close

Enter

Log in using OpenID

Zakkaya Weekly No

embedDownload
Zakkaya Weekly No.996
Ryo Onishi
雑貨屋のひとりごと
先週、左のくるぶしが腫れて痛くて歩くのがつらい
状態になりました。5 年前にも同じようなことが起こ
り、しばらく痛い思いをしました。心配なので病院
で診てもらいました。私自身は記憶がないのですが
ずいぶん昔に足首を骨折した形跡があり、その影響
で痛くなっているらしいです。
特に対策はなく痛む部位を湿布して鎮静剤を飲み、
しばらく足に負担をかけないようにするしかありま
せん。こんな風に身体の一部に障害が起きると、日
常の生活が一変します。普通に歩けることがありが
たいことだとつくづく思います。Jazz を聴きながら
おとなしくしています。≪R.O.≫
アメリカへ来て 30 年になりました
――― 仕事以外の備忘録(2)赴任したころ ―――
(前号からの続き)
この年(1985 年)8 月には日航ジャンボジェット機が群馬
県の御巣鷹山の尾根に墜落、歌手の坂本九さんら乗客
乗員 520 人が死亡するという、わが国航空史上最悪の惨
事がありました。このとき私はアメリカ赴任直後でバミュー
ダ島での営業会議に出席中で、ホテルで知ったニュース
に大ショックだったことを覚えています。
さらに、1985 年は日本では「つくば万博」が開催、大相
撲では千代の富士が全盛時代を迎えていた時で、また、
携帯電話の前身ともいうべき移動電話(ショルダーホン)
が時代の先端をゆく機器として幅を利かせていました。
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』(尤もこのエズラ・ヴォー
ゲル博士の著書は 1979 年発行ですが)と日本人の皆が
自信過剰に陥り、当時まだ日本企業駐在員だった私は
日本からの若い出張者が「もうアメリカから学ぶことはあり
ません」という発言をするのを何度も聞かされました。今
からふり返って、私はアメリカに滞在しているからこそ、ア
メリカの奥深さを知りつつあり、日本がナンバーワンとはと
ても思っていませんでした。
6/14/2015
当時、ロサンゼルスといえば、その数年前に発生したい
わゆる「ロス疑惑」がまだ話
題になっていたころでした。この事件は 1981 年に米国ロ
サンゼルス市内で妻を銃撃して殺害、多額の保険金を
だまし取ったとして、当時雑貨輸入商の三浦和義元社長
が警視庁に逮捕され、殺人などの罪に問われた事件で
した。
私たちがロサンゼルスへ出発する前、それでも数か月
の事前学習期間があり、主に任地についての講習を受
けました。当時は任地ロサンゼルスに関する知識は今か
ら振り返ってみて、恥ずかしいほどなかったのを覚えてい
ます。ハリウッド、ディズニーランド、サンタモニカ、ビバリ
ーヒルズ、ロングビーチなどがロサンゼルス市内、または
近郊にあることさえ知らなかったのです。
駐在員としての本来の業務はもちろん、赴任地に関す
る知識の習得についても苦労の連続でしたが、過ぎてし
まえばどんなことでも貴重な経験であり、種々遭遇した厳
しくつらい出来事も懐かしい思い出になっています。幸
い、ドライブが好きだった私たち夫婦は休日のたびに車
で終日ドライブしたり、連休を利用してアメリカ大陸を横
断ドライブしたりして文化・自然について学ぶことができ
ました。
地域コミュニティとのかかわりも数多く、駐在員としての
関与以外に、日系企業の駐在員や経営者たちのための
月例勉強会や、子弟のためのサポート組織の立ち上げ
にかかわりました。
―― 次号へ続く ――
河合 将介([email protected])
川柳 & コント (東京・成近)
( 川 柳 )
私たちがロサンゼルスへ赴任する前年の 1984 年、ロサン
ゼルス・夏季オリンピックが開催されましたが、当時は日
本にいた私たち夫婦は翌年のロサンゼルス赴任につい
てまったく知る由もなく、普通の海外でのオリンピックとし
てテレビ中継に見入っていました。そのほぼ 1 年後に、
急きょ私に赴任の人事が発令されたのでした。
高感度アンテナ壁の耳に付け
早耳のらしいに 話盛り上がり
義理の耳自慢話にくたびれる
1
鼻ピクリカネの臭いを嗅ぎつける
落選に天狗の鼻の折れた音
( ニュースやぶにらみ )
「五輪追加種目に応募」
泥試合 -国会
「安保法案は憲法違反説」
気にしない気にしない -一票の格差
「サッカーW杯」
ハリルってどんな花 -なでしこ
龍翁余話
龍翁余話(379)「サイバー犯罪とスマホ病」
パソコンやスマホ(スマートフォン=電話、メール、インタ
ーネット接続、デジタルカメラによる写真撮影、動画撮
影・再生、音楽再生、地図・ルート案内、スケジュール管
理、ゲームなどが出来る高機能携帯電話)などのIT機器
を扱わない人でも、たびたび世間を騒がせる“出会い系
サイト”による男女間事件(犯罪)や反社会的・非人道的
画像をネットに投稿して面白がる(ネット病に罹っている)
バカ者たちの愚行に憤懣やるかたない思いをされている
人も沢山おられるだろう。更には、先日の“年金情報流
出事件”には(翁もそうだが)年金受給者のほとんどの人
が、ある種の恐怖、不安に襲われたことと思う。
日本年金機構のパソコンに送られてきたメールを複数の
職員が開封したことによって(そのパソコンに)ウイルスが
侵入、年金加入者の氏名・住所・基礎年金番号など、計
125 万件の個人情報が盗まれた。その結果がどのような
犯罪に結びつくか今は不明だが、侵入者は当然、何ら
かの意図をもって攻撃を仕掛けているのだから、想定さ
れる犯罪への徹底的な防止策を早急に図らなければな
らない。パソコンやスマホを扱う人は“不審な送信元”のメ
ールは絶対に開かない(直ぐに削除する)のが常識だし、
年金機構の職員たちもそれくらいの常識は持っているは
ずだが、「今回の事件は、彼らの、己れの仕事に対する
社会的責任感の希薄、サイバー犯罪に対する認識の甘
さ(危機管理能力の無さ)が原因である」と翁は断言する。
この種のサイバー攻撃は主として(防衛・外務・農水・厚
労・警察などの)政府機関、特殊公益法人、金融機関、
大企業などが狙われるケースが多い。これを機に政府
(及び法人)を挙げてサイバー攻撃の防衛に取り組まね
ばならない。
“サイバー犯罪”とは、警察庁の資料によると、(1)【コン
ピュータ・電磁気的記録対象犯罪】(2)【ネットワーク利用
犯罪】(3)【不正アクセス行為の禁止等に関する法律違
反】の3つに分類されている。それらをもう少し具体的に
説明すると、(1)【コンピュータ・電磁気的記録対象犯罪】
とは、政府機関、金融機関、特殊公益法人、企業、個人
など①他人のコンピュータに侵入(ウイルス・ハッキング)
して、保存されているデータ(情報)を盗み取り悪用したり
書き換えたりするコンピュータ損壊等業務妨害罪、②無
断で他人の口座から自分の口座に預金を移すコンピュ
ータ使用詐欺罪。(2)【ネットワーク利用犯罪】とは、①電
子掲示板に販売広告を掲示し、覚醒剤等の違法な物品
を販売する行為、②インターネットオークションで自分が
持っていない品物を出品し落札者から代金を騙し取る行
為(ネット取引サギ)③インターネットに接続されたサーバ
コンピュータに猥褻な映像を乗せ、これを多くの人に閲
覧させる行為、④誰でも自由な書き込みが出来る掲示板
を使って犯行予告などを書き込み社会や一部の企業・
団体を混乱させる行為(予告だけでなく実行される場合
もある)、⑤意図的に特定の人物や団体・企業について
ウソ情報を発信し、名誉毀損・風評被害をもたらす行為。
(3)【不正アクセス行為の禁止等に関する法律違反】とは、
①他人のID(アイ・ディ=コンピュータ利用者を識別する
ための符号)やパスワード(一般的には“合言葉”=コン
ピュータ利用者が本人であることを確認する(その利用
者だけが知る)秘密の文字列)を盗用してコンピュータを
不正使用する行為(なりすまし行為)、②不正なプログラ
ムを使用して他人のコンピュータを攪乱させる行為(セキ
ュリティ・ホール攻撃)、③IDやパスワードを不正に取得、
第三者に教える行為――
これら“サイバー犯罪“は社会的大型犯罪であるから、そ
の防止対策は緊急を要するが、一方、個人の人格形成
を阻害する、あるいは周辺の人たちに迷惑を及ぼす”ス
マホ病“も社会問題ととらえなければなるまい。端的に言
うと、パソコンやスマホばかりやっていると、自身の人間
的成長を阻害し、他人への迷惑行為にも気づかない(気
づいても改めようとしない)イビツな人間(身勝手主義・社
会不適合人間)になってしまう、ということだ。専門家の間
では、そんな”スマホ馬鹿“を”デジタル認知症“と呼んで
いるそうだ。歩道や駅のホームなどでスマホに夢中になり、
他の歩行者や乗客に迷惑を及ぼす光景は日常茶飯事、
電車に乗ると、あっちでもこっちでもスマホとにらめっこし
ている”スマホ患者“がうようよ。もっとひどいのは、自転
車をこぎながらスマホをいじくっている危険極まりない阿
呆がいる。実は翁もスマホを持ち歩いているが”スマホ馬
鹿“になりたくない(思われたくない)ので、歩行中や乗車
中(勿論、運転中)はポケットに仕舞い込んでいる。
IT関連の専門家の話によると、“スマホ病”は(前述のよう
2
に)他人に迷惑をかけるばかりでなく、自分自身にも精神
的、病理的弊害をもたらす、と言う。精神的弊害は、対人
関係が億劫になり対面会話が下手になる(出来なくなる)、
団体行動が出来なくなる、というコミュニケーション疾患
が起きる。更に、ひどくなると幻覚・幻聴の精神障害を引
き起こすこともある。病理的弊害は、①首の骨が変形す
る(ストレートネック)、②指が変形する(テキストサム損
傷)、③視覚障害(ブルーライト)、④長電話で電磁波に
よる発がんの危険性(電磁波被害)などが懸念されるとの
ことだ。
翁、近年、漢字を(読むのは読めるが)だんだん書けなく
なって来た。パソコンを始める前はシナリオや企画書、随
筆を書く時、400 字詰め原稿用紙に愛用のモンブラン
(万年筆)でマス目を埋めて行く快感が格別であった。難
字や難語を辞書・辞典で調べるのも楽しかった。辞書・
辞典で得た知識は、なかなか忘れ難い。それが(パソコ
ンにどっぷりの)近年は、確かに執筆作業は早くなったが、
漢字変換の便利さに毒され、易しい漢字までも思い出す
のにひと苦労。手紙などを書くことが億劫になって来た。
文字ばかりではない、地名・人名・物名などもなかなか思
い出せなくなった。それは年齢のせいもあるだろうが、何
かと言うとパソコンやスマホに頼り過ぎるから“脳ミソ障害”
が起きているのかもしれない。とは言え、もはやパソコン
やスマホは翁の生活上、必要不可欠の“相棒”となって
いる。“サイバー犯罪”には縁がないことを願うが、これ以
上“スマホ病”が深刻にならないよう気をつけねば・・・っと、
そこで結ぶか『龍翁余話』。
茶子のスパイス研究
大らかさと大雑把
この6月から、また米国での生活が始まった。久し
ぶりに米国のマーケットに出かけ
食糧品を購入した。家に戻って何気無く普段は見な
いレシートを見たら買った覚えのないイエローピー
チが記載されていた。買ってもいないのに何だろう
と思って確認したら買ったはずの青菜の記載が無か
った。差額は1ドルでこっちが損をしたわけだ。日
本では、滅多に無いミスがこちらでは頻繁にある。
やっぱり、ここはアメリカだな~と思う。
以前、あれやこれやたくさん買い物をして確認もせ
ずに家に帰ったらアイスクリームが入っていた。こ
んなの購入していないのにとレシートを見たらその
アイスクリームはレシートに記載されていなかった。
おそらく、レジの人は前のお客様の積み残しを間違
ってこちらの袋に入れてしまったのだと思う。こち
らの人は良くしゃべるし、従業員同士でも平気でプ
ライベートな事をベラベラしゃべる。お客様がいて
もあまり気にしていないようだ。こちらのお客さん
もそんないつもの光景に見慣れているのか文句を言
う人もいない。口が動くと手が止まる。手が動いて
いてもお喋りに夢中で注意力が散漫なのだ。アイス
クリームを購入した人には気の毒だったけれどレジ
の人の間違いなのに、こちらがわざわざ車を走らせ
て返却しに行くのも面倒だし、感謝もされないのは
わかっているので遠慮なく大らかな気持ちでタダ食
いしてしまった。そう言えばこんな事もあった。お
酒が好きな友人と一緒に買い物に行ってテキーラを
購入した時の事だ。レジの人が“このテキーラは最
高だよね。自分も1番のお気に入りだよ”と。友人
も気分良く受け答えしていたと思う。陽気で気さく
な店員はそのテキーラを割れないように紙袋に入れ
て別の袋に入れてくれたのはいいのだが、うっかり
話に夢中になってスキャンをするのを忘れたのだろ
う。 帰って見たらレシートにそのテキーラは記載
されていなかった。大らかで大雑把で気にしないの
も状況次第では、いいのかもしれないが店にとって
は大損だ。日本にいると安心しておつりも気にしな
い事が多いけれど、こちらは気をつけないといけな
い。何だかネガティブな事を書いてしまったが日本
のサービスやおもてなしが当たり前では無い事をこ
の米国に戻ってくる度に痛感させられてしまう。
茶子 スパイス研究家
Jazz を楽しむ-今週のアルバム
音楽ソースを WiFi を経由してプレーヤーで聴くこ
とが出来る Airplay
の環境が整いました。
PC や iPhone に入っ
ている曲をプレーヤ
ー(Airplay 対応機)
で聴けます。無線
LAN で繋ぐので世界中のインターネットラジオを
CD 並みの音質で聴くことが出来ます。アメリカ、
カナダにいた時に聴いていた FM 放送局のいろんな
ジャンルの音楽を日本で聴きたいと思っていまし
たが、ついに実現しました。iTune に音楽ファイル
を追加したり、インターネットラジオの局探しをす
るのもワクワクします。JAZZ の聴き方の幅が広が
りました。
今週ご紹介するアル
バムは Corey Allen
の"My Romance"
です。
ピアニスト、プロデ
ューサー、マンハッ
タントランスファ
ーのアレンジャー
として活躍してい
る Corey Allen の初
リーダーアルバム
です。Bill Evans に捧ぐと題して創られたアルバム
3
です。4 曲目の My Foolish Heart にはマンハッタ
ントランスファーの素晴らしいハーモニーが登場
します。アルバムは全体にエレガントな仕上がりで
大変気に入っています。
“My Romance"
Allen
Corey
01-My Romance
02-The Touch Of Your Lips
03-Spring Is Here
04-My Foolish Heart
05-Someday My Prince Will Come / Blue In Green
06-Elegy
07-Waltz For Debby
08-The Dolphin
09-Emily
10-Young And Foolish
ジャズアルバム紹介リスト
http://www.zakkayanews.com/jazzlist.htm
<R.O.>
編集後記
おそらくどこの家庭でもリモコンがいっぱいあると思
います。リモコンが多くて困ることもあります。
リモコンには必ず電池が必要ですが電池が切れ
ていることも良くあります。この電池がクセモ
ノで長い間使わなかったリモコンを使おうとす
ると液漏れでひどいことになっていることがあ
ります。たまにリモコンの電池をチェックすることをお
勧めします。今のリモコンに替わる画期的なものがすぐ
にできないにしても、せめて電池の要らないリモコンに
して欲しいと思います。
雑貨屋ニュースレターのバックナンバーは下記のURLで
ご覧いただけます。
http://www.zakkayanews.com/zwback.htm
Zakkaya Weekly No.996
雑貨屋 店主 大西良衛
[email protected]
雑貨屋ホームページ
http://www.zakkayanews.com/index.htm
4
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
573 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content