close

Enter

Log in using OpenID

AN202453 - Migration from GL-P and GL-S to GL-T Flash

embedDownload
AN202453
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
著者 : Gernot Hoyler
関連部品フ ァ ミ リ : S29GL-P/S/T
本資料 (AN202453) は、サイ プ レ ス GL-P フ ラ ッ シ ュ と GL-S フ ラ ッ シ ュ を GL-T フ ラ ッ シ ュ フ ァ ミ リ に置き換え る際の重要
な注意点お よび潜在的な問題を説明 し ます。 影響を受けるデバイ ス機能、 タ イ ミ ング パラ メ ー タ ーお よびパ ッ ケージについ
て も 説明 し ます。
目次
1
2
3
1
は じ めに....................................................................
GL-P、 GL-S、 および GL-T フ ラ ッ シ ュの
機能比較....................................................................
機能の差異についての説明 .......................................
3.1 容量 ..................................................................
3.2 セ ク タ アーキテ ク チ ャ ....................................
3.3 デー タ バス幅...................................................
3.4 ページ読み出 し バ ッ フ ァ サイ ズ ......................
3.5 書き込みバ ッ フ ァ サイ ズ ..................................
3.6 高電圧プ ログ ラ ミ ング ア ク セ ラ レーシ ョ ン ....
3.7 自動選択レ ジス タ ア ク セス .............................
3.8 デバイ ス ID.......................................................
3.9 ア ン ロ ッ ク バイパス ........................................
3.10 マルチセ ク タ 消去.............................................
1
1
3
3
3
3
3
3
3
3
4
4
4
3.11 セキ ュ ア シ リ コ ンの OTP 領域 ........................ 4
3.12 個別セ ク タ の書き込み保護............................... 5
3.13 デー タ ポー リ ング ............................................ 5
3.14 ス テー タ ス レ ジ ス タ ......................................... 5
3.15 ブ ラ ン ク チ ェ ッ ク ............................................ 6
3.16 連続性チ ェ ッ ク ................................................. 6
3.17 CFI レ ジ ス タ ..................................................... 7
3.18 ロ ッ ク レ ジ ス タ の差異 ..................................... 8
4
パワーオン リ セ ッ ト と ウ ォ ーム リ セ ッ ト の
タ イ ミ ング................................................................. 9
5
DC と AC のパラ メ ー タ ーの差異 ............................ 10
6
パ ッ ケージ............................................................... 11
改訂履歴 .......................................................................... 13
ワール ド ワ イ ド 販売 と 設計サポー ト ................................ 14
は じ めに
サイ プ レ スは 45nm プ ロ セス技術に基づ く パラ レル NOR 型フ ァ ミ リ 「GL-T」 の導入によ り 、 MirrorBit® GL であ
る 3V NOR 型フ ラ ッ シ ュ を さ ら に拡充 し ています。 サイ プ レ スは、 移行を念頭に置いて GL-T フ ラ ッ シ ュ フ ァ ミ
リ を開発 し ま し た。 そのため、 GL-P お よび GL-S フ ラ ッ シ ュ用に開発 さ れた既存のア プ リ ケーシ ョ ンのほ と んど
を GL-T フ ラ ッ シ ュ で も利用で き ます。 本書は、 GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え をする上で注意すべき製品の差異
について、 要点を ま と めています。
2
GL-P、 GL-S、 および GL-T フ ラ ッ シ ュの機能比較
表 1 に、 GL-P、 GL-S および GL-T の各フ ラ ッ シ ュ フ ァ ミ リ の機能概要を示 し ます。 45nm MirrorBit GL-T フ ラ ッ
シ ュは、 GL-P な どの旧 フ ラ ッ シ ュ フ ァ ミ リ で使用可能で し たが、 GL-S フ ラ ッ シ ュ でサポー ト さ れな く な っ たい
く つかの機能に対応 し ています。 また、 GL-T フ ラ ッ シ ュは、 GL-P および/または GL-S フ ラ ッ シ ュ を使用する
既存の設計に使用で き る よ う に基本的なハー ド ウ ェ ア と ソ フ ト ウ ェ アの互換性を維持 し ます。 機能の差異は、
3 ページの 3 節 「機能の差異についての説明」 で詳 し く 説明 し ます。
パワーオン リ セ ッ ト (POR) の タ イ ミ ングの差異については、 9 ページの 4 節 「パワーオ ン リ セ ッ ト と ウ ォ ーム
リ セ ッ ト の タ イ ミ ング」 で説明 し ます。
DC 仕様 と AC 仕様の差異については、 10 ページの 5 節 「DC と AC のパラ メ ー タ ーの差異」 で説明 し ます。
フ ッ ト プ リ ン ト と パ ッ ケージ化の差異については、 11 ページの 6 節 「パ ッ ケージ」 で説明 し ます。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
1
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
表 1. GL フ ァ ミ リ の機能比較
ファミ リ
S29GL-P
90nm
S29GL-S
65nm
S29GL-T
45nm
置き換え上の問題
128M ビ ッ ト


–
有
256M ビ ッ ト


–
有
512M ビ ッ ト



無
1024M ビ ッ ト



無
2048M ビ ッ ト
 ( マルチダ イ )
 ( マルチダ イ )
 ( マルチダ イ )
無


無
容量
セ ク タ アーキテ ク チ ャ
ユニ フ ォ ーム 128kB

x16 のデー タ バス幅



無
x8 のデー タ バス幅

–

無
非同期



無
読み出 し ページ モー ド



無
読み出 し ページサイ ズ
16 バイ ト
32 バイ ト
32 バイ ト
無
バ ッ フ ァ 書き込みサイ ズ
64 バイ ト
512 バイ ト
512 バイ ト
無
個別セ ク タ の書き込み保護



無
セキ ュ ア シ リ コ ンの OTP 領域
256 バイ ト
2x512 バイ ト
4x512 バイ ト
あ り 得る
無
ア ク セス
セキ ュ リ テ ィ
その他
12V プ ログ ラ ミ ング ア ク セ ラ レーシ ョ ン

–

ア ン ロ ッ ク バイパス コ マ ン ド

–

無
マルチセ ク タ 消去

–

無
ブランク チェ ッ ク
–


無
連続性チ ェ ッ ク
–
–

無
高電圧自動選択ア ク セス

–
–
あ り 得る
CFI バージ ョ ン
1.3
1.5
1.5
あ り 得る
デー タ ポー リ ングに よ る ス テー タ ス確認



無
ス テー タ ス レ ジ ス タ によ る ス テー タ ス確認
–


無
パ ッ ケージ と 注文オプ シ ョ ン
www.cypress.com
56 ピ ン TSOP



無
64 ボール BGA、 10 x 13mm (FAA064)

–
–
有
64 ボール BGA、 11 x 13mm (LAA064)



無
64 ボール BGA、 9 x 9mm (LAE064)
–


無
56 ボール BGA、 9 x 7mm (VBU056)
–
–

無
SnPb はんだオプ シ ョ ン
(RoHS 5/6)


–
あ り 得る
文書番号 : 002-03929 Rev. **
2
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
3
機能の差異についての説明
3.1
容量
S29GL-T フ ラ ッ シ ュはモ ノ リ シ ッ ク 512 および 1024M ビ ッ ト の 2 種類のみの容量で利用可能です。 また、 マル
チダ イ S70GL-T フ ラ ッ シ ュは 2048M ビ ッ ト の容量で使用可能です。 こ れらの容量のデバイ スのみ置き換え可能
です。
3.2
セ ク タ アーキテ ク チ ャ
GL-T フ ラ ッ シ ュは、 GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュ と 同 じ よ う に、 128kB ユニ フ ォ ーム セ ク タ アーキテ ク チ ャ
があ り ます。
3.3
デー タ バス幅
GL-T フ ラ ッ シ ュは、 x16 および x8 デー タ バス幅の両方をサポー ト し 、 すなわち、 それは x16 モー ド のみをサ
ポー ト する GL-S フ ラ ッ シ ュ を含め、 すべての 前世代製品 と 互換性があ り ます。 BYTE# 入力信号 (56 ピ ン TSOP
のピ ン 53 および 64 ボール BGA のボール F7) は使用 さ れてい る モー ド を決定 し ます。GL-T フ ラ ッ シ ュは内部プ
ルア ッ プ抵抗がある ため、 BYTE# 信号を駆動 し ない GL-S ア プ リ ケーシ ョ ン と も 互換性があ り ます。
3.4
ページ読み出 し バ ッ フ ァ サイ ズ
GL-S フ ラ ッ シ ュのよ う に、 GL-T フ ラ ッ シ ュは 32 バイ ト (16 ワー ド ) のページ読み出 し バ ッ フ ァ があ り 、 こ れ
は GL-P フ ラ ッ シ ュの倍のサイ ズであ り 、 よ り 大き な プ ロ セ ッ サ キ ャ ッ シ ュ ラ イ ンのフ ィ ル動作を容易に し ま
す。 GL-P フ ラ ッ シ ュがサポー ト し ている 16 バイ ト の最大ページ読み出 し 転送で動作 さ せる場合に も 、 ソ フ ト
ウ ェ アの変更は必要あ り ません。
ソ フ ト ウ ェ アの変更によ り 、CFI ワー ド オ フ セ ッ ト 4Ch にある CFI ページ モー ド レ ジ ス タ を照会 し 、追加のペー
ジ モー ド 読み出 し サイ ク ルを実行する よ う に ソ フ ト ウ ェ ア を構成する こ と によ っ て、 GL-T のよ り 大き なページ
読み出 し バ ッ フ ァ の利点を生かす こ と がで き ます。
3.5
書き込みバ ッ フ ァ サイ ズ
GL-T フ ラ ッ シ ュは 512 バイ ト (256 ワー ド ) の書き込みバ ッ フ ァ があ り 、 GL-S フ ラ ッ シ ュ と 同 じ で、 GL-P フ
ラ ッ シ ュのサイ ズに比べて 8 倍です。 よ り 大き な書き込みバ ッ フ ァ によ り 、 ほ と んどのフ ァ イル シ ス テムではプ
ログ ラ ムのスループ ッ ト を高 く し 、 デー タ ア ラ イ メ ン ト を向上 さ せます。 GL-P フ ラ ッ シ ュがサポー ト する 64 バ
イ ト 最大書き込みバ ッ フ ァ フ ィ ルで動作 さ せる場合に も 、 ソ フ ト ウ ェ アの変更は必要あ り ません。
ソ フ ト ウ ェ アの変更によ り 、CFI ワー ド オ フ セ ッ ト 2Ah にある CFI プ ロ グ ラ ム バ ッ フ ァ サイ ズ レ ジ ス タ を照会
し 、 大き な書き込みバ ッ フ ァ フ ィ ルを実行する よ う に ソ フ ト ウ ェ ア を構成する こ と によ っ て、 GL-T のよ り 大き
な書き込みバ ッ フ ァ の利点を生かす こ と がで き ます。 GL-T バ ッ フ ァ 書き込みを 32 バイ ト の倍数でのページ で実
行 し て、 デー タ の整合性を最大化する こ と が推奨 さ れています。 GL-T フ ラ ッ シ ュの産業用拡張バージ ョ ン
(-40 ℃~ +105 ℃ ) の場合、 こ れは必須です。 例えば、 ア レ イ に単一の動作で プ ロ グ ラ ム さ れる 1 ~ 16 の 32 バ
イ ト のデー タ ページ を使用 し て書き込みバ ッ フ ァ を ロー ド し ます。
3.6
高電圧プ ロ グ ラ ミ ング ア ク セ ラ レーシ ョ ン
GL-T フ ラ ッ シ ュは、 GL-P フ ラ ッ シ ュ と 同様に、 VHH ( 公称 12V) が WP#/ACC 入力に印加 さ れる と き、 プ ロ グ ラ
ミ ング ア ク セ ラ レーシ ョ ン をサポー ト し ています。 この機能をサポー ト し ていない GL-S フ ラ ッ シ ュ に基づ く 既
存の設計には変更は不要です。
3.7
自動選択レ ジ ス タ ア ク セス
自動選択レ ジス タ は特別な識別子 コ ー ド を通 じ て メ ー カ ーおよびデバイ ス ID を提供 し ます。
GL-P フ ラ ッ シ ュは、 自動選択 コ マ ン ド によ る自動選択レ ジ ス タ ア ク セスのほか、 ア ド レ ス入力 A9 への VID ( 公
称 12V) 高電圧印加によ る方法 も サポー ト し ていますが、 GL-T お よび GL-S フ ラ ッ シ ュは、 自動選択コ マ ン ド
( 現在、 ID エ ン ト リ コ マ ン ド と 呼ばれる ) によ る自動選択レ ジス タ ア ク セスのみをサポー ト し ています。 既存設
計で、 高電圧によ る自動選択レ ジス タ ア ク セスのサポー ト を有効に し ている場合は、 設計を変更 し て く だ さ い。
GL-P フ ラ ッ シ ュ では、自動選択レ ジ ス タ はセ ク タ ア ド レ ス 0 (SA00) にオーバーレ イ さ れます。GL-S および GLT フ ラ ッ シ ュ では、自動選択レ ジ ス タ は自動選択エ ン ト リ コ マ ン ド で選択 さ れたセ ク タ にオーバーレ イ さ れます。
既存の GL-P および GL-S 設計で、 GL-T フ ラ ッ シ ュの自動選択レ ジ ス タ にア ク セスする場合、 SW の変更は必要
あ り ません。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
3
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
セ ク タ ロ ッ ク ス テー タ スは、 目的のセ ク タ 内にある自動選択レ ジ ス タ のワー ド オ フ セ ッ ト 02h にア ク セスする
こ と で、 判定で き ます。 GL-P フ ラ ッ シ ュ では、 複数セ ク タ のロ ッ ク保護ス テー タ スは、 フ ラ ッ シ ュ ベース ア ド
レ スで自動選択モー ド に入 っ た後で判定で き ます。 GL-T および GL-S フ ラ ッ シ ュ では、 自動選択エ ン ト リ コ マ
ン ド で選択 さ れたセ ク タ の保護ス テー タ スのみを判定で き ます。 別のセ ク タ のロ ッ ク保護ス テー タ ス を判定する
には、 自動選択モー ド を一度終了 し 、 自動選択エ ン ト リ コ マ ン ド で目的のセ ク タ を使用 し て再度自動選択モー ド
に入る必要があ り ます。
3.8
デバイ ス ID
モ ノ リ シ ッ ク 512M ビ ッ ト および 1024M ビ ッ ト の GL-T フ ラ ッ シ ュ デバイ スは、対応する GL-P および GL-S デ
バイ ス と 同 じ デバイ スIDレ ジス タ 値を持っ ています。S70GL02GT フ ラ ッ シ ュは、S70GL02GPおよびS70GL02GS
フ ラ ッ シ ュ と 同 じ デバイ ス ID を持っ ています。
表 2. GL フ ラ ッ シ ュ デバイ ス ID
説明
ア ド レス
読み出 し デー タ
デバイ ス ID ワー ド 1
(SA) + 0001h
227Eh
デバイ ス ID ワー ド 2
(SA) + 000Eh
2248h = 2G ビ ッ ト
2228h = 1G ビ ッ ト
2223h = 512M ビ ッ ト
デバイ ス ID ワー ド 3
(SA) + 000Fh
2201h
GL-P または GL-S をサポー ト し 、デバイ ス ID を使用 し て ソ フ ト ウ ェ ア コ マ ン ド サポー ト を セ ッ ト ア ッ プする既
存の ソ フ ト ウ ェ アは、 変更せずに GL-T フ ラ ッ シ ュ と 互換性があ り ます。 GL-T の新 し い機能を利用する場合は、
特定の CFI レ ジ ス タ に対する照会を含める必要があ り ます。 CFI ワー ド オ フ セ ッ ト 45h にある CFI プ ロ セス生
成ビ ッ ト が、 シ ス テム内の固有 GL フ ァ ミ リ ( 例 : GL-P: 0014h、 GL-S: 001Ch、 GL-T: 0024h) を判定する働き を
し ます。
GL-T フ ラ ッ シ ュ では、デバイ ス ID にはソ フ ト ウ ェ アの自動選択レ ジ ス タ コ マ ン ド によ っ てのみア ク セスで き ま
す。 GL-P フ ラ ッ シ ュ でサポー ト さ れてい る オプ シ ョ ンの高電圧方法を介 し て ア ク セスで き ません。 3 ページの
「自動選択レ ジス タ ア ク セス」 ご参照 く だ さ い。
3.9
ア ン ロ ッ ク バイパス
ア ン ロ ッ ク バイパス モー ド プ ログ ラ ムは、シ ングル バイ ト /ワー ド のプ ログ ラ ム コ マ ン ド で プ ロ グ ラ ムを実行
する場合に、 コ マ ン ド サイ ク ルのオーバーヘ ッ ド を 50% 低減 さ せる ために使用 さ れる、 従来の機能です。 高容
量 GL デバイ ス を使用する ア プ リ ケーシ ョ ンは、 複数ワー ド のバ ッ フ ァ 書き込みプ ロ グ ラ ムによ っ て、 プ ロ グ ラ
ムのスループ ッ ト を最大化 し ます。バ ッ フ ァ 書き込みプ ログ ラ ムの コ マ ン ド オーバーヘ ッ ド は本質的に実効性が
低 く 、 な ら びにシ ングル バイ ト /ワー ド のプ ログ ラ ム も サポー ト し ます。
GL-T フ ラ ッ シ ュは、 GL-P フ ラ ッ シ ュ と 同 じ よ う に、 ア ン ロ ッ ク バイパス モー ド プ ロ グ ラ ムをサポー ト し てい
ます。 こ の機能をサポー ト し ていない GL-S フ ラ ッ シ ュ に基づ く 既存の設計には変更は不要です。
3.10
マルチセ ク タ 消去
マルチ セ ク タ 消去は、 コ マ ン ド オーバーヘ ッ ド を最小化する ため 1 つのコ マ ン ド ス ト リ ングでマルチ セ ク タ 消
去動作のキ ュ ー イ ング を可能にする、 従来の機能です。
GL-T フ ラ ッ シ ュは、 GL-P フ ラ ッ シ ュ と 同 じ よ う に、 マルチ セ ク タ 消去をサポー ト し ています。 こ の機能をサ
ポー ト し ていない GL-S フ ラ ッ シ ュ に基づ く 既存の設計には変更は不要です。
3.11
セキ ュ ア シ リ コ ンの OTP 領域
S29GL-T フ ラ ッ シ ュ デバイ スには、 2048 バイ ト の OTP ( ワン タ イム プ ロ グ ラ マ ブル ) メ モ リ 領域があ り ます。
こ のセキ ュ ア シ リ コ ン領域 (SSR) は 4 つの メ モ リ 領域に分け られてお り 、下の 512B 領域 (SSR0) は工場で変更
可能で、 上位の 3 つの 512B 領域 (SSR1 ~ SSR3) はユーザーによ っ て変更可能です。 SSR0 はあ らか じ め工場
にて プ ログ ラ ム し て出荷する こ と が可能です。 SSR0 は工場にて ロ ッ ク さ れた領域で、 ユーザーによ っ て変更で
き ません。 セキ ュ ア シ リ コ ン領域がア ク セス可能にな るのは、 セキ ュ ア シ リ コ ン エ ン ト リ コ マ ン ド の書き込み
後です。 こ の領域は、 エ ン ト リ コ マ ン ド の実行中に選択 さ れたセ ク タ の下位 1kB にマ ッ プ さ れます。 SSR0 は選
択 さ れたセ ク タ のワー ド オ フ セ ッ ト 0x0000 ~ 0x00FF にオーバーレ イ さ れます。 SSR1 は選択 さ れたセ ク タ の
ワー ド オ フ セ ッ ト 0x0100 ~ 0x01FF、SSR2 は選択 さ れたセ ク タ のワー ド オ フ セ ッ ト 0x0200 ~ 0x02FF、SSR3
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
4
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
は選択 さ れたセ ク タ のワー ド オ フ セ ッ ト 0x0300 ~ 0x03FF にオーバーレ イ さ れます。 2kB セキ ュ ア シ リ コ ン領
域の外側の メ モ リ 領域には、 セキ ュ ア シ リ コ ン ア ク セス モー ド 時は未定義デー タ が格納 さ れます。
同様に S29GL-S フ ラ ッ シ ュ デバイ スには、 1024 バイ ト の OTP ( ワン タ イム プ ロ グ ラ マ ブル ) メ モ リ 領域があ
り ます。 こ の メ モ リ 領域は 2 つの 512B 領域 (SSR0 および SSR1) に分け ら れてお り 、 GL-T フ ラ ッ シ ュ と 同 じ 機
能を持 っ ています。
GL-P フ ラ ッ シ ュ では、 セキ ュ ア シ リ コ ン セ ク タ 領域に OTP の 256B があ り ます。 こ の領域は、 工場にてあ ら
か じ めプ ログ ラ ム し て ロ ッ ク し て出荷する こ と も可能です し 、 ユーザーがプ ロ グ ラ ム し て ロ ッ ク する こ と も可能
です。 こ の領域は、 セキ ュ ア シ リ コ ン ア ク セス モー ド 時のみア ク セス可能で、 SA0 の 0x0000 ~ 0x007F にオー
バーレ イ さ れます。 また、 セキ ュ ア シ リ コ ン ロ ッ ク レ ジ ス タ ビ ッ ト の使用は GL-T および GL-S と は異な り ま
す。 GL-T ロ ッ ク レ ジス タ のビ ッ ト 0 は工場出荷時に 0 にプ ログ ラ ム さ れてお り 、 SSR 領域 0 が工場にて ロ ッ ク
さ れた こ と を示 し ます。 GL-T ロ ッ ク レ ジス タ のビ ッ ト 6、 ビ ッ ト 9 およびビ ッ ト 10 は、 工場にて 1 にプ リ セ ッ
ト さ れ、 SSR1 ~ SSR3 がロ ッ ク 解除 さ れてお り 、 ユーザーがこ れら を 0 にプ ログ ラ ム し て、 SSR を ロ ッ ク で き
る こ と を示 し ます。 GL-P ロ ッ ク レ ジ ス タ のビ ッ ト 0 はデ フ ォル ト で 1 にプ リ セ ッ ト さ れて、 セキ ュ ア シ リ コ ン
領域がロ ッ ク解除 さ れている こ と を示 し ます。 こ のビ ッ ト は工場にてあ らか じ めプ ロ グ ラ ム し た状態 と し て注文
さ れた場合、 工場にて 0 に設定する こ と も可能です し 、 ユーザーが 0 にプ ログ ラ ム し てセキ ュ ア シ リ コ ン領域を
ロ ッ ク する こ と も可能です。
S70GL02GT フ ラ ッ シ ュ には効率的に、 2kB の OTP の メ モ リ 領域が 2 つ ( 各 GL01GT ダ イ に 1 つずつ ) 配置 さ
れてい ます。 上位領域にア ク セ スす る には、 セキ ュ ア シ リ コ ン レ ジ ス タ ア ク セ ス コ マ ン ド のサ イ ク ル中に フ
ラ ッ シ ュへの入力を A26=1 にする必要があ り ます。
3.12
個別セ ク タ の書き込み保護
GL-T フ ラ ッ シ ュはア ド バン ス ト セ ク タ 保護 (ASP) 機能をサポー ト し ています。 こ の機能は、 ソ フ ト ウ ェ ア対応
によ る プ ログ ラ ムおよび消去の保護を、 ユーザー設定が可能な 8 バイ ト のパスワー ド を利用 し てセ ク タ 単位で可
能にする と と も に、 不揮発性および揮発性の制御 と 、 GL-S および GL-P フ ラ ッ シ ュ と の一貫性を提供 し ます。
3.13
デー タ ポー リ ング
GL-T フ ラ ッ シ ュは、組み込みプ ログ ラ ムおよび消去動作のス テー タ ス を判定する方法 と し て、従来のデー タ ポー
リ ング をサポー ト し ています。 こ の実装は GL-S および GL-P フ ラ ッ シ ュ と 一貫性があ り ます。 GL-T フ ラ ッ シ ュ
に置き換え る際、デー タ ポー リ ング ルーチ ン を そのま ま使用する場合も、ソ フ ト ウ ェ アの変更は必要あ り ません。
GL-T フ ラ ッ シ ュ上で DQ5 タ イ ムアウ ト イ ベン ト が発生 し た場合、 DQ5 を ク リ ア し て、 フ ラ ッ シ ュ を レデ ィ 状
態に戻すにはソ フ ト ウ ェ ア リ セ ッ ト コ マ ン ド が必要です。GL-T フ ラ ッ シ ュが この リ セ ッ ト コ マ ン ド の実行で ビ
ジーである こ と を通信 し 停止するには 100ns 秒かかる こ と があ り ます。 GL-S フ ラ ッ シ ュの場合、 こ のパラ メ ー
タ ーは 2µs です。
デー タ ポー リ ングは将来のよ り 小 さ な プ ロ セスのMirrorBit GL フ ラ ッ シ ュ フ ァ ミ リ ではサポー ト さ れない場合が
あ り ます。 デー タ ポー リ ングがサポー ト さ れない場合、 組み込みプ ロ グ ラ ム と 消去動作のス テー タ ス を判定する
ためには、 ス テー タ ス レ ジ ス タ の読み出 し が必要にな り ます。
3.14
ス テー タ ス レ ジス タ
GL-T フ ラ ッ シ ュは、組み込み動作のス テー タ ス を判定するには、デー タ ポー リ ングに代わる方法 と し て、 ス テー
タ ス レ ジ ス タ の読み出 し をサポー ト し ています。 ス テー タ ス レ ジ ス タ 機能は GL-S で もサポー ト さ れています
が、 GL-P フ ラ ッ シ ュ でサポー ト さ れていません。
16 ビ ッ ト ス テー タ ス レ ジ ス タ へのア ク セスは、 ス テー タ ス レ ジス タ 読み出 し コ マ ン ド の書き込みサイ クル と 、
その直後に続 く 、 同一 タ ーゲ ッ ト のセ ク タ ア ド レ スへの読み出 し サイ ク ルか ら 成る、 2 サイ ク ル シーケ ン スに
よ っ て行われます。 ス テー タ ス レ ジ ス タ の利用には優位性があ り ます。 なぜな ら、 従来のデー タ ポー リ ン グ と
異な り 、 ソ フ ト ウ ェ アはア ク テ ィ ブ な ア ド レ ス領域を追跡 し た り 、 順次的なポー リ ン グ読み出 し 値を比較 し て組
み込みアルゴ リ ズムのス テー タ ス を判定 し た り する必要がないから です。ス テー タ ス レ ジス タ への 1 回のア ク セ
スで、 フ ラ ッ シ ュの状態を判定するのに必要なすべての情報が提供 さ れます。 ス テー タ ス レ ジ ス タ の最後に完了
し た組み込み動作部分を リ セ ッ ト するには、 ス テー タ ス レ ジ ス タ ク リ ア コ マ ン ド を利用で き ます。
ス テー タ ス レ ジ ス タ の使用は任意であ り 、 GL-P フ ラ ッ シ ュ を使用する既存設計ではこ の機能に対応する必要は
あ り ません。 必要であれば、 ソ フ ト ウ ェ アの変更によ り 、 自動選択モー ド でオ フ セ ッ ト 000Ch の下位ソ フ ト
ウ ェ ア ビ ッ ト を照会する こ と によ っ て、 こ の機能を利用で き ます。 ビ ッ ト 0 がセ ッ ト さ れている場合、 ス テー
タ ス レ ジ ス タ の機能がサポー ト さ れています。
ス テー タ ス レ ジ ス タ の実装についての完全な詳細は、 GL-T フ ラ ッ シ ュのデー タ シー ト に記載 さ れています。 ス
テー タ ス レ ジ ス タ のビ ッ ト 定義は表 3 に記載 さ れています。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
5
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
表 3. ス テー タ ス レ ジ ス タ ビ ッ ト 定義
ス テー タ ス
レ ジス タ ビ ッ ト
説明
名称
リセッ ト値
ビ ジー
ス テー タ ス
x
無効
x
7
デバイ ス レデ ィ ー ビ ッ ト
DRB
1
0
1
6
消去一時停止
ス テー タ ス ビ ッ ト
ESSB
0
無効
0: 一時停止中の消去はない
1: 消去は一時停止中
5
消去ス テー タ ス ビ ッ ト
ESB
0
無効
0: 消去成功
1: 消去失敗
4
プ ログ ラ ム
ス テー タ ス ビ ッ ト
PSB
0
無効
0: プ ログ ラ ム成功
1: プ ログ ラ ム失敗
3
書き込みバ ッ フ ァ 中止
ス テー タ ス ビ ッ ト
WBASB
0
無効
0: プ ログ ラ ムが中止 さ れない
1: 書き込みバ ッ フ ァ コ マ ン ド の実行中に
プ ログ ラ ムが中止 さ れる
2
プ ログ ラ ム一時停止
ス テー タ ス ビ ッ ト
PSSB
0
無効
0: 一時停止中のプ ログ ラ ムはない
1: プ ログ ラ ムが一時停止中
1
セク タ ロ ッ ク
ス テー タ ス ビ ッ ト
SLSB
0
無効
0: 動作中にセ ク タ がロ ッ ク さ れない
1: セ ク タ がロ ッ ク さ れる ため、
エ ラ ー動作が発生
0
連続性チ ェ ッ ク
CC
0
無効
0: 連続性チ ェ ッ ク パ タ ーンが検出 さ れない
1: 連続性チ ェ ッ ク パ タ ーンが検出 さ れる
15:8
注:
1.
2.
3.15
予約済み
レデ ィ ー ス テー タ ス
ビ ッ ト 15 ~ 8 は将来の使用のために予約済みで、 0 または 1 の値を表示 し ます。 状態を チ ェ ッ ク する時は これ ら
のビ ッ ト を無視 ( マス ク ) する必要があ り ます。
デバイ スに実行中の組み込みアルゴ リ ズムがない場合、 ビ ッ ト 7 は 1 です。
3.
ビ ッ ト 6 ~ 1 は、 ビ ッ ト 7 が 1 の場合にのみ有効です。
4.
すべてのビ ッ ト は、 コ ール ド リ セ ッ ト ま たはウ ォ ーム リ セ ッ ト が実行 さ れる と リ セ ッ ト の状態にな り ます。
5.
ス テー タ ス レ ジ ス タ ク リ ア コ マ ン ド ま たは リ セ ッ ト コ マ ン ド が実行 さ れる と 、 ビ ッ ト 5、 4、 3、 1 は 0 に ク リ ア
さ れます。
6.
消去一時停止 コ マ ン ド 発行時、 ユーザーは DRB が 1 にな る ま で ス テー タ スの読み出 し を継続する必要があ り ます。
7.
消去再開 コ マ ン ド を実行する と ESSB は 0 に ク リ ア さ れます。
8.
9.
ESB は最新の消去操作の結果 ( 正常または異常 ) を反映 し ます。
PSB は最新のプ ロ グ ラ ム操作の結果 ( 正常または異常 ) を反映 し ます。
10.
消去一時停止中に、 その一時停止 し ている セ ク タ に対 し て プ ロ グ ラ ムを実行する と 、 そのプ ロ グ ラ ムは失敗 し 、 プ
ロ グ ラ ムのス テー タ ス ビ ッ ト が 1 にセ ッ ト さ れます。
11.
プ ロ グ ラ ム一時停止 コ マ ン ド 発行時、 ユーザーは DRB が 1 にな る ま で ス テー タ スの読み出 し を継続する必要があ
り ます。
12.
13.
プ ロ グ ラ ム再開 コ マ ン ド を実行する と PSSB は 0 に ク リ ア さ れます。
SLSB は、 セ ク タ がロ ッ ク さ れてい る ため、 プ ロ グ ラ ムま たは消去動作が失敗 し た こ と を示 し ます。
14.
SLSB は最新のプ ロ グ ラ ム動作ま たは消去動作の状態を反映 し ます。
ブランク チェ ッ ク
GL-T フ ラ ッ シ ュはセ ク タ のブ ラ ン ク チ ェ ッ ク機能をサポー ト し ています。 こ れによ り 、 GL-S フ ラ ッ シ ュ と 同様
に、 シス テム ソ フ ト ウ ェ アは コ ー ド 更新前の消去に関連する レ イ テ ン シ を最小限にする こ と が可能です。 こ の機
能の使用は任意であ り 、 GL-P フ ラ ッ シ ュ ではサポー ト さ れていません。 新 し いブ ラ ン ク チ ェ ッ ク機能は既存の
設計には影響 し ません。 ブ ラ ン ク チ ェ ッ ク機能の実装の詳細については、GL-T デー タ シー ト を ご参照 く だ さ い。
3.16
連続性チ ェ ッ ク
連続性チ ェ ッ ク機能は GL-T フ ラ ッ シ ュ で導入 さ れています。こ れは、パ ッ ケージのコ ネ ク タ から 個々のダ イ パ ッ
ド やマルチ ダ イ パ ッ ケージ内の個々のダ イへの接続に関わる、 基本的な テ ス ト を提供 し ます。 こ の機能の使用
は任意であ り 、 GL-S および GL-P フ ラ ッ シ ュ ではサポー ト さ れていません。 既存の設計には影響を与えません。
実装の詳細については GL-T のデー タ シー ト を ご参照 く だ さ い。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
6
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
3.17
CFI レ ジ ス タ
表 4 に、 GL-T、 GL-S、 GL-P のそれぞれの フ ラ ッ シ ュ フ ァ ミ リ で異な る コ モ ン フ ラ ッ シ ュ イ ン タ ー フ ェ ース
(CFI) レ ジ ス タ のすべての値の リ ス ト を示 し ます。 ソ フ ト ウ ェ アは、 CFI レ ジ ス タ にア ク セス し 、 デバイ ス固有の
機能 ( ア レ イ サイ ズ、 コ マ ン ド セ ッ ト 、 ページ サイ ズ、 およびプ ログ ラ ム時間な ど ) を判定 し 、 こ れ らの値を
使用 し て自己構成する こ と で最適性能を実現で き ます。 GL-T および GL-S フ ラ ッ シ ュがサポー ト し ているのは
CFI バージ ョ ン 1.5 で、 こ れは、 GL-P フ ラ ッ シ ュ でサポー ト さ れていた従来の CFI バージ ョ ン 1.3 の拡張ア ド レ
ス範囲の改訂です。
表 4. CFI レ ジス タ の差異
CFI レ ジ ス タ
ワー ド
オフセ ッ ト
GL-P
GL-S
GL-T
1 ワー ド 書き込み時の標準 タ イ ムアウ ト = 2N µs
1Fh
0006h
0008h
0008h
個別ブ ロ ッ ク 消去時の標準 タ イ ムアウ ト = 2N ms
21h
0009h
0008h
000Ah
チ ッ プ全体消去時の標準 タ イ ムアウ ト = 2N ms
0000h = 非対応
22h
1 ワー ド の最大 タ イ ムアウ ト = 標準 タ イ ムアウ ト × 2N
23h
0003h
0001h
0002h (85°C)
0003h (105°C)
最大複数バイ ト プ ログ ラ ム時の最大 タ イ ムアウ ト =
標準 タ イ ムアウ ト × 2N
24h
0005h
0002h
0001h (85°C)
0002h (105°C)
個別ブ ロ ッ ク 消去時の最大 タ イ ムアウ ト = 標準 タ イ ムアウ ト × 2N
25h
0003h
0003h
0002h
チ ッ プ全体消去時の最大 タ イ ムアウ ト =
標準 タ イ ムアウ ト × 2N0000h = 非対応
26h
0002h
0003h
0002h
フ ラ ッ シ ュ デバイ ス イ ン タ ー フ ェ ースの説明 :
0000h = x8 のみ、 0001h = x16 のみ、
0002h = x8 / x6 対応
28h
0002h
0001h
0002h
複数バイ ト 書き込み時の最大バイ ト 数 = 2N
2Ah
0006h
0009h
0009h
マ イ ナー バージ ョ ン番号 (ASCII)
44h
0033h
0035h
0035h
プ ロ セス テ ク ノ ロ ジ ( ビ ッ ト 5 ~ 2):
0101b = 90nm MirrorBit、
0111b = 65nm MirrorBit Eclipse、
1001b = 45nm MirrorBit、
ア ド レ ス セ ン シ テ ィ ブ ア ン ロ ッ ク ( ビ ッ ト 1 ~ 0):
00b = 必要、 01b = 不要
45h
0014h
001Ch
0024h
ページ モー ド タ イ プ
0002h = 8 ワー ド ページ、 0003h = 16 ワー ド ページ
4Ch
0002h
0003h
0003h
ACC ( ア ク セ ラ レ ーシ ョ ン ) 最小電源電圧 0000h = 非対応、
D[7:4] = V、 D[3:0] = 100mV
4Dh
00B5h
0000h
00B5h
ACC ( ア ク セ ラ レーシ ョ ン ) 最大電源電圧
0000h = 非対応、 D[7:4] = V、 D[3:0] = 100mV
4Eh
00C5h
0000h
00C5h
ア ン ロ ッ ク バイパス 0000h = 非対応、 0001h = 対応
51h
–
0000h
0001h
セキ ュ ア シ リ コ ン セ ク タ ( ユーザー用 OTP エ リ ア )
サイズ = 2N バイ ト
52h
–
0009h
0009h
ソ フ ト ウ ェ ア機能
53h
–
008Fh
008Fh
N
読み出 し ページサイ ズ = 2 バイ ト
54h
–
0005h
0005h
消去一時停止の最大 タ イ ムアウ ト < 2 µs
55h
–
0006h
0006h
プ ログ ラ ム一時停止の最大 タ イ ムアウ ト < 2N µs
56h
–
0006h
0006h
組み込みハー ド ウ ェ ア リ セ ッ ト の最大 タ イ ムアウ ト < 2N µs
78h
–
0006h
0006h
非組み込みハー ド ウ ェ ア リ セ ッ ト の最大 タ イ ムアウ ト < 2N µs
79h
–
0009h
0009h
N
www.cypress.com
0013h (1Gb) 0012h (1Gb)
0012h (512Mb) 0011h (512Mb) 0014h (1Gb)
0011h (256Mb) 0010h (256Mb) 0013h (512Mb)
0010h (128Mb) 000Fh (128Mb)
文書番号 : 002-03929 Rev. **
7
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
ソ フ ト ウ ェ ア ド ラ イバーによ っ ては、特定のフ ラ ッ シ ュへのサポー ト を保証する ために CFI レ ジ ス タ 内の特定の
値を検証 し ます。Linux MTD ド ラ イバーは、CFI レ ジ ス タ の メ ジ ャ ー と マ イ ナーのバージ ョ ン番号エ ン ト リ (ASCII)
を検証 し て ( ワー ド オ フ セ ッ ト は メ ジ ャ ー =43h、 マ イ ナー =44h)、 デバイ ス固有のサポー ト が MTD に内蔵 さ れ
ているかど う かを判定 し ます。 GL-P フ ラ ッ シ ュは、 メ ジ ャ ーのバージ ョ ン番号値 0031h (ASCII 「1」 ) と 、 マ イ
ナーのバージ ョ ン番号値 0033h (ASCII 「3」 ) によ っ て、 CFI レ ジス タ が CFI 1.3 標準に従っ ている こ と を示 し ま
す。 GL-T および GL-S フ ラ ッ シ ュは、 メ ジ ャ ーのバージ ョ ン番号値 0031h (ASCII 「1」 ) と 、 マ イ ナーのバー
ジ ョ ン番号値 0035h (ASCII 「5」 ) によ っ て、 CFI レ ジス タ が CFI 1.5 標準に従っ ている こ と を示 し ます。 こ の差
異は、 古い MTD ド ラ イバーが GL-T および GL-S フ ラ ッ シ ュ を認識 し ない原因 と な り ます。 この場合、 MTD を
更新 し て 適切 に 対応 で き る よ う に、 ソ フ ト ウ ェ ア パ ッ チ が必要 で す。 適切 な Linux ド ラ イ バー パ ッ チ は
www.cypress.com か ら ダウン ロー ド で き ます。
3.18
ロ ッ ク レ ジス タ の差異
GL-T フ ラ ッ シ ュの場合、 ロ ッ ク レ ジ ス タ にい く つかの変更があ り ます。 表 5 を ご参照 く だ さ い。

DQ11~DQ9 ロ ッ ク ビ ッ ト がGL-Tのフ ラ ッ シ ュ では新 し い ものです。GL-S お よび GL-P フ ラ ッ シ ュ ではこ れ
らのビ ッ ト は 「予約済み」 で、 工場で 1 にプ リ セ ッ ト さ れていま し た。

DQ8「予約済み」ビ ッ ト は GL-T および GL-S フ ラ ッ シ ュの両方では工場であ ら か じ め 0 に設定 さ れています。
GL-P フ ラ ッ シ ュ では、 こ のビ ッ ト は工場で 1 にプ リ セ ッ ト さ れています。 DQ7 「予約済み」 ビ ッ ト は GLS フ ラ ッ シ ュ では工場であ らか じ め 0 または 1 にセ ッ ト さ れています。 こ のビ ッ ト は GL-T および GL-P フ
ラ ッ シ ュ では工場で 1 にプ リ セ ッ ト さ れています。

DQ6 (SSR1 ロ ッ ク ビ ッ ト ) は GL-T および GL-S フ ラ ッ シ ュ では、工場であ ら か じ め 1 にセ ッ ト さ れてお り 、
512 バイ ト SSR1 メ モ リ 領域を永続的に書き込みから 保護する ためにユーザーによ っ て 0 にセ ッ ト する こ
と が可能です。 GL-P フ ラ ッ シ ュ では、 こ のビ ッ ト は 「予約済み」 で、 工場で 1 にプ リ セ ッ ト さ れていま
す。

DQ0 (SSR0 [ 工場 ] ロ ッ ク ビ ッ ト ) は GL-T および GL-S フ ラ ッ シ ュ では、512 バイ ト SSR0 メ モ リ 領域を永続
的に書き込みか ら保護する ために工場で 0 にプ リ セ ッ ト さ れています。 GL-P フ ラ ッ シ ュ では、 こ のビ ッ ト
を使 っ て、 セキ ュ ア シ リ コ ン領域のロ ッ ク を工場にて、 またはユーザーによ っ て行え ます。 セキ ュ ア シ リ
コ ン領域が工場であ らか じ めプ ログ ラ ム さ れている場合、 こ のビ ッ ト は 0、 つま り 、 セキ ュ ア シ リ コ ン領
域はロ ッ ク さ れています。 また、 工場であ らか じ め 1 にプ リ セ ッ ト さ れている場合、 ユーザーは 0 に変更
する こ と でセキ ュ ア シ リ コ ン領域を ロ ッ ク で き ます。
注 : ユーザーが同時にすべてのビ ッ ト を プ ログ ラ ムする必要はあ り ません。 こ れによ り 、 デバイ ス保護スキーム
の選択前後に、 ユーザーは SSR を ロ ッ ク で き ます。 ロ ッ ク レ ジス タ を プ ロ グ ラ ムする時は、 すべての 「予約済
み」 ビ ッ ト に 1 を書き込む ( マス ク する ) 必要があ り ます。
表 5. ロ ッ ク レ ジ ス タ の差異
ロック
レジス タ
GL-P フ ラ ッ シ ュ
定義
GL-S フ ラ ッ シ ュ
定義
GL-T フ ラ ッ シ ュ
ビッ ト
DQ[15:12]
予約済み
デ フ ォル ト
1111b
予約済み
デフ ォル ト
1111b
定義
DQ11
予約済み
1b
予約済み
1b
SSR3 パスワー ド モー ド
ロック ビッ ト
1b
DQ10
予約済み
1b
予約済み
1b
SSR3 ロ ッ ク ビ ッ ト
1b
予約済み
デ フ ォル ト
1111b
DQ9
予約済み
1b
予約済み
1b
SSR2 ロ ッ ク ビ ッ ト
1b
DQ8
予約済み
1b
予約済み
0b
予約済み
0b
DQ7
予約済み
1b
予約済み
0b/1b
予約済み
1b
DQ6
予約済み
1b
SSR1 ロ ッ ク ビ ッ ト
1b
SSR1 ロ ッ ク ビ ッ ト
1b
DQ[5:3]
予約済み
111b
予約済み
111b
予約済み
111b
DQ2
パスワー ド 保護
モー ド ロ ッ ク ビ ッ ト
1b
パスワー ド 保護モー ド
ロック ビッ ト
1b
パスワー ド 保護モー ド
ロック ビッ ト
1b
DQ1
恒久的な保護
モー ド ロ ッ ク ビ ッ ト
1b
恒久的な保護モー ド
ロック ビッ ト
1b
恒久的な保護モー ド
ロック ビッ ト
1b
DQ0
セキ ュ ア シ リ コ ン セ
ク タ 保護ビ ッ ト
1b
SSR0 ( 工場 )
ロック ビッ ト
0b
SSR0 ( 工場 )
ロック ビッ ト
0b
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
8
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
4
パワーオ ン リ セ ッ ト と ウ ォ ーム リ セ ッ ト の タ イ ミ ング
パワーオ ン リ セ ッ ト 時、 フ ラ ッ シ ュ は、 ウ ォ ーム リ セ ッ ト 時に比べて、 リ セ ッ ト 状態で初期化する時間を よ り
長 く 必要 と し ます。 GL-T、 GL-S および GL-P フ ラ ッ シ ュ用のパワーオン リ セ ッ ト と ウ ォ ーム リ セ ッ ト の タ イ ミ
ング要件については表 6 と 図 1、 図 2 に示 し ます。
表 6. パワーオ ン リ セ ッ ト と ウ ォ ーム リ セ ッ ト の タ イ ミ ング要件
パラ メ ー タ ー
説明
タ イプ
tVCS
最初のア ク セス ま での VCC セ ッ ト ア ッ プ時間
tVIOS
GL-P
GL-S
GL-T
Min
35µs
300µs
300µs
最初のア ク セス ま での VIO セ ッ ト ア ッ プ時間
Min
35µs
300µs
300µs
tRPH
RESET# LOW か ら CE# LOW ま での時間
Min
35µs
35µs
35µs
tRP
RESET# LOW から RESET# HIGH ま での時間
Min
35µs
200ns (2)
200ns (2)
tRH
RESET# HIGH から CE# LOW ま での時間
Min
200ns
50ns (2)
50ns (2)
tCEH
CE# HIGH か ら CE# LOW ま での時間
Min
N/A
20ns
20ns
パワーオ ン リ セ ッ ト
ウ ォ ーム リ セ ッ ト
tRPH
RESET# LOW か ら CE# LOW ま での時間
Min
35µs
35µs
35µs
tRP
RESET# LOW から RESET# HIGH ま での時間
Min
35µs
200ns (2)
200ns (2)
tRH
RESET# HIGH から CE# LOW ま での時間
Min
200ns
50ns (2)
50ns (2)
tCEH
CE# HIGH か ら CE# LOW ま での時間
Min
N/A
20ns
20ns
注:
1. N/A = 適用不可。
2. GL-S お よび GL-T の場合、 tRP + tRH は tRPH 未満にな っ てはな り ません。
図 1. パワーア ッ プ リ セ ッ ト の タ イ ミ ング
注:
tRP と tRH の合計値は tRPH 以上で なければな り ません。
図 2. ウ ォ ーム リ セ ッ ト の タ イ ミ ング
注:
tRP と tRH の合計値は tRPH 以上で なければな り ません。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
9
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
殆どのア プ リ ケーシ ョ ン ( フ ラ ッ シ ュがホス ト と 直接イ ン タ ー フ ェ ース を と り 、 ホス ト がフ ラ ッ シ ュへの最初の
ブー ト 読み出 し ア ク セス を開始する前に振動子 と PLL のロ ッ ク を必要 と する ア プ リ ケーシ ョ ン ) で、 パワーオン
の タ イ ミ ングの差異は置き換えの妨げ と な り ません。電力印加直後 300µs 以内に フ ラ ッ シ ュ にア ク セスする可能
性のあ る ア プ リ ケーシ ョ ン では、 GL-T フ ラ ッ シ ュ への置き換えに対応する ためには、 一部の回路変更が必要に
な り ます。
電源投入後に最初の読み出 し /書き込みサイ クルを開始する ために、GL-T および GL-S は、VCC が VCC_min を
超え、 かつ VIO が VIO_min を超えた後、 tVCS が経過する と 同時に、 CE# が HIGH から LOW に遷移する こ と を
必要 と し ます。 CE# は、 最初のア ク セス を開始する CE# 立ち下が り エ ッ ジ前に少な く と も tCEH = 20ns の間、
HIGH である必要があ り ます。 GL-P にはこ の要件がなかっ たため、 CE# を LOW に固定する設計を GL-T に置き
換え るにはア ク テ ィ ブ な CE# コ ン ト ロールを有効にする修正が必要です。
CE# は、 ウ ォ ーム リ セ ッ ト 中は無視 さ れますが、 ウ ォ ーム リ セ ッ ト 後に最初の読み出 し /書き込みサイ クルを
開始するには、 GL-T および GL-S は、 RESET# が LOW から HIGH に遷移 し た後、 tRH が経過する と 同時に CE#
が HIGH か ら LOW に移行する こ と を要求 し ます。 CE# は、 最初のア ク セス を開始する CE# 立ち下が り エ ッ ジ前
に少な く と も tCEH = 20ns の間、 HIGH である必要があ り ます。 GL-P には要件がなかっ たので、 CE# を LOW に
固定する設計を GL-T に置き換え る にはア ク テ ィ ブ な CE# コ ン ト ロールを有効にする修正が必要です。
GL-T フ ラ ッ シ ュ では、 時間または電圧差の制限な く VCC と 同時に、 または VCC の後に、 VIO が上昇する こ と
が可能です。 電源上昇の間、 VIO を超え る入力は許可 さ れません。 堅牢で信頼性のある シ ス テムを設計する ため
の電力の管理 と 制御に関する詳細説明が、 GL-T および GL-S デー タ シー ト に記載 さ れています。 一般的には、
GL-T デー タ シー ト の この追加説明は、 GL-P フ ラ ッ シ ュ に も 当てはま り ます。
5
DC と AC のパラ メ ー タ ーの差異
表 7 に、 DC の仕様の差異を示 し ます。 差異も ロ ジ ッ ク遷移ポ イ ン ト や タ イ ミ ング パラ メ ー タ ーの仕様に影響を
与え る ものではな く 、 置き換え上の問題の原因 と はな ら ないはずです。
表 7. DC 仕様の差異
パラ メ ー タ ー
説明
タ イプ
GL-P
GL-S
GL-T
入力レ ベル
VIO
A9 と ACC 以外のすべての I/O
Max
4.0V
4.0V
4.0V
VIO
A9 と ACC
Max
12.5V
4.0V
12.5V
ロ ジ ッ ク レ ベル
VIL
入力 LOW 電圧
Max
0.3 * VIO
0.2 * VIO
0.3 * VIO
VIH
入力 HIGH 電圧
Max
VIO + 0.3V
VIO + 0.4V
VIO + 0.4V
ICC1
ア ク テ ィ ブ VCC + VIO 読み出 し (5MHz)
Max
55mA
60mA
60mA
ICC2
ア ク テ ィ ブ VCC ページ内読み出 し (33MHz)
Max
20mA
25mA
25mA
電力消費
ICC3
ア ク テ ィ ブ プ ログ ラ ムまたは消去
Max
90mA
100mA
100mA
ICC4
ス タ ンバイ電流
Max
5µA
100µA
200µA
ICC5
リ セ ッ ト 電流
Max
500µA
20mA
20mA
ICC6
自動ス リ ープ電流
Max
5µA
150µA
200µA
表 8 に、GL フ ァ ミ リ 間の AC パラ メ ー タ ー仕様の差異を示 し ます ( よ り 少ない リ セ ッ ト タ イ ミ ング パラ メ ー タ ー
の差異は表 6 に記載 さ れています )。 置き換え を確実に成功 さ せる ためには、 実際のア プ リ ケーシ ョ ン実装に照
ら し 合わせてすべてのパラ メ ー タ ーを検討する必要があ り ます。 消去一時停止および/またはプ ロ グ ラ ム一時停
止の機能を利用する ア プ リ ケーシ ョ ンの場合は、一時停止コ マ ン ド 発行から再開コ マ ン ド 発行ま で、および フ ラ ッ
シ ュがス テー タ ス を更新 し てか ら モー ド 間の遷移を完了する ま でのレ イ テ ン シが GL-P よ り 長い GL-T について、
シス テム ソ フ ト ウ ェ アの分岐を検討する こ と が重要です。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
10
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
表 8. AC 仕様の差異
パラ メ ー タ ー
説明
タ イプ
GL-P (1)
GL-S (1)
GL-T (1)
tACC / tCE / tRC
読み出 し サイ クルの時間
Min
100ns
100ns
100ns
tPACC
ページ内ア ク セ ス時間
Min
25ns
15ns
15ns
tDF
制御ネゲー ト から デー タ HIGH-Z ま での時間
Min
20ns
15ns
15ns
tWC
書き込みサイ クル時間
Min
100ns
60ns
60ns
tWP
WE# イ ネーブルか ら デ ィ ス エーブルま での時間
Min
35ns
25ns
25ns
tWPH
WE# デ ィ ス エーブルから イ ネーブルま での時間
Min
30ns
20ns
20ns
tDS
デー タ セ ッ ト ア ッ プから WE# デ ィ ス エーブルま での時間
Min
30ns
30ns
30ns
tBUSY
消去/プ ログ ラ ム有効から RY/BY# ま での遅延
Max
90ns
80ns
80ns
非同期読み出 し
非同期書き込み
一時停止/再開
tESL
消去一時停止/消去再開
Max
20µs
40µs
40µs
tPSL
プ ロ グ ラ ム一時停止/プ ログ ラ ム再開
Max
15µs
40µs
40µs
全バ ッ フ ァ 書き込みプ ログ ラ ム時間 (2)
Typ
480µs
340µs
451µs
実効ワー ド 当 り 書き込みバ ッ フ ァ のプ ログ ラ ム時間
Typ
15µs
1.33µs
1.76µs
単一ワー ド のプ ログ ラ ム時間
Typ
60µs
125µs
160µs
128kB セ ク タ の消去時間
Typ
500ms (4)
275ms
535ms
セ ク タ 消去 タ イ ムアウ ト
Max
50µs
0s
50µs
×16 非同期読み出 し
Max
20MB/s
20MB/s
20MB/s
×16 ページ モー ド 読み出 し (3)
Max
58MB/s
98MB/s
98MB/s
プログラム
Typ
133kB/s
1.5MB/s
1.14MB/s
消去
Typ
262kB/s (4)
477kB/s
245kB/s
ア レ イ更新
スループ ッ ト
注:
1. 表の仕様はすべて、 VCC = VIO = 2.7 ~ 3.6V (-40°C ~ +85°C) での、 産業用温度範囲の 512M ビ ッ ト 容量のデバイ スに適用 さ れます。
別の容量のデバイ スの性能仕様および動作条件については、 対応するデバイ スのデー タ シー ト を ご参照 く だ さ い。
2. 最大書き込みバ ッ フ ァ サイ ズは次のよ う に異な り ます : GL-P = 64B、 GL-S = GL-T = 512B。
3. GL-P では 8 ワー ド ページ ア ク セス、 GL-S および GL-T では 16 ワー ド ページ ア ク セスに基づ く 、 ページ モー ド 読み出 し のスルー
プッ ト。
4. 消去前の 0x00 へのプ リ プ ロ グ ラ ムを除き ます。
6
パ ッ ケージ
標準の S29GL-T フ ラ ッ シ ュ は、 56 ピ ン リ ー ド フ レ ーム パ ッ ケージ (TSO056)、 64 ボール BGA パ ッ ケージ
(LAA064 および LAE064)、 お よび 56 ボール BGA パ ッ ケージ (VBU056) ( 鉛フ リ ーのみ ) と し て提供 さ れていま
す。 電気接点の寸法 と フ ッ ト プ リ ン ト は GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュ と 互換性があ り ます。
LAE064 パ ッ ケージの外形寸法は 9 x 9mm で、 11 x 13mm の LAA064 パ ッ ケージ と 比べ 43% 小 さ く な っ ていま
す。 LAE064 パ ッ ケージ を既存の LAA064 設計で利用する場合、 プ リ ン ト 基板 (PCB) のレ イ アウ ト 変更は必要あ
り ません。ただ し 、適切なデバイ ス配置のために表面実装の配置プ ロ グ ラ ムの変更が必要です。VBU056 パ ッ ケー
ジは GL-P と GL-S フ ラ ッ シ ュ で使用で き ない新 し いパ ッ ケージ です。
S70GL02GT フ ラ ッ シ ュは、 S70GL02GP および S70GL02GS フ ラ ッ シ ュ と 同 じ 64 ボール LAA064 BGA ( ボー
ル グ リ ッ ド ア レ イ ) パ ッ ケージ で入手可能です。
変更 さ れている接続定義については表 9 を ご参照 く だ さ い。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
11
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
表 9. ピ ン配列の差異
ピ ン またはボール
GL-P
GL-S
GL-T
置き換え上の問題
TSOP パ ッ ケージ
16
WP#/ACC
WP#
WP#/ACC
無
27
NC
RFU
RFU
無
28
NC
DNU
RFU
無
30
NC
RFU
RFU
無
51
DQ15/A-1
DQ15
DQ15/A-1
無
53
BYTE#
RFU
BYTE#
無
55
NC/A25 (1)
NC/A25 (1)
NC/A25 (1)
無
LAA/LAE パ ッ ケージ
B1
NC/A26 (2)
NC/A26 (2)
NC/A26 (2)
無
B4
WP#/ACC
WP#
WP#/ACC
無
E1
NC
DNU
RFU
無
F7
BYTE#
RFU
BYTE#
無
G1
NC
RFU
RFU
無
G7
DQ15/A-1
DQ15
DQ15/A-1
無
G8
NC/A25 (1)
NC/A25 (1)
NC/A25 (1)
無
凡例 :
NC = 内部的な接続な し ( パ ッ ド に よ るルーテ ィ ン グは
可能 )。
RFU = 将来の使用のために予約済み ( 現行製品では内部的な
接続な し )。
DNU = 使用不可 ( 開放のま まに し 、 パ ッ ド に よ るルーテ ィ
ン グは不可 )。
注:
1. 1. A25 は S29GL01G と S70GL02G バージ ョ ン専用です。
2. 2. A26 は S70GL02G バージ ョ ン専用です。
GL-T および GL-P フ ラ ッ シ ュ での WP#/ACC 接続は、 GL-S フ ラ ッ シ ュ では WP# 入力です。 ACC 機能は GL-S
ではサポー ト さ れていません。 こ の入力の差は置き換え上の問題の原因 と な り ません。
同様に、 GL-T および GL-P フ ラ ッ シ ュ での DQ15/A-1 接続は、 GL-S フ ラ ッ シ ュ での DQ15 入力/出力 (x8 デー
タ バス幅のみに対応 ) です。 GL-T および GL-P フ ラ ッ シ ュ での BYTE# 入力は電気的に絶縁 さ れてお り 、 GL-S
フ ラ ッ シ ュ では RFU と い う ラ ベルが付いています。 こ の入力の差は置き換え上の問題の原因 と な り ません。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
12
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
改訂履歴
文書名 : AN202453 - GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
文書番号 : 002-03929
版
ECN 番号
変更者
発行日
変更内容
**
5008815
HZEN
11/11/2015 これは英語版 002-02453 Rev. ** を翻訳 し た日本語版 002-03929 Rev. ** です。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
13
GL-P および GL-S フ ラ ッ シ ュから GL-T フ ラ ッ シ ュへの置き換え
ワール ド ワ イ ド 販売 と 設計サポー ト
ワール ド ワ イ ド 販売 と 設計サポー ト
サイ プ レ スは、 事業所、 ソ リ ュ ーシ ョ ン セ ン タ ー、 メ ー カ ー代理店、 および販売代理店の世界的なネ ッ ト ワー ク を保持 し てい
ます。 お客様の最寄 り のオ フ ィ スについては、 サイ プ レ スのロ ケーシ ョ ン ページ を ご覧 く だ さ い。
#
999
製品
PSoC® ソ リ ュ ーシ ョ ン
車載用 ....................................................... cypress.com/go/automotive
psoc.cypress.com/solutions
ク ロ ッ ク & バ ッ フ ァ ....................................cypress.com/go/clocks
PSoC 1 | PSoC 3 | PSoC 4 | PSoC 5LP
イ ン タ ー フ ェ ース.....................................cypress.com/go/interface
サイ プ レ ス開発者 コ ミ ュ ニ テ ィ
照明 & 電力制御....................................cypress.com/go/powerpsoc
メ モ リ ..............................................................cypress.com/go/memory
PSoC ....................................................cypress.com/go/psoc
タ ッ チ セ ン シ ング ......................................... cypress.com/go/touch
コ ミ ュ ニテ ィ | フ ォ ー ラ ム | ブ ログ | ビデオ | ト レーニ ング
テ ク ニ カル サポー ト
cypress.com/go/support
USB コ ン ト ロー ラ ー ...................................... cypress.com/go/USB
ワ イヤレ ス/ RF ............................ cypress.com/go/wireless
MirrorBit®、 MirrorBit® Eclipse™、 ORNAND™、 EcoRAM™ お よびその組み合わせは、 サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社の商標や登録商標です。 本書で言及する その
他すべての商標ま たは登録商標は、 それぞれの所有者に帰属 し ます。
Cypress Semiconductor
198 Champion Court
San Jose, CA 95134-1709
Phone:
Fax:
Website:
408-943-2600
408-943-4730
japan.cypress.com
© Cypress Semiconductor Corporation, 2015. 本文書に記載 さ れる情報は、 予告な く 変更 さ れる場合があ り ます。 Cypress Semiconductor Corporation ( サイ プ レ ス
セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ) は、 サイ プ レ ス製品に組み込まれた回路以外のいかな る回路を使用する こ と に対 し て一切の責任を負いません。 サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社
は、 特許ま たはその他の権利に基づ く ラ イ セ ン ス を譲渡する こ と も 、 または含意する こ と も あ り ません。 サイ プ レ ス製品は、 サイ プ レ ス と の書面に よ る合意に基
づ く も のでない限 り 、 医療、 生命維持、 救命、 重要な管理、 ま たは安全の用途のために使用する こ と を保証する も のではな く 、 ま た使用する こ と を意図 し た も の
で も あ り ません。 さ ら にサイ プ レ スは、 誤動作や故障に よ っ て使用者に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維持シ ス テムの重要な コ ン ポーネ ン
ト と し てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけ る あ ら
ゆる リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
こ の ソ ース コ ー ド ( ソ フ ト ウ ェ アお よび/ま たは フ ァ ームウ ェ ア ) はサイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ( 以下 「サイ プ レ ス」 ) が所有 し 、 全世界の特許権保護 ( 米国お
よ びその他の国 )、 米国の著作権法な ら びに国際協定の条項に よ り 保護 さ れ、 かつそれ ら に従います。 サイ プ レ スが本書面に よ り ラ イ セ ン シーに付与する ラ イ セ
ン スは、 個人的、 非独占的かつ譲渡不能の ラ イ セ ン スであ り 、 適用 さ れる契約で指定 さ れたサイ プ レ スの集積回路 と 併用 さ れる ラ イ セ ン シーの製品のみをサポー
ト する カ ス タ ム ソ フ ト ウ ェ アお よび/ま たはカ ス タ ム フ ァ ームウ ェ ア を作成する目的に限 っ て、 サイ プ レ スの ソ ース コ ー ド の派生著作物を コ ピー、 使用、 変更
そ し て作成す る ための ラ イ セ ン ス、 な ら びにサ イ プ レ スの ソ ース コ ー ド お よ び派生著作物を コ ンパ イ ルす る ための ラ イ セ ン ス です。 上記で指定 さ れた場合を除
き、 サイ プ レ スの書面に よ る明示的な許可な く し て本 ソ ース コ ー ド を複製、 変更、 変換、 コ ンパイル、 ま たは表示する こ と はすべて禁止 し ます。
免責条項 : サイ プ レ スは、 明示的ま たは黙示的を問わず、 本資料に関する いかな る種類の保証 も 行いません。 こ れには、 商品性ま たは特定目的への適合性の黙示
的な保証が含まれますが、 こ れに限定 さ れません。 サイ プ レ スは、 本文書に記載 さ れる資料に対 し て今後予告な く 変更を加え る権利を留保 し ます。 サイ プ レ スは、
本文書に記載 さ れる いかな る製品ま たは回路を適用ま たは使用 し た こ と に よ っ て生ずる いかな る責任 も 負いません。 サイ プ レ スは、 誤動作や故障に よ っ て使用者
に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維持シ ス テムの重要な コ ンポーネ ン ト と し てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維
持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけ る あ ら ゆる リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任
を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
ソ フ ト ウ ェ アの使用は、 適用 さ れるサイ プ レ ス ソ フ ト ウ ェ ア ラ イ セ ン ス契約に よ っ て制限 さ れ、 かつ制約 さ れる場合があ り ます。
www.cypress.com
文書番号 : 002-03929 Rev. **
14
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
18
File Size
277 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content