close

Enter

Log in using OpenID

フラワーポエム

embedDownload
フラワーポエム
22 2014.10.14 渚の風 2号
連載 「花の詩」
①
秋桜
大出 一博
写真 大 出一 博 文 平田篤 州
秋桜。ひそやかに見えて、芯の強さを感じる…そん
…人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
なところが好きだ、と稀代のファッションプロデュー
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
サーは言う。いや、写真家「大出一博」は言う。
希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる…
検索
「大出さんも、画家なのではないか。水彩画の…」
コスモスの花言葉が「少女の純真」というのも、水
彩画の透明感に通じる。
その仕事ぶりは、確かに「青春」という言葉がよく
さて、cosmos の語源。ラテン語に求められ、秩序
オードリー・ヘプバーン、高田賢三…グローバルな舞
似合う。まっすぐで情熱的。いつも、美しさを求めて
を持つ完結した世界体系としての宇宙をさすのだとい
台、キラ星のような人脈が広がる。
いる。童心さえ、垣間見える。
う。風に揺れる cosmos に、写真家は、どんな宇宙
大出さんの仕事は、多彩だ。パリコレ、シャネル、
を観たのだろう。
写真家としての活動も、時を刻む。作品には、阿久
悠さんや秋元康さんらが文を寄せていた。花を撮り続
け、独自の「花の詩」の世界を表現している。
一方で、神社仏閣・きものを愛でる。日本の美、和
への想いは、ひとしおだ。そして、詩人サミエル・ウ
ルマンの「青春」を、いつも傍らにおく。
9 月下旬、画家・安野光雅さん(88)の故郷であ
る島根県津和野町を訪ねた。
ともあれ、ウルマンの「青春」に表出された想いが、
「小京都」と呼ばれる盆地のまちの山すそや川辺は、
すでにススキとコスモスの世界だった。
大出さんの深奥に、いつも花開いていることだけは間
違いない。ひそやかに、芯の強さを秘めながら。
その時、大出さんのコスモスを重ねて、思った。
ファッションプロデューサー
大出一博
児童養護施設出身
東北福祉大学特任教授
草間吉夫
私たちは応援しています(敬称略)
女 優
東ちづる
マラソンランナー
有森裕子
Pr����
書
健康福祉政策課。
書道は10歳から始め、結婚・育児で中断後、2006
(平成18)年に再開した。滋賀県書道協会師範。
理事長
竹中ナミ
ジェネシスオブエンターテイメント
代表
坪田建一
写真家
大阪芸術大学教授
東京大神宮
日本ヘルマンハープ振興会
日本ハルダンゲルクラブ
織作峰子
野瀬 晴風さん。滋賀県長浜市出身。
1987(昭和62)年に滋賀県庁職員となり、現在は
社会福祉法人プロップ・ステーション
会長
梶原千沙都
宮司
理事長
松山文彦
山瀬理桜
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
720 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content