close

Enter

Log in using OpenID

Advanced Course 専攻科

embedDownload
Let's ACT!!
明石工業高等専門学校の教育目的
本校では豊かな教養と感性を育てると共に、科学技術の進歩に対応した専門の知識・技術を教授し、
以下の能力を備えた技術者を養成することを目的にしています。
(1)健康な心身と豊かな人間性
(2)柔軟な問題解決能力
(3)実践的な技術力
(4)豊かな国際性と指導力
Our Educational Objectives
Our objectives are to enrich our students’ minds and sensibility, to educate them with specialized
knowledge that is updated with the progress of technology, and to cultivate engineers equipped
with the qualities listed below:
(1) Healthy minds and bodies
(2) Flexible problem-solving abilities
(3) Practical technical skills
(4) Virtuous leadership and international perspective
目次
Contents
本校の使命・教育目的・教育特色 ..........................4
Educational Aims, Objectives, Characteristics...............4
JABEE 認定プログラム「共生システム工学」...........6
JABEE Accredited Program in“General and Combined Engineering”..........6
JABEE 認定される (2003 年度 ).........................................6
Accredited by JABEE(2003)..............................................6
養成する技術者像 .................................................................6
Desired Fostering of Engineers.........................................6
学習・教育到達目標 ..............................................................6
Learning and Educational Objectives................................6
組織 .............................................................................7
Organization................................................................7
常勤教職員 ..............................................................................7
The Numbers of Full-time Staff.........................................7
組織図 ........................................................................................8
Organizational Chart.........................................................8
常勤教員の学位取得状況 ...................................................9
Teachers’ Degrees............................................................9
学校医等 ...................................................................................9
Medical Staff.....................................................................9
会議・委員会 ............................................................................9
Faculty Boards and Committees.......................................9
学科等紹介 ...............................................................10
Departments.............................................................10
一般科目 ................................................................................10
General Studies..............................................................10
機械工学科 ............................................................................12
Mechanical Engineering..................................................12
電気情報工学科 ...................................................................14
Electrical and Computer Engineering..............................14
都市システム工学科 .........................................................16
Civil Engineering.............................................................16
建築学科 ................................................................................18
Architecture.....................................................................18
教育課程表 ............................................................................20
Curriculum.....................................................................20
専攻科紹介 ...............................................................26
Advanced Course.......................................................26
機械・電子システム工学専攻 .........................................28
Mechanical and Electronic System Engineering.............28
建築・都市システム工学専攻 ........................................30
Architecture and Civil Engineering..................................30
テクノセンター ........................................................32
Technology Center......................................................32
寄附金 .....................................................................................32
Research Contributions...................................................32
技術講演会 ............................................................................32
Technical Lectures...........................................................32
共同研究 ................................................................................33
Cooperative Research.....................................................33
受託研究 ................................................................................33
Grant Research...............................................................33
グローバルエデュケーションセンター ...................34
Global Education Center................................34
アクティブラーニングセンター ..............................35
A c t i v e L e a r n i n g C e n t e r. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3 5
情報メディアセンター .............................................36
I n f o r m a t i o n a n d M u l t i m e d i a C e n t e r. . . . . . . . . . . . 3 6
情報センター ............................................................36
Information and Communication Technology Center......36
図書館 .......................................................................37
Library............................................................37
技術教育支援センター .............................................38
Technical Education Support Center.............38
学生寮 .......................................................................39
Dormitory Facilities ............................................39
学校行事 ...................................................................40
College Calendar..........................................40
学生会 .......................................................................41
Student Council...............................................41
学生の概況 ...............................................................42
Student Statistics...............................................42
学生の現員 ............................................................................42
Enrollment.......................................................................42
入学志願状況 .......................................................................42
Applicants........................................................................42
留学生の状況 .......................................................................42
Overseas Students..........................................................42
出身府県別学生数 ..............................................................43
Students Demographics..................................................43
奨学生数 ................................................................................43
Scholarship Recipients....................................................43
学科卒業者数 .......................................................................44
Alumni.............................................................................44
専攻科修了者数 ...................................................................44
Advanced Course Alumni................................................44
進路状況 ................................................................................44
Continued Education and Employment...........................44
専攻科への進学状況 .........................................................45
Students Continuing onto Advanced Courses.................45
大学院への進学状況 .........................................................45
Students Continuing onto Graduate Schools..................45
大学(3 年次)への編入学状況 ...................................46
University 3rd-year Transfer Admissions ........................46
教員の研究活動等 ....................................................47
Research Activities..............................................47
科学研究費補助金 ..............................................................47
Grants-in-Aid for Scientific Research..............................47
在外研究員 ............................................................................47
Overseas Research Scholarships...................................47
文部科学省競争的資金事業 ............................................47
Good Practice Project.....................................................47
国立高等専門学校機構事業 ............................................47
NIT Project.....................................................47
公開講座 ...................................................................48
Public Lectures................................................48
支出決算額・施設の概況 ...........................................49
Annual Statement, Land and Buildings................49
歴代校長・名誉教授 ...................................................51
Former Presidents, Emeritus Professors...............51
沿革 ...........................................................................52
College History....................................................52
校章・ロゴマーク・学生歌 .........................................54
College Emblem, Logo, Song..............................54
学校位置図・電話番号等 ...........................................55
Area Map, Telephone Numbers...............................55
大学院
Graduate
School
専攻科
大学
Advanced
Course
短大
高専
University
College
College of
Technology
高等学校
Senior High School
校長 中学校
笠井 秀明
Junior High School
President KASAI Hideaki
本校の使命
本校は、教育基本法の精神にのっとり、学校教育法に基
づき、深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成
することを目的に、高等教育機関として社会に対して、三
つの使命を担う。
(1)教育
人間味豊かで、創造力があり、いかなる困難にも屈しな
い強固な意志と厳しい試練にも耐えうる強健な身体を持
ち、豊かな教養があり、工学についての基礎学力が十分
で、実践的技術に優れた人物を養成する。
(2)研究
学術研究の発展に寄与するため、地域の企業、自治体
や民間組織などと共同研究を進め、研究活動の成果を教
育に還元する。
(3)地域連携
地域に根ざした高専という視点から、技術交流や地域
の発展に寄与する活動を通じて、教職員・学生参画により
地域社会との連携を図る。
教育目的
本校では豊かな教養と感性を育てると共に、科学技術
の進歩に対応した専門の知識・技術を教授し、以下の能力
を備えた技術者を養成することを目的にしています。
Aim of Our College
Our college is responsible to society for accomplishing
these three missions as an academy with the aim to teach
special learning based on the Fundamental Law of Education
and School Education Law, and to train students to have the
abilities of professional engineers.
(1) Our aim is to create professionals with practical
technological skills and fundamental engineering knowledge.
We expect each of our graduates to be full of humanity and
creativity, with a strong will that yields to no difficulty, and with
a healthy body to bear the most severe tests.
(2) To contribute to academic development, we promote
cooperative research with local companies, autonomies,
civilian agencies and so on, and apply the results to our
education.
(3) From the viewpoint of a college deep-rooted in the local
community, we try to work in cooperation with local society
by technology exchanges and contributions to the local
community of our staff and students.
Educational Objectives
Our objectives are to enrich our students’ minds and
sensibility, to educate them with specialized knowledge that
is updated with the progress of technology, and to cultivate
engineers equipped with the qualities listed below:
(1)健康な心身と豊かな人間性
(2)柔軟な問題解決能力
(3)実践的な技術力
(4)豊かな国際性と指導力
4
(1) Healthy minds and bodies
(2) Flexible problem-solving abilities
(3) Practical technical skills
(4) Virtuous leadership and international perspective
教育特色
明石工業高等専門学校は修業年限を5年、専攻科を
Educational Characteristics
National Institute of Technology, Akashi College, Japan
入れると7年とする高等教育機関で、中学校卒業程度以
(NIT,Akashi College, Japan) offers five-year degree plans for
上を入学資格とし、以下のような点を特色としています。
students who have completed junior high school. The unique
(1)早期専門教育・5年あるいは7年一貫教育
15歳から実験や実習を重視した早期専門教育を、教
characteristics of the college are listed below.
(1)Early Technical Training, Five-year or Seven-year Unified
School Program
NIT, Akashi College trains engineers and researchers to have
養教育とバランス良く行うことにより、優れた工学的セン
superb engineering skills at an early start.This is accomplished
スを持つ技術者や研究者を養成しています。
by providing students with technical training, which places
emphasis on experimentation and individualized study, and a
(2)JABEE(日本技術者教育認定機構)の認定校
JABEEとは、大学・高専など高等教育機関で実施され
る工学教育が一定水準を満たしていることを評価する
専門認定制度です。本校は兵庫県で最初に認定された
学校です。
(3)高い求人倍率
well balanced general education from the age of 15.
(2) JABEE Certified College
The Japan Accreditation Board for Engineering Education
(JABEE) examines and accredits programs in engineering education that meet their standards in cooperation with engineering
associations and societies. NIT, Akashi College was the first
JABEE certified college in Hyogo prefecture.
(3) High Job Offer Rate
求人倍率は学校全体で一部上場企業を中心に10倍
The job offering ratio at NIT, Akashi College is very high. The
以上と高く、ほぼ希望通りに就職することができ、就職率
students often receive as many as ten job offers mainly from
はほぼ100%となっています。
companies that are listed in the top market section, near the
time of graduation. Consequently, almost all of the job seeking
(4)高い進学実績
学科(5年生)を卒業すると大学の3年生へ編入学ま
たは高専の専攻科へ進学できます。本校は進学率が高
く、東大・京大・阪大・神大などへも多数編入学していま
す。また、専攻科を修了すると大学院に進学することが
students get employment and most of them secure the job they
desire.
(4) High University Acceptance Rate
After completing a five-year degree plan at NIT, Akashi College, the students have the option to transfer to a university or to
attend the two-year Advanced Course at NIT, Akashi College. In
できます。
こちらも学科と同様、東大・京大などの大学院
addition, graduates of the Advanced Course are eligible to enter
へ多数進学しています。
graduate courses at universities. Among NIT, Akashi college’s
5-year and 7-year graduates, the percentage of students who
(5)自主性を重んじる自由な校風
enter the undergraduate and graduate programs of universities
シラバスやオフィスアワーなどを活用して継続的・計
such as the University of Tokyo, Kyoto University, Osaka Uni-
画的に学習し、多くの学生がクラブ活動も5年間続けて
います。
また学生会が中心となり、高専祭・体育祭などの
学校行事を運営しています。
(6)就業体験や各種コンテストの参加
内外の企業や大学などで就業体験(インターンシッ
versity, and Kobe University is very high.
(5) Tradition of Respecting Freedom and Autonomy
Students design their own plan of study by utilizing syllabi and
office hours. Many students continue extracurricular activities
until their fifth year. In addition, student associations organize
college events such as the college festival and sports festival.
(6)Internships and Various Competitions
プ)を行うとともに、ロボコン、
プロコン、デザコンや英語
Many students work in internships in companies or universi-
プレコンなどにも積極的に参加し、広い視野を養ってい
ties, and they also participate in the Robot Contest, program-
ます。
ming Contest, Design Competition and English Presentation
(7)学位・称号
学科(5年生)の卒業生には「準学士」の称号が授与さ
れます。専攻科の修了生は大学と同様「学士」の学位が
取得できます。
(8)交通至便
JR魚住駅から徒歩5分、山陽電車山陽魚住駅から
徒歩10分という立地条件にあり、大阪から50分、三宮か
ら35分、姫路から30分と交通至便です。
Contest actively.
(7) Degrees and Titles
Each graduate of one of NIT, Akashi College’s five-year college courses receives an “Associate’s” degree. Likewise, each
graduate of the Advanced Course earns a “Bachelor’s” degree,
which is equivalent to a four-year university degree.
(8) Convenient Location
NIT, Akashi College is conveniently located only 50 min. from
Osaka, 35 min. from Sannomiya and 30 min. from Himeji by
train. The campus is a 5 min. walk from JR Uozumi Station
and a 10 min. walk from Sanyo Electric Railway Sanyo Uozumi
Station.
5
JABEE認定プログラム
「共生システム工学」
JABEE Accredited Program in
“General and Combined Engineering”
JABEE認定される(2003年度)
本プログラム修了のメリット
Merits of This Program
(1)自然や社会との共生に配慮できる技術力 ⇒21世紀の技術テーマ
(1) Technological strength considering its effects of on society
and nature : A theme for technology in the 21st century.
(2) Wide basic ability and the strength of high quality practical
technology : Advantageous assessment by society.
(3) International equality in the education of engineers:
Assessment equal to authorized programs in major nations in
Europe and America.
(4) Exemption from a primary exam for becoming a
Professional Engineer : Acquisition of qualifications for
becoming an Associate Professional Engineer or an
Engineer-in-Training.
(2)幅広い基礎能力と質の高い実践的技術力
⇒社会から有利な評価
(3)技術者教育の国際的同等性
⇒欧米主要国の認定プログラムと同等の評価
(4)技術士の第一次試験免除
⇒技術士補・修習技術者(技術士の卵)の資格取得
養成する技術者像
最も得意とする専門技術の知識・能力を持ち、かつ関連
する他の専門技術や一般教養の知識・能力を複合した
複眼的視野に基づき、人との関わりや自然や社会との共
生に配慮した多次元的なシステム思考のできる技術者
複眼的視野に基づく、人との関わりや自然や社会との共生に
配慮した多次元的なシステム思考
学習・教育到達目標
6
Accredited by JABEE (2003)
Desired Fostering of Engineers
Engineers who acquire specialized engineering knowledge
and ability in one’s field, the ability to compile knowledge and
technical skills from other fields of engineering, and also an
understanding of the effects of technology on society and
nature from a multilateral viewpoint.
Multilateral thinking with an understanding of the effects
of technology on society and nature from a multilateral
viewpoint.
Learning and Educational Objectives
(A)共生に配慮できる豊かな人間性と健康な心身
(A-1)自然や社会との共生について配慮できる。
(A-2)教養を高める努力ができる。
(A-3)心身の健康保持の大切さを学び実践できる。
(A) Humanity and a Sound Mind and Body
Being strong both mentally and physically, and having
a strong will and personality to consider the effects of
technology on society and nature.
(B) 国際性と指導力
(B-1)外国語と外国の文化について学習し、国際的な考え方ができる。
(B-2)地球的視野で共生に配慮して異文化への対応ができる。
(B-3)チームワークに積極的に取り組み、指導力を発揮できる。
(B) Globalism and Leadership
Having strong leadership and understanding of different
nations, languages, and cultures. The ability to consider
issues from a global point of view.
(C) 技術者倫理
(C-1)「もの」や「空間」を生み出す専門的職業人として、技術者の責
任を認識し、自然や社会に及ぼす技術の影響について理解できる。
(C-2)専門分野の学会の倫理条項について理解し、説明できる。
(C) Engineering Ethics
Understanding of engineering ethics in producing materials
in society and nature, and understanding of the social
responsibilities of engineers.
(D) 基礎学力と自主的・継続的学習能力
(D-1)微分積分学、線形代数学、確率統計、数値解析などの数学及び
物理、化学、生命科学、地球物理、環境科学などの自然科学の基礎
知識を修得し、それらを用いた問題解決ができる。
(D-2)設計・システム、情報・論理、材料・バイオ、力学、社会技術
などの基礎工学に関する知識を修得し、それらを用いた問題
解決ができる。
(D-3)卒業研究や工学基礎研究及び専攻科特別研究を通して、
研究・学習状況の把握や記録を習慣づけ、自主的・継続的な学
習ができる。
(D) Fundamental Knowledge and an Ability to Learn
Voluntarily and Continuously
Acquiring a wide range of knowledge of mathematics,
natural sciences, information technology, and Engineering.
The ability to continue one’s learning on an independent and
sustainable basis.
(E) Communication Skills
Developing Japanese-language communication skills
including methodological writing, oral presentation and
debate ability, as well as basic skills for international
communication such as the ability to read journals in English.
(E) コミュニケーション能力
(E-1)日本語による適切な文章表現、口頭発表及び討論ができ
る。
(E-2)英語による技術論文の読解やプレゼンテーションができ
る。
(E-3)日本語による技術論文および英語によるアブストラクトを
書くことができる。
(F) Design Ability with Flexible and Creative Ideas
Fostering design ability with flexible and creative ideas
to produce a functional engineering system that enables a
harmonious social life.
(F) 柔軟かつ創造的な設計能力
(F-1)専門分野の知識や技術を用いて、課題に適応する具体的
なシステムを設計できる。
(F-2)「ものづくり」を体験的に学習し、柔軟かつ創造的な発想
ができる。
(G) Problem-Solving Ability
Discovering the differences between theory and practice
through research and training. The ability to take a manysided approach to a problem and to apply one’s knowledge
to provide solutions to actual problems.
(G) 実践的な問題解決能力
(G-1)基礎的な実験技術を修得し、実験結果を種々の方法で解
析できる。
(G-2)インターンシップや工学基礎研究及び専攻科特別研究を
通して、理論と実現象との相違や問題点を発見・抽出し、問題を
解決することができる。
(H) Multilateral Thinking
Acquiring specialized engineering knowledge and
ability in one’s field, the ability to compile knowledge and
technical skills from other fields of engineering, and also an
understanding of the effects of technology on society and
nature from a multilateral viewpoint.
(H) 多次元的なシステム思考
(H-1)主専門分野の知識と技術を深く学び、システム思考がで
きる。
(H-2)共通的工学関連分野の幅広い基礎的知識を学習し、多次
元的な思考ができる。
(H-3)他の専門分野についても積極的に学習し、複眼的視野を
持つことができる。
組織
Organization
常勤教職員
The Number of Full-time Staff
現員
staff
1
31
26
3
4
65
※教授には、特任教授(再雇用)を含む
※事務系職員には、技術系職員(係長 2 名、係員1名)を含む
1
2
3
9
5
9
1
計
30
術
長
1
術
専
門
職
員
術
職
員
計
Subtotal
小
合
計
2
8
11
Total
員
護
師
Technical Staff
般
職
Technical Specialist
任
教室系技術職員
Technical Support Staff
技
技
技
小
Head of Technical Support Staff
佐
長
Subtotal
長
補
Nurse
長
General Staff
長
課
Senior Staff
務
部
Section Chief
事
事務系職員
Administrative Staff 課
係
主
一
看
Deputy Director
計
Director
小
Head of the Administration
教
Subtotal
師
Assistant Professor
教
授
Lecturer
授
Associate Professor
分
長
Professor
区
Classification
校
President
平成27年7月1日現在 As of july 1, 2015
教育系職員
Academic Faculty
教
准
講
助
106
Professor includes the Contract Professor (Re-employment)
Administrative Staff includes the Staff in charge of facilities (two Section Chief and one General staff)
7
組織図
校長
笠井 秀明
President
KASAI,Hideaki
Organization Chart
教務副主事
Assistant Deans of
Academic Affairs
副校長 ( 教務主事 ):八木 雅夫
Vice President (Dean of Academic Affairs)
YAGI, Masao
学生副主事
校長補佐 ( 学生主事 ):加藤 隆弘 Assistant Deans of
Assistant to the President (Dean of Student Affairs)
Student Affairs
KATOH, Takahiro
寮務副主事
校長補佐 ( 寮務主事 ):堀 桂太郎
Assistant Deans of
Assistant to the President (Dean of Dormitory Affairs)
Dormitory Affairs
HORI, Keitaro
校長補佐 ( 専攻科長 ):神田 佳一
Assistant to the President(Dean of Advanced Course)
KANDA, Keiichi
校長補佐 ( テクノセンター長 ):檀 和秀
Assistant to the President (Head of Technology Center)
DAN, Kazuhide
校長補佐 ( グローバルエデュケーションセンター長 ):穐本 浩美
Assistant to the President (Head of Global Education Center)
AKIMOTO, Hiromi
校長補佐 ( アクティブラーニングセンター長 ):平石 年弘
Assistant to the President (Head of Active Learning Center)
HIRAISHI, Toshihiro
各種委員会
Committees
専攻科長:神田 佳一
Dean of Advanced Course
KANDA, Keiichi
成枝 秀介
渡部 守義
NARIEDA,Shusuke WATANABE,Moriyoshi
小笠原 弘道
OGASAWARA,Hiromichi
史 鳳輝
SHI,Fenghui
新井 イスマイル
ARAI,Ismail
石内 鉄平
ISHIUCHI,Teppei
大森 茂俊
OHMORI,Shigetoshi
梶村 好宏
KAJIMURA,Yoshihiro
水島 あかね
MIZUSHIMA,Akane
機械工学科長:國峰 寛司
Dean of Mechanical Engineering Department
KUNIMINE, Kanji
電気情報工学科長:濱田 幸弘
Dean of Electrical and Computer Engineering Department
HAMADA, Yukihiro
都市システム工学科長:江口 忠臣
Dean of Civil Engineering Department
EGUCHI, Tadaomi
建築学科長:田坂 誠一
Dean of Architecture Department
TASAKA, Seiichi
一般科目長:松田 安隆
Dean of General Studies
MATSUDA, Yasutaka
機械・電子システム工学専攻主任:細川 篤
Head of Mechanical and Electronic System Engineering
HOSOKAWA, Atsushi
建築・都市システム工学専攻主任:工藤 和美
Head of Architecture and Civil Engineering
KUDOH, Kazumi
情報メディアセンター長:大塚 毅彦
Head of Information and Multimedia Center
OTSUKA, Takehiko
図書館長:大塚 毅彦
Library Director
OTSUKA, Takehiko
情報センター長:中井 優一
Head of Information and Communication Technology Center
NAKAI, Yuichi
技術教育支援センター長:関森 大介
Head of Technical Education Support Center
SEKIMORI, Daisuke
テクノセンター長:檀 和秀
Head of Technology Center
DAN, Kazuhide
副センター長(事務部長) Assistant Head of Technical
Education Support Center
(Head of the Administration)
第一技術班
Technical Group Ⅰ
第二技術班 Technical Group Ⅱ
第三技術班
Technical Group Ⅲ
グローバルエデュケーションセンター長:穐本 浩美
Head of Global Education Center
AKIMOTO, Hiromi
アクティブラーニングセンター長:平石 年弘
Head of Active Learning Center
HIRAISHI, Toshihiro
学生相談室長:飯島 睦美
Counseling Room Director
IIJIMA, Mutsumi
事務部長:渡邊 悟司
Head of Administration
WATANABE, Satoshi
技術長
Technical Chief
課長補佐 ( 総務担当 )
Deputy Director of
General Affairs
総務係
General Affairs Section
課長補佐 ( 財務担当 )
Deputy Director of
Financial Affairs
財務係
Financial Section
総務課長:黒田 純子
Director of General Affairs
KURODA, Junko
教育・研究プロジェクト支援室長
Head of Education
& Study Project Support Room
学生課長:新居 忠幸
Director of Student Affairs
NII, Tadayuki
課長補佐
Deputy Director of
Student Affairs
人事係
Personnel Section
調達係
Supplies Section
施設係
Facilities Section
教育・研究プロジェクト支援係
Education & Study Project
Support Section
教務係
Academic Affairs Section
入試係
Examination Affairs Section
学生係
Student Affairs Section
寮務係
Dormitory Affairs Section
情報図書係
Information and Library Section
8
常勤教員の学位取得状況
担 当 科 目 区 分 Fields
専門科目及び理系の一般科目の担当教員
Science
Teachers Degrees
学位
Degrees
取得者数
Number
取得率
Rate
博士 PhD
53
100%
修士 MS
0
0%
学士 BS
0
0%
学校医等
担 当 科 目 区 分
Fields
理系以外の一般科目の担当教員
Arts
学位等 Degrees
取得者数
Number
取得率
Rate
博士 PhD
3
27%
修士 MA
7
64%
学士 BA
1
9%
Medical Staff
職 名
氏 名
Title
Name
学校医・精神科医
産業医
Physician
Psychiatrist
Occupational
Health Physician
濱田 伸哉
HAMADA, Shinya
学校歯科医
Dentist
飯島 裕
IIJIMA, Yutaka
職 名
氏 名
Name
学校薬剤師
Pharmacist
中西 亜季
NAKANISHI, Aki
カウンセラー
Psychologist
川端 正美
KAWABATA, Masami
カウンセラー
Psychologist
松尾 将作
MATSUO, Shosaku
会議・委員会
企画会議
Executive Planning Board
Title
Faculty Boards and Comitees
運営会議
Steering Committee
教員会
Faculty Meeting
教務委員会
Academic Affairs Committee
FD委員会
Faculty Development Committee
学生委員会
Student Affairs Committee
安全衛生委員会
Safety Management Committee
学寮委員会
Dormitory Affairs Committee
図書館委員会
Library Affairs Committee
情報センター委員会
Information and Communication Technology Center
Committee
技術教育支援センター委員会
Technical Education Support Center Committee
テクノセンター委員会
Technology Center Committee
将来計画・自己点検等委員会
Future Planning & Self-Evaluation Affairs Committee
入学志願者確保委員会
Prospective Student Recruiting Committee
施設設備マネジメント委員会
Facilities Management Committee
広報委員会
Public Relations Committee
人権教育推進委員会
Human Rights Education Committee
レクリエーション委員会
Recreation Committee
防災対策委員会
Disaster Response Committee
情報公開委員会
Information Disclosure Committee
教育研究活動評価等委員会
Education & Research Evaluation Committee
知的財産委員会
Intellectual Property Committee
環境マネジメント委員会
Environmental Management Committee
入学者選抜委員会
Application Selection Committee
進路指導委員会
Career Guidance Committee
グローバルエデュケーションセンター運営委員会
Global Education Center Committee
国際教養部門
International Liberal Arts Division
海外留学支援ユニット
International Admissions Support Unit
語学教育支援ユニット
Language Education Support Unit
グローバルコミュニケーション部門
Global Communication Division
学術交流推進ユニット
Overseas Research Promotion Unit
留学生支援ユニット
International Admissions Support Unit
アクティブラーニングセンター運営委員会
Active Learning Center Committee
専攻科・JABEE委員会
Advanced Course & JABEE Affairs Committee
JABEE対策委員会
JABEE Revalidation Committee
将来構想等校長諮問委員会
Future Design Consultative Committee
9
G
eneral
Studies
将来の日本を担う教養ある社会人、創造的技術者を目
指すには多くの教養科目と専門的知識の習得、及び心身
の育成が欠かせません。一般科目ではそのための幅広い
分野での育成を目指しています。
高校と同じような国語、地理、歴史、数学、物理、化学、体
育、芸術、外国語等の科目のほか、大学と同じような哲学、
法学などの科目があります。
これらの科目を成長段階に応
じて学習することにより学力や能力を伸ばし、更に高度な
学習へと進むことができるように配慮されています。
とくに英会話の指導は外国人講師によって行われてお
り、海外語学研修の制度も整っています。
教室は空調が完備され、液晶プロジェクター、情報ネッ
トワークコンセント、
ワイヤレスLANが装備されています。
さらに、充実した設備のCALL教室、体育館、武道場、
トレ
ーニングルーム、化学および物理実験室などが教育に役
立てられています。
一般科目
英語の授業
English Class
体育の授業
Physical Education Class
カリキュラム Curriculum
5年
4年
3年
一般科目
専門科目
2年
1年
Our aim in General Studies is to educate creative
engineers who will become valued members of society
and who will be responsible for the future. For that, it is
indispensable for students to learn technical knowledge,
to have a wide understanding of culture, and to train
their minds and bodies.
Our education program includes high school level
subjects such as Japanese, geography, history,
mathematics, physics, chemistry, physical education,
art, and foreign languages; and, university level subjects
such as philosophy, and so on. Each subject is taught
according to the students’ stages of growth in order
to obtain a high level of learning and to advance the
students’ academic abilities.
As an example of General Studies offerings, the
English Conversation lessons are guided by a native
English speaking professor and overseas studies are
firmly established.
Each classroom is equipped with an automatic airconditioner and multi-media technology. In addition,
there is a well equipped CALL room, gymnasium,
Japanese martial arts hall, physical training room,
chemical laboratory and physical laboratory.
10
物理の授業
Physics Class
主な実験室・演習室
Laboratories and Workshops
物理実験室
Physical Laboratory
化学実験室
Chemical Laboratory
主な設備
Equipment
トレーニングマシン
Physical Training Machine
分光光度計
Spectrophotometer
教 員
学 位
教授 Faculty
氏 名
Degree
Name
Professors
文学修士
博士(経済学)
博士(理学)
博士(理学)
博士(農学)
体育学士
英語教育学修士
善塔 正志
本間 哲也
高田 功
松宮 篤
倉光 利江
松下 幸一
穐本 浩美
修士(英語教育専攻) 飯島 睦美
教育学修士
松田 安隆
MA
PhD
PhD
PhD
PhD
BA
MA
MA
MA
博士(文学)
NIKI, Natsumi
ISHIDA, Yu
OMODA, Yasuhiro
GOTOH, Takayuki
英語教育学修士 ハーバート ジョン
PhD
PhD
PhD
MA
Med,
MA
MA
博士(理学)
小笠原 弘道
PhD
OGASAWARA, Hiromichi
博士(理学)
博士(理学)
武田 ひとみ
長尾 秀人
PhD
PhD
准教授 Associate Professors
仁木 夏実
博士(国際公共政策) 石田 祐
博士(理学)
面田 康裕
修士(体育科学)後藤 太之
教育学修士
修士 ( 英語教育学 )
講師 助教
ZENTOH, Masashi
HOMMA, Tetsuya
TAKATA, Isao
MATUMIYA, Atusi
KURAMITSU, Rie
MATSUSHITA, Koichi
AKIMOTO, Hiromi
IIJIMA, Mutsumi
MATSUDA, Yasutaka
井上 英俊
INOUE, Hidetoshi
HERBERT, John C.
Lecturers
Assistant Professors
TAKEDA, Hitomi
NAGAO, Hidehito
氏名
Name
非常勤講師 Part-time Lecturers
丹下 暖子
家高 洋
小野塚 航一
仲宗根 卓
河村 建吾
園田 昭彦
滝岡 英雄
田原 伸彦
藤 健太
南出 大樹
井上 努
井上 尚之
日笠 則雅
増野 敦信
山崎 日出男
石田 まさみ
前田 忠紀
大澤 三枝子
原 良子
藤本 智成
宮内 達夫
金子 明美
付 瑞
泉 由香
大野 良平
川中 大輔 TANGE, Atsuko
IETAKA, Hiroshi
ONOZUKA, Koichi
NAKASONE, Suguru
KAWAMURA, Kengo
SONODA, Akihiko
TAKIOKA, Hideo
TAHARA, Nobuhiko
FUJI, Kenta
MINAMIDE, Hiroki
INOUE, Tsutomu
INOUE, Naoyuki
HIKASA, Norimasa
MASUNO, Atsunobu
YAMASAKI, Hideo
ISHIDA, Masami
MAEDA, Tadanori
OSAWA, Mieko
HARA, Ryoko
FUJIMOTO, Tomonari
MIYAUCHI, Tatsuo
KANEKO, Akemi
HU, Zui
IZUMI, Yuka
OHNO, Ryohei
KAWANAKA, Daisuke
11
M
echanical
Engineering
機械工学科
機械工学科では解析と総合という基本理念に立脚して、
材料、エネルギー、生産技術および制御などの科目間のバ
ランスを十分に考慮しつつ、将来必要な分野でその専門
性を深めることができるよう、各々に関する基礎教育を重
点においたカリキュラムを編成しています。一方、近年の
高度な技術発展にも対応するため、工学的に広く興味や
関心が触発されるよう配慮しています。
また、全学年にわたって、機械工学実験、工作実習、設
計製図、
プログラミングの基礎・応用などの実技科目を多
く配置し、机上の理論を自ら確認すると共に、直接体験を
設計製図 Design Lecture
通じて実践的で創造的な能力を養うことを重視していま
す。
The Department of Mechanical Engineering is founded
on the fundamental principles of analysis and synthesis.
Our curriculum keeps a balanced focus on fields such
as materials, energy, production technology, and control.
This well rounded curriculum offers a firm basis from which
mechanical engineers can further deepen their technical
knowledge in their specialized fields. The curriculum is
工作実習
Manufacturing Engineering Practice
developed taking into account the recent advances in
high-level technology and with the objective to awaken
interests in the broader field of engineering. In addition,
each class year has several practical courses, such as
Practice on Mechanical Engineering, Manufacturing
Engineering , Design and Drawing, and Fundamental
and Applied Programming. Through this practical training,
students confirm their obtained knowledge from the
classroom and they gain useful and creative abilities.
機械工学実習
12
Practice of Mechanical Engineering
主な実験室・演習室
Laboratories and Workshops
材料工学実験室
Strength and Fracture of Materials Laboratory
機械加工実験室
Manufacturing Engineering Laboratory
計測制御工学実験室
Measurement and Control Engineering Laboratory
凝固工学実験室
Solidification Engineering Laboratory
設計工学実験室
Design Engineering Laboratory
流体工学実験室
Fluid Engineering Laboratory
最適システム実験室
Optimum Systems Laboratory
精密加工実験室
Precision Machining Laboratory
製図室
Drawing Room
CAD室
CAD Workshop
実習工場
Machine Practice Workshop
主な設備
Equipment
走査型電子顕微鏡
Scanning Electron Microscope
X線回折装置
X-ray Diffractometer
コンピュータ制御材料試験機
Universal Materials Testing Machine
画像処理装置
Image Processor
風洞装置
Wind Tunnel
マシニングセンター
Machining Center
放電加工機
Wire Electro Discharge Machine
内燃機関性能総合実験装置
Internal Combustion Engine- performance Experimental Device
サーマルビデオシステム
Thermal Video System
高速度現象撮影装置
High Speed Camera System
3D プリンタ
3D Printer
教 員
学 位
Faculty
氏 名
Degree
Name
教授
Professors
氏名
Name
非常勤講師
Part-time Lecturers
博士(工学)
加藤 隆弘
PhD
KATOH, Takahiro
梶井 紳一郎
KAJII, Shinichiro
博士(工学)
國峰 寛司
PhD
KUNIMINE, Kanji
木村 真晃
KIMURA, Masaaki
工学博士
境田 彰芳
PhD
SAKAIDA, Akiyoshi
田中 雅之
TANAKA, Masayuki
博士(工学)
関森 大介
PhD
SEKIMORI, Daisuke
牧 祥
MAKI, Syou
博士(工学)
森下 智博
PhD
MORISHITA, Tomohiro
准教授 Associate Professors
博士(学術)
岩野 優樹
PhD
IWANO, Yuki
博士(工学)
史 鳳輝
PhD
SHI, Fenghui
博士(工学)
藤原 誠之
PhD
FUJIWARA, Seiji
博士(工学)
松塚 直樹
PhD
MATSUZUKA, Naoki
講師 Lecturers
博士(工学)
大森 茂俊
PhD
OHMORI, Shigetoshi
博士(工学)
田中 誠一
PhD
TANAKA, Seiichi
特命助教
石田 百合子
Contract Professors
ISHIDA, Yuriko
13
E
lectrical and
computer
Engineering
電気情報工学科
近年の電気工学の発達は目覚ましく電気、電子、通信及
び情報と分化すると共に、それぞれの分野が専門性を深
めています。
また、
これらの分野間の技術的な結合も盛んになって
います。例えば、パソコンとディジタルネットワークの結合
により、インターネット等の新しい通信手段が現れていま
す。
電気情報工学科では、電気工学の広範化に対応してコ
ース制教育を導入し、高度化する技術に十分対応できる
技術者の育成を目指しています。
1~3年は共通基礎科目として電気、電子及びコンピ
ュータ系科目を中心に学習し、4・5年は「電気電子工学
コース」及び「情報工学コース」の二つのコースに分かれ
て専門科目を学習します。
「電気電子工学コース」では電
気エネルギーの発生からエレクトロニクスに至る範囲の
技術を学習し、
「情報工学コース」では情報の取り扱いと
その応用に関する技術について学習します。
The recent development of electrical engineering
is remarkable. It has been differentiating into the subdisciplines of electricity, electronics, communication,
and information; and, the study of each of these fields
has been deepening and becoming more specialized,
in addition, there is a thriving technical combination
between these fields. For example, through the
combination of PCs and the digital network, new means
of communication such as the Internet have appeared.
In the Electrical and Computer Engineering Department
we introduce an educational system to cope with the
broad field of electrical engineering, and we aim to bring
up engineers able to cope with constantly advancing
technology. The first three years of our program are
focused on common studies of electricity, electronics,
and computer systems. From the fourth year there is a
division into two courses: The “Electrical Engineering
Course” and the “Computer Engineering Course,”
where specialized subjects are learned. In the Electrical
Engineering Course, a range of technology from
electric energy to electronics is studied. The Computer
Engineering Course focuses on technology related to
the handling of information and its applications.
コンピュータリテラシー
情報工学実験I
電気電子工学実験Ⅱ
14
Computer Literacy Class
Experiments of Computer Eng. I
Experiments of Electrical Eng. II
主な実験室・演習室
Laboratories and Workshops
情報基礎演習室
Fundamental Information Processing Room
光応用工学実験室
Illumination Engineering Laboratory
電気電子基礎実験室
Fundamental Electronics Laboratory
光学測定室
Optical Analysis Laboratory
通信工学実験室
Communication Systems Laboratory
放電応用実験室
Applied Electric Discharge Laboratory
情報応用演習室
Computer Applications Room
半導体工学実験室
Semiconductor Engineering Laboratory
マルチメディア演習室 Multimedia Workshop
パワーエレクトロニクス実験室
Power Electronics Laboratory
高度通信実験室
Advanced Communication Laboratory
制御工学実験室
Control Engineering Laboratory
電子物性実験室
Electronic Materials Laboratory
真空工学実験室
Vacuum Engineering Laboratory
音響工学実験室
Acoustics Engineering Laboratory
メカトロ実験室
Mechatronics Laboratory
電子回路実験室
Electronic Circuit Laboratory
情報応用実験室
Applied Information Laboratory
電子デバイス実験室
Electronic Device Laboratory
情報制御実験室
Control and Information Laboratory
エネルギー工学実験室 Energy Engineering Laboratory
主な設備
Equipment
マイコンハードウェア 教育システム
Microcomputer Training System
電界強度測定システム
Measurement System for Electric Field Strength
スペクトラムアナライザ
Spectrum Analyzer
光源特性測定システム(モノクロメーター・球形光束計・色彩輝度計)
Measurement System for Illumination
電子回路 CAD システム
Electronic Circuit CAD System
メカトロニクス実験装置
Mechatronics Training System
時間分解分光光度計
Time Resolved Spectrophotometer
電子スピン共鳴装置
Electron Spin Resonance Analyzer
情報処理教育用 計算機システム
Computer System for Education in Information Processing
教 員
学 位
Faculty
氏 名
Degree
教授 Name
Professors
氏名
Name
非常勤講師 Part-time Lecturers
博士(工学)
大向 雅人
PhD
OHMUKAI, Masato
礒川 悌次郎 ISOKAWA, Teijiro
博士(理学)
佐村 敏治
PhD
SAMURA, Toshiharu
逸身 健二郎 ITSUMI, Kenjiro
博士(工学)
堤 保雄
PhD
TSUTSUMI, Yasuo
上野 秀樹
UENO, Hideki
工学博士
中井 優一
PhD
NAKAI, Yuichi
河野 良之
KONO, Yoshiyuki
博士(工学)
濱田 幸弘
PhD
HAMADA, Yukihiro
佐藤 隆士
SATO, Takashi
博士(工学)
堀 桂太郎
PhD
HORI, Keitaro
園田 昭彦
SONODA, Akihiko
谷口 友邦
TANIGUCHI, Tomokuni
准教授 Associate Professors
博士(工学)
新井 イスマイル
PhD
ARAI, Ismail
田村 弘昭
TAMURA, Hiroaki
博士(工学)
梶村 好宏
PhD
KAJIMURA, Yoshihiro
椿本 博久
TSUBAKIMOTO, Hirohisa
博士(情報工学)上 泰
PhD
KAMI, Yasushi
中尾 睦彦
NAKAO, Mutsuhiko
博士(工学)
周山 大慶
PhD
SUYAMA, Taikei
原 良子
HARA, Ryoko
博士(工学)
成枝 秀介
PhD
NARIEDA, Shusuke
藤野 達士
FUJINO, Tatsushi
博士(工学)
細川 篤
PhD
HOSOKAWA, Atsushi
松井 伸之
MATSUI, Nobuyuki
Assistant Professors
三浦 欽也
MIURA, Kinya
森定 勇二
MORISADA, Yuji
助教
博士(工学)
廣田 敦志
PhD
HIROTA, Atsushi
15
C
ivil
Engineering
都市システム工学科
都市システム工学科は、環境と防災をキーワードに、
地球環境保全と文化的な都市の創造を担う世界標準
の技術者を育成する学科です。
人間の経済活動が、生態系や環境へ与える影響を評
価し、失われた自然環境の復元や、新たな環境を提案
しています。
また、自然災害から都市を守るための強い構造物を
造り、人と人とのつながりを大切にすることで、
より早く
測量実習Ⅰ
Practice of Surveying I
復旧・復興できる都市を計画しています。
Department of Civil Engineering aims to train
global
standard
engineers
who
can
create
cultural cities and protect the global environment
with the keywords of “disaster prevention” and
“environment”.
工学実験 I
Experiments of Civil Engineering I
Civil Engineering Education contributes to restore
the spoiled natural environment and create the
new environment by evaluating the effect of its
human economic activities on the environment and
the ecosystem. In addition, we construct strong
infrastructures to protect the city from natural
disasters and design the city that can rehabilitate
and reconstruct more quickly from disasters by
connecting human relations.
マルチ先端構造材料試験システム Multi Advanced Materials Testing System
16
主な実験室・演習室
Laboratories and Workshops
材料構造実験室
Material and Structural Laboratory
恒温恒湿室
Humidity and Temperature Controlled Room
水理実験室
Hydraulics Laboratory
土質実験室
Geotechnical Engineering Laboratory
環境衛生実験室
Sanitary and Environmental Laboratory
測量器具室
Surveying Instruments Chamber
地形情報分析室
Geographic Information System Laboratory
情報演習室
Computer Room
製図室
Drawing Room
総合的河川流実験室
Global River Flow Laboratory
インフラ総合実験棟
Civil Infrastructure Laboratory
インフラ総合実験棟
Civil Infrastructure Laboratory
主な設備
Equipment
マルチ先端構造材料試験システム (2000kN)
Multi Advanced Materials Testing System (capacity 2000kN)
200kN 万能試験機
200kN Universal Testing Machine
コンクリート透水透気試験装置
Water and Air Permeability Testing Apparatus
応力頻度測定・分析装置
Stress Frequency Analyzer
水工システム
Flow Research System in Open and Pipe Channels
造波水槽
Wave Tank
多自然型護岸工実験水路
Open Channel System for Rich-in-nature Type River Structures
三軸圧縮試験機
Triaxial Compression Test Apparatus
直接せん断試験機
Direct Shear Test Apparatus
圧密試験機
Consolidation Test Apparatus
地震波振動台
Seismic Shaking Table
CAD システム
CAD system
ソイルモルタルマルチ試験装置
Soil and Mortar Multi-testing System
超音波非破壊試験装置
Ultrasonic Tester
シグナルプロセッサー
Signal Processor
サーモトレーサー
Thermo-Tracer
FFT アナライザー
FFT Analyzer
総合的河川流実験水路
Global River Flow Experimental Channels
教 員
学 位
Faculty
氏 名
Degree
教授 Name
Professors
氏名
Name
非常勤講師 Part-time Lecturers
博士(工学) 石丸 和宏
PhD
ISHIMARU, Kazuhiro
内田 省司
UCHIDA, Shoji
博士(工学) 江口 忠臣
PhD
EGUCHI, Tadaomi
浦上 拓也
URAKAMI, Takuya
博士(工学) 神田 佳一
PhD
KANDA, Keiichi
大橋 健一
OHASHI, Kenichi
博士(工学) 檀 和秀
PhD
DAN, Kazuhide
鶴井 建介
TSURUI, Kensuke
博士(工学) 鍋島 康之
PhD
NABESHIMA, Yasuyuki
友久 誠司
TOMOHISA, Seishi
百石 義明
HYAKKOKU, Yoshiaki
吉永 清克
YOSHINAGA, Kiyokatsu
准教授 Associate Professors
博士(工学) 石内 鉄平
PhD
ISHIUCHI, Teppei
博士(工学) 稲積 真哉
PhD
INAZUMI, Shinya
博士(工学) 高見 徹
PhD
TAKAMI, Tohru
博士(工学) 武田 字浦
PhD
TAKEDA, Naho
博士(工学) 三好 崇夫
PhD
MIYOSHI, Takao
博士(工学) 渡部 守義
PhD
WATANABE, Moriyoshi
17
A
rchitecture
建築学科
「生きることは住まうことである」
との哲学者のことば
どおり、建築は我々の人生にとっては根源的なもので
あり続けています。
このような建築を勉強するというこ
とは、建築を建てる技術、設計する技術を勉強するこ
とはもちろん、その周囲、すなわち世界と、建築の中に
入るもの、すなわち人間と社会を勉強することでもあ
ります。
本学科は、
このような幅広い勉強のための基礎を
教えるところです。
カリキュラムは、計画系、構造系、環境系の専門分野
とそれらの総合としての設計演習、実験などの科目並
建築設計演習 II
Architectural Design Studio II
びに情報処理科目で豊かな創造力と総合力が養成さ
れるよう考えられています。
As a philosopher once said “To live is to live
somewhere”; and, even now, architecture continues
to be a primary element in our lives. Therefore,
studying architecture means learning the techniques
of building and planning, as well as learning about
society. In other words, it is to learn about the world
and the people in it.
In the Architecture Department we teach the basic
建築工学実験
Lab Experiments in Architectural Eng
knowledge necessary to understand such a wide
field of study.
Our curriculum is designed to develop students’
creativity and ability to synthesize information. It
offers specialized and technical topics, such as
planning, design, structure, and environment. At
the same time, it offers practical subjects, such
as design practice and information processing,
incorporating and synthesizing the information from
the aforementioned specialized and technical topics.
建築計画 III
18
Architectural Planning III
主な実験室・演習室
Laboratories and Workshops
設計演習室
Design Practice Workshop
ものづくり演習室
Arts and Craft Workshop
構造材料実験室
Structural Materials Laboratory
マルチメディア演習室
Multimedia Workshop
デザイン支援室
Design Support Center
主な設備
Equipment
万能試験機
Amsler Type Testing Machine
繰返し加力試験器
Repetition Testing Machine
載荷フレーム
Loading Frame
三次元地震波振動台
Three Dimensional Shaking Simulator
面内せん断試験装置
In Plane Rucking Test Apparatus
A0 スキャナ
A0Size Scanner
教 員
学 位
Faculty
氏 名
Degree
教授 Name
Professors
氏名
Name
非常勤講師 Part-time Lecturers
博士(学術) 大塚 毅彦
PhD
OTSUKA, Takehiko
赤堀 富子
AKAHORI, Tomiko
博士(工学) 工藤 和美
PhD
KUDOH, Kazumi
市澤 勇彦
ICHISAWA, Yuhiko
博士(工学) 坂戸 省三
PhD
SAKATO, Shozo
内海 哲也
UTSUMI, Tetsuya
工学博士
田坂 誠一
PhD
TASAKA, Seiichi
神家 昭雄
KAMIYA, Akio
博士(工学) 平石 年弘
PhD
HIRAISHI, Toshihiro
高岡 伸一
TAKAOKA, Shinichi
博士(工学) 八木 雅夫
PhD
YAGI, Masao
谷口 考生
TANIGUCHI, Kosei
寺岡 宏治
TERAOKA, Koji
准教授 Associate Professors
博士(工学) 荘所 直哉
PhD
SHOJO, Naoya
松原 永季
MATSUBARA, Eiki
博士(工学) 中川 肇
PhD
NAKAGAWA, Hajime
三宗 司郎
MITSUMUNE, Shiro
博士(工学) 東野 アドリアナ
PhD
HIGASHINO, Adriana P.
村田 幸子
MURATA, Sachiko
博士(学術) 水島 あかね
PhD
MIZUSHIMA, Akane
森崎 輝行
MORISAKI, Teruyuki
山口 晃壽
YAMAGUCHI, Akihisa
渡辺 豪秀
WATANABE, Takehide
助教
博士(工学) 角野 嘉則
Assistant Professors
PhD
KAKUNO, Yoshinori
19
一般科目 教育課程
選択科目
Elective Subjects
必修科目
Required Subjects
General Studies Curriculum
20
単位数
credit hours
年
年
年
年
年
備考
th
Remarks
授業科目
Subjects
国語Ⅰ
Japanese I
2
国語Ⅱ
Japanese II
2
国語Ⅲ
Japanese III
2
国語Ⅳ
Japanese IV
2
地理
Geography
2
政治経済
Politics and Economics
2
2
世界史
World History
2
2
日本史
Japanese History
2
数学 A
Mathematics A
4
4
数学 B
Mathematics B
2
2
微積分Ⅰ
Calculus I
4
微積分Ⅱ
Calculus II
2
解析学
Advanced Calculus
2
代数Ⅰ
Algebra I
2
代数Ⅱ
Algebra II
2
物理Ⅰ
Physics I
2
物理Ⅱ
Physics II
2
物理Ⅲ
Physics III
2
生物
Biology
2
化学Ⅰ
Chemistry I
2
化学Ⅱ
Chemistry II
2
保健体育Ⅰ
Physical Education I
2
保健体育Ⅱ
Physical Education II
2
保健体育Ⅲ
Physical Education III
2
保健体育Ⅳ
Physical Education IV
2
英語Ⅰ A
English I A
2
2
英語Ⅰ B
English I B
2
2
英語Ⅱ A
English II A
2
2
英語Ⅱ B
English II B
2
2
英語Ⅲ A
English III A
2
2
英会話Ⅰ
English Conversation I
2
2
英語Ⅳ A
English IV A
1
1
英語Ⅳ B
English IV B
1
1
英語Ⅳ C
English IV C
1
1
英会話Ⅱ
English Conversation II
1
1
英語Ⅴ A
English V A
1
英語Ⅴ B
English V B
1
アクティブラーニングⅠ
Active Learning I
1
グローバルスタディーズⅠ
Global Studies I
1
1
標準修得科目数
Total number of required subjects
39
11
10
9
7
2
標準修得単位計
Total number of required credit hours
74
22
22
18
10
2
音楽
Music
2
2
美術
Art
2
2
中国語
Chinese
2
2
ドイツ語
German
2
2
2
1
st
2
nd
3
rd
4
th
5
2
2
2
2
2
2
4
建築学科は4単位
Architecture need 4 credits
2
2
建築学科はなし
2
Architecture not required
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
1
1
1
1 科目を修得
choose 1 subject
French
2
国語表現概論
Introduction to Japanese Language and Communication
2
2
法学概論
Law
2
2
哲学概論
Philosophy
2
2
数学概論
Mathematical Concepts
1
1
生化学
Biochemistry
1
1
科学技術と環境
Scientific Technology and the Environment
1
1
スポーツ科学実習 Ⅰ
Sports Science I
1
1
スポーツ科学実習 Ⅱ
Sports Science Ⅱ 1
1
TOEIC Ⅰ
English (TOEIC) I
1
1
TOEIC Ⅱ
English (TOEIC) II
2
2
TOEIC Ⅲ
English (TOEIC) Ⅲ
3
海外研修Ⅰ
Overseas Training I
1
海外研修Ⅱ
Overseas Training II
1
海外研修Ⅲ
Overseas Training III
1
3
1
1
Total number of elective credit hours offered
30
4
Total number of elective subjects needed
5≦
1
標準修得単位計
Total number of elective credit hours needed
1
7
18
1
3≦
2
17
4≦
20
開設単位合計
Total number of credit hours offered
8≦
104
2
26
22
標準修得科目数合計
Total number of subjects needed
44 ≦
12
10
9
8
5≦
標準修得単位合計
Total number of credit hours needed
82 ≦
24
22
18
12
6≦
19
1 科目を修得
1 科目を修得(学修単位 )
choose 1 subject
Equivalent to University credit hour
1 科目以上を修得
choose 1 ≦ subject
※5年選択科目は、上記を含
めて 4 単位以上を修得
※ complete 4 ≦ of the 5th year
elective subjects, including the
subjects indicated above
}
自由選択科目
1
開設単位計
}
}
}
choose 1 subject
フランス語 標準修得科目数
}
choose freely
選択科目 Elective Subjects
必修科目
Required Subjects
機械工学科 教育課程
Mechanical Engineering Curriculum
単位数
credit hours
年
年
年
授業科目
Subjects
解析演習Ⅰ
Analysis Exercise I
1
応用数学
Applied Mathematics
4
応用物理
Applied Physics
1
防災リテラシー
Literacy for disaster prevention
2
2
情報基礎
Foundations of Information Processing
1
1
プログラミング基礎
Programming Fundamentals
1
電子制御
Electronic Control
1
1
プログラミング応用Ⅰ
Programming Applications I
1
1
プログラミング応用Ⅱ
Programming Applications II
1
設計製図Ⅰ
Design and Drawing I
3
設計製図Ⅱ
Design and Drawing II
2
設計製図Ⅲ
Design and Drawing III
4
設計製図Ⅳ
Design and Drawing IV
4
設計製図Ⅴ
Design and Drawing V
4
工作実習Ⅰ
Manufacturing Engineering Practice I
2
工作実習Ⅱ
Manufacturing Engineering Practice II
2
工作実習Ⅲ
Manufacturing Engineering Practice III
2
工作実習Ⅳ
Manufacturing Engineering Practice IV
2
機械工学実習Ⅰ
Practice on Mechanical Engineering I
2
機械工学実習Ⅱ
Practice on Mechanical Engineering II
2
機械工学実験Ⅰ
Experiments of Mechanical Engineering I
2
機械工学実験Ⅱ
Experiments of Mechanical Engineering II
2
機械加工学Ⅰ
Manufacturing Engineering I
1
機械加工学Ⅱ
Manufacturing Engineering II
1
1
機械加工学Ⅲ
Manufacturing Engineering III
1
1
機構学
Mechanism
1
1
工業力学
Engineering Mechanics
2
2
2
1
st
2
nd
3
rd
年
4
th
5
年
備考
th
Remarks
1
4
1
1
1
3
2
4
4
4
2
2
2
2
2
2
2
2
1
材料学Ⅰ
Engineering Materials I
2
材料学Ⅱ
Engineering Materials II
1
設計工学Ⅰ
Engineering Design I
1
設計工学Ⅱ
Engineering Design II
1
材料力学Ⅰ
Strength of Materials I
2
材料力学Ⅱ
Strength of Materials II
2
2
熱力学
Thermodynamics
2
2
流体力学Ⅰ
Fluid Mechanics I
2
2
機械力学
Dynamics of Machinery
2
2
力学演習
Exercises in Mechanics
1
1
電気電子工学Ⅰ
Electrical and Electronic Engineering I
1
1
機械工学ゼミナール
Mechanical Engineering Seminar
1
1
自動制御
Automatic Control
2
卒業研究
Graduation Thesis
6
標準修得科目数
Total number of required subjects
41
6
7
10
14
4
11
10
18
26
13
1
1
1
2
2
6
標準修得単位計
Total number of required credit hours
78
生産管理工学
Production Engineering
1
1
機械環境工学
Environmental Engineering
1
1
機械インターンシップ
Off-Campus Practical Training
1
解析演習Ⅱ
Analysis Exercises II
1
1
熱統計力学
Thermodynamics and Statistical Mechanics
1
1
材料力学Ⅲ
Strength of Materials III
1
1
流体力学Ⅱ
Fluid Mechanics II
1
1
電気電子工学Ⅱ
Electrical and Electronic Engineering II
1
1
伝熱工学
Heat Transfer
1
1
ロボット工学
Robotics
1
1
破壊力学
Fracture Mechanics
1
1
計測工学
Instrumentation Engineering
1
1
生産工学
Production Engineering
1
1
熱管理
Heat Management
2
2
機械工学実験Ⅲ
Experiments of Mechanical Engineering III
2
Total number of elective credit hours offered
17
1
16
Total number of elective subjects needed
3≦
0≦
3≦
Total number of elective credit hours needed
5≦
0≦
4≦
27
14 ≦
26 ≦
22 ≦
38 ≦
29
7≦
17 ≦
12 ≦
23 ≦
開設単位計
標準修得科目数
標準修得単位計
開設単位合計
標準修得科目数合計
標準修得単位合計
標準修得科目数総計
標準修得単位総計
Departmental total of credit hours offered
Departmental total of subjects needed
Departmental total of credit hours needed
Total number of all subjects needed
Total number of all credit hours needed
95
44 ≦
83 ≦
88 ≦
167 ≦
1
}
1 単位以上を取得
choose1 ≦ credits
5 単位以上
choose 5 ≦ credits
2
11
6
11
18
35
10
7
10
17
32
18
10
18
19
36
修得単位数
Needed Credits
専門科目 82 単位以上
Specialized subj. 82 ≦
一般科目 75 単位以上
General studies subj. 75 ≦
合計 167 単位
total 167 or more
21
選択科目
Elective Subjects
必修科目
Required Subjects
Electrical Engineering Course Curriculum
22
授業科目
Subject
電気情報工学科(電気電子工学コース) 教育課程
単位数
credit hours
1
年
st
2
年
nd
3
年
rd
4
年
th
5
年
備考
th
Remarks
防災リテラシー
Literacy for disaster prevention
2
2
電気回路 I
Electric Circuits I
2
2
プログラミングI
Computer Programming I
2
2
コンピュータリテラシー
Computer Literacy
2
2
電気情報工学実験基礎
Fundamental Experiments of Electrical & Computer Engineering
2
2
電気回路Ⅱ
Electric Circuits II
3
3
プログラミングⅡ
Computer Programming II
2
2
電気電子計測Ⅰ
Electrical and Electronic Measurement I
2
2
マイクロコンピュータ
Microcomputer
2
2
電気情報工学実験Ⅰ
Experiments of Electrical and Computer Engineering I
2
2
電気磁気学Ⅰ
Electromagnetism I
2
2
電子工学
Electronics
2
2
回路論
Circuit Theory
2
2
電気電子工学概論
Introduction to Electrical Engineering
2
2
情報工学概論
Introduction to Computer Engineering
2
2
ディジタル電子回路
Digital Circuits
2
2
電気情報工学実験Ⅱ
Experiments of Electrical and Computer Engineering II
4
4
応用物理学Ⅰ
Applied Physics I
1
1
応用物理学Ⅱ
Applied Physics II
1
1
過渡現象論
Transient Analysis on Electric Circuits
1
1
電子回路
Electronic Circuits
2
2
制御工学
Control Engineering
2
2
課題研究
Preliminaries to Graduation Thesis
1
1
知的財産権
Intellectual Property Rights
1
卒業研究
Graduation Thesis
9
応用数学
Applied Mathematics
4
4
電気磁気学Ⅱ
Electromagnetism II
2
2
固体物性
Solid State Physics
2
2
電気電子計測Ⅱ
Electrical and Electronic Measurement II
2
2
電気電子工学実験Ⅰ
Experiments of Electrical Engineering I
4
4
パワーエレクトロニクス
Power Electronics
1
1
電子物性工学
Material and Solid State Devices
1
1
電気電子工学実験Ⅱ
Experiments of Electrical Engineering II
2
標準修得科目数
Total number of required subjects
33
5
5
7
11
5
標準修得単位計
Total number of required credit hours
73
10
11
16
22
14
電気電子材料
Electrical and Electronic Materials
2
2
計算機アーキテクチャ
Computer Architecture
2
2
電気情報インターンシップA
Off-Campus Practical Training A
1
1
電気情報インターンシップB
Off-Campus Practical Training B
2
2
信号処理
Digital Signal Processing
1
1
離散数学Ⅰ
Discrete Mathematics I
1
1
確率・統計Ⅰ
Probability and Statistics I
1
1
離散数学Ⅱ
Discrete Mathematics II
1
1
確率・統計Ⅱ
Probability and Statistics II
1
1
通信工学Ⅰ
Communication System I
1
1
通信工学Ⅱ
Communication System II
1
1
情報ネットワーク
Information Network
1
1
ディジタル制御
Digital Control
1
1
エネルギー変換工学
Engineering of Energy Conversion
1
1
エネルギー伝送工学
Energy Transmission and Distribution Engineering
1
1
電子応用
Application of Electronics
1
1
電子回路設計
Electronic Circuit Design
1
1
プロダクトデザイン
Product Design
1
1
画像工学
Image Engineering
2
2
工業外国語
Foreign Language in Engineering
1
1
電気電子資格Ⅰ
Qualifications in Electric and Electronic Engineering I
1
1
電気電子資格Ⅱ
Qualifications in Electric and Electronic Engineering II
1
1
1
9
2
}
2 単位以上修得
choose 2 ≦ credits
12 単位以上修得
choose 12 ≦ credits
2
コンピュータシミュレーション Computer Simulation
2
開設単位計
Total number of elective credit hours offered
28
7
標準修得科目数
Total number of elective subjects needed
7≦
1≦
4≦
標準修得単位計
Total number of elective credit hours needed
12 ≦
2≦
6≦
29
35
21
開設単位合計
Departmental total of credit hours offered
101
10
11
16
標準修得科目数合計
Departmental total of subjects needed
40 ≦
5
5
7
12 ≦ 9 ≦
標準修得単位合計
Departmental total of credit hours needed
85 ≦
10
11
16
24 ≦ 20 ≦
標準修得科目数総計
Total number of all subjects needed
84 ≦
17
15
16
標準修得単位総計
Total number of all credit hours needed
167 ≦
34
33
34
20 ≦ 14 ≦
36 ≦ 26 ≦
修得単位数
Needed Credits
82
専門科目 単位以上
Specialized subjects 82 ≦
一般科目 75 単位以上
General studies subjects 75 ≦
合計 167 単位
total 167 or more
電気情報工学科(情報工学コース) 教育課程
授業科目
Subject
Literacy for disaster prevention
標準修得科目数総計
標準修得単位総計
Total number of all subjects needed
Elective Subjects
必修科目
Required Subjects
防災リテラシー
電気回路 I
プログラミングI
コンピュータリテラシー
電気情報工学実験基礎
電気回路Ⅱ
プログラミングⅡ
電気電子計測Ⅰ
マイクロコンピュータ
電気情報工学実験Ⅰ
電気磁気学Ⅰ
電子工学
回路論
電気電子工学概論
情報工学概論
ディジタル電子回路
電気情報工学実験Ⅱ
応用物理学Ⅰ
応用物理学Ⅱ
過渡現象論
電子回路
制御工学
課題研究
知的財産権
卒業研究
離散数学
確率・統計
計算機アーキテクチャ
プログラミングⅢ
オペレーティングシステム
データ構造とアルゴリズム
情報工学実験Ⅰ
情報理論Ⅰ
信号処理
コンパイラ
ソフトウェア工学
情報工学実験Ⅱ
標準修得科目数
標準修得単位計
電気磁気学Ⅱ
電気電子計測Ⅱ
電気情報インターンシップA
電気情報インターンシップB
応用数学Ⅰ
応用数学Ⅱ
通信工学Ⅰ
通信工学Ⅱ
情報理論Ⅱ
情報ネットワーク
ディジタル制御
電子応用
ヒューマンインターフェイス
データベース
人工知能
プロダクトデザイン
画像工学
工業外国語
情報資格Ⅰ
情報資格Ⅱ
コンピュータシミュレーション
開設単位計
標準修得科目数
標準修得単位計
開設単位合計
標準修得科目数合計
標準修得単位合計
選択科目
Computer Engineering Course Curriculum
Electric Circuits I
Computer Programming I
Computer Literacy
Fundamental Experiments of Electrical & Computer Engineering
Electric Circuits II
Computer Programming II
Electrical and Electronic Measurement I
Microcomputer
Experiments of Electrical and Computer Engineering I
Electromagnetism I
Electronics
Circuit Theory
Introduction to Electrical Engineering
Introduction to Computer Engineering
Digital Circuits
Experiments of Electrical and Computer Engineering II
Applied Physics I
Applied Physics II
Transient Analysis on Electric Circuits
Electronic Circuits
Control Engineering
Preliminaries to Graduation Thesis
Intellectual Property Rights
Graduation Thesis
Discrete Mathematics
Probability and Statistics
Computer Architecture
Computer Programming III
Operating System
Data Structures and Algorithms
Experiments of Computer Engineering I
Information Theory I
Digital Signal Processing
Compiler
Software Engineering
Experiments of Computer Engineering II
Total number of required subjects
Total number of required credit hours
Electromagnetism II
Electrical and Electronic Measurement II
Off-Campus Practical Training A
Off-Campus Practical Training B
Applied Mathematics I
Applied Mathematics II
Communication System I
Communication System II
Information Theory II
Information Network
Digital Control
Application of Electronics
Human Interface
Database
Artificial Intelligence
Product Design
Image Engineering
Foreign Language in Engineering
Qualifications in Computer Engineering I
Qualifications in Computer Engineering II
Computer Simulation
Total number of elective credit hours offered
Total number of elective subjects needed
Total number of elective credit hours needed
Departmental total of credit hours offered
Departmental total of subjects needed
Departmental total of credit hours needed
Total number of all credit hours needed
単位数
credit hours
1
年
st
2
年
nd
3
年
rd
4
年
th
5
年
備考
th
Remarks
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
3
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
4
1
1
1
2
2
1
1
9
2
2
2
2
1
2
4
1
1
1
1
2
37
76
2
2
1
2
2
2
1
1
1
1
1
1
1
1
2
1
2
1
1
1
2
29
5≦
9≦
105
42 ≦
85 ≦
10
5
10
11
5
11
16
7
16
7
1≦
2≦
30
14 ≦
25 ≦
86 ≦
167 ≦
17
34
15
33
16
34
22 ≦ 14 ≦
37 ≦ 25 ≦
3
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
4
1
1
1
2
2
1
1
9
2
2
2
2
1
2
4
5
10
5
11
7
16
13
23
2
2
1
2
1
1
1
1
2
7
16
2
2
1
1
1
1
1
1
1
1
2
1
2
1
1
1
2
22
2≦
3≦
38
9≦
19 ≦
}
2 単位以上修得
choose 2 ≦ credits
9 単位以上修得
choose 9 ≦ credits
修得単位数
Needed Credits
専門科目 82 単位以上
Specialized subjects 82 ≦
一般科目 75 単位以上
General studies subjects 75 ≦
合計 167 単位
total 167 or more
23
選択科目
Elective Subjects
必修科目
Required Subjects
Civil Engineering Curriculum
24
授業科目
Subjects
都市システム工学科 教育課程
単位数
credit hours
1
年
st
2
年
nd
3
年
rd
4
年
th
5
年
備考
th
Remarks
応用数学Ⅰ
Applied Mathematics I
2
2
応用微分方程式
Applied Differential Equations
2
2
物理学概論
Introduction to Physics
2
防災リテラシー
Literacy for disaster prevention
2
2
コンピュータ基礎
Introduction of Computer Application
2
2
コンピュータ設計
Computer Method of Structural Design
2
情報処理Ⅰ
Information Processing I
2
情報処理Ⅱ
Information Processing II
1
数学演習
Exercise on Mathematics
1
測量学Ⅰ
Surveying I
2
測量学Ⅱ
Surveying II
2
工業英語
Engineering English
2
製図基礎
Foundamental Drawing of Civil Engineering
1
建設材料
Civil Engineering Materials
2
構造力学Ⅰ
Structural Mechanics I
2
構造力学Ⅱ
Structural Mechanics II
2
構造力学Ⅲ
Structural Mechanics III
1
水理学Ⅰ
Hydraulics I
2
水理学Ⅱ
Hydraulics II
2
地盤工学Ⅰ
Geotechnical Engineering I
2
地盤工学Ⅱ
Geotechnical Engineering II
2
鋼構造学Ⅰ
Steel Structures I
2
コンクリート構造Ⅰ
Structural Concrete Design I
2
2
衛生工学
Sanitary Engineering
1
1
計画学
Planning
2
工学基礎Ⅰ
Foundamental Engineering I
1
工学基礎Ⅱ
Foundamental Engineering II
1
1
環境生態学
Environmental Ecology
2
2
施工管理学Ⅰ
Site Management I
2
2
工学演習
Exercise of Civil Engineering
1
構造設計学
Structural Design
2
測量実習Ⅰ
Practice of Surveying I
4
測量実習Ⅱ
Practice of Surveying II
2
工学実験Ⅰ
Experiments of Civil Engineering I
4
工学実験Ⅱ
Experiments of Civil Engineering II
4
工学実験Ⅲ
Experiments of Civil Engineering III
2
卒業研究
Graduation Thesis
6
標準修得科目数
Total number of required subjects
37
6
5
8
12
6
標準修得単位計
Total number of required credit hours
76
12
9
17
23
15
施工管理学Ⅱ
Site Management II
1
1
公共経済学
Public Economics
1
1
環境工学
Environmental Engineering
1
1
測量学Ⅲ
Surveying III
1
1
測量学Ⅳ
Surveying IV
1
1
数値解析演習
Exercise of Numerical Simulation
2
2
鋼構造学Ⅱ
Steel Structures II
1
1
都市計画
City Planning
1
1
コンクリート構造Ⅱ
Structural Concrete Design II
1
1
建設法規
Laws Regulations on Civil Engineering
1
1
交通工学
Traffic Engineering
1
1
河川工学
River Engineering
1
1
海岸工学
Coastal Engineering
1
1
防災工学
Disaster Prevention Engineering
1
1
建設ロボット
Robotics in Construction
1
都市システムインターンシップ
Off-Campus Practical Training
1
2
2
2
1
1
2
2
2
1
2
2
2
1
2
2
2
2
2
2
1
1
2
4
2
4
4
2
6
Total number of elective credit hours offered
17
1
16
Total number of elective subjects needed
8≦
0≦
7≦
標準修得単位計
Total number of elective credit hours needed
9≦
0≦
8≦
24
31
標準修得科目数合計
9 単位以上修得
choose 9 ≦ credits
1
開設単位計
Departmental total of credit hours offered
1 単位以上修得
choose 1 ≦ credits
1
標準修得科目数
開設単位合計
}
93
12
9
17
Departmental total of subjects needed
45 ≦
6
5
8
12 ≦ 13 ≦
標準修得単位合計
Departmental total of credit hours needed
85 ≦
12
9
17
23 ≦ 23 ≦
標準修得科目数総計
Total number of all subjects needed
89 ≦
18
15
17
20 ≦ 18 ≦
標準修得単位総計
Total number of all credit hours needed
167 ≦
36
31
35
35 ≦ 29 ≦
修得単位数
Needed Credits
専門科目 82 単位以上
Specialized subjects 82 ≦
一般科目 75 単位以上
General studies subjects 75 ≦
合計 167 単位
total 167 or more
選択科目 Elective Subjects
必修科目
Required Subjects
建築学科 教育課程
Architecture Curriculum
単位数
credit hours
1
年
2
年
3
年
4
年
授業科目
Subject
防災リテラシー
Literacy for disaster prevention
2
応用数学Ⅰ
Applied Mathematics I
2
2
応用微分方程式
Applied Differential Equations
2
2
物理学概論
Introduction to Physics
2
2
情報基礎Ⅰ
Foundations of Information Processing I
1
情報基礎Ⅱ
Foundations of Information Processing II
1
建築情報デザインⅠ
Architectural Information Processing I
1
建築情報デザインⅡ
Architectural Information Processing II
1
造形
Form and Design
4
建築意匠
Form and Design in Architecture
3
3
建築構造力学Ⅰ
Structural Analysis I
2
2
建築構造力学Ⅱ
Structural Analysis II
2
建築構造力学Ⅲ
Structural Analysis III
2
建築一般構造
Introduction to Building Construction
2
st
nd
rd
th
5
年
備考
th
Remarks
2
1
1
1
1
4
2
2
2
1
建築材料
Building Materials
1
建築工学実験
Laboratory Experiments in Architectural Engineering
2
2
鉄筋コンクリート構造
Reinforced Concrete Structures
2
2
鋼構造
Steel Structures
2
2
土質基礎構造
Soil and Foundation Mechanics
2
建築計画Ⅰ
Architectural Planning I
2
建築計画Ⅱ
Architectural Planning II
2
建築設計演習Ⅰ
Architectural Design Studio I
2
建築設計演習Ⅱ
Architectural Design Studio II
3
建築設計演習Ⅲ
Architectural Design Studio III
6
建築設計演習Ⅳ
Architectural Design Studio IV
6
建築環境工学Ⅰ
Environmental Engineering in Architecture I
2
建築環境工学Ⅱ
Environmental Engineering in Architecture II
2
建築設備
Building Services and Air Conditioning
2
2
建築生産
Building Construction and Process
2
2
建築史Ⅰ
History of Architecture I
1
図学Ⅰ
Architectural Geometry I
1
1
図学Ⅱ
Architectural Geometry II
1
1
建築法規
Building Code
1
建築ゼミナール
Preliminaries to Graduation Thesis
1
卒業研究
Graduation Thesis
標準修得科目数
Total number of required subjects
35
5
5
7
13
5
標準修得単位計
Total number of required credit hours
77
11
10
15
27
14
建築構造特論
Special Problems in Structual Theory and Design
2
2
建築構造演習Ⅰ
Exercises in Structural Design I
2
2
建築構造演習Ⅱ
Exercises in Structural Design II
1
1
都市地域計画
City and Regional Planning
2
建築史Ⅱ
History of Architecture II
1
建築史Ⅲ
History of Architecture III
2
2
建築計画Ⅲ
Architectural Planning III
4
4
建築学演習
Architectural Project Practice
3
3
建築インターンシップ
Off-Campus Practical Training in Architecture
2
2
開設単位計
Total number of elective credit hours offered
19
3
16
標準修得科目数
Total number of elective subjects needed
3≦
0≦
2≦
標準修得単位計
Total number of elective credit hours needed
8≦
0≦
5≦
30
30
開設単位合計
Departmental total of credit hours offered
標準修得科目数合計
2
2
2
2
3
6
6
2
2
1
1
1
7
7
2
1
96
11
10
15
Departmental total of subjects needed
38 ≦
5
5
7
13 ≦ 7 ≦
標準修得単位合計
Departmental total of credit hours needed
85 ≦
11
10
15
27 ≦ 19 ≦
標準修得科目数総計
Total number of all subjects needed
81 ≦
17
15
16
20 ≦ 12 ≦
標準修得単位総計
Total number of all credit hours needed
167 ≦
35
32
35
37 ≦ 25 ≦
8 単位以上修得
choose 8 ≦ credits
修得単位数
Needed Credits
専門科目 82 単位以上
Specialized subjects 82 ≦
一般科目 75 単位以上
General studies subjects 75 ≦
合計 167 単位
total 167 or more
25
専攻科
専攻科とは、高専 5 年間の課程卒業者を対象にさらに高度な教育 • 研究が行えるように設置された 2 年制の課程です。機械
工学と電子工学を基礎とする「機械 • 電子システム工学専攻」と、建築学と都市システム工学を基礎とする「建築 • 都市シス
テム工学専攻」の 2 専攻があります。一定の要件を満たすと、大学学部卒業と同様に学士の学位を取得できます。
また、本校には日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けた「共生システム工学」教育プログラム(履修期間:学科 4,
5 年生と専攻科)が設置されており、専攻科入学生はその履修対象者となります。この教育プログラムを修了すれば技術士の
一次試験が免除されます。
Advanced Course
The Advanced Course is a two-year course intended for graduates from Kosen five-year college education, set up to
allow more advanced research and education.
Akashi Kosen Advanced Course has two majors. The Mechanical and Electronic System Engineering major, which is
based on a combination between the Mechanical Engineering department and the Electircal and Computer engineering
Department. And the Architecture and Civil Engineering major, which is based on a combination between the Civil
Engineering department and the Architecture department. The graduates from the Advanced Course which have fulfilled
the requirements receive a bachelor’s degree, equivalent to an university bachelor’s degree.
In Addtion since our school is a accredited by JABEE (see page 6 ) the graduates from the Advanced course, who
have coursed the Kosen 4th and 5th year, receive a completion certification of General and Combined Engineering.
26
機械・電子
システム工学専攻
機械・電子システム設計開発の共通的基礎となる応用工学、
機械システム技術者に必要な工学知識及び電子システム技術
者に必要な工学知識を教授・研究し、機械工学と電子工学の両
分野を基礎とする新しい技術分野に対応できる能力をもち、先
端的な生産システムや工業製品の開発に貢献する新しい開発
型人材を育てます。
Mechanical and Electronic
System Engineering
This course offers various fields of study on applied
engineering that are the foundation of mechanical
and electronic system engineering. Technological
knowledge required for mechanical engineers and
electronic engineers is also provided. The aim is to
train professional engineers who can cope with new
technological fields of mechanical and electronic
engineering and contribute to the development of
new production systems or industrial products.
建築・都市
システム工学専攻
建築・都市システム工学専攻では健康な心身と豊かな人間性を
持ち、優れた倫理観に培われた技術者の育成を目指します。
また、建築学と都市システム工学の両分野を基礎として、建築
環境や都市環境を合理的に計画、設計、構築するためのより高度
な専門的知識、総合的理解力及び実践的技術力を養成します。
さらに、地球的視野を広げ国際的なコミュニケーション能力を
高めるとともに、将来の技術革新に柔軟に対応するための自己学
習能力、創造力及び問題解決能力を身につけた技術者を育てま
Architecture and
Civil Engineering
す。
This course offers various fields of study on
architecture and civil engineering such as land
development in consideration of our environment,
integration of urban functions, designing of
infrastructure, protection against natural disasters
and so on. Through these studies, students are
expected to be professional engineers who are
competent in research and development of planning,
designing, and constructing our living environment.
27
Mechanical and Electronic System Engineering
機械・電子システム工学専攻
学 位
氏 名
Degree
教授 ( 専任)
Professors (Full-time)
学 位
氏 名
Degree
Name
教授 ( 兼担)
Professors (Adjunct)
博士(工学)
加藤 隆弘
PhD
KATOH, Takahiro
博士(工学)
神田 佳一
PhD
KANDA, Keiichi
博士(工学)
國峰 寛司
PhD
KUNIMINE, Kanji
博士(工学)
檀 和秀
PhD
DAN, Kazuhide
工学博士
境田 彰芳
PhD
SAKAIDA, Akiyoshi
博士(学術) 大塚 毅彦
PhD
OTSUKA, Takehiko
博士(工学)
関森 大介
PhD
SEKIMORI, Daisuke
博士(工学)
平石 年弘
PhD
HIRAISHI, Toshihiro
博士(工学)
森下 智博
PhD
MORISHITA, Tomohiro
博士(経済学)
本間 哲也
PhD
HOMMA, Tetsuya
博士(工学)
大向 雅人
PhD
OHMUKAI, Masato
博士 ( 理学 )
高田 功
PhD
TAKATA, Isao
博士(理学)
佐村 敏治
PhD
SAMURA, Toshiharu
博士(農学)
倉光 利江
PhD
KURAMITSU, Rie
博士(工学)
堤 保雄
PhD
TSUTSUMI, Yasuo
体育学士
松下 幸一
BA
MATSUSHITA, Koichi
工学博士
中井 優一
PhD
NAKAI, Yuichi
教育学修士
松田 安隆
MA
MATSUDA, Yasutaka
博士(工学)
濱田 幸弘
PhD
HAMADA, Yukihiro
准教授 ( 兼担)
Associate Professors (Adjunct)
博士(工学)
堀 桂太郎
PhD
HORI, Keitaro
博士(工学)
稲積 真哉
PhD
INAZUMI, Shinya
博士(工学)
武田 字浦
PhD
TAKEDA, Naho
准教授 ( 専任)
Associate Professors (Full-time)
博士(学術)
岩野 優樹
PhD
IWANO, Yuki
博士(工学)
中川 肇
PhD
NAKAGAWA, Hajime
博士(工学)
史 鳳輝
PhD
SHI, Fenghui
博士 ( 文学 )
仁木 夏実
PhD
NIKI, Natsumi
博士(工学)
藤原 誠之
PhD
FUJIWARA, Seiji
博士(国際公共政策)石田 祐
PhD
ISHIDA, Yu
博士(工学)
松塚 直樹
PhD
MATSUZUKA, Naoki
修士(体育科学)
後藤 太之
MA
GOTOH, Takayuki
博士(工学)
新井イスマイル
PhD
ARAI, Ismail
井上 英俊
梶村 好宏
PhD
KAJIMURA, Yoshihiro
Med,
MA
INOUE, Hidetoshi
博士(工学)
教育学修士
修士 ( 英語教育学 )
英語教育学修士
ハーバート ジョン
MA
HERBERT, John C.
博士(情報工学)上 泰
PhD
KAMI, Yasushi
博士(工学)
周山 大慶
PhD
SUYAMA, Taikei
博士(工学)
成枝 秀介
PhD
NARIEDA, Shusuke
博士(工学)
細川 篤
PhD
HOSOKAWA, Atsushi
講師 ( 専任)
Lecturers (Full-time)
博士(工学)
大森 茂俊
PhD
OHMORI, Shigetoshi
博士(工学)
田中 誠一
PhD
TANAKA, Seiichi
助教 ( 専任)
博士(工学)
28
Name
Assistant Professors (Full-time)
廣田 敦志
専攻科特別研究
Research Studies
PhD
HIROTA, Atsushi
講師
(兼担)
博士(理学)
Lecturers (Adjunct)
小笠原 弘道
PhD
助教 ( 専任)
博士(理学)
OGASAWARA, Hiromichi
Assistant Professors (Full-time)
武田 ひとみ
PhD
TAKEDA, Hitomi
非常勤講師
Part-time Lecturers
博士 ( 工学 )
阿保 政義
PhD
ABO, Masayoshi
文学修士
伊藤 均
MA
ITOH, Hitoshi
博士 ( 工学 )
中尾 睦彦
PhD
NAKAO, Mutsuhiko
博士 ( 工学 )
藤野 達士
PhD
FUJINO, Tatsushi
博士(理学)
横山 昌彦
PhD
YOKOYAMA, Masahiko
博士 ( 工学 )
松井 伸之
PhD
MATSUI, Nobuyuki
X線回折装置
X-Ray Diffraction
電子顕微鏡
Scanning Electron Microscope
機械・電子システム工学専攻 教育課程
Mechanical and Electronic System Engineering Curriculum
自然科学
Natural
Science
外国語
Foreign
Languages
保健体育
Health
Education
一 般 教 養 科 目
Subjects from General Studies
人文社会
Humanities and
Social Studies
区分
Classification
必修
Required
選択
Elective
選択
Elective
選択
Elective
選択
Elective
授業科目
Subjects
単位数
Credits
技術者倫理
Ethics for Engineers
2
2
2
2
6
2
2
2
2
8
2
2
2
2
8
1
1
2
2
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
2
1
1
26
14
8
All Majors Common Subjects
専門共通科目
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
専攻科インターンシップ Off-Campus Practical Training
Preliminary Reseach Studies
工学基礎研究
必修
Required 専攻科特別研究
Research Studies
必修科目小計 Credits for required subjects
System Control Engineering
システム制御工学
選択 A
Advanced Instrumentation Engineering
応用計測工学
Elective A
Mechatro-system
メカトロシステム
Random Signal Analysis
不規則信号解析
Advanced Electromagnetics
電磁気学特論
Computational Mechanics
計算力学
Advanced Strength of Materials
材料力学特論
Production Systems
生産システム
Energy Technology I
エネルギー工学 I
Energy Technology II
エネルギー工学 II
Strength and Fracture of Materials
材料強度学
Optoelectronics Devices
光デバイス
Information Communication Systems
情報通信システム
Designing Computer Network
選択 B ネットワーク設計
Elective B アルゴリズム理論
Algorithms
Technology of Vacuum
真空工学
Tribology
トライボロジー
Advanced Electrical Circuits
電気回路特論
Advanced Electronic Circuit
電子回路特論
Mathematical Informatics
情報数理工学
ディジタル回路設計 Digital Circuit Design
Advanced Heat Transfer
伝熱工学特論
Optimization Design
最適化デザイン
Micro Machine
マイクロマシン
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
Subtotal of credits offered for specialized subjects
専門科目開設単位合計
専門展開科目
Subjects for Specific Majors
専門科目
Specialized Subjects
2
Management Sciences
経営科学
Public Policy Studies
政策科学
Japanese Language and Communication
国語表現法
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
Analysis
解析学特論
Introduction to Biotechnology
バイオテクノロジー入門
Geophysics
地球物理
Environmental Science
環境科学
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
カルチャーコミュニケーション演習 Culture and Communication Workshop
Cross-Cultural Understanding
異文化理解
Oral English
オーラル ・ イングリッシュ
Overseas Training
専攻科海外研修
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
Health Science I
健康科学Ⅰ
Health Science II 健康科学 II
一般教養科目開設単位合計
Subtotal of credits offered on subjects from general studies
一般教養科目修得単位合計
Subtotal of credits required on subjects from general studies
Creative Faculty Development
創発ゼミナール
Engneering Topics for Advanced Course Students
専攻科特別講義
必修
エンジニアリングプレゼンテーション Engineering Presentation
Required
Industrial Materials
工業材料
必修科目小計 Credits for required subjects
Numerical Methods for Engineering
数値計算法
Information Processing
情報応用
選択
Analytical Mechanics
解析力学
Elective
インクルーシブデザイン概論 Inclusive Design
専門科目修得単位合計
1 学年 2 学年 1st year
2nd year
前期 後期 前期 後期
1st
2nd
1st
2nd
Subtotal of credits required for specialized subjects
一般教養・専門科目開設単位合計
一般教養・専門科目修得単位合計
Total of offered credits
Total of required credits
2
6
1
1
1
3
1
2
1
1
1
3
2 単位以上
2≦ credits
}
}
4 単位以上
2
1
1
1
1
3
1
1
1
1
1
4 ≦ credits
2 単位以上
2≦ credits
1
10 単位以上
10 or more credits
2
2
2
2
2
8
2
2
2
2
2
2
2
2
2
8
}
2
2
4
2
2
備考
Remarks
2
2
4
}
2 単位以上
2≦ credits
8
2
1
2
4
8
14
3
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
48
6
78
19
38 単位以上
38 or more credits
104
33
1
2
3
4
4
4
4
2 単位以上
2≦ credits
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
選択 A と B
14 単位以上
2
2
2
2
2
2
2
2
14 or more
elective
credits
from A and B
2
18
25
16
21
2
2
8
13
33
24
14
62 単位以上
62 or more credits
29
建築・都市システム工学専攻
学 位
氏 名
Architecture and Civil Engineering
Degree
Name
教授 ( 専任)
Professors (Full-time)
学 位
Degree
教授 ( 兼担)
Name
Professors (Adjunct)
工学博士
境田 彰芳
PhD
SAKAIDA, Akiyoshi
博士(工学)
大向 雅人
PhD
OHMUKAI, Masato
工学博士
中井 優一
PhD
NAKAI, Yuichi
KANDA, Keiichi
博士(経済学)
本間 哲也
PhD
HOMMA, Tetsuya
PhD
DAN, Kazuhide
博士(理学)
高田 功
PhD
TAKATA, Isao
鍋島 康之
PhD
NABESHIMA, Yasuyuki
博士(農学)
倉光 利江
PhD
KURAMITSU, Rie
博士(学術)
大塚 毅彦
PhD
OTSUKA, Takehiko
体育学士
松下 幸一
BA
MATSUSHITA, Koichi
教育学修士
松田 安隆
MA
MATSUDA, Yasutaka
博士(工学)
工藤 和美
PhD
KUDOH, Kazumi
博士(工学)
坂戸 省三
PhD
SAKATO, Shozo
工学博士
田坂 誠一
PhD
TASAKA, Seiichi
博士(工学)
平石 年弘
PhD
博士(工学)
八木 雅夫
PhD
博士(工学)
石丸 和宏
PhD
ISHIMARU, Kazuhiro
博士(工学)
江口 忠臣
PhD
EGUCHI, Tadaomi
博士(工学)
神田 佳一
PhD
博士(工学)
檀 和秀
博士(工学)
准教授 ( 専任)
准教授 ( 兼担)
博士 ( 文学 )
Associate Professor (Adjunct)
PhD
NIKI, Natsumi
博士(国際公共政策)石田 祐
PhD
ISHIDA, Yu
HIRAISHI, Toshihiro
修士(体育科学)
後藤 太之
MA
GOTOH, Takayuki
YAGI, Masao
教育学修士
修士 ( 英語教育学 )
井上 英俊
Med,
MA
INOUE, Hidetoshi
Associate Professors (Full-time)
英語教育学修士
ハーバート ジョン
MA
HERBERT, John C.
博士(工学)
石内 鉄平
PhD
ISHIUCHI, Teppei
講師(兼担)
博士(工学)
稲積 真哉
PhD
INAZUMI, Shinya
博士(理学)
博士(工学)
高見 徹
PhD
TAKAMI, Tohru
博士(工学)
武田 字浦
PhD
TAKEDA, Naho
博士(工学)
三好 崇夫
PhD
MIYOSHI, Takao
博士(工学)
渡部 守義
PhD
博士(工学)
荘所 直哉
博士(工学)
仁木 夏実
Lecturers (Adjunct)
小笠原 弘道
助教 ( 兼任)
博士(理学)
PhD
OGASAWARA, Hiromichi
Assistant Professors (Adjunct)
武田 ひとみ
PhD
非常勤講師
TAKEDA, Hitomi
Part-time Lecturers
芸術学専攻修士
秋田 直繁
MA
AKITA, Naoshige
WATANABE, Moriyoshi
教育学修士
朝尾 浩康
Med
ASAO, Hiroyasu
PhD
SHOJO, Naoya
文学修士
伊藤 均
MA
ITOH, Hitoshi
中川 肇
PhD
NAKAGAWA, Hajime
博士(工学)
東野 アドリアナ
PhD
HIGASHINO, Adriana P.
博士(学術)
水島 あかね
PhD
MIZUSHIMA, Akane
助教 ( 専任)
博士(工学)
30
氏 名
Assistant Professors (Full-time)
角野 嘉則
PhD
KAKUNO, Yoshinori
万能試験機
Amsler Type Testing Machine
岩田 直樹
IWATA, Naoki
博士(工学)
宇高 雄志
PhD
UTAKA, Yushi
博士(工学)
大橋 健一
PhD
OHASHI, Kenichi
博士(工学)
川合 茂
PhD
KAWAI, Shigeru
準学士(工学)
貫名 康雄
AS
NUKINA, Yasuo
芸術学修士
平井 康之
MA
HIRAI, Yasuyuki
博士(理学)
横山 昌彦
PhD
YOKOYAMA, Masahiko
地震波振動台
Seismic Shaking Table
富田林まちなみ見学
Field Survey
建築・都市システム工学専攻 教育課程
Architecture and Civil Engineering
Subjects
技術者倫理
Ethics for Engineers
2
自然科学
Natural
Science
外国語
Foreign
Languages
All Majors Common Subjects
保健体育
Health
Education
専門展開科目
Subjects for Specific Majors
専門科目
Specialized Subjects
必修
Required
授業科目
単位数
Credits
Management Sciences
経営科学
Public Policy Studies
政策科学
選択
Elective 国語表現法
Japanese Language and Communication
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
Analysis
解析学特論
Introduction to Biotechnology
バイオテクノロジー入門
選択
Geophysics
地球物理
Elective
Environmental Science
環境科学
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
カルチャーコミュニケーション演習 Culture and Communication Workshop
Cross-Cultural Understanding
異文化理解
選択
Oral English
オーラル ・ イングリッシュ
Elective
Overseas Training
専攻科海外研修
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
Health Science I
健康科学 I
選択
Health Science II
健康科学 II
Elective
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
一般教養科目開設単位合計
Subtotal of credits offered on subjects from general studies
一般教養科目修得単位合計
Subtotal of credits required on subjects from general studies
Creative Faculty Development
創発ゼミナール
Engineering Topics for Advanced Course Students
専攻科特別講義
必修
エンジニアリングプレゼンテーション Engineering Presentation
Required
Industrial Materials
工業材料
必修科目小計 Credits for required subjects
Numerical Methods for Engineering
数値計算法
Information Processing
情報応用
選択
Analytical Mechanics
解析力学
Elective
インクルーシブデザイン概論 Inclusive Design
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
専攻科インターンシップ Off-Campus Practical Training
Preliminary Reseach Studies
工学基礎研究
必修
Required 専攻科特別研究
Research Studies
必修科目小計 Credits for required subjects
Advanced Strength of Structures
構造力学特論
選択 A
Structural System I
構造システム I
Elective A
建設マネージメント Construction Management
Advanced Geotechnical Engineering
地盤工学特論
Transportation Planning
交通計画
Structural System II
構造システム II
Hydraulic Engineering I
水工システム I
Hydraulic Engineering II
水工システム II
Geotechnical Engineering System
地盤システム
Planning System
計画システム
Disaster Prevention System I
防災システム I
Disaster Prevention System II
防災システム II
Planning and Design of
選択 B
都市景観計画
Elective B
Urban Streetscape and Towns
Planning of Living Environment
住空間計画
History of the City I
都市形成史 I
History of the City II
都市形成史 II
Structural Design in Architecture
建築構造設計
Practice of Regional Planning I
地域計画演習 I
Practice of Regional Planning II
地域計画演習 II
Applied Structural Engineering in Architecture
応用建築構造
Construction Theory for Human-Environment
人間・環境構成論
選択科目開設単位計 Credits offered on elective subjects
Subtotal of credits offered for specialized subjects
専門科目開設単位合計
専門共通科目
一 般 教 養 科 目
Subjects from General Studies
人文社会
Humanities and
Social Studies
区分
Classification
専門科目修得単位合計
Subtotal of credits required for specialized subjects
一般教養・専門科目開設単位合計
Total of offered credits
一般教養・専門科目修得単位合計
Total of required credits
1 学年 2 学年 1st year
2nd year
前期 後期 前期 後期
1st
2nd
1st
2nd
2
2
2
2
6
2
2
2
2
8
2
2
2
2
8
1
1
2
2
6
1
1
1
1
26
14
8
}
2
2
10 単位以上
10 or more credits
2
2
2
2
2
8
2
2
2
2
2
2
2
2
2
8
8
2
1
4
2
8
14
3
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
42
6
72
19
38 単位以上
38 or more credits
98
33
62 単位以上
62 or more credits
2
1
1
1
3
}
}
4 単位以上
2
1
1
3
1
2 単位以上
2≦ credits
2
2
4
2
2
備考
Remarks
1
1
1
1
3
1
1
1
1
1
4 ≦ credits
2 単位以上
2≦ credits
2
2
4
}
2 単位以上
2 ≦ credits
1
2
3
4
4
4
4
2
2
2
2 単位以上
2≦ credits
2
2
2
2
2
2
2
2
選択 A と B
14 単位以上
14 or more
elective
credits
from A and B
2
2
2
2
2
2
14
21
14
19
2
8
13
29
22
14
31
テクノセンター
Technology Center
テクノセンターは、本校の教職員のもつ研究・教育に関
する知的資源を学外で活用し、地域企業・地域社会との交
流を深め、地域の発展に貢献するように活動する機関で
す。そのために、産業支援機関、自治体、他高専、卒業生及
び銀行等との連携、
「研究・教育シーズ集」の発行、また、
技術交流会、人材育成事業及びさまざまな講座の開催等
を実施しております。
The Technology Center is an organization acting to
contribute to local development and to deepen the
interaction between the college with local companies
and local communities. It utilizes the college staff’s
intellectual resources on research and education
in cooperation with community councils, industrial
support organizations, other colleges, alumni, financial
institutions and so on. It promotes the publication of
“Research and Educational Seeds” and technology
exchange meetings. The Technology Center also carries
out personnel training courses and lectures.
寄附金
Research Contributions
(金額単位:円) (Unit = Yen)
年度
Year
件数
Number Accepted
寄附者
Contributor
平成25
2013
16
新日鐵住金(株)、三信建設工業株式会社他
Nippon Steel & Sumitomo Metal Co,Sanshin Co., Ltd. etc
23,889,613
平成26
2014
18
(公財)ひょうご科学技術協会、三信建設工業株式会社他
Hyogo Science and Technology Association,Sanshin Co., Ltd.etc
17,128,432
技術講演会
Technical Lectures
年度
Year
演 題
Title
講 師
Lecturer
平成25
2013
生物系有機物(生ごみ、落葉、雑草、海藻など)の堆肥化方法
ー無電力、無撹拌で微生物を活性化させるにはー
Composting of Organic Matter (garbage, fallen leaves, weeds, seaweed)
in Biological System by Active Microorganisms in Passive Action
平石 年弘
HIRAISHI, Toshihiro
地盤環境修復のための遮水技術
Seepage Control Technologies for Recovering Geo-Environmental Pollutions
稲積 真哉 INAZUMI, Shinya
半導体材料の微弱な吸収の評価法
-薄膜太陽電池材料の光学的特性を評価する光熱変換法-
Method of measuring the weak sub-band absorption in the semiconductor
- Photothermal spectroscopy for evaluating the optical properties of thin-film
solar cell materials-
堤 保雄
TSUTSUMI, Yasuo
凝固問題に見る伝熱研究の展開
Development of Heat Transfer study on Solidification Problems
國峰 寛司
KUNIMINE, Kanji
平成26
2014
テクノセンター
32
金額
Sum
Technology Center
ものづくり支援セミナー in 明石
Production Studies Seminar in Akashi
年度
Year
平成26
2014
研究代表者
Researcher
小型締固め機械の締固め特性に関する研究
Compaction Properties of Small-sized Compacting Machinery
江口 忠臣
EGUCHI, Tadaomi
ネットワーク衛星デザイン「工房」のための連携教育フォーラム
Training Environmental Manager Concerning with Global Water Environment
梶村 好宏
KAJIMURA, Yoshihiro
建築学と医学の連携・融合分野に焦点をあてた新たな「建築・都市環境学」教材の作成
Creation of new “construction and city environmentology” teaching materials which focused on the cooperation field of architecture and medicine
大塚 毅彦
OTSUKA, Takehiko
マルチラテラル遠隔制御システムの発展的応用研究-体験実習から卒業研究課題等への展開-
Progressive Applied Study on Multi-lateral Tele-control System
上 泰
KAMI, Yasushi
小・中学生への防災教育を通じた高専と技科大の教育連携プロジェクト・その4
Development of Disaster Prevension Education Tool for Elementary and Junior High School Students by Cooperation between Institute and University of Technology (4)
神田 佳一
KANDA, Keiichi
由良川における洪水と波浪による河口砂州の変形特性に関する研究
Research on Mophological Responce of River Mouth Sand Bar under the Flood and Wave Conditions in Yuragawa River
神田 佳一
KANDA, Keiichi
イオンエンジングリット損耗解析用メッシングツールの研究開発
Development of the meshing program for the JIEDI (JAXA Ion Engine Development Initiative) tool.
梶村 好宏
KAJIMURA, Yoshihiro
廃石膏ボード由来再生石膏の品質管理法の検討および建設汚泥の脱水処理材としての適用性に関する研究
Geotechnical utilization of gypsums derived from waste plasterboards
佐野・稲積
SANO and INAZUMI
由良川河口砂州の動態とその制御法に関する研究
Mophological Responce of River Mouth due to Flooding in Yuragawa River
神田 佳一
KANDA, Keiichi
コンクリート構造物の塩化物イオン拡散予測の高精度化に関する研究
Advanced prediction method for surface chloride of concrete by numerical analysis
中村・武田
NAKAMURA and TAKEDA
高専-技科大間の連携による防災教育の情報共有化と防災教育ソフトとウエアに関する共同研究
Joint Study on Information Ownership and Educational Software of Disaster Prevension Education between Institute and University of Technology
神田 佳一
KANDA, Keiichi
竹繊維を混入したコンクリートの耐久性の評価
Evaluation of durability of Bamboo-fiber concrete
武田 字浦
TAKEDA, Naho
小型締固め機械の締固め特性に関する研究
Compaction Properties of Small-sized Compacting Machinery
江口 忠臣
EGUCHI, Tadaomi
西宮市船坂地区船坂小学校跡地施設における郷土資料館の計画に関する研究
A proposal for Funasaka historic museum in the former site of Funasaka elementary school at Nishinomiya city.
水島 あかね
MIZUSHIMA, Akane
仮橋・仮桟橋工事に於ける、設置・撤去工の足場用ゴンドラ工法の開発
Development of innovative temporary stage in construction works
稲積 真哉
INAZUMI, Shinya
ステアリン酸アルミニウムを混入したモルタルの物理的特性の評価
Physical properties of aluminum stearate mixed mortar
武田 字浦
TAKEDA, Naho
病院やケア施設での業務と運用のイノベーションを起こすスマート回診ロボットの研究
Research on development of smart round robot to generate inovation of service in hospital
上 泰
KAMI, Yasushi
マルチラテラル遠隔制御システムの発展的応用研究-体験実習から卒業研究課題等への展開-
Progressive Applied Study on Multi-lateral Tele-control System
上 泰
KAMI, Yasushi
高専ー技科大における実践的な機械設計教育プログラムの検討と作成
Development of practical education program for mechanical design in College of Technology and University of Technology
松塚 直樹
MATSUZUKA, Naoki
ネットワーク衛星デザイン「工房」のための連携教育フォーラム
Education forum for the design of networking satellite
梶村 好宏
KAJIMURA, Yoshihiro
あと施工アンカーの引抜疲労特性と対衝撃荷重に関する研究
Pullout Properties of Post-Installed Anchor in Concrete Under Impact Tensile Load
荘所 直哉
SHOJO, Naoya
熱帯地域におけるパッシブ制御による堆肥化方法の開発
Development of Passive Composting in Tropical
平石 年弘
HIRAISHI, Toshihiro
日本海沿岸域における砂州発達過程に関する数値シミュレーションモデルの開発
Numerical Simulation for Formation of Sand Bar along Coasts of the Sea of Japan
中村 文則
NAKAMURA, Fuminori
橋梁の固有振動数に及ぼす温度依存性に関する解析的研究
An analytical study on the effect of temperature dependence on natural frequencies of the bridge
三好 崇夫
MIYOSHI, Takao
レーザー核融合に用いる光源防御用の液体金属コイルシステムの開発
Development of the circulating liquid metal coil system for protecting laser beam ports and laser sources
梶村 好宏
KAJIMURA, Yoshihiro
建設系廃棄物のリサイクルにおける環境経済性評価手法の開発に関する研究
Development of methods for life cycle assessment on construction waste utilizations
稲積 真哉
INAZUMI, Shinya
高専-技科大間の連携による防災教育の情報共有化と防災教育ソフトとウエアに関する共同研究
Joint Study on Information Ownership and Educational Software of Disaster Prevension Education between Instituteand University of Technology
神田 佳一
KANDA, Keiichi
低環境負荷のパルス大強度磁界型外部消弧装置に関する送電網への適用条件の検討
Study for the usage of the magnetic pluse type circuit interrupter with low environmental load applying for the electric transmission network
梶村 好宏
KAJIMURA, Yoshihiro
「数独」の難易度を数値的に評価する手法に関する研究
Study for the numerical evaluation method of the difficulty of SUDOKU
梶村 好宏
KAJIMURA, Yoshihiro
研 究 題 目
Research Theme
研究代表者
Researcher
平成25
由良川河口地形の動態とその制御法に関する研究
Morphological Response of River Mouth due to Flooding in the Yuragawa River
高浜海浜公園におけるアオサの堆肥化方法に関する研究
Study of Composting sea lettuce at Takasago Beach Park
インクルーシブデザインによる「みんな」のレイズドべッド製作に関する研究
A Research on Design process of the lazed bed work for all by Inclusive Design
神田 佳一
KANDA, Keiichi
平石 年弘
HIRAISHI, Toshihiro
大塚 毅彦
OTSUKA, Takehiko
『課題設定による先導的人文•社会科学研究推進事業』
(実社会対応プログラム)高齢者施設等の地域への社会的•福祉的防災復興資源としての役割に関する研究
Research on the roles of elderly-peolpe institutions considering as social and walfare resources at the time of a disaster
大塚 毅彦
OTSUKA, Takehiko
『課題設定による先導的人文•社会科学研究推進事業』
(実社会対応プログラム)高齢者施設等の地域への社会的•福祉的防災復興資源としての役割に関する研究
Research on the roles of elderly-people institutions considering as social and welfare resources at the time of a disaster
大塚 毅彦
OTSUKA, Takehiko
モーターサイクル工場のディスプレイづくり検討
Study for the design of a motorcycle factory display
スリランカにおける生物系有機物の堆肥化に関する研究
Organic Waste Composting in Sri Lanka
高砂海浜公園におけるアオサの堆肥化方法に関する研究
Study of composting sea lettuce at Takasago Beach Park
大森・水島
OHMORI and MIZUSHIMA
平石 年弘
HIRAISHI, Toshihiro
平石 年弘
HIRAISHI, Toshihiro
工藤 和美
KUDOH, Kazumi
神田 佳一
KANDA, Keiichi
2013
平成26
2014
稲美町農業景観の情報発信に関する研究
A study on rural landscape infometion system of Inami city
総合治水の普及啓発に関する研究
Study on enligtment of comprehensive flood control
受
託
研
究
Grant Research
年度
Year
共
同
研
究
Cooperative Research
平成25
2013
研 究 題 目
Research Theme
33
グローバルエデュケーションセンター
グローバルエデュケーションセンターは、校内の英語学
習環境の整備と国際交流の促進を目的に設立されまし
た。当センターは2つの部門から成り立っており、それ
ぞれの部門は2つのユニットで構成されています。
国際教養部門
海外留学支援ユニット
・ニュージーランドやアメリカへの語学研修への学生派
遣。
・高専機構主催海外留学プログラムへの学生参加の促
進。
語学教育支援ユニット
「グローバルテラス」というオフィスにおいて、以下の
学生サポートを行います。
・セクレタリーが常駐し、学生に英語学習や海外留学サ
ポート。
・JASSOの奨学金や「トビタテ留学JAPAN」の申請書作
成のサポート。
・ネイティブ教員による予約制ミニ英会話レッスン。
・英語の多読速読本やTOEIC、TOEFLなどの問題集、英
語学習DVDを貸し出しサービス。
・英語学習ソフトがインストールされたタブレットPCの
貸し出しサービス。
・TOEIC短期集中コースの開設。
・研究論文の英文アブストラクト作成の指導。
・英語によるプレゼンテーションの指導。
・留学生との交流をはかるティーパ-ティーの開催。
グローバルコミュニケーション部門
学術交流推進ユニット
・協定校との交流を促進。
・海外からの教授を積極的に招聘し講演やワークショッ
プなどの企画と提供。
留学生支援ユニット
・協定校からの留学生受け入れの促進。留学生用ゲス
トハウス
「国際交流プラザ」の運営・管理。
・協定校への本校学生派遣を促進し、インターンシップ
研修に参加。
・留学生受け入れ数を増加。
グローバルエデュケーションオフィス Global Education Office
34
Global Education Center
The Global Education Center mainly handles the
following 2 duties: improving environment for English
learning in college, and promoting international
exchanges.The center consists of 2 divisions, and each
division has 2 units.
International Liberal Arts Division
International Admissions Support Unit handles the
following duties:
-Assisting students to participate in language programs
in New Zealand and the United States.
-Assisting students to participate in overseas study
programs hosted by NIT main office
Language Education Support Unit handles the
following duties:Providing students with the following
support at the office called “Global Terrace.”
-Secretaries in the room will provide students with
assistance in English learning and studying abroad
-Assisting students to prepare for application forms of
JASSO scholarship and ‘Tobitate Study-Abroad JAPAN
Program’
-Providing small lessons in English conversation guided
by native English teachers by appointment
-Lending English books for extensive and speed reading,
workbooks for TOEIC, TOEFL etc., and DVD for English
learning
-Lending tablet PC with software for English learning.
-Opening intensive course for TOEIC test
-Offering instruction for giving presentation in English
-Holding tea parties for interaction with international
students
Global communication Division
Overseas Research Promotion Unit will deal with the
following duties:-Promoting interaction with international
partner institutions
-Actively inviting professors from abroad and setting up
lectures and workshops
International Admissions Support Unit will handle the
following duties:
- Admitting international students from international
partner institutions. We established a facility called
“International Plaza” for this purpose.
- Sending our students to international partner institutions
for Internship Program
-Increasing the number of admission of international
students
国際交流プラザ
International Plaza
アクティブラーニングセンター
Active Learning Center
アクティブラーニングセンターでは、能動的な学修方法
の開発及び実践、
アクティブラーニングの推進及び環境
整備をおこなっています。
Active Learning Center (ALC) contributes to development of the
active learning methods and assistance of its practice as well
as improvement of environment and facilities to advance active
learning.
ICT を活用した教育の推進
Advance of education with ICT
高い教育効果と学生のITリテラシーを育成するた
め、ICT活用した授業をおこなっています。本センターで
は、授業におけるICT機器の活用支援をしています。
授業設計及び授業方法の改善にかかわる支援
教員・技術職員を対象に、授業設計及び授業方法に
関する勉強会や個別の相談をおこなっています。
サービスラーニング(地域と協働した学生の学びの場)
本校では、サービスラーニングを積極的におこなっ
ています。
この活動は、学生自らがキャンパス改良、地域
貢献プロジェクトに参画し、主体性、
コミュニケーション
能力等を向上させることを目的とした 「ソーシャル・マ
ーケット」(平成20年度学生支援GP採択)を発端とした取
り組みです。
主体的学びを促す学内環境の整備
様々な講義や活動に対応できる学内環境として、平
成27年 3月に協同学習センター(Cooperative Learning
Center)を開所するなど、学生の主体的な学びを促進す
る環境整備を進めています。
能動的な学修方法を学ぶための授業科目の検討
それぞれの科目にてアクティブラーニングを導入す
るとともに、学生が能動的学修について学習する機会
として、平成27年度から1年生の必修科目「アクティブラ
ーニングI」を開講しています。チーム学習をはじめとし
た様々な体験を通じて、聴くだけの受動的な学び方か
ら能動的な学修へ移行するために必要なスキル・態度
を、学んでいます。
※本校は、平成26年度文部科学省大学教育再生加速プログラム【テーマⅠアクティブ・ラー
ニング】に採択されており、
アクティブラーニングセンターが事業実施を担っています。
students. ALC assists faculty staff in use of ICT and its devices.
Assistance in developing class designs and teaching
methods
ALC holds study meetings on class designs and teaching
methods as well as provide individual advice on them to faculty
and technical staff.
Service learning: Cooperation with local communities
Our college is actively implementing service learning. The
activities that aim to promote our students participating in the
projects including the campus improvement and community
engagement and make their competence grow including selfdirection and communication have started since ‘social market’
program designated by the Student Support GP (FY2008) under
Ministry of Education.
Construction of internal environment to promote
students’ own initiative
ALC have constructed internal environment that promote students’
own initiative to learn such as the Cooperative Learning Center
opened in March 2015.
Examination of subjects to understand how to learn
actively
Besides introducing active learning methods in each subject, the
required subject named ‘Active Learning I’ has been provided our
first year students a class that gives experiences to understand
how to learn actively since Spring 2015. Their experiences
through such as team learning offer opportunities to learn the
skills and attitudes, and make our students’ learning style shift
from passive to active.
*Currently our college is designated by "Theme I: Active Learning" of the Acceleration Program
for University Education Rebuilding (FY2014) under Ministry of Education, and ALC takes a
central part of its implementation.
Service-Learning アクティブラーニングⅠ
Active Learning Ⅰ
Cooperative Learning Center ICT機器を活用した講義
Class with ICT
地域と協働した学生の学びの場
協同学習センター
Our college is carrying out the classes that utilize ICT to take
educational effect and improve the information literacy of our
35
情報メディアセンター
Information and Multimedia Center
Information and Communication
Technology Center
情報センター
情報処理教育・英語教育と学術研究を行うための施設
です。
情報センターにおける授業では、ネチケット、電子メー
ル、CG、文書・ホームページ作成、
プログラミング、CAD、
プ
レゼンテーションなどを学びます。
また、e-Learning システム
(英語学習システム)
も利用で
きます。
卒業研究・専攻科特別研究では、計算機シミュレーショ
ンや論文執筆、
プレゼンテーション資料の作成などを行い
ます。
利用時間等
授業期間中
演習室1、演習室2、演習室4
月曜日~金曜日
9:00~19:45
土曜日
10:00~16:15
準備室 どの曜日も 7:00~20:00
休業期間中
演習室1、演習室2、演習室4
月曜日~金曜日
9:00~17:00
準備室 どの曜日も 7:00~20:00
休館日
年末年始(12月28日~1月4日)
センターの設備
演習室1: Linux/Windows デュアルブートコンピュータ 50台
ネットワークモノクロプリンタ 2台
ネットワークカラープリンタ 1台
スキャナ
(演習室1)1台
演習室2:
Linux/Windows デュアルブートコンピュータ 52台
The Information and Communication Technology Center is a
facility used for information processing and English education and
for academic research. In classes at the Information Processing
Education Center, students utilize Netiquette, e-mail, CG, word
processing, homepage creation, programming, CAD, presentation
software, and so on. E-learning systems for practicing English are
also available. For graduation research and special research in the
Advanced Course, students can run numerical simulations, write
their papers, and create materials for their presentations in this
center.
Availability
During semesters:
Practice Room 1, 2, 4
Monday-Friday 9:00 - 19:45
Saturday
10:00 - 16:15
Preparation Room :
Monday-Saturday
7:00 - 20:00
During school holldays
Practice Room 1, 2, 4
Monday-Friday
9:00 - 17:00
Preparation Room: Monday-Saturday 7:00 - 20:00
Closed: December 28 to January 4 every year
Center Facilities and Equipment
Practice Room 1
50 Linux/Windows dual operating system computers
2 Network monochrome printers, 1 Network color printer
1 Scanner (Practice Room 1)
Practice Room 2
52 Linux/Windows dual operating system computers
2 Network monochrome printer, 1 Network color printer
Practice Room 3 (CAD/CAM)
22 Windows computers
2 3D printer
Practice Room 4 (BIM/CALL)
50 Windows computers
1 Network monochrome printer
Preparation Room:
7 Linux/Windows dual operating system computers
4 Windows computers, 1 Macintosh computers
1 Network monochrome printer, 1 Scanner
ネットワークモノクロプリンタ 2台
ネットワークカラープリンタ 1台
演習室3(CAD/CAM)
:
Windows コンピュータ 22台
3Dプリンタ 2台
演習室4(BIM/CALL):
Windows コンピュータ 50台
ネットワークモノクロプリンタ 1台
準備室:
Linux/Windows デュアルブートコンピュータ 7台
Windows コンピュータ 4台
Macintosh コンピュータ 1台
ネットワークモノクロプリンタV 1台
スキャナ 1台
授業風景
36
Computer Class
図書館
Library
About 110,000 books and 3,200 audiovisual titles
related to natural science and engineering, including
9,000 titles relevant to Hyogo Prefecture, are owned
by the library. A complete listing of these materials
can be retrieved from the library’s homepage. In
the main lobby of the library, there are 2 computer
terminals having search functions and a 6-booth AV
corner providing users with audiovisual materials.
During the semesters, the library is open to
students and the general public from 8:30am to
8:00pm on weekdays and from 10:00am to 4:30pm
on Saturdays. The library is closed on Sundays,
holidays, at the year’s end, and at the new year.
図書館では自然科学、工学関係を中心に約11万冊の
図書と3,200タイトルの視聴覚資料を所蔵しており、所蔵
資料はほぼすべて図書館ホームページから検索できるよ
うになっています。館内には検索用端末(2台)とAVコー
ナー(6ブース)も用意しています。
また、兵庫県関係の貴重な郷土資料9,000冊も所蔵して
います。
授業のある期間は平日8:30から20:00まで開館(土曜
日は10:00から16:30)
しており、
日曜・祝日、年末年始以外
は一般の方にも開放しています。
蔵書数
Collection of Materials
平成27年4月1日現在 As of April 1, 2015
図書冊数 Number of Books
分 類 Classification
総 記 General Works
和 書
Japanese
洋 書
Foreign
計
Total
19,737
762
20,499
哲 学 Philosophy
3,761
716
4,477
歴 史 History
9,622
236
9,858
9,000冊(図書約6,500冊、地図、図面、古文
社会科学 Social Science
7,898
362
8,260
自然科学 Natural Science
15,127
3,180
18,307
資料には、
このほか、郷土関係の雑誌約
355種類4,100冊があり、
これらの資料は、
工 学 Engineering
25,808
4,092
29,900
産 業 Industry
1,510
48
1,558
芸 術 The Arts
4,158
228
4,386
語 学 Language
4,204
1,055
5,259
文 学 Literature
10,967
1,718
12,685
102,792
12,397
115,189
合 計 Total
視聴覚資料
Collection of Audiovisual Materials
(注)総記には兵庫県関係の郷土資料約
書等の特殊資料約2,500点)を含む。郷土
本校以外の大学、研究機関等の研究者に
公開している。
Note : General works include approximately
9,000 special materials on Hyogo prefecture
(including 6,500 books, maps, drawings, and
ancient writings)
Library Use
利用状況
平成26年度 2014 Academic Year
平成27年4月1日現在 As of April 1, 2015
種 類 Classification
利用状況 Library Use
内 訳 Number
年間利用数 一日平均利用
Annual Total
Daily Use
VHS
1,178
29,053
100
CD
519
貸出し人数 Borrowers
3,296
11
LD
132
貸出し冊数 Books lent
6,497
22
AVコーナー利用人数 AV corner users
1,677
6
DVD
AVコーナー
1,396
AV Corner
入館者数
閲覧室
Users
Reading Room
37
Technical Education
Support Center
技術教育支援センター
技術専門職員及び技術職員の職務が、教育・研究の進展
とともに高度化・専門化していることに鑑み、本校の教育・
研究に関する技術的支援と専門的業務を円滑に効率的に
行うため、平成14年度より技術教育支援センターが設置さ
れました。
当センターでは、本校の教育・研究の支援及び技術に関
する業務として、以下のことを主に実施しています。
1.学生の実験・実習、演習及び卒業研究に関する技術的指導
2.全校を対象とした技術に関する業務
3.共同研究等における技術相談、技術協力及び技術指導
に関すること
技術教育支援センターでは、実習工場を管理・運営して
おります。実習工場の主な設備は以下の通りです。
The Technical Education Support Center was
established in 2002 to provide technical support for
research and educational activities. Here, specialized
technicians and technical support staff work to ensure
that the college research and educational activities take
place effectively and smoothly.
The main responsibilities of the center are as listed
below:
1.Technical guidance on the conduct of engineering
experiments and practice or graduation research
2.Technical support for the college as a whole
3.Technical guidance and collaboration on cooperative
research projects
The Technical Education Support Center manages
and administers the Machine Practice Workshop. The
main equipment in the workshop is listed below.
設備
Equipment
平成27年4月1日現在 As of April 1,2015
区分 Classification
機械加工設備
Mechanical
Manufacturing
Facilities
溶接設備
Welding Equipment
鋳造設備
Casting Equipment
マシニングセンタ
38
設備名
Equipment
レーザ加工機
Laser Process Machine
マシニングセンタ
Machining Center
NCフライス盤
NC Milling Machine
CNC旋盤
CNC Lathe
汎用旋盤
Engine Lathe
立てフライス盤
Vertical Milling Machine
ワイヤ放電加工機
Wire Electric Discharge Machine
平面研削盤
Surface Grinding Machine
直立ボール盤
Upright Drilling Machine
帯鋸盤
Band Sawing Machine
スポット溶接機
Spot Welder
ガス溶接機
C2 H2 - O2 Gas Welding Tool
アーク溶接機
Arc Welding Machine
TIG溶接機
Tungsten Inert Gas Welding Machine
CO2ガス溶接機
CO2 gas Shielded Arc Welding Machine
電気抵抗炉
Electric Resistance Furnance
Machining Center
公開講座
Public Lectures
学生寮
Dormitory Facilities
本校の学生寮は潮寮と名付けられ、規律ある共同生活
The student dormitory of our college is named Ushioryo. It is set up as a place of education, which establishes
a fundamental lifestyle through orderly community life,
fosters independency and positiveness, and cultivates
friendship.
Ushio-ryo consists of three buildings; two boys’
dormitories (Dorm A and Dorm C) and a girls’ dormitory
(Dorm B), and the total capacity is 205.
Dorm A has two-person rooms and four-person rooms,
and students from the first year to the third year are living
there. Dorm C has single rooms and fourth and fifth year
students are living there. Dorm B (the girls’ dormitory)
has single rooms for all grades. A dormitory leader and
other student officers are in each dormitory. There is an
officers’ union to represent the whole dormitory, which
carries out self-disciplined management with the help
of college staff.
を通じて基本的な生活習慣を確立するとともに自主性、
積極性を養い、友情を育てる教育の場として設置されてい
ます。
男子寮(A・C寮)、女子寮(B寮)の3棟があり、定員は
205名です。A寮(男子寮)は主として1~3年生が入
っており、2人部屋及び4人部屋があります。C寮(男子
寮)は4、5年生の1人部屋となっています。B寮(女子寮)
は全学年とも完全個室となっています。各寮には上級生
の寮長、指導寮生がおり、また、寮全体の寮生組織として
寮生役員会があり、教職員の指導のもとに寮生の自主性
を尊重した運営がなされています。
Dormitory Occupancy
入寮状況
学 科
Department
機 械 工 学 科 Mechanical Engineering
1年
1st Year
2年
2nd Year
3年
3rd Year
4年
4th Year
平成27年5月1日現在 As of May 1, 2015
5年
5th Year
計
Total
9[ 1]
11
11( 2)
[ 2]
8( 2)
電気情報工学科
Electrical and
Computer Engineering
11[ 1]
8[ 2]
3( 1)
11( 1)
[ 2]
5
38( 2)
[ 5]
都市システム工学科
Civil Engineering
11[ 4]
5
8( 2)
[ 1]
9( 1)
[ 3]
5[ 2]
38( 3)
[10]
Architecture
8[ 4]
8[ 4]
14( 2)
[ 2] 11( 2)
[ 3] 10( 1)
[ 2] 51( 5)
[15]
39[10]
32[ 6]
36( 7)
[ 5] 39( 6)
[ 8] 30( 2)
[ 5]176(15)
[34]
建
築
学
計
科
Total
[ ]内は女子数(内数)[ ]Female Students
防災訓練
Disaster drill
学生部屋
10( 1)
[ 1] 49( 5)
[ 4]
( )内は留学生数(内数) ( )Overseas Students
Students Room
39
College Calendar
学校行事
4月
入学式
April
Opening Ceremony
健康診断
Physical Checkup
1 年生合宿研修
6月
Entrance Ceremony
始業式
Orientation Camp for Freshmen
前期中間試験
June
Mid-term Examination for the First Semester
専攻科入学試験 ( 推薦 )
Entrance Examination for Admission into the Advanced Course
3年生合宿研修
Orientation Camp for Third Grade
保護者懇談会
Parent-teacher Meetings
近畿地区高専体育大会
Kinki Area Athletic Competitions Among Colleges of Technology
(By Recommendation)
7月
文化発表会
July
前期期末試験、専攻科前期試験
Term-end Examination for First Semester
編入学試験
8月
Examination for Transfer Admission into the Fourth Year
オープンキャンパス
August
全国高専体育大会
Open Campus
National Athletic Competitions Among Colleges of Technology
9月
専攻科入学試験 ( 学力 )
September
Entrance Examination for Admission into the Advanced Course (Written Test)
10 月
避難訓練
October
Fire Drills
11 月
スポーツ大会
Sports Festival
近畿地区高専ロボットコンテスト
Robot Contest in the Kinki District
プログラミングコンテスト
Programming Contest
2年生バス旅行
Bus Tour for the Second Grade
5年生見学旅行
Tour for the Fifth Grade
高専祭
College Festival
デザインコンペティション
November
近畿地区高専英語プレゼンテーションコンテスト
12 月
後期中間試験
1月
専攻科工学基礎研究発表会
December
3月
高専祭
専攻科特別研究審査発表会
Mid-term Examination for the Second Semester
Soccer Festival
January
入学試験(推薦)
2月
Design Competition
English Presentation Contest in the Kinki District
サッカー大会
40
Cultural Events
Research Presentations by the Preliminary Research Studies
Entrance Examination (By Recommendation)
February
Research Presentations by the Advanced Course Students
卒業研究審査発表会
Research Presentations by Fifth Year Students
後期期末試験、専攻科後期試験
Term-end Examination for Second Semester
入学試験 ( 学力 )
Entrance Examination (Written Test)
終業式
Closing Ceremony
卒業式・修了式
March
Commencement
College Festival
サッカー大会
Soccer Festival
Student Council
学生会
学生会組織図
Organization of Student Council
部
Clubs
文化局
Cultural Organizations
会計監査
Auditors
各種委員会
Committees
同好会
Associations
執行部
Executives
総会
General Meeting
評議会
Council Meeting
学級委員
Class Commitee
Members
部
Clubs
体育局
学級担任
Homeroom Teachers
Athletic
Organizations
環境局
Environmental
Organizations
男子ハンドボール部
広報局
同好会
Publicity
Organizations
Associations
Men’s Handball Club
吹奏楽部
写真部
音楽部
ESS
茶道部
合唱団 Fons Musicae
ロボット工学研究部
情報工学研究部
視覚メディア研究部
Wind Band Orchestra
Web製作研究部
Web Producing Laboratory
ゲーム創作研究部 棋道同好会
Shogi
ものづくり研究会
Industrial Engineering Research
イングリッシュガーデン同好会
美術同好会
English Garden
無線工学研究会
水と緑の同好会
水泳部
Wireless Technology Club
剣道部
Kendo
柔道部
野球部
陸上競技部
男子バレーボール部
サッカー部
ハンドボール部
男子バスケットボール部
ソフトテニス部
卓球部
クライミング部
テニス部
Judo
バドミントン部
女子バレーボール部
空手道部
Badminton
女子バスケットボール部
体操同好会
フットサル同好会
Women’s Basketball
合唱団 Fons Musicae
Photography
Music
English Speaking Society
Tea Ceremony
Chorus Club Fons Musicae
Robotics Research
Computer
Visual Media Research
Game Creator’s
Art Lovers
Greening
Swimming
Baseball
Track and Field
Men’s Volleyball
Soccer
Handball
Men’s Basketball
Soft Tennis
Table Tennis
Climbing
Tennis
Women’s Volleyball
Karate
Gymnastics
Futsal
Chorus Club Fons Musicae
41
Student Statistics
学生の概況
学
生
の
現
員
平成27年5月1日現在 As of May 1, 2015
学科
Department
入学定員
Standard Number of
Admissions
機械工学科
Mechanical Engineering
40
電気情報工学科
Electrical and Computer
Engineering
40
1年
1st year
2年
2nd year
3年
3rd year
4年
4th year
5年
5th year
計
Total
男 Male
40
41
38
44
45
208
女 Female
3
1
6
2
1
13
43
40
2
42
31
12
43
25
17
42
136
34
170
42
35
5
40
28
12
40
27
17
44
131
35
166
44
43
3
46
38
7
45
31
16
47
150
32
182
46
37
8
45
32
11
43
31
13
44
144
34
178
46
39
3
42
35
5
40
26
15
41
145
24
169
221
194
21
215
164
47
211
140
78
218
706
159
865
2年
2nd year
計
Total
計 Total
男 Male
女 Female
計 Total
男 Male
都市システム工学科
Civil Engineering
Enrollment
区分
Classification
40
女 Female
計 Total
男 Male
建築学科
Architecture
40
女 Female
計 Total
男 Male
計
Total
160
女 Female
計 Total
入学定員
専攻科
Advanced Cource
建築・都市システム工学専攻
計
Applicants
Overseas Students
0
0
計 Total
14
19
33
男 Male
13
12
25
4
7
11
計 Total
17
19
36
男 Male
27
31
58
4
7
11
31
38
69
女 Female
16
Total
計 Total
学科 Department
入学定員
Standard
Number of
Admissions
志願者数
Applicants
男 M
平成 25
2013
160
平成 26
2014
160
平成 27
2015
160
専攻科
倍率
入学定員
competitive Standard Number of
Ratio
Admissions
243
1.9
女 F
55
男 M
182
女 F
48
男 M
187
16
1.4
16
1.5
女 F
Advanced Course
志願者数
Applicants
男 M
34
女 F
8
男 M
43
女 F
9
男 M
41
女 F
6
倍率
competitive Ratio
2.6
3.3
16
45
33
2.9
学科 Department
3年 3rd year
4年 4th year
機械工学科
Mechanical Engineering
マレーシア 1
Malaysia
中国 1
China
マレーシア 1
Malaysia
中国 1
China
電気情報工学科
Electrical and Computer
Engineering
マレーシア 1
Malaysia
マレーシア 1
Malaysia
2
都市システム工学科
Civil Engineering
マレーシア 1
Malaysia
モンゴル 1
Mongolia
マレーシア 1
Malaysia
3
建築学科
Architecture
マレーシア 1
Malaysia
カンボジア 1
Cambodia
マレーシア 1
Malaysia
モンゴル 1
Mongolia
カンボジア 1
Cambodia
5
6
2
15
合 計 Total
42
19
0
女 Female
8
Architecture and Civil Engineering
留
学
生
の
状
況
14
女 Female
8
Mechanical and Electronic System Engineering
年度
Academic
Year
1年
1st year
男 Male
機械・電子システム工学専攻
入
学
志
願
状
況
区分
Classification
Standard Number
of Admissions
7
5年 5th year
マレーシア 1
Malaysia
合計 Total
5
出身府県別学生数
学科
Department
機械工学科
Mechanical Engineering
電気情報工学科
Electrical and Computer
Engineering
1
都市システム工学科
Civil Engineering
建築学科
Architecture
小 計
Subtotal
機械工学科
Mechanical Engineering
電気情報工学科
Electrical and Computer
2 Engineering
都市システム工学科
Civil Engineering
建築学科
Architecture
小 計
Subtotal
機械工学科
Mechanical Engineering
電気情報工学科
Electrical and Computer
Engineering
3
都市システム工学科
Civil Engineering
建築学科
Architecture
小 計
Subtotal
機械工学科
Mechanical Engineering
電気情報工学科
Electrical and Computer
Engineering
4
都市システム工学科
Civil Engineering
建築学科
Architecture
小 計
Subtotal
機械工学科
Mechanical Engineering
電気情報工学科
Electrical and Computer
5 Engineering
都市システム工学科
Civil Engineering
建築学科
Architecture
小 計
Subtotal
機械工学科
Mechanical Engineering
電気情報工学科
Electrical and Computer
Engineering
都市システム工学科
Civil Engineering
建築学科
Architecture
合 計 Total
学年
専攻
Year
Advanced Course
機械・電子システム工学専攻
Mechanical and Electronic
System Engineering
1 建築・都市システム工学専攻
合 計 Total
学年
Year
2
Architecture and
Civil Engineering
小 計
Subtotal
機械・電子システム工学専攻
Mechanical and Electronic
System Engineering
建築・都市システム工学専攻
Architecture and
Civil Engineering
合計 Total
小 計
Subtotal
機械・電子システム工学専攻
Mechanical and Electronic
System Engineering
建築・都市システム工学専攻
Architecture and
Civil Engineering
合 計
Total
Students Demographics
大阪
Osaka
40 (2)
2 (1)
1
43 (3)
38 (2)
3
1
42 (2)
38 (10)
1 (1)
36 (16)
1
3 (1)
7 (2)
3 (1)
152 (30)
京都
Kyoto
平成27年5月1日現在 As of May 1, 2015
兵庫
Hyogo
1
39 (1)
38 (5)
滋賀 和歌山
鳥取
福岡 鹿児島 東京
宮城 北海道 中国 カンボジア マレ -シア モンゴル
岡山
香川
徳島
広島 佐賀 長野
Shiga Wakayama Okayama Tokushima Kagawa Tottori Hiroshima Saga Nagano Fukuoka Kagoshima Tokyo Miyagi Hokkaido China Cambodia Malaysia Mongolia
1
1
1 (1)
1
1
2
2
1
43 (12)
1
42 (17)
2 (1)
1
1
1
170 (34)
1
42 (1)
1
40 (5)
40 (12)
40 (12)
41 (16)
2 (1)
158 (34)
3 (1)
1
1
1
1
42 (6)
1
44 (17)
1
166 (35)
1
45 (3)
41 (6)
1
44 (16)
1
172 (31)
1
1
1
39 (9)
2 (1)
1
1
1
38 (2)
2
39 (4)
1
1 (1)
1
2 (1)
1
1
46 (3)
1
45 (7)
1
182 (32)
47 (16)
1
46 (2)
1 (1)
45 (8)
1 (1)
1
1
1
4 (1)
1
4 (1)
42
38 (14)
1
1
44 (6)
1
1
1
1
1 (1)
1
38 (12)
160 (30)
1
1
43 (2)
40 (7)
計
Total
1
1
1
1
1
1
1
1
43 (11)
1
1
44 (13)
4 (2)
1
178 (34)
1 (1)
46 (1)
1 (1)
42 (3)
1 (1)
40 (5)
1
1 (1)
1
1 (1)
1
1
41 (15)
157 (20)
4 0
2 (1)
1
2 (2)
206 (11)
3 (1)
1 0
1 0
0 0
2 0
1 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0
0
0 0
1 0
0 0
1 0
2 0
0 0
3 (1)
0 0
221 (13)
169 (24)
199 (19)
7 0
0 0
1 0
0 0
1 0
1 0
0 0
0 0
1 0
0 0
1 0
0
0
1 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
3 (2)
0 0
215 (21)
197 (41)
3 (2)
1 (1)
1 0
1 0
0 0
0 0
1 0
1 0
0 0
1 (1)
0 0
0
0
0 0
0 0
1 0
0 0
0 0
0 0
3 (2)
1 0
211 (47)
197 (74)
6 (1)
3 (1)
1 (1)
1 0
2 (1)
0 0
0 0
0 0
0 0
1 0
0 0
1
0
0 0
0 0
0 0
0 0
1 0
2 0
2 0
1 0
218 (78)
799 (145) 19 (4)
兵庫
Hyogo
5 (2)
4 (1)
2 0
5 (1)
2 0
1 0
1 0
1 0
2 (1)
1 0
1
0
1 0
1 0
1 0
1 0
3 0
2 0
11 (5)
2 0
865 (159)
計
Total
14 0
14 0
17 (4)
31 (4)
17 (4)
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
19 0
31 (4)
19 0
19 (7)
19 (7)
38 (7)
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
38 (7)
33
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
33 0
36 (11)
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
36 (11)
69 (11)
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
0 0
69 (11)
(注)( )内の数字は女子を内数で示す。 ( )Female Students
奨学生数
区分
Scholarship Recipients
Class ification
学年
Year
日本学生支援機構
Japan Student Services Organization (JASSO)
その他 Other
平成27年5月1日現在 As of May 1, 2015
学科
Department
1年1st 2年2nd 3年3rd
7
5
11
小計
4年4th
5年5th
4
11
S ubtotal
38
専攻科
Advanced C ourse
1年 1st
2年 2nd
0
2
計
Total
40
5
4
6
5
2
22
0
1
23
在学生 C urrent E nrollment
12
9
17
9
13
60
0
3
63
170
166
182
178
169
865
31
38
934
Percentage of Students on S cholarship
7.1
5.4
9.3
5.1
7.7
6.9
0.0
7.9
6.7
計 Total
在学生に対する比率(%)
43
学科卒業者数
Alumni
学 科
Department
区 分 Classification
平成23年度卒業者数
機械工学科
電気工学科
電気情報工学科 都市システム
建築学科
Electrical and
工学科
Civil
Computer
Architecture
Engineering
Engineering
Mechanical
Electrical
Engineering Engineering
Class of 2011
平成24年度卒業者数
Class of 2012
平成25年度卒業者数
Class of 2013
平成26年度卒業者数
Class of 2014
卒業者数累計
42
44
43
169
37
37
35
41
150
47
42
42
40
171
38
36
40
43
157
477
1,775
1,691
7,079
1,292
Advanced Course Alumni
専攻科修了者数
専 攻
Course
区 分 Classification
機械・電子システム工学専攻
建築・都市システム工学専攻
合計
Mechanical and Electronic System
Engineering
Architecture and Civil Engineering
Total
16
16
32
15
14
29
16
10
26
12
13
25
223
205
428
平成23年度修了者数
Class of 2011
平成24年度修了者数
Class of 2012
平成25年度修了者数
Class of 2013
平成26年度修了者数
Class of 2014
修了者数累計
Alumni Total as of March 2015
Continued Education and Employment
進路状況
平成26年度
機械
工学科
Classification
求人数 Job Offers
500人 以上の事業所
Firms with 500 or more employees
規 模 別 By size
499~101人の事業所
Firms with 499 ~ 101 employees
Public Offices
497
製造業
General Machinery
そ の 他
Other
電気・ガス・水道業
Electricity/Gas/Waterworks
114
593
4
2
6
2
2
1
2
1
1
2
9
1
1
1
3
1
1
3
3
8
21
8
15
17
61
7
10
17
5
4
4
9
14
4
4
10
1
1
2
3
3
3
1
4
1
1
5
1
1
1
7
0
1
1
3
0
4
2
6
3
1
0
1
0
1
1
3
3
8
21
8
15
17
61
14
28
25
25
92
1
4
3
1
3
Public Service
そ の 他 Other
1
2
10
1
進 学 者 Continued Education
計
Total
479
Other
計 Total
Mechanical and
Architecture and
Electronic System Civil Engineering
Engineering
1,525
5
Transportation/Communication
公 務
機械・電子シス 建築・都市シス
テム工学専攻
テム工学専攻
235
11
運輸・通信業
専門・技術サービス業
Professional and Technical Services
そ の 他
T otal
10
Electrical Machinery
Transportation Machinery
260
計
5
電気機械器具
運輸用機械器具
建築学科
Civil
Architecture
Engineering
15
Construction
一般機械器具
都市システ
ム工学科
専攻科 Advanced Course
41
建 設 業
Manufacturing
就 職 者 Number Employed
533
Firms with 101 employees or less
官 公 庁
電気情報
工学科
Mechanical Electrical and
Engineering Computer
Engineering
100 人 以下の事業所
計 Total
産 業 別 By Industry
2014 Academic Year
学科 Department
区分
44
Total
40
1,844
Alumni Total as of March 2015
合 計
4
4
5
9
14
7
4
11
0
専攻科への進学状況
Students Continuing onto Advanced Courses
卒業年度
Class
高専名
National Institute
of Technology
26年度
24年度
~22年度
23年度
25年度
2014
2012
~2010
2011
2013
Academic Year Academic Year Academic Year Academic Year Academic Year
明石高専
Akashi College
津山高専
Tsuyama College
合 計
Total
372(403)
25(25)
28(29)
36(37)
31(31)
25(25)
28(29)
36(37)
31(31)
1
(1 )
373(404)
( )内は合格者数
( )Number of students who passed the entrance examination
大学院への進学状況
Students Continuing onto Graduate Schools
卒業年度
Class
大学名 University
北海道大学
Hokkaido University
東北大学
大学院
Graduate School
大学院
Tohoku University
茨城大学
~23年度
~2011
Academic Year
Graduate School
6
Graduate School
大学院
1
筑波大学
大学院
2
大学院
1
大学院
3
Graduate School
千葉大学
Chiba University
Graduate School
東京大学
The University of Tokyo
東京医科歯科大学
Graduate School
2012
Academic Year
1
大学院
東京農工大学
東京工業大学
Tokyo Institute of Technology
長岡技術科学大学
大学院
Graduate School
大学院
3
Graduate School
金沢大学
大学院
Kanazawa University
Graduate School
大学院
信州大学
Graduate School
3
岐阜大学
大学院
1
Graduate School
名古屋大学
3
1
1
3
3
1
Shinshu University
Gifu University
2014
Academic Year
1
5
Nagaoka University of Technology
26年度
2
大学院
Graduate School
2013
Academic Year
1
Tokyo Medical and Dental University Graduate School
Tokyo University of
Agriculture and Technology
25年度
1
Ibaraki University
University of Tsukuba
24年度
Nagoya University
Graduate School
大学院
4
1
豊橋技術科学大学
大学院
1
3
2
大学院
14
1
2
2
大学院
5
大学院
26
2
1
1
Toyohashi University of Technology
京都大学
Kyoto University
Graduate School
Graduate School
京都工芸繊維大学
Kyoto Institute of Technology
大阪大学
Osaka University
Graduate School
Graduate School
兵庫教育大学
Hyogo University of Teacher Education
神戸大学
Kobe University
奈良女子大学
Nara Women's University
和歌山大学
Wakayama University
岡山大学
Okayama University
大学院
大学院
26
1
大学院
1
1
大学院
1
大学院
9
Graduate School
Graduate School
Graduate School
Graduate School
広島大学
Hiroshima University
山口大学
1
Graduate School
大学院
Yamaguchi University
Graduate School
大学院
3
徳島大学
大学院
3
九州大学
Graduate School
Kyushu University
Graduate School
大学院
4
九州工業大学
大学院
7
Kyushu Institute of Technology
Graduate School
北陸先端科学技術大学院大学
Japan Advanced Institute of Science and Technology
奈良先端科学技術大学院大学
Nara Institute of Science and Technology
大阪市立大学
Osaka City University
兵庫県立大学
University of Hyogo
Ritsumeikan University
5
4
大学院
3
大学院
3
Graduate School
立命館大学
1
大学院
Graduate School
Graduate School
1
1
Graduate School
The University of Tokushima
1
2
1
2
2
1
合 計
Total
149
16
16
11
45
大学(3年次)への編入学状況
国公立大学
University 3rd-year Transfer Admissions
National and P ublic Universities
大 学 名
University
北海道大学
Hokkaido University
24年度
~23年度
2012
~ 2011
Academic Y ear Academic Y ear
39
1 (1)
25年度
2013
Academic Y ear
4 (4)
帯広畜産大学
Obihiro University of Agriculture and
Veterinary Medicine
室蘭工業大学
Muroran Institute of Technology
岩手大学
Iwate University
東北大学
Tohoku University
茨城大学
Ibaraki University
山形大学
Y amagata University
筑波大学
University of T sukuba
群馬大学
G unma University
埼玉大学
S aitama University
千葉大学
Chiba University
東京大学
The University of Tokyo
東京農工大学
Tokyo University of Agriculture and
Technology
東京工業大学
Tokyo Institute of
Technology
奈良女子大学
Nara Women's University
(1)
1 (1)
1
35
3 (3)
1 (3)
1
1 (1)
2
57
5 (5)
9 (13)
5 (6)
51
2 (2)
4 (4)
2 (2)
1 (1)
1 (2)
3 (3)
13
2 (3)
(3)
1 (1)
69
2 (7)
2 (6)
1 (4)
2 (4)
2 (2)
4
1
46
2 (4)
18
2 (3)
46
1 (1)
10
1 (1)
2 (2)
長崎大学
Nagasaki University
4
1 (1)
熊本大学
Kumamoto University
10
14
(1)
5
(1)
3 (4)
2 (8)
8
3 (4)
(1)
3 (3)
1
(1)
2 (3)
1 (1)
1 (2)
2 (2)
1 (1)
9 (19)
1 (3)
11 (24)
3 (4)
5 (12)
1 (2)
1 (1)
1 (2)
2 (2)
3 (3)
3 (5)
2 (2)
10 (10)
9 (11)
13 (13)
24年度
~23年度
2012
~ 2011
Academic Y ear Academic Y ear
岡山県立大学
Okayama Prefectural University
広島市立大学
Hiroshima City University
北九州市立大学
University of Kitakyushu
高知工科大学
Kochi University of Technology
合 計
Total
5 (6)
8 (9)
2 (3)
(1)
(2)
(1)
1 (1)
(1)
1
1 (2)
5
6
1 (1)
1 (1)
1 (1)
1 (2)
20
7
(3)
2 (3)
1 (1)
2 (2)
1 (1)
4
1
3
28
20
1 (1)
3
2
(1)
1
1 (1)
1
1546
76 (108)
79 (125)
60 (87)
As for the Univ ersity of Tokyo and Kyoto University,transfer placements are in the second year
Number of students who enrolled, ( )Number of students who passed the entrance examination
25年度
2013
Academic Y ear
26年度
2014
Academic Y ear
2
1
3
1
1
21
兵庫県立大学
University of Hyogo
(1)
2 (3)
4
35
佐賀大学
S aga University
宮崎大学
Miyazaki University
鹿児島大学
Kagoshima University
琉球大学
University of the R yukyus
公立はこだて未来大学
Future University Hakodate
札幌市立大学
S apporo City University
群馬県立女子大学
G unma Prefectural Women's
University
首都大学東京
Tokyo Metropolitan University
滋賀県立大学
University of S higa Prefecture
京都府立大学
Kyoto Prefectural University
京都市立芸術大学
Kyoto City University of Arts
大阪市立大学
Osaka City University
大阪府立大学
Osaka Prefecture University
1 (1)
2 (2)
(1)
5
1 (1)
金沢大学
15
Kanazawa University
福井大学
32
University of Fukui
岐阜大学
14
G ifu University
静岡大学
9
S hizuoka University
名古屋大学
7
Nagoya University
名古屋工業大学
11
Nagoya Institute of Technology
豊橋技術科学大学
Toyohashi University
225
of Technology
三重大学
28
Mie University
滋賀大学
1
S higa University
京都大学
48
Kyoto University
京都工芸繊維大学
21
Kyoto Institute of Technology
大阪大学
154
Osaka University
東京大学,京都大学については2年次への編入
数字は進学者数、( )
内は合格者数を示す。
1 (1)
大 学 名
University
関西大学
Kansai University
大阪芸術大学
Osaka University of Arts
桃山学院大学
Momoyama G akuin University
甲南大学
Konan University
神戸芸術工科大学
Kobe design University
鳥取環境大学
Tottori University of E nvironmental
S tudies
合 計
46
15
1
3
関西大学については2年次への編入
数字は進学者数、( )
内は合格者数を示す。
2 (3)
大分大学
Oita University
110
立命館大学
R itsumeikan University
9 (11)
15
13
26年度
2014
Academic Y ear
8 (9)
12
1 (1)
25年度
2013
Academic Y ear
171
16
2
富山大学
University of Toyama
和歌山大学
Wakayama University
鳥取大学
Tottori University
島根大学
S himane University
岡山大学
Okayama University
広島大学
Hiroshima University
山口大学
Y amaguchi University
徳島大学
The University of Tokushima
香川大学
Kagawa University
愛媛大学
E hime University
九州大学
Kyushu University
24年度
~23年度
2012
~ 2011
Academic Y ear Academic Y ear
九州工業大学
Kyushu Institute of Technology
6
電気通信大学
The University of
E lectro-Communications
横浜国立大学
Y okohama National University
新潟大学
Niigata University
長岡技術科学大学
Nagaoka University of Technology
山梨大学
University of Y amanashi
信州大学
S hinshu University
東京理科大学
Tokyo University of S cience
日本大学
Nihon University
明治大学
Meiji University
創価大学
S oka University
同志社大学
Doshisha University
1 (1)
4
お茶の水女子大学
Ochanomizu University
大 学 名
University
神戸大学
Kobe University
1 (1)
29
平成27年4月現在 As of April 1,2015
大 学 名
University
2 (2)
3
東京海洋大学
Tokyo University of Marine S cience
and Technology
私立大学 P rivate Universities
26年度
2014
Academic Y ear
Total
24年度
~23年度
2012
~ 2011
Academic Y ear Academic Y ear
25年度
2013
Academic Y ear
26年度
2014
Academic Y ear
8
1
1
2
1
1
43
As for the Kansai University,transfer placement is in the second year
Number of students who enrolled, ( )Number of students who passed the entrance examination
0 (0)
0 (0)
1 (1)
教員の研究活動等
Research Activities
科学研究費補助金
Grants-in-Aid for Scientific Research
(金額単位 千円) (One Unit = 1,000 Yen)
区 分
年度
Classification
Academic Year
平成 25 年
2013
平成 26 年
2014
基盤研究(C)
若手研究(B)
Grants-in-Aid for
Grants-in-Aid
Scientific Research (C) for Young Scientists (B)
件数 Number
8
1
7,200
17
600
19,500
(5,670)
1
6,687
18
0
(2,006)
13,887
(0)
合計
Grant-in-Aid
(0)
8
(2,160)
A Share of the
Scientists
(2,760)
9
金額 Amount
小計
Subtotal
9,200
(2,910)
件数 Number
Grants-in-Aid for
Encouragement of
8
9,700
金額 Amount
分担金
奨励研究
(4,166)
受入
送金
in
out
10
2
2,230
400
Total
27
21,330
(669) (120)
10
2
2,230
400
(6,219)
28
15,717
(669) (120)
(4,715)
( )内は間接経費 ( )Indirect Costs
*平成25年度の基盤研究(C)には年度途中での他機関からの転入1件を含む。
* Grants-in-Aid for Young Scientists in 2008 includes one recipient who tranferred from another institution in the middle of the year
在外研究員
Overseas Research Scholarships
年度
氏名
学科
研究期間
受入機関
Academic Year
Name
Department
電気情報工学科
Research Period
Host Institution
Electrical and Computer
Engineering
2015.4.1 - 2016.3.31
平成 27 年
周山 大慶
2015
SUYAMA, Taikei
文部科学省競争的資金事業
年度
Academic Year
平成 19 年
2007
平成 20 年
2008
平成 21 年
2009
ワシントン大学(アメリカ)
University of Washington(USA)
Good Practice Project
プログラム名 Program Title
取組名 Contents
社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム
Re-learning Promotion Program
結婚・出産後に社会復帰する女性のための CAD 技能習得プログラム
CAD Skill Learning Program for Woman after Marriage or Childbirth
新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム
Student Support Program for Social Needs
ソーシャルマーケットを利用した学生の育成
Fostering Students through a Social Market
大学教育・学生支援推進事業【テーマ A】(大学教育推進プログラム)地球観測衛星
情報を用いた系統的環境教育
Collage Education Promotion Program〔Theme A〕Systematic Environmental
Education with Information from Observation Satellite
代表者・専任スタッフ
Staff
鍋島 康之
NABESHIMA, Yasuyuki
松田 安隆
MATSUDA, Yasutaka
鍋島 康之
NABESHIMA, Yasuyuki
平成 24 年
2012
大学間連携共同教育推進事業
Program for Promoting Inter-University Collaborative Education
近畿地区7高専連携による防災技能を有した技術者教育の構築
Education for Engineers with disaster risk reduction skills
in collaboration with seven colleges in the Kinki region
鍋島 康之
NABESHIMA, Yasuyuki
松野 泉 ( 特命教員 )
MATSUNO, Izumi(Contract Professor)
太田 敏一 ( 特命教員 ) OHTA, Toshikazu (Contract Professor)
出村 沙代 (URA)
DEMURA, Sayo (Research Administrator)
平成 26 年
2014
大学教育再生加速プログラム
Acceleration Program for University Education Rebuilding : AP
【テーマⅠ】アクティブ・ラーニング
〔Theme Ⅰ〕Active learning
平石 年弘
HIRAISHI, Toshihiro
岡田 大輔 ( 特命教員 )
OKADA, Daisuke(Contract Professor)
佐伯 亮太 (URA)
SAEKI, Ryota (Research Administrator)
国立高等専門学校機構事業
NIT Project
年度
Academic Year
事業名 Title
平成 26 年
2014
グローバル高専モデル事業
NIT Global Education Project
平成 26 年
2014
アクティブラーニング推進モデル事業
NIT Active Learning Project
専任スタッフ
Staff
栗田 梨津子(特命教員)
KURITA, Ritsuko (Contract Professor)
水野 裕貴 (URA)
MIZUNO, Yuki (Research Administrator)
保田 洋 (URA)
YASUDA, Hiroshi (Research Administrator)
47
公開講座
Public Lectures
平成 26 年度 2014 Academic Year
主催学科等
Host Department
機械工学科
Mechanical Engineering
機械工学科
技術教育支援センター
Mechanical Engineering
Technical Education Support Center
電気情報工学科
Electrical and Computer Engineering
講座の名称
Lecture Title
受講対象者
Target Audience
親子で楽しむロボット工作 6足歩行ロボットでサッカーをしよう
Robot Assembly for Parents and Child: Let’s Play Soccer with 6 Legged Robots
親子で楽しむロボット工作 ボクシングロボットで遊ぼう
Robot Assembly for Parents and Child: Let’s Play with Boxing Robots
センサで動くロボットを作ってみよう! Let's Make a Mobile Robot Equipped with Sensors
ものづくりは面白い!ー実習工場でものづくりー
Enjoy Mechanical Engineering!: Let's Make Accessories
親子で楽しむ手作りおもちゃ教室 わたがし機をつくろう
Handmade Toy for Parents and Child:Let's Make Cotton Candy Machine
親子で楽しむ手作りおもちゃ教室 万華鏡をつくろう
Handmade Toy for Parents and Child : Let's Make Kaleidoscope
針金ハンガーで地デジ用アンテナを作ろう!
Let's Make antenna for ISDB-T based on wire hanger
コンピュータで 3 次元アニメーションを作ろう
Let's Make 3D Computer Animation on Computer
中学生のための電気講座~レゴロボットで学ぶ電気のしくみ~
Electrical Engineering for Junior High School Students: LEGO Robot
Andoroid スマホのアプリを作ってみよう
Developing Android Apps by Using MIT App Inventor
モデルロケット講座
Let's Make and launch a model rocket
小学生と保護者
Kids and Parents
中学生
Junior High School Student
小学生と保護者
Kids and Parents
中学生
Junior High School Students
小学生と保護者・中学生
Kids and Parents, and Junior High School Students
身近な水辺環境を調べてみよう
Let's examine the nearby water environment
CAD による都市のデザイン
Urban Design Using CAD
割り箸で強い橋をつくろう!
Making Model Bridges with Chopsticks!
CG による都市のデザイン
Urban Design Using CG
都市システム工学科
Civil Engineering
中学生
Junior High School Students
災害図上訓練 DIG で身近な防災対策を考えよう!
Let's study disaster measures with DIG!
「竹炭づくりを体験しよう !!」
Let's make bamboo charcoal!
津波の実験を体験してみよう !
Let's study tsunami mitigation programs
体験しよう!地盤(土)の液状化
Let's study the soil liquefaction!
小学生と保護者・中学生
Kids and Parents, and Junior High School Students
鉄筋コンクリートってなに?
What's Reinforced Concrete?
長大橋の科学
Science of Long Bridge
都市システム工学科
技術教育支援センター
Civil Engineering
Technical Education Support Center
建築学科
Architecture
建築学科
技術教育支援センター
Architecture
Technical Education Support Center
夏休み 自由研究のヒント!「これは酸性?アルカリ性?水の性質を調べてみよう」
Let's examine the property of the water!
セメントアートに挑戦
Let's challenge Cement Art
小学生と保護者
Kids and Parents
【夏休み自由工作教室】カラフル泥団子をつくろう
Summer school: Let's make colored clay balls!
カラフルセメントを使った雑貨づくり
The making of miscellaneous goods with colored cementt
小学生と保護者・中学生
Kids and Parents, and Junior High School Students
小学生・中学生の立場から身近な防災・減災を考える
Let's consider disaster prevention and reduction from the view
小学生と保護者・中学生
Kids and Parents, and Junior High School Students
ソーラークッカーを作ってお湯を沸かしてみよう!
Let's make Solar Cooker and boil hot water !
折り紙建築 世界遺産を折り紙でつくってみましょう
Origami Architecture: Let's fold world heritage buildings
割り箸で強い橋をつくろう!
Making Model Bridges with Chopsticks!
48
中学生
Junior High School Students
小学生と保護者・中学生
Kids and Parents, and Junior High School Student
CGによる都市のデザイン
Urban Design Using CG
支出決算額
Annual Statement
支出(平成 26 年度)
Expenditures(2014)
金額(単位:千円)
Amount in Thousands Yen
教育研究費
Education and Research Expenses
327,206
一般管理費
General Management Expenditure
53,593
施設整備費 Facilities Improvement Expenditure
53,708
産学連携等研究経費 Industry-Academia Collaborative Research Expenses
14,403
寄附金事業費 Endowments
13,705
その他補助金 Other Grants
52,195
計 Total
3%
3%
514,810
10%
10%
10%
64%
教育研究費
Education and Research Expenses
一般管理費
General Management Expenditure
施設整備費
Facilities Improvement Expenditure
施設の概況
産学連携等研究経費
Industry-Academia Collaborative Research Expenses
寄附金事業費
Endowments
その他補助金
Other Grants
Land and Buildings
平成 27 年 4 月 1 日現在 As of April 1 2015
土地 Land
敷地総面積 Total Area(㎡)
74,790
内 訳 (㎡)
校舎敷地 College Grounds
38,375
学寮敷地 Dormitory Grounds
10,347
運動場敷地 Athletic Grounds
26,068
建物 Buildings
建物総延面積 Total Area(㎡)
内 訳 (㎡)
校舎地区 College Buildings
27,398
22,440
学寮地区 Dormitory Buildings
4,321
職員宿舎地区 Staff Lodging
637
49
地区
Area
区分
Classification
校舎棟等施設
構造
地上階
建築面積 (㎡ )
延床面積 (㎡ )
建築年月
Structure Name
Fiscal Year of Construction
Structure
Floors
Base Area
Floor Space
本館・電気都市棟
Electrical Engineering and Computer and Civil
Engineering Building and Administration Building
RC
3
3,135
8,827
S.38.3
機械建築棟
Mechanical Engineering and Architecture Building
RC
3
1,542
4,029
S.40.3
1965
実習工場
Machine Practice Workshop
S
1
696
696
S.39.3
1964
協同学習センター
Cooperative Learning Center
RC
1
408
408
S.46.12
1971
教室棟
Classroom Building
RC
3
150
450
S.55.7
1980
階段教室
Lecture Hall
RC
1
216
216
S.55.7
1980
門衛所
Security Guardhouse
RC
1
23
23
S.38.3
1963
車庫
Garage
RC
1
108
108
倉庫 1
Storeroom 1
B
1
31
31
S.40.3
1965
事務用物品倉庫
Office Supply Room
B
1
30
30
S.43.3
1968
危険物薬品庫
Storeroom for Chemicals
B
1
30
30
S.47.3
1972
器具庫
Warehouse
S
1
70
70
S.55.3
1980
物品庫
Supply Room
RC
1
54
54
S.62.3
1987
倉庫 2
Storeroom 2
S
1
60
60
専攻科棟
Advanced Course Building
RC
4
272
978
H.9.11
1997
テクノセンター
Technology Center
RC
4
104
413
H.12.11
2000
応用物理実験室
Applied Physics Laboratory
S
1
155
155
S.46.3
1971
インフラ総合実験棟
Civil Infrastructure Laboratory
S
1
323
323
H.26.3
2014
総合的河川流実験室
Global River Flow Laboratory
S
1
50
50
H.26.3
2014
7,457
16,951
Subtotal
小計
屋内運動場
校舎地区
College Area
名 称
体育館
Gymnasium
S
1
1,598
1,598
S.40.3
1965
武道場
Judo and Kendo Hall
S
1
476
476
S.42.3
1967
2,074
2,074
Subtotal
小計
屋外運動場附属施設
プール附属屋
Swimming Pool Annex
B
1
72
72
S.41.3
1966
屋外便所
Lavatory
B
1
10
10
S.41.3
1966
体育器具庫
Sports Equipment Warehouse
B
1
244
244
体育器具庫
Sports Equipment Warehouse
S
1
29
29
S.63.3
1988
屋外更衣室
Locker Room
S
1
89
89
S.58.11
1983
444
444
S.46.3
1971
Subtotal
小計
図書館
情報メデイアセンター
Information and Mutimedia Center
792
1,739
792
1,739
施設
福利厚生
国際交流プラザ
International Plaza
RC
2
98
203
S.50.3
1975
Welfare Facilities
RC
2
422
812
S.57.3
1982
520
1,015
S.46.3
1971
Subtotal 設備室
ボイラー室
Boiler Room
RC
1
156
156
ポンプ室等
Pump Room
RC
1
20
20
ガスボンベ室
Gas Cylinder Room
B
1
8
8
H.6.3
1994
変電室
Transformer Room
RC
1
33
33
S.38.3
1963
217
217
Subtotal
11,504
22,440
寄宿舎A寮
Dormitory A
Total
RC
S
3
3
456
1,341
S.38.3
1963
寄宿舎B寮(女子寮)
Dormitory B (Girls)
RC
3
290
866
S.39.3
1964
寄宿舎C寮
Dormitory C
RC
4
327
1,267
S.40.3
1965
食堂
Cafeteria
334
S.38.3
1963
Bath-house
1
1
1
1
334
浴室
RC
S
RC
B
114
114
S.38.3
1963
洗濯場
Laundry Room
RC
1
24
24
S.40.3
1965
寄宿舎中央棟
Dormitory Management Building
RC
2
152
305
S.51.3
1976
1,697
4,251
B
1
23
23
S.41.10
1966
RC
1
38
38
B
1
計
寄宿舎施設
学寮地区
Dormitory Area
2
福利施設
小計
Subtotal
小計
Storeroom
倉庫
設備室
Pump Room
ポンプ室他
Subtotal
小計
職員宿舎施設
職員宿舎地区
Staff Lodging Area
RC
Subtotal
小計
小計
Total
9
9
70
70
1,767
4,321
職員宿舎
Staff Lodging
RC
3
209
627
S.40.3
1965
ボンベ室
Gas Cylinder Room
RC
1
10
10
S.40.3
1965
219
637
計
計
Total
(注)RCは鉄筋コンクリート造、Sは鉄骨造、Bはブロック作りの略語です。
50
1963
RC = Reinforced concrete structure S = Steel structure B =Block structure
歴代校長
Former Presidents
氏 名
初代
村田 治郎
事務取扱 大坪 経之
在職期間
Term in Office
Name
昭和 37 年 4 月 1 日~昭和 46 年 3 月 31 日
昭和 46 年 4 月 1 日~昭和 46 年 4 月 5 日
1st
MURATA, Jiro
April 1, 1962-March 31, 1971
Acting
President OTSUBO, Tsuneyuki
April 1, 1971-April 5, 1971
二代
鷲尾 健三
昭和 46 年 4 月 5 日~昭和 53 年 4 月 2 日
2nd WASHIO, Kenzo
April 5, 1971 - April 2, 1978
三代
荒木 謙一
昭和 53 年 4 月 2 日~昭和 60 年 3 月 31 日
3rd
ARAKI, Kenichi
April 2, 1978 - March 31, 1985
四代
佐藤 讓
昭和 60 年 4 月 1 日~平成 4 年 12 月 22 日
4th
SATO, Yuzuru
April 1, 1985 - December 22, 1992
五代
大谷 巖
平成 4 年 12 月 23 日~平成 9 年 3 月 31 日
5th
OHTANI, Iwao
December 23, 1992 - March 31, 1997
六代
近藤 昌彦
平成 9 年 4 月 1 日~平成 13 年 3 月 31 日
6th
KONDO, Masahiko
April 1, 1997 - March 31, 2001
七代
行田 博
平成 13 年 4 月 1 日~平成 15 年 11 月 30 日
7th
GYODA, Hiroshi
April 1, 2001 - November 30, 2003
八代
髙 久晴
平成 15 年 12 月 1 日~平成 20 年 3 月 31 日
8th
TAKA, Kyusei
December 1, 2003 - March 31, 2008
九代
京兼 純
平成 20 年 4 月 1 日 ~平成 27 年 3 月 31 日
9th
KYOKANE, Jun
April 1, 2008 - March 31, 2015
十代
笠井 秀明
平成 27 年 4 月 1 日 ~
10th KASAI, Hideaki
名誉教授
氏名
黒田 満
片岡 義雄
宮下 純一
坂井 渉
野々村 泰三
佐藤 讓
坂田 精三
高林 讓
土井 崇司
大谷 巖
愛原 惇士郎
髙端 宏直
近藤 昌彦
平野 正夫
船引 啓吾
岡﨑 修三
行田 博
向山 寿孝
谷本 祝紀
前田 良昭
澤 孝平
渡邉 宏
髙 久晴
竜子 雅俊
中尾 睦彦
角田 忍
大原 康昇
香川 勝俊
丸茂 榮佑
吉村 公男
二宮 博
藤野 達士
大橋 健一
友久 誠司
倉光 利江
京兼 純
称号授与年月日
昭和 61 年 10 月 8 日
昭和 62 年 7 月 10 日
平成元年 6 月 22 日
平成 2 年 6 月 20 日
平成 3 年 6 月 19 日
平成 5 年 4 月 14 日
平成 6 年 4 月 6 日
平成 7 年 4 月 5 日
平成 7 年 4 月 5 日
平成 9 年 4 月 7 日
平成 10 年 5 月 6 日
平成 11 年 4 月 7 日
平成 13 年 4 月 11 日
平成 14 年 5 月 10 日
平成 14 年 5 月 10 日
平成 15 年 5 月 9 日
平成 15 年 12 月 3 日
平成 16 年 4 月 27 日
平成 17 年 4 月 6 日
平成 18 年 4 月 5 日
平成 18 年 4 月 5 日
平成 18 年 4 月 5 日
平成 20 年 4 月 9 日
平成 20 年 4 月 9 日
平成 21 年 4 月 8 日
平成 21 年 4 月 8 日
平成 21 年 4 月 8 日
平成 21 年 4 月 8 日
平成 22 年 4 月 7 日
平成 22 年 4 月 7 日
平成 23 年 4 月 20 日
平成 25 年 3 月 13 日
平成 25 年 3 月 13 日
平成 25 年 3 月 13 日
平成 26 年 4 月 16 日
平成 27 年 4 月 15 日
April 1, 2015 -
Emeritus Professors
退職時の職名
一般科目
教授
機械工学科
教授
機械工学科
教授
一般科目
教授
機械工学科
教授
校長
電気工学科
教授
一般科目
教授
建築学科
教授
校長
機械工学科
教授
都市システム工学科 教授
校長
一般科目
教授
一般科目
教授
機械工学科
教授
校長
都市システム工学科 教授
建築学科
教授
機械工学科
教授
都市システム工学科 教授
建築学科
教授
校長
電気情報工学科 教授
電気情報工学科 教授
都市システム工学科 教授
一般科目
教授
一般科目
教授
機械工学科
教授
建築学科
教授
一般科目
教授
電気情報工学科 教授
都市システム工学科 教授
都市システム工学科 教授
一般科目
教授
校長
Name
KURODA, Mitsuru
KATAOKA, Yoshio
MIYASHITA, Junichi
SAKAI, Wataru
NONOMURA, Taizo
SATO, Yuzuru
SAKATA, Seizo
TAKABAYASHI, Yuzuru
DOI, Takashi
OHTANI, Iwao
AIHARA, Junshiro
TAKAHASHI, Hironao
KONDO, Masahiko
HIRANO, Masao
FUNABIKI, Keigo
OKAZAKI, Shuzo
GYODA, Hiroshi
MUKAIYAMA, Toshitaka
TANIMOTO, Tokinori
MAEDA, Yoshiaki
SAWA, Kohei
WATANABE, Hiroshi
TAKA, Kyusei
RYOKO, Masatoshi
NAKAO, Mutsuhiko
KAKUTA, Shinobu
OHHARA, Yasunori
KAGAWA, Katsutoshi
MARUMO,Eisuke
YOSHIMURA,Kimio
NINOMIYA,Hiroshi
FUJINO,Tatsushi
OHASHI,Kenichi
TOMOHISA,Seishi
KURAMITSU,Rie
KYOKANE, Jun
Date Honored
Oct. 8, 1986
Jul.10, 1987
Jun. 22, 1989
Jun. 20, 1990
Jun. 19, 1991
Apr. 14, 1993
Apr. 6, 1994
Apr. 5, 1995
Apr. 5, 1995
Apr. 7, 1997
May. 6, 1998
Apr. 7, 1999
Apr. 11, 2001
May 10, 2002
May 10, 2002
May 9, 2003
Dec. 3, 2003
Apr. 27, 2004
Apr. 6, 2005
Apr. 5, 2006
Apr. 5, 2006
Apr.5, 2006
Apr. 9, 2008
Apr. 9, 2008
Apr. 8, 2009
Apr. 8, 2009
Apr. 8, 2009
Apr. 8, 2009
Apr. 7, 2010
Apr. 7, 2010
Apr. 20, 2011
Mar. 13, 2013
Mar. 13, 2013
Mar. 13, 2013
Apr. 16, 2014
Apr. 15, 2015
Faculty Position at Retirement
General Studies
Professor
Mechanical Eng. Dep.
Professor
Mechanical Eng. Dep.
Professor
General Studies
Professor
Mechanical Eng. Dep.
Professor
President
Electrical Eng. Dep.
Professor
General Studies
Professor
Architecture Dep.
Professor
President
Mechanical Eng. Dep.
Professor
Civil Eng. Dep.
Professor
President
General Studies
Professor
General Studies
Professor
Mechanical Eng. Dep.
Professor
President
Civil Eng. Dep.
Professor
Architecture Dep.
Professor
Mechanical Eng. Dep.
Professor
Civil Eng. Dep.
Professor
Architecture Dep.
Professor
President
Electrical and Comp. Eng.Dep. Professor
Electrical and Comp. Eng.Dep. Professor
Civil Engi. Dep.
Professor
General Studies
Professor
General Studies
Professor
Mechanical Eng. Dep.
Professor
Architecture Dep.
Professor
General Studies
Professor
Electrical and Comp. Eng.Dep. Professor
Civil Eng. Dep.
Professor
Civil Eng. Dep.
Professor
General Studies
Professor
President
51
「国立学校設置法の一部を改正する法律」により、最初の国立工業高等専門学校 12 校の
一つとして設置され、機械工学科、電気工学科及び土木工学科の 3 学科(3 学級)が置
昭和37年 4月 1日
かれた。 校長に村田治郎(京都大学名誉教授)が任命された。
神戸大学(神戸市灘区六甲台)に仮事務室を置き、創設事務を開始した。
沿
革
4月23日
開校式並びに第1回入学式を仮校舎(兵庫県立農科大学加古川第 1 農場校舎)において
挙行した。入学生数 129 名
昭和38年 3月23日 第1期建設工事完成(本校舎、寄宿舎)
昭和39年 3月15日 第2期建設工事完成(校舎、寄宿舎の増築、機械工場)
昭和40年 3月15日 第3期建設工事完成(校舎、寄宿舎の増築、体育館、第1期環境整備)
昭和41年 3月10日 第2期整備完成(寄宿舎ボイラー設備、プール)
4月 1日
昭和 41 年省令第 22 号(国立学校設置法施行規則の一部を改正する省令)により、建築
学科を新設、4学科となる。
昭和42年 3月20日 第1回卒業式挙行 卒業生数 106 名
3月25日 第4期建設工事完成
7月 1日
電気工学科が電気事業法の規定に基づく主任技術者の資格等に関する省令第1条第1項
の規定による学校認定を受けた。(第2種及び第3種電気主任技術者)
昭和43年 3月 1日
電気工学科が無線従事者国家試験及び免許規則第21条第1項の規定による学校認定を
受けた。
(第2級無線技術士)
昭和46年 3月31日 図書館並びに学生食堂完成
12月 7日 電子計算機室完成
昭和47年10月11日 創立10周年記念式典挙行
昭和50年 3月31日 合宿研修所完成
昭和51年 3月25日 寄宿舎中央棟完成
昭和53年 3月31日 基幹整備完成(共同溝、暖房、電気)
昭和55年 7月22日 教室棟及び階段教室完成
昭和57年 3月31日 福利施設完成(学生食堂、課外活動共用室、和室等)
10月26日 創立20周年記念式典挙行
平成 6年 4月 1日 土木工学科が都市システム工学科に改組
9月30日 基幹整備完成(電源、給水等)
平成 8年 4月 1日 専攻科設置(機械・電子システム工学専攻、建築・都市システム工学専攻)
4月10日 第1回専攻科入学式挙行 入学生数 22 名
平成 9年 6月 4日 地域共同教育研究センターを設置
11月18日 専攻科棟完成
平成10年 3月20日 第1回専攻科修了証書授与式挙行 修了者数 18 名
平成11年 3月26日 教育環境改善の施設改修完成(エレベーター・スロープ・自動ドア等)
4月 1日 電気工学科が電気情報工学科に改組
平成12年 3月30日 一般科目・管理部本館の改修及び増築
3月31日 電気情報工学科・都市システム工学科棟の改修及び増築
11月13日 テクノセンター棟完成
平成14年 3月30日 機械工学科・建築学科棟の改修及び増築
平成16年 4月 1日 独立行政法人国立高等専門学校機構明石工業高等専門学校を設置
平成17年 3月25日 寄宿舎女子寮を整備
平成22年 3月15日 体育館の改修
平成23年 3月31日 学生食堂の改修
平成24年 9月28日 正門の改修
11月17日 創立50周年記念式典挙行
平成25年10月15日 学生寮 C 寮の改修
平成26年 4月 1日 情報メディアセンター完成
平成27年 4月 1日 協同学習センター及びグローバルエデュケーションオフィス完成
4月24日 国際交流プラザ完成
52
April 1
April 23
1963
March 23
1964
March 15
1965
March 15
1966
March 10
College History
1962
Founding of Akashi College of Technology (ACT) under the laws of establishment for national schools in
Japan. ACT was one of the first 12 technical colleges in Japan, and it included three departments: The
Mechanical Engineering, Electrical Engineering, and Civil Engineering Departments. Emeritus Professor
of Kyoto University MURATA Jiro was appointed as President. Temporary offices were set up at Kobe
University in the Nada ward of Kobe.
First entrance ceremony and the opening of the temporary college building at the Hyogo Prefectural
University of Agriculture in Kakogawa.
Completion of the first stage of construction on college buildings and dormitories.
Completion of the second stage of construction (including college buildings, dormitories, and the Machine
Practice Workshop).
Completion of the third stage of construction (including college buildings, dormitories, and the gymnasium,
as well as the first stage of environmental improvements).
Completion of a pool and a dormitory boiler.
April 1 Establishment of the Architecture Department as the fourth academic department.
1967
March 20 First graduation ceremony (106 graduates).
March 25 Completion of the fourth stage of construction.
Accreditation for “Class 2 and Class 3 Qualified Electrical Engineer” training within the Electrical
Engineering Department.
Accreditation for “Class 2 Technical Radio Operator” training within the Department of Electrical
March 1
Engineering.
March 31 Completion of the library and student dining room.
July 1
1968
1971
December 7 Completion of the computer lab facilities.
1972
October 11 Tenth Anniversary Commemoration Ceremony.
1975
March 31 Completion of the student lodging facilities.
1976
March 25 Completion of the Dormitory Management Building.
1978
March 31 Renovations to joint structure, heating, and electricity.
1980
July 22 Completion of the classroom building and the lecture hall.
1982
March 31 Completion of welfare facilities (student dining room, extracurricular room, Japanese room).
October 26 Twentieth Anniversary Commemoration Ceremony.
1994
April 1 Name change of the Civil Engineering Department (in Japanese only).
September 30 Renovation of utilities installation (power source, water supply).
1996
April 1
Establishment of the Advanced Course (Mechanical & Electronic System Engineering and Architecture &
Civil Engineering).
April 10 First Advanced Course entrance ceremony (22 students).
1997
June 4 Establishment of the Cooperative Research Center.
November 18 Completion of the Advanced Course building.
1998
March 20 First graduation ceremony for the Advanced Course (18 graduates).
1999
March 26 Renovations to increase barrier-free access.
April 1
2000
The Electrical Engineering Department was reorganized as the Electrical and Computer Engineering
Department.
March 30 Completion of building renovations for the Administration and General Studies Building.
March 31
Completion of building renovations for the Electrical and Computer Engineering Department and Civil
Engineering Department.
November 13 Completion of building renovations for the Technology center
2002
March 30
2004
Completion of building renovations for the Mechanical Engineering Department and Architecture
Department.
April 1 Formation of the Institute of National Colleges of Technology, Japan.
2005
March 25 Establishment of the girls’ dormitory.
2010 March 15 Renovation of the gymnasium
2011
March 31 Renovation of the student dining room.
2012 September 28 Renovation of the main gate
November 17 Fiftieth Anniversary Commemoration Ceremony
2013
2014
2015
October 15 Renovation of the dormitory C
April 1 Completion of the Information and Multimedia Center
April 1 Completion of Cooperative Learning Center and Global Education Office
April 24 Completion of International Plaza
53
1 一般管理部本館 Administration and General Studies Building
9 協同学習センター Cooperative Learning Center
2 電気情報工学科 Electrical and Computer Eng. Department
10 情報メディアセンター Information and Multimedia Center
3 都市システム工学科 Civil Engineering Department
11 階段教室 Lecture Hall
4 機械工学科 Mechanical Engineering Department
12 体育館 Gymnasium
5 建築学科 Architecture Department
13 武道場 Judo and Kendo Hall
6 専攻科棟 Advanced Course Building
14 福利施設・食堂 Welfare Facilities and Cafeteria
7 テクノセンター Technology Center
15 学生寮 Dormitories
8 実習工場 Machine Practice Workshop
16 国際交流プラザ International Plaza
ロゴマーク
校章
College Logo
College Emblem
本校創立50周年を記念して公募したもので、本校電気情報工学科の学生による
最優秀作品を基に作成したものである。明石の「明」
という字をスクールカラーのえ
本校の所在地,明石の「明」
で翼をかたどり明石高専の発展と学生の未来へ向
んじ色で図案化した。ハートの形には、学生同士が絆を深めあって豊かな学生生活
かって大きく飛躍する姿を象徴したものである。
を送る、
という意味が込められ、4つの学科と専攻科及び一般科目のカラーを用い
て葉の模様を表現している。
A logo mark design competition was held to commemorate our 50th year
anniversary. This 50th anniversary logo mark was created based on the 1st
prize design, won by a student from the Electric and Computer Engineering
department.The logo was designed using the first Chinese character for Akashi
(明), and the dark red, which is our school color. It has also a heart shape to
express the students deepen bonds, which will lead them to a rich student life.
The logo also includes a leaf, in which all school departments, and the Advanced
Course are represented by their respective color
The design of the college emblem was influenced by the college’s location.
The wing-shaped patterns on the left and right sides of the emblem are
characteristic of the first Chinese character used to spell Akashi 「明」. The
wings represent a positive future that will lift up National Institute of Technology,
Akashi College, Japan and its students through developments made within the
college and challenges taken on and conquered by the students.
学生歌
College Song
うしお
たましい
とお
作詞 中小路 駿 逸
作曲 村 山 貞 雄
おおと
きお
ち てい
にちりん
あけぼのの明石大門 どよむ 潮 の
けんがく
てっとう
かがやきに咲きいづる 若き 魂
じ ち
は
研 学 のいしずえは 地底に徹 り
れいろう
自治の鉄 塔 は 日 輪 に勢 えり
お
あゆ
いな みくにはら
玲 瓏 と雲に映ゆ 明石高専
くにつち
しら
国 土 のあすを負う 若きともがら
しごせん
しまやま
いちどう
腕を組み あたらしき 歩 みをおこせば
とお
子午線に日ぞ 白 む 印南 国 原
ゆ
はる
うら青き 島 山 に 足音はこだます
はりまなだ
行き 徹 れ 一 道 を 明石高専
ゆうばえ
ほ
えが
夕 映 の播磨灘 ひとみも 遥 かに
しおさい
てんくう
さいはての波の穂に 歌声のひびけば
み ら いず
と わ
潮 騒 は胸に満ち きらめく星座は
えいこう
大いなる未来図を 天 空 に描く
栄 光 永遠にあれ 明石高専
54
学校位置図
至 大久保インター
国道 2 号線
Area Map
魚住市民センター
豊岡
至鳥取
至姫路
京都丹後鉄道
和田山
明石西郵便局 〒
至明石
JR 魚住駅
山陰本線
山陽新幹線
明石高専
ライオン明石工場
国道 250 号線(明姫幹線)
播
但
線
至津
山
山陽魚住駅
加
古
川
線
JR 姫
新線
至岡山
正門
県道 明石高砂線
JR 宝塚線
姫路
加古
網干
川
山陽
宝塚
JR 魚住
電鉄
山陽新幹線
西明石
明石
山陽魚住
JR 神 戸 線
新神戸
三宮
阪急電鉄
阪神電鉄
至新大阪
尼崎
明石海峡大橋
淡路島
Telephone Numbers
電話番号等
電話 Telephone
ファックス Fax
総務課(総務部門)・総務係 General Affairs Division
078-946-6017
078-946-6028
総務課(財務部門)・財務係 Financial Affairs Division
078-946-6031
078-946-6041
学生課・教務係 Student Affairs Division
078-946-6044
078-946-6053
一般科目 General Studies
078-946-6106
078-946-6106
機械工学科 Mechanical Eng. Dep.
078-946-6213
078-946-6214
電気情報工学科 Electrical and Computer Eng. Dep.
078-946-6137
078-946-6138
都市システム工学科 Civil Eng. Dep.
078-946-6183
078-946-6184
建築学科 Architecture Dep.
078-946-6235
078-946-6235
ホームページ
URL : http://www.akashi.ac.jp/
平成27年度学校要覧
2015 College Catalogue
編 集 明石工業高等専門学校
広報委員会
発 行 独立行政法人 国立高等専門学校機構
明石工業高等専門学校
〒674-8501
兵庫県明石市魚住町西岡679-3
電話:078-946-6017
ファックス:078-946-6028
ホームページ:http://www.akashi.ac.jp
Editor
Public Relations Committee,
National Institute of Technology, Akashi College, Japan
Publisher National Institute of Technology, Akashi College, Japan
679-3, Nishioka,
Uozumi-cho, Akashi,
Hyogo, Japan 674-8501
Tel: +81-78-946-6017 Fax: +81-78-946-6028
URL: http://www.akashi.ac.jp
55
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
147
File Size
4 559 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content