close

Enter

Log in using OpenID

長年にわたる外山喜雄・恵子夫妻のサッチモ、ジャズ、ニューオリンズへの愛を讃える

embedDownload
、
日本ルイ・アームストロング協会
ワンダフルワールド通信 No.87
日本ルイ・アームストロング協会 (ワンダフルワールド・ジャズ・ファウンデーション= WJF) 2015年10月発行
〒279-0011 浦安市美浜 4-7-15 WJF 事務局 TEL:047-351-4464 FAX:047-355-1004 Email: [email protected]
ホームペ-ジ
http://members3.jcom.home.ne.jp/wjf/
発行人 代表・外山喜雄 編集長・山口義憲 編集・小泉良夫
ジャズの聖地を巡礼する「外山喜雄&セインツと行くニューオリンズ・ニューヨーク“サッチモの旅”」は今年、何と31人
が参加し、7月29日から8月8日までまるで夢のような11日間を過ごした。連日のように猛暑に襲われていた日本を離れ
て、またまたあの灼熱のニューオリンズへ…と思いきや気温も湿度も和らいでいて、それなりに快適。特にニューヨークで
は、避暑地にでもいるような涼やかな風が頬をなでる日もあって、ちょっぴり驚かされる。外山夫妻ではないが、「ちゃんと
ポップス(サッチモ)が見守ってくれているんですよ」。では、ご報告!
(小泉良夫)
(写真上)サッチモ・サマ
この号は 2015「サッチモの旅」特集です
ー フェ ス ト のメ インス テ
ージで演奏する外山喜
雄とデキシーセインツ
=7月31日
(写真左)ルイ・アームス
ト ロン グ国 際空 港 に 一
行を出迎えてくれたTB
Cブラスバンドと外山夫
妻。東京・九段ライオン
ズクラブ会長、松村善一
さんからから贈られたサ
ッチモの日本手ぬぐいを
開き、みんな大喜び
=7月29日。ツアー中、
この手ぬぐい が大受け
で、受け取ったみなさん
は本当に大喜びだっ
た。松村さんありがとう。
TBCブラスバンドに迎えられてルイ・アームストロング国際空港入り
到着ロビーを揺るがすサウンド…踊り出す乗客の女性も
29日(水)午後8時過ぎ、ちょっぴり遅れてニューオリンズ
のルイ ・アームストロ
ング国際空港に到着
し、我々がまだコンコ
ースを歩き始めたば
かりなのに、待ちか
ねていたTBCブラス
バンドの10人が高ら
かに演奏を開始した。
毎年顔を合わせてい
てもう10年の付き合
いとなるトランペッターのショーン君…いやいや、今や26歳と
いうからショーン・ロバーツさんと呼んだ方がいいのかも…が
大うけだった「サッチモの日本手ぬぐい」
ニューオリンズ、ニューヨークでも配布!
笑顔を見せる。毎年のようにガイド役まで務めてくれる日本
人ドラマーの
まゆみさんも
ドラムで出迎
え。外山夫妻、
松本耕司さ
ん (tb) も 加 わ
る。 到 着 ロ ビ
ーに次々と
降りたって来
る乗客のみ
なさんは大喜び。中には踊り出す女性も…何といってもここ
はジャズの街なのだ!
50人超のバンドが大音響の歓迎
トランペットなどを今年もプレゼント
外山夫妻がWJF21周年の記念パーティーでも、お
バンドルームではディレクター、ウィルバート・
土産として参加者にプレゼントしたサッチモの日本手
ローリンズ先生(写真左) 率いる50人超のブラス
ぬぐいを空港で歓迎してくれた TBC ブラスバンドのみ
バンド部員が、部屋を揺るがすような大音響で
なさんにも手渡す。みんな、こ
我々を迎えてくれた
れを広げて大喜び(TOPペー
(写真左の上段) 。セ
ジの写真) 。この手ぬぐいは、
インツも加わる (同
WJF設立21周年記念パー
下段) 。楽器のプレ
ティー“感謝の集い”のさい、
ゼ ンテ ー シ ョ ン や
東京・九段ライオンズクラブ
バンド演奏、終わ
会長の松村善一様から寄贈
って全員クレオー
(500枚)され、ご参加の皆様
ル・ビュッフェまで
にも配布したもの。今回の
ご馳走に なって し
「サッチモの旅」でも大好評
まった。
で、サッチモ・サマーフェスト
食事の時、驚い
VIP、ジャズ博物館、ルイ・ア
たのは、隣のテー
ームストロング・ハウス・ミュー
ブルについていた
ジアム館長、マイケル・コグス
家族がみんなロー
ウェルさん、ヘレン・メリルさ
リンズ先生一家だ
んらにもプレゼントし、みなさ
ったこと。お母さん、
ん、大変喜ばれていた。
ローリンズ夫人、ま
翌30日(木)は、朝からミ
だ幼いお子さんた
シシッピ川の対岸にあるランドリー・
ち(女3、男1)=写真左。そんなことま
ウォーカー高校へ。なんと!入り口
ったく知らなかった。先生に尋ねる
に高性能の“拳銃探知機”が新設さ
と、照れくさそうに頷く。
れていると聞いてびっくり。
終わって、ジョージ・ルイスのお墓
参り。今年は中村美代子さんが花
束を添え、外山さんが
れていた。
お線香までくゆらせた。
こうしたきめ細かな資料
墓前でセインツが演奏
の保存というのが、どんな
(写真右) する中、坂下
分野でも欠かせないことを
泉さんらがせっせとお
肝に銘じる。記録文書、音
墓の上を覆っていた雑
源、楽譜、写真…うらやまし
草を丁寧に取り除いて
い限りの何でもござれ。
いく。
ジョージ・ルイスの墓前で演奏、献花
湖では感動的な鈴木芳郎さんの散骨
リバーボートでセインツも加わりジャム・セッション
川面に遺灰が撒かれた瞬間ドドーンと花火が…
ミシシッピ川
夜は、外輪船のリバーボート「ナッチェス」号に乗っての
の大橋を渡って
ジャズクルーズ。出演はデュークス・オブ・デキシーランド
北 へ 。ポ ン チャ
で、リーダーのケビン・クラーク(tp)は健在。この日は時折、
ートレイン湖ウエ
雨に見舞われたこともあって当初、バンドは階下ディナー
ストエンドへ回る。
ルームの室内でやっていて、ディナー券を買っていない
ここで今年4月
我々は、なんだか閉め出されたような格好でがっかりさせ
に急逝した鈴木
られていた。そんな時、あの“力強い助っ人”まゆみさんが
芳郎さんの感動
的な散骨(灰) の
“儀式”。
この後、“南部
のハーバード大
学”ともいわれる
名門のチューレ
鈴木さんの遺影を掲げてポンチャートレ
イン湖に遺灰を撒く外山夫妻
ン大学(St. Charles Ave.)にも立ち寄った。
ここには立派なジャズ資料館(ウイリアム・ランソン・ホー
「日本からのお
ガン・アーカイブ)があって、以前、ここでWJFスタッフの渡
客さんが、上で
辺研介さ
31人も待って
んが恵子
いるのよ。上で
さんのバン
やって下さい
ジョー物語
よ」とプッシュ、
の詳しい
バンドを上につ
資料を“発
れてきてくれたそうだ。演奏が続けられ、しばらくするとセ
掘”、会報
77号に書
いてくれた
チューレン大学のジャズ・アーカイブに展示された
恵子さんのバンジョー資料を見つめ、みなさんに秘
話を披露する外山夫妻(左)
インツも全員加わって9人によるジャム・セッションが繰り広
げられた。『キャバレー』『聖者の行進』で最高の盛り上が
りを見せる。シーラ記者の記事(後述)でも触れられている
こともあっ
が、外山さんはあまりに熱中、ノリまくっていたので鈴木芳
た。ジャズ史の研究家、ウイリアム・ラッセルがこのバンジョ
郎さんの遺灰の散布を忘れていた。終わってから慌ててミ
ーのことを手書きのイラスト入りでこの資料室に詳しく書き
シシッピ川に散布すると、その瞬間にドドーン!ここでは
残してくれているのだ。
何とも珍しい花火が対岸から次々と打ち上げられた。「鈴
一行とともに恵子さんも当日、訪問するとあって、展示
室のガラスケースに、前もってちゃんとその資料が展示さ
木さんが昇天したようだ」と外山さん。この“慰霊の花火”も
サッチモのイタズラ? みなさん、しばし夜空を見上げる。
このあとそれぞれが思い思いの夕食へ。真夏の生ガ
を贈呈する
キ! 焼いたもの、揚げたものもある。レッド・ビーンズ、ガ
(写真左)。
ンボ、ナマズのフライなど地元料理に舌鼓、ニューオリン
1992 年に一
ズの夜を満喫した。
緒にジャズ
大農園「オーク・アレー・プランテーション」へ
樹齢300年の木々、大邸宅を背景にパチリ
ツアーを始
めた鈴木芳
31日(金)は、バスで1時間ほどの川沿いにある、これ
こそ南部の典型的な大農園というべき「オーク・アレー・プ
郎さん、まる
で今年のツアーの“主役”といった感じでしたよ。
ランテーション」へ。居間、書斎、寝室、客室、子供部屋…
夜は、ライブハウス「スナッグ・ハーバー」にセインツが出
伝統的な衣装を身につけた女性のガイドさんの案内で目
演(写真右下) 。2階にも客席があるなかなか落ち着きのあ
を見張る豪華な邸内を回る。面白かったのは、室内の鏡
るクラブ。満
に黒いスクリーン
員のお客さん
が掛けられていた
を集め、セイ
こと。「鏡に魂を吸
ン ツは 午後 7
い取られないよう
時過ぎから、
にしているので
9時過ぎまで
す 」とか 。廊 下の
の 2セット。ま
突き当たりにきて、
ゆ み さ ん (ds)
ガイドさんが「さあ、
やダリル・シャ
この ドアを開ける
ーマンさん
と、目前に世界一
(p,vo) も 飛 び
素 敵な 光景が 広
入りして彩りを
が りますよ 」と、さ
添えた。
っと扉を開け放つ。
8月1日
…と、薄暗い廊下
にぱっと真夏の陽
光が差し込んで、
記念撮影には絶好のロケーション。みなさんの背後の突き当たりが大邸宅の正面で、この
裏側にかつての奴隷の居住地、ピーカン樹林、膨大な農園が展開されている。いまは、食堂
やら記念品を販売する大きな売店なども作られている
(土)は、いよ
いよセインツ
に とっ て の サ
巨大なオーク(カシ・ナラ類) 計28本が通路を挟んでミシ
ッチモ・サマーフェスト本番。午後4時半から5時45分まで、
シッピ川の土手まで両側にどっしりと続く。樹齢300年とか。
メインのレッド・ビーンズ&ライスリー・ユアーズ・ステージ
寿命は600年だそうでまだ半分しか年をとっていない。ま、
に出演。
上の写真を見て頂きましょう。
外山夫
ここで南部料理の昼食をバイキングでしっかりとる。
妻も感
いよいよハイライト「サッチモ・サマーフェスト」
ジャズ博物館に鈴木さんからの$1000 寄贈
激して
いたほ
市内に戻って、この日から始まった「サッチモ・サマーフ
ど 、 聴
ェスト」会場、旧造幣局へ。今年からフェストの入場料(1日
衆のみ
5ドル)を取るようになって、一行それぞれ3日分のリストバ
なさん、
ンドを購入する。入場料を払わずに周辺道路に大きな折
熱い声
りたたみ椅子を広げて、ちゃっかりジャズを楽しもうとする
援と温かい拍手を送っていた。何といっても外山さんはお
人たちで周辺も大賑わいだったが、会場内の売店では、
客さんを引き込んで、乗せるのがお上手。みなさん、ステ
「お客さんの入りが悪くなって売り上げが落ちてしまった
ージと一体になって楽しんでしまうのだ (TOP ページに写
よ」と嘆きの声も。我々は2階のジャズ博物館へ行って、ス
真) 。
タッフに鈴木さんからの1000ドルをとサッチモの手ぬぐい
演奏曲は「南部のたそがれ」「ハロー・ドーリー!」「ウエ
れでまもなく3歳)を連れて外山夫妻を訪ねてきた。名前を
ストエンド・ブルース」「キャラバン」「ケイコズ・ブギ」「バー
聞くと「サナエ」ですって。日本名のサナエちゃんかと思っ
ガンディー・ストリート・ブルース」「バイバイブルース」「ハ
たら、「Senaa」と綴るそうだ。ホント、可愛い。お父さんのシ
イ・ソサイティー」「聖者の行進」…と盛りだくさん。
ョーン君が空港に我々を迎えにきてトランペットを吹いて
セント・オーガスチン教会での「ジャズミサ」
場内に高らかに鳴り響く外山さんのペット
いるところをビデオカメラの小さな液晶画面で見せてあげ
たら、ますます可愛い眼で見つめていた。大きくなったとき
2日(日)は、
に再会できたら…と思うと何とも楽しみ。
セント・オーガ
(終面に写真)
ジョン・マイケルがやって来た!
あの子がホント、大人になって
スチン教会で
のジャズミサ。
外山さんはゴス
午後8時からサマーフェストのフィナ
ペル隊やトレメ
ーレ。例年のようにトランペッター全員集
のブラスバンド
合! 何とあのジョン・マイケルが3年ぶ
と演奏。松本耕
りでやってきた。彼は2012年、ティピテ
司さん(tb)も加
中央の奥で立ち上がりトランペットを吹いているのが外山さん
ィナスのチョーズン・ワン・バンドの一員と
して来日、東北の大震災被災地を回っ
わる。終わって
ブラスバンドは、外で待機していた長老、グランド・マーシ
たこともある。最近、夏はボストンのバークリー音楽大学での
ャルを先頭に他の
夏期講座に出ていて、しばらくご無沙汰だった。満面笑みの
ブラスバンドやらセ
お 母さん、 アン
カンドラインを従え
ジーにも再会で
て、猛暑の中(今年
きた。
はそれほどではな
続いて夜は
かったが)サマーフ
プ リ ザベ ー シ ョ
ェスト会場まで延々
ン・ホールで 、
とパレード。我々は
オールスターズ
冷房の効いたレス
による「サッチ
トランに逃げ込む。
モ・トリビュート」。
以前、熱中症にか
浅草に何度も
かってしまったツア
来ていてセイン
ー同行者も出たが、
ツの粉川忠範さ
パレード主役のグランド・マーシャルを先頭に教会を出発。外山さん、松本さんも続く(右)
日本の猛暑に我々
も大分慣れてきたなあ。でも、油断は禁物、水分と塩分の
んがニューオリ
ンズに来られなくなったとき、セインツの一員として共演したり、
補給!
スチームボートのデュークス・オブ・デキシーランドに出てい
パレ
たりと、あちこち飛び回っているトロンボーン奏者、フレディ
ードが
ー・ロンゾ
終わっ
が出ていた。
てホテ
飛び入りの
ルに引
セインツと
き上げ
ていた
すっかり大人になったジョン・マイケル(右から3人目)と
の再会を喜ぶ外山夫妻ら“昔なじみ”のみなさん
ら、あ
のショーン君が何とも可愛い長女(2012年8月18日生ま
は息もぴっ
たり。外山
さんとユー
モラスに「君、
微笑めば」
サッチモ・サマーフェストのフィナーレは、全
員集合のサッチモに捧げるトランペットバト
ル=右から外山さんとジョン・マイケル
「ロッキン・チェア」でボーカルを掛け合い、会場を沸かせた。
ーオリンズ・ジャズ・フェスティバルに来ている、お馴染みの
ひげのベーシスト、リチャード・モーテンも何度も浅草のニュ
ベテランだった。
墓参、プレゼント、クルージングにショッピング、グルメ、もちろんジャズ…
今年もやってきました「ルイ・アームストロングの“お盆”」
ヤンキースタジアムへ11人! ヘレン・メリルさんとお食事組も
3日(月)、ルイ・アームストロング国際空港からニュー
ヨークへ。降り立ったのは、J.F.ケネディー国際空港。
いつもは国内線だとラガーディア空港着だが、ことしはな
ぜかJ.F.K.空港だった。空港からウエリントンホテルに
チェックインする時間までバスに乗ったままざっと市内見
学。で、この日はほぼ移動だけ。夜はさっそく5ブロックほ
ど歩いた和風レストラン「サッポロ」で久々の日本酒とビー
ルでのどを潤す。餃子にラーメン…枝豆もあったけれど
冷や奴がメニューから消えていたのはちょっとがっかり。
それでも、かなり飲み過ぎてしまった。
サッチモの誕生日にサッチモ邸へ、お墓参りも
鈴木芳郎さんからの寄金やらプレゼント手渡す
4日(火)は、サッチモの114回目の誕生日! クイーン
ズ区コロナの旧サッチモ邸「ルイ・アームストロング・ハウ
ス・ミュージアム」(LAHM)へ。館長のマイケル・コグスウェ
ルさんが迎えに出てくれていた。そうなんです、いろいろ
お渡しするものがあるのです。まずはサッチモの日本手
ぬぐい、そしてシグ藤田さん撮影の島津貴子さんとサッ
チモのサイン入りダンス写真など3点(別項で撮影秘話)、そ
サッチモ邸玄関先の、あの階段にみなさん集まって全29人が記念写
真。サッチモが横でオー、イエーですって。(参加者みなさんのお名前
は13ページに掲載しました)
オープンリールのテープレコーダーなど当時としては最高
級のオーディオ装置を備えた豪華な書斎…興味津々、何
度きてもまったく飽きさせない。
お隣には広々とした日本庭園。館長さんが精魂込めて
れに鈴木さんの遺志で寄贈された1000ドル。コグスウェ
ルさんが感動と喜びに顔をほころばす(写真上)。
毎度のことだが、二手に分かれて館内見学。リフトのつ
いた階段を上ると、突き当たりに全面鏡張りの浴室。金属
製の部分はすべて金という豪華版。世界を巡ったお土産
の記念品で飾られた居間、サッチモが息を引き取った夫
妻の寝室、食器や備品をすべて隠し込んで何ともすっきり
したキッチン、天井まで2段作りのウォーキングクロゼット、
修復しており、う
っそうとした
木々の 回りを リ
スが跳ね回って
いた こともあ っ
た 。小 さな 池 も
あり鯉が泳いで
いる。サ ッチ モ
は落ち着いたこの地が何とも気に入っていたようだ。彼の
ような売れっ子の超有名人ならもっともっと豪邸に住んで
も良さそうなものだが、そのわりには意外に慎ましやか。
観光は途中でやめてホテルに戻る。
夜は、ブロードウェイのレストラン「イグアナ」で食事とラ
イブ。グラミー賞も受賞している、ヴィンス・ジオルダーノ率
玄関口に上るレンガ造りの階段…サッチモがこ
いる1920年代のビッグバンドそ
こに座って近所の子供たちにトランペットを教えて
のものの「ナイトホークス・オーケ
いる写真(前ページ下段)でもよく知られていて、一
ストラ」の演奏を堪能する。外山
行のみなさんも代わる代わる記念撮影。ならば全
さんが飛び入りで加わり大喝采、
員まとめて集合写真もと1枚!(前頁)
バンドのミュージシャンからも温
サッチモ夫妻が眠るフラッシング墓地へ
まさに『ルイ・アームストロングの“お盆”』
かい拍手が送られていた。「私
お土産の記念品もいろいろ買って、お次はサッ
しているのですが、なかなか…」
チモ夫妻が眠るフラッシング墓地へ。昨年はここ
とは、“ジャズの街”宇都宮から
にビデオ映像作家の Joel Schlemowitz さんが密着
参加していたスウィンギング・ハ
取材して、『Louis Armstrong Obon』(ルイ・アーム
ード・オーケストラのリーダーでト
ストロングのお盆)というタイトルで14分の短編ド
ロンボーン奏者の吉原郷之典さ
キュメンタリー映画を作った。これがニューヨーク
のジャパン・ソサエティー(JS)主催の日本映画祭
たちもこのようなサウンドを目指
外山さんを取材する Schlemowitz さ
んとその映像から
「ジャパン・カッツ」の招待作品となった。サッチモ邸からお
ん。浦安から参加の会員、真崎
晃郎さん、美那子さんご夫妻が
軽やかにステップを踏んでいた。
墓への我々一行の“巡礼の旅”、外山夫妻のインタビュー
翌5日(水)の夜、バードランドでデビッド・オズワルド率
…サッチモに憧れ、ニューオリンズでジャズ修行、楽器の
いるサッチモ・トリビュート・バンド「ルイ・アームストロング・
寄贈、日米被災地のジャズ交
エタニティー・バ
流…たっぷり伝えられ、「お盆
ンド」の演奏を
には、天国から故人がみんな
聴く。外山さんと、
お墓に戻ってくるんです。それ
今度は恵子さん
で…」、サッチモにあいにお墓
も飛び入りで演
に向かう一行をとらえる。
奏。ここでもワイ
今年も恵子さんら“フラワー・
ガールズ”がゲート前の花屋さ
ンを 傾け、食事
を楽しむ。
んで生花を買って、星条旗で
ニューヨーク
飾られている墓前へ。外山さん
で は 2日間 、 自
がお線香まで用意してきた。セインツがここでも『ウエスト
由時間もたっぷりあって、マンハッタンを巡る2時間のクル
エンド・ブルース』と『ハッピー・バースデイ』を捧げる(写真
ージングやら最上階の展望台までオープンしたワールド・
右上の中央)。
トレード・センター(入場待ちが長蛇の列で上るのは断念)、
今年の「ジャパン・カッツ」でも、この『お盆』が話
5番街でのショッ
題となり、“優しく感動的な映画”として語り継がれ
ピング、ブロード
るなど大好評を博していたという。
ウェイでのミュー
超人気のイタリア料理を堪能したあとは…
1920年代のジャズ、翌日はバードランド
ミッドタウンに戻り、今年も超人気のイタリアンレ
ストラン「CARMINE(カーマイン)」のイタリア料理
で昼食(写真右) 。早々とワインにビール…料理は
次から次とこれでもか、これでもか! まったく食
べきれません。帰りのバスは渋滞でほとんど動けなくなり、
ジ カ ル鑑賞(京
都からの古川博
さんは『マンマ・
ミーヤ』と『ライオ
ン ・ キン グ』 の 2
つもご覧にな っ
たという)、美術館巡り…と、とても回りきれません。
“球児”とヤンキースタジアムへ11人!
ヘレン・メリルさんと和食のお食事組も
6日(木)、甲子園球児だったセインツの藤崎羊一さん
は毎年、ヤンキースタジアムやニューヨーク・メッツのシテ
ィー・フィールド球場に出掛けているが、今年はなんと10
人を引率してヤンキースタジアムへ。藤崎さんは引退し
たジーターのTシャツにヤンキースの野球帽…すっかり
地元ファンに同化してしまった(写真上)。試合はヤンキー
ニューヨークでの2つのライブ上はイグアナ、下はバードランド
スとレッドソックスの ナ イトゲーム。
「日本でいうと巨人・阪神戦といった
<今年のツアー
好カードです」とこの幸運な巡り合わ
は、人数が31人と
せに、にんまりの藤崎さん。ヤンキー
沢山になり、はた
スが2-1で勝って球場を沸かせた
して十分なお世話
ことにも大納得!
をするとこががで
一方、中村宏ご夫妻のお膳立て
きるのか…また、
で、かつて“ニューヨークのため息”
いろいろなイベン
として日本でも一世を風靡したニュ
トやハプニングに
ーヨークの女性歌手、ヘレン・メリル
満ちた、バラエティ
さん宅を訪問、歓談したあと、近くの
ーに満ちた旅にな
和風レストラン「ドングリ」でお刺身の盛り合わせなど、日本
酒を傾けながら、とても外国とは思えない素晴らしい和食
るか、と心配になっていました。
でも、ふたを開けてみたら、今までの旅行の中でも、一
を賞味、話題も大いに盛り上がった(写真右上)。あまりに楽
番の盛り上がりと、いろんな意味で“バラエティーに富ん
しい歓談だったので、帰国後またまたみなさんと再会し、
だ”ツアーになったかと思います。
ヘレンさんの代わりにお友だちのキャサリン・ホワットレイさ
んを交えて盛り上がってしまった。
ニューオリンズでの、私たちのバンドへの地元の皆さん
の声援と熱狂は光栄で身に余るものがありました…ジャズ
7日(金)、帰国の途に着き、日付変更線を越えて8日
ライブ、コンサート共に、盛り上がりが感激的で、参加の皆
(土)、全員無事成田着。ご苦労さま、本当に楽しかった。
様に、その中にいらっしゃって本場のジャズのノリと、本場
だから1度「サッチモの旅」に参加すると、みなさん病みつ
の興奮を楽しんでいただけたことは、本当に嬉しいことで
きになり、また行きたくなってしまうのです。さて、来年は?
した>
帰国後、外山夫妻はメールでこんな感想を伝えてくれま
した。
お2人とも、しばらく時差ボケとお疲れが抜けなかったと
か。喜雄さん、恵子さん、本当にご苦労さま。お疲れ様で
した。
シグさん撮影─こんな素晴らしいサイン入りレア写真があった!!
1963年4月…ダンスに興じる島津貴子さんとサッチモ
そしてもう1枚の写真中央のレディーはどなたですか?
朝日イブニング・ニュースで活躍されたシグ藤
田さん (写真右) に、サッチモのレア写真を送って
いただいたお礼の電話。その時シグさんがこんな
のジャケット に使ってた。
日本に来たときなんか、キャノンの工場まで行っ
て見学してね、キャノンが感激して、カメラを贈呈し
たいといったんです。でも、とんでもない、自分で買
います…と辞退したよ! そういえば、あのビッグ
バンドのリーダーは、ナット・キング・コールもパーテ
ィーに連れてきたことがあった! 最近は、往年の
歌手や芸能人が居なくなってしまって、本当にさびしいな
…。あれ(注=2015年3月28日、銀座十
字屋でのセインツライブ)は、楽しかった!
最近、お若いジャズマンは上手だけど楽し
くない。
私は、昔から写真をたくさん撮っていて、
市原悦子さんがまだ若くて、日生劇場で、
50年前ですよ。アンドロマックというミュー
ジカルに出たときの写真を撮っていて、六
つ切りに伸ばして彼女にあげたんです。大
変喜んでくれました!」
秘話を話して下さった。
(外山喜雄)
「あれはね、1963年の4月、昔のアメリカンクラ
ブのレストラン…アメリカの会社の日本支社長が
主催したパーティ
ーでね、ビッグバ
ン ド の リー ダ ー 、
何とおっしゃった
かな…その人が
島津貴子さんをご
存じで連れてきた
んです。リーダー
の奥さんは歌手
で、サッチモと別
の写真に写って
歌手のドリー・ベイカーさん、昨年、老後
いる人です。僕も、
カメラを構えて、
お住まいだったボストンで天国へ旅立たれ
サインをするサッ
た。彼女とも大変親しかったシグさん。私達
チモを撮っている
もドリーさんとお付き合いを通じてもう40年
ところが 、鏡に 映
っているでしょう
近く存じ上げているシグさん。プレゼント頂
(写真右下)。
いた大切な貴子さんとサッチモのレアショッ
カメラは、キャノ
トを、今年のツアーでNYのサッチモハウス
ンですよ。みんな
ドイツのカメラを記
にお届けした!!!
者連中は使って
いたけど、僕は何
でも日本びいきで、
この写真では見えにくいのですが、貴子さんの右腕のとこ
電化製品も日本
ろから万年筆で書かれた貴子さんタテ書きのサインが…
のモノしか使わな
サッチモハウ
い!サミー・デイビズも良く知っていたけど、そうでしたよ、
キャノンの愛用者。彼に名刺をもらったら、アンバサダー・
フォー・
キャノン
(キャノン
の大使)
と書いて
あった。
彼は写真
が趣味で
ね、自分
のキャノ
ン・カメラ
上の写真、中央のレディーはどなた? バ
で撮っ た
ンドリーダーの奥様とか。これもレア! ご
写真を、
存じの方がいらしたらお教え下さい!!
レコード
ス館長のマイケ
ル・コグスウェ
ルさんに伝えた
ら 、ジャパニー
ズ・プリンセスと
サッチモのレア
写真、オー・マ
イ・ゴッド! と
大喜びです。
シグさん、いつ
までもお元気で!!
外山夫妻一行が今年の「サッチモの旅」から帰国した8月8日、ニューオリンズ「タイムズ・ペキューン」紙のシーラ・ストラウプ記者(写真) が
タイムリーに同紙電子版に掲載してくれた長文のコラムを外山さんの翻訳で掲載させて頂きました。
長年にわたる外山喜雄・恵子夫妻の
サッチモ、ジャズ、ニューオリンズへの愛を讃える
外山喜雄さんは2015年7月30日(木)、ニューオリンズのランディー・ウォーカー高校で
夏季練習中の生徒たちのために演奏し、日本から同行のツアーの一行とともに学校での行事に参加して、
楽器を寄贈した。
(タイムズ ・ペキューン紙 、シーラ ・スト ラウプ記者 、ph otos by Brett D uk e)
バンドとWJF会員らとともにやってきて
感謝の気持ちを込めて子供たちに贈る
毎年、外山喜雄・恵子夫妻はサッチモ・サマーフェスト
出演のためにニューオリンズを訪問し、必ず彼らのトラディ
シ ョナ ル・ジ
夫妻に名誉ある同校スタジアム・ジャンパー…
「どんなに私たちが感謝しているか分かって!」
贈呈式の中で、バンド・ディレクターのウィルバート・ロー
リンズさんから夫妻に驚きのプレゼントがあった。名誉あ
ャズバンドと
る同校の頭文字をデザインしたスタジアム・ジャンパーだ
日本ルイ・ア
った(写真下)。
ームストロン
「いつも私たちにプレゼントを持ってきてくれて有り難う
グ協会のメン
ございます。私たちがどんなに感謝しているか、分かって
バー、そして
頂きたいのです」。 以前、アルジェ地区にあった2つの
贈り物をもっ
高校が合併する前にも、当時のオー・ペリー・ウォーカー
てやって くる
のが恒例に
げる愛情が、彼らに伝わっていく。
高校のジャンパーをローリンズさんが贈呈したことがある。
寄贈された楽器をローリンズさんに手渡す外山
なっ ている 。
今度もそれに変わりはなかった。
ランディー・ウォーカー高校のバンドルームで行われた
楽器贈呈式を待つ間、私は机の上に置かれた寄贈用のト
ランペット数本、トロンボーン、そしてバンジョーをよく調べ
てみた。すべての楽器にメッセージが添えられていた。
その時と同じように、喜雄さんは今回も贈呈式が終わるま
でずっとこのジャンパーを着続けていた。
ニューオリンズで暮らし帰国後WJFを設立し
トランペッターと指導者は特別な絆で結ばれた
挨拶に立った外山さんは、第9区にあったカーバー高
校で2003年に初めてローリンズ先生に会ったときのことを
話した。ローリンズさんは同校のバンド・ディレクターだっ
<この楽器はワンダフルワールド・ジ
たが、2005年ハリ
ャズ・ファウンデーション(日本ルイ・アー
ケーンで堤防が決
ムストロング協会)Tokyo,JAPAN から贈
壊し、学校は水没
られました。ニューオリンズとサッチモ、
してしまって同校
そしてあなた方の国が私たちに贈ってく
を離れた。2003
ださったジャズへの感謝の気持ちを込
年の訪問では、外
めた、日本のジャズファンからニューオリ
山さんは同校の生
ンズの子供たちへのプレゼントです>
徒たちのために39
このメッセージこそ、まさに外山夫妻
点 もの ピカ ピカ の
のすべてを物語っている。
毎年夏、私は外山喜雄とデキシーセインツが、この高校
でいつも素晴らしいショーを見せてくれるのを楽しみにし
ている。ショーのフィナーレは必ずセカンドラインのパレー
ドになる。子供たちはみんな夫妻が大好き。そして夫妻の、
ルイ・アームストロングとジャズ、そしてニューオリンズに捧
新しい楽器を持っ
てきてくれた──トランペットからチューバまであらゆる種
類の楽器だった。
彼は、当時カーバー高校の生徒たちが使っていた楽器
がボロボロだったので、驚かされたと語る。
「楽器のピストンがみんな壊れていたんです。この世で
初めて、世界にスイングすることを教えた街です。そこでこ
るボークレサンのソーセージ店は現在も有名)が経営する
んなことがあるなんて…。ルイ・アームストロングと一緒に、
「カフェ・クレオール」のアパートの3階に入居した。
皆さんが造りだした音楽に世界中がトリコになったんです
よ」と彼。
「窓は壊れていて、夜ともなるとプリザベーション・ホー
ルからの音楽が聞こえてくるんです」と喜雄さん。
私はその日のことも、楽器のこともよく覚えている。どの
喜雄さんのトランペットの練習と恵子さんのバンジョーの
楽器を見ても、ほとんどがひもや粘着テープで補修されて
演奏が壊れた窓から外に流れていって、それを耳にした
いた。その日、私は初め
ボークレサンから、も
て彼がトランペットを吹
しカフェの中庭で毎
き、尊敬してやまないル
晩やっ て くれたら 出
イ・アームストロングのし
演料代わりに夕食を
わがれ声で歌うのを聴
出してあげるよと言わ
いた。その最初の出会
れた。「それで毎晩、
いで、私はこの日本のト
私たちはクレオール
ラ ンペット奏者と 、ニュ
料理を食べていたん
ーオリンズのバンド指導
です」と喜雄さん。
者が特別の絆で結ばれ
彼らは滞在中の5
ていることを直感した。
年間、ミュージシャン
音楽が若い人たちの人
として働き、プリザベ
生を変え、救うこともできる
ーション・ホールでジャ
んだという信念で、2人が結ばれ
ズの巨匠たちに学び、時には彼
ているのだということを。
らとともにシットインさせてもらい
そして、それは私が初めて、
ステージにも立った。そして5年
なぜこの夫妻がニューオリンズ
後、日本でトラディショナル・ジ
で暮らすようになり、なぜ日本ル
ャ ズ を 演奏 する ため に 帰国 し
イ・アームストロング協会(ワンダ
た。
フル・ワールド・ジャズ・ファウン
デーション=WJF)を立ち上げ
たのかを知るきっかけでもあった。
ジョージ・ルイスの音楽に心を奪われた若い2人
ジャッフェのアドバイスで素晴らしい冒険の旅へ
夫妻がまだ大学生のミュージシャンだった1963年にこ
の物語が始まる。著名なクラリネット奏者のジョージ・ルイス
がプリザベーション・ホール・ジャズバンドとともに日本を演
奏旅行した年、若い2人はジョージの音楽に心を奪われ
た。
「そんなにジャズが好きなら、ニューオリンズへ来るべき
じゃないのかって、バンド・マネージャーのアラン・ジャッフ
ェが言ってくれたのです」
大学卒業後に2人は結婚し1968年、ジャッフェのアド
バイスに従って彼らは素晴らしいアドベンチャーの旅に出
た。住んだのは、バーボン・スリートにあった、ソニー・ボー
クレサン(外山注:クレオールの名士。息子さんが経営す
「ジャズは日本でとっても親し
まれているんです」と喜雄さん。
マルディグラの祭りで見た“ジャズの故郷”の荒廃
古い汚れた楽器で行進、子供達は拳銃を持ち…
20年後、マルディグラのお祭りを楽しむためにニューオ
リンズに戻ってきた2人は、高校のバンドが古い汚れた楽
器で行進しているのを目にし、10代の子供たちが拳銃を
持っていることを知ってショックを受けた。そこで彼らは、
子供たちの手に銃ではなく、新しい楽器をもたせようとWJ
Fを立ち上げた。「彼らがトランペットを手にしたら、ルイ・ア
ームストロングのようになるかも知れないって思ったので
す」と喜雄さん。それ以来、彼らは800点以上の楽器をニ
ューオリンズの学校の子供たちに届けるなど、この街のた
めに多くの素晴らしい貢献をしてきた。
今年のサッチモ・サマーフェスト開幕を翌日に控えたあ
の朝、セカンドラインを演奏しバンドルームを巡る彼らの行
進を見たとき、彼らが47年もの間、ニューオリンズへの愛
を強く持ち続けてきたこと、それがなんとも素晴らしいこと
だと思った。
ジョージの日本ツアーの際のポスターだったことを知っ
「ここでやっていることは子供たちを何とかしたい。それ
た。
がすべてなのです」とローリンズさんはプログラムの最後に
ジョージ・ルイスのお墓で、デキシーセインツは『主よ、
聴衆に向かって言った。「そして、まったく別の国からここ
御許近くに』と、ルイスの最も有名な曲の1つ『バーガンデ
に来られた素晴らしいご夫妻が、悪戦苦闘する私たちを
ィー・ストリート・ブルース』を演奏した。
助けてくださっているんです」。
父も愛し続けたジョージ・ルイスの墓前へ
賛美歌が流れ雑草を取り除く一行に感動
この日の昼下がり、私は外山夫妻、それにグループの
<彼のクラリネットから流れる、優しく、魂のこもった、美
しいサウンドよ、永遠なれ>墓碑にはそう刻まれていた。
そして、私たちがこの優しく魂のこもったクラリネットの曲に
耳を傾けている間、ファウンデーションの一行が手を伸ば
皆様方と
してお墓に生えた雑草を引き抜いているのをみて、私は
ジョージ・
感動させられた。
ルイスの
お墓に出
初めて知った恵子さんとあのバンジョーの秘話
せめて夫のバンジョーに日本を見せてあげて!
かけた。彼
お墓を後にするとき初めて知ったのだが、外山夫妻は
はミシ シ ッ
ジョージ・ルイスが埋葬された1969年1月の雨に濡れた
ピ川の西
朝方、その葬列に参列していた。また、恵子さんが演奏
岸、ニュー
していたバンジョーは、ジョージお気に入りのバンジョー
オリンズの
奏者、ローレンス・マレローの未亡人から昔譲り受けた楽
対岸にあ
る グレ ト ナ
ジョージ・ルイスの墓前で賛美歌が演奏される中、
草むしりをする参加者たち
器だった。
「ローレンス・マレローが亡くなったあと、世界中のバン
市のマクドノビル墓地に埋葬されている。外山さんら一行
ジョー奏者や収集家がそのバンジョーを手に入れようとし
は、ニューオリンズにやってくるきっかけとなった、このクラ
ていたのですが、夫人はどうしても手放したくなかったん
リネット奏者に敬意を払って毎年ここにやってきているの
です」と喜雄さん。それでも、未亡人のエロイーズさんは、
だ。私も、私の父のためにも是
若い日本の女性がバンジョ
非、墓参に参加したいと思っ
ーを探していることを知ると、
た。ジョージ・ルイスは父の大
それを恵子さんに譲ってく
好きなジャズマンの1人だった。
れたという。「ローレンスは、
父と母は、毎年冬になると、イ
ジョージと一緒に日本へ行
リノイ州の厳しい寒さを逃れ、
くことができなかったのです。
ニューオリンズ で至福の 1週
だから、彼女は、バンジョー
間を過ごした。毎晩2人はプリ
にだけでも日本を見せてあ
ザベーション・ホールに通って
げたいと思っ たの です」と
いた。必ず最後にレコードを
喜雄さん。
買って家に 持ち帰り、翌年1
月のニューオリンズ行きまで2人で楽しんでいたものだ。
私は夏の間、玄関先から私の寝室に流れてくる、ジョー
ジ・ルイスと“スイート・エマ”バレットの音楽を耳にして育っ
一行は次に、ミシシッピ
川を越えてウエストエンドへ向かい、私も同行した。
亡くなった仲間のトランペッターのために…
遺灰を湖に撒き『朽ち果てた十字架』を演奏
た。私の大学時代のある年、父が、日本語が上の部分に
そこでバンドは、4月に亡くなった仲間のトランペッター
書かれている1枚のポスターを家に持ち帰ってきたことが
鈴木芳郎さんのために『朽ち果てた十字架』を演奏した
ある。中央にはプリザベーション・ホール・ジャズ・バンドの
(写真上、中央)。
イラスト。下の方に“ジョージ・ルイス──ニューオリンズ”
の文字。私は40年後、外山夫妻と会って初めて、それが
「彼は本当にルイ・アームストロングを愛していたんです。
私たちのもとを離れていくまで、彼は病床でルイの音楽を
聴いていました」と喜雄さん。賛美歌の最後の余韻が漂う
中、喜雄さんはこの友人の遺灰をポンチャートレイン湖に
撒いた。「全部じゃないんですよ」と彼は笑いながら言った。
ミシシッピの川面にも鈴木さんの遺灰を散布
その瞬間、花火が炸裂「みんなサッチモが…」
日曜日の朝に開かれたセントオーガスチン教会のジャ
「今夜、ミシシッピ川のリバーボート・クルーズの時のため
ズミサは、彼の演奏する『この素晴らしき世界』で幕を開け
に少し残しておくんです」。
た。
湖畔で彼らと別れる前、私は、アームストロングのたぐい
まれな才能の発露とされる1928年録音の名曲『ウエスト
「みんな大喜びしてくれて、私たちも、本当に楽しい思
いをさせてもらいました」。
エンド・ブルース』をバンドが演奏するのを聴いた。「彼の
私は彼に休みなしで4日間も活動したのだから疲れた
ジャズ・フィーリング、スイング感、ブルース・フィーリング─
のではないかと聞いたところ、彼はとても幸せで、寝るとき
─それらはすべて、時代を数十年も先取りしていたんで
も興奮していましたと答えた。
す」と喜雄さん。「ルイの『ウエストエンド・ブルース』のイント
「これはハートがいっぱいの特別のジャズ祭なんです。
ロは、ロイ・エルドリッジやデ
そして、私たちが若かったと
ィジー・ガレスピーのようなト
きにとっても親切にしてくれ
ランペッターのスタイルに道
たこの街に恩返しすることが、
筋を付けたのです」。
私達も大好きなんです」と。
外山夫妻一行と別れたあ
蒸気船「ナッチェス」号の
と、この日の午後は雨の予報
クルーズに乗船したことにつ
だったことを思い出し心配に
いて彼に聞くと、彼の話では、
なった。でも、ふっくらした白
乗船したはじめの頃は雨が
い雲が湖の上の青空を流れ
降っていて、バンドのデュー
ていき天気は崩れなかった。
クス・オブ・デキシーランドは
喜雄さんはきっと、ルイ・アー
ダイニングルームで演奏して
ムストロングがお天気も面倒見てくれた、と思っているだろ
いたという。「そこに入るには食事を取らなければならない。
うな、と私は考えていた。
それで最初、私たちはバンドのいない外に座っていたん
サッチモ・サマーフェストが終わって彼と30人のツアー
です。とってもがっかりしました」と彼。でも、まもなく雨がや
がニューオリンズを離れようとしている月曜の朝、私は彼と
んで、クルーズの終わりの頃には、日本からのツーリストの
話をした。前の晩にサッチモ・トリビュートがあって、彼はプ
ためにバンドが外に出てきてくれた。
リザベーション・ホールに出演した。「ホールに初めて行っ
「私たちも加わって、大変なジャム・セッションになってし
たのはもう47年も前のことなんですよ。いろいろな想い出
まったんです。楽しさいっぱいで危うく鈴木君の遺灰を撒
が、まるで洪水のように甦ってくるんです。まったく感激、ノ
くことを忘れそうになってしまいました」と彼。思い出して、
ックアウトでした」。
慌ててボートの反対側に回り遺灰をミシシッピ川に投げ込
今度の訪問のハイライトは?との私の質問に、とても一
つを選ぶことはできないというのが彼の答えだった。
「ホントに沢山のことがあったんです」と彼。「私たちが金
んだ。「遺灰が川面に降り注いだちょうどその時、対岸の
アルジェから花火が打ち上げられたんです。まるで彼の魂
が私たちと一緒にそこにいるかのようでした」と喜雄さん。
曜日に演奏したライブハウスの『スナッグ・ハーバー』は超
「今年の私たちの旅行はパーフェクトでした。すべて親
満員のお客さんでした。サマーフェストの会場、旧造幣局
父さん、ポップス(ルイ・アームストロング)が面倒を見てい
でも同じでした。みんな本当に私たちのために熱狂してく
てくれたんです」。
れました。本当に温かく私たちを歓迎してくれたのです」
写真はすべてタイムズ・ペキューン紙電子版からのもので、小見
出しと写真説明は、編集のさい添付させて頂きました。
ツアーご参加は、中村宏・美代子、磯野博子、渡邊玲子、正木日出男、佐藤修・美智子、新居誠・照子、古川博、安本仰
路、飛田利勝・八栄子、真崎晃郎・美那子、神川一由、小暮弘道・裕、坂下泉、相澤美知子、堀内敬子、吉原郷之典、島田政
昭、小泉良夫・富子、外山喜雄・恵子、廣津誠、松本耕司、藤崎羊一、サバオ渡辺…のみなさんでした。(順不同)
日本ルイ・アームストロング協会 会員名簿<2015 年 9 月 12 日現在>
☆
賛助会員
住所
No
氏名
51
52
深町興光
冨生安昭
53
住所
No
氏名
住所
北九州市
杉並区
31
32
荻原和幸
奥川 清
世田谷区
京都市
増山律子
宇都宮市
33
奥西康平
国立市
No
氏名
54
松居克彦
平塚市
34
奥村清文
川崎市
1
2
荒井 潔
荒井正雄
横浜市
西東京市
55
56
松村善一
松村世枝
千代田区
千代田区
35
36
奥村久美子
奥山庸子
川崎市
世田谷区
3
4
新居 誠
安藤脩二
藤沢市
逗子市
57
58
松本隆一
宮原 明
練馬区
府中市
37
38
小熊良雄
小野 宏
三鷹市
浦安市
5
今井正義
前橋市
59
室橋洋子
千代田区
39
柿崎拓哉
横浜市
6
7
岩嶋東也
上田一生
世田谷区
三重県名張市
60
61
森 忠彦
安江祥晃
港区
江戸川区
40
41
勝股幸子
加藤 脩
文京区
板橋区
8
上田訓男
新宿区
62
柳
満
台東区
42
加藤 容
世田谷区
9
10
上田三千子
大崎亮三
新宿区
世田谷区
63
64
横田昭夫
若林千鶴
大田区
大阪市
43
豊島区
川越市
11
太田忠興
世田谷区
44
45
金子征一郎
鎌田政稔
鎌田義雄
河内長野市
12
13
大津正一
大西秀允
さいたま市
流山市
46
47
神谷芳憲
鴨下禎二
世田谷区
調布市
14
大西正則
座間市
48
川上 隆
藤沢市
15
16
大和田浩
大和田守
横浜市
新宿区
☆
No
一般会員
氏名
49
50
川口常仁
河原田 昌實
清瀬市
横浜市
17
18
19
奥山康夫
折橋 健
加藤 元
佐倉市
北区
渋谷区
1
2
3
Tim Ashida
青柳正子
浅井貞彦
台東区
宇都宮市
千葉市
51
52
53
菊池卓也
北浦康司
儀間 進
大田区
川崎市
東村山市
20
神沢節子
埼玉県北本市
4
阿部 豊
石岡市
54
木村陽一
芦屋市
21
22
北沢元朗
倉田 学
港区
名古屋市
5
6
荒井京子
飯窪敏彦
西東京市
杉並区
55
56
木村純士
久保幸造
芦屋市
愛媛県西予市
23
劔持 叡
船橋市
7
飯塚健一
品川区
57
久保井かおる
横浜市
24
25
肥塚重雄
小林永治
世田谷区
中央区
8
9
石井 修
石原規子
品川区
江戸川区
58
59
久保田隆志
蔵薗剛毅
福岡県京都郡
所沢市
26
佐藤 修
町田市
10
磯野博子
目黒区
60
倉持晧子
市川市
27
28
柴田昌男
菅野満雄
宇都宮市
足立区
11
12
一丸藤太郎
稲林昌二
広島県安芸郡
上尾市
61
62
栗原正司
栗山定幸
横浜市
逗子市
29
須藤靖夫
多摩市
13
井上俊之
横浜市
63
小浅邦子
品川区
30
31
関 喜和
相馬浩子
浦安市
北区
14
15
井上南都子
岩崎明彦
川崎市
渋谷区
64
65
小泉良夫
小出芳明
荒川区
八千代市
32
多賀弘明
台東区
16
岩間辰志
さいたま市
66
古井丸喜良
習志野市
33
34
高木康有
高野 孟
さいたま市
鴨川市
17
18
上野悦子
宇田川允敏
小平市
杉並区
67
68
河野文男
河本健一
川崎市
西宮市
35
武田 徹
長野市
19
遠藤春吉
八王子市
69
小暮弘道
新座市
36
37
田中光彦
土井田泰
仙台市
広島市
20
21
遠藤泰弘
大島 寛
武蔵野市
柏市
70
71
小長井浩
小林正一
さいたま市
宇都宮市
38
冨田宗義
渋谷区
22
大塚浩二
小金井市
72
小松多香子
小平市
39
40
冨永照子
外山初江
台東区
浦安市
23
24
大野 守
大庭和雄
板橋区
さいたま市
73
74
後屋敷敏治
西條光昭
杉並区
富士宮市
41
外山喜雄
浦安市
25
大畠廣起
渋谷区
75
笹木秀治
横浜市
42
43
外山恵子
内藤寿昭
浦安市
世田谷区
26
27
大平和夫
大森節夫
杉並区
新宿区
76
77
佐宗雅幸
佐藤 節
小田原市
宇都宮市
44
長島国次
大田区
28
岡島昭道
横浜市
78
椎橋邦雄
山梨市
45
46
永谷正嗣
中村 宏
新宿区
所沢市
29
岡持登美夫
岡本節夫
さいたま市
船橋市
79
80
四方邦晴
島田政昭
相模原市
新座市
47
中村義孝
岩手県下閉伊郡
81
清水正一郎
杉並区
48
49
中村喜世子
南湖征二
岩手県下閉伊郡
船橋市
82
83
鈴木和子
鈴木鐡雄
中野区
松戸市
50
新山 敏
新宿区
84
鈴木真樹子
墨田区
85
鈴木陸夫
港区
30
住所
No
氏名
住所
No
氏名
住所
86
住友貞彦
船橋市
141
古藪 隆
国分寺市
会
長:外山喜雄
87
瀬川昌久
新宿区
142
星野正典
足立区
理
事:奥村清文
88
関口美夫
栃木県下野市
143
本多幸治
富士見市
理
事:小泉良夫
89
相馬威宣
北区
144
本間保代
さいたま市
90
高木宏斉
芦屋市
145
真崎晃郎
浦安市
理 事:山口義憲
理事事:外山恵子
理
91
高田浩一
西宮市
146
正木日出男
鎌ヶ谷市
会
92
高橋正雄
堺市
147
増井直治
横浜市
事務局:細川ハテミ
93
田代
横浜市
148
三賢寵子
浦安市
ボランティアスタッフ
94
95
巽 洋二
谷口勇介
四街道市
千代田区
149
150
水越有造
宮宇地伸枝
川崎市
調布市
渡辺研介
小泉富子
96
民野
世田谷区
151
宮城 健
練馬区
福元希高
97
98
田村昭三
千葉英子
目黒区
新宿区
152
153
宮脇忠行
三好弘二
大阪市
愛媛県伊予郡
肥塚重雄
外山洋一
99
千葉友子
浦安市
154
村上逸桜
練馬区
伊藤咲子
100
101
塚原義晴
辻田あきら
市川市
浦安市
155
156
森 健吉
森田育弘
墨田区
北区
相馬威宣
相馬浩子
102
寺島邦夫
世田谷区
157
安田実男
福岡県古賀市
103
104
戸田正樹
外山弘光
富山県滑川市
横浜市
158
159
安間孝信
柳澤安信
横浜市
松戸市
105
直江寧和
中野区
160
柳原ちか雄
新潟県三条市
106
107
永井 元
長岡芳雄
文京区
川崎市
161
162
山口良夫
山口真一
兵庫県加西市
さいたま市
108
中嶋紀美子
港区
163
山﨑節夫
港区
109
110
中谷秀樹
中林宗司
埼玉県狭山市
練馬区
164
165
山下剛三
山田隆義
横浜市
杉並区
111
長峰郁夫
長野県南安曇郡
166
山田道夫
府中市
112
113
中村美代子
中村良子
所沢市
柏市
167
168
山田善之
山本俊兵
東京都稲城市
東大和市
114
中山邦夫
水戸市
169
横内知子
世田谷区
115
116
那波幸子
鍋本ゆり
川崎市
小平市
170
171
吉田 博
吉本悠久
大和市
杉並区
117
鳴川哲夫
杉並区
172
鷲見英明
静岡県田方郡
118
119
成瀬哲郎
西 恒雄
福生市
武蔵野市
173
174
渡部一勝
渡辺研介
目黒区
調布市
120
西口泰司
中野区
175
渡辺理明
船橋市
121
122
西谷晃男
西部曠介
茨城県牛久市
市川市
123
野上佑一郎
藤沢市
124
125
野口勇二
蓮井恵子
市川市
国分寺市
126
長谷部広行
世田谷区
127
128
畑田延浩
畠山直子
神戸市
渋谷区
129
濱田素明
宇部市
130
131
林 新三
原野精司
松戸市
横浜市
132
樋口加鶴夫
江戸川区
133
134
肥後崎英二
久野 孝
横浜市
いわき市
135
飛田利勝
千葉市
136
137
福田 等
福元希高
埼玉県加須市
杉並区
138
藤原宏史
宇都宮市
139
140
古川
古澤
京都市
鎌倉市
実
稔
博
隆
計:横田昭夫
紀尾井クリスマスコンサート2015
ニューオーリンズ・ジャズと
素晴らしきサッチモの世界
12/19(土) 16:00~18:00
紀尾井ホール開館20周年の今年、このクラッシックの殿堂で初めての「ジャズ企
画」が実現、しかも、ジャズ発祥の地ニューオーリンズとジャズの王様、サッチモこと
ルイ・アームストロングにスポットが当てられることになったのです。
そうなると、出演は外山喜雄とデキシーセインツおいて他にはありません。ジャズ
界の重鎮、前田憲男さん(p)、スチールギターの白石信さん、サッチモをこよなく愛
するジャズ評論家、瀬川昌久さんらも出演し、すばらしいジャズ・コンサートとなって
います。司会は露木茂さん。
全席指定で、S席¥5,500円 A席¥4,000などですが、WJF会員特別割引、一
般の方も割引あります。
お申し込み込は日本ルイ・アームストロング協会へ 電話 047-351-4464
あの石巻の“女のコ”がこんなに大きくなって!
石巻トリコローレ音楽祭でバリトンサックス演奏
ご寄付と嬉しいお手紙
東日本大震災の翌年、2012年8月7日、外山夫妻とニ
ューオリンズから「日米ジャズ交流」で来日した高校生とテ
ィピティナス財団の若手ミュージシャンらが宮城・石巻市を
訪れ、石巻ジュニアジャズオーケストラとコラボをしたさい、
ティピティナス財団から寄贈された楽器、バリトンサックスを
贈られた女の子の写真を同年12月発行の「会報74号」で
ご紹介し、写真(写真下、右の左)も掲載した。
バリトンサックスを贈られた彼女(写真下、左の右)サイドか
ら、このほど外山夫妻にこの写真添付のお礼のメールが
送られてきた。あの背丈ほどのバリトンサックスを抱えた“あ
のコ”が、こんなに大きくな
って…。
<今年8月23日、石巻ト
リコローレ音楽祭にて。あの
日バリトンを受け取った本
人。感無量!>
ありがとうござい
◆真崎晃郎様、美那子様(会員、浦安市)
◆長澤季利様 (福岡市)
10万円
トランペット
◆田中ひとし様 (苫小牧市)
アルトサックス、テナーサックス
石 巻 トリコロー レ音 楽 祭 の写 真 は
「
河北新報」
のホームページから→
外山夫妻をホテルに訪ねてくれたショーンとサナエ。ショーンを、ま
さにあの被災後の“ドタン場”で救ってあげたのが外山夫妻。WJF
としてもこの活動を誇りに思わざるを得ませんよね、みなさん!
募集中
♪ジャズを愛する皆様
どうか会員になって下さい!!
また皆様のお知り合いの方々に
ぜひ、WJFへのご入会をお勧め下さい
=WJF年会費=
一般会員(General Membership)
\6,000
学生会員(Student Membership)
\3,000
賛助会員(Friends of Louis Armstrong) \12,000
■会費のお振込み先■
郵便振替 00110-4-415986
ワンダフルワールド・J・F
銀行振込 三菱東京 UFJ 銀行浦安駅前支店
普通:5175119“ワンダフルワールド”
お問い合わせは:WJF事務局
TEL: 047-351-4464
Fax : 047-355-1004
Email:[email protected]
日本ルイ・アームストロング協会HP
検索エンジン:Yahoo,Google で
<検索>ルイ・アームストロング
http://members3.jcom.home.ne.jp/wjf
23
編集長から
今 夏 のニュー オリンズ・
ニュー ヨー ク“サ ッチモの
旅”は、例年に増しての大
フィー バー 、行 く先 々 で
大 歓 迎 、サッチモ・サマー
フェストでのセインツの熱
演 、親 しい人 々 との再 会
と新 しい家 族 との出 会 い
▼ そ れ ら のドキュメント
を地 元 紙 タイムズ・ペキュ
ー ンのシー ラ・ストラウプ
記者が特集記事で報道、
このツアー の初 期 から サ
ポー トしていただいた故
鈴 木 芳 郎 さ んのミシシッ
ピ川 散 骨 も 同 記 事 内 で
紹 介 さ れています ▼ 鈴
木 さ んは早 大 ニュー オル
リンズジャズクラブOBで
トランペッター。私 の2年
先 輩 で、昨 年 のWJFク
リスマスでオー ル・オブ・ミ
ー を 外 山 夫 妻 や 同 クラ
ブOBと一 緒に演 奏さ せ
ていただいたのが最 後のス
テー ジとなりました。合
掌 ▼8月 、 日、第
9回 斑 尾ジャズが開催 さ
れ、サッチモ・サマー フェス
ト2015のオフィシャル
Tシャツを 着 用 してステ
ージで司会 を務めてきま
した。特 別 ゲストでご 参
加 の瀬 川昌 久先 生 も「今
年 のニュー オリンズ・ツア
ー は盛 り上 がったそう で
す ね」とおっしゃっており
ました。(山)
22
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
81
File Size
5 837 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content