close

Enter

Log in using OpenID

『彼の手は語りつぐ』 パトリシア・ポラッコ/作 千葉茂樹/訳 新潮社 アメリカ

embedDownload
『バドの扉がひらくとき』
クリストファー・ポール・カーティス/作
前沢
明枝/訳
徳間書店
バドは6歳の時にママが死んだので、パパのことはなにも知らない。ある日、
ママが残したジャズバンドのちらしを手がかりに、パパを探す旅に出た。時は大
恐慌の1930年代、黒人差別が激しいミシガン州。ひとりで生きるために「バ
ドの知恵」を駆使して、人々に助けられながらもたくましく旅をする。無事にパ
パに出会えるだろうか?
『The
manzai』
あさの
あつこ/作
岩崎書店
『黄色い目の魚』
佐藤
多佳子/著
新潮社
中2の瀬田歩は、転校してきて一ヶ月たったある日、クラ
悟が物心ついて初めて会った父親との思い出は、一緒にり
スメートの秋本貴史に『おつきあい』を申し込まれた。男同
んごの絵を描いた事だ。絵ばかり描いているロクデナシの父
士のおつき合いって?あせる歩だったが、実は漫才のコンビ
親だったが、たった一度会った後に死んでしまった。悟はそ
を組んでほしいという誘いだった。前の学校で登校拒否をし、
の後なんとなく独学でデッサンの練習をするようになった。
それが間接的な原因となり父と姉を交通事故で失った歩。と
人物を描くのが好きで、ノートにいつも落書きをしている。
まどいながらも秋本とコンビを組み、文化祭で漫才『ロミオ
みのりにはマンガ家兼イラストレーターの叔父がいる。み
とジュリエット』をやることになる。学校側の反対を受ける
のりは家族から短気でかんしゃくもちと思われて嫌われてい
が、個性豊かなクラスメート達は漫才を成功させようと協力、
るから、叔父のアトリエにいりびたっている。学校でも浮い
奮闘する。
「なんで、ふつうじゃないとあかんのや。」
「俺にと
ている存在だ。
って、お前は特別なんや。」など登場人物達の発する言葉が心
に響く。歩達は無事に演じられるのか?
そんな二人が高校で出会う。美術の授業で偶然みのりを描
くことになった悟は、みのりという対象に興味を抱く。描く
側と描かれる側の二人が、やがて確かな絆を感じ始める。
『彼の手は語りつぐ』
パトリシア・ポラッコ/作
千葉茂樹/訳
新潮社
アメリカの南北戦争の最中、白人のシェルダンは足を撃たれて草原に横たわっ
『えんの松原』
伊藤
遊/作
福音館書店
時は平安朝。少年の音羽は両親と死別し
たため、男子禁制の温明殿に女装をして預
ていた。そこへ、黒人のピンクスが通りかかり、彼はシェルダンを自分の母の元
へ連れ帰る。二人の間には友情が芽生え、家族以上の絆で結ばれていく。しかし、
二人は所属部隊へ戻る途中で捕まり、ピンクスは収容所で殺されてしまう。
ピンクスを記憶にとどめるために、シェルダンが家族に語りついできた実話で
す。ピンクスの名前はこの先もきっと語りつがれていくことでしょう。
けられることになった。その屋敷の中で、
音羽は次の天皇となる憲平皇子と出会う。
憲平は、夜な夜な恐ろしい怨霊に祟られて
いた。理由もなく殺されると苦しむ憲平
『ダンス・ラブ★グランプリ
を、音羽はなんとかして助けようと思い、
県立厚木高校ダンスドリル部全米制覇の記録』
長谷川
晶一/著
主婦の友社
怨霊の正体を探っていく。怨霊が棲むとい
われ、不気味さが漂う「えんの松原」で、
神奈川県立厚木高校は有名大学への進学率が高い名門校。誰もが勉強にいそしむ
音羽が見たものとは?二人は命をかけて
中で、ダンスドリル部は代々、主要大会で優勝を成し遂げ、入賞経験を何度も持つ。
怨霊に立ち向かう。
腰痛や骨膜炎、捻挫などのけがに悩まされながらも23人全員で生み出した「うち
ららしさ」で全米チアダンス選手権へ出場、そしてグランプリ受賞。そこに至るま
でには様々な苦難があった。踊り疲れた中でのケンカ、何度練習してもうまくなら
ないもどかしさ・・・。それらを乗り越えて得た自信や根性や努力、一生続く友との絆
は最高の宝物だ。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
8
File Size
183 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content