close

Enter

Log in using OpenID

兄の中尾一稀君は、第71回国民体育大会(いわて 国体)に出場し、男子

embedDownload
兄の中尾一稀君は、第71回国民体育大会(いわて
国体)に出場し、男子カナディアンペア200m競技でみご
と優勝、同500mで準優勝を果たし、来年度のナショナル
チーム候補として日韓合同合宿(11月末)に召集されて
いる。一稀君は湖陵中学校の卒業生で、現在は出雲農
林高校2年生だ。
11月6日(月)、一稀君が弟の勇稀君と共に湖陵中に優勝報告に来てくれた。一稀
君に優勝の秘訣を尋ねると、「1位を目指すには、練習量も1番であることです。」と答え
てくれた。すかさず、どれほどの練習を積んで今があるかと問うと、「早朝練習で6キロ、
放課後は12キロを漕いでいる。高校生の通常練習の約2倍に相当する。放課後は漕い
だ後に筋力トレーニングを2時間ほど。部活動を終えるのは8時頃になる。」と言う。確か
に鍛え抜かれた体は、胸板が暑くて強靭である。
一稀君は、湖陵中では美術部だった。その頃を知る教員は、「筆を握っていた一稀
君が、まさかカヌーで全国1位になるなんて・・・。」と驚き、胸板を触って「・・・」。体はさ
ほど大きくはないが、胸は厚い板のようだ。これこそが日本一の練習量を誇る出雲農林
高校のカヌー部のすごさだ。
弟の勇稀君(農林高校1年生)も兄の姿を追ってカヌー部に入部した。勇稀君の中学
時代は吹奏楽部で、文化系から運動系への転向は兄弟の共通点である。“意を決す
れば、高校に入ってからでも大成を成す”、決して遅くはないのだ。勇稀君も兄に負けて
はいない。カヌー歴半年足らずであるが、来年のえひめ国体のリハーサル大会(11/5・
6)においてカナディアンシングル500mで8位、カナディアンペア500mで5位入賞を果た
した。年子の兄弟はカヌーではライバルである。二人がお互いを意識しながら高みへと
上っていく。これからの頑張りと活躍を大いに期待したい。ただし、体は競技者に限らず
人生の最大の資本である。ご自愛いただきたい。
-1-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
294 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content