close

Enter

Log in using OpenID

ダウンロード [PDF:412KB]

embedDownload
SOLUTIONS
ユーザ導入事例 株式会社シンカ「新卒採用業務支援システム SRD IV」
IP TECHNOLOGY
インターネットルーティング 第 3 回
SHORT ESSAY
新 人
TOPICS
S H O R T E S S AY
新 人
IIJ ポストオフィスサービスに
ウイルス検出・駆除機能を追加
「IIJ セキュリティプレミアム」で
VPN オプションサービスを開始
IPv6 対応ルータを開発
時間というのは、残酷なもので、年々、昔の
つまらないのだから。それと、若いうちに偉
IIJ は、ウイルス検出・駆除機能を兼ね備えたメー
IIJ は、大規模サイト向けファイアウォール管理サー
IIJ は、自社開発ルータ「SEIL T1」の IPv6 対応を完
i i j . n e w s
記憶が鮮明でなくなって、ぼんやりとした
そうな肩書きの人とは飲むな。心が通うは
ルホスティングサービス「IIJ ポストオフィスサービ
ビス「IIJ セキュリティプレミアム」に VPN(Virtual
了いたしました。次世代インターネットプロトコル
VOL.36
残像だけが思い出として残る。私が、学生
ずもないから。君とは 50 歳も違うのだから、
ス・ウイルスプロテクション」を開始いたしました。
Private Network)機能をオプションサービスとして
「IPv6」に対応した新しい「SEIL T1」は、2001 年 7
から社会人になった頃のことを思い出そう
君も僕も飲んでたって、面白くないだろ」
同サービスには、企業向けインターネットセキュ
追加、エクストラネット利用に最適な VPN 管理
月より株式会社豊通テレコムが販売しています。
としても,脈絡のない印象が残っているだ
一緒に飲みながら、そんなことを言うのだ
リティソリューションで最も実績のあるトレンド
サービスの提供を開始いたしました。
けだ。記憶にあるのは、新緑が眩しかった
から、率直というか、答えのしようもなく、
マイクロ株式会社の製品を採用しています。
こと、
「なんか就職まちがえたかなあ」
という
ただ、
「はい」
という以外ない。
2
J
0
U
0
L
1
Y
「IIJ セキュリティプレミアム」は、最大 25,000 セッ
ンタフェースで提供することにより、IPv6 を用いた
「IIJ ポストオフィスサービス・ウイルスプロテクショ
ションの高い処理能力、ホットスタンバイ構成を
アドレスの設定、フィルタリング、帯域制御などに
30 歳の違いと50 歳の違いがどの程度のも
ン」では、独自ドメイン名を用いたメール、アカウ
始めとする高信頼性、柔軟性、拡張性など、重要
おいて IPv4と同様の操作設定を可能としました。
のかは、わからないが、同じ会社で働くと
ントの発行・管理機能に加え、ウイルスの検出・
な基幹業務をサポートするために必要とされる性
また、IPv6 によるダイナミック・ルーティングを実
梅雨空が続き、慣れないスーツ姿が、汗で
いうだけで、老人の教えとは違って、実に
駆除・通知を行う機能を新たに設置いたしました。
能を備えたファイアウォール管理サービスです。
現する RIPng を搭載したほか、IPv6 ネットワーク
しみる頃には、先輩に居酒屋に連れて行か
楽しい飲み会になるのは不思議である。
これにより、ウイルス被害において最も多い感染
れ、いっぱしのサラリーマンの口をききだし
もちろん、新入社員がほんとに寛いで飲ん
経路であるメール経由でのウイルス感染を未然に
今回提供を開始する VPN オプションサービスで
ています。他社の複数のルータとの IPv6 相互接
たのかもしれない。いずれにしても、仕事
でいたかどうかは、彼らに聞いてみないと
ブロックいたします。
は、VPNトンネルにおけるフィルタ設定の管理な
続性も検証テストを完了しています。更に、自動
を覚えていくのは大変なことである。若さ
わからないし、聞いても、些かはお世辞ま
ど、より厳密な設計・運用が要求されるエクストラ
鍵交換プロトコル IKE(Internet Key Exchange)
ゆえ、なんとかついていけたのだろうか。
じりの答になってしまうのだろうが。それで
ネット利用に最適な VPN 管理サービスを付加し、
を搭載することにより機密性の高い通信環境を可
ファイアウォールとあわせてトータルなソリューショ
能にすると同時に、暗号化ログインプロトコル
ンサービスとして提供いたします。
Secure Shell を採用し、ネットワーク管理者にとっ
思いが付きまとって、憂鬱な気分が続いた
ことくらいである。
CONTENTS
SHORT ESSAY…………………………………………………p2
新 人
も、
「楽しかったです。また、お願いします」
TOPICS …………………………………………………………p3
IIJポストオフィスサービスにウイルス検出・駆除機能を追加
IIJ4U、NTT の B フレッツに対応
毎年のことなのだが、新入社員が研修を終
■ IIJポストオフィスサービス・ウイルスプロテクション料金
初期費用
5,000円
基本料金
と言われると、嬉しい。
月額費用
追加メールアカウント単価
追加グループアカウント単価
えて、配属された部署で仕事を始めると、
600円
※基本料金には 10アカウントと1グループが含まれます。
日米回線を約 1.7Gbps に増強
社内をうろつく。IIJもグループで見ると、数
が訪ねてくる。
「バブルが弾け、また、レイオ
◎サービスの詳細については、P5 の FOCUS を
IPv6 対応ルータを開発
百人を超える組織になっているのだが、新
フが始まって、結構、人のいない席が目に
JPNAP との接続を完了
IIJ とサンがコンテンツ事業者向け支援プログラムで提携
IIJ-MC、アフリカ南部で観測された皆既日食の
インターネット中継を支援
FOCUS …………………………………………………………p5
入社員がうまく社会人として、滑り出してく
付きますよ。チームごとなくなったり。この街
れるかどうか、心配の種である。学生から
は、いっせいに不況になるので、職を探す
ぜひご参照ください。
のも大変ですが、ここで働く宿命みたいな
大変なのである。数年前、その年に入社し
もんですね」
ドライに、他人事のように言う。
た社員の何人かが、自信を失って、辞めて
名門大学を出て、若いうちから高給をもら
IIJは、個人向けダイアルアップサービス「IIJ4U」
を
しまった経験がある。当時は、IIJの気風そ
う代わりに、一定のサイクルでカットがある
対象(*1)に、NTT 地域会社の提供する「Bフレッツ」
世界。じゃぶじゃぶ稼いでいる時の彼ら、
に対応したオプションサービスを 2001年 8月 1 日
の配慮というものが、迎えるほうに少なく、
この仕事の宿命だと職を探す彼ら、刺激的
より開始いたします。本オプションサービスにより、
SOLUTIONS ……………………………………………………p6
厳しく鍛えることがいちばん早く能力を伸ば
で、刹那的でもあって、面白い人が多い。
Bフレッツを用いた10Mbps∼100Mbps(* 2)のブロー
新卒採用業務支援システム SRD IV
せる筈である、あるいは、それ以外の扱い
それにしても、彼らの流儀と、IIJ が新入社
ドバンドインターネット接続をご利用いただけます。
高 負 荷 へ の 対 応 と セ キュ リ ティ、
方を知らなかった頃である。
員に託す思いの違いは大きい。どちらがい
IP TECHNOLOGY ……………………………………………p8
インターネットルーティング 第3 回
INFORMATION ………………………………………………p10
京都データセンター開設記念セミナーのご案内
いとかではなくて、職業につく方も、迎える
折角、
職場としてIIJを選んでくれた若い人が、
対象サービス: IIJ4U
から、同期会と称して、新入社員をいくつか
要だが、IIJ の場合、古臭いかもしれないが、
提 供 地 域 : 東京、大阪
のグループに分けて、飲み会を始めてみた。
カルチャーを何とか守って、若者を育てて
IIJ4U「ご紹介キャンペーン」ポイント交換申請のお知らせ
なって、長話になる。お酒の勢いもあって、
IIJ4U でのフレッツ・ADSL 対応地域拡大のお知らせ
若者も自由に話し出す。若い頃、お世話に
IIJグループの新コミュニケーションワード− Network Initiative −
なった老人から社会人になったら、これだけ
SLA 遅延時間の実績
は気をつけろと言われた言葉を思い出す。
「あんまり年の違う人と飲むな。お互いに
IIJ インフォメーションセンター
U R L:h t t p : / / w w w . i i j . a d . j p /
機能/項目
E - m a i l:i n f o @ i i j . a d . j p
日米回線を約 1.7Gbps に増強
らせします。
IIJの保有する日米間国際バックボーン回線
日本側
(*2)
ファミリータイプ( アクセス 10Mbps )
:2,000円
(*1)NTT東日本およびNTT西日本が提供するBフレッツ回線の利用者に限ります。
対応を含めた各種新機能をご利用いただけます。
< SEIL T1 の主な基本仕様>
T E L:0 3 - 5 2 0 5 - 4 4 6 6
(2001年 6月15日現在)
(*2)
マンションタイプ(100Mbpsを共同利用)
:2,000円
アをダウンロード(無料)
していただくことで、IPv6
(専用ホームページ URL:http://www.seil-t1.com/)
■サービス概要
(*2)
ベーシックタイプ( アクセス100Mbps ) :7,000円
いきたいと思う。
ましては、専用ホームページより最新ファームウェ
1.7Gbps(1,650Mbps)へ増強しましたので、お知
の違いなのだろう。カルチャーを壊すのも重
話す。不思議なことに、すぐに違和感がなく
IIJ バックボーンマップ
■サービス概要
去っていくほど、残念なことはない。翌年
30 歳近くも違う息子のような若者と飲んで
なお、すでにご購入いただいた「SEIL T1」につき
月額費用: 50,000 円
I I J は 、日 米 間 の 国 際 バック ボーン 回 線 を 約
対 象 者 : IIJ4Uのユーザであり、 NTT東日本およびNTT西日
本が提供する Bフレッツ回線の利用者に限ります。
IIJ4U「JCB でWチャンス!キャンペーン」実施中!
GLOBAL NETWORK…………………………………………p12
方も、長い時間の上にたった、カルチャー
初期費用:100,000 円(*)
IIJ4U、NTTのBフレッツに対応
社会人への生活モードの切り替えは、結構、
安 定 稼 動 が 求 め ら れ る W e b 採 用 支 援 プ ラ ットフォ ー ム
てより安全性の高い管理ツールを提供いたします。
■ VPN オプションサービス料金
(*)FW マネージメントサービスと同時申込みの場合は、
50,000 円となります。
のものが、今よりもっと尖っていて、新人へ
IIJ ポストオフィスサービス・ウイルスプロテクションのご紹介
への移行を容易にするトンネリング機能も実装し
1,000円
ウォールストリートのインベストメントバンカー
「IPv6 ソリューションサービス」開始
米国側
San Jose(MAE-WEST)
回線帯域
(*)
STM-4c
有 明
東 京
IIJ NY NOC
STM-1×2
Palo Alto(PAIX)
STM-1×5
仕様
LANインタフェース
10BASE-T(Normal/Reverse)
WANインタフェース
デジタル専用線 192kbps ∼ 1,536kbps
プロトコル
IPv4、IPv6
ルーティング
STATIC、RIP/RIP2, RIPng
セキュリティ
IPSec、IKE
ネットワーク監視
SNMP、Traffic Graph(Web)
(*1)
、PPP、bridge
(*2)
(*3)
、パケットフィルタリング
(*4)
設定方法
Web、telnet、Secure Shell
その他機能
NAT/NAPT、DHCPサーバ、
NTPサーバ/クライアント、
(*5)
帯域制御、Syslog、Tunnel機能
(* 1)IPv4/IPv6 デュアルスタックなどユーザニーズに応じたネット
ワーク設計に対応
(* 2)IPv6 でのダイナミック・ルーティング・プロトコル
(* 3)IPSecなどで使用される自動鍵交換
(Internet Key Exchange)
技術
(* 4)強力な認証機能と通信内容の暗号化を行なうプロトコル
(* 5)
「IPv4-IPv4, IPv4-IPv6, IPv6-IPv4, IPv6-IPv6」の 4 通りのト
ンネルを可能にする機能
(*2)接続速度 は、NTT地域会社のBフレッツに準じます。
(*3)月額基本料金(800円)及び本サービス回線以外での接続など通常のIIJ4Uの料金、及び、
NTT地域会社とのBフレッツ契約料金は別途発生します。
合計
1.7Gbps(1,650Mbps)
STM-1 :150Mbps STM-4c:600Mbps (*)
:今回増強した回線
株式会社インターネットイニシアティブ
代表取締役社長
IIJ インフォメーションセンター
U R L:h t t p : / / w w w . i i j . a d . j p /
鈴木 幸一
IIJ サポートセンター
TEL:03-5205-4433(年中無休 9:00 ∼ 19:00)
E-mail:[email protected]
2
10,000円
ついつい心配になって、新人の顔を眺めに
「IIJ セキュリティプレミアム」で VPN オプションサービスを開始
新しい「SEIL T1」は、IPv4/IPv6 を統一ユーザイ
T E L:0 3 - 5 2 0 5 - 4 4 6 6
最新のバックボーン情報
URL:http://www.iij.ad.jp/network/
E - m a i l:i n f o @ i i j . a d . j p
3
TOPICS
I I J ポストオフィスサービス・
ウイルスプ ロテクションのご紹 介
「IPv6 ソリューションサービス」開始
IIJ とサンがコンテンツ事業者向け
支援プログラムで提携
IIJ-MC、アフリカ南部で観測された
皆既日食のインターネット中継を支援
IIJ は、2001 年 7月より
「IPv6 ソリューションサービ
IIJ とサン・マイクロシステムズ株式会社(以下、
株式会社アイアイジェイメディアコミュニケーショ
ス」を開始いたします。IPv6 に関する IIJ の技術・
サン)は、コンテンツ配信事業者向けのスタート
ンズ(以下、IIJ-MC)
は、2001年 6月21日にアフリ
運用ノウハウを最大限に活用し、プロジェクトベー
アップ支援アライアンス「IIJ HSMN / Sun Startup
カ南部で観測された皆既日食のインターネット中
IIJ は 2001 年 7月 1 日より「IIJ ポストオフィスサー
スのコンサルテーションからインテグレーションに
Accelerator Alliance」にて提携しました。この提
継プロジェクトに対し、ストリーミング配信分野に
ビス・ウイルスプロテクション」の提供を開始しま
至るまで、IPv6 導入を支援するためのトータルな
携にもとづき、IIJ はブロードバンド・コンテンツ配
おいて技術協力を行いました。今回の中継プロ
した。
IPv6ソリューション・サービスを提供いたします。
信事業を行うスタートアップ企業に対し、一社あ
ジェクトは、ライブ!エクリプス実行委員会が主催
たり原則 6 ヶ月間にわたり、技術、製品、サービス、
となり、産官学の支援により実施されました。
サポートを特別な条件で提供致します。
今回の皆既日食中継では、アフリカ南部 3 か所で
「IPv6 ソリューションサービス」は、IIJ がお客様の
IPv6 パートナーとして、プロジェクト・ベースでのコ
ウイルスはメールだけでなくWWW や FTP、FD な
IIJ ポストオフィスサービス・ウイルスプロテクショ
ではトレンドマイクロ社との提携により、ウイルス対
どの媒体を経由して感染することもあります。今、
ンでは独自ドメイン名のメールボックスと受信メー
策製品「InterScan VirusWall」
を利用しウイルス検
システム管理者には、ウイルス対策サービスや製品
出・駆除機能を提供します。
を導入するだけでなく、企業の信用問題にもなる
撮影された映像を、都内に設置されたエンコー
ルに対するウイルス検出・駆除機能を提供します。
「IIJ HSMN / Sun Startup Accelerator Alliance」
ディングセンターにてリアル タイムで 編 集し、
お客様側がメールを受信する前にウイルスを駆除
IPv6 による接続、サーバ構築、セキュリティ、認証、
は、サンの提供する「Sun Startup Accelerator」
RealSystem および Windows Media 等により配
することで、最も多いウイルス感染経路であるメー
データセンターにおける運用管理のほか、IPv6 に
アライアンス(*)にもとづき、IIJ がデータセンター
信されました。IIJ-MC ではストリーミング・サーバ
ルでの感染を水際でブロックします。
対応したプロダクト開発における技術協業など、総
内のハウジング・スペース、インターネット接続、
のほか、IPv4/IPv6 対応の Web サーバの運用管
合的なソリューションサービスを提供いたします。
及びブロードバンド・プラットフォーム「HSMN」へ
理を行い、通常のインターネット配信に加えて IIJ
の接続を、特別価格にて提供するプログラムです。
グループの「HSMN」など複数の CDN(コンテン
これにより、支援対象となるコンテンツ事業者は、
ツ・デリバリー・ネットワーク)向けに広帯域でコン
初期投資を抑えつつ、ブロードバンド・コンテンツ
テンツ配信を行いました。また、2001 年 1月に行
企業内ネットワークにおけるウイルス対策の必
市場へのよりタイムリーな参入環境を享受してい
われた皆既月食のインターネット中継に引き続き、
要性が認識され、多くの企業でウイルス対策ソ
コンサルティング
お客様のニーズに応えるIPv6システムやネットワーク、認証、
セキュリティの提案
ネットワーク・システムの構築・運用管理
IPv6ネットワーク・システムの総合的な構築・運用
フトが導入されるようになりました。しかしな
し、DNS サーバの「Tenbin」と経路情報サーバの
がら一方で IPA(情報処理振興事業協会)などに
「RADIX」を組み合せたほか 、各ネットワークに
ロードバランサーやクラスタリング技術を導入す
http://sun.co.jp/developers/programs/Startup/ssa/
運用することが求められています。
サ ービス 比 較
ウイルス 検出・駆除
複数の商用・学術系ネットワークにサーバを設置
■サービス内容の詳細、応募方法など
イルス対策サービスの効果を高めるために正しく
Internet
はじ め に
の上、選定します。
プロダクト開発の協業
IIJでの製品/サービス開発のノウハウ提供による、IPv6関連製品の
共同開発等
ウイルス対策について、社員のモラルを高め、ウ
IIJ
ただけます。対象となる企業は、IIJとサンの協議
(*)
導 入 に あたり
「IIJ ポストオフィスサービス・ウイルスプロテクション」
ンサルテーションからシステム設計と構築、および
IPv6ソリューションサービス
主な機能
報告される感染の届出は一向に減る気配があり
ません。
るなど最新技術を用いて、広域負荷分散を実現し
ウイルス
プロテクション
ウイルス感染メール
従来の「IIJ ポストオフィスサービス」はサービス名称
Client
ウイルス駆除済みメール
が「IIJ ポストオフィスサービス・スタンダード」に変更
となります。料金・サービス内容についての変更
はございません。
1. ウイルス検出
■IIJポストオフィスサービス料金
ウイルス
プロテクション
お客様宛に届いたメールに対してウイルスを検
出します。
10,000円
月額基本料金
ました。
(*)
「Sun Startup Accelerator」アライアンス
IIJ インフォメーションセンター
U R L:h t t p : / / w w w . i i j . a d . j p /
T E L:0 3 - 5 2 0 5 - 4 4 6 6
E - m a i l:i n f o @ i i j . a d . j p
サンが、一定の条件を満たすスタートアップ企業に対し、サー
バ、ストレージ、ソフトウェア(OS、データベース、各種ミドル
ウェア)
を無償貸与し、信頼性の高いインターネット・データセ
ンター環境とともに、
システム運営サービスや保守サービスを、
特別な条件で提供するスタートアップ支援アライアンス・プロ
グラム。
(*)RADIX が収集した BGP 経路情報に基づき、DNS サーバである
Tenbin がユーザから最も近い Web サイトの IP アドレスを返す
仕組み
場合、自動的に駆除します。駆除に失敗した場
T E L:0 3 - 5 2 5 9 - 6 3 1 0
E - m a i l:p r e s s @ i i j . a d . j p
E - m a i l:p r e s s @ i i j . a d . j p
みつつあるほか、テラビットクラスの大容量トラフィッ
HSMN コンテンツ情報サイト
http://www.iij.ad.jp/hsmn/
http://hsmn.iij.ad.jp/
合には該当ファイルのみを削除します。
しまうケースも多く見られます。
(*)IPA の 2001年 5月11日発表資料より
ウイルス対策ソフトは、新種・変種ウイルスの検出
セージを挿入し受信者に送信します。また同時
のために、定義ファイルを頻繁に更新する必要が
に、お客様管理者に処理結果を通知しますので
あります。日々、悪質なウイルスが登場し、感染速
一元して運用状況を確認していただくことが可
度も速くなるにつれ、システム管理者の素早く確
能になります。
600円/月
200円/月
1,000円/月
500円/月
最大メールアカウント数
最大グループアカウント数
ウイルス
プロテクション
スタンダード
あ り
な し
10,000アカウント
100アカウント
・着信メール数 無制限
・着信メール容量 無制限
・メール保存 2週間
・メール転送 2箇所まで
・転送指定可能
・APOP対応
・アカウント文字数 2文字以上20文字まで
メールボックス機能
「IIJ ポストオフィスサービス・スタンダード」をご利用
いただいているお客様は、お客様側でクライアント
などの設定変更をすることなく移行していただくこ
実な対応が求められるようになりました。
パターンファイルおよび検索エンジンの更新につ
いては 24 時間 365日の運用体制で更新を行いウ
ウイルス対策についてもIIJ 側で実施することでシ
イルス対策を実施します。
ステム管理負担を最小にいたします。外出中や休
またトレンドマイクロ社との連携により新種ウイル
日など不安な時間を過ごす必要はありません。既
スが発生した際に、 感染の可能性や破壊力が大
■ JPNAP 詳細
にウイルス対策ソフトを導入されている企業にもご
きいとみなされるウイルスの情報をお客様管理者
http://www.mfeed.co.jp/
利用をお奨めできるサービスです。
に電子メールでご連絡します。
動も行っています。
ウイルス検出・駆除機能
3.通知
駆除後、電子メールの本文に駆除したというメッ
50アカウント
1アカウント
■ウイルスプロテクションとスタンダードの比較表
TROJ_HYBRIS が猛威を振るう中、再び感染して
本サービスではメールサーバの管理だけでなく、
ク交換を可能にする光波 IX サービスに向けた活
4
IIJ グループの構築・運営する国内最大
級のブロードバンド・ネットワーク。既に
CATV 事業者をはじめとする全国数十社
のネットワーク事業者が接続しているほ
か、コンテンツ事業者に対してもデータ
センターサービスを提供することにより、
各種ネットワーク・コンテンツを最適に
配信するためのプラットフォームを提供
している。
HSMN 関連情報
2.ウイルス駆除
10アカウント
基本料金に含まれる
グループアカウントの数
追加グループアカウント単価
導入したものの、定義ファイルなどのアップグレー
T E L:0 3 - 5 2 5 9 - 6 3 1 0
基本料金に含まれる
メールアカウントの数
追加メールアカウント単価
電子メールの添付ファイルにウイルスを検出した
ドが正常に実施されず、いままた PE_MTX や
HSMN について
※送信メールは対象となりません。
MELISSA などの対策としてウイルス対策ソフトを
初は 1Gbps より開始し、今秋には 2Gbps に増強
ト・トラフィックの集約地点としてすでに実績を積
査によると、対策ソフトを更新していないユーザ
URL:http://www.live-eclipse.org/
株式会社インターネットイニシアティブ 広報室
U R L:h t t p : / / w w w . i i j . a d . j p /
相互接続拠点(IX)
です。国内有数のインターネッ
を行います。
4 分の 3を占めています(*)。ラブレターウイルスや
株式会社インターネットイニシアティブ 広報室
U R L:h t t p : / / w w w . i i j . a d . j p /
今年 5月より運用を開始した分散型インターネット
ど行っていないという企業も数多く、IPA の調
■皆既日食インターネット中継内容
IIJ は、JPNAP への接続を完了いたしました。当
JPNAPは、
インターネットマルチフィード株式会社が
圧縮形式のファイルも一旦解凍したうえで検出
の感染は、今年 4 月の感染届出件数の内、実に
JPNAP との接続を完了
する予定です。
一旦導入したウイルス対策ソフトの更新をほとん
スタンダード
5,000円
初期費用
とが可能です。
IIJ インフォメーションセンター
U R L:h t t p : / / w w w . i i j . a d . j p /
T E L:0 3 - 5 2 0 5 - 4 4 6 6
E - m a i l:i n f o @ i i j . a d . j p
5
株式会社シンカ
組織概要
所 在 地:
○東京支社 東京都港区赤坂 4-9-25 新東洋赤坂ビル
○京都本社 京都市七条通烏丸西入ル東境町 191
京都東京生命館
設 立:
平成 7 年(1995 年)10 月
プロフィール:
資本金 3 億 4,160 万円
新 卒 採 用 業 務 支 援 シス テム S R D IV
高 負 荷 へ の 対 応 とセ キュリ ティ、安 定 稼 動 が 求 め ら れ る W e b 採 用 支 援 プ ラットフォー ム
事業内容
新卒・中途採用の計画、業務支援から採用広告
以来 3 年間、インターネットを利用した採用管理を
SIOS(Strategic Internet Outsource Service)事業
SRD IV を支えるアウトソーシング型
物の制作等まで一貫した採用ソリューションに実
含め、各種採用実務のアウトソーシングを受託し、
績を持つ「採用のプロフェッショナル」である株式
運用のノウハウを構築。そのノウハウと実績、技
会社シンカ。同社が提供する Web 採用時代の
術の全てを結集し、2000 年に SRD IV がリリース
その性格上、採用応募は一時期に大量のアクセ
採用業務支援システムが SRDです。
されました。
スが集中します。SRD IVの成功を蔭で支えたの
同社は、いわゆるシステム開発専門の会社ではな
く、人材採用コンサルティングを本業とする会社
です。そのノウハウをふんだんに投入し、Web の
特徴を最大限に生かした採用業務用アプリケー
ションとしての完成度の高さこそが、SRD IVの特
徴と言えるでしょう。
SRD I から SRD IIIへ年々成長するWebマーケッ
トの中で発展し、お客様の信頼に応えてきた同
社は、
拡大する顧客数、
トラフィックに対応する為、
SRD IVではアイアイジェイテクノロジーのアウト
ソーシング型ネットワークソリューション「iBPS」
を選択しました。
2000 年度、SRD IV を活用した大手企業各社へ
その主な機能は
○さまざまな入り口からの応募学生情報を一元管理
○学歴、選考段階別 etc.カテゴリ別登録学生の
統計情報を一覧表示
○セミナー・面 接 の 告 知 、応 募 状 況 の 管 理 が
Web 上で完結
○細かな条件指定の元での応募学生の絞込み
やリスト抽出が可能
○登録学生とのOne to Oneコミュニケーションが可能
○各種情報サイトのデータのアップロード
○Web 上でのエントリーシート、履歴書受付機能
○i -mode 等でのセミナー告知受付機能 等々
・人材採用 Web Database System(SRD、SRD
ネットワークソリューション「iBPS」
学
生
ホ顧
ー客
ム企
ペ
ー業
ジ
サ各
イ種
ト就
職
実績を重ね、顧客数を増大させてきた SRD。
SRD IV では、増大するアクセスに対応すると共
安全性を確保する必要がありました。
井上氏に、各社の提案の中から iBPS を選択し
iBPS はそれらの要件を満たしていると判断しま
SCCS(Strategic Communication Contents Service)事業
・各種コンテンツ制作
件数早見表
(学歴別)
●登録学生簡易検索
●アップロード、ダウンロード
の採
流用
れ活
動
募集
お知らせ管理
●web上での
エントリーシート、
履歴書の受付
エントリーシート
履歴書受付
ました。
頼に応えたのみならず、応募者一人ひとりに「マ
ういった意味で、全てを自前で構築をするよりも
イページ」
と呼ばれる専用のページを作成。これ
割安である点も大きな理由の一つです。ソリュー
同社では既に、2003 年卒採用業務支援用の
によりデータがほかと紛れることなく、的確に応
ション一体型のインフラであることも魅力ですね。
」
「SRD V」
を開発中です。留まることなく、更なる
募者個人とのワンツーワン・コミュニケーションを
SRD IV に求められる高い要件。iBPS はこのよ
機能アップを果たすため、今期導入企業から
とることを可能としました。
うにしてそれに応えました。
の各種要望もふんだんに取り入れたバージョン
○自由な設計
アップを実現するとのこと。SRD はシステム面、
SRD IV からSRD V への発展
電話、ハガキといった旧来の方法も存在してい
SRD IVの強みについて、同社 DMSソリューション
お客様毎に設計したサーバシステムを構築、
インフラ面ともに最新の採用業務思想・設計が
ます。この為、企業では、様々なソースから届く
局 担当取締役 井上和幸氏にお話を伺いました。
レンタル提供
投入されている
「戦略ツール」なのです。SRD V
の負担となり、業務を圧迫しています。
援するのではなく、実際の採用の現場に入り、
○強固なファシリティ
・ 日本最大のインターネットバックボーンを運用
お客様と共に実務を行ってきました。絵を描い
なった」
「学生からの多量のメールに対応しきれ
てさよならではない、採用を人事担当者と共に
・ 電源の二重化、強固な耐震設備とセキュリ
ない」
「複数サイトからのデータの処理が大変」
と
進めているシンカが欲しいと思うものを形にした
ティが完備されたデータセンターファシリティ
いった声が人事採用担当者からよせられました。
のが SRD IV です。Web の特徴を最大限に活か
の提供
した実務の遂行を最大限に支援するツール、こ
に 業 界 初 の 本 システム 、S R D(「 S H I N K A
れが SRD IV の強みです。
」
RECRUITING DATABASE-SYSTEM」
)
をリリース。
井上氏の言葉を裏付けるかのように、一流企業
の多くに SRD IVが認められ、その導入企業の採
用を成功へと導いています。
●メール管理
●送付物管理
選考
SRD に関するお問合せ先:
株式会社シンカ DMS ソリューション局 池田・岡田
TEL / 03-5414-3860 FAX / 03-5414-3861
E-mail / [email protected]
内定出し
内定者フォロー
URL
http://www.shinka.com/
■システム構成図
IIJ
DNS
DNS
Router
Firewall
Router
Load Balance
Load Balance
Router
iBPS TypeA
FTP
WWW
Professional版
は 2001 年 10月にバージョンアップリリースされる
Staging版
予定です。
WWW
WWW
iBPS TypeB
WWW
WWW
Mail
Enterprise版
Staging
Router
Firewall
Contents
NFS
Firewall
するIIJ のインターネット接続を提供
「ネット採用を始めてはみたが、かえって煩雑に
このような問題点を解決する為、シンカは 1997 年
関 連 会 社:
株式会社インターパーソナル
ボーンへの信頼もありました。
また、
我々は、
お客様に SRD IVをノウハウ満載で、
「我々は、部外者としてお客様の採用について支
・総合広告代理業 リクルーター管理
した。そして、iBPS を支える IIJ の堅牢なバック
且つリーズナブルに提供したいと考えています。そ
情報を管理、運営していくことが人事採用部門
グループ管理
セミナー
会社説明会
理なく耐える安定性を実証し、人事担当者の信
ケーションは不可欠な時代となりました。一方、
選考過程管理
●セミナー、面接の告知、
受付
●携帯電話からの応募
受付も可
SRD IV は、応募学生からの大量のアクセスに無
今や人材採用に Web・電子メールでのコミュニ
・採用コンサルティングサービス
・各種教育研修
・人材紹介業(エグゼクティブ・サーチ)
・適正検査テスト開発
動で応え、導入企業の02卒採用を成功へと導き
SRD IV
Career、内定者管理システム、リクルーター管理
システム等)
Web履歴書
DB
アップロード
の採用応募、その膨大なトラフィックにも安定稼
企業の新卒採用を強力にバックアップする
Webエントリー
シート
SRCS(Strategic Recruiting Consultation Service)事業
「ご承知の通り、個人の情報を扱い、また大量の
券会社並のセキュリティ、安定性が要求されます。
セミナー・面接
申し込み
・Web Based 採用実務アウトソーシングサービス
人
事
担
当
者
た理由について尋ねました。
アクセスが発生する採用の為のシステムには、証
学生TOP画面
NON STOP DISK SYSTEM
が iBPS です。
に、その性質上、高度なセキュリティ、データの
学生登録
受付け画面
○運用・監視サービス
・ 24 時間365日、
システム・ネットワークに対す
る多角的な監視サービスの提供
・ 万一のシステム障害、ネットワーク障害時の
復旧対応等、システムのアウトソーシング
Router
Backup Sever
DLT
Shared DB
Shared DB
Shared DB
Standby DB
Staging DB
Disk
監視
セグメント
Storage Subsystem
Staging版
お問い合わせ先
株式会社インターネットイニシアティブ
URL
TEL
E-mail
http://www.iij.ad.jp/
03- 520 5 -4 4 66
[email protected]
お客様専用コンポーネント
iBPS共通利用インフラ
iBPSストレージサービス
Disk
Disk
Disk
Professional版
Enterprise版
Enterprise版
特別提供中
ユーザ導入事例
株 式 会 社 シンカ
6
7
イン ター ネット ル ー ティン グ
技術
連載
前回はスタティックルーティングについて説明
をしましたが、スタティックルーティングは手軽
RIP
である反面、各ルータのルーティングをあくま
第3回
テーブルを更新し、ルータ E を経由した迂回
ルータC はそれを受けて、ネットワーク X への
言い、図 4-2 のようになります。
路が完成します。
コストを 7 に更新…(図 3-4)。これが RIP のメ
加えて、ルーティングテーブルに変化が生じた
すなわち、ルータ C と F を結ぶリンクが不通
トリックの上限である 16 まで繰り返され、結
場合、30 秒毎の経路情報送信タイミングを待
になってから、ルータ F でネットワーク X への
果的にルータCとF にてネットワークX への経
たずに、
ただちに経路情報を送信する
「triggered
経路がルータE に向くまでの約 180 秒間、ルー
路が消滅することになります。
update」
という仕組みもあります。
で、各ルータで最大 30 秒のタイムラグが生じ
タF からネットワークX の接続性が失われるこ
この現象を「counting to infinity」
と呼び、RIP
これらの改良により、前章で挙げた例のよう
ることになります。したがって、ネットワーク X
とになります。
は異常な状態を解消するために、この仕組み
なループが発生することは少なくなりますが、
を利用しています。これが RIP のメトリックの
何らかの理由により3 台以上のルータによっ
の経路情報が、最も遠いルータF まで伝播す
で人間が設定、管理する必要があり、ネット
ルーティングプロトコルのうち、
もっとも有名な
るには、最大で 90 秒かかることになります。
ワークが大規模なものになると、その負荷は
ものは、
その名もずばりRIP
(Routing Information
経路情報の伝播に時間がかかることは、RIP
膨大なものになります。
でしょう。RIP は多くの UNIX 系 OS に
Protocol)
の欠点のひとつとして挙げられます。
また、障害が発生した際にも、障害個所を迂
標準添付されている routed プログラムに実装
回して通信を維持できるネットワークを、スタ
されていることもあり、広く利用されています。
ティックルーティングだけで実現するのは容易
RIP の基本的な仕組みは各ルータがルーティン
ではありません。
グテーブル上の経路情報を 30 秒に一回、隣接
counting to infinity
することになります。
図4
するまでにさらに時間がかかってしまいます。
RIP の改良
との接続が失われますので、ネットワークX の
情報はルータCとF のルーティングテーブルか
ワークトポロジーの変化がルータに通知され、
のです。経路情報には、宛先ネットワークとそ
通になったときの動きを検証してみましょう。
ら早急に消し去られるべきです。
RIP では採用していた経路情報を 180 秒間受
経路 次ホップ コスト
X
直結
経路 次ホップ コスト
X ルータA
2
(X,1)
(X,2)
ルータA
このようなループを防ぐために、RIP にはいく
ルータ C では先ほどの例と同様に、ルータ B
図4-1
ネットワークX
ます。この場合、ルータCとF はネットワークX
図 2-1 のようにルータ C と F の間のリンクが不
ルータD
つかの改良が加えられています。
ルータB
経路 次ホップ コスト
X ルータA
2
ルータE
(X,3)
(X,4)
経路 次ホップ コスト
X ルータD
3
信できなかった際には、それを無効にするこ
から最後の経路情報を受信した 180 秒後に
先の例では、ルータ F はルータ C からの経路
が適しています。
で表現されます。メトリックが小さいものほど
とと規定していますので、ルータ C から最後
ネットワーク X への経路は無効になります。し
情報を採用して、ネットワークX への次ホップが
ダイナミックルーティングで経路情報を交換す
優先され、16 は到達性がない、すなわちその
の経路情報が届いた 180 秒後に、ルータF で
かし、ルータF からネットワークX がメトリック4
ルータCとなっていた訳ですから、ルータF が
るための仕組みをルーティングプロトコルと言
経路情報が無効であることを表します。
は図 2-2 のように、ネットワークX のメトリックを
で送信されているため、ルータ C はその経路
ネットワーク X の経路情報をルータ C に送信
経路 次ホップ コスト
X
直結
経路 次ホップ コスト
X ルータA
2
い、多数のルーティングプロトコルが存在しま
通常はルータの 1 ホップでメトリックを 1 加算
16 に更新します。
情報を採用してしまい、図 3-2 にあるように、
する必要はありません。このように採用された
(X,1)
(X,2)
す。今回から代表的なルーティングプロトコル
するので、メトリックの上限が 16 であることは、
しかしルータ E からもネットワーク X の経路情
ルータ C と F の間でループが形成されること
経路情報を受信したインタフェースからは、そ
図1
図1-1
ネットワークX
になります。
れを受信すると、図 2-3 のようにルーティング
ルータC は次の経路アナウンスのタイミングで、
「split horizon」といいます。図 1-3 の状態に
は大規模なネットワークのルーティングプロトコ
図2
ネットワーク X をメトリック 5 でアナウンスし、
「split horizon」
を適用すると図 4-1 になります。
ルには適さないと言えます。
図2-1
ネットワークX
経路 次ホップ コスト
X ルータB
3
ルータA
(X,1)
ルータB
ルータC
RIP による経路情報の伝播
(X,1)
ルータA
(X,1)
(X,2)
ルータB
(X,1) (X,2)
ルータD
ルータE
ルータF
の 経 路 情 報 は 送 信しな いという仕 組 みを
報が 30 秒毎に送信されるので、ルータF はそ
されるということになります。これによりRIP
RIP によって経路情報が伝播していく様子を
ルータD
(X,2)
(X,3)
ルータC
(X,4) (X,3)
(X,2)
(X,3)
ルータE
(X,3)
(X,4)
経路 次ホップ コスト
X ルータD
3
図 1 に示します。まず、図 1-1 のように、ルータ
ルータF はそれを受けて、ネットワーク X への
さらに、経路情報を送信しないだけでなく、
コストを 6 に更新します(図 3-3)
。
受信したインタフェースへは、明示的に経路が
ルータF は次の経路アナウンスのタイミングで、
無効であることを送信する方式もあります。こ
ネットワーク X をメトリック 6 でアナウンスし、
れを「split horizon with poisoned reverse」
と
図3
ルータF
ネットワークX
ルータA
(X,1)
(X,2)
ルータB
(X,2)
図3-1
ネットワークX
受け取ったルータBとD から、それぞれルータ
CとE にメトリック2 で伝播します。ネットワーク
(X,2)
ルータE
X の経路情報が行き渡った
(収束したという表
ルータF
図2-2
ネットワークX
経路 次ホップ コスト
X ルータB
3
ルータA
(X,1)
(X,2)
ルータB
(X,1) (X,2)
ルータD
(X,2)
(X,3)
(X,3)
ルータE
(X,3)
(X,16)
経路 次ホップ コスト
X ルータD
3
(X,1)
ルータA
(X,2)
(X,2)
ルータB
(X,3)
ルータD
(X,2)
(X,3)
ルータE
(X,3)
(X,4)
ルータC
ルータA
(X,4) (X,3)
(X,1) (X,2)
ルータF
ルータD
経路 次ホップ コスト
X
直結
経路 次ホップ コスト
X ルータA
2
(X,1)
(X,2)
ルータA
(X,2)
ルータB
(X,1) (X,2)
ルータD
(X,3)
経路 次ホップ コスト
X ルータB
3
ルータC
(X,4) (X,3)
(X,2)
(X,3)
経路 次ホップ コスト
X ルータA
2
ルータE
(X,3)
(X,4)
経路 次ホップ コスト
X ルータD
3
ルータF
経路 次ホップ コスト
X ルータC
4
つの宛先に対して、同じメトリックの経路情報
(X,1)
(X,2)
ルータB
(X,1) (X,2)
するのが一般的です。図 1-3 ではルータ C か
ら先に経路情報が届いたと仮定しています。
各ルータが経路情報を隣接ルータに送信する
間隔は 30 秒なので、経路情報が伝播する上
ルータD
(X,2)
(X,3)
(X,3)
ルータE
(X,3)
(X,4)
経路 次ホップ コスト
X ルータD
3
(X,3)
ルータA
(X,16)
ルータB
(X,16)
(X,1) (X,16)
ルータD
(X,2)
(X,16)
経路 次ホップ コスト
X ルータA
2
経路 次ホップ コスト
X ルータB
3
ルータC
(X,3)
ルータE
(X,3)
(X,4)
経路 次ホップ コスト
X ルータD
3
(X,16)
ルータF
経路 次ホップ コスト
X ルータC
4
RIPv2
広く利用されてきた RIP ですが、ルータから
図3-2
(X,1)
ルータA
ルータC
(X,2)
(X,2)
ルータB
(X,3)
(X,1) (X,2)
ルータD
ルータF
経路 次ホップ コスト
X ルータE
4
れていないため、可変長ネットマスクを前提
とする昨今のネットワーク環境には適用でき
ません。
ルータC
(X,4) (X,5)
(X,2)
(X,3)
ルータE
(X,3)
(X,4)
を含むように拡張されていますが、メトリック
ルータF
の上限が 16 であるなど、RIP の基本的な仕
経路 次ホップ コスト
X
ルータC
6
図3-4
ネットワークX
経路 次ホップ コスト
X
ルータF
7
経路 次ホップ コスト
X
ルータF
5
(X,4) (X,3)
(X,2)
図4-2
ネットワークX
組みについてはそのまま引き継いでいるた
め、大規模なネットワークには適さないとい
図2-3
経路 次ホップ コスト
X ルータB
3
ルータA
ルータB
経路 次ホップ コスト
X ルータC 16
ネットワークX
を受信する場合は、先に到着したものを優先
(X,2)
(X,2)
経路 次ホップ コスト
X
ルータC
4
ルータF
ネットワークX
経路 次ホップ コスト
X ルータC
4
RIP も Version 2 で、経路情報にマスク情報
(X,1) (X,2)
ルータ F は、ネットワーク X の情報をルータ C
と E から同じメトリック 3 で受信します。ひと
経路 次ホップ コスト
X
ルータF
5
(X,1)
グテーブルは図 1-3 のようになります。
図1-3
ネットワークX
ルータC
(X,4) (X,3)
(X,2)
現も使われます)
ときの各ルータのルーティン
ネットワークX
図3-3
経路 次ホップ コスト
X
ルータB
3
送信されます。続いて図 1-2 のように、それを
ルータC
(X,1) (X,2)
ルータD
は、ルータA からルータBとD へメトリック1 で
ルータF
送信される経路情報に、マスク情報が含ま
経路 次ホップ コスト
X ルータC
4
A に直結されているネットワークX の経路情報
図1-2
ルータC
(X,3)
(X,2)
メトリックはコストとも言われ、1 ∼ 16 の整数
経由するルータの最大ホップ数が 15 に制限
経路 次ホップ コスト
X ルータB
3
(X,1)
ルが更新されていくダイナミックルーティング
をいくつか紹介していきたいと思います。
8
「counting to infinity」により、異常状態を解消
とF の間の 2ヶ所が不通になった場合を考え
RIP による迂回
するルータに送信するという、とても簡単なも
のネットワークに対するメトリックが含まれます。
てループができてしまった場合には、やはり
い 16 に制限されている理由の一つです。上
限を大きくすると、
「counting to infinity」で収束
次に図 3-1 のように、ルータ B と C、ルータ E
このようなネットワークを構築するには、ネット
それに伴って各ルータのルーティングテーブ
上限が、必ずしも十分に大きいとは言いがた
(X,2)
(X,3)
ルータE
(X,3)
(X,4)
(X,1)
ルータC
ルータA
(X,4) (X,3)
(X,1) (X,2)
ルータF
経路 次ホップ コスト
X
ルータC
4
ルータD
(X,2)
(X,2)
ルータB
(X,3)
う点には変わりありません。
次回は OSPF を取り上げます。
ルータC
(X,6) (X,5)
(X,2)
(X,3)
ルータE
(X,3)
(X,4)
ルータF
経路 次ホップ コスト
X
ルータC
6
IIJ 技術本部 運用部 次長
島上 純一
9
INF O R M AT IO N
京都データセンター開設記念セミナーの
ご案内
IIJ4U「JCB でWチャンス!キャンペーン」
実施中!
IIJ4U「ご紹介キャンペーン」
ポイント交換申請のお知らせ
IIJ4Uでのフレッツ・ADSL 対応地域拡大の
お知らせ
IIJ グループは、京都リサーチパーク
(以下、KRP)への京都データセン
期間中、IIJ4U ユーザの紹介によりご入会のお客様で、入会時に JCB
IIJ4U にて実施中の「ご紹介キャンペーン」において 2001 年 7 月 1 日
IIJ4U で提供しております NTT 東日本・NTT 西日本のフレッツ・ADSL
ターの開設を記念いたしまして、下記の通り KRP にてセミナーを開催
カードを IIJ4U のお支払いカードとしてご指定いただくと、ご紹介キャン
(10:00)∼ 31 日
(17:00)の期間でポイントの交換申請を受付いたしま
接続オプションサービスにおきまして、サービス提供地域を拡大しまし
いたします。
ペーンの通常特典とは別に、ご入会者とそのご紹介者の中から抽選で
すので詳細をお知らせいたします。
たのでお知らせします。
合計 500 名様に『IIJ4U オリジナルビールサーバ』や『JCB ギフトカード』
最近の主流であるデータセンターを中心としたビジネスインフラの先進
などがWチャンスで当たります!この機会に是非、お友達・ご家族を
事例をご紹介すると共に、京都データセンターでのサービスについて
IIJ4U にご紹介ください。
提供中: 北海道・宮城県・千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県・
■交換対象者
富山県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・岡山県・
2000 年 12月 25 日∼ 2001 年 3月 31 日までに、登録されたポイント
ご説明いたします。
をお持ちのユーザ
準備中: 石川県
※ 2001 年 4月以降に登録されたポイントは次回(10月)
に交換対象となります。
※ 6月末時点で、ポイントステータスが「取得」になっている必要があります。
■キャンペーン期間
ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加賜りますよう
広島県・福岡県 2001 年 7月1日
(日)∼ 12月31日
(月)
ご案内申し上げます。
■ポイント照会・交換申請方法
■特典
T E L:0 3 - 5 2 0 5 - 4 4 3 3( 年 中 無 休 9 : 0 0∼1 9 : 0 0 )
[ご紹介者]
E - m a i l:i n f o @ i i j 4 u . o r . j p
JCB ギフトカード 1,000 円を抽選で 200 名様にプレゼント!
■交換賞品一覧
■ テ ー マ: 京都データセンターと先進の企業ネットワーク
■ 開 催日時: 平成13年7月18日(水)13:30∼17:00(受付開始 13:00)
■ 会 場: 京都リサーチパーク(http://www.krp.co.jp/)
[ご入会者]
西サイエンスセンタービル4号館地下1階(Buzz Hall)
1)IIJ4U オリジナルビールサーバを抽選で 100 名様にプレゼント!!
京都市下京区中堂寺南町17番地(JR丹波口駅徒歩5分)
2)1 に漏れた方の中から
■ 参 加 費: 無料
500 ポイント
100 ポイント
● JCB ギフトカード 1,000 円
● JCB ギフトカード 6,000 円
または
または
JCB ギフトカード 1,000 円を抽選で 200 名様にプレゼント!!
● IIJ4U オリジナル NotePC キャリングケース
■ 定 員: 250名(完全予約制)
■ プログラム: 13:30 司会者ご挨拶
13:35 開会のご挨拶
株式会社インターネットイニシアティブ 取締役 関西支社長 小笹 俊一
13:45 「企業ネットワークを変える新世代通信インフラとデータセンター」
※当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※ビールサーバプレゼントの対象は 20 歳以上の方に限ります。
※賞品の発送はお友達が IIJ4U に入会した月より4ヶ月後となります。
IIJ グループの 2001 年度のコミュニケーショ
ンワードが新しく"Network Initiative"に決定
オリジナル
ビールサーバ
し、7月より広告等にお目見えします。
※背中から見た画像です。左腕に
「IIJ4U」
ロゴが入っています。
この新しいメッセージは、Internet だけではなくNetwork の総合的な
株式会社インターネットイニシアティブ 取締役 営業部長 保条 英司
3,000 ポイント
1,000 ポイント
14:45 [Break]
● JCB ギフトカード 13,000 円
15:00 「京都データセンターサービス説明」
● JCB ギフトカード 50,000 円
JCB ギフトカード
株式会社インターネットイニシアティブ関西支社 営業部 主任 吉田 一雄
16:00 「ケーススタディ∼先進の企業システム事例紹介」
株式会社アイアイジェイテクノロジー 取締役 営業部長 菊池 武志
17:00 終了 以降 インターネット相談室
表明しています。
または
■応募条件
または
ご入会者が IIJ4Uと JCB カード(登録カード)の両方を 3 ヶ月以上継
続利用することが条件です。
●スキャナ Plug N Scan600CUS [富士通]
● PDA 端末
ザウルス MI-E1[シャープ]
※その他条件は「ご紹介キャンペーン」の特典提供条件に準じます。
または
■ お申込方法 : 下記URLからオンラインで 7月9日
(月)
までにお申し込みください。受付完了後、
メールにてご連絡させて頂きます。
◎セミナー受付URL:http://www.osaka.iij.ad.jp/seminar/0107/index.html
※プログラムの内容・講師等は都合により変更となる場合もありますので、予めご了承ください。
※誠に勝手ながら定員超過の場合は抽選とさせていただきます。
■応募方法
ご入会者が IIJ4Uにオンラインサインアップする際、ご紹介者の「氏
SLA Latency Value
■キャンペーンの詳細
本キャンペーンの詳細は以下にてご確認いただけます。
http://www.iij4u.or.jp/friends/
▲
E - m a i l:s e m i n a r @ o s a k a . i i j . a d . j p
遅延時間の統計(2000 年 8 月∼ 2001年 5 月)
※交換賞品の詳細は下記 URL 内でご確認いただけます。
名」
・
「メールアドレス」とお支払いカードとして「JCB カード」をご指定
ください。以上で、双方の応募は完了します。
T E L:0 6 - 4 8 0 3 - 9 5 0 7
SLA 遅延時間*の実績
●デジタルカメラ
FinePix2500Z
[富士フィルム]
※ご紹介者による応募申請は不要です。
株式会社インターネットイニシアティブ 関西支社 セミナー事務局 今里
ソリューションプロバイダとして、業界をリードする技術と品質で企業
ネットワークをトータルにサポートしていく、というIIJ グループの意思を
京都リサーチパーク株式会社 企画開発部 ディレクター 鈴川 和哉
株式会社クロスウェイブ コミュニケーションズ 担当部長 開原 直也
IIJ グループの新コミュニケーションワード
− Network Initiative −
● IIJ4U オリジナル T シャツ
45ms
賞品の詳細
URL:http://help.iij4u.or.jp/HelpDesk/POINT/goodslist.html
■交換時の注意事項
1.取得ポイントを第三者へ譲渡することはできません。
2.複数のアカウントで取得したポイントを合算することはできません。
3.交換申請後の賞品の取消・変更はできません。
4.賞品のお届けは IIJ4U のご登録住所宛となります。
5.海外への賞品のお届けはできません。
6.賞品のお届けは申請後約 1ヵ月程度かかります。
※お申込み集中時は賞品のお届けに若干日数を要する場合があります。
Mean Value
京都データセンター開設記念セミナー概要
IIJ サポートセンター
U R L:h t t p : / / w w w . i i j 4 u . o r . j p /
URL:http://help.iij4u.or.jp/HelpDesk/POINT/
保証値(40ms)
40ms
35ms
30ms
25ms
21.66ms 22.76ms 17.74ms 16.40ms 16.90ms 18.40ms 19.13ms 18.33ms 17.41ms 16.93ms
20ms
15ms
2000/08 2000/09 2000/10 2000/11 2000/12 2001/01 2001/02 2001/03 2001/04 2001/05
IIJ サポートセンター
TEL:03-5205-4433(年中無休 9:00 ∼ 19:00)
IIJ サポートセンター
E-mail:[email protected]
TEL:03-5205-4433(年中無休 9:00 ∼ 19:00)
SLAの詳細は
URL:http://www.iij.ad.jp/service/sla/
E-mail:[email protected]
I N FOR M AT I ON
10
11
GLOBAL NETWORK
IIJバックボーンマップ(2001年 6月15日現在)
浦和
仙台
ASIA
西東京
柏
6Mbps
6Mbps
45Mbps
Hong
Kong
China
Thailand
45Mbps
Korea
JAPAN
6Mbps
×2
6Mbps
千葉
札幌
6Mbps
45Mbps
Malaysia
AIH
Indonesia
STM-4c×2
東京
100Mbps
有明
Singapore
Philippines
45Mbps
Taiwan
STM-1
岡崎
富山
SINET
20Mbps
STM-1
+
STM-4c
6Mbps
6Mbps
STM-1
大阪
岡山
100Mbps
MAE-WEST
PAIX
NYIIX
MAE-ATM
45Mbps
3Mbps
×2
STM-1
IIJ
New York
45Mbps
×2
STM-1
45Mbps
JPNAP
1Gbps
45Mbps
×2
100Mbps
45Mbps
神戸
10Mbps
IIJ
Palo Alto
京都
45Mbps
IIJ
San Jose
STM-1
45Mbps
WIDE
1.5Mbps
STM-1×5
6Mbps
×2
金沢
STM-1×2
STM-4C
浜松
名古屋
STM-1
横浜
STM-4c
45Mbps
NSPIXP2
1.1Gbps
STM-1
NY-NAP
U.S.A
沖縄
45Mbps
6Mbps
福岡
45Mbps
45Mbps 45Mbps
6Mbps
高松
広島
北九州
熊本
6Mbps
STM-1 : 150Mbps
STM-4c : 600Mbps
※最新のバックボーン情報は、http://www.iij.ad.jp/network/をご覧下さい。
株式会社インタ−ネットイニシアティブ
vol. 36 JULY 2001
発行 株式会社インタ−ネットイニシアティブ
営業企画部 TEL:03-5259-6109
E - m a i l: i n f o @ i i j . a d . j p
本 社 東京都千代田区神田錦町 3-13 竹橋安田ビル 〒 101-0054
TEL :03-5205-4466 E-mail :[email protected]
関 西 支 社 大阪府大阪市西区江戸堀 2-1-1 江戸堀センタービル 19F 〒 550-0002
TEL :06-4803-9500 E-mail :[email protected]
名 古 屋 支 社 愛知県名古屋市中村区名駅南 1-24-30 名古屋三井ビルディング本館 3F 〒 450-0003
TEL :052 -589-5011 E-mail:[email protected]
札 幌 支 店 北海道札幌市中央区北三条西 3-1-25 札幌北三条第一生命ビル 〒 060-0003
T E L : 0 1 1- 2 1 8 - 3 3 1 1 E - m a i l : i n f o @ s a p p o r o . i i j . a d . j p
URL :http://www.iij.ad.jp/iijnews/
『 iij.news』バックナンバーをご覧いただけます。
東 北 支 店 宮城県仙台市青葉区一番町 4-6-1 仙台第一生命タワービル 3F 〒 980-0811
TEL :022 -216 -5650 E-mail:[email protected]
北 陸 支 店 富山県富山市牛島新町 5-5 タワー 111 10F 〒 930-0856
TEL :076 -443 -2605 E-mail:[email protected]
中 四 国 支 店 広島県広島市南区稲荷町 2-16 広島稲荷町第一生命ビル 11F 〒 732-0827
TEL :082 -506 -0700 E-mail:[email protected]
*この冊子の内容はサービス形態・価格など予告なしに変更することがあります。
(2001年 6月作成)
*表示価格には、消費税は含まれておりません。
* IIJ、IIJ4U、IIJ-MC、IIJ-Tech、SEIL は株式会社インタ−ネットイニシアティブの登録商標または商標です。
*記載されている企業名あるいは製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。
九 州 支 店
福岡県福岡市中央区天神 1-1-1 アクロス福岡西 10F 〒 810-0001
TEL :092 -725-6533 E-mail:[email protected]
沖縄営業所
沖縄県那覇市久茂地 1-7-1 琉球リース総合ビル 8F 〒 900-0015
TEL:098-941-0033
E-mail:[email protected]
IIJ - MKTG 001 AA - 0106 EK - 05000 SA
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
42
File Size
413 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content