close

Enter

Log in using OpenID

真空揚砂装置

embedDownload
建設技術審査証明事業(下水道技術)
真空揚砂装置
荏原環境エンジニアリング(株)
1.技術の概要
真空揚砂装置は,維持管理が容易であり,真空を
利用したプラグ流空気輸送により低動力で使用水量
の少ない揚砂装置である。
真空ポンプの吸引圧力により沈砂を含む水柱を形
成し,その水柱下部に空気を注入して水柱上部と下
部に圧力差を生じさせることで揚砂を行う。空気の
圧力差を推進力とするため使用水量が少なく,高揚
程でも低動力で揚砂が可能である。
2.適用範囲
下水処理施設の沈砂池において、
揚砂装置の新設,
増設,改築,更新,交換に適用する。
規
模:小~大規模施設
型
式:配管輸送式揚砂装置
揚砂管径:80A
揚 砂 量:0.6m3/hr
(沈砂排出時間,雑時間含む)
3.開発目標と審査の結果
本技術の開発目標および審査の結果は,次に示す
とおりである。
(1) 総合動力 11.6kW,揚程 15m,輸送距離(配管
総延長)25m の揚砂装置において揚砂を行い,
以下の条件を満足すると認められる。
①揚砂量 0.6m3/hr 以上
②使用水量 20ℓ/min 以下
(2) バケットコンベヤと比較して,作業環境の悪
い場所での維持管理項目が少ないと認められ
る。
真空吸引
レシーバタンク
真空ポンプ
空気圧縮機
圧縮空気注入
プラグ形成
図-1
揚砂配管
輸送開始
プラグ上昇
プラグ輸送概念図
大気吸引弁
沈砂ホッパ
沈砂池
図-2
概略フローシート
写真-1
真空揚砂装置外
写真-1 真空揚砂装置外観
輸送
大気吸引
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
26
File Size
675 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content