close

Enter

Log in using OpenID

ICTが社会を変える ~マイクロソフト ソリューション~ 第二部:公共事業

embedDownload
2014/2/14
ICTが社会を変える ~マイクロソフト ソリューション~
第二部:公共事業・サービスの変革
日本マイクロソフト株式会社
パブリックセクター統括本部
イノベーション推進室
天野浩史
Microsoft CityNext グローバルで始動
Microsoft CityNext グローバル ビジョン
人からはじまる、より良い社会・まちづくり
•
•
•
•
•
•
•
•
経済活性化
少子高齢化
財政難克服
若者・女性・高齢者の
就労、雇用創出
国際競争力
インフラ老朽化
•
安心・安全・サイバーセキュリティ
•
•
•
More with Less /New with Less
グローバルの検証済み先進事例
Microsoft
CityNext
経済成長
新しい都市インフラ
開発需要
人材育成
障碍者対応
地域格差・都市化現象
(より多くのことを最小のコストで)
2
1
2014/2/14
「世界最先端IT国家創造宣言」とCityNextキーワード
1. 革新的な新産業・新サービスの創出と全産業の成長を促進する社会の実現
1-1
1-2
1-3
1-4
1-5
CityNext
フォーカス分野
オープンデータ・ビッグデータ活用の推進
ITを活用した日本の農業・周辺産業の高度化・知識産業化と国際展開
幅広い分野にまたがるオープン イノベーションの推進等
IT・データを活用した地域の活性化
次世代放送サービスの実現による映像産業分野の新事業創出、国際競争力の強化
オープンデータ
ビッグデータ
SMB・起業支援
2. 健康で安心して快適に生活できる、世界一安全で災害に強い社会
2-1
2-2
2-3
2-4
2-5
適切な地域医療・介護等の提供、健康増進等を通じた健康長寿社会の実現
世界一安全で災害に強い社会の実現
家庭や地域における効率的・安定的なエネルギーマネジメントの実現
世界で最も安全で環境にやさしく経済的な道路・交通社会の実現
雇用形態の多様化とワーク・ライフ・バランス(「仕事と生活の調和」)の実現
3. 公共サービスがワンストップで誰でもどこでもいつでも受けられる社会の実現
3-1
3-2
3-3
利便性の高い電子行政サービスの提供
国・地方を通じた行政情報システムの改革
政府におけるITガバナンス
安心・安全
事業継続・災害時対策
ワークスタイル
・イノベーション
Gov.2.0(公共サービス)
共通番号制度対応(活用)
4. IT利活用の裾野拡大を推進するための基盤の強化
4-1
4-2
4-3
4-4
医療・社会福祉
教育 生徒1:1タブレット
人材育成・教育
世界最高水準のITインフラ環境の確保
サイバーセキュリティ
研究開発の推進・研究開発成果との連携
サイバー セキュリティ
3
ICT利活用によるイノベーション
社会課題と
新たな成長機会
クラウド
次の展開を見据えたIT利活用ソリューションの創出と
新サービスの確立・競争力強化
行政・
住民サービス
医療・社会
福祉サービス
公共安全・
セキュリティ
エネルギー・
水道
社会インフラ・
建設
教育
スマートワーク
交通
観光・文化・
レジャー
農林水産
モバイル
ソーシャル
ビッグデータ & 分析
4
2
2014/2/14
マイクロソフト パブリックセクターの取り組み
平成25年5月30日発表
政府、新IT戦略「『世界最先端IT国家創造』宣言」が目指す公共サービスの改革支援を強化
• 公共イノベーションプログラムの開発・推進
• 海外先進事例・各地域での実証実験や先
進的取り組みの支援
• 定期的な情報共有、情報交換会の実施、
「ブートキャンプ」の開催



災害・復興支援 災害時協定オファリング
オープンデータ・ビッグデータ
活用推進プログラム
ガバメント 2.0
ソリューション検証プログラム
オープンデータ・ビッグデータの活用
ITを活用した農業の高度化
適切な地域医療・介護等の提供
世界一安全で災害に強い社会の実現
利便性の高い電子行政サービスの提供
国・地方を通じた行政情報システムの改革
人材育成・教育
サイバー・セキュリティ
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
横浜市とのオープンデータに関する連携
千葉市におけるGovernment 2.0の実証「ちばレポ」
明治大学黒川農場の養液土耕栽培システム「ZeRo.agri」
岩手県大槌町「健康生活管理支援システム」
岡山県との災害時協力協定
総務省「情報流通連携基盤の自治体行政情報における実証」
文字情報基盤の活用を促進する「Microsoft Office IVS add-in」の提供
徳島県「自治体クラウド開発実証事業
フューチャースクール推進事業
デジタル教科書・教材協議会
Microsoft Imagine Cup
警察庁との技術協力協定など、関連機関、業界各社との連携
5
3
2014/2/14
1.住民サービス
• 概要
• 縦割り、一方通行の行政サービスの提供から、ICTを活用することで双方向、
自助、共助を実現する住民参加型サービスへの発展
• 特に進歩が著しいスマートデバイスとクラウドの活用によりこれまでは困難
だった住民一人一人との連携、対応が可能に
• 事例
•
•
•
•
ロンドン市: Love Clean London
マイアミ市: Miami 311 HeyGov!
千葉市: 市民協働実証 ちばレポ
さいたま市: 市民の声データベース
7
環境:
Love Clean London はロンドンの住民が、地域社会で当局の対応が必要な問題点の写
真をアップロードすることができる、無償のオンライン ポータルです。Microsoft
Silverlight ブラウザー プラグインと Bing Maps for Enterprise を使った対話型のマップ
がレポートをリアルタイムに表示します。無償のアプリケーション プログラミング イ
ンターフェイスによって、開発者は自分のアプリケーションを作成して、レポートを
取得することができます。Love Crean London の先駆けとなった Love Clean Street
を開発したルイスハムでは、ポータルを公開した後のわずか 2年間で、落書きによる
苦情が 30% 減少しました。清掃時間が大幅に減少し、道路の清掃と当局者の対応に関
する住民の満足度が向上しました。
• 直ちに報告を送ることができる
•
•
•
• 社内導入機器は皆無、情報 通信技術の管
理スキルは不要
「Love Clean London によって、住民の容易な協力を通じて、市は限られた資源を最も必要性の高いことに振り向けることができる
ようになりました。財政事情の厳しいこの時代に、技術をスマートに活用することにより、コストの削減を実現しつつ、住民に
対して地域環境に対する誇りをもった積極的な活動を奨励することを可能としました。
8
4
2014/2/14
9
海外事例:マイアミ市役所
「クラウド」サービスを採用し、市民サービスの向上と経費削減を実現
• 強力なマッピング テクノロジーを必要とするアプリケーションを更新したいと考えていました。
• IT予算が縮小されたことから、費用効率が高くスケーラブルなソリューションが必要でした。
• マイアミ市が選択したのは Windows Azure プラットフォームと Bing Mapsで、これによって高度なマッピング テクノロジー
を利用する「311アプリケーション*」を住民に提供することになりました。
* 直通電話番号「311」を通じて、市役所に寄せられるさまざまな申請や要望を管理するアプリケーション
Windows Azure上に構築された Miami 311アプリケーションで、市民は緊急を要しない出来事を通報して追跡できます
•
Windows Azure 選定の理由
–
–
–
すでにMicrosoft .NET Framework 3.5をはじめとする
マイクロソフトの製品とテクノロジーを利用
開発ファブリックとのシームレスな統合
• ローカル コンピューター上で Windows Azure環
境をシミュレートし、市が 製品を展開する前に
ローカルで実行およびテスト
従量制料金モデル
• 直面している予算の問題を考慮して魅力的
• その料金モデルはわかりやすく、計算も簡単で、
他のクラウドのオファリングに比べて大きなメリッ
ト
マイアミ市 311 アプリケーション:http://miami311.heygov.com/
マイクロソフト事例紹介:http://www.microsoft.com/japan/windowsazure/evidence/
10
5
2014/2/14
千葉市民協働実証実験 「ちばレポ」
• 市民の力で地域の課題を解決するためのICTの仕組みの実証実験
• ガバメント2.0を実現する初めての取り組み
• マイクロソフトのクラウド(Windows Azure/Dynamics CRM Online)を活用
千葉市実証紹介ページ:http://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/kocho/chibarepo.html
11
さいたま市 市民の声データベース
• 日々上がってくる市民からの声を、Dynamics CRMを使って統合管理。
• 分散していた情報の一元化や可視化、また対応状況の進捗管理により、ヌケモレ
を防止。
• さらに過去回答の再利用(FAQ)による対応の迅速化や効率化を実現。
12
6
2014/2/14
“住民サービステンプレート”
• 趣旨
• 米国で公開されている、弊社のクラウドサービスを活用して住民サービスを実現するサンプ
ルアプリケーションの日本語版を開発
• 同様のサービスを日本で導入検討されるお客様およびパートナー様に無償で提供
• 用途
• 実証シナリオとしてプロトタイプ利用
• 実際の構築の際の参考例として活用
• 提供方法
• 個別案件、ご相談ベース
• サポート等
• 参考コードのためサポートはありません
• 開発した会社を紹介することは可能です
• ご紹介ページ
http://www.microsoft.com/ja-jp/business/industry/gov/311solution/
13
画面イメージ
※画面はWindows Phone7.5です
14
7
2014/2/14
2.観光
• 概要
• 観光の振興には、多数の観光客および見込み客からの情報を取得し、適切にアプ
ローチする必要がある
• クラウド、スマートデバイスといった新たなICTの仕組みを活用することで、低コスト
かつ効果的に観光振興施策を実現
• マーケティング支援機能として、民間で活用される顧客関係管理(CRM)を導入
• 事例
• 米国シャーロット市 民主党全国大会2012
• エジプト ルクソール市 ルクソールモバイルポータル
• アイルランド ツーリズムアイルランド
• 参考ソリューション
• 観光ポータルシナリオ
15
Tourism,
Recreation &
Culture
“Microsoft Dynamics CRM Onlineを活用することにより、民主党全国大会のための我々の
Webサイトにオンライン承認機能を簡単に追加することができました。おかげで登録プロセ
スを大幅に合理化することができました”
目的管理
シャーロット市組織開発担当 エミリー・カントレル
顧客:
シャーロット市
課題:
パートナー:
n/a
都市:
シャーロット市 ノースカ
ロライナ州 米国
2012年の民主党全国大会がノースカロライナ州シャーロット市で開かれることが決定した
際、市担当者はそれまで手作業で行っていたイベントの承認手続きをソフトウエアにより更
新することを決定した。特に、大量の人が短期間に流入するようなイベントの運営は大きな
課題であると考えられれていた。
テクノロジー:
Microsoft Dynamics
CRM Online
ソリューション:
メトロシティイニシアティブの一部としてマイクロソフトの協力を得て、シャーロット市は
Microsoft Dynamics CRM Onlineにより、非常に大規模なコンベンションを開催するための独
特の要件を実現した。
事例リンク
効果:
•
•
•
使いやすいUIにより、教育費用の大幅な削減
クラウドサービスの活用により、IT資源の負担を軽減
他のWindowsベースのアプリケーションとの統合、連携が容易に
16
8
2014/2/14
Tourism,
Recreation &
Culture
モバイルツーリズムアプリ
“エジプトの安定と観光客の増加は政治的な問題ですが、 ルクソールモバイルポータルの
ようなソリューションはWindows Azureにより容易にスケールアップし、複製して他の都市へ
展開できます。”
- エジプト情報通信省(MCIT) Eコンテンツ開発マネージャー Dr.ヘシャム・ファロク・アリ
顧客:
ルクソール
課題:
パートナー:
Tagipedia
都市:
ルクソール市 エジプト
エジプトルクソール市は、寺院、墳墓やほかの歴史的サイトを訪れる1日12,000人の観光客
の体験をより良いものにするために支援したいと考えていた。エジプトの観光産業は観光
客のためにガイド、ホテル、レストラン、交通手段やほかのサービスを見つけるなどのサー
ビスを提供している。
テクノロジー:
Windows Phone 7;
Windows Azure SQL
Database; Windows
Azure
事例リンク
ソリューション:
エジプト情報通信省は独立系ソフトウェア開発会社のTegipedia社と共同でルクソールモバ
イルポータルを開発した。このサービスはWindows Phoneをはじめとするスマートフォンで
動作するアプリケーションで、マイクロソフトクラウドサービスであるWindows Azureによって
サポートされている。
効果:
•
•
モバイルテクノロジーを活用したより効果的なプロモーションの実現
ひとつのモバイルアプリでよりリッチな観光客向けのサービス提供
17
18
9
2014/2/14
Tourism,
Recreation &
Culture
目的管理
“我々のマーケティングの中核は、顧客の中で他の休日の目的地に対してアイルらインドの
マインドシェアを獲得することである”
ツーリズムアイルランド セントラルマーケティングディレクター マーク:ヘンリー
顧客:
ツーリズムアイルランド
課題:
パートナー:
n/a
ツーリズムアイルランドは海外からの観光客に向けたアイルランド島のマーケティングを目
的とした公的資金による組織である。
都市:
アイルランド ダブリン
ソリューション:
テクノロジー:
Microsoft SQL Server 2008;
Microsoft .NET Framework
3.5;
Microsoft ASP.NET MVC 2;
Microsoft .NET Language
Integrated Query
Microsoft Dynamics CRMはソーシャルメディアチャネルと連携することで、顧客に対するより
深い知見を得ることができる。またツーリズムアイルランドはパーソナライズされた体験をエ
メラルド島(アイルランド島)に来たいと考える見込み顧客に提供することができる。
事例リンク
効果:
•
•
•
単一の顧客データベース
高速なアクセス
広報活動のより容易なカスタマイズ
19
20
10
2014/2/14
サンプルシナリオ:“観光クラウドポータル”
• 観光客からの投稿を地図上に表示
• 登録情報はCRMで台帳管理
• ソーシャルサービス(Facebook、Twitter)と連携
21
3.防災
• 概要
• 災害時のBCPを支援するICT; マイクロソフトのクラウドサービスおよびス
マートデバイス技術と災害対応プログラム
• 災害情報の集約と管理: 災害情報ポータル、コマンドセンターにより、住民
および行政、警察、消防の各関係者間の情報連携の実現
• 事例
•
•
•
•
•
マイクロソフト災害時対応グローバルプログラム
東日本大震災支援
ハイチ復興支援
オランダ Eagle 災害情報支援システム
岡山県様災害協力協定
22
11
2014/2/14
マイクロソフト災害時対応グローバルプログラム
プログラム
グローバルに展開・提供させていただいているオファリング
Example
Disaster
Response Scenario
Example
scenario:
『マイクロソフト災害時対応プログラム』は、テクノロジーや専門知識の提供を通じ
て、地域住民の皆さまをはじめ救援隊の方々、企業の皆さまの発災時の対応・活
動の向上をサポートさせていただく、グローバルで展開しているプログラムです
対象団体
日本国内 問い合わせ先
Email: [email protected]
各国(日本の)
市民・住民
政府・自治体
NPO・IGO
弊社お客様 &
パートナー様
グローバルプログラム詳細
www.microsoft.com/disasterresponse
オファリングの内容
23
マイクロソフト災害時対応グローバルプログラム
実例
東日本大震災 – 被災地支援への取り組み
【一部抜粋】
 法人向け事業継続・復興支援に関わるホットラインを開設
被災地復興に向けてマイクロソフトが実施している無償サービスや、停電節電対策といった事業継続計画のためのソリューションをご案内しました。
 被災地のパートナー企業への無償社内利用ライセンスの提供
マイクロソフト パートナー ネットワークのパートナー企業のうち、今回の被災地を本拠地とする、もしくは被災地に拠点のある約 500 社を対象に、震災直後より 6 か月間、各社内で無
償利用できるマイクロソフト製品のライセンス数を大幅に緩和しました。
 クラウドを活用した緊急情報提供用の Web サイト構築および移行支援
アクセスの集中などによる高負荷状態の Web サイトや、緊急情報提供用の Web サイトについて、クラウド サービス (Microsoft Windows Azure) を活用したサイト構築および既存サイト
の迅速な移行を支援。高負荷がかかり処理が追いつかない Web サイトのミラー サイト構築を行うとともに、当社の開発者支援チームが技術支援の提供や、サイト構築を簡素化する支
援ツールを提供しました。
 クラウド サービスの無償提供
電力供給が制限される状況において、電力消費が少なく、すぐに利用出来る情報提供および共有の手段としてクラウド サービスを無償提供しました。連絡用電子メール、電子掲示板
および伝言板、文字/音声/映像チャット、緊急支援物資の管理、緊急管理用データベースなどのために、Exchange Online、SharePoint (R) Online および Lync (TM) Online を 90 日間、
Microsoft Dynamics (R) CRM Online は非営利法人 (NGO/NPO) 向けに 1 年間、政府、自治体など公共組織向けに 6 か月間、一般企業向けに 90 日間 無償提供いたしました。
 MSDN および TechNet サブスクリプション会員のお客様への特別措置
日本国内 問い合わせ先
Email: [email protected]
グローバルプログラム詳細
www.microsoft.com/disasterresponse
東日本大震災被災地支援への
取り組みについて
http://www.microsoft.com/jajp/citizenship/disasterrelief
MSDN および TechNet サブスクリプションの会員のお客様へ、とくに被害の大きかった地域のお客様の契約期間を 6 か月間無償で延長しました。また、お住まいの地域に関わらず、
震災被害により期限内に更新手続きができなかったお客様に、更新手続きが可能な期間を 3 か月に延長しました。
 マイクロソフト製品の交換や再発行について
マイクロソフト製品の交換や再発行に関しては、アフター サービス窓口にて取り扱いを行いました。
 MSN の上での広告表示の本格的な再開に伴う義援金の寄付について
MSN 上での広告表示の本格的な再開に伴い、2011 年 4 月 5 日から 2011 年 6 月 30 日までの期間に MSN 上で表示されたオンライン広告による売上の一部を義援金として日本赤
十字社に寄付しました。本施策は、東日本大震災における被災者への支援、および日本の経済活動の早期復旧への貢献を目的として、広告主企業の協力のもと実施されました。
 マイクロソフト ストアにて義援金受付開始
マイクロソフト ストアのユーザーの皆様から、「東日本大震災」への義援金を募り、「義援金用スクリーンセーバー」の購入金額が全額義援金として、マイクロソフトから日本赤十字社の
義援金窓口へ寄付させていただきました。
24
12
2014/2/14
海外でのマイクロソフトの企業市民活動
Disaster Response Portal
• 30分以内で提供可能
• 地図情報、SNS連携、RSSフィード、検索機能
• 多言語自動翻訳
Public Pledge Portal
• ニュージーランド地震からのクライストチャーチの復旧のため、The Ministry of Civil Defenceが運営するサイ
ト
• 企業やNPOが提供する物資やサービスのマッチング
25
海外事例:ハイチの復興支援
ハイチの復興プロセスを管理するためのポータルサイト
• 市民、省庁、建設業者、資金提供者が利用
• ハイチ政府とハイチ復興委員会のWebサイト
• 多言語での情報提供
• 地図情報を活用
• 情報の多次元分析
26
13
2014/2/14
海外事例: Eagle (防災情報共有プラットフォーム)
オランダのGeodan社、ESRI社、マイクロソフトが開発した、意思決定者に災害状況を正確で早く、視覚的に提供す
ることを支援するソリューション
共通のオペレーション画面によって、被災状況の把握を改善
様々な防災関係機関からの多様な形式の大量の情報を集約し分析
緊急災害情報の管理と共有
GISとマッピング機能で既存システムを強化
オランダ、ポルトガル等の演習で実証
パキスタンの洪水対応でも利用
次期災害管理システムとして国防省が採用
Dutch public safety award 2008受賞
27
Eagle コマンド センター
• テキストとマップの統合
• ArcGIS および Groove に
準拠
• 現場スタッフへの作業指示
• ArcGIS の全面的な空間
分析機能
• Web サービスの利用 (SDI)
• ArcEngine に準拠した Lite
28
14
2014/2/14
日本国内 自治体様 BCP対応向け
自治体様向け:『マイクロソフト災害時対応プログラムMOU』
Pre-Positioned Disaster Response MOU
プログラム 発災時のオファリング利用のお申込みを、事前に受付けさせていただくプログラム
対象:自治体様
ソフトウェア製品 & クラウド & サービスの一定期間無償利用提供
ご支援テーマ(例)
政府、自治体と市民団体へのソリューション
•
•
•
•
•
異種団体の共同作業を支援するコラボレーション環境の提供
ITアセスメントとコンサルティングサービス提供
クラウドを活用したコミュニケーション提供
マイクロソフトの製品、ライセンスの提供
クラウド上の災害情報ポータル機能提供
業務継続性
• 被害の情報システムへの影響評価
• 業務に必要なソフトウエアの短期提供
• カスタマーサポートとコンサルティングサービス部門によるに
よるIT基盤の復旧支援
市民のための情報環境の提供
• 家族や友人との連絡、安否の確認
• 災害情報へのアクセス
• クラウド活用による写真や文書の保持
提供(例)
•
•
•
•
•
•
•
•
•
クラウドサービス、Office 365無償提供により迅速な連絡連
携手段提供
ICT利活用による緊急時ソリューション構築のためのコンサ
ルテーション・サポート提供
マイクロソフトの製品ライセンスの緊急提供、および追加ラ
イセンスの提供
自治体様の情報システムへの被害状況の評価支援
正規対応が復旧するまでのマイクロソフト製品の一時プロ
ダクトキー提供
カスタマーサポートのフリーダイヤルによるサポート対応と
コンサルティングサービスによる復旧支援
日本国内 問い合わせ先
Email: [email protected]
グローバルプログラム詳細
www.microsoft.com/disasterresponse
Skypeと電話の接続クレジットを提供し、無償でITデバイス
と電話などの連絡手段を提供
クラウドのAzureに用意される災害情報テンプレートにより
迅速な情報の取得
無償で提供されるSkyDriveアカウントにより大量の文書、
ファイル、画像の保管を支援
29
岡山県様 災害時協力協定における活動内容
災害時における活動内容
● マイクロソフトが災害時における覚書(MEMORANDUM OF UNDERSTANDING MICROSOFT DISASTER RESPONSE)の合意内
容に基づき、災害時に実施する活動として想定されている活動の概要
● マイクロソフトが提供を想定する災害時の支援(DISASTER RESPONSE)は、下記に限らず必要に応じて提供可能
主な施策概要
1 災害時のコミュニケーションの支援
提供想定製品
補足
Office 365
• 災害発生時に、職員間および、外部関係者との情報共有、連絡、連携を円滑に実現するための手段と
してクラウドサービスによる電子メール、掲示板・ポータル、Web会議の機能を提供する
2 情報発信の継続
Windows Azure
• 災害時の自治体の情報発信手段としてのWebサイトを補完するため、クラウドサービスによるキャッ
シュサーバー、ミラーサイトの設置および展開を支援する
3 クラウドを活用した職員/住民の安否確認
Windows Azure
協力企業:
• スマートフォン、デバイスによる、職員の安否確認を行う手段として、日本デジタルオフィス株式会社の 日本デジタルオフィス株式
会社
協力によりクラウドで提供されている仕組みを利用可能とする
30
15
2014/2/14
岡山県様 防災訓練での活用
• 平成26年1月20日に行われ
た防災訓練にて、災害時協
力協定に基づくマイクロソフ
トのクラウドサービスを提供
• Windows Azureによる、災害
時の県庁Webサイトバック
アップ
• Office 365 Lync OnlineとJAXA
衛星回線により、本庁と拠点
間でのビデオ通話実施
31
https://www.facebook.com/okayama.pref.joho
クラウドサービスによる災害情報の共有
参考
•
•
災害時でも参照可能なクラウド上のポータルサイトにて、① 職員用の緊急時情報を一元管理して確実に参照可能とします。② また、災
害対策本部等を中心に、関連各機関(庁外の関連組織・警察・消防等)と連携する際に活用できる情報共有ポータルを立ち上げることも
できます。
ポータル内の情報は、手元の PC や タブレットなどのデバイスに同期を取って保持しておき、回線が全く絶たれている状況でも、部分的
に情報を参照することが可能です。
① 職員間の情報共有
職員
(庁外)
② 関連機関との情報共有
職員間の情報共有に限定したサイトと、外部関連機関と
の情報共有サイトを併設し、連携させることが可能
警察
Online
消防
庁内災対ポータル
庁外災対ポータル
職員
(庁内)
 避難誘導に必要な手引
書等、災害対応時に必要
な情報・マニュアル類を
一元管理、いざというとき
に確実に参照
 災害対策本部の情報
共有の一元化
 庁内と関連団体との情
報共有場所としての活
用
支援団体
(NPO 等)
32
16
2014/2/14
参考
クラウドサービスによる連絡連携手段
•
災害時でも利用可能なコミュニケーションインフラを庁内ネットワーク、もしくはクラウド上に常設。場所や利用端末を選ばず、確実な即
時コミュニケーションを実現し、災害時いざというときの関係者間での連絡や情報共有を支援します。
関係機関
本部
Online
 IP 電話・インスタントメッセージで、即時性
の高い通信を確保。
自宅など
 外部との連絡に重要な固定電話を、
必要な場所に必要なだけ素早く増設。
 連絡可否や在/不在は、プレゼンスの
目視で瞬時に判断。
 遠隔地や自宅の職員・関係者も、インター
ネット経由の個別連絡手段を確保。
 機動力のある通信手段を、携
帯電話だけに頼らない体制を
構築。
※構内交換機(PBX)との接続はオンプレミス型のLync Serverに限ります。
参考
33
自治体Webサイトのキャッシュおよびミラーサイトにより情報発信を継続
データセンター
外部向けWebサーバー
Azure上の
Webサーバーキャッ
シュ
負荷集中時にキャッシュサー
バー、ミラーサイトへの誘導ペー
ジを表示
Azure上の
Webサーバーミラー
Azure上の
Webサーバーミラー
負荷に応じてイン
スタンスを追加
インターネット
持ち出しPC
自宅PC
携帯
スマートフォン
34
17
2014/2/14
参考
クラウド+スマートフォン・PC・タブレットによる災害時緊急連絡サービス
• coco-do(日本デジタルオフィス株式会社)とWindows Azure(マイクロソフト)
を合わせて提供
【coco-doの利用イメージ】
35
参考
【coco-doのグループビューの利用イメージ】
http://www.coco-do.com
36
18
2014/2/14
本書に記載した情報は、本書各項目に関する発行日現在の Microsoft の見解を表明するものです。Microsoftは絶えず変化する市場に対応しなければならないため、ここに記載した情報に対していかなる責務を負う
ものではなく、提示された情報の信憑性については保証できません。
本書は情報提供のみを目的としています。 Microsoft は、明示的または暗示的を問わず、本書にいかなる保証も与えるものではありません。
すべての当該著作権法を遵守することはお客様の責務です。Microsoftの書面による明確な許可なく、本書の如何なる部分についても、転載や検索システムへの格納または挿入を行うことは、どのような形式または
手段(電子的、機械的、複写、レコーディング、その他)、および目的であっても禁じられています。これらは著作権保護された権利を制限するものではありません。
Microsoftは、本書の内容を保護する特許、特許出願書、商標、著作権、またはその他の知的財産権を保有する場合があります。Microsoftから書面によるライセンス契約が明確に供給される場合を除いて、本書の提
供はこれらの特許、商標、著作権、またはその他の知的財産へのライセンスを与えるものではありません。
Microsoft, Windows, SQL Server は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標です。
© 2014 Microsoft Corporation. All rights reserved.
19
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
4 641 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content