close

Enter

Log in using OpenID

ハイライト表示 - SolidWorks

embedDownload
新規機能
SOLIDWORKS 2014
目次
著作権に関する注意書き...............................................................................................9
1 SolidWorks 2014 へようこそ...................................................................................12
ハイライト表示 .................................................................................................................................12
主な機能強化 .....................................................................................................................................12
詳しい情報 ........................................................................................................................................14
2 ユーザー インターフェイス(User Interface) ......................................................15
アクセシビリティ .............................................................................................................................15
ClearType をオンにする .............................................................................................................16
状況依存ツールバーからの標準合致の適用 ......................................................................................16
選択に対する FeatureManager デザイン ツリーの応答...................................................................16
CommandManager にスマート合致を含める...................................................................................19
アイテムの自由選択 ..........................................................................................................................19
スティッキー設定 .............................................................................................................................20
テキストとボタンのサイズ ...............................................................................................................21
3 SolidWorks の基礎...................................................................................................22
履歴からの最新のフィーチャーへのアクセス .................................................................................22
アプリケーション プログラミング インターフェイス......................................................................23
関係式 (Equations).......................................................................................................................24
設定可能な関係式 .......................................................................................................................24
スケッチ ビュー ..........................................................................................................................24
不明な構成部品のすべてのプロンプトの抑制 .................................................................................25
グラフィックス ............................................................................................................................................25
高精度環境照明 ...........................................................................................................................25
グラフィック断面表示の作成 .....................................................................................................27
SolidWorks モデルを *.lxo ファイルにエクスポート ..................................................................27
シーンの展開された床 ................................................................................................................27
レンダリングされたアニメーションのパフォーマンス向上 ......................................................28
断面表示のボディまたは構成部品の選択 ...................................................................................29
ソーラー アクセス スタディ .......................................................................................................36
アセンブリ グラフィックスの更新 ..................................................................................................47
ドキュメントのコピーを開く ...........................................................................................................47
2
Contents
Pack and Go Toolbox オプション ....................................................................................................47
最近使ったドキュメント ..................................................................................................................47
DXF ファイルおよび DWG ファイルのバージョン サポート ..........................................................49
SolidWorks ファイルをポータブル ネットワーク グラフィックス ファイルとして保存 ................49
4 インストール............................................................................................................50
SolidWorks Electrical のインストール..............................................................................................50
オプション エディタでの環境変数のサポート ................................................................................50
5 アセンブリ...............................................................................................................51
高精度エッジを使用した図面ビューのシェイディング表示の作成 .................................................51
大規模デザイン レビューの FeatureManager 構造 .........................................................................53
分解図に回転を含める .....................................................................................................................53
回転のある分解を表示する .........................................................................................................55
合致(Mates) ..................................................................................................................................55
状況依存ツールバーからの標準合致の適用 .................................................................................55
スロット合致の作成 ....................................................................................................................56
デフォルトの合致タイプ ............................................................................................................57
CommandManager にスマート合致を含める..............................................................................58
ミラー構成部品と合致 ................................................................................................................58
合致 PropertyManager のピン固定 .............................................................................................59
同心円合致における回転の防止 ..................................................................................................59
SmartMates の感度の設定 ..........................................................................................................59
設計テーブルに制限合致の値を指定する ...................................................................................60
球形合致と曲線型合致 ................................................................................................................60
参照ジオメトリからの合致の表示 ..............................................................................................62
非対称構成部品のミラー ..................................................................................................................63
複数のコンフィギュレーションの更新 ............................................................................................64
パターン(Patterns) .......................................................................................................................65
カーブおよびスケッチ駆動パターン ..........................................................................................65
パターン駆動パターン ................................................................................................................65
サイズにより構成部品を選択する ...................................................................................................65
状況依存ツールバーからコンフィギュレーションを選択する ........................................................66
設計テーブルでのアイテムの抑制のショートカット .......................................................................66
フレキシブルとリジッド状態の切り替え .........................................................................................67
アセンブリ グラフィックスの更新 ..................................................................................................67
6 CircuitWorks.............................................................................................................68
CircuitWorks 搭載部品と SolidWorks モデルの関連付け..................................................................68
CircuitWorks と SolidWorks Flow Simulation ...................................................................................69
3
Contents
CircuitWorks ライブラリ搭載部品ウィザード ..................................................................................69
CircuitWorks セットアップウィザード ............................................................................................70
CircuitWorks からの SolidWorks のエクスポート.............................................................................70
電気系 CAD ファイルからのプロパティのインポート ....................................................................71
選択した ProStep EDMD 変更内容の同期 .......................................................................................71
CircuitWorks ツリーでの搭載部品名の指定 .....................................................................................72
ProStep EDMD ファイルのサポート ...............................................................................................73
ユーザー インタフェース..................................................................................................................73
7 コンフィギュレーション..........................................................................................75
Toolbox 構成部品の追加プロパティ ................................................................................................75
関係式へのコンフィギュレーションの適用 ......................................................................................75
状況依存ツールバーからコンフィギュレーションを選択する ........................................................76
8 SolidWorks Composer..............................................................................................77
アノテート アイテムを自動的に非表示 ............................................................................................77
Composer API...................................................................................................................................78
座標ラベル ........................................................................................................................................78
注釈テキストの折り返し ...................................................................................................................79
9 SolidWorks Costing..................................................................................................80
ドリル穴への円形カット パスの変換 ...............................................................................................80
Costing オプション...........................................................................................................................81
Costing レポート ..............................................................................................................................82
アクセス制限付き Costing テンプレートの作成 ..............................................................................83
Costing のユーザー定義プロパティ..................................................................................................84
Costing BOM の生成.........................................................................................................................84
板金 Costing に破棄率を含める........................................................................................................84
機械加工部品セットアップの変更 ...................................................................................................85
ドリル、切削、回転オペレーションの追加 ......................................................................................85
設定フォルダーの編成 .....................................................................................................................86
モデル材料の設定 ..............................................................................................................................86
コスト見積もりの簡略化 ..................................................................................................................87
テンプレート材料費データの更新 ....................................................................................................87
マルチボディ部品を使用した除去材料の定義 .................................................................................88
鋳造部品の機械加工後のコストを見積もる ................................................................................89
ボリューム フィーチャー .................................................................................................................96
ボリューム フィーチャーへの機械加工オペレーションの割り当て ..........................................96
スロット フィーチャーのボリューム スロット フィーチャーへの変換 .....................................96
部品としてのボリューム フィーチャーの保存 ...........................................................................97
4
Contents
円筒形ストック ボディのボリューム フィーチャー....................................................................98
Costing ボリューム フィーチャーの例........................................................................................98
10 図面および詳細設定.............................................................................................102
バルーン ..........................................................................................................................................102
追加のマグネット ライン ソフト スナップ ..............................................................................102
モデルの頂点に添付されたバルーン矢印 .................................................................................102
引出線 .......................................................................................................................................102
バルーン上の数量の配置 ...........................................................................................................103
再添付可能なバルーン ...............................................................................................................103
部品表(BOM) ..............................................................................................................................103
BOM での追加プロパティの表示 ..............................................................................................103
BOM の並べ替え設定の保存......................................................................................................103
寸法 .................................................................................................................................................104
ソフト スナップでの角度寸法の整列 .......................................................................................104
累進角度寸法 ............................................................................................................................105
寸法線要素へのスタイルの割り当て .........................................................................................114
寸法の仮想線の自動検出 ...........................................................................................................114
同じ円弧の 2 つの点の寸法配置................................................................................................116
関連するジオメトリのハイライト表示 ......................................................................................116
寸法テキストの配置 ...................................................................................................................116
中心線を表示するための補助線の設定 ......................................................................................117
図面ビュー ......................................................................................................................................117
別の図面ビューへの既存のアノテート アイテムの添付...........................................................117
高精度エッジを使用した図面ビューのシェイディング表示の作成 .........................................118
断面表示アシスタントによる既存の断面表示の編集 ................................................................119
図面ビュー ラベルの拡張されたオプション..............................................................................119
アノテート アイテム ビューの機能強化 ....................................................................................120
更新が必要な図面ビュー ..........................................................................................................121
図面ビューのモデルの置き換え ................................................................................................121
サーフェスの断面表示 ..............................................................................................................126
パレット表示によるすべてのビューの表示 ..............................................................................127
その他のアノテート アイテム.........................................................................................................127
中心マークを穴ウィザード スロットに追加する......................................................................127
特定の点へのデータム ターゲットの添付 ................................................................................128
大文字でのアノテート アイテムの注記の表示 .........................................................................129
GD&T フィーチャー コントロール枠への準拠 .........................................................................130
JIS 溶接記号 .............................................................................................................................131
スロットの寸法テキスト ..........................................................................................................132
5
Contents
[記号ライブラリ] ダイアログ ボックス ....................................................................................132
シンボル ライブラリ ファイルの場所.......................................................................................134
ガラス板のハッチング ..............................................................................................................135
直線引出線の添付 .....................................................................................................................135
シート フォーマット ......................................................................................................................136
テーブルを行で上下に自動分割する ..............................................................................................136
11 eDrawings...........................................................................................................138
iPad での 3D ContentCentral の表示..............................................................................................138
SolidWorks 部品ファイルからの DimXpert 寸法の表示..................................................................138
回転分解ステップの表示 ................................................................................................................138
12 SolidWorks Electrical............................................................................................139
Microsoft Access から SQLite への移行..........................................................................................139
電気計算用のレポート テンプレート..............................................................................................139
混合配線のサポート ........................................................................................................................139
追加機能 ..........................................................................................................................................139
13 SolidWorks Enterprise PDM.................................................................................143
自動キャッシュ管理 .......................................................................................................................143
統合されたステータスの遅延の通知 ..............................................................................................144
動的通知の受信者フィルター .........................................................................................................148
非表示の SolidWorks BOM を抽出する...........................................................................................150
「常にファイルの最新バージョンを使用」オプションの柔軟性 ..................................................150
チェックアウト中の参照先ファイルの柔軟な取得 ........................................................................150
ワークフロー パフォーマンスの向上 .............................................................................................151
ツリー構造のナビゲート ................................................................................................................151
ユーザー定義のユーザー定義列 .....................................................................................................152
参照先ファイルのバージョンの比較 ..............................................................................................152
バージョン フリーの変数とワークフロー トランジション ...........................................................153
親アセンブリでの子のクイック情報警告の表示 ............................................................................153
14 SolidWorks Flow Simulation.................................................................................155
CircuitWorks と SolidWorks Flow Simulation .................................................................................155
eDrawings サポート(eDrawings Support)..................................................................................156
メッシュ コントロール(Mesh Control).......................................................................................156
メッシュ並列化 ...............................................................................................................................157
パラメータ スタディ モード...........................................................................................................157
操作性の改善(Usability Improvements)......................................................................................157
6
Contents
15 部品とフィーチャー.............................................................................................158
円錐フィレット ..............................................................................................................................158
固定サイズの円錐フィレットを作成 .........................................................................................158
押し出しカット ..............................................................................................................................159
穴 .....................................................................................................................................................160
質量特性 .........................................................................................................................................162
フィーチャーの削除用の詳細オプション .......................................................................................162
含まれているフィーチャーおよび子フィーチャーを削除 .........................................................162
パターン(Patterns) .....................................................................................................................163
シード フィーチャーのハイライト表示 ....................................................................................163
パターン情報でのツールチップの表示 .....................................................................................163
パターン フィーチャーおよびミラー フィーチャーに対するマルチボディ サポート .............163
参照ジオメトリ ...............................................................................................................................164
溶接(Weldments) ........................................................................................................................164
カット リスト プロパティの反映 ..............................................................................................164
ライブラリ フィーチャーとしての鋼材レイアウト ..................................................................165
16 SolidWorks Plastics..............................................................................................166
基本操作ウィザード .......................................................................................................................166
Dynamic Advisor のヘルプのアップデート ....................................................................................166
射出位置 .........................................................................................................................................166
マシンの詳細 ..................................................................................................................................167
金型レイアウトウィザード ............................................................................................................167
ランナー設計ウィザード ゲートの説明 .........................................................................................167
17 ルーティング........................................................................................................168
色付きコネクタ ピンの表示 ...........................................................................................................168
コネクタ テーブルの編集 ...............................................................................................................168
電気展開の機能強化 .......................................................................................................................169
Routing Library Manager の新機能 ................................................................................................169
O-let の改善点 ................................................................................................................................169
傾斜の改良 .....................................................................................................................................169
スプールの機能強化 .......................................................................................................................170
始点-終点リストのアセンブリ コネクタのサポート ......................................................................170
コネクタ ライブラリの圧着および端子のサポート .......................................................................170
18 板金フィーチャー.................................................................................................171
板金リブの追加 ..............................................................................................................................171
曲げロフト ベンド ..........................................................................................................................173
7
Contents
コーナー リリーフおよびベンド トランジション ..........................................................................175
コーナー リリーフの追加 .........................................................................................................176
円錐形および円筒形ボディのスイープ フランジ ...........................................................................177
スイープ フランジを円錐形ボディに追加する..........................................................................179
19 SolidWorks Simulation.........................................................................................181
コネクタ ..........................................................................................................................................181
Toolbox ファスナーからボルト結合への自動変換 ...................................................................181
コネクタ出力のリスト ..............................................................................................................183
接触 .................................................................................................................................................184
2D 簡略化での接触圧力プロット ..............................................................................................184
接触可視化プロット ..................................................................................................................185
材料 ................................................................................................................................................186
パフォーマンス ...............................................................................................................................186
Simulation スタディの初期ロード ............................................................................................187
大きな問題の直接スパース .......................................................................................................187
ポストプロセス ..............................................................................................................................187
対称平面に関するミラー結果 ...................................................................................................187
複数のコンフィギュレーション間での結果の比較 ...................................................................188
SolidWorks Plastics から結果をインポートする ............................................................................189
SolidWorks Plastics からの射出成形データのインポート ........................................................190
20 スケッチング........................................................................................................193
円錐用自動正接 ..............................................................................................................................193
スケッチ輪郭の比率の維持 ............................................................................................................193
パス長の寸法 ..................................................................................................................................193
スケッチ エンティティの置き換え ................................................................................................194
スケッチ エンティティの置き換えの例.....................................................................................195
スケッチ関係式 ..............................................................................................................................196
スケッチ図のスケール ツール ........................................................................................................196
スプライン(Splines) ...................................................................................................................197
固定長さの設定 .........................................................................................................................197
スタイル スプライン .................................................................................................................197
スティック フォントの使用 ...........................................................................................................203
8
著作権に関する注意書き
© 1995-2013, Dassault Systèmes SolidWorks Corporation, a Dassault Systèmes S.A. company,
175 Wyman Street, Waltham, Mass. 02451 USA. All Rights Reserved.
本ドキュメントに記載されている情報とソフトウェアは予告なく変更されることがあり、Dassault
Systèmes SolidWorks Corporation (DS SolidWorks) の保証事項ではありません。
この製品を DS SolidWorks の書面上の許可なしにその目的、方法に関わりなく複製、頒布はできませ
ん。
本ドキュメントに記載されているソフトウェアは使用許諾に基づくものであり、当該使用許諾の条件の下
でのみ使用あるいは複製が許可されています。 DS SolidWorks がソフトウェアとドキュメントに関して
付与するすべての保証は、ライセンス契約書に規定されており、本ドキュメントまたはその内容に記載、
あるいは黙示されているいかなる事項もそれらの保証、その変更あるいは補完を意味するものではありま
せん。
特許
SolidWorks® 3D mechanical CAD software is protected by U.S. Patents 5,815,154; 6,219,049;
6,219,055; 6,611,725; 6,844,877; 6,898,560; 6,906,712; 7,079,990; 7,477,262; 7,558,705;
7,571,079; 7,590,497; 7,643,027; 7,672,822; 7,688,318; 7,694,238; 7,853,940; 8,305,376,
and foreign patents, (e.g., EP 1,116,190 B1 and JP 3,517,643).
eDrawings® software is protected by U.S. Patent 7,184,044; U.S. Patent 7,502,027; and
Canadian Patent 2,318,706.
U.S. and foreign patents pending.
SolidWorks 製品とサービスの商標と製品名
SolidWorks、3D ContentCentral、3D PartStream.NET、eDrawings、eDrawings のロゴは DS
SolidWorks の登録商標です。FeatureManager DS SolidWorks が共同所有する登録商標です。
CircuitWorks、FloXpress、PhotoView 360、TolAnalyst は DS SolidWorks の商標です。
FeatureWorks は、Geometric Ltd. の登録商標です。
SolidWorks 2014、SolidWorks Enterprise PDM、SolidWorks Workgroup PDM、SolidWorks
Simulation、SolidWorks Flow Simulation、eDrawings、eDrawings Professional、SolidWorks
Sustainability、SolidWorks Plastics、SolidWorks Electrical、SolidWorks Composer は DS
SolidWorks の製品名です。
その他、記載されているブランド名、製品名は各社の商標及び登録商標です。
COMMERCIAL COMPUTER SOFTWARE - PROPRIETARY
本ソフトウェアは、48 C.F.R. 2.101 (OCT 1995) に定義されている「商用品」であり、48 C.F.R.
12.212 (SEPT 1995) で使用されている「商用コンピュータ ソフトウェア」および「商用コンピュータ
ソフトウェア ドキュメンテーション」で構成されます。本ソフトウェアは、48 C.F.R. 12.212 に規定さ
れた政策に従って、民間機関による、またはそれに代わる取得のため、あるいは (b) 48 C.F.R.
9
227.7202-1 (JUN 1995) および 227.7202-4 (JUN 1995) に既定された政策に従って、国防総省の一
部門による、またはそれに代わる取得のために、米国政府に対して提供されます。
米国政府機関から、上記の規定を超える権利と共にソフトウェアを提供するように要求された場合は、DS
SolidWorks にその要求の範囲を通知するものとします。DS SolidWorks は、5 営業日以内に、独自の
判断により、そのような要求を受け入れるか拒絶するかを決定します。 Contractor/Manufacturer:
Dassault Systèmes SolidWorks Corporation, 175 Wyman Street, Waltham, Massachusetts
02451 USA.
SolidWorks Standard、Premium、Professional、Education 製品における著作権
Portions of this software © 1986-2013 Siemens Product Lifecycle Management Software Inc.
All rights reserved.
この製品には、Siemens Industry Software Limited が所有する、次のソフトウェアが含まれていま
す。
D-Cubed™ 2D DCM © 2013. Siemens Industry Software Limited. All Rights Reserved.
D-Cubed™ 3D DCM © 2013. Siemens Industry Software Limited. All Rights Reserved.
D-Cubed™ PGM © 2013. Siemens Industry Software Limited. All Rights Reserved.
D-Cubed™ CDM © 2013. Siemens Industry Software Limited. All Rights Reserved.
D-Cubed™ AEM © 2013. Siemens Industry Software Limited. All Rights Reserved.
Portions of this software © 1998-2013 Geometric Ltd.
Portions of this software incorporate PhysX™ by NVIDIA 2006-2010.
Portions of this software © 2001-2013 Luxology, LLC. All rights reserved, patents pending.
Portions of this software © 2007-2013 DriveWorks Ltd.
Copyright 1984-2010 Adobe Systems Inc. and its licensors.All rights reserved.Protected by
U.S. Patents 5,929,866; 5,943,063; 6,289,364; 6,563,502; 6,639,593; 6,754,382; Patents
Pending.
Adobe、Adobeのロゴ、Acrobat、Adobe PDFのロゴ、Distiller、Reader は米国およびその他の国にお
いて Adobe Systems Inc. の登録商標または商標です。
DS SolidWorks の詳細な著作権情報については、ヘルプ > SolidWorks についてを参照してくださ
い。
SolidWorks Simulation 製品における著作権
Portions of this software (c) 2008 Solversoft Corporation.
PCGLSS © 1992-2013 Computational Applications and System Integration, Inc. All rights
reserved.
SolidWorks Enterprise PDM 製品における著作権
Outside In® Viewer Technology, © 1992-2012 Oracle
© 2011, Microsoft Corporation. All rights reserved.
10
eDrawings 製品における著作権
Portions of this software © 2000-2013 Tech Soft 3D.
Portions of this software (c) 1995-1998 Jean-Loup Gailly and Mark Adler.
Portions of this software (c) 1998-2001 3Dconnexion.
Portions of this software © 1998-2013 Open Design Alliance. All rights reserved.
Portions of this software © 1995-2012 Spatial Corporation.
eDrawings® for Windows® ソフトウェアは部分的に Independent JPEG Group の研究に依存してい
ます。
Portions of eDrawings® for iPad® copyright © 1996-1999 Silicon Graphics Systems, Inc.
Portions of eDrawings® for iPad® copyright © 2003 – 2005 Apple Computer Inc.
11
1
SolidWorks 2014 へようこそ
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
ハイライト表示
主な機能強化
詳しい情報
ハイライト表示
SolidWorks® 2014 では数多くの機能強化、改善が行われており、そのほとんどはお客様の要求
に直接応えるものです。 このリリースは次のテーマに重点を置いています:
• 重点を置いた設計ツール: 強力な新機能
と作業時間を短縮するショートカットに
より、生産性がさらに増大します。
• 統合されたワークフロー: プロセスを効
率化し、情報を共有することによって革
新的な設計に対する障壁を取り除きま
す。
• 向上した性能: システムの応答速度が増
し、ユーザーの操作に対する負荷を減ら
すことで、設計に集中することができま
す。
• 強化されたビジュアル: 驚異的なグラ
フィックスと改善されたビジュアル ツー
ルにより、さらに強力なコラボレーショ
ン環境が生成されます。
主な機能強化
SolidWorks 2014 では、既存の製品を強化し、画期的な新機能を追加する様々な機能強化が行わ
れています。
本ガイドを通じて表示されている
記号に注目してください。次の項目に表示されています:
12
SolidWorks 2014 へようこそ
ユーザー インタフェー • 状況依存ツールバーからの標準合致の適用(16ページ)
ス
• アイテムの自由選択(19ページ)
SolidWorks の基礎
アセンブリ
Costing
図面と詳細設定
(Drawings and
Detailing)
SolidWorks
Enterprise PDM
部品とフィーチャー
(Parts and
Features)
•
•
•
•
最近のドキュメントの検索 [Project 18899]
設定可能な関係式 (24ページ)
断面表示のボディまたは構成部品の選択 (29ページ)
ソーラー アクセス スタディ (36ページ)
•
•
•
•
状況依存ツールバーからの標準合致の適用(16ページ)
スロット合致の作成 (56ページ)
分解図に回転を含める (53ページ)
球形合致と曲線型合致 (60ページ)
• アクセス制限付き Costing テンプレートの作成 (83ページ)
• コスト見積もりの簡略化 (87ページ)
• ボリューム フィーチャー (96ページ)
•
•
•
•
•
累進角度寸法 (105ページ)
更新が必要な図面ビュー (121ページ)
図面ビューのモデルの置き換え (121ページ)
サーフェスの断面表示 (126ページ)
シート フォーマット (136ページ)
•
•
•
•
自動キャッシュ管理 (143ページ)
ツリー構造のナビゲート (151ページ)
ユーザー定義のユーザー定義列 (152ページ)
参照先ファイルのバージョンの比較 (152ページ)
• 円錐フィレット (158ページ)
• フィーチャーの削除用の詳細オプション (162ページ)
板金(Sheet Metal) • 曲げロフト ベンド (173ページ)
スケッチ
• スケッチ エンティティの置き換え (194ページ)
• 固定長さの設定 (197ページ)
• スタイル スプライン (197ページ)
13
SolidWorks 2014 へようこそ
SolidWorks
Simulation
• Toolbox ファスナーからボルト結合への自動変換 (181ページ)
• 接触可視化プロット (185ページ)
• SolidWorks Plastics から結果をインポートする (189ページ)
すべての機能は、特に記載のない限り、SolidWorks Standard、SolidWorks Professional、およ
び SolidWorks Premium で利用できます。
詳しい情報
SolidWorks について詳しく知るには次のリソースを参照してください:
PDF、HTML 形式の新 このガイドは PDF および HTML 形式で用意されています。 次をクリッ
規機能
クします:
• ヘルプ > 新規機能 > PDF
• ヘルプ > 新規機能 > HTML
インタラクティブ新規機 SolidWorks で 記号をクリックすると機能強化について説明したこの
能
マニュアル内のセクションが表示されます。 この記号は新規のメニュー
アイテム、また新規、及び変更になった PropertyManager のタイトル
の横に表示されます。
インタラクティブ新規機能を有効にするには、ヘルプ > 新規機能 > イ
ンタラクティブ をクリックします。
新規機能例
新規機能例はメジャー リリースごとにアップデートされ、そのリリース
で強化された最も重要な機能の使用例を示しています。
新規機能の例を開くには、ヘルプ > 新規機能 > 新機能例をクリックし
ます。
オンライン ヘルプ
ユーザー インタフェース、サンプル、例題を含む、全製品についての詳
細情報が含まれています。
リリース ノート
製品に対する最新の変更についての情報を提供します。
14
2
ユーザー インターフェイス(User
Interface)
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
アクセシビリティ
状況依存ツールバーからの標準合致の適用
選択に対する FeatureManager デザイン ツリーの応答
CommandManager にスマート合致を含める
アイテムの自由選択
スティッキー設定
テキストとボタンのサイズ
アクセシビリティ
特定アイコンの色スキームが更新されたことにより、色覚に異常のあるユーザーが SolidWorks ア
プリケーションにアクセスしやすくなりました。 また、フォントがより読みやすくなりました。
面やエッジなど、画面で選択する必要があることを示すアイコンは、アクティブな PropertyManager
では青色で示されます。 青色をアイコンに追加することにより、色がはっきりと区別できるように
なるため、色覚に異常のある多くの SolidWorks ユーザーがそれぞれのアイコンを区別できます。
SolidWorks ユーザー インタフェースの主な要素のスタイルが更新されたことに伴い、より読みや
すいフォントを利用できます。 ClearType® (Microsoft® ソフトウェアによって開発されたソフト
ウェア技術)をオンにして、画面のテキストを読みやすくします。
SolidWorks 2013
SolidWorks 2014
15
ユーザー インターフェイス(User Interface)
ClearType をオンにする
ClearType をオンにするには:
1. ウィンドウズのスタート(Start)メニューのコントロール パネル(Control Panel)をクリッ
クします。
2. 外観と個人設定(Appearance and Personalization) をクリックします。
3. 表示 をクリックし、その左で ClearType テキストの調整 をクリックします。
4. ClearType を有効にする を選択し、次へ をクリックして、ウィザードを終了します。
画面のテキストに、新しい読みやすい SolidWorks フォントが使用されるようになります。
状況依存ツールバーからの標準合致の適用
状況依存ツールバーから、アセンブリに標準合致を適用できます。
CTRL + を押して、グラフィックス領域で合致ジオメトリを選択すると、ツールバーが表示されま
す。 選択内容に適した合致のみを使用できます。
1. アセンブリから、CTRL + を押して合致するエンティティを選択します。
状況依存ツールバーでは、デフォルトの合致はハイライト表示されます。
2. 合致を選択します。
3. 距離合致または角度合致の場合は、合致指定を入力し、
をクリックします。
選択に対する FeatureManager デザイン ツリーの応答
グラフィックス領域でアイテムを選択すると、選択したアイテムが FeatureManager® デザイン ツ
リーで展開され、スクロール表示されます。 アイテムを選択しないでグラフィックス領域をクリッ
クすると、FeatureManager デザイン ツリーのスクロールが元の状態に戻ります。
16
ユーザー インターフェイス(User Interface)
選択前
選択後
17
ユーザー インターフェイス(User Interface)
選択前
選択後
18
ユーザー インターフェイス(User Interface)
これは、デフォルトの動作です。 この動作をオフにするには、ツール > オプションをクリックし、
FeatureManager を選択して 選択アイテムの自動表示 を選択解除します。
CommandManager にスマート合致を含める
アセンブリ ツールバーまたはアセンブリ CommandManager をカスタマイズするときに、スマー
ト合致 を含めることができます。
スマート合致 コマンドを CommandManager に含めるには:
1. アセンブリ ドキュメントを開きます。
2. ツール > ユーザー定義 をクリックするか、CommandManager を右クリックして、ユーザー
定義 を選択します。
3. コマンド タブで、アセンブリ を選択します。
4. スマート合致
します。
コマンドを アセンブリ CommandManager にドラッグし、OK をクリック
アイテムの自由選択
自由選択を使用して、グラフィックス領域でアイテムを選択できます。
アイテムの自由選択は、スケッチ、図面、部品、およびアセンブリで行えます。
開いたドキュメントでアイテムを自由選択するには:
1. 次のいずれかの方法を使用して、自由選択にデフォルトの選択方法を設定します:
• グラフィックス領域で右クリックし、自由選択 をクリックします。
デフォルトの選択方法は、ソフトウェアによって自由選択またはボックス選択のいずれか
に切り替えられます。 右クリックしたときに ボックス選択 ではなく ボックス選択 が使
用可能になる場合、デフォルトの選択方法は自由選択に設定されています。
• ツール > 自由選択 をクリックします。
• ツール > オプション または オプション (標準ツールバー)をクリックします。 表示/
選択 を選択し、デフォルトの一括選択方法 に対して なわ を選択します。
2. ポインタをドラッグして、アイテムを選択します。
なわを閉じずに、アイテムを自由選択できます。
右回りで自由選択を行う場合は、縄の中に入っているアイテムのみが選択されます。 左回り
で自由選択を行う場合は、縄の中に入っているスケッチ エンティティと、自由選択と交差す
るアイテムが選択されます。
19
ユーザー インターフェイス(User Interface)
左回りの自由選択は、図面またはスケッチでのみ使用できます。
3. マウス ボタンを離します。
スティッキー設定
特定のオプションの設定は、変更するまで SolidWorks セッションおよびバージョンで維持されま
す。
特定のオプションの設定は OK をクリックするか、PropertyManager オプションを設定した場合
に維持されます。
次のオプションは、SolidWorks セッションおよびバージョンにわたって維持されます。
編みあわせサーフェス
PropertyManager
隙間コントロール をクリックして [隙間コントロール] ダイアログ
ボックスのユーザー定義値を入力すると、隙間コントロール チェッ
ク ボックスおよび入力した値が維持されます。
エッジ フランジ
フランジ長さ および フランジ位置 での新しい設定および入力した
PropertyManager(Edge
値は保持されます。
Flange PropertyManager)
20
ユーザー インターフェイス(User Interface)
穴の仕様 PropertyManager 入力した 押し出し状態 の値および 深さ の値の設定が維持されます。
(穴ウィザード)
テキストとボタンのサイズ
テキストとボタンのサイズは、ユーザー定義 ダイアログ ボックスの ツールバー タブで設定できま
す。
• メニュー、ツリー項目、ダイアログ ボックス、PropertyManager のテキストは、SolidWorks
ソフトウェアまたはオペレーティング システムのテキストのサイズ選択に従ったものになりま
す。
• テキストのサイズとは別に、ボタンのサイズを設定できます。
• ボタン のサイズを大きくすると、高解像度表示のマシンで SolidWorks ソフトウェアの実行が
容易になります。
• 低解像度表示では、ダイアログボックスが画面に収まらない場合に自動的にサイズが変更され、
スクロールバーが自動的に表示されます。
• タブレットなどのタッチ インタフェースでのエレメントの選択を容易にするには、オプション
メニュー(標準ツールバー)でボタンまたはテキストのサイズを大きくすることができま
す。
テキストとボタンの設定を表示するには、ツール > ユーザー定義 をクリックし、ダイアログ ボッ
クスで ツールバー タブを選択します。
21
3
SolidWorks の基礎
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
履歴からの最新のフィーチャーへのアクセス
アプリケーション プログラミング インターフェイス
関係式 (Equations)
不明な構成部品のすべてのプロンプトの抑制
グラフィックス
アセンブリ グラフィックスの更新
ドキュメントのコピーを開く
Pack and Go Toolbox オプション
最近使ったドキュメント
DXF ファイルおよび DWG ファイルのバージョン サポート
SolidWorks ファイルをポータブル ネットワーク グラフィックス ファイルとして保存
履歴からの最新のフィーチャーへのアクセス
FeatureManager デザイン ツリーの上部にある 履歴 フォルダから、最後に作成または編集した
フィーチャーにアクセスできます。 履歴 フォルダにリストされるフィーチャーの数を制御すること
もできます。
最新履歴にアクセスするには:
• FeatureManager デザイン ツリーで 履歴
フォルダを展開します。
履歴の長さの設定
履歴 フォルダーにリストされた編集済みのフィーチャーの数を設定できます。
履歴の長さを設定するには:
1. FeatureManager デザイン ツリーの開いているドキュメントから、履歴 フォルダを右クリッ
クして 履歴オプション(History Options)をクリックします。
2. PropertyManager の 履歴の長さ(History Length)で、最大値 に 1 から 99 の範囲の整数
を入力します。
22
SolidWorks の基礎
アプリケーション プログラミング インターフェイス
最新の更新情報については、SolidWorks 2014 API ヘルプ リリース ノート(SolidWorks 2013
API Help Release Notes)を参照してください。
SolidWorks 2014 には次の機能が含まれます:
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ミラー部品フィーチャー データへのアクセス。
FeatureManager デザイン ツリー内のフラット パターン ツリーへのアクセス。
FeatureManager デザイン ツリー内の板金フォルダへのアクセス。
フィル パターン フィーチャー データへのアクセス。
FeatureManager デザイン ツリーへの可変パターン フィーチャーの挿入。
選択した参照平面または平坦な面に関して、別の部品ドキュメントをミラーする新しい部品ドキュ
メントの作成。
アセンブリ サイズのパーセンテージによるアセンブリ構成部品の選択。
ユーザー定義プロパティを取得、設定、追加、または削除するときに、より高度なエラー レポー
トを取得。
既存のアノテート アイテムを図面シートまたはビューに添付。
選択した図面ビュー内のモデルを置換。
ライブラリ フィーチャー参照名の取得。
部品が SolidWorks Toolbox 部品かどうかを取得および設定。
アセンブリまたは図面の再構築後にリターン コードを取得。
日光の光源のプロパティ値の取得と設定。
SolidWorks CommandManager の各タブへのアクセス:
•
•
•
•
•
すべてのタブ名を取得。
タブの表示設定の取得と設定。
アクティブ タブの取得と設定。
タブのインデックスの取得と設定。
以下に対してタブがアクティブ化されるときに、通知を送信:
• アセンブリ ドキュメント
• 図面ドキュメント
• 部品ドキュメント
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
グラフィック断面表示を生成するかどうかの取得と設定。
デフォルトの板金フィーチャー パラメータを上書きするかどうかの取得と設定。
板金フィーチャー ゲージ テーブルを使用するかどうかの取得と設定。
スケッチ拘束に関連付けられている実際のエンティティの取得。
部品の各種側面(板金、面、ループ、およびアノテート アイテム ビュー)を、1 つまたは複数
の DXF/DWG ファイルに保存して、指定されたファイル名を保持。
吹出しのテキスト フォーマットとフォント サイズを取得および設定。
標準モデル ビューの変更、およびそのデフォルト設定へのリセット。
シルエット エッジを含めて、図面ビュー内のすべての表示エンティティの取得。
ドキュメントの印刷時に通知を送信。
以下の永続的 ID の取得:
23
SolidWorks の基礎
• 構成部品(Component):
• フィーチャー:
• マルチ コンフィギュレーション部品またはアセンブリ内での、特定コンフィギュレーション内の
寸法公差値の変更。
• IUnknown の代わりに、IDispatch からの穴シリーズ フィーチャー データ インタフェースの参
照。
• 部品およびアセンブリ ドキュメントへのユーザー定義テーブル アノテート アイテムの挿入。
関係式 (Equations)
設定可能な関係式
関係式とグローバル変数にコンフィギュレーションを適用する機能が拡張されています。 寸法を設
定するのと同じ方法で、関係式とグローバル変数を設定できます。
以前は、選択したコンフィギュレーションで抑制または抑制解除することによってのみ、関係式と
グローバル変数を設定できました。
現在では、関係式とグローバル変数のバリエーションを作成して、関係式 および 変更 ダイアログ
ボックスを使用してそれをコンフィギュレーションに適用できます。 また、設計テーブル、および
部品やアセンブリ フィーチャーに対する各種の PropertyManagers で、関係式とグローバル変数
を設定できます。
たとえば、距離 PropertyManager の 面取り フィールドで関係式を作成する場合、フィールド内
に表示されるコンフィギュレーション アイコン
を使用して、それにコンフィギュレーションを
適用します。 次に、関係式 または 変更 ダイアログ ボックスを使用して関係式を編集し、別のコン
フィギュレーションに割り当てることができます。
また、各コンフィギュレーションに別の測定単位を指定することもできます。 たとえば、1 つのコ
ンフィギュレーションで、あるグローバル変数をミリメートルで表現し、別のコンフィギュレーショ
ンではそれをインチで表現することができます。
設計テーブルでは、関係式の前に 1 つのアポストロフィと等号('=)を付ける必要があります。
1 つのアポストロフィによって、関係式を Excel にエクスポートした場合に、テキスト文字列と
してではなく、式として解釈されることが保証されます。
同じモデル内で、設定可能な関係式と抑制/抑制解除を使用することはできません。 SolidWorks
2013 以前のバージョンでモデルを作成した場合、設定可能な関係式とグローバル変数を追加する
前に、すべての抑制された関係式と抑制解除された関係式およびグローバル変数を削除する必要が
あります。 また、設計テーブルを削除してから、SolidWorks 2014 でドキュメント ファイルを保
存し、開き直す必要があります。
スケッチ ビュー
[スケッチ ビュー] (Sketch View) は、関係式、グローバル変数、寸法 ダイアログ ボックスで使用
できます。
このビューでは、スケッチで使用される関係式、グローバル変数、および寸法を追加、名前変更、
編集、設定、および削除できます。
24
SolidWorks の基礎
不明な構成部品のすべてのプロンプトの抑制
開いているドキュメントで、不明な構成部品のプロンプトをすべて抑制できます。
ドキュメントで参照ファイルが見つからない場合に表示される 不明な構成部品をすべて抑制
(Suppress all missing components) ダイアログ ボックスで、ファイルが見つかりません
を選択します。
このオプションは、現在のドキュメントにのみ影響します。 このオプションは、すべてのドキュ
メントで、すべての ファイルが見つかりません ダイアログ ボックスを永続的に抑制するわけで
はありません。
グラフィックス
高精度環境照明
高精度環境照明を適用すると、レンダリングでの余分なノイズをクリーンアップできます。
高精度環境照明を使用すると、次の利点があります:
• シーン環境に使用されるユーザー定義のハイ ダイナミック レンジ イメージ(HDRI)からの環
境照明計算を正確に行えます。
次の場合に高精度環境照明を使用します:
• 現在のレンダリングで影にノイズが非常に多い場合。
• ユーザー定義の HDRI イメージを使用してシーンを定義するときに、ユーザー定義の HDRI イ
メージから、より高精度の照明が必要な場合。
PhotoView 360 プレビュー ウィンドウを使用してレンダリングを調整するときに、高精度環境照
明を適用します。
この設定を使用すると、レンダリングが大幅に遅くなる可能性があります。
高精度環境照明を適用するには:
1. モデルを開き、ツール > アドイン をクリックし、PhotoView 360 をアドインします。
2. DisplayManager で シーン/照明/カメラ表示
をクリックします。
3. シーン を右クリックし、シーン編集 を選択します。
ドキュメント シーンを表示するには、背景を ドキュメント シーン背景を使用 に設定する必
要があります。 背景表示設定 ダイアログ ボックスが表示されたら、はい をクリックして背
景を設定します。
25
SolidWorks の基礎
4. イルミネーション タブの PhotoView イルミネーション で、高精度環境照明 を選択します。
5.
をクリックします。
高精度環境照明なし
高精度環境照明あり
レンダリングの調整
PhotoView 360 プレビュー ウィンドウから、処理中のレンダリングを直接保存できます。
PhotoView 360 プレビュー ウィンドウで洗練化設定を使用して、PhotoView オプションに指定さ
れている品質設定よりも詳細にレンダリングを調整できます。 レンダリングの品質は、時間の経過
とともに高まります。 また、PhotoView 360 プレビュー ウィンドウで、PhotoView オプション
に指定されたすべての出力イメージ サイズを使用するイメージが作成されるように指定することも
できます。
連続調整機能は、高精度環境照明(Accurate environment lighting)オプションと組み合わせ
て使用すると、最適な結果が得られます。
レンダリングを調整するには:
1. PhotoView 360 > プレビュー ウィンドウ をクリックします。
2. レンダリングに施す処理を選択します:
• 洗練化 を使用すると、PhotoView オプションに指定した品質設定よりも詳細な調整がプレ
ビューで強制的に行われます。
• 最大解像度プレビュー(Full resolution preview)を使用すると、PhotoView オプション
に指定されたサイズで保存されているイメージに対するレンダリングがプレビューで強制的
に行われます。
3. プレビュー イメージを保存 をクリックして、PhotoView プレビュー ウィンドウに表示されて
いる結果をいつでも保存できます。
26
SolidWorks の基礎
グラフィック断面表示の作成
グラフィック断面表示を生成することで、断面表示をすばやく生成できます。
グラフィック断面表示を作成するには:
1. 部品、またはアセンブリを開きます。
2. 表示ツールバーで、断面表示
をクリックします。
3. 断面 1 で グラフィック断面表示 を選択します。
4. 他のオプションを選択し、
をクリックします。
断面またはエッジを選択することはできません。 グラフィック断面表示で断面のキャップ色を保
持する必要があります。 断面平面または断面と同じ平面内にあるピクセルは非表示になりませ
ん。
SolidWorks モデルを *.lxo ファイルにエクスポート
モーション スタディを持つモデルを含む、SolidWorks モデルを *.lxo ファイルにエクスポート
できます。 そして、Luxology LLC によって作成されたレンダリング製品である MODO® に *.lxo
ファイルをインポートできます。
SolidWorks モデルをエクスポートするには:
ファイル > 指定保存 をクリックします。ファイルの種類 で Luxology (*.lxo) を選択します。
SolidWorks モデルおよびモーション スタディからの情報をエクスポートするには:
アニメーションの保存
(MotionManager ツールバー)をクリックします。 ファイルの種類
で、Luxology (*.lxo) を選択します。
シーンの展開された床
シーンの球形環境の床を展開し、特に回転や拡大/縮小などのビュー操作を実行する際に、グランド
またはフラットな床に自然に残るモデルの外観を表現できます。
環境内でモデルが相対的に大きすぎるか小さすぎる場合、モデルのサイズに応じて環境のサイズや
スケールを調整できます。
水平の高さ(赤道から南極まで)を調整できます。 HDRI 球形シーンが海上にあると想像してくだ
さい。 水平線がイメージの中央になる高さにカメラを配置し、水平の高さが水平線に並ぶように調
整することができます。 この場合、ガムドロップは半球です。
カメラを海面よりはるかに高い位置に配置した場合、水平線はイメージの下方に位置しますが、水
平の高さが水平線に並ぶように調整できます。 この場合、ガムドロップは平面が床に水平な半球で
す。
シーンで床を展開するには:
1. DisplayManager で シーン/照明/カメラ表示
をクリックします。
2. シーン を右クリックし、シーン編集 を選択します。
27
SolidWorks の基礎
3. 背景 で 環境使用 を選択します。
フラットな床オプションを使用するには、環境使用 を選択する必要があります。
4. 床 で、フラットな床 をクリックします。
5. モデルの周囲にある HDRI シーンの球形やガムドロップのサイズを指定するには、環境サイズ
(Environment size) を設定します。
6. HDRI シーンの球形環境で床の展開を開始する緯度を指定するには、水平線高さ を設定しま
す。
7.
をクリックします。
フラットな床オプションは、球形の環境イメージの赤道付近に自然の地平線がある環境で最
適に動作します。 これらは、外側環境になる傾向があります。 プレゼンテーション シーン
フォルダには、フラットなグランド コントロールに適した 10 個の新しいシーンが含まれて
います。
レンダリングされたアニメーションのパフォーマンス向上
PhotoView 360 は、レンダリングされたアニメーションを *.lxo ファイルに保存します。このファ
イルには、すべてのデータ (レンダリングされたアニメーションを処理するために必要な外観、
シーン、モデル ジオメトリ、およびモーション スタディ定義)が含まれます。 *.lxo ファイルを
内部変換することによって、レンダリングされたアニメーションの処理時間を大幅に短縮します。
SolidWorks ソフトウェアの以前のバージョンでは、 モーション スタディのフレームごとに
SolidWorks MotionManager でモーションを解決し、そのフレームでモデルを保存します。 その
後、PhotoView 360 でフレームごとにモデルを読み込み、レンダリングします。 たとえば、毎秒
のフレーム数(FPS)が 30 で 1 秒のアニメーションの場合、SolidWorks ソフトウェアはモデル
を 30 回保存し、PhotoView 360 はそのモデルを 30 回読み込んでレンダリングします。 毎回フ
レームを保存して PhotoView 360 に読み込むのでは相当な時間がかかります。
アニメーション レンダリングのパフォーマンスが向上した理由は、SolidWorks ソフトウェアによっ
てモーション スタディ情報が *.lxo ファイルに保存され、PhotoView 360 は最初にモデルを読み
込んだときに、レンダリングするモーション スタディ モデル全体に関するすべての情報を保持する
ためです。 30 FPS で 1 秒のアニメーションの場合、SolidWorks はモデルを 1 回だけ保存し、
PhotoView 360 はファイルを 1 度だけ読み込んでアニメーションのすべてのフレームをレンダリ
ングします。
28
SolidWorks の基礎
断面表示のボディまたは構成部品の選択
ボディまたは構成部品を選択して、断面表示に含むか除外することができます。
断面表示のボディまたは構成部品を選択するには:
1. install_dir\samples\whatsnew\fundamentals\jig saw\Jigsaw.SLDASM を開きま
す。
2. 断面表示
(表示ツールバー)、または 表示 > 表示タイプ > 断面表示 をクリックします。
29
SolidWorks の基礎
30
SolidWorks の基礎
3. PropertyManager の 断面 1 で、側面
をクリックします。
4. 選択構成部品 をクリックします。
5. フライアウト FeatureManager デザイン ツリーで、次のアイテムを選択し、選択構成部品 に
追加します。
•
•
•
•
•
•
モーター ドライブ
SW0903A ギア ドライブ
SW0903A カム
針状ころ(NIH)
ギア ドライブ シャフト
SW0904 - プランジャ アセンブリ
6. 選択構成部品 で 選択アイテムを除外 を選択します。
選択した構成部品が全体図に表示され、その他のすべての部品が断面化されて表示されます。
31
SolidWorks の基礎
32
SolidWorks の基礎
7. プレビュー をクリックすると、断面平面の場所と、選択する構成部品またはボディに基づい
て、断面のグラフィック専用プレビューが表示されます。
プレビュー では断面平面、参照平面と面のアウトライン、および選択平面が非表示になりま
す。
33
SolidWorks の基礎
8. 選択平面の有効化 を選択すると、一時的な平面が表示されます。これを使用して、モデルや断
面領域に表示されない構成部品を選択できます。
34
SolidWorks の基礎
9. トライアドのセンターボールを右側にドラッグすると、非表示の構成部品が表示されます。
35
SolidWorks の基礎
10. グラフィックス領域で [ベゼル - 右 (BEZEL - RIGHT)] をクリックすると、選択した構成部品
にそれが追加されます。
11. プレビュー をクリックします。
12.
をクリックします。
断面表示を編集するには、グラフィックス領域で右クリックし、断面表示プロパティ を選択しま
す。
ソーラー アクセス スタディ
SolidWorks Professional では、太陽光を SolidWorks モデルに適用できます。 ソーラー アクセ
ス スタディを使用して、太陽が建物、太陽光パネル、および屋外機器のモデルを通過する動きをシ
ミュレートできます。
モデルに対する太陽光を指定する場合は、以下のデータを含める必要があります:
• モデルに対する北の方向
• モデルの地理的な場所
• シミュレートする日時
次の 2 つのタイプのソーラー アクセス スタディを作成できます:
36
SolidWorks の基礎
日付固定、時刻可変(Fixed date, variable 時刻範囲における特定の日付の太陽の経路を表示し
time)
ます。
時刻固定、日付可変(Fixed time, variable 日付範囲における特定の時刻の太陽の位置を表示し
date)
ます。
モデルに太陽光を追加する
モデルに追加する太陽光は、場所、時間、日付、外気条件を考慮したものとなります。
モデルに太陽光を追加するには:
1. 部品またはアセンブリで、表示 > 照明とカメラ(Lighting and Cameras) > 太陽光追加
(Add Sunlight) をクリックします。
2. PropertyManager の 場所、時間、日付 に次のオプションを指定します:
a) 北方向 に、平坦面またはエッジを選択します。
北方向は、選択したエッジに対して垂直であるか、選択したエッジと同一線上にあります。
反対方向 をクリックすると、太陽がモデルに適用される方向を変えることができます。
b) 位置 では、リストから位置を選択するか、場所を指定 をクリックして 北緯 および 東緯 の
値を入力します。
c) 時刻の値を入力します:
GMT からのタイム ゾーン
グリニッジ標準時に対する太陽光の位置のタイム ゾーンを
指定します。
日付
太陽光を当てる日付を指定します。
時刻
太陽光を当てる時刻を指定します。
3. 曇り度、太陽の直径、地表面反射率、スカイ ガンマなどの詳細を設定するには、詳細設定 をク
リックします。
4.
をクリックします。
37
SolidWorks の基礎
ソーラー アクセス スタディの作成
ソーラー アクセス スタディを使用して、モデルが受ける日光が時間の経過とともにどのように変化
するかをシミュレーションできます。 ソーラー アクセス スタディを作成するには、最初に太陽光
をモデルに追加する必要があります。
ソーラー アクセス スタディを作成するには:
1. 部品またはアセンブリから、モーション スタディ タブ(グラフィックス領域の下部)を選択し
ます。
2. アニメーション ウィザード
(MotionManager ツールバー)をクリックします。
3. ウィザードで、ソーラー アクセス スタディ(Solar Access Study)を選択し、次へ をクリッ
クします。
4. ソーラー アクセス スタディのタイプを選択します:
オプション
説明
日付固定、時刻可変(Fixed date,
variable time)
選択した日の、任意の時刻範囲での太陽の動きを
表示します。
時刻固定、日付可変(Fixed time,
variable date)
任意の日付範囲で、選択した時刻の太陽の動きを
表示します。
5. ウィザードの残りを完了したら、終了 をクリックします。
6. スタディを実行するには、スタディを作成した後で、最初から実行
ルバー) をクリックします。
(MotionManager ツー
設定によって、アニメーションの速度が異なります。 アニメーションを 1 回再生した後、タイ
ムラインをドラッグして、太陽の動きに合わせた影の変化を表示できます。
ソーラー アクセス スタディのチュートリアル
この例では、建物の屋根へのソーラー パネルの配置を最適化します。
屋根上のソーラー パネルの最適な位置は、太陽光が最も当たる場所です。 建物のモデルに太陽光を
適用した後で、ソーラー アクセス スタディを作成して、ソーラー パネルの配置を決定できます。
この例では、建物の屋根には影を生成する HVAC 小屋があり、小屋上にはパネルを配置できませ
ん。
38
SolidWorks の基礎
次のタスクを実行します:
•
•
•
•
屋根にソーラー パネルがある建物のモデルを開きます。
冬至のモデルに太陽光を適用します。
日付固定、時間可変のソーラー アクセス スタディを作成します。
スタディの結果を表示し、ソーラー パネルの位置を調整してパネル上の影を最小化します。
モデルを開いて太陽光を追加
最初に、建物のモデルを開き、太陽光を追加します。
1. install_dir\samples\whatsnew\fundamentals\solar_access\
building_and_solar_panels.SLDASM を開き、モデルを
my_building_and_solar_panels.SLDASM として保存します。
建物の屋根上には HVAC 小屋と任意の位置の 9 枚のソーラー パネルがあります。
2. RealView グラフィックスをオンにするには、次のいずれかをクリックします:
• ビュー設定 (View Settings)
> RealView グラフィックス (RealView
Graphics)
• RealView グラフィックス
(表示ツールバー)
• 表示 (View) > 表示タイプ (Display) > RealView グラフィックス (RealView
Graphics)をクリックします。
39
SolidWorks の基礎
3. 太陽光を追加するには、表示 > 照明とカメラ > 太陽光追加 (Add Sunlight) をクリックし
ます。
4. 位置、時刻、および日付 (Location, Time, and Date) の 北方向 で、モデルの右にある北
向きの緑色のベクトルを選択します。
モデルには、この例の支援として北のベクトルが含まれます。 北方向 (North direction) で
エッジまたは線を選択した場合、北方向は選択内容と平行になります。 平坦面を選択した場
合、北方向は選択内容と垂直になります。 シーンの床に垂直の方向は選択できません。
5. 北 (N) が間違った方向を指している場合は、反対方向
40
をクリックします。
SolidWorks の基礎
6. 位置 には、ニューヨーク市, ニューヨーク州 を選択します。
7. 日付 に、12/21/2013 または同等の日付フォーマットを入力し、
をクリックします。
12 月 21 日は、北半球の冬至のおおよその日付であり、1 年で最も昼間が短い日です。 影が
最も長い日にソーラーの露出を最適化することにより、1 年のすべての日においてソーラーの
露出が最適化されることを期待できます。
ソーラー アクセス スタディの作成
次に、モデルのソーラー アクセス スタディを作成します。
1. グラフィックス領域の左下部分にある モーション スタディ タブを選択します。
2. アニメーション ウィザード
(MotionManager ツールバー)をクリックします。
3. ウィザードで、ソーラー アクセス スタディ(Solar Access Study)を選択し、次へ をクリッ
クします。
4. ソーラー アクセス スタディ タイプの選択 ページで、日付固定、時間可変 を選択し、次へ を
クリックします。
このタイプのスタディは、選択した日の、任意の時刻範囲での太陽の動きを表示します。
5. 日付固定、時間可変 ページで、次のように選択し、次へ をクリックします。
• 日付の選択 (Select the date) に、12/21/2013 または同等の日付フォーマットを入力
します。
これは、建物の場所において 1 年のうち昼が最も短い日付です。
• 時間範囲の選択 (Select the time range) には、日の出から日没まで (Sunrise to
sunset) を選択します。
41
SolidWorks の基礎
6. 日付固定、時間可変 ページで、表示時間 [秒] に 10 と入力し、完了 をクリックします。
持続時間には、作成するアニメーションの持続時間を指定します。
7. 最初から再生
(MotionManager ツールバー)をクリックします。
設定によって、アニメーションの速度が異なります。 アニメーションを 1 回再生した後、タイ
ムラインをドラッグして、太陽の動きに合わせた影の変化を表示できます。
影の検証
次に、タイムラインをドラッグして、影の露出を検証します。
1. 屋根領域にズーム インするには、一部拡大
(表示ツールバー)をクリックします。
2. タイムラインをドラッグし、1 日を通した影の移動を調べます:
1秒
42
SolidWorks の基礎
2秒
3秒
43
SolidWorks の基礎
5秒
6秒
44
SolidWorks の基礎
8秒
9秒
パネルの最適な位置は、建物の南の隅から離れた南向きで、他のパネルと HVAC の影の外側で
す。
45
SolidWorks の基礎
ソーラー パネルの位置の調整
次に、ソーラー パネルの位置を調整して、影を最小化します。
1. モデル タブを選択します。
モデル タブのパネルを移動し、モーション スタディ 1 タブでソーラー スタディをテストしま
す。 モーション スタディ 1 タブでパネルを移動した場合、パネル位置はアニメーションでの
み変更されます。
イメージの不足に対処するようプロンプトが表示された場合は、再度表示しない (Do not
prompt again for this file) をクリックし、いいえ (No) をクリックできます。
2. パネルをドラッグして、1 日にわたって影を最小化します。
3. モーション スタディ 1 タブを選択し、最初のアニメーション状態の更新を求めるプロンプトが
表示された場合は はい をクリックします。
4. 最初から再生
(MotionManager ツールバー)をクリックします。
パネルの影の露出が非常に良好に表示されます。
5. モデルを my_repositioned_building_and_solar_panels.sldasm として保存し、モデ
ルを閉じます。
46
SolidWorks の基礎
アセンブリ グラフィックスの更新
表示リストのデータが古くならないように、アセンブリを保存するときに、構成部品のモデル グラ
フィックス データを更新するオプションを設定できます。
アセンブリ グラフィックスを更新するには:
1. (標準ツールバーの)オプション (Options)をクリックするか、またはツール(Tools) >
オプション(Options)をクリックします。
2. [システム オプション] タブで、アセンブリ をクリックし、ファイルを保存する際にモデル グ
ラフィックスを更新(Update model graphics when saving files)を選択します。
3. OK をクリックします。
ドキュメントのコピーを開く
ドキュメントを開くか、変更した後に、それをコピーとして保存し、新しいコピーを自動的に開く
ことができます。 元のドキュメントへの参照は、コピーには割り当てられません。
ドキュメントをコピーして、そのコピーを開くには:
1. ドキュメントが開いている状態で、ファイル > 指定保存 をクリックします。
2. ダイアログ ボックスで、コピーとして保存して開く(Save as copy and open)を選択しま
す。
3. ファイル名 に、新しい名前を入力します。
4. その他のオプションを設定し、保存 をクリックします。
Pack and Go Toolbox オプション
Pack and Go の設定では、参照元の Toolbox 構成部品を含めることも、除外することもできます。
Pack and Go で Toolbox 構成部品を含める
Pack and Go の設定で構成部品を含めるには:
1. SolidWorks で、ファイル > Pack and Go をクリックします。
2. ダイアログボックスで Toolbox 構成部品を含める(Include Toolbox components)を選択
します。
3. その他のオプションを設定し、保存 をクリックします。
最近使ったドキュメント
[最近使ったドキュメント] ダイアログ ボックスを使用して、[ファイルを開く] ダイアログ ボック
スに含まれる同じコントロールでファイルを開きます。
最近のドキュメントをドラッグ&ドロップすることもできます:
• 参照部品を作成する、開いている部品。
• 構成部品に挿入するアセンブリ。
47
SolidWorks の基礎
• モデルのビューを作成する図面。
• ファイルを開く空のグラフィック領域。
• ファイルをその場所にコピーする Windows エクスプローラ
最近のドキュメントの検索
[最近使ったドキュメント] ダイアログ ボックスからファイルを開くには:
1. ファイル > 最近使ったドキュメントを検索 をクリックするか R キーを押して [最近使ったド
キュメント](Recent Document)ブラウザを表示します。
2. ドキュメントの上にマウスを置き、展開
をクリックします。[ファイルを開く] ダイアログ
ボックスでいずれかのオプションを設定し、開くまたは読み取り専用で開くをクリックしてド
キュメントを開きます。
3. ドキュメントのタイルを次の場所にドラッグ&ドロップします:
•
•
•
•
•
参照部品を作成する、開いている部品。
構成部品に挿入するアセンブリ。
モデルのビューを作成する図面。
ファイルを開く空のグラフィック領域。
ファイルをその場所にコピーする Windows エクスプローラ
ドキュメントを開かずにブラウザを閉じるには、ブラウザの外側をクリックするか、Esc キーを
押します。
48
SolidWorks の基礎
DXF ファイルおよび DWG ファイルのバージョン サポー
ト
AutoCAD® 2013 フォーマットの DXF ファイルおよび DWG ファイルをインポートおよびエクス
ポートできます。
SolidWorks ファイルをポータブル ネットワーク グラフィッ
クス ファイルとして保存
SolidWorks ファイルを *.png ファイルとして保存できます。
SolidWorks ファイルをポータブル ネットワーク グラフィックス ファイルとして保存するには:
1. ファイル > 指定保存 をクリックします。
2. ファイルの種類 で、Portable Network Graphics (*.png) を選択します。
3. オプションで、表記 に対して、ファイルについて説明するテキストを入力します。
4. オプションで、保存して PNG 表示(View PNG after saving)をクリックします。
5. エクスポート オプションを設定するためにオプション をクリックし、次を実行します:
a)
b)
c)
d)
TIF/PSD/JPG/PNG を選択します。
出力フォーマット で、イメージ タイプ、背景削除、および他のオプションを選択します。
印刷で選択指定のオプション で、DPI および 用紙サイズ を設定します。
OK をクリックします。
6. 保存 をクリックします。
49
4
インストール
この章では以下の項目を含みます:
•
•
SolidWorks Electrical のインストール
オプション エディタでの環境変数のサポート
SolidWorks Electrical のインストール
SolidWorks Electrical は、SolidWorks Installation Manager から利用できます。
SolidWorks Installation Manager を使用するか、またはスタンドアロン インストール パッケー
ジから SolidWorks Electrical をインストール、アップデート、およびアンインストールできます。
Installation Manager を使用する場合は、以下を選択してインストールできます:
• 同じコンピュータまたは別のコンピュータ上のクライアント ツールおよびサーバー ツール
• SolidWorks Electrical サーバー ツールのみ
以前は、個別のインストール パッケージからしか SolidWorks Electrical をインストールできませ
んでした。
オプション エディタでの環境変数のサポート
アドミニストレーティブ イメージ オプション エディタで環境変数を使用して、ファイルおよびフォ
ルダのパスを指定できます。
ファイルまたはフォルダのパスを要求するすべてのダイアログ ボックスに、選択したフォルダを環
境変数に割り当てることができるオプションがあります。
たとえば、C:\Program Files\SolidWorks Corp を選択すると、ファイル パスは
%ProgramFiles%\SolidWorks Corp にマップされます。
最も共通する変数は %ProgramFiles% と %SystemDrive% です。
すべてのパスを環境変数に変換できるわけではありません。 たとえば、Z:\SolidWorks Data
は、適切な環境変数にマッピングできません。
50
5
アセンブリ
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
高精度エッジを使用した図面ビューのシェイディング表示の作成
大規模デザイン レビューの FeatureManager 構造
分解図に回転を含める
合致(Mates)
非対称構成部品のミラー
複数のコンフィギュレーションの更新
パターン(Patterns)
サイズにより構成部品を選択する
状況依存ツールバーからコンフィギュレーションを選択する
設計テーブルでのアイテムの抑制のショートカット
フレキシブルとリジッド状態の切り替え
アセンブリ グラフィックスの更新
高精度エッジを使用した図面ビューのシェイディング表示
の作成
高精度エッジを使用して図面ビューのシェイディング表示を作成すると、モデルの側面付近に側面
エッジが表示されるのを防ぐことができます。 このタイプのビューは、モデルの背面と接触する壁
またはリブなどのフィーチャーを持つ、薄壁モデルに適しています。
また、図面ビューのシェイディング表示に高精度オプションを使用すると、エッジはより高品質で
出力され、エッジを非表示にすることができます。
51
アセンブリ
エッジがシェイディング表示された高精度図面を作成するには:
1. install_dir\samples\whatsnew\fundamentals\ThinWallPart.SLDPRT を開きます。
2. ファイル > 部品から図面を作成 をクリックします。
a) [シート フォーマット/シート サイズ] ダイアログ ボックスで、A(ANSI)ランドスケー
プ(A (ANSI) Landscape)を選択し、OK をクリックします。
b) 読み取り専用で開く をクリックします。
c) OK をクリックします。
d) パレット表示 から、等角投影を図面にドラッグします。
3. PropertyManager の 表示スタイル で、
エッジ シェイディング表示 をクリックします。
背面に接触しているリブが前面に見えていることを確認してください。
4. 高精度 をクリックします。
52
アセンブリ
前面のリブが見えなくなりました。
5.
をクリックします。
大規模デザイン レビューの FeatureManager 構造
大規模デザイン ビューでモデルを開く場合に、FeatureManager デザイン ツリーで、パターンと
アセンブリ フィーチャーの構造を容易に表示できます。
これらのアイテムの再構成には、構成部品とミラー パターン、およびカット、穴、フィレット、面
取り、溶接ビード、ベルト、チェーン、およびフィーチャー パターンなどのアセンブリ フィーチャー
が含まれます。
従来のアセンブリをSolidWorks バージョン 2014 で保存する必要があります。
分解図に回転を含める
直線移動あり、または直線移動なしで構成部品を回転する分解図のステップを作成できます。
アセンブリで分解図を作成するには、挿入 > 分解図 をクリックします。
分解図のステップに回転を含めるには:
1. PropertyManager を開いた状態にして、分解ステップで回転する構成部品を選択します。
回転および移動ハンドルが表示されます。
53
アセンブリ
2. 回転方向ハンドルを選択し、目的の方向に回転します。
同じ分解ステップに回転と移動を含めることができます。 また、PropertyManager で分解
ステップでの移動距離と回転角度の値を編集することもできます。
3. 分解ステップが完了したら、完了 をクリックします。
54
アセンブリ
回転のある分解を表示する
この例では、回転した分解図ステップが含まれるアセンブリを開いて分解します。 アセンブリを開
くと、分解ステップの詳細が表示され、値の変更方法を確認することができます。
1. install_dir\samples\whatsnew\assemblies\explode_rotate\
usb_flash_drive_explode.SLDASM を開き、my_usb_flash_drive_explode.SLDASM
として保存します。
2. ConfigurationManager
3. 分解図 ExplView1
で、デフォルトのコンフィギュレーションを展開します。
を右クリックして 分解 をクリックします。
または、分解図のアニメーションを実行するには、分解のアニメーション をクリックします。
分解図には回転ステップと並進ステップが含まれます。
4. 分解ステップの詳細を表示するには、分解図を右クリックして フィーチャー編集 をクリックし
ます。
分解ステップ 3 には移動と回転が含まれるため、分解距離 と 分解角度 の値はゼロ以外です。
分解ステップを編集する場合は、これらの値を編集できます。
5. ドキュメントを保存せずに閉じます。
合致(Mates)
状況依存ツールバーからの標準合致の適用
状況依存ツールバーから、アセンブリに標準合致を適用できます。
CTRL + を押して、グラフィックス領域で合致ジオメトリを選択すると、ツールバーが表示されま
す。 選択内容に適した合致のみを使用できます。
55
アセンブリ
1. アセンブリから、CTRL + を押して合致するエンティティを選択します。
状況依存ツールバーでは、デフォルトの合致はハイライト表示されます。
2. 合致を選択します。
3. 距離合致または角度合致の場合は、合致指定を入力し、
をクリックします。
スロット合致の作成
ストレート スロットまたは円弧スロットとボルトを合致させ、スロットとスロットを合致させるこ
とができます。 軸、円筒面、またはスロットを選択してスロット合致を作成できます。
スロット合致を作成するには:
1. 合致
(アセンブリ ツールバー)または 挿入 > 合致 をクリックします。
2. PropertyManager で、機械的な合致 を展開し、スロット
を選択します。
3. 合致選択 でスロット面とフィーチャーを選択し、次の構成部品と合致させます。
56
アセンブリ
• 別のストレート スロットまたは角度スロットの面
• 軸
• 円筒面
重なり合うフィーチャーを選択できます。
4. 次のいずれかの拘束オプションを選択します:
オプション
説明
フリー
スロット内で構成部品を自由に動かせるようにします。
スロットの中心
構成部品をスロットの中心に配置します。
スロットに沿った距離
スロットの終端から指定された距離に構成部品の軸を配置
します。
スロット長に対するパーセント
スロット長のパーセントで指定された距離に構成部品の軸
を配置します。
距離の測定元の端点を変更するには、寸法反転 を選択します。
スロット間の合致で選択できるのはフリーまたはスロットの中心のみです。
5.
をクリックします。
デフォルトの合致タイプ
円筒形の面または円形エッジを選択して軸と合致させると、ソフトウェアによって同心円合致が作
成されます。 2 つの平行な平坦面を選択すると、ソフトウェアによって一致合致が作成されます。
一部のデフォルト合致タイプには 2 次的なデフォルト合致があり、これは、1 次デフォルト合致
タイプの一致合致によってアセンブリが重複定義されると作成されます。 たとえば、一致合致に
よってアセンブリが重複定義されると、ソフトウェアによって 2 つの平行な平坦面の間に平行合
致が作成されます。
アセンブリで円筒面と軸を合致させるには:
57
アセンブリ
1. 軸と、円筒面または円形エッジを選択します。
一時的な軸を表示するには、アイテムの表示/非表示
を展開し、一時的な軸の表示
2. 合致
(ヘッズアップ ビュー ツールバー)
をクリックします。
(アセンブリ ツールバー)または 挿入 > 合致 をクリックします。
合致は、デフォルトで同心合致に設定されます。
3. 合致が完了したら、
をクリックします。
CommandManager にスマート合致を含める
アセンブリ ツールバーまたはアセンブリ CommandManager をカスタマイズするときに、スマー
ト合致 を含めることができます。
スマート合致 コマンドを CommandManager に含めるには:
1. アセンブリ ドキュメントを開きます。
2. ツール > ユーザー定義 をクリックするか、CommandManager を右クリックして、ユーザー
定義 を選択します。
3. コマンド タブで、アセンブリ を選択します。
4. スマート合致
します。
コマンドを アセンブリ CommandManager にドラッグし、OK をクリック
ミラー構成部品と合致
ミラー構成部品には、ほとんどの詳細設定と機械的な合致タイプが含まれます。 以前のリリースで
は、ミラー構成部品には、2 つのエンティティで定義された合致タイプのみが含まれていました。
ミラーに含まれる、詳細設定と機械的な合致タイプは次のとおりです:
•
•
•
•
•
•
•
カム
ヒンジ合致
直線カプラー
パス合致
対称合致
ユニバーサル ジョイント
幅の合致
58
アセンブリ
合致 PropertyManager のピン固定
合致 PropertyManager の
をクリックすると合致指定が保存され、PropertyManager を開い
た状態でピン固定していない場合は、PropertyManager が閉じられます。
複数の合致を 合致 PropertyManager で指定するには:
1. 合致を指定します。
2. PropertyManager で
3. 次の合致を指定し、
をクリックしてから
をクリックします。
をクリックします。
4. 合致の指定が終わるまで、ステップ 3 を繰り返します。
5. 固定された PropertyManager を閉じるには、
をクリックします。
同心円合致における回転の防止
回転をロック オプションを選択すると、同心円合致によって一致する部品の回転を防ぐことができ
ます。 ロックがかかっている同心円合致は、FeatureManager デザイン ツリーの
示されます。
アイコンで
参照元の構成部品が多重定義となっている場合は、同心円合致をロックすることができません。
アセンブリ内の同心円合致をロックするには:
1. 同心円合致に対して 合致 PropertyManager を開きます:
• 既存の合致の場合、FeatureManager デザイン ツリーで同心円合致を選択し、フィーチャー
編集 をクリックします。
• 新しい合致に対して 挿入 > 合致 をクリックします。 標準合致 で、同心円
合致させる構成部品を選択します。
2. PropertyManager で 回転をロック (Lock rotation) を選択し、
を選択し、
をクリックします。
1 つのアセンブリ内のすべての同心円合致で回転をロックするには、FeatureManager デザ
イン ツリーで 合致 フォルダを右クリックし、同心円の回転をロック(Lock Concentric
Rotation)をクリックします。
SmartMates の感度の設定
ソフトウェアが スマート合致 を適用する速度を設定できます。
スマート合致の感度を設定するには:
1. オプション
(標準ツールバー)または ツール > オプション をクリックします。
2. パフォーマンス を選択します。
3. アセンブリ の スマート合致の感度 でスライダーを左から右にドラッグして速度を下げます。
4. OK をクリックします。
59
アセンブリ
設計テーブルに制限合致の値を指定する
設計テーブルに制限合致の上限値と下限値を指定することができます。
設計テーブルに制限合致の値を指定するには:
• 制限合致の列と、合致の上限値と下限値を定義します:
オプション
説明
[email protected]
セルに 1 を入力すると、テーブルの行に
制限合致が指定されます。
[email protected] 制限合致の上限値が指定されます。
[email protected] 制限合致の下限値が指定されます。
球形合致と曲線型合致
球形ボディおよびサーフェスを使用して合致を作成できます。
次の関係によって球形ボディの合致を作成できます。
• 直線状でないエッジとスケッチに対する正接
• 非平坦サーフェスに対する正接
楕円形、円錐形と、次のものとの関係を持つ放物線エッジ、スケッチ エンティティ、およびその他
のジオメトリ間の合致を作成できます:
• 点に対する一致
• 直線、円、円筒、球形、または楕円に対する正接
60
アセンブリ
球形合致の作成
この例では、2 つの球形サーフェスを合致させます。
アセンブリを開き合致を開始する
まずアセンブリを開き、次に球形合致を設定します。
1. install_dir\samples\whatsnew\assemblies\spherical_mates\ball ring.SLDASM
を開き、my ball ring.SLDASM として保存します。
2. 合致
(アセンブリ ツールバー)または 挿入 > 合致 をクリックします。
3. リング Face<2>@ring-1 と球形 Face<1>@ball-1 を選択します。
デフォルトの正接合致が選択されます。
61
アセンブリ
4.
をクリックします。
5. ドキュメントを保存せずに閉じます。
参照ジオメトリからの合致の表示
平面、軸、または他の参照ジオメトリなど、選択した参照ジオメトリの 合致の表示 ウィンドウを開
くことができます。
選択した参照ジオメトリの合致を表示するには:
1. アセンブリ ドキュメントを開きます。
2. 合致された平面または軸など、合致された参照ジオメトリを選択します。
3. 合致の表示
をクリックします。
合致の表示 ウィンドウに、選択した参照ジオメトリを参照する合致がリストされます。
62
アセンブリ
非対称構成部品のミラー
境界ボックスを使用して、ミラー平面に対してミラーされた構成部品を配置すると、非対称構成部
品をミラーできます。
非対称構成部品をミラーする場合、境界ボックスを使用してミラー平面を定義するほうが、重心
を使用した場合よりもよい結果が得られます。
アセンブリで非対称構成部品をミラーするには:
1. 構成部品のミラー
します。
(アセンブリ ツールバー)または 挿入 > 構成部品のミラー をクリック
2. PropertyManager で、選択 に ミラー平面 および ミラーする構成部品 を選択し、次へ
クリックします。
3. ミラー タイプ で、オプションを選択します。
オプション
説明
境界ボックス
選択した構成部品の境界ボックスの中心がミラー平面に関してミ
ラーされるように、ミラーを配置します。
重心
選択した構成部品の重心がミラー平面に関してミラーされるよう
に、ミラーを配置します。
4. 他のオプションを設定し、
をクリックします。
63
を
アセンブリ
非対称ミラー構成部品の例
次の例では、境界ボックス タイプ ミラーと重心タイプ ミラーとの違いを示します。
境界ボックス タイプ ミラー
重心タイプ ミラー
複数のコンフィギュレーションの更新
複数のコンフィギュレーションを持つ構成部品に対する前後関係で動かされる、単一コンフィギュ
レーションの構成部品のあるサブアセンブリがアセンブリに含まれている場合、ソフトウェアによっ
て矛盾が検出されます。 結果は AssemblyXpert ダイアログボックスに表示されます。
前後関係は、更新から関係式または外部関係までで発生する可能性があります。
AssemblyXpert ダイアログ ボックスが表示されている場合、コンフィギュレーションを更新する
には 修正 をクリックします。
64
アセンブリ
パターン(Patterns)
カーブおよびスケッチ駆動パターン
アセンブリのカーブ駆動およびスケッチ駆動パターンを定義できます。
カーブ駆動パターンには、カーブによって駆動された構成部品を配置する正接線を含むことができ
ます。 スケッチ駆動パターンには、スケッチによって駆動された構成部品を配置する中心または選
択した点を含むことができます。
以前は、これらのパターンは部品でのみ利用可能でした。
アセンブリ > 挿入 > 構成部品パターン をクリックし、カーブ駆動
選択します。
または スケッチ駆動
を
パターン駆動パターン
基礎となる構成部品パターンを使用してパターンを作成できます。
機能に対する制限がなくなったため、フィーチャー駆動パターン の名前が パターン駆動パターン
(Pattern Driven Pattern)に変更されました。
機能に加えて構成部品を使用して、パターン駆動パターンを駆動できます。 構成部品は、同じアセ
ンブリ内またはサブアセンブリ内に置くことができます。 また、構成部品は、直線、円形、または
穴ウィザード シリーズなどのアセンブリ レベルのパターン、またはフィーチャー駆動パターンに
よっても駆動できます。
挿入 > 構成部品パターン > パターン駆動(Pattern Driven)
をクリックします。
サイズにより構成部品を選択する
サイズによりアセンブリ構成部品を選択するには:
1. ツール > 構成部品選択 > サイズで選択(Select by Size) をクリックします。
2. ダイアログボックスで、選択するアセンブリ サイズのパーセント値を入力して OK をクリック
します。
選択内容のプレビューを表示するには プレビュー選択 をクリックします。
入力したアセンブリ サイズのパーセントよりも小さい構成部品が選択されます。
65
アセンブリ
状況依存ツールバーからコンフィギュレーションを選択す
る
構成部品またはサブアセンブリを選択すると、状況依存ツールバーが表示されます。 複数のコン
フィギュレーションを選択する場合は、このコンフィギュレーションを状況依存ツールバーから変
更できます。
アセンブリで構成部品のコンフィギュレーションを変更するには:
1. 構成部品またはサブアセンブリをクリックします。
2. 状況依存ツールバーで、先頭のリストからコンフィギュレーションを選択します。
3.
をクリックします。
設計テーブルでのアイテムの抑制のショートカット
選択した設計テーブルの列に対して、有効な値として文字列 suppressed および unsuppressed
を使用できます。 設計テーブル内のこれらの文字列値のショートカットを使用できます。
数値 1 を文字列の suppressed に置き換え、0 を文字列 unsuppressed に置き換えても同じ結
果が得られます。 また、suppressed の代わりに文字列 s、unsuppressed の代わりに u をそれ
ぞれ入力することもできます。 設計テーブルに suppressed または unsuppressed のショート
カット値を入力するには:
1. suppressed の場合は、1 または s を入力します。
2. unsuppressed の場合は、0 または u を入力します。
66
アセンブリ
フレキシブルとリジッド状態の切り替え
サブアセンブリ ショートカット バーからサブアセンブリのフレキシブルおよびリジッド状態を切り
替えることができます。
リジッドサブアセンブリをフレキシブルにするには:
1. リジッドサブアセンブリを含むアセンブリを開きます。
2. FeatureManager デザイン ツリーで固定サブアセンブリをクリックし、フレキシブルまたは
リジッド
をクリックします。
または、フレキシブルまたはリジッド
ます。
(アセンブリ ツールバー)をクリックすることもでき
フレキシブル サブアセンブリをリジッドにするには、サブアセンブリを選択し、フレキシブル
またはリジッド
をクリックします。
複数のコンフィギュレーションを持つモデルの場合、この方法に従うと、アクティブなコン
フィギュレーションのみに影響が及ぼされます。
アセンブリ グラフィックスの更新
表示リストのデータが古くならないように、アセンブリを保存するときに、構成部品のモデル グラ
フィックス データを更新するオプションを設定できます。
アセンブリ グラフィックスを更新するには:
1. (標準ツールバーの)オプション (Options)をクリックするか、またはツール(Tools) >
オプション(Options)をクリックします。
2. [システム オプション] タブで、アセンブリ をクリックし、ファイルを保存する際にモデル グ
ラフィックスを更新(Update model graphics when saving files)を選択します。
3. OK をクリックします。
67
6
CircuitWorks
SolidWorks Premium で使用できます。
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
CircuitWorks 搭載部品と SolidWorks モデルの関連付け
CircuitWorks と SolidWorks Flow Simulation
CircuitWorks ライブラリ搭載部品ウィザード
CircuitWorks セットアップウィザード
CircuitWorks からの SolidWorks のエクスポート
電気系 CAD ファイルからのプロパティのインポート
選択した ProStep EDMD 変更内容の同期
CircuitWorks ツリーでの搭載部品名の指定
ProStep EDMD ファイルのサポート
ユーザー インタフェース
CircuitWorks 搭載部品と SolidWorks モデルの関連付け
CircuitWorks® ツリーの搭載部品と SolidWorks の部品またはアセンブリ ファイルを関連付ける
ことができます。
CircuitWorks 搭載部品とモデルを関連付けるには:
1. 電気系 CAD ファイルを CircuitWorks アプリケーションで開きます。
2. CircuitWorks ダイアログ ボックスの CircuitWorks ツリーで、搭載部品 フォルダーを展開し
ます。
3. 搭載部品を右クリックし、モデルの関連付け(Associate Model)をクリックします。
4. 開く ダイアログ ボックスで、搭載部品に関連付ける SolidWorks の部品またはアセンブリ
ファイルを選択し、開く をクリックします。
CircuitWorks ダイアログ ボックスで関連付けられた搭載部品の関連付けを解除するには、モ
デルの関連付け解除 をクリックします。
選択した搭載部品からモデルの関連付けを解除すると、関連付けを解除した SolidWorks モ
デルの削除を確認するプロンプトが表示されます。
68
CircuitWorks
CircuitWorks と SolidWorks Flow Simulation
SolidWorks Premium のアドインである CircuitWorks を使用して、大部分の電気系 CAD 設計
(ECAD)システムによって作成されたファイル フォーマットから 3D モデルを作成できます。
SolidWorks アセンブリに組み込まれて機能するプリント基板(PCB)を共同作業で設計できます。
次の CircuitWorks 電気系 CAD ファイル PCB または構成部品の熱特性を SolidWorks Flow
Simulation にインポートできます:
•
•
•
•
誘電体および導電体の密度
比熱
PCB の伝導率
構成部品からの体積熱源の熱伝導率
SolidWorks Flow Simulation を使用して熱解析を実行する場合、SolidWorks モデルはインポー
トされた顧客の熱プロパティを参照します。
Flow Simulation ツリーの 2 つのオプションを使用すると、電子部品の冷却シミュレーションの
Computational Fluid Dynamics(CFD)分析を簡単にセットアップできます。
• 熱源 を右クリックし、ボリューム ソースをモデルからインポート を選択します。 アイテム プ
ロパティ で、インポートする熱源を選択します。
• プリント基板 を右クリックし、プリント基板をモデルからインポート を選択します。 アイテム
プロパティ で、インポートする PCB を選択します。
CircuitWorks ライブラリ搭載部品ウィザード
ライブラリに追加する SolidWorks 搭載部品を選択し、CircuitWorks で使用できるように設定す
るには CircuitWorks ライブラリ搭載部品ウィザード を使用します。
このウィザードにより、搭載部品オペレーションが割り当てられ、CircuitWorks ソフトウェアが搭
載部品ファイル名かそのユーザー定義プロパティからパッケージ名と部品番号を判別する方法が指
定されます。
CircuitWorks 搭載部品ライブラリ ウィザードを開くには、CircuitWorks 搭載部品ライブラリ ダ
イアログ ボックスで、ファイル > 搭載部品の追加(Add Components)をクリックします。
69
CircuitWorks
CircuitWorks セットアップウィザード
CircuitWorks セットアップウィザード を使用すると、電気系 CAD データを CircuitWorks アプ
リケーションと SolidWorks アプリケーションで使用するための、重要な CircuitWorks オプショ
ンを設定することができます。
ウィザードでは、CircuitWorks ライブラリの場所を設定し、SolidWorks モデルに一致させるため
に使用する 電気系 CAD ファイルを指定します。 基板設計で使用する電子部品の SolidWorks モ
デルをダウンロードすることもできます。
CircuitWorks に初めて追加したときに CircuitWorks セットアップウィザード が開始します。 こ
のウィザードは [CircuitWorks オプション] ダイアログボックスから開始することもできます。
CircuitWorks からの SolidWorks のエクスポート
CircuitWorks エクスポート ウィザード を使用することで、生成された CircuitWorks モデルを電
気系 CAD システムへのエクスポートに役立てる基板フィーチャーを識別できます。
SolidWorks モデルを CircuitWorks アプリケーションにエクスポートするには:
1. SolidWorks で、CircuitWorksへエクスポート (CircuitWorks ツールバー)または
CircuitWorks > CircuitWorksへエクスポート をクリックします。
また、CircuitWorks で インポートモデル (Tools ツールバー)をクリックすることによ
り、SolidWorks モデルをエクスポートすることもできます。
CircuitWorks エクスポート ウィザード が表示されます。
2. ウィザードの指示に従い、基板モデル搭載部品を CircuitWorks モデルで使用できるように設
定します。
次の情報を指定できます:
搭載部品タイプ
搭載部品のタイプとして、電気、機械、基板のいずれかを指定し
ます。
基板の部品面
基板に対して、基板の部品面を示すフィーチャーを指定します。
基板外形
基板に対して、基板の外形を示すフィーチャーを指定します。
機械外形
機械搭載部品に対して、構成部品の外形を示すフィーチャーを指
定します。
電気外形
電気搭載部品に対して、構成部品の外形を示すフィーチャーを指
定します。
機械穴
基板に対して、機械穴を示すフィーチャーを指定します。
スルーホール
基板に対して、スルーホールを示すフィーチャーを指定します。
70
CircuitWorks
禁止領域および可能領域
基板に対して、禁止領域または可能領域を定義するフィーチャー
を指定します。
3. 完了 をクリックします。
電気系 CAD ファイルからのプロパティのインポート
電気系 CAD ファイルの熱および他のプロパティを SolidWorks モデルのユーザー定義プロパティ
としてインポートできます。
電気系 CAD ファイルから SolidWorks モデルにプロパティをインポートするには:
1. 電気系 CAD ファイルを CircuitWorks アプリケーションで開きます。
2. CircuitWorks アプリケーションで CircuitWorks アプリケーション メニュー
クし、次に オプション
をクリッ
をクリックします。
CircuitWorks > CircuitWorks オプション をクリックすることにより、SolidWorks
アプリケーションから CircuitWorks オプションにアクセスすることもできます。
3. プロパティ
を選択します。
4. ユーザー定義のボード プロパティを、作成した SolidWorks ボード モデルに追加するには、
これらのプロパティを SolidWorks ボード モデルに追加(Add these properties to the
SolidWorks board model)を選択します。
5. ユーザー定義の構成部品プロパティを、作成した SolidWorks 構成部品モデルに追加するには、
これらのプロパティを SolidWorks 構成部品モデルに追加(Add these properties to the
SolidWorks component models)を選択します。
6. OK をクリックします。
選択した ProStep EDMD 変更内容の同期
ProStep EDMD の変更内容を 電気系 CAD 設計システムと同期するときに、エクスポートする変
更点を選択できます。 変更セットは .idz ファイルでエクスポートできます。
ProStep EDMD ファイル情報を送信する前に、CircuitWorks アプリケーションで ProStep EDMD
ファイルの同期を有効にする必要があります。
CircuitWorks アプリケーションで ProStep EDMD ファイルを開くには、CircuitWorks > 電気
系 CAD ファイルを開く をクリックし、ファイルを選択してから、開く をクリックします。
選択した ProStep EDMD の変更を同期するには:
1. EDMD タブで、電気系 CAD と同期
をクリックします。
電気系 CAD と同期 ダイアログ ボックスに、ProStep EDMD データと共に送信されるメッセー
ジの概要が表示されます。
2. 送信するメッセージを選択します:
71
CircuitWorks
• 大部分のメッセージを送信する場合は、変更 をクリックしてから、送信しないメッセージの
選択を解除します。
• 一部のメッセージを送信する場合は、変更 の選択を解除してから、送信するメッセージを選
択します。
3. OK をクリックします。
ProStep EDMD 変更を IDZ ファイルとしてエクスポートする
ProStep EDMD の変更を圧縮された .idz ファイルとしてエクスポートするには:
1. CircuitWorks オプション ダイアログ ボックスを表示するには、次のいずれかを実行します。
• CircuitWorks アプリケーションで CircuitWorks アプリケーション メニュー
をク
リックし、次に オプション
をクリックします。
• SolidWorks アプリケーションから、CircuitWorks > CircuitWorks オプション をク
リックします。
2. CircuitWorks オプション ダイアログ ボックスで、ProStep EDMD
をクリックします。
3. デフォルト ファイル フォーマット では、*.idz(圧縮) を選択して OK をクリックします。
CircuitWorks ツリーでの搭載部品名の指定
CircuitWorks ツリーで搭載部品にどのように名前が付けられるかを指定できます。 たとえば、電
気系 CAD 部品番号の後に 電気系 CAD 部品名が続けて表示されるように設定できます。
CircuitWorks ツリーで搭載部品ラベルを指定するには:
1. CircuitWorks オプション ダイアログ ボックスを表示するには、次のいずれかを実行します。
• SolidWorks アプリケーションで、CircuitWorks > CircuitWorks オプション をクリッ
クします。
• CircuitWorks アプリケーションで CircuitWorks アプリケーション メニュー
リックし、次に オプション
2. 一般
をク
をクリックします。
をクリックします。
3. CircuitWorks ツリー で 次を使用してツリーに搭載部品を表示 のオプションを選択します。
オプション
説明
先頭部分(First part)
電気系 CAD のパッケージ名または電気系 CAD 部品番号
の最初の部分を指定します。
区切り記号(Delimiter)
名前の最初の部分と 2 番目の部分を分割するオプション
の文字列を指定します。
72
CircuitWorks
オプション
説明
2 番目の部分(Second part)
オプションで、名前の 2 番目の部分を指定します。
4. OK をクリックします。
ProStep EDMD ファイルのサポート
ProStep EDMD 3.0 ファイルをインポートまたはエクスポートできます。
ProStep EDMD 3.0 ファイルを開くには:
1. SolidWorks で、電気系 CAD ファイルを開く (CircuitWorks ツールバー)または
CircuitWorks > CAD ファイルを開く をクリックします。
2. 電気系 CAD ファイルを開く ダイアログ ボックスから、電気系 CAD ファイルを選択して 開く
をクリックします。
3. ファイルを SolidWorks アプリケーションにインポートするには、開いている SolidWorks モ
デルを閉じ、CircuitWorks ダイアログ ボックスで モデル生成
クリックします。
をクリックしてから 生成 を
モデルが作成され、SolidWorks アプリケーションで開かれます。
4. ファイルを CircuitWorks アプリケーションにエクスポートするには、SolidWorks ソフトウェ
アから CircuitWorks へエクスポート
(CircuitWorks ツールバー) または CircuitWorks
> CircuitWorks へエクスポート をクリックします。
ユーザー インタフェース
CircuitWorks ツリーでアイテムを複数選択し、共通プロパティを表示または編集できます。
CircuitWorks のプレビュー領域を右クリックして、拡大および表示オプションにアクセスすること
もできます。
73
CircuitWorks
[拡大] および [表示] コンテキスト メニューにアクセスするには:
1. SolidWorks で、電気系 CAD ファイルを開く (CircuitWorks ツールバー)または
CircuitWorks > CAD ファイルを開く をクリックします。
2. 電気系 CAD ファイルを開く ダイアログ ボックスから、電気系 CAD ファイルを選択して 開く
をクリックします。
3. CircuitWorks アプリケーションで、プレビュー領域を右クリックします。
74
7
コンフィギュレーション
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
Toolbox 構成部品の追加プロパティ
関係式へのコンフィギュレーションの適用
状況依存ツールバーからコンフィギュレーションを選択する
Toolbox 構成部品の追加プロパティ
Toolbox 設定で部品名、規格、および仕様の 3 つの読み取り専用プロパティが使用可能であり、
AS、DIN、GB、ISO、IS、および KS などの既存の指定がある規格の [構成部品のコンフィギュ
レーション PropertyManager] に表示されます。 図面またはアセンブリ部品表でプロパティを使
用できます。
Toolbox プロパティを表示するには:
1. 部品表の列の一番上(列ヘッダーの上)をダブルクリックし、列を部品表に追加します。
ダイアログ ボックスが 列タイプ および プロパティ名 リストと共に表示されます。
2. 列タイプ リストから TOOLBOX プロパティ(TOOLBOX PROPERTY) を選択します。
3. プロパティ名 リストから、その列に表示するプロパティを選択します。
関係式へのコンフィギュレーションの適用
関係式とグローバル変数にコンフィギュレーションを適用できます。
『設定可能な関係式』を参照してください。
75
コンフィギュレーション
状況依存ツールバーからコンフィギュレーションを選択す
る
構成部品またはサブアセンブリを選択すると、状況依存ツールバーが表示されます。 複数のコン
フィギュレーションを選択する場合は、このコンフィギュレーションを状況依存ツールバーから変
更できます。
アセンブリで構成部品のコンフィギュレーションを変更するには:
1. 構成部品またはサブアセンブリをクリックします。
2. 状況依存ツールバーで、先頭のリストからコンフィギュレーションを選択します。
3.
をクリックします。
76
8
SolidWorks Composer
SolidWorks® Composer™ ソフトウェアでは、製品コミュニケーションとテクニカル イラストレーショ
ンのための 2D および 3D グラフィック コンテンツを効率的に作成できます。
以下の製品を利用できます:
•
•
•
•
•
•
•
SolidWorks
SolidWorks
SolidWorks
SolidWorks
SolidWorks
SolidWorks
SolidWorks
Composer
Composer
Composer
Composer
Composer
Composer
Composer
Check
Path Planning
Player
Player Pro
Sync
Enterprise Sync
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
アノテート アイテムを自動的に非表示
Composer API
座標ラベル
注釈テキストの折り返し
アノテート アイテムを自動的に非表示
アンカーが現在のシーンで非表示となっている場合に、アノテート アイテムを自動的に非表示にで
きます。
プロパティ ダイアログ ボックスの 自動で非表示 で、適切なオプションを設定します。
オプション
説明
無効
自動で非表示 を無効にします。
標準
オブジェクト(アノテート アイテムによってリ
ンクされているオブジェクトを含む)によってア
ノテート アイテムのアンカーが非表示にされて
いる場合は、自動で非表示(Auto hide)を有効
にします。
77
SolidWorks Composer
オプション
説明
詳細
リンクされたオブジェクト以外のオブジェクトに
よってアノテート アイテムのアンカーが非表示
にされている場合は、自動で非表示(Auto
hide)を有効にします。
アノテート アイテムの数がシステムのパ
フォーマンスに影響を与える場合があります。
Composer API
いくつかの新しい API が SolidWorks Composer API に追加されています。
API
説明
CreateView()
カメラの位置のみをキャプチャするユーザー定義
ビューを作成します。
CreateCameraView()
ビューポート状態全体をキャプチャするビューを
作成します。
DeleteView()
指定したビューを削除します。
UpdateView()
指定したビューを更新します。
座標ラベル
座標には、アクターのプロパティでラベルのテキストをカスタマイズするプロパティがあります。
プロパティ ダイアログ ボックスの テキスト 下で、テキスト プロパティを使用して、座標ラベルの
テキストとして表示されるプロパティまたはメタプロパティを指定します。 親(レベル) プロパ
ティを使用して、座標ラベルのテキストとして テキスト 値が表示されるアクターを指定します。
これらのプロパティにより、単純な情報を表示するために複数のラベルを作成するのを回避できま
す。
78
SolidWorks Composer
注釈テキストの折り返し
注釈ラベルおよび吹き出し内でテキストを折り返すことができます。
プロパティ ダイアログ ボックスの テキスト で、折り返し を選択します。 折り返し幅 はミリメー
トル単位で指定できます。 また、テキスト ボックス内でサイズ変更アンカーをドラッグして、幅の
サイズを変更することもできます。
79
9
SolidWorks Costing
SolidWorks Professional および SolidWorks Premium で使用できます。
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ドリル穴への円形カット パスの変換
Costing オプション
Costing レポート
アクセス制限付き Costing テンプレートの作成
Costing のユーザー定義プロパティ
Costing BOM の生成
板金 Costing に破棄率を含める
機械加工部品セットアップの変更
ドリル、切削、回転オペレーションの追加
設定フォルダーの編成
モデル材料の設定
コスト見積もりの簡略化
テンプレート材料費データの更新
マルチボディ部品を使用した除去材料の定義
ボリューム フィーチャー
ドリル穴への円形カット パスの変換
機械加工テンプレートから板金部品のコスト見積もりを容易にするため、円形カット パスをドリル
穴に変換できます。
ドリル穴をカット パスに戻すこともできます。
板金部品の円形カット パスをドリル穴に変換するには:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツール
> Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルで、Costing オプション
(左上の角)をクリックします。
3. ダイアログ ボックスで、機械加工テンプレートを板金部品で使用(Use machining template
for sheet metal parts)を選択し、OK を 2 回クリックします。
80
SolidWorks Costing
4. コスト見積もりを設定するには、Costing タスクパネルでテンプレートと材料を選択します。
プレート を ストック ボディ の選択として維持します。
5. CostingManager で、カット パス フォルダを展開し、円形カット パスを右クリックして、ド
リルに変更 をクリックします。
ドリル穴をカット パスに戻すには、穴 フォルダーを展開し、穴パターンを右クリックして、
カット パスに変更 をクリックします。
Costing オプション
Costing オプション ダイアログ ボックスでは、システム レベルの Costing オプションを定義また
は上書きできます。
板金の Costing オプションを選択すると、次を行えます:
• 機械加工テンプレートから板金部品のコストを見積もる。
• ベンド、ヘム、またはライブラリ フィーチャーなど、板金フィーチャーに固定したユーザー定義
コストを適用する。
機械加工 Costing オプションを選択すると、次を行えます:
• 除去される材料をボリューム フィーチャーとして認識する。
• デフォルトの機械加工オペレーションをボリューム フィーチャーに割り当てるか、除去される材
料に単位体積あたりのコストを割り当てて、ボリューム フィーチャーのコストを計算する。
• 機械加工部品に対する切削および回転に、デフォルトの表面仕上げオペレーションを割り当てる。
• オフセット ベース仕上げ用テンプレート設定を上書きする。 仕上げ削りまたは中削りオペレー
ションに応じて、機械加工表面仕上げからのオフセット値を入力できます。
Costing オプション ダイアログ ボックスにアクセスするには、Costing タスク パネルで Costing
オプション
(左上の角)をクリックします。
機械加工テンプレートから板金部品のコストを見積もる
板金部品にプレート形状のコストを含めるために、板金部品のコスト計算に機械加工テンプレート
を使用することができます。
板金部品のコスト計算に機械加工テンプレートを使用するには:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツール
> Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルで、Costing オプション
(左上の角)をクリックします。
3. ダイアログボックスで 機械加工テンプレートを板金部品で使用(Use machining template
for sheet metal parts)を選択します。
4. その他のオプションを設定し、OK をクリックします。
Costing オプションのデフォルト設定として保存 を選択して、後で使用するために Costing
オプション ダイアログ ボックスの設定を保持できます。
81
SolidWorks Costing
Costing レポート
Costing レポート ヘッダーのカスタマイズ
Costing レポートを作成すると、Costing レポート ダイアログボックスに会社のロゴや連絡先情報
などのフォーム データを入力することができます。 見積書に顧客に関する準備中の情報も入力でき
ます。 入力項目はレポート ヘッダーに表示されます。
Costing レポートのヘッダーをカスタマイズするには:
1. Costing (ツール ツールバー、または CommandManager の評価タブ)または ツール >
Costing をクリックし、部品のコストを計算します。
2. Costing タスク パネルの下部で、レポート作成 (Generate Report)
をクリックします。
3. レポート オプション ダイアログ ボックスで、企業情報 を展開し、オプションを選択してデー
タを入力します。
オプション
説明
会社名
会社名を指定します。
住所
会社の住所を指定します。
URL
会社の Web サイトを指定します。
ロゴ
タイプが .jpg、.gif、.png、または .tif のファイルをレポート
ヘッダーにアップロードします。
最大 300 x 150 ピクセルまでのサイズのイメージをアップロード
できます。
レポート フォームには、自分の名前と連絡先情報も入力できます。
4. 見積書情報 を展開してオプションを選択し、データを入力します。
•
•
•
•
•
•
見積書番号
見積書番号のリクエスト
お客様の会社名
お客様の連絡先名
お客様の連絡先情報
見積書の作成者
5. 作成されたレポートを表示するには、作成時にレポートを表示 を選択します。
6. 作成 をクリックします。
レポートが表示されます。
7. レポートを閉じてください。
82
SolidWorks Costing
Costing レポートを Microsoft Excel ファイルとしてエクスポート
する
Costing レポートは、.docx または .xlsx ファイルとしてエクスポートできます。
Costing レポートを Microsoft の .xlsx ファイルとしてエクスポートするには:
1. Costing タスク パネルの下部で、レポート作成 (Generate Report)
をクリックします。
2. ダイアログボックスの ファイル タイプ で .xslx を選択します。
3. 作成時にレポートを表示 を選択します。
4. その他のオプションを設定し、作成 をクリックします。
レポートが Microsoft Excel 形式で表示されます。
5. レポートを閉じてください。
Microsoft Word レポートを生成するには、ファイル タイプ に ファイル タイプ を選択します。
アクセス制限付き Costing テンプレートの作成
他のユーザーと共有する、アクセス制限付き Costing テンプレートを作成することができます。
Costing タスク パネルでアクセス制限付きテンプレートを選択できますが、Costing テンプレート
エディタ アプリケーションでテンプレートの表示または編集はできません。
部品のアクセス制限付き Costing テンプレートを作成するには:
1. Costing テンプレートを開くには、次のいずれかを実行します:
• Windows の スタート メニューから すべてのプログラム > SolidWorks バージョン >
SolidWorks ツール > Costing テンプレート エディタ バージョン を選択します。
• 部品を開いて、次の手順を実行します:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または
ツール > Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルで、保存するテンプレートを選択し、テンプレート エディタの起
動 をクリックします。
2. Costing テンプレート エディタ アプリケーションで、開いているテンプレートで 保存
>
制限付きアクセス コピーとして保存する(Save As Limited Access Copy) をクリック
します。
保存
ではなく 指定保存
をクリックすることが必要な場合があります。
3. 指定保存 ダイアログ ボックスで、ファイル名 の名前を入力し、保存 をクリックします。
テンプレートが保護付き .zip ファイルとして保存されます。
4. Costing テンプレート エディタ アプリケーションを閉じます。
83
SolidWorks Costing
Costing のユーザー定義プロパティ
コスト固有のユーザー定義プロパティを SolidWorks ドキュメントに割り当てることができます。
[コスト] - [材料名]
部品のコスト計算で使用される材料のタイプを指定しま
す。
[コスト] - [ストック タイプ]
部品のコスト計算に使用されるストックのタイプを指定し
ます。
[コスト] - [テンプレート名]
部品コストの推定に使用されるテンプレートの名前を指定
します。
[コスト] - [材料費]
使用される材料の算出されたコストを指定します。
[コスト] - [製造コスト]
算出された製造コストを指定します。
[コスト] - [コスト計算の時刻]
最後にコストを計算した時刻を指定します。
[コスト] - [ストック サイズ]
部品の製造に使用されるストックのサイズを指定します。
[コスト] - [コスト合計]
算出された部品のコストを指定します。
詳細は SolidWorks ヘルプ を参照してください: ファイル プロパティへの Costing 情報の追加。
Costing BOM の生成
構成部品のコストを表示するアセンブリまたは図面 BOM を生成することができます。
Costing BOM を生成するには:
1. 挿入 > テーブル > 部品表 をクリックします。
2. Costing BOM テンプレート bom-costing.sldbomtbt を選択します。
3. 他のオプションを選択し、
をクリックします。
板金 Costing に破棄率を含める
板金部品のコストに破棄材料を含めるために、破棄部品の割合を指定することができます。
板金部品の一部を破棄として指定するには:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツール
> Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルの ブランク サイズ で、破棄率 のパーセント値を入力します。
破棄率 に入力した値により、コスト領域 選択で定義した材料の一部が破棄材料として指定され
ます。
84
SolidWorks Costing
機械加工部品セットアップの変更
機械加工テンプレートの マシン タブで、機械加工部品の設定時間を指定できます。
マシンごとに、次を指定できます:
取り付け/取り外し時間
設定オペレーションごとに、マシンに部品を取り付けた後、それ
を取り外すために要する時間を指定します。
オペレーションのセットアップ 固定具の設定と、その他の機械加工プロセスの設定オペレーショ
時間
ンに要する時間を指定します。
流通設定
オペレーションのセットアップ時間を Costing に適用するための
オプションを指定します。
機械加工部品のセットアップ パラメータを変更するには:
1. Costing 機械加工テンプレートを開くには、次のいずれかを行います:
• Windows の スタート メニューから すべてのプログラム > SolidWorks バージョン >
SolidWorks ツール > Costing テンプレート エディタ バージョン を選択します。
• 部品を開いて、次の手順を実行します:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または
ツール > Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルで、テンプレートを選択し、テンプレート エディタの起動 をク
リックします。
2. 機械加工テンプレートが開いていない場合、Costing テンプレート エディタ アプリケーショ
ンで 開く
をクリックし、機械加工テンプレートを選択して 開く をクリックします。
3. マシン タブを選択し、マシンごとに該当する列にデータを入力します。
切断オペレーションのセットアップ オペレーション パラメータを設定するには、オペレー
ションで 切削 (プレート ストック) (Cut (Plate Stock)) を選択します。
4. テンプレートを保存してアプリケーションを閉じます。
ドリル、切削、回転オペレーションの追加
機械加工テンプレートで、切削、ドリル、または回転ツールにコメントを追加できます。
機械加工テンプレートにコメントを追加するには:
1. Costing 機械加工テンプレートを開くには、次のいずれかを行います:
• Windows の スタート メニューから すべてのプログラム > SolidWorks バージョン >
SolidWorks ツール > Costing テンプレート エディタ バージョン を選択します。
• 部品を開いて、次の手順を実行します:
85
SolidWorks Costing
1. Costing
([ツール] ツールバー、あるいは CommandManager の [評価] タブ)
またはツール > Costingをクリックします。
2. Costing タスク パネルでテンプレートを選択し、テンプレート エディタの起動をクリッ
クします。
2. 機械加工テンプレートが開いていない場合は、Costing テンプレート エディタ アプリケーショ
ンで開く
をクリックして機械加工テンプレートを選択し、開くをクリックします。
3. ドリル(Drill)、切削(Mill)、または回転(Turn)タブを選択し、コメント(Comments)
列にコメントを入力します。
4. テンプレートを保存してアプリケーションを閉じます。
設定フォルダーの編成
CostingManagerCostingManager設定 フォルダは、オペレーション設定、タスク パネル、およ
び部品の取り付けまたは取り外しの設定コストが表示されるように再編成されました。
オペレーション設定(Operation Setup)には、固定、設定、およびプログラミングが含まれます。
ユーザー定義設定 には、塗装、アルマイト処理、または他のユーザー定義プロパティが含まれま
す。
設定のロードとアンロード(Load and Unload Setup)には、固定具への部品の取り付けと取り外
しが含まれます。
モデル材料の設定
Costing タスク パネルで選択した材料から、部品のモデル材料を設定できます。
Costing タスク パネルの選択項目から部品の材料を設定するには:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツール
> Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルの 材料 で、クラス と 名前 の値を選択します。
3. 材料の選択内容をモデル材料として設定するには、材料設定 をクリックします。
選択したテンプレートにリストされている材料に部品材料が含まれている場合、部品材料の
設定は Costing タスク パネルで自動的に選択されます。
86
SolidWorks Costing
コスト見積もりの簡略化
材料の選択についてのみ選択したテンプレートを使用して、機械加工された部品のコストを見積も
ることができます。
コスト見積もりを簡略化するには、Costing オプション ダイアログ ボックスで次の機械加工オプ
ションを選択し、除去される材料のコストを計算します:
ユーザー定義可能なボリューム フィー 機械部品から除去される材料に適用されると、ボリューム
チャー認識を使用
フィーチャーによって除去される材料の量が決定されるよ
うに指定されます。
除去される単位体積あたりのコスト
(Cost per volume removed)
ツール サイズおよび除去率に基づいてコストを計算する
のではなく、除去される材料の単位体積あたりの固定コス
トを割り当てることができます。
テンプレート設定をオフセット基準の仕
上げ削りのために上書き(Override
template settings for
offset-based finishing)
テンプレート データではなく、オフセット距離の値に基
づいて、中削りと仕上げ削りの単位体積あたりのコストを
計算します。 オフセット距離の値は、機械加工表面仕上
げからのオペレーション オフセット距離です。
部品に対する簡略化されたコスト見積もりのオプションを設定するには:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツール
> Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルで、Costing オプション
(左上の角)をクリックします。
3. ダイアログボックスの 機械加工オプション(Machining Options)で次を選択します:
a) 除去材料プロセス で ユーザー定義可能なボリューム フィーチャー認識として を選択しま
す。
b) ボリューム フィーチャーの計算 で、除去される単位体積あたりのコスト を選択し、中削
り、仕上げ削り、および 荒削り のコスト値を入力します。
c) 切削または回転オペレーションの表面仕上げ で、テンプレート設定をオフセット基準の仕上
げ削りのために上書き を選択し、仕上げ削り と 中削り の値を入力します。
4. その他のオプションを設定し、OK を 2 回クリックします。
テンプレート材料費データの更新
機械加工テンプレート材料プロパティ データを .xlsx ファイルにエクスポートして、表の中でコ
スト データを変更することができます。 材料費データを .xlsx ファイルを Costing 機械加工テ
ンプレートにアップロードできます。
Costing 機械加工テンプレートで材料費データを更新するには:
1. Costing 機械加工テンプレートを開くには、次のいずれかを行います:
• Windows の スタート メニューから すべてのプログラム > SolidWorks バージョン >
SolidWorks ツール > Costing テンプレート エディタ バージョン を選択します。
• 部品を開いて、次の手順を実行します:
87
SolidWorks Costing
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または
ツール > Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルで、テンプレートを選択し、テンプレート エディタの起動 をク
リックします。
2. 機械加工テンプレートが開いていない場合、Costing テンプレート エディタ アプリケーショ
ンで 開く
をクリックし、機械加工テンプレートを選択して 開く をクリックします。
3. ストック材料 を選択して エクスポート をクリックします。
4. 材料プロパティ データを .xlsx ファイルとして保存する場合は、名前を入力して 保存 をク
リックします。
ファイルが Microsoft Excel で開かれ、コスト データを変更することができます。
表には行や列を追加できません。
5. 更新された材料費データをインポートするには:
a) 機械加工テンプレートで、ストック材料 を選択して 更新 をクリックします。
b) 編集した .xlsx ファイルを選択し、開く をクリックします。
テンプレートの コスト 列に更新されたコストがハイライトされます。
6. テンプレートを保存してアプリケーションを閉じます。
マルチボディ部品を使用した除去材料の定義
マルチボディ部品を使用して、部品内で除去される材料を定義できます。
除去される材料を定義するオペレーション コストをボディに割り当てることができます。 または、
除去される体積ごとにコストを割り当てることができます。 たとえば、ボディにオペレーション コ
ストを割り当てることで、鋳造部品に要する製造処理後のコストを計算できます。
オペレーション コスト、または除去される単位体積あたりのコストをマルチボディ部品に割り当て
るには:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツール
> Costing をクリックします。
デフォルトのマルチボディ テンプレートが、Costing タスク パネルで選択されています。 デ
フォルトの板金テンプレートと機械加工テンプレートは、ボディのタイプに応じて有効になり
ます。
2. 次のようにして、ユーザー定義操作をボディに割り当てます:
a) ボディ リスト で、ユーザー定義操作を割り当てるボディを選択します。
b) ボディのタイプ には、ユーザー定義/除去された材料 を選択します。
c) 作業のオプション で、ユーザー定義操作 を選択し、ドリル、回転、または切削オペレーショ
ンを選択します。
選択した機械加工テンプレートによって、ドリル、回転、または切削のコストが割り当てら
れます。
88
SolidWorks Costing
3. 単位体積あたりのコストをボディに適用します。
a) ボディ リスト で、単位体積あたりのユーザー定義コストを割り当てるボディを選択します。
b) ボディのタイプ には、ユーザー定義/除去された材料 を選択します。
c) 作業のオプション で、単位体積あたりのユーザー定義コスト を選択して値を入力します。
マルチボディ部品内のボディ セットごとに、単位体積あたりの異なるコストを割り当て
ることができます。
4. すべてのボディに対して Costing の設定が完了したら、コスト見積もりを開始または更新でき
ます。
鋳造部品の機械加工後のコストを見積もる
鋳造部品の加工が完了すると、ドリルや切削などの機械加工後のオペレーションに関連付けられて
いるコストがかかることがあります。 この例では、鋳造部品を開き、除去材料を定義して、鋳造部
品から材料を除去するコストを見積もります。
鋳造ストック部品
除去材料
89
SolidWorks Costing
完成成形品
完成成形品のコストを見積もるには、次の 2 つの部品のコスト見積を結合することができます:
• 鋳造アルミニウム ストック部品
• 機械加工後のオペレーション中に、鋳造部品から除去される材料
この例では、鋳造部品から材料を除去するコストを見積もります。
鋳造部品が完成すると材料が除去されるため、鋳造部品から材料を除去するコスト見積もり、除去
の切削オペレーションまたはドリル オペレーションを割り当てるか、除去される材料のボリューム
ごとにコストを割り当てることによって、鋳造部品を完成するコストを見積もることができます。
どちらの方法を使用しても、鋳造部品から除去される材料を示すマルチボディ部品を最初に定義し
ます。
部品を開く
最初に、2 つの部品 (完成した鋳造部品と、鋳造ストックを示す部品)を開きます。
1. install_dir\samples\whatsnew\costing\cast_part_volume_removed\
CAST_CYLINDER.SLDPRT を開きます。
これは、ドリルと切削の仕上げオペレーションを使用した完成鋳造部品です。
2. 部品を my_cast_cylinder.sldprt という名前で保存します。
90
SolidWorks Costing
3. 鋳造部品のストック ボディを示すために使用される部品を表示するには、install_dir\
samples\whatsnew\costing\cast_part_volume_removed\
CAST_CYLINDER_STOCK.SLDPRT を開きます。
これは、ドリル穴と切削部分を抑制した鋳造部品です。
4. install_dir\samples\whatsnew\costing\cast_part_volume_removed\
CAST_CYLINDER_STOCK.SLDPRT を閉じます。
除去材料の定義
設定コストとは別に、仕上げオペレーション中に除去される材料のコストにより仕上げオペレーショ
ンのコストが決まります。 次に、機械加工後のオペレーション中に除去される材料のマルチボディ
部品を定義します。
除去材料のマルチボディ部品を定義する 1 つの方法として、完成成形品から鋳造部品のストック ボ
ディを取り除く方法があります。 機械加工後のオペレーション中に除去される材料のボリュームが
残ります。
1. my_cast_cylinder.sldprt の ConfigurationManager
から、デフォルトの [
my_cast_cylinder ] を右クリックして 参照コンフィギュレーション追加 をクリックしま
す。
2. PropertyManager の コンフィギュレーション名 に、Costing Example と入力して
クリックします。
3. ストック部品を完成成形品に追加するには:
a) 挿入 > 部品 をクリックします。
b) install_dir\samples\whatsnew\costing\cast_part_volume_removed\
CAST_CYLINDER_STOCK.SLDPRT を選択して 開く をクリックします。
91
を
SolidWorks Costing
4. ストック部品を完成成形品にドラッグし、これらが一致した場合にボディをクリックします。
92
SolidWorks Costing
5. 挿入 > フィーチャー > 組み合わせ をクリックします。
6. PropertyManager の 操作のタイプ で、除去 を選択します。
7. 2 つのボディを除去し、除去材料のボリュームの部品を定義します。
a) FeatureManagerデザイン ツリーで ソリッド ボディ (2) を展開します。
b) メイン ボディ には、<CAST_CYLINDER_STOCK> を選択します。
c) 除去するボディ で フランジ穴 を選択し、
をクリックします。
d) 保持するボディ ダイアログ ボックスで、すべてのボディ を選択し、OK をクリックしま
す。
93
SolidWorks Costing
除去された材料費の計算
次に、除去された材料のコストを計算します。
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツール
> Costing をクリックします。
Costing タスク パネルで、ソフトウェアは板金テンプレートと機械加工テンプレートの両方を
参照するデフォルトのマルチボディ テンプレートを選択します。
2. 固定コストをボルト形ボディに次のように適用します:
a) Costing タスク パネルの ボディ リスト で、Combine1[2] などのボディを選択します。
ボディの設定方法により、選択内容は異なる場合があります。
b) ボディのタイプ には、ユーザー定義/除去された材料 を選択します。
c) オペレーションオプション で、ユーザー定義コスト を選択し、2.00 と入力します。
3. ユーザー定義のドリル オペレーションを一番大きなボディに割り当てます。
a) ボディ リスト で、Combine1[1] などの別のボディを選択します。
b) ボディのタイプ には、ユーザー定義/除去された材料 を選択します。
c) オペレーションオプション で、ユーザー定義操作 を選択し、HSS ドリル を選択します。
d) 材料 で、材料 には アルミ合金 を選択します。
ソフトウェアは、機械加工テンプレートから、材料のオペレーション コストを算出します。
94
SolidWorks Costing
4. 残りのボディに、除去される単位体積あたりのコストを適用します:
a) ボディ リスト で残りすべてのボディを選択します。
b) ボディのタイプ には、ユーザー定義/除去された材料 を選択します。
c) オペレーションオプション で、単位体積あたりのユーザー定義コスト を選択し、1.50 と
入力します。
5. コスト見積りの開始 をクリックします。
部品を完成させるための材料除去の見積もりコストが表示されます。
ボディ コストの変更
次に、設定を変更し、マルチボディ部品コストの見積もりを更新します。
1. CostingManager で ユーザー定義ボディ を展開します。
2. Combine1[3] ボディの削除のユーザー定義コストを変更するには、Combine1[3] を右ク
リックし、コスト優先を適用 をクリックします。
3. ユーザー定義コストに 0.11 と入力します。
コストをダブルクリックして、CostingManager でコストを変更することもできます。
ソフトウェアによりコスト見積もりが更新されます。
4. ボディ コストを変更するには、CostingManager で、Combine1[1] を右クリックして ボ
ディ設定の変更(Change Body Settings) をクリックします。
5. Costing タスク パネルの オペレーションオプション で、単位体積あたりのユーザー定義コス
ト を選択して 2.50 と入力します。
6. コスト見積りの開始をクリックします。
ソフトウェアによりコスト見積もりが更新されます。
7. すべての部品を保存せずに閉じます。
95
SolidWorks Costing
ボリューム フィーチャー
ボリューム フィーチャーへの機械加工オペレーションの割り当て
ストック ボディから作成する部品のコストを評価するには、機械加工オペレーションをボリューム
フィーチャーに割り当てることができます。
ボリューム フィーチャーを持つオープン パーツに機械加工オペレーションを割り当てるには:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツール
> Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルで、テンプレート、材料、およびストック ボディを選択します。
ソフトウェアによって、部品のコストが見積もられます。
3. 次のようにして、CostingManager で、ボリューム フィーチャーを含む機械加工オペレーショ
ン フォルダを展開します: 切削オペレーション、穴あけオペレーション、または旋削加工。
4. 機械加工オペレーションのタイプを変更するには、ボリューム フィーチャーを右クリックし、
コマンドをクリックして別のオペレーション タイプに変換します:
オプション
説明
ドリルに変換(Convert to Drill) 切削オペレーションまたは回転オペレーションがドリル
オペレーションに変換されます。
回転に変換(Convert to Turn) 切削またはドリル オペレーションが回転オペレーション
に変換されます。
切削に変換(Convert to Mill)
回転またはドリル オペレーションが切削オペレーション
に変換されます。
たとえば、ボリューム フィーチャーが 切削オペレーション の下に表示されている場合、ボ
リューム フィーチャーを右クリックして、ドリルに変換(Convert to Drill)または 回転に変
換(Convert to Turn)をクリックします。
5. ツール オペレーションのタイプを変更するには、ボリューム フィーチャーを右クリックし、プ
ロセス > ツールをクリックして、別のタイプのツール オペレーションを選択します。
たとえば、フラット エンド切削ボリューム フィーチャーの場合、ボリューム フィーチャーを
右クリックしてから、プロセス中 > ツール > ボール エンド ミル をクリックします。
スロット フィーチャーのボリューム スロット フィーチャーへの変換
ボリューム スロット フィーチャーは、標準スロット フィーチャーから作成されるボリューム フィー
チャーです。 標準スロットをボリューム スロットに変換することも、ボリューム スロットを標準
スロットに戻すこともできます。
標準スロット フィーチャーをボリューム スロットに変換することで、ユーザー定義のボリューム
フィーチャー オプションを使用して、コスト見積もりを改善できます。
96
SolidWorks Costing
部品のスロット フィーチャーを Costing のボリューム フィーチャーに変換するには:
1. Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツール
> Costing をクリックします。
2. Costing タスク パネルで、テンプレート、材料、およびストック ボディを選択します。
ソフトウェアによって、部品のコストが見積もられます。
3. CostingManager で、切削オペレーション を展開します。
アプリケーションによって既存のスロット フィーチャーが識別されます。
4. スロット フィーチャーを右クリックし、ボリューム スロットに変換(Convert to Volume
Slot)をクリックします。
コストが更新されます。
ボリューム スロット フィーチャーをスロットに戻すには、CostingManager でボリューム
スロット フィーチャーを右クリックし、標準スロットに戻す(Revert to Standard Slot)
クリックします。
部品としてのボリューム フィーチャーの保存
ボリューム フィーチャーは部品内で除去される材料を表します。
一部の部品については、除去される材料のコストを判別するために、ボリューム フィーチャーの
セットをマルチボディ部品に変換する必要があります。 ボリューム フィーチャーをマルチボディ部
品として処理するには、その前にボリューム フィーチャーを部品として保存する必要があります。
ボリューム フィーチャーを部品として保存するには:
1. 次のようにして、機械加工部品のコストを見積もります。
a) Costing (ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ)または ツー
ル > Costing をクリックします。
b) Costing タスク パネルで、テンプレート、材料、およびストック ボディを選択します。
2. CostingManager で、フォルダを展開してボリューム フィーチャーを表示します。
3. ボリューム フィーチャーを右クリックし、新規部品に挿入 をクリックします。
4. ダイアログ ボックスにファイル名を入力し、保存をクリックします。
97
SolidWorks Costing
円筒形ストック ボディのボリューム フィーチャー
ソフトウェアによって、円筒形ストック ボディに複雑な機械加工オペレーションのボリューム フィー
チャーが作成されます。 ボリューム フィーチャーによるコスト見積もりを使用して、ドリル、回
転、および切削オペレーションを部品に対して行う場合のコストを判別できます。
Costing ボリューム フィーチャーの例
この例では、Costing における設定作業とボリューム フィーチャーの使用に関して学習します。
部品を開き、材料を設定する
最初に、回転部品を開き、材料プロパティを設定します。
1. install_dir\samples\whatsnew\costing\turned_part\turn_example.sldprt を
開き、部品を my_turn_example.sldprt として保存します。
2. Costing
(ツール ツールバー、あるいは CommandManager の評価タブ) または ツール
> Costing をクリックします。
3. Costing タスク パネルの 機械加工テンプレート で、デフォルトのメートル法機械加工テンプ
レートである machiningtemplate_default(metric) を選択します。
4. Costing タスク パネルの 材料 で、次の項目を選択します。
• クラス には、アルミ合金 を選択します。
• 名前 には、6061 合金 を選択します。
98
SolidWorks Costing
5. ストック ボディ で、タイプ には 円筒 を選択します。
6. 材料の選択内容をモデル材料として設定するには、材料設定 をクリックします。
7. 数量 で、次の項目を選択します。
• 部品総数 ては、80 と入力します。
• ロット サイズ ては、80 と入力します。
ソフトウェアによって、タスク パネルのコスト見積もりが更新されます。
設定オペレーションの確認とボリューム フィーチャーの作成
次に、設定オペレーション フォルダを確認し、除去材料をボリューム フィーチャーとして定義して
設定オペレーションを追加します。
1. CostingManager で、設定 フォルダを展開し、オペレーション設定(Operations Setup)
フォルダとその従属フォルダを展開します。
2. Costing タスク パネルで、Costing オプション
(左上の角) をクリックします。
3. ダイアログ ボックスで、機械加工オプション の 除去材料プロセス で ユーザー定義可能なボ
リューム フィーチャー認識を使用 (Use customizable volume feature recognition)
を選択し、OK を 2 回クリックします。
ソフトウェアで除去材料がボリューム フィーチャーとして認識されます。
4. CostingManager で、オペレーションの設定(Operations Setup)を右クリックして 設定オ
ペレーションを追加 をクリックします。
5. Volume 2 を右クリックし、新規設定オペレーション をクリックします。
Volume 2 が新しい設定フォルダに移動されます。
6. Volume 4 ~ Volume 10 を新規セットアップ フォルダにドラッグします。
7. 設定のロードとアンロード フォルダを展開して、新規オペレーション フォルダを表示します。
99
SolidWorks Costing
コスト見積もり用のテンプレートをバイパスする
次に、提供された材料情報を除き、選択されたテンプレートと異なるコスト見積もりを取得するオ
プションを選択します。
1. Costing タスク パネルで、Costing オプション
(左上の角)をクリックします。
2. ダイアログボックスの 機械加工オプション(Machining Options)でオプションを選択します:
a) ボリューム フィーチャーの計算 で 除去される単位体積あたりのコスト を選択します。
b) 次の値を入力します: 荒削り に 0.05、中削り に 0.01、仕上げ削り に 0.01 を入力しま
す。
一般的には、経験に基づいて部品コストに適した値を選択します。
c) 仕上げ処理(ミル/回転オペレーション)(Finish processing (Mill/Turn
Operations)) で、テンプレート設定をオフセット基準の仕上げ削りのために上書き を
選択し、中削り および 仕上げ削り に .01 と入力します。
仕上げ削りと中削りの値によって、仕上げ削りオペレーションと中削りオペレーションの変
位距離が定義されます。
Costing ツールを使用するたびにこれらの設定を適用するには、Costing オプションのデ
フォルト設定として保存(Set as Costing default settings)を選択します。
3. OK を 2 回クリックします。
4. CostingManager で 切削オペレーション フォルダを展開します。
5. Volume 3 を右クリックし、オペレーションを追加 > 仕上げ削り をクリックします。
ソフトウェアによりコスト見積もりが更新されます。
6. Volume 3 のテンプレート計算に戻すには、Volume 3 を右クリックしてクリックし、プロセ
ス > ツール > フラット エンド ミル をクリックします。
ソフトウェアによりコスト見積もりが更新され、機械加工テンプレートに基づいて Volume 3
の切削コストが評価されます。
機械加工オペレーションの変更
次に、選択したボリューム フィーチャーで機械加工オペレーションを変更します。
1. HSS ドリル オペレーションにより Volume 2 での材料の除去を計算するには、CostingManager
の 切削オペレーション フォルダで Volume 2 を右クリックして ドリルに変換(Convert
to Drill) > HSS ドリル(HSS Drilling) をクリックします。
ソフトウェアによってコスト見積もりが更新され、Volume 2 が 切削オペレーション フォル
ダから 穴あけオペレーション フォルダに移動します。
2. OD 旋削オペレーションにより Volume 3 での材料の除去を計算するには、切削オペレーショ
ン フォルダで Volume 3 を右クリックして 旋削に変換(Convert to Turn) > OD 旋削
をクリックします。
100
SolidWorks Costing
ソフトウェアによってコスト見積もりが更新され、Volume 3 が 切削オペレーション フォル
ダから 旋削オペレーション フォルダに移動します。
3. 変更を保存せずにドキュメントを閉じます。
101
10
図面および詳細設定
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
バルーン
部品表(BOM)
寸法
図面ビュー
その他のアノテート アイテム
シート フォーマット
テーブルを行で上下に自動分割する
バルーン
追加のマグネット ライン ソフト スナップ
各 15 度にあるソフト スナップにより、マグネット ラインの角度の配置または変更を容易にできま
す。
モデルの頂点に添付されたバルーン矢印
バルーンを選択し、モデルの頂点に添付されたバルーンの矢印のヒントを選択してドラッグすると、
図面ビューではなく、矢印が移動します。
引出線
数量が指定された場合に、バルーンの引出線が常にバルーンに添付されるように設定できます。
バルーンの引出線が常にバルーンに添付されるように設定するには:
バルーン PropertyManager で、詳細設定プロパティ をクリックして、常にバルーンに添付
を
選択します。 バルーンの引き出し線が数量の周囲でブレークするように設定するには、周囲でブ
レーク
を選択します。
102
図面および詳細設定
バルーン上の数量の配置
バルーン PropertyManager で、バルーンの枠とその数量の間の 距離 を制御できます。
再添付可能なバルーン
バルーン(スタック内の拘束先が不明なバルーンを含む)を再添付し、同じ図面ビュー内の構成部
品に関連付けることができます。
バルーンを再添付するには:
1. バルーンを右クリックし、再添付をクリックします。
2. 同じ図面ビュー内の構成部品をクリックしてバルーンを添付します。
スタック内のバルーンに新しい選択の情報が表示されます。 引出線付きのバルーンは自動的に新し
い選択を示します。
部品表(BOM)
BOM での追加プロパティの表示
BOM で部品名、仕様、および規格を表示できます。
『Toolbox 構成部品の追加プロパティ』を参照してください。
BOM の並べ替え設定の保存
ソート ダイアログ ボックスの 現在の並び替え順序を保存 オプションを使用して、BOM テーブル
の並べ替え設定を保存できます。
並び替え設定は BOM に保存されるため、毎回並び替え設定を再度選択することなく、保存された
並び替え設定を再適用できます。 保存された並び替え設定は、BOM テンプレートに保存すること
もできます。これにより、同じテンプレートを使用するすべての図面にわたって並び替え順序を伝
播することができます。
並び替え設定を BOM プロパティとして保存する
並び替え設定を保存するには:
1. アセンブリまたは図面の BOM テーブルを右クリックします。
2. テーブルの並び替え条件を設定します。
たとえば、テーブルの列を右クリックし、並び替え をクリックします。
3. 並び替え順序 で、現在の並び替え順序を保存 をクリックします。
4. OK をクリックします。
現在の並び替え順序は、BOM プロパティとして保存されます。
103
図面および詳細設定
並び替え設定をテンプレートに保存する
並び替え設定をテンプレートに保存するには:
1. テーブルを右クリックして 指定保存 をクリックします。
2. テンプレートを保存する場所に移動します。
3. ファイル名 を入力し、ファイルの種類 で、テンプレート (*.sldbomtbt) を選択します。
4. 保存 をクリックします。
保存された並び替え設定を使用して BOM を作成する
BOM の作成時に保存された並び替え設定を使用するには:
1. 図面またはアセンブリで、挿入 > テーブル > 部品表 をクリックします。
2. 図面ビューを選択します。
3. テーブル テンプレート について、並び替え設定を保存したテンプレートを選択します。
4. 部品表 PropertyManager を完了し、
をクリックします。
5. 図面をクリックして BOM を配置します。
6. BOM テーブル内を右クリックし、並び替え > 保存された並び替え順序の適用(Apply Saved
Sort Scheme) を選択します。
保存された並び替え順序の変更
保存された並び替え順序が存在する場合に並び替え順序を変更するには:
1. BOM テーブルを右クリックします。
2. 並び替え > ユーザー定義の並び替え(Custom Sort) をクリックします。
3. 並び替え ダイアログ ボックスで、新しい設定を選択します。
4. 次のいずれかを実行します:
• 前回保存された設定を変更した設定に置き換えるには、現在の並び替え順序を保存(Save
current sort settings) が選択されたままにします。
• 保存された並び替え順序を BOM から削除するには、現在の並び替え順序を保存(Save
current sort settings) をクリアします。
寸法
ソフト スナップでの角度寸法の整列
ドキュメント プロパティ で指定されたオフセットに一致するソフト スナップで、角度寸法を整列
できます。 また、角度寸法をドラッグして、ソフト スナップを使用して隣接する寸法に整列できま
す。
オフセット距離を指定するには、ツール > オプション > ドキュメント プロパティ > 寸法 をクリッ
クします。
104
図面および詳細設定
累進角度寸法
累進角度寸法は、図面またはスケッチのゼロ度の寸法から測定された寸法のセットです。
累進角度寸法は、ISO-129-1: 2004 規格を満たすように設計されていますが、追加のスタイル オ
プションが用意されています。
円弧または円のモデルで累進角度寸法を使用します。 この例では、フランジの累進角度寸法を作成
および変更します。
累進角度寸法の作成
図面またはスケッチで円弧または円の累進角度寸法を作成できます。
この例では、図面で累進角度寸法を作成します。
角度累進寸法を作成するには:
1. install_dir\samples\whatsnew\drawings\angular_running_dimension\
flange.slddrw を開きます。
フランジが表示されます。
105
図面および詳細設定
2. フランジを my_flange.slddrw として保存します。
3. install_dir\samples\whatsnew\drawings\angular_running_dimension\
flange.slddrw を閉じます。
4. 角度累進寸法
クします。
(寸法/拘束 ツールバー) または ツール > 寸法配置 > 累進角度寸法 をクリッ
5. グラフィックス領域で、全体の寸法値の基準となるフランジの中心マークを基準点として(つ
まりゼロ度の寸法値として)クリックし、寸法をモデルの外に配置するために再度クリックし
ます。
106
図面および詳細設定
6. 寸法の頂点または中心マークを選択します。 各アイテムを選択すると、ゼロ度の寸法に合わせ
て寸法が図面ビューに表示されます。
7.
をクリックし、累進角度寸法モードを終了します。
同じ累進寸法に沿った角度寸法の追加
同じ累進角度寸法に沿ってより多くの角度寸法を追加できます。
この例では、フランジにより多くの累進角度寸法を追加します。
同じ累進角度寸法に沿ってより多くの寸法を追加するには:
1. my_flange.slddrw を開きます(開いていない場合)。
2. フランジの角度累進寸法を右クリックして、累進寸法に追加する をクリックします。
107
図面および詳細設定
3. 寸法の頂点または中心マークを選択します。 各アイテムを選択すると、ゼロ度の寸法に合わせ
て寸法が図面ビューに表示されます。
4.
をクリックし、角度累進寸法モードを終了します。
累進角度寸法の変更
既存の累進角度寸法を変更できます。
この例では、フランジの累進角度寸法を変更します。
累進角度寸法を変更するには:
1. my_flange.slddrw を開きます(開いていない場合)。
2. 寸法 PropertyManager の 引出線 タブで、矢印累進寸法 が選択されていることを確認しま
す。
3. グラフィックス領域で、フランジの角度累進寸法を右クリックし、整列解除 をクリックしま
す。
4. 累進寸法チェーンをドラッグして移動します。
整列が解除された寸法を除き、チェーンのすべての累進寸法が移動します。
108
図面および詳細設定
5. フランジ の角度累進寸法を右クリックして 表示オプション をクリックし、以下からオプショ
ンを選択します。
オプション
説明
累進角度寸法 すべての累進寸法を整列します。
整列(Align
Running
Dimension)
109
図面および詳細設定
オプション
説明
ジョグ
(Jog)
寸法の引出線を折れ線として表示し、位置を変更することもできます。
累進角度寸法 自動ジョグを累進寸法に適用します。
の再ジョグ
(Re-Jog
Running
Dimension)
110
図面および詳細設定
オプション
説明
括弧で表示
選択した寸法を括弧で表示します。
検査用として 選択した寸法を検査用寸法として表示します。
表示(Show
as
Inspection)
111
図面および詳細設定
累進角度寸法の表示
既存の累進角度寸法の表示スタイルを変更できます。
この例では、フランジの累進角度寸法の表示スタイルを変更します。
累進角度寸法の表示を変更するには:
1. my_flange.slddrw を開きます(開いていない場合)。
2. グラフィックス領域で、フランジの累進角度寸法を右クリックします。 寸法 PropertyManager
の 引出線 タブで、以下のオプションを選択します。
オプション
説明
矢印累進寸法 矢印累進寸法として累進角度寸法を表示します。
(Display
as chain
dimension)
両方向に追加 すべての角度寸法が最も近い方向の基準点から実行されます。 寸法が、基準点
から 180° よりも大きくなることはありません。
112
図面および詳細設定
オプション
説明
補助線をセッ 補助線を寸法セットの中心から引きます。
トの中心から
引く
113
図面および詳細設定
オプション
ユーザー定義
テキスト位置
説明
選択した寸法のテキスト位置を変更します。 たとえば、
テキスト インラインに配置します。
をクリックして
3. ファイルを保存せずに閉じます。
寸法線要素へのスタイルの割り当て
寸法 PropertyManager を使用して、寸法引出線、寸法線、および補助線に線種を割り当てること
ができます。
寸法の仮想線の自動検出
寸法ツールで、2 つのエンティティ間で仮想線を定義し、寸法配置に仮想線を使用できます。
仮想線を検出するには:
114
図面および詳細設定
1. 寸法ツールでスケッチ エンティティまたはモデル ジオメトリを右クリックし、交点検索(Find
Intersection)をクリックします。
2. 元の選択と交差するモデル ジオメトリまたはスケッチ エンティティを選択します。
仮想線が検出され、アクティブな寸法ツールに適用されます。
3. 結果として得られる仮想線を使用して寸法を完成します。
115
図面および詳細設定
同じ円弧の 2 つの点の寸法配置
両方の四分円または中心と四分円を寸法配置する必要がある半径および穴など、両端が同じ円弧に
ある寸法を追加できます。
同じ円弧の 2 つの点を寸法配置するには:
1. スマート寸法
す。
(寸法/拘束 ツールバー)または ツール > 寸法 > スマート をクリックしま
2. Shift キーを押しながら円弧の最初の四分円を選択し、中心または 2 番目の四分円を選択しま
す。
円弧の四分円を選択して寸法配置を開始した後は、押していた Shift キーを放しても構いま
せん。
関連するジオメトリのハイライト表示
モデリングおよびアセンブリ環境で、参照寸法を選択すると、関連するモデル ジオメトリがハイラ
イト表示されます。
寸法テキストの配置
実線引出線および整列テキストがある ISO 設計規格の寸法の場合、寸法 PropertyManager を使
用して寸法線の上下にテキストを配置するか、寸法線の上下にデュアル寸法テキストを分割できま
す。
PropertyManager の寸法テキスト フィールドを使用してテキストを配置します。 テキストの分割
は、ツールオプションドキュメント プロパティ
寸法ツール > テキスト位置 > が > 実線、
整列テキスト に設定されている場合にのみ実行できます。
116
図面および詳細設定
中心線を表示するための補助線の設定
個別の補助線を設定して、中心線スタイルとして表示できます。 これにより、補助線が穴から延長
されたことを確認できます。
補助線を設定して、中心線スタイルとして表示するには:
補助線を右クリックし、補助線を中心線に設定(Set Extension Line as Centerline)をクリッ
クします。
図面ビュー
別の図面ビューへの既存のアノテート アイテムの添付
既存のアノテート アイテムの注記を現在の図面シートに割り当てることができます。 同じ図面シー
ト内で、既存のアノテート アイテムの注記を図面ビューに割り当てることができます。
アノテート アイテムの注記を図面シートまたは図面ビューに割り当てるには:
1. アノテート アイテムの注記を右クリックします。
2. 次のいずれかを行います:
オプション
説明
添付 > シートに添付(Attach to Sheet) をク
リックします。
アノテート アイテムの注記を図面シート
に割り当てます。
添付 > ビューに添付(Attach to Sheet) をク アノテート アイテムの注記を図面ビュー
リックし、アノテート アイテムの注記を添付する図 に割り当てます。
面ビューを選択します。
117
図面および詳細設定
高精度エッジを使用した図面ビューのシェイディング表示の作成
高精度エッジを使用して図面ビューのシェイディング表示を作成すると、モデルの側面付近に側面
エッジが表示されるのを防ぐことができます。 このタイプのビューは、モデルの背面と接触する壁
またはリブなどのフィーチャーを持つ、薄壁モデルに適しています。
また、図面ビューのシェイディング表示に高精度オプションを使用すると、エッジはより高品質で
出力され、エッジを非表示にすることができます。
エッジがシェイディング表示された高精度図面を作成するには:
1. install_dir\samples\whatsnew\fundamentals\ThinWallPart.SLDPRT を開きます。
2. ファイル > 部品から図面を作成 をクリックします。
a) [シート フォーマット/シート サイズ] ダイアログ ボックスで、A(ANSI)ランドスケー
プ(A (ANSI) Landscape)を選択し、OK をクリックします。
b) 読み取り専用で開く をクリックします。
c) OK をクリックします。
d) パレット表示 から、等角投影を図面にドラッグします。
3. PropertyManager の 表示スタイル で、
エッジ シェイディング表示 をクリックします。
背面に接触しているリブが前面に見えていることを確認してください。
118
図面および詳細設定
4. 高精度 をクリックします。
前面のリブが見えなくなりました。
5.
をクリックします。
断面表示アシスタントによる既存の断面表示の編集
断面表示アシスタント (以前は断面表示ユーザー インタフェース) を使用して、SolidWorks 2013
以降の断面表示アシスタントで作成された既存の断面表示にオフセットを追加できます。
断面表示アシスタントは、スケッチが直接編集されている断面図には使用できません。
断面表示アシスタントによって既存の断面表示を編集するには:
1. 既存の断面図またはそのカット線を右クリックし、カット線編集 をクリックします。
SolidWorks 2013 で作成された一部の複雑な断面図では、断面図を変更する前に挿入点を
選択する必要があります。
2. 断面図ポップアップで、オフセットをクリックします。
3.
をクリックします。
図面ビュー ラベルの拡張されたオプション
補助図および図面シート
正投影で図面シートに揃えられるように補助図および断面表示を設定できます。
図面ビューを右クリックし、図面ビュー整列 > 右回りでシートに水平(Horizontal to Sheet
Clockwise) または 左回りでシートに水平(Horizontal to Sheet Counterclockwise)をクリッ
クします。
119
図面および詳細設定
シートに揃えられる前
右回りでシートに揃えられた後
図面ビュー ラベルのタグ
タグを使用して、コンテンツを図面ビュー ラベルに追加できます。
タグを使用して図面ビュー ラベルを編集するには、注記 PropertyManager で ビュー ラベルをマ
ニュアルで指定 を選択解除し、図面ビュー ラベルを右クリックして ウィンドウでテキストを編集
をクリックします。
ラベル内のタグは、ドキュメント プロパティ から割り当てられた値を表示します。 タグを削除し
て、タグ ボタンを使用するか、独自のテキストを入力することができます。
ビュー ラベル フォント コントロール
ビュー ラベル フォント コントロールはすべてのビュー タイプに適用されます。
詳細、補助、その他、および正投影図のラベルには、断面表示と同じフォント コントロールがあり
ます。 また、フォントを個別のラベル要素に割り当てることもできます。
アノテート アイテム ビューの機能強化
画面に対して平坦なアノテート アイテム ビュー
注記領域 ビューと呼ばれるアノテート アイテム ビューは、常に画面に対して平坦です。
ASME Y14.41-2003 および他のモデル ベース定義の規格に準拠した 注記領域 アノテート アイ
テム ビューは、すべての部品とアセンブリで使用できます。 [注記領域(Notes Area)] のすべて
の内容は画面に対して平坦に表示され、互いに静的な関係になります。 モデルを回転した場合、ア
ノテート アイテム ビューのすべての要素は、互いを基準とする位置で画面に対して平坦なままにな
ります。
モデルおよびアセンブリのユーザー定義テーブル
モデルおよびアセンブリにユーザー定義テーブルを挿入できます。
ユーザー定義テーブルを挿入するには、挿入 > テーブル > ユーザー定義テーブル をクリックしま
す。
120
図面および詳細設定
アノテート アイテム ビューのテーブル
テーブルをアノテート アイテム ビューに割り当てることができます。
テーブルが、画面に対して強制的に平坦になることはありません。 テーブルの表示は、割り当てら
れるアノテート アイテム ビューによって制御されます。 注記: このリリースの前にドキュメント
で作成されたテーブルは、以前の動作を継続するために [注記領域(Notes Area)] アノテート ア
イテム ビューに自動的に配置されます。
アノテート アイテム ビューにテーブルを割り当てるには、テーブルを右クリックし、アノテート
アイテム ビューの変更 をクリックしてビューをクリックします。
更新が必要な図面ビュー
アノテート アイテムおよび寸法を更新が必要な図面ビューに追加し、これらのアノテート アイテム
および寸法を更新が必要なビュー内のモデル ジオメトリに添付できます。 また、更新が必要な図面
ビューが見にくくなることがなくなります。
この機能により、大規模で古くなった図面に小さな変更を行う場合に、かなりの時間を短縮できま
す。
図面ビューのモデルの置き換え
モデル置き換え ツールを使用して、図面が開いているときに、個別の図面ビューのファイル参照を
変更できます。
モデル置き換え ツールを使用して、部品間、アセンブリ間、および部品とアセンブリ間でファイル
参照を変更できます。 類似の寸法スキーマを必要とする変更の繰り返しや類似部品を持つ図面を作
成する場合には、このツールにより、新しいコンテキストで図面を再利用できます。
この例では、単純な板金部品とアセンブリの間でファイル参照を変更できます。
部品参照のアセンブリ参照との置き換え
ファイル参照を、部品からアセンブリに変更できます。
この例では、板金部品を図面ビューの板金アセンブリと置き換えます。 板金アセンブリが 1 つの
PEM ナットを板金部品の穴に追加することによって作成されました。
121
図面および詳細設定
板金部品
PEM ナット
板金アセンブリ
1. install_dir\samples\whatsnew\drawings\replace_model_in_view\
sheet_metal.SLDDRW を開きます。
板金部品の図面が表示されます。
2. モデル置き換え (図面ツールバー)、または ツール > モデル置き換え(Replace Model)
をクリックします。
3. PropertyManager の 選択ビュー(Selected Views)で、すべてのビュー(All Views)をク
リックします。
4. 新しいモデル で、ブラウズして install_dir\samples\whatsnew\drawings\
replace_model_in_view\sheet_metal_1_nut.SLDASM を選択して 開く をクリックしま
す。
122
図面および詳細設定
5.
をクリックします。
図面が更新され、部品に追加された 1 つのナットが表示されますが、それ以外は板金部品の図
面と同じです。
6. 図面ファイルを sheet_metal_1_nut.SLDDRW として保存します。
アセンブリ参照のアセンブリ参照との置き換え
ファイル参照を、アセンブリからアセンブリに変更できます。
この例では、板金アセンブリを図面ビューの新しい板金アセンブリと置き換えます。 新しい板金ア
センブリが 2 番目の PEM ナットを板金部品の 2 番目の穴に追加することによって作成されまし
た。
板金アセンブリ
PEM ナット
123
新しい板金アセンブリ
図面および詳細設定
1. 前のモジュールで保存した図面ファイル(sheet_metal_1_nut.SLDDRW)を開きます。
1 つの PEM ナットがある板金アセンブリの図面が表示されます。
2. モデル置き換え (図面ツールバー)、または ツール > モデル置き換え(Replace Model)
をクリックします。
3. PropertyManager の 選択ビュー(Selected Views)で、すべてのビュー(All Views)をク
リックします。
4. 新しいモデル で、ブラウズして install_dir\samples\whatsnew\drawings\
replace_model_in_view\sheet_metal.SLDASM を選択して 開く をクリックします。
5.
をクリックします。
図面が更新され、アセンブリに追加された 2 番目のナットが表示されますが、それ以外は最初
の板金アセンブリの図面と同じです。
6. 図面ファイルを sheet_metal_2_nut.SLDDRW として保存します。
124
図面および詳細設定
アセンブリ参照の部品参照との置き換え
ファイル参照を、アセンブリから部品に変更できます。
この例では、板金アセンブリを図面ビューの板金部品と置き換えます。 板金部品が板金アセンブリ
から PEM ナットを取り除くことによって作成されました。
板金アセンブリ
PEM ナット
板金部品
1. 前のモジュールで保存した図面ファイル(sheet_metal_2_nut.SLDDRW)を開きます。
2 つの PEM ナットがある板金アセンブリの図面が表示されます。
2. モデル置き換え (図面ツールバー)、または ツール > モデル置き換え(Replace Model)
をクリックします。
3. PropertyManager の 選択ビュー(Selected Views)で、すべてのビュー(All Views)をク
リックします。
125
図面および詳細設定
4. 新しいモデル で、ブラウズして install_dir\samples\whatsnew\drawings\
replace_model_in_view\sheet_metal_1.SLDPRT を選択して 開く をクリックします。
5.
をクリックします。
図面が更新され、PEM ナットが取り除かれた板金部品が表示されますが、それ以外は板金アセ
ンブリの図面と同じです。
6. 図面を保存せずに閉じます。
サーフェスの断面表示
部品の親ビューから、サーフェス ボディの断面表示を作成できます。 さらに、注記や寸法などのア
ノテート アイテムを、サーフェスの断面に適用できます。
サーフェス ボディの断面表示を作成するには:
図面ビューで、断面表示
(図面ツールバー)または 挿入 > 図面ビュー > 断面表示 をクリック
します。 PropertyManager で サーフェス ボディ表示 を選択します。 この設定は、セッションを
またいで維持されます。
126
図面および詳細設定
図面の親ビューにサーフェス ボディがある場合、過去の図面に対するサーフェス ボディの断面ビュー
を作成できます。
パレット表示によるすべてのビューの表示
パレット表示
では、図面に配置された図面ビューが表示されます。
図面に図面ビューを配置した後、そのビューがパレット表示で維持され、図面アイコンで識別でき
ます。 さらに、パレット表示には、両等角投影ビューおよび不等角投影ビューが含まれます。
その他のアノテート アイテム
中心マークを穴ウィザード スロットに追加する
中心マーク ツールを使用して、穴ウィザードを使用して作成されたスロットに中心マークを追加す
ることができます。
スケッチから作成されたスロットに対する処理と同様に、穴ウィザード スロットに中心マークを追
加する方法を制御します。
1. オプション
(標準ツールバー)または ツール > オプション をクリックします。
2. ドキュメント プロパティ タブの 設計規格 で 中心線/中心マーク をクリックします。
3. 中心マーク、スロット中心マーク、および 中心マーク レイヤー の図面ドキュメント プロパ
ティを指定します。
4. 詳細設定 をクリックし、次に ビューの作成時に自動的に挿入 で、中心マーク-スロット-部品
と 中心マーク-スロット-アセンブリ を選択します。
5. テーブル > 穴 をクリックします。
6. 使用する スキーム と 角度タグ/オフセット タグの表示 を設定し、穴の中心点表示 をクリック
します。
7. OKOK
8. 中心マーク (アノテート アイテム ツールバー)または 挿入 > アノテート アイテム > 中
心マーク をクリックします。
9. PropertyManager で、中心マークを挿入するスロットのエッジを選択します。
10. 自動挿入 で すべてのスロット を選択し、使用する オプション と スロット中心マーク を選択
します。
中心マークの位置は、穴ウィザード にスロットを定義するために使用する値によって決まりま
す。
11.
をクリックします。
127
図面および詳細設定
特定の点へのデータム ターゲットの添付
寸法および推測データム ターゲットを特定の点に添付できます。
図面環境とスケッチ環境の両方で、頂点推測を使用してデータム ターゲットを配置できます。
部品とアセンブリのスケッチ中に、参照寸法とモデル寸法を使用して、データム ターゲット ポイン
トの位置を制御できます。 これらの寸法はモデル環境で駆動され、スケッチ環境で駆動します。
128
図面および詳細設定
グラフィックス領域でデータム ターゲットを選択すると、添付先のジオメトリがハイライト表示さ
れます。
以前、この機能は図面に対してのみサポートされていました。
大文字でのアノテート アイテムの注記の表示
すべて大文字 オプションは、注記編集フィールドの大文字と小文字の設定に関わらず、図面におい
て注記テキストおよびユーザー定義プロパティ値を大文字で表示します。
注記 PropertyManager の テキスト フォーマット セクションの個別のアノテート アイテムの注記
およびバルーンのオプションを設定できます。
また、オプション ダイアログ ボックスを表示して すべて大文字 タブの 設計規格 ページで ドキュ
メント プロパティ(All uppercase)を選択することにより、現在のドキュメントのデフォルトの
動作を変更することもできます。
個々の注記とバルーンの大文字と小文字の制御
図面、モデル、アセンブリでの個々の注記とバルーンの大文字小文字の表示方法を制御するには、
注記 PropertyManager を使用します。
注記のテキストを大文字で
表示するよう設定するには: 1. 挿入 > アノテート アイテム > 注記 をクリックします。
2. テキスト フォーマット を展開し、すべて大文字 をクリックしま
す。
ドキュメント内のすべてのアルファベット テキストが大文字で表
示されます。
テキストは大文字で表示されますが、実際のテキスト値は変換
されません。 テキストの値を ウィンドウで編集 ダイアログボッ
クス、または ユーザー定義 ダイアログボックスの プロパティ
ページで編集しても、テキストはオリジナルの入力内容で表示
されます。
129
図面および詳細設定
テキストが含まれるバルー
ンを大文字で表示するよう 1. バルーン テキストをダブルクリックします。
2. 注記 PropertyManager で テキスト フォーマット を展開し、す
設定するには:
べて大文字 をクリックします。
[すべ大文字(All
注記またはバルーンを選択して Shift + F3 をクリックします。
uppercase)] 設定のオ
ン/オフを切り替えるには:
ドキュメントのデフォルトの大文字と小文字を設定する
現在のドキュメントに含まれる注記とバルーンで使用するデフォルトの大文字小文字を設定するに
は、ドキュメント プロパティ ダイアログボックスの オプション ページを使用します。
1. オプション
(標準ツールバー)または ツール > オプション をクリックします。
2. ドキュメント プロパティ タブの 設計規格 ページにある 大文字 で、すべて大文字 をクリック
します。
3. 自動的に大文字にしない文字列を指定するには、その文字列をセミコロンで区切って 除外リス
ト フィールドに入力します。
4. OK をクリックします。
GD&T フィーチャー コントロール枠への準拠
幾何公差 (GD&T)ダイアログ ボックスは、ASME Y14.5-2009 規格で指定された変更をサポー
トします。
幾何公差 ダイアログ ボックスの使用:
• 隣り合う複数の行を同じ幾何記号で組み合わせて、単一の合成枠とすることができます。
130
図面および詳細設定
• 選択したフィールドの終端に 並進 記号を挿入できます。
他の記号を追加すると、フィールド内でそれらの後に 並進
記号が表示されます。
JIS 溶接記号
他に 6 個の JIS 溶接記号を GTOL.SYM で使用でき、記号のライブラリ ダイアログ ボックスの 記
号のライブラリ ページに表示されます。
エッジ溶接
キーホール溶接
スカーフ継手
(Scarf)
スタッド溶接
(Stud)
裏波溶接
裏当て
溶接記号の JIS 設計規格を使用する場合、以下の記号に対して 2 番目のフィレット オプションを
使用できます。
•
•
•
•
レ形(Single Bevel Butt)
J 形(Single J butt)
ルート付レ形(Single Bevel Butt with Root)
I 形(Square butt)
その効果は、ISO バージョンの レ形(Bevel Butt Single)記号と同じです。
131
図面および詳細設定
スロットの寸法テキスト
穴寸法テキスト ツールを使用して、穴ウィザード スロットの寸法テキストを作成できます。
寸法テキスト フォーマット定義ファイル(install_dir\SolidWorks Corp\SolidWorks\lang\
language\calloutformat.txt)は、各スロット組み合わせに対する新しい寸法テキストを含め
るために変更されました。 新しいセクションが皿穴、プレーン、および座ぐり穴スロットに追加さ
れています。
スロットの寸法テキストは各規格の最後にあるため、それらを変更する場合、またはそれらをすで
に変更されている calloutformat.txt ファイルと組み合わせる場合は、容易に見つけることが
できます。
スロットの円弧セクションに沿って任意の場所で寸法テキスト引出線を再び取り付けることができ
ます。 引出線は、常に円弧の中心を指します。 円弧/直径引出線のスナップ角度 を使用して角度を
制御できます。 ツール > オプション > ドキュメント プロパティ > 寸法 をクリックして、このオ
プションにアクセスします。
寸法テキストには、図面に指定されたすべてのスロット関連の寸法、およびスロットが貫通または
ブラインドの場合は THRU-ALL ノートまたは深さ記号値が表示されます。
スロットの長さは、座ぐり穴または皿穴の正接ではなく、スロットのメイン部分の正接間の長さ
によって決まります。
[記号ライブラリ] ダイアログ ボックス
記号ライブラリ ダイアログ ボックスが再編成され、より使いやすくなりました。 ダイアログ ボッ
クス内の記号は、タイプごとに分類されています。 複数の記号を選択できます。また、Windows
Character Map を使用して追加記号を選択し、組み込むことができます。
記号ライブラリ を使用して次のものに記号を追加できます:
•
•
•
•
•
寸法テキスト
溶接記号
幾何公差(Geometric tolerances)
データム記号
アノテート アイテム注記(Annotation notes)
132
図面および詳細設定
記号ライブラリ を使用して寸法テキストに記号を挿入するには:
1. 図面寸法をクリックして、寸法 PropertyManager を開きます。
2. 値 タブの 寸法テキスト セクションの下部で、詳細 をクリックします。
記号ライブラリ ダイアログ ボックスが表示されます。 左側の カテゴリ リストの上部セクショ
ンに、右側に表示されている記号を含むカテゴリが示されます。
3. ダイアログ ボックスの上部にある
をクリックすると、開いたままで固定されます。
アノテート アイテムの注記プレビューがアクティブな状態で 記号ライブラリ ダイアログ
ボックスを起動した場合、または 溶接記号 ダイアログ ボックスから起動した場合は、この
ダイアログ ボックスを固定できません。
4. 追加記号を 記号 表示に追加するには、リスト内の別のカテゴリをクリックします。
ツールチップに記号の名前とタグが表示されます。
133
図面および詳細設定
5. 図面寸法に追加する記号をクリックします。
これは、挿入する記号 フィールドに表示されます。
記号 表示で記号をダブルクリックして、図面寸法に直接追加することもできます。
6. 次のいずれかを行います:
• 図面に記号をすぐに追加するには、適用 をクリックします。
このダイアログ ボックスは開いたままになるため、別の記号を選択できます。
適用 は、記号ライブラリ ダイアログ ボックスが固定されている場合にのみ使用できま
す。
• 追加する記号をクリックして、挿入する記号(Symbols to insert)フィールドに追加しま
す。
7. Microsoft Character Map から記号を追加するには:
a) 記号と特殊文字 をクリックします。
b) 記号と特殊文字 で記号をクリックし、選択 をクリックしてそれを コピーする文字 フィー
ルドに追加します。
c) 目的の文字を追加したら、コピー をクリックします。
d) 記号と特殊文字 を閉じます。
e) 挿入する記号 フィールドに文字を貼り付けます。
8. OK をクリックします。
シンボル ライブラリ ファイルの場所
シンボル ライブラリ ファイル GTOL.SYM は検索可能な任意のフォルダに保存できます。
分散した場所に多くのユーザーが存在するネットワークを管理している場合、すべてのユーザーが
アクセスできる場所に単一の GTOL.SYM ファイルを配置することができます。
ユーザーは システム オプション ダイアログボックスの ファイルの検索 タブを使用して場所を指定
します。
シンボル ライブラリ ファイルの新しい場所を指定するには:
1. オプション
(標準ツールバー)または ツール > オプション をクリックします。
2. システム オプション タブで、ファイルの検索 をクリックします。
3. 次のフォルダを表示 で、シンボル ライブラリ ファイル を選択します。
4. シンボル ライブラリ ファイルの現在の場所を選択して 削除 をクリックします。
5. 新たに場所を指定するには 追加 をクリックします。
6. 参照 ダイアログ ボックスで、GTOL.SYM の場所に移動し、OK をクリックします。
新しい場所の GTOL.SYM ファイルに別のシンボル定義がある場合は、それが図面に適用されます。
134
図面および詳細設定
元のシンボル ライブラリ ファイルの場所にあるシンボル
更新されたシンボル ライブラリ ファイルの場所にあるシンボル
ガラス板のハッチング
新しい断面図に適用できるガラス板のハッチングが用意されています。
直線引出線の添付
三角形の枠に囲まれた注記では、直線引出線とマルチ ジョグ引出線を枠の角に添付できます。
135
図面および詳細設定
シート フォーマット
図面テンプレート内の 2 番目のシート フォーマットを使用できます。
図面シート ドキュメント プロパティでは、新規シートを図面ドキュメントに追加するときのため
に、デフォルトのシート フォーマットを指定できます。 このプロパティでは、最初のシートが自動
的に 1 つのシート フォーマットを持ち、すべての追加シートが別のシート フォーマットを持つよ
うにできます。
新しいシートに異なるシート フォーマットを指定するには、ツール > オプション > ドキュメント
プロパティ > 図面シート をクリックし、別のシート フォーマットを使用 を選択し、シート フォー
マット ファイル(.slddrt の最後にあるファイル)を参照して選択します。
テーブルを行で上下に自動分割する
上下に自動分割 コマンドを使用すると、SolidWorks ソフトウェアは、ユーザーがテーブルに項目
を追加したり、削除するときにテーブルの行を自動的に配列できるようになります。
サポートされるテーブルは次のとおりです:
• 穴テーブル
• 部品表(Bill of Materials)
• ユーザー定義テーブル(General Tables)
テーブルの自動分割は、他の図面シートに表示される部分を含むテーブル全体に適用されます。
新しいテーブルの区分は、最後のテーブルの分割の下に配置するか、最後のテーブルの分割の右側
に配置するか指定することができます。
分割前:
分割後は下に配置されます:
136
図面および詳細設定
分割後は右に配置されます:
テーブルの自動分割を設定するには:
1. テーブルを右クリックし、分割 > 上下に自動分割(Horizontal Auto Split) をクリックし
ます。
2. ダイアログボックスの 最大行数(Maximum number of rows)フィールドに数値を入力しま
す。
3. 適用 で、以下のいずれかを選択します。
• 最大行数 の値をテーブルに 1 回適用するには、今回のみ をクリックします。
• テーブルの自動分割を継続して保持するには、連続 をクリックします。
項目がテーブルに追加されたり、テーブルから削除されると、テーブルは 最大行数
(Maximum number of rows)の値に従った状態となるように更新されます。
4. 分割したテーブルの配置 で、以下のいずれかを選択します。
• テーブルの分割部分を右側に配置するには、横揃え(Horizontal alignment) をクリッ
クします。
• テーブルの分割部分を下に配置するには、垂直整列 をクリックします。
5. 適用 をクリックします。
連続 がテーブルで有効になっている場合に自動分割を停止するには、テーブルを右クリックして 自
動分割の停止 をクリックします。
現在の分割状態のままになりますが、テーブルに変更を加えても自動的に配列されなくなります。
137
11
eDrawings
eDrawings® Professional は SolidWorks Professional および SolidWorks Premium で使用できま
す。
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
iPad での 3D ContentCentral の表示
SolidWorks 部品ファイルからの DimXpert 寸法の表示
回転分解ステップの表示
iPad での 3D ContentCentral の表示
eDrawings を使用して、iPad で 3D ContentCentral® を表示できます。 3D ContentCentral
は、2D および 3D 部品とアセンブリ、2D ブロック、ライブラリ フィーチャー、およびマクロの
配置、設定、ダウンロード、およびリクエストのための、無料サービスです。
iPad で eDrawings を起動し、http://www.3dcontentcentral.com/ をクリックします。
SolidWorks 部品ファイルからの DimXpert 寸法の表示
eDrawings では、SolidWorks 2014 以降で保存されたファイルから DimXpert 寸法を表示でき
ます。
回転分解ステップの表示
eDrawings ソフトウェアでは、SolidWorks 2014 以降で作成されたアセンブリ ファイルに保存さ
れた回転分解ステップを表示できます。
また、eDrawings ソフトウェアで、直線移動あり、または直線移動なしで構成部品を回転する分解
ステップも表示できます。
138
12
SolidWorks Electrical
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
Microsoft Access から SQLite への移行
電気計算用のレポート テンプレート
混合配線のサポート
追加機能
Microsoft Access から SQLite への移行
基盤となるデータベース管理システムが Microsoft Access から SQLite にアップグレードされま
した。
この変更により、ファイル アーカイブ方式が大幅に向上します。
SQLite は 64 ビット オペレーティング システムと完全に互換性があり、コンピュータにインス
トールされている任意のバージョンの Microsoft Office で動作します。
電気計算用のレポート テンプレート
SolidWorks Electrical でレポートを使用するときに、レポート テンプレートを使用してワイヤま
たはケーブルの最大振幅容量や、ケーブルの長さまたはハーネスからのケーブルによる電圧降下な
ど、一般的な計算を表示できます。
このレポート テンプレートは、ハーネスおよびケーブルに使用できます。
混合配線のサポート
SolidWorks Electrical では、図面に対して混合モードがサポートされているため(混合配線と呼
ばれる)、単一の環境で配線図ツールや結線図ツールを使用できます。
以前は、SolidWorks Electrical は結線図と配線図について、別個の図面タイプしか保持していま
せんでした。
追加機能
このリリースでは、次の機能を使用できます。
139
SolidWorks Electrical
フィーチャー
説明
端子台エディタによる端子の並べ替えと番号再設 端子台エディタ(Terminal Strips Editor)を使
定
用して、選択した端子を位置、マーキング、接続
条件に応じて並べ替えたり、端子番号を再設定す
ることができます。
端子台の手動改ページ
端子台マネージャでは、改ページを手動で追加し
て端子台を分割できます。
ロケーションおよびファンクション領域
ロケーションまたはファンクション領域を配置す
ると、領域の内側のオブジェクトは自動的にその
ロケーションまたはファンクションに関連付けら
れます。
プロジェクト用テキストの変換
新しいコマンドを使用して、プロジェクト用テキ
ストの変換に使用するインタフェースでテキスト
を検索および置換できます。
構成部品の端子用の新しいデータ
構成部品の端子の最大接続数と端子の使用を管理
できます。
構成部品の端子の編集
構成部品の端子を記号のコンテキスト メニュー
から編集できます。
図面を非表示にする新しいオブジェクト
ワイプアウト(Wipeout)と呼ばれる新しいエ
ンティティ タイプを使用して、他のエンティティ
の背後にあるエンティティを非表示にできます。
レポート マネージャの新しいインタフェース
レポート マネージャのインタフェースが大幅に
向上しました。
レポート、TXT のエクスポート
プロジェクト データの TXT エクスポートでは、
TXT 形式に加えて、.csv 形式もサポートされま
す。
レポート、TXT および Excel のエクスポート
データ ファイルを生成してプロジェクトに追加
できます。
レポート テンプレート セレクター
レポート テンプレート セレクターでは、テンプ
レートの検索にフィルターを使用できます。
ユーザデータ(User data)
ユーザデータのオーダー番号を示す索引。 索引
は、電気オブジェクト プロパティのダイアログ
ボックスに表示されます。
140
SolidWorks Electrical
フィーチャー
説明
パッシブシンボル
新しいパッシブシンボルを使用できます。 パッ
シブシンボルは電気シンボルとして扱われ、 マー
ク、回路、接続点はありません。 パッシブシン
ボルは図面に挿入するライブラリに保存されま
す。
図面のコンテキスト メニュー
その他にも、追加、編集、交換などのコマンドを
使用してタイトル ブロックを管理できます。
2D フットプリントのサムネイル
マスクは、同時に 2D サムネイルとして挿入し、
レールを非表示にすることができます。
アーカイブからの復元
アーカイブからの復元時に、コンテキスト メ
ニューのコマンドを使用して、維持するオブジェ
クトと置換するオブジェクトを指定できます。
構成部品の検索
検索機能が構成部品のコンテキスト メニューの
サイド パネルに追加されました。
相互参照のコンフィギュレーション
相互参照サムネイルのコンテキスト メニューで、
相互参照図面コンフィギュレーションにアクセス
できます。
PDF エクスポート
プロジェクトのツリー構造の PDF ファイルを
ブックマーク形式で生成する新しいオプションで
す。
プロジェクト マネージャのフィルター
プロジェクト マネージャで新しい条件を使用し
て、プロジェクトのリストを絞り込めます。
コピー&形式を選択して貼り付け
形式を選択して貼り付けコマンドを使用すると、
ダイアログ ボックスが開いてマークを管理でき
ます。
等電位の矛盾
新しいコマンドを使用して、等電位の矛盾を手動
で解決できます。
DWG ファイルのインポート
DWG ファイルをプロジェクトにインポートする
とき、DWG ファイルに記号またはタイトル ブ
ロックが定義されていれば、ウィザードを起動し
てライブラリにタイトル ブロックと記号を配置
できます。
ワイヤのプロパティ(等電位エディタ)
ワイヤのプロパティ(マークやテクニカル デー
タなど)や等電位のすべてのワイヤを表示するダ
イアログ ボックス。
141
SolidWorks Electrical
フィーチャー
説明
ワイヤおよび等電位ラベル
主に属性から成る新しい種類のシンボルを使用し
て、ワイヤおよび等電位に特有のデータを表示で
きます。
ワイヤ上のユーザデータ
変換可能および変換不可のユーザデータをワイヤ
に表示します。
位置のアウトラインの挿入
位置のアウトラインを挿入する場合に新しいオプ
ションを選択できます。
142
13
SolidWorks Enterprise PDM
SolidWorks® Standard、SolidWorks Professional、または SolidWorks Premium で使用できる製品
として、別途購入できます。
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
自動キャッシュ管理
統合されたステータスの遅延の通知
動的通知の受信者フィルター
非表示の SolidWorks BOM を抽出する
「常にファイルの最新バージョンを使用」オプションの柔軟性
チェックアウト中の参照先ファイルの柔軟な取得
ワークフロー パフォーマンスの向上
ツリー構造のナビゲート
ユーザー定義のユーザー定義列
参照先ファイルのバージョンの比較
バージョン フリーの変数とワークフロー トランジション
親アセンブリでの子のクイック情報警告の表示
自動キャッシュ管理
[ユーザー プロパティ] および [グループ プロパティ] ダイアログボックスにある 2 つのオプショ
ンを使用すると、管理者はユーザー プロファイルを編集してキャッシング動作を設定することがで
きます。 これらのオプションにより、指定されたフォルダでのローカル キャッシュの更新とクリア
が自動化されます。
たとえば、SolidWorks デザイン ライブラリ フォルダをボルト内に保管する場合に、ユーザーが常
にこれらのファイルの最新バージョンを保有していることを確認するには、ユーザーのログイン時
に、これらのフォルダについてキャッシュを自動的に更新することを指定することができます。
[ユーザー プロパティ] および [グループ プロパティ] のダイアログボックスの キャッシュ オプショ
ン(Cache Options)ページには、次のオプションがあります:
143
SolidWorks Enterprise PDM
ログアウト時にキャッ
シュをクリア(Clear
cache during
logout)
ログアウト時にローカル キャッシュが自動的にクリアされます。 この
オプションにより、不要なファイルが除去され、キャッシュ サイズが小
さくなり、複数のユーザーが使用するマシンのセキュリティが強化され
ます。
ユーザーがログアウトすると、ローカルキャッシュをクリア コマンドの
自動化バージョンを使用して、この設定があるすべてのフォルダのキャッ
シュがクリアされます。
ユーザーがオフラインでの作業を選択した場合、またはユーザーがログ
アウトせずにコンピュータをシャットダウンした場合にもキャッシュが
クリアされます。
ログイン時にキャッシュ ユーザーがログインするたびに、CAD ファイル テンプレートや標準ラ
を更新(Refresh
イブラリのようなアイテムの最新バージョンを保有していることを確認
cache during login) します。
ユーザーがログインすると、この設定があるすべてのフォルダについて、
Enterprise PDM は、最新バージョンの取得 コマンドの自動化バージョ
ンを実行します。 Enterprise PDM は、ユーザーのキャッシュにある前
のバージョンのファイルを更新し、ユーザーのキャッシュにない最新バー
ジョンのファイルをアップロードします。
管理者は、個々のユーザーまたはグループについて、キャッシュ オプションを設定できます。 ユー
ザーが、キャッシュ オプションが設定されているグループに属している場合、グループ設定がユー
ザーのプロパティに反映されます。
統合されたステータスの遅延の通知
ユーザーが受け取る個々の通知数を減らすには、Enterprise PDM は、指定された期間中に発生す
るすべてのステータスの遅延の通知をグループ化し、ステータスの遅延の通知基準に合致するファ
イルの詳細を含む単一のメールを送信します。
管理者またはユーザーは、フォルダ内のファイルが、指定された期間にワークフロー状態になって
いるときにユーザーに警告するようにフォルダ通知を構成することができます。 これらの通知は
「ステータスの遅延」の通知と呼ばれます。
144
SolidWorks Enterprise PDM
以前は、ステータスの遅延の通知基準に合致するファイルごとに別々にメールが送信されていまし
た。
145
SolidWorks Enterprise PDM
ステータスの遅延と識別されたすべてのファイルの詳細を取得するには、ユーザーが 次を表示 を
クリックするか、受信トレイ で個々の通知を開く必要がありました。
146
SolidWorks Enterprise PDM
単一の通知にステータスの遅延となっているすべてのファイルがリストされるようになりました。
受信トレイ にはその 1 つのメッセージが含まれます。
147
SolidWorks Enterprise PDM
通知には個々のファイルについて次の情報が含まれます。
ファイル名
リンクをクリックすると、ファイルがエディタで開かれます。
ステータスの日数
ファイルが現在のステータスになっている時間の長さを示します。
現在のステータス
現在のワークフロー名。
遷移の実行者
最新の状態の変更を実行したユーザー。
表示
SolidWorks ファイルが eDrawings で開かれます。 その他のファ
イルは、SolidWorks Enterprise PDM ファイル ビューアで開きま
す。
履歴
通知に関連付けられているファイルについての、履歴 ダイアログボッ
クスを開きます。
フォルダを開く
ファイルが含まれるフォルダを新しいエクスプローラ ウィンドウで
開きます。
動的通知の受信者フィルター
遷移を実行 ダイアログ ボックスにある動的通知の受信者用フィルターでは、動的通知用に指定され
たユーザーが会社に多数いる場合に、ユーザーの選択が容易になります。
このフィルターは、ロールメンバーと通知の送信元を追加するワークフロー エディタでのフィル
ターに類似しています。
ユーザーが英数字を フィルター フィールドに入力すると、送信元リストの結果が動的に更新されま
す。 ユーザーがフィルターの結果から名前を選択すると、これらの名前はユーザーが別のフィル
ター文字列を入力したときにそのまま残ります。
148
SolidWorks Enterprise PDM
最初のフィルター文字列を適用
ユーザーを選択
149
2 番目のフィルター文字列を適
用
SolidWorks Enterprise PDM
非表示の SolidWorks BOM を抽出する
SolidWorks アプリケーションでは、図面やアセンブリで部品表を非表示にして見やすくすること
ができます。 その際、バルーンや他の情報を MRP/ERP システムのような他のアプリケーションに
エクスポートするために、Enterprise PDM で SolidWorks BOM にアクセスする場合があります。
Enterprise PDM で、常に非表示の BOM を抽出するには:
• 表示 > オプション > チェックイン時に SolidWorks ファイルから非表示の BOM を抽出する
(Extract hidden BOM from SolidWorks files on Check-In) をクリックします。
非表示の BOM がある SolidWorks ファイルをチェックインすると、ソフトウェアにより、BOM
が SolidWorks BOM として Enterprise PDM に抽出されます。
「常にファイルの最新バージョンを使用」オプションの柔
軟性
管理者は SolidWorks アドインで作業しているユーザーに対して、常にファイルの最新バージョン
を使用 設定が有効になっていても、前のバージョンのファイルにアクセスすることができます。
[バージョンを取得] コマンドを SolidWorks で有効にする オプションを使用すると、ユーザー
が SolidWorks アドイン内で特定のバージョンのファイルにアクセスできるようになります。アク
セス方法は次のとおりです。
•
•
•
•
•
SolidWorks Enterprise PDM タスク パネルのツールバーで 取得
フライアウトを展開する
タスク パネルのファイルを右クリックして 取得 をクリックする
FeatureManager のファイルを右クリックして 取得 をクリックする
Enterprise PDMEnterprise PDM > 取得
グラフィックス領域の構成部品を右クリックして 取得 をクリックする
このオプションは、参照ダイアログ を選択した場合に、設定 ダイアログ ボックスの 常にファイル
の最新バージョンを使用 タブに表示されます。
チェックアウト中の参照先ファイルの柔軟な取得
管理者は、チェックアウト ダイアログボックスが参照先ファイルを処理する方法を指定するため、
ユーザー設定を構成することができます。
ユーザーは、通常、最新バージョンのファイルで作業します。 ただし、一部のユーザーは、ボルト
内の最新バージョンのファイルではなく、キャッシュに入れた以前のバージョンの参照を使用する
アセンブリを処理する必要があります。
ユーザーとグループの 参照ダイアログ ダイアログボックスの変更後の 参照ダイアログ ページによ
り、管理者は、参照ファイルが 最新バージョンの取得 ダイアログボックスの チェックアウト で自
動的に選択されるかどうか、指定することができます。 次のオプションが含まれ、これらがデフォ
ルトです:
チェックアウト時に最新バージョンを取得するための参照ファイルを自動的に選択します。
チェックアウト中に参照ファイルのキャッシュ バージョンを維持するには、このオプションをクリ
アする必要があります。
150
SolidWorks Enterprise PDM
このオプションを有効にすると、次の条件を設定できます:
常にファイルの最新バージョンを使 最新バージョンのファイルを表示または開く際にローカル ボ
用する。
ルト ビューから取得します。
このオプションは、これまで 設定 ダイアログ ボックスの
エクスプローラ タブの その他 で利用できました。
[バージョンを取得] コマンドを
SolidWorks で有効にする。
常にファイルの最新バージョンを使用 を選択した場合にのみ
使用できます。
SolidWorks で バージョンを取得 コマンドを有効にすると、
開いているファイルの以前のバージョンを取得できます。
チェックアウト ダイアログボックス
を表示せずにバックグラウンドで
ファイルをチェックアウト(Check
out files silently without
showing the check out dialog
box)
参照のあるファイルをチェックアウトするときに、チェック
アウト ダイアログ ボックスを表示しないようにします。
参照元ファイルがチェックアウトさ
れたときにすべての参照先ファイル
をチェックアウト(Try to check
out all referenced files when
the referencing file is
checked out)
ユーザーが参照あるファイルをチェックアウトするときに、
参照先ファイルもチェックアウトとしてマークされます(可
能な場合)。
ソフトウェアにより、選択されたファイルのみがチェックア
ウトされます。ユーザーは個々の参照先ファイルを別個に
チェックアウトする必要があります。
ファイルをサイレントでチェックアウトするオプションもア
クティブにすると、親のファイルをチェックアウトすると、
参照元のすべてのファイルが自動的にチェックアウトされま
す。
ワークフロー パフォーマンスの向上
高レイテンシのワークフロー ステータスを変更する際の所要時間が大幅に短縮されます。
短縮される時間は、トランジションに設定したアクション数や待ち時間の長さによって異なります
最も向上が見られるのは、待ち時間の長いシステムです。
ツリー構造のナビゲート
Enterprise PDM で維持される参照ツリー構造は大規模なことが多く、多数のレベルが含まれてい
ます。 ダイアログボックスとプレビュー タブで新しいコントロールを使用すると、これらの構造に
簡単にナビゲートすることができます。
次のナビゲーション支援機能が、Enterprise PDM 2014 で追加されました。
チェックイン、チェックアウト、ツリーをコピー、および ステータス変更 ダイアログ ボックスで
は、次の操作が実行できます。
151
SolidWorks Enterprise PDM
• トップ レベルのみ / すべてのレベルを表示 コントロールを使用すると、ツリー構造の最上位階
層、またはツリー構造全体を表示できます。
• ツリー構造内の展開 矢印と収縮 矢印を使用すると、ツリーの個々のノードを展開したり、
収縮することができます。
• ダイアログ ボックス ツールバーの 次の警告
および 前の警告
矢印を使用すると、警告に
直接移動できます。
• サブアセンブリ レベルごとにある、親ノードのチェックボックスの 2 番目のセットをオンにす
るオプションを使用すると、そのノードのすべてのチェックボックスを選択またはクリアするこ
とができます。
内容 および 使用先 タブでは、次の操作が実行できます。
• ツリー構造内の展開 矢印と収縮
収縮することができます。
矢印を使用すると、ツリーの個々のノードを展開したり、
ユーザー定義のユーザー定義列
ダイアログボックスとプレビュー タブでの作業を容易にするには、Enterprise PDM 変数に基づい
た列を追加します。 列の先頭をドラッグすることにより、ダイアログボックスの表示を再配列する
こともできます。
たとえば、会社でファイル名ではなく部品番号別にドキュメントを整理する場合、部品番号を示す
列を追加できます。
ユーザー定義列は、チェックイン、チェックアウト、チェックアウトを元に戻す、ツリーをコピー
ダイアログボックス、参照先、使用先 プレビュー タブに追加できます。
ユーザー定義列を チェックアウト ダイアログボックスに追加するには:
1. Windows エクスプローラで、チェックアウトするファイルを選択して アクション > チェック
アウト をクリックします。
2. ダイアログボックスで、列見出しの任意の場所を右クリックします。
標準見出しの一覧が表示されます。 チェック マークは、現在表示されている見出しを示しま
す。
3. リストの下にある 詳細 をクリックします。
4. 列の選択 ダイアログ ボックスで、使用する変数までスクロールして選択します。
5. OK をクリックします。
変数をその見出しとして使用する新しい列が、ダイアログボックスの右側に表示されます。
6. 列を目的の位置までドラッグしてクリックします。
参照先ファイルのバージョンの比較
SolidWorks の Enterprise PDM アドインで、参照バージョン 列を含めるようにタスク パネル表
示情報を設定することができます。 この列には、データベースに含まれる最新バージョンの同じ
ファイルと比較するアセンブリが参照するファイルのバージョンが示されます。
さらに、アセンブリがデータベースに含まれる最新バージョンではないファイルのバージョンを参
照している場合、
クイック情報アイコンが表示されます。
152
SolidWorks Enterprise PDM
多くのサブアセンブリが含まれるアセンブリで作業している場合、この情報は、サブアセンブリを
チェックアウトするかどうかと、再構築するかどうかを決定する際に役立てることができます。こ
れによって最新の設計バージョンを参照できます。
バージョン フリーの変数とワークフロー トランジション
ファイルのデータ カードにバージョン フリーの変数を含む場合、新規バージョンのファイルを作成
せずに変数の内容を更新するには、ワークフロー トランジションを使用することができます。
管理者は、最初に、変数をバージョン フリーにするように構成し、次に変数の値を設定するアク
ションが含まれるワークフロー トランジションを作成する必要があります。
ユーザーがファイルのステータスを変更することでワークフロー トランジションを実行すると、変
数の値が更新されますが、非バージョン フリーの変数に対して他の変数アクションがなければ、
ファイルはバージョン管理されません。
親アセンブリでの子のクイック情報警告の表示
SolidWorks アドインの Enterprise PDM で子のクイック情報警告は、セッション中の SolidWorks
ファイルのステータスと参照を示しています。 これらのアイコンは、すべての下位レベルのファイ
ルについて、トップ アセンブリ レベルに表示されるようになりました。
以前は、このアイコンは 1 つ上のレベルにのみ表示されていました。 下位レベルのファイルのス
テータスを表示するには、複数のレベルでアセンブリを完全に展開する必要がありました。
SolidWorks Enterprise PDM 2013
153
SolidWorks Enterprise PDM
SolidWorks Enterprise PDM 2014
154
14
SolidWorks Flow Simulation
SolidWorks Flow Simulation は、別途購入して製品を利用することができる数値流体力学(CFD)3D
ソリューションであり、SolidWorks Standard、SolidWorks Professional、または SolidWorks
Premium と共に使用できます。
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
CircuitWorks と SolidWorks Flow Simulation
eDrawings サポート(eDrawings Support)
メッシュ コントロール(Mesh Control)
メッシュ並列化
パラメータ スタディ モード
操作性の改善(Usability Improvements)
CircuitWorks と SolidWorks Flow Simulation
SolidWorks Premium のアドインである CircuitWorks を使用して、大部分の電気系 CAD 設計
(ECAD)システムによって作成されたファイル フォーマットから 3D モデルを作成できます。
SolidWorks アセンブリに組み込まれて機能するプリント基板(PCB)を共同作業で設計できます。
次の CircuitWorks 電気系 CAD ファイル PCB または構成部品の熱特性を SolidWorks Flow
Simulation にインポートできます:
•
•
•
•
誘電体および導電体の密度
比熱
PCB の伝導率
構成部品からの体積熱源の熱伝導率
SolidWorks Flow Simulation を使用して熱解析を実行する場合、SolidWorks モデルはインポー
トされた顧客の熱プロパティを参照します。
Flow Simulation ツリーの 2 つのオプションを使用すると、電子部品の冷却シミュレーションの
Computational Fluid Dynamics(CFD)分析を簡単にセットアップできます。
• 熱源 を右クリックし、ボリューム ソースをモデルからインポート を選択します。 アイテム プ
ロパティ で、インポートする熱源を選択します。
• プリント基板 を右クリックし、プリント基板をモデルからインポート を選択します。 アイテム
プロパティ で、インポートする PCB を選択します。
155
SolidWorks Flow Simulation
eDrawings サポート(eDrawings Support)
単一の eDrawings ファイルに複数の SolidWorks Flow Simulation プロットをエクスポートでき
ます。
メッシュ コントロール(Mesh Control)
計算中に計算メッシュを解に適応させる処理を、ソリューション アダプティブメッシュと表現しま
す。 SolidWorks Flow Simulation は、ソリューション アダプティブ 改善手順を計算領域の局所
的な領域に拡張して、より正確で最適化されたメッシュでのCFD シミュレーションを可能にしてい
ます。
156
SolidWorks Flow Simulation
メッシュ並列化
SolidWorks Flow Simulation は、複数のコアを使用することにより、メッシュ作成タスクの速度
を向上させます。
ソルバとメッシャーは、マルチコア処理機能を利用できます。
実行 および バッチ処理 ダイアログ ボックスで、メッシュ作成に使用するコアの数を選択します。
パラメータ スタディ モード
パラメータ スタディ モード では、複数の流体テストを自動的に実行できます。 直感的に結果を評
価して、最良の設計を選択できます。
次を行うことができます:
• パラメータ スタディ フィーチャーを使用してプロジェクト ツリーのトップにスタディを保存し、
CFD シミュレーションの表示を向上させるとともに、デザインシナリオの調査を簡易化。
• 選択した設計ポイントをプロジェクト ツリーに保存して、目的のシナリオのみを保存。 オプショ
ンで、設計ポイントのすべての結果を保存できます。
操作性の改善(Usability Improvements)
• 見やすさを改善するため、グラフィック画面の下部に リーク トラッカー(Leak Tracker)ツー
ルが用意されています。 コンポーネントの内面から外面までのルートを視覚化することにより、
モデルの穴や変位隙間を特定できます。
• 単一の PropertyManager から境界や熱源条件を修正できるため、大規模プロジェクトの CFD
分析の設定が迅速になります。
• 方程式ゴール ツールで、表面積および体積のゴールを定義できます。 表面積と体積を参照ジオ
メトリとして 方程式ゴール に追加できます。 このツールは、モデル 表示 内のグラフィック領
域の下部に配置されており、表示設定が改善されています。
• 3D ベクトルの代わりに空力角度(仰角と横滑り角)を介して環境速度を指定できます。 この改
善により、パラメータ スタディをより簡単に実行できるようになります。
157
15
部品とフィーチャー
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
•
円錐フィレット
押し出しカット
穴
質量特性
フィーチャーの削除用の詳細オプション
パターン(Patterns)
参照ジオメトリ
溶接(Weldments)
円錐フィレット
フィレット ツールを使用して、部品、アセンブリ、および表面用に対称円錐形のフィレットを作成
できます。
円錐形は、固定サイズ(Constant Size)、可変サイズ(Variable Size)、および 面 の各フィレッ
トに適用できます。
固定サイズの円錐フィレットを作成
この例で作成する円錐形は双曲線です。
このタイプの円錐フィレットを作成するには:
1. install_dir\samples\whatsnew\parts\remote_control.sldprt を開きます。
2. フィレット/ラウンド
(フィーチャー ツールバー) または 挿入 > フィーチャー > フィレッ
ト/ラウンド をクリックします。
158
部品とフィーチャー
3. PropertyManager の フィレット タイプ で、固定サイズ(Constant size)を選択します。
4. モデルの上面を選択します。
面 <1> が フィレットするアイテム に追加されます。
正接の継続 と 全体をプレビュー表示 を選択します。
5. フィレット パラメータ で、5mm に 半径 と入力します。
6. フィレット パラメータ で:
a) 半径
を 5mm に設定します。
b) 輪郭 には、円錐 Rho を選択します。
c) Rho 半径
を 0.65 度に設定します。
フィレットの曲率が見えるようにモデルを回転します。 グラフィックス領域で表示テキスト
を使用し、半径 および 円錐 Rho(Conic Rho)の値を変更します。 フィレットの形状が
動的に調整されます。
7.
をクリックします。
押し出しカット
1 回のクリックで両方向に押し出しカットを作成することができます。
カット-押し出し PropertyManager で 全貫通 - 両側に押し出し を選択します。 方向 2 は同じ値
で自動的に更新されます。
以前のバージョンでは、方向ごとに別個に 全貫通 を指定する必要がありました。
159
部品とフィーチャー
穴
穴ウィザードを使用したスロットの作成
穴ウィザードを使用して、座ぐり穴、皿穴、およびストレート スロットを作成できます。
部品の穴ウィザードを作成するには:
1. 面を選択し、穴ウィザード
(フィーチャー ツールバー) または 挿入 > フィーチャー > 穴
> ウィザード をクリックします。
2. PropertyManager の タイプ タブで、穴のタイプ にスロット タイプを選択します:
オプション
説明
座ぐり穴スロット
皿穴スロット
ストレート スロット
3. 穴の仕様 で、スロット長さ
4. 他のオプションを選択して、
に値を入力します。
をクリックします。
アセンブリに穴ウィザードまたは穴シリーズ スロットを作成することもできます。
ドリル穴サイズの小数値の表示
ストレートの穴またはスロット サイズを指定する場合、文字、数字、または分数のドリル サイズに
ついて、穴サイズの小数値を表示できます。
ストレートの穴またはスロットに小数値のサイズを表示するには、穴ウィザード タイプ
PropertyManager または 穴シリーズ(最初の部品) PropertyManager を使用します。
部品から 穴ウィザード タイプ PropertyManager を開くには、穴ウィザード
(フィーチャー
ツールバー)または挿入 > フィーチャー > 穴 > ウィザード をクリックします。
アセンブリから 穴ウィザード タイプ PropertyManager を開くには、穴ウィザード
(フィー
チャー ツールバー)または 挿入 > アセンブリ フィーチャー > 穴 > ウィザード をクリックしま
す。
160
部品とフィーチャー
アセンブリから 穴シリーズ(最初の部品) PropertyManager を開くには、穴シリーズ
(フィーチャー ツールバー)または 挿入 > アセンブリ フィーチャー > 穴 > 穴シリーズ をクリッ
クします。
いずれかの PropertyManager から穴サイズの小数値を表示するには:
1. 次の方法で、ストレートの穴またはスロットを選択します。
• 穴ウィザード タイプ PropertyManager で、 穴のタイプ に 穴
または スロット
を選択します。
• 穴シリーズ(最初の部品) PropertyManager で、始めの穴の仕様 に 穴
ロット
を選択します。
2. 規格 で、次のいずれかを選択します。
•
•
•
•
•
ANSIインチ
DME
PCS
進行段階
Superior
3. タイプ で、次のいずれかを選択します。
•
•
•
•
全ドリル サイズ
ドリル サイズ(文字)
ドリル サイズ(分数)
ドリル サイズ(数字)
4. その他のオプションを設定し、
をクリックします。
161
または ス
部品とフィーチャー
質量特性
体積の単位
ガロン、リットル、立法ヤード、および立方デシメートルなど体積の単位は、質量特性 によってサ
ポートされます。
フィーチャーの削除用の詳細オプション
子を持つ親フィーチャーまたは含まれているフィーチャーを削除する場合、削除するフィーチャー
を選択できます。
削除の詳細確認 ダイアログ ボックスを使用して、子フィーチャーおよび含まれているフィーチャー
を選択して削除できます。 保持しているフィーチャーで、FeatureManager デザイン ツリーの警
告またはエラー表示されることがあります。 エラーが発生した場合は、すべて手動で解決する必要
があります。
含まれているフィーチャーおよび子フィーチャーを削除
削除するアイテムに含まれているフィーチャーおよび子フィーチャーを削除するには:
1. install_dirinstall_dir\samples\whatsnew\parts\arm.sldprt
2. FeatureManager デザイン ツリーで カット-押し出し 2 を右クリックして 削除
ます。
を選択し
削除確認 ダイアログ ボックスが ベーシック モードで表示され、カット-押し出し 2 に関連す
るすべての依存アイテムがリストに表示されます。 ベーシック モードでアイテムを個別に削除
することはできません。
3. 詳細設定 をクリックします。
ダイアログが ベーシック から 詳細設定 モードに更新されます。 このモードでは、保持するア
イテムと削除するアイテムを選択できます。
162
部品とフィーチャー
4. フィレット 2 をクリックして選択解除します。
ミラー 1、スケッチ 7(Sketch7)、および カット-押し出し4 が削除対象として選択されて
います。
5. はい をクリックします。
フィレット 2 の警告が表示されます。 作業を続ける前に、エラーを無視するか、モデルを修復
できます。
パターン(Patterns)
シード フィーチャーのハイライト表示
パターン内でシード フィーチャーをより簡単に特定するには、FeatureManager デザイン ツリー
でパターンをクリックします。 シードが、パターン インスタンスとは別の色で強調表示されます。
パターン インスタンスは 選択アイテム 1 の色でハイライト表示され、シードは 選択アイテム 2
の色でハイライト表示されます。 これらの色は、ツール > オプション > 色 をクリックして変更で
きます。
パターン情報でのツールチップの表示
パターンに関するツールチップを表示できます。
このシステム オプションを設定した場合、FeatureManager デザイン ツリーでパターン名にポイ
ンタを合わせると情報が表示されます。
パターンに関する情報は、次のとおりです:
•
•
•
•
•
•
パターン名
パターン タイプ
パターンの作成に使用されるすべてのシード
[方向 1] と [方向 2] の間隔とインスタンス数
スキップしたインスタンス
変更したインスタンス
ツール > オプション をクリックします。 システム オプション タブで、表示/選択 をクリックし、
パターン情報ツールチップの表示 を選択または選択解除します。
パターン フィーチャーおよびミラー フィーチャーに対するマルチボ
ディ サポート
パターン フィーチャーまたはミラー フィーチャーが単一ボディを複数のボディに分割すると、保持
するボディ ダイアログボックスを使用して保持するボディを選択することができます。
最新の状態にしておくコンフィギュレーションも指定できます。
以前は、SolidWorks ソフトウェアは保持するボディをランダムに選択していました。
163
部品とフィーチャー
参照ジオメトリ
推測される参照点
点 PropertyManager には参照点を作成するための追加アイテムがあります。
次のエンティティの交点に参照点を作成できます:
• 軸と平面
• 軸とサーフェス(平坦と非平坦の両方)
• 2 本の軸
点上 オプションを使用して、スケッチ点とスケッチ セクションの終端に参照点を追加することがで
きます。
平面の配列
直線と平面または面を使用して平面を作成する際に、SolidWorks ソフトウェアは、直線を使用し
て新しい平面の X 軸を配列します。
この機能により、新しい平面でのスケッチで、より予測可能な表示方向がもたらされ、以前のバー
ジョンの不整合が修正されます。
垂直参照平面
平面 PropertyManager の ノーマルを反転
直ベクトルが反転します。
オプションによって、手動で作成した参照平面の垂
インジケータ矢印によって、グラフィックス領域の垂直ベクトルの方向が表示されます。 このオプ
ションは、デフォルトの参照平面には適用されません。
この機能はコマンドとして使用できます。 法線を反転
は 編集 メニューからアクセスできます。
コマンドには、状況依存ツールバーまた
ツール > ユーザー定義 > マウスジェスチャー > 編集 > 法線を反転 から、コマンドをマウス ジェ
スチャーとして設定することもできます。
溶接(Weldments)
カット リスト プロパティの反映
ワークフローは、カット リスト プロパティを新規部品に反映するように改善されました。 新規部
品に挿入 コマンドを使用して、カット リスト プロパティを 5 つのレベルまたはカット リスト レ
ベルにコピーすることができます。
ボディ保存、部品挿入、および ミラー部品挿入 コマンドにはこれと同じ機能があり、マルチボディ
部品の設計に役立ちます。
FeatureManager デザイン ツリーで カット リスト プロパティ フォルダを右クリックし、新規部
品に挿入 をクリックします。
164
部品とフィーチャー
ライブラリ フィーチャーとしての鋼材レイアウト
鋼材レイアウトの複数の溶接輪郭をライブラリ フィーチャーとして構成できます。
鋼材レイアウトの異なるコンフィギュレーションを追加して、それらの 1 つのプロファイルとして
ライブラリ フィーチャーに保存できます。
たとえば、矩形チューブ サイズに関して独立したライブラリ フィーチャー ファイルを 50 個持つ
代わりに、1 つの設計テーブルで制御できる 50 のコンフィギュレーションが入った 1 つのライブ
ラリ フィーチャーを持つことができます。
鋼材レイアウトの作成または編集時に、鋼材レイアウト PropertyManager 内で構成されたライブ
ラリ フィーチャーを選択できます。
165
16
SolidWorks Plastics
SolidWorks Plastics Professional および SolidWorks Plastics Premium は、別途購入して製品を利
用することができ、SolidWorks Standard、SolidWorks Professional、または SolidWorks Premium
と共に使用できます。
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
基本操作ウィザード
Dynamic Advisor のヘルプのアップデート
射出位置
マシンの詳細
金型レイアウトウィザード
ランナー設計ウィザード ゲートの説明
基本操作ウィザード
基本操作ウィザードでは、SolidWorks Plastics のワークフローを説明します。 メッシュ分割され
たモデルの作成、プラスチック材料の選択、金型温度と樹脂温度および射出時間と射出圧力などの
プロセスパラメータの指定、および解析実行のプロセスを説明します。
また、基本操作ウィザードは、結果の表示と解釈を支援し、さらに Dynamic Adviser にアクセス
して問題解決のアドバイス、およびレポートの作成を支援します。
基本操作ウィザードにアクセスするには、SolidWorks Plastics > 基本操作ウィザード をクリッ
クします。
基本操作ウィザードは、SolidWorks Plastics Professional および SolidWorks Plastics
Premium で使用できます。
Dynamic Advisor のヘルプのアップデート
Dynamic Advisor ヘルプは、最新情報を含むように変更されています。
射出位置
ゲート設定(Gate Selection)の名前が 射出位置 に変更されました。
このコマンドで実行する特定の動作をより正確に反映するため、ゲート設定(Gate Selection)の
名前が 射出位置 に変更されました。 射出位置は、スプルーの始まりの位置など、ゲート以外の場
所で指定できます。 この機能は、実際のゲートの形状に関係したり、作成するとは限りません。
166
SolidWorks Plastics
マシンの詳細
充填設定 PropertyManager でマシンの詳細にアクセスできます。
充填設定 PropertyManager の変更点:
• フロー設定 は名前が 充填設定 に変更されました。
• PropertyManager に 最大射出圧力 オプションが含まれます。
• 解析設定ワークフロー中に、射出成形機を選択または指定する必要がなくなりました。 その代わ
りに、PropertyManager で、最大射出圧力を指定できます。
• 詳細 で、マシン データベースにアクセスできます。
金型レイアウトウィザード
金型レイアウトウィザードでは、シングルキャビティ、マルチキャビティ、およびファミリー モー
ルド レイアウトの作成と解析がガイドされます。 金型レイアウトウィザードは、スプルー、ラン
ナー、およびゲートなどのフィード システム構成部品の作成を支援します。 また、自動的にファミ
リー モールド ランナー システムのバランスを調整する方法を示します。
金型レイアウト ウィザードにアクセスするには、SolidWorks Plastics > 金型レイアウトウィ
ザード をクリックします。
金型レイアウトウィザードは、SolidWorks Plastics Premium でのみ使用できます。
ランナー設計ウィザード ゲートの説明
以下のゲートは、一般に受け入れられている業界用語を反映して変更されました。
以前のゲート名
新しいゲート名
辺
エッジ ゲート
サブマリン
サブマリン ゲート
ホーン
バナナ ゲート
167
17
ルーティング
SolidWorks Premium で使用できます。
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
•
•
色付きコネクタ ピンの表示
コネクタ テーブルの編集
電気展開の機能強化
Routing Library Manager の新機能
O-let の改善点
傾斜の改良
スプールの機能強化
始点-終点リストのアセンブリ コネクタのサポート
コネクタ ライブラリの圧着および端子のサポート
色付きコネクタ ピンの表示
ワイヤをピンに簡単に接続できるように、展開ルートのワイヤ ピンはコネクタ ブロックに表示され
るときに色が付けられます。 ピンの色は、3D ルートで使用されるワイヤの色と一致します。 これ
らのピンの色はコネクタ テーブルにもリストされています。
コネクタ テーブルの編集
BOM ベースのコネクタ テーブルは、.sldbomtbt ファイル拡張子を使用して利用できます。 BOM
ベースのコネクタ テーブルは、モデルを更新しても編集内容が保持されます。
また、コネクタ テーブルをテンプレートとして保存できます。 列の選択、列の順序、およびカスタ
マイズしたヘッダーを再利用するためにテンプレートに保存されます。 .sldtbt テンプレートを
利用すると、コネクタ テーブルの以前のバージョンを作成できます。
また、BOM ベースのコネクタ テーブルでは、ピン接合部(モデル内に存在する場合)に関する詳
細を表示することもできます。 たとえば、端子、シール、およびプラグを 列プロパティ で利用で
きます。
以前は、モデルを更新すると、コネクタ テーブルに追加されたテキストが取り消される場合があり
ました。
168
ルーティング
電気展開の機能強化
電気展開の機能強化には、次の機能が含まれます:
• ループ付きルート。 ループ セグメントが、アノテートおよび製造展開ルート用に点線で表示さ
れます。
• カバーおよびクリップのサポート。
• コネクタの位置と展開ルートの表示方向の変更。 コネクタを回転させることで、目的のコネクタ
面を展開図面の上部に配置できます。
• 複数のピンを持つコネクタのファンアウト長の調整。
• 製造展開ルートのフォームボード サイズの調整。
• 展開ルート図面に表示するアイテムの選択。 アイテムには、バルーン、クリップ、ケーブル長、
コネクタ テーブル、カバー、ワイヤ バルーン、回路の概要、および電気部品表などがあります。
Routing Library Manager の新機能
Routing Library Manager は、配管とチューブのアセンブリ継手、および電気ルートのアセンブリ
コネクタをサポートします。 ルーティング構成部品ウィザードを使用して、アセンブリ継手とコネ
クタが、ルート アセンブリの使用に必要な要件を満たしていることを確認できます。
以前は、ルーティング構成部品ウィザードは部品のみサポートしていました。
O-let の改善点
スケッチ寸法を使用して、寸法を o-let スタブに設定し、長さ寸法を使用してそれを配置するか、
角度寸法を使用して向きを変えることができます。
固定合致されている既存の o-let は、それらを削除してから再挿入するまで解析を続けます。
傾斜の改良
傾斜の改良には、継手をドラッグする機能、および既存の傾斜したルートに複数のルート セグメン
トを追加する機能が含まれます。
傾斜に含まれるセグメントに溶接隙間を追加することもできます。
傾斜を配管ルートに追加するには、ルート アセンブリを開き、配管 > ルート編集
ます。 傾斜を追加する位置でスケッチ エンティティを右クリックし、傾斜追加
169
をクリックし
を選択します。
ルーティング
スプールの機能強化
スプールの作成をより柔軟に行うことができるようになりました。 次の構成部品を使用して、ス
プールを定義できます:
•
•
•
•
連続していないか、接合していないルート セグメント
端部管継手に合致されている構成部品
ハンガーとサポート
はめ込み点があるパイプ
以前は、隣接するルート セグメントと管継手を持つスプールしか作成できませんでした。
ルーティング アセンブリでスプールを定義するには、Routing > 配管 > スプール定義
。
始点-終点リストのアセンブリ コネクタのサポート
始点-終点リストでアセンブリ コネクタを使用できます。 アセンブリ コネクタに関する詳細は、コ
ネクタ テーブルおよび BOM で表示されます。
コネクタ ライブラリの圧着および端子のサポート
components.xml および .xls ファイルを使用して、端子、シール、およびその他の構成部品を
事前定義できます。
この追加情報は、電気ルートを作成中にワイヤおよびケーブル接続に自動的に追加されます。
また、ワイヤ編集 PropertyManager で各ワイヤおよびケーブル接続の端子、シール、およびその
他の構成部品を定義することもできます。
これらの構成部品の詳細は、BOM に表示されます。
また、これらの構成部品のサンプル ライブラリはルート ライブラリでも提供され、
InterconnectAndAccessoriesLibrary.xml という名前が付けられます。
170
18
板金フィーチャー
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
板金リブの追加
曲げロフト ベンド
コーナー リリーフおよびベンド トランジション
円錐形および円筒形ボディのスイープ フランジ
板金リブの追加
ベンドを横切る特定のインデントによって板金溶接リブを作成できます。
板金溶接リブを追加するには:
1. 板金溶接リブ (板金ツールバー)または 挿入 > 板金 > 板金溶接リブ(Sheet Metal
Gusset) をクリックします。
2. 板金溶接リブ PropertyManager(位置)で、次を選択します。
• ベンド面またはベンドに隣接する 2 つの平面。
• 参照として使用するエッジ。
溶接リブの整列を指定するため、任意の長さでエンティティを指定できます。
• 寸法配置に使用される点。
エッジを選択した場合は、参照として端点を自動的に取得します。 ただし、スケッチ点また
は線の端点などの別のエンティティを選択することもできます。
選択した点に関連する溶接リブを移動するには、オフセット をクリックしてオフセットの量
を指定します。
3. 輪郭(Profile) で:
a) 次のいずれかを行います:
• バンド面に対して対称である溶接リブの場合は、インデントの深さ(Indent depth)を
選択して深さを指定します。
• 非対称の溶接リブの場合は、輪郭の寸法 を選択します。
1 つの溶接リブ脚の深さ(d1)を指定して角度(a1)を指定するか、または各溶接リブ
脚の深さを指定します。
171
板金フィーチャー
脚の長さを逆にするには、寸法の指定側を反転 をクリックします。
b) 溶接リブ タイプを選択します:
オプション
ボタン
プレビュー
(Preview)
溶接リブ(Gusset)
ラウンド リブ
(Rounded rib)
フラット リブ(Flat
rib)
c) フラット リブ を選択する場合は、必要に応じて エッジ フィレット を指定します。
4. 寸法 で:
a) インデントの幅 の値を入力し、リブの幅を指定します。
b) インデントの厚み の値を入力し、リブの板厚を指定します。
c) 溶接リブの側面の角度を指定するには、
します。
をクリックして、側面の抜き勾配 の値を入力
d) オプションで、内側コーナーにフィレット指定
および 外側コーナーにフィレット指定
の値を変更します。 また、ボタンを無効にしてフィレットを削除することもできま
す。
5. プレビュー で、以下のいずれかを選択します。
一部をプレビュー表示
全体をプレビュー表示
172
板金フィーチャー
6.
をクリックします。
曲げロフト ベンド
薄板ロフト ベンドを作成し、フラット パターンの形成されたジオメトリおよび近似化されたベンド
ラインではなく、物理ベンドを作成できます。 薄板ロフト ベンドは、2 つの平行なプロファイル間
の写実的なトランジションを形成し、プレス ブレーキ製造の手順を容易にします。
薄板ロフト ベンドを作成するには:
1. install_dir\samples\whatsnew\sheetmetal\lofted_bends.SLDPRT を開きます。
2. ロフト ベンド
(板金ツールバー)または 挿入 > 板金 > ロフト ベンド をクリックします。
3. 製造方法 で 薄板 を選択します。
173
板金フィーチャー
4. 表示されたオープン ポイントで両方のプロファイルを選択します。
プレビューが表示されます。
5. ファセット オプション で ベンド数 を選択し、頂点と円弧の関連する部分の間の各セグメント
のベンド数を指定します。
174
板金フィーチャー
6. ファセット値 で ファセット値 の 5 を入力します。
7. 終点参照 を選択し、鋭角コーナーのセグメント間のトランジションを計算します。
8. 板金のパラメータ で、デフォルト パラメータの上書き を選択し、厚み で 1.0 と入力して、
ベンド半径 で 1.0 と入力します。
9. ベンド許容差 で、K 係数 を選択し、0.5 と入力します。
10. 自動リリーフ で、矩形 を選択し、リリーフ レシオ使用 を選択し、レシオ に 0.5 と入力しま
す。
11.
をクリックします。
コーナー リリーフおよびベンド トランジション
平らにした状態で維持される、折りたたまれた板金ボディにコーナー トリートメントを適用できま
す。 コーナー トリートメントが折りたたまれた板金ボディに与える影響、およびどのようにフラッ
ト パターンに引き継がれるかを表示できます。
以下のコーナー トリートメント タイプを使用できます。
矩形
175
板金フィーチャー
円形
(Circular)
無理曲げ
(Tear)
長円形
固定幅
コンフィギュレーション特有のコーナー リリーフを作成し、それらをコンフィギュレーション内で
抑制または抑制解除できます。 たとえば、コンフィギュレーション A に対して、すべてのコーナー
を選択して円形リリーフを適用することによってコーナー リリーフを定義できます。 コンフィギュ
レーション B で、すべてのコーナーを選択し、コンフィギュレーション A で抑制された矩形リリー
フを適用できます。また、その逆も可能です。
コーナー リリーフの追加
コーナー リリーフを単一の板金ボディに追加することができます。
1. コーナー リリーフ
(板金ツールバー)または 挿入 > 板金 > コーナー リリーフ(Corner
Relief) をクリックします。
2. コーナー リリーフ PropertyManager の スコープ で、コーナー リリーフを適用する板金ボ
ディを選択します。
3. コーナー で、全コーナーを集める をクリックして板金部品のすべてのすべてのコーナーをリス
トします。
複数のコーナーをリストすると、複数のコーナー リリーフのタイプを指定することができま
す。
コーナー 断面でコーナーを選択すると、そのコーナーを定義する面が コーナーの定義 断面に
表示され、コーナーがグラフィックス領域でハイライト表示されます。
4. 全コーナーを集めるのではなく、個別のコーナーを追加するには、コーナーの定義 断面で、
コーナーを定義する面を選択し、新しいコーナー をクリックします。
コーナー 断面のリストにコーナーが追加されます。
176
板金フィーチャー
5. 選択したコーナーの リリーフ オプション で、適用するリリーフのタイプを選択します。
リリーフのタイプにより、指定できる他のオプションが決まります。
使用できるオプション 矩形
円形
無理曲 長円形
(Circular) げ
(Tear)
固定幅
ベンドライン中心
(Centered on
bend lines)
はい
はい
NA
はい
NA
スロット長
はい
はい
NA
はい
NA
厚みとの比率
はい
はい
はい
はい
はい
ベンドに正接
(Tangent to
bend)
はい
はい
NA
NA
NA
フィレットされたコー はい
ナー追加
NA
NA
NA
NA
コーナー フィレット
はい
NA
NA
NA
NA
スロット幅
NA
はい
NA
はい
NA
小さいコーナー
はい
はい
NA
はい
NA
以前の選択内容がグラフィックス領域に表示されます。
6.
をクリックします。
7. 展開 (板金ツールバー)をクリックすると、コーナー リリーフが展開された板金部品でどの
ように表示されるかを確認することができます。
円錐形および円筒形ボディのスイープ フランジ
スイープ フランジ PropertyManager の 円筒形/円錐形ボディ セクションでは、固定エンティティ
としてフラット パターンに反映される直線スケッチ エンティティを選択できます。
円筒形/円錐形ボディ オプションは、輪郭のスイープに沿った選択パスがスケッチの場合にのみ
使用できます。
スイープ フランジ ツールにより、円形パスに沿ってスイープされた複合スケッチ輪郭を使用できま
す。 反映する直線スケッチ エンティティを選択すると、継ぎ目として追加されている、ロール リ
ブまたはフランジなどの機能を含む円筒形または円錐形をソフトウェアによって正しく平坦化でき
ます。
177
板金フィーチャー
円筒形のフラット パターンを指定するには、スイープ パスに対して水平または垂直なスケッチ エ
ンティティを選択します。 円錐形のフラット パターンを指定するには、傾斜したスケッチ エンティ
ティを選択します。
円錐形のボディを平坦化する際に 円筒形/円錐形ボディ オプションがない場合は、平坦化した形が
矩形になります。
円錐形
円筒形/円錐形ボディ オプションを使用しない展開
円筒形/円錐形ボディ オプションを使用して傾斜したスケッチ エンティティを選択する場合は、平
坦化したパターンが円錐形になります。
選択した傾斜したスケッチ エン 得られる平坦化したパターンの円錐形
ティティ
178
板金フィーチャー
スイープ フランジを円錐形ボディに追加する
スイープ フランジを円錐形の板金ボディに追加する場合、生成されるボディが必ず正しく展開され
るよう、円筒形/円錐形ボディ セクションを使用することができます。
円筒形/円錐形ボディ オプションは、輪郭のスイープに沿った選択パスがスケッチの場合にのみ
使用できます。
1. スイープ フランジ
クします。
(板金ツールバー)または 挿入 > 板金 > スイープ フランジ をクリッ
2. スイープ フランジ フィーチャーのプロファイルとパスを選択します。
輪郭
パス
3. 円筒形/円錐形ボディ を展開し、チェック ボックスをクリックしてオプションを有効にしま
す。
4. 部品をアンフォールドする際に固定エンティティとして機能するプロファイルの一部である、
直線スケッチ セグメントを選択します。
179
板金フィーチャー
5.
をクリックします。
6. 展開
(板金ツールバー)をクリックして、生成されるフラット パターンを確認します。
180
19
SolidWorks Simulation
SolidWorks Simulation Professional および SolidWorks Simulation Premium は別途購入して製品
を利用することができ、SolidWorks Standard、SolidWorks Professional、または SolidWorks
Premium と共に使用できます。
SolidWorks Premium では、線形静解析機能を使用できます。
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
コネクタ
接触
材料
パフォーマンス
ポストプロセス
SolidWorks Plastics から結果をインポートする
コネクタ
Toolbox ファスナーからボルト結合への自動変換
モデル内の Toolbox ファスナーを Simulation ボルト コネクタに自動的に変換できます。
SolidWorks Simulation Professional 以上で使用可能です。
自動検出ツールを実行するには、スタディ PropertyManager の オプション 下で、Toolbox ファ
スナーをボルト コネクタに変換(時間がかかる場合があります)(Convert Toolbox to bolt
connectors (may take time))を選択します。
このツールは、線形静解析、非線形静解析、および非線形動的スタディで使用できます。
変換プロセス、場所、形状フィーチャー、および Toolbox ファスナーの材料が、対応するボルト
コネクタの種別に内部的にマッピングされます。
181
SolidWorks Simulation
コネクタ(ボルト) PropertyManager では、変換中に以下のフィールドに値が入力されます:
タイプ
以下のタイプのコネクタについて、すべてのジオメトリ エンティティに値が入力され
ます。
ナット付標準/座ぐり
ナット付皿穴
標準ねじ/座ぐりねじ
皿穴頭ねじ
材料
Toolbox ファスナーに材料が割り当てられている場合、ボルト コネクタ定義に同じ材
(Material) 料が使用されます。 その他の場合、デフォルトの材料合金鋼が使用されます。
強度デー
タ
有効断面積
2
ISO ボルトねじ: At = 0.7854 * [d - (0.9382 / n)] ここで d は
ミリメートル単位、n はミリメートルあたりのねじの数です。
2
ANSI ねじ: At = 0.7854 * [d - (0.9743 / n)] ここでdはインチ
単位、nはインチあたりのねじの数です。
D = ボルトの呼び径(Toolbox ファスナー データから)、および n
はインチ(ミリメートル)あたりのねじの数です(Toolbox ファス
ナー データから)
参照: Machinery's Handbook、発行Industrial Pressをクリックし
ます。
ボルト強度
ファスナーの材料の降伏強さに等しくなります。
182
SolidWorks Simulation
予圧
FI = 0.75 x At x 0.20 降伏強さ
(Pre-load)
参照: 「Machinery's Handbook」、Industrial Press 発行、第 27版、1495 ペー
ジ。
コネクタ
下で作成された Simulation ボルト結合を表示できます。
ボルト コネクタは、同じサイズおよび長さを持つ同等の Toolbox コネクタと命名規則を共有しま
す。 同じサイズのボルト コネクタは、サブフォルダにグループ化されます。 解析から除外された
Toolbox 構成部品は、部品 下の 部品(Auto-Converted Toolbox Fasteners)にリスト表示され
ます。
• 解析を進める前に、変換されたコネクタのプロパティを確認および検証してください。
• Toolbox ファスナーによって固定されたボディ間の干渉を防止するため、引き続き接触条件
(多くの場合は接触(No-penetration))を定義する必要があります。
• ギアやピンなどの Toolbox アイテムは、自動的には Simulation コネクタに変換されません。
コネクタ出力のリスト
スプリング、スポット溶接、リンク コネクタの場合、静解析または非線形解析の実行後に出力をリ
ストすることができます。
結果
を右クリックし、コネクタ力をリスト をクリックします。
ピン/ベアリング力をリスト (List Pin/Bearing Force) オプションが削除されます。 すべて
のコネクタについて出力フォースをリストする機能は、力の結果/結合力 PropertyManager か
ら利用できます。
現在のスタディにあるすべてのコネクタの結果をリストすることも、選択したコネクタのみの結果
をフィルタリングすることもできます。 使用可能な選択項目は次のとおりです:
•
•
•
•
全コネクタ
全ピン
全ボルト
全スプリング
•
•
•
•
全スポット溶接
全リンク
全ベアリング
個々のコネクタ
テーブルの行を選択すると、対応するコネクタがグラフィックス領域にハイライト表示され、吹き
出しにすべての力がリストされます。
183
SolidWorks Simulation
Shift キーを押し、複数の連続した行を選択します。 Ctrl キーを押し、複数の個々の行を選択しま
す。
すべてのコネクタの力を Microsoft Excel スプレッドシートにエクスポートするには、ファイルへ
保存
をクリックします。
接触
2D 簡略化での接触圧力プロット
線形および非線形 2D 簡略化スタディで接触圧力プロットを表示することができます。
SolidWorks Simulation Professional 以上で使用可能です。
応力プロット PropertyManager(構成部品)で、
CP: 接触圧力 を選択します。
接触圧力は、解析中に 2 つのボディが接触し、貫通なしの接触が定義されている領域に生成されま
す。 接触が生じる領域の可視性を高め、領域の表示を限定するようにする場合、選択したエンティ
ティのみでの接触圧力プロットを表示するオプションが使用できます。
応力プロット PropertyManager の 詳細設定オプション で、選択したボディのみプロットを表示
する を選択します。 接触圧力を表示する面を選択します。
2D プロットでの接触圧力をベクトルとして表示することができます。3D プロットでの接触圧力に
ついても同様です。 応力プロット PropertyManager の 表示 で、3D プロットとして表示 または
ベクトル プロット表示 を選択します。
3D プロットの場合、結果はスタディのプロパティ(平面応力、平面ひずみ)で定義されているよう
に断面深さにまたがって押し出されるか、対称軸(軸対称スタディ)の周囲を回転します。
184
SolidWorks Simulation
接触可視化プロット
新規の接触可視化プロットを使用すると、モデルで作成されるすべての接触を検査できます。
SolidWorks Simulation Professional 以上で使用可能です。
接触可視化プロットにより、グローバル、構成部品、接触アイテムのセットの各定義で適用された
モデル内の別のタイプの接触を簡単に検出できるようになります。
接合部
を右クリックし、接触可視化プロット
をクリックします。
接触が定義されているモデルの領域は、各接触タイプに固有の色でレンダリングされます。 サポー
トされる接触タイプは次のとおりです:
接触タイプ
色のレンダリング
ボンド
赤
接触(No Penetration)
紫
くい込みを許可(フリー接触)
緑
シュリンク接合
オレンジ
仮想壁
黄色
熱接触抵抗
紫
絶縁
緑
185
SolidWorks Simulation
接触可視化プロット PropertyManager で 計算 をクリックして、ジオメトリベースの接触ペアを
表示します。 ジオメトリ ベースの接触には、初期時(解析の開始前)に接触し、接触定義に自動ま
たは手動で割り当てられているすべてのジオメトリ エンティティ(エッジ、面またはボディ)が含
まれます。
指定された接触定義に従って、ソルバで検出されたモデルの領域をメッシュ レベルで表示するには
(解析の開始前)、ソルバで生成された接触を含める(メッシュ必須) を選択します。
結果 で ソルバ ベースの接触の表示(Show solver-based contacts) を選択します。 接触可
視化プロットは、指定された接触定義に従って、モデルのジオメトリ エンティティに属するメッ
シュ要素をレンダリングします。
ジオメトリ ベースの接触のプロット。 2 つの構 ソルバ ベースの接触のプロット。 接触の構成に
成部品間の接触エッジのレンダリング。
関係するメッシュ要素のレンダリング。
材料
アクティブな SolidWorks Simulation サブスクリプション サービスのある SolidWorks Simulation
Professional ユーザーと SolidWorks Simulation Premium ユーザーは、オンラインの SolidWorks
材料ポータルを経由して、はるかに多くの材料のライブラリにアクセスすることができます。
SolidWorks Simulation Professional 以上で使用可能です。
Matereality LLC とのパートナーシップを通じて拡張材料データベースが提供されます。
実行するシミュレーション スタディのタイプまたは使用する材料のモデルに基づき、材料を検索す
ることができます。 オンラインの SolidWorks 材料ポータルからダウンロードされた材料が、
SolidWorks Simulation の 材料 ダイアログボックスで使用可能な材料リストに自動的に追加され
ます。
パフォーマンス
パフォーマンスの向上により、解析時間が削減され、特定の非線形解析スタディに対する結果の収
束が改善し、シミュレーション スタディの初期ロードにかかる時間が削減され、大きな問題に対す
る新規の直接スパースソルバを使用できるようになります。
非線形解析に含まれる機能強化は次のとおりです:
186
SolidWorks Simulation
• 点-面 接触コンタクト情報の収束が改良され、パフォーマンスが全体的に 30 % 改善しました。
• 小変位理論を使用した場合の、弾塑性材料モデルを使用したシェルの結果の精度が向上しました。
Simulation スタディの初期ロード
Simulation スタディを含むモデルの初期ロードの実行に要する時間が短くなりました。 複数の
Simulation スタディを含むモデルでは、パフォーマンスの向上はより顕著になります。
新オプション モデルを開く際にすべての Simulation スタディをロード(モデルを開く際に必要
な時間が長くなります) は、システム オプション から利用できます。
このオプションを選択すると、Simulation スタディのすべての情報が、モデルを開く際にメモリに
保存されます。 複数の Simulation スタディを含むモデルを開くには、時間がかかる可能性があり
ます。
このオプションをクリアすると、モデルを開く際にメモリに保存されるのは、個々の Simulation
スタディの基本情報のみとなります スタディをアクティブにすると、Simulation スタディ データ
の残りがメモリに保存されます。
大きな問題の直接スパース
マルチコア処理機能を利用して静解析および非線形スタディの解析速度を改善する、直接スパース
ソルバが提供されています。
静解析 または 非線形 ダイアログ ボックスの 解析ソルバ で、大きな問題の直接スパース を選択し
ます。
機能強化されたメモリ割り当てアルゴリズムを利用することにより、ソルバは、コンピュータの物
理メモリを超えるシミュレーション問題を取り扱うことができます。
初期的に 直接スパース ソルバを選択し、メモリ リソースの制限のためにアウト オブ コア ソリュー
ションに到達した場合には、警告メッセージによって 大きな問題の直接スパース(Large Problem
Direct Sparse)に切り替えることが警告されます。
ポストプロセス
次のユーザー インタフェースの機能が強化されました:
• 定義編集、チャート オプション、および 設定 PropertyManagers への共通アクセス。
• プロット凡例での最小値および最大値の編集機能。 プロット凡例の最小値または最大値をクリッ
クし、新しい値を入力します。
• プロットの 等高線オプション へのクイック アクセス。 プロット凡例境界の任意の場所を右ク
リックし、等高線オプション をクリックします。
• 結果プロットでのメッシュの表示状態を即座に変更する機能。 プロット凡例境界の任意の場所を
右クリックし、メッシュ表示 を選択またはクリアします。
対称平面に関するミラー結果
ジオメトリと荷重対称条件を活用するため、平面対称または周期対称拘束を設定するモデルの場合、
結果をフルモデルで表示することができます。 結果をモデルの断面のみでなく、フルモデルで表示
すると、モデルの動作をより詳細に観察することができるようになり、モデリングにエラーが存在
する可能性がないか特定する際に役立てることができます。
187
SolidWorks Simulation
目的とする結果数量の PropertyManager の 詳細設定オプション で、対称結果の表示(Display
symmetric results)を選択します。
結果は、実際のジオメトリの 1/2、1/4、または 1/8 を解析するモデルの対称平面に関してミラー
リングされます。 周期対称の場合、定義された回転軸の周囲で周期的に繰り返されます。
周期対称の場合、選択された面の間の角度は、360 を均等に分割する必要があります。対称軸
は、周期対称を設定する選択された 2 つの平面の交点に位置する必要があります。
結果をフルモデルで表示する新規オプションは、応力、変位、拘束、設計インサイト、安全率プロッ
トと、平面対称拘束と周期対称拘束をサポートするすべてのスタディ タイプで使用できます。
結果をフルモデルで表示するプロットを eDrawings ファイルに保存できます。 モデルに設定され
る荷重記号、メッシュ、拘束記号は、解析対象のジオメトリ断面でのみ表示できます。対称の平面
に関してはミラーリングされません。
対称拘束を一連の直交する面に設定することで圧
力容器の 1/4 が解析されます
結果はフルモデル ジオメトリで表示されます
複数のコンフィギュレーション間での結果の比較
結果比較 ツールを使用すると、同じモデルの異なるコンフィギュレーションに関連付けられた
Simulation スタディから結果プロットを 4 個まで比較することができます。
クロス コンフィギュレーション比較モードにより、既存のコンフィギュレーション機能を使用した
結果の表示全体に対するフルコントロールが可能になります。
この PropertyManager にアクセスするには、結果比較
をクリックします。
(Simulation CommandManager)
オプション で 全コンフィギュレーションの全スタディ(遅い) を選択して、異なるコンフィギュ
レーションに関連付けられたスタディから最高 4 個の結果プロットを比較できます。
同じタイプのプロットの場合は、設定を制御するプロットを選択できます。
188
SolidWorks Simulation
デフォルト コンフィギュレーション - 1 次モー 2 番目のコンフィギュレーション - 1 次モード
ド形状
形状
デフォルト コンフィギュレーション - 2 次モー 2 番目のコンフィギュレーション - 2 次モード
ド形状
形状
SolidWorks Plastics から結果をインポートする
プラスチック部品の場合、非線形静解析スタディで SolidWorks Plastics Premium から温度と金
型内残留応力をインポートすることができます。
SolidWorks Simulation Premium で使用可能。
射出成形プロセス中に保たれる温度から、室温に冷却するプロセスをシミュレートすることにより、
プラスチック部品の最終的な残留応力と、変形状態を計算することができます。
189
SolidWorks Simulation
ソリッド要素でメッシュを作成する単一成形品の SolidWorks Plastics Premium からのみ、
データをインポートすることができます。
SolidWorks Plastics Premium で保圧プロセス(Flow + Pack)を実行すると、金型内残留応力
と温度データを Simulation で読み取ることのできるバイナリ フォーマットでファイル(*.POE)
にエクスポートすることができます。 バイナリ ファイルには次の内容が格納されます。
• 元のメッシュの節点座標と要素の結合性
• 温度とモールド内残留応力の節点の値(3 つの節点と 3 つのせん断応力成分)
• 材料特性(Material properties)
Simulation 非線形静解析スタディでバイナリ ファイル(*.POE)に格納されているデータをイン
ポートし、成形品の最終変形形状を計算することができます。
Simulation は、t = 0 秒から t = 1 秒への時間曲線を節点の温度に適用し、成形品を均一に室温
(298 Kelvin)まで冷却します。 冷却プロセス中に成形品の収縮が発生する可能性があります。
Simulation は金型内残留応力構成部品(疑似時間 t = 0 秒時)と急冷熱応力構成部品(時間 t =
1 秒時)を追加して、最終的な変形形状を計算します。
非線形静解析スタディの時間は擬似時間であるため、成形品の冷却に要する時間を制御すること
はできません。
SolidWorks Plastics からの射出成形データのインポート
この例では、SolidWorks Plastics から、Simulation 非線形解析スタディの保圧プロセス後に生成
された残留応力および温度をインポートします。 プラスチック カップが室温まで冷却された後の最
終応力および最終変位を計算します。
モデルを開くには、以下に移動します:
install_dir\samples\whatsnew\plastics\cup.sldprt.
次の Ready スタディ フィーチャーを確認します。
• インポートされた金型内応力
• ユーザー定義材料 フォルダーに保存された材料定義
• メッシュ プロパティ
190
SolidWorks Simulation
射出成形データのインポート
非線形解析スタディを作成して、保圧プロセスの最後に SolidWorks Plastics から型内の残留応力
と温度をインポートします。
1. 非線形解析スタディを、指定された 金型内応力(In-mold stresses)で作成します。
2. 新しいスタディ フォルダを右クリックし、プロパティ をクリックします。
3. 金型内応力 タブで次を実行します。
a) SolidWorks Plastics からの金型内応力のインポート を選択します。
b) ファイル名 で install_dir\samples\whatsnew\plastics を参照し、
inmold_stresses.POE を選択します。
*.POE ファイルには、保圧プロセス後に SolidWorks Plastics で計算された応力および温
度節点データが含まれます。 ファイルはバイナリ形式となっていて編集できません。
材料が SolidWorks Plastics の部品に割り当てられているため、デフォルトで SolidWorks
Plastics からの材料を含める(Include material from SolidWorks Plastics)オプションが
選択されています。 異なる材料プロパティを適用するには、このオプションをクリアし、
SolidWorks Material データベースから材料を適用します。
4. OK をクリックします。
新しいアイコン
金型内応力 が 外部荷重
に表示されます。
非線形解析ソルバが、保圧プロセスの時間 t = 0 で保圧プロセスの終端からインポートされた
金型内応力と節点温度を適用します。
冷却プロセスをシミュレーションするために、金型内温度データと、時間 t = 0 の初期値から
擬似時間 t = 1.0 の室温(298 Kelvin)に降下する時間カーブを内部的に関連付けます。
メッシュの生成とスタディの実行
部品のメッシュを作成し、非線形解析スタディを実行します。
1. 標準 メッシュおよびデフォルトのメッシュ作成設定を使用してモデルをメッシュ化します。
2. 非線形解析スタディを実行します。
ソルバは、*.POE ファイルに保存された節点と要素の接続情報を Simulation で作成された新
しいメッシュに内部的にマッピングします。
解析を実行するために拘束を追加する必要はありません。 非線形解析ソルバは、ソフト ス
プリングを内部的に適用し、部品を安定させて剛性の特異点を解析します。
冷却後の結果の表示
解析が完了すると、完全に冷却した後の部品の最終的な残留応力と変形図をプロットできます。
部品の最終的な変形形状(擬似時間 t = 1 秒)は、金型内応力(擬似時間 t = 0)と急冷熱応力の
両方を考慮したものになります。
部品の最終的な変形形状を表示するには:
1. 結果 で、変位図プロット PropertyManager を開きます。
2. 時間 を 1 秒に設定し、変形図 で 自動 を選択します。
191
SolidWorks Simulation
3. 設定 タブで、原形モデルを変形図上に表示 を選択します。
4. OK をクリックします。
192
20
スケッチング
この章では以下の項目を含みます:
•
•
•
•
•
•
•
•
円錐用自動正接
スケッチ輪郭の比率の維持
パス長の寸法
スケッチ エンティティの置き換え
スケッチ関係式
スケッチ図のスケール ツール
スプライン(Splines)
スティック フォントの使用
円錐用自動正接
自動正接(Auto Tangency)は、円錐カーブのスケッチ プロセスを容易にします。
円錐 PropertyManager でこのオプションを選択する際には、円錐カーブ向けに最初の端点と 2 番
目の端点を設定します。 円錐ツール
は曲線の各端点に正接関係を適用し、曲線の頂点を選択
します。 このオプションは既存の形状を参照する際に便利です。
このオプションをクリアした場合は、曲線の頂点を定義する必要があります。
スケッチ輪郭の比率の維持
部品やアセンブリ用のスケッチに寸法を最初に指定するときに、スケッチ輪郭のすべてのエンティ
ティが寸法に基づいて均一に自動スケール変更されます。
この機能は、スケッチ輪郭の比率を維持する場合に役立ちます。また、寸法をスケッチに最初に追
加するときにのみ適用されます。 角度寸法とスカラー寸法はサポートされていません。
パス長の寸法
スケッチ エンティティのチェーンへのパス長の寸法を設定できます。 駆動寸法となる寸法を設定で
きます。これにより、エンティティをドラッグした際に、パス長が一貫してサイズ変更されます。
パス長の寸法では、ベルトとチェーン アセンブリまたはプーリ システムを拘束できます。
193
スケッチング
ユーザー定義プロパティ、コンフィギュレーション、関係式、または設計テーブルおよび BOM を
含むテーブルでこの寸法を参照できます。
ツール > 寸法 > パス長(Path Length) をクリックするかスケッチを右クリックし、寸法 > パ
ス長(Path Length)
をクリックします。
スケッチ エンティティの置き換え
エンティティの置き換え コマンドを使用して、下位の参照を壊すことなく、スケッチ エンティティ
を別のスケッチ エンティティに置き換えることができます(合致など、異なるタイプのジオメトリ
がダウンストリーム参照で必要な場合を除く)。 たとえば、直線をスプラインに置き換えると、そ
のスプラインによって作成された面を参照する下位フィーチャーは正常に再構築されます。
あるスケッチ エンティティを削除してから、それを置き換える場合、新しい参照セットを作成しな
ければならないことがよくあります。 その代わりに エンティティの置き換え(Replace Sketch
Entity)コマンドを使用すると、新しいエンティティは古いエンティティから参照を継承するため、
それらを再作成する必要はありません 置き換えの間、継承された参照を変更して、新しい参照を追
加することもできます。
一度に置き換えられるのは、1 つのエンティティのみです。
エンティティの置き換え コマンドにアクセスするには:
• スケッチ エンティティを右クリックして、エンティティの置き換え をクリックします。
• スケッチ エンティティを右クリックして、削除 をクリックします。 スケッチャーの削除確認
(Sketcher Confirm Delete)ダイアログ ボックスで、エンティティの置き換え をクリックし
ます。
• ツール > スケッチ ツール > 置換
をクリックします。
194
スケッチング
スケッチ エンティティの置き換えの例
この例では、円弧をスプラインに置き換えます。
スケッチ エンティティを置き換えるには:
1. install_dirinstall_dir\samples\whatsnew\sketching\replace_entity.sldprt
2. FeatureManager デザイン ツリーで、ボス-押し出し 2 を選択して スケッチ編集
クリックします。
を右
3. グラフィックス領域で、回転および拡大ツールを使用して、必要に応じてスケッチを表示し、
スケッチの上面のエッジに近いスプラインを選択します。
4. ポップアップ ツールバーの 作図ジオメトリ
をクリックします。
このコマンドによって、[スプライン 1(Spline1)] が作図ジオメトリからソリッド曲線に変
換されます。
5. 円弧を選択し、ポップアップ ツールバーで エンティティの置き換え
をクリックします。
置き換え PropertyManager に、円弧 2 が置き換えられるエンティティとしてリストされま
す。
6. PropertyManager で、作図線に変更(Make Construction)をクリックします。
195
スケッチング
7. グラフィックス領域で、スプライン 1(Spline1)を選択します。
8.
を右クリックし、スケッチを終了します。
モデルが自動的に再構築されます。
新しいスケッチ エンティティである [スプライン 1(Spline1)] は、[円弧 2(Arc2)] に定義さ
れたすべての寸法と関係を維持します。
スケッチ関係式
個別の値の代わりに関係式を使用してスケッチ寸法を指定できます。 関係式は、スケッチ ジオメト
リをドラッグすると自動的に解決されます。
関係式を使用して寸法を指定するには、スケッチ内で寸法をダブルクリックし、変更 ダイアログ
ボックスで =(等号)を入力して関係式を開始します。 また、フライアウト メニューからグローバ
ル変数、関数、または ファイル プロパティ を選択することもできます。
スケッチ関係式が 関係式、グローバル変数、寸法 ダイアログ ボックスの [スケッチ ビュー(Sketch
View)]
示します。
にリスト表示されます。 ツール > 関係式 をクリックしてダイアログ ボックスを表
また、関係式 ダイアログ ボックスでスケッチ関係式を編集し、ユーザー定義の拘束を作成すること
もできます。
スケッチ図のスケール ツール
スケッチ図 ツールには、ビットマップ イメージをスケッチ平面に簡単かつ正確に配置し、それらが
適合するようにサイズ調整できるスケール ツールが備わっています。
ツール > スケッチ ツール > スケッチ図
をクリックします。
196
スケッチング
スプライン(Splines)
固定長さの設定
任意の寸法を設定して、スプラインの長さを固定できます。 この寸法は、ユーザー定義プロパティ、
コンフィギュレーション、関係式、およびテーブル(設計テーブルや部品表など)で参照できます。
以前は、スプラインを固定された長さに寸法指定することはできませんでした。
固定長を設定するには:
1. install_dir\samples\whatsnew\sketching\fixed_length.sldprt を開きます。
2. スマート寸法
クします。
(寸法/拘束 ツールバー)または ツール > 寸法配置 > スマート寸法 をクリッ
3. スプライン上の任意の場所をクリックして寸法を指定し、
PropertyManager を閉じます。
をクリックして 寸法
円弧スタイルの寸法が表示され、スプラインに追加されます。
4. スプラインの端点をドラッグします。
端点をドラッグ、またスプラインの形状を変更しても、長さは変わりません。
5. スプラインの長さを変更するには、寸法をダブルクリックして、新しい値を 変更 ダイアログ
ボックスに入力します。
スタイル スプライン
スタイル スプライン
ツールを使用して、単一スパンのベジェ曲線をスケッチします。 これらの
曲線を使用して、滑らかな表面と粗い表面を作成できます。また、2D と 3D のスケッチで使用で
きます。
スタイル スプラインは 1 つのスパンのみで構成されます。 コントロール頂点を選択してからドラッ
グして、その曲率を形成します。 スケッチ エンティティによって、曲線の制御ポリゴンを形成する
コントロール頂点が接続されます。
197
スケッチング
スタイル スプラインを使用して、曲線の角度と曲率保持を簡単に制御できます。 正接または等曲率
について、スタイル スプラインを推測できます。 曲線側の点と寸法を拘束できます。 これらの曲
線では、ミラーと自己対称もサポートされます。
スタイル スプライン ツールには、スタイル スプライン (スケッチ ツールバー)または ツール
> スケッチ エンティティ > スタイル スプライン からアクセスできます。
スタイル スプラインのスケッチ
2 つの既存エンティティ間のブリッジ曲線としてスタイル スプラインをスケッチできます。
スタイル スプラインをスケッチするには:
1. 新しいスケッチを開始します。 中心点円弧
スケッチします。
ツールを使用して 2 つの円弧エンティティを
2. スタイル スプライン(Style Spline)
(スケッチ ツールバー)または ツール > スケッ
チ エンティティ > スタイル スプライン(Style Spline) をクリックします。
198
スケッチング
3. グラフィック領域で、円弧の最初の端点をクリックします。
この最初のクリックで、スタイル スプラインに最初のコントロール頂点が作成されます。
4. 以下のように、ポインタを推測線の上に合わせてクリックすると、2 番目のコントロール頂点
が追加されます。
2 番目のコントロール頂点を推測線にスナップすると、その端点に正接拘束が作成されます。
5. ポインタをさらに右に動かし、次の推測線の上に合わせます。 等曲率アイコンが表示された
ら、ポインタをクリックします。
3 番目のコントロール頂点を推測線にスナップすると、その端点に等曲率拘束が作成されます。
199
スケッチング
6. スタイル スプラインを完成させるために、さらにコントロール頂点を追加し続けます。 2 番目
の円弧の端点に到達したら、ALT キーを押し、端点でポインタをダブルクリックします。
ALT キーを押すと、最後のコントロール頂点に自動正接拘束が適用されます。
2 つのスケッチ エンティティ間のブリッジ曲線が完成しました。
200
スケッチング
コントロール頂点の挿入
コントロール頂点を挿入 コマンドは、1 つ以上のコントロール頂点をスタイル スプラインに追加し
ます。 コントロール頂点を追加するたびに、曲線度が増加します。
コントロール頂点は、スプライン点に似ています。 これらは曲線の形状を管理するのに役立ちま
す。 コントロール頂点の間に寸法を追加したり、拘束関係を追加したりできます。
コントロール頂点を挿入するには:
1. 開いたスケッチで、制御ポリゴン上の任意の場所を右クリックし、コントロール頂点を挿入
を選択します。
ポインタの形が
に変わります。
2. 制御ポリゴン セグメントの上でコントロール頂点を配置する位置にポインタを合わせてクリッ
クすると、点が挿入されます。
制御ポリゴンは新しいコントロール頂点でセグメントを分割し、曲率表示が適宜調整されます。
201
スケッチング
スタイル スプラインの拘束
スタイル スプラインを拘束するには、制御ポリゴンに直線セグメントの寸法を配置します。
制御ポリゴンの直線セグメントを拘束するには:
1. (寸法/拘束ツールバーの)スマート寸法(Smart Dimension)をクリック、またはツール
(Tools) > 寸法配置(Dimensions) > スマート寸法(Smart)をクリックします。
2. 制御ポリゴンの直線セグメントをクリックします。
3. 寸法のプレビューを表示するためにポインタを動かします。
4. 値を修正(Modify)ダイアログ ボックスで設定し、
引き続き、その他の寸法(角度寸法など)も配置できます。
202
をクリックします。
スケッチング
ローカル編集の使用
ローカル編集 では、隣接するスタイル スプラインに影響を与えずに、スタイル スプラインの形状
をドラッグおよび操作できます。 この設定は、接続されているが完全に拘束されていない複数のス
タイル スプラインを操作する場合に便利です。
ローカル編集 を使用してスタイル スプラインを変更するには:
1. 開いたスケッチで、ローカルでのみ編集するスタイル スプラインを選択します。
ローカル編集 は、2 つ以上のスタイル スプラインにのみ使用できます。
スタイル スプライン PropertyManager が表示されます。
2. スタイル スプライン PropertyManager の オプション で、ローカル編集 を選択します。
3. グラフィックス領域で、コントロール頂点を選択してドラッグします。
制御ポリゴンの形状を、その接続先である他のスタイル スプラインの形状に影響を与えずに操
作できます。
4.
をクリックします。
スティック フォントの使用
レーザー彫刻、ウォーター ジェット、およびコンピュータ数値制御(CNC)機械加工のための部品
またはアセンブリにスケッチ テキストを適用するときに、スティック フォントを使用できます。
スティック フォントは、シングル ライン、ストローク、またはオープン ループ フォントとも呼ば
れます。 OLFSimpleSansOC Regular フォントをすべてのスティック フォントに使用します。
スティック フォントを使用するには:
1. ツール > スケッチ エンティティ > テキスト をクリックします。
2. PropertyManager の テキスト で、ドキュメント フォント使用 をクリアします。
3. フォント をクリックします。
203
スケッチング
4. フォント選択 ダイアログ ボックスの フォント で、OLF SimpleSansOC フォントを選択し
ます。
5. その他のオプションを選択して、OK をクリックします。
204
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
121
File Size
5 280 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content