close

Enter

Log in using OpenID

最低制限価格のランダム設定処理基準 平成24年3月26日制定 (目的

embedDownload
最低制限価格のランダム設定処理基準
平成24年3月26日制定
(目的)
第1条 最低制限価格のランダム設定処理(以下「ランダム設定処理」という。
)は、最低
制限価格での応札によるくじ抽選を減少させることを目的として設定するもので、ランダ
ム設定処理について、必要な事項を定める。
(ランダム処理係数 実施方法)
第2条 ランダム設定処理は、気象庁が開札日当日の午前8時に発表している八尾(八尾
空港)観測地点の気温を基準(以下「基準気温」という。)とし、その基準気温の小数点
第1位の数値をランダム処理係数として用いる。
2
基準気温の不計測等により気象庁の発表が無い場合については、基準気温の1時間前
の発表の気温を基準気温とする。なお、それでも発表が無い場合においては、同様に順
次1時間前に遡った気温を基準気温とすることとする。
(ランダム設定処理)
第3条 設計金額により算定した従来の最低制限価格を最低制限基準価格とし、ランダム
処理係数に1000を乗じたものを最低制限基準価格に加算したものを最低制限価格と
する。但し、落札候補者が決定するまで最低制限価格は変動するものとし、落札候補者の
決定により最低制限価格の確定とする。
2
前項但書の規定により最低制限価格を変動させる場合には、前条第2項の規定を準用
して基準気温は順次1時間前に遡っていくものとし、前項の規定によりランダム設定処
理を行うものとする。
(適用範囲)
第4条 ランダム設定処理は、予定価格が1億5千万円以上の工事について、適用するも
のとする。
① 第2条第1項に規定する基準気温の確認方法及びランダム処理係数の求め方
例:観測地点八尾(八尾空港)気温で検索し、八尾(ヤオ:八尾空港) 毎正時の観測データをクリックすると下記のホームページが表示される。
気象庁が開札日当日の午前8時に
発表している八尾(八尾空港)観
測地点の気温を基準気温とする。
基準気温 午前8時 0.3度
→ランダム処理係数は3となる。
* 開 札 日 が 事 故 等 によ り 延 期 に な った 場 合
についても、実際に開札する日の気温が基準
気温となります。
② 第2条第2項に規定する不計測等による場合の基準気温及びランダム処理係数
開札当日の気温 観測地点:八尾(八尾空港)
時刻
気温
降水量
風向
風速
時
℃
mm
16 方位
m/s
1
2.3
0 西
3.2
2
2.3
0 西
1.1
3
1.5
0 西
2.7
4
0.8
0 南西
1.5
5
1.2
0 南西
1.6
6
0.6
0 静穏
0.2
7
0.1
0 南東
1.5
8
0.3
0 東南東
2.1
上記の気温の場合で、もし午前8時の気温が未発表の場合は、
基準気温は、午前7時 0.1度となり、ランダム処理係数は、1となる。
午前7時の気温も未発表の場合は、
基準気温は、午前6時 0.6度となり、ランダム処理係数は、6となる。
午前6時の気温も未発表の場合は、
基準気温は、午前5時 1.2度となり、ランダム処理係数は、2となる。
以下同様に気温が未発表の場合は、1時間毎に遡る。
(場合によっては前日の気温に遡ることもある。)
③ 第3条に規定するランダム処理設定の方法
基準気温 午前8時 0.3度の場合
設計金額により算定した従来の最低制限価格 150,000,000円の場合
最低制限基準価格
+
150,000,000円
ランダム処理係数×1000
3×1000
最低制限価格
150,003,000円
入札者全者がこの価格より低い場合
は、落札候補者が決定するまで変動し、
落札候補者決定により確定するもので
ある。
④ 第3条第2項に規定するランダム処理設定の方法
入札結果と開札当日の気温が下記の場合
○○工事入札結果
開札当日の気温 観測地点:八尾(八尾空港)
予定価格
180,000,000
最低制限基準価格
150,000,000
入札者
入札額
時刻
気温
降水量
風向
風速
時
℃
mm
16 方位
m/s
1
2.3
0 西
3.2
2
2.3
0 西
1.1
A社
150,000,000
3
1.5
0 西
2.7
B社
150,001,000
4
0.8
0 南西
1.5
C社
150,002,000
5
1.2
0 南西
1.6
D社
150,003,000
6
0.7
0 静穏
0.2
E社
150,004,000
7
0.4
0 南東
1.5
8
0.6
0 東南東
2.1
1 回目の最低制限価格は、基準気温 午前8時 0.6度
ランダム処理係数6であるため150,006,000円となるが、入札者全
社がこの価格を下回るため最低制限価格は確定せず、次に1時間前の発表気温を基準気温として用いるため、午前7時 0.4度
ランダム
処理係数4であるため、最低制限価格は、150,004,000円となる。E社を除き、全てが最低制限価格を下回るためE社が落札候補
者となり、落札候補者が決定したため最低制限価格は、確定となる。
(仮にこれでも全社がこの価格を下回った場合については、次に午前6
時が基準気温となり、以下同様に1時間毎遡ることになる。)
初回の基準気温で落札が決定しない場合は、開札結果の備考欄に最低制限価格が確定した時間を明示するものとする。
例:7時で最低制限価格が確定した場合は、最低制限価格150,004,000円(7時確定)と明示します。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
310 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content