close

Enter

Log in using OpenID

評価報告書PDFはこちら - 有限会社Q

embedDownload
文章番号:STD001
2006/4/14
各位
有限会社 Q-Lights
有機EL素子の評価結果について
一般的な材料を使用して作製した有機EL素子について、下記の評価を実施致しましたの
で、その結果をご報告致します。
○ 評価項目
① 有機EL素子の外観、発光表面観察
② ELスペクトル測定
③ 電流・電圧・輝度(IVL)特性評価
④ 輝度半減寿命評価
○ 有機EL素子の作製条件
・ITO 基板の洗浄プロセス
洗浄環境:クリーンルーム(クラス 10,000)内のクリーンブース(クラス 100)
溶剤:半導体洗浄用洗剤(有機アルカリ水溶液など2種類)、超純水(18MΩ,TOC:~10ppb)
機器:超音波洗浄機(26kHz&950kHz)
、酸素プラズマ洗浄機
・蒸着プロセス
※ 各素子の蒸着層すべてに共通。
真空度:1~2×10-4Pa
蒸着速度:1.0~2.0Å/s
・有機EL素子構造
単位:nm
Glass/SiO2[53]/ITO[55]/CuPc[25]α-NPD[35]/Alq[50]/LiF[0.8]/Al[150]
ガラス基板の厚み:0.7mm
発光部面積:2.0×2.4mm2
・封止
環境:H2O&O2 10ppm 以下
封止キャップ:アルミニウム製
有機EL用シール剤ならびにゲッター(除湿・除酸素剤)を使用。
1/4
文章番号:STD001
2006/4/14
○ 評価結果
① 素子の外観および発光表面観察
発光部を拡大(20 倍)して観察したところ、ライト(ダーク)スポットのない良好な発光面
を有していることが分かりました。
1.0mm
(作製した素子の外観 )
( 素子の発光表面 )
② ELスペクトル測定
一般的な材料を用いて作製した有機EL素子の EL スペクトルを下記に示します。約
520nm にピークを持つ Alq 特有のスペクトルが得られました。
1
強度 / Normalized
0.8
0.6
0.4
0.2
0
380
430
480
530
580
波長 / nm
2/4
630
680
730
780
文章番号:STD001
2006/4/14
③ 電流・電圧・輝度(IVL)特性評価
輝 度 -電 圧 特 性
電 流 密 度 -電 圧 特 性
ITO/CuPc[250]/α-NPD[350]/Alq[500]/LiF[8]/Al[1500] [unit:Å]
12000
300
電流密度 / mA/cm
2
2
10000
輝度 / cd/m
ITO/CuPc[250]/α-NPD[350]/Alq[500]/LiF[8]/Al[1500] [unit:Å]
350
8000
6000
4000
2000
250
200
150
100
50
0
0
3
5
7
9
11
3
13
5
7
電圧 / V
輝 度 -電 流 密 度
11
13
素 子 抵 抗 -電 圧 特 性
ITO/CuPc[250]/α-NPD[350]/Alq[500]/LiF[8]/Al[1500] [unit:Å]
12000
9
電圧 / V
ITO/CuPc[250]/α-NPD[350]/Alq[500]/LiF[8]/Al[1500] [unit:Å]
160
140
10000
抵抗 / KΩ
輝度 / cd/m
2
120
8000
6000
4000
100
80
60
40
2000
20
0
0
0
50
100
150
200
250
300
350
3
電流密度 / mA/cm 2
7
9
11
13
電圧 / V
電 力 効 率 -電 圧 特 性
電 流 効 率 -電 圧 特 性
ITO/CuPc[250]/α-NPD[350]/Alq[500]/LiF[8]/Al[1500] [unit:Å]
1.4
5
ITO/CuPc[250]/α-NPD[350]/Alq[500]/LiF [8]/Al[1500] [unit:Å]
3.5
1.2
3.0
電流効率 / cd/A
電力効率 / lm/W
1.0
0.8
0.6
0.4
0.2
2.5
2.0
1.5
1.0
0.5
0.0
0.0
3
5
7
9
11
13
電圧 / V
3
5
7
9
電圧 / V
3/4
11
13
文章番号:STD001
2006/4/14
④ 輝度半減寿命評価
1000時間以内の駆動時間で輝度半減を迎える初輝度として大よそ 1700cd/m2 と予測
し、輝度半減寿命評価を行いました。また、素子の発光輝度を安定化させるため、下記
の条件でエージングを行っています。
(エージング条件)
・ 輝度
:約 800 cd/m2
・ 定電流駆動 :1.2mA
・ 駆動電流
:10 分間
評価結果をグラフに示します。縦軸には輝度をとっていますが、初輝度を1として標準
化してグラフ化しています。
素子寿命評価
素子寿命評価
1800
1.0
50% Line
( Normalized )
1400
( cd/m
1200
Luminance
2
)
1600
800
Luminance
1000
600
400
50% Line
0.8
0.6
0.4
0.2
200
0.0
0
0
100
200
300 400 500 600 700
Operation Time ( hr )
800
900 1000
0
100
200
300
400 500 600 700
Operation Time ( hr )
800
900
1000
○ コメントなど
素子の作製プロセス、評価手法などでご不明な点など御座いましたら、お気軽にお問合
せ下さい。
以上
評価担当:枡田
4/4
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
165 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content