close

Enter

Log in using OpenID

古今 東西 美女 競 -描かれた女

embedDownload
プレスリリース
報道各位
中山道広重美術館
館長 小嶋 初夫
中山道広重美術館 春季特別企画展
こ こ ん とうざい み
め くらべ
ひと
「古今東西美女 競 -描かれた女-」
開催要項
1.【会期】
前期:4 月 7 日(木)~5 月 8 日(日)
後期:5 月 12 日(木)~6 月 12 日(日)
【開館時間】9 時 30 分~17 時(入館は 16 時 30 分まで)
【休館日】 月曜日(祝日を除く)、祝翌日
※4 月 4 日(月)~6 日(水)、5 月 9 日(月)~11 日(水)は展示替えのため休館
2.【観覧料】一般:820 円(20 名以上の団体は 660 円)
高校生以下:無料
3.【主催】恵那市・恵那市教育委員会・公益財団法人中山道広重美術館
【後援】国際浮世絵学会
4.【展覧会内容】
浮世絵、日本画、油絵―。美人は永遠のテーマです。いつの時代も、画家は“美しい女(ひと)”
を描いてきました。この春、中山道広重美術館に女性美を表した絵画が集います。会場で、あなた
の心を動かす女(ひと)にきっと出会えることでしょう。
5.【図版】
①歌川国芳「山海めてたいづゑ 十九 はやくきめたい
大判錦絵 嘉永 5 年(1852) メ~テレ蔵
播州高砂蛸」
《山海愛度図会》は歌川国芳による美人画の揃物です。それぞれの図に「~たい」という
副題が付けられており、さまざまな仕草を見せる女性の半身像が、諸国の名物と共に描かれ
た大判のシリーズです。「はやくきめたい」と題された本図では、快活な美女がおみくじを
手に、恋人を射止めようと思いを巡らせています。傍らには丸くなった猫が眠っています。
たこ
背景に描かれたのは播州(現在の兵庫)の蛸漁の様子です。
②岸田劉生《麗子十六歳之像》
油彩・カンヴァス 45.3×23.0 ㎝
昭和 4 年(1929)
笠間日動美術館蔵
岸田劉生(1891-1929)は、大正・昭和期に活躍した画家です。黒田清輝に師事し、初め
けんろう
は印象派の影響を強く受けていましたが、やがてルネッサンスやバロックに傾倒し、堅牢な
作風へと変わっていきます。劉生はこうした西洋絵画を学習すると共に、中国宋元画や浮世
絵にも関心を持っていました。彼は愛娘・麗子を繰り返し描き、数十点もの「麗子像」を残し
ました。本作は最晩年の劉生が、16 歳の時の麗子を表した作品です。
6.【関連イベント】
※参加無料(別途要入館料)
※都合により変更・中止になる場合があります。

学芸員による作品ガイド
日時:未定
場所:展示室 1(1F)

公開講演会
講師:山梨絵美子氏(東京文化財研究所)
日時:平成 28 年 5 月 21 日(土) 13:30 より 2 時間程度を予定
場所:講座室(3F)

美術館ボランティア「香風会」(代表:鎌田幸子)による呈茶会
日時:未定
場所:メーンラウンジ(1F)
【お問い合せ】
〒509-7201 岐阜県恵那市大井町 176-1
中山道広重美術館 担当:前田詩織
TEL:0573-20-0522/FAX:0573-25-0322
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
152 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content