文委員会, 座長, 調査等による出張
・学
位:学位授与
Ⅰ
青木勇, 笹田昌弘, 春山幸生, 「せん断技術を利用する金属・
樹脂の接合に関する研究」, 日本機械学会論文集 (C編),
Vol.72, No.714, pp.657-663 (2006-2).
笹田昌弘, 志村和樹, 青木勇, 「せん断加工における工具・材
料間の摩擦係数に関する研究」, 日本機械学会論文集 (C編),
Vol.71, No.712, pp.3583-3589 (2005-12).
M.Sasada, H.Kobayashi, I.Aoki, "Study on Piercing
Mechanism of Small Holes," Journal of Materials
Processing Technology, Vol.177, pp.649-652 (2006-7).
S. Itou, "Thermal stresses around a crack in a nonhomogeneous diffusion layer between a coating plate
and an elastic half-plane," Journal of Thermal Stresses
(Taylor & Francis, London), Vol. 28, No. 10, pp. 11611178 (2005-10).
S. Itou, "Stress intensity factors for a moving cylindrical,
crack in a nonhomogeneous cylindrical layer in composite materials," Archive of Applied Mechanics (Springer,
Berlin), Vol. 75, No. 1, pp. 18-30 (2005-12).
G. Carbone, Hun-ok Lim, A. Takanishi, M. Ceccarelli,
"Stiffness Analysis of the Humanoid Robot WABIANRIV," Mechanism and Machine Theory, Vol.41, No.1,
pp.17-40 (2006-1).
Hun-ok Lim, Sang-ho Hyon, Samuel A. Setiawan and
Atsuo Takanishi, "Quasi-human Biped Walking,"
International Journal of Information, Education and
Research in Robotics and Artificial Intelligence, Vol.24,
No.2, pp.257-268, 577-586 (2006-3).
K. Hashimoto, Y. Sugahara, Hun-ok Lim and A.
Takanishi, "New Biped Foot System Adaptable to
Uneven Terrain," Journal of Robotics and Mechatronics,
Vol. 18, No. 3, pp.271-277 (2006-6).
佐野延忠, 江上正, セミアクティブショックアブソーバのオリ
フィス面積制御, 日本機械学会論文集 (C 編), Vol.72, No.
717, pp.1420-1427(2006-5).
R. Sahara, T. Shishido, A. Nomura, K. Kudou, S. Okada,
V. Kumar, K. Nakajima, Y. Kawazoe, "A first principles
study of the elastic properties in perovskite-type RRh 3B
and RRh 3 C with R=Sc, Y and La," Computational
Materials Science, 36 ,pp.12-16 (2006-4).
R. Sahara, T. Shishido, A. Nomura, K. Kudou, S.
Okada,V.
Kumar,
K.
Nakajima,
Y.
Kawazoe,
"Mechanism of the increase in bulk modulus of
perovskite ScRh3B x by vacancies," Physical Review, B73,
pp.184102-184109 (2006-6).
小嶋英一, 山崎徹, 品田正昭, 「安全弁を有する複合管路内流
体過渡現象の"SMA"法に基づくシミュレーション技術の開発」,
日本機械学会論文集, 72巻721号 B 編, pp.2203-2210 (20069).
幕田寿典, 竹村文男, 飛原英治, 松本洋一郎, 庄司正弘, 「超
音波場における均一微細気泡生成過程 (第2報, 均一気泡生
成現象における安定生成条件)」, 機械学会論文集 (B 編)
Vol.71, No.710, pp.2465-2470(2005-10).
R. Mosdorf, P. Cheng, H. Y. Wu and M.Shoji, "Non-linear
Analyses of Flow Boiling in Microchanells," Int. J. Heat
Mass Transfer, vol.48, pp.4667-4683 (2005-10).
Toshinori Makuta, Fumio Takemura, Eiji Hihara,
Yoichiro Matsumoto and Masahiro Shoji, "Generation of
Micro Gas Bubbles of Uniform Diameter in an
Ultrasonic Field," Journal of Fluid Mechanics, Vol.548,
pp.113-131 (2006-1).
Mamoru Ozawa, Masahiro Shoji, Hisashi Umekawa and
Ryosuke Matsumoto, "A pattern dynamics approach to
2
two-phase flow dynamics," Technical Report of Kansai
University, No.48, pp.13-22 (2006-3).
R. Mosdorf and M. Shoji, "Temperature Fluctuation at
Twin Cavity in Nucleate Boiling -Wavelet analysis and
modeling-,"Int. J. Heat Mass Transfer, Vol.49. No.18,
pp.3156-3166 (2006-8).
Tzu-Hsiang Yen, Masahiro Shoji, Fumio Talkemura, Yuji
Suzuki and Nobuhide Kasagi, "Visualization of Convective
Boiling Heat Transfer in Single Microchannels with
Different Shaped Cross-sections," Int. J. Heat Mass
Transfer, Vol.49, No.21-22, pp.3884-3894(2006-10).
竹村兼一, 椎橋洋友, 「CFRP の破壊及びクリープ特性に及ぼ
す物理的表面処理の影響」 ,日本機械学会論文集 (A編),
Vol.72, No.716, pp.501-506, (2006-4).
K. Takemura, "Effect of surface treatment to tensile static
and creep properties for jute fiber reinforced composite,
WIT Transactions on the Build Environment," Vol.85,
pp.143-149, (2006-5).
Y. Nakao and Y. Watanabe, "Measurements and Evaluations
of Drilling Burr Profile," Proceedings of the Institution
of Mechanical Engineers, Part B: Journal of
Engineering Manufacture, Vol. 220, No. 4, pp. 513-523,
(2006-4).
史鳳輝, 友森快治, 小金井玲子, 谷川直樹, 前森健一, 「ER 緩
衝器の開発」, 日本設計工学会誌, Vol.41, No.6, pp. 308314(2006-6).
Ⅱ
Y. Ogura, H. Aikawa, K. Shimomura, H. Kondo, Hun-ok
Lim and A. Takanishi, "Development of Humanoid
Robot Capable of Leaning on a Walk-assist Machine,"
,
CD-ROM Proc. Paper No.299 (Pisa, Italy, 2006-2).
Yu Ogura, Hiroyuki Aikawa, Kazushi Shimomura, Hideki
Kondo, Akitoshi Morishima, Hun-ok Lim, and Atsuo
Takanishi, "Development of a Humanoid Robot Capable
of Leaning on a Walk-assist Machine," Proceedings of
the
first
IEEE/RAS-EMBS
2006
International
Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics,
CD-ROM Proc. Paper No. 299 (Pisa, Italy, 2006-2).
K. Hashimoto, Y. Sugahara, A. Ohta, H. Sunazuka, C.
Tanaka, M. Kawase, Hun-ok Lim, and A. Takanishi,
"Realization of Stable Biped Walking on Public Road
with New Biped Foot System Adaptable to Uneven
Terrain," ,
CD-ROM Proc. Paper No.157 (Pisa, Italy, 2006-2).
Y. Sugahara, K. Hashimoto, H. Sunazuka, M. Kawase, A.
Ohta, C. Tanaka, Hun-ok Lim, and A. Takanishi,
"Towards the Biped Walking Wheelchair," , CD-ROM
Proc. Paper No.289 (Pisa, Italy, 2006-2).
Kenji Hashimoto, Yusuke Sugahara, Chiaki Tanaka,
Masamiki Kawase, Hiroyuki Sunazuka, Akihiro Ohta,
Hun-ok Lim and Atsuo Takanishi, "Falling Avoidable
Foot Mechanism for Biped Locomotor," Proceedings of
the 2006 IEEE International Conference on Robotics and
Automation, pp.1219-1224 (Orlando, USA, 2006-5).
Yu Ogura, Hiroyuki Aikawa, Kazushi Shimomura, Hideki
Kondo, Akitoshi Morishima, Hun-ok Lim and Atsuo
Takanishi, "Development of A Humanoid Robot
WABIAN-2," the 2006 IEEE International Conference on
Robotics and Automation, pp.76-81 (Orlando, Florida,
2006-5).
Kenji Hashimoto, Yusuke Sugahara, Hiroyuki Sunazuka,
Chiaki Tanaka, Akihiro Ohta, Masamiki Kawase, Hunok Lim and Atsuo Takanishi, "Biped Landing Pattern
Modification Method with Nonlinear Compliance
Control," Proceedings of the 2006 IEEE International
Conference on Robotics and Automation, pp.1213-1218
(Orlando, USA, 2006-5).
Yusuke Sugahara, Kenji Hashimoto, Hiroyuki Sunazuka,
Masamiki Kawase, Akihiro Ohta, Chiaki Tanaka, Hunok Lim and Atsuo Takanishi, "WL-16RII: Prototype of
Biped Walking Wheelchair," ROMANSY 16, Proceedings
of the 16th CISM-IFToMM Symposium on Robot
Design, Dynamics and Control, Springer Wien New
York, pp.313-320 (Warsaw, Poland, 2006-6).
Yu Ogura, Hiroyuki Aikawa, Kazushi Shimomura, Hideki
Kondo, Akitoshi Morishima, Hun-ok Lim and Atsuo
Takanishi, "Development of a New Humanoid Robot to
Realize Various Walking Pattern Using Waist Motions,"
the Proceedings of the sixteenth CISM-IFToMM
Symposium on Robot Design, Dynamics, and Control,
Springer Wien New York, pp.279-286 (Warsaw, Poland,
2006-6).
Giuseppe Carbone, Marco Ceccarelli, Yusuke Sugahara,
Hun-ok
Lim
and
Atsuo
Takanishi,
"Stiffness
Experimental
Monitoring
for
WL-16RII
Biped
Locomotor During Walking," Proceedings of the 16th
CISM-IFToMM Symposium on Robot Design, Dynamics
and Control, Springer Wien New York, pp.105-112,
(Warsaw, Poland, 2006-6).
Hideki Kondo, Yu Ogura, Hiroyuki Aikawa, Kazushi
Shimomura, Akitoshi Morishima, Hun-ok Lim and
Atsuo Takanishi, "Can a Humanoid Robot be Used as a
Guinea Pig of Human?," 2006 the International
Symposium on Experimental Robotics, CD-ROM Proc.,
(Rio de Janeiro, Brazil, 2006-7).
E. Urata, "Notes on Contamination Control," The Sixth
JFPS Intl. Symp. on Fluid Power, Proc. CD-ROM
(Tsukuba, 2005-11).
K. Suzuki and E. Urata, "Dynamic Characteristics of a
Direct-Pressure Sensing Water Hydraulic Relief Valve,"
The Sixth JFPS Intl. Symp. on Fluid Power, Proc. CDROM (Tsukuba, 2005-11).
E. Urata, K. Suzuki, Y. Kato, "A quasi-single-pass test
method for fluid power filters," Power Transmission
and Motion Control PTMC 2006, pp.95-106 (Bath, 20069).
S. Shishido, Y. Ishihara, J. Ye, S. Okada, K. Kudou et al.,
"Hardness and oxidation resistance of the perovskitetype RRh 3 B x C 1-x (R=Y, Sc)," Journal of Alloys and
Compounds, 408-412, p.375-378. (Nara, 2006-2).
S. Shishido, S. Okada, K. Kudou et al., "Synthesis, boronnonstoichiometry and hardness of perovskite-type rare
earth rhodium borides RRh 3 B x R=La, Ga, Lu and Sc,"
Journal of Alloys and Compounds, 408-412, p.379-383
(Nara, 2006-2).
S. Okada, T. Shishido, T. Mori,K. Kudou et al.,
"Properties of REAlB 4 and Lu 2 AlB 6 crystals Growth
3
from RE-Al-B(RE=Tm, Yb, Lu) Melts," Journal of
Alloys and Compounds,408-412, pp.547-550 (Nara, 20062).
Masahiro Shoji, Manabu Tange, Makoto Watanabe, Junji
Kamoshida and Kazuhiro Sasaki, "Attainable Maximum
Heat Flux of Pool Nucleate Boiling on a Heated Wire,
Invited keynote lecture," Proc. of the Second
International Symposium on Thermal Science and
Engineering, pp.30-34 (Beijing, 2005-10).
Masahiro Shoji, "Nucleation site interaction in pool boiling - Results of serial experiments using artificial boiling surfaces-," Invited keynote lecture of Eleventh
Conference
of
Chinese
Society
of
Engineering
Thermodynamics, Booklet of abstract: "Heat and Mass
transfer report", pp.4-5 (Beijing, 2005-11).
M. Shoji, M. Tange, M. Watanabe, J. Kamoshida and K.
Sasaki, "Pool subcooled boiling on a heated wire with
microbubble emission," Sixth International Conference
on Boiling Heat Transfer, CD-ROM (Spoleto, 2006-5).
T-H Yen, N. Ono, M. Shoji and F. Takemura, "Dryout
and evaporation heat transfer of forced convective flow
in a mini-tube for aqueous solutions with nonlinear surface energy," Thirteenth International Heat Transfer
Conference, CD-ROM (Sydney, 2006-8).
Mamoru Ozawa , T. Ami, H. Umekawa and Masahiro
Shoji, "Pattern dynamics simulation of void wave propagation," Fourth Japanese-European Two-phase Group
Meeting, CD-ROM(Kyoto, 2006-9).
Naoki Ono, Tzu-Hsiang Yen, Fumio Takemura and
Masahiro Shoji, "Evaporation near the dry-out point of
aqueous solution with nonlinear surface energy," Fourth
Japanese-European Two-phase Group Meeting, CD-ROM
(Kyoto, 2006-9).
K. Takemura, K. Zenihana and A. Saito, "Effect of Heat
Treatment to Tensile Properties For Jute Fiber
Reinforced Composite," Proc. of Fourth Int. Workshop
on Green Composites, pp.156-157 (Tokyo, 2006-9).
K. Takemura and Y. Minekage, "Effect of Molding
Condition to Tensile Properties for Hemp Fiber
Reinforced Composite," Proc. of Fourth Int. Workshop
on Green Composites, pp.153-155 (Tokyo, 2006-9).
Y. Mantani and M.Tajima, "Young's Modulus and
Internal Friction in Martensite Structure of Ti-Nb alloys," Proc. of 15th IFHTSE and SMT 20, CD-ROM
(Vienna, 2006-9).
Y. Nakao and Y. Sagesaka, "Water Drive Spindle for
Diamond Turning Machine," Proc. of the Third International Conference on Leading Edge Manufacturing in
21st Century, pp. 449-454 (Nagoya, 2005-10).
Y. Nakao and Y. Sagesaka, "Development of Water Drive
Spindle," Proc. of the 6th JFPS International
Symposium on Fluid Power CD ROM (Tsukuba, 2005-11).
Y. Nakao and Y. Sagesaka, "Diamond Turning using
Water Drive Spindle," Proc. of 11th International
Conference on Precision Engineering, pp. 157-161
(Tokyo, 2006-8).
M. Uno, Y. Nakanishi, R.Kawashima, "Effect of Surface
Treatment on the Oscillation Pattern and Vortex
Shedding of a Cantilever Circular Cylinder," Proc. 3rd
Int. Conf. on Vortex Flows and Vortex Models, pp.229232 (Yokohama, 2005-11).
J. J. Bayod, T. Yamazaki and M. Kamata, "Prediction of
energy levels of simple plate systems using WIA based
on experimental SEA parameters," Proc. of 13th Int.
Congress on Sound and Vibration, 281 (Vienna, 2006-7).
笹田昌弘, 鈴木健郎, 前西宏亮, 青木勇, 「せん断技術を利用
する金属・樹脂の接合技術に関する研究 (第2報) 逆パンチ
利用の提案」, 第 56 回塑性加工連合講演会講演論文集, pp
105-106 (那覇, 2005-11).
笹田昌弘, 矢野健, 青木勇, 「圧電素子を用いた鉗子の駆動機
構に関する基礎的研究」, 日本機械学会関東支部第 12 期総会
講演会講演論文集, pp.315-316 (川越, 2006-3).
笹田昌弘, 高良直希, 青木勇, 「せん断加工における偏心クリ
アランス是正作用に関する研究」, 平成 18 年度塑性加工春季
講演会講演論文集, pp.155-156 (東京, 2006-5).
伊藤勝悦, 「2個の長方形き裂を有す不均質層で接合される異
材半無限体の衝撃応答問題」, 日本機械学会 M&M2006 材料
力学カンファランス講演論文集 No.06-4, pp. 23-24 (浜松,
2006-8).
伊藤勝悦, 本間崇裕, 中島靖明, 「2個の平行き裂を有するアル
ミ・エポキシ複合材料の応力拡大係数について」, 日本機械
学会 2006 年度年次大会講演論文集 No. 06-1, pp. 813-814
(熊本, 2006-9).
橋本健二, 菅原雄介, 遠藤信綱, 沢戸瑛昌, 川瀬正幹, 太田章
博, 田中智明, 林昭宏, 林憲玉, 高西淳夫, 「脚部にパラレ
ルリンク機構を用いた2足ロコモータの開発 (第 11 報:高
可動範囲化を目的とした2段直動アクチュエータの開発)」
日本ロボット学会第 24 回学術講演会予稿集, 1F31 (岡山,
2006-9).
桃木新平, 下村嘉士, 大久保達, 小椋優, 近藤秀樹, 森島彰俊,
林憲玉, 高西淳夫, 「人間の歩行データを用いたロボットヒュー
マノイド用足部機構の開発」, 第 24 回日本ロボット学会学術
講演会 CD-ROM (岡山, 2006-9).
小椋優, 下村嘉士, 桃木新平, 大久保達, 林憲玉, 高西淳夫,
「爪先受動関節を持つヒューマノイドロボットによる踵接地・
爪先離地歩行」, 第 24 回日本ロボット学会学術講演会 CDROM (岡山, 2006-9).
橋本健二, 菅原雄介, 川瀬正幹, 太田章博, 田中智明, 沢戸瑛
昌, 林昭宏, 遠藤信綱, 林憲玉, 高西淳夫, 「脚部にパラレ
ルリンク機構を用いた2足ロコモータの開発 (第 12 報:搭
乗者の力学モデルを用いた歩行パターン生成)」, 日本ロボッ
ト学会第 24 回学術講演会予稿集, 1F32 (岡山, 2006-9).
橋本健二, 菅原雄介, 川瀬正幹, 田中智明, 太田章博, 林昭宏,
沢戸瑛昌, 遠藤信綱, 林憲玉, 高西淳夫, 「脚部にパラレル
リンク機構を用いた2足ロコモータの開発 (第 13 報:推定
姿勢補償制御と着地軌道修正制御による人間搭乗屋外歩行の
実現)」, 日本ロボット学会第 24 回学術講演会予稿集, 1F33
(岡山, 2006-9).
橋本健二, 菅原雄介, 林昭宏, 川瀬正幹, 太田章博, 田中智明,
遠藤信綱, 沢戸瑛昌, 林憲玉, 高西淳夫, 「2足歩行ロボッ
トの不整地適応能力向上を図った足部機構の開発 (第3報:
新保持機構開発による不整地歩行の実現)」, 日本ロボット学
会第 24 回学術講演会予稿集, 2F15 (岡山, 2006-9).
橋本健二, 菅原雄介, 田中智明, 川瀬正幹, 砂塚裕之, 太田章
博, 林憲玉, 高西淳夫, 「脚部にパラレルリンク機構を用い
た汎用2足ロコモータの開発 (第 10 報:支持多角形拡大に
よる足部転倒防止機構)」, 日本機械学会ロボティクス・メカ
トロニクス講演会 2005, 2P1-B12 (東京, 2006-5).
菅原雄介, Giuseppe Carbone, Marco Ceccarelli, 橋本健二,
林憲玉, 高西淳夫, 「人間搭乗型2足歩行ロボット WL-16RII
の歩行中の剛性測定実験」, 日本機械学会ロボティクス・メ
4
カトロニクス講演会 2005, 2P1-B11 (東京, 2006-5).
加藤裕哉, 鈴木健児, 浦田暎三, 「シングルパス法によるろ過
特性測定実験」, 日本機械学会九州支部第 59 期総会・講演会
講演論文集, pp.111-112 (福岡, 2006-3).
文蔵大輔, 鈴木健児, 浦田暎三, 「アンビル式によるキャビテー
ションエロージョン試験」 , 日本機械学会九州支部第 59 期総
会・講演会講演論文集, pp.45-46 (福岡, 2006-3).
東條達也, 金子岳人, 江上正, 「接線速度を考慮した NC フライ
ス盤の経路制御」, 第 38 回計測自動制御学会北海道支部学術
講演会論文集, B11, pp.101-102 (札幌, 2006-1).
六田直人, 西川昌宏, 江上正, 「電動車椅子の経路計画と走行
制御」, 第 38 回計測自動制御学会北海道支部学術講演会,
B15, pp.109-110 (札幌, 2006-1).
高谷明, 西川昌宏, 江上正, 「重力の影響を考慮した形態可変
型ロボットハンドの把持および操りの検討」, 第 38 回計測自
動制御学会北海道支部学術講演会, B18, pp.117-118 (札幌,
2006-1).
佐藤也寸志, 吉川智康, 江上正, 「形態可変型ロボットハンド
の自動着脱システムの構築」, 第 38 回計測自動制御学会北海
道支部学術講演会論文集, B19, pp.119-120 (札幌, 2006-1).
藤尾創, 西川昌宏, 江上正, 「ロボットハンドにおける指の接
触判定と回避動作」, 第 50 回システム制御情報学会研究発表
講演会, 6F4-3 (京都, 2006-5).
笹尾良太, 藤尾創, 佐藤也寸志, 江上正, 「形態可変型ロボッ
トハンドシステムの開発」, 日本機械学会ロボティクス・メ
カトロニクス講演会 2006, 1A1-B25 (東京, 2006-5).
西川昌宏, 高谷明, 大場英樹, 江上正, 「重力の影響を考慮し
た形態可変型ロボットハンドの把持および操り」, ロボティ
クス・メカトロニクス講演会 2006, 1A1-B26 (東京, 2006-5).
藤尾創, 西川昌宏, 江上正, 「形態可変型ロボットハンドにお
ける指の接触判定と回避動作」, 第 24 回日本ロボット学会学
術講演会, 3C24 (岡山, 2006-9).
熊倉 進, 正司康雅, 本間和弘, 細谷裕彦, 「ボルト締め管フ
ランジの締付け手順の検討」, 日本機械学会 M&M2005 材
料力学カンファレンス講演論文集 [№05-9], pp.397-398 (福
岡, 2005-11).
熊倉 進, 本間和弘, 細谷裕彦, 「ばね座金の軸方向荷重増減
によるゆるみ止め効果」, 日本機械学会関西支部第81期定時
総会講演論文集 [№064-1], pp.147-148 (京都, 2006-3).
熊倉 進, 榊原 怜, 山田章夫, 「ばね座金の軸方向荷重増減
によるゆるみ止め効果 (続報)」, 日本機械学会2006年度年次
大会講演論文集 [Vol.4, №06-1], pp.307-308 (熊本, 2006-9).
工藤邦男, 岡田繁, 宍戸統悦, 飯泉清賢, 「ボロン鋼の被削性に
ついて」, 神奈川県産学公交流研究発表会, p.294 (海老名,
2005-10).
岡田繁, 宍戸統悦, 田中高穂, 森孝雄, 飯泉清賢, 工藤邦男,
中嶋一雄, 「軽金属元素を含有したアルミニウム高ホウ化物単
結晶の育成と物理化学的な性質」, 第 50 回人工結晶討論会,
pp.114-115 (名古屋,2005-11).
宍戸統悦, 岡田繁, 石沢芳雄, 工藤邦男, 飯泉清賢他, 「ペロブ
スカイト型希土類ロジウムボライドの合成, 単結晶化および評
価」, 第 50 回人工結晶討論会, pp.120-121 (名古屋,2005-11).
野村明子,菅原孝昌,岡田繁,工藤邦男,飯泉清賢他, 「溶融金属フ
ラックス法によるハイヤ-ボ-ライドα-AlB 12 単結晶の育成お
よび評価」, 第2回東北大学総合技術発表会,pp.31-33 (仙台,
2005-12).
岡田繁, 宍戸統悦, 森孝雄, 工藤邦男, 飯泉清賢, 田中高穂,
中嶋一雄, 「希土類アルミニウムホウ化物 REAlB 4 (RE=Tm,
Yb,Lu)と Lu 2AlB 6 の合成および性質」, 第4回ホウ素・ホウ
化物研究会,pp.3-6 (東京,2006-3).
福田茂, 工藤邦男, 岡田繁, 宍戸統悦,飯泉清賢, 「ア-ク溶融法
による REB 48 Si2 (RE=Y,Tb,Dy,Ho,Er,Lu)化合物の合成と諸
性質」, 第4回ホウ素・ホウ化物研究会,pp.7-9 (東京,2006-3).
飯泉清賢, 関谷千春, 岡田繁, 工藤邦男, 宍戸統悦, 「Nb-B 混
合粉末のボ-ルミリングによる NbB 2 粉末の合成」, 第4回ホ
ウ素・ホウ化物研究会, pp.10-13 (東京,2006-3).
宍戸統悦, 葉金花, 奥正興, 岡田 繁, 工藤邦男, 飯泉清賢他,
「ペロブスカイト型希土類ロジウムボライドの合成,単結晶化,
緒性質」, 第4回ホウ素・ホウ化物研究会,pp.17-18 (東京,
2006-3).
佐原亮二,宍戸統悦,野村昭子,工藤邦男,岡田繁, 「ScRh 3B x (0≦x
≦1)の弾性的性質に対する空孔の効果」, 第4回ホウ素・ホウ
化物研究会,pp.29-30 (東京,2006-3).
小島秀伸, 佐原亮二, 宍戸統悦, 野村昭子, 工藤邦男, 岡田
繁他, 「第一原理計算による ScNi3B 0.5 の弾性特性評価」, 第4
回ホウ素・ホウ化物研究会,pp.50-51 (東京,2006-3).
宍戸統悦, 葉金花, 奥正興, 岡田繁, 工藤邦男, 飯泉清賢他,
「ペロブスカイト型希土類ロジウムボライドの磁性,硬度,耐酸
化性」, 第 23 回希土類討論会,pp.18-19 (東京,2006-5).
福田茂, 工藤邦男, 岡田繁, 森孝雄, 田中高穂, 宍戸統悦, 飯
泉清賢他, 「希土類高ホウ化物 REB 50-x Six (RE=Y,Tb,Dy,Er,
x=1-10)の合成と物理化学的性質」, 第 23 回希土類討論会,pp.
23-24 (東京, 2006-5).
T. Shishido, T.Mori, S. Okada, K. Kudou, K. Iizumi, A.
Nomura et al., "Magnetic Properties of RRh 3 B(R=Rare
Earth Element)," 15th International Coference on Solid
Compounds of Tansintion Elemens (SCTÈ06), p.120,
(Poland, 2006-7).
S. Okada, T. Mori, T. Shishido, K. Iiizumi, K. Kudou, k.
Nakajima and P. Rogl, "Symtheses and properties of
Higher borides from Melts in the Systems Al-M-B
(M=Be, Mg, Cu)," 15th International Coference on Solid
Compounds of Tansintion Elements (SCTÈ06),p.206,
(Poland, 2006-7).
K.Kudou, S. Fukuda, S. Okada, T. Mori, K. Iizumi, T.
Shishido, "Synthesis and properties of REB 48 Si2
(RE=Y,Tb,Dy,Ho,Er,Lu) compounds obtained arc melting," 15th International Coference on Solid Compounds
of Tansintion Elements (SCTÈ06), p.248, (Poland, 20067).
岡田繁, 森孝雄, 宍戸統悦, 飯泉清賢, 工藤邦男, 中島一
雄, 「Al 或いは Cu 融剤から得られた高ホう化物単結晶の育
成と性質」, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム,p.107
(甲府, 2006-9).
宍戸統悦,岡田繁,葉 金花,工藤邦男,飯泉清賢,手嶋勝弥他, 「金
属フラッックス法による R-Rh-B(R=希土類元素)系化合物単
結晶の育成」, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム,p.107
(甲府, 2006-9).
工藤邦男,岡田繁,飯泉清賢,宍戸統悦, 「ケイ素を添加した REB 50
-type 化合物の硬さと耐酸化性」,
日本セラミックス協会秋季シンポジウム,p.113 (甲府, 2006-9).
岡田 繁,工藤邦男,宍戸統悦,森 孝雄,飯泉清賢, 「高ホウ化物
MgAlB 14 タイプの合成および磁性, 硬度, 耐酸化性」, 化学
系学協会東北大会,p.168 (秋田,2006-9).
工藤邦男,岡田繁,宍戸統悦 飯泉清賢, 「REB 50-x Six (RE=Y,Tb,
Dy,Ho)化合物の Si の固溶限界とそれら化合物の硬さ,耐酸化
性」, 化学系学協会東北大会,p.168, (秋田,2006-9).
宍戸統悦,戸澤慎一郎,野村明子,田中雅彦,岡田 繁,工藤邦男,飯
泉清賢他, 「ペロブスカイト型 CeGaO 3 の価数制御合成,
CeAlO 3 との諸性質の比較」, 化学系学協会東北大会, p.209,
(秋田,2006-9)
宍戸統悦,湯葢邦夫,佐藤友章,佐々木正明,野村明子,小原和夫,岡
田 繁,工藤邦男他, 「有機―無機転換工程の導入による酸化
亜鉛ファイバーの創製およびその性質」, 化学系学協会東北大
5
会, p.209 (秋田,2006-9).
立原憲一, 飯泉清賢, 岡田繁, 工藤邦男, 宍戸統悦, 「メカノ
ケミカルプロセスを経由した NbB 2 粉末の無加圧焼結の試み」,
化学系学協会東北大会, p.210 (秋田,2006-9).
小嶋勝教,宮本卓郎, 岡田 繁,鎌本喜代美,工藤邦男,宍戸統悦,
「加熱処理して得た廃菌床灰の NO x 吸着効果」, 化学系学協会
東北大会,p.216 (秋田,2006-9).
中納暁洋, 白石正夫, 宗像鉄雄, 庄司正弘 「2成分系超臨界中
での熱輸送現象に関する研究」, 第 43 回日本伝熱シンポジウ
ム講演論文集, pp.109-110 (名古屋, 2006-5).
小野直樹, 吉田貴洋, 庄司正弘, 竹村文男, 厳子翔, 「非線形
サーモキャピラリ溶液のミニチャネル蒸発管における伝熱特
性と流れの挙動」, 第 43 回日本伝熱シンポジウム講演論文集,
pp.337-338(名古屋, 2006-6).
丹下学, 庄司正弘, 「加熱細線上の気泡微細化サブクールプー
ル沸騰」, 第 43 回日本伝熱シンポジウム講演論文集, pp.787788, (名古屋, 2006-6).
佐々木一裕, 丹下学, 渡辺誠, 鴨志田隼司, 庄司正弘, 「加熱
細線のサブクールプール沸騰における限界熱流束−細線材質
の 影 響 − 」 , 第 43 回 日 本 伝 熱 シ ン ポ ジ ウ ム 講 演 論 文 集
pp.567-568, (名古屋, 2006-6).
小野直樹, 吉田貴洋, 庄司正弘, 竹村文男, 厳子翔, 「非線形
サーモキャピラリ溶液の表面張力測定と流動沸騰への適用」,
第 27 回日本熱物性シンポジウム講演論文集, CD-ROM(京都,
2006-10).
椎橋洋友, 竹村兼一, 「表面処理を施した CFRP の層間破壊及
びクリープ特性に関する研究」, 日本機械学会 M&M2005 材料
力学カンファレンス講演論文集, pp.663-664(福岡, 2005-11).
竹村兼一, 銭花圭, 「ジュート繊維強化複合材料の引張りクリー
プ特性に及ぼす表面処理の影響」, 日本材料学会第 35 回 FRP
シンポジウム講演論文集, pp.295-296(京都, 2006-3).
竹村兼一, 安田佳史, 「炭素繊維強化複合材料のクリープ特性
に関する研究」, 日本機械学会 M&M2006 材料力学カンファ
レンス講演論文集, pp.149-150(浜松, 2006-8).
竹村兼一, 斎藤淳仁, 「加熱処理を施したジュート繊維を用い
た複合材料の引張強度特性」, 日本機械学会 2006 年度年次大
会講演論文集 Vol.1, pp.389-390(熊本, 2006-9).
万谷義和, 田島守, 「Ti-Nb 合金の内部摩擦および弾性率に影
響を及ぼす組織の特徴」, 日本金属学会 2006 年秋期 (第 139
回) 大会講演概要, p.505 (新潟, 2006-9).
中尾陽一, 溝井智大, 「エアドライブスピンドルの設計」, 日本
機械学会 2006 年度年次大会講演論文集, Vol.4, pp.49-50
(熊本, 2006-9).
中尾陽一, 提坂裕至, 近藤謙次, 「ウォータドライブスピンドル
によるダイヤモンド切削」, 日本機械学会 2006 年度年次大会
講演論文集, Vol.4, pp.51-52 (熊本, 2006-9).
Y. Nakanishi, "Numerical Simulation of Flow on Rotating
Flat Plates by a Particle Method'', Proc. 8th Int. Asian
International Fluid Machinery
Conf., pp.384-393
(Yichang, 2005-10).
和智恒機, 藤井恒彰, 中西裕二, 「粒子法によるペルトン水車
バケット内流れの数値解析(静止バケット内の流れ)」, 日本機
械学会 2006 年度年次大会講演論文集[No.06-1], pp.169-170
(熊本,2006-9).
久保田和博, 原村嘉彦, 「極小ストローク・ボア比のスターリ
ングエンジンの設計」, 第 9 回スターリングサイクルシンポ
ジウム講演論文集, pp.11-14 (三鷹, 2005.10).
太田益隆, 原村嘉彦, 「気体の膨張・圧縮時の伝熱 (固体壁近
傍の温度分布)」, 第9回スターリングサイクルシンポジウム
講演論文集, pp. 87-88 (三鷹, 2005.10).
原村嘉彦, 「サブクール液中における気泡の凝縮による熱輸送」,
第 43 回日本伝熱シンポジウム講演論文集, F334 (名古屋,
2006.6).
細川修二 「ねじ締結体におけるボルト頭部座面摩擦トルクにつ
いて」 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集Vol.4, pp.
309-310 (熊本, 2006.9).
森田洋介, 松原一敬, 谷川直樹, 前森健一, 「バイパスオリフィ
ス式セミアクティブ油圧緩衝器の抵抗力特性」, 日本機械学
会 2006 年度年次大会講演論文集[No.06-1],Vo.4,pp.345-346
(熊本, 2006-9).
松原一敬, 森田洋介, 谷川直樹, 前森健一, 「バイパスオリフィ
ス式セミアクティブ油圧緩衝器のモデリング」, 日本機械学
会 2006 年度年次大会講演論文集[No. 06-1],Vo.4,pp.347-348
(熊本, 2006-9).
小林雅治, 史鳳輝, 前森健一, 「MR 緩衝器のモデリング」, 日
本機械学会 2006 年度年次大会講演論文集[No. 06-1],Vo.4,pp.
353-354(熊本, 2006-9).
山崎徹, 羽二生大樹, 伊東圭昌, 振り子型吸振器に関する基礎
研究, 平成 17 年度神奈川県産学公交流研究発表会資料(厚木,
2005-10).
坂本一朗, 田中丈晴, 村上孝行, 金子成彦, 山崎徹, 新たな近
接排気騒音測定法に関する実験的検討, 平成 17 年度独立行
政法人交通安全環境研究所研究発表会
上野正貴, 高尾昌明, 山崎徹, 振動インテンシティのモード分
離, 日本機械学会関東支部第 45 回学生員卒業研究発表講演
会前刷集, pp.177-178(東京, 2006-3).
石川慧介, 山崎徹, 過渡的 SEA による集中定数系の衝撃応答
解析, 日本機械学会関東支部第 45 回学生員卒業研究発表講
演会前刷集, pp.205-206(東京, 2006-3).
金澤俊, 原祐介, 布施大志, 重藤真, 山崎徹, 自動車フロアカー
ペットの振動音響モデルの基礎的検討, 日本機械学会関東支
部第 45 回学生員卒業研究発表講演会前刷集, pp.149-150(東
京, 2006-3).
山崎徹, 金澤俊, 見坐地一人, 井出史彦, 多田寛子, 自動車フ
ロアカーペットの振動音響モデルの検証, 日本機械学会
Dynamics and Design Conference 2006 CD-ROM 論文集,
729 (名古屋, 2006-8).
黒田勝彦, 山崎徹, SEA モデル構築における面内振動の影響,
日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2006 CDROM 論文集, 727 (名古屋, 2006-8).
山崎徹, 長井孝資, 黒田勝彦, ロータを有する機械への SEA
の 適 用 検 討 , 日 本 機 械 学 会 Dynamics and Design
Conference 2006 CD-ROM 論文集, 726 (名古屋, 2006-8).
山崎徹, 石川慧介, 黒田勝彦, 過渡 SEA による衝撃応答解析
の 基 礎 的 検 討 , 日 本 機 械 学 会 Dynamics and Design
Conference 2006 CD-ROM 論文集, 247 (名古屋, 2006-8).
山崎徹, 上野正貴, 塩幡宏規, 振動インテンシティの振動モー
ド に よ る 記 述 , 日 本 機 械 学 会 Dynamics and Design
Conference 2006 CD-ROM 論文集, 244 (名古屋, 2006-8).
木村達人, 「コンタクトラインの分子動力学計算」, 第 18 回計
算力学講演会講演論文集 (筑波, 2005-11).
木村達人, 「分子動力学法による白金表面上の水液滴核生成」,
第 43 回伝熱シンポジウム講演論文集 (名古屋, 2006-5).
青木勇, 笹田昌弘, 小松 誠, 三池神也, 「超微細医用鉗子の
金型成形」, 精密工学会誌, Vol.71, No.12, pp.1618-1621
(2005-12).
江上正, 「任意曲線経路に対する移動車両の経路制御」, 計測と
制御, Vol.45, No.7, pp.595-601(2006-7).
熊倉 進, 「ねじ文献紹介」, 日本ねじ研究協会誌, Vol.37, №
5, pp.141-142 (2006-5).
熊倉 進, 「会誌の CD-ROM 版の発行に当たって」, 日本ねじ研
6
究協会誌, Vol.37, № 6, pp.153-154 (2006-6).
庄司正弘, 中国の熱関連学会活動−第 11 回中国工程熱物理学会
に出席して−, 日本伝熱学会誌 「伝熱」, Vol.44, No.189, p.
31(2005-11).
庄司正弘, 会長退任にあたって, 日本伝熱学会誌 「伝熱」, Vol.
45, No.192, p.2, (2006-7).
竹村兼一, 天然繊維を用いた環境に優しい FRP, 4. 天然繊
維を用いた FRP (成形・問題), 強化プラスチックス, Vol.
52, No.4,pp.175-178(2006-4).
中尾陽一, 「超精密工作機械用ウォータドライブスピンドル」,
ツールエンジニア, 47, 2, pp. 80-85(2006-2).
笹田昌弘, 「年間展望・せん断加工」, 塑性と加工 (日本塑性加
工学会誌), Vol.47, No.547, pp.724-726(2006-8).
ブリュエル・ケアー・ジャパン騒音・振動技術講習会 (名古
屋, 2006-2).
山崎徹, 「機械製品の低振動低騒音化プロセス」, 第 2 回産学公
技術連携推進フォーラム 「音と振動」 (横浜, 2006-3).
山崎徹, 「固有値解析, 周波数応答解析の基礎」, 日本モーダル
解析協議会 (JMAC), 数値解析技術基礎セミナー (東京,
2006-7).
山崎徹, 「NVH 技術者のための統計的エネルギー解析の基礎」,
ブリュエル・ケアー・ジャパン騒音・振動技術講習会 (大阪,
2006-8).
笹田昌弘, 「高精度精密打抜き加工技術」, 独立行政法人雇用・
能力開発機構高度ポリテクセンター主催平成 18 年度セミナー
(2006-8).
青木勇, (分担執筆), 「塑性加工便覧」, 塑性加工学会編, コロ
ナ社, pp.374-378,391-392,416-418 (2006-5).
笹田昌弘, (分担執筆), 「塑性加工便覧」, 塑性加工学会編, コ
ロナ社, pp.382-386 (2006-5).
工藤邦男, 宍戸統悦, 「立方晶系ペロブスカイト型 REPd3B 化合
物(RE=rare earth)の加工硬化度に及ぼす RE の影響」, 東北大
学新素材設計開発施設共同利用研究報告書,p139-141 (2006-6).
熊倉 進, 根本俊雄, 大橋宣俊, 細川修二, 「日本ねじ研究協
会の CD-ROM 版発行」, 日本ねじ研究協会出版委員会会誌
電子化小委員会 (委員長:熊倉 進), (2006-6).
中尾陽一, 「超精密 Meso スケール部品創成用マイクロファク
トリのための高性能スピンドルの開発」, 平成15〜平成 17 年
度科学研究費補助金 (基盤研究(C)) 研究成果報告書(2006-3).
山崎徹, ほか, 「平成 17 年度自動車単体騒音対策検討・調査
環境省請負業務成果報告書 (3章4節を執筆)」, 独立行政法
人 交通安全環境研究所 (委員) (2006-3).
熊倉 進, 「会誌の CD-ROM 版発行に当たって」, 日本ねじ研
究協会第37回定時総会技術講演会 (東京, 2006-6).
熊倉 進, 「ねじ締結体の設計基礎」, 日本高圧力技術協会第5
回圧力機器および配管におけるガスケットフランジ締結体の
シーリングテクノロジー, 技術セミナーテキスト, pp.25-42
(東京, 2006-8).
庄司正弘,"Boiling Heat TransferandRecent Research Topics",
西安交通大学 (西安,2006-11).
竹村兼一, 「グリーンコンポジットのクリープ特性」, 日本材料
学会複合材料部門委員会第9回グリーンコンポワーキンググ
ループ会合, 神奈川大学 (2006-7).
田島守, 「 JIS および New 試験片による PAG 濃度と流速を変
化させた場合の冷却特性」, 日本熱処理技術協会・焼入冷却
剤の冷却能データベース研究部会(大阪, 2006-4).
細川修二, 大橋宣俊, 「ねじ締結体の設計・締付け管理とゆる
み防止対策」 ISS 産業科学システムズ主催, (東京, 2006-8).
森厚夫, 山崎徹, 「SEA によるレーザプリンタの固体伝播音低
減」, PUCA'05 (東京, 2005-11).
山崎徹, 「欠かせない製品価値としての低振動, 低騒音化」, 財
団法人横浜産業振興公社 産学交流サロン (横浜, 2005-11).
山崎徹, 「固有値解析, 周波数応答解析の基礎」, 日本モーダル
解析協議会 (JMAC), 数値解析技術基礎セミナー (東京,
2005-11).
山崎徹, 「NVH 技術者のための統計的エネルギー解析の基礎」,
青木 勇, 「低侵襲医療を目的とする 0.3mm 級超微細医用鉗子
の高度生産システムの開発」, 平成 18 年度文部科学省科学研
究費補助金 基盤研究(C).
江上 正, 「多軸経路制御システムとその応用に関する研究」,
平成 18 年度文部科学省科学研究費補助金, 基盤研究(C).
庄司正弘, 「インクジェット方式液体供給制御を用いた高効率
沸騰蒸発の基礎とその応用に関する研究」, 平成18年度文部
科学省科学研究費補助金, 基盤研究(B).
中尾陽一, 「超精密メゾスケール部品創成用ウォータドライブ
小型加工システムの開発」, 平成 18 年度文部科学省科学研究
費補助金, 基盤研究(C).
中尾陽一, 「回転角制御機能を備えたウォータドライブスピン
ドルの試作」, 平成 18 年度 財団法人マザック財団 研究開
発援助・助成.
山崎徹, 「過渡 SEA による実船の衝撃応答予測に関する研究」,
ユニバーサル造船.
山崎徹, 「SEA に関する研究」, 富士写真フイルム株式会社.
山崎徹, 「静音化を目的とした, 統計的エネルギー解析法を用
いた構造最適化手法の確立」, キャノン株式会社.
山崎徹, 「プリンタの低騒音化」, キャノン株式会社.
笹田昌弘, 「外科手術及び細胞診に用いるマイクロ医療用工具
の実用化に伴う強度問題に関する研究」, 平成 18 年度文部科
学省科学研究費補助金, 若手研究 B.
笹田昌弘, 「微細精密せん断における偏心クリアランス是正作
用」, 平成 18 年度天田金属加工機械技術振興財団研究助成,
奨励研究助成.
鈴木健児, 「圧力直接検知式水圧用減圧弁の開発」, 平成18年度
財団法人油空圧機器技術振興財団研究助成金
山崎徹, 「ロードノイズ中周波領域解析を可能にする SEA/FEM
モデル化技術の構築」, 本田技術研究所栃木研究所.
山崎徹, 「レール振動に関する基礎的な研究」, 財団法人鉄道総
合技術研究所.
浦田暎三, ほか 「アキシャルピストンポンプ」, 特許第 3849825
(2006.9.8).
青木勇, ほか 「立体型歪みセンサー」, 特許第3830783号, (2006.
7.21).
庄 司 正 弘 , 第 2 回 国 際 熱 工 学 シ ン ポ ジ ウ ム (TSE2005:2nd
7
International Symposium on Thermal Science and
Engineering) にて招待基調講演, (Beijing, 2005-10).
庄 司 正 弘 , 第 11 回 中 国 熱 工 程 会 議 (11th Conference of
Chinese Society of Engineering Thermodynamics) にて
基調講演 (Beijing, 2005-11).
庄 司 正 弘 , 第 13 回 国 際 伝 熱 会 議 (IHTC-13: Thirteenth
International Heat Transfer Conference) にて基調講演座
長 及 び ア セ ン ブ リ 日 本 代 表 委 員 と し て 会 議 運 営 (Sydney,
2006-8).
庄司正弘, 日本学術振興会日中二国間共同研究 「東アジア巨大
都市における新エネ・省エネ技術導入の実現可能性に関する
調査研究」 会議に出席し調査研究と討議 (Shanghai, 200610).
Hun-ok Lim , 2006 IEEE International Conference on
Robotics and Automation Best Paper Award Finalist 賞
(2006-5).
林憲玉, 日本機械学会論文賞, 「2足ヒューマノイドロボット
の膝関節伸展型歩行パターン生成アルゴリズム」 (2006-4).
中尾陽一, 「工作機械システムの高速高精度化に関する研究」,
平成 17 年度神奈川大学学術褒賞.
I
Xuehui GUAN, Zhewang MA, Peng CAI, Yoshio
KOBAYASHI, Tetsuo ANADA, Gen HAGIWARA,
Synthesizing Microstrip Dual-Band Bandpass Filters
Using
Frequency
Transformation
and
Circuit
Conversion Technique, IEICE, Vol.E89-C No.4, pp.495502, April, 2006.
Weiliang HU, Zhewang MA, Yoshio KOBAYASHI, Tetsuo
ANADA, Gen HAGIWARA, Dual-Mode Bandpass
Filters Using Microstrip Slotted Equilateral Triangular
Patch Resonators, IEICE, Vol.E89-C No.4, pp.503-508,
April, 2006.
Peng Cai, Zhewang Ma, Xuehui Guan, Tetsuo Anada And
Gen Hagiwara, Synthesis and Realization of UltraWideband Bandpass Filters Using the Z-Transform
Technique, Microwave and optical Technology Letters,
Vol.48, No.7, pp. 1398-1400, July 2006.
Xuehui Guan; Zhewang Ma; Peng Cai; Kobayashi, Y.;
Anada, T.; Hagiwara, G., Synthesis of dual-band
bandpass filters using successive frequency transformations and circuit conversions, IEEE Microwave and
Wireless Components Letters, Vol. 16, Issue 3, pp. 110112, March 2006.
遠藤信行, 土屋健伸, "海洋中の音波伝搬", 日本音響学会誌
Vol. 62 No.1, pp.71-78, (2006-1)
Yasukazu. Saito, Takenobu. Tsuchiya and Nobuyuki.
Endoh, "Numerical Analysis of Temperature Rise in
Tissue Using Ultrasound", Jpn. J. Apl. Phys. Vol. 45
No.5B, pp.4693-4696 (2006-5)
米田征司, 大野吉弘, "固体酸化物形燃料電池構成材料の熱膨
張 特 性 " , 材 料 の 科 学 と 工 学 , Vol.43, No.4 , pp.187-193
(2006).
沖原健一, 稲積泰宏, 木下宏揚:"有料放送のための画像特徴を考
慮した可視型電子透かし," 映像情報メディア学会誌, vol.60,
no.2, pp.192-199(2006-2).
齊藤隆弘, 原田寛之, 佐野大志, 小松隆 「ぼけモデルを用いた
動きぼけ補正」 映像情報メディア学会誌, Vol.59,Vo.11,pp
1714-1721,2005 年 11 月.
椿 郁子, 森田 寿哉, 相澤 清晴, 齊藤 隆弘, "手ぶれ映像に含
まれる映像酔いを引き起こしやすい振動成分の解析", 電子情
報通信学会論文誌, vol.J89-A, no.3, Mar. 2006.
新中新二, 高塚康平, 「外乱オブザーバを利用した SynRM セ
ンサレスベクトル制御への積分フィードバック形速度推定法
の適用可能性」, 計測自動制御学会論文集, Vol. 41, No. 11,
pp.934-936 (2005-11)
新中新二, 竹内茂, 「永久磁石同期モータを利用したセンサレ
スベクトル制御駆動, トランスミッションレス電気自動車の
開発」, 電気学会論文誌, Vol. 125-D, No. 12, pp.1129-1139
(2005-12)
新中新二, 「永久磁石同期モータ用センサレス起動, 駆動のた
めの電流比形ベクトル制御法, ― ミール法に立脚した有効
無効電流のフィードバック制御 ―」, 電気学会論文誌, Vol.
126-D, No. 3, pp.225-236 (2006-3)
S. Shinnaka , "New Sensorless Vector Control Using
Minimum-Order State-Observer in Stationary Reference
Frame for Permanent-Magnet Synchronous Motors",
IEEE Trans. Industrial Electronics, Vol. 53, No. 2, pp.
388-898 (2006-4)
新中新二, 「自励式ハイブリッド界磁同期モータ, ― 動的モ
デリング, ベクトルブロック線図, 及び動的ベクトルシミュ
レータ ―」, 電気学会論文誌, Vol. 126-D, No. 7, pp. 971982 (2006-7)
新中新二, 「同期モータセンサレス駆動のためのD因子外乱オ
ブザーバの存在, ― ゼロ位相遅れの新位相推定法 ―」,
電気学会論文誌, Vol. 126-D, No. 9, pp. 1220-1226 (2006-9)
Tetsugi UEOKA, Tohru AOYAMA, Ryohei KARATSU
and Jiromaru TSUJINO, "Configurations of Large
Capacity Ultrasonic Complex Vibration Sources Using
Multiple Longitudinal Transducers Installed in Both
Sides of a Transverse Vibration Disk", Jpn. J. Applied
Physics, vol. 45 No.5B, pp.4800-4805 (2006-05)
Misugi HONGOH, Hiroyuki MIURA, Tetsugi UEOKA
and Jiromaru TSUJINO, "Temperature Rise and Welding
Characteristics of Various-Frequency Ultrasonic Plastic
Welding Systems", Jpn. J. Applied Physics, vol. 45
No5B, pp.4806-4811 (2006-05)
Jiromaru TSUJINO, Misugi HONGOH, Masafumi
YOSHIKUNI, Hiroyuki MIURA and Tetsugi UEOKA,
"Frequency Characteristics of Ultrasonic Plastic Welding 27 kHz to 180 kHz Ultrasonic Plastic Welding Systems -",
JSME International Journal, Series C, vol. 49 No.3,
pp.634-641 (2006-09)
Jiromaru TSUJINO, Tetsugi UEOKA and Yuya
KIKUCHI, "Configurations of Large Capacity Ultrasonic
Complex Vibration Sources with Complex Transverse
Vibration Rods and a Disk with Multiple Transducers",
JSME International Journal, Series C, vol. 49 No.3,
pp.695-702 (2006-09)
佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「遺伝的アルゴリズムを用いた係数の合
成順序最適化による複数の定数乗算回路の合成手法」, システ
ム制御情報学会論文誌, 19, 3, pp. 96-101, (2006-3)
Kunimori Aizawa, Akiyoshi Nakayama, Susumu Abe,
Norimichi Watanabe "Influence of the Nb middle layer
onthecurrentofadoubleJosephsonjunction"Superconductor
Science and Technology Vol.19, No.5, pp,s217-s220, May
8
2006
Hiroshi Miyashita, Tomomasa Satoh and Takashi Hirate,
"Effects of Laser Ablation in Fabrication of ZnO
Nanorods by Chemical Vapor Deposition", Superlattices
and Microstructures, Vol.39, pp.67-74, 2006.
S. Yamaguchi, T. Matsumoto, J. Yamazaki, N. Kaiwa,
and A. Yamamoto, Thermoelectric properties and figure
of merit of a Te-doped InSb bulk single crystal, Appl.
Phys. Lett., 87, 201902-201904 (2005).
R. Izaki, N. Kaiwa, M. Hoshino, and T. Yaginuma, S.
Yamaguchi, and A. Yamamoto, Roll-type thermoelectric
devices with InN thin films, Appl. Phys. Lett., 87,
243508-243510 (2005).
渡辺良男, 大石陽, 黒川良樹, 榎亮次, 「蛍光ランプ用共振型イ
ンバータ点灯での電極断線機構―蛍光ランプ電極の寿命時現
象―」, 照明学会誌, Vol.89, No.11, pp.782 -787 (2005-11)
T. Yamaguchi, K. Watanabe and K. Izumi, "Neural network approach to acquiring free-gait motion of quadruped robot in obstacle avoidance", Artificial Life an
Robotics, Vol. 9, No. 4, pp188-193 ( 2005-12).
Ⅱ
Keren Li, Chun-Ping Chen, Tetsuo Anada, and Toshiaki
Matsui, 「 Electric Field in Coplanar Patch Antenna
(CPA) - Simulation and Measurement - 」 Vol.1, M1.6,
pp.19-22, 2005-12-5 PM, 2005 Asia-Pacific Microwave
Conference December 4-7, 2005.
Weiliang Hu, Zhewang Ma, Deming Xu, Yoshio
Kobayashi, Tetsuo Anada, and Gen Hagiwara, 「Micros
trip Bandpass Filters Using Degenerate Dual-Modes of
Slotted Equilateral Triangular Patch Resonators」, Vol.1,
P.1.37, pp.454-457,2005-12.4, 2005 Asia-Pacific Microwave
Conference December 4-7, 2005.
Peng Cai, Zhewang Ma, Xuehui Guan, Xuexia Yang,
Yoshio Kobayashi, Tetsuo Anada, and Gen Hagiwara,
「A Compact UWB Bandpass Filter Using Two-Section
Open-Circuited Stubs to Realize Transmission Zeros 」,
Vol.5, P.5.60, pp.3356-3359., 2005 Asia-Pacific Microwave
Conference December 4-7, 2005.
Chun-Ping Chen, Zhewang Ma, Tetsuo Anada, Jui-Pang
Hsu, and Deming Xu, "Nondestructive and Simultaneous
Measurement of Complex EM Parameters with Scalar
Reflectometer", Vol.4 W6.8 pp.2382-2385,2005-12.7 AM,
2005 Asia-Pacific Microwave Conference December 4-7,
2005.
Xuehui Guan, Zhewang Ma, Peng Cai1, Guohui Li, Yoshio
Kobayashi, Tetsuo Anada, and Gen Hagiwara, 「A DualBand Bandpass Filter Synthesized by Using Frequency
Transformation and Circuit Conversion Techniq」, Vol.5,
W4.10, pp.2302-2305,2005.12.7, 2005 Asia-Pacific Microwave
Conference December 4-7, 2005.
Chun-Ping Chen, Zhewang Ma, Tetsuo Anada, Jui-Pang
Hsu, Determination of Absorbing Materials' Complex
EM-parameters via Scalar Reflectometer, Progress in
Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2006),
August 2-5, 2006. (Tokyo, Japan).
Ryosuke Tatsumi, Chun-Ping Chen, Tetsuo Anada,
Zhewang Ma, Semi-Vectorial Beam Propagation Method
for Calculating Wave Propagation Properties of
Multilayer 3D Dielectric Waveguide, ISBN:7-900668-43-8/
TP ・ 37, T4-1, 2006 Japan-China Joint Microwave
Conference, Microwave Theory and Techniques II, Aug.
24. 2006, China, Aug., 2006 (Presentation).
Ryosuke Tatsumi, Takenobu Tsuchiya, Nobuyuki Endoh,
et al, 'INFLUENCE OF REFERENCE WAVENUMBER
FOR PARABOLIC EQUATION IN ULTRA-LONG
RANGE
OCEAN
ACOUSTIC
PROPAGATION',
Proceedings of the Eighth European Conference on
Underwater Acoustics, 8th ECUA, Portugal, 12-15 June,
2006 [CD version].
C.P. Chen, N. Nagaoka, T. Anada, Keren Li, Z.W Ma, C.
Christopoulos, 'Near Electric Field in Microstrip/
Coplanar Circuits and Antennas - Simulation and
Measurement -', No. TU-PM-2-2 August 15, ISBN:14244-0294-8, IEEE EMC 2006.
C.P Chen, Z. Ma, T. Anada, et al, IN-SITU BROADBAND
CHARACTERIZATION OF COMPLEX PERMITTIVITY
AND PERMEABILITY OF MAGNETIC DISPERSIVE
MATERIALS, pp.341-346, OWeA2-5, ISBN:84-889-94383,EMC-EUROPE2006. September 4 - 8, 2006 Barcelona,
Spain.
Chun-Ping Chen, Zhewang Ma, Tetsuo Anada,et al, Scalar
Reflectometer Based Nondestructive Technique for
Measuring
Complex
Permittivity
and
Permeability,pp.913-916, 2-9600551-6-0 ?2006 EuMA, 36th
European Microwave Conference, 10-15 September, UK.
N. Endoh, E. Takada, N. Kudo and M. Natori, "Influence
of Contrast Agent on Liver cell," Proc. of 7th
International conference of Ultrasonic Contrast, pp.80-81
(2005-10)
S. Matsumoto, T. Tsuchiya, T. Anada, N. Endoh,
"Characteristics of Underwater Acoustic Lens Calculated
by Parabolic Equation Method," Proc. of 8th European
Conference on UNDERWATER ACOUSTICS
Vol.1,
pp.57-62 (2006-6)
T. Tsuchiya, S. Matsumoto, T. Anada, N. Endoh,
"Numerical Anarysis of Underwater Sound Propagation
in Shallow Water Calculated by Elastic Finite Difference
Time Domain Method With Parallel Processing," Proc.
of 8th European Conference on UNDERWATER
ACOUSTICS Vol.1 pp.101-106 (2006-6)
S. Yoneda, Y. Ohno, Y. Isoda, Y. Imai and Y. Shinohara,
"Thermoelectric Properties of Solidified PbTe Doped
with AgSbTe 2 ", 16th Symposium of MRS-J., Tokyo,
Japan, December 2005.
R. Kumar, A. Cornelius, M. Jacobsen, M. Nicol, and S.
Yoneda, "Pressure induced structural changes in
AgPb18 SbTe 20 ", APS March Meeting 2006, March 13 - 17,
Baltimore, MD, U.S.A., 2006.
Takaharu Hiraoka, Kazuhiro Hamatani, Jui-Pang Hsu
"Calculation of Foster-type equivalent network for
stripline 45 degrees bend based on novel calculation
method of the eigenmode" European Microwave
Conference(EuMC2005), EuMC18-1, (Paris, 2005.10)
Kenichi Matsumoto, Takaharu Hiraoka, and Hsu, JuiPang "Analysis of Offset-Connected Rectangular
Waveguide Discontinuity Based on Equivalent Network
and Point Matching Method" 2005 Korea-Japan
Microwave Workshop(KJMW2005), Sesson III-4 (Busan,
2005.10)
Takaharu Hiraoka, Kenichi Matsumoto, Jui-Pang Hsu
"Equivalent network for H-plane rectangular waveguide
circuit based on mode theory and its application for
9
analysis of circuit performance with network theory"
2005 Asia-Pacific Microwave Conference (APMC2005),
T1.10, pp.736-739, (Suzhou, 2005.12)
Manabu Inoue, Takaharu Hiraoka, Jui-Pang Hsu
"Analysis of eigenmode for 3-D optical waveguide based
on planar circuit equations and lateral equivalent network"
2005
Asia-Pacific
Microwave
Conference
(APMC2005), P1.6, pp.338-341, (Suzhou, 2005.12)
Akira Hirota, Takaharu Hiraoka, Jui-Pang Hsu "Analysis
of Propagation Eigenmode for Stripline based on Planar
Circuit Equations and Lateral Equivalent Network" 2006
IEEE MTT-S International Microwave Symposium
(IMS2006) WEPA3, pp.1017-1020, (San Francisco, 2006.6)
Ding Kai, Akira Hirota, Takaharu Hiraoka, Jui-Pang Hsu
"Calculation of Propagation Eigenmode for Stripline
based on Lateral Equivalent Network" 2006 China-Japan
Joint Microwave Conference (CJMW2006) T3-5, pp.51-54,
(Chengdu, 2006.8)
Takaharu Hiraoka, Takahiro Ogawa, Jui-Pang Hsu
"Circuit analysis of four coupled rectangular-waveguide
resonators based on mode corresponding equivalent network" 2006 China-Japan Joint Microwave Conference
(CJMW2006) F9-1, pp.610-613, (Chengdu, 2006.8)
S.Takahiro,T.Komatsu,"Super-resolution
SharpeningDemosaicking with Spatially Adaptive Total-Variation
Image
Regularization", Advances
in
Multimedia
Information Processing (PCM2005), Part I, LNCS 3767,
Springer Verlag., pp.246-236,November 2005
H.Takahashi,T.Komatsu,T.Saito,"Separation of irradiance
and reflectance from observed color images by
logarithmical nonlinear diffusion process", Proc. SPIEIS&T Electirical Imaging, Vol. 6065,pp.11-1〜11-12,Jan.
2006.
R.Nosaka,T.Komatsu,.Saito,"Coupled
nonlinear-diffusion
color image sharpening basd on the chromaticitybrightness model", Proc. SPIE-IS&T Electirical Imaging,
Vol. 6077, pp.1H-1〜1H-12,Jan. 2006.
T. Saito, T. Komatsu,"Image recovery for a direct color
imaging approach using a color filter array", Proc.
SPIE-IS&T Electirical Imaging, Vol. 6069 pp.05-1〜0512,Jan. 2006.
T. Saito, T.Komatsu,"Spatially adaptive superresolution
sharpeningdemosaicking for a single solid state color
image sensor", Proc. SPIE-IS&T Electirical Imaging,
Vol. 6069 pp.08-1〜08-12, Jan. 2006.
I. Tsubaki, T. Morita,K. Aizawa,T. Saito,"Robust global
motion estimation in video stabilization for reducing
visually induced motion sickness", Proc. SPIE-IS&T
Electirical Imaging, Vol. 6077, pp.1X-1〜1X12, Jan. 2006.
Takahiro Saito, Reina Nosaka, Takashi Komatsu,"Image
Sharpening by Coupled Nonlinear-Diffusion on the
Chromaticity-Brightness color Representation", Proc.
EUSIPCO2006, Sept., 2006.
Takahiro Saito; Taishi Sano; Takashi Komatsu ,"ModelBased Robust Variatinal Method for Motion Deblurring", EUSIPCO2006,september,2006.
Takahiro Saito; Yuki Ishii; Yousuke Nakagawa; Takashi
Komatsu,"High-Quality Image Interpolation Based on
Multiplicative Skeleton-Texture Separation" EUSIPCO
2006, september, 2006.
Nao Ota, Takeshi Shima,"Simple and efficient Gm
linearization technique," Proc. International Conference
on Signals and Electronic Systems, Lodz, Poland, Sep,
2006.
Takeshi Shima,"Tuning technique for realizing an ideal
Gm-C integrator," Proc. IEEJ Analog VLSI Workshop,
Bordeaux, France, Oct.. 2005.
S. Shinnaka ,
"A New Norm-Based Current Control
Method for Energy-Efficient/ Wide-Speed-Range Drive
of
Salient-Pole
Permanent-Magnet
Synchronous
Motors", CD Proceedings of 37th Annual IEEE Power
Electronics Specialists Conference (PESC06), pp. 13401346 (Jeju, Korea, 2006-6)
Jiromaru Tsujino, Tetsugi Ueoka, Ryohei Karatsu and
Goh Kishimoto, "Welding of Thick Coated Wire
Specimens Using a 19 kHz Ultrasonic Complex Vibration
Welding
System",
Proceedings
of
2005
IEEE
International Ultrasonics Symposium, pp.717-720 (200602)
Jiromaru Tsujino, Tetsugi Ueoka, Yuya Kikuchi, Tohru
Aoyama and Takafumi Kyuzen, "27 kHz Small Diameter
Ultrasonic Complex Vibration Source with Multiple
Transducers", Proceedings of 2005 IEEE International
Ultrasonics Symposium, pp.717-720 (2006-02)
Jiromaru Tsujino, Misugi Hongoh, Masafumi Yoshikuni,
Hiroyuki Miura and Tetsugi Ueoka, "Welding
Characteristics and Temperature Rises of Various
Frequency Ultrasonic Plastic Welding", Proceedings of
2005 IEEE International Ultrasonics Symposium, pp.717720 (2006-02)
Kunimori Aizawa, Akiyoshi Nakayama, Susumu Abe,
Norimichi Watanabe "The measurement of Josephson
current of double Josephson junction" Journal of
Physics :Conference Series 43(2006) 1088-1091 7th
European Conference on Applied Superconductivity
Akiyoshi Nakayama, Susumu Abe, Norimichi Watanabe,
Hsu Jui-Pang, Yoichi Okabe "Hexagonal Symmetry of
Magnetic Field Dependence of Josephson Current
Through Triangle Shape Superconducting Junctions"
Journal of Physics :Conference Series 43(2006) 1092-1095
7th European Conference on Applied Superconductivity
Masato Noto and Masahito Kurihara: Experimental Study
of Hybrid-Type Distributed Maximal Constraint
Satisfaction Algorithm, Proc. of The
IASTED
International Conference on Advances in Computer
Science and Technology (ACST2006), pp.67-72 (Puerto
Vallarta, 2006-1).
Jun Arikawa, Mitsutoshi Matsuda and Masato Noto:
Optimization Method for Low-power Flooding of Route
Request in Ad-hoc Networks, Proc. of The 2006
International Technical Conference on Circuits/Systems,
Computers and Communications (ITC-CSCC2006), Vol.3,
pp.325-328 (Chiang Mai, 2006-7).
Daiki Hashimoto, Mitsutoshi Matsuda and Masato Noto:
Asynchronous Search Algorithm Considering Local
Load in Distributed Constraint Optimization Problem,
Proc. of The 2006 International Technical Conference on
Circuits/Systems, Computers and Communications (ITCCSCC2006), Vol.1, pp.205-208 (Chiang Mai, 2006-7).
Takashi Hirate, Hiroshi Miyashita, Takashi Kimpara,
Kazumoto Takizawa and Tomomasa Satoh, "Roles of
Laser-Ablation of Mn in Initial Stage of Growth of ZnO
Nanorods by Chemical Vapor Deposition", Symposium
of the 2005 Material Research Fall Meeting, EE10-13,
10
2005 (Boston, USA).
Takashi Hirate, Kazumoto Takizawa and Tomomasa
Satoh, "Luminescent Properties of Mn-Si-O Thin Films
Grown by Pulsed Laser Deposition", Materials Research
Society 2006 Spring Meeting, DD6.2, 2006 (San
Francisco, USA).
Takashi Kimpara, Shinichi Nakamura, Tomomasa Satoh
and Takashi Hirate, "Control of Diameter of ZnO
Nanorods Grown by Chemical Vapor Deposition with
Laser Ablation of ZnO", European Materials Research
Society 2006 Spring Meeting, KP-IV04, May 2006 (Nice,
France).
Takashi Hirate, Hiroshi Miyashita, Takashi Kimpara,
Kazumoto Takizawa and Tomomasa Satoh, "Roles of
Laser-Ablation of Mn in Initial Stage of Growth of ZnO
Nanorods by Chemical Vapor Deposition", MRS
Proceedings Volume 891, EE10-13.1 to 13.6, 2006.
J. Yamazaki, J. Katsumata, N. Kaiwa, S. Yamaguchi, and
A. Yamamoto, Thermoelectric properties of and device
physics based on InSb and InN semiconductors, 28th
Intern. Conf. Phys. Semicon., Austria, July 24-28, 2006.
T. Matsumoto, N. Kaiwa, S. Yamaguchi, A. Yamamoto,
M. Funato, and Y. Kawakami, Thermoelectric and electrical properties of GaN and InN single crystals, 28th
Intern. Conf. Phys. Semicon., Austria, July 24-28, 2006.
T. Yamaguchi and Y. Watanabe, "Acquisition of Action
for Mobile Robots Using Neural Network", Proceedings
of the International Conference on Information and
Automation, pp 176-179 (Sri Lanka, 2005-12).
馬
哲旺, 清水太一, 小林禧夫, 穴田哲夫, コンポジット共振
器と回路変換によるデュアルバンド帯域通過フィルタの設計,
信学技報, vol. 106, no. 12, MW2006-2, pp. 7-11, 2006 年
4月.
馬 哲旺, 菊池 勝倫, 小林 禧夫, 穴田 哲夫, コンポジッ
ト共振器を用いたデュアルバンド帯域阻止フィルタの設計,
信学技報, vol. 106, no. 48, MW2006-13, pp. 7-12, 2006 年
5月.
立見亮介, 陳 春平, 永岡直樹, 菅原康平, 穴田哲夫, 馬
哲旺, セミベクトル波動伝搬法に基づいた多層誘電体導波路
の伝搬特性, 信学技報, OPE2006-07-, pp.53-58,
Chun-Ping Chen, Zhewang Ma, Tetsuo Anada, Jui-Pang
Hsu, IN-SITU BROADBAND CHARACTERIZATION
OF COMPLEX EM-PARAMETERS OF MICROWAVE
ABSORBERS, 信学技報, MW2006-46, pp.59-64, 2006 年 7
月27日
三木, 馬, 小林, 穴田, 広い阻止域と急峻な周波数選択性を
持つ帯域通過フィルタ, C-2-56, p.87, 電子情報通信学会総
合大会, 2006 年3月
玉井, 馬, 三木, 小林, 穴田, コンポジット共振器を用いた減
衰極を持つ小形帯域通過フィルタ, C-2-57, p.88, 電子情報
通信学会総合大会, 2006 年3月
馬, 清水, 三木, 小林, 穴田, コンポジット共振器を用いた
デュアルバンド帯域通過フィルタ - その1, C-2-58, p.89,
電子情報通信学会総合大会, 2006 年3月
馬, 清水, 三木, 小林, 穴田, コンポジット共振器を用いた
デュアルバンド帯域通過フィルタ - その2, C-2-59, p.90,
電子情報通信学会総合大会, 2006 年3月
陳, 馬, 穴田, 許, Broadband Characterization of Complex
EM-parameters of Dispersive Absorbing Materials with
Coaxial Probe,C-2-75, p.106, 電子情報通信学会総合大会,
2006 年3月.
美枝 陳 春平 穴田哲夫 土屋健伸 遠藤信行, 多重レンズ
方式による水中映像ソーナー(第2報), A-11-2, p.158, 電子
情報通信学会ソサイエティ大会, 2006 年 9 月
遠藤信行, "超音波診断時における体内温度上昇について", 第
15 回日本乳腺甲状腺超音波診断会議, pp.36-37 (2005-10)
土屋健伸, 齋藤圭司, 石関貴裕, 遠藤信行, "超音波照射による
生体組織内部の温度推定シミュレータの開発", 日本超音波医
学会関東甲信越地方会第 18 回学術集会, p.39 (2005-10)
齋藤圭司, 石関貴裕, 土屋健伸, 遠藤信行, "電子集束超音波に
よる生体内の温度上昇シミュレーション," 第 26 回超音波シ
ンポジウム講演予稿集, pp.129-130 (2005-11)
松本さゆり, 土屋健伸, 穴田哲夫, 遠藤信行, "数値計算による
水中音響レンズシステムの収束特性," 第 26 回超音波シンポ
ジウム講演予稿集, pp.187-188 (2005-11)
遠藤信行, 土屋健伸, "フォーカスアレイ探触子による超音波診
断時の生体内温度上昇シミュレーション," 日本超音波医学会
平成 17 年度第 2 回ソノポレーション研究会, (2006-1)
石関貴裕, 土屋健伸, 遠藤信行, "アクリル反射体のあるファン
トム内での超音波照射による温度上昇測定", 電子情報通信学
会技術研究報告, pp.7-12 (2006-1)
齋藤圭司, 土屋健伸, 遠藤信行, "超音波による生体組織内での
温 度 上 昇 の 数 値 解 析 ", 電 子 情 報 通 信 学 会 技 術 研 究 報 告 ,
pp.13-18 (2006-1)
土屋健伸, 遠藤信行, "海洋内音波伝搬の数値解析手法," 日本音
響学会 2006 年度春季研究発表会講演論文集, pp.1223-1226
(2006-3)
松本さゆり, 土屋健伸, 穴田哲夫, 遠藤信行, "水温上昇に伴う
水中音響レンズの屈折率変化が集束点近傍の音場に与える影
響", 日本音響学会講演論文集, pp.1117-1118 (2006-3)
土屋健伸, 穴田哲夫, 遠藤信行, "弾性 FDTD 法による浅海海
底遷移層からの反射波解析",海洋音響学会講演論文集, pp.3437 (2006-5)
土屋健伸, 遠藤信行, "超音波照射時の生体組織内部の温度値の
数値解析と実測結果の比較",日本超音波医学会第79回学術集
会, p.277 (2006-5)
遠藤信行, 土屋健伸, 松本さゆり, "超音波音響集束レンズの波
動理論による基礎的検討," 日本超音波医学会平成 18 年度第 1
回ソノポレーション研究会, (2006-7)
土屋健伸, 遠藤信行, "FDTD 法による浅海域での音波伝搬解析
-海底遷移層からの反射波解析-," 電子情報通信学会技術研
究報告, pp.7-10 (2006-8)
土屋健伸, 松本さゆり, 遠藤信行, "数値解析による海底遷移層
からの反射パルス波の推定−流体モデルと弾性体モデルの比
較−," 日本音響学会 2006 年度秋季研究発表会講演論文集,
pp. 1003-1004 (2006-9)
松本さゆり, 土屋健伸, 穴田哲夫, 遠藤信行, "水中音響レンズ
の数値解析−音線追跡法と波動的解法との比較−", 日本音響
学会 2006 年度秋季研究発表会講演論文集, pp. 1001-1002
(2006-9)
米田征司, 佐藤允映, 關 翔一, 大野吉弘, 増田隆信, 「中温
度域熱電発電モジュールの作製」, 電気学会研究会 "新エネル
ギー・環境研究会:燃料電池など新エネルギー・環境技術",
(産業技術総合研究所 臨海副都心センター 東京, 2005-12).
佐藤允映, 關 翔一, 米田征司, 大野吉弘, 佐藤元彦, 「9分割
した PEFC 単素子の各要素セルの電流分担」, 平成 18 年電気
学会全国大会, pp.8-9[7] (神奈川, 2006-3).
關 翔一, 佐藤允映, 米田征司, 大野吉弘, 「10セル PEFC ス
タ ッ ク の 静 特 性 の 検 討 」 , 平 成 18 年 電 気 学 会 全 国 大 会 ,
pp.14-15[7] (神奈川, 2006-3).
11
米田征司, 佐藤允映, 關
翔一, 大野吉弘, 「10セル PEFC ス
タックによる複素インピーダンス計測」, 平成 18 年電気学会
全国大会, pp.16-17[7] (神奈川, 2006-3).
日景優一朗, 佐藤允映, 關
翔一, 米田征司, 大野吉弘, 「SP
S 法を用いた Pb0.5Sn 0.5Te 焼結体の作製」, 第 3 回日本熱電学
会学術講演会(TSJ2006) 論文集, pp.116-117 (神奈川, 2006-8).
日景優一朗, 佐藤允映, 關 翔一, 米田征司, 大野吉弘, 「SPS
法による Pb0.5Sn 0.5Te 焼結体の電気的特性に対する結晶粒径
依存性」, 日本金属学会 2006 年秋期講演大会, pp.177 (新潟,
2006-9).
野沢理倫, 稲積泰宏, 木下宏揚: "パネル型クエリ生成インタフェー
スにおけるユーザビリティの検討" , JIQA2006,B2-4 (2006-9).
平田 一斗, 原田 裕介, 稲積 泰宏, 木下 宏揚: "コンテンツ配
信 シ ス テ ム に 適 し た モ ノ ク ロ /カ ラ ー 符 号 化 法 の 検 討 ",,
JIQA2006,A7-1 (2006-9).
山田孔太,木下宏揚,森住哲也: "情報フィルタと情報カプセルに
よる著作権・所有権保護システム" ,信学技法,SITE06-,pp.(2006-7)
森住哲也,木下宏揚提案するセキュリティモデルの自己準拠的シ
ステムとしての解釈について ,信学技法,SITE06-,pp.-(2006-5)
森住哲也, 木下宏揚 :" 社会システムの中の Covert Channel
について", 技術と社会・倫理研究会, (2005)
森住哲也, 酒井剛典, 畔上昭司, 稲積泰宏, 木下宏揚:"機能
分化的社会システムの属性に基づくセキュリティモデル",
技術と社会・倫理研究会, 2005 年 10 月(2005).
森住哲也, 木下宏揚:"インターネット社会の情報漏えいを防
止するセキュリティモデルの提案 (社会システム論と記号学
からの着想) ", 第 2 回情報セキュリティ学際シンポジウム,
2005.12, (2005).
森住哲也,木下宏揚,寺谷葉津希,永瀬 宏:"個人情報保護と情報
公開を考慮した介護・医療分野向け情報フロー監視システム
の提案", 情報システムと社会環境研究会, IS-95-1, (2006).
畔上 昭司, 森住 哲也, 酒井 剛典, 小松 充史, 稲積 泰宏, 木
下 宏揚: "形式的仕様記述言語 CafeOBJ による Community
Based Access Control Model の 評価", 2006 年暗号と情報
セキュリティシンポジウム(SCIS2006),3B2-4(2006-1).
沖原健一, 稲積泰宏, 木下宏揚:"カラーロゴマークによる画像配
信 に 適 し た 可 視 型 電 子 透 か し ," PCSJ2005/IMPS2005, I4.21(2005-11).
沖原健一, 稲積泰宏, 木下宏揚:"動画像配信に適した可視型電子
透かしにおける埋め込み強度の改善," 画像工学研究会(20062).
酒井剛典, 森住哲也, 畔上昭司, 小松充史, 稲積泰宏, 木下宏
揚: "Covert Channel 分析メカニズムと EJB による情報フィ
ルタの構築" SCIS2006,3C3-3,(2006).
木下慶子 稲積泰宏 木下宏揚 森住哲也: "非文字資料に適
した Ontology 構築" 信学技報, SITE2005-45, pp.25-30,
(2005-10)
木下慶子 村上敦志 稲積泰宏 木下宏揚 森住哲也: "デジ
タルアーカイブにおける Ontology の活用", 信学技報, SIT
E2005-48, pp.1-6, (2005-12)
木下慶子 稲積泰宏 木下宏揚 森住哲也: "Context 間の関
連性に着目した民俗学のための Ontology 構築" 人工知能学
会研究会資料, SIG-SWO-A502-01, pp.1-6, (2005-11)
木下慶子 村上敦志 稲積泰宏 木下宏揚 森住哲也:
"Context 間の関連性を表現するメタ Ontology -民俗学研究
のための情報発信-" 情報処理学会研究報告, じんもんこん研
究会, pp.1-6, (2006-1)
宮地 信晴, 山崎 朗, 稲積 泰宏, 木下 宏揚, 森住 哲也 :"分
散ファイアウォールにおけるルール処理の最適化" 信学技法,
SITE2005-55,pp.19-24(2006-3).
小松 充史, 森住 哲也, 酒井 剛典, 畔上 昭司, 稲積 泰宏,
木下 宏揚: "関係データベース, XML データベースに於け
る Covert Channel の解析と 情報フィルタの構成について",
暗 号 と 情 報 セ キ ュ リ テ ィ シ ン ポ ジ ウ ム ,SCIS2006,3C31,pp.227-232(2006-1). "
野沢理倫, 稲積泰宏, 木下宏揚, "超低解像度クエリ生成イン
タフェースを用いた画像検索システムの提案," IMPS2005,I6.06 (2005-11).
野沢理倫, 稲積泰宏, 木下宏揚, "曖昧な位置情報を許容した
画像検索システム," 信学技報, vol.105, no.608, pp.83-94,
2006-2.
平田 一斗 稲積 泰宏 木下 宏揚: "ユーザの事前知識を考慮し
た要約映像による動画像検索", IMPS2005,I-2.15 (2005-11).
小松隆, 齊藤隆弘 「Total-Variation 正則化を用いたシャープ
ニング−デモザイキング法の画質改善」, 映像メディア処理シ
ンポジウム(IMPS2005), I-2.13,2005 年 11 月.
高橋広美, 「対数非線形拡散照度分離法による色補正のクロマキー
合成への応用」, 映像メディア処理シンポジウム(IMPS2005),
I-2.14,2005 年 11 月.
浅野佑己, 小松隆, 齊藤隆弘 「MDPE 法によるレンジデータ
からの対象物体の幾何学的特徴の抽出」, 映像メディア処理
シンポジウム(IMPS2005), I-2.20,2005 年 11 月.
中川陽介, 小松隆, 齊藤隆弘 「対数輝度からの骨格/テクスチャ
分離とその応用」, 映像メディア処理シンポジウム(IMPS2005),
I-4.11,2005 年 11 月.
佐野大志, 小松隆,齊藤隆弘 「動き推定誤りにロバストな動きぼ
け鮮鋭化の実験的検討」, 映像メディア処理シンポジウム(IM
PS2005), I-4.12,2005 年 11 月.
椿郁子, 小松隆, 齊藤隆弘 「ロバストなグローバルモーション
推定を用いた手ぶれ補正」, 映像メディア処理シンポジウム
(IMPS2005), I-5.03,pp.109-110,2005 年 11 月.
野坂玲奈, 小松隆, 齊藤隆弘 「連立非線形拡散法の明度/色度
カラーモデルへの拡張」, 映像メディア処理シンポジウム
(IMPS2005), I-6.09,2005 年 11 月.
大貫崇英, 小松隆, 齊藤隆弘 「準同形型非線形フリッカ補正法
とその高速化」, 映像メディア処理シンポジウム(IMPS2005),
I-6.10,2005 年 11 月.
小松隆, 齊藤隆弘, 「Direct 撮像方式のための色変換法の一検
討」, 電子情報通信学会総合大会, D-11-54,2006 年 3 月.
齊藤隆弘, 石井勇樹, 中川陽介, 小松隆 「骨格/テクスチャ分
離に基づく画像拡大」, 電子情報通信学会総合大会, D-11-90,
2006 年 3 月.
野坂玲奈, 齊藤隆弘, 小松隆, 「連立非線形拡散のよる逐次型
カラー画像鮮鋭化手法」 電子情報通信学会総合大会, D-1193,2006 年 3 月.
高橋広美, 小松隆, 齊藤隆弘 「照度分離による色補正とその性
能比較」 電子情報通信学会総合大会, D-11-105,2006 年 3 月.
久保田彰, 齊藤隆弘 「画像復元に基づいた自由視点画像の生成」
OplusE,pp.254-257,2006 年 3 月.
石井勇樹, 中川陽介, 小松隆, 齊藤隆弘 「乗算型骨格/テクス
チャ分離の拡張とその画像処理への応用」 映像情報メディア
学会年次大会, 5-8,2006 年8月
野坂玲奈, 小松隆, 齊藤隆弘 「カラー画像の選択的鮮鋭化のた
めの逐次画像処理」 映像情報メディア学会年次大会,7-7,2006
年8月
小松隆, 齊藤隆弘 「ハイブリッド撮像方式の色再現性能の評価」
映像情報メディア学会年次大会,7-7,2006 年8月
椿郁子, 小松隆, 齊藤隆弘 「手ぶれ動画像のための動きぼけに
よるブリージングひずみの抑制」 映像情報メディア学会年次
大会,7-8,2006 年8月
大貫崇英, 小松隆, 齊藤隆弘 「非線形な輝度補正アルゴリズム
によるフィルムフリッカ補正」 映像情報メディア学会年次大
会,7-9,2006 年8月
12
小松隆, 齊藤隆弘 「TV 正則化法を用いた JPEG 圧縮画像の超
解像復元法」 第 5 回情報科学技術フォーラム, J-046,2006 年
9月
浅野佑己, 齊藤隆弘小松隆 「曲平面を含むレンジデータからの
幾何学的構造の抽出」 第 5 回情報科学技術フォーラム,J-062,
2006 年 9 月
小松隆, 齊藤隆弘 「TV 正則化を用いた Luminance 画像の生
成法」 電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-4-1,2006 年 9 月
石井勇樹, 小松隆,齊藤隆弘 A-4-2 「画像の骨格/テクスチャの
加算型分離と乗算型分離」 電子情報通信学会ソサイエティ大
会, A-4-2,2006 年 9 月
島健, ミラー容量回路に双対なインダクター回路の提案。 電子
情報通信学会 2006 年総合大会
大田尚, 島健, Gm 回路の線形性改良に関する一考察。 電子情
報通信学会 2006 年総合大会
藤田陽仁, 島健, オフセットを低減したバンドギャップレファ
レンス回路。 電子情報通信学会 2006 年総合大会
新中新二, 「突極形永久磁石同期モータセンサレス駆動のため
の速応楕円形高周波電圧印加法, ― 高周波電流相関信号を
入力とする一般化積分形 PLL 法による位相検出 ―」, 平成
18 年電気学会全国大会講演論文集4, pp.192-193 (横浜,
2006-3)
新中新二, 「永久磁石同期モータセンサレス駆動のためのD因
子状態オブザーバの推定速度に対する収束特性」, 平成 18 年
電気学会産業応用部門全国大会講演論文集Ⅰ, pp. 393-398,
(名古屋, 2006-8)
新中新二, 佐野公亮, 「永久磁石同期モータセンサレス駆動の
ためのD因子状態オブザーバのパラメータ誤差に対する収束
特性」, 平成 18 年電気学会産業応用部門全国大会講演論文集
Ⅰ, pp. 399-340, (名古屋, 2006-8)
新中新二, 山崎英士, 「同期リラクタンスモータセンサレス駆
動のためのD因子状態オブザーバ」, 平成 18 年電気学会産業
応用部門全国大会講演論文集Ⅰ, pp. 401-406, (名古屋,
2006-8)
新中新二, 矢代勇太, 「自励式ハイブリッド界磁同期モータの
新初期位相推定法」, 平成 18 年電気学会産業応用部門全国大
会講演論文集Ⅰ, pp. 545-548, (名古屋, 2006-8)
本江美杉, 三浦宏之, 上岡哲宜, 辻野次郎丸, 「超音波プラスチッ
ク溶接の溶接部温度および溶接特性について」, 第 26 回超音
波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,
vol. 26, pp.105-106 (東京工業大学すずかけ台キャンパス,
横浜, 2005-11)
上岡哲宜, 青山透, 唐津良平, 辻野次郎丸: 「曲げ振動円盤の上
下に縦振動子を配置した大容量超音波複合振動源の構成につ
いて」, 第 26 回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関す
るシンポジウム, vol.26, pp.91-92 (東京工業大学すずかけ台
キャンパス, 横浜, 2005-10)
辻野次郎丸, 青山透, 菊池雄也, 唐津良平, 上岡哲宜, 「チタニ
ウム合金製ホーンおよび曲げ振動円盤を用いた40 kHz 超音
波複合振動源 の振動特性について」, 第 26 回超音波エレクト
ロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, vol.26, pp.9394 (東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜, 2005-11)
辻野次郎丸, 給前喬文, 菊池雄也, 上岡哲宜, 「27 kHz 大容量超
音波複合振動源の振動特性の向上について」, 第 26 回超音波エ
レクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, vol.26,
pp.95-96 (東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜, 2005-11)
辻野次郎丸, 唐津良平, 田中俊, 上岡哲宜, 「チタニウム合金斜
めスリット振動変換器を用いた 19 kHz 複合振動超音波シー
ム溶接装置の溶接特性について」, 第 26 回超音波エレクトロ
ニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, vol.26, pp.97-98
(東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜, 2005-10)
辻野次郎丸, 三浦宏之, 本江美杉, 「40 kHz の直交した縦振動系
で駆動する超音波複合振動溶接装置の振動特性について」, 第
26 回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジ
ウム, vol.26, pp.99-100 (東京工業大学すずかけ台キャンパス,
横浜, 2005-11)
辻野次郎丸, 川崎高広, 岸本豪, 平井一紀, 「40 kHz の斜めスリッ
ト複合振動変換器を用いた超音波溶接装置の溶接特性につい
て」, 第 26 回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関する
シンポジウム, vol.26, pp.101-102 (東京工業大学すずかけ台
キャンパス, 横浜, 2005-11)
辻野次郎丸, 岸本 豪, 川崎高広, 平井理光, 「150 kHz の斜め
スリット複合振動変換器を用いた超音波溶接装置の振動特性
お よび溶接特性について」, 第 26 回超音波エレクトロニクス
の基礎と応用に関するシンポジウム, vol.26, pp.103-104 (東
京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜, 2005-11)
辻野次郎丸, 久保寺優, 平井理光, 「チタニウム合金振動変換器
を用いた直径 15 mm の超音波モータの負荷特性の検討」, 第
26 回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジ
ウム, vol.26, pp.85-86 (東京工業大学すずかけ台キャンパス,
横浜, 2005-11)
辻野次郎丸, 上岡 哲宜, 青山 透, 唐津良平, 給前喬文, 菊池
雄也, 「27 kHz の大容量超音波複合振動源の構成」, 電子情報
通信学会・音響学会超音波研究会技術研究報告, US2005-95
(2005-12), pp.13-18 (日本大学理工学部, 東京, 2005-12)
辻野次郎丸, 三浦宏之, 武田亮子, 本江美杉, 「40 kHz の直交
した縦振動系で駆動する超音波複合振動源の構成」, 電子情報
通信学会・音響学会超音波研究会技術研究報告, US2005-95
(2005-12), pp.19-24 (日本大学理工学部, 東京, 2005-12)
辻野次郎丸, 上岡哲宜, 青山透, 唐津良平, 「曲げ振動円盤を用
いた大容量超音波複合振動源の固定および溶接特性について−
大容量の複合振動源の開発 (17) −」, 日本音響学会 2006
年春季研究発表会講演論文集, pp.897-898 (日本大学理工学
部, 東京, 2006-03)
辻野 次郎丸, 青山 透, 菊地 雄也, 唐津 良平, 上岡 哲宜, 「チ
タニウム合金製曲げ振動円盤を用いた40 kHz 超音波複合振
動源の溶接特性について − 大容量の複合振動源の開発 (18) −」
, 日本音響学会 2006 年春季研究発表会講演論文集, pp.899900 (日本大学理工学部, 東京, 2006-03)
辻野次郎丸, 給前喬文, 菊池雄也, 上岡哲宜, 「27 kHz 大容量超
音波複合振動源の振動特性および溶接特性について − 大
容量の複合振動源の開発 (19) −」, 日本音響学会 2006 年春
季研究発表会講演論文集, pp.901-902 (日本大学理工学部,
東京, 2006-03)
辻野次郎丸, 菊池雄也, 給前喬文, 上岡哲宜, 「27 kHz のステン
レス製縦振動円盤を用いた超音波複合振動溶接装置による各
種金属の溶接特性について −大容量の複合振動源の開発 (20)−」,
日本音響学会 2006 年春季研究発表会講演論文集, pp.903-904
(日本大学理工学部, 東京, 2006-03)
辻野次郎丸, 唐津良平, 田中俊, 上岡哲宜, 「19 kHz 複合振動超
音波シーム溶接装置の各種金属材料の溶接特性について − 複
合振動を用いた超音波溶接について (60) −」, 日本音響学会
2006 年春季研究発表会講演論文集, pp.911-912 (日本大学理
工学部, 東京, 2006-03)
辻野次郎丸, 田中俊, 唐津良平, 上岡哲宜, 「27 kHz 超音波複合
振動シーム溶接装置の振動特性について − 複合振動を用
いた超音波溶接について (61) −」, 日本音響学会 2006 年春
季研究発表会講演論文集, pp.913-914 (日本大学理工学部,
東京, 2006-03)
辻野次郎丸, 武田亮子, 三浦宏之, 「40 kHz の直交した縦振動系
で駆動する超音波複合振動溶接装置の溶接特性について −
複合振動を用いた超音波溶接について (62) −」, 日本音響
学会 2006 年春季研究発表会講演論文集, pp.915-916 (日本大
学理工学部, 東京, 2006-03)
13
辻野次郎丸, 川崎高広, 岸本豪, 平井一紀, 「40 kHz の複合振動
変換器を用いた超音波溶接装置の振動特性の改善について
− 複合振動を用いた超音波溶接について (63) −」, 日本音
響学会 2006 年春季研究発表会講演論文集, pp.917-918 (日本
大学理工学部, 東京, 2006-03)
辻野次郎丸, 岸本豪, 川崎高広, 「150 kHz の複合振動変換器を
用いた超音波溶接装置の振動特性の検討 − 複合振動を用
いた超音波溶接について (64) −」, 日本音響学会 2006 年春
季研究発表会講演論文集, pp.919-920 (日本大学理工学部,
東京, 2006-03)
辻野次郎丸, 久保寺優, 平井理光, 「直径 15 mm の超音波モー
タの振動特性の改善および負荷特性について − 縦ーねじ
り変換を用いた超音波回転装置 (46) −」, 日本音響学会 2006
年春季研究発表会講演論文集, pp.927-928 (日本大学理工学
部, 東京, 2006-03)
辻野次郎丸, 平井理光, 久保寺優, 木原昌紀, 「直径 30 mm の超
音波モータの振動特性の改善および負荷特性について −
縦-ねじり変換を用いた超音波回転装置 (47) −」, 日本音響
学会 2006 年春季研究発表会講演論文集, pp.895-896 (日本大
学理工学部, 東京, 2006-03)
辻野 次郎丸, 上岡 哲宜, 青山 透, 唐津 良平, 山崎 真人,
今井 伸太郎, 「小外径の (1, 1) 曲げ振動円盤により超音波振
動子を集積した27 kHz 大容量超音波複合振動源の構成 −
大容量の複合振動源の開発 (21) −」, 日本音響学会 2006
年秋季研究発表会講演論文集, pp.891-892 (金沢大学角間キャ
ンパス, 金沢市, 2006-09)
辻野 次郎丸, 青山 透, 唐津 良平, 上岡 哲宜, 「曲げ振動円
盤を用いた27 kHz 超音波複合振動源の振動特性の改善およ
び溶接特性について − 大容量の複合振動源の開発 (22) −」
, 日本音響学会 2006 年秋季研究発表会講演論文集, pp.893894 (金沢大学角間キャンパス, 金沢市, 2006-09)
辻野 次郎丸, 唐津 良平, 田中 俊, 小田切 仁志, 上岡 哲宜,
「斜めスリット振動変換器および曲げ振動溶接チップを用い
た超音波複合振動溶接装置の構成 − 複合振動を用いた超
音波溶接について (60) −」, 日本音響学会 2006 年秋季研究
発表会講演論文集, pp.885-886 (金沢大学角間キャンパス,
金沢市, 2006-09)
辻野 次郎丸, 田中 俊, 唐津 良平, 山口 勝久, 「27 kHz の
斜めスリット複合振動変換器の振動変換用スリット形状によ
る振動特性の検討 − 複合振動を用いた超音波溶接につい
て (61) −」, 日本音響学会 2006 年秋季研究発表会講演論文
集, pp.887-888 (金沢大学角間キャンパス, 金沢市, 2006-09)
辻野 次郎丸, 給前 喬文, 土井 貴治, 高橋 篤史, 上岡 哲宜,
「27 kHz 大容量超音波複合振動源の振動特性の改善および溶
接特性について − 大容量の複合振動源の開発 (23) −」,
日本音響学会 2006 年秋季研究発表会講演論文集, pp.895-896
(金沢大学角間キャンパス, 金沢市, 2006-09)
辻野 次郎丸, 岸本 豪, 八百板 直規, 大澤 俊介, 「音速の異な
る円環対複合振動変換器を用いた 150 kHz の超音波溶接装
置の振動特性について − 複合振動を用いた超音波溶接に
ついて (62) −」, 日本音響学会 2006 年秋季研究発表会講演
論文集, pp.889-890 (金沢大学角間キャンパス, 金沢市, 200609)
辻野 次郎丸, 久保寺 優, 林 佑介, 「音速の異なる金属円環
対振動変換器を用いた直径 15 mm の超音波モータの構成 −
縦-曲げ振動変換器を用いた超音波回転装置 (1) −」, 日本
音響学会 2006 年秋季研究発表会講演論文集, pp.993-994 (金
沢大学角間キャンパス, 金沢市, 2006-09)
辻野 次郎丸, 平井 理光, 久保寺 優, 浦崎 直樹, 「音速の異
なる金属円環対振動変換器を用いた直径 30 mm の超音波モー
タの構成 − 縦-曲げ振動変換器を用いた超音波回転装置
(2) −」, 日本音響学会 2006 年秋季研究発表会講演論文集,
pp.995-996 (金沢大学角間キャンパス, 金沢市, 2006-09)
辻野 次郎丸, 黒川 陽弘, 柳田 俊一, 上岡 哲宜, 「環状電磁
形縦振動検出器を用いた超音波複合振動速度検出器の構成」,
日本音響学会 2006 年秋季研究発表会講演論文集, pp.883-884
(金沢大学角間キャンパス, 金沢市, 2006-09)
安藤圭一, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「状態空間係数を遺伝子とし
たディジタルフィルタ回路の進化論的生成」, 2006 年電子情
報通信学会ソサイエティ大会, A-1-4, (2006-9)
鈴木麻衣, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「遺伝的アルゴリズムを用い
た線形変換回路合成における分割最適化に関する考察」, 第 5
回情報科学技術フォーラム(FIT2006), F-025, (2006-9)
小谷光史, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「組み合わせ最適化アルゴリ
ズムを用いた有限語長多項式近似におけるハードウェアコス
ト最小化」, 第 5 回情報科学技術フォーラム(FIT2006), F-024,
(2006-9)
遠藤淳一, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「GA を用いた金融市場のテ
クニカルパターン生成とその予測可能性に関する考察」, 第 5
回情報科学技術フォーラム(FIT2006), F-005, (2006-9)
小谷光史, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「GA・TS のハイブリッドア
ルゴリズムによる有限語長多項式近似の最適化」, 第 50 回シ
ステム制御情報学会研究発表講演会, 5F4-2, (2006-5)
安藤圭一, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「状態空間係数を遺伝子とし
たディジタルフィルタ回路の進化論的生成」, 第 50 回システ
ム制御情報学会研究発表講演会, 5F3-2, (2006-5)
鈴木麻衣, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「遺伝的アルゴリズムを用い
た線形変換回路の遅延時間・回路規模最適化」, 第 50 回シス
テム制御情報学会研究発表講演会, 5F3-1, (2006-5)
遠藤淳一, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「遺伝的アルゴリズムを用い
た金融市場のテクニカルパターン生成法」, 第 50 回システム
制御情報学会研究発表講演会, 4W2-1, (2006-5)
小谷光史, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「ソフトウェア記述からハー
ドウェア記述への自動変換のための演算回路最適化」, 電子情
報通信学会東京支部学生会研究発表会(第 11 回), 23, (2006-3)
(奨励賞受賞)
鈴木麻衣, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「遺伝的アルゴリズムを用い
た線形変換回路の遅延時間・回路規模最適化」, 電子情報通信
学会東京支部学生会研究発表会(第 11 回), 7, (2006-3)
鈴木健祐, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「金融市場における時系列デー
タ解析のための適応フィルタ」, 電子情報通信学会東京支部学
生会研究発表会(第 11 回), 142, (2006-3)
倉林佑, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「ファジィ推論を用いたトレー
ディングシステムに関する研究」, 電子情報通信学会東京支部
学生会研究発表会(第 11 回), 137, (2006-3) (奨励賞受賞)
加藤幸信, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「ハードウェアに関する制約
条件を考慮した複数の定数乗算回路設計」, 電子情報通信学会
技術研究報告, CAS2005-112, (2006-3)
加藤幸信, 佐々木孝雄, 豊嶋久道, 「ハードウェアに関する制約
条件を考慮した複数の定数乗算回路設計」, 電子情報通信学会
技術研究報告, CAS2005-68, (2005-11)
田中, 山田, 竹村, 阿部, 河野"バイカロイ複合磁気ワイヤに
おける検出パルスの伝播と端部の影響"日本応用磁気学会
13aB-7 9月2006 年 (松江)
永松大和, 松田充敏, 能登正人, 「マルチホップ無線ネットワー
クにおける階層化通信モデルの構築」, 電子情報通信学会技
術研究報告, IN2005-173, Vol.105, No.628, pp.103-106 (沖
縄, 2006-3).
有川 隼, 松田充敏, 能登正人, 「アドホックネットワークの
ルートディスカバリーにおける省電力フラッディング手法」,
情報処理学会全国大会 (第 68 回), 4R-8 (東京, 2006-3).
橋本大樹, 能登正人, 「分散制約最適化問題における局所負荷
軽減のための非同期分散探索手法」, 情報処理学会全国大会
(第 68 回), 4L-5 (東京, 2006-3).
14
有川 隼, 能登正人, 「アドホックルーティングにおける省電
力フラッディング手法の提案」, 知的&新世代ソフトウェア・
ワークショップ (第 8 回), (札幌, 2006-3).
橋本大樹, 能登正人, 「分散制約最適化問題における局所負荷
を考慮した探索アルゴリズム」, 知的&新世代ソフトウェア・
ワークショップ (第 8 回), (札幌, 2006-3).
有川 隼, 松田充敏, 能登正人, 「アドホックネットワークに
おける無線端末の省電力に向けたルートディスカバリー方式
の提案」, 情報科学技術フォーラム (第 5 回), L-019 (福岡,
2006-9).
橋本大樹, 松田充敏, 能登正人, 「非同期分散最適化アルゴリ
ズムに基づく負荷分散のための探索手法」, 情報科学技術フォー
ラム (第 5 回), F-042 (福岡, 2006-9).
宮下 裕史, 伊東 知哉, 滝澤 和元, 佐藤知正, 平手孝士, "DC
駆動型無機電界発光素子における Ni 層の挿入による発光領
域の均一化", 電子情報通信学会総合大会 (C-6-2) 2006.
金原孝志, 中村 新一, 佐藤知正, 平手孝士, "2段階成長に
よる高配向 ZnO ナノロッドの細径化", 電子情報通信学会総
合大会 (C-6-5) 2006.
滝澤 和元, 西山 晶子, 宮下 裕史, 佐藤知正, 平手孝士, "ZnO
ナノロッドを挿入した AC 駆動型無機電界発光素子の特性",
電子情報通信学会総合大 (C-6-6) 2006.
滝澤和元, 池本竜一, 佐藤知正, 平手孝士, "ZnO ナノロッド
の CVD 成長前の ZnO レーザアブレーションの効果", 電子
情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会 (C-6-2),
2006.
平手孝士, 橋本敦士, 滝澤和元, 佐藤知正, "CVD-ZnO ナノロッ
ド成長におけるMn レーザアブレーションの効果", 電子情報
通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会 (C-6-3), 2006.
村上尚司, 天沼 博, 松澤和光, 「係り受け情報を用いた概念ベー
スの作成」, 人工知能学会第 22 回ことば工学研究会資料,
SIG-LSE-A503, pp1-4 (大阪, 2006-3)
山本 侑, 増田雄一, 松澤和光, 「新聞コーパスからの固有名詞
知識の獲得と利用」, 人工知能学会第 22 回ことば工学研究会
資料, SIG-LSE-A503, pp5-8 (大阪, 2006-3)
西村拓弥, 天沼 博, 松澤和光, 「Web ページからの商品知識の
獲得」, 人工知能学会第 22 回ことば工学研究会資料, SIGLSE-A503, pp9-12 (大阪, 2006-3)
澤千鶴, 松澤和光, 佐藤哲司, 「 「話の展開」 を推測する方
式について」, 人工知能学会第 22 回ことば工学研究会資料,
SIG-LSE-A503, pp83-86 (大阪, 2006-3)
松澤和光, 天沼 博, 西村拓弥, 村上尚司, 山本 侑, 「省資源
型B級機関〜まどろみ〜」, 人工知能学会第 23 回ことば工学
研究会資料, SIG-LSE-A601, p47 (横浜, 2006-8)
山崎純, 貝和央, 山口栄雄, 山本淳, Ⅲ-V 族化合物半導体熱
電デバイス, 2006 年総合大会 電子情報通信学会 2006 年 3 月
松本崇之, 貝和央, 山口栄雄, 山本淳, 船戸充, 川上養一, InN
薄膜の熱電特性, 2006 年総合大会 電子情報通信学会 2006
年3月
松本雅史, 山崎純, 小堀裕太, 山口栄雄, 絶縁基板上 InSb 薄
膜の電気的特性, 2006 年総合大会 電子情報通信学会 2006
年3月
山崎純, 安齋徹, 松本雅史, 松本崇之, 山口栄雄, 山本淳,
InSb 系熱電発電および熱電冷却デバイスの作製と評価,
2006 年ソサエティ大会 電子情報通信学会 2006 年 9 月
松本崇之, 貝和央, 山口栄雄, 山本淳, 船戸充, 川上養一, InN
系薄膜の熱電特性, 2006 年ソサエティ大会 電子情報通信学
会 2006 年 9 月
松本雅史, 山崎純, 山口栄雄, 安原重雄, 下山紀男, サファイ
ア基板上 Si ドープ InSb の電気的特性, 2006 年ソサエティ
大会 電子情報通信学会 2006 年 9 月
山純, 山口栄雄, 山本淳, 熱電発電における最大負荷電力供
給用回路, 2006 年秋季 第67回応用物理学会学術講演会
2006 年 9 月
松本崇之, 山口栄雄, 山本淳, 船戸充, 川上養一, InN 単結晶
薄膜の熱電特性, 2006 年秋季 第67回応用物理学会学術講演
会 2006 年 9 月
松本雅史, 山崎純, 山口栄雄, MOVPE 法によるサファイア基
板上 InSb の結晶成長と評価, 2006 年秋季 第67回応用物理
学会学術講演会 2006 年 9 月
松本雅史, 山崎純, 山口栄雄, MOVPE 法による InSb の結晶
成長と電気的特性, 平成 18 年度電気関係学会東海支部連合
大会 2006 年 9 月
安齋徹, 松本崇之, 山 純, 松本雅史, 山口栄雄, InSb 熱電
デバイスの作製と評価, 平成 18 年度電気関係学会東海支部
連合大会 2006 年 9 月
大熊義弘, 佐久間知典, 渡辺良男, 福地哲生, 根本孝七, 「ラ
マン散乱法を用いた準安定励起窒素分子の計測」, 平成 18 年
電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集[XVII-5], (熊
本, 2006-8)
Y.Ohkuma,
T.Fukuchi,
K.Nemoto,
Y.Watanabe,
"Visualization of density variation accompanying prebreakdown phenomena using shadowgraphy", Proc. 18th
European Conference on the Atomic and Molecular
Physics of Ionized Gases, pp.361-362 (Lecce, Italy, 2006-7)
Y.Watanabe, "Ionization Coefficient of the Model for
Dielectric Barrier Discharge Lamp", Proc. 8th AsiaPacific Conference on Plasma Science and Technology
and 19th Symposium on Plasma Science for Materials,
p.25 (Cairns, Australia, 2006-7)
辻野 次郎丸, 「大容量の複合振動源と超音波溶接」, 超音波
TECHNO, 日本工業出版 (株) , vol. 18 No.3, pp.34-41
(2006-05)
岩村保雄, 「EL152シングル9W パワーアンプ」, 無線と実験,
Vol.93, No.2, pp.112-122 (2006 年2月).
岩村保雄, 「6BW6プッシュプルアンプ」, 無線と実験, Vol.93,
No.5, pp.46-52 (2006 年 5 月).
岩村保雄, 「DET-25シングルパワーアンプの改造」, 無線と実験,
Vol.93, No.9, pp.108-111 (2006 年 9 月).
渡辺良男, 「光の研究コミュニティー ―技術進展を支える光関
連研究会/研究グループ,照明学会光の発生・関連システム研
究専門部会」, 月刊オプトロニクス6月号, No.294, pp.158159 (2006-6)
S.Yamaguchi and A.Yamamoto, "Thermoelectronics for
Thermo-Aware Electronics", Handbook of Semiconductor
Nanostructures and Nanodevices, pp.325-342, American
Scientific Publishers Los Angeles, 2006.
辻野次郎丸, 塑性加工便覧, 分担執筆, 日本塑性加工学会
(2006-05)
Takashi Hirate, "ZnO and Related Materials" Edited by
J. Christian, B. Gil, A. Hoffman, D.C. Look and T.
Yao, European Material Research Society (E-MRS)
Symp. Proc Vol.181 Elsevier Science Ltd, UK (2005),
pp67-74.
北島康彦, 新中新二, 井村彰宏, 「自動車における交流電動機
15
駆動システムの応用技術」, 平成 18 年電気学会全国大会講演
論文集4, pp. S17(6)〜S17(10) (横浜, 2006-3)
新中新二, 「センサレス電気自動車の開発」, 神奈川大学ハイテ
クリサーチセンター (新しいエネルギー変換, 高密度エネル
ギー蓄積材料および環境クリーン化プロセス技術の開発) 研
究成果第5年度報告書, pp. 81-88 (2006-3)
穴田 哲夫, 馬 哲旺, 李 可人, マイクロ波平面回路の電磁界
測定とシミュレーションとの比較, 電磁界シミュレータと回
路設計講座, Microwave Workshops and Exhibition(MWE
2005), 2005 年 11 月 9 日(水)〜11日(金)
土屋健伸, "並列演算 FDTD 法による浅海内の音波伝搬解析並列計算アルゴリズムの紹介と実践", 海洋音響学会 2006 年
度第 1 回談話会 (東京, 2006-6)
遠藤信行, "超音波診断装置の応用−医用から海洋まで−", 港湾
空港技術研究所特別講演会, (横須賀, 2006-7)
許 瑞邦 「第11章 分布定数回路の扱い方 (理論・解析法・
解析ソフト・プラットフォームによる表示)」, 第 12 回マイ
クロ波シミュレータワークショップおよび第3回講習会
齊藤隆弘 「高品質画像入力のための新しい画像処理パラダイム」
次世代画像入力専門研究部会第 1 回 研究会開催案内, 2006
年 7 月 25 日
T. Saito, "Color Interpolation", IEEE 2006 ISSCC (Int.
Solid-State Circuits Conference), Color Imaging Forum,
Feb. 9, 2006.
小松隆 「単板カラーカメラのための超解像度デモザイキング−
光学ローパスフィルタによる画像ぼけの除去−」 日本オプト
メカトロニクス協会平成 18 年度第1回本技術部会, 2006 年
6 月 23 日
新中新二, 「世界最高性能を誇る永久磁石同期モータのセンサ
レスベクトル制御技術」, ㈱日本テクノセンター主催セミナー
(西新宿, 2006-5)
新中新二, 「永久磁石同期モータの実戦的高性能センサレス駆
動制御技術」, 三松㈱主催セミナー (港区芝公園, 2006-7)
新中新二, 「最新のモータ駆動制御技術 (最高性能を誇る永久
磁石同期モータのセンサレスベクトル制御技術)」, 穂高電子
㈱主催 「モータの設計と制御に関するソリューションセミナー」
(新宿, 2006-9)
辻野次郎丸, High Power Applications of Ultrasonics for
Ultrasonic Welding and Machining, 【 International
Workshop 】 New Technologies in Sonoprocessing of
Metals. 「強力超音波による超音波溶接・金属加工について」,
【国際ワークショップ】 金属材料ソノプロセッシングの新
展開:主催:東北大学多元物質科学研究所 新産業創造物質
基盤技術研究センター (MSTeC)共催:日本金属学会東北支
部, 日本鉄鋼協会東北支部, 資源・素材学会東北支部(東北大
学, 仙台, 2006-02)
山口栄雄, 「熱とエレクトロニクスと化合物半導体―サーモアウェ
アエレクトロニクスの提言」 テクノトランスファー in かわ
さき2006 2006 年7月12-14日神奈川県産業貿易振興協
会
齊藤隆弘, 木下宏揚, 能登正人, 中山明芳, 遠藤信行, 豊嶋久
道, 穴田哲夫, 許瑞那, 辻野次郎丸, 山口栄雄, 島健, "チッ
プ上に広がる人間環境系を支える知能集積技術", 文部科学
省ハイテク・リサーチ・センター整備事業助成金 (プロジェ
クト代表者:齊藤隆弘)
遠藤信行, 土屋健伸, 安全性確認を目的とした超音波照射時の
生体内温度上昇の精密測定と数値解析法, 平成 17 年度文部科
学省科学研究費補助金 基盤研究(C)
土屋 健伸, "ネットワーク結合型並列コンピュータを用いた
体内組織および骨内伝搬音波の解析", 平成 17 年度文部科学
省科学研究費補助金 若手研究(B)
遠藤信行, 土屋健伸, 生体安全性の確認を目的とした超音波
熱作用による温度上昇の高精度予測数値解析法の開発, (社)
日本超音波医学会平成 18 年度研究開発班補助金
遠藤信行, 土屋健伸, 音響レンズを用いたカテーテル型超音波
診断・治療用探触子開発の基礎研究, 平成 18 年度文部科学省
科学研究費補助金 基盤研究(C)
土屋健伸, 生体の安全性確認のための超音波照射時における生
体軟部組織ならびに骨内部の温度推定, 平成 18 年度文部科学
省科学研究費補助金 若手研究(B)
木下宏揚, 研究者の役に立つ著作権とセキュリティを考慮した
知識の発見と流通に関する研究, 平成 18 年度文部科学省科学
研究費補助金 基盤研究(C)
齊藤隆弘, 小松隆: "超高画質ディジタルシネマのためのヒュー
マンプロセッサ型撮像方式の研究", 文部科学省科学研究費
補助金 基盤研究(C) (継続)
新中新二, 「リラクタンストルクを利用したACモータの高度
駆動制御法の研究」, 2006 年度文部科学省科学研究費補助金,
基盤研究(C)
新中新二, 「高性能センサレス電気自動車の開発」, 神奈川大学
ハイッテクリサーチセンタープロジェクト 「(新しいエネル
ギー変換, 高密度エネルギー蓄積材料および環境クリーン化
プロセス技術の開発)
中山明芳 "超伝導接合の3次元磁界特性を決める磁束量子の位
置の観察" 平成 18 年度科学研究費基盤研究(C)
山口栄雄, 不純物制御したインジウムアンチモン超格子熱電変
換素子の開発, 科学研究費補助金 基盤研究 C
山口栄雄, 米田征司, 高効率多機能型半導体薄膜サーマルデバ
イスの開発, 神奈川大学共同研究奨励助成金
遠藤信行, 海洋音波伝搬数値モデルの研究, 日本電気株式会社
(2005)
大野吉弘, 「負荷追従特性を考慮した燃料電池のモデルに関す
る検討」, 東京電力株式会社.
米田征司, 「中温用熱電発電システムとその周辺要素技術に関
する研究」, 独立行政法人 物質・材料研究機構.
齊藤隆弘: "画像の高画質化に関する基礎理論の検討・技術開発
",東芝総合研究所
齊藤隆弘: "イメージシグナルプロセッサ(ISP)画像処理技術開
発"ウインボンド
齊藤隆弘: "ダイレクトイメージング撮像素子の性能評価"富士
フィルム
齊藤隆弘: "非線形拡散画像モデルに基づく高画質化処理の検討
"オリンパス(株)
辻野次郎丸
「複合振動系を用いた超音波ワイヤーボンディン
グ」 特許第3777245号 (2006.3.3)
Seventeenth Asia Pacific Microwave Conference (APMC
2005) 2005-12-7 AM, Oral Session W6, Instrumentation
and Measurement Techniques Session Chairs: Tetsuo
Anada
16
辻野次郎丸, 座長: 2005 IEEE International Ultrasonics
Symposium, Rotterdam, The Netherlands , Session:
"Industrial Measurements and Applications". (2005.09)
辻野次郎丸, 第 2 回論文委員会出席, 2006 IEEE International
Ultrasonics Symposium Program Committee, Chicago,
USA, 論文審査およびプログラム編成 (2006.06)
Takashi Hirate, Symposium of the 2005 Material Research
Fall Meeting, 2005 (Boston, USA).
Takashi Hirate, Materials Research Society 2006 Spring
Meeting, 2006 (San Francisco, USA).
Takashi Hirate, European Materials Research Society 2006
Spring Meeting, 2006 (Nice, France)
土屋健伸, 遠藤信行, "並列演算 FDTD 法による浅海音波伝搬
解析", 海洋音響学会論文賞 (2006-5)
土屋健伸, "超音波照射時の生体組織内部の温度値の数値解析
と実測結果の比較", 日本超音波医学会奨励賞 (2006-5)
齊藤隆弘, 映像情報メディア学会フェロー, (2006-5)
土屋健伸, 日本超音波医学会超音波工学フェロー, EJSUM-95
(2006-7)
渡辺良男, 日本照明学会 90 周年功労者表彰, 2006 年8月
土屋健伸, "海洋音波伝搬の高精度数値解析に関する研究", 博
士 (工学) 東京工業大学 (2005-10)
Ⅰ
K. Matsumoto, S. Kawai, and M. Igawa, "Dominant factors controlling concentrations of aldehydes in rain,
fog, dew water and in the gas phase", Atmos. Environ.,
Vol.39, pp.7321-7329, 2005
M. Igawa, K. Yamamoto, and K. Matsumoto, "Facilitated
transport of carbohydrates across an anion-exchange
membrane fixed with borate ion", Bull. Soc. Sea Water
Sci., Vol.60, pp.199-200, 2006
E. Sato, K. Matsumoto, H. Okochi, and M. Igawa,
"Scavenging effect of precipitation on volatile organic
compounds in ambient atmosphere", Bull. Chem. Soc.
Jpn., Vol.79, pp.1231-1233, 2006.
M. Komura, Z. Qiu, T. Ikehara, K. Nakajima, T. Nishi,
"Nanotribology on polymer blend surface by atomic
force microscopy", Polymer Journal, Vol. 38, No. 1,
pp.31-36 (2006-1).
Z. Qiu, W. Yang, T. Ikehara, T. Nishi, "Miscibility and
crystallization behavior of biodegradable blends of two
aliphatic
polyesters.
Poly(3-hydroxybutyrate
hydroxyvalerate) and poly( ε -caprolactone)", Polymer,
Vol.46, No.25, pp.11814-11819 (2005-12).
K. Maruyama, H. Kudo, T. Ikehara, N. Ito, T. Nishikubo,
"Synthesis of photocrosslinkable hyperbranched polyesters and their film properties", Journal of Polymer
Science, Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.19,
pp.4642-4653 (2005-10).
H. Kurihara, A. Shishido, O. Tsutsumi, T. Shiono, T.
Ikeda, "Effects of Intensity of Actinic Light and
Temperature on Photochemical Phase Transition of
Azobenzene Liquid Crystals Probed by a Near-Infrared
Laser Beam", Molecular Crystals and Liquid Crystals,
Vol.443, pp.229-238, (2005-12).
H. Kurihara, A. Shishido, T. Ikeda, "Evaluation of
photoinduced change in refractive index of a polymer
film doped with an azobenzene liquid crystal by means
of a prism coupling method", Journal of Applied
Physics, Vol.98, pp.083510, (2005-10).
H. Kurihara, A. Shishido, T. Ikeda, O. Tsutsumi, T.
Shiono, "Photoinduced Change in Birefringence and
Optical Switching at Near-Infrared Region Based on
Photochemical Phase Transition of Azobenzene Liquid
Crystals", Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.
441, pp.171-182, (2005-10).
S. Okamoto, H. Ito, S. Tanaka and F. Sato, "Ti(II)-Mediated
domino cyclization of 2-functionalized 1-halo-2,n-enynes
(n = 7, 8) to bicyclic compounds", Tetrahedron Letters,
Vol.47, pp.7537-7540 (2006-8).
M. Ohkubo, D. Hayashi, D. Oikawa, K. Fukuhara,
S. Okamoto and F. Sato, "Synthesis of -substituted 2arylpyrroles by the reaction of (η2-imine)titanium complexes with 3,3-diethoxypropyne", Tetrahedron Letters,
Vol.47, pp.6209-6212 (2006-7).
M. Ohkubo, W. Uchikawa, H. Matsushita, A. Nakano, T.
Shirato and S. Okamoto, "Stereoselective construction of
3a-methylhydrindanes starting from 2,7-enynol derivatives based on Ti(II)-mediated cyclization and Rucatalyzed ring-closing metathesis", Tetrahedron Letters,
Vol.47, pp.5181-5185 (2006-5).
M. Kobayashi and S. Okamoto, "Unexpected reactivity of
annulated 3-benzothiazol-2-ylideneamines as an acyl
transfer catalyst", Tetrahedron Letters, Vol.47, pp.43474350 (2006-4).
N. Saino, D. Kogure, K. Kase and S. Okamoto, "Ironcatalyzed intramolecular cyclotrimerization of triynes to
annulated
benzenes", Journal
of
Organometallic
Chemistry, Vol.691, pp.3129-3136 (2006-2).
N. Saino, F. Amemiya, E. Tanabe, K. Kase and S.Okamoto,
"A Highly Practical Instant Catalyst for Cyclotrimerization
of Alkynes to Substituted Benzenes", Organic Letters,
Vol.8, pp.1439 - 1442 (2006-2).
A. Kuno, N. Saino, T. Kamachi, and S. Okamoto, "Cobaltcatalyzed benzyl-alkynyl coupling", Tetrahedron Letters,
Vol.47, pp.2591-2594 (2006-2).
S. Okamoto, S. Tominaga, N. Saino, K. Kase, and K. Shimoda,
"Allylic Substitution Reactions with Grignard Reagents
Catalyzed by Imidazolium and 4,5-Dihydroimidazolium
Carbene-CuCl Complexes , Journal of Organometallic
Chemistry, Vol.690, pp.6001-6007 (2005-10).
Irie, D., Ono, A. & Izuta, S. "Recognition of Oxidized
Thymine Base on the Single-Stranded DNA by
Replication Protein A" Nucleosides Nucleotides & Nucleic
Acids, Vol. 25, 436-451 (2006).
Y. Tanaka, H. Yamaguchi, S. Oda, M. Nomura, C.
Kojima, Y. Kondo, A. Ono "NMR spectroscopic study of
a DNA duplex with mercury-mediated T-T base pairs"
Nucleoside Nucleotides & Nucleic Acids, Vol. 25, 613-624
(2006).
Y. Miyake, H. Togashi, M. Tashiro, H. Yamaguchi, S.
Oda, M. Kudo, Y. Tanaka, Y. Kondo, R. Sawa, T.
17
Fujimoto, T. Machinami, A. Ono "Mercury II -mediated
formation of thymine-Hg II-thymine base pairs in DNA
duplexes" J. Am. Chem. Soc., Vol. 128, 2172-2173 (2006).
Koide, Y.; Katakura, R. "Configuration Specific Synthesis
of the facial and meridional Isomers of Tris(8hydroxyquinolinate) Aluminum (Alq3 )" Inorg. Chem.,
Vol. 45, 5730-5732 (2006)
Katakura, R.; Koide, Y. "One-step Synthesis of Aluminum
Acetylacetone from [AlO(OH)] n (Boehmite) in Water"
Chem. Lett., 1448-1449 (2005).
K. Tanaka, H. Uchida, T. Igarashi, and T. Sakurai, "Graft
Photocopolymerization of Styrene with 9-AnthrylmethylSubstituted Poly(methyl methacrylate)", ., Vol.
37, No. 10, pp. 754-758 (2005-10).
K. Tanaka, M. Fukuda, T. Igarashi, and T. Sakurai,
"Molecular Size Effects of Diarylnitrone Additive on the
Refractive-Index Change in Poly(methyl methacrylate)
Film", ., Vol. 37, No. 10, pp. 776-781 (2005-10).
K. Maekawa, K. Kubo, T. Igarashi, and T. Sakurai,
"Electron Transfer-Initiated Asymmetric Photocyclization
of Chiral Auxiliary-Substituted -Acyl- α -dehydro
(1-naphthyl)alaninamides to the Corresponding 3,4Dihydrobenzo[ ]quinolinone Derivatives",
,
Vol. 61, No. 47, pp. 11211-11224 (2005-11).
K. Tanaka, R. Akimoto, T. Igarashi, and T. Sakurai,
"Abilities
of
2-Arylmethyloxy-6-cyanonaphthalene
Derivatives
to
Initiate
Radical
and
Cationic
Photopolymerizations", ., Vol. 44, No. 1, pp. 25-31 (2006-1).
K. Tanaka, E. Takayanagi, T. Igarashi, and T. Sakurai,
"Behavior of Nitroxyl Radical in the Polymerization
Process Forming Copolymers Bearing Diarylnitrone
Pendants and Photocontrol of Refractive Indices for
These Copolymers", Vol. 44, No. 1, pp. 88-97 (2006-1).
H. Hoshina, K. Maekawa, K. Kobayashi, T. Igarashi, and
T. Sakurai, "A Convenient Synthesis of Papaverine
Analogs via Photocyclization of -Acyl-α-dehydroarylalaninamide Derivatives", Vol. 68, No. 5,
pp. 993-1006 (2006-5).
H. Kurosawa, K. Bakoshi, S. Ichikawa, T. Igarashi, and
T. Sakurai, "Preferred Conformations of Diastereomeric
-Acyl-1-naphthylalanylprolinamides
and
Related
Dipeptide and Their Fluorescence Quenching by Chiral
Amines", , Vol. 68, No. 8, pp. 1571-1578 (2006
-8).
K. Yamada, M. Satoh, K. Tanaka, A. Wakabayashi, T.
Igarashi, and T. Sakurai, "Nitrile-Forming Radical
Elimination Reactions of 1-Naphthaldehyde -(4Substituted Benzoyl)Oximes Activated by Triplet
Benzophenone", Vol.
183, No. 1-2, pp. 205-211 (2006-9).
Y.-S. Lee, S.-J. Cho, Y.-K. Sun, K. Kobayakawa, and Y.
Sato, "Dvelopement of Lithium Iron Oxide Cathode
Materials
for
Lithium
Secondary
Batteries",
Electrochemistry, Vol. 72 (10), pp.874-882 (2005).
M. Morishita, K. Kobayakawa, and Y. Sato, "Alkaline
Cation Intercalation into Graphite Used as a
Conducting Materials in Nickel Electrode of Aqueous
Secondary Batteries", Electrochemical and Solid State
Letters, Vol.8 (10), pp. A539-A543 (2005).
D. Li, Y. Sasaki, K. Kobayakawa, and Y. Sato, "Impact of
cobalt substitution for manganese on the structural and
electrochemical
properties
of
LiNi0.5 Mn 0.5 O 2 ",
Electrochimica, Acta, Vol.51 (18), pp.3809-3813 (2006).
小宮山祐規, 大塚秀幸, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「電析 Co/Pd
多層膜の磁気的性質に及ぼす金属下地層の影響」, 表面技術,
Vol.57 (3), pp.215-219 (2006).
浅井良規, 岸本圭介, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「Ni/SiC 複合めっ
きに対するカチオン性界面活性剤の影響」, 表面技術, Vol.
57(7), pp.524-528 (2006).
M. Morishita, S. Shikimori, Y. Shimizu, A. Imasato, H.
Nakamura, K. Kobayakawa, and Y. Sato, "The Memory
Effect in the Partial Charge-Doscharge Cycling of
Alkaline Secondary Batteries", Electrochemistry, Vol.74
(7), pp.532-535 (2006).
D. Li, Y. Sasaki, K. Kobayakawa, and Y. Sato,
"Morphological, structural, and electrochemical characteristics of LiNi0.5 Mn 0.5 M0.1 O 2 (M = Li, Mg, Co, Al)",
Journal of Power Sources, Vol.157 (1), pp.488-493 (2006).
M. Kageyama, D. Li, K. Kobayakawa, Y. Sato, and Y.-S.
Lee, "Structural and electrochemical properties of
LiNi1/3Mn 1/3Co1/3O 2-xFx prepared by solid state reaction",
Journal of Power Sources, Vol.157 (1), pp.494-500 (2006).
M. Watabe, H. Fukuda, K. Kitsukawa, H. Nakajima, Y.
Yukawa, S. Igarashi, Y. Fujii, T. Takayama,"Preparation
of platinum(II) complexes with dipeptide and diimine. Xray crystal structure and 195 Pt NMR spectra",J. Inorg.
Biochm., Vol. 100, 1653-1659 (2006).
Y.Sato, K.Terada, S.Hasegawa, T.Miyao and S.Naito,
"Mechanistic Study of Water-gas-shift Reaction over
TiO 2 Supported Pt-Re and Pd-Re Catalysts", Applied
Catalysis A General, Vol.296, (29), pp.80-89,(2005-11).
S.Naito, "Marked Effect of Various Supports and
Additives upon Liquid Phase Methanol Reforming with
Water over Supported Group 8-10 Metal Catalysts",
Catalysis Survey from Asia, Vol.9, pp.243-258, (2005-12).
N. Mohammad, Y.Mukainakano, S.Kado, T.Miyazawa,
K.Okumura, T.Miyao, S.Naito, K.Suzuki, K.Fujimoto,
K.Kunimori, K.Tomishige, "Oxidative steam reforming
of methane under atmospheric and pressurized conditions over Pd/NiO-MgO solid solution catalysts.",
Applied Catalysis, A: General, Vol.308, pp.1-12(2006-7).
L.Baitao,
S.Kado,
Y.Mukainakano,
N.Mohammad;
T.Miyao,
S.Naito,
K.Kunimori,
K.Tomishige,
"Temperature profile of catalyst bed during oxidative
steam reforming of methane over Pt-Ni bimetallic catalysts.", Applied Catalysis, A: General, Vol.304, pp.62-71
(2006-5).
Y.Sato, Y.Soma, T.Miyao and S.Naito, "A study on the
Water-gas-shift Reaction over Ir/TiO 2 and Ir-Re/TiO 2
Catalysts", Appl. Catal. A: General,Vol.304, pp.78-85
(2006-5).
S.Naito, S.Aida, T.Kasahara, and T.Miyao, "Infrared spectroscopic study on the reaction mechanism of CO hydrogenation over Pd/CeO 2 ", Research on Chemical
Reaction Intermediates,32-34,pp.279-290 (2006).
T.Miyao,
M.Yamauchi,
H.Narita,
and
S.Naito,
"Remarkable Support Effect for Liquid Phase Methanol
Reforming with Water over Supported Pt-Ru Catalysts",
Applied Catalysis A General, Vol.299, pp.285-291(2006-1).
Y.Sato, K.Terada, Y.Soma, T.Miyao, and S.Naito,
"Marked Addition Effect of Re upon the Water Gas
Shift Reaction over TiO 2 Supported Pt, Pd and Ir
18
Catalysts", Catal. Comm., Vol.7, pp.91-95 (2006-2).
T.Yamagishi, I.Furikado, S.Ito, T.Miyao, S.Naito,
K.Tomishige and K.Kunimori, "Catalytic performance and
characterization of RhVO 4/SiO 2 for hydroformylation and
CO hydrogenation", Journal of Molecular Catalysis A:
Chemical, Vol.244, pp.201-212 (2006-2)
Y.Sato, M.Koizumi, T.Miyao, and S.Naito, "The CO-H2
and CO-H2O Reactions over TiO 2 Nanotubes Filled with
Pt Metal Nanoparticles", Catal. Today, Vol. 111, pp.164170 (2006-2).
S.Naito, K.Minoshima, Y.Kurokawa, T.Miyao, "Preparation
of hollow silica-Rh, -Ir, and Rh/Ir- bimetallic
nanocomposites by reverse micelle technique and their
unique adsorption and catalytic behavior", Sci. Bases.
Prep. Hetero.Catal., Vol.162, pp.63-70 (2006-9).
T. Nishikubo, H. Kudo, and T. Nakagami, "Synthesis of
Hyperbranched Poly(ester)s with Pendant Hydroxy
Groups by the Poly(addition) of Bis(oxetane)s with 1,3,5Benzenetricarboxylic Acid", Polym. J., 38, (2), 145-152
(2006).
H. Kudo, H. Inoue, T. Nishikubo, and T. Anada,
"Synthesis and Refractive-Indices Properties of Novel
Octa-Arms Star-Shaped Polysulfides Radiating from pt-Butylcalix[8]arene Core", Polym. J., 38, (3), 289-297
(2006).
H. Kudo, M. Yamamoto, T. Nishikubo, and O. Moriya,
"Novel Materials for Large Change in Refractive Index:
Synthesis and Photochemical Reaction of the Ladderlike
Poly(silsequioxane)
Containing
Norbornadiene,
Azobenzene, and Anthracene Groups in the Side
Chains", Macromolecules, 39, (5), 1759-1765 (2006).
山本優, 工藤宏人, 小野由智, 西久保忠臣, "側鎖にアゾベン
ゼンおよびアントラセン残基を有するポリマー類の合成とそ
の光反応特性および屈折率変化", ネットワークポリマー,
27, (1), 10-19 (2006).
T. Nishikubo, H. Kudo, K. Maruyama, T. Nakagami, and
H.
Miyabe,
"Synthesis
of
Photocrosslinkable
Hyperbranched Polyesters with Terminal Methacryloyl
Groups by the One-pot Polyaddition of Bis(oxetane)s
with 1,3,5-Benzenetricarboxylic Acid and Methacrylic
Acid", Polym. J., 38, (5), 447-456 (2006).
H. Kudo, K. Maruyama, S. Shindo, T. Nishikubo, and I.
Nishimura, "Synthesis and Properties of Hyperbranched
Polybenzoxazole by Thermal Cyclodehydration of
Hyperbranched Poly[o-(t-butoxycarbonyl)amide] via A3
+ B3 Approach", J. Polym. Sci. Part A. Polym. Chem.,
44, (aa), 3640-3649 (2006).
西久保忠臣, 亀山敦, 工藤宏人, "オキセタン化合物の新規開
環反応による構造制御された高分子の合成", 有合誌, 64, (9),
934-946 (2006).
N. Mizuno, S. Hikichi, K. Yamaguchi, S. Uchida, Y.
Nakagawa, K. Uehara, and K. Kamata, "Molecular design
of
selective
oxidation
catalyst
with
polyoxometalate", Catalysis Today, Vol.117, Nos.1-3,
pp.32-36 (2006-9).
A. Yoshida, M. Yoshimura, K. Uehara, S. Hikichi, and N.
Mizuno, "Formation of S-Shaped Disilicoeicosatungstate
(W 20 ) and the Efficient Baeyer-Villiger Oxidation with
Hydrogen Peroxide", Angewandte Chemie International
Edition, Vol.45, No.12, pp.1956-1960 (2006-3).
Y. Goto, K. Kamata, K. Yamaguchi, K. Uehara, S.
Hikichi, and N. Mizuno, "Synthesis, Structural
Characterization,
and
Catalytic
Performance
of
Dititanium-substituted
γ-Keggin
Silicotungstate",
Inorganic Chemistry, Vol.45, No.5, pp.2347-2356 (2006-3).
K. Kakinuma, T. Arisaka, H. Yamamura and T. Atake
"The influence of the excessively doped alkaline earth
oxide on the structure and electrical conductivity of (Ba
114, 3990.5-ySryLa0.5)InO 2.75 system" 403 (2006).
K. Kakinuma, K. Yamakawa, H. Yamamura and T. Atake
"Electrical conductivity of (Ba0.3 Sr0.2La0.5) (In 1-x Fe x )O 3-δ"
177, 1317-1322 (2006).
R. Miyakoshi, A. Yokoyama, and T. Yokozawa, "CatalystTransfer Polycondensation. Mechanism of Ni-Catalyzed
Chain-Growth Polymerization Leading to Well-Defined
Poly(3-hexylthiophene)", J. Am. Chem. Soc., Vol. 127,
pp.17542-17547 (2005).
A. Yokoyama, S. Saito, Y. Shimizu, and T. Yokozawa,
"Effect of Substituent Orientation on Selectivity
Between
Polymerization
and
Cyclization:
Polycondensation of (Alkylamino)benzoic Acid Dimer
Phenyl Esters", Macromol. Rapid Commun., Vol. 26, pp.
1931-1935 (2005).
K. Yamazaki, A. Yokoyama, and T. Yokozawa, "Solvent
and Temperature Effect on Chiral Conformation of
Poly(-benzamide)s", Macromolecules, Vol. 39, pp. 24322434 (2006).
A. Yokoyama, Y. Nonaka, D. Uchida, S. Hiraoka, and T.
Yokozawa, "Convergent Access to Macrocycles via
Reversible Transacetalization", Chem. Lett., Vol. 35, pp.
424-425 (2006).
R. Sugi, T. Ohishi, A. Yokoyama, and T. Yokozawa,
"Novel Water-Soluble Poly(-benzamide)s: Precision
Synthesis and Thermosensitivity in Aqueous Solution",
Macromol. Rapid Commun., Vol. 27, pp. 716-721 (2006).
T. Ohishi, R. Sugi, A. Yokoyama, and T. Yokozawa, "A
Variety
of
Poly(-benzamide)s
with
Low
Polydispersities from Inductive Effect-Assisted ChainGrowth Polycondensation", J. Polym. Sci., Part A:
Polym. Chem., Vol. 44, pp. 4990-5003 (2006).
Ⅱ
S. Okamoto, A. Goswami, N. Saino, and K. Kase,
"CyclotrimerizationofAlkynes CatalyzedbyMXn-H2O/Zn
with 2-Iminomethylpyridine or Diphosphinoalkane",
Proc. 53th Symposium on Organometallic Chemistry,
Japan, p.212 (Osaka, 2006-9).
K. Kase, E. Tanabe, A. Goswami and S. Okamoto,
"CoCl2-6H2 O/dppe/Zn-Catalyzed [2 + 2 + 2] Cycloaddition
of Alkynes and Nitriles to Pyridines", Proc. 53th
Symposium on Organometallic Chemistry, Japan, p.213
(Osaka, 2006-9).
M. Ohkubo, S. Mochizuki, C. Matsuno and S. Okamoto,
"Reactivity of a Low-Valent Titanium Generated from
Ti(O-
-Pr)4and Mg in the Presence of TMSCl or MgBr2",
Proc. 53th Symposium on Organometallic Chemistry,
Japan, p.223 (Osaka, 2006-9).
S. Akai, M. Kojima, H. Youda, H. Aoki, T. Hiroshima, K.
Suzuki, K. Sato, "Effective Syntheses of Important 13CLabeled Monosaccharides and Bioactive Oligosaccharides
by Using Novel 13 C-Labeling Strategy", 23rd International Carbohydrate Symposium, Abstracts, pp. 129
19
(Canada, 2006-7).
K. Sato, S. Akai, H. Shoji, N. Sugita, K. Suzuki, T.
Kogure, Y. Nakamura, Y. Kajihara, M. Funabashi, J.
Yoshimura, "Total Syntheses of Tetrodotoxin from Inositol and D-Glucose", 23rd International Carbohydrate
Symposium, Abstract, pp. 280 (Canada, 2006-7).
H.Kuno, T.Miyao, S.Naito, "Preparation of Li−Graphite
Intercalation Compounds for Hydrogen Storage and
Their Absorption-Desorption Cyclic Properties" ,
PACIFICHEM 2005 , (Honolulu, 2005-12).
T.Miyao; K.Minoshima; S.Naito, "Synthesis of Metal
Containing Hollow Silica Nanospherical Particles and
Their Marked Ability for Hydrogen Occlusion" ,
PACIFICHEM 2005 , (Honolulu, 2005-12).
Y. Sato, R. Minamiura, T. Miyao, S. Naito, "Preferential
oxidation of carbon monoxide over Ru-Pt/Al2 O 3
catalysts", PACIFICHEM 2005, (Honolulu, 2005-12).
N.Maeda, T.Miyao, S.Naito, "TPD study on the selectivity
controlling factors in CH4 homologation over supported
group 8-10 metal catalysts" , PACIFICHEM 2005 ,
(Honolulu, 2005-12).
S. Naito, T. Sakamoto, T. Miyao, "Marked Effect of Mo, W
and Re Additives upon the Liquid Phase Reforming of
Methanol over TiO 2 Supported Pt and Ir Catalysts",19th
International
Symposium
on
Chemical
Reaction
Engineering, (Potsdam, 2006-9) .
S. Naito,
K. Minoshima,
Y. Kurokawa, T. Miyao,
"Preparation of hollow silica-Rh, -Ir, and Rh/Irbimetallic nanocomposites by reverse micelle technique
and their unique adsorption and catalytic behavior", 9th
International Symposium on Scientific Bases for the
Preparation of Heterogeneous Catalysts, (Brussels, 20069).
井川学, 阿部将宜, 松本潔, 「丹沢大山における大気汚染物質
沈着量の標高依存性」, 日本化学会第 86 春季年会講演予稿集,
2PA035 (習志野市, 2006-3)
鴫原亜土, 松本潔, 井川学, 「酸性沈着物のモミ針葉に及ぼす影
響 (3)」, 日本化学会第 86 春季年会講演予稿集, 2PA036 (習
志野市, 2006-3)
井川学, 平野圭祐, 松本潔, 「疎水性膜による疎水性有機物質
の選択的抽出透過(II)」, 日本化学会第 86 春季年会講演予稿
集, 2PB088 (習志野市, 2006-3)
井川学, 山本晃司, 松本潔, 「イオン交換膜に担持したホウ酸
イオンによる糖の選択輸送」, 日本化学会第 86 春季年会講演
予稿集, 2PB089 (習志野市, 2006-3)
K. Matsumoto, S. Tominaga, and M. Igawa, "Behavior of
the aerosols with the diameter larger than 10 μm in
urban
atmosphere",
7th
International
Aerosol
Conference, pp.1674, (St. Paul, U.S.A., 2006-9)
鴫原亜土, 松本潔, 井川学, 「丹沢山塊における酸性沈着物の負
荷と森林への影響」, 第 47 回大気環境学会年会講演要旨集,
1I1324, (東京都, 2006-9)
富永紗恵, 松本潔, 井川学, 「横浜および丹沢大山における大気
エアロゾルの化学組成と濃度支配要因 (2)」, 第 47 回大気
環境学会年会講演要旨集, P03, (東京都, 2006-9)
水野利一, 松本潔, 井川学, 「横浜における大気中 VOCs の測
定とその動態解明」, 第 47 回大気環境学会年会講演要旨集,
P16, (東京都, 2006-9)
井川学, 永池英佑, 中山槙子, 松本潔, 内山佳美, 「丹沢山塊に
おける微量ガス成分の濃度分布」, 第 47 回大気環境学会年会
講演要旨集, P17, (東京都, 2006-9)
小倉一晃, 松本潔, 井川学, 「酸性霧の化学組成と酸性化機構
(22)」, 第 47 回大気環境学会年会講演要旨集, P40, (東京都,
2006-9)
露久保功, 松本潔, 井川学, 「露水の化学組成と濃度支配要因(2)」,
第 47 回大気環境学会年会講演要旨集, P41, (東京都, 20069)
栗原英夫, 池原飛之, 「結晶性/結晶性高分子ブレンドの複屈折
測定」, 第 55 回高分子学会年次大会予稿集, Vol.55, No.1,
p.817 (名古屋, 2006-5).
矢澤峻司, 栗原英夫, 池原飛之, 「結晶性/結晶性ポリマーブレ
ンドおよびブロックコポリマーの球晶成長」, 第 55 回高分子
学会年次大会予稿集, Vol.55, No.1, p.821 (名古屋, 2006-5).
木村洋徳, 栗原英夫, 池原飛之, 「3 元系結晶性ポリマーブレン
ドの結晶化挙動と球晶成長速度」, 第 55 回高分子学会年次大
会予稿集, Vol.55, No.1, p.823 (名古屋, 2006-5).
池原飛之, 栗原英夫, 「異種球晶内における球晶成長速度」, 第
55 回高分子学会年次大会予稿集, Vol.55, No.1, p.822 (名古
屋, 2006-5).
塩田雄一, 栗原英夫, 池原飛之, 「高分子球晶における消光リ
ングとその内部構造解析」, 第 55 回高分子学会年次大会予稿
集, Vol.55, No.1, p.824 (名古屋, 2006-5).
池原飛之, 栗原英夫, 「複数の結晶性高分子の存在下で形成さ
れる球晶構造」, 第 55 回高分子討論会予稿集, Vol.55, No.2,
pp.4390-4391 (富山, 2006-9).
矢澤峻司, 栗原英夫, 池原飛之, 「両成分が結晶化するブロッ
クコポリマーの球晶成長」, 第 55 回高分子討論会予稿集,
Vol.55, No.2, pp.3556 (富山, 2006-9).
栗原英夫, 池原飛之, 「透過光強度変化を利用した高分子ブレ
ンド球晶の解析」, 第 55 回高分子討論会予稿集, Vol.55,
No.2, pp.3564 (富山, 2006-9).
才野直子, 雨宮史尋, 田邊絵美, 松野千加士, 岡本専太郎, 「Fe,
Co,Ni 塩を用いる系中触媒発生法によるアルキン環化三量化
反応系の探索」, 日本化学会第 86 春季年会講演予稿集[1H2-46]
(千葉, 2006-3).
才野直子, 加瀬幸喜, 雨宮史尋, 岡本専太郎, 「2-イミノメチル
ピリジン/CoCl2-6H2/Zn 触媒によるアルキン環化三量化反応」,
日本化学会第 86 春季年会講演予稿集[1H2-47] (千葉, 20063).
大久保睦美, 松下瞳, 岡本専太郎, 「分子内アリルチタン化反応
を用いるステロイド C,D 環部の立体選択的構築」, 日本化学
会第 86 春季年会講演予稿集[1J1-29] (千葉, 2006-3).
岡本専太郎, Avijit Goswami, 才野直子, 加瀬幸喜, 「2-イミ
ノメチルピリヂンあるいはジフォスフィン/MXn -H2O/Zn
(M = Fe, Co, Ni)を触媒とするアルキンの環化異性化反応」,
第53回有機金属化学討論会[PB227] (大阪, 2006-9).
岡本専太郎, Avijit Goswami, 才野直子, 加瀬幸喜, 「CoCl26H2O/dppe/Zn を触媒とするアルキンとニトリルの環化付加
によるピリジンの生成」, 第 53 回有機金属化学討論会[PB228]
(大阪, 2006-9).
大久保睦美, 望月彩加, 松野千加士, 岡本専太郎,「Ti(O-
-Pr)4
/TMSCl/Mg あるいは Ti(O-
-Pr)4 /MgBr2 /Mg より発生す
る低原子価チタンの反応性」, 第 53 回有機金属化学討論会[P
B238] (大阪, 2006-9).
K.Kase, S.Tominaga, K.Shimoda, N.Saino and S.Okamoto,
"Allylic and propargylic substitution reactions with
Grignard reagents catalyzed by N-heterocyclic carbeneCuCl complexes", PACIFICHEM 2005, Sesion 699,
Program#1155 (Honolulu, Hawaii) (2005-12).
S.Okamoto, N.Saino and D.Kogure, "Intramolecular
cyclotrimerization
of
triynes
catalyzed
by
an
20
-heterocyclic carbene-CoCl2 or -FeCl3 /Zn reagent",
PACIFICHEM
2005,
Sesion
699,
Program#1163
(Honolulu, Hawaii) (2005-12).
T.Aida,
N.Kuboki,
W.Uchikawa,
C.Matsuno
and
S.Okamoto, "Use of CaH2 as a reductive hydride source:
Reduction of ketones and imines with CaH2/ZnX2 in the
presence of Lewis acid", PACIFICHEM 2005, Sesion 861,
Program#1752 (Honolulu, Hawaii) (2005-12).
N.Saino, A.Kuno, T.Kamachi and S.Okamoto, "Co(acac)3 catalyzed
benzyl-alkynyl
coupling
reaction",
PACIFICHEM
2005,
Sesion
861,
Program#1754
(Honolulu, Hawaii) (2005-12).
M.Ohkubo, W.Uchikawa, A.Nakano, T.Shirato and
S.Okamoto,
"Stereoselective
construction
of
3amethylhydroindenes
by
sequential
Ti(II)-mediated
cyclization/allylation and ring closing metathesis",
PACIFICHEM
2005,
Sesion
861,
Program#1780
(Honolulu, Hawaii) (2005-12).
S.Okamoto, N.Saino, K.Kase, F.Mamemiya and E.Tanabe,
"IRON- and COBALT-BASED HIGHLY PRACTICAL
INSTANT CATALYST FOR CYCLOTRIMERIZATION
OF ALKYNES TO SUBSTITUTED BENZENS", 1st
European Chemistry Congress, Proc. P.55 [C-PO-101]
(Budapest, Hungary) (2006-8).
杉山空見子, 小野晶 「DNA 構造に沿って配列された金属錯体
の 合 成 」 第 56 回 錯 体 化 学 討 論 会 広 島 大 学 (2006, 09,
16〜18)
A. Ono, K. Sugiyama, T. Nishiuchi, Y. Watanabe, T.
Minowa
"The Synthesis of DNA-Wires Containing
Metal Ions" XVII International Round Table (IRT-XVII)
(2006, 09, 3〜7) (Bern, Switzerland)
Akira Ono "Synthesis of DNA Duplexes containing Metal
Ions" 16th International Symposium of Fine Chemistry
and Functional Polymers (FCFP-XVI) & IUPAC 2nd
International Symposium on Novel Materials and
Synthesis (NMS-II) (2006, 7, 24-27) (Lanzhou, China)
小野晶 「DNA 構造に沿って金属イオンを配列させる手法の開
発」 ナノ学会第4回大会 京大時計台記念館 (2006, 05,
19〜21)
小野晶 「DNA を基盤構造とする金属イオンセンサーの合成」
日本薬学会第126年会 仙台 (2006, 03, 28〜30)
小野晶 「担体上修飾法による機能性 DNA の化学合成」 日本化
学会第 86 春季年会 千葉 (2006, 04, 27〜30)
A. Ono, S. Cao, H. Togashi, Y. Miyake "Synthesis of
Novel Metal Ion Sensors Based on DNA-Metal
Interactions" 15th International Symposium of Fine
Chemistry and Functional Polymers (FCFP-XV) &
IUPAC 1th International Symposium on Novel
Materials and Synthesis (NMS-I) (2005, 10, 17-20)
(Shanghai, China)
小出芳弘 「水酸化酸化アルミニウム(AlO(OH))と 8-ヒドロキシ
キノリンの水中反応による facial-Alq3 の選択合成」 第 56 回
錯体化学討論会 (広島) (2006, 09, 16〜18)
後藤伸弥, 宮下奈月, 鶴田浩二, 五十嵐徹太郎, 櫻井忠光,
「芳香族発色団を導入した4-
-ブチルカリックスアレーン
誘導体の合成と光反応性」, 日本化学会第 86 春季年会, 講演
予稿集Ⅱ, 2PB-074, 2006 年 3 月 (船橋).
黒澤弘樹, 石垣宏規, 馬越加奈, 五十嵐徹太郎, 櫻井忠光, 「アシルアリールアラニンアミド誘導体のキラルアミンによる
エナンチオ区別蛍光消光に及ぼすミセル効果」, 日本化学会
第 86 春季年会, 講演予稿集Ⅱ, 3PA-096, 2006 年 3 月 (船
橋).
佐々木裕二, 渡邉晴夫, 五十嵐徹太郎, 櫻井忠光, 「-アシルα-デヒドロアリールアラニンアルキルエステル類の電子移
動を経由する新規不斉光環化反応(3)」, 日本化学会第 86 春
季年会, 講演予稿集Ⅱ, 3PB-222, 2006 年 3 月 (船橋).
藤井優聡, 長田健作, 五十嵐徹太郎, 櫻井忠光, 「カルバモイ
ル型アルドキシム誘導体の合成と光分解反応(3)」, 日本化学
会第 86 春季年会, 講演予稿集Ⅱ, 3PB-223, 2006 年 3 月
(船橋).
田中健太, 小泉裕太, 五十嵐徹太郎, 櫻井忠光, 「1-アリール
メチルオキシアントラセン誘導体のラジカルおよびカチオン
光重合開始能」, 2006 年光化学討論会, 講演要旨集, 1P013,
2006 年 9 月 (仙台).
藤井優聡, 長田健作, 五十嵐徹太郎, 櫻井忠光, 「1-ナフチル
メチレンイミノ基を有する新規光開裂型アミノ保護基の構築
と光分解反応」, 2006 年光化学討論会, 講演要旨集, 1P097,
2006 年 9 月 (仙台).
安藤正倫, 鈴木宏幸, 米沢養躬, 佐藤憲一, 辛重基, 「デヒド
ロペプチドを用いた天然物ビストラタミド F および誘導体の
合成研究」, 第 35 回複素環化学討論会, 講演予稿集, 189,
2005 年 10 月 (大阪).
安藤正倫, 荒井陽太, 米沢養躬, 佐藤憲一, 辛重基, 「大環状
抗生物質ラダマイシンの合成研究」, 第 35 回複素環化学討論
会, 講演予稿集, 191, 2005 年 10 月 (大阪).
安藤正倫, 米沢養躬, 佐藤憲一, 辛重基, 「チオストレプトン
系抗生物質ラダマイシンの合成研究」, 第 50 回有機合成化学
協会関東支部シンポジウム(新潟(長岡)シンポジウム), 講演要
旨集, 136-137, 2005 年 11 月(長岡).
谷真樹, 酒井公大, 谷口恵美, 赤井昭二, 佐藤憲一, 「同一中間
体からの Durhamycin B および Olivomycin A 構成三糖の
合成研究」, 第 50 回有機合成化学協会関東支部シンポジウム
(新潟(長岡)シンポジウム), 講演要旨集, 192-193, 2005 年 11
月(長岡).
谷真樹, 小島勝, 赤井昭二, 佐藤憲一, 「D -グルコースを出発原
料とする Lophiroside および Lanceolin の合成研究」, 第 26
回日本糖質学会年会, 要旨集, 129, 2006 年8月 (仙台).
柾泰裕, 小島勝, 峯村祥, 赤井昭二, 佐藤憲一, 「新規四級炭素
構築法の開発」, 第 26 回日本糖質学会年会, 要旨集, 130,
2006 年 8 月 (仙台).
浅井良規, 岸本圭介, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「Ni 金属を被覆
した SiC 粒子を用いた Ni/SiC 複合めっき」, 表面技術協会
第 112 回講演大会講演要旨集, 6A‐18 (金沢, 2005-10).
佐々木勇樹, 李徳成, 李侖城, 野口英行, 小早川紘一, 佐藤祐
一, 「層状 Ni-Co-Mn 系材料への LiF の添加効果とその正極
特性」, 第 46 回電池討論会講演要旨集, 2B-14 (名古屋, 200
5-11).
加藤泰裕, 李徳成, 小早川紘一, 佐藤祐一, 野口英行, 「金属
酸化物の表面被覆による LiNi1/3Co1/3Mn 1/3O 2 のサイクル特
性の改善」, 第 46 回電池討論会講演要旨集, 2B-16 (名古屋,
2005-11).
伊藤敦史, 李徳成, 小早川紘一, 佐藤祐一, 野口英行, 「スプ
レードライ法によるハイレート特性を有する LiNi0.5Mn 1.5O 4
の合成」, 第 46 回電池討論会講演要旨集, 3B-19 (名古屋,
2005-11).
清水良憲, 森下正典, 今里集, 中村宏, 小早川紘一, 佐藤祐一,
「Ni 極を使用したアルカリ系二次電池の部分充放電過程に生
じるメモリー効果の原因解明」, 第 46 回電池討論会講演要旨
集, 3C-09 (名古屋, 2005-11).
森下正典, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「アルカリ二次電池正極中
の導電材・グラファイトへのアルカリカチオンのインタカレー
ション」, 第 46 回電池討論会講演要旨集, 3C-10 (名古屋,
2005-11).
M. Morishita, Y. Shimizu, K. Kobayakawa, Y. Sato,
21
"Suppression of Memory Effect of Rechargeble Nickelmetal Hydride Battery for Hybrid Cars", アジア電動車
両学会予稿集, p.4 (大阪, 2005-11).
川合永二, 小早川紘一, 小木曽稔, 有本佐, 「Ta 酸化物との複
合によるパルスめっきにより作製した Ir 酸化物膜電極の寿
命の向上」, 第 26 回電解技術討論会講演要旨集, p.1 (京都,
2005‐11月).
浅井良規, 岸本圭介, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「Ni を被覆した
SiC 粒子を用いた Ni/SiC 複合めっき」, 第 16 回日本 MRS
学術シンポジウム要旨集, Q1-P04-M (東京, 2005‐12).
金子信悟, 高橋聡士, 亀山敦, 鹿倉健太, 吉本惣一郎, 澤口隆
博, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「電気化学 STM によって観察さ
れた Au(111)上での6‐オクチルチオ‐1,3,5‐トリアジン‐2,
4‐ジチオールモノソジウム SAM の吸着挙動」, 第 16 回日
本 MRS 学術シンポジウム要旨集, B1-P07-D (東京, 2005‐
12).
森下正典, 小早川紘一, 佐藤祐一, "The suppression of the
memory effect observed in nickel-metal-hydride batteries
in hybrid electric vehicles", 第 16 回日本 MRS 学術シンポ
ジウム要旨集, D2-P13-D (東京, 2005‐12).
野平譲, 岸本圭介, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「リンゴ酸を用い
たホウ酸フリー電気ニッケルめっき浴」, 表面技術協会第113
回講演大会講演要旨集, PD-1 (川越, 2006‐3).
曽根伸也, 古山博康, 森下正典, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「逆
ミセル法によるナノオーダー Pt‐Ni 合金微粒子の作製」, 表
面技術協会第113回講演大会講演要旨集, PD-12 (川越, 2006
‐3).
金子信悟, 吉本惣一郎, 澤口隆博, 鹿倉健太, 亀山敦, 小早川
紘一, 佐藤祐一, 「電気化学 STM を用いたトリアジンジチオー
ル誘導体の吸着挙動の解明」, 表面技術協会第113回講演大会
講演要旨集, PD-17 (川越, 2006‐3).
渡辺雅紀, 鹿倉健太, 亀山敦, 金子信悟, 小早川紘一, 佐藤祐
一, 「Fe 電極上におけるトリアジンチオール誘導体の電解重
合と腐食抑制評価」, 表面技術協会第113回講演大会講演要旨
集, PD-18 (川越, 2006‐3).
澤山知博, 亀山 敦, 金子信悟, 佐藤祐一, 「トリアジンチオー
ル構造を有するビオロゲン誘導体の光電子移動」, 日本化学
会第 86 春季年会講演予稿集, 3L1‐09 (船橋, 2006‐4).
伊藤敦史, 李徳成, 小早川紘一, 佐藤祐一, 野口英行, 「Co ドー
ピングによる LiNi0.5Mn 1.5O 3 の結晶構造および電気化学的特
性への影響」, 電気化学会第 73 回大会講演要旨集, PS08 (八
王子, 2006‐4).
萩谷将之, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「ルテニウム酸化物担持活
性炭電極への導電材の影響」, 電気化学会第 73 回大会講演要
旨集, 1L27 (八王子, 2006‐4).
古山博康, 戸田良輔, 福井麻紀子, 小早川紘一, 佐藤祐一,
「めっき法による白金−遷移金属合金電極の作製とメタノー
ル酸化特性」, 電気化学会第 73 回大会講演要旨集, 1P21 (八
王子, 2006‐4).
清水良憲, 森下正典, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「Ni 極を使用し
たアルカリ系二次電池の部分充放電過程で生じるメモリー効
果の原因解明」, 電気化学会第 73 回大会講演要旨集, 3L18
(八王子, 2006‐4).
鴨川宏幸, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「リチウムイオン二次電池
の正極に対する導電材の影響」, 電気化学会第 73 回大会講演
要旨集, 3L19 (八王子, 2006‐4).
S. Kaneko, S. Yoshimoto, T. Sawaguchi, K. Shikakura, A.
Kameyama, K. Kobayakawa, Y. Sato, "Adsorption behaviors of 6-octylthio-1,3,5-triazine-2,4-dithiol monosodium SAM on Au(111) investigated by electrochemical
STM", 表面工学フロンティア 2006 「第 8 回先端表面工学国
際会議」, PA‐05 (東京, 2006−4).
G. J. Park, Y. S. Lee, Y. Sato, "Synthesis and Electrochemical
Properties of Li1-x Fe 0.8 Ni0.2 O 2 -Lix MnO 2 Material",
International Meeting on Lithium Batteries, Abstract
#0054 (Biarrits(France), 2006-6).
Y. Sato, M. Morishita, K. Kobayakawa, "Alkaline cation
intercalation into graphite used as a conducting materials in nickel electrode of aqueous secondary batteries",
57th Annual Meeting of International Society of
Electrochemistry, Abstracts, S1-P-588( Edinburgh (UK),
2006-8).
S. Kaneko, K. Shikakura, A. Kameyama, K. Kobayakawa,
Y. Sato, "Adsorption behaviors of 6-octylthio-1,3,5trazine-2,4-dithiol monosodium SAM on Au(111) investigated by electrochemical STM", Abstracts, S7-P-29
(Edinburgh (UK), 2006-8).
村上祥教, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「窒素ドープ酸化チタン粉
末の光触媒挙動」, 2006 年電気化学秋季大会講演要旨集,
1A25 (京都, 2006‐9).
古山博康, 曽根伸也, 森下正典, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「組
成制御された Pt-Ni 合金超微粒子触媒の作製と電極特性」,
2006 年電気化学秋季大会講演要旨集, 1C10 (京都, 2006‐9).
萩谷将之, 千葉一美, 小早川紘一, 佐藤祐一, 「スピロ型アン
モニウム塩電解液を用いた電気二重層キャパシタ特性」,
2006 年電気化学秋季大会講演要旨集, 1O31 (京都, 2006‐9).
澤山知博, 亀山 敦, 金子信悟, 佐藤祐一, 「トリアジンチオー
ル構造を有するビオロゲン類の ITO 電極への吸着挙動と光
電子移動」, 第 59 回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨
集, 1D01 (札幌, 2006−9).
T.Takayama, K.Shinohara, and Y.Koike,"Synthesis,structure
and antimicrobial activity of novel functionalized
polysiloxane containing immobilized Ag + ",Pacifichem
2005(Hawaii,USA, 2005-12).
篠原和也, 高山俊夫, 小池芳雄, 渡部正利, 「銀ナノ粒子/ポ
リシロキサンの調整と機能性評価」, 日本化学会第 86 春季年
会, (千葉, 2006-3).
栗田 哲, 渡部 正利, 高山 俊夫, 「パラジウム含有銀ナノ
粒子の錯体敬経由合成法」, 第 56 回錯体化学討論会, (広島,
2006-9).
H.Kuno, T.Miyao, S.Naito, "Preparation of Li−Graphite
Intercalation Compounds for Hydrogen Storage and
Their
Absorption-Desorption
Cyclic
Properties",
PACIFICHEM 2005 , (Honolulu, 2005-12).
T.Miyao; K.Minoshima; S.Naito, "Synthesis of Metal
Containing Hollow Silica Nanospherical Particles and
Their Marked Ability for Hydrogen Occlusion",
PACIFICHEM 2005 , (Honolulu, 2005-12).
Y.Sato, R.Minamiura, T.Miyao, S.Naito, "Preferential oxidation of carbon monoxide over Ru-Pt/Al2O 3 catalysts",
PACIFICHEM 2005 , (Honolulu, 2005-12).
N.Maeda, T.Miyao, S.Naito, "TPD study on the selectivity
controlling factors in CH4 homologation over supported
group 8-10 metal catalysts" , PACIFICHEM 2005 ,
(Honolulu, 2005-12).
S. Naito, T.Sakamoto, T.Miyao, "Marked Effect of Mo, W
and Re Additives upon the Liquid Phase Reforming of
Methanol over TiO 2 Supported Pt and Ir Catalysts",19th
International Symposium on Chemical Reaction
Engineering, (Potsdam, 2006-9) .
S. Naito,
K.Minoshima,
Y.Kurokawa,
T.Miyao,
"Preparation of hollow silica-Rh, -Ir, and Rh/Irbimetallic nanocomposites by reverse micelle technique
and their unique adsorption and catalytic behavior", 9
22
th
International Symposium on Scientific Bases for the
Preparation of Heterogeneous Catalysts, (Brussels, 20069) .
南浦良太, 佐藤康司, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「アルミナ担持 Ru
触媒での CO の選択酸化反応における水素の役割」, 第 97 回
触媒討論会, 2006 年 3 月 (東京)
南浦良太, 佐藤康司, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「アルミナ担持 Ru
触媒での CO の選択酸化反応における水素の役割」, 日本化
学会第 86 春季年会, 2006 年 3 月 (千葉)
沼尾善行, 青柳美穂, 石丸優香, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「Rh を
内包した TiO 2 ナノ複合体の調製とその触媒特性」, 日本化学
会第 86 春季年会, 2006 年 3 月 (千葉)
坂本峻彦, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「TiO 2 担持 Ir 触媒によるメタ
ノール液相改質反応に対する遷移金属元素の添加効果」, 日
本化学会第 86 春季年会, 2006 年 3 月 (千葉)
平野貴嗣, 風早由比子, 中村亜樹雄, 宮尾敏広, 内藤周弌,
「シリカ担持 Pd 触媒上での N2O-CO 反応における In および
Pd の添加効果」, 日本化学会第 86 春季年会, 2006 年 3 月
(千葉)
熊田直剛, 折目智子, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「8-10 族貴金属を
内包したシリカナノ複合体の構造と吸着特性」, 日本化学会
第 86 春季年会, 2006 年 3 月 (千葉)
南浦良太, 佐藤康司, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「Ru/Al2O 3 触媒上
での CO の選択酸化反応における水素の役割」, 第 6 回グリー
ン, サステイナブルケミストリー, 2006 年 03 月 (東京)
河野秀平, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「 Mg-Li--H 系水素貯蔵材料
への添加物効果」, 日本金属学会第139回秋期大会, 2006 年 9
月 (新潟)
中山保先, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「 Li-Mg--H 系のアンモニア
放出量の定量Ⅰ」, 日本金属学会第 139 回秋期大会, 2006 年
9 月 (新潟)
中山保先, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「 Li-Mg--H 系のアンモニア
放出量の定量Ⅱ」, 日本金属学会第 139 回秋期大会, 2006 年 9
月 (新潟)
前田修孝, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「昇温脱離, 昇温反応による
メタン分解で生成した表面炭素種の反応性の検討」, 第98回
触媒討論会, 2006 年 9 月 (富山)
高根澤豪紀, 宮尾敏広, 内藤周弌, 「担持 Ru 触媒上での CO 選
択酸化反応に対する担体効果」, 第98回触媒討論会, 2006 年 9
月 (富山)
丸山研, 工藤宏人, 池原飛之, 西久保忠臣, "メタクリロイル
基を有するハイパーブランチポリマーの合成とその光硬化反
応および得られた硬化物の特性", 第 55 回ネットワークポリ
マー講演討論会, 講演要旨集, pp.1-4 (2005).
井上奈緒美, 工藤宏人, 西久保忠臣, "シクロデキストリンを
基盤とした光硬化材料の合成と性質", 第 55 回ネットワーク
ポリマー講演討論会, 講演要旨集, pp.5-8 (2005).
牧野真也, 工藤宏人, 西久保忠臣, "側鎖にメタクリロイル基
を有する環状ポリスルフィド類の合成とその光反応", 第 55
回ネットワークポリマー講演討論会, 講演要旨集, pp.9-12
(2005).
青木英行, 工藤宏人, 西久保忠臣, "オキセタン類のカチオン
開環共重合による新規デンドリック高分子の合成と機能化",
第 55 回ネットワークポリマー講演討論会, 講演要旨集,
pp.13-16 (2005).
能坂麻美, 工藤宏人, 西久保忠臣, "光カチオン重合性基と光
ラジカル重合性基を有するハイブリット型高分子の合成とそ
の光反応および熱反応", 第 55 回ネットワークポリマー講演
討論会, 講演要旨集, pp.17-20 (2005).
K. Shigematsu, H. Kudo, and T. Nishikubo, "Synthesis of
New Ladder Polymers by the Condensation Reaction of
Resorcinol with 1,4-Butanedial", 2005 International
Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem
2005), CD-Rom of Abstracts, ID#5049, December 15-20,
2005 (Honolulu, USA).
D. Watanabe, H. Kudo, and T. Nishikubo, "Development
of novel-Photofunctional Materials: Synthesis and
Photochemical Reaction of Noria-derivatives", 2005
International Chemical Congress of Pacific Basin
Societies (Pacifichem 2005), CD-Rom of Abstracts,
ID#5232, December 15-20, 2005 (Honolulu, USA).
T. Nishikubo and H. Kudo, "Novel Large Refractive-index
Change
Materials: Synthesis
and Photochemical
Reaction
of
the
Ladder-like
Polysilsesquioane
Containing Photo-Reactive Groups in the side Chains",
2005 International Chemical Congress of Pacific Basin
Societies (Pacifichem 2005), CD-Rom of Abstracts,
ID#5243, December 15-20, 2005 (Honolulu, USA).
H. Kudo and T. Nishikubo, "Synthesis and Photochemical
Reaction of the Calixarene Derivatives containing
Photo-Reactive Groups", 2005 International Chemical
Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005),
CD-Rom of Abstracts, ID#5780, December 15-20, 2005
(Honolulu, USA).
H. Aoki, H. Kudo, and T. Nishikubo, "Synthesis of New
Dendritic Polymers by the Cationic Polymerization of
Heterotelechelic
hyperbranched
Polymers
with
Bisoxetane", 2005 International Chemical Congress of
Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005), CD-Rom of
Abstracts, ID#5828, December 15-20, 2005 (Honolulu, USA).
H. Inoue, H. Kudo, and T. Nishikubo, "Synthesis of New
Star-Shaped Polysulfides Radiating From Calixarenes
Core]", 2005 International Chemical Congress of Pacific
Basin Societies (Pacifichem 2005), CD-Rom of Abstracts,
ID#5837, December 15-20, 2005 (Honolulu, USA).
M. Nosaka, H. Kudo, and T. Nishikubo, "Synthesis and
Property of the Functional Polymer Containing Both
Oxetanyl and Methacryloyl Groups", 2005 International
Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem
2005), CD-Rom of Abstracts, ID#5845, December 15-20,
2005 (Honolulu, USA).
R. Hayashi, H. Kudo, and T. Nishikubo, "The facil
Synthesis of Novel Cyclic Oligomer Noria-Molecular by
the Reaction of Resorcinol and Dialdehydes", 2005
International Chemical Congress of Pacific Basin
Societies (Pacifichem 2005), CD-Rom of Abstracts,
ID#5863, December 15-20, 2005 (Honolulu, USA).
井上元, 工藤宏人, 西久保忠臣, "チイラン類の挿入反応によ
るコアー架橋型スターポリスルフィドの合成とその屈折率特
性", 日本化学会第 86 春季年会, 講演予稿集 CD-ROM, 2 C215, 2006 年 3 月 (千葉).
工藤宏人, 柴田千恵美, 西久保忠臣, "オキセタン類とカルボ
ン酸類の付加反応速度とその反応機構の解明", 日本化学会
第 86 春季年会, 講演予稿集 CD-ROM, 2 C2-29, 2006 年 3
月 (千葉).
西久保忠臣, 工藤宏人, 野村浩, "オキセタン類と活性エステ
ル類との熱硬化反応及び得られた硬化物の熱的特性", 第 55
回高分子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55, (1), 275,
2006 年 5 月 (名古屋).
工藤宏人, 小池直之, 西久保忠臣, "グラフト型ポリスルフィ
ドの合成と屈折率特性", 第 55 回高分子学会年次大会, 高分
子学会予稿集, 55, (1), 377, 2006 年 5 月 (名古屋).
牧野真也, 工藤宏人, 西久保忠臣, "動的共有結合 (チオエス
テル) を有する環状化合物の環拡大重合", 第 55 回高分子学
23
会年次大会, 高分子学会予稿集, 55, (1), 386, 2006 年 5 月
(名古屋).
駒野淳也, 工藤宏人, 西久保忠臣, "内部にクロロメチル基を
有する新規デンドリマー類の合成", 第 55 回高分子学会年次
大会, 高分子学会予稿集, 55, (1), 399, 2006 年 5 月 (名古屋).
工藤宏人, 進藤旭, 西久保忠臣, "NBD 残基を有するスターポ
リマーの合成とその屈折率変換材料への応用", 第 55 回高分
子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55, (1), 474, 2006 年 5
月 (名古屋).
井上奈緒美, 工藤宏人, 西久保忠臣, "シクロデキストリンを
基盤とした新規屈折率変換材料の合成と性質", 第 55 回高分
子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55, (1), 1359, 2006 年 5
月 (名古屋).
丸山研, 工藤宏人, 西久保忠臣, "低複屈折材料の開発を目的
とした光重合性ハイパーブランチポリマー類の合成とその性
質", 第 55 回高分子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55,
(1), 1360, 2006 年 5 月 (名古屋).
井上元, 工藤宏人, 西久保忠臣, "側鎖にラジカル重合性基を
有する機能性スターポリスルフィドの合成とその光反応前後
における屈折率特性", 第 55 回高分子学会年次大会, 高分子
学会予稿集, 55, (1), 1362, 2006 年 5 月 (名古屋).
能坂麻美, 工藤宏人, 西久保忠臣, "光重合性基と熱硬化反応
性基を有するハイブリット型ハイパーブランチポリマーの合
成とその光反応および熱硬化反応", 第 55 回高分子討論会,
高分子学会予稿集, 55, (2), 2473-2474, 2006 年 9 月 (富山).
曽我哲徳, 工藤宏人, 西久保忠臣, "ヘテロポリ酸を用いたオ
キセタン類のカチオン重合挙動", 第 55 回高分子討論会, 高
分子学会予稿集, 55, (2), 2513-2514, 2006 年 9 月 (富山).
工藤宏人, 西久保忠臣, "高屈折材料開発を目的としたスター
ポリスルフィドの合成と性質", 第 55 回高分子討論会, 高分
子学会予稿集, 55, (2), 3049-3050, 2006 年 9 月 (富山).
青木英行, 工藤宏人, 西久保忠臣, "カリックスアレーン類を
コアーとした原子移動ラジカル重合によるスターポリマー類
の合成と屈折率特性", 第 55 回高分子討論会, 高分子学会予
稿集, 55, (2), 3901-3902, 2006 年 9 月 (富山).
渡辺大輔, 工藤宏人, 西久保忠臣, "光誘導脱保護基を有する
環状オリゴマー (Noria) 誘導体の合成とその光反応", 55,
(2), 4123, 2006 年 9 月 (富山).
A. Yoshida, K. Uehara, S. Hikichi, N. Mizuno, "Formation
of S-Shaped Disilicoeicosatungstate (W 20 ) and the
Efficient Baeyer-Villiger Oxidation with Hydrogen
Peroxide", Fifth Tokyo Conference on Advanced
Catalytic Science and Technology Abstracts, [O-A5] pp.8
(東京, 2006-7).
吉田暁弘, 上原和洋, 引地史郎, 水野哲孝, 「Keggin 型二原子
欠損型タングストケイ酸の二量化による新規酸化物クラスター
の合成とその特異な酸塩基挙動」, 日本化学会第 86 春季年会
講演予稿集 CD-ROM, 1F2-15 (船橋, 2006-3).
鎌田慶吾, 小谷美友紀, 山口和也, 引地史郎, 水野哲孝, 「欠
損型ポリオキソメタレートによる過酸化水素を酸化剤とした
オレフィン類のエポキシ化反応」, 日本化学会第 86 春季年会
講演予稿集 CD-ROM, 2D1-44 (船橋, 2006-3).
吉田暁弘, 上原和洋, 引地史郎, 水野哲孝, 「原子欠損型タン
グストケイ酸の二量化による新規クラスターの生成と過酸化
水素を酸化剤とする Baeyer-Villiger 酸化触媒特性」, 第 38
回酸化反応討論会講演予稿集, [O-10] pp41-43 (札幌, 200511).
柿沼克良, 山村博, 阿竹徹 "固体電解質(Ba0.3Sr0.2La0.5)InO 2.75
/カソード界面におけるインピーダンス測定" 2006 年度電気
化学会秋季大会 (要旨集 p90) 平成 18 年 9 月 (同志社大学)
横手武徳, 柿沼克良, 山村博 "A サイト欠陥を有する Ba2In 2O 5
系酸化物におけるプロトン伝導" 第 19 回日本セラミックス
協会秋季シンポジウム (要旨集 p44) 平成 18 年 9 月 (山梨大
学)
堀内弘星, 柿沼克良, 山村博 "固体酸化物形燃料電池 SOFC
用アノード極材料(Ca,La)TiO 3系の電気特性" 第 19 回日本セ
ラミックス協会秋季シンポジウム (要旨集 p56) 平成 18 年 9
月 (山梨大学)
八木勇誌, 柿沼克良, 山村博 "(La,Sr)(In,Mg)O 3-δにおける酸
化物イオン伝導と誘電特性"第 19 回日本セラミックス協会秋
季シンポジウム (要旨集 p61) 平成 18 年 9 月 (山梨大学)
斉藤美和, 柿沼克良, 山村博 "新規複合ブラウンミラライト
化合物の合成" 第 19 回日本セラミックス協会秋季シンポジ
ウム (要旨集 p61) 平成 18 年 9 月 (山梨大学)
渡邊美幸・柿沼克良・山村博 "陽イオンを固溶させた ZnO の
電気的特性" 第 19 回日本セラミックス協会秋季シンポジウ
ム (要旨集 p84) 平成 18 年 9 月 (山梨大学)
柿沼克良, 町田真悟, 山川敬士, 山村 博, 阿竹 徹 "(Ba0.3Sr0.2
La0.5 )InO 2.75 を用いた SOFC の発電量と固体電解質/カソー
ド界面抵抗との相関" 電気化学会第 73 回大会 (要旨集 p364)
平成 18 年 4 月 (首都大学東京)
柿沼克良, 町田真悟, 山村博, 阿竹徹 "ペロブスカイト型酸化
物 (Ba0.3 Sr0.2 La0.5 )InO 2.75 を用いた SOFC の開発 -(La0.6 Sr0.4 )
(Mn 1-x Mx )O 3-δ (M=Fe,Co and Ni)カソードの検討-" 第 31
回固体イオニクス討論会 (要旨集 p114) 平成 17 年12月 (新
潟)
Y. Inagaki, A. Yokoyama, and T Yokozawa, "Copolymers
of Chiral -Alkylated -Benzamide and Their Helical
Conformations", Pacific Polymer Federation IX Meeting
(PPF IX) "Frontiers in Living Polymerization"
Symposium, December, 2005 (Maui).
A Mukai, E. Suyama, A. Yokoyama, and T Yokozawa,
"Development of New Chain-Growth Polycondensation in
Rotaxane System", Pacific Polymer Federation IX
Meeting (PPF IX) "Frontiers in Living Polymerization"
Symposium, December, 2005 (Maui).
N. Ajioka, A. Yokoyama, and T. Yokozawa, "Synthesis
and Self-Assembly of Well-Defined Block Copolymers of
Aromatic Polyether and Polystyrene", Pacifichem 2005
Symposium, December, 2005 (Honolulu).
T. Niiyama, A. Yokoyama, and T. Yokozawa, "Synthesis
and Specific Structure
of Well-Defined Poly(benzamide)s Having Methyl Group at the Ortho
Position of the Amino Group", Pacifichem 2005,
December, 2005 (Honolulu).
Y. Ochiai, A. Yokoyama, and T. Yokozawa, "Selective
Hydrolysis of Diesters with Cyclodextrin as a
Supramolecular Protecting Group", Pacifichem 2005,
December, 2005 (Honolulu).
根岸亮太, 根本 卓, 樋口尚志, 横山明弘, 横澤 勉, 「固相に
固定化したモノマーを用いる連鎖重縮合の開発」, 第 55 回高
分子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55 (1), 1E12 (名古屋,
2006-5).
新山哲朗, 横山明弘, 横澤 勉, 「分子量と分子量分布を制御し
たポリベンゾオキサゾールの合成」, 第 55 回高分子学会年次
大会, 高分子学会予稿集, 55 (1), 1E13 (名古屋, 2006-5).
八幡幸太郎, 吉野和男, 横山明弘, 横澤 勉, 「親水性側鎖を有
する芳香族ポリアミドの合成とその自己組織化」, 第 55 回高
分子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55 (1), 1F27 (名古屋,
2006-5).
太田佳宏, 藤井修一, 横山明弘, 横澤 勉, 「連鎖重縮合条件下
の AB 2モノマーの重合による分子量分布の狭い多分岐芳香族
ポリアミドの合成」, 第 55 回高分子学会年次大会, 高分子学
会予稿集, 55 (1), 1F28 (名古屋, 2006-5).
24
藤井修一, 横山明弘, 横澤 勉, 「制御された芳香族ポリアミド
をマクロ開始剤として用いたコア架橋型・星型ポリマーの合
成」, 第 55 回高分子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55 (1),
1F29 (名古屋, 2006-5).
安達 勲, 宮越 亮, 横山明弘, 横澤 勉, 「オキシエチレン鎖
を有するポリチオフェンの合成:最適化した配位子を用いた
Ni 触媒移動型連鎖重縮合」, 第 55 回高分子学会年次大会, 高
分子学会予稿集, 55 (1), 1D29 (名古屋, 2006-5).
宮越 亮, 横山明弘, 横澤 勉, 「遷移金属触媒を用いたポリへ
キシルチオフェンの合成における重合機構の解明」, 第 55 回
高分子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55 (1), 1D30 (名古
屋, 2006-5).
下野恭平, 宮越 亮, 横山明弘, 横澤 勉, 「Ni 触媒移動型連鎖
重縮合によるポリ(-フェニレン)の合成」, 第 55 回高分子学会
年次大会, 高分子学会予稿集, 55 (1), 1D31 (名古屋, 2006-5).
大石智之, 杉 龍司, 横山明弘, 横澤 勉, 「種々の -および 置換芳香族ポリアミドジブロック共重合体の合成」, 第 55 回
高分子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55 (1), 2F03 (名古
屋, 2006-5).
丸山拓郎, 横山明弘, 横澤 勉, 「スチルベン骨格を有するモノ
マーの選択的環化反応による環状アミドの合成」, 第 55 回高
分子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55 (1), 2F08 (名古屋,
2006-5).
山崎加奈美, 横山明弘, 横澤 勉, 「光学活性な側鎖を持つメタ
置換芳香族ポリアミドのキラルコンフォメーション」, 第 55
回高分子学会年次大会, 高分子学会予稿集, 55 (1), 3F13 (名
古屋, 2006-5).
A. Yokoyama, K. Shimono, R. Miyakoshi, and T.
Yokozawa, "Catalyst-Transfer Polycondensation for the
Synthesis of Well-Defined Poly(-phenylene)", 1st
European Chemistry Congress 2006, August, 2006
(Budapest).
N. Ajioka, A. Yokoyama, and T. Yokozawa, "Synthesis
and Self-Assembly of Aromatic Polyether--Polystyrene
--Aromatic Polyether with Fluoro-Telechelic Polystyrene",
1st European Chemistry Congress 2006, August, 2006
(Budapest).
R. Miyakoshi, A. Yokoyama, and T. Yokozawa, "Mechanism
of Ni-Catalyzed Chain-Growth Polymerization for WellDefined Poly(3-Hexylthiophene)", 1st European Chemistry
Congress 2006, August, 2006 (Budapest).
味岡直己, 横山明弘, 横澤 勉, 「連鎖重縮合による芳香族ポリ
エーテルとATRPによるポリアクリロニトリルとの分子量
分布の狭い rod-coil ジブロック共重合体の合成」, 第 55 回高
分子討論会, 高分子学会予稿集, 55 (2), 1D07 (富山, 2006-9).
大石智之, 横山明弘, 横澤 勉, 「種々の - および -置換芳香
族ポリアミドジブロック共重合体の合成と有機溶媒に対する
ゲル化能」, 第 55 回高分子討論会, 高分子学会予稿集, 55 (2),
2D12 (富山, 2006-9).
唐澤 諒, 新山哲朗, 横山明弘, 横澤 勉, 「芳香環上にオクチ
ル基を導入した分子量分布の狭いパラ置換芳香族ポリアミド
の合成」, 第 55 回高分子討論会, 高分子学会予稿集, 55 (2),
2Pc005 (富山, 2006-9).
味噌 豊, 横山明弘, 横澤 勉, 「酸触媒による新規連鎖重縮合
法の開発」, 第 55 回高分子討論会, 高分子学会予稿集, 55 (2),
2Pc009 (富山, 2006-9).
小野朋弥, 稲垣夕子, 横山明弘, 横澤 勉, 「-キラル側鎖およ
びアキラル側鎖を有するポリ -ベンズアミド共重合体のらせ
ん構造」, 第 55 回高分子討論会, 高分子学会予稿集, 55 (2),
3Pc009 (富山, 2006-9).
太田佳宏, 藤井修一, 横山明弘, 横澤 勉, 「AB 2モノマーの連
鎖重縮合法による分子量分布の狭い多分岐芳香族ポリアミド
の合成」, 第 55 回高分子討論会, 高分子学会予稿集, 55 (2),
3Pa033 (富山, 2006-9).
T. Morisaku, T. Ikehara, J. Watanabe, M. Takai, K.
Ishihara, "Design of biocompatible hydrogels with attention to structure of water surrounding polar groups in
polymer chains", Transactions of the Materials Research
Society of Japan, Vol.30, No.3, pp.835-838 (2005).
Akira Ono "DNA-synthetic polymer conjugates" (2006)
., 207, 1629-1632.
Torigoe, H. and Ono, A. "Novel Strategy for Efficient
Detection
of
Single
Nucleotide
Polymorphism
(SNP):Specific Binding of Mercury (II) Cation to T:T
Mismatch Base Pair and That of Silver (I) Cation to
C:C Mismatch Base Pair" in edited by Takaki Hiwasa, Research
Signpost, Ltd., pp.1-21 (2006).
内藤周弌, 時評 「触媒討論会のゆくえ」, 触媒, Vol.48, (4), 227
(2006).
内藤周弌, CCI サロン 「討論会の主題は何ですか−触媒討論会−」,
化学と工業, Vol.59, (2), 165 (2006).
西久保忠臣, "環状ポリマーに祝杯を", 高分子, 54, (11), 801
(2005).
工藤宏人, 丸山研, 西久保忠臣, "ビスエポキシド類とトリカ
ルボン酸類との重付加反応によるハイパーブランチポリマー
の合成と機能化", 接着, 49, (12), 545-554 (2005).
西久保忠臣, 工藤宏人, "オキセタン樹脂の光および熱硬化材
料への展開", ネットワークポリマー, 27, (1), 38-44 (2006).
西久保忠臣, "IT 産業の技術革新を支える UV・EB 硬化技術,
化学工業日報, pp. 7-8, 2006 年 5 月10日.
宮越 亮, 横山明弘, 横澤 勉,
「リビング重合による縮合系
高分子の合成」, 触媒, Vol. 48, pp. 189-194 (2006).
佐藤祐一 (分担執筆), 日本化学会編, 第5版実験化学講座25
(触媒化学, 電気化学), p.259‐p.277 (2006).
高山俊夫(分担執筆), 「基礎からの無機化学」, 朝倉書店, 20063.
内藤周弌, (分担執筆), 「化学用語辞典」, (日本化学会編・丸善
出版).
西久保忠臣他, "高分子辞典"(高分子学会編), 朝倉書店, 東京
(2005).
西久保忠臣, "UV・EB 硬化技術の最新動向", (ラドテック研
究会編), シーエムシー出版, 東京, pp. 3-13 (2006).
山村博, 門間英毅, 高山俊夫 (分担執筆), "基礎からの無機化学"
朝倉書店 2006-3
横澤 勉 (分担執筆), 6.2 高分子生成反応の基礎 (その1) :
逐次的重合反応, 6.4 重合反応の制御 6.4.3 連鎖縮合重合,
基礎高分子科学, 高分子学会編, 東京化学同人, pp. 286-300,
334-349 (2006).
井川学, 松本潔, 大河内博, 「エアロゾルの降水による沈着の
促進と山岳部と都市部における乾性沈着量の比較」, 平成 16
年度科学研究費補助金 (特定領域研究A) 東アジアにおけ
るエアロゾルの大気環境インパクト 研究成果報告書, pp.
165-172, 2005.
岡本専太郎, 平成 16 年度〜平成 17 年度文部科学省科学研究費
25
補助金基盤研究(C) 「アザチタナサイクルの生成を基盤とする
α-分岐アミン類の立体選択的合成」 (課題番号16550102)研究
成果報告書 (2006-3).
小野晶, 第 36 回三菱財団事業報告書 (平成 17 年度) 「異種金
属を任意に配列させた金属含有 DNA ナノワイヤーの構造と
物性」 (研究経過報告)
佐藤祐一, 山村 博, 内藤周一, 櫻井忠光, 西久保忠臣, 井川
学, 田嶋和夫, 辛 重基, 佐藤憲一, 岩本靜雄, 新中新二,
「新しいエネルギー変換・高密度エネルギー蓄積材料および
環境クリーン化プロセス技術の開発」, 神奈川大学ハイテク・
リサーチ・センター研究成果報告書 (最終報告書), 1‐680
(2006 年 3 月).
佐藤祐一, 小早川紘一, 「光触媒反応を用いる表面改質による
液晶ポリマー (LCP) フィルム上への銅薄膜と銅電気回路パ
ターンの形成」, 神奈川科学技術アカデミー委託試験実施報
告書 (2006 年 3 月).
横澤 勉, 「剛直高分子の自己組織化に基づくナノ導線の創製」,
電子回路基板技術振興財団平成 16 年度研究助成終了報告書.
山口 和夫, 加部 義夫, 横山 明弘, 横澤 勉, 「種々の反応剤
の自在固定化とこれを利用した新規重合および反応の開発」,
2005 年度神奈川大学共同研究奨励助成金研究経過報告書.
横澤 勉, 「生体重合酵素モデル:金属触媒による重縮合の制御」,
2005 年度 積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成プログ
ラム 中間報告書.
赤井昭二, 「フグ毒の全合成」, ダルムシュタットシンポジウム
2005, 2005 年 11 月 (横浜).
井川学, 「酸性霧の生成とその環境影響」, 第 47 回大気環境学
会年会 酸性雨分科会, (東京都, 2006-9)
池原飛之, 「ソフトマテリアルとパルス法 NMR」, 高分子学会
NMR 研究会要旨集[05-2], pp.11-12 (東京, 2005-12).
Akira Ono, Shiqi Cao, Humika Togashi, Yoko Miyake
"Synthesis of Novel Metal Ion Sensors Based on DNAMetal Interactions" (invited lecture)15th International
Symposium of Fine Chemistry and Functional Polymers
(FCFP-XV) & IUPAC 1th International Symposium on
Novel Materials and Synthesis (NMS-I) (2005, 10, 17-20)
(Shanghai, China)
Akira Ono "Synthesis of DNA Duplexes containing Metal
Ions" (plenary lecture) 16th International Symposium of
Fine Chemistry and Functional Polymers (FCFP-XVI) &
IUPAC 2nd International Symposium on Novel
Materials and Synthesis (NMS-II) (2005, 10, 17-20)
(Lanzhou, China)
小野晶, 「DNA 構造を利用する化学空間の設計と構築」 神奈川
大学大学院工学研究科 HRC 特別講演会"化学空間の設計と制
御"―機能物質の創製を目指して― (横浜, 2005, 10月1日)
Y. Koide, "Fabrication of alumina film via self-assembly
of boehmite nanoparticles" The first International symposium on integrated molecular and macromolecular
materials, Beijing, China. (2006, September 26-28).
佐藤憲一, 「糖類を出発原料とするテトロドトキシンの全合成」,
GlycoTOKYO2006, 2006 年8月 (横浜).
佐藤祐一, 「最近の電池技術・ナノテクノロジーとの関連」, 関
東学院大学・第 3 回ハイテク・リサーチ・センター講演会,
2006 年 3 月, 関東学院大学 (横浜).
S.Naito,
K.Minoshima,
Y.Kurokawa,
T.Miyao,
"Preparation of hollow silica-Rh, -Ir, and Rh/Irbimetallic nanocomposites by reverse micelle technique
and their unique adsorption and catalytic behavior",
(Key note lecture) 9th International Symposium on
Scientific Bases for the Preparation of Heterogeneous
Catalysts, (Brussels, 2006-9).
西久保忠臣, "オキセタン樹脂の光および熱硬化材料への展開",
第 55 回ネットワークポリマー講演討論会特別講演, 講演要
旨集, pp.37-40, 2005 年 10 月13-14日 (東京).
T. Nishikubo, "Development of High Performance Photocurable Polymers and Oligomers Using Novel Reaction
of Oxetane Compounds", RadTech Europe 05, Conference
Proceedings, Vol.2, PP.41-47, October 18-20, 2005
(Barcelona, Spain).
T. Nishikubo, "Development of New Reactions of Oxetanes
and Their Application of Polymer Synthesis and
Polymer Industry", Pacific Polymer conference IX,
Abstracts, #13, December 11-14,. 2005 (Maui, Hawaii,
USA).
T. Nishikubo, Creation of New Organic Reactions of
Oxetanes and Their Application of the Synthesis of
Photo-curable Polymers and Oligomers", RadTech
Presents: UV & EB Technology Expo & Conference,
Technical Conference Proceedings, April 23-26, 2006
(Chicago, USA).
T.Nishikubo, "Synthesis of Functional Polymers by Novel
Reactions of Oxetanes", Macro 2006-world Polymer con
gress: -41th International Symposium on
Macromolecules-, July 16-21. 2006 (Rio de Janeiro, Brazil).
山村博 「酸化物イオン伝導体の開発」 東京工業大学 (2005-12)
山村博 「イオン伝導材料の現状と将来」 第 13 回セラミックス
基礎秋季教室 埼玉大学 (2006-1)
山村博 「酸化物イオンの誘電緩和現象」 電子セラミックス研究
会 物質・材料研究機構 (2006-8)
K. Kakinuma 「Investigation of electrical conductivity on
Ba2 In 2 O 5 -type oxide electrolytes 」 2005 Taiwan-Japan
Joint Conference on SOFC (Taipei, 2005-12)
横澤 勉, 「縮合系高分子の分子量と分子量分布の制御」, 高分
子学会北陸支部講演会 (石川地区) , 2005 年 11 月 (金沢).
T. Yokozawa, "Condensation Polymer Architecture from
Chain-Growth
Polycondensation",
Pacific
Polymer
Federation IX Meeting (PPF IX) "Novel Synthetic
Routes" Symposium, December, 2005 (Maui).
T. Yokozawa, "Chain-Growth Polycondensation: Living
Polymerization Behavior in Polycondensation", Pacific
Polymer Federation IX Meeting (PPF IX) "Living
Polymerization" Symposium, December, 2005 (Maui).
T. Yokozawa, "Precision Polycondensation", Pacifichem
2005
"The New Age of Advanced Materials: The
Integration
of
Supramolecular/Macromolecular
Chemistry and Biotechnology" Symposium, December,
2005 (Honolulu).
横澤 勉, 「縮合重合におけるリビング重合系の開発」, 広島大
学大学院講演会, 2006 年 7 月 (広島).
T. Yokozawa,
"Catalyst-Transfer
Condensation
Polymerization. Synthesis of Well-Defined π-Conjugated
Polymers",Polycondensation 2006,August,2006(Istanbul).
井川 学, 平成 17 年度科学研究費特定領域研究(A)助成金 (プ
ロジェクト代表者 京都大学大学院 笠原三紀夫), 「東アジ
アにおけるエアロゾルの大気環境インパクト (領域略称名
「微粒子の環境影響」)」
井川 学, 平成 18 年度科学研究費補助金基盤 (A), 「酸性霧の
26
樹冠への沈着から森林衰退までのプロセスの解明と森林再生
プログラムの検討」
松本潔, 平成 18 年度科学研究費補助金若手研究 (B), 「雲過程
による大気エアロゾルの変質機構の解明―霧を用いた観測的
研究」
池原飛之, 文部科学省学術フロンティア助成金 (代表者:内藤
周弌), 「微少空間における相転移と構造形成」, 2006 年 4 月.
岡本専太郎, 「アザチタナサイクルの生成を基盤とするα-分岐
アミン類の立体選択的合成」, 2006 年度科学研究費補助金,
基盤研究 (C).
岡本専太郎, 「チタン反応剤を用いる合成素子開発」, 研究奨励
金, 日産化学工業㈱ (2006-4).
岡本専太郎, 学術フロンティア研究プロジェクト
小野晶 「遺伝子の一塩基多型 (SNP) の効率的検出手法の開発
研究」 2006 年度文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (B)
(継続)
小野晶 「異種金属を任意に配列させた金属含有 DNA ナノワイ
ヤーの構造と物性」 第 35 回 (平成 16 年) 三菱財団自然科学
研究助成 (継続)
小出芳弘, 東京応化科学技術振興財団助成金
小出芳弘, 日本板硝子材料工学助成金
櫻井忠光, 学術フロンティア研究プロジェクト
助成金 (プロジェクト代表者:内藤周弌), 「次世代型光エネ
ルギー変換機能分子・材料の創製」, 2006 年 4 月.
佐藤憲一, 学術フロンティア助成金 (プロジェクト代表者:内
藤周弌), 「機能性物質創製研究プロジェクトを目指す化学空
間の設計と制御」, 2006 年 4 月.
佐藤憲一, ハイテク・リサーチ・センタープロジェクト助成金
(プロジェクト代表者:佐藤祐一), 「有機工業化学原料とし
ての炭水化物の利用・ポスト石油化学時代における化学原料
の確保」, 2006年3月迄.
佐藤祐一, 文部科学省 ハイテク・リサーチ・センタープロジェ
クト助成金, 「二次電池とキャパシタの高容量化」
佐藤祐一, 文部科学省 学術フロンティア助成金, 「ナノ, およ
びマイクロ規則性微細空孔電極の作製とその応用」
高山俊夫, 神奈川大学工学研究所共同研究, 「新規貴金属微粒
子を用いた導電性インク, 導電性ペースト, 導電性薄膜の製
作」, (2006-4)
内藤周弌, 宮尾敏広, 「金属−酸化物ナノ構造体の壁構造の制
御と新しい触媒調製法の開発」 2006 年度文部科学省科学研究
費補助金 基盤研究 (B)
宮尾敏広, 内藤周弌, 「新規な高純度水素製造プロセス開発を
目的としたメタノールの液相改質反応」 2006 年度文部科学省
科学研究費補助金 基盤研究 (C)
内藤周弌, 太平洋セメント㈱再委託, NEDO 「水素安全利用等
基盤技術開発」
冨重圭一, 奥村和, 宮尾敏広, 内藤周弌, NEDO 「天然ガスのそ
の場熱供給型改質触媒用バイメタル微粒子の設計と構造解析」
内藤周弌, ハイテク・リサーチ・センター・プロジェクト助成
金 (プロジェクト代表者:佐藤祐一) 「高効率エネルギー変
換触媒の開発」
内藤周弌, 文部科学省・学術フロンティア・プロジェクト (プ
ロジェクト代表者:内藤周弌) 「機能物質創製を目指す化学
空間の設計と制御」
工藤宏人 文部科学省科学研究費補助金 若手研究 A (no.
18681015) 「動的共有結合化学を利用したラダー型環状化合
物の合成とその特異的機能の開発」 2927万円 平成 18 年4
月〜平成 21 年3月。
引地史郎, 「活性点構造を精密に制御した酵素模倣型高機能酸
化反応触媒の開発」, 平成 18 年度文部科学省科学研究費補助
金, 若手研究(A).
柿沼克良, 2005 年度年度文部科学省科学研究費 基盤研究(B)
"ペロブスカイト型混合伝導性材料の in situ 精密構造解析"
研究分担者
山村博, 文部科学省学術フロンティア推進事業 "結晶格子ナノ
空間の化学機能"
横澤 勉, 「生体重合酵素モデル:金属触媒による重縮合の制
御」, 2005 年度 積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成
プログラム.
横澤 勉, 「主鎖上を成長末端へと移動する金属触媒による重縮
合:制御された導電性高分子合成法」, 平成 18 年度科学研究
費補助金・基盤研究 (C).
横澤 勉, 「芳香族ポリアミドのらせんおよびシート構造に基づ
く人工ポリペプチドの創製」, 平成 18 年度科学研究費補助金・
特別研究員奨励金.
横山 明弘, 「ポリ(パラベンズアミド)のらせん構造の精密制御
と有機ナノチューブへの展開」, 平成 18 年度科学研究費補助
金・若手研究 (B).
横澤 勉, 山口和夫, 加部義夫, 横山明弘, 「種々の反応剤の自
在固定化とこれを利用した新規重合および反応の開発」, 平成
18 年度神奈川大学共同研究奨励助成金.
横澤 勉, 「縮合系高分子アーキテクチャーの自己組織化によ
る階層化された化学空間の構築」 および 「縮合系高分子末端
に選択的に重縮合が行われる触媒空間の開発」, 平成 18 年度
学術フロンティア推進事業 「機能物質創製を目指す化学空間
の設計と制御」 (プロジェクト代表者:内藤周弌).
佐藤憲一, 「フェルラ酸配糖体の合成とその生理活性に関する研
究」, ㈱ファンケル.
佐藤祐一, 「SiC 複合メッキ」, ㈱ディスコ.
佐藤祐一, 小早川紘一, 「光触媒反応を用いる表面改質による
液晶ポリマー (LCP) フィルム上への銅薄膜と銅電気回路パ
ターンの形成」, 財団法人神奈川科学技術アカデミー.
佐藤祐一, 「リチウムイオン電池用高容量正極材料の研究」, 日
産自動車 (株).
池原飛之, 「ポリマーナノコンポジットのバウンドポリマーの
評価技術の開発」, 新日本製鐵 (株).
小野晶, 亀山敦, 小出芳弘, 平成 18 年度神奈川大学共同研究
奨励助成金 「金属含有 DNA ワイヤーの自己組織化による新
規ナノ空間構造の構築」
佐藤祐一, 「トリアジンジチオール化合物の基礎研究」, (有)
ケミカル電子.
佐藤祐一, 「Cr めっき用電極の開発」, 田中貴金属工業 (株).
佐藤祐一, 「正極活物質の高性能化に関する研究」, 日本化学工
業 (株).
佐藤祐一, 「リチウムイオン二次電池用正極活物質の開発」, 日
本化学産業 (株)
佐藤祐一, 「ガルバニー式酸素ガスセンサー」, 理研計器 (株).
横澤 勉, 「高分子合成研究」, キャノン ㈱.
横澤 勉, 研究奨学寄附金, 旭硝子 ㈱.
横澤 勉, 「芳香族リビング重合」, 住友化学工業 ㈱.
西久保忠臣, 工藤宏人, "酸解離性基含有重合体および感放射
線性樹脂組成物", 特開2005-272787 (JSR, 神奈川大学).
西久保忠臣, 工藤宏人, "硫黄原子含有環状化合物およびその
製造法", 特開2005-281241 (JSR, 神奈川大学).
西久保忠臣, 工藤宏人, "シクロデキストリン誘導体および
27
その製造法, ロタキサンおよびその製造法, 並びに屈折率変
換材料および光−熱変換蓄積材料", 特開2005-298631 (JSR,
神奈川大学).
西久保忠臣, 工藤宏人, "燐原子を有する新規な化合物とその
製造法", 特開2005-306821 (東亞合成, 神奈川大学).
西久保忠臣, 工藤宏人, "フッ素含有シクロデキストリン誘導
体, ポリロタキサンおよび感放射線性樹脂組成物", 特開 2005306917 (JSR, 神奈川大学)
高崎俊彦, 高橋敦之, 柴田智章, 西久保忠臣, 工藤宏人, "カリッ
クスレゾルシンアレーン誘導体及びその製法" , 特開 200616342 (日立化成, 神奈川大学).
西久保忠臣, 工藤宏人, "1つのオキセタニル基及び2つのカ
ルボキシル基を有する化合物, 重合物, 放射線硬化性化合物,
並びに, 硬化物", 特開 2006-213685 (神奈川大学, 東亞合成).
西久保忠臣, 工藤宏人, "エステル化合物, 放射線硬化性化合
物, 硬化物, 及び, それらの製造方法", 特開 2006-219398
(神奈川大学, 東亞合成).
西久保忠臣, 工藤宏人, "デンドリック高分子, 放射線硬化性デ
ンドリック高分子, 硬化物, 及び, それらの製造方法", 特開
2006-219544 (神奈川大学, 東亞合成).
西久保忠臣, 工藤宏人, "硫黄原子含有環状化合物およびその
製造法並びに架橋性組成物", 特開 2006-233039 (神奈川大学,
JSR).
西久保忠臣, 工藤宏人, "硫黄原子含有環状化合物およびその
製造法", 特開 2006-233040 (神奈川大学, JSR).
西久保忠臣, 工藤宏人, "オキセタニル基およびカルボキシル
基を有する化合物, 並びに, これより得られる重合物", 特
開 2006-241149 (神奈川大学, 東亞合成).
西久保忠臣, 工藤宏人, "カリックスレゾルシンアレーン誘導体お
よびその製造方法", 特開 2006-248979 (JSR, 神奈川大学)
西久保忠臣, 工藤宏人, "シルセスキオキサン重合体およびそ
の製造方法並びに屈折率変換材料および光−熱エネルギー変
換蓄積材料", 特開 2006-257321 (JSR, 神奈川大学).
西久保忠臣, 工藤宏人, "スチレン系重合体およびその製造方
法並びに屈折率変換材料および光−熱変換蓄積材料", 特開
2006-257322 (JSR, 神奈川大学).
横澤 勉, 東村 秀之, 「芳香族ポリマーの製造方法」, 特願
2005-036163.
横澤 勉, 東村 秀之, 「分岐ポリマーの製造方法」, 特願2006037620.
横澤 勉, 大内 一栄, 窪田 祐大, 東村 秀之, 「芳香族ポリ
マーの製造方法」, 特願2006-039065.
田中健太, 櫻井忠光, 「新規な芳香族エーテル化合物と光重合
開始剤」, 特願 2006-38511 (神奈川大学・住友化学).
西久保忠臣, 伊豫昌巳, "カリックスアレーン誘導体及びそれ
を含有する硬化性樹脂組成物", 特許第 3731979 (平成 17 年
10 月 21 日登録) (新中村化学工業株式会社).
西久保忠臣, 亀山敦, "重付加共重合体およびその製造法", 特許
第 3807862 (平成 18 年 5 月26日登録) (学校法人神奈川大学).
西久保忠臣, 亀山敦, "重付加共重合体およびその製造法", 特許
第 3810213 (平成 18 年 6 月 2 日登録) (学校法人神奈川大学).
西久保忠臣, 亀山敦, "エポキシ樹脂組成物", 特許第 3810218
(平成 18 年 6 月 2 日登録) (学校法人神奈川大学).
西久保忠臣, 亀山敦, "エポキシ樹脂組成物", 特許第 3818792
(平成 18 年 6 月 23 日登録) (学校法人神奈川大学).
西久保忠臣, 亀山敦, "重付加共重合体およびその製造法", 特許
第 3830273 (平成 18 年 7 月 23 日登録) (学校法人神奈川大学).
西久保忠臣, 亀山敦, 田中幸夫, "熱硬化性樹脂組成物", 特
許第3850576 (平成 18 年 9 月8日登録) (大阪有機化学工業株
式会社, 学校法人神奈川大学).
山村博, 山本真之, 柿沼克良, "窒化物薄膜の製造", 特許第
27941 (学校法人神奈川大学).
S. Akai, 23rd International Carbohydrate Symposium, July
2006 (Canada, Whistler)
K. Sato, 23rd International Carbohydrate Symposium, July
2006 (Canada, Whistler)
佐 藤 祐 一 , ITE Yeager-Kozawa Award, International
Technology Exchange Society, 2006 年1月.
佐藤祐一, 特別教育士 (工学・教育) 資格授与, (社) 日本工
学教育会, 2006 年 3 月.
金子信悟, (社) 表面技術協会第113回学術講演大会・学術講演
奨励賞受賞, 2006 年 3 月.
Ⅰ
J. Nishimura, T. Kashiwagi, T. Takashima, S. Okuno, K.
Yoshida, K. Mori, M. Itoh, K. Saeki and K. Furuichi,
"Radon alpha-ray detector on-board lunar mission
SELENE", Advances in Space Research 37, pp.34-37
(2006)
D. Mohapatra, M. Nakao, S. Nishida, S. Okuno, et al.
[Belle Collaboration], "Observation of 「 b → d γ 」 and
Determination of 「¦Vtd/Vts¦」, Phys. Rev. Lett. 96, 221601
(2006)
T.Kashiwagi, "Investigation of Basic Characteristics of
Synthetic Diamond Radiation Detectors", IEEE-NS (in
press)
J.Usuki, S.Aketa, M.Kitaoka,"An Automated System
Design Deriving Timed AND/OR Nets and Petri Nets
from a Scenario for Task Sequence Planning", Journal
of Logistics Systems,Vol.6, No.2, pp.53-62, (2006)
G.Dong, M.Nagai, M.Kitaoka, "A Research on Grey Model
by Grey Interval Analysis", Journal of Grey System,
Vol.8, No.1, pp.1-12, (2006)
D.Yamaguchi, M.Kitaoka, "On the Generalization of Grey
Relational Analysis", Journal of Grey System, Vol.9,
No.1, pp.23-34, (2006)
J.Balingit, 岩瀬弘和, 北岡正敏 「捻りを伴う荷物持ち上げ動作
の動力学的解析」, 日本経営工学会誌, Vol.57, No.2, pp.101111, (2006)
鈴木淳, 山本久志, 北岡正敏, 「設備配置問題のための個体群
を用いた進化アルゴリズム」, 日本設備管理学会誌, Vol.18,
No.2, pp.1-pp.7, (2006)
山口大輔, 永井武志, 北岡正敏, 「GSM による消費者の感性を
考慮した灰色理論型市場調査法」, 日本感性工学会誌, Vol.6,
No.3, pp.11-18, (2006)
栗原謙三, 永井学, 西内信之, 増田和明, 「モンテカルロシミュ
レーションによる感度解析と GA を融合した確率的ネットワー
クのアロー分岐確率計画手法」, 電気学会論文誌 C, Vol.126,
No.8, pp. 1040-1048, August 2006
K.Kurihara, Y.Owada, Y.Li, K.Masuda and N.Nishiuchi,
28
"A Method of Flow-Shop Re-Scheduling Dealing with
Variation of Productive Capacity", International Journal
of Systemics, Cybernetics and Informatics, Vol.3, No.1,
International Institute of Informatics and Systemics,
August 2006.
K.Kurihara, D.Sugiyama, N.Nishiuchi and K.Masuda,
"Facial Emotion Expression Robot of Remote Person",
Advanced
Technologies
:Research-DevelopmentApplication, Advanced Robotic Systems Press (Austria /
Germany), pp. 465-474, September 2006.
Teruji Sekozawa, "Low Fuel Consumption Control Scheme
Based on Nonlinear Optimization for Engine and
Continuously
Variable
Transmission",
WSAES
Transaction on mathematics, Issue 6, Volume 5, pp.684688, (2006-6)
K. Sakamoto, T. Yamaji, M. Taniri, K. Mito, M.
Takanokura, H. Makabe, K. Kaneko, B. C. Min,
"Influence of location of acceleration sensor on physiological tremor of upper limb", Electromyogr. Clin.
Neurophysiol., Vol. 46, No. 1, pp. 3-16 (2006-1)
高野倉雅人, 「定常歩行時に歩行補助車へ作用する力の分析」,
人間工学, Vol. 42, No. 1, pp. 22-30, (2006-2)
K. Mito, K. Kaneko, H. Makabe, M. Takanokura, K.
Sakamoto, "Comparison of experimental and numerical
muscle fiber conduction velocity (MFCV) distribution
around the end-plate zone and fiber endings", Med. Sci.
Monit., Vol. 12, No. 4, pp. BR115-123 (2006-4)
増田和明, 栗原謙三, 「勾配力学系の平衡点探索による大域的
最適化手法」, 電気学会論文誌 C, Vol. 126, No. 8, pp. 9971008 (2006.8)
Mituhiro Fukuda, Bastiaan J. Braams, Maho Nakata,
Michael L. Overton, Jerome K. Percus, Makoto
Yamashita, and Zhengji Zhao, "Semidefinite programs
in electronic structure calculation", Mathematical
Programming Series B (2006)
Computers and Industrial Engineering, pp. 3427-3437,
July 2006 (Taipei, Taiwan)
K.Kurihara, Y.L.Li, N.Nishiuchi and K.Masuda, "Flow
Shop
Re-Scheduling
Method
Reflection
Current
Production Capacity", Proceedings of 11th IEEE
International Conference on Emerging Technologies and
Factory Automation, pp.1333-1339, September 2006
(Prague, Czech Republic).
N.Nishiuchi, K.Kurihara, M.Kawakami and A.Seo:Health
Monitoring System for Aged People and Workers Using
Facial Image, Proceedings of the 16th World Congress
on Ergonomics,July 2006 (Maastricht, Netherlands).
Teruji
Sekozawa,
Shinsuke
Takahashi,
"Energy
Management System Based on Nonlinear Optimization
for Direct Fuel Injection Engine and Continuous
Variable Transmission", Advances in Computational
Methods in Sciences and Engineering 2005, (Selected
Papers from International Conference of Computational
Methods in Sciences and Engineering 2005 (ICCMSE))
pp.513-517, Volume 4A , (2005-10)
S. Tange and M. Kitaoka, "Business Process Innovation in
Competitive Environment", Proc. 2nd Euro. Conf. on
Management of Technology, pp.680-687(Birmingham,
2006-9)
S. Horino, M. Mori, S. Kitajima, and M. Ueyama,
"Ergonomic low-cost avoidance of intersection collisions
by improvement for legibility of traffic-convex-mirrors",
Proceedings of the 16th World Congress of the
International
Ergonomics
Association,
CD-ROM
(Maastricht, 2006-7).
M. Mori, S. Horino, S. Kitajima, and M. Ueyama,
"Ergonomic assessment of the intersection visual environment in relation to collision avoidance, Proceedings
of the 16th World Congress of the International
Ergonomics Association", CD-ROM. (Maastricht, 2006-7)
Ⅱ
Z. Natkaniec, S. Okuno, et al. [Belle SVD group], "Status
of the Belle silicon vertex detector", Nucl. Instrum.
Meth. A560, pp1-4(2006/5/1)
K.Nagata, S.Tange and M.Kitaoka "Integrated Cellular
Manufacturing, Cell Formation , Process Planning,
Production Planning, Layout Planning and Workcell
Design", Proc. Second European Conference on
Management of Technology, pp.527-534, (2006)
S.Takami, S.Tange and M.Kitaoka, "Planning and Control
of Distribution Center using EIQ Method", Proc. Second
European Conference on Management of Technology,
pp.672-679, (Birmingham, 2006-9)
J.Usuki
and
M.Kitaoka,
"Inventory
Control
of
Distribution
Center
using
Grey
Theory
and
Accumulated Curve", Proceeding of International
Congress on Logistics and SCM Systems, CD-ROM,
(2006)
D.Yamaguchi, M.Nagai, M.Kitaoka, "A Realization
Algorithm
of
Grey
Structural
Modeling
with
MATLAB", IEEE, Int. Conf. Cybernetics and Intelligent
Systems,pp.528-533, (2006)
K.Kurihara, Y.L.Li, N.Nishiuchi and K.Masuda, "Flow
Shop Scheduling based on Branch and Bound Method",
Proceedings of The 36th International Conference on
上野俊夫, 三林洋介 「店舗レイアウト設計のための要因に関す
る研究」, 日本経営工学会春季大会予稿集, pp14-15 (千葉,
2006-5)
内田智史, 「Web 上の DB アプリケーション開発環境の構築」,
経営情報学会, 2005 年度秋季全国研究発表大会予稿集, pp.3
76-377, (福岡, 2005.11)
内田智史・増田和明・高野倉雅人・西奈美きよ・杉本剛・栗原
謙三・成田清正, 「学修目標手帳システムとそれを用いた4年
間の継続的な学修指導」, 平成 18 年度全国大学 IT 活用教育
方法研究発表会(私情協), 予稿集 C-16, pp.98-99, (東京,
2006.7)
田村忠久, 日比野欣也, 奥野祥二, 他 LHCf コラボレーション,
「LHCf 位置検出器の開発−HIMAC による SciFi キャリブレー
ション− 」, 日本物理学会, (奈良, 2006-9)
田村忠久, 奥野祥二, 日比野欣也, 他 CALET チーム, 「CAL
ET 開発報告 12:無機結晶シンチレータの VLSI 読み出しシ
ステムの開発 」, 日本物理学会, (愛媛, 2006-3)
星野織江, 小澤幸夫, 他 「看護職の CDP に関する研究(第7報)−
所属病院および看護師個人属性の違いによる能力修得状況の
特徴−」, 第 43 回日本病院管理学会学術総会演題抄録集[Vol.
42], pp.72 (東京, 2005-10)
高見慎一郎, 北岡正敏, 「EIQ 法を用いた配送センターにおけ
る在庫管理の研究」, 日本経営工学会春季大会予稿集, pp.5253, (広島, 2006)
29
永田健, 北岡正敏 「GT セルにおける遺伝的アルゴリズムを用
いたセルレイアウト問題に関する研究」, 日本経営工学会春
季大会予稿集, pp.52-53, (広島, 2006)
北岡正敏, 中村塁, 「信頼性工学から見た物流機器所有におけ
る総コストに関する研究」, 日本ロジスティクスシステム学
会, 全国大会予稿集, pp.52-53, (広島, 2006)
臼杵潤, 北岡正敏, 「生産工程における部品共有化にともなう
ロジスティクスの効率化に関する研究」, 日本ロジスティク
スシステム学会, 全国大会予稿集, pp.23-28, (広島, 2006)
柏木利介, 北岡正敏 「不規則な時系列データの多変量管理図に
関する研究」, 日本経営数学会第 28 回全国大会報告要旨集,
pp.73-78, (横浜2006)
赤妻晃行, 杉本剛, 高野倉雅人, 「店構えのデザインの心理学
的研究」, 形の科学会誌, 第 20 巻第2号, pp.202-203 (東京,
2005-11).
山本直樹, 高野倉雅人, 杉本剛, 「視覚情報の有無と川の流水
音の印象変化」, 形の科学会誌, 第 20 巻第 2 号, pp.198-199
(東京, 2005-11).
菊地洋平, 高野倉雅人, 杉本剛, 「順・逆問題解法によるアフォー
ダンスをデザインする方法の提案」, 形の科学会誌, 第 20 巻
第 2 号, pp.224-225 (東京, 2005-11).
杉本剛, 「上部旧石器時代革命とよばれる創造活動について」,
形の科学会誌, 第 21 巻第1号, pp.96-97 (名古屋, 2006-5).
T. Sugimoto, "Nonlinear interaction of a pair of sails in a
flow: comparison between theory and observation",
EFMC6 Abstract, Vol.1, p.182 (Stockholm, 2006-6).
T. Sugimoto, "Design to learn science and art symmetrically", Symmetry Festival 2006, Abstract CD, pp.4,
(Budapest, 2006-8).
杉本剛, 「ペンギンだって空を飛ぶ でも なぜ」, 日本流体力
学会年会 2006 講演アブストラクト集, p.381 (博多, 2006-9).
Teruji Sekozawa,"Low Fuel Consumption Control Scheme
Based on Nonlinear Optimization for Engine and
Continuously Variable Transmission", Proceeding of the
9th WSAES International Conferences on Applied
Mathematics, (Istanbul, 2006-5)
高野倉雅人, 山内寿洋, 「歩行補助車を使用した定常歩行と段
差を越える動作の分析」, 第 3 回生活支援工学系学会連合大
会講演予稿集, p. 16, (三重, 2005-12)
高野倉雅人, 井出優太, 「仮想環境で誘発される酔いと姿勢変
動との関係について」, 日本人間工学会第 47 回大会講演集,
pp. 394-395 (大阪, 2006-6)
高野倉雅人, 杉本剛, 「創成科目群コースワークの設計」, (社)
日本工学教育協会平成 18 年度工学・工業教育研究講演会講
演論文集, pp. 480-481 (福岡, 2006-7)
高野倉雅人, 「下肢の負担を減らす歩行補助車のハンドグリッ
プの配置に関する研究」, 第 4 回生活支援工学系学会連合大
会講演予稿集, p. 127 (千葉, 2006-9)
成田清正, 「フラクタルノイズを伴う確率微分方程式の解の一
意性について」, 日本応用数理学会 2005 年度年会,pp.122-123,
(筑波, 2006-9).
成田清正, 佐々木太良, 梅本英生, 「フラクタル画像圧縮にお
けるレンジ分割法」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会
秋季研究発表会, pp.108-109, (愛知 2006-9).
成田清正, 佐々木太良, 荒谷 仁, 「フラクタルなブラウン運
動のファイナンスへの応用」, 日本オペレーションズ・リサー
チ学会秋季研究発表会, pp.196-197, (愛知 2006-9).
成田清正, 佐々木太良, 梅本英生, 「フラクタル画像符号化の
ための色情報を用いた領域探索による計算量削減」, 電子情
報通信学会 2006 年ソサイエティ大会, CD-ROM (金沢
2006-9).
成田清正, 佐々木太良, 荒谷 仁, 「フラクショナルブラウン
運動の生成とファイナンスへの応用」, 電子情報通信学会
2006 年ソサイエティ大会, CD-ROM (金沢, 2006-9).
堀野定雄, 森みどり, 成田慎之介, 米沢俊, 小木和孝, 「懸垂
式モノレールのバリアフリー:千葉と鎌倉における人間工学
評価」, 日本人間工学会関東支部第 35 回大会講演集, pp. 6970(東京, 2005-10).
ムシュタグ シャーディ, 相馬一進, 森みどり, 堀野定雄,
「映像記録型ドライブレコーダのデータ分析でわかること―
事故削減を目指して―」, 日本人間工学会関東支部第 35 回大
会卒業研究発表会講演集, pp. 19-20(東京, 2005-10).
近藤広志, 田邉利亮, 佐藤勝太, 柳川健太, 森みどり, 堀野定
雄, 「出会い頭事故の未然防止―横浜市港北区新吉田地区無
信号交差点のカーブミラー評価―」, 日本人間工学会関東支
部第 35 回大会卒業研究発表会講演集, pp. 21-22(東京, 200510).
西山貴志, 高橋一行, 森みどり, 堀野定雄, 「神奈川大学公式
Web サイトのコンテンツ充実―受験生ニーズの動向調査と継
続的改善―」, 日本人間工学会関東支部第 35 回大会卒業研究
発表会講演集, pp. 59-60(東京, 2005-10).
鈴木章正, 関田大祐, 森みどり, 堀野定雄, 「利用者視点から
みた横浜駅案内表示システム―文脈性を強調した再設計―」,
日本人間工学会関東支部第 35 回大会卒業研究発表会講演集,
pp. 63-64(東京, 2005-10).
佐藤勝太, 柳川健太, 森みどり, 堀野定雄, 「無信号変形交差
点における出会い頭事故誘発の危険性―横浜市港北区の交通
量が多い交差点の現状分析と改善―」, 日本経営工学会第 6
回卒業論文発表会予稿集, pp.23-24 (横浜, 2006-3).
近藤広志, 田邉利亮, 森みどり, 堀野定雄, 「出会い頭事故の
未然防止 ―横浜市港北区新吉田地区無信号交差点の視環境
とカーブミラー評価―」, 日本経営工学会第 6 回卒業論文発
表会予稿集, pp.25-26 (横浜, 2006-3).
ムシュタグ シャーディ, 相馬一進, 森みどり, 堀野定雄,
「映像記録型ドライブレコーダによる事故原因の解明と再発
防止の展望」, 日本経営工学会第 6 回卒業論文発表会予稿集,
pp.27-28 (横浜, 2006-3).
堀野定雄, 「公開企画 新しい人間工学の世界を探る 第2部
第 47 回大会企画シンポジウム どう役立つ・どう活かす 人
間工学の技術と思想 :組織の上位・開発上流で実践する人
間中心設計」 日本人間工学会誌第42巻特別号, pp.4-5 (大阪,
2006-6).
堀野定雄, 森みどり, ムシュタグ シャディー, 相馬一進, 片
山硬, 北島創, 久保登, 「映像記録型ドライブレコーダによ
る事故発生メカニズムの解明」, 日本人間工学会誌第42巻特
別号, pp.106-107 (大阪, 2006-6).
S. Horino, M. Mori, Y. Kobayashi and K. Kogi,
"Universal design practice at international tourist city
Kamakura for achieving accessible city -Development of
a barrier-free map for wheel-chaired visitors-",
Proceedings of the 9th Korea-Japan Joint Symposium
on Ergonomics, 日本人間工学会誌第42巻特別号, pp. 556557 (Osaka, 2006-6).
堀野定雄, 森みどり, 「路線バス車内事故の未然防止研究−乗
客の働態調査−」, 人類働態学会夏季研究会 公募研究ワー
クショップ, (千葉, 2006-7).
堀野定雄, 森みどり, 片山硬, 北島創, 久保登, 「映像記録型
ドライブレコーダから判明した交通事故リスク要因」, 人類
働態学会第 41 回大会講演集, pp.50-51 (長野, 2006-6).
堀野定雄, 森みどり, 「UD 視点から見たバス車内事故防止に関
する人間工学研究」, 平成 18 年度日本人間工学会アーゴデザ
イン部会主催コンセプト・事例発表会予稿集, (東京, 2006-8).
S. Horino and M. Mori, "Ergonomic requirements of traffic convex mirrors: Lesson from crossing collisions",
30
Ergo Future 2006 (International Symposium On Past,
Present and Future Ergonomics, Occupational Safety
and Health), pp. 11(Bali,Indonesia 2006-8).
増田和明, 栗原謙三, 「離散化勾配系の不動点における安定性
に関する検討」, 計測自動制御学会システム・情報部門学術
講演会 2005 講演論文集, pp.194-199, (福岡, 2005)
森みどり, 堀野定雄, 鈴木章正, 関田大祐, 「利用者視点から
みた鉄道ターミナル駅案内表示システム―横浜駅におけるユー
ザテストとチェックリスト評価から―」, 日本人間工学会誌
第42巻特別号, pp.370-371(大阪, 2006-6).
進藤晋, 「JABEE 認定―経営工学関連分野―」, 神奈川大学工
学部報告, No.44, pp. 38-42 (2006-2)
瀬古沢照治 「日本における地震防災水道運用管理システム」 神
奈川大学工学研究所所報, 28号, pp.40-48(2005-11).
K. Narita, 「Lucor, D. and Karniadakis, G.E. "Adaptive
generalized polynomial chaos for nonlinear random oscillators", SIAM, J. Sci. Comput. 26(2004), no.2, pp. 720735 (electronic)」 ,AMS, Mathematical Reviews (2005) 20
05j:37083.
K. Narita, 「Kifer, Y. "Averaging in difference equations
driven by dynamical systems", Asterisque No.287(2003),
x, pp.103-123」, AMS Mathematical Reviews (2005) 200
5k:37047.
K. Narita, 「Yuan, C. and Lygeros, J. "Stabilization of a
class of stochastic differential equations with Markovian
switching", Systems Control Lett. 54(2005), no.9, pp.819833」, AMS Mathematical Reviews (2006) 2006d:93143.
K. Narita, 「Ramakrishnan, N. and Namachchivaya, N. S.
"Random perturbations of 1:1-resonant systems with
SO(2) symmetry", IMA J. Appl. Math. 70 (2005), no.5,
pp.605-625」, AMS Mathematical Reviews (2006) 2006MR
2171954.
K. Narita, 「Du, Nguyen Huu, Kon, R., Sato, K. and
Takeuchi, Y. "The evolution of periodic population systems under random environment", Tohoku Math. J. 57
(2005), no.4, pp.447-468 」 AMS Mathematical Reviews
(2006) 2006MR 2203542.
堀野定雄, 「日本の交通事故実態−再発防止優先の事故解析−」,
自動車技術, 第 50 巻 12 号, pp.4-10, (2005-12).
堀野定雄, 「利用者視点の交通事故対策:ローテクとハイテク
の融合」, 人間中心設計, 第 2 巻第 1 号, pp.81-84(2006-6).
堀野定雄, 「特集 安心して行き来できる街作り―国際観光都
市鎌倉の参加型ユニバーサルザイン推進―」, 日本経営工学
会誌経営システム, 第 16 巻第 3 号, pp.160-164(2006-8).
堀野定雄, 「巻頭言:建設安全に安全マネジメント導入決断をー
JR 西日本福知山線事故の教訓ー」, 建設の施工企画, No.675,
2006-5
森田 光, 「安全対策を軽視する情報システムと安全を支える
情報セキュリティ技術」, 経営情報学会誌, 14 巻 2 号, pp.96101, 平成 17 年9月
森田 光, 「情報システム設計のためのセキュリティ要素」, 神
奈川大学工学研究所所報, 28 号, pp.32-39, (2005-11)
T. Sugimoto, "Introduction to some optimal techniques in
bird soaring", Recent Research Developments in
Experimental & Theoretical Biology, Vol.1, pp.217-239
(Transworld Research Network, Kerala, 2006-2).
杉本 剛, 「知の作法−−FYS++」, pp.180, 神奈川大学
(横浜, 2006-3).
高野倉雅人 (分担執筆), 山崎昌廣・坂本和義・関邦博 編 「人
間の許容限界事典 (V 章4節)」, 朝倉書店, pp. 667-672,
(2005-10)
堀野定雄 (分担執筆), 交通法科学研究会編 「危険運転致死傷
罪の総合的研究―重罪化立法の検証― 第4章 警察庁統計か
らみた交通事故現状と有効な再発防止」, 日本評論社,
pp.252-269(2005-11).
堀野定雄編著 「建設機械施工安全技術指針―指針本文とその解
説―」 (編集委員長), (社)日本建設機械化協会, (2006-2)
S. Horino, K.Yamazaki, T.Yamaoka, A.Okada, S.Saitoh,
M.Nomura, and K.Yanagida,(分担執筆)edited by Waldemar
Karwowski "Handbook of Standards and Guidelines in
Ergonomics and Human Factors ,第5部 Human-Computer
Interaction (19-23 章 ) 21 章 Practical Universal Design
Guidelines: A New Proposal" (pp. 365-380), Lawrence
Erlbaum Associates, Publishers, (2006-2).
柏木利介, 奥野祥二, 日比野欣也, 吉田賢二, 他, 「重粒子に対
する新しい半導体検出器の応答」, 平成 17 年度放射線医学総
合研究所重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書,
16P066, pp.163-164, 2006
奥野祥二, 田村忠久, 日比野欣也, 吉田賢二, 他, 「結晶シンチ
レーターを用いた全吸収カロリメータの重粒子線検出性能に
関する研究」, 平成 17 年度放射線医学総合研究所重粒子線が
ん治療装置等共同利用研究報告書, 15P162, pp210-211, 2006
堀野定雄, 森みどり, 「路線バス車内事故の未然防止研究−乗
客の働態調査−」, 人類働態学会公募研究(2005 年度) 「バス
の車内事故削減を目指した乗客働態調査研究」 報告書 (国土
交通省自動車交通局平成 17 年度委託事業「高齢者のバス利用
実態と車内働態の分析に係る調査」, 労働科学研究所),
pp.146-209 (2006-3).
堀野定雄, 平田照彦, 大須賀英郎, 上中拓治, 坂爪靖, 長谷川
峯清, 黒田勲, 「旅客船ラ・トルチェ潜水者死亡事件」 裁決
書, 高等海難審判庁 (2005-12)
堀野定雄, 稲垣敏之, 岡本浩一, 河内啓二, 巖, 芳賀 繁,
村山義夫, 佐藤信秋, 岩村 敬, 清治真人, 安富正文, 春田
謙, 峰久幸義, 矢部 哲, 金澤 寛, 竹歳 誠, 丸山 博,
梅田春実, 宿利正史, 金澤 悟, 星野茂夫, 矢部 哲, 岩崎貞
二, 杉山篤史, 春田 謙, 「公共交通に係るヒューマンエラー
事故防止対策検討委員会 最終とりまとめ」, 国土交通省,
(2006-3)
堀野定雄 他編著 「平成 17 年度 映像記録型ドライブレコーダー
の搭載効果に関する調査報告書」, 国土交通省自動車交通局,
(2006-3)
堀野定雄 他編著 「自動車運送事業に係る交通事故要因分析報
告書 (平成 17 年度)」, 国土交通省自動車交通局 自動車運送
事業に係る交通事故要因分析検討会, (2006-3)
高野倉雅人, 「環境と調和したシルバーカーのヒューマン・セ
ンタード・デザイン」, 神奈川県産業技術センター・神奈川
中小企業センター主催 「第 8 回産学公技術連携推進フォーラ
ム:福祉機器」, (横浜, 2006-9)
堀野定雄, 「人間工学と道路環境改善の提言ー事故低減と道路構
造・交通標識ー」 トヨタ自動車東京本社, (東京, 2005-10)
堀野定雄, 「海難とヒューマンエラー―人間工学から見たエラー
防止と安全管理―」, 商船三井グループ海難防止研究会 (東
31
京, 2005-10)
堀野定雄, 「人間工学から見たエラー防止と安全管理ーJR西日
本の事故を契機としてー」, (株) テクノバ科学技術展望懇談
会, (東京, 2005-11)
堀野定雄 (日本経営工学会代表), 「安全知の体系化:人間中心
設計」, 日本工学アカデミー安全知の連合 作業部会 第1
回安全工学フォーラム, 東京大学理学部, (東京, 2006-2)
堀野定雄, 「人間工学から見たヒューマンエラー防止と安全達
成」, 鉄道運転協会講演, 第 3 回輸送技術管理者ゼミナール,
(東京, 2006-2)
堀野定雄, 「自動車運送事業に係る交通事故要因分析と再発防
止対策―安全マネジメント導入による刷新―」, (社) 東京都
トラック協会平成 17 年度事故防止大会, (東京, 2006-2)
堀野定雄, 森みどり, 「路線バス車内事故の未然防止研究−乗
客の働態調査−」, 人類働態学会夏期研究会 人類働態学会
公募研究 (2005 年) 「バス車内事故防止対策」 研究発表ワー
クショップ, (千葉, 2006-7)
堀野定雄, 「人間工学から見た交通事故過失相殺率認定基準」
日本機械学会法工学部門第 17 回交通事故過失割合研究会,
(東京, 2006ー7)
堀野定雄, 「人間工学から見た自動車事故の発生原因と再発防
止」, 自動車事故分析推進事業事故調査担当官会議, 国土交
通省自動車交通局, (名古屋, 2006-7)
堀野定雄, 「出会い頭事故の人間工学的原因究明と再発防止―
道路反射鏡の適切な設置による視認性の向上―」, 国土交通
省道路局・警察庁交通局合同会議 (東京, 2006-7)
S. Horino, M. Mori and K. Sakai, "Ergonomic measures
to prevent in-vehicle accidents of bus passengers", Ergo
Future 2006 (International Symposium On Past, Present
and Future Ergonomics, Occupational safety and
Health), Key note Lecture, pp. 46 (Bali, Indonesia, 20068).
堀野定雄, 「人間工学的観点からの交通事故過失割合の問題点」,
法工学専門会議企画ワークショップ 道路交通事故における
過失割合基準の考察, 日本機械学会 2006 年度年次大会講演
資料集, Vol. 8, pp.380-381 (熊本, 2006-9).
Sadao Horino, "Ergonomics and Process Quality", 国際管
理研修コース(Program for Cross Cultural Management),
海外技術者研修協会(The Association for Overseas Technical
Scholarship) [AOTS], (東京, 2006-9)
Makoto Yamashita, Katsuki Fujisawa, Mituhiro Fukuda,
Masakazu Kojima, Kauzhide Nakata and Maho
Nakata,"Large-scale semi-definite programming from
quantum chemistry", 19th International Symposium on
Mathematical Programming, (リオデジャネイロ, 2006-7)
学研究費補助金 基盤研究(C).
山下 真, 「超大規模な半正定値計画問題に対する効率的な並
列計算の実装」, 2006 年度文部省科学研究費補助金, 若手研
究(B).
藤田正則, 岩田 衛, 「屋根材に使用した鋼板サンドイッチパ
ネル用補強座金の開発」, 日本建築学会技術報告集, 第 22 号,
pp.21-24, (2005-12)
齋藤啓一, 中田安洋, 村井正敏, 岩田 衛, 「鋼モルタル板を
用いた座屈拘束ブレースの耐火性能」, 日本建築学会技術報
告集, 第 22 号, pp.223-226, (2005-12)
藤田正則, 前田親範, 岩田 衛, 「建築鋼構造のリユースシス
テムに関する研究, リユース材の構造性能」, 日本建築学会
環境系論文集, 第 600 号, pp.83-89, (2006-2)
竹内 徹, 小谷野一尚, 安田幸一, 湯浅和博, 岩田 衛, 「ファ
サードエンジニアリングの統合に関する研究, 統合ファサー
ドの提案および性能評価」, 日本建築学会環境系論文集, 第
601 号, pp.81-88, (2006-3)
藤田正則, 田中繁樹, 岩田 衛, 「建築鋼構造のリユースシス
テムに関する研究, 小屋組鉄骨造の丁寧な解体方法」, 日本
建築学会環境系論文集, 第 604 号, pp.109-114, (2006-6)
柏木利介, 日比野欣也, 奥野祥二, 「中性子計測は完全な電極
構造を持ったダイヤモンド検出器が有効である」, 平成 18 年
度科学研究費補助金, 特定領域研究(継続領域)
田村忠久, 日比野欣也, 奥野祥二, 他, 「CERN-LHC における
10^17eV 領域での最前方散乱粒子の LHCf による測定」, 平
成 18 年度科学研究費補助金, 基盤研究(B)
北岡正敏, 「中国におけるロジスティクスの現状と灰色理論を
用いた時系列 EIQ 法の研究」, 平成 18 年度科学研究費補助金,
基盤研究 (C)
高野倉雅人, 「バイオメカニクス・筋電図融合型の動作解析に
よる歩行補助車の設計」, 2006 年度文部科学省科学研究費補
助金, 若手研究 (B)
堀野定雄, 森みどり, 「出会い頭事故の原因分析と再発防止―
視認性向上による交通管理システム再設計―」, 2006 年度科
森田 光, 「公開鍵暗号の実装セキュリティ手法と DNSKEY
への ESIGN 適用性評価に関する研究」, 日本電信電話株式会
社。
新 江 学 , 児 玉 隆 一 郎 , 瀬 古 沢 照 治 , 特 許 登 録 番 号 3710534
(P3710534) 工程制御方法
登録日 平成 17 年8月19日 (2005.8.19)
Takeiki Aizono, Makoto Shioya, Teruji Sekozawa, Koichi
Sano, Masanori Kosaka, U.S. Patent, US 7010583 B1,
Transport system, Date of patent Mar.7,2006.
栗原謙三, International Conference of 36th C&IE (Taipei,
Taiwan) の Ergonomics/Human Factors Engineering セッ
ションにて座長 (2006-6)
栗 原 謙 三 , 11th IEEE International Conference on
Emerging Technologies and Factory Automation
(Prague, Czech Republic)の Industrial Applications セッ
ションにて座長(2006-9)
瀬古沢照治, Non-Linear System and Non-Linear Dynamics
Ⅱ , The 9th WSAES International Conferences on
Applied Mathematics, Chair, (2006-5)
堀野定雄, ISO/TC159/SC4/WG1第 3 回会議, "Ergonomics,
Human-Systems Interaction, Fundamentals of Controls
and Signaling Methods", Convenor (会議議長) (ロンド
ン, 2005-12)
山下 真, 19th International Symposium on Mathematical
Programming にて Computational challenges for large
scale SDP セッションのセッションオーガナイザー及びチェア
Ⅰ
32
岩田 衛, 平田倫央, 山本重治, 長尾真奈, 「サステナブルビ
ル構造システムの柱梁接合部の力学モデルとその検証」, 日
本建築学会構造系論文集, 第 606 号, pp.187-193, (2006-8)
Takeshi KONDO, Tadahiko IBAMOTO, "Research on the
thermal storage using rock wool phase-change material
ceiling board", ASHRAE Transactions 2006, Vol.112
Part1 pp.526-531, (2006-1)
岩本靜男, 近藤武士, 坂上恭助, 鎌田元康, 「配水管・給水管
内水温の予測法に関する研究 第2報 浄水場水温の分析と簡
易予測法」, 空気調和・衛生工学会論文集, No.112, pp.33-39,
(2006-7)
近藤武士, 岩本靜男, 市川憲良, 鎌田元康, 「節水・節湯器具
の評価に関する研究, サーモスタット付混合栓 手元止水機
能付シャワーヘッドによる節水効果」, 日本建築学会 環境系
論文集, No.607, pp.87-92, (2006-9)
山本 学, 内藤幸雄, 近藤宏二, 大熊武司, 「実測に基づく風力
発電コンクリートタワーの風応答特性に関する研究」, 日本
建築学会構造系論文集, 第 607 号, pp.45-52, (2006-9).
吉江慶祐, 大熊武司, 北村春幸, 和田章, 「広帯域性の変動風
力を受ける弾塑性構造物の応答変位振幅の確率分布」, 日本
建築学会構造系論文集, 第 604 号, pp.37-46, (2006-6).
田村哲郎, 黒田真樹, 大熊武司, 「多方向で振動する弾塑性構
造物の空力不安定現象に関する数値解析」, 日本建築学会構
造系論文集, 第 601 号, pp.53-60, (2006-3).
下村祥一, 大熊武司, 「加力方法の違いが木造軸組工法耐力壁
の復元力特性に及ぼす影響とそのモデル化手法 木造軸組工
法耐力壁の耐風性能評価用復元力特性に関する研究 その1」,
日本建築学会構造系論文集, 第 607 号, pp.133-140, (2006-9).
島和司, 「アンボンド X 型配筋 RC 梁の損傷評価」, 日本建築
学会構造系論文集, No.604, pp.119〜126, (2006-6).
島和司, 「平面形状の大きな免震建物の地震時の捩れ振動を
伴う挙動」, 日本建築学会技術報告集, No.23, pp.77〜82,
(2006-6).
島崎和司, 熊谷仁志, 北村佳久, 「高耐力短スパン RC 梁に関
する実験的研究」, 構造工学論文集 Vol.52B, pp.285〜290,
日本建築学会, (2006-3).
大嶋拓也, 寺尾道仁, 関根秀久, 「部分スパン数値流体解析結
果を利用した柱状物体からの空力音推定法」, 日本建築学会
環境系論文集, 第 598 号, pp.15-22, (2005-12).
山家京子, 東國肇, 「用途断面の特徴と混在度から見た検討
−商業集積地における均質性と固有性−」, 日本建築学会計
画系論文集, N0.602, pp.113-119 (2006-4).
山家京子, 栃澤克次, 「都市空間と情報空間のインタラクショ
ン:メディア・アートと公共圏に関する考察」, 総合論文誌
(日本建築学会), No.3, pp.78-84 (2006-2).
曽我部昌史 「玉川台の家 (玉川台2丁目プロジェクトA棟)」
新建築 (2006-2)
曽我部昌史 「social design caf SOBORO」 商店建築第 52 号
(2006-9)。
曽我部昌史 「BankART 妻有」 住宅特集 (2006-10)
曽我部昌史 「鎌倉の納骨堂」 新建築 (2006-10)
曽我部昌史 「横浜の保育園」 日経アーキテクチュア (2006-10)
Ⅱ
M.Iwata and S.Yamada, "Proposal for a sustainable building structure and its basic properties", STESSA 2006,
Yokohama, pp.313-319, (2006-8)
T.Takeuchi, K.Yasuda and M.Iwata, "Studies on
Integrated Building Facade Engineering with HighPerformance
Structural
Elements",
International
Association for Bridge and Structural Engineering,
Budapest, pp.442-443 (CD8p.), (2006-9)
M.Iwata and M.Murai, "Buckling behavior of the core
plate on buckling-restrained braces", Steel, A New and
Traditional Material for Building, The International
Conference in Metal Structures, Poiana Brasov,
Romania, pp.165-172, (2006-9)
Takeshi
KONDO,
Shizuo
IWAMOTO,
Tadahiko
IBAMOTO, "Research on Thermal Storage using Rock
Wool PCM Ceiling Board", EcoStock 2006 (10th
International Conference on Thermal Energy Storage),
(2006-5)
Takeshi Kondo, Shizuo Iwamoto, Noriyuki Ichikawa,
Motoyasu Kamata, "Study on water conservation by
water saving fixtures", CIB W062 Symposium 2006 (32nd
International Symposium on Water Supply and
Drainage for Buildings), (2006-9)
T. Enomoto, T. Kuriyama, T. Yamamoto, M. Navarro, F.
Vidal, "Simplified Quick Estimation System About
Distribution of Seismic Intensity and Building Damage
for Seismic Risk Management", International Conference
on 250th Anniversary of the 1755 Lisbon Earthquake,
CD-ROM, (Lisbon, 2005-11)
T. Yamamoto, T. Enomoto, T. Kikuchi, T. Iwatate, I.
Matsuda, M. Navarro, F. Vidal, "Study on Information
Technology System Related to Database of GeoTechnical Borehole Data Using GIS" International
Conference on 100th Anniversary of the 1906 San
Francisco Earthquake, CD−ROM, (San Francisco, 20064)
T. Enomoto, T. Yamamoto, K. Amakuni, M. Navarro, F.
Vidal,
"Time̲Sequence
Analysis
About
Urban
Restoration/Reconstruction Process of 1995 HanshinAwaji
(Kobe)
Great
Earthquake"
International
Conference on 100th Anniversary of the 1906 San
Francisco Earthquake, CD-ROM, (San Francisco, 2006-4)
M. Navarro, A. Garcia-Jerez, F. Vidal, T. Enomoto, F.J.
Alcala-Garcia, T. Yamamoto, J.A. Perez-Ruis, F. Luson,
"Evaluation of local site effect in Mula town (Murcia,
Spain) applicable to seismic risk management", 8th U.S.
National Conference on Earthquake Engineering, CDROM, (USA, 2006-4)
M. Yoshida, M. Yamamoto, K. Takagi and T. Ohkuma,
"Prediction of typhoon wind by level 2.5 closure model",
Proceedings of The Fourth International Symposium on
Computational Wind Engineering (CWE2006), pp.189-192,
(Yokohama, 2006-7).
H. Yasui and T. Ohkuma, "Wind response analysis
method for base-isolated buildings considering smallamplitude plastic behavior and creep", Proceedings of
The Fourth International Symposium on Computational
Wind Engineering (CWE2006), pp.909-912, (Yokohama,
2006-7).
F. Kiya et al, "Research and Standard for the Air-Gap in
Japan",CIB-W062 Symposium, H1,pp1-7, (Taipei 2006-9.)
F. Kiya et al, "Study on Maximum Flow Rate and Sizing
Method of Overflow Pipe in Water Tanks",CIB-W062
Symposium, H2,pp1-12,(Taipei 2006-9.)
山家京子, 「インターネットにおいて外観が注目される建築の
特徴」, 第 28 回情報・システム・利用・技術シンポジウム論
33
文集 (日本建築学会), pp.25-30 (東京, 2005-12).
村瀬亮, 村井正敏, 岩田衛, 「鋼モルタル板を用いた座屈拘束
ブレースにおける強軸方向変形に関する研究」, 日本建築学
会 2006 年大会 (関東), C-1 分冊, p.885, (横浜, 2006-9)
山下哲郎, 深沢隆, 村井正敏, 岩田衛, 「鋼モルタル板を用い
た実大座屈拘束ブレースの軸加力実験」, 日本建築学会 2006
年大会 (関東), C-1 分冊, p.887 , (横浜, 2006-9)
川上誠, 和泉田洋次, 岩田衛, 「鋼モルタル板を用いた座屈拘
束ブレースの有限要素法解析」, 日本建築学会 2006 年大会
(関東), C-1 分冊, p.889 , (横浜, 2006-9)
村井正敏, 岩田衛, 「高性能硬質ポリウレタンにより小型・軽
量化した座屈拘束ブレースの研究」, 日本建築学会 2006 年大
会 (関東), C-1 分冊, p.891 , (横浜, 2006-9)
竹内徹, 安田幸一, 湯浅和博, 岩田衛, 宮崎健太郎, 金木洋平,
岡山俊介, 「ファサードエンジニアリングの統合に関する研
究 その2 統合ファサードのコンセプト」, 日本建築学会
2006 年大会 (関東), C-1 分冊, p.1023 , (横浜, 2006-9)
金木洋平, 竹内徹, 岩田衛, 宮崎健太郎, 岡山俊介, 「ファサー
ドエンジニアリングの統合に関する研究 その 3 ブレース・
ルーバー一体型ファサードの検討」, 日本建築学会 2006 年大
会 (関東), C-1 分冊, p.1025 , (横浜, 2006-9)
宮崎健太郎, 竹内徹, 岩田衛, 金木洋平, 岡山俊介, 「ファサー
ドエンジニアリングの統合に関する研究 その 4 ブレース・
ルーバー分離型ファサードの検討」, 日本建築学会 2006 年大
会 (関東), C-1 分冊, p.1027 , (横浜, 2006-9)
岡山俊介, 竹内徹, 岩田衛, 金木洋平, 宮崎健太郎, 「ファサー
ドエンジニアリングの統合に関する研究 その 5 実施プロジェ
クトへの適用」, 日本建築学会 2006 年大会 (関東), C-1 分冊,
p.1029 , (横浜, 2006-9)
藤田正則, 岩田衛, 「リユース材のストックに関する研究」, 日
本建築学会 2006 年大会 (関東), C-1 分冊, p.1043 , (横浜,
2006-9)
前田親範, 藤田正則, 岩田衛, 「リユース材の加工方法に関す
る研究」, 日本建築学会 2006 年大会 (関東), C-1 分冊,
p.1045 , (横浜, 2006-9)
文藏亮介, 藤田正則, 岩田衛, 「リユース材を用いた接合法に
関する研究」, 日本建築学会 2006 年大会 (関東), C-1 分冊,
p.1047 , (横浜, 2006-9)
平田倫央, 長尾真奈, 岩田衛, 「サステナブルビル構造の数値
解析」, 日本建築学会 2006 年大会 (関東), C-1 分冊, p.1049,
(横浜, 2006-9)
近藤武士, 岩本靜男, 「屋上緑化が空調熱負荷に及ぼす影響 そ
の1 土壌含水率を考慮した数値シミュレーション」, 日本建
築学会大会学術講演梗概集 D-2 分冊, pp.29-30, (横浜, 20069)
新井麻理亜, 近藤武士, 岩本靜男, 鎌田元康, 「節水・節湯器
具の評価に関する研究 その 8 洗浄食器数の違いによる食器
洗い乾燥機と手洗い実験の比較」, 日本建築学会大会学術講
演梗概集 D-1 分冊, pp.405-406, (横浜, 2006-9)
大島協子, 岩本靜男, 近藤武士, 高橋誠, 倉渕隆, 遠藤智行,
岸田拓也, 「CFD を用いた常時換気される床暖房室内温熱環
境の評価法に関する研究」, 日本建築学会大会学術講演梗概
集 D-2 分冊, pp.73-74, (横浜, 2006-9)
町田圭吾, 近藤武士, 岩本靜男, 倉渕隆, 遠藤智行, 飯野由香
利, 「給気口からの侵入外気が室内温熱環境に与える影響 そ
の3 給気口設置高さによる室内温熱環境把握実験」, 空気調
和・衛生工学会大会学術講演会論文集, pp.611-614, (2006-9)
近藤武士, 岩本靜男, 町田圭吾, 倉渕隆, 遠藤智行, 飯野由香
利, 「給気口からの侵入外気が室内温熱環境に与える影響 そ
の4 給気口種別による室内温熱環境把握実験」, 空気調和・
衛生工学会大会学術講演会論文集, pp.615-618, (2006-9)
新井麻理亜, 近藤武士, 岩本靜男, 町田圭吾, 射場本忠彦,
「潜熱蓄熱天井を用いた躯体蓄熱システムの研究 (その6)
PCMロックウール天井材の蓄熱量把握および実験室実験」,
空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集, pp.259-262,
(2006-9)
井原匡哉, 岩本靜男, 近藤武士, 倉渕隆, 前真之, 鎌田元康,
「住宅用自然冷媒ヒートポンプ給湯機の貯湯槽内温度分布」,
空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集, pp.67-70,
(2006-9)
前真之, 岩本靜男, 近藤武士, 福澤清, 佐藤誠, 鎌田元康,
「湯使用モードによる家庭用ガス・石油給湯機の熱効率測定
法の標準化調査研究 (第 1 報) 研究の概要とガス瞬間式給湯
機の効率基礎実験」, 空気調和・衛生工学会大会学術講演会
論文集, pp.71-74, (2006-9)
佐野隆之, 岩本靜男, 近藤武士, 前真之, 福澤清, 佐藤誠, 鎌
田元康, 「湯使用モードによる家庭用ガス・石油給湯機の熱
効率測定法の標準化調査研究 (第 2 報) 貯湯式急速加熱型石
油小型給湯機の効率」, 空気調和・衛生工学会大会学術講演
会論文集, pp.75-78, (2006-9)
江戸千恵子, 岩本靜男, 近藤武士, 前真之, 福澤清, 佐藤誠,
鎌田元康, 「湯使用モードによる家庭用ガス・石油給湯機の
熱効率測定法の標準化調査研究 (第 3 報) 給湯使用モード作
成の基本概念とパラメータ抽出のための実験概要」, 空気調
和・衛生工学会大会学術講演会論文集, pp.79-82, (2006-9)
佐藤誠, 岩本靜男, 近藤武士, 江戸千恵子, 前真之, 福澤清,
鎌田元康, 「湯使用モードによる家庭用ガス・石油給湯機の
熱効率測定法の標準化調査研究 (第 4 報) 給湯使用モードの
作成」, 空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集, pp.8386, (2006-9)
福澤清, 岩本靜男, 近藤武士, 佐藤誠, 前真之, 鎌田元康,
「湯使用モードによる家庭用ガス・石油給湯機の熱効率測定
法の標準化調査研究 (第 5 報) 実験条件の検討ならびに標準
条件における効率実験例」, 空気調和・衛生工学会大会学術
講演会論文集, pp.87-90, (2006-9)
古川和人, 岩本靜男, 近藤武士, 射場本忠彦, 倉茂一隆, 須藤
邦彦, 大西晴史, 宮島雅人, 「電気式蓄熱床暖房システムの
最適化に関する研究 (第3報) 空調機併用簡易制御手法を適
用した学校におけるフィールド実験」, 空気調和・衛生工学
会大会学術講演会論集, pp.247-250, (2006-9)
飯野由香利, 岩本靜男, 近藤武士, 倉渕隆, 遠藤智行, 「給気
口の設置高さや種類別にみた侵入外気の床暖房時温熱環境に
及ぼす影響」, 空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集,
pp.1185-1188, (2006-9)
大島協子, 岩本靜男, 近藤武士, 高橋誠, 倉渕隆, 遠藤智行,
岸田拓也, 「CFD による床暖房室内温熱環境の評価法に関す
る研究」, 空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集, pp.
1189-1192, (2006-9)
室恵子, 近藤武士, 桑沢保夫, 「給湯用エネルギの削減に関す
る基礎的検討, 種々の水使用行為における許容温度とエネル
ギー削減量, 空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集」,
pp.47-50, (2006-9)
岩本靜男, 他, 「給湯設備における年間消費エネルギーの予測
に関する研究(第 1 報)ビジネスホテルの計量結果と CEC/HW
計算結果の比較」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1
分冊, pp.409-410(横浜, 2006-9).
荏本孝久, 山本俊雄, 福田貴志, 「GIS を活用した横浜市にお
ける地域危険度評価に関する基礎的研究」, 地域安全学会梗
概集, №17, pp.91-92, (静岡, 2005-11)
山本俊雄, 荏本孝久, 長瀬浩児, 「微動および強震観測記録の
H/V スペクトル比特性による地盤振動特性の検討」, 地域安
34
全学会梗概集, №17, pp.85-86, (静岡, 2005-11)
杉本 實, 山本俊雄, 荏本孝久, 「微動観測による横浜市西部
丘陵地の地盤構造と地盤振動特性について」, 第15回環境地
質学シンポジウム論文集, pp.259-262, (横浜, 2005-11)
山本俊雄, 杉本 實, 荏本孝久, 「横浜市の地形・地質地盤と
地盤振動の関連性について−地震および微動観測記録の分析
による考察―」, 第 15 回環境地質学シンポジウム論文集, pp.
263-266, (横浜, 2005-11)
M. Navarro, A. Garcia-Jerez, F. Vidal, T. Enomoto, J.A.
Perez-Ruiz, F, J. Alcala, F. Luzon, T. Yamamoto, T.
Iwatate, "Surface Ground Motion Characteristics using
Ambient Vibration and Strong Motion Records" 5th
Asamblea Hispano-Portugesa de Geodesia y Geofisica,
CD-ROM, (Sevilla, 2006-2)
荏本孝久, 佐藤祐二, 山本俊雄, 「地域防災評価のための民間
組織の実態に関するアンケート調査」 地域安全学会梗概集№
18p37-38, (愛媛, 2006-5)
山本俊雄, 荏本孝久, 杉本実, 露木延夫, 「神奈川県西部地域
における地盤情報デジタルデータベースの統合」 地域安全学
会梗概集№18 p43-44, (愛媛, 2006-5)
石井 匠, 杉本実, 山本俊雄, 荏本孝久, 「異なる微地形・地
盤における短周期微動アレイ観測を利用した表層地盤構造の
推定」 地域安全学会梗概集№18 p45-46, (愛媛, 2006-5)
蔦野雅俊, 山本俊雄, 荏本孝久, 「不整形な地盤・地形の2次元
解析による地震動特性と増幅特性の検討」 地域安全学会梗概
集№18 p47−48, (愛媛, 2006-5)
落合 努, 杉本実, 露木延夫, 山本俊雄, 荏本孝久, 「横浜市
港北区を対象とした高密度微動観測による地盤振動特性の検
討」 地域安全学会梗概集№18 p49−50, (愛媛, 2006-5)
荏本孝久, 石井匠, 山本俊雄, 杉本実, 「微動および強震観測
記録による H/V スペクトル比特性の比較検討」 2006 年度大
会(関東)学術講演梗概集 構造系Ⅱ, pp87-88, (横浜, 2006-9)
山本俊雄, 荏本孝久, 石井匠, 「2004年新潟中越地震による被
害地域の地盤振動特性の検討」, 2006 年度大会(関東)学術講
演梗概集構造系Ⅱ, pp69-70, (横浜, 2006-9)
石井 匠, 荏本孝久, 山本俊雄, 「微動アレイ観測による表層
地盤構造の推定に関する研究」, 2006 年度大会(関東)学術講
演梗概集 構造系, pp107-108, (横浜, 2006-9)
蔦野雅俊, 山本俊雄, 荏本孝久, 「不整形な地盤・地形の特徴が
地震動特性に与える影響に関する研究」, 2006 年度大会(関東)
学術講演梗概集 構造系Ⅱ, pp31-32, (横浜, 2006-9)
落合 努, 杉本実, 露木延夫, 山本俊雄, 荏本孝久, 「表層地
盤情報抽出を目的とした高密度微動観測による地盤振動特性
の検討」, 2006 年度大会(関東)学術講演梗概集 構造系Ⅱ,
pp93-94, (横浜, 2006-9)
栗山利男, 荏本孝久, 山本俊雄, 「地域の地形に対応した地震
防災マップの作成 −その1 地形区分を用いた 50m メッ
シュでの震度マップ」, 2006 年度大会(関東)学術講演梗概集
構造系Ⅱ, pp325-326, (横浜, 2006-9)
山本俊雄, 荏本孝久, 「地盤関連情報のデータベースカとその
活用」, 日本地震工学会大会2005梗概集, pp422-423, (200511).
荏本孝久, 山本俊雄, 「免震 RC 造建物の地震観測による動的
挙動特性」, 日本地震工学会大会 2005 梗概集, pp366-367,
(2005-11).
吉田正邦, 山本学, 大熊武司, 「耐風設計用風速の台風モデル
による予測ついて」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1,
pp.135-136, (横浜, 2006-9).
岡田 創, 大熊武司, 丸川比佐夫, 片桐純治, 「低層建物模型の
屋根面風圧測定における実験気流の影響に関する研究」, 日
本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.145-146, (横浜,
2006-9).
鶴見俊雄, 大熊武司, 片桐純治, 西澤崇雄, 「曲面を有する建
物の外装材設計用風力係数について」, 日本建築学会大会学
術講演梗概集, B-1, pp.161-162, (横浜, 2006-9).
内野清士, 小野佳之, 田村哲郎, 大熊武司, 「一様乱流中にお
ける辺長比の小さい角柱の空力不安低振動に関する LES 解
析」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.183-184,
(横浜, 2006-9).
丸川比佐夫, 安井八紀, 大熊武司, 「免震建物の風応答予測に
関する研究 その1 検討方法と風力特性」, 日本建築学会大
会学術講演梗概集, B-2, pp.571-572, (横浜, 2006-9).
小林義幸, 安井八紀, 大熊武司, 「免震建物の風応答予測に関
する研究 その2 クリープ変形の予測法」, 日本建築学会大
会学術講演梗概集, B-2, pp.573-574, (横浜, 2006-9).
日高康彦, 安井八紀, 大熊武司, 「免震建物の風応答予測に関
する研究 その3 風応答性状」, 日本建築学会大会学術講演
梗概集, B-2, pp.575-576, (横浜, 2006-9).
安田勝範, 安井八紀, 大熊武司, 「免震建物の風応答予測に関
する研究 その4 風方向の簡易応答予測法」, 日本建築学会
大会学術講演梗概集, B-2, pp.577-578, (横浜, 2006-9).
七井猛雄, 安井八紀, 大熊武司, 「免震建物の風応答予測に関
する研究 その 5 風直交方向および捩れの簡易応答予測法」,
日本建築学会大会学術講演梗概集, B-2, pp.579-580, (横浜,
2006-9).
安井八紀, 丸川比佐夫, 大熊武司, 「免震建物の風応答予測に
関する研究 その 6 応答の組合せ」, 日本建築学会大会学術
講演梗概集, B-2, pp.581-582, (横浜, 2006-9).
片桐純治, 花里利一, 大熊武司, 「弾塑性モデルを用いた五重
塔の風応答性状に関する研究」, 日本建築学会大会学術講演
梗概集, C-1, pp.471-472, (横浜, 2006-9).
金子哲也, 下村祥一, 大熊武司, 「長時間加力を受ける粘弾性
ダンパー付き木造制振壁の復元力特性に関する実験的研究
その 1 長時間加力実験結果と制振壁の性能評価」, 日本建築
学会大会学術講演梗概集, C-1, pp.313-314, (横浜, 2006-9).
下村祥一, 金子哲也, 大熊武司, 「長時間加力を受ける粘弾性
ダンパー付き木造制振壁の復元力特性に関する実験的研究
その 2 粘弾性ダンパーの温度上昇の試算」, 日本建築学会大
会学術講演梗概集, C-1, pp.315-316, (横浜, 2006-9).
高師利明, 下村祥一, 上羽美和子, 大熊武司, 「木造住宅の弾
塑性風応答予測手法の開発 その 1 振動実験模型の開発」,
日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1, pp.337-338, (横浜,
2006-9).
上羽美和子, 下村祥一, 高師利明, 大熊武司, 「木造住宅の弾
塑性風応答予測手法の開発 その 2 空力振動実験」, 日本建
築学会大会学術講演梗概集, C-1, pp.339-340, (横浜, 20069).
紀谷文樹, 水谷貴俊他, 「集合住宅における給水システムの更
新計画・更新技術に関する研究」,
その1, 日本建築学会
大会, pp413-414, (横浜, 2006-9)
紀谷文樹, 水谷貴俊他, 「使用感を考慮した節水性能に関する
研究, 第1報」, 空気調和・衛生工学会大会, pp31-34, (長野
2006-9)
紀谷文樹, 他, 循環式浴槽システムにおける浴槽水水質の最適
化に関する検討」, 空気調和・衛生工学会大会, pp1585-1588,
(長野2006-9)
加藤咲, 島崎和司, 「平面形状の大きな免震建物の地震時の捩
れ振動を伴う挙動」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, B-2,
pp.587-588, (横浜, 2006-9)
山口卓巳, 島崎和司, 五十嵐泉, 「CFT 柱-フラットプレート接
合部の耐荷性能に関する実験的研究 その 7 パンチングシアー
耐力の検討」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1, pp.1
089-1190, (横浜, 2006-9)
佐藤宏貴, 島崎和司, 「CFT 柱-フラットプレート接合部の耐荷
35
性能に関する実験的研究 その 8 T 型接合部の復元力特性の
検討」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1, pp.10911192, (横浜, 2006-9)
島崎和司, 「デボンド X 型配筋を用いた損傷低減型耐震壁の実
験的研究」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-2, pp.175176, (横浜, 2006-9)
五十嵐泉, 島崎和司, 「損傷低減を目的としたエネルギー吸収
型 X 型配筋 RC 梁の開発 その 7 デボンド処理方法による
性能の相異」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-2, pp.
271-272, (横浜, 2006-9)
松浦恒久, 島崎和司, 「枠付き鉄骨ブレースと既存躯体の接合
部に関する実験的研究」, 日本建築学会大会学術講演梗概集,
C-2, pp.579-580, (横浜, 2006-9)
岩松, 島崎和司, 「RC 造柱の地震後の残存軸耐力に関する研究」,
日本建築学会大会学術講演梗概集, C-2, pp.655-656, (横浜,
2006-9)
寺尾道仁, 関根秀久, 小川雄史, 「音響管二マイクロホン法吸
音率測定における管内減衰の影響」, 日本音響学会講演論文
集, pp-171-172, (東京, 2006-3).
関根秀久, 寺尾道仁, 「ペアガラス窓の遮音特性に関する数値
解析」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.55-56, (横浜,
2006-9).
寺尾道仁, 関根秀久, 石井孝憲, 服部康章, 「音響管二マイク
ロホン法インピーダンス測定における管内減衰の補正法」,
日本音響学会講演論文集, pp.645-646, (金沢, 2006-9).
関根秀久, 寺尾道仁, 石井孝憲, 服部康章, 「音響管二マイク
ロホン法吸音率測定における管内減衰の影響」, 日本騒音制
御工学会講演論文集, pp.133-136, (名古屋, 2006-9).
西 和夫, 山田由香里, 大川井寛子, 「中山道鵜沼宿の復原考
察−各務原の歴史的建造物, その1」 日本建築学会大会学術
講演梗概集, pp.5-6 (横浜, 2006-9).
西 和夫, 山田由香里, 大川井寛子, 「川上貞の菩提寺貞照寺
と別荘萬松園−各務原の歴史的建造物, その2」 日本建築学
会大会学術講演梗概集, pp.7-8 (横浜, 2006-9).
西 和夫, 山田由香里, 大川井寛子, 「壱岐勝本浦の町家・酒
造店・石造物−町作りに向けた建造物調査」 日本建築学会大
会学術講演梗概集, pp.9-10 (横浜, 2006-9).
山家京子, 「インターネットに現れる都市のアクティビティに
関する研究−その5.インターネット画像とエリアイメージ−」,
日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, pp.817-818 (横浜,
2006-9).
栃澤克次, 山家京子, 「メディア・アートからみた公共空間に
関する考察−その2. 生活世界からみた公共圏形成の可能性−」
, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, pp.187-188 (横浜,
2006-9).
武石遙, 山家京子, 石井啓輔, 「商業集積地における均質性と
固有性に関する研究−その3. 表層の雑多性の指標作成−」,
日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, pp.661-662 (横浜,
2006-9).
遠藤大輔, 山家京子, 石井啓輔, 「商業集積地における均質性
と固有性に関する研究−その4. 表層の雑多性の特徴−」,
日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, pp.663-664 (横浜,
2006-9).
井口惠之, 山家京子, 「インターネット発イベントからみたオー
プンスペースに関する研究−その1. レイブが開催される場
所の特性−」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1,
pp.677-678 (横浜, 2006-9).
福井 通, 「形のことば」, 日本建築学会空間研究小委員会第60
回研究会, pp.2-3.(東京, 2006-7)
岩田 衛, 「環境保全型建築−建築構造」, 公共建築, Vol.47,
No.186, pp.28-31, (2005-10)
岩田 衛, 「構造研究者から見た地球環境建築」, 日本構造技術
者協会, Structure, NO.97, pp.10-11, (2006-1)
紀谷文樹, 「第 31 回 CIB W062 国際シンポジウム報告」, 給排
水設備研究, 第 22 巻, 第 4 号, pp77-84, (2006-1)
紀谷文樹, 「飲料水は公的なもの」, 空気調和・衛生工学, 第 80
巻, 第 6 号, p2, (2006-6)
紀谷文樹, 「給排水衛生設備と水循環インフラとの関わり」, 給
排水設備研究, 第 23 巻, 第 2 号, pp6-10, (2006-7)
高橋志保彦, 島崎和司, 「神奈川大学横浜キャンパス再開発」,
建築防災, 日本建築防災協会, pp.23-27, (2005-12)
島和司, 荏本孝久, 大熊武司, 「平面形状の大きな免震建物
の地震時の捩れ振動を伴う挙動に関する研究」, 神奈川大学
工学研究所所報, 第 28 号, pp.59-68, (2005-12)
曽我部昌史, 「空家から考える居住」, 住宅特集, (2006-10)
曽我部昌史, 「神奈川大学建築学科曽我部研究室レポート」
LANDSCAPE DESIGN#50, (2006-10)
曽我部昌史, 「Social Design CafSOBORO」, 商店建築第52,
(2006-9)
和夫, 「中山道鵜沼宿の幕末期の様相−建物の復原検討を
中心に」, 歴史と民俗 [22 号], pp.7-30 (2006-3).
西 和夫, 「建築文化のスーパーバイブル−100 の空間が語るも
の」, 日本の建築空間 [新建築第 80 巻 14 号], pp.8-11 (200511).
西 和夫, 「日本住宅の通奏低音−書院造」, 日本の建築空間
[新建築第 80 巻 14 号], p162 (2005-11).
津田良樹・中島三千男他, 「旧朝鮮の神社跡地調査とその検討―
全羅南道, 和順郡を中心にー」, 神奈川大学 21 世紀COEプ
ログラム研究推進会議, 年報人類文化研究のための非文字資
料の体系化, 第 3 号, pp285-382, (2006-3)
冨井正憲, 作品選評, 第 50 回神奈川建築コンクール作品集,
平成 17 年度住宅部門審査総評, 神奈川建築コンクール実行
委員会, p1, (2005-10)
冨井正憲, 「住宅営団の食寝分離型住宅〜御花茶屋住宅実験」,
建築雑誌, Vol.121, 日本建築学会, p21, (2006-4)
西
紀谷文樹 (編著), 「 建築設備実用語辞典 改訂版」, 井上書院,
(2005-11)
紀谷文樹 (編著), 「 空気調和・衛生用語辞典第2版」, オーム
社, (2006-3)
島和司 (共著, 「建築構造力学Ⅱ, 学芸出版社」, (2005-11)
曽我部昌史 (共著), 「POST OFFICE ワークスペース改造計
画」, TOTO 出版(2006-2)
曽我部昌史 (分担執筆), 「日常を変える! クリエイティヴ・
アクション」, フィルムアート社(2006-7)
曽我部昌史 (分担執筆), 「卒業設計で考えたこと。 そしていま
2」 彰国社 (2006-6)
木幹朗 (編修執筆主査), ほか, 「新・設計基礎」, 市ヶ谷出
版社, (2005-10).
寺尾道仁 (分担執筆), 「最新建築環境工学[改訂3版] (第8章を
執筆)」, 井上書院, (2006-3)
寺尾道仁 (分担執筆), 「環境計量士国家試験問題の正解と解説
(第32回)」, 丸善, (2006-8)
西 和夫 (編著), 「壱岐勝本浦まちあるき読本」, 長崎県壱岐
市, (2006-2).
冨井正憲, (分担執筆), 「中国における日本租界ー重慶・漢口・
36
杭州・上海」, お茶の水書房, (2006-3)
冨井正憲 (分担執筆) , 「空間デザイン事典」, 日本建築学会編,
井上書店, (2006-7)
山家京子 (分担執筆), 「空間デザイン事典」, 日本建築学会編,
井上書院, (2006-7).
小川秀雄, 「畜舎・堆肥舎の建築基準緩和について」, (社)中央
畜産会, (2006-3)
津田良樹 (分担執筆), 「空間デザイン事典」, 日本建築学会篇・
井上書院, (2006-7)
福井 通 (分担執筆), 「空間デザイン事典(第1章, 第9章を執筆),
日本建築学会編, 井上書院(pp.2-3, 8-11, 82-83), (2006-7)
五十嵐泉 (分担執筆), 「壁式構造関係設計規準集・同解説 (メー
ソンリー編)」, 日本建築学会, (2006-3).
紀谷文樹, 他, 「今後の建築物の維持管理のあり方に関する課
題等に関する研究」, 平成 17 年度厚生労働科学研究費補助金,
(財) ビル管理教育センター, (2006-3)
紀谷文樹, 他, 「浴場施設のレジオネラ対策指針」, (社)空気調
和・衛生工学会, (2006-3)
紀谷文樹, 他, 「新しい吐水口空間に関する検討と提案」, (社)
空気調和・衛生工学会, (2006-3)
木幹朗 ("新"神奈川区ビューポイント選定委員会委員長), ほ
か, 「わが町 かながわ 50 選 散歩道ガイド」, 横浜市 神奈川
区, (2006-3)
西 和夫, 「真鍋礼三家住宅調査報告書」, 笠岡市教育委員会,
(2005-10).
西 和夫, 「旧川上貞奴別荘 (晩松園) 調査報告」, 各務原市教
育委員会, (2005-11).
西 和夫, 「成田山貞照寺調査報告」, 各務原市教育委員会,
(2005-11).
西 和夫, 「2005 年度江津市本町地区町並み調査報告書」, 島根
県建築士会江津支部, (2006-3).
西 和夫, 「2005 年度長野市松代町 町並み調査報告書」, 長野
市教育委員会, (2006-2).
西 和夫, 「中山道鵜沼宿町並み調査報告書」, 各務原市教育委
員会, (2006-3).
西 和夫, 「高松市扇町地区町並み調査報告書」, 高松市教育委
員会, (2006-8).
室伏次郎, 「逗子市まちなみ再生の低層集住体の提案」, 逗子市
まちづくり市民会議, (2006-8).
小川秀雄, 大熊武司, 「畜舎建築に係る関連基準等の検討事業−
屋根工法屋根材の止め方に関する調査・報告書」, (社)中央畜
産会, (2006-3)
小川秀雄, 他, 「畜舎低コスト工法実用化推進事業 (家畜排せ
つ物処理施設規格化に関する調査事業報告書)」, (社)日本草
地畜産種子協会, (2006-3)
小川秀雄, 他, 「草地開発整備事業計画設計基準改定調査委託
事業報告書」, (社)日本草地畜産種子協会, (2006-3)
津田良樹, 「漁村集落の民家と大工道具 (東門島民俗誌)」, 中
国江南沿海村落民俗誌 , 福田アジオ編, (2006-3).
津田良樹, 「漁村集落の民家, (山民俗誌)」, 中国江南沿海
村落民俗誌 , 福田アジオ編, (2006-3).
荏本孝久, 「地域の防災力を育む―身近な災害リスクの認識に
向けて―」, 地域防災研究会基調講演, (横浜, 2006-5)
荏本孝久, 「被害想定基礎論」, 人と防災の未来センター研修会,
(神戸, 2006-6)
荏本孝久, 「表層地盤データのデータベース化による地盤震動
特性の検討」, 建築学会地盤震動小委員会・地域交流会, (横
浜, 2006-9)
荏本孝久, 「建築と地震災害」, 静岡県立大井川高等学校, (静
岡, 2006-9)
荏本孝久, 「地震の揺れと地盤―企業防災に役立てる―」, 平成
18 年度神奈川火災予防協会研修会, (横浜, 2006-9)
大熊武司, 「構造物の合理的耐風設計法の確立を目指して」, 日
本鉄塔協会, (東京, 2006-7).
紀谷文樹, 「浴場施設のレジオネラ対策シンポジウム」, 給排水
設備研究会, (東京 2005-11)
紀谷文樹, 「主旨説明, 浴場施設のレジオネラ対策指針シンポ
ジウム」, 社) 空気調和・衛生工学会, (東京 2006-1)
曽我部昌史, 「アートデザインの活動」 (筑波大学 2006-6)
曽我部昌史, 「建築家サミット」 他, 日本文化デザインフォー
ラム大会 (徳島 2006-8)
曽我部昌史, 「みかんぐみの建築」, BankART 妻有 (新潟
2006-8)
曽我部昌史, 「参加のデザイン・場のちから」, 京都文化博物館
(京都 2006-7)
曽我部昌史, 「元気が出るまちと建築」, JIA 神奈川 (横浜
2006-6)
曽我部昌史, 「まちづくりとアートワーク」, 筑前深江アーツキャ
ンプ (福岡 2006-5)
西 和夫, 「江戸時代大工の技術と活動」, 竹中大工道具館講演
会, 竹中大工道具館, (神戸, 2005-10).
西 和夫, 「披雲閣の魅力を語る」, 披雲閣シンポジウム基調講
演, 高松市教育委員会, (高松, 2005-12).
西 和夫, 「貞照寺の歴史と建築」, 各務原の歴史と文化講演会,
各務原市教育委員会, (各務原, 2005-12).
西 和夫, 「金箱邸の歴史的文化的な価値について」, 金箱邸保
存緊急集会, 長野市 NPO 法人夢空間・長野市教育委員会,
(長野松代, 2005-12).
西 和夫, 「壱岐勝本浦の町並みについて」, 勝本浦まちづくり
ワークショップ基調講演, 壱岐市観光商工課, (壱岐, 2006-3).
西 和夫, 「中山道鵜沼宿の整備再生計画」, 鵜沼宿再生計画説
明会, 各務原市教育委員会・各務原市都市計画課, (各務原,
2006-4).
西 和夫, 「町並み保全と町づくり」, 神奈川大学国際シンポジ
ウム, (横浜, 2006-7).
西 和夫, 「松代の建物調査について」, 松代町並み調査報告会,
長野市 NPO 法人夢空間・長野市教育委員会, (長野松代,
2006-8).
室伏次郎, 「建築家のまちづくりへの参加」,
建築・都市デザ
イン特別セミナー 「景観法時代のまちづくりと建築」, 日本
建築学会, (横浜, 2005-11)
小川秀雄, 「畜舎関連告示について」, 農林水産省生産局, (東京,
2006-9)
津田良樹, 「建築史学からみた街道集落―西国街道と日光街道
を中心にー」, 大山崎町歴史資料館, (京都, 2006-11).
福井 通, 「景観法時代のまちづくり」, 日本建築学会主催, (神
奈川2005-11)
福井 通, 「屋外広告の表示の方法1」, 東京都主催, (東京 200511)
福井 通, 「屋外広告の表示の方法2」, 東京都主催, (東京 20063)
福井 通, 「屋外広告の表示の方法3」, 東京都主催, (東京 20068)
五十嵐泉, 「壁式構造関係設計規準集・同解説 (メーソンリー
編)」, 改定講習会, 日本建築学会, (東京, 2006-3).
37
岩田 衛, 竹内 徹, 「ファサードエンジニアリングの統合化
による都市環境の改善」, 平成 18 年度文部科学省科学研究費
補助金, 基盤研究(B)
荏本孝久, 「災害リスク軽減を目的としたソフト・ハード融合
型リスクマネジメントシステムの構築に関する研究」, 文部
科学省・学術フロンティア (2005-2009)
近藤武士, 「潜熱蓄熱材を天井材として使用した躯体蓄熱シス
テムの研究」, 文部科学省科学研究費補助金, 若手研究(B),
2005〜2007 年度
島 和司, 「損傷制御型コア壁構造システムの研究」, 平成 18
年度文部科学省科学研究費補助金, 基盤研究(B), 2006〜
2008 年度
下村祥一, 「粘弾性ダンパーを組み込んだ木造住宅の耐風安全
性・居住性に関する実験的研究」, 平成 18 年度科学研究費補
助金, 若手研究(B), 2005〜2006 年度
寺尾道仁, 「通気系消音用音響消散型共鳴器列の自動調整シス
テムの開発」, 2006 年度日本学術振興会科学研究費補助金,
基盤研究(C)
近藤武士, ASHRAE Winter Meeting, Chicago, IL, USA,
(2006-1)
紀 谷 文 樹 , CIB W062 Symposium 2006, Taipei, Taiwan,
(2006-9)
曽我部昌史, Design Network Asia2006, ワークショップ講
師, 韓国安養市, (2006-9)
冨井正憲, 成均館大学校学術交流セミナー, 司会, 韓国水原市,
(2006-6)
冨井正憲, COE プロジェクト武漢日本租界現地調査, 中国武
漢, (2006-9)
小川秀雄, デンマークの豚舎およびフランスの鶏舎における施
設の改良・改築方法とその有効性, 日本の同様施設への採用
方法等に関する調査, デンマーク, フランス, (2006-9)
津田良樹, COE プロジェクト海外神社跡地調査, 中国東北部
(旧満州国), (2006-8)
紀谷文樹, 空気調和・衛生工学会, 功績賞, (2006-5)
岩田 衛, 日本鉄鋼連盟
紀谷文樹, 西原衛生工業所
島和司, 神奈川県建築事務所協会, (2006-3).
岩本靜男, 近藤武士, 「新時代の省エネ型給湯設備の計画・評
価手法に関する研究」, 財団法人ベターリビング, (2005-11)
近藤武士, 岩本靜男, 「電気式蓄熱床暖房コントローラフィー
ルド実測・解析」, (株)関電工, (2005-12)
近藤武士, 岩本靜男, 「配管用耐震支持材部材選定シミュレー
ションプログラムの開発」, (株)ユアテック, (2005-12)
近藤武士, 岩本靜男, 「予熱給水による省エネルギー効果」, 国
土技術総合研究所, (2006-2)
岩本靜男, 近藤武士, 「成層空調における室内温度分布の把握」,
川崎設備工業 (株), (2006-7)
大熊武司, 小川秀雄, 「畜舎建築効率化推進事業の防鳥・防風
網工法調査実験」, (社)中央畜産会, (2006 年度)
大熊武司, 小川秀雄, 「畜舎建築に係る関連基準等の検討事業
の薄板角形鋼管の接合耐力に関する調査・実験」, (社)中央畜
産会, (2006 年度)
紀谷文樹, 「節水手法の現状調査と評価軸の構築に関する研究」,
東京瓦斯株式会社, (2006-7)
曽我部昌史, 「横浜黄金町の空店舗を芸術拠点として活用する
方法についての実践的研究」
曽我部昌史, 「新潟妻有地区の農家の改修についての実践的研
究」
曽我部昌史, 「シャッター街を大学として活用する方法につい
ての研究」
西 和夫, 「長野市松代町の町並み調査とまちづくり」, 長野市
教育委員会, (2006 年度)
西 和夫, 「中山道鵜沼宿保存再生基本構想」, 各務原市都市計
画課, (2006 年度).
西 和夫, 「各務原市歴史的建造物調査」, 各務原市教育委員会,
(2006 年度).
岩田
衛, 「柱梁接合構造」, 特許第3728597号, (2005-10)
I
M. Sakai, "Two properties of Cp(X) weaker than the
Frechet
Urysohn
property", Topology
and
its
Applications, 153(2006), 2795--2804.
M. Sakai, "Counterexamples on generalized metric spaces",
Scientiae Mathematicae Japonicae 64(2006), 73--76.
M. Seto and R. Yang, "Inner sequence based invariant
subspaces in H2 (|D 2 ), to appear in Proceedings of the
American Mathematical Society.
M. Cho (with I.B. Jung and W.Y. Lee): On Aluthge
transform of -hyponormal operators, Integr. Equat.
Oper. Th. 53(2005) 321-329.
M. Cho (with Y.M. Han) : Riez Idempotent and
Algebraically M-hyponormal operators, Integr. Equat.
Oper. Th. 53(2005) 311-320.
M. Cho (with T. Yamazaki):An operator transform from
class A to the class of hyponormal operators and its application, Integr. Equat. Oper. Th. 53(2005) 497-508
M. Cho (with T. Huruya and C. Li):Trace formulae associated with the polar decomposition of operators, Math.
Proc. Royal Irish Acad. 105A (2005), 57-69.
M. Cho (with T. Huruya, An Hyun Kim and C. Li):Pri
ncipal functions for high power of operators, Tokyo J.
Math. 29(2006), 111-116.
M. Cho (with T. Huruya ) : Trace foumulae of hyponormal operators II, Hokkaido Math. J. 35(2006),
247-259.
M. Homma and S. J. Kim, "The two-point codes on a
Hermitian curve with the designed minimum distance",
Designs, Codes and Cryptography, Vol. 38(2006) pp. 5581.
M. Homma and S. J. Kim, "The two-point codes with the
designed distance on a Hermitian curve in even charac
teristic", Designs, Codes and Cryptography, Vol. 39(2006)
375-386.
38
M. Homma and S. J. Kim, "The complete determination of
the minimum distance of two-point codes on a Hermitian
curve", Designs, Codes and Cryptography, Vol. 40(2006)
5-24.
Y. Yajima, "Characterizations of normal covers of rectangular products", Topology Appl. 153 (2006), 3220-3229.
T. Yamazaki, An extension of Kantorovich inequality to
n-operators via the geometric mean by Ando-LiMathias, Linear Algebra Appl. 416 (2006), 688-695.
Ⅱ
Shirouzu, H., Naomi Miyake, Jiro Kitamura, & Hitoshi
Izumori
"The Effect of Time Interval on Student
Learning of Statistics", Proceedings of the 28th Annual
Conference of the Cognitive Science Society, p.2606.
Vancouver, Canada. (2006-7)
喜田村次郎・三宅なほみ・何森仁 「カリキュラム構成の違いが
学生の理解度に及ぼす影響〜集中連続型授業と各週分散型授
業 の 比 較 検 討 」 日 本 認 知 科 学 会 第 23 回 大 会 発 表 論 文 集 ,
pp.276-279, (2006-8)
能登剛史・三宅なほみ・何森仁 「教室での理解進度を推定す
る手法の検討」 日本認知科学会第 23回大会発表論文集,
pp.454-459, (2006-8)
阿部吉弘, 「A fact implicated in Usuba's results」, 日本数
学会年会 (中央大学, 2006-3).
瀬戸道生, 「Inner sequences and submodules in the Hardy
space over the bidisk 」 , Analytic function spaces and
their operators, 京都大学数理解析研究所 (京都市, 2006-6).
M. Seto,"Infinite sequences of inner functions and
submodules in the Hardy space over the bidisk", IWOTA
2006, Seoul National University (Seoul, 2006-7).
瀬戸道生, 「Inner function の無限列と $H^2({¥mathbb D}^2)$
の加群構造」, 日本数学会 2006 年度秋季総合分科会 (函数解
析学分科会), 大阪市立大学 (大阪市, 2006-9).
Y. Yajima, "The compact closure of sequences in topological spaces", 10th Prague Topological Symposium,
Prague, Czech, 2006 August.
山崎丈明, An extension of Kantorovich inequality to noperators, 線形作用素論と応用に関する最近の発展, 京都大
学数理解析研究所, 2005 年10月6日.
T. Yamazaki, On upper and lower bounds of the numerical radius, Workshop on Numerical range and radii,
ドイツ・ブレーメン大学, 2006 年 7 月15日.
Keigo YAMADA 「An Ito formula for a generalized Bessel
process and application to multivariate Bessel processe
s」 14th Vilnius Conference on Probability Theory and
Mathematical Statistics, 2006. 9.25-30
阿部吉弘, "A counterpart of strong normality'', 数理解析
研究所考究録 1471, pp.1-8 (2006-2).
何森仁, 「パソコン数学博物館」, 東京図書, (2005-11)
阿部吉弘, 「A counterpart of strong normality for noninaccessible κ」, 「強制法と無限組合せ論」, (京都大学数理解
析研究所, 2005-10).
何森仁, 「数学の楽しさを感じさせる授業」, 新潟県立教育セン
ター 第 3 回教育一般研修, (新潟2006-8)
M. Sakai, Some properties of function spaces, 10th Prague
Topological Symposium, (Czech Republic, Prague), 2006
年8月, abstract p. 73.
瀬戸道生, 「Rudin の例から見る多変数ハーディ空間の加群構
造」, 富山大学理学部数学科談話会 (富山市, 2006-5).
M. Cho, "Spectrum and principal functions of operators",
IWOTA 2006 International Workshop on Operator
Operator Theory and Applications (Seoul University,
Korea 2006 年 7 月31日)
本間正明, "Hermitian 曲線の2点符号 -- 最小距離決定後の展
開", 第6回代数幾何・数論及び符号・暗号研究集会, 東京大
学大学院数理科学研究科, 2006 年1月 25 日−27日
本間正明, "Galois points for a Hermitian curve", 代数幾何
学シンポジウム-佐渡- , 佐渡島開発総合センター, 2006 年 6
月5日−8日
矢島幸信, "Normal covers of infinite products and normality
of Σ-products", General Topology シンポジウム, 静岡大
学工学部, 2005 年12月.
阿部吉弘, 「巨大基数公理及び連続体仮説との関連でみた Pκλ
上のイデアル論」, 2006 年度文部科学省科学研究費補助金,
基盤研究(C).
瀬戸道生, 「複素多変数ハーディ空間の備える多項式環係数加
群構造についての作用素論的研究」, 2006年度科学研究費補
助金 (若手研究(B)).
長宗雄, 「情報理論におけるシャノンの不等式の作用素版への一
般化とその応用」, 平成 18 年度日本学術振興会科学研究費補
助金, 基盤研究(C)
本間正明, 「符号理論に動機づけられた代数曲線論」, 2006 年度
日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究(C).
山田敬吾, 「待ち行列型ネットワークにたいする近似理論と占有
時間問題の研究」, 2005-2006 年度科学研究費 基盤研究(C).
阿部吉弘, International Congress of Mathematicians (Madrid,
Spain, 2006-8).
瀬戸道生, IWOTA2006 (Seoul National University, Seoul
韓国, 2006-7).
長宗雄, IWOTA2006 での組織委員および座長 (ソウル大学韓
国, 2006 年 7 月 29 日〜8月4日).
長宗雄, 吉教授との numerical range についての共同研究
(陝西師範大学 西安 中国, 2006 年8月 19 日〜23 日).
本間正明, 「符号理論に動機づけられた代数曲線論」 の共同研究,
(大韓民国 2006 年2月 15 日− 28 日).
本間正明, 「符号理論に動機づけられた代数曲線論」 の共同研究,
(大韓民国 2006 年8月 28 日−9月 10 日).
山田敬吾, 14th Vilnius Conference on Probability Theory
and Mathematical Statistics で の 研 究 発 表 , (Vilnius,
Lithuania , 2006. 9.25-30)
39
Ⅰ
M. Amenomori, K. Hibino, T. Shirai, N. Tateyama, T.
Yuda et al., "Primary proton spectrum around the knee
observed by the Tibet air-shower experimen", Advances
in Space Research, Vol. 37, pp1938-1943 (2006).
M. Amenomori, K. Hibino, T. Shirai, N. Tateyama, T.
Yuda et al., "Flux upper limits of diffuse TeV gamma
rays from the Galactic plane using the effective area of
the Tibet-II and -III arrays", Advances in Space
Research, Vol. 37, pp1932-1937 (2006).
M. Amenomori, K. Hibino, T. Shirai, N. Tateyama, T.
Yuda et al., "Are protons still dominant at the knee of
the cosmic-ray energy spectrum?", Physics Letters B,
632, 58-64 (2006).
M. Amenomori, K. Hibino, T. Shirai, N. Tateyama, T.
Yuda et al., "Observation of PeV Gamma Rays from the
Monogem Ring with the Tibet Air Shower Array", The
Astrophysical Journal, Vol. 635, L53-L56 (2005).
T. Kashiwagi, K. Hibino, et al.,"Investigation of Basic
Characteristics
of Synthetic
Diamond Radiation
Detectors",IEEE Trans. on Nucl. Sci., Vol.53, No.2,
pp630-635 (2006).
H. Kubotani, M. Toda, and S. Adachi, "Universality in
dynamical formation of entanglement for quantum
chaos", Physical Review A., Vol.74, 032314 (2006)pp1-5.
M. Matsumori, A.I.Sanda. "The Mixing-induced CP asymmetry in B ---> K* gamma decays with perturbative
QCD approach." Physical Review, Vol. D73, 114022(2006).
Cai-Dian Lu, M. Matsumori, A.I. Sanda, Mao-Zhi Yang,
"CP asymmetry, branching ratios and isospin breaking
effects in B ---> rho gamma and B ---> omega gamma
decays with the pQCD approach. "Physical Review, Vol.
D72:094005, (2005), Erratum-ibid.D73:039902, (2006).
Hsiang-nan Li, Satoshi Mishima, A.I. Sanda. "Resolution
to the B ---> pi K puzzle." Physical Review, Vol.
D72:114005, (2005).
I.I. Bigi, A.I. Sanda. "A 'Known' CP asymmetry in tau decays." Physics Letters, Vol. B625, pp47-52(2005).
Y. Tanuma et al., "Interface density of states in d-wave
superconducting proximity effect through Andreev reflections", Journal of Physics and Chemistry of Solids
Vol. 64, 132 (2006).
Y. Tanuma et al., "Theoretical study of proximity effect
on normal metal/triplet -wave superconductors",
Physica, Vol. C319, pp437-438(2006).
Y. Tanuma et al., "Theory of the proximity effect at the
interface of a normal metal and triplet -wave superconductor in the clean limit", Physical Review, B, Vol. 74,
024506 (2006) pp.1--7.
N. Todoroki and S. Miyashita, "Quantum fluctuation enhanced ordered phase in the Blume-Capel model",
Journal of the Physical Society of Japan Vol.74 No.11,
pp.2957-2960 (2005-11).
Y.Nishiwaki and N.Todoroki, "Phase Diagram of LatticeSpin System RbCoBr3", Journal of the Physical Society
of Japan Vol. 75 No. 2, pp.24708-24811 (2006-2).
Y. Nishiwaki, T. Kato, Y. Oohara, A. Oosawa, N.
Todoroki, N. Igawa, Y. Ishii and K. Iio, "Neutron
Diffraction Study of Distorted-Triangular-Lattice Isinglike Antiferromagnet Tl CoCl3", Journal of the Physical
Society of Japan Vol. 75 No. 3, pp. 34707-34714 (2006-3).
N. Todoroki, "Sublattice Asymmetric Reductions of Spin
Values on Stacked Triangular Lattice Antiferromagnet
CsCoBr$̲3$", Journal of the Physical Society of Japan
Vol.75, No.4, pp.44705-44707 (2006-4).
Y. Usami, "Theoretical study on the body form and swimming pattern of Anomalocaris based on hydrodynamic
simulation", Journal of Theoretical Biology, Vol. 238,
pp11-17(2006).
Ⅱ
H.B.Hu, M. Amenomori, K. Hibino, T. Shirai, N. Tateyama,
T. Yuda et al., "A northern sky survey for both TeV
cosmic-ray anisotropy and TeV γ-ray sources using the
Tibet air shower array", Nuclear Physics B (Proceedings
Supplements), Vol. 151, p121-124 (2006).
K. Munakata, T. Yuda, J. Kota et al., "On the Upper
Limitting Energy of the Solar Diurnal Anisotropy of
Galactic
Cosmic
Ray
Intensity",
Advances
in
Geosciences, eds. W. H. Ip and M. Duldig (World
Scientific Publishing Co., USA), Vol.2, pp.125-134 (2006).
波田野 彰, "What is the necessary minimum of mathematical tools in physics education for all?", 「Inter. Conf.
Physics Education 2006 − Toward Development of
Physics for All-」, ICPE 2006 (TOKYO) (東京, 2006-8).
吉田健二, 田村忠久, 立山暢人, 湯田利典 他, 「南極周回気球
による 100GeV 以上の一次電子エネルギースペクトル」, 宇
宙航空研究開発機構宇宙科学本部大気球シンポジウム ( 相模
原, 2006-1).
田村忠久 他, 「気球実験用 CALET プロトタイプ検出器の性能」,
宇宙航空研究開発機構宇宙科学本部大気球シンポジウム( 相
模原, 2006-1).
吉田健二, 田村忠久, 立山暢人, 湯田利典 他, 「南極周回気球
による 100GeV 以上の大気ガンマ線観測」, 日本物理学会 第
61 回年次大会, (松山大学, 2006-3).
片寄祐作, 田村忠久, 日比野欣也 他, 「CALET 開発報告12:
無機結晶シンチレータの VLSI 読み出しシステムの開発」,
日本物理学会 第 61 回年次大会, (松山大学, 2006-3).
田村忠久 他, 「CALET 開発報告13:気球実験用プロトタイプ
検出器の性能」, 日本物理学会 第 61 回年次大会第 61 回, (松
山大学, 2006-3).
鳥居祥二, 田村忠久, 湯田利典 他, 「高エネルギー電子の日中
共同衛星観測計画」, 日本物理学会 第 61 回年次大会, (松山
大学, 2006-3).
毛受弘彰, 田村忠久 他, 「1017eV における最前方粒子測定実験
LHCf−実験概要と MC シミュレーションによる相互作用モ
デルの比較(II)−」, 日本物理学会 第 61 回年次大会, (松山大
学, 2006-3).
清水雄輝, 田村忠久 他, 「CALET 開発報告14:プロトタイプ
検出器による2006 年度三陸気球実験報告」, 日本物理学会
2006 年秋季大会, (奈良女子大学, 2006-9).
さこ隆志, 田村忠久 他, 「1017eV における最前方粒子測定実験
LHCf−全体報告(06年秋)−」, 日本物理学会 2006 年秋季大会,
(奈良女子大学, 2006-9).
松本秀紀, 田村忠久 他, 「LHCf カロリメータの開発 -β線源
と紫外レーザーによるキャリブレーション-」, 日本物理学会
40
2006 年秋季大会, (奈良女子大学, 2006-9).
田村忠久 他, 「LHCf 位置検出器の開発−HIMAC による SciFi
キャリブレーション−」, 日本物理学会 2006 年秋季大会, (奈
良女子大学, 2006-9).
毛受弘彰, 田村忠久 他, 「LHCf 測定器の性能試験−2006 年夏
の CERN SPS ビームテスト報告−」, 日本物理学会 2006 年
秋季大会, (奈良女子大学, 2006-9).
田沼慶忠, 他, 「Theoretical study of synergy effect between proximity effect and Andreev interface resonant
states in triplet -wave superconductors」 メソスコピッ
ク超伝導とスピントロニクスの国際会議(MS+S2006) (神奈
川県厚木市・NTT 物性科学基礎研究所 2006-2).
田沼慶忠, 他, 「常伝導体・トリプレット超伝導体接合におけ
る近接効果 II」
日本物理学会第 61 回年次大会 (愛媛・松山大学 2006-3).
田沼慶忠, 他, 「量子ドット・s波超伝導体における強相関ジョ
セフソン効果」 日本物理学会 2006 年秋季大会, (千葉大学
2006-9).
轟木義一, 「積層三角格子反強磁性体 CsCoBr3 の低温相」,
2006 年日本物理学会春季大会 (愛媛大学, 松山大学, 2006
年 3 月).
Norikazu Todoroki, 「 Spin-wave fluctuation and domain
wall dynamics in CsCoBr3」, HFM2006 (大阪, 006年8月).
轟木義一, 「強誘電体 BaTiO3の微視的モデル」, 2006 年日本物
理学会秋季大会 (千葉大学, 2006 年 9 月)
大沼宙系, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「シミュレーションによる太陽の影の再現およびチベット空
気シャワー 実験との比較」, 日本物理学会, (愛媛大, 2005-9).
瀧田正人, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「チベット水チェレンコフミューオン観測装置1:計画概要」,
日本物理学会, (愛媛大, 2005-9).
塩見昌司, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「チベット水チェレンコフミューオン観測装置2:装置」, 日
本物理学会, (愛媛大, 2005-9).
佐古崇志, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「チベット水チェレンコフミューオン観測装置 3:シミュレー
ション」, 日本物理学会, (愛媛大, 2005-9).
齋藤隆之, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「チベット水チェレンコフミューオン観測装置4:テスト実験
1」, 日本物理学会, (愛媛大, 2005-9).
生田健, 日比野欣也, 他, 「TA 実験99:大気蛍光 望遠鏡全体
報告」, 日本物理学会, (愛媛大, 2005-9).
生田健, 日比野欣也, 他, 「TA 実験105:地表粒子 検出器の全
体報告」, 日本物理学会, (愛媛大, 2005-9).
陳鼎, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他, 「Tibet
III array による Knee 領域の全粒子スペクトルの 解析(4)」,
日本物理学会, (愛媛大, 2005-9).
柴田槇雄, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「チベット空気シャワーコア検出器の開発(III)」, 日本物理学
会, (愛媛大, 2005-9).
西澤正己, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「Tibet 空気シャワーアレイによる極小移行期における太陽の
影」, 日本物理学会, (奈良女大, 2006-3).
宗像一起, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「The sidereal anisotropy sky-map of˜10 TeV cosmic ray
intensity observed with the Tibet III air shower array」,
日本物理学会, (奈良女大, 2006-3).
陳鼎, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他, 「Tibet
III array による Knee 領域の全粒子スペクトル の解析(5)」,
日本物理学会, (奈良女大, 2006-3).
黄晶, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他, 「Tib
et hybrid array による knee 領域化学組成観測のシミュレー
ション」, 日本物理学会, (奈良女大, 2006-3).
大浦勇人, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「Tibet 空気シャワー観測装置による Diffuse TeV ガンマ線
源の広域探査」, 日本物理学会, (奈良女大, 2006-3).
塩見昌司, 白井達也, 立山暢人, 日比野欣也, 湯田利典, 他,
「チベット水チェレンコフミューオン観測装置5」, 日本物理
学会, (奈良女大, 2006-3).
東龍二, 日比野欣也, 他, 「TA 実験 108:TA 全体状況報告」,
日本物理学会, (奈良女大, 2006-3).
東龍二, 日比野欣也, 他, 「TA 実験109:大気蛍光望遠鏡観測
状況報告」, 日本物理学会, (奈良女大, 2006-3).
東龍二, 日比野欣也, 他, 「TA 実験 114:地表粒子検出器の設
置・観測報告」, 日本物理学会, (奈良女大, 2006-3).
永田一清, 松原郁哉, 「 新・基礎波動・光・熱学], (2006-7),
サイエンス社.
永田一清 他, 「技術士第1次試験 (共通問題) 問題と解答
(平成 15〜17 年度)」, (2006-9)テクノ.
片寄祐作, 田村忠久, 日比野欣也 他, 「結晶シンチレーターを
用いた全吸収カロリメータの重粒子線検出性能に関する研究」,
放射線医学総合研究所平成 17 年度共同利用研究報告書,
(2006-4).
湯田利典, 「チベットにおける高エネルギー宇宙線放射天体の
研究 (研究期間 1999 年度―2004 年度)」, 特定領域研究
「研究成果報告書」 (2006-3).
宇佐見義之, 「バーチャル地球史博物館」, 神奈川大学, (20059, 10, 11, 2006-5, 6, 7).
宇佐見義之, 「バーチャル地球史博物館」, 全国生涯学習フェス
ティバル, (鳥取, 2006-10).
宇佐見義之, 「絶滅した生物の生態をコンピューターで再現す
る」, JST さきがけライブ, (東京, 2005-12).
T.Tamura et al., ''Observation of High Energy Electrons
and Gamma-rays with CALET at the JEM/ISS'', 25th
International Symposium on Space Technology and
Science, (Kanazawa, 2006-5).
宇佐見義之 他, 「バーチャル地球史博物館」, 神奈川大学奨励
助成金(2004-2005).
三田一郎 「B 中間子における CP 非保存」 平成 18 年度日本学術
振興会科学研究費補助金, 基盤研究 (C).
田村忠久, 「CERN-LHC における1017 eV 領域での最前方散乱
粒子の LHCf による測定」, 2006 年度文部省科学研究費補助
金, 基盤研究(B).
田沼慶忠, 有田亮太郎, 黒木和彦 (代表), 「有機超伝導体にお
ける分子ダイマー化効果に関する理論的研究」 2006 年度 科
学研究費補助金 特定領域研究.
湯田利典(研究代表者), 「チベットにおける高エネルギー粒子線
天体物理の展開」, 平成 17 年度―19 年度, 日本学術振興会科
学研究費補助金, 基盤研究 B.
柏木利介, 日比野欣也, 奥野祥二, 「中性子計測は完全な電極
構造を持ったダイヤモンド検出器が有効である」 2006度科
学研究費補助金, 特定領域公募研究.
41
田村忠久, ジュネーブの欧州共同原子核研究所 (CERN) にお
いて LHCf 実験用に開発した検出器に電子・陽子ビームを照
射する予備実験を行った(2006-8〜9)
湯田利典, 「超高エネルギー宇宙線相互作用国際シンポジウム」
中国, (2006-8).
日比野欣也, The International Conference: "THE MULTIMESSENGER APPROACH TO HIGH ENERGY
GAMMA-RAY SOURCES", July 2-9, 2006, (Barcelona,
Spain)
Ⅰ
Y. Imai, N. Ujiie, A. Nakamura, M. Koshinuma, K.
Tajima,
"Three-phase
structure
of
hexadecane
Nanoemulsion fomed with phospholipid-surfactant mixtures and its novel phase transition temperature TE",
Colloid and Surfaces 276, 134-142 (2006)
S. Kaneko, S. Yoshimoto, T. Sawaguchi, K. Shikakura, A.
Kameyama, S. Takahashi, K. Kobayakawa, and Y. Sato,
"Adsorption Behavior of 6-Octylthio-1, 3, 5-triazine-2,
4-dithiol Monosodium on Au(111) Investigated by
Electrochemical Scanning Tunneling Microscopy", Chemistry Letters, 2006, 1282-1283.
なし
佐々木真太, 今井洋子, 堀内照夫, 田嶋和夫, 「三相乳化法に
よる固・液相転移を伴うエマルションの調製とその物性」,
日本化学会第 86 春季年会予稿集, 発表 No.2F5-27 (千葉,
2006-3)
青木敦子, 今井洋子, 中村昭雄, 田嶋和夫, 「三相乳化におけ
る柔らかいナノ粒子相への油相分子の可溶化とエマルション
の安定性」, 日本化学会第 86 春季年会予稿集, 発表 No.2F528 (千葉、2006-3)
石川智絵, 今井洋子, 越沼征勝, 田嶋和夫, 「三相乳化法にお
けるリン脂質種による乳化特性」 日本化学会第 86 春季年会
予稿集, 発表 No.2F5-29 (千葉、2006-3)
福島規之, 高柳真里子, 今井洋子, 亀山敦, 田嶋和夫, 「トリ
アジンチオールの自己組織体を鋳型とした金ナノ粒子ワイヤ
の構築」 日本化学会第 86 春季年会予稿集, 発表 No. 3F6-37
(千葉、2006-3)
細貝元, 河内仁, 今井洋子, 田嶋和夫, 「高分子キャスト膜形
成過程における多岐鎖炭化フッ素型界面活性剤による平滑化
作用」 日本化学会第 86 春季年会予稿集, 発表 No. 4F6-17
(千葉、2006-3)
堀内照夫・松本竜典・今井洋子・金子浩也・ 田嶋和夫, 「三相
乳化法による重油/石油残渣油混合エマルションのレオロジー
特性」 第 45 回日本油化学会年会, 発表 No.P-65 (千葉2006-9
月)
細貝 元・河内 仁・今井洋子・田嶋和夫, 「高分子キャスト膜
形成過程における多岐鎖炭化フッ素型界面活性剤による平滑
化作用」 第 45 回日本油化学会年会, 発表 No.3F-02 (千葉
2006-9月)
福島規之・高柳真里子・今井洋子・亀山 敦・田嶋和夫, 「トリ
アジンチオールの自己組織体を鋳型とした金ナノ粒子ワイヤ
の構築」 第 45 回日本油化学会年会, 発表3F-07 (千葉2006-9
月)
佐々木 真太・今井洋子・田嶋和夫, 「油相の固・液相転移を伴
う O/W 型エマルションの物性」 第 45 回日本油化学会年会,
発表 No.3 G-08 (千葉2006-9月)
高柳真里子, 今井洋子, 田嶋和夫, 「制限反応場を用いた
Au/TiO 2 複合微粒子の光分解機構」 第 59 回コロイドおよび
界面化学討論会講演要旨集, 講演 No.1A01, (北大, 2006-9).
石川智絵, 今井洋子, 越沼征勝, 田嶋和夫,「三相乳化法におけ
るリン脂質 DOPC による乳化・安定化機構」 第59回コロイ
ドおよび界面化学討論会講演要旨集, 講演 No.2E02, (北大,
2006-9).
青木敦子, 今井洋子, 越沼征勝, 中村昭雄, 田嶋和夫, 「三相
乳化法における乳化剤粒子の物性と乳化安定性」 第59回コロ
イドおよび界面化学討論会講演要旨集, 講演 No.2E03, (北
大, 2006-9).
堀内照夫, 今井洋子, 野畑靖浩, 相川徹, 田嶋和夫, 「糖ポリ
マー "Alcasealan" の単粒子を用いて調製した三相エマルショ
ン分散液のレオロジー特性に対する高級アルコールの炭素鎖
長の影響」 第 59 回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨
集, 講演 No.P090, (北大, 2006-9).
渡辺雅紀, 鹿倉健太, 亀山 敦, 金子信悟, 小早川紘一, 佐藤
祐一, 「 Fe 電極上におけるトリアジンジチオール誘導体の電
解重合と腐食抑制評価」, 第 113 回表面技術協会講演大会予
稿集, pp58 (埼玉、2006-3).
澤山友博、亀山 敦, 金子信悟, 佐藤祐一, 「トリアジンジチオー
ル構造を有するビオロゲン誘導体の光電子移動」, 日本化学
会第 86 春季年会予稿集, 発表 No.3 L1-09 (千葉, 2006-3).
A. Kameyama, K. Shikakura,, and S. Sato, "Formation of
Nanoparticles with Thiol Groups by Self-Organization
of 6-Octylthio-s-triazine-2, 4-dithiol", World Forum on
Advanced Materials (POLYCHAR 14), pp208, (Nara,20064).
亀山 敦, 柳下利明, 「メトキシ置換チオ安息香酸S-(2-ベンザ
オキサゾイル)光開始剤として用いたスチレンの光重合」, 第
55 回高分子学会年次大会予稿集, pp445 (名古屋、2006-5).
亀山 敦, 佐藤智宏, 「6−アルキルチオトリアジンジチオー
ル類の自己集合を利用した染料内包カプセルの合成」, 第 55
回高分子学会年次大会予稿集, pp709 (名古屋、2006-5).
亀山 敦, 矢野正希, 「 ATRP を用いた白金ナノ粒子を内包し
たポリメタクリル酸メチル微粒子の合成」、第 45 回日本油化
学会年会講演要旨集, pp298 (野田, 2006-9).
澤山友博, 亀山 敦, 金子信悟, 佐藤祐一, 「トリアジンジチ
オール構造を有するビオロゲン類 ITO 電極への吸着挙動と
光電子移動」, 第 59 回コロイドおよび界面化学討論会講演要
旨集, 講演 No.1D01, pp109 (北大, 2006-9).
西久保忠臣, 亀山 敦, 工藤宏人, 「オキセタン化合物の新規
開環反応による構造制御された高分子の合成」, 有機合成化
学誌, Vol.64, No.9, p44-55, 2006 年9月.
亀山 敦, 「電子回路基板への応用を目的とする新しいハイブリッ
ド型光硬化系の開発」、 (財)電子回路基盤技術振興財団.
亀山 敦, 「ハイブリッド型光重合開始剤の開発」, (財)高橋産業
経済研究財団.
42
田嶋和夫, 「柔らかいナノ粒子による新規な乳化技術」 日本油
化学会, 油化学セミナー, 2005 年 11 月 18 日
田嶋和夫, 「柔らかいナノ粒子による新規な乳化技術」 第一工
業製薬研究発表大会, 2005 年 12 月 14 日
田嶋和夫, 「柔らかいナノ粒子による新規な乳化技術」 株式会
社 ネオス, 2005 年 11 月 16 日
田嶋和夫, 「柔らかいナノ粒子による三相乳化法」 日本技術士
会, 2006 年 5 月 25 日
田嶋和夫, 「柔らかいナノ粒子による新規な乳化法」 明星大学,
2006 年 6 月2日
田嶋和夫, 「"未来環境対応型" スーパー・エマルション燃料の
開発〜未来環境テクノロジーを牽引する三相乳化技術〜」 学
校法人神奈川大学 産官学連携プロジェクト記者発表会,
2006 年 7 月 12 日
田嶋和夫, 「世界初!夢の乳化技術〜 「三相乳化法」 について
〜」 学校法人神奈川大学 産官学連携講演会, 2006 年8月 1
日
亀山 敦, 「オリゴメチレン鎖を有する多分岐高分子の合成, 性
質, 機能」, 荒川化学筑波研究所セミナー, 2006 年 7 月.
亀山 敦、「トリアジンジチオール誘導体の自己集合を利用した
反応性微粒子の形成」, 北海道大学大学院理学研究院セミナー,
2006 年 7 月.
「電子回路基板への応用を目的とする新しいハイブリッド光硬
化系の開発」, (財)電子回路基板技術振興財団.
「新規光重合開始剤の合成とそれを用いた光ラジカル重合によ
る機能性ハイブリッド微粒子の開発」, (財)高橋産業経済研究
財団.
「オリゴメチレン鎖を有する多分岐高分子材料の開発」, 新生
資源協会
田嶋和夫, 「微生物産生多糖を利用した三相乳化系処方の開発・
検討」 伯東株式会社 四日市研究所
田嶋和夫, 「食品用乳化剤によるナノエマルジョンの開発」 横
浜油脂株式会社
田嶋和夫, 今井洋子, 堀内照夫 「乳化分散剤およびこれを用い
た乳化分散方法並びに乳化物」 (特許第3855203号)
田嶋和夫, 今井洋子, 堀内照夫田嶋和夫, 今井洋子, 堀内照夫
「エマルション燃料」 (特許第3858230号)
田嶋和夫, 今井洋子, 堀内照夫, 国際特許 PCT 「乳化分散剤及
びこれを用いた乳化分散方法, 乳化物, 並びにエマルション
燃料」 (査定通知:平成 18 年8月8日)
Kazuo Tajima, Yoko Imai, and Teruo Horiuchi, "ThreePhase Emulsification of Oils by the Soft Nanoparticles",
60th Annual Convention and Seminar of Oil
Technologists' Association of India, Dec. 2-3, 2005
(Indian Institute of Chemical Technology)
Mariko TAKAYANAGI, Yoko IMAI, and Kazuo
TAJIMA, "Photocatalytic activity of Au/TiO 2 complex
particles with irradiation of visible light", 80th ACS
Colloid and Surface Science Symposium, June 18-21,
2006 (University of Colorado)
A.Kameyama, "Synthesis of Hyperbranched Polymers with
Penta(ethylene oxide) Chains and Core Structure"
Polycondensation 2006, p102, Aug. 27-30, 2006 (Koc
Univ., Istanbul, Turkey),
朝倉史明, 吉田晋弥, 森直樹, 大塚一郎, 中村千春, 「イネ科
植物における 様因子 (MuLEs) の分布」, 日本育
種学会第110回講演会 育種学研究8(別2), pp.228 (愛媛
大学, 2006年9月).
43
塑性加工研究室
微細塑性加工, 複合微細成形, せん断加工の変形解析, 電磁
成形, 医療処置具の成形・評価
微細精密せん断における工具変形の基礎的研究 …… 高 良 直 希
医療用鉗子の機能評価に関する研究 ………………… 高 橋 秀 幸
加藤盛一
生体検査用微細ニードルの機能評価に関する研究 … 岡
良樹
田中茂雄
圧電素子を利用する金属箔材の成形に関する研究 … 川 邊 佑 介
小田切陽三
せん断変形を利用する樹脂・金属の接合に ………… 鈴 木 健 郎
関する研究
前西宏亮
せん断加工におけるかす上がり・かすづまりに …… 広 田 将 平
関する基礎的研究
藤平
篤
電磁力を利用する金属箔材の成形に関す研究 ……… 石 井 裕 貴
田中孝幸
衛
超音波ねじり振動切削の基礎研究 (S45C と ……… 新 村
直
アルミニウム合金の旋削特性)
萩村年紀
研削切断加工の研究 …………………………………… 小 島 慎 吾
(黄銅と純チタンの切断特性)
長和宏
細穴放電加工の研究 (セラミックの加工) ………… 相 原 有 樹
松山和弘
レジノイドボンド砥石による電解複合 ……………… 望 月 陽 平
研削加工の研究
柳沢圭吾
ミクロ的視野からの研削特性 ………………………… 戸柱功太郎
(ジュラルミンの研削特性)
材料力学研究室
き裂の応力拡大係数の解析と実験, ねじ締結体の実験研究,
介護支援機器の研究開発
人工き裂を有するエポキシ樹脂の破壊靭性値 ……… 小 松 健 郎
に及ぼすテープ厚さの影響について
高橋正徳
界面き裂を有するアルミ・エポキシ複合材の ……… 橋 本 陽 介
破壊様式に及ぼすアルミ面粗さの影響
及川武志
2個の界面き裂を有するエポキシ・アルミ・ ……… 福 富 雅 将
エポキシ複合材の応力拡大係数について
山元健太郎
2個の平行き裂を有する帯板の応力拡大 …………… 谷 口 智 崇
係数について
鳥栖大輔
ねじの締付けにおける摩擦トルクに関する研究 …… 藪 崎 勝 快
篠川潤一
椅子からの起立・着座支援装置の開発 ……………… 池 田 隼 人
香西佑治
車椅子への後付け自動ブレーキの開発 ……………… 岡 田 陽 介
奥原雅哉
ロボティクス研究室
ヒューマノイドロボット, ロボットの自律学習, 福祉・医療
システム, ヒューマンインターフェース, エンタテイメント
ロボット, 対人安全性
切削油剤の特性評価 (冷却特性を新たに加えて) … 平 津
研削加工研究室
切削油剤の冷却性, 切削油剤の性能評価, 研削砥石の切れ刃,
細穴放電加工
3個の平行き裂を有する異方性無限板の …………… 恩 田 隆 之
熱弾性問題
ねじの締付けにおける摩擦トルクに関する研究 …… 高 橋
尚
2個の平行き裂を有するアルミ・エポキシ ………… 中 島 靖 明
複合材料の応力拡大係数について
歩行・跳躍が可能なバッタ型ロボットの開発 ……… 石
峰
下肢障害者の自立移乗支援システムの開発 ………… 難
二
強化学習によるロボットの歩行動作獲得の ………… 岡
基礎研究
2足ヒューマノイドロボットの研究 ………………… 田
−足部機構の設計・製作−
徳
浅
電動シルバーカーの開発 ……………………………… 渋
丸正
喬
波
見勝
崎隆
浩
志
淳
彦
弘
中
原
野
谷
憲
三
彬
人
秀
雄
元
真
水圧駆動研究室
水圧駆動システム, 水圧制御弁, Cavitation
Contamination Control
Erosion ,
魚形ロボットの設計と製作 …………………………… 大 石 浩 之
水圧用圧力補償型流量制御弁の研究 ………………… 上 條 智 拓
圧力直接検知式水圧リリーフ弁の安定性に ………… 田 中 弥 智
44
関する研究
水圧駆動機器部品の静圧支持機構に関する研究 …… 山
試験用微粒子の測定に関する研究 …………………… 折
フィルタ試験用微粒子の製作に関する研究 ………… 土
流体駆動装置に用いるフィルタのろ過特性に ……… 加
関する研究
キャビテーションエロージョンの研究 ……………… 文
口
笠
井
藤
博
伸
輝
裕
史
泰
崇
哉
蔵大輔
水圧リリーフ弁の摺動部におけるクーロン ………… 川岸美津子
摩擦の測定
2枚鰭水上遊泳ロボットの設計製作 ………………… 石 野 彰 久
瀬戸正博
跳躍ロボットの設計製作 ……………………………… 高 橋 義 典
柳瀬道也
山崎
悟
3足歩行ロボットの設計製作 ………………………… 滝 田 裕 一
里見大吾
滑らかな水平面及び鉛直面を歩行するロボット …… 増 永 雄 介
の設計製作
リンク機構を用いた2足歩行ロボットの設計製作 …… 山 根 雄 一
閉ループ機構を用いた4足歩行ロボットの ………… 香 田 一 行
設計製作
制御システム研究室
新しい経路制御手法の開発とその応用, 予見・予測制御の研
究, ロボットの研究 (福祉ロボット, 全方向移動車両, 3輪
移動車両, ロボットハンド, 歩行ロボット), メカニカルシ
ステムの制御
移動距離を考慮した経路制御手法の提案 …………… 井 上 尚 人
形態可変型ロボットハンドの自動着脱システム …… 佐藤也寸志
の構築
形態可変型ロボットハンドの重力の影響を考慮 …… 高 谷
明
した把持および操りの検討
接線速度を考慮した NC フライス盤の経路制御 …… 東 條 達 也
爪先を有する2足歩行ロボットの歩行計画 ………… 野 村 匡 哉
電動車椅子の経路計画と走行制御 …………………… 六 田 直 人
セミアクティブショックアブソーバの ……………… 向
緩衝効率の改善
コンプライアンス特性を有する仮想物体の ………… 山
力覚提示
経路制御手法を用いた NC フライス盤による加工 …… 金
法線方向を経路誤差方向とする経路制御の検討 …… 渡
自動走行車椅子のための環境認識 …………………… 渡
移動車両の製作と経路制御 …………………………… 関
金
全方向移動車両の制御 ………………………………… 大
山
ロボットハンドにおける指の接触判定と回避動作 … 藤
6本指形態可変型ロボットハンドのための ………… 笹
把持と操り
浮遊機構を備えた4足歩行ロボットの研究 ………… 山
亮太郎
田大輔
子
辺
辺
戸
澤
場
本
尾
尾
岳人
勲
勲
弘和
宏幸
英樹
宏
創
良太
崎光男
切削加工研究室
工具摩耗, 切削機構, 環境科学, 機能性材料, 高強度材料,
耐熱材料, 電子材料
切削加工におけるセミドライ加工の限界について …… 三
松
ドリル加工におけるボロン鋼の加工特性 …………… 朝
石
ADI 切削における各種工具材質の摩耗特性 ……… 小
北
セラミックフアイバーを含有するステック ………… 桑
砥石の研摩性能
高ホウ化物単結晶の育成と機械的・熱的性質に …… 福
ついて
三元系希土類ホウ化物の加工硬化に及ぼす ………… 古
希土類元素の影響
神
坂
倉
原
川
中
村
正文
健二
則雄
真
士
智史
貴裕
田
茂
見和穂
油圧伝動・運動制御研究室
油圧駆動システム (建設機械, 自動車 CVT, 射出成形機な
ど) の低騒音化, 管路内流体過渡現象の高速・高精度計算法
の開発, 自動車電動パワーステアリングの高性能化
自動車電動パワーステアリングの操舵特性に ……… 一
関する研究
油圧回路に発生する脈動解析用シミュレーション … 遠
パッケージの開発
時変非線形境界条件を有する複合管路内 …………… 杉
流体過渡現象のシミュレーション法の開発
建設機械用タンデム型斜板式アキシャル …………… 福
ピストンポンプの低騒音化に関する研究
色
研
藤一弘
浦一憲
井亮太
自動車 CVT 用ベーンポンプの低騒音化 …………… 武
東
油圧ポンプの低騒音化設計の事例研究 ……………… 塚
油圧絞りのキャビテーション騒音の発生機構の …… 青
解明と予測
タンデム型油圧ピストンポンプの低騒音化 ………… 永
技術の開発
山
飯
ボールスクリューの振動・騒音の発生機構の解明 … 山
電動パワーステアリングの操舵特性の予測と改善 … 明
新
リリーフ弁を含む油圧複合管路系に発生する ……… 碓
流体過渡現象のシミュレーションへの SMA 法の適当 福
田賢祐
山
晃
本雅海
山
誠
山
内
島
中
田
村
井
富
理
瑞
良
和
昌
裕
規
哲
史
貴
太
彦
弘
一
子
機械要素研究室
転がり軸受を中心とするトライボロジー (摩擦・潤滑性能お
よび寿命) ならびに機械部品および鉄鋼材料の疲労寿命の実
験的解明と統計的処理の研究。 無段変速機 (CVT) における
伝動特性と潤滑油の挙動について
45
ミニアチュア玉軸受の寿命と荷重特性 ……………… 工 藤 崇 裕
熊本晃大
転がり軸受の寿命における部品寿命と ……………… 五十嵐和幸
その推定精度
武山
学
回転曲げ疲労に及ぼす潤滑剤の影響 ………………… 橋 本 貴 幸
佐藤允壱
無段変速機のトライボロジー ………………………… 内 田 雅 之
(伝達性能に及ぼす曲率比の影響)
大谷英久
材料力学研究室
複合材料の強度特性・クリープ特性・疲労特性, 環境調和複
合材料, グリーンコンポジットの強度特性, 繊維/樹脂界面
の特性評価
CFRP の機械的特性に及ぼす表面処理の影響 ……… 椎 橋 洋 友
及び CFRP 製自転車部品に関する研究
炭素繊維強化複合材料の層間破壊じん性に ………… 宗 川 忠 弘
関する研究
高橋誠一
炭素繊維強化複合材料のクリープ特性に …………… 中 島 智 之
関する研究
安田佳史
ジュート繊維強化ポリプロピレンの引張り荷重 …… 齋 藤 淳 仁
下における強度特性に関する研究
ジュート繊維強化ポリプロピレンの ………………… 三橋敬一郎
クリープ特性に関する研究
丸山憲二郎
麻繊維強化複合材料の引張り強度特性 ……………… 丸 山 和 久
に関する研究
嶺蔭雄一朗
工業用チタンおよびチタン合金の塑性変形機構 …… 吉 田 大 輔
に関する基礎研究
純金属のヤング率および内部摩擦測定 ……………… 大
中
Ti-22V-4Al 合金の熱処理に伴う組織変化観察 …… 熊
庄
Ti-10V-2Fe-3Al 合金の熱処理に伴う ……………… 松
組織変化観察
山
Ti-10V-2Fe-3Al 合金の熱処理に伴う ……………… 中
物性変化測定
畑
精密機械システム研究室
ウォータドライブスピンドル, エアドライブスピンドル, 超
精密加工システム, 非円形加工システム, 画像計測によるド
リルバリの形状測定
ウォータドライブスピンドルを組み込んだ ………… 提 坂 裕 至
超精密加工システムの開発
流体駆動スピンドルの回転数制御システムの開発 … 鈴 木 幸 太
ドリルバリに及ぼす加工条件の影響 ………………… 田 中 孝 三
マシニングセンタの運動精度測定装置の試作 ……… 青 島 良 輔
3次元 CAD/CAM システムを利用した …………… 佐々木雄大
機械部品創成
渡部祐也
超精密加工システム用スピンドルの研究 …………… 佐 藤 篤 志
榊原健康
流体駆動スピンドルの回転数制御 …………………… 小 川 岳 彦
流体駆動スピンドルの回転角制御 …………………… 石 川 雅 教
エアスピンドルシステムの試作 ……………………… 箕 輪 雄 造
流体力学研究室
衝動型ハイドロタービン内の流れの数値シミュレーション,
流体関連振動問題の数値シミュレーション, 渦や自由表面を
伴う流れの解析法の開発
曲面壁に衝突する噴流の数値解析 …………………… 伊 東 基 文
回転平板に衝突する噴流の数値解析 ………………… 佐々木智幸
ペルトン水車バケット内の流れの数値解析 ………… 森 中 昌 和
機械材料研究室
チタンおよびチタン合金の組織と機械的性質に関する基礎研
究, 鉄および炭素鋼, 合金鋼の相変態熱の測定, 熱処理にお
ける沸騰伝熱および相変態を伴う非線形熱伝導の実験と数値
解析
伝熱工学研究室
沸騰熱伝達, 表面張力熱流体現象, 気泡生成のカオス挙動,
筐体の環境適応最適熱設計
チタンおよびチタン合金の引張試験と ……………… 川 崎
洋
変形組織観察
中吉勇人
チタンおよびチタン合金の冷却曲線の測定 ………… 岩井健一郎
栗山謙治
チタンおよびチタン合金の熱分析 …………………… 宮 永 大 輔
鉄・ニッケル合金の相変態に関する研究 …………… 李
慧傑
津
村
岡
司
井
田
向
中
智史
洋一
剛
啓一
秀基
裕也
佑介
裕之
粒子法における3次元複雑形状壁の表現に ………… 丸 山 正 智
関する研究
大石秀人
川島泰明
曲面壁に衝突するジェットの2次元解析に ………… 池 田
準
関する研究 (壁面の表現方法と計算精度)
流体関連振動解析プログラムの開発 ………………… 井出崎文英
(多数体への対応)
松森
慶
熱工学研究室
サブクール沸騰の伝熱機構, 圧縮膨張時の伝熱, スターリン
グエンジンの開発, 分子動力学による固液接触条件の解明
10W 級α型スターリングエンジンの製作と ……… 小金澤真勝
性能評価
齊藤悦徳
46
ハーメチック式スターリングエンジンの …………… 山
製作と性能評価
油
ディスプレーサを兼ねる再生器の伝熱特性と ……… 河
β型スターリングエンジンの設計
福
共鳴管内の流量圧力変動の特性 ……………………… 山
新
サブクール液中の気泡の成長・崩壊による ………… 澁
伝熱促進
冨
分子動力学法による界面の移動に関する研究 ……… 松
塩
田
井
北
田
口
井
谷
永
永
澤
陽
良
淳
裕
真
博
佑
憲
知
重
介
太
一
哉
信
介
一
樹
晴
機械設計製図研究室
セミアクティブ緩衝器, MR 緩衝器, ER 緩衝器, 可動式ハ
ンプ, 可動式バンプ, 開発, 最適設計, ねじ締結体
セミアクティブ緩衝器の最適設計に関する研究 …… 史
鳳輝
アクティブハンプに関する研究 ……………………… 土
出
ER 緩衝器の抵抗力に関する研究 …………………… 出
堀
MR 緩衝器の抵抗力に関する研究 …………………… 青
宮
MR 緩衝器のモデリング ……………………………… 小
バイパスオリフィス式緩衝器の抵抗力に …………… 森
関する研究
阿
ボルト締め管フランジの締付けに関する研究 ……… 本
細
ボールエンドミルによる自然木材の切削特性 ……… 中
松
設計支援用eラーニングシステムの試作 …………… 毛
(歯車減速機の強度計算部)
井
雲
島
田
木
原
林
田
部
間
矢
尾
崎
利
和
裕
聖
誠
鉄
雅
洋
俊
和
裕
友
正
克
徳
史
士
一
兵
聡
治
介
介
弘
彦
樹
和
徳
機械力学研究室
機械の振動騒音解析および低減技術および, エネルギを変数
とする低振動低騒音機械の設計手法の開発
自動車の低騒音フロアの開発 ………………………… 川 瀬 康 裕
有限長レールを用いたレール振動騒音対策 ………… 梶 川
超
検証法
可動付加質量を有する二重振り子型動吸振器の …… 羽二生大樹
開発
過渡的 SEA による集中定数系の衝撃応答解析 …… 石 川 慧 介
集中定数系における振動エネルギ流れの変化 ……… 田 村 敏 久
戸塚健介
振動エネルギ流れのモード分離 ……………………… 上 野 正 貴
高尾昌明
自動車フロア用カーペットの振動及び音響 ………… 金 澤
俊
モデルの検証
自動車フロア用カーペットの振動音響モデルの …… 重 藤
真
実用化
布施大志
原
ロータを有する機械のエネルギモデルによる ……… 白
低振動化
金
定常加速騒音と相関の高い街頭騒音試験法の ……… 石
検討 (排気騒音シミュレーション技術の検証)
渡
タンデム型油圧ピストンポンプの低騒音化に ……… 飯
関する研究 (実稼動時のポンプ構造体振動の FEM 解析)
祐介
松広大
子忠裕
田
豊
邉
豊
島瑞貴
光・波動工学研究室
光波, 電磁波回路の計算機解析, 多層超薄膜光導波路型デバ
イスの数値解析, 作成, 測定
PE 法による水中音響レンズの集束特性 …………… 清
方形パッチアンテナの設計とモーメント法による … 渡
シミュレーション
FDTD 法による方形パッチアンテナの電磁界解析 …… 吉
マイクロストリップ型方形パッチアンテナの ……… 大
高周波電界分布の測定
扇型形状による1×Nポート MMI デバイスの設計…… 増
有限差分波動伝搬法による損失を考慮した ………… 原
二次元/三次元光導波路のシミュレーション
TD-BPM によるフォトニック結晶構造回路の解析 …… 安
金属薄膜を用いた光導波路の伝搬特性 ……………… 立
―表面プラズモンの応用―
不純物拡散濃度方程式の FD−BPM による検討 …… 遠
水理恵
邊智成
川零司
成和義
田
徹
和幸
部
亘
見亮介
藤克也
!"#$ 電力系統工学研究室
電力分野における数値解析, 制御, 保護
複雑な風況下における風力発電 ……………………… 前
風力タービンモデルの構成 …………………………… 鈴
燃料電池の動特性の調査と研究 ……………………… 西
太陽電池-インバータシステムの研究 ……………… 黒
電力系統に接続するインバータ用系統連係 ………… 岩
装置の研究
制動抵抗装置を用いた系統安定化システムの検討 … 鈴
制動抵抗装置を用いた系統安定化システムの ……… 佐
研究-三角波比較方式の PWM 制御の検討
超電導リアクトルを用いた系統安定化システム …… 茶
の研究
超電導リアクトルを用いた系統安定化システム …… 澁
の研究−自励変換機, 超電導リアクトルの自律制御方式の検討
短距離送電線路における相領域線路過渡現象解析 … 今
モデルの検討
田
木
條
田
啓
雅
岳
卓
光
衣
志
郎
奨
村達史
藤裕介
谷真平
谷康介
井
俊
%&'( 生体・環境計測研究室
医用超音波診断の安全性(超音波増感材の基礎研究), 超音波
音場測定(シュリーレン法, 光レーザーを用いた音場計測),
海洋音波伝搬の数値解析(大洋や極地における長距離海洋音
波伝搬)
47
超音波照射による生体ファントム内の温度上昇 …… 石 関 貴 裕
測定
超音波による生体組織内での温度上昇推定の ……… 齋 藤 圭 司
数値解析
シュリーレン撮影装置を用いた超音波振動子の …… 露
放射音場の計測−ハイドロフォン法, シミュレー
ション結果との比較−
水中音響レンズ用アクリル材の音速の ……………… 多
温度依存性の測定
空中超音波センサの反射波の伝搬解析 ……………… 杉
−斜め音源の解析のための並列演算法の導入−
音波伝搬減衰係数の違いによるファントムの ……… 谷
温度上昇の変化
再現性のある軟部生体組織ファントムの製作 ……… 結
反射体を有する生体ファントムの温度上昇測定 …… 林
超音波照射による骨を含む生体模擬ファントム …… 田
内部の温度分布の推定
並列 FDTD-HCE 法における HCE 法の解析 ……… 須
領域均等化処理による高速化
木
裕
田雅史
山雄一
内俊介
城恭平
誠
渕亮平
藤英之
フロンティアエネルギー
システム研究室
固体高分子形燃料電池発電システム, 固体酸化物形燃料電池
発電システム, セラミックス材料特性, 計算機シミュレーショ
ン, 熱電変換発電システム, 結晶育成および材料特性
配電系統内の直流分散型電源の数値計算の ………… 水 倉 朋 幸
モデル化
熱電半導体 Pb0.5Sn0.5Te の比抵抗の結晶粒径 …… 桑 田 晴 信
依存性
ホール係数測定システムの設計と試作 ……………… 代 谷 直 樹
p型熱電半導体 Pb0.5Sn0.5Te のホール係数と …… 荒 井 伸 康
比抵抗測定
n型熱電半導体 PbTePb+0.5wt%PbI2の比抵抗, … 加 藤
正
ホール係数の測定
鉛・テルル系熱電材料を用いた熱電発電素子の …… 日景優一朗
試作
熱電発電装置の改良及びモジュールの VI 特性の …… 田 中 秀 典
検討
固体高分子形燃料電池の給排気システム及び ……… 井 上 譲 二
除湿機の冷却管の改良
単セル固体高分子形燃料電池の9分割電極に ……… 三 須 崇 徳
おける電流分担特性
電流遮断法を用いた単セル固体高分子形 …………… 桝 谷
信
燃料電池の過渡特性評価
情報ネットワーク, メディア研究室
アクセス制御モデル, 電子透かし, 個人情報保護, 著作権管
理, 画像検索
有料放送に適した可視型電子透かし ………………… 沖 原 健 一
形式的使用記述言語による Community Based…… 畔 上 昭 司
Access Control Mode の評価
読み手の意図に基づいたタイトル生成法 …………… 石
Construction of suitable Digital Archives …… 木
for Nonwritten Cultural Materials
Access Control Agent System における情報 …… 酒
フィルタに関する研究
分散ファイアウォールにおけるルールの配置と …… 宮
処理の最適化
塚泰士
下慶子
井剛典
地信晴
可視型電子透かしを用いた JPEG 画像配信システム … 佐 藤 昭 仁
前方車両の時間的変動に基づく車間距離推定 ……… 夏 目 秀 章
Covert Channel の検出精度向上とその応用 …… 捫 垣 研 太
Firewall をアクセス制御に統合した ……………… 小笠原武徳
セキュリティモデルの提案
ステートフルルールを考慮したパケット …………… 清 水
亮
フィルタリングの最適化
ユーザプロフィールを考慮した検索方法の提案 …… 鈴 木
翔
COE における非文字資料に適したデータベース … 村 上 敦 志
の構築
マイクロ波, 光回路研究室
電磁波回路 (各種導波回路, 伝送線回路, マイクロ波・ミリ
波平面回路, 光平面回路, 量子波デバイス)
3次元光導波路の電磁界解析−断面方向及び ……… 井 上
学
進行方向不連続部の等価回路に基づいて−
方形導波管不連続部の電磁界解析 …………………… 松 本 謙 一
−導波管位置ずれ不連続構造−
方形導波管方形切り込み付きT分岐回路の ………… 齋
フォスタ型等価回路による特性解析
方形導波管斜め切断直角曲がり接合部の …………… 森
固有モードの解析
方形導波管直角曲がりのフォスタ型 ………………… 古
等価回路による解析
ストリップ線多段構成インピーダンス変換回路 …… 本
のフォスタ型等価回路による解析−二段構成回
路の固有モード計算−
ストリップ線 45 度曲がり接合部の ………………… 宮
固有モード計算
ストリップ線導波路の横方向等価回路に基づく …… 丁
固有伝送モード解析
各種伝送線路回路の伝送線路理論に基づく解析 …… 大
−入出力周波数特性・電圧分布時間特性−
多層超薄膜構造3次元光導波路の …………………… 松
横方向等価回路に基づく固有伝送モード解析
平行結合8μm正方形断面3次元光導波路の ……… 白
横方向等価回路に基づく固有伝送モード解析
3次元光導波路進行方向不連続構造の動作解析 …… 三
−強い閉じ込め構造をもった3次元光導波路−
藤亮太
本将允
牧直樹
田啓人
下和博
凱
谷匡史
原純一
石大輔
浦剛志
画像工学研究室
動画像の入力, 合成, 処理, 加工, 編集, 認知, 伝送, 蓄積,
出力に関する基礎的技術について, 理論及び計算機実験の両
48
システムの最大効率制御
MechatroS3-C を用いた外乱考慮型2軸サーボ …… 小 松 政 之
システムの構築
ホバークラフトの製作 ………………………………… 木 島 永 二
面から研究を行っている
非線形拡散プロセスを用いた照度分離とその応用 … 高 橋 広 美
「話の展開」 を推測する方式について ……………… 高 澤 千 鶴
サンプルに基づくノンパラメトリックな …………… 篠
テクスチャ生成法
複素線形拡散プロセスによる画像の雑音除去と …… 川
鮮鋭化
骨格/テクスチャ分離に基づく画像拡大 …………… 石
二段階ブロックマッチング法を用いた ……………… 矢
ブロッチ損傷検出と除去
経年劣化映像フリッカの対数輝度補正 ……………… 金
カラー動画像からの特定人物の検出と追跡 ………… 坂
カラー画像からの照度と反射率の分離推定と ……… 久
色順応への応用
道路監視動画像からの動物体像の検出と追跡 ……… 甲
三値センサス変換によるブロックマッチング ……… 渡
動き推定法
崎
剛
本
諭
井勇樹
野順一
島晃一
井芳峰
米雅明
賀一光
辺
充
電子回路工学研究室
電子回路・集積回路の回路方式, 集積回路設計自動化技術
微小信号センサー回路に関する研究 ………………… 菊 池 秀 一
センサー間情報伝送に関する研究 …………………… 正 城 秀 作
高精度増幅器に関する研究 …………………………… 吉 山 正 人
コンパレータ回路に関する研究 ……………………… 斉
智司
CMRR の測定に関する研究 ………………………… 六反田和也
Gm-C 回路に関する研究 ……………………………… 市 川 拓 也
昇圧回路の設計に関する研究 ………………………… 兪
明秀
低電圧 CMOS 電流源回路の設計に関する研究 …… 大 賀 正 彦
バンドギャップレファレンス回路の高精度化に …… 藤 田 陽 仁
関する研究
ΔΣA/D 変換器構成素子の低感度化に関する …… 本 間 一 彬
研究
パワー・メカトロニクス研究室
AC サ ー ボ モ ー タ の 各 種 駆 動 制 御 , 同 応 用 の 各
種機器開発
岸恒平
山貴広
代勇太
賀直人
修平
生明宏
家一彦
超音波工学研究室
複数の振動系, 複合振動モード及び高周波数を用いた強力超
音波応用, 金属, プラスチックスの超音波溶接, 高周波数・
超音波複合振動ワイヤーボンディング, 半導体チップ・集積
回路の直接接合, 超音波連続シーム溶接, 超音波振動形成,
各種の超音波振動加工, 高性能・大トルクの超音波モータの
開発, 強力超音波振動源の開発, 強力超音波用振動変換器の
開発, 各種の超音波計測
高周波数の超音波複合振動源に関する研究 ………… 川 崎 高 広
大容量の超音波複合振動源に関する研究 …………… 菊 池 雄 也
40 kHz の直交した縦振動系で対称駆動する ……… 武 田 亮 子
超音波複合振動溶接装置の振動特性について
斜スリット複合振動変換器を用いた超音波シーム …… 田 中
俊
溶接装置に関する研究
斜スリット複合振動変換器を用いた直径30mm の …… 平 井 理 光
小型超音波モータに関する研究
190kHz の超音波複合振動系に関する研究 ………… 平 井 一 紀
ステンレス鋼製溶接チップを用いた突き合わせ …… 尾野松哲広
超音波溶接に関する研究
久保田和哉
40kHz の曲げ振動円盤を用いた大容量超音波 ……… 加 藤 厚 志
複合振動源の研究
27kHz のアルミニウム合金製縦振動円盤を用いた …… 増 子
元
大容量超音波複合振動源に関する研究
ディジタル信号処理研究室
ディジタルフィルタの設計及び構成, 進化論的アルゴリズムの
信号処理への適用, VLSI 信号処理システムのソフトウェア/ハー
ドウェア協調設計
ハードウエアに関する制約条件を考慮した ………… 加 藤 幸 信
複数の定数乗算回路の設計
固定座標系上の最小次元状態オブザーバによる …… 山
PMSM のセンサレスベクトル制御
高周波電流相関信号を用いた永久磁石同期 ………… 小
モータのセンサレス制御
自励式ハイブリッド界磁同期モータの初期位置 …… 矢
推定法
同期リラクタンスモータのD因子状態 ……………… 大
オブザーバ形センサレスベクトル制御
同期リラクタンスモータの磁束飽和モデルの ……… 林
構築とベクトル制御
同期リラクタンスモータの鏡相形ベクトル制御 …… 麻
永久磁石同期発電機を用いた風力発電 ……………… 新
ソフトウェア記述からハードウェア記述への ………… 小
自動変換のための演算回路最適化
遺伝的アルゴリズムを用いた線形変換回路の ……… 鈴
遅延時間・回路規模最適化
複数の定数乗算の演算順序変更による処理速度 …… 大
向上のためのハードウェア設計
遺伝的アルゴリズムの局所探索能力を強化した …… 赤
ハイブリッド最適化アルゴリズム
遺伝的操作を加えたアントシステムに関する研究 …… 加
金融市場における時系列データ解析のための ……… 鈴
適応フィルタ
通貨ペア分析に基づくトレーディングシステムに …… 牛
関する研究
谷光史
木麻衣
矢宜史
井友康
藤高行
木健祐
山貴史
49
ファジィ推論を用いたトレーディングシステムに …… 倉 林
佑
関する研究
テクニカル分析に基づく人工市場に関する研究 …… 白 石 智 幸
量子デバイス研究室
ジョセフソン接合に関する研究, 強磁性材料のバルクハウゼ
ン効果に関する研究
ダブル接合ジョセフソン素子における ……………… 相 澤 邦 守
中間 Nb 層の膜厚が特性に与える影響
Josephson 接合の2次元磁界変調特性 ……………… 山
〜接合面積依存性〜
中間層 Nb の厚みの異なるダブルバリア …………… 山
Josephson 接合素子の作製
Josephson 素子作製における陽極酸化の深さ ……… 三
接合形状の異なる Josephson 接合の作製 ………… 佐
Josephson 素子における形状効果の評価 ………… 山
レーザアブレーション CVD による ZnO ナノロッド…… 宮 下 裕 史
の成長とその電界発光素子への応用
本理弘
田泰輔
橋
充
藤晃弘
川直也
CVD 法による ZnO ナノロッドの作製前における …… 橋
Mn レーザアブレーションの効果に関する研究
CVD 法による ZnO ナノロッドの作製における …… 池
ZnO のレーザアブレーション併用の役割に関する研究
電界放出素子への応用に適したナノ構造 ZnO の …… 中
作製 −2段階成長による細径化と表面改質の効果―
電子ビーム蒸着法による Mn-Si-O 系薄膜の ……… 岡
作製とその発光に関する研究
PLD 法による Mn-Si-O 系薄膜の作製と …………… 關
その発光に関する研究
PLD 法による Mn-Si-S 系薄膜の作製と …………… 中
その発光に関する研究
2重絶縁型 ACEL 素子への ZnO ナノロッド層の …… 西
挿入効果に関する研究
ZnO ナノロッド層が挿入された DCEL 素子の …… 伊
発光領域の均一化−Ni 層の挿入効果−
階層化モデルを導入した自律分散ネットワーク …… 永 松 大 和
における性能評価
非文字資料におけるオントロジーを考慮した ……… 若 山 永 志
類似度モデルの提案
ファジィ交渉エージェントを利用した ……………… 内田健太郎
スケジュール調整システム
身障者個人に応じた最短経路探索決定手段 ………… 倉 重 直 人
一様分布ネットワークにおける確率論的解析 ……… 宮 川
翔
エージェント指向情報伝播モデルにおける ………… 中村利津也
ユーザ間コミュニケーション支援
電子カルテ普及のための医療情報共有システム …… 大 竹 由 夏
の提案
非同期通信を用いた住所検索システムの構築 ……… 鈴 木 秀 治
迷惑メール振り分けを応用したフィッシングの …… 大 津 拓 也
フィルタリングに関する研究
ベイズ理論を用いた迷惑メールフィルタの改善 …… 田 邊 康 彦
階層化 Mobile IP におけるパケット処理の ……… 斉 藤 隼 人
最適化に関する研究
電子材料研究室
薄膜電子材料, 薄膜電子デバイスの研究, 薄膜プロセスの研究
レーザアブレーション CVD によるナノ構造の …… 金 原 孝 志
ZnO の創造とその電界放出特性
本竜一
村新一
戸宏文
繁明
田浩二
山晶子
東知哉
コミュニケーション工学研究室
知能情報システム研究室
人工知能の基礎理論, 知的ソフトウェアの構築, 最適化手法
の工学的応用, エージェント理論に基づくインターネット技
術の開発
本敦士
コミュニケーションにかかわる知能, 言葉, 知識などに関す
る原理・システム・サービスの研究
翻訳サイトに適した文章作成法 ……………………… 伊 藤 雅 史
感想文を利用した 「小説」 検索法の研究 …………… 鷺 山 弘 志
小説の自動場面分割システム ………………………… 斗 沢 清 芽
こども向け文章の自動生成の研究 …………………… 村 上 智 洋
掲示板における 「危険な書き込み」 検出法の研究 …… 牛久保徳明
文章に対する人間らしい返答文の生成 ……………… 大 橋
稔
小説に対する紹介文の生成法の研究 ………………… 纐 纈 貴 大
四字熟語によるインパクトのある …………………… 呉
成浩
ニュースタイトル生成法の研究
語呂合わせ短歌自動生成の研究 ……………………… 田 代 真 広
Blog を用いた替え歌生成のための情報抽出の研究 …… 山 内 英 生
半導体研究室
Ⅲ族窒化物半導体, MOCVD, マグネトロンスパッタ, 光磁
気効果
化合物半導体の熱電特性と熱電変換デバイス ……… 貝 和
央
熱デバイスのための InSb の有機金属気相 ………… 小 堀 裕 太
成長法による結晶成長と評価
高電子移動度半導体 InSb を利用した ……………… 名 川 嘉 人
高効率熱電変換デバイス
熱電デバイスにおける電極と接触抵抗の検討 ……… 福 島
諒
熱電変換素子の高出力化の検討 ……………………… 齋 藤 正 昂
InSb 小型熱電デバイスの作製と評価 ……………… 勝間田純嗣
窒化物半導体を用いた薄膜積層熱電デバイスの作製 … 坂 寄
綾
反応性高周波スパッタ法による InN 薄膜 ………… 飯島嘉那子
及び AlInN 薄膜の作製と評価
50
磁性材料をドープした InN 薄膜の作製と評価 …… 向
有機金属気相成長法による InAsSb の結晶 ………… 三
成長と評価
有機金属気相成長法によるバッファ層を用いた …… 松
InSb の結晶成長と評価
電子ビーム蒸着法による InSb 薄膜の作製と ……… 高
電流依存性による評価
電子ビーム蒸着法による InSb 薄膜の ……………… 塚
基板温度依存性
後
藍
品喬弘
本雅史
田
久
田英徳
プラズマ工学研究室
放電現象の解析, プラズマの発生と応用, 放電の制御方法の
開発, 照明工学, 知能ロボットの開発
結晶性/結晶性ブロックコポリマーの球晶成長 …… 伊 藤 永 真
相互侵入形成過程のパルス法 NMR による解析…… 大久保賢二
相互侵入球晶の球晶界面におけるラメラ構造と成長速度
…………………………………………………………… 神 藤
馨
球晶のフィブリル間, 及びフィブリル内における球晶成長速度
…………………………………………………………… 野 口 宗 高
他の球晶内で核生成・成長する球晶のモルフォロジーと結晶化
挙動 ……………………………………………………… 松 下 和 心
非相溶系ポリマーブレンドにおける相分離構造と球晶成長
…………………………………………………………… 虫明敬仁郎
消光リングを示す結晶性/非晶性ポリマーブレンドの結晶ラメ
ラ構造解析 ……………………………………………… 渡 邊 英 行
有機反応デザイン研究室
車輪型移動ロボットの制御に関する研究 …………… 横 山 太 一
移動ロボットの環境認識に関する研究 ……………… 吉 見 慶 太
人間型ロボットの全身運動に関する研究 …………… 西 野 彰 吾
〜全身運動による障害物乗り越え〜
バリア放電モデルのプラズマ係数の検討 …………… 池 田
郷
鉄心磁路開放型磁界結合無電極放電に関する研究 … 佐久間智典
高周波点灯での調光時電極温度測定 ………………… 國 師 賢 二
電極寿命時のステムガラス溶融現象 ………………… 木 下 正 博
蛍光ランプの移動縞計測 ……………………………… 東 尾 光 章
高密度放電電離機構モデルの検討 …………………… 石 塚 大 祐
環境中の微量成分分析, 酸性雨・酸性霧の分析, 膜による新
しい分離法の開発
丹沢大山における霧の組成の特徴とその支配要因 … 小
丹沢大山における森林樹冠への大気汚染物質の …… 杉
沈着挙動
靄の特性と成分濃度の支配要因 ……………………… 高
疎水性膜を用いた抽出透過法による有機物の分離 … 平
花粉の大気中における挙動と汚染物質の吸着 ……… 田
露の化学組成と濃度支配要因 ………………………… 露
エアロゾルの成分分析と濃度支配要因 ……………… 富
微量ガス成分の分析と濃度支配要因 ………………… 中
大気中の VOCs の分析と濃度支配要因 …………… 水
新しい均一系金属触媒・金属反応剤の開発と金属錯体を用い
る触媒あるいは当量合成反応の開発, 天然物・医薬品等生物
活性化合物や有機材料の実践的合成法の開発, 合成化学に基
づく drug/material design & discovery
気質設計に基づくアリルチタン化合物の …………… 相 田 俊 夫
求電子剤との反応の制御
Reppe 型置換ベンゼン合成法の新展開:触媒の…… 才 野 直 子
系中発生法による実用的アルキン環化三量化反応
環境分析化学研究室
倉一晃
本
寛
橋
野
中
久
永
山
野
幸
圭
純
保
紗
槙
利
弘
祐
也
功
恵
子
一
ソフトマテリアル物性研究室
高分子相溶ブレンドおよび相溶ジブロック共重合体での相転移
に伴う構造形成および形成過程の解析, バンド球晶内の消光リ
ングの微細構造の解析, 非相溶性ブレンドにおける構造形成.
3元系ポリマーブレンドの相溶性と結晶化挙動 …… 木 村 洋 徳
高分子球晶における消光リングとその内部構造 …… 塩 田 雄 一
2-イミノメチルピリジン/CoCl2-6H2O/Zn ………… 雨 宮 史 尋
触媒によるアルキン環化三量化反応の Chemoselectivity
CoCl2-6H2O/dipimp/Zn 触 媒 ア ル キ ン 環 化 三 量 化 …… 猪 狩 淑 恵
反応の官能基選択性とヘテロ原子置換ベンゼン合成の検討
新しい相間移動触媒としてのイミダゾリウム塩の…… 石 上 悟 史
不斉触媒化の検討
低原子化チタン反応剤による還元的 ………………… 川 口 右 規
イミンホモカップリング反応の新展開
タンデムおよびドミノ型アルキン環化三量化 ……… 岸
明奈
反応による多芳香族化合物の合成
高速アシル化有機触媒: ……………………………… 小林めぐみ
縮環 Benzothiazol-2-ylideneamines
低原子化チタン反応剤 ………………………………… 佐 野 岳 史
Ti(O-
-Pr)4/TMSCl/Mg の開発と利用
アルキン環化三量化反応を鍵反応とする …………… 松 下 裕 子
acene 類の合成法開発
(・2-イミン)Ti(O-
-Pr)2 錯体生成を基盤とする ……… 酒 井 一 司
イミンからの光学活性3-pyrroline の二段階合成法
, −ジアルキルイミダゾリウム塩の …………… 石 川 知 宏
相間移動触媒としての利用
Co 触媒によるアルキン/ニトリル[2+2+2]型 ……… 田 邉 絵 美
共環化反応による置換ピリジンの合成法
2価チタン反応剤を用いるステロイド C, D ……… 松 下
瞳
環部の立体選択的合成
遺伝子有機化学研究室
生体物質 (DNA, 糖, ペプチド) を基盤とする生理活性分子・
機能性分子の合成と生命科学, 分析化学, 物質化学への応用
51
反応性の制御と応用に関する研究
多様な金属イオンを結合する DNA duplex の …… 杉山空見子
合成研究
一次元に配列された金属錯体を含む ………………… 笹 野 賢 一
DNA ワイヤーの合成研究
メタロサレンを結合した DNA の合成研究 ………… 佐 野 有 希
DNA 構造に沿って配列された金属錯体 …………… 山崎美喜子
クラスターの合成研究
遺伝子の一塩基多型 (SNP) を検出するための …… 柳 川 智 明
修飾 DNA の合成研究
遷移金属錯体研究室
超分子錯体による分子認識と錯体工学, 遷移金属酸化物によ
るナノ構造の制御, メソポーラスシリカを用いる選択的反応
場, 遷移金属錯体による液晶などの分子エレクトロニクス材
料の開発, 太陽エネルギー変換素子用触媒の開発, ペプチド
および DNA 残基と遷移金属イオンとの相互作用
Ag(I)イオン及び貴金属ナノ粒子/ ……………… 篠 原 和 也
ポリシロキサンの調整とかれらの機能性評価
各種ジアミンおよび 2,2 −ビピリジン誘導体を … 玉
配位子とする Co(III), Rh(III)錯体の合成と光学分割
血糖値を正常化させる新しいバナジウム錯体の …… 丹
合成と固体 51V-NMR 法による構造解析
各種活性基を付与したポリシロキサンの合成と …… 中
金属イオンの付着特性
ポリシランーブロック共重合体を用いた …………… 仁
有機無機ハイブリッド材料の開発
シッフ塩基を用いた金属ナノ粒子の合成と ………… 二
触媒活性の応用
メソポーラスシリカ組織体合成法の検討と ………… 山
その触媒活性
Mn, Fe, Co, Ni, Cu, Zn, Ag, Sn, Pt ……………… 徳
金属錯体のナノ構造制御
城
勇
野千穂
嶋
環
科元彬
-ベンゾイル-α-デヒドロアリールアラニン ……… 義家比呂子
アミド誘導体の光誘起電子移動を経由する新規環化反応
-ベンゾイル-α-デヒドロアリールアラニン ……… 渡 邉 晴 夫
アルキルエステル類/キラルアミン系の不斉光環化反応
-アシルアリールアラニンジペプチドの1, 4−ジオキサンと … 石 垣 宏 規
ミセル水溶液中におけるエナンチオ区別蛍光消光
アリールメチルオキシアントラセン誘導体の ……… 小 泉 裕 太
光ラジカルおよび光カチオン重合開始能
アシル-α-デヒドロアリールアラニンナフチル … 小 松
寛
エステル類の光反応によるポリマーフィルムの屈折率制御
ナフチルメチレンイミノ基を有する芳香族アミン … 長 田 健 作
保護体の光脱保護反応に及ぼす置換基効果
ナフチルメチレンイミノ基を有するアミノ酸 ……… 藤 井 優 聡
-保護体の合成および光脱保護反応
アントラセン発色団を導入したカリックスアレーン …… 宮 下 奈 月
誘導体の合成および光−熱エネルギー変換性能
アンスリルメチルベンゾエート/メチルメタクリ …… 齋 藤
匠
レートと関連コポリマーの合成および光重合開始能
トリアゾール置換α-デヒドロナフチルアラニン …… 仲 山
剛
アミドおよびエステル誘導体の光誘起電子移動反応
有機無機ハイブリッド構造研究室
中空アルミナ球状物質の合成 ………………………… 開 発
雄
ベーマイトを用いたアルミ配位化合物の …………… 片 倉
良
新規合成法
自己組織化を利用した酸化亜鉛単結晶成長制御 …… 八 木 達 夫
自己組織化による酸化アルミナナノ粒子の ………… 鈴 木 常 夫
三次元構造物創出
自己組織化を利用したアルミナ薄膜の構築 ………… 山本真太郎
光機能性分子研究室
新しいタイプの有機光化学反応の開発とその機構の解明なら
びに応用に関する研究, 光機能性分子の合成と反応性ならび
に応用に関する研究, 超分子反応場を利用した有機化合物の
バイオ活性分子化学研究室
ポストペトロケミカルズとしての糖質の応用ならびに生命化
学に深く関与する糖化学に関する基礎ならびに応用研究, 糖
化学における素反応の開発, 生理活性天然物のキラル合成,
オリゴ糖鎖のブロック合成およびその安定同位体標識化.
岸雄介
永剛志
アシルアリールアラニンを基本骨格とする ……… 黒 澤 弘 樹
ジペプチドのジアステレオ区別およびエナンチオ区別蛍光消光
アシル-α-デヒドロアリールアラニン …………… 佐々木裕二
アルキルエステル類の電子移動を経由する新規不斉光環化反応
宮亮次
第 13 属元素を用いた無機化学反応と材料化学。 カーボンナ
ノファイバーを利用したナノマテリアル創製。
異常アミノ酸や複素環を有するビストラタミド類 …… 安 藤 正 倫
およびラダマイシンの全合成研究
新規抗生物質の開発を目的とした分枝糖誘導体 …… 峯 岸 一 磨
ライブラリーの合成研究
神経突起伸展作用物質 LLG-3及びその誘導体の …… 石 川 大 地
合成研究
新規抗生物質の開発を目的とする …………………… 高 木 勇 輝
L-Vancosamine‐D-Glucose 二糖アナログ体の合成研究
-tert-Butyloxacalix[6]arene を鋳型として ……… 森 谷 将 好
用いるα-Cyclodextrin と Cyclo-β-(1→4)-Dgalactohexaose の迅速合成
大環状抗生物質ラダマイシン構成フラグメントの …… 荒 井 陽 太
合成研究
デヒドロペプチドを用いた天然物ビストラタミドF …… 鈴 木 宏 幸
および誘導体の合成研究
光学活性8−デオキシテトロドトキシンの合成研究 …… 曽根田義一
プロパギルオキシカルボニル基を活用する ………… 藤 井 陽 太
Olivomycin A構成三糖の効率的合成研究
52
力
D-Glucose を出発原料とする新規 Bisabolane 型 …… 山 浦
Sesquiterpene の合成研究
新規抗生物質の開発を目的とする ……………………… 湯 浅 秀 紀
L-Decilonitrose および誘導体の合成研究
L-Sorbose を出発原料とする Voglibose の…………… 八 木 田 圭
新規合成研究
Calix[5]arene Analogue を鋳型として用いる ……… 人見千沙絵
DP5の Cyclodextrin 同族体および Cyclo-β-(1→4)
-D-galactopentaose の迅速合成研究
エレクトロニクス
材料化学研究室
電気化学をベースとした新材料の開発とその機能発現の解明―
高密度エネルギー蓄積材料 (電池, キャパシタ), 機能性めっ
き, 光触媒等
アルカリ系二次電池正極の放電挙動に関する研究 …… 森 下 正 典
Ni/SiC 複合めっき …………………………………… 浅 井 良 規
リチウムイオン二次電池用層状 ……………………… 佐々木勇樹
Li[Ni1/2Mn 1/2]O 2正極材料の高性能化
アルカリ系二次電池の部分充放電過程に生じる …… 石 原 崇 嗣
メモリー効果の抑制
スプレードライ法による大電流放電特性を有する …… 伊 藤 敦 史
LiNi0.5Mn 1.5O 4 の合成
固体基板上におけるトリアジンチオール …………… 片 倉 優 介
誘導体の光重合とそのめっきレジストへの応用
リチウムイオン二次電池の正極への導電材の影響 …… 鴨 川 宏 幸
Pt/IrO 2 粉末複合めっき電極の作製と電極特性 …… 木 村 夏 樹
エッチングレスガラス基板上への無電解銅めっき …… 赤 澤 亮 介
自動多層めっき装置を用いた Cu/Ni ……………… 北方えり子
多層膜の作製と磨耗特性
紫外線照射により表面改質した液晶ポリマー ……… 本 部 雅 美
(LCP) フィルムへの無電解銅めっき
LCP フィルム上への無電解ニッケルめっき ……… 佐々木裕次郎
微小空間を用いた無電解 Pt-Ni 合金ナノ粒子の作製 … 曽 根 伸 也
リンゴ酸を用いたホウ酸フリー電気ニッケル ……… 野 平
譲
めっき浴
ガルバニ式酸素ガスセンサの新規アノードの開発 …… 矢 田 隆 宏
触媒ナノ化学研究室
種々の分光法を駆使した固体表面や遷移金属錯体による触媒
反応の機構の解明, 新規高性能なエネルギー変換触媒や環境
浄化触媒の開発, ガス選択透過能を有する貴金属を内包した
酸化物ナノチューブ・ナノカプセル触媒の開発, メタンや二
酸化炭素の有効利用触媒の開発, メタノールの液相改質用触
媒の開発, 無機錯体系水素貯蔵材料の開発, キラルな構造を
有する固体触媒の開発と不斉反応の研究
貴金属触媒上での水性ガスシフト及び CO ………… 佐 藤 康 司
除去反応の機構の解析
担持 Ru 触媒上での CH4や CO の関与する………… 岡 澤
反応で生成した表面炭素種の反応性
アルカリ金属およびアルカリ土類金属 ……………… 久 野
−グラファイト系水素貯蔵材料の調製と水素吸放出特性
種々のⅧ族金属を内包したシリカナノ複合体の …… 熊 田
調製とその触媒特性
逆ミセル法を用いた金属内包シリカナノ粒子の …… 黒 川
調製とその触媒特性
種々の担持Ⅷ属金属触媒上での CO の ……………… 南 浦
選択酸化反応
至宙
広喜
直剛
慶典
良太
Rh-TiO 2 ナノカプセル触媒の調製と水性ガスシフト反応
…………………………………………………………… 青 柳 美 穂
TiO 2 担持 Ni, Co 及び Fe 触媒を用いた …………… 秋 山 浩 一
メタノール液相改質反応に対する添加効果
CO-H2反応に対する Rh 金属を内包した …………… 石 丸 優 香
TiO 2 ナノカプセルの触媒特性
Al2O 3 担持 Ru 触媒上での CO 選択酸化における …… 岩 本
淳
H2 と H2O の効果
SiO 2 担持 Pd 触媒上での N2O-CO 反応に対する …… 風早由比子
In の添加効果
Na-Mg-N-H 系水素貯蔵材料の水素吸放出特性 …… 河 野 秀 平
Pd/SiO 2 触媒での N2O-CO 反応に対する ………… 中村亜樹雄
Pb の添加効果
種々の担持 Ru 金属触媒上での CO-H2 反応で …… 藤 井 真 弘
蓄積する表面炭素種の反応性
Li-グラファイトおよび Li-Mg 系水素貯蔵材料の…… 管 毛 陽 一
水素吸放出特性
逆ミセル法で調製した二元金属内包中空 …………… 倉 重 真 理
シリカナノ粒子の調製と吸着特性
アルミナ担持 Ru 触媒上での CO 選択酸化反応 …… 高根澤豪紀
におけるKイオンと Pt の添加効果
TiO 2 担持 Ir 触媒上での CH4-CO 反応に対する…… 岸 田 拓 也
Re の添加効果
TiO 2 担持 Pt 系触媒によるメタノールの液相 ……… 村 岡 寛 史
改質反応に対する遷移金属の添加効果
Pt/Al2O 3 上での CO 選択酸化に対する …………… 今 村 久 敏
H2O や H2 の添加効果
機能高分子化学
1) オキシランおよびチイラン類の新しい有機反応の開発と
その高分子合成への応用
2) オキセタン類の新しい有機反応の開発とその高分子合成
への応用
3) 大環状モノマー類の合成とその固相重合
4) 相間移動触媒法を用いた高分子の機能化
5) 光機能性高分子 (光エネルギー変換機能高分子, 感光性
樹脂, 光硬化性オリゴマー, 高分子増感剤等) の研究.
6) 新しい光機能性カリックスアレーン誘導体の合成
7) 高屈折率および低屈折率高分子の合成とその光機能材料
への応用
新規高屈折率材料の開発を目的とした
スターポリスルフィドの合成と屈折率制御 ………… 井 上
元
シクロデキストリンを基盤とした新規光機能性 …… 井上奈緒美
53
材料の創製
光機能性ハイパーブランチポリマーの合成と特性 …… 丸
同一分子内にオキセタニル基とカルボキシル基を …… 渥
有する種々のモノマー類の合成とその自己重付加反応
環状チオエステル化合物を用いた …………………… 牧
環拡大重合による環状高分子の合成と特性
動的共有結合を利用したラダー骨格を有する ……… 林
新しい機能性大環状化合物の合成
山
研
美宏之
野真也
理英子
含硫黄マクロモノマーを用いたグラフト …………… 小 池 直 之
ポリマーの合成とその屈折率特性
オキセタン化合物とカルボン酸類との ……………… 柴田智恵美
付加反応の反応速度と反応機構
オキセタン化合物類と活性エステル類との ………… 野 村
浩
熱硬化反応
カリックスレゾルシンアレーン類をテンプレート …… 平 林 聡 明
とした ATRP 法による共有結合型分子カプセルの合成
ノボラック樹脂を基盤としたグラフト型 …………… 矢 込 圭 将
ポリスルフィドの合成と屈折率特性
含硫黄スターポリマー類の合成とその ……………… 田 中 玲 人
屈折率制御
ヘテロポリ酸を用いたオキセタン類と ……………… 曽 我 哲 徳
フェノール類との付加反応
ハイパーブランチポリカーボネートの合成と ……… 宮 澤 聡
その性質
NBD 残基を有するスターポリマーの合成と ……… 進 藤
旭
屈折率変換材料への応用
低屈折率材料の開発を目的とした含フッ素 ………… 中 島 恵 司
ポリシアヌレート類の合成と性質
AB2型モノマーと AB 型モノマーとの共重合 ……… 細 井 良 祐
による分岐ポリエステルの合成とその光機能化
側鎖にアミド基を有するグラフト型ポリマーの …… 保 田 行 範
合成と特性
バイオミメティック錯体機能
化学研究室 (2006年4月開設)
酸化酵素の反応機構解明とその仕組みを応用した人工酵素の
開発, 配位化学に基づく新規機能性物質の開発
機能性セラミックス研究室
結晶化学に基づいて, 高酸化物イオン伝導体を探索すると共
に新エネルギー, 省エネルギー, 及び環境浄化などへの応用
を目指した研究を行っている.
パイロクロア型組成(A2B 2O 7)の結晶構造と ………… 西 野 華 子
イオン伝導に関する研究
(Ba0.3Sr0.2La0.5)(In 0.97Zr0.03)O 2.765 電解質を ………… 川
用いた固体酸化物形燃料電池(SOFC)の発電量における
Ni サーメット材料の影響
酸化物半導体による熱電変換素子の開発 …………… 志
CeO 2 系酸化物イオン伝導体の交流伝導特性 ……… 武
(Ba0.3Sr0.2La0.5)InO 2.75 を用いた SOFC …………… 町
上翔大
甫崇広
田早織
田真悟
空気極材料の合成と電気的性質
ゾル・ゲル法による窒化物セラミック薄膜の合成 …… 山 本 真 之
ゾル・ゲル法による GaN 薄膜の合成 ……………… 石 本 啓 介
ゾル・ゲル法を用いた TiN 薄膜の合成 …………… 大 山 秀 徳
パイロクロア組成酸化物 Ln 2(Ce 1-xHfx)2O 7系 ……… 桂 谷 祥 太
(Ln=Nd, Sm, Eu, Gd, Y, Yb) のイオン伝導と結晶構造
Aサイト欠陥ペロブスカイト化合物における ……… 加 藤 順 信
プロトン伝導
層状構造を利用した熱電変換素子の開発 …………… 川 上 博 司
Ba2In 2O 5系における伝導メカニズムの解明………… 新武布美子
Aサイト欠陥ペロブスカイト化合物 ………………… 冨 田 博 史
(Sr1-xLa2x/3□x/3)TiO 3 系の合成と電気伝導度
固体電解質セルを用いた一酸化炭素(NO) ………… 牧 嶋 厚
の吸着・分解
三価の陽イオンを固溶させた ZnO の電気的特性 …… 松 本 雅 意
La1-xSrxGa0.8Mg 0.2O 3-δ 系における ………………… 光 田 潔 一
伝導メカニズムの解明
固体電解質型燃料電池(SOFC)用空気極材料の開発 山 川 敬 士
La(OH)3 による Cr イオン吸着特性 ………………… 山 中 大 輔
固体電解質型燃料電池(SOFC)に用いる …………… 脇
哲章
電解質の改良
ペロブスカイト構造を有する新規酸フッ化物の …… 渡 辺 潤 一
合成
分子アーキテクチャー研究室
有機合成化学に基づく機能物質の合成, 重縮合における分子
量および分子量分布の制御, 縮合系高分子の自己組織化, ら
せん高分子およびチューブ分子の合成
キラル側鎖芳香族ポリアミド共重合体の …………… 稲
溶液中におけるらせん挙動
アミノ基のオルト位に置換基を有する ……………… 新
芳香族ポリアミドの連鎖重縮合による合成
芳香族ポリアミドを有する制御された ……………… 藤
多分岐型高分子の合成
ロタキサン触媒を用いた新規連鎖重縮合法の開発 … 迎
ポルフィリン骨格を核とする様々な4本鎖星型 …… 吉
ポリアミドの合成とその自己組織化
垣夕子
山哲朗
井修一
居秋絵
野和男
ハイパーブランチポリアミドの分子量および ……… 太
分子量分布の制御
Ni 触媒移動型連鎖重縮合によるポリ ……………… 下
(-フェニレン) の合成
シリカゲルに固定化したモノマーを用いる ………… 根
連鎖重縮合の開発
アミノ基のオルト位に置換基を持つ ………………… 唐
パラ置換芳香族ポリアミドの合成
かさ高いアキラル側鎖をもつらせんポリアミド …… 小
の合成と Sergeants & soldiers rule の検討
鈴木カップリング反応を用いた重縮合の …………… 河
連鎖重合性
Stille 反応による2,2'-ビピリミジンの合成 ………… 丸
金属移動重合によるポリ ……………………………… 中
( アルキルピロール) の合成
田佳宏
野恭平
岸亮太
澤
諒
野朋弥
野晴彦
井義博
村考宏
54
親水性側鎖および親水性セグメントを含む ………… 八幡幸太郎
芳香族ポリアミドの自己組織化
α-位が分岐した アルキル側鎖をもつ …………… 巳上幸一郎
4-アミノ安息香酸エステルの合成
生産管理システム研究室
需要予測計画, スケジューリング, 在庫管理, 生産統制。 食
品販売店の仕入れ計画と在庫管理に関する研究, 特急製品の
入る生産スケジューリングの研究, 最適作業分割の研究
自動車部品製造工場におけるラインシステムの …… 飯山圭一郎
設計に関する研究
石田和浩
変動する作業負荷と作業能力管理に関する研究 …… 井 上 竜 也
三宅竜矢
スーパーにおける乳製品の補充管理・仕入れ ……… 服 部 芳 郎
管理に関する研究
売り上げ向上のための店舗レイアウトに …………… 森 部 俊 亮
関する研究
部品・仕掛かり在庫低減を考慮した生産期間 ……… 渡 仲 昌 和
短縮に関する研究
森山一也
鋳物工場における生産期間短縮のための …………… 北 村 武 史
ライン化の構築
ホテルの顧客満足度向上に関する研究 ……………… 齋 藤 大 希
高田健治
病院薬剤部における資源配分モデルの探求 ………… 高 田 圭 志
鋳物工場における仕掛かり在庫低減に関する研究 …… 和 田 竜 也
計測システム工学研究室
月探査周回衛星 「SELENE」 搭載用 ……………… 岡 庭 美 佳
B-Si(Li)検出器の開発
小川泰弘
知能システム工学研究室
灰色理論の基礎と応用研究, ロジスティクスシステムの研究,
知能生産システムの研究, ニューロ・ファジイ・GA による
生産システムの研究, セル生産システム, タグチメソドの応
用, 灰色理論の研究
情報システム工学研究室
Object Based RDB 利用のためのプログラム …… 竹
自動生成ツール@ODB2.0の開発
データベースにおけるコネクション管理に ………… 伊
関する研究
@ODB を用いたアプリケーション開発・保守の …… 黒
支援システム [email protected]の研究開発
@ODB を用いたリバースエンジニアリング ……… 小
支援ツールの研究開発
授業管理支援システムの研究開発 …………………… 田
−出席システムの開発−
授業管理支援システムの研究開発 …………………… 大
−ミニテストシステムの開発−
授業管理支援システムの研究開発 …………………… 原
−授業 Web ページ作成システムの開発−
授業管理支援システムの研究開発 …………………… 島
−レポートシステム・補助教員システムの開発−
コミュニケーション支援システムの研究開発 ……… 山
−ユーザ及び団体の登録・管理システムの開発−
コミュニケーション支援システムの研究開発 ……… 梅
−コミュニケーション促進機能の開発−
e-Learning System の研究開発 …………………… 六
−理解度別演習問題提示システムの開発−
e-Learning System の研究開発 …………………… 佐
−質問文照合による FAQ 検索システムの開発−
e-Learning System の研究開発 …………………… 小松賢太郎
−ビデオ授業進捗管理システム LMS の開発−
学科内業務支援システムの研究開発 ………………… 井 上 隆 文
−学修目標手帳システムの開発−
学科内業務支援システムの研究開発 ………………… 小野塚貴之
−総合評価システム・アンケートシステムの開発−
学科内業務支援システムの研究開発 ………………… 婁
慶博
−成績トレースシステムの開発−
学科内業務支援システムの研究開発 ………………… 佐 藤 将 大
−総合学修ポートフォリオ評価システムの開発−
ビールゲーム体験ソフトウェアの研究開発 ………… 須 田 勝 彦
−ゲーム設定・バッファリング管理・グラフ機能の開発−
ビールゲーム体験ソフトウェアの研究開発 ………… 神 部 真 吾
−ゲーム管理機能の開発−
ビールゲーム体験ソフトウェアの研究開発 ………… 白 井 拓 己
−プレイヤ機能の開発−
ビールゲーム体験ソフトウェアの研究開発 ………… 岩瀬麻衣子
−ギャラリー機能の開発−
川知宏
藤勇介
釜裕志
泉剛之
中裕介
竹康巨
田修司
根
綾
本
統
基史篤
倉裕亮
藤淳彦
ファジイニューロとウエブレットを用いた ………… 大
部品供給装置の異常診断に関する研究
ファジイウエブレットとウエーブレット …………… 亀
解析による不良品の検出に関する研究
自動化ラインの信頼性とデバッキング作業に ……… 草
関する研究
流動数曲線によるサプライチェーンシステムの …… 佐
入出荷特性に関する研究
田章彦
田和宏
柳
健
藤雄介
高速フーリエ変換を用いた画像に対する …………… 川
電子透かしの埋め込み方に関する研究
遺伝的アルゴリズムを用いたスパムメール ………… 熱
対策の研究
VRML&Perl&CGI を用いた3次元動作解析……… 高
構築にする研究
ウエブカメラを用いた画像処理と遺伝的 …………… 安
アルゴリズムによる不良品検出率に関する研究
ファジイニューラルネットワークを用いた ………… 箕
画像のパターン認識に関する研究
大企業と中小企業における情報漏洩対策の研究 …… 松
機械翻訳による現代語文から文語文への翻訳 ……… 川
セル型設備配置問題への進化的アルゴリズム ……… 小
解法の提案
RFID を用いたワークの認識による ………………… 池
ロボットラインを含む自動生産システムの構築
原健人
田好則
山
拡
部
葵
島真一
原
睦
村一年
原大樹
田健太
55
PLC による自動化生産ライン構築と時間 ………… 井 上
淳
ペトリネットによる解析の研究
Cusum 管理図を用いた品質特性の検出に ………… 佐 藤 壽 宣
関する研究
FTA を用いた故障要因解析とシャノン …………… 川 鍋 浩 之
分解理論に関する研究
タッチパネルシステムの操作特性に関する研究 …… 原島奈央子
Y−G検査から見た作業習熟特性に関する研究 …… 戸 部 美 穂
プロダクションルールを用いたAHPによる ……… 達 見 宣 弘
自動車の車種選択問題に関する研究
感性工学による椅子の選定法に関する研究 ………… 中 込 祐 一
累加生成法を用いたニューラルネットワークの …… 相 場
淳
時系列予測に関する研究
遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワークを …… 石 川 美 貴
用いた時系列予測に関する研究
ベイズ推論を用いたPERT手法の日程計画に …… 坂 本 隆 介
関する研究
重回帰分析とタグチの実験的回帰分析手法に ……… 広 川 裕 也
関する研究
クラスター分析による e ビジネスモデルの分類に …… 鈴 木 徹 也
関する研究
主成分分析による医薬品業界の企業分析に ………… 角 田
元
関する研究
自動車業界の経営分析に関する研究 ………………… 亀 山 敬 司
待ち行列理論を用いたサプライチェーンの ………… 辻 村 光 平
変動解析
屋根のリフォーム作業におけるコスト見積と ……… 指 旗 由 子
日程管理のためのエキスパートシステムの開発
計画情報システム研究室
経営・生産にかかわる, 各種の計画管理の技法/情報システ
ム化技術の研究開発 (知的制御技術, 計画管理技術, システ
ムインタフェイス技術, 応用システム開発)
オペレーションズリサーチ研究室
オペレーションズリサーチ手法の諸問題への適用, 金融工学
の価値評価に対する数理最適化を用いた研究
時系列モデルを用いた天候デリバティブの ………… 小 池 宏 和
予測値の検証
グラフィカルモデリングを用いた時系列予測 ……… 佐 野 大 介
色彩の識別に対するサポートベクターマシンの …… 徳 増
基
適応性に関する研究
ボラティリティ変動モデルによるオプション評価 …… 林
英俊
先物と株式によるオプション価格の相関性に ……… 中
関する研究
アンケート調査に基づく魅力のある株に対する …… 杉
ポートフォリオの構築
Value at Risk によるリスク分析の研究 ………… 福
判別分析によるデフォルト企業の分類 ……………… 阿
シナリオ・ツリーを用いた多期間投資モデル ……… 稲
TOPIX を上回るポートフォリオの構築 …………… 奥
コンビニエンスストアにおける最適発注量の解析 …… 小
LCI 及び経済的分析によるペットボトル …………… 細
リサイクルの是非
年金制度改定における有効性の研究 ………………… 高
巡回セールスマン問題における ……………………… 山
ヒューリスティクス解法による比較
複数ロボットによる侵入者追い詰め方式 …………… 末 木 照 久
巡回警備ロボットを用いた侵入者追跡システム …… 永 田 貴 祐
交通流シミュレーションによる信号制御方式の設計 … 清
達紀
音声認識によるマウス機能実現方式 ………………… 柴 崎 隆 太
点字自動読み上げシステム …………………………… 高 橋
功
手指動作を用いた三次元インタフェイス …………… 遠 藤 拓 也
顔画像を用いた個人認証システム …………………… 山 本 和 弘
研究室の入退出管理システム ………………………… 稲 葉 恵 介
固定カメラを用いた侵入者監視サブシステム ……… 伊藤健太郎
Virtual Reality を利用した家具販売支援システム … 諏 訪 裕 美
飲食店用オーダー入力システム ……………………… 宮 内
綾
快適さを追求する道案内システム …………………… 阿 部 和 明
城野貴道
顔特徴量のデフォルメによる似顔絵自動作成方式 … 内 田 勇 樹
RFID を用いた冷蔵庫収納品管理システム ………… 安 田 由 衣
山
剛
山勇太
地
部
葉
村
田
田
公
光
真
達
貴
剛
和
生
和
朗
洋
志
橋貴紀
口貴久
設計工学研究室
デザインの科学, 環境の科学, 人間の科学, アーツマネジメ
ント, イノベーションマネジメント, 複雑系解析学, スポー
ツ用具設計論, バイオメカニクス
「適応的免疫アルゴリズムを用いた ………………… 中 川 信 之
Flexible Shop スケジューリング方式」
「身振り再現ロボットのフォールトトレラント …… 松 本 茂 雄
制御方式」
アフォーダンスをデザインする技法に関する ……… 菊 地 洋 平
実験設計学的研究
湖の浄化作用の解析 …………………………………… 伊 藤 正 太
窒素循環が稲の成長に与える影響の解析 …………… 石 渡
聡
アクセスログとアンケートを用いた web サイト解析 … 熊 切 雄 三
Blog のアクセスログ解析を用いた解析ツールの … 石 塚 達 郎
新規提案
競合する三つの生物種間の個体群変動の解析 ……… 和 田
誠
歩行補助車の操作性に関する実験的研究 …………… 佐 野 健 吾
−ハンドグリップの高さの検討−
歩行補助車の操作性に関する実験的研究 …………… 岡 村 健 司
−車輪配置の検討−
風を考慮したやり投げ軌道シミュレーション ……… 鈴木慎太郎
アクロバット機の主翼の空力構造設計 ……………… 古 賀 大 也
三次元モーションキャプチャシステムの開発 ……… 佐 藤 哲 也
オブジェクトとインタラクトできる仮想環境の構築 … 吉 川 尊 志
高臨場感仮想環境内のタウ・マージン認識に ……… 室 奈 緒 美
関する研究−物体が接近する場合
カオス理論を用いた株価データの分析 ……………… 荒 木 信 輔
仮想環境による酔いと姿勢変動との関係について … 井 出 優 太
56
抗力を利用した水上歩行靴の設計 …………………… 戸
打撃練習マシン 「ジェットパーム」 の開発 ………… 佐
音響分析・音響モデルを用いた音素解析による …… 眞
認識率向上の研究
音声認識を用いた駅での券売システムの開発 ……… 大
感性情報を用いた飲食店内装のデザイン方法 ……… 加
リラックスするための椅子のデザイン方法 ………… 田
時代のニーズに応えた音楽販売プロジェクトの推進 …… 篠
井孝彦
藤貴広
田泰伸
久保実
藤
裕
邊和哉
原敏也
社会情報システム研究室
生産システム工学研究室
業務システムの総合評価研究, システム設計プロジェクト研
究, 環境型生産サービスシステム研究
川
沢
村
池
橋
玉
藤
田
指
内
田
田
藤
恭
藤亮平
林淳也
上
崇
野浩輔
人間工学研究室
社会情報システム工学, 社会システム工学, ユビキタス情報
社会システム, 情報数理システム, 社会システムを研究対象
とした大規模社会基盤 (水道, 交通, 電力) の研究, ユビキ
タス情報システムの研究, および, 情報数理手法を応用した
意思決定分析, システム構築・運用の研究
企業における5S の展開と構成要素に関する研究 … 西
某プラスチック成形工場における改善研究 ………… 柳
某個別指導塾の指示待ち状況改善 …………………… 杉
某レストランにおける顧客サービスの改善 ………… 菊
某レストランにおける広告効果測定に関する研究 … 古
Y服飾雑貨店における在庫管理ソフトの構築 ……… 児
神奈川大学生協の店舗改善に関する研究 …………… 佐
林
神大横浜キャンパスにおけるアルミ缶の …………… 金
処理システム研究
竹
神大横浜キャンパスにおけるタバコの ……………… 廣
ポイ捨て防止に関する研究
原
フラクタル画像圧縮により劣化した画質の ………… 安
改善方法の提案
五指による個人認証技術の提案 ……………………… 遠
鼻紋による犬の認証技術の提案 ……………………… 小
使い捨てパッドと RSA の Hybrid ………………… 川
暗号を用いた詐欺被害防止システムの提案
RSA 暗号を利用した自動販売機使用防止 ………… 島
システムの提案
知
敏
拓
勇
優
友
憲
太
典
敏
英
範
晴
哉
助
希
道
繁
治
郎
行
之
樹
数理情報システム研究室
確率解析, 統計数学, 情報数学, 数理ファイナンス, データ
圧縮, 暗号と符号, 誤り訂正符号
確率的セルオートマトンを用いた交通流の解析 …… 鈴 木 理 史
緊急車両の出動時を想定した経路探索 ……………… 富 永 修 司
IP 通信を利用した車々間の協調走行 ……………… 成 木 直 子
高速道路の料金所による待ち行列の解析 …………… 古 山 浩 之
ジャンプ拡散過程を用いたオプションプライシング …… 松 本 侑 介
ポートフォリオのパフォーマンス測度の相関解析 … 荒 谷
仁
VaR を用いた業界別株式リスクの計量と評価 …… 青 柳 大 輔
モンテカルロシミュレーションによる株式の ……… 渡 辺 雄 大
リスク計測
時系列予測とリスク解析によるクレジット ………… 石 原 裕 介
機能導入に関する提案
カオス理論による Takens の埋め込み定理を ……… 佐々木良平
用いた株価予測についての研究
多変量解析を用いた企業の財務指標評価 …………… 稲 垣 国 男
web ページの配色の特性評価………………………… 太 田 真 哉
視覚情報表示, 交通事故とヒューマンエラー防止, ユーザビ
リティとインターフェイスデザイン, 高齢者用携帯電話, 交
通ユニバーサルデザイン, 環境管理
神奈川大学公式 Web サイトのユーザビリティ改善 …… 西 山 貴 志
―高校生ニーズの動向調査と訪問者別メニュー: 高 橋 一 行
受験生向けページの有効性―
国際観光都市鎌倉のまちづくりとユニバーサル …… 小 林 陽 祐
デザイン―車椅子利用者向けバリアフリーマップ作成―
ベビーカーでの路線バス利用実態と安全性の検証 … 元 田 英 幸
路線バス車内事故の未然防止 ………………………… 石 原 基 希
―高齢乗客の働態調査と事故発生要因分析―
無信号変形交差点における出会い頭事故誘発の …… 佐 藤 勝 太
危険性―横浜市港北区の交通量が多い交差点の
柳川健太
現状分析と改善―
出会い頭事故の未然防止―横浜市港北区新吉田 …… 田 邉 利 亮
地区無信号交差点の視環境とカーブミラー評価― 近 藤 広 志
映像記録型ドライブレコーダによる …… ムシュタグシャーディ
事故原因の解明と再発防止の展望
相馬一進
利用者視点からみた横浜駅案内表示システム ……… 鈴 木 章 正
―標準化志向の再設計―
関田大祐
情報セキュリティ研究室
剰余演算実務の研究, 楕円曲線暗号実装の研究, 耐タンパ実
装方式の研究, 情報セキュリティのシステム化実現法の研究,
暗号方式の安全性の研究, 情報セキュリティのシステム安全
性の研究, 暗号プロトコル構築の研究, 電子マネーの研究,
電子入札の研究, 電子抽選の研究, 電子投票の研究, 秘密計
算の研究, 秘密分散の研究。
IP 携帯電話における暗号通信の …………………… 石 川 一 樹
フィージビリティ・スタディ
サステナブル構造研究室
建築構造の構法・構造性能・環境評価・設計に関する研究,
建築鋼構造のシステム化, 鉄骨構造接合部の耐力, 制振ダン
パーの性能, 鉄骨構造の LCA
鋼モルタル板を用いた座屈拘束ブレースの ………… 和泉田洋次
解析的研究
57
ファサードエンジニアリングの統合に関する研究 … 小谷野一尚
構法成立
鋼モルタル板を用いた座屈拘束ブレースの ………… 今 井 千 恵
強軸方向変形に関する実験
サステナブルビル構造システムにおける …………… 後 藤 達 哉
部分架構実験
鋼モルタル板を用いた座屈拘束ブレースにおける … 佐 藤 拓 海
クリアランスの影響
高性能硬質ポリウレタンにより小型・軽量化した … 西島菜実子
座屈拘束ブレースの研究
サステナブルビル構造に適応する床構法の ………… 増田俊太郎
施工実験
サステナブルビル構造システムの構造解析 ………… 荒 川 憲 之
既存不適格 RC 造の座屈拘束ブレースによる ……… 金 木 洋 平
耐震補強
鋼モルタル板を用いた座屈拘束ブレースにおける … 齋 藤 智 典
芯材長さの影響
ファサードのモックアップ実験 ……………………… 橋本めぐみ
リユース材を用いた接合法に関する研究 …………… 文 藏 亮 介
建築環境工学研究室
室内外気流の数値解析に関する研究, 温冷感指標に関する研
究, 空調室内の温熱・空気環境に関する研究, 建築設備にお
ける省エネルギー・地球環境負荷削減に関する研究
成層型空調による室内温熱・空気環境に …………… 石 川 紫 崇
関する研究
横浜市の高密度強震観測記録を用いた地盤震動 …… 須 田
守
特性の検討
地盤−建物の動的相互作用解析による ……………… 蔦 野 雅 俊
入力損失と逸散減衰の評価
2004年新潟県中越地震による被災地域の …………… 太 田 耕 介
地盤振動特性の検討
地域防災力評価のための市民組織の ………………… 佐 藤 祐 二
実態と組織間の相互連携に関するアンケート調査
微動アレイ観測による表層地盤構造の推定に ……… 新 倉 直 明
関する研究
新聞記事による大規模自然災害における …………… 林
辰彦
復旧・復興過程の分析
地盤情報データベースを用いた増幅率 ……………… 樋 口 康 美
評価による地震動予測に関する研究
阪神・淡路大震災における都市型大震災の ………… 三 浦
卓
復旧・復興プロセスに関する研究
ハイブリッドな震源特性を考慮した ………………… 儀間周一郎
入力地震動特性の評価
GIS を活用した川崎市・横須賀市における ………… 佐 藤 雄 太
地震被害危険度評価に関する基礎的研究
地盤―建物相互作用を考慮した ……………………… 澤 村 優 作
免震 RC 造建物の振動解析
横浜市港北区の微動観測による地盤振動特性 ……… 藤 井 彰 一
微動観測による松本盆地の地盤振動解析の検討 …… 三 澤 輝 剛
神奈川県西部地域におけるボーリング資料の ……… 武 藤 篤 司
デジタルデータベースの統合化とその視覚表示
不整形な境界条件を有する地盤・地形の …………… 矢 野 公 敏
2次元解析による地震動特性の評価
住宅用給湯設備の設計・評価手法に関する研究 …… 井 原 匡 哉
自然冷媒ヒートポンプ給湯機の貯湯槽内温度分布
セミ貯湯式石油給湯機の効率に関する研究 ………… 石 川 健 司
貯湯容量・給湯モードの影響
節水・節湯器具に関する研究 節水型シャワー …… 岩 崎 芳 昭
水栓2種による夏期・冬期被験者実験
水栓器具による節水・節湯効果に関する研究 ……… 菊 島 大 洋
食器洗浄における被験者実験
給気口による床暖房室内温熱環境への影響 給気口設置 …… 椎 名 晃 弘
高さ・形状の違いによる室内温熱環境把握実験と数値解析
河合美帆
床暖房室内の熱環境に関する研究 …………………… 鈴 木 達 哉
小型チャンバ実験と数値解析の比較
廣川達彦
潜熱蓄熱天井材を用いた躯体蓄熱システムに関する研究 ……… 町 田 圭 吾
実験室実験と数値シミュレーションによる検討
山田恵里
成層型空調システムにおける室内温熱環境に関する研究 ……… 望 月 大 輔
室内実験及び CFD シミュレーションによる検討
屋上緑化による空調負荷低減効果に関する研究 …… 森本早緒理
数値シミュレーションによるモデル化
蓄熱式電気床暖房システムの蓄熱量制御に関する研究 ……… 八 板 直 輝
簡易予測手法による蓄熱量制御
節水・節湯器具の評価に関する研究 ………………… 岩 崎 真 弓
食器洗い乾燥機性能把握実験
法の開発, 地震被害予測手法の評価, 地域防災力の評価方法
の開発
都市防災工学研究室
地盤振動特性の評価, サイスミック・マイクロゾーニング手
耐震耐風構造研究室
木造建築の耐震・耐風安全性, 風外力を対象とした建築物の
安全性・使用性, 建築物の耐震・耐風設計 (振動と制御, 損
傷制御), 建築物の設計用荷重, 建築物の限界状態設計
免震建物の風応答予測に関する研究 ………………… 安 井 八 紀
木造住宅の弾塑性風応答予測手法の開発 …………… 上羽美和子
木造住宅の空力振動模型の開発 ……………………… 高 師 利 明
長時間加力を受ける粘弾性ダンパー付き …………… 郭
旻
木造制振壁の復元力特性に関する実験的研究
その1:実験概要及び実験結果
二方向入力による小規模軽量免震建築物の ………… 柴 崎 公 史
風応答性状に関する研究 風方向+捩れ方向の場合
長時間加力を受ける粘弾性ダンパー付き …………… 松本由里子
木造制振壁の復元力特性に関する実験的研究
その2:粘弾性ダンパーの温度上昇を考慮した解析的評価
粘弾性ダンパーを有する木造住宅の風・地震 ……… 佐 藤 一 成
応答に関する研究
戸建て住宅に作用する風力に関する風力実験 ……… 大 西 利 宗
58
時間平均値の特性
環境設備研究室
給排水衛生設備の性能に関する研究, 浴場施設のレジオネラ
対策に関する研究
ディスポーザ排水とちゅう房排水の ………………… 金 谷
衛
一括処理の可能性と実施設での性能に関する研究
循環式浴槽におけるレジオネラ属菌 ………………… 川 村
康
対策のための基礎資料作成
ディスポーザ稼働時の発生音・振動特性に ………… 久 保 田 史
関する研究
時代的背景を考慮した給水設備に関する研究 ……… 山本真理子
―公共集合住宅団地における検討―
節水型機器の給水性能と評価に関する研究 ………… 佐 藤 洋 行
管更生工法の変遷に関する研究 ……………………… 六反田倫明
新機能型構法研究室
新しい機能を持った構造形式の研究, 鉄筋コンクリート構造
の耐震性能, 使用性能等の性能設計に関する研究, 鉄筋コン
クリート構造の損傷低減構造の実験的研究
枠付き鉄骨ブレースと既存躯体の …………………… 小 池
接合部に関する実験的研究
等価1質点系解析による応答変形を用いた ………… 高 井 宏
RC 構造物の耐震性能 エネルギーの累積に関する基礎的研究
高耐力短スパン RC 梁に関する実験的研究 ………… 綱 島 正
鋼管補強 RC 梁の実験的検討
CFT 柱-フラットプレート接合部の耐荷性能に …… 落 合
関する実験的研究 パンチングシアー耐力の検討
損傷制御コア耐震壁の解析的研究 …………………… 鈴 木 健
コア壁の要求性能に関する基礎研究
プレストレスト構造物の地震時の変位応答の推定 … 鈴 木 俊
損傷低減型耐震壁の実験的研究 ……………………… 関 真 一
RC 造柱の残存軸耐力に関する実験的研究 ………… 外 川 博
高エネルギー吸収型X型配筋 RC 梁の研究 ………… 日 野 牧
デボンド材の簡易化による性能の違いに関する実験的研究
高耐力短スパン梁に関する実験的研究 ……………… 箭 内 洋
高強度X形配筋梁の実験検討
長大免震構造物の捩れ応答について ………………… 吉 田 裕
23号館の地震観測と解析シミュレーションとの比較
CFT 柱ーフラットプレート接合部の実験的研究 … 中 山 裕
ねじり剛性・耐力の検討
臨海産業地域の景観に関する研究 …………………… 石 井 悠 大
景観の評価法と景観特性の検討
Space of recognition 部分から全体に …………… 立 川 敦 邦
拡張する空間の研究
玲
之
茂
創
太
行
朗
之
人
介
太
司
建築都市デザイン研究室
現実の都市の状況に対して新しい視点での考察を試みること
により, 建築デザインの可能性を実践的に追求する。
建築計画研究室
動線計画に関する研究, 街づくりに関する調査研究, 臨海産
業地域の景観に関する研究
人を意識する学校 意識することにより …………… 浅沼翔太郎
学べること
Condition/Situation 横浜ポートサイド地区に … 大 浪 健 嗣
おける美術館の提案
稜線の先に 中心市街地における …………………… 小野寺 淳
「元気居住都心」 施設の提案
RIPPLE 人の行動がつくる複合型施設の計画 …… 山 上 大 介
NEW ORDER × NEW WEVE ………………… 磯 和 康 弘
横浜の新たな音楽文化の発信地
遊と PURE (ユートピア) 子ども複合施設計画 … 木 村 真 弓
ZERO POINT CONTENPORARY ART COMPREX ……… クラウプ絵里奈
DE-sport みなとみらい開発予定街区に ………… 黒 崎 将 司
おけるボランタリーライフの提案
Fluid Space …………………………………………… 小 坂 英 己
〜横浜中華街と山下公園をつなぐもの〜
モッタイナイ
紘
…………………………………… 清 水
LOHAS Research Institute
キモノ・イズム さいたま新都心活性化計画案 …… 本 橋 伸 一
都市景観に関する研究, 外部空間の構造に関する研究
光と陰の誘惑 〜野毛1丁目地区ミニ開発計画〜 …… 腰 越 耕 太
便宜的要求による形態の不整形 ……………………… 池 村 忠 大
GAP 刺激から人間とアートの対話が生まれる …… 桐生めぐ美
美術館
高層する舞台 …………………………………………… 栗 田 典 宗
CHOREOGRAPH 芸術文化センター計画 ……… 齊 木 由 美
郊外の風景 …………………………………………… 佐 々 木 崇
織り込まれた都市空間 天王町駅周辺 ……………… 高 石 千 絵
再開発における有機的変貌
循環 〜新潟島図書館計画〜 ………………………… 前 田 将 志
Scene of Void ………………………………………… 町 田 雄 佑
〜前橋市街地活性化のための複合施設〜
身体がリアリティを獲得する瞬間 …………………… 望 月 康 太
Change & Adapt 横安江町商店街活性化計画 …… 吉 田 啓 一
環境調和システム研究室
建物内外の音・光・温熱空気環境調和, ビルシステムの数値
シミュレーション・CAD・設計自動化, 通気系の設計・制御
手法
粘性・熱伝導境界層を含む音場数値解析法 ………… 小 川 雄 史
通気系消音用共鳴器列の設計自動化 ………………… 坂 下 聡 康
59
3D CAD による建築窓設計プレゼンテーション …… 神 田 直 基
窓サッシ3D 切断図の有効性の確認
ファンブースター型 VAV 適応制御方式に ………… 澤 田 純 一
関する研究
インパルス応答の現場測定法 ………………………… 鳥 塚 政 倫
板状物体列の風切音の低減方法に関する研究 ……… 土 田 悟 史
表面変動圧の測定
3D CAD データを活用した ………………………… 細山田千穂
光環境シミュレーション
ペアガラス窓の遮音特性に関する数値解析 ………… 村沢真奈香
モデル化の検討および曲げ剛性の導入
建築史研究室
中山道鵜沼宿・長野市松代町・高松市扇町地区・江津市本町
地区・山形県長井市・各務原市加佐美地区などの町並みの調
査研究, 高松市久保田家大工文書の調査研究, 目白文化村及
び周辺地区の歴史的検討。
旧富士紡績株式会社豊門会館 (静岡県小山町) の …… 野 地 保 広
建築に関する研究 関連文書の分析を中心に
村国座の調査研究 近隣舞台との比較を中心に …… 細 江 勇 太
長野市松代町における町屋とその復原的考察 ……… 山 下 佑 介
長野市松代町の調査研究 その1
中山道鵜沼宿町並み復原計画 ………………………… 伊藤 慧介
中山道鵜沼宿についての調査研究 その2
長野市松代町の町並みと武家屋敷を中心とした …… 岡 根 広 太
調査検討 長野市松代町の調査研究 その2
中山道鵜沼宿における町並みの調査検討 …………… 吉 田 美 穂
中山道鵜沼宿についての調査研究 その1
二楽閣の復原的研究および江津市本町地区の ……… 米 原 正 人
町並みの調査検討 島根県江津市本町地区の調査研究
壱岐勝本浦の町家と町並み …………………………… 大川井寛子
壱岐勝本浦の調査研究 その1
壱岐勝本浦における社寺と石造物の歴史的考察 …… 大 坪 嘉 彦
壱岐勝本浦の調査研究 その2
旧川上貞奴別荘 (萬松園) と成田山貞照寺に ……… 岡 田
歩
ついて
建築デザイン研究室
単体又は, 複合する建築およびその周辺環境の計画と設計に
関する研究, アジアの都市と建築に関する調査研究。
多様化する個の価値観を包括する都市における …… 赤羽 孝太
集団構成の研究
「家」 から 「ウチヤド」 へ
Essential connection 身体/感覚器官により ……… 中 川
実
獲得する(非抽象的)空間に関する考察
ココロカサネル ………………………………………… 飯 塚 祐 介
空間の重なりから派生する間と間の干渉
カメラ・オブスキュラ exposure scale …………… 杉 原 寛 信
contorst lifescape …………………………………… 鈴 木 宏 敏
shape the character of individual ……………… 高 橋 真 弓
ヒトとヒトをつなぐあそび場
green node 元町駅前芸術広場計画 ………………… 中島健太郎
LAS−Local Area School− ………………………… 宮 島
広
近隣住区における新しい小学校のありかた
歴史博物館 形から博物館を考える ………………… 浅川 哲也
Dis-solitude 領域に囲まれた境界地域での ……… 東
憲一
複合施設の提案
完全な人工空間になにをつくるのか ………………… 石 川 和 樹
ハンマーヘッドパーク計画
LINKED The networks of architecture ………… 小 川 智 史
fragment of life style1 家族のつながり方 ……… 榑 松 静 香
Fragments of Museum …………………………… 長谷部年孝
−美術館の解体が生む日常への連続性−
リハビリング コレクティブハウスの提案 ………… 椎 谷 菜 摘
urban vigor in piazza 大船駅前開発計画 ………… 白 石
光
跛行的思考とその体験 ………………………………… 住吉かほり
山下公園における映像のためのギャラリーの提案
共奏曲 ガーデン山団地再生計画 …………………… 千葉神奈子
Harmony 青山に建つシェアードハウスの提案 …… 冨 田 千 恵
新たな文化の創造 ……………………………………… 干 川 拓 実
ヨコハマポートサイド文化センター
空中広場を持つ複合住宅 ……………………………… 吉 田 喬 則
迷宮。 あるいは, 囚われの創造者 …………………… 佐 藤 大 介
北仲通南地区における図書館の設計
ここから, どこへ行こうか。 ………………………… 高 橋 秀 可
原宿に建つ商業施設
虹の架け橋 高野台コミュニティーセンター ……… 田 島 梨 恵
神奈川県の廃校小学校の実態調査と検討 …………… 長 島 礼 子
WATER FRONT VIEW & SHOCK …………… 橋 本
真
横浜帝蚕倉庫再生におけるメディアアートセンター
都市計画研究室
建築と情報の関わりについての研究, 空間記述に関する研究,
都市居住に関する諸問題
商業集積地における表層の雑多性に関する研究 …… 石 井 啓 輔
用途の積層に見られる特徴との比較
メディア・アートからみた都市と …………………… 栃 澤 克 次
公共圏に関する研究
コミュニティ・イベントと地域施設に関する ……… 遠
調査研究 横浜市都筑区を事例として
インターネット画像とエリアイメージ ……………… 北
商業集積地における用途の立体的分布に …………… 平
関する研究
大きな家 距離をおくことによる場の構築 ………… 武
Relation that starts from difference …………… 鰐
変化に適応するコミュニティー施設の提案
Shinjuku Update 虫食い空き地の ………………… 櫻
段階的再開発
ウツロイノ場所 ヘタ地開放計画 …………………… 萩
商業集積地における光環境 …………………………… 吉
藤春菜
島由佳
井
亨
藤
大
渕隆史
井健也
原賢祐
田恵子
60
界面化学研究室
コロイドおよび界面化学, 機能性組織分子膜の調製とその物
性, リン脂質二分子膜の物性, 逆ミセル法による金属ナノス
フェア超微粒子の調製
水分散型・エーロゾル型ナノ粒子及び ……………… 新 井
治
有害有機物の捕集・除去
イオン性リン脂質が形成する自己組織体の ………… 岩根 直紀
形状とその乳化特性
濃厚なカチオン性リオトロピック液晶の …………… 榎 本 康 隆
流動化に関する研究
Au/TiO 2 複合微粒子による可視 …………………… 伊 澤 洋 子
光照射下における光触媒活性
分岐鎖型炭化フッ素界面活性剤による ……………… 細 貝
元
プラスチック表面の平滑化
三相乳化法に使用可能な親水性高分子 ……………… 寺 井 孝 行
ナノ粒子の合成と乳化特性
リン脂質二分子膜の相転移現象と分子錯体形成 …… 須 田 利 規
乳化剤の形状と乳化特性 ……………………………… 西 田 隆 幸
三相乳化法による有機物内包型 ……………………… 片 野
智
ナノエマルションの調製
土壌吸着性エマルションの調製とその吸着特性 ……… 吉田佐和子
炭化フッ素型界面活性剤による超微粒子の ………… 山 崎 祐 希
成長抑制
脂質/アルカシーラン/水系の乳化特性と ………… 小 沢 良 平
液晶形成
石油基剤による燃料エマルションの温度特性 ……… 生 沼 直 美
トリアジンチオールの自己組織体を鋳型とした …… 福 島 規 之
金ナノ粒子ワイヤの構築
分子機能化学研究室
新規両親媒性化合物の合成と自己集合挙動に関する研究, 機
能性高分子の合成, 光重合に関する研究, 機能性微粒子の合
成
オリゴメチレン鎖を有するハイパーブランチ ……… 神 山 幸 子
ポリマーの合成と性質
ラジカル重合を利用した白金内包ポリマー ………… 畑 中
峻
粒子の合成
コア構造とペンタ(エチレンオキシド) ……………… 牧 野 栄 介
鎖を有するハイパーブランチポリマーの合成と性質
6-アルキルチオ-
-トリアジンジチオール/ ………… 宮平さゆり
アミン塩の自己集合体形成
6-アルキルチオ-
-トリアジンジチオール …………… 森
俊輔
アルカリ金属塩の水中自己集合
メトキシ置換安息香酸 S-チオエステル類を ……… 下 利 明
ハイブリッド型光重合開始剤として用いた光重合
ATRP を用いた白金ナノ粒子を内包した ………… 矢 野 正 希
PMMA 微粒子の合成
6-アルキルチオ-s-トリアジンジチオール類で ……… 上 原 子 潤
表面修飾した金ナノ粒子の集積化の検討
6-アルキルチオ-s-トリアジンジチオール類の ……… 佐 藤 智 宏
自己集合を利用したゲスト内包ナノカプセルの形成
61
演題: 「トヨタ自動車の CAD システム開発について」
講師:小林 繁 (トヨタ自動車 (株) コーポレート IT 部 主査)
日時:平成 17 年 10 月6日(木) 16:20〜17:50
場所:23 号館 23-206 教室
講演要旨:
自動車は燃費の事を考えれば軽量化は避けて通れない. 乗員
の安全を考えれば, キャビン内の剛性を保つ事も重要である.
歩行者に優しい車である必要もある. このような厳しい条件の
もとに自動車は設計される. 自動車だけでなく多くの機械の製
造 (ものづくり) は, 以前は, 図面を基に行われていたため,
シミュレーションを行って様々な場合に対しての挙動を十分に
は把握する事は出来なかった. その後, コンピューターの発達
に伴って CAD システムが導入され, 設計データがデジタル化
された. このため, シミュレーションも容易になり, 効率的・
合理的な設計手法が確立され, 現在も発展している. 本講演で
は, 自動車の車体を例に, どのような CAD システムが開発さ
れ, 設計がどのよう変わったか, そして, ものづくりがどのよ
うに変化したかについて述べた。
演題:「航空会社における技術者の役割 安全性・信頼性・快
適性の向上を目指して」
講師:黒木英昭 (全日本空輸株式会社 整備本部 技術部 技
術企画 チームリーダー)
日時:2005 年 11 月 8 日 (火曜日) 16時20分〜17時50分
場所:23 号館 23-208 教室
講演要旨:
昨今, 公共交通機関ならびに航空輸送機関における不具合事
象などが社会的にも注目されているが, これら輸送機関, 特に
航空輸送機関において安全性や定時性, 快適性の維持がどのよ
うに行われているかについては, 充分に社会的理解を得られて
いる状況ではない. パイロットや整備士など運航・保守に直接
関わる人々や, 航空機・エンジン・装備品などのメーカーと連
携し, 航空会社の技術部門・エンジニアが何を目指して, どの
ような活動をしているか, その概要を紹介する.
また, 機械工学的見地から, エンジン・構造・システム装備
品などの個別のハードウエア不具合事例について, 原因究明・
一次対策・設計変更までの流れと, この間の航空会社の技術者
の活動について具体的に紹介する.
更に, 全日空が 「ザ・ローンチ・カストマー」 となったボー
イングの最新機種787型機の設計への関わりについても紹介
する.
演題:有機金属重縮合法によるパイ共役高分子の合成と得られ
た高分子の構造・物性・応用
講師:山本 隆一 (東京工業大学資源化学研究所・教授)
日時:平成 17 年 10 月 28 日 (金) 16:30〜18:00
場所: 1 号館 804 会議室
講演要旨:
ニッケル錯体やパラジウム錯体を触媒とする C-C カップリン
グ反応を高分子合成に応用して, 種々のパイ共役高分子を合成
することができる。 得られた高分子は, 構造が制御されており,
パイースタッキング構造等の興味ある固体構造を形成する。
多くのパイ共役高分子は, 発光性, 電荷輸送性を有し, 光電
変換デバイス, トランジスター等への応用に向けて活発に研究
が進められていることが紹介された。
演題:大気エアロゾルの化学組成分析とその挙動
講師:坂本和彦 (埼玉大学大学院理工学研究科教授)
日時:平成 17 年 10 月 29 日 (土) 16:30-18:00
場所:23 号館 3 階 304 教室
講演要旨:
大気エアロゾルの正確な採取やその組成分析結果は, 大気中
でのいろいろな挙動の解析に関わる多くの情報を与えてくれる。
例えば, 大陸から飛来する黄砂粒子や現地の黄土などの化学組
成の比較は, 越境汚染や粒子表面での不均一反応を示唆してい
る。 本講演では黄砂粒子から都市大気エアロゾルまでの組成分
析, エアロゾルの二次生成とガス/エアロゾル分布, 黄砂粒子表
面上での反応, 発展途上国向け汚染制御技術の開発など, 主と
して演者の研究が紹介された。
演題:化学空間の設計と制御 ―機能物質の創製を目指して―
講師:相田卓三 (東京大学教授), 橋本和仁 (東京大学教授),
岩本正和 (東京工業大学教授), 彌田智一 (東京工業大学
教授), 伊藤耕三 (東京大学教授), 小野晶 (神奈川大学教
授)
日時:平成 17 年 10 月 1 日 (土) 10:00〜16:50
場所:16 号館セレストホール
講演要旨: (ハイテクリサーチセンター主催)
演題:もう見逃しません!! 下水道料金の踏み倒し
講師:関根康生 (東京都庁水道局総合技術管理技術士)
日時:平成 17 年 10 月 8 日 (土) 16:45〜17:45
場所: 1 号館 804 教室
講演要旨:
酸素安定同位体比の差を用いて, 下水道管に汚水を排出して
いる事業所での使用水 (水道水, 地下水, 雨水) の判別を可能
とした。 安定同位体比分析は水のフィンガープリント (指紋)
を分析する手法であり, 今後, 環境化学分野での応用が期待さ
れる。 (応化同窓会主催)
演題:超構造らせん高分子
講師:八島栄次 (名古屋大学大学院教授)
日時:平成 17 年 10 月 8 日 (土) 15:00〜16:30
62
場所: 1 号館 804 会議室
講演要旨:
核酸やタンパク質などの生体高分子は, らせん構造に代表さ
れる特異な構造を形成し, 時空間特異的に自己組織化すること
により, 生命維持に不可欠の高度な機能を発現している。 これ
ら生体高分子の最大の特徴は, 「分子認識能」 と 「触媒作用」,
「情報機能 (修復, 複製, 増殖能)」 にあると言える。 生体の仕
組みに学び, その高度の機能を取り入れることによって新たな
材料を創製することも可能となる。
本講演では, 独自の原理をもとに構築したらせん構造を基本
骨格として, 様々の化合物をらせん状に配列・制御する手法に
ついて, また, 二重らせん分子やらせん集合体に至るまでの各
階層を構築しうる方法論の開発や顕微鏡を用いたらせん高分子
の直接観察等について, 最近の研究例を中心に紹介する。
を特異的に蓄積する仕組みは全く謎に包まれている。 また,
TTX の真の生物機能についても分子レベルでは全く研究され
ていない。 我々は, これらの課題を解決するためには, 適切に
標識化された TTX とその関連物質が必要不可欠であると考え,
これらの分子を完全化学合成によって供給する事を目的として,
TTX の合成研究を進めてきた。 TTX の特異な化学的性質のた
め, 天然 TTX の化学変換によってこれらの標識分子を調製す
ることがきわめて困難だからである。 本講演会では, 我々が進
めてきた TTX とその類縁体の一般的合成法について発表する。
とくに, Overman 転位反応によってアミノ基の保護基として導
入されたトリクロロアセトアミドは, この合成研究途上で様々
な変換反応に利用可能な官能基としての機能が見いだされてき
た。 これを積極的に活用することで, TTX 類の効率的な合成ルー
トが確立できた。 その詳細について述べる。
演題:目で見て解かる化学
講師:橋爪 大輔 (独立行政法人理化学研究所・物質構造解析
チーム・研究員)
日時:平成 17 年 10 月 15 日 (土) 16:00〜18:00
場所:23 号館 311 教室
講演要旨:
X 線は電磁波なので, 電子・原子核といった荷電粒子によっ
て散乱される。 その散乱強度は原子核からの散乱は無視でき,
X 線は電子により散乱されると言ってよい。 つまり, X 線結晶
構造解析は結晶中の全電子密度分布を観測する手法である。
一方, 結晶は外部環境によって, その状態で一番安定な状態に
変化する。 講演では構造の見方について概観した後, これまで
行ってきた研究の中から, 環境パラメータ制御による分子集団
のダイナミックスの観測, 精密な価電子分布の解析による分子
間相互作用や結合状態の解析を例として, 分子の構造決定だけ
ではない X 線結晶構造解析, 目で見て解かる化学 についての
お話しを致します。
演題:Synthetic Approaches to Switchable Transmembrane
Ion Channels
講 師 : Dr. Mary S. Gin (Assistant Professor of Chemistry,
University of Illinois, Urbana-Champaign, USA)
日時:平成 18 年 3 月15 日 (水) 16:00〜17:30
場所:23 号館 205 教室
講演要旨:
Ion channel proteins play a critical role in many
biological signal transduction pathways by facilitating
transmembrane ion transport in the presence of specific
signals such as transmembrane potential, small molecules,
or mechanical deformation. We are interested in
mimicking this gated transmembrane ion flow by
designing organic macromolecules that span a membrane
and can be opened and closed to ion transport using
signals such as light, redox chemistry, or chemical
modification. The ability to control transmembrane ion
flux by means of such well-defined signals has
implications for the development of artificial systems
capable of performing complex tasks analogous to
biological signal transduction.
Our strategy involves a two-pronged approach: 1) identify
suitable monomolecular transmembrane ion channels, and
2) develop switchable functionality that, when appended to
the channel, will alter the channel pore between closed
and open states. Progress toward these goals will be
presented.
演題:酸化物の電気輸送特性
講師:井口栄資 (横浜国立大学工学研究院・機能の創生部門・
教授)
日時:平成 17 年 11 月30 日 (水) 16:30〜18:00
場所:23 号館 205 教室
講演要旨:
酸化物ではイオンの変位による緩和現象を伴う電気伝導が重
要な場合がある。 遷移金属酸化物の 3d 電子伝導および固体電
解質のイオン伝導がそれに相当し, 前者は学術的に後者は実用
的な意味で重要である。 イオン変位による緩和現象は交流法で
の測定が可能であり, この交流実験によって得られるこれらの
伝導機構の知見についてお話する予定である。
演題:微細加工用レジスト材料
講師:緒方寿幸氏 (東京応化工業株式会社開発本部開発企画室)
日時:平成 17 年 12 月 3 日 (土) 16:00〜18:00
場所:23 号館 311 教室
講演要旨:
演題:光学活性テトロドトキシンの全合成
―トリクロロアセトアミドの多機能性の開拓と活用―
講師:西川 俊夫 (名古屋大学大学院生命農学研究科・助教授)
日時:平成 18 年 3 月 6 日 (月) 16:30〜18:00
場所:23 号館 303 教室
講演要旨:
フグ毒として有名なテトロドトキシン (TTX) には, 未だ未
解明な謎がいくつか残されている。 多種類のバクテリアが
TTX を生産する事が報告され, 食物連鎖による TTX の蓄積
が示唆されているにもかかわらず, その生合成やフグが TTX
演題 :Photopolymerization Induced Phase Separation in
Holographic Polymer Dispersed Liquid Crystals and
Photonic Crystals
講師 :Prof. Thein Kyu (Professor, Department of Polymer
EngineeringUniversity of Akron)
日時:平成 18 年 7 月 6 日 (木) 16:00〜17:30
場所:23 号館 203 教室
講演要旨:
Holographic polymer dispersed liquid crystals (H-PDLC)
and photonic crystals have gained significant attention for
its switching capability of liquid crystal (LC) directors
upon application of external electric field. Tunable
photonic crystals refer to polymer photonic crystals
containing LC as one component in which the orientation
of LC directors may be tuned or switched electrically to
afford volume diffraction gratings. The present talk will
cover fundamental concepts of photonic crystals and
fabrication methodology with emphasis on patterning
under various holographic beam geometries. Focus will be
63
given to elucidation of the governing principles underlying
the tunable photonic crystal fabrication via holographic
photo-polymerization reactions of the mixture of nematic
liquid crystal and photo-reactive monomers. The talk
covers both experiments and theory; (i) determination of
photoreaction rates and (ii) coarse-grained modeling and
simulation of the photolithographic fabrication process of
mixtures of photo-curatives and LC mesogens. Emphasis
will be placed on the relationship between the emerged
photonic band-gap structures to diffraction efficiencies
and electrical switching characteristics such as response
time of the external electric field.
演題:「フォトクロミック反応の新展開−光誘起表面レリーフ
形成現象とその応用−」
講師:生方 俊 (横浜国立大学工学部物質工学科助手)
日時:平成 18 年 7 月 13 日 (木) 16:30〜17:30
場所:23 号館 208 教室
講演要旨:
光の作用によって色が変わる反応が起こりしかもその反応が
可逆的である物質は, フォトクロミック化合物と呼ばれ, 光記
録材料や自動調光材料への応用が期待されている. このような
フォトクロミック反応は励起状態からの分子の構造変化による
ものである. 近年, このような分子レベルでの構造変化はマイ
クロメートルオーダーのメゾスコピック形態変化に増幅される
という光誘起表面レリーフ形成現象が見い出された. 本講演で
は, 光誘起表面レリーフ形成現象について概説し, 我々の応用
展開を目指した最近の取組みについて紹介したい。
演題:ポーラスアルミナに基づく規則ナノ空間の形成とその応
用
講師:益田 秀樹 (首都大学東京都市環境科学研究科・教授)
日時:平成 18 年 7 月 22 日 (土) 15:00〜17:00
場所:23 号館 304 教室
講演要旨:
アルミニウムを硫酸水溶液中で陽極酸化すると, 表面に酸化
膜が形成され, 硬く, 腐食されにくくなり, 弁当箱からジェッ
ト機の部材までさまざまな用途に使われてきている. この酸化
膜には微細な穴が無数に生じることが知られていたが, 実験条
件を制御すると, 直径数 nm の穴を規則的に並べ, かつ, 穴の
大きさも制御できた. この膜は平面型ディスプレー用の電子部
品や磁気記録材料など, さまざまのナノテクノロジー分野に応
用されることが期待されていることが紹介された。
演題 : A Comparison between Hydrocarbon Selective
Catalytic Reduction and NOx Storage for Low
temperature NOx Abatement of Diesel Engine
Emissions
講 師 : Robbie Burch (Professor, Queen's University, N.
Ireland)
日時:平成 18 年 8 月 1 日 (火) 14:30〜15:30
場所:23 号館 310 教室
講演要旨:
地球温暖化対策の観点から, ディーゼルエンジンの様に高燃
費な内燃機関の重要性が増している。 しかし, ディーゼルエン
ジンの排ガス中には高濃度の酸素が含まれるために, 排ガス中
の窒素酸化物の処理は容易ではない。 本発表では, 炭化水素や
水素を還元剤として用いた選択還元法 (HC-SCR) に対して行っ
た講演者らの取り組みが紹介された。
演題:公共情報システムの研究開発―IC カードならびに情報セ
キュリティ技術の導入
日時:2005年11月24日(木) 16:20〜18:00
講師:足立 佳彦氏 NTTコミュニケーションズ㈱ IT マネ
ジメントサービス事業部 部長
場所:23 号館 206 教室
講演概要:
国は e-Japan から u-Japan に向けて電子政府化が進みつつ
ある。 一方、 地方公共団体でも、 電子化による効率化と高セキュ
リティな情報システムの導入が活発になってきている。 本講演
では、 e-Japan の初期段階から公共システムの研究開発にかか
わり、 主に IC カードと情報セキュリティの最先端技術を活用
して、 横須賀まちづくりカードシステム、 電子公証局を利用し
た電子入札システム、 電子申請システムの開発を次々に牽引し、
研究者として、 また管理者として、 仕上げていった経験を紹介
して頂いた。 情報システム化においては、 新しい技術導入とい
う目立つところばかりでなく、 時間、 品質、 コストとの戦いが
あり、 また、 人的リソースの上手な管理がその成否となってい
るので、 特にそれらのトレードオフのやり方について述べて頂
いた。
演題:建築における外装用板ガラス
講師:川端 三郎 氏 日本板硝子 D&G システム
日時:2006 年 6 月 5 日 (月) 16:20〜17:50
場所:16 号館 セレストホール
講演概要:
建築物のデザイン性および機能性の向上等を目的として, 外
装用板ガラスの使い方やガラス壁面の構法は多様化しつつあり
ます。 本講演では, 板ガラスの最近の使われ方の紹介とともに,
ガラスを安全に使用するために留意すべき点等について, 豊富
な実例, 実験手法, 試産例等の紹介を通して, 分かり易く解説
された。
演題:レンズがみた近代建築
講師:増田 彰久 氏 増田彰久写真事務所
日時:2006 年 5 月 8 日 (月) 16:20〜17:50
場所:16 号館 セレストホール
講演概要:
三十数年にわたり明治・大正・昭和の戦前に建てられた日本
の近代建築のなかから強く印象に残る事例を取り上げ, スライ
ドを中心にその魅力を講演された。
演題:建築物の美装性とエイジング
講師:橘高義典氏 首都大学東京 教授
日時:2005 年 10 月 3日(月)16:20〜17:50
場所:16 号館 セレストホール
講演概要:
建築デザインにおいては, 新築時の価値だけではなく, 時間
経過に伴う価値の向上にも考慮することが重要であろう。 建築
大辞典第2版 (彰国社) によると, エイジングには, 「年月の
経過に伴い建物の景観的な質が向上する働き」 という意味があ
る。 理想的なエイジングとは, 新築時には新しさの価値があり,
時間の経過とともに, 新築時とは異なる新たな価値が生じるこ
とである。 メンテナンスをあまり必要とせず, 美観が維持でき,
64
むしろ美的価値が向上するエイジング建築は, 地球環境保護の
面からも今後重要となる。 この, エイジング効果を得るための
条件について, 具体例を挙げながら解説していただいた。
演題:豪雪地域での幕屋根ドーム建設
−冬でも土の上でスポーツを楽しみたい, 安全, 省エネ
ルギーで環境負荷も小さく−
講師:早川眞氏 日本大学工学部建築学科 教授
日時:2005 年 11 月 7 日 (月) 16:20〜17:50
場所:16 号館 セレストホール
講演概要:
秋田スカイドームは 1990 年, 豪雪地帯での始めての膜屋根
ドームとして誕生いたしました。 以来, 冬でも土の上でスポー
ツを楽しみたいという県民の願いのもとに, 老若男女に盛んに
利用されています。 特に, 地方自治体の施設は建設費はもちろ
ん, 運用費を低く抑えることが重要です。 通常の建物では大き
な割合を占める照明費用が極めて低く, 維持費もきわめて安く
運営されており, そのことは緑豊かな周辺に及ぼす環境負荷も
小さいことを意味します。 1 mm 弱の膜1枚で構成されるドーム
の実現に建築家と構造, 設備, 施工のエンジニアが一体となっ
て様々な問題に取り組んだ様子を紹介します。 と, 同時に 15
年前の建築に, 最近の環境総合評価 CASBEE を適用した結果
についても報告された。
演題:地域と建築=私の考えと作品
講師:重村力氏 神戸大学 教授/Team ZOO いるか設計集
団 顧問
日時:2005 年 12 月 12 日 (月) 16:20〜17:50
場所:16 号館 セレストホール
講演概要:
Team ZOO の作品を紹介して頂きながら, 建築とは何かを
話して頂きました。
演題:音からみるヒトと建築
― 「場の共有」 を軸とした空間の解読―
講師:上野 佳奈子 氏 東京大学生産技術研究所
日時:2006 年 7 月 3 日 (月) 16:20〜17:50
場所:16 号館 セレストホール
講演概要:
上野氏は建築音響に新風を送り込み, 著名な賞を次々と受賞
して最近最も注目される若手研究者の一人である。 この講演で
はコンサートホールや学校における音空間の分析事例を通じて,
音による場の共有という視点からヒトの文化的, 社会的営みと
建築との関係を考え, また, 暗黙知や記号論という人間の知の
モデルにふれながら, ヒトにとって価値となる音空間を探求す
る試みについて, 視聴覚プレゼンテーションを織り込んでわか
り易く紹介された。
演題:Weierstrass semigroups on a smooth plane curve of
low degree
講師:Seon Jeong KIM 氏 (Gyeongsang Nat. Univ.)
日時:2006 年1月 20 日 (金) 3:30 -- 5:00
場所:神奈川大学横浜キャンパス6号館413
講演要旨:We try to find all possible Weierstrass semigroups
at points which can occur on a smooth plane curve of low
degree.
Especially, we concentrate on the curves of degree 5 and
6 in this talk.
演題:「Continuous logics and Hrushovski constructions」
講師:Andres Villaveces 氏 (Universidad Nacional, Bogota,
Colombia)
日時:平成 18 年 1 月 27 日 (金)
場所:6 号館413 教室
講演要旨:
連続論理は解析的構造のモデル理論のフレームワークとして,
Hrushovski によるモデルの構成法とともに, 近年のモデル理
論で重要な役割を担っている. これらを結合して, 連続論理の
モデルの Hrushovski タイプの構成法と, 単純理論の新しい例
を解説してもらった.
演題: 「Local κ + -saturation of the nonstationary ideal
over κλ」
講師:薄葉季路氏 (名古屋大学)
日時:平成 18 年3月 20 日 (月) 〜3月23 日 (木)
場所:6 号館 413 教室
講演要旨:
κλ上にκ+個に分割できない定常集合が存在するモデルに
は, Gitik によるものが知られているが, その集合がどんなも
のかはわからない. 比較的容易に定義可能な定常集合が分割不
可能なモデルを構成する方法を解説してもらった.
演題:「κ-closed forcing による κλの stationary subset
の保存について」
講師:酒井拓史氏 (名古屋大学)
日時:平成 18 年3月 24 日 (金)
場所:6 号館 413 教室
講演要旨:
Pκλの stationary subset がκ-closed forcing で保存され
るかどうかに関して, κ>ω1 で, λ>κが cofinality がκより
小さい特異基数の場合についての結果を話してもらった.
演題:Gaps of hyponormal operators
講師:George Exner 教授 (Bucknell University, U.S.A.)
日時:2006 年6月 21 日 (水) 10:30〜12:00
場所:6 号館 413 教室
講演要旨:
George Exner 教授は非正規作用素の研究において, 世界的
に高い評価を受けております。 今回は composition operator
をもちいて非正規作用素の特徴付けについて講演していただき
ました。
◇講演題目:バイオナノ界面の設計によるバイオマテリアルの
設計
◇講師:長崎 幸夫 先生
(筑波大学学際物質科学研究センター)
◇日時:2005 年 11 月 10 日 (木)
◇会場:23 号館 209 教室
講演概要:
近年, バイオナノテクノロジーの研究開発が大きな話題をよん
でいる。 ナノ粒子によるナノ診断, ナノ治療だけでなく, マイクロ
チップによるアレイ型解析やフルードテクノロジーなどさまざまな
新技術が展開されて来ている。 このようにサイズが小さくなれば
なるほど界面の影響が大きくなるため, ナノサイズの界面コントロー
ルが極めて重要な課題となってきている。 本講演では演者らが合
成してきたポリエチレングリコール誘導体を利用した界面制御と
バイオナノ粒子への展開に関してまとめた。
65
編
集
後
記
工学部にかつてない逆風が吹いている。 新聞報道によれば10 年前には 50 万人を超えていた受験生数が, 昨年度は 30 万人台にま
で減少した。 このままでは近い将来, 現在 20 万人台後半にある医療福祉系の受験生数が工学部受験生数を上回るという。 なぜかつ
ての花形学部が今敬遠されるのだろうか?中国, 韓国, 台湾の台頭が影響しているのであろうか?ソフトウェアが工業の生産性向
上に大きく貢献するようになった変革の時代を我々よりも先に受験生が嗅ぎとっているということなのだろうか?工学はまだ道半
ばとの思いは的を得ていないのだろうか?
このような現状の一方で産業界からは工学を学んだ学生への期待は大きく, 巻頭言では, 昨年度就任された佐藤祐一工学部長よ
り 「工学部離れを防ぐために」 と題して寄稿いただいた。
昨年度はゆとり教育を受けた一年生をはじめて受け入れた年でもあった。 大学では早くから対応が検討され, その一環として
FYS (First Year Seminor) が全学的に実施されることとなった。 全学の FYS を見られておられた経済学部の上沼先生より 「本
学初の 「FYS」 一年目を終えて―全学実施委員会の立場から―」 と題して, また工学部の FYS を見られておられた, 大成逸夫先生,
渡辺良男先生, 杉本剛先生より 「FYS への工学部の取り組み」 と題して寄稿いただいた。
工学部では教育・研究の推進に必要な大型機器類を購入するため, 経常予算を傾斜配分し特定テーマに重点配分する試みを2000
年度より継続的に実施している。 昨年第1回目の研究成果報告会が開催されたので, 本号で特集することとした。
工学部広報委員会では工学部通信の体裁についても議論し, 本号より研究活動成果報告の分類を凡例として示す, 研究室名に研
究分野による研究室名を付記することとした。
(電子情報フロンティア学科, 島
健)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
404
File Size
885 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content