close

Enter

Log in using OpenID

オートデスク株式会社 3GB スイッチと Revit® について

embedDownload
オートデスク株式会社
プロダクトサポート本部
3GB スイッチと Revit® について
問題
3GB スイッチを使用して Revit® のパフォーマンスを向上させる方法。
解決策
オペレーティング システム上では、多くの異なるルールと設定を使用してシステム リソースを最大
限利用できるよう管理し、すべてのアプリケーションやプロセスでそのリソースを均等に利用できるよ
うになっています。たとえば、単一のアプリケーションやプロセスで使用する全メモリ容量をコントロー
ルするために、オペレーティング システムを利用します。Windows XP の全メモリ容量は、既定値
で 2GB に設定されています。アプリケーションやプロセスで全メモリ容量の 2GB 以上を使用する
と、オペレーティング システムがそのアプリケーションやプロセスをただちに終了します。
全メモリ容量はシステム設定であり、ユーザや管理者はその設定を変更できます。Windows XP の
SP2 以降 では、3GB スイッチを使用してアプリケーションやプロセスで使用する全メモリ容量を
3GB まで増やすことができます。3GB スイッチはメモリ依存型プログラムには効果があります。通
常、Revit® を利用する場合、3GB スイッチは使用する必要がありません。ただし、全メモリ容量を
増やすことで Revit の操作に効果がある場合もあります。
3GB スイッチを使用する場合について
Revit では、モデルのサイズによって必要なメモリ容量が決まります。そのため、大きなモデルを設
計している場合には、3GB スイッチの利用を検討する必要があります。ただし、全メモリ容量の既定
値である 2GB 以上が必要となる場合にのみ 3GB スイッチを使用するようにしてください。
Revit が予期しないタイミングで頻繁にクラッシュ(強制終了)する場合には、3GB スイッチを使用す
る必要があります。最近のクラッシュの原因がメモリの問題によるものかどうかを調べるには、クラッ
シュした Revit のセッションのジャーナル ファイルを開きます。ジャーナル ファイルは Revit のプ
ログラム ディレクトリの Journals フォルダにあります。ジャーナル ファイルの下部のメモリ統計が
表示されている行を確認します。ジャーナル ファイルで表示されるメモリ統計の例は以下のとおりで
す。
' System Memory Statistics:(システム メモリ情報)
' Total RAM: 2095192 Kb(合計メモリ:2095192 Kb)
' Available RAM: 1183664 Kb(利用可能なメモリ:1183664 Kb)
' Total VM: 2097024 Kb(合計仮想メモリ:2097024 Kb)
' Available VM: 79072 Kb(利用可能な仮想メモリ:79072 Kb)
Total VM(仮想メモリ)は、Revit で利用できる Windows XP の仮想メモリのハードリミットを示して
います。Available VM は、Revit を利用してメモリ使用量がハードリミットに達する前に利用可能な
仮想メモリ容量です。この例では、Available VM が少ないため、容量の上限を超える可能性があり
ます。
Revit がクラッシュする、しないにかかわらず、システム設定上の上限を把握しておく必要がありま
す。そのためには、まず Revit で使用しているメモリ容量を確認しておきます。その手順は以下のと
おりです。
1. Revit のプロジェクトを開きます。
2.画面下の Windows タスク バー上で右クリックします。[タスク マネージャ]をクリックします。
3.[Windows タスク マネージャ] で [プロセス] タブをクリックします。
4.[プロセス] タブで [仮想メモリ サイズ] 列が表示されない場合、[表示] メニューの [列の選択]を
クリックします。
5.[列の選択] ダイアログ ボックスで、[仮想メモリ サイズ] のチェック ボックスを有効にします。
[OK] をクリックします。
6.[仮想メモリ サイズ] 列のヘッダをクリックしてプロセスをソートします。Revit のプロセスを確認し
ます。
Revit のプロセスの、仮想メモリのサイズに注目してください。Revit のセッションの最初の段階でこ
の数値が 2GB に近い場合、3GB スイッチを使用すれば、Revit を利用している時に、2GB という
上限に達する可能性は低くなります。この数値が 2GB に達すれば、Revit のセッションは自動的
に強制終了されます。
3GB スイッチを使用することで、Revit がメモリ不足によってクラッシュする可能性をなくすことはで
きません。ただし、クラッシュが発生する可能性は減少します。
3GB スイッチを使用する前に
ページング ファイル サイズがシステムに対して最適化されていることを確認する必要があります。
ページング ファイルは少なくとも Windows で推奨されているサイズであり、最大でもそのサイズは
搭載された RAM の総量の 2 倍である必要があります。その手順は以下のとおりです。
1.(Windows) [スタート] メニューから、[設定] > [コントロール パネル] の順にクリックします。
2.[コントロール パネル] で、[システム] をダブルクリックします。
3.[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。
4.[パフォーマンス] で、[設定] をクリックします。
5.[パフォーマンス オプション] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。
6.[詳細設定] タブの[仮想メモリ] で、[変更] をクリックします。
7.[仮想メモリ] ダイアログ ボックスで、2GB の容量のコンピュータ用に [初期サイズ] と [最大サイ
ズ] の値を 4092(2x2GB)に変更します。
8.[設定] をクリックします。
9.[OK] をクリックしてそれぞれのダイアログ ボックスを閉じます。
3GB スイッチを使用する
1. マイコンピュータを右クリックします。[プロパティ] をクリックします。
2.[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。
3.[詳細設定] タブの[起動と回復] で、[設定] をクリックします。
4.[起動と回復] ダイアログ ボックスの [起動システム] で、[編集] をクリックします。Windows の
boot.ini ファイルがメモ帳で表示されます。
5.万一の場合、このファイルのオリジナル版の状態に戻せるように、コンピュータのいずれかの場所
に名前変更した boot.ini ファイルを保存しておきます。
注:Boot.ini ファイルの記述内容は利用しているコンピュータによって異なります。
6.boot.ini ファイル内の以下の行を範囲指定します。
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)¥WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional"
/noexecute=optin /fastdetect
7.オリジナルで表示されている下に、その行をコピー(Ctrl-C)して貼り付け(Ctrl-V)ます。
注:本ドキュメントで示しているテキスト文字列は、実際のテキスト文字列と異なる場合があります。その場合、ここで表示されてい
るテキスト文字列ではなく、自身の boot.ini ファイルで表示されているテキスト文字列をコピーしてください。
8.コピーした行を編集して、以下に示す例のように /3GB を追加します。
注:他の既存の行を上書きしないでください。
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)¥WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional
3GB" /noexecute=optin /fastdetect /3GB
9.boot.ini ファイルを上書き保存し、メモ帳を終了します。
10.[OK] をクリックしてそれぞれのダイアログ ボックスを閉じます。
11.コンピュータを再起動します。
12.Windows の起動時に、"Microsoft Windows XP Professional 3BG" (3GB スイッチ ON)
を選択します。(3GB スイッチ ON) を選択しなければ、システムは全メモリ容量を 2GB の既定値に
設定します。起動時に問題が発生する場合は、いくつかのドライバーを更新する必要があります。
3GB スイッチの使用状態を確認する
Revit のセッションを開始し、作成した新しいジャーナル テキスト ファイルを開きます。Journals フ
ォルダは、通常 C:¥Program Files¥Autodesk Revit Building X¥Journals ディレクトリにあります。
注:ここでは Revit Building を例として使用しています。Revit Structure を使用している場合、フォ
ルダは「Revit Structure」となります。Revit Systems を使用している場合は、フォルダは「Revit
Systems」です。ジャーナルの最初の行付近で、TotalVirtualMemorySize がおよそ 31456000 に
等しい値であることを確認します。
まとめ
3GB スイッチを使用することで、Revit を利用する際に生産性が向上する場合もありますが、多くの
場合このスイッチでは効果はあまり期待できないという点に十分注意してください。そのため、3GB
スイッチの使用にあたっては慎重に判断してください。
3GB スイッチを使用すれば、システムのパフォーマンス向上に効果があります。ただし、3GB スイ
ッチの効果を最大限に活かすには、システム設定の変更や RAM の増設が必要になる場合もあり
ます。
3GB スイッチの利用にあたっては、マイクロソフトのウェブページ上で更新情報の確認を
していただくことをお勧めいたします。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
341 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content