close

Enter

Log in using OpenID

ドーピングとは 競技力を向上させるために禁止されてい

embedDownload
埼玉県薬剤師会
ドーピングとは
競技力を向上させるために禁止されてい
る物質・方法を使用すること
埼玉県薬剤師会
ドーピングが何故いけないのか
スポーツのフェアプレー精神に反する
薬物の習慣性や副作用により選手の健康
を損ねる
次世代を担う青少年への悪影響等社会的
害を生じる
埼玉県薬剤師会
ドーピング違反となる行為
禁止物質(禁止リスト収載物質)の体内での存在
禁止物質あるいは禁止方法の使用または企て
検査の忌避あるいは拒否
検査の不正操作
禁止物質の所持
禁止物質の不正取引
競技支援要員(コーチ等)による関与
埼玉県薬剤師会
禁止リストについて
世界アンチ・ドーピング機構(WADA)は、
少なくとも年1回禁止物質・方法で構成さ
れる禁止リストを国際基準として公表す
る
→禁止物質の種類と方法は毎年変わる
埼玉県薬剤師会
禁止リストに盛り込む際の判断基準
○隠蔽剤であるもの
○次の3要件のうち、2要件をみたしている
競技力を強化している(し得る)
健康上の危険性を及ぼす(し得る)
スポーツ精神に反する
埼玉県薬剤師会
禁止リストの構成
I.
競技会検査において禁止対象となるもの
II.
競技外検査においても禁止対象となるもの
III. 特定の競技においてのみ禁止対象となるもの
IV.
Ⅰ∼Ⅲのうち、広く医薬品として流通しており、かつドー
ピング物質としての乱用されにくいもの(指定物質)
→ 制裁緩和措置が設けられている
V.
禁止物質でないが、ドーピングの乱用状況等把握する
必要があると判断された物質(監視プログラム)
→失効や資格剥奪等の制裁措置はない
埼玉県薬剤師会
国体における競技会検査と競技外検査
競技会検査
競技外検査
検 査 日
出場競技開催日
宿泊先到着から
国体開催期間中
検査場所
各競技場
宿泊先や研修先等
対象選手
競技終了後すみやかに 遅くとも検査2日前まで
への通告
目
競技を終了した選手の トレーニング期間中の不
的 体内に禁止物質が存在 正を防ぎ、競技者のク
しないことを証明する
リーンさを証明する
埼玉県薬剤師会
カフェインについて
昨年の禁止リストでは、カフェインが興奮剤として
禁止物質となっていたが、今年は監視プログラム
に移行している。
種目別の使用状況として検査結果が報告され、使
用頻度が高い場合、来年以降禁止物質になる可能
性がある。
埼玉県薬剤師会
国体におけるドーピング検査とは
選手自ら採取した尿の提出を受け、これを
WADA公認検査機関で分析すること
→日本では、三菱化学BCLが公認検査機関
埼玉県薬剤師会
競技会検査の流れ
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)
(10)
通
告: 以後エスコートが通告選手に付き添う
受
付: 通告後1時間以内に検査室に入室
水分補給: 待合い場所で密閉された飲料を自由に補給
採尿カップの選択: 複数のものから自ら選択
尿の採取: 同性の係官の監視のもと75ミリットル以上
自ら採取
検体保存用ボトルの選択: 複数のものから自ら選択
尿の分割・封印: 自らボトルに採取尿を分割し、封印
pH及び比重の測定: 比重が一定基準以下は再採尿
使用薬物の申告: 3日以内に使用した薬やサプリメント
の申告
公式記録書の確認・署名・控えの受取り
埼玉県薬剤師会
競技会検査の流れ(選手必携書から)
埼玉県薬剤師会
ドーピング違反となった場合
次の処置が行われる
失効
参加競技結果の無効
資格剥奪
競技その他の活動への参加禁止
暫定的資格停止
公聴会において最終的な判断が下されるまで
の暫定的な競技への参加禁止
埼玉県薬剤師会
ドーピング違反処置の実施条件(検査陽性時)
次の場合処置が行われる
・A検体から禁止物質が検出され、本人がその使用を
認める
・本人がB検体の確認検査を要求し、B検体もA検体と
同様禁止物質が検出されたとき
※ 処置決定の前に弁明の機会(聴取会)が与えられる
埼玉県薬剤師会
具体的な処置(選手の資格剥奪の期間)
1、違反回数によって異なる
・1回目の違反: 2年間の資格剥奪
・2回目の違反: 一生涯にわたる資格剥奪
2、違反物質によっても異なる
広く医薬品として流通しており、かつドーピング物
質としての乱用されにくいものとして指定された物
質(指定物質)に違反した場合は、競技力向上の
目的で使用したのではないことを証明できれば、
上記剥奪措置が緩和される。
※ この他に競技団体よって異なる場合がある
埼玉県薬剤師会
禁止物質の治療目的使用の適用措置(TUE)
次の申請を事前に所定の用紙を用いて行い、治療目的
の使用が認定された場合、例外的に禁止物質を使用でき
る。ただし、他に治療法がなく、使用しても競技力を高め
ないものに限定される。
標準申請:
代替薬物がないため、禁止物質を治療目的に使用す
る旨を申請する場合
略式手続:
ベータ2作用薬(喘息予防・処置薬)吸入剤の一部や糖
質コルチコイドの局所使用を治療目的のため使用する
場合
治療目的使用の適用措置(TUE)の申請書類
(申請先および申請期限は、今国体の場合)
作成者
標準申請
略式手続
医師
医師
記載項目 代替薬剤が使えない理由、投与量、 代替薬剤が使えない理由、投
頻度、経路、期間、臨床検査成績等 与量、頻度、経路、期間等
署名者
申請先
作成医師、申請選手
作成医師、申請選手
都道府県体育協会へ郵送
申請期限
夏季:8月10日、秋季:9月21日
大会直前
許可時
送付書類
治療目的使用の承認書
受信証明書
備
考
日本アンチ・ドーピング機構の審査
により、許可されないことがある
不備のない書類が受理された
時点で有効 (審査はない)
埼玉県薬剤師会
特定競技でTUE申請が認められない物質
体重階級別競技と減量が競技力強化につながる次の
競技は、利尿剤のTUEは認められない。
ボディビルディング、ボクシング、柔道、空手、
パワーリフティング、ボート、スキー、テコンドー
ウエイトリフティング、レスリング、武術
(利尿剤:腎臓に働き尿量を増やす薬)
埼玉県薬剤師会
治療目的での糖質コルチコイドの局所使用
昨年の国体では糖質コルチコイドを局所使用する
場合、書面による事前申請は必要なかったが、今
年は略式手続を行わなければ使用出来ない。
また、経口、経直腸内、経静脈、筋肉内投与などの
全身投与に該当する場合は、昨年同様標準申請が
必要となる
埼玉県薬剤師会
治療目的でのインスリンの使用
昨年は略式申請の対象であったインスリンが、今
年は標準申請の対象に変更となっている
申請期日が設けられているため、昨年のような大
会直前の申請は認められないので注意が必要
埼玉県薬剤師会
ベータ2作用薬(吸入剤)の治療目的使用
昨年同様、次の疾患の予防・処置を目的する場
合、フォルモテロール、サルブタモール、サルメテ
ロール、テルブタリンの吸入剤に限り、略式手続
を行うことで使用が可能となる
喘息
運動誘発性の喘息・気管支収縮
埼玉県薬剤師会
手続で使用可能となるベータ2作用吸入剤
成分名
日本で販売されている商品
フォルモテロール なし
サルメテロール セレベント50ディスカス(GSK)
セレベント25・50ロタディスク(GSK)
サルブタモール サルタノールインヘラー(GSK)
ベネトリン吸入液(三共)
アイロミール(大日本)
テルブタリン
なし
埼玉県薬剤師会
TUEによる承認があっても違反となる場合
ベータ2作用薬のうち、サルブタモールはTUEに
より使用が認められても、硫酸塩でないサルブタ
モールの尿中濃度が1,000ng/mLを超えた場合
ドーピング違反となる
ただし、基準値を超えた原因が、治療目的による吸
入である旨競技者が立証した場合はこの限りでない
埼玉県薬剤師会
「うっかりドーピング」とは
選手がドーピング禁止物質を含有することを
知らずに医療薬を使用することや市販薬等を
購入・使用すること
○ 医療薬:
受診し、医師や歯科医師から交付を受けた薬
○ 市販薬等:
ドラッグストアー等で購入できる薬やサプリメント
埼玉県薬剤師会
主な疾患治療薬に含まれうる禁止物質(1)
疾患名
含まれうる禁止物質
主な投与方法
感冒(主に咳)
興奮剤(エフェドリンなど)
内服
気管支喘息
興奮剤
ベータ2作用薬
糖質コルチコイド
内服、吸入、貼付
アレルギー、炎症
糖質コルチコイド
(花粉症、蕁麻疹など)
内服、点眼、点鼻、
点耳、塗布
糖尿病
ペプチドホルモン(インスリン)
注射
高血圧
隠蔽剤(利尿剤)
ベータ遮断薬
内服
浮腫
隠蔽剤(利尿剤)
内服
痛風、高尿酸血症
隠蔽剤(プロベネシド)
内服
埼玉県薬剤師会
主な疾患治療薬に含まれうる禁止物質(2)
疾患名
含まれうる禁止物質
主な投与方法
ネフローゼ症候群
隠蔽剤(利尿剤)
糖質コルチコイド
内服
痔疾
糖質コルチコイド
塗布、直腸内
緑内障
メニエル病
てんかん
睡眠時無呼吸症候群
隠蔽剤
(利尿剤)
アセタゾラミド
イソソルビド
内服
アセタゾラミド
婦人科疾患
蛋白同化男性化剤
抗エストロゲン作用薬
内服、注射
男性不妊症
蛋白同化男性化剤
内服、注射
埼玉県薬剤師会
禁止物質が含まれる主な市販薬
含有禁止物質
該当分類
かぜ薬・咳止め
エフェドリン類等
胃腸薬 ・ 滋養強壮薬
ストリキニーネ
便秘治療薬
エフェドリン類
鼻炎薬
エフェドリン類
眼薬 (充血改善)
エフェドリン類
痔治療
ヒドロコルチゾン等 糖質コルチコイド類
虫さされ塗布剤
デキサメタゾン等
口内炎治療薬
トリアムシノロン等
皮膚炎治療塗布剤
プレドニゾロン等
滋養県強壮薬(塗布・ドリンク剤等) メチルテストステロ
ン等
毛髪用薬
興奮剤
蛋白同化剤
埼玉県薬剤師会
サプリメントなどの対応
○ 原則「自己責任」使用
ビタミン単独ならば問題ないが、多くの商品が含
有物質を明らかにしていないため
○ ドーピング検査時に、採尿票に正しく申告
○ JADAオフィシャルスポンサーシッププログラムに
よって認定された商品は、使用可能
詳しくは、JADAホームページ
http://www.anti-doping.or.jp
埼玉県薬剤師会
「うっかりドーピング」を防止するには
○ コーチ、顧問医に使用前に確認する
→宿泊先で提供を受けた常備薬等にも注意を払う
○ 受診時や市販薬の購入時に、医師・歯科医師
や薬剤師に、次のことを申し出る
国体参加選手であること
参加競技名
○ 海外製のサプリメント等の摂取を控える
埼玉県薬剤師会
アンチ・ドーピング相談活動協力会員
埼玉県薬剤師会は、「うっかりドーピング」を
防止すべく、責任を持って相談に応じれる薬
局・薬店をアンチ・ドーピング相談活動協力
店舗として認定している
→禁止物質を含まない市販薬は数多くある。市販
薬を購入・使用する際は、必ず店頭薬剤師に相
談すること
埼玉県薬剤師会
アンチ・ドーピング相談活動協力会員認定証
認定会員には、つぎの認定証が店頭に貼って
ある
埼玉県薬剤師会
協力会員店舗を探すには
埼玉県薬剤師会
ホームページから
検索可能
http://www.saiyaku.or.jp
埼玉県薬剤師会
各認定会員店舗の場所が表示される
埼玉県薬剤師会
ホットラインの開設
埼玉県では、ホットラインを3系統に分け、それぞれ
禁止薬物等の問い合わせに対応する方法を採る
薬局・薬店
埼玉県薬剤師会 情報センター
病院・診療所
埼玉県医師会 地域医療課
顧問医・監督
埼玉県体育協会
埼玉県薬剤師会
ホットラインの開設期間
彩の国まごころ国体前1週間から大会終了まで、
専用用紙のFAX送信による問い合わせを受付ける
《秋季大会時》
10月18日から10月28日
(秋季大会:10月23日から10月28日)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
384 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content