close

Enter

Log in using OpenID

第 4 回 UNI Apro 女性大会 アジア太平洋地域における ジェンダー平等の

embedDownload
第 4 回 UNI Apro 女性大会
2015 年 12 月 6 日
マレーシア・クアラルンプール
アジア太平洋地域における
ジェンダー平等の新たな頂点を極める
日本語速報第 1 号 2015 年 12 月 7 日発行
UNI Apro 東京事務所/UNI 日本加盟組織連絡協議会
資格審査委員会報告
16 ヵ国 50 組織より
第 4 回 UNI Apro 女性大会が 2015 年 12 月 6 日、
代議員
:67 人
オブザーバー
:36 人(女性 24、男性 12)
ゲスト
:40 人
スタッフ
: 9人
合計
:152 人
マレーシア・クアラルンプールで開催された。開
会を設置して女性が参画しやすい労働組合活動
会 式 で は シ ャ フ ィ ー UNI マ レ ー シ ア 加 盟 協
と働きやすい環境づくりに取り組んでいること
(UNI-MLC)議長が歓迎挨拶を述べ、女性は雇用
を紹介した。UA ゼンセン・山本代議員は、女性
機会や賃金の面で未だ差別を受けており、組合活
が 95%以上とい
動への参画の重要性を強調した。マクシン議長の
う医療事務の職場
歓迎挨拶、デニス UNI 世界女性委員会議長、クリ
においては、ジェ
スティ UNI 副書記長、クリストファーUNI Apro
ンダー平等よりも
地域書記長の連帯挨拶後、ハジャ・ナンシー・シ
ジェンダーの尊重
ュクリ・マレーシア首相府大臣の代理のズキ氏が
が大切だとして、
メッセージを代読し、開会を宣言した。
個を尊重し、個々
大会議題、大会議事規則の採択後、大会資格審
査委員会、決議委員会、ハラスメント苦情処理委
の得意分野を生かし、互いに学び合うことがエン
パワーメントになると強調した。
員会が選出された。日本からは、資格審査委員会
大会背景報告を執筆したロザリンダ・フィリピ
に日放労・安福代議員、決議委員会に全印刷・田
ン大学社会福祉・コミュニティ開発学部教授が
中代議員が選出された。
「新たな頂点を極める:アジア太平洋地域におけ
るジェンダー平等」と題して、大会で議論される
UNI Apro 女性委員会ブレイキングスルー報告
では、小川 UNI Apro
各テーマについて当該地域の現状を分析し、報告
した。
機会均等部長が多く
「新たな頂点を極める:社会的絆への女性の貢
の写真を交えて 4 年間
献」のテーマではマクシン UNI Apro 女性委員会
の多彩な活動を振り
議長による導入報告の後、韓国、マレーシア、ス
返った。労済労連・佐
リランカ、オーストラリアから報告が行われた。
藤代議員は、女性委員
全労金・三枝代議
労連の取組みを紹
員は、日本社会と労
介した。今後は、さ
働運動において男
らなるジェンダー
女平等参画をさら
平等実現のため、労
に推進していくた
働時間短縮、ワーク
め、
「男女平等参画
ライフバランスの
推進方針」を策定し、
実現、ダイバーシテ
ワークライフバランスや女性が安心して働き続
ィの理解浸透など
けられるように取り組んでいると報告した。
に取り組むことが必要だと訴えた。UNI Apro 青
「新たな頂点を極める:アジア太平洋地域にお
年委員会議長で、先月銀行労組委員長に就任した
ける女性、労働組合と政治」では、ミラ代議員(イ
ミシェル代議員(フィリピン)は、女性が仕事を
ンドネシア)が導入報告後、各地域からの報告が
続ける上で直面する課題は多いが、メンタリング
あった。情報労連・山中代議員は、世界経済フォ
プログラムは問題の解決に有効だとして、UNI
ーラムの指標で世界
の活動の意義を強調した。
145 カ国中 101 位と、
続いて、大会は、UNI Apro 青年委員会代表を加
世界的にみても各国に
えるための UNI Apro 女性委員会規則修正、動議
比較して女性の進出が
「新たな頂点を目指して:ジェンダー平等と女性
遅れていることに言及
のエンパワーメン
し、そうした現状を変
ト」を採択し、新し
えるために女性の政治
い UNI Apro 女性委
への参加が重要であると述べた。その他、シンガ
員会メンバーを選出
ポール、ネパール、インド、台湾から報告があっ
した。議長にはイン
た。
ドネシアのミラ
「新たな頂点を極める:ジェンダー平等と女性
ASPEK 会長、副議長
のエンパワーメント」では、ベロニカ UNI 機会
には山中情報労連中
均等局長が、That’s why キャンペーンやメンタリ
執が選ばれた。ミラ新議長はマクシン前議長の功
ングプロジェクトなど、実践的でユニークな取組
績を称えると共に、UNI Apro 女性委員会の発展に
みの事例を報告した。各地域からの報告では、損
貢献する決意を述べ、
「UNI ボレ!(UNI がんばろ
保労連・宮崎代議員が、女性委員会の設置等を通
う!)
」と締めくくった。
じて女性組合役員割合が 30%まで増加した損保
↓ジェニングス UNI 書記長と日本代表団
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
688 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content