close

Enter

Log in using OpenID

VGStudio 2.2 - Volume Graphics

embedDownload
VGStudio 2.2
業界をリードするコンピュータトモグラフィ/ボクセルデータ
可視化用アプリケーションソフトウェア
VGSTUDIO が優れている理由
VGStudio は、産業用ボクセルデータを処理・可視化する世界
標準のエントリーレベルの製品です。VGStudio の描画の質は ほかに類がないことで知られており、容量の大きな CT/
ボクセルデータも市販の PC ハードウェアで可視化できま
す。X 線投影画像の再構成から得られるボクセルデータを
直接処理できます。
VGStudio は電子機器業界など、産業の用途では目視による
品質検査に使われています。産業界に限らず、VGStudio の進 んだ可視化技術は考古学や地学、バイオサイエンス、ライ
フサイエンスといった学術研究分野でも実績があります。
VGStudio はドングルライセンスで提供され、英語、ドイツ語、 フランス語、日本語、中国語、韓国語の 6 言語に対応してい
ます(一部有償)。
非平面ビューとスラブ厚機能
■■
■■
2D イメージの非平面ビュー機能は、フリーフォーム 構造を任意の曲線軸に沿わせることによって”平坦な” 2D ビューに展開または投影します。例えば、円筒 オブジェクトは”展開したスライスイメージ”の集合 として表示されます。
2D ウィンドウのスラブ厚機能は最小、最大、平均投影 モードにより、ユーザ指定の厚みで断面の積層画像 を表示します(電子部品の可視化に有用)。
ブックマーク
■■
■■
■■
CT データを整理して同僚や顧客に見せることができ ます。
可視化中にブックマークアイコンをクリックすると新 たにブックマークが作成されます。
プロジェクト内で異なるビューを整理したり切り替 えるのにブックマークは必須です。
GPU で高速化する 3D CT 再構成オプションモジュールもご購 入いただけ、手頃なコストで VGStudio を完全でハイエンドな CT 再構成・可視化パッケージにできます。
簡易位置合わせツール
以下は VGStudio の機能の一例です。
■■
■■
可視化
■■
■■
■■
■■
■■
■■
■■
3D 可視化(容量の大きな CT データでも可能、データ量
の制限はほぼなし。80 GB 以上のデータでも市販の 64 ビット PC で可視化できます。)
リアルタイムレイトレーシングを使って フォトリアリスティックに表示
ボクセルデータとポリゴンデータを同時に可視化
2D 断面を任意の方向で表示
2D の回転断面ビュー
グレイバリューによるデータのクラシフィケーション (区分化)
豊富な 3D クリッピング(切断)機能
科学的なプロジェクトの可視化
シンプル 3-2-1 レジストレーション
シンプルレジストレーション
測定ツール
■■
■■
■■
■■
■■
ポリラインの長さ
距離
角度
測定ツールの容易な使用のための(表面への) スナップモード
高性能レポート機能で測定項目ごとのユーザ 定義情報を含むレポート生成
測定ツールの使用
ビデオ/アニメーション
■■
■■
■■
デザインが一新しました。数回クリックするだけで ボリュームデータの感動的な動画が作成できます。
「シンプルキーフレーマーモード」を使うと、 スクリーンショットのような状態を自動補間して驚 くような動画が作成できます。動画について知識 がなくても作成できます。
作成した動画は、各種形式のムービーまたは画像 スタックで出力できます。
CT 再構成モジュール(オプション)
■■
■■
■■
■■
■■
■■
データの読み込み/書き出し
■■
■■
■■
主な産業用 CT 装置で生成されたデータの読み込み
標準的な画像形式(例 BMP、JPG、JP2、RAW、TIF)、 DICOM データ、DICONDE データの読み込み
PC のパワーが十分でない場合、インポートウィザードで
データを軽量化できます(ビット深度低減、ボリューム
の部分読み込み、等)。
解析データの表示
■■
■■
VGStudio MAX で作成されたすべての解析データの表示
VGStudio MAX で作成された解析のフルレポート機能
非平面ビューの使用例:(左、中央)通常のスライスビュー、 線は非平面スライスの位置を表します。
(右)非平面ビュー
■■
■■
■■
GPU を使った高速 CT 再構成(CT ユーザー、 OEM パートナー様向け)
非常に大きなデータ(例 6000 x 6000 x 2048)でも 再構成可能、使用する PC ハードウェアの制限を受ける
のみ
スキャン幾何形状の自動補正
アーチファクトのない ROI 再構成
VG プロジェクトに直接出力
コーンビーム、ファンビーム、パラレルビーム、プラナー CT 、ヘリカル CT
ビームハードニング補正、反復アーチファクト低減機能
(IAR)*によるビームハードニング補正(オプション)
リアルタイムのシングルスライスプレビュー
大きなデータの再構成を高速化するパフォーマンスモ
ード
アップグレード能力
VGStudio は、より高度な CT データ解析ツールの必要度に応じ て拡張できます。
(弊社の主力製品である)VGStudio MAX の
フルバージョンへアップグレードした場合、最高のアプリケ
ーションにさらにアドオンモジュールが追加されます(設計
値/測定値比較、座標計測、肉厚解析、欠陥/介在物解析、
アドバンスド欠陥/介在物解析、繊維複合材料解析)。お見
積書のご用命は弊社または販売店までご連絡ください。
関心のある特定個所にブックマークを作成して、 プロジェクトを簡単整理、紹介
シンプルキーフレーマーで驚くような動画や画像スタックを作成
* Fraunhofer EZRT による技術ライセンス供与
機能の比較
VGStudio は VGStudio MAX にアップグレードでき、高度な解析ツールの必要度に応じて「成長」させることができます。
注:VGStudio で作成されたプロジェクトは VGStudio MAX で直接開け、その逆も可能です。
ツール
VGSTUDIO MAX
VGSTUDIO
ツール
ボリュームレンダリング
X
X
ヒストグラム解析
X
–
アイソサーフェスレンダリング
X
X
結合コンポーネント解析
M
–
ポリゴンレンダリング
X
X
計測の注釈
X
P
可視化
VGSTUDIO MAX
VGSTUDIO
解析
光源の作成
X
X
欠陥/介在物解析
M
–
オブジェクトのクリッピング
X
X
設計値/測定値比較
M
–
非平面ビュー
X
X
肉厚解析
M
–
スラブ厚機能
X
X
GD & T 機能による座標計測
M
–
X
X
ファイルの読み込み/書き出し
VGL/VGI ファイルの表示
データおよび結果のプレゼンテーション
解析レポートの生成
X
P
VGL ファイルの保存
X
X
画像および画像スタックの保存
X
X
画像スタックとボリュームデータの
読み込み
X
X
各種ビデオ形式での 2D および 3D アニメーション生成
X
X
パックで保存機能
X
X
X
X
CT 再構成
M
M
シンプルキーフレーマー (簡単にビデオを作成)
クラシックキーフレーマー (拡張動画機能付き)
X
–
X
X
面抽出(STL)
X
–
複数データセットの操作
X
X
X
P
オブジェクト
座標系の定義
インスツルメント(測定ツール)
インディケーターの作成
座標系で位置合わせ
X
P
距離ツール
X
X
等値面の決定
X
–
角度ツール
X
X
オブジェクトのシンプルレジストレ
ーション
X
X
オブジェクトのアドバンスドレジスト
レーション
X
–
セグメンテーション
関心領域(ROI)の生成
X
–
ROIの描画設定
X
P
ポリラインの長さツール
X
X
最小/最大距離ツール
X
–
3D ナビゲーションカーソル
X
X
インスツルメントをオブジェクト の表面に自動スナップ
X
P
マクロの記録
X
–
バッチ処理
X
–
マクロ/バッチ処理
– = 利用不可、X = 利用可能、P = 一部利用可能、 M = アドオンモジュールでのみ利用可能(追加費用が掛かります)
PC ハードウェアの要件
■■
■■
64 ビット(推奨)Windows、Linux
オペレーティングシステム
ソフトウェアインストール用に「約 500 MB + データサイズ」のディスク空き容量
Intel または AMD マルチプロセッサ/マルチコアシステム
■■
■■
4 GB 以上の RAM(処理するデータセットの容量に依存)
ハイエンド NVIDIA または ATI OpenGL グラフィックボード
お客様の用途に最も合うソフトウェア、ハードウェアの構
成についてご不明な場合はご相談ください。
ボリュームグラフィックス株式会社
〒 462-0837 名古屋市北区大杉 1-3-19
電話: 052-508-9682 ファックス: 052-508-9689
[email protected] | www.volumegraphics.jp
© 2013 Volume Graphics GmbH, VGL はドイツ Volume Graphics GmbH の登録商標です。本カタログ内に記載されているすべての会社、製品またはサービスの名称は、それらの所有者の商標または 識別目的のために使用されています。本カタログ内のすべての画像は VGStudio MAX または VGL により作成されました。
VG.012-JA.v02_B | 10.2014
■■
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
56
File Size
576 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content