close

Enter

Log in using OpenID

病院力プロジェクト

embedDownload
はじめに
病院力プロジェクト
Art Programで地域社会につながる
西脇市立西脇病院
中嶋博之
杉山武毅
• 地域医療における基幹病院の価値は、
主に診療能力によってはかられている
• 医師、看護師をはじめとするスタッフ
の集散は、病院の魅力の有無によって
決まる
• 地域はつねに病院の価値を見定めてい
る
病院の価値とは何か
病院力プロジェクトの目的
• 基幹病院の役割として、高度な医療を
• 病院の価値を高める
• 診療活動の向上
• 病院がまとう新たな価値の創造
• 市民から認められる病院をめざす
• スタッフにとっても魅力ある病院とは
機能として果たすことは当たり前
• 真の病院の総合力が試される時代
• 新たな価値を創造
• 積極的な広報活動
• 地域に存在感を示す
プロジェクト立案の契機
• 看護師不足
•
何かを考える
プロジェクト立案の契機
• 看護師不足
• 地域の看護学校における当病院の不人気
• 地域の看護学校における当病院の不人気
• 止まらない看護師の離職
• 止まらない看護師の離職
病院の魅力が地域に示せない
• 北播地域、5万人規模の地方5都市に5つの
市立病院が乱立
• 統廃合をにらんで、思惑が錯綜する
危機感をもった有志が2010年10月にチーム立ち上げ
•
病院の魅力が地域に示せない
• 北播地域、5万人規模の地方5都市に5つの
市立病院が乱立
• 統廃合をにらんで、思惑が錯綜する
危機感をもった有志が2010年10月にチーム立ち上げ
ART in HOSPITAL
病院力プロジェクトの実績
•
•
看護師確保
• 院内保育の実現(2011年4月院内保育開
• 癒しや精神療法を目的
始)
• 夜間勤務に対するサポート(手当の拡
充)
•
• 参加型のアート制作ワークショップ
• 院内展覧会
• 看護学生に向けたワークショップ開催
• 10対1から7対1看護の早期実現
ART in HOSPITAL/ART PROMENADE in
NISHIWAKI HOSPITALの実施
欧米では古くから実施されている
• 小児患者向けプログラム など
•
国内での実施は限定的、統一組織がない
シンガポールにおける病院ARTの取材
・Singapore General Hospitalを本年10月に訪問、療養環境について調査を実施
・シンガポールでは、療養環境整備に重点が置かれている
・年間病院運営予算の1~2%が療養環境整備にあてられている
・美術教育を受けた専任のスタッフが雇用されている(SGHは大学病院クラス)
当院のART in HOSPITAL
• 一流アーティストの本格的展覧会をア
ートプロムナードを策定し企画開催す
る
• 患者、家族、スタッフのみならず一般
開放し、高いアートの価値を共有、相
互にコミュニケーションを促す
• 緩和ケアなど、臨床研究を実施中
ART in HOSPITALの実施方法2
ART in HOSPITALの実施方法1
•
•
•
•
当院医師にアートギャラリーのキュレータ
ーとして関わっているものがいる
数多くの世界的なアーティストとつながり
を有していて、世界的な作家のプログラム
を実施できる
•
•
プロムナードを策定、作品を分散配置する
ピクチャーレールなど、初期設備投資は必
要
•
•
作品の送料、保険は病院負担
額装、ステートメントパネル制作などは協
賛ギャラリーの協力を仰ぐ(無理なら病院
負担)
病院とアートの価値の交換を提案すると断
られる可能性は極めて低い
協賛ギャラリーを募り、協力を仰ぐ
当院のART in HOSPITALの実績
• 2011年5月
• 2011年8月
• 2012年1月
• 2012年6月
ハービー・山口写真展
アーティストには、講演会開催などにて報
酬を支払う
国内ART in HOSPITALの問題点
•
アートのクラス、方法論がまちまち
Patrick Taberna写真展
•
萩原義弘写真展
•
オサム・ジェームス・ナ
カガワ写真展
• 2010年11月
•
計画案を病院長に答申
•
少なくとも作品から立ち上がる凄みは必
要
アートとは何か、を定義する必要がある
アートとつながる方法がない
•
•
アート側は社会とのリンクを望んでいる
アートギャラリーなどとの関係構築
当院ART in HOSPITALの評価
•
•
•
•
100%のPositive Feedback
病院機能評価機構Ver.6にて療養環境部門に
て最高評価
スタッフの自信につながり、離職防止、看
護師確保の動機付けに役立っている
地域の新聞などで大きく取り上げられ、地
域からも高評価を受けている
報道
• 記者発表を行い可能な限り
広報を行った
• 外来患者、入院患者から率
直な喜びの声が聞かれた
今後のART in HOSPITALの予定
鷲尾和彦写真展 – Journey in to Life
•2012年12月10日-2013年1月25日
まとめ
•
•
•
もしART in HOSPITALを実施したければ
病院の新しい価値を問いかけるさまざまな
プログラムを企画実施する病院力プロジェ
クトを立案したのでその成果を報告した
中でも、当院のART in HOSPITALの試みは療
養環境をより良きものにするのに有用であ
ると考えられた
療養環境の整備について、日本は他国に比
べても遅れていると考えられるため、全国
規模の研究会設立を提案していきたい
•
•
•
西脇病院までご連絡をお願いいたします
優れたアーティストをご紹介いたします
プログラムの巡回なども可能です
•
•
巡回:同じ作家、テーマ、作品にて展覧
会を各地に巡業すること
独自企画の交渉をいたします(不可能な場
合もあります)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
40
File Size
430 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content