close

Enter

Log in using OpenID

温室効果ガスを減らして地球環境を保護しよう

embedDownload
温室効果ガスを減らして地球環境を保護しよう
1
自治体名:韓国 慶尚南道
2
発表者名:パク・グンウ(チャンウォン高等学校)
Park KeunWoo(ChangWon High School)
3 活 動 名:温室効果ガスを減らして地球環境を保護しよう
4
活動期間:2015年 3月~ 2016年 6月現在
5
活動場所:学校内及び学校周辺、サイバー(SNS-facebook)
6
活動参加人数: 11名<サークル名:
>
(パク・グンウ、キム・ビョンウン、キム・ジャンホン、パク・ジュンヒョン、チョン・ゼフン、キム・ジュンヨン、
ミョン・ヒス、チョン・ミンギュ、ヨ・ガンイン、イ・ドンウク、ハン・ギョンワン)
7
活動をはじめた経緯
当サークルは2013年から活動している、科学や環境に関心ある学生のプロジェクトサークル
です。主な活動は人類の共同解決課題である気候変動問題について各自興味のある教科とつな
げて実践できる方案を模索し、解決しようとしているものです。2015年に続き今年も ‘温室
効果ガスを減らして地球環境を保護しよう!’という大きいテーマの下で次のような活動をし
てきました。
8
発表要旨(図表を含む)
我々のサークルでは地球温暖化による異常気象現象について学生の関心を増やすために,
‘学校生活の中で実践できる温室効果ガスを減らす活動’というテーマを決めて大きく分けて
二つの分野について活動をしました。一つ目は、捨てられた物を利用したリサイクル品作り、
もう一つは温室効果ガスも減らすことができて欠食児童も助けることができる残飯を残さない
キャンペーンである ‘スプーン5回をもっと’活動です。 その詳細は次のとおりです。
まず、リサイクル品製作活動は、捨てられた品物を誰でも簡単に作ることができる生活用品
作りに焦点を置きました。 捨てられたテーブル、布類、牛乳パック等の材料を利用して地球環
境時計、ホワイトボード消しゴム、給食カード集、簡易エアコン、シャワーホルダー、紙ボッ
クススピーカー、筆箱等を作りました。 特にシャワーホルダーをテストして見た結果、水の量
を 1/3ほど減らすことができました。また、紙ボックススピーカーは 3年間現在も使用中です。
また、他の活動では生ごみを減らして温室効果ガスも減らし、その活動を通じて欠食児童も
助けようという意図で始まった ‘スプーン5回をもっと’キャンペーン活動です。 給食室で一
定期間残飯の量を学生数で分けたら学生 1名当りスプーン5回だけ増やして食べればゴミの量を
減らすことができるということから始めた活動です。 2013年から現在までオフライン及びオン
ラインで持続的に活動及び運営中であり、活動対象は在校生だけでなく、一般市民、そしてサ
イバー上のすべての対象で拡大しました。
このキャンペーンに対するオフライン活動では、生ごみに関する給食所の現場アンケート調
査分析やキャンペーン関連のパネル広報活動などがあります。 オンライン活動では、食べ物を
残さず、きれいに食べた写真を載せれば地域企業家の後援を受けて1枚当たり 400ウォンの積立
金ができ、このお金で地域及びアフリカの飢餓の人を後援方法で、 SNS(facebook)で ‘スプー
ン5回をもっと’ページを運営しています。 キャンペーン広報のために自動車ステッカー、QR
コードやキャンペーン内容を紹介する様々な活動誌とキーホルダーを製作しました。 キャンペ
ーン参加動画を作ってユーチューブ(Youtube)に載せて、生ゴミ及び温室効果ガス過多排出問題
が我々の共同解決課題であることを知らせました。 その結果 2016年 6月 21日まで合計 5770
枚の写真が登載されたし、総 5回にわたって地域の欠食児童及びアフリカの飢餓の人を後援す
1-8
ることが出来ました。
その他にも科学の月行事や学校祭りではサークルブース運営を通じて、リサイクル品及び気
候変動関連物展示をしたり、慶南気候環境ネットワークと連合して絶滅動物キーホルダー作り
や捨てられたコーヒーカップを利用した植木鉢作りなどをしました。
このような様々な活動の結果、私たちは 2015年慶南青少年気候変動プロジェクト発表大会に
て慶尚南道支社賞(最優秀賞)を、2016年 2月には大韓民国国会で緑色気候賞(優秀賞)を受賞し
ました。 そして、 4月は慶尚南道高等学校初の慶南気候環境ネットワークと温室効果ガス排出
量削減のための協定を締結しました。
このような一連の活動は私たちの学校生活を豊かにして、学科勉強だけではなく人類の当面
課題である気候環境問題を直視して、未来の気候環境実態を認識して自発的に気候環境変化解
決策を模索して対応しようとするグリーンリーダーとして成長することができるきっかけを充
分に作ってくれたと思います。
9
発表時の発表媒体の有無
有(Power point)
1-8
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
8
File Size
167 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content