close

Enter

Log in using OpenID

スチールパーティション

embedDownload
Pre-wall
[ICS[
]ICN]
プレウォール[ICS]
[ICN]
可動間仕切のスタンダード
笠木・巾木に支柱を芯に組み込んで、表裏 2 枚のパネルで包み込む方式を採用。
テナント間に最適な丈夫でスマートな大壁をつくることができます。
ICS
18 Partition
ICN
レディメードスチールパーティション
合理的な生産方式により
短納期が可能なタイプです。
経済的で合理的な大壁が作れます。
オーダーメードスチールパーティション
工場で完成された部材を現場で組立てる
スマートな短時間施工タイプです。
美しい大壁がすばやく仕上がります。
19
Pre-Wall[ICS]
[ICN]
一般パネル
オフィスのさまざまな要求を満たす
豊富なパターンバリエーション。
900/1200
900/1200
900/1200
900/1200
900/1200
900/1200
CH最大3000まで
900/1200
1100
CH最大3000まで
900/1200
900/1200
900/1200
※1
ICN のみ CH は
最大 2700になります。
1000
1000
パネルは天井までの密閉型にするか、採光を配
慮したガラスコンビ型か、あるいは通気性の良
いオープン型にするか、最適のタイプを選択し
てください。
パネルの基本モジュールは 900㎜と 1200㎜の
2 種類です。レイアウトに合わせて効率良く組
み合わせることができます。
[ICS]
[ICN]の豊富なバリ工一ションは効率の
良い、生産性の高いオフィスを実現します。
ドアパネルはタイプの選択の他に、吊元の位置
や子扉の位置も左右に選ぶことができます。ま
た、ドア窓やアルミガラリなどオプションも充分
にそろえています。担当者にご相談ください。
900/1200
1100
■ パネルパターン
スチールパネル
SP0 ※1
スチールパネル
SP1
コンビパネル
CP1
コンビパネル
CP2
コンビパネル
CP3
コンビパネル
CP4
ガラスパネル
GP0 ※2
ガラスパネル
CP6
※2
最大 H2500まで、
それ以上については
ご相談ください。
オープンパネル
OP
ランマクローズタイプ
コンビパネル
CP5
ガラスパネル
CP7
ランマオープンタイプ
■ フットガード
1800
900
1200
1800
スチールドア
片開き
DR1-09S
スチールドア
親子
DR2-12S
スチールドア
両開き
DR3-18S
コンビドア
片開き
DR1-09C
コンビドア
親子
DR2-12C
コンビドア
両開き
DR3-18C
CH最大3000まで
1200
ランマクローズタイプ
900
1200
1800
オープンドア
片開き
DR1-090
オープンドア
親子
DR2-120
オープンドア
両開き
DR3-180
2100
900
2100
ドアの下端には靴などが傷つかないよう、樹脂
製のフットガードが付いています。
CH最大3000まで
ドアパネル
ランマオープンタイプ
スリット窓タイプ
(オプション)
ICN ドアパターン
基本パネルの幅は W900 と W1200です。天井高さ(C.H.)
は H3000まで、厚みは ICS、ICN 共に
D60ですが、ICS は D80、D100にも対応が可能です。
20 Partition
21
Pre-Wall[ICS]
[ICN]
1. 墨出し
配置図に基づき床面、天井面、壁面に墨出しを
します。
[ICS]
■ 部材構成
[ICN]
■ 部材構成
1. 墨出し
配置図に基づき床面、天井面、壁面に墨出しを
します。
2. 笠木・巾木の取付け
2. 笠木・巾木の取付け
天井・壁面の墨出しにしたがい、笠木・巾木に
シール材をはさんでビスで固定します。シール材
は音や光のモレをなくします。コンクリート面に
はカ一ルプラグ、軽鉄下地の天井面には M バー
などに届くようにタッピンねじを使用します。
天井・壁面の墨出しにしたがい、笠木・巾木にシー
ル材をはさんでビスで固定します。シール材は音
や光のモレをなくします。コンクリート面にはカー
ルプラグ、軽鉄下地の天井面には M バーなどに
届くようにタッピンねじを使用します。
シール材
シール材
笠木
笠木
3. スタッドの建込み
3. スタッドの建込み
パネルの割付けにしたがい位置を確かめ巾木に
アジャスターをセットし、アジャスターボルトで
レベルを出した後、スタッドを垂直に建込みます。
その際、天固定金具を笠木の中に押し上げ、ビ
スで保持します。スタッドにパネル受金具を取
付けます。
パネルの割付けにしたがい位置を確かめ巾木に
アジャスターをセットし、アジャスターボルトで
レベルを出した後、スタッドを垂直に建込みます。
その際、天固定金具を笠木の中に押し上げ、ビ
スで保持します。スタッドにパネル受金具を取付
けます。
4. 横桟の取付け
天固定金具
横桟をスタッド間に取付けます。
4. 横桟の取付け
天固定金具
横桟をスタッド間に取付けます。
5. ドア枠の建込み
5. ドア枠の建込み
床面の誤差に対しては、ドア枠をカットして建込
みし、両側のスタッドでささえます。
あらかじめ巾木端部に取付けたドア枠固定金具
に、ドア枠を差し込んで建込み、両側のスタッ
ドでささえます。床面の施工誤差は± 10㎜で、
レベル調整することができます。
目地押え
目地押え
6. パネルの建込み
スタッド下部のパネル受金具にパネルの切欠部
を乗せて、スタッドに押しつけるように建込み、
目地押えで固定します。
6. パネルの建込み
スタッド下部のパネル受金具にパネルの切欠部
を乗せて、スタッドに押しつけるように建込み、
目地押えで固定します。
スタッド
スタッド
横桟
7. 高さ・巾の現場調整
横桟
高さ・巾は現場に合わせて寸法を設定し、カット
して建込みます。上部の切口は笠木が隠します。
7. 壁面カバーの取付け
壁面に取付けたカバーで、端部の柱や壁仕上り
面の差異を調節します。± 10㎜の施工差異に
適応できます。
パネル受金具
8. 壁面カバーの取付け
パネル受金具
壁面に取付けたカバーで、端部の柱や壁仕上り
面の差異を調節します。± 10㎜の施工差異に適
応できます。
8. パネルの接続
目地寸法は巾 12㎜、深さ 4㎜です。パネル建込
み時に目地押えでパネルを接続し、目地板を取
付けます。接続箇所はすべて同様に連結されて
いるので、組立・解体が容易にでき、他のパネ
ルとの交換も可能です。
9. コーナーカバーの取付け
目地板
9. パネルの接続
目地板
石膏ボード
石膏ボード
パネル表面板
パネル表面板
パネルと同じ方法で取付けます。
目地寸法は巾 12㎜、深さ 4㎜。パネル建込み時
に目地押えでパネルを接続し、目地板を取付け
ます。接続箇所はすべて同様に連結されている
ので、組立・解体が容易にでき、他のパネルと
の交換も可能です。
10. コーナーカバーの取付け
パネルと同じ方法で取付けます。
アジャスター
巾木
22 Partition
アジャスター
巾木
23
Pre-Wall[ICS]
[ICN]
■ ディテール
[ICN]
[ICS]
スチールパネル SP
● 縦断面図
[C-C']
● 縦断面図
[D-D']
● ICN 縦断面図
D
C
A'
B
20
20
A
笠木
B'
C'
40
スチールパネルはスタッドを芯に表裏 2 枚のパネルで
包み込む方式です。凸部の無いスマートな大壁が作れ
ます。塗装はメラミン焼付塗装で、キズがつきにく
く耐
蝕性にすぐれています。また、パネルの裏打材には石
膏ボードを使い、すぐれた不燃性や遮音性能を発揮
しています。
○パネル寸法
(標準)
W900㎜・W1200㎜× H3000㎜
(最大)
天井高さH3000㎜を超える場合は標準仕様と異な
るので、事前にご相談ください。
笠木
笠木
D'
横桟
パネル表面板
パネル表面板
パネル表面板
● 横断面図
[A-A']
(壁面との納まり)
横桟
スタッド
スタッド
目地板
パネル裏打材石膏ボード
スタッド
CH
パネル表面板
34
13
60
60
パネル裏打材
石膏ボード
パネル裏打材
石膏ボード
スタッド
13
34
13
13
12
P.W.
40
12
900、1200
(標準)
900、1200
(標準)
巾木
20
PH
60
アジャスター
横桟
CH
CH
横桟
● 横断面図
[B-B']
34
13
2040
13
60
パネル裏打材石膏ボード
スタッド
13
13
60
■ ICN 縦断面図
(壁面との納まり)
パネル裏打材
石膏ボード
13
34
34
60
2100
目地板
パネル表面板
13
12
888、1188
(標準)
900、1200
(標準)
パネル表面板
12
壁面レール
P.W.
34
13
60
13
P.W.
巾木
アジャスター
アジャスター
900、1200
(標準)
40
20
60
60
パネル裏打材石膏ボード
巾木
ICN スチールパネルは ICS と同様の機能ですが、天井・壁面
納まりの施工方法が異なります。ICNのスチールパネル SP0
のみ天井の高さH2700㎜までとなります。
S= 1/4
24 Partition
25
Pre-Wall[ICS]
[ICN]
[ICS]
[ICN]
コンビパネル CP
ガラスパネル GP
● コンビパネル縦断面図[B-B']
B
● コンビパネル縦断面図[C-C']
● ガラスパネル縦断面図[D-D']
● ICN コンビパネル縦断面図
笠木
笠木
笠木
40
20
20
20
C
笠木
35
35
17
B'
C'
3
54
26
コンビ上枠
17
コンビ上枠
コンビ上枠
3
3
54
3
ガラス
D
ガラス
ガラス
CH
コンビパネル CP
スチールパネルにガラスを組合わせたのがコン
ビパネルです。使用ガラスは透明・型板の 2 種
類です。
○パネル寸法(標準)
W900㎜・W1200㎜× H3000㎜(最大)
ガラスパネル GP
全面にガラスをはめ込んだタイプです。使用ガ
ラスは型板・透明・網入の 3 種類から選択でき
ます。
○パネル寸法(標準)
W900㎜・W1200㎜× H2550㎜(最大)
このパネルにスイッチ・コンセントの取付けはで
きません。
A
A'
ガラスパッキン
ガラス
7
1100
46
7
コンビ下枠
1000
ガラスパッキン
D'
パネル表面板
60
ガラスパッキン
パネル裏打材
石膏ボード
● ガラスパネル横断面図[A-A']
パネル表面板
● ICN ガラスパネル縦断面図
30
840、1140
(標準)
12
CH
CH
パネル芯材
24
30
笠木
13
34
13
1000
900、1200
(標準)
30
横桟
40
24
24 12 24
30
ガラス
2100
ガラスパッキン
スタッド
目地板
CH
コンビ縦枠
コンビ上枠
13
34
34
13
60
13
CH
13
7
46
7
ガラスパッキン
1100
60
ガラスパッキン
巾木
アジャスター
1000
アジャスター
35
アジャスター
60
巾木
60
60
コンビ下枠
巾木
60
ICN コンビ / ガラスパネルは ICS と同様の納まりです。天
井高さ H3000㎜を超える場合は標準仕様と異なるので、
事前にご相談ください。
S= 1/4
26 Partition
27
Pre-Wall[ICS]
[ICN]
[ICS]
[ICN]
オープンパネル OP
パンチングパネル SPP
ブラインド内蔵パネル
● オープンパネル縦断面図[D-D']
D
E
B'
コンビ上枠
MIN100
F'
E'
MIN190
オープン縦枠
パネル表面板
135
オープンカバー
30
パネル裏打材
石膏ボード
30
MIN100
CH
横桟
13
34
13
60
1970
30
24 12 24
CH MIN2310
スタッド
巾木
目地板
● パンチングパネル横断面図[B-B']
横桟
CH
60
パネル充 材
ロックウール板
パネル表面板
スタッド
ブラインド
アジャスター
パネル裏打材
石膏ボード
60
2100
60
13
ガラス
2100
13
パネル表面板
2130
(ブラインド有効寸法2120→たたみ代125)
パネル裏打材
石膏ボード
目地板
CH
オープン縦枠
天ベース
13
12
2100
13
34
笠木
笠木
D'
13
34
笠木
天ベース
900、1200
(標準)
スタッド
40
C'
C
20
B
24 12 24
30
● ICN オープンパネル縦断面図
A'
● オープンパネル横断面図[A-A']
スタッド
● ブラインド内蔵パネル縦断面図[F-F']
20
A
● パンチングパネル縦断面図[E-E']
F
20
オープンパネル OP
パネルのランマ部分をオープンにした通気性の
良いタイプです。
○ パネル寸法(標準)
W900㎜・W1200㎜× H3000㎜(最大)
パンチングパネル SPP(ICS のみ)
表面鋼板に 5㎜φ、20㎜ピッチのパンチングを
したパネルです。吸音性にすぐれ、デザイン的
にもやわらかな感じに仕上がります。
○ パネル寸法(標準)
W900㎜・W1200㎜× H3000㎜(最大)
ブラインド内蔵パネル(ICS のみ)
採光の調節や視線カットの働きをするブライン
ドが内蔵されたパネルです。通常のブラインド
に比ベホコリなどの汚れが付かず清潔です。さ
らにブラインドの操作ボックスもパネルに組込ま
れ、デザイン上もスッキリ仕上がります。
12
MIN50
34
13
60
MIN50
60
900、1200
(標準)
パネル表面板
パネル裏打材石膏ボード
パネル充
巾木
材ロックウール板
13
34
13
60
20
アジャスター
20
60
20
● ブラインド内蔵パネル横断面図[C-C']
ブラインド内寸法W-90
(10㎜きざみ)
目地板
7.8 37.2
巾木
70
37.2 7.8
20
スタッド
アジャスター
20
60
巾木
12
46
ブラインド
46
ガラス
12
上下昇降操作盤
808、1108
(標準)
46
角度調整ダイヤル
46
900、1200
(標準)
5
105
60
20
60
アジャスター
ICN オープンパネルは ICS と同様の機能ですが、天井納ま
りとランマ部分の施工方法が異なります。天井高さ H3000
㎜を超える場合は標準仕様と異なるので事前にご相談くだ
さい。パンチング/ブラインド内蔵パネルは ICS のみの仕
様です。
(ICSもICNオープンパネルと同様の笠木仕様も対応できます。
)
S= 1/4
28 Partition
29
Pre-Wall[ICS]
[ICN]
[ICS]
[ICN]
ドアパネル DR
D
B
B'
C
● ICN ドアパネル縦断面図
C'
笠木
パネル表面板
パネル表面板
3
E'
D'
54
60
3
ガラス
60
60
パネル裏打材
石膏ボード
ピボットヒンジ
40
11 7
2
40
36
3
117
2
ドア表面板
ドア表面板
ドア芯材
ペーパーハニカム
ドア芯材
ペーパーハニカム
40
2
ドア表面板
ピボットヒンジ
3
34
12
CH
DW900
ドア芯材
ペーパーハニカム
CH
812
CH
ドア表面板
5
3
60
40
117
フットガード
49
49
3
49
ドア芯材ペーパーハニカム
ピボットヒンジ
ピボットヒンジ
36
6
ドア枠
ドア枠
36
47
横桟
ガラスパッキン
ドア枠
47
34
コンビ上枠
パネル裏打材
石膏ボード
● 片開きドア横断面図[A-A']
12
笠木
35
笠木
横桟
6
40
A'
●[E-E']断面図
20
A
●[D-D']断面図
E
20
ドア表面板は鋼板 SPCCt0.5を使用し、芯材は
ぺ−パーハニカムです。ドア厚は 40㎜、レベル
調整は床面の誤差に対しドア枠をスライドさせ、
± 10㎜の範囲で調整できます。また、ヒンジに
はシャープなデザインのピボットヒンジ(オリジ
ナル品)を使用しています。
○ドア寸法(標準)
片開きドア
W900㎜ × H2100㎜
両開きドア
W1800㎜ × H2100㎜
親子ドア
W1200㎜ × H2100㎜
ドア窓(標準)
W590㎜ × H800㎜
ドアにアルミのガラリが付けられます。
● 両開きドア横断面図[B-B']
6
47
47
6
フットガード
ドア表面板
12
34
3
854
5
2100
2046
2051
2100
2046
2051
2100
2046
2051
40
60
ドア芯材ペーパーハニカム
ピボットヒンジ
854
3
34
12
DW1800
● 親子ドア横断面図[C-C']
6
47
47
6
40
60
ドア芯材ペーパーハニカム
34
3
296
6
812
3
34
12
15
ピボッ
トヒンジ
15
12
フットガード
15
ドア表面板
DW1200
※アルミエッジレスドアは 2011年 12 月1日受注分からとなります。
30 Partition
S= 1/4
31
Pre-Wall[ICS]
[ICN]
[ICS]
[ICN]
[ICN]
パネルジョイント方法
ハンガードア
● 3 ウェイ(目地芯)納まり
ICN と連結できる床面にレ−ルが無い
吊り下げ式の引戸です。
● 3 ウェイ 調整納まり[ICN]
● 3 ウェイ(目地芯以外)納まり
P.W.
P.W.
P.W.
P.W.
12
60
30
36
36
60
60
12
笠木
64
A
石膏ボード
A'
40
オフィスでは開き扉が多く使われています。ICN
ハンガードアは、開き扉で生じるデッドスペース
が無く、ムダの無いオフィス空間が構成できま
す。ICN と同一平面で仕上げられ、枠の無いスッ
キリとした 60㎜厚さのハンガードアです。
駆動部はボールサスペンションにより静かなドア
の開閉が可能です。
○ ユニット寸法(標準)
W2050・W2650 × H3000(最大)
H2400(最小)
ドア窓(標準) W150㎜× H1750㎜
●[B-B']引戸縦断面図(窓付)
B
60
レール受け
B'
CH-2100
3 ウェイ、コーナー、壁面、端部などのパネルジョ
イントやエンドの納まりも、すべてジョイント部
材によりパネル組立と同様の簡単な工程で組上
がります。
サスペンション
ハンガー
ランマパネル表面板
40
12
12
スタッド
端部カバー
コーナースタッド
戸袋パネル表面板
10.5 4.5 30 4.5 10.5
● コーナー納まり
● コーナー 調整納まり[ICN]
P.W.
30
エンドカバー
12
ガラス
30
P.W.
24
窓枠
24
12
ドア閉鎖時
ドア開放時
30
●[A-A']引戸横断面図(窓付)
● 端部納まり[ICN]
P.W.
戸袋パネル表面板
戸当りクッション
ペーパーハニカム
55
壁面レール
34
15
引戸本体表面板
ガラス
戸袋スタッド
40
P.W.
20
壁面カバー
40
6
戸当りパネル
壁面レール
130
戸当りスタッド
PW:300
PW
※ 端部の誤差調整範囲は± 10㎜です。
2
戸袋パネル表面板
13
10
150
有効W:800(1100)
2050(2650)
全開クッション
引き残し105
837(1137)
地レール
6
PW
7
サッシュと柱の間に ICS が 1 面のみくる場合と、
コンビパネルかドアが端部にくる場合の仕様です。
S= 1/4
32 Partition
4
戸当りクッション
引戸表面板
34
60
4.5
10.5
13
30
60
60
60
60
4.5
10.5
12
壁面レール
(笠木兼用)
60
● 端部納まり※
15
● 端部標準納まり※
60
P.W.
60
2100
2040
24
40
12
P.W.
12
36
60
60
60
コーナーカバー
60
ペーパーハニカム
CH:2400〜3000
● エンド部納まり
60
P.W.
60
P.W.
60
7
S= 1/4
33
Pre-Wall[ICS]
[ICN]
[ICN]
[ICS]
[ICN]
● スクリーンボード縦断面図
スイッチ・コンセント
スクリーンボード
40
パネル間のスペースに
配線や配管ができます。
笠木
横桟
ランマパネル
表裏が独立した二重パネル構造なので、パネル
間をワイヤリングスペースに利用して、配線や配
管ができます。外部から完全に隠れるので美観
をそこなわない仕上がりとなります。スイッチ、
コンセントの取付けはパネルに切り欠き部を設
け、スイッチ・コンセントボックスを内蔵できます。
スクリーンパネル
アルミホーロー鋼板
横桟
1162
1740
24
ペンケース
ペンケース
(開閉式)
900
A
横桟
900
80
1800
2100
パネル
腰パネル
スタッド
● スイッチ・コンセント横断面図[A-A']
横桟
13
798
13
34
13
34
938
A'
60
13
石膏ボード
12
巾木
60
60
24
CH
(Max:3000)
ICN にスクリーンが組込まれているので、フラッ
トでスッキリとした仕上りです。鮮明な映像の再
現だけでなく、ホワイトボードとしても使用でき
ます。
スクリーン面は表面硬度が高くキズの付きにく
いアルミホーロー鋼板です。
スクリーンパネル
(ホワイトボード兼用)
アルミメッキ鋼板ホーロー仕上げ
CH−2100
ICN に組込まれた 70 インチスクリーン。
オフィス空間の有効利用が可能です。
150
アジャスター
S= 1/4
[ICS]
[ICN]
S= 1/4
[ICS]
[ICN]
建物との取合い
ドアガラリ
A
CH
47
47
6
ドア表面材
ドア芯材ペーパーハニカム
15
590
C'
●[C-C']断面図
笠木
15
3
34
12
笠木
40
20
●[A-A']断面図
34
13
13
34
13
60
●[B-B']断面図
笠木
●[D-D']断面図
笠木
40
20
15
3
D'
ドア芯材
ペーパーハニカム
ガラリ
34
D
60
60
12
C
B'
A'
13
15
● ドアガラリ横断面図[C-C']
B
6
15
C'
309H(ICN).459H.609H
D
D'
ドア表面板
天井梁や照明器具、窓部やファンコイルカバー
などとの取合いも、笠木部材と壁面レール部材
を利用して、納まり良く施工できます。
ICS、ICN ともに、現場での正確な採寸割り出し、
カットが美しい仕上がりに結びつきます。
コンビパネル、ガラスパネル、パンチングパネ
ルは、梁下処理が困難なため、レイアウト時に
考慮してください。
ガラリ
C
6
天井梁などとの取合いも
納まりよく施工できます。
● ドアガラリ縦断面図[D-D']
ドアに通気性の良いガラリを取付けることができ
ます。ガラリ開口率は 28%です。表面はアルマ
イト処理仕上げです。
○ガラリ寸法(標準)
片開き用 W590 × H309・459・609㎜
(ICN は W590 × H309のみ)
子扉(親子ドア)ガラリ W125 × H1839㎜
DW900
S= 1/4
34 Partition
S= 1/4
35
Pre-Wall[ICS]
[ICN]
■ 性能と仕様
[ICS]
[ICN]
短時間施工のオーダーメードタイプ。
スマートな仕上がりと性能を誇ります。
○熱貫流率 1.696Kcal/Gh℃
表裏 2 枚のパネルは芯材に、耐火性、断熱性、遮音性に
すぐれた不燃石膏ボードを使用しています。石膏ボードは
厚さ12.5㎜、
熱伝導率 0.10Kcal/Gh℃です。その上、
スタッ
ドをはさんだサンドイッチ構造なので、中間に 34㎜の空気
層ができ、熱貫流率 1.696Kcal/Gh℃というデータを保持
しています。
短納期が可能なレディメードタイプ。
その上性能は ICS と同様です。
■ ICS 各部材の仕様
部品名
材質
表面仕上げ
部品名
材質
表面仕上げ
笠木
SECC 0.8㎜
メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
笠木
SECC 0.8㎜
メラミン樹脂焼付塗装
巾木
SECC 1.0 ㎜
メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
壁面レール
SECC 0.8 ㎜
メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
巾木
SECC 1.0㎜
メラミン樹脂焼付塗装
壁面カバー
SECC 0.8 ㎜
メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
スタッド
SEHC 1.6㎜
生地
スタッド
SEHC 1.6 ㎜
生地
横桟
SECC 0.6㎜
生地
生地
パネル
表面板= SPCC 0.5㎜
メラミン樹脂焼付塗装
横桟
SECC 0.6 ㎜
パネル
表面板= SPCC 0.5㎜(0.6㎜ , 0.8㎜) メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
コンビ枠
SECC 0.8 ㎜
メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
ドア枠
SECC 1.2 ㎜
メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
ドア
表面板= SPCC 0.5 ㎜
メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
心材=ペーパーハニカム
アルマイト処理
パネル表面板 SPCC 0.5㎜
パネル芯材 石膏ボード
熱伝導率0.10Kcal/㎡h℃
芯材=不燃石膏ボード 12.5㎜
空気層
○層間変位 C/H = 1/150
技術陣の綿密な設計のもとに生まれたのが、1/150の層間
変位です。建物とは強固に接合する反面、地震などで建物
が変形した場合のゆがみを吸収する能力が要求されますが、
1/150の層間変位は、この要求に充分にこたえる性能です。
○不燃認定品[NM-1763]
■ ICN 各部材の仕様
ドアエッジ=アルミ押出材
コンビ上枠
SECC 0.8㎜
コンビ下枠
アルミ押出材
アルマイト処理
コンビ縦枠
SECC 0.8㎜
メラミン樹脂焼付塗装
ドア枠
SECC 1.2㎜
メラミン樹脂焼付塗装
ドア
表面板= SPCC 0.5㎜
メラミン樹脂焼付塗装
アルマイト処理
SECC 0.5 ㎜
メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
心材=ペーパーハニカム
コーナーカバー
SECC 0.8 ㎜
メラミン(アクリル)樹脂焼付塗装
ドアエッジ=アルミ押出材
■ ドア標準金物
金物品名
メーカー名
品番
錠(レバーハンドル)
ユーシン・ショウワ
IPMSL2
ドアクローザー
リョービ
S-122PLI
ピボットヒンジ
オリジナル
NFCS-PH
フランス落し
リョービ
RB-002
ドアストッパー
シブタニ
シブタニ
○平均透過損失 31.3dB(標準仕様)
平均透過損失 34.2dB(内部ロックウール充塡仕様)
音響透過損失
︵
50
芯材=不燃石膏ボード 12.5㎜
目地板
DC-46W
(標準仕様、座付き)
60
(壁面レール兼用)
DC-46
(コンクリート床アンカー
仕様、座無し)
メラミン樹脂焼付塗装
目地板
SECC 0.5㎜
メラミン樹脂焼付塗装
コーナーカバー
SECC 0.8㎜
メラミン樹脂焼付塗装
■ ドア標準金物
金物品名
メーカー名
品番
錠(レバーハンドル)
ユーシン・ショウワ
IPMSL2
ドアクローザー
リョービ
S-122PLI
ピボットヒンジ
オリジナル
NFCS-PH
フランス落し
リョービ
RB-002
ドアストッパー
シブタニ
DC-46W
(標準仕様、座付き)
シブタニ
DC-46
(コンクリート床アンカー仕様、座無し)
■ カラーバリエーション
■ カラーバリエーション
パネル(スチール・塗装) 巾木(スチール・塗装)
パネル(スチール・塗装) 巾木(スチール・塗装)
40
30
︶
dB
W7
アッシュグレー
W3
ウォームグレー
W7
アッシュグレー
W3
ウォームグレー
V
システムホワイト
WH-1
ダークグレー
V
システムホワイト
WH-1
ダークグレー
WP-1
アイボリー
WH-1
ダークグレー
SW-90
スノーホワイト
SW-90
スノーホワイト
20
10
0
125
250
500 1000 2000 4000
中心周波数
(Hz)
製作年月日
平成元年 4 月 15 日
寸 法(mm)
4200W × 2600L × 60T
面密度(kg/G)
33.4
備考
試験 機関で行な
った養 生、試 験
体取付け方法
周辺部分
WP-3
パールグレー
WH-1
ダークグレー
プレウォール[ICS]
[ICN]使用上の注意
●オフィスのレイアウト変更、増設、移転など、プレウォール
[ICS]
[ICN]を移動する場合は、けがや破損の恐れがあるので、必ず
専門家におまかせください。
●暖房機の近くなど、加熱されるような場所への設置はお止めく
ださい。変質や火災の原因となります。
既設開口部 4200㎜× 2600㎜の上下に取付け
た鋼製レールに鋼製支柱を固定させ、その両面に
石膏ボード裏打ち鋼製パネル 4 枚を取付けた。
上下端および左右端は、油粘土詰めとした。
※ 実験室でのデータと現場では諸々の条件により異なることがあります
のでご注意ください。
●強い風圧を受ける場所への設置はお止めください。ドアやパネ
SW-90
スノーホワイト
SW-90
スノーホワイト
ルが破損する恐れがあり危険です。
●ドアパネルにぶら下がるなどの、無理な使用はお止めください。
故障の原因となるうえパネルが転倒する恐れがあり危険です。
●パネルやドアにガラスを使用しているタイプでは、ガラスの外れ
や落下によるけがにご注意ください。
●一部建築物の構造上、設置できない場合があります。詳しくは
担当者までお問い合せください。
36 Partition
37
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
26
File Size
1 662 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content