close

Enter

Log in using OpenID

殺し屋ですのよ

embedDownload
殺し屋ですのよ
べっそうち
こみち
ある 別荘地
の朝。林の中の 小道
を、エヌ氏はひとりで散歩していた。彼は大きな会社の経営者だが、週末は
いつも、この地でくつろぐことにしているんのだ。すがすがしい*1 空気、静かな中での子鳥たちのこえ...
そのとき、木かげから若い女が現れた。明るい服装に明るい化粧。そして、にこやか*2 に声をかけてきた。
「こんにちは」
エヌ氏は足をとめ、とまどって聞いた。
「どなたでしたかな。失礼ですが、思い出せません」
「無理もありませんわ。初めてお会いするのですから。じつは、ちょっとお願いが...」
「しかし、あなたは、どなたなのですか」
「それを申し上げると、お驚きになるでしょうけど...」
「いや、めったなことでは、驚きませんよ」
「殺し屋ですのよ」
かんけつ
女は 簡潔
に答えた、しかし、見たところ、虫も殺そうにない、エヌ氏は笑いながら、
「まさか...」
「冗談でしたら、なにもわざわざ、こんな場所でお待ちしませんわ」
女は、まじめな口調と表情だった。それに気がつくと、エヌ氏は不意にさむけのようなものを感じ、青ざめ
ながら口走った*3 。
ひれつ
「さては、あいつの仕業*4 だな。だが、こんな 卑劣
な手段に訴えるとは、おもわなかった。ま、待ってくれ。
たのむ。殺さないでくれ」
哀願を繰り返すと、女はこう言った。
「誤解なさらないで、いただきたいわ。殺しにきたのでは、ございませんよ」
「はて*5 、どういうことだ。殺し屋がわたしを待ち伏せていた。しかし、殺すのが目的ではないと言う。殺
し屋なら、殺すのが商売のはずだ」
はやがてん
「そう 早合点
なさっては、困りますわ。*6 。注文をいただきにうかがう場合だって、ありますのよ。いまがそ
れですの。どうかしら、ご用命*7 いただけないかしら」
事態がいくらか飲み込めて、エヌ氏はほっとした。
「そうだったのか。すっかり驚いてしまった。しかし、いまのところ、用はない」
「お隠しになることは、ありませんわ。さっき、さてはあいつか、とおっやいました。あいつとは、G 産業
の社長のことでございましょう」
「ああ、G 産業にとって、わが社は最大の商売がたき*8 だ。競争に勝つには、非常手段をとりたく*9 もなる
だろう、と考えたわけだ。ということは、わが社にとっても、G 産業は最大の商売がたき。ここでの話だが、
*1
*2
*3
*4
*5
*6
*7
*8
*9
清々しい
笑容滿面, 和藹, 和氣
口走る=説走嘴
行為、所作所爲
果てる、到底是
你不要那么貿然断定
ようめい、吩咐, 囑附, 定購
敵
取りたい
1
正直なところ、私としても、彼が死んでくれればいい、と思わないでもない」
女は目を輝かせて、身を乗り出した。
「そのお仕事を、やってあげましょうか」
「それは耳寄り話だが...」*10 [お引き受けしたからには、手抜かりひとつなく、完全にやり遂げてご覧に入れ
ますわ」
エヌ氏は、女を眺め直した。だが、そんな仕事がやれそうには見えない。また、冷酷な子分を配下*11 にそ
ろえていそうにも見えない。
彼はしばらく考えて言った。
「せっかくだが、お断りしよう。あなたを全面的に信用しようにも、それだけの根拠がないではないか。万
はめつ
一、やり損なってつかまり、私が依頼したということが表ざたになったら、私までが 破滅
だ。そんな危険をお
かしてまで、彼を殺す気はない」
「ごもっともですわ。だけど、小説やテレビだけの知識で、殺し屋を想像なさらないように。そのような殺
し屋では、ありませんもの」
かた
「というと、どんな殺し をするのだ」
方
「決して不審を抱かれない*12 死、病気をさせるのですから」
エヌ氏は顔をしかめ、にが笑いをした。
「冗談じゃない。そんな方法など、ありえない。第一、どうやって病気にさせるのだ」
*14
「呪い殺す*13 、とでもしておきましょうか」
しょうき
「ますますひどい。失礼だが、 正気
なのですか。病院で見てもらったいいかがです」
からかうようなエヌ氏の視線を感じないかのように、女は話を進めた。
「呪い殺すという言葉が古いのでしたら、こう言い替えてけっこうですわ。巧妙な手段で、相手の周囲のス
ていせつ
トレスを高め、心臓を衰弱させて死に至らしめる*15 。現代の医学の 定説
によりますと、ストレスとは...」
「こんどは、急にむずかしい話になった。要するに、彼を自然死させるというのだな。しかし、まだどうも
信用しかねる。そううまく行くとは...」
エヌ氏は腕を組み、首をかしげた、女はその内心を察して*16 か、
「うまい話を持ちかけ、お金だけ受け取って、そのまま*17 。こんな点を、ご心配なのでしょうね。だけど、
ご安心いただきたいわ。済んでからの成功報酬で、けっこうですの。手付け金*18 など、いりませんわ」
「しかし...」
さんかげつ
よゆう
ろっかげつ
「期限もお約束いたしますわ。 三ヶ月
以内と申し上げたいところなんですけど、 余裕
を取って 六ヶ月
待って
いただければ、確実にやり遂げて差し上げます」
「いやに自信があるのだな。しかし、こんな時にはどうするのです。*19 。成功はした、それなのに、私が報
酬を払わない。困るでしょう」
*10
*11
*12
*13
*14
*15
*16
*17
*18
*19
耳より: 引人愛聴, 値得一聴、這個倒是令人感興趣的話題
属下、部下
不使有疑點的
のろいころす
呪う、まじなう、呪う、のろう
いたる + しめる=いたらせる
さっする
説了這麼多, 無非是想要銭罷了
てつけきん=手付け、定金, 定銭
這段時期你準備如何做
2
「きっと、お払いくださいますわ。あたしの手腕を、ご覧になれば」
「そういうものかな。それなら、まあ、やって見てくれ。成功すれば、お礼は払う。成功しなくても、もと
しょうこ
もとだ。たとえ、やり損なって発覚しても、私が巻き添えになるような 証拠
も、残らないようだ」
エヌ氏は慎重に考えながら、ついに*20 うなずいた。
「では、楽しみにお待ちになってください」
女は急ぎ足で帰っていった。それを見送りながら、エヌ氏は半信半疑でつぶやいた。
「妙な人間もいるものだな。本当にそんなことができるのだろうか。手付け金なしだから、別に損もしな
かったが」
よんかげつ
しかし、そんなことも忘れ、 四ヶ月
ばかりたった時、エヌ氏は、ニュースに接した*21 。問題の G 産業の社
しっかん
長が、病院での手当の甲斐もなく、心臓 疾患
で死んだのだ。そして、警察が不審を持って調べ始めたという動
きもなく、無事に葬儀も終わった。
その数日後、エヌ氏は別荘での朝の散歩をしていると、林の道でまた、いつかの女が待っていた。こんど
は、エヌ氏のほうが、先に声をかけた。
「こんなすばらしい手腕とは、思わなかった。おかげで、わが社も G 産業を圧倒できそうだ。しかし、まだ
信じられないほとだ」
「お約束したとおりでしょう。では、報酬をお願いしますわ」
もし払いたくないと断わったら、こっちが対象にされるかもしれない。
「分かっている。払うよ」
「ありがとうございます」
おんなは金を受け取り、エヌ氏と別れた。そして町へ。彼女は、あとを付けられないようにとだけ注意し
た。素性*22 が分かっては、困るのだ。*23 。
家に帰り、服装も髪型も化粧も、ずっと地味なものに変える。それから出勤し、仕事のための白衣に着替え
れば、立派な看護婦だ。事実、医師たちの信用も厚い。だから、彼女のたいていの質間に、医師は答えてく
れる。
「先生、いま帰られた方ですけど、病状はどうなんですの」
ご
か げつ
はっ か げつ
「よくない。正直なところ 五
ヶ 月かな。長くても 八
ヶ 月は持たないだろう。しかし、こんなことは、決して
本人や家族の者に言うなよ。ショックを与えることになる」
「もちろん、分かっておりますわ」
彼女だって、本人や家族に告げるつもりはない。もっとも、カルテで住所を調べ、職業を調べ、その人に恨
みを持っている人や、商売がたきには...
*20
最終
せっする
*22 すじょう、来歴、来路、底細
*23 不想譲人知道 的底細
*21
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
109 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content