close

Enter

Log in using OpenID

資金繰りと通帳分散?「通帳は4冊に分けなさい」

embedDownload
求む!電話加入権
近頃電話加入権が山ほどあったのですが・・気づいたら枯渇しました(汗)
そんな訳で、眠っている電話加入権を適宜買い取ります。
価格・手続き方法については電話・メールにて待ってます☆
電話095-833-3838(10:00~18:00)
メール [email protected]
譲渡の際に必要なものとして
*印鑑証明書(3ヶ月以内) 1通
が必要になります。
必要書類については、こちらより送付致します。
アナログ回線・ISDN回線・着信専用回線
何でもOKです。
ひかり電話にして余っているよ♪という心優しい方お待ちしてます
カードレスvisaカードの実際
twitterを眺めていると、visaプリカ【V-PreC@(Vプ リ カ)】といった商品があるという
この商品は、いわゆるvisaカードのプリペイドカードで類似商品にジャパンネット銀行の「ワンタイムデビット」があり、性質は似て
いるが繰り返し使うVプリカと比べ、使ったらそれで完了のワンタイムデビットと利用者にとってどちらが利便性が高いか議論の余地はあ
る。
ただ、一長一短と言う考え方で言えば
ワンタイムデビットは「ジャパンネット銀行」に口座開設しているすべての個人ユーザ(および個人事業主)に限り使えるのに対し、Vプ
リカは、すでにVISAやmasterを保有している利用者に限られるため、使い勝手が悪い。
さらにプリカ購入時に一定割合(3%程度)の手数料が発生する点もやや問題と言える。
visaデビットの商品として
*プラスティックカード型(楽天銀行・スルガ銀行など)
*カードレスワンタイム型(ジャパンネット銀行)
*カードレスプリペイド型(Vプリカ)
個人的なvisaデビット系のおすすめは
プラスティックカードが「スルガ銀行」
カードレスとして「ジャパンネット銀行」
の2つでおおかたの利用は可能で無いかと考えます。
勿論、一般のクレジットカードがあるに超した事ないのですが
万一の事を考えれば、上記の銀行経由で使えるvisa決済は大変魅力的と考えます。
資金繰りと通帳分散?「通帳は4冊に分けなさい」
昨日は、ある本を読んだ。
私の会社は口座が山ほど?あり、ざっと見渡して5つの金融機関と契約している。
その一部を紹介すると
十八銀行(本店長崎市)
親和銀行(本店佐世保市)
楽天銀行(本店東京都)
ジャパンネット銀行(本店東京都)
ゆうちょ銀行(本店東京都)
これだけでもすでに多すぎるじゃないか?というのが率直な感想である。
その中で書いてある事はざっとこういうことである。
→売上金口座(普通預金等)
→運転資金口座(普通預金)
→納税緊急口座(納税準備預金)
→投資貯蓄口座(普通預金)
売掛金はすべて売り上げ口座へ集中させ、それから運転資金口座・納税緊急口座・投資貯蓄口座へ分散して管理しなさい。というのは、ま
さにもっともな意見である。
私の会社の場合はやや変則的だが、ほぼ上記に沿っている。私の場合はこんな感じだ。
→一般売掛(ジャパンネット銀行・楽天銀行・ゆうちょ銀行)
→定期売掛(十八銀行[1]・親和銀行[1])
→運転資金(親和銀行[1])
→口座引落(十八銀行[1])
→納税準備(十八銀行[2])
→貯蓄預金(十八銀行[3])
[*]は同一口座を示す。
口座稼働率は、勿論様々な意見があるのだが、今後どのようにするか考えた結果は運転資金口座の位置づけが無く、これを今後どうするか
が課題だろう。
今まで支払いサイクルがめちゃくちゃでとにかく何とか支払っていた感があったのが、昨年納税準備預金を開設して今年必要になる金額を
月割りして預金していたところ、無理なく支払えた事を大変うれしく思った。
勿論、納税は当然のことであるが、どうせなら余裕で行いたいものだ。
そんな当たり前なことをどれだけ突っ込んで取り組めるかにかかっていると私は思う。
一般売掛金の口座のうち一つは、公共料金などの振替口座として機能している。
そのため、その本の考え方に沿って考えると
(1)一般売掛金から入った資金はいったん運転資金口座である親和銀行へ移動
(2)親和銀行口座から十八銀行の「納税」「貯蓄」「引落」に振り分ける
※(2)の引落口座については定期回収分があるため振り分けはしておらず「納税」と「貯蓄」の2口座に限り移動している。
勿論、口座引落の残高が不足する場合は運転資金口座より振り替えている。
著書にあるような理想論はなかなかできないが、それぞれの実情に合わせた展開で十分では無いかと思う。
請求は「締日」で集計し、決められた期日で「決済」する事が理想であると書いてあるが
現実は「回収」は「遅く」、「支払」は「早く」がだろう。
これに近づけるためには、資金繰りの計算とどれだけ今使えるか?の事を意識づけるしかないと思う。
もっともキャッシュカードで簡単に下ろせる仕組みはなくすべきと思う。
経営者に限らず、しっかりお金を貯めきれる人はこういった心がけができるのかな?と考えさせられた。
仕事と期限
仕事とは期限のある約束だ
期限内に仕事がこなせればその報酬を得る事ができるが
その一方で、期限が過ぎたり、商品を破損させてしまえば、報酬を得るどころか弁償しなければいけない。
これがいわゆる「仕事」である。
弁償で済めばまだ良い。
実際は、期限が過ぎたり商品を破損させてしまえば、次はない。
すなわち我々経営者は、そういった「崖っぷち」で仕事をしているにほかない。
会社組織であれば、仮に誰かが失敗してもフォローして行く体制がある。
しかし個人事業を含め、零細企業はとうてい代わりが無いので転げ落ちるだけである。
そうなって離れた顧客はもう帰ってくることは無い。
それくらいシビアな事である。
業者という立場は、多少なりの損失はあると考えている。
それはそれで仕方ない事で、損得抜きでやらねばいけない場面がある。
顧客は業者が「明らかに損」している事で「信頼」を得る。
その一方で、顧客は業者から依頼された「課題」を同時にクリアしなければならず
その一つに「債務保証」である。
これは、ほとんどの場合問題無いとして、もう一つが「資料準備」という事である。
通常は、顧客の不手際を業者が責め立てる事はまずない。
しかし、業者は顧客から突きつけられた「期限」を守らなければ「仕事のできない奴」とレッテルを貼られるのもそれはそれで困る。
だから業者は「期限」を厳守し、「結果」を残さなければいけない。
顧客が「期限」を突きつける以上は、業者も顧客に対し「期限」をつけるしかない。
それができなければ、契約不履行となり業者の責任は免責・・・と言いたいが
このご時世、顧客優勢であるゆえ、そんなうまい話がある訳がない。
今日も頭の痛い案件をいくつか抱えており、この問題がどう決着するかはわからない。
参りました
BBIQ新サービスが始まる「ビビックギガコース」標準料金に
+315円
昨日、BBIQのメールが届いていたので久々に、オフィシャルでも見よう♪とプレリリースをチェックしたら
・・・・昨年のモニタキャンペーンでやっていた「BBIQ200Mコース(ギガコース)」の件がついにサービスイン
しかし、残念な事に一斉スタートでは無い模様
サービス利用に当たって専用の機器や交換の必要はない代わりに封印していたギガポートを解放して使う事になるのですが、どれくらい高
速になるかはわからない。
月額315円の追加で可能と言う点は、BBIQの光電話を使った頃と考えれば十分お得感?はあるかもしれませんが、日常使う私にとっ
て100Mから1Gになったところで目くそ鼻くそ程度な感じです。
これは多少乱暴な言い方かもしれませんが、100Mに近い速度を出す条件はいくつかあり
一つは「ネットワーク機器の整備」が前提になります。
どんなに高速な回線であっても、宅内回線が100Mの古い機器を使っているようでは論外ですし、利用する端末が古
いWindowsXPでも駄目です。
パソコンが最新型でも、グラフィック機能が貧弱なら恩恵にはあずかれません。
LANのポートが全部ギガである事は設備投資の面を鑑みても二の足を踏んでしまいかねません。
長崎のサービスインは来年の春頃になりそうな感じですが、もっとも関心事はBBIQ光電話のバージョンアップでしょうか。
今の状態では、個人の顧客は獲得できても法人に対してはまだまだ甘いと言わざる得ないため、あと一歩です。
今後のバージョンアップに期待します
キリンレモン市場に出回る
先日、キリンレモンが品薄で見つからないという悲痛なコメントから数ヶ月
ようやくキリンレモンが手に入りました。
この間、いろいろなメーカの飲み物を用意していましたが、やはり口に合わず気づけば
キリンレモンのペットボトルを購入してみたものの
「中身が違う」事に気づかされ早1ヶ月。
やっと缶のキリンレモンが手に入りました。
通販の価格は決して安く無いため、二の足を踏んでいましたが、近所のショッピングセンターにも取り扱いが戻り、ようやく元の様子を取
り戻しつつあります。
某所で、おおくすさんは、キリンレモンが好きなんですね。
という話をされたので、「キリンレモンはどこのメーカー?」と尋ねたところ
「Sントリー♪」と言うではないか・・・(汗)
キリンレモンのキリンは「キリンビバレッジ(キリンビールの関連会社)」であり、決してS社ではないんです。
ふぅ
何がともあれ、キリンレモンが冷蔵庫に入っているのを見てほっとした今日この頃です
グーグル通信機大手のモトローラを買収
今朝の朝刊を読み驚きました。
グーグルはモトローラを125億ドルで買収
今までOSを供給していたグーグルがついに端末メーカを買収するとは驚きです。
これまでソフト&ハードといえば、アップルのお家芸と思っていましたが
ついにグーグルまで参入となればますます市場が激化するだろうと思います。
この件について同時に懸念すべきことがあります。
ハードとソフトが同一メーカで供給されるとなれば、これまで製造していたメーカの反発が大きいのではないか?と危惧しています。
ただ、この手法により短期間で高性能な端末が市場に供給されると考えると、すでに照準はアップルにむけられているのではないだろうか
と思います。
これからの動きに注目です。
夏休みについて
こんばんは
昨夜飲み過ぎてぐったりしてます(汗)
早速ですが
今日から8月15日(月)まで、夏休みになります。
メールは確認しておりますが、返事その他は16日以降順次回答致します。
緊急時の対応は通常通り行いますのでよろしくお願いします。
本日は業務連絡のみです。
久々に暴れる
昨日は会議が長引き、夜遅く戻ってきたこともあり、少し眠い私です。
昨日の話題でも取り上げたように、新聞を読むようにした事もあり昨日届いた書類に目を通していると電話が鳴る・・。
時間は8:30である。
まぁ、早朝に電話がなるのは約数名のお客さんがかけてくるので慣れっこである(汗)
早朝の上に、深夜に電話が鳴りそのまま設定サポートへ行く事もあるので
電話が鳴れば可能な限り電話を取るようにしている。
んで、話の内容を聞くと
客「10時から会議をするのできてくれないか?」という内容。
その事に対し、私はきっぱり
おおくす「・・・・無理です。」
客「じゃあ何時くらいならいいですか?」
おおくす「今日は無理です。」
客「いつならいいですか?」
おおくす「**日に行く予定があるからその日くらいでしょうか?」
・・・といろいろ押し問答しているうちに
ついに私怒りました。
「こんな時間にかけてくる事自体常識を疑う。」
「私は一度でも8時30分から営業しているとは言った覚えは無い!」
・・・という事で、詳細は割愛しますが
最後に、「やかまし!」と一喝して電話を切る事にした。
かねてからこういった案件で、トラブルになるケースは後を絶たず、私はたかだか**円程度でがたがた言うつもりは毛頭無い。
むしろ、回収できなかったお金は「貸倒金」で処理をすれば済むわけで、全額損金扱いであるから何ら影響はない。
そういった強請(ゆすり)やたかりに関しては、放置するか態度を硬化させるのどちらかであり
今回の一件も、決して看過できる訳が無い。
文句があるなら、いつでも言いなさいとはかねてから申し上げており、今回の件もぎりぎりになってからの事であるから何とも滑稽な話だ。
さらに、早朝に電話をかけて、すぐにきてほしいという身勝手な行動については
パソコンやインターネットの障害で「業務」として受託している件については、応諾しても
会議を開くから出席してくれというのは、何とも横暴である。
会議に出席して、値切られるのは正直たまったものじゃなく、自分にとって不利になる上、その時間は戻らない。
結局私は、請求放棄(いわゆる貸倒金扱い)として処理をし、金融機関へ差し止め手続きをかける事にした。
引き落としにしている事を、こちらが言えばとめる事ができるんだ!といわゆる合法的な脅しをかけたつもりだが
私はそういった合意の得られない事についてあれこれ申し上げるつもりは無い。
昨日も別件で、苦言を呈したばかりで頭の痛い事ばかりである。
やれやれ
朝の日課
最近は、極力早起き?する様にしました。
その理由は、ブログを朝から書く事にしたからにほかなりません。
いつも夜に書いていたこともあり、長いときは2時間はパソコンの前に座っていることが多かったのです。
それから先週あたりから朝に書くようにしてからだいぶん状況は改善されました。
始業時間前に行う作業では無いのですが、仕事ではなく、「ライフワーク」として考えている自分においてそういった習慣は大事かも知れ
ません。
もう一つ変わったことは、新聞を読むようにしたことです。
以前は日経と地元紙をとっていましたが、いつぞや読まずに山積みになってきたことから購読をやめており、実に10年ぶりです。
新聞をくまなく読むのは厳しいので、あらかたの記事を流し読みですが読まないよりマシかなと言う印象です。
ペーパーレスの時代に突入と言いつつ現実は書面だらけの時代になった印象すら受けます。
仕事が立て込んでくると新聞を読む暇があるのか?と思いますが、日頃から活字を読まなければ活字離れになってしまう事から、多少きつ
くても読むようにしようと思う今日この頃です。
iPhone故障?
今更ですが、iPhoneが故障していることにやっと気づきました(汗
かねての記事に書いてあるように、スマートフォンの使い道はもっぱらのところ
メールのチェックがほとんどで音楽が聴ける機能もあるのですが、ほとんど使っておらず
ゲームも入れてはいるものの活用すらしていない現実があります。
そういった中で、ふと尋ねてみた疑問をショップにぶつけてみると
・・・・故障みたいですね。
の一言。
あちゃぁと思ったのは後の祭り、自分にとって設定で何とかなるだろうと思っていたわけですから、故障しているということについては正
直意外でした。
その後、代替機を出しますよという話もありましたが、後々の返却を考えると申し訳ないので、そのまま修理から戻ってくるまでそのまま
かなと思っています。
調子が悪いと感じていたのは音楽を使い出した3ヶ月ほど前からだったので、すでにその時点で故障していた模様。
それからが参った。
修理のサポートは、個別対応だという。
通常でこそ、修理は販売店=ソフトバンクショップを通じて行うのがセオリーと思ったのですが、現実はアップルへ直接連絡して修理を依
頼するという流れだという。
これもこれで面倒な話です。
修理センターへ電話をかけてみるものの営業時間外だったため、ウェブサイトを見ると
どうやらオンラインからできることが判明!
早速、オンラインから修理依頼をかけることにした。
手順自体は容易なものですが、もう一つ通常と違うところは
simカードの取り出し保管を事前に行う同意が入っていた。
この点は正直面食らったが、機密情報の観点から考えれば、当然のことであろう。
明日集荷にくるというが、どういう形で対応になるのか関心が高いところである。
スケジュール管理と一日の過ごし方
毎日の生活があまりにもぐうたらしすぎているせいか、朝が非常に短く感じる毎日です。
一日のコアタイムが約8時間ですが、その割合は午前中2時間、午後6時間の合計8時間であるものの
これを午前6時間、午後2時間にしてみるとどうなるか?
考えてみれば午前中を4時間どうやって増やすか?にかかっているかもしれない。
個人事務所で仕事をしている自分にとって、このスケジュール管理はとてつもなく重要な事で
とにかく最近多いのが、時間外の電話。
その連絡内容が重要なことならまだしも、急ぎじゃない事がほとんどである。
朝の時間をどうやって増やすか、自分なりに考えてみた。
1 朝から新聞を読み、思考回路を作る。
2 メールのチェックをスマートフォンで行う
3 パソコンを起動してメール返信をする
4 ブログを書き、ツイッターをチェック
5 一日の業務予定を確認
6 始業開始(10:00)~
(その間、電話応対や外出あり)
7 業務終了(18:00)
8 晩ご飯
9 読書その他
10 就寝 23:00
という事だろうか。
予定は未定と思いながらも規則正しい生活って言えば、小学生の頃から言われていたことに思えるのだが
この歳になってその重要性が改めて感じさせられた。
最近、あるところで話しをするのですが
良いものを作るなら
「限られた予算」「限られた時間」「限られた条件」
で完成させるからこそ良いものはできる。
どれか一つでも欠けてしまうと、良いものはできない。
それが「仕事」でないか。と思うのだ。
自分にとっても耳が痛い話ですが、ぼちぼちやっていこうと思います。
とほほな話題
人間いい話ばかりでなく、たまにはあちゃぁって事もあります。
昨日はそういう意味で具合の悪い一日でした。
昨日も取り上げた様に、NTTのていたらくな対応を踏まえ、内容証明郵便を送付しました。
ボクのような人間は、普段使わない頭を使ったこともあるためか一日ぐったりしていました。
さらにその後に、明日(日付としては今日ですが)の引き落としが足りない事に気づき、銀行のATMへお金を入金するべく、通帳をもっ
て銀行へ行ったところまではよかったのですが・・。
なんと不覚にもATMへ通帳を置き忘れたことに気づく(滝汗)
後味が悪いことにATMが閉鎖した直後に気づく段取りの悪い。
駄目もとでメインバンクへおそるおそる電話をしてみると、「夜間警備」の方が電話を受け、それから紛失センターへつないでいただいた。
それから待つこと約1時間。
無事に通帳が手元に戻りました(汗)
関係者の皆さんご迷惑をおかけしましたm(__)m
紛失したところで、再発行はさすがに勘弁してほしい訳ですから
今後はこういうときは外出を控えようと切に感じた次第です。
今週も今日で終わりですが、来週から夏休みが本格化するわけですが、体調管理に気をつけなければいけない
そう自分自身に言い聞かせるように、気持ちをもう少し余裕を持ち考える次第です。
焦りは禁物。そう思わせた今日この頃です。
続:NTTなら何でも許されるのか?
0120-121-852
昨日に引き続きこの話題。
改めて確認をしてみると一応「本部」からのセンター?では無いかと言う曖昧な情報。
これはこれでまた不安が残りますが、結論として言えば
センターの住所を開示するためには「稟議」が必要だという。
・・・。ぉぃっ
そんな訳で、久々にNTT宛の作文を郵便局へ持ち込む。
久々に頭を使いました。
そんなせいか、すでにクタクタ気味です。
同様な事例がほかにある事から、ある程度白黒はっきりさせようと考えるところです。
個人情報漏洩なのか、正当な個人情報使用かは現時点ではわかりませんが
このような事が起きている以上、大企業の横暴は許されるはずがありません。
追記
8月25日にNTT西日本より回答書が届きました
詳細はこちら
NTTなら何でも許されるのか? 0120-121-852
朝から出張でした。
私が事務所に戻ってきたのは午後6時過ぎ。
さてそろそろ落ち着こうかとしたところになった1本の電話。
時計はすでに午後7時を回っていた・・・。
フリーダイヤルだから嫌な予感がしながら電話を取ると
NTT西日本コンタクトセンターというところから電話
内容は「ひかりTVのプロモーション」
2ヶ月無料のお得なサービス
・・・でも月額4200円。
コールセンターというのにバックヤードがうるさい。
当たり前ですが、怒りました。
その上でさらに
PLCを使えば良いとあっけらかんに説明するが
[w]PLC[/w](Power Line Communication)を使えば良いと言うが
一般にあまり普及してないPLCを使う事には何ら抵抗はないのだが、さすがに呆れてものが言えなかった。
意味を知らなかったのだ。
担当者はおろか責任者すら知らないのでは意味が無い。
コールセンターは大阪というが、その根拠はどこにも無く、理由は「機密保持」のためだという。
そんなん怪しい電話でだれが利用するのか?
そちらが怖い。
個人情報がこんな形で利用されるのも問題と思うので、明日でもNTTへ尋ねてみることにしよう。
営業時間は 12:00~21:00までという
これもこれで怪しいのだが。
ますます信用されなくなったNTTである。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
186 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content