close

Enter

Log in using OpenID

UNICORN×西高等学校

embedDownload
UNICORN WORKSHOP REPORT
0
東京都立
UNICORN×西高等学校
UNICORN では、不定期に採用校の生徒さん方の WORKSHOP
を開催しています。テーマは自由。
平成 23 年 11 月 21 日に行ったのは、東京都立西高等学校管弦楽
部 の み な さ ん と 、 UNICORN コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 英 語 1 の
LESSON 6 “El Sistema”で登場したコントラバス奏者のエディク
ソン・ルイスさんとの WORKSHOP。テーマは「音楽に国境なし」
。
Edicson Ruiz
(エディクソン・ルイス
コントラバス奏者)
1985 年、
カラカス生まれ。
11 歳でコントラバスを始め、
エル・システマのオーケストラに所属。史上最年少でベ
ルリン・フィルハーモニー管弦楽団に入団し注目を集め
ました。
El Sistema
(エル・システマ)
ベネズエラの無料音楽教育システムの名称。オーケスト
ラを通じて協調性を育て、音楽による自立を約束するこ
の教育システムはベネズエラ国内だけでなく、世界中で
多くの賛同を得ています。
東京都立西高等学校
東京都杉並区にある全日制の高校。日々の授業と自主自立
の精神を学校生活の中心に位置付けています。生徒は授業
の中で考える力をはぐくむとともに、自主的な活動によっ
て運営される行事や部活動を通して成長していくことを
求められています。
WORKSHOP 開始!
平成 23 年 11 月、ルイスさんは自身が所属しているベルリン・フィ
ルハーモニー管弦楽団と来日しました。忙しい公演の合間を縫って、
WORKSHOP は前半1時間、後半1時間に分けて行われることにな
りました。
都立西高等学校のみなさんは緊張気味。
さあ、WORKSHOP の始まりです!
■最初は質疑応答!
前半は質疑応答で始まりました。都立西高等学校のみなさんには事
前に質問を考えておいてもらいました。
「ベネズエラはどんなところ?」
「はじめてコントラバスを弾いたときは?」
最初はみんな照れてしまい、なかなか質問が進みませんでしたが、
ルイスさんが優しく促すと次第に緊張も解け始めました。
「どうしてコントラバスを選んだのですか?」
教科書の中では「音色に魅せられて」というのがコントラバスを選
んだ理由でしたが、
「ぼくが触っても壊れなさそうだったから」とル
イスさん。
・・・あれ???
■「象」にうっとり
質問タイムが終わると、ルイスさんは学校のコントラバスを借りて
サン=サーンスの「動物の謝肉祭」から「象」を選んで独奏してく
ださいました。太った象がワルツを
踊るユーモラスなイメージを説明す
ると、とたんに第一線で活躍するコ
ントラバス奏者の顔つきになられた
ルイスさん。その音色にぶらりと立
ち寄った先生方やほかの部活のみん
なもうっとり…
あっという間に前半の1時間が過ぎてしまいました。
■後半は一緒に練習
後半は管弦楽部の練習にルイスさんが参加してくださいました。ル
イスさんの熱血指導が入ると、みんな弦を止めて真剣な顔つきで聞
き入ります。1時間というわずかな時間でしたが、みんなの楽器の
音色がどんどん変わってくるのが、素人の私たちにもよくわかりま
した。
さいごに
楽しかったあっという間の2時間でした。管弦楽部のみなさん、英
語科の平山先生、音楽の戸田先生、そして校長先生、お忙しいなか
本当にありがとうございました。
将来、またルイスさんに会えたらいいですね。
■再来日決定!
平成 25 年東京で開催される El Sistema Festival 2013 で
は、再びルイスさんが来日されます。
そこで、UNICORN で El Sistema を学習される生徒さん方
を対象に、10 月 10 日、ルイスさんとのワークショップを東
京芸術劇場にて、開催します。
ぜひ、お立ち寄りください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 138 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content