close

Enter

Log in using OpenID

HP Proliantサーバートラブルシューティングガイド

embedDownload
HP Proliantサーバー
トラブルシューティングガイド
摘要
このガイドでは、HP ProLiant G7以前のサーバーの一般的な各種トラブルシューティング手順と解決策について説明します。このガイドは、
サーバーおよびサーバーブレードのインストール、管理、トラブルシューティングの担当者を対象とし、コンピューター機器の保守の資格が
あり、高電圧製品の危険性について理解していることを前提としています。
製品番号:375445-594
2013年8月
版数:13
© Copyright 2004, 2013 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。HP製品およびサービスに対する保証については、当該製品およびサービスの保証
規定書に記載されています。本書のいかなる内容も、新たな保証を追加するものではありません。本書の内容につきましては万全を期してお
りますが、本書中の技術的あるいは校正上の誤り、脱落に対して、責任を負いかねますのでご了承ください。
Microsoft®、Windows®およびWindows Server®は、Microsoft Corporationの米国における登録商標です。
Intel®、インテル®およびPentium®はインテルコーポレーションまたはその子会社のアメリカ合衆国およびその他の国における商標または登録
商標です。
本製品は、日本国内で使用するための仕様になっており、日本国外で使用される場合は、仕様の変更を必要とすることがあります。
本書に掲載されている製品情報には、日本国内で販売されていないものも含まれている場合があります。
目次
はじめに ................................................................................................................................................. 8
更新情報 ............................................................................................................................................................ 8
改訂履歴 ............................................................................................................................................................ 8
375445-593(2011年10月) .................................................................................................................. 8
375445-592(2011年4月) .................................................................................................................... 9
375445-591(2011年1月) .................................................................................................................... 9
開始するには ......................................................................................................................................... 11
HP ProLiant 100シリーズのサーバーのトラブルシューティング情報 ..................................................................... 11
このガイドの使用方法 ...................................................................................................................................... 11
診断前の手順 ................................................................................................................................................... 12
安全に使用していただくために ............................................................................................................... 12
症状に関する情報 .................................................................................................................................. 15
診断のためのサーバーの準備 .................................................................................................................. 15
よく発生する問題の解決策 ...................................................................................................................... 18
接続不良 .......................................................................................................................................................... 18
サービス通知 ................................................................................................................................................... 18
ファームウェアの更新 ...................................................................................................................................... 18
DIMMの取り扱いのガイドライン ....................................................................................................................... 19
ハードディスクドライブのガイドライン ............................................................................................................ 19
SASおよびSATAハードディスクドライブのガイドライン .......................................................................... 19
SCSIハードディスクドライブのガイドライン ........................................................................................... 19
ハードディスクドライブLEDの組み合わせ .......................................................................................................... 20
ホットプラグ対応SCSIハードディスクドライブLEDの組み合わせ ............................................................... 20
SASおよびSATAハードディスクドライブLEDの組み合わせ ........................................................................ 20
HP Trusted Platform ModuleとBitLocker™が有効化されているサーバーの更新 ......................................................... 21
診断フローチャート ............................................................................................................................... 22
トラブルシューティングのフローチャート ......................................................................................................... 22
トラブルシューティングフローチャート参照Webサイト .......................................................................... 22
診断フローチャートの開始 ..................................................................................................................... 24
一般的な診断フローチャート .................................................................................................................. 25
電源投入時の問題のフローチャート ........................................................................................................ 26
POST実行時の問題のフローチャート ....................................................................................................... 30
オペレーティングシステム起動時の問題のフローチャート........................................................................ 32
サーバーの障害表示のフローチャート ..................................................................................................... 34
ハードウェアの問題 ............................................................................................................................... 37
すべてのProLiantサーバーに適用される手順........................................................................................................ 37
電源の問題 ...................................................................................................................................................... 37
電源の問題 ............................................................................................................................................ 37
パワーサプライの問題 ............................................................................................................................ 37
システムの開回路および短絡 .................................................................................................................. 38
UPSの問題 ............................................................................................................................................. 38
ハードウェアに関する一般的な問題................................................................................................................... 39
新しいハードウェアの問題 ..................................................................................................................... 39
未知の問題 ............................................................................................................................................ 40
他社製デバイスの問題 ............................................................................................................................ 41
内部システムの問題 ......................................................................................................................................... 42
目次
3
バッテリパックの問題 ............................................................................................................................ 42
CD-ROMドライブとDVDドライブの問題 .................................................................................................. 42
ディスケットドライブの問題 .................................................................................................................. 43
ドライブの問題(ハードディスクドライブおよびソリッドステートドライブ) .......................................... 44
SDカードの問題 ..................................................................................................................................... 46
USBドライブキーの問題 ......................................................................................................................... 46
ファンの問題 ......................................................................................................................................... 47
HP Trusted Platform Moduleの問題 ........................................................................................................... 48
メモリの問題 ......................................................................................................................................... 48
PPMの問題 ............................................................................................................................................ 50
プロセッサーの問題 ............................................................................................................................... 51
テープドライブの問題 ............................................................................................................................ 51
グラフィックアダプターとビデオアダプターに関する問題........................................................................ 53
外付デバイスの問題 ......................................................................................................................................... 53
ビデオの問題 ......................................................................................................................................... 53
マウスとキーボードの問題 ..................................................................................................................... 55
オーディオの問題 .................................................................................................................................. 55
プリンターの問題 .................................................................................................................................. 55
ケーブルの問題 ..................................................................................................................................... 56
ローカルI/Oケーブルの問題 ................................................................................................................... 56
モデムの問題 ......................................................................................................................................... 56
ネットワークコントローラーの問題 ........................................................................................................ 58
拡張ボードの問題 .................................................................................................................................. 59
ソフトウェアの問題 ............................................................................................................................... 60
オペレーティングシステムの問題および解決...................................................................................................... 60
オペレーティングシステムの問題 ........................................................................................................... 60
オペレーティングシステムのアップデート .............................................................................................. 61
バックアップしたバージョンの復元 ........................................................................................................ 61
ソフトウェアを再設定または再ロードしなければならない場合 ................................................................. 62
Linuxオペレーティングシステム .............................................................................................................. 63
アプリケーションソフトウェアの問題 ............................................................................................................... 63
ソフトウェアのロックアップ .................................................................................................................. 63
ソフトウェアの設定変更後のエラー ........................................................................................................ 63
システムソフトウェア変更後のエラー ..................................................................................................... 63
アプリケーションインストール後のエラー .............................................................................................. 63
ROMの問題 ..................................................................................................................................................... 64
リモートROMフラッシュの問題 .............................................................................................................. 64
起動の問題 ............................................................................................................................................ 65
ソフトウェアツールおよびソリューション ............................................................................................... 67
構成ツール ...................................................................................................................................................... 67
SmartStartソフトウェア .......................................................................................................................... 67
HP ROMベースセットアップユーティリティ ............................................................................................ 67
アレイコンフィギュレーションユーティリティ ........................................................................................ 70
Option ROM Configuration for Arrays(ORCA) ....................................................................................... 71
シリアル番号とプロダクトIDの再入力 ..................................................................................................... 71
管理ツール ...................................................................................................................................................... 72
自動サーバー復旧 .................................................................................................................................. 72
ROMPaqユーティリティ......................................................................................................................... 72
iLOおよびiLO 2テクノロジー .................................................................................................................. 73
iLO 3テクノロジー ................................................................................................................................. 73
Eraseユーティリティ .............................................................................................................................. 74
HP Systems Insight Manager .................................................................................................................... 74
リダンダントROMのサポート ................................................................................................................. 74
USBサポート ......................................................................................................................................... 74
目次
4
診断ツール ...................................................................................................................................................... 75
HP Insight Diagnostics ............................................................................................................................. 75
HP Insight Diagnostics Survey機能 ............................................................................................................ 75
インテグレーテッドマネジメントログ ..................................................................................................... 76
アレイ診断ソフトウェア ........................................................................................................................ 76
リモートサポートおよび分析ツール................................................................................................................... 77
HP Insight Remote Supportソフトウェア ................................................................................................... 77
システムの最新状態の維持 ................................................................................................................................ 77
ドライバー ............................................................................................................................................ 77
バージョンコントロール ........................................................................................................................ 77
オペレーティングシステムバージョンのサポート..................................................................................... 78
ProLiant Support Pack .............................................................................................................................. 78
Smart Update Firmware DVD ................................................................................................................... 78
HP Service Pack for ProLiant..................................................................................................................... 78
システムオンラインROMフラッシュコンポーネントユーティリティ ......................................................... 79
Subscriber's choice ................................................................................................................................. 80
Care Pack .............................................................................................................................................. 80
ファームウェアのメンテナンス ......................................................................................................................... 80
ROMの種類 ........................................................................................................................................... 80
ファームウェアのバージョンの確認 ........................................................................................................ 82
ファームウェアの更新 ............................................................................................................................ 82
Intel®プロセッサーを使用する場合のサポートされないプロセッサーステッピング ..................................... 84
AMDプロセッサーを使用する場合のサポートされないプロセッサーステッピング ...................................... 85
HPの提供するトラブルシューティング用情報の入手先............................................................................... 86
オンライン情報 ................................................................................................................................................ 86
HPのテクニカルサポートのWebサイト.................................................................................................... 86
HPのガイドに従ってトラブルシューティングを進めるためのWebサイト.......................................................... 86
サーバーのマニュアル ............................................................................................................................ 86
White Paper........................................................................................................................................... 86
サービス通知、アドバイザリ、およびお知らせ ........................................................................................ 86
サブスクリプションサービス .................................................................................................................. 86
HP Care Packサービス ............................................................................................................................ 87
製品情報 .......................................................................................................................................................... 87
製品に関する追加情報 ............................................................................................................................ 87
サーバーの機能およびインストール手順の概要 ........................................................................................ 87
主な機能とオプションの製品番号 ........................................................................................................... 87
サーバーおよびオプションの仕様、記号、取り付けに関する警告、および注意事項 .................................... 87
分解手順、製品番号、仕様 ..................................................................................................................... 88
技術的な情報 ......................................................................................................................................... 88
製品インストール情報 ...................................................................................................................................... 88
スイッチの設定、LEDの機能、ドライブ、メモリ、拡張ボード、およびプロセッサーの取り付け手順、ボードの
レイアウト ............................................................................................................................................ 88
外部ケーブル接続に関する情報 ............................................................................................................... 88
電源容量 ............................................................................................................................................... 88
製品構成情報 ................................................................................................................................................... 89
デバイスドライバーに関する情報 ........................................................................................................... 89
DDR3メモリ構成 .................................................................................................................................... 89
オペレーティングシステムバージョンのサポート..................................................................................... 89
オペレーティングシステムのインストールおよび構成情報(工場出荷時にインストールされたオペレーティング
システムの場合) .................................................................................................................................. 89
サーバーの構成情報 ............................................................................................................................... 89
サーバーセットアップソフトウェアのインストールおよび構成情報 .......................................................... 89
サーバーのソフトウェアのインストールと構成 ........................................................................................ 89
iLO情報 ................................................................................................................................................. 89
サーバーの管理 ..................................................................................................................................... 89
目次
5
サーバー管理システムのインストールおよび構成情報 .............................................................................. 90
フォールトトレランス機能、セキュリティ機能、メンテナンス、構成とセットアップ ................................ 90
エラーメッセージ................................................................................................................................... 91
ADUエラーメッセージ ...................................................................................................................................... 91
ADUエラーメッセージについて .............................................................................................................. 91
ADUバージョン8.0~8.28のエラーメッセージ....................................................................................... 111
POSTエラーメッセージおよびビープコード...................................................................................................... 121
POSTエラーメッセージについて ........................................................................................................... 121
番号のないメッセージまたはビープ音のみ ............................................................................................ 121
1xxのメッセージ ................................................................................................................................. 132
2xxのメッセージ ................................................................................................................................. 135
3xxのメッセージ ................................................................................................................................. 139
4xxのメッセージ ................................................................................................................................. 140
6xxのメッセージ ................................................................................................................................. 140
11xxのメッセージ ............................................................................................................................... 142
16xxのメッセージ ............................................................................................................................... 142
17xxのメッセージ ............................................................................................................................... 146
18xxのメッセージ ............................................................................................................................... 171
イベントリストエラーメッセージ .................................................................................................................... 171
イベントリストエラーメッセージについて ............................................................................................ 171
A CPU Power Module (System Board, Socket X)... .................................................................................... 172
ASR Lockup Detected: Cause.................................................................................................................. 172
Automatic operating system shutdown initiated due to fan failure ............................................................... 172
Automatic Operating System Shutdown Initiated Due to Overheat Condition... ............................................ 172
Blue Screen Trap: Cause [NT]... ............................................................................................................. 172
Corrected Memory Error Threshold Passed (Slot X, Memory Module Y)... .................................................... 172
EISA Expansion Bus Master Timeout (Slot X)... .......................................................................................... 173
PCI Bus Error (Slot X, Bus Y, Device Z, Function X) .................................................................................... 173
Processor Correctable Error Threshold Passed (Slot X, Socket Y) ................................................................. 173
Processor Uncorrectable Internal Error (Slot X, Socket Y) ............................................................................ 173
Real-Time Clock Battery Failing ............................................................................................................... 173
System AC Power Overload (Power Supply X) .......................................................................................... 174
System AC Power Problem (Power Supply X) ............................................................................................ 174
System Fan Failure (Fan X, Location) ....................................................................................................... 174
System Fans Not Redundant ................................................................................................................... 174
System Overheating (Zone X, Location) ................................................................................................... 174
System Power Supplies Not Redundant .................................................................................................... 174
System Power Supply Failure (Power Supply X) ......................................................................................... 174
Unrecoverable Host Bus Data Parity Error... ............................................................................................. 174
Uncorrectable Memory Error (Slot X, Memory Module Y)... ........................................................................ 175
HP BladeSystem p-Classインフラストラクチャエラーコード ............................................................................... 175
サーバーブレード管理モジュールエラーコード ...................................................................................... 175
電源管理モジュールエラーコード ......................................................................................................... 178
ポート85コードおよびiLOメッセージ .............................................................................................................. 179
ポート85コードを使用したシステムのトラブルシューティング .............................................................. 179
プロセッサー関連のポート85コード ..................................................................................................... 180
メモリ関連のポート85コード ............................................................................................................... 181
拡張ボード関連のポート85コード......................................................................................................... 182
その他のポート85コード ...................................................................................................................... 182
Windows®イベントログプロセッサーエラーコード .......................................................................................... 183
メッセージID:4137 ............................................................................................................................ 183
メッセージID:4140 ............................................................................................................................ 184
メッセージID:4141 ............................................................................................................................ 184
メッセージID:4169 ............................................................................................................................ 184
メッセージID:4190 ............................................................................................................................ 184
目次
6
HPへの問い合わせ ................................................................................................................................ 185
カスタマーセルフリペア(CSR) .................................................................................................................... 185
必要なサーバー情報 ....................................................................................................................................... 185
必要なオペレーティングシステム情報 ............................................................................................................. 186
Microsoft®オペレーティングシステム ................................................................................................... 186
Linuxオペレーティングシステム ............................................................................................................ 187
Novell NetWareオペレーティングシステム............................................................................................ 188
SCOオペレーティングシステム ............................................................................................................ 188
IBM OS/2オペレーティングシステム .................................................................................................... 189
Oracle Solarisオペレーティングシステム ............................................................................................... 190
頭字語と略語 ....................................................................................................................................... 191
索引 .................................................................................................................................................... 195
目次
7
はじめに
更新情報
『HP ProLiantサーバートラブルシューティングガイド』の第13版(製品番号375445-594)では、次の項目が追加
および更新されました。
•
「HP Service Pack for ProLiant」(78ページ)に関する情報を追加。SPPは、このガイドに記載されているサー
バーの多くでファームウェアおよびシステムソフトウェアを更新する古い方法に取って代わります。
•
「HP Smart Update Manager」(79ページ)の製品ページの参照を追加。
•
次のトピックが更新されて、SPPに関する情報を提供し、SPPがどのようにHP Smart Update Firmware DVDお
よびPSPに取って代わるかを説明しています。
o
「ファームウェアの更新」(18ページ)
o
「ドライバー」(77ページ)
o
「ProLiant Support Pack」(78ページ)
o
「Smart Update Firmware DVD」(78ページ)
o
「ファームウェアの更新」(82ページ)
o
「HP Smart Update Managerのインストール」(82ページ)
o
「オフラインインストール(SPPがサポートされていない場合)」(83ページ)
o
「オンラインインストール(SPPがサポートされていない場合)」(83ページ)
改訂履歴
375445-593(2011年10月)
『HP ProLiantサーバートラブルシューティングガイド』の第12版(製品番号375445-593)では、次の項目が追加
および更新されました。
•
「電源の問題」(37ページ)を更新
•
「HP SIMがHP Smartアレイコントローラーで管理されているハードディスクドライブのドライブ障害を報告
する」(44ページ)を更新
•
「HP Smartアレイコントローラーで管理されているハードディスクドライブで障害LEDが点灯している」(44
ページ)を更新
•
「ハードディスクドライブが認識されない」(45ページ)を更新
•
「グラフィックアダプターとビデオアダプターに関する一般的な問題が発生している」(53ページ)を更新
•
「画面に何も表示されない(サーバーに電源を入れてから、60秒を超えた場合)」(53ページ)を更新
•
「ソフトウェアを再設定または再ロードしなければならない場合(62ページ)を更新
•
「アレイコンフィギュレーションユーティリティ」を更新
•
「Option ROM Configuration for Arrays」(71ページ)を更新
•
「自動サーバー復旧」(72ページ)を更新
はじめに
8
•
「HP Smart Update Managerのインストール」(82ページ)の以下の項を更新
o
•
「オンラインインストール」(「オンラインインストール(SPPがサポートされていない場合)」(83
ページ))
「エラーメッセージ」(91ページ)の複数のメッセージを追加または更新
o
「ADUバージョン8.0~ 8.28のエラーメッセージ」(111ページ)
o
「POSTエラーメッセージおよびビープコード」(121ページ):
— 「番号のないメッセージまたはビープ音のみ」(121ページ)
— 「2xxのメッセージ」(134ページ)
— 「17xxのメッセージ」(145ページ)
— 「18xxのメッセージ」(170ページ)
•
「Linuxオペレーティングシステム」(187ページ)を更新
•
「Oracle Solarisオペレーティングシステム」を更新
375445-592(2011年4月)
『HP ProLiantサーバートラブルシューティングガイド』の第11版(製品番号375445-592)では、次の項目が追加
および更新されました。
•
「HP ProLiant 100シリーズのサーバーのトラブルシューティング情報」(11ページ)の項が更新され、HP
ProLiant ML110 G7サーバーおよびHP ProLiant DL120 G7サーバーのトラブルシューティング情報について説
明しています。
•
以下の各項が更新され、HP Smart Update Firmware DVDの情報が含まれるようになります。
o
「ファームウェアの更新」(18ページ)
o
「HP Smart Update Managerのインストール」(82ページ)
o
ROMアップデートユーティリティ
375445-591(2011年1月)
『HP ProLiantサーバートラブルシューティングガイド』の第10版(製品番号375445-591)では、次の項目が追加
および更新されました。
•
「開始するには」に新しい項を追加
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッサー手順の実行」(16ページ)
•
「サーバーの最小ハードウェア構成への分割」(16ページ)を更新
•
「ハードウェアの問題」(37ページ)の導入部および各項を更新
•
o
「未知の問題」(40ページ)
o
「プロセッサーの問題」(51ページ)
「エラーメッセージ」(91ページ)の複数のメッセージを更新
o
「POSTエラーメッセージおよびビープコード」(121ページ)
o
「イベントリストエラーメッセージ」(171ページ)
o
「ポート85コードおよびiLOメッセージ」(179ページ)
o
「Windows®イベントログプロセッサーエラーコード」(183ページ)
はじめに
9
o
Insight Diagnosticsプロセッサーエラーコード
はじめに
10
開始するには
HP ProLiant 100シリーズのサーバーのトラブルシュー
ティング情報
HP ProLiant ML110 G7サーバーおよびHP ProLiant DL120 G7サーバーのトラブルシューティング情報については、
このガイドを参照してください。
HP ProLiant ML110 G7サーバーおよびHP ProLiant DL120 G7サーバー以外のHP ProLiant 100シリーズサーバーのト
ラブルシューティング情報については、各サーバーのユーザーガイドを参照してください。
このガイドの使用方法
注:一般的なトラブルシューティング手順では、「サーバー」という用語はサーバーおよびサーバーブ
レードを意味します。
このガイドでは、非常に基本的なコネクターの問題から複雑なソフトウェア設定の問題まで、ProLiantサーバーの一
般的な各種トラブルシューティング手順と解決策について説明します。
このガイドの各項を理解して問題に対する最適のスタートポイントを確認するには、次の説明を参照してください。
•
「一般的な問題の解決」(18ページ)
サーバーの問題の多くは、接続不良やファームウェアが古いことなどが原因です。この項を参照して、一般的
な問題の基本的なトラブルシューティングを実行してください。
•
「診断フローチャート」(22ページ)
問題の原因をすぐにつきとめられない症状をサーバーが示すときは、この項を参照してトラブルシューティン
グを始めてください。この項には、ProLiantサーバーの一般的なトラブルシューティングプロセスを示す一連
のフローチャートが示されています。これらのフローチャートは、診断ツールや問題の解決に役立つプロセス
を特定します。
•
「ハードウェアの問題」(37ページ)
症状が特定のコンポーネントを示すときは、この項を参照して、電源、一般的なコンポーネント、システムボー
ド、システムの開回路および短絡、および外付デバイスについての問題の解決策を見つけてください。
•
「ソフトウェアの問題」(60ページ)
既知の明確なソフトウェアの問題があるときは、この項を参照して、問題の解決策を確認してください。
•
「ソフトウェアツールおよびソリューション」(67ページ)
ソフトウェアツールおよびユーティリティについては、この項を参照してください。
•
「HPの提供するトラブルシューティング用情報の入手先」(86ページ)
詳しい情報が必要になったときは、この項を参照してトラブルシューティング情報の記載されたWebサイト
や補足資料を確認してください。
開始するには
11
•
「エラーメッセージ」(91ページ)
次のメッセージの完全なリストについては、この項を参照してください。
o
「ADUエラーメッセージ」(91ページ)
o
「POSTエラーメッセージおよびビープコード」(121ページ)
o
「イベントリストエラーメッセージ」(171ページ)
o
「HP BladeSystemインフラストラクチャエラーコード」(「HP BladeSystem p-Classインフラストラクチャ
エラーコード」175ページ)
o
「ポート85コードおよびiLOメッセージ」(179ページ)
診断前の手順
警告:問題の発生を防止するため、必ず、サーバーのマニュアルに掲載されている警告および注意事項
をよく読んでから、システムコンポーネントの取り外し、交換、再取り付け、または変更を行ってくだ
さい。
重要:このガイドでは、複数のサーバーについて説明します。ここで説明する情報の一部は、ご使用の
トラブルシューティングするサーバーには該当しない場合があります。サーバーでサポートされる手
順、ハードウェアオプション、ソフトウェアツール、およびオペレーティングシステムに関する情報に
ついては、サーバーのマニュアルを参照してください。
1.
「安全に使用していただくために」(12ページ)を参照します。
2.
症状に関する情報を収集します(14ページ)。
3.
診断のためのサーバーの準備(15ページ)を行います。
4.
「診断フローチャートの開始」(23ページ)を使用して、診断プロセスを開始します。
安全に使用していただくために
以下の各項の安全に関する情報をよく理解してから、サーバーのトラブルシューティングを開始してください。
安全に使用していただくために
サーバーに同梱の『安全に使用していただくために』をよく読んでから、製品の保守を開始してください。
装置の記号
安全上の注意が必要な装置の各部には、以下の記号が表示されています。
装置に高電圧が発生する回路があることや、装置の表面または内部部品に触れると感電の危険
があることを示します。修理はすべて、資格のある担当者に依頼してください。
警告:感電を防止するために、このカバーを開けないようにしてください。メンテナンス、アッ
プグレード、および修理はすべて資格のある担当者に依頼してください。
開始するには
12
装置の表面または内部部品に触れると感電の危険があることを示します。カバー内には、ユー
ザーや使用現場の担当者が修理できる部品は入っていません。カバーは、絶対に開けないでく
ださい。
警告:感電を防止するために、このカバーを開けないようにしてください。
この記号が貼付されたRJ-45ソケットはネットワークインターフェイス接続を示します。
警告:感電、火災、または装置の損傷を防止するために、電話または電気通信用のコネクター
をこのソケットに接続しないようにしてください。
装置の表面または内部部品の温度が非常に高くなる可能性があることを示します。この表面
に手を触れるとやけどをする場合があります。
警告:表面が熱くなっているため、やけどをしないように、システムの内部部品が十分に冷
めてから手を触れてください。
製品や機械にこの記号が付いている場合、1人で安全に取り扱うことができる重量を超えてい
ることを示しています。
警告:けがや装置の損傷を防ぐために、ご使用の地域で定められた重量のある装置の安全な
取り扱いに関する規定に従ってください。
重量kg
重量lb
電源やシステムにこれらの記号が付いている場合、装置の電源が複数あることを示します。
警告:感電を防止するために、電源コードをすべて抜き取ってシステムの電源を完全に切っ
てください。
警告および注意事項
警告:この装置の修理は、HPによるトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。このガイ
ドで説明するトラブルシューティングと修理に関するすべての手順は、サブアセンブリ/モジュールレ
ベルの修理だけを対象にしています。個々のボードおよびサブアセンブリは複雑な仕組みになっている
ため、コンポーネントレベルの修理を試みたり、プリント配線基板に変更を加えようとしたりしないで
ください。不正な修理を行うと、安全上の問題が発生する可能性があります。
警告:けがや装置の損傷を防止するために、次の点に注意してください。
•
•
•
•
•
ラックの水平脚を床まで延ばしてください。
ラックの全重量が水平脚にかかるようにしてください。
1つのラックだけを設置する場合は、ラックに固定脚を取り付けてください。
複数のラックを設置する場合は、ラックを連結してください。
コンポーネントは一度に1つずつ引き出してください。一度に複数のコンポーネントを引き出すと、
ラックが不安定になる場合があります。
警告:感電や装置の損傷を防ぐため、以下の点に注意してください。
•
•
•
•
電源コードのアース付きプラグを無効にしないでください。アース付きプラグは安全上重要な機能
です。
電源コードは、いつでも簡単に手の届くところにあるアースされたコンセントに接続してください。
装置の電源を切る場合は、電源コードをパワーサプライから抜き取ってください。
電源コードは、踏みつけられたり、上や横に物が置かれて圧迫されることがないように配線してく
ださい。プラグ、電源コンセント、サーバーと電源コードの接続部には、特に注意してください。
開始するには
13
警告:けがや装置の損傷を防止するために、次の点に注意してください。
重量kg
重量lb
各地域で定められた重量のある装置の安全な取り扱いに関する規定に従ってください。
サーバーの設置および取り外し作業中には、必ず適切な人数でサーバーを持ち上げたり固定
する作業を行ってください。
サーバーはレールに固定されていないと不安定になります。
サーバーをラックに取り付ける際は、重量を軽くするために、パワーサプライやその他のリ
ムーバブルモジュールをすべて取り外してください。
注意:システムの通気を正しく確保するには、サーバーの前後に7.6 cm(3.0インチ)以上の隙間を空
けてください。
注意:サーバーはアースして使用するように設計されています。サーバーを正しく動作させるために、
正しくアースされたACコンセント以外には、AC電源コードを接続しないでください。
静電気対策
静電気による損傷の防止
システムの損傷を防ぐために、セットアップおよび部品の取り扱いの際に従わければならない注意事項を必ず守っ
てください。人間の指など、導電体からの静電気放電によって、システムボードなどの静電気に弱いデバイスが損
傷することがあります。その結果、本体の耐用年数が短くなる場合があります。
静電気による損傷を防止するには、以下のことを守ってください。
•
運搬や保管の際は、静電気防止用のケースに入れ、手で直接触れることは避けます。
•
静電気に弱い部品は、静電気防止措置のなされている作業台に置くまでは、専用のケースにいれたままにして
おきます。
•
部品をケースから取り出す前に、まずケースごとアースされている面に置きます。
•
ピン、リード線、回路には触れないようにします。
•
静電気に弱いコンポーネントや部品に触れなければならないときには、つねに自分の身体に対して適切なアー
スを行います。
静電気による損傷を防止するためのアースの方法
アースにはいくつかの方法があります。静電気に弱い部品を取り扱うときには、以下のうち1つ以上の方法でアース
を行ってください。
•
すでにアースされているワークステーションまたはコンピューターシャーシにアースバンドをつなぎます。
アースバンドは柔軟な帯状のもので、アースコード内の抵抗は、1MΩ±10%です。アースを正しく行うため
に、アースバンドを肌に密着させてください。
•
立って作業する場合、かかとやつま先にアースバンドを付けます。導電性または静電気拡散性の床の場合、両
足にアースバンドをつけます。
•
作業用具は導電性のものを使用します。
•
折りたたみ式の静電気防止マットがついた、携帯式の作業用具もあります。
上記のような、適切なアースを行うための器具がないときは、HP製品販売店にお問い合わせください。
静電気の詳細および製品のインストールの支援については、HP製品販売店にお問い合わせください。
開始するには
14
症状に関する情報
サーバーの問題をトラブルシューティングする前に、以下の情報を収集してください。
•
障害の前に何かイベントが発生しましたか。問題は、どの手順を実行した後に発生するのですか。
•
サーバーが動作していたときから何を変更しましたか。
•
最近、ハードウェアまたはソフトウェアを追加もしくは削除しましたか。その場合、必要に応じて、サーバー
のセットアップユーティリティで適切な設定を変更した記憶がありますか。
•
サーバーが問題の症状を示すのはどのくらいの長さの時間ですか。
•
問題がランダムに発生する場合、その期間または頻度はどのくらいですか。
以上の質問に答える際に、以下の情報が役に立つことがあります。
•
HP Insight Diagnostics(75ページ)を実行し、Surveyページを使用して、現在の構成を表示したり、現在の構
成を以前の構成と比較したりします。
•
詳しくは、ご使用のハードウェアとソフトウェアの履歴を参照してください。
•
サーバーのLEDとそのステータスを参照してください。
診断のためのサーバーの準備
1.
電力が十分に供給され、空調が効き、湿度が制御されている適切な動作環境にサーバーがあることを確認しま
す。環境要件については、「サーバーのマニュアル」(86ページ)を参照してください。
2.
システムで表示されるすべてのエラーメッセージを記録します。
3.
すべてのディスケット、CD-ROM、DVD-ROM、およびUSBドライブキーを取り外します。
4.
サーバーがオフラインであることを診断する場合、サーバーと周辺装置の電源を切ります。可能な場合は、常
に、通常の方法でシャットダウンしてください。
a. アプリケーションを終了します。
b. オペレーティングシステムを終了します。
c.
サーバーの電源を切ります。
5.
テストに必要のない周辺装置、すなわちサーバーの電源を入れるのに必要のないデバイスを切り離します。プ
リンターを使用してエラーメッセージを印刷したい場合は、プリンターは切り離さないでください。
6.
問題のトラブルシューティングに必要なすべてのツールとユーティリティを用意します。たとえば、トルク
スドライバー、ループバックアダプター、静電気防止リストバンド、ソフトウェアユーティリティなどがあ
ります。
o
適切なヘルスドライバーおよびマネジメントエージェントをサーバーにインストールする必要があり
ます。
サーバーの設定を確認するには、System Management Homepage(HPのWebサイトhttp://h18013.www1.
hp.com/products/servers/management/agents/index.html(英語))に接続して、バージョンコントロー
ルエージェントを選択します。VCAを使用すると、インストール済みのすべてのHP製ドライバー、マネジ
メントエージェント、およびユーティリティの名前、バージョン、ならびに更新状況を記載したリストが
表示されます。
o
サーバー固有の情報については、「サーバーのマニュアル」(86ページ)を参照することをおすすめし
ます。
o
トラブルシューティングプロセスの実行中に必要な付加価値ソフトウェアとドライバーについては、SmartStart
CDにアクセスすることをおすすめします。HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/smartstartから
最新バージョンのSmartStartをダウンロードしてください。
開始するには
15
トラブルシューティングプロセスでのプロセッサー手順の実行
このガイドでは、複数世代のHP ProLiantサーバーモデルをサポートしているため、さまざまなプロセッサーのモデ
ルと種類に対するトラブルシューティングのプロセスを扱っています。
プロセッサーを含むトラブルシューティング手順を実行する前に、次のガイドラインを参照してください。
•
プロセッサーの取り付け、取り外し、または交換を含むトラブルシューティング手順は、必ず認定された担当
者のみが行ってください。
•
プロセッサーの取り付け、取り外し、または交換が必要なすべての手順を行う前に、ご使用のプロセッサーモ
デルのマニュアルを必ず確認してください。マニュアルのハードコピーが見つからない場合は、HPのWebサ
イ ト http://www.hp.com/jp/manual で 提 供 さ れ る サ ー バ ー の ユ ー ザ ー ガ イ ド ま た は HP の Web サ イ ト
http://www.hp.com/support/manuals(英語)で提供されるサーバーのメンテナンス&サービスガイドを参照
してください。
•
プロセッサーモデルによってはプロセッサー取り付けツールの使用が必要な場合があります。特定の手順につ
いては、システムボードのプロセッサーやプロセッサーソケットを損傷しないよう、マニュアルに記載されて
います。プロセッサーソケットの内部にピンがあるサーバーモデルについては、システムボードのピンが非常
に壊れやすく、損傷しやすいことに注意してください。ソケットを損傷してしまうと、システムボードの交換
が必要になります。
•
サーバーモデルによっては、接点がプロセッサーやプロセッサーソケットの内側にある場合があります。接点
に触らないでください。システムボードのピンは、非常に壊れやすく、簡単に損傷します。プロセッサーソケッ
ト内部の接点を損傷してしまうと、システムボードの交換が必要になります。
•
プロセッサーの取り外しや交換を行う前に、その他のトラブルシューティング手順を必ずすべて完了してくだ
さい。
サーバーの最小ハードウェア構成への分割
トラブルシューティングの際に、サーバーを最小ハードウェア構成に分割するように求められることがあります。
最小構成とは、サーバーが起動してPOSTに合格するために必要なコンポーネントだけによる構成のことです。
サーバーを最小構成に分割することを求められたら、次のコンポーネントのうち取り付けているものがあれば取り
外してください。
•
増設したすべてのDIMM
サーバーの起動に最低限必要なDIMM(1枚または1組)だけを残します。詳しくは、サーバーのユーザーガイ
ドのメモリに関するガイドラインを参照してください。
•
追加したすべての冷却ファン(追加している場合)
ファンの最小構成については、サーバーのユーザーガイドを参照してください。
•
追加したすべてのパワーサプライ(追加している場合。1台は残す)
•
すべてのハードディスクドライブ
•
すべてのオプティカルドライブ(DVD-ROM、CD-ROMなど)
•
すべてのオプションメザニンカード
•
すべての拡張ボード
コンポーネントを取り外す前に、各コンポーネントの最小構成を確認し、サーバーのユーザーガイドのすべてのガ
イドラインに従ってください。
プロセッサーを取り外す前に、必ず上記の推奨されている最小構成を使用してください。上記の構成で問題を特定
できない場合は、プロセッサーのうちの1台でなく全部を取り外してください。
開始するには
16
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
開始するには
17
よく発生する問題の解決策
接続不良
修正方法:
•
すべての電源コードが確実に接続されていることを確認します。
•
すべての外付および内蔵コンポーネントについて、すべてのケーブルが正しい位置にしっかりと接続されてい
ることを確認します。
•
すべてのデータケーブルおよび電源ケーブルを取り外して、損傷していないかどうかをチェックします。ピン
が曲がっていたり、コネクターが損傷しているケーブルがないことを確認します。
•
サーバーで固定ケーブルトレイを使用できる場合は、サーバーに接続されているコードとケーブルが、トレイ
を介して正しく配線されていることを確認します。
•
各デバイスが正しく固定されていることを確認します。コンポーネントを取り付けなおす場合は、回路基板が
歪まないように、または曲がらないようにしてください。
•
デバイスにラッチが付いている場合は、ラッチが完全に閉じられ、ロックされていることを確認します。
•
インターロックLEDまたはインターコネクトLEDをチェックします。これらのLEDは、コンポーネントが正しく
接続されていないことを示す場合があります。
•
問題が解決されない場合は、各デバイスを取り外し、取り付けなおしてください。その際、コネクターやソケッ
トを調べ、曲がっているピンやその他の損傷がないかどうかを確認します。
•
HP ProLiant BL c-Classサーバーブレードの場合は、Onboard Administratorトレイが正しく固定されていること
を確認します。
サービス通知
最新のサービス通知を調べるには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/bizsupport(英語)を参照してくださ
い。適切なサーバーモデルを選択し、その製品ページの[Troubleshoot a Problem]リンクをクリックします。
ファームウェアの更新
ファームウェアの更新ファイルは、以下の場所からダウンロードできます。
•
最新のSPP(「HP Service Pack for ProLiant」(78ページ))は、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/spp
から入手できます。
•
HP Smartコンポーネントは、SPP(「HP Service Pack for ProLiant」(78ページ))の一部として入手できます。
•
特 定 の サ ー バ ー ま た は オ プ シ ョ ン 用 の 最 新 バ ー ジ ョ ン の フ ァ ー ム ウ ェ ア は 、 HP の Web サ イ ト
http://www.hp.com/jp/supportから入手できます。
このガイドで説明されているサーバーがすべてSPPでサポートされているとは限りません。お使いの製品がSPPでサ
ポートされているかどうか調べるには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/spp/documentation(英語)で最
新のサーバーサポートガイドを参照してください。サーバーがSPPでサポートされていない場合は、「システムの最
新状態の維持」(77ページ)を参照してほかのオプションを探してください。
よく発生する問題の解決策
18
HPでは、ファームウェアの更新を通知するサブスクリプションサービスを提供しています。詳しくは、
「Subscriber's
Choice」(80ページ)を参照してください。
ファームウェアの更新について詳しくは、「ファームウェアのメンテナンス」(80ページ)を参照してください。
DIMMの取り扱いのガイドライン
注意:DIMMを正しく取り扱わないと、DIMMコンポーネントやシステムボードのコネクターを損傷す
る場合があります。
DIMMを取り扱う際は、次のガイドラインに従ってください。
•
「静電気対策」(14ページ)を行ってください。
•
DIMMを持つときは、両端以外の部分に触れないでください。
•
DIMMの下部にあるコネクターには触れないでください。
•
DIMMを握るようにして持たないでください。
•
DIMMの両面にあるコンポーネントには触れないでください。
•
DIMMを曲げたり折ったりしないでください。
DIMMを取り付ける際は、次のガイドラインに従ってください。
•
DIMMを固定する前に、DIMMの位置をスロットに合わせてください。
•
DIMMの位置を合わせて固定する際は、2本の指でDIMMの両端を持つようにしてください。
•
DIMMを固定する際は、2本の指でDIMMの上部をゆっくりと押してください。
詳しくは、HPのWebサイトhttp://h20000.www2.hp.com/bizsupport/TechSupport/Document.jsp?lang=en&cc=us&
objectID=c00868283&jumpid=reg_R1002_USEN(英語)を参照してください。
ハードディスクドライブのガイドライン
SASおよびSATAハードディスクドライブのガイドライン
サーバーにハードディスクドライブを追加するときは、以下の一般的なガイドラインに従ってください。
•
システムがすべてのドライブ番号を自動的に設定します。
•
ハードディスクドライブを1台しか使用しない場合、最も小さいドライブ番号のベイに取り付けてください。
•
ドライブを同一のドライブアレイにグループとしてまとめる場合、最も効率的にストレージ容量を使用するに
は、各ドライブを同一の容量にしてください。
•
同じ論理ボリュームに属するドライブの種類は、一致しなければなりません。
o
ACUは、同じ論理ボリュームでのSASドライブとSATAドライブの混在をサポートしていません。
o
ACUは、同じ論理ボリュームでの従来のドライブとソリッドステートドライブ(SSD)の混在をサポート
していません。
SCSIハードディスクドライブのガイドライン
•
各SCSIドライブには固有のIDを割り当てなければなりません。
よく発生する問題の解決策
19
•
システムがすべてのSCSI IDを自動的に設定します。
•
SCSIハードディスクドライブを1台しか使用しない場合、最も小さい番号のベイに取り付けてください。
•
ドライブを同一のドライブアレイにグループとしてまとめる場合、最も効率的にストレージ容量を使用するに
は、各ドライブを同一の容量にしてください。
ハードディスクドライブLEDの組み合わせ
ホットプラグ対応SCSIハードディスクドライブLEDの組み合わせ
動作LED
(1)
オンライン 障害LED
LED(2) (3)
点灯、消灯、 点 灯ま た は 点滅
または点滅 消灯
消灯
点灯、消灯、 点灯
または点滅
意味
このドライブの障害予測アラートが受信されました。
できるだけ早くドライブを交換してください。
ドライブはオンラインで、アレイに組み込まれています。
アレイがフォールトトレランスに設定されていて、アレイに組み込まれ
ている他のドライブがすべてオンラインで、障害予測アラートが受信さ
れているか、ドライブ容量のアップグレードが進行中の場合は、オンラ
インでドライブを交換することができます。
点灯または 点滅
点滅
消灯
ドライブを取り外さないでください。ドライブを取り外すと、現在の動
作が停止し、データが消失する場合があります。
ドライブが再構築中、または容量を拡張中です。
点灯
消灯
消灯
ドライブを取り外さないでください。
ドライブはアクセス中ですが、(1)アレイに組み込まれていない、(2)
交換用ドライブであり、再構築がまだ開始されていない、
(3)POSTシー
ケンス中で回転している、のいずれかです。
点滅
点滅
点滅
ドライブを取り外さないでください。ドライブを取り外すと、非フォー
ルトトレランス構成内のデータが消失する場合があります。
以下に示す1つまたは複数の状態が発生している可能性があります。
•
•
•
ドライブがアレイに組み込まれており、アレイコンフィギュレー
ションユーティリティによって選択されている
ドライブIDがHP SIMで選択されている
ドライブファームウェアがアップデート中である
消灯
消灯
点灯
ハードディスクドライブの障害またはサブシステムの通信障害によっ
て、ドライブはオフラインになっています。
ドライブを交換しなければならない場合があります。
消灯
消灯
消灯
以下に示す1つまたは複数の状態が発生している可能性があります。
•
•
•
ドライブはアレイに組み込まれていない
ドライブがアレイに組み込まれているが、アクセス中でないか、ま
たはまだ再構築中である交換用ドライブである
ドライブがオンラインスペアとして設定されている
ドライブがアレイコントローラーに接続されている場合は、オンライン
でドライブを交換できます。
SASおよびSATAハードディスクドライブLEDの組み合わせ
注:障害予測アラートは、サーバーがSmartアレイコントローラーに接続されている場合のみ発生し
ます。
よく発生する問題の解決策
20
オンライン/
障害/UID LED
動作LED(緑色) (オレンジ色
または青色)
意味
点灯、消灯、または オレンジ色と青色 ドライブで障害が発生したか、このドライブの障害予測アラートが受
で交互に点灯
信されました。また、ドライブは管理アプリケーションによって選択
点滅
されています。
点灯、消灯、または 青色で点灯
点滅
オレンジ色、一定
点灯
間隔(1 Hz)で点
滅
消灯
点灯
ドライブは正常に動作しており、管理アプリケーションによって選択
されています。
このドライブの障害予測アラートが受信されました。
できるだけ早くドライブを交換してください。
ドライブはオンラインですが、現在はアクティブではありません。
一定間隔(1 Hz) オレンジ色、一定 ドライブを取り外さないでください。ドライブを取り外すと、現在の
間隔(1 Hz)で点 動作が停止し、データが消失する場合があります。
で点滅
ドライブは、容量拡張中またはストライプサイズ移行中のアレイに組
滅
み込まれていますが、このドライブの障害予測アラートが受信されま
した。データ消失の危険性を最小限に抑えるために、拡張や移行が完
了するまではドライブを交換しないでください。
一定間隔(1 Hz) 消灯
で点滅
ドライブを取り外さないでください。ドライブを取り外すと、現在の
動作が停止し、データが消失する場合があります。
ドライブは、再構築中か、消去中か、容量拡張中またはストライプサ
イズ移行中のアレイに組み込まれています。
不規則に点滅
オレンジ色、一定 ドライブはアクティブですが、このドライブで障害予測アラートが受
間隔(1 Hz)で点 信されました。できるだけ早くドライブを交換してください。
滅
消灯
ドライブはアクティブで、正常に動作しています。
消灯
オレンジ色で点灯
消灯
オレンジ色、一定 このドライブの障害予測アラートが受信されました。できるだけ早く
間隔(1 Hz)で点 ドライブを交換してください。
滅
ドライブはオフラインか、スペアになっているか、アレイに組み込ま
消灯
れていません。
不規則に点滅
消灯
このドライブに関する重大な障害状態が検出されたため、コントロー
ラーがドライブをオフラインにしました。できるだけ早くドライブを
交換してください。
HP Trusted Platform ModuleとBitLocker™が有効化されて
いるサーバーの更新
TPMが取り付けられてRBSUで有効化されており、Microsoft® Windows® BitLocker™ドライブ暗号化機能が有効に
なっている場合は、以下のいずれかの手順を実行する前に、必ずBitLocker™を無効にしてください。
•
PINまたはスタートアップキーを使用せずにメンテナンスのためにコンピューターを再起動する
•
ファームウェアを更新する(82ページ)
•
重要な初期起動コンポーネントをアップグレードする
•
TPMを交換するまたは取り外すためにシステムボードをアップグレードする
•
TPMを無効化またはクリアする
•
BitLocker™によって保護されたドライブを別のサーバーに移動する
•
ストレージコントローラーやネットワークアダプターなどのオプションのPCIデバイスを追加する
よく発生する問題の解決策
21
診断フローチャート
トラブルシューティングのフローチャート
問題を効率的にトラブルシューティングするには、「診断フローチャートの開始」(23ページ)にある最初のフロー
チャートを参照してから、適切な診断手順に従うことをおすすめします。他のフローチャートに従ってトラブル
シューティングしても解決しない場合は、「一般的な診断フローチャート」(24ページ)にある診断手順に従って
ください。一般的な診断フローチャートは、問題がサーバー固有のものでなかったり、他のフローチャートに簡単
に分類されないものであったりする際に利用する包括的なトラブルシューティングプロセスです。
利用可能なフローチャートは、以下のとおりです。
•
「診断フローチャートの開始」(23ページ)
•
「一般的な診断フローチャート」(24ページ)
•
電源投入時の問題
•
o
「サーバー電源投入時の問題のフローチャート」(26ページ)
o
「p-Classサーバーブレード電源投入時の問題のフローチャート」(28ページ)
o
「c-Classサーバーブレード電源投入時の問題のフローチャート」(28ページ)
「POST実行時の問題のフローチャート」(29ページ)
o
「サーバーおよびp-ClassサーバーブレードPOST実行時の問題のフローチャート」(31ページ)
o
「c-ClassサーバーブレードPOST実行時の問題のフローチャート」(32ページ)
•
「オペレーティングシステム起動時の問題のフローチャート」(32ページ)
•
サーバーの障害表示のフローチャート
o
「サーバーおよびp-Classサーバーブレード障害表示のフローチャート」(34ページ)
o
「c-Classサーバーブレードの障害表示のフローチャート」(36ページ)
トラブルシューティングフローチャート参照Webサイト
各フローチャートから、外部のWebサイトを参照できます。次のWebサイトは、各フローチャート内の番号の付い
たWebサイトに対応しています。
1.
HPのテクニカルサポートのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/support
国を選んでから、画面の指示に従ってソフトウェア、ファームウェア、およびドライバーを指定してください。
2.
HP ProLiantメンテナンス&サービスガイド
o
HPのビジネスサポートセンターのWebサイトhttp://www.hp.com/go/bizsupport(英語)
[Manuals]を選択します。[Servers]で、[ProLiant and tc series servers]を選択します。製品を選択し
てから、メンテナンス&サービスガイドのリンクをクリックします。
o
HP BladeSystem p-ClassのサポートおよびマニュアルのWebサイトhttp://www.hp.com/products/servers
/proliant-bl/p-class/info(英語)
[Product support]で、製品を選択します。[Manuals (guides, supplements, addendums, etc)]を選択
します。[Service and maintenance information]で、メンテナンス&サービスガイドのリンクをクリックし
ます。
診断フローチャート
22
o
HP BladeSystem c-Classの技術資料のWebサイトhttp://www.hp.com/go/bladesystem/documentation
(英語)
[Support, Drivers and Manuals]を選択してから、製品を選択します。[Manuals]を選択してから、
メンテナンス&サービスガイドのリンクをクリックします。
3.
HP BladeSystem p-ClassのサポートおよびマニュアルのWebサイトhttp://www.hp.com/products/servers/
proliant-bl/p-class/info(英語)
『HP BladeSystem p-Class System Maintenance and Service Guide』を参照するには、まず製品を選択します。
[Manuals (guides, supplements, addendums, etc)] を 選 択 し ま す 。 [Service and maintenance
information]で、ガイドのリンクをクリックします。
4.
HP BladeSystem Power SizerのWebサイトhttp://www.hp.com/go/bladesystem/powercalculator(英語)
Power Sizerを使用すると、電源インフラストラクチャをプランニングし、HP BladeSystemソリューションの
要件を満たすことができます。
5.
HPのリモートマネジメントのWebサイトhttp://www.hp.com/servers/lights-out(英語)
『Integrated Lights-Outユーザーガイド』を参照するには、製品を選択してから、[Support & Documents]
を選択します。[Manuals]を選択して、ガイドのリンクをクリックします。
6.
HPのSmartStartのサポートおよびマニュアルのWebサイトhttp://www.hp.com/support/smartstart/documentation
(英語)
[User guides]セクションで、
『HP ROMベースセットアップユーティリティユーザーガイド』のリンクをクリッ
クします。
7.
System Management Homepage(https://localhost:2381)
統合システム管理情報にアクセスできます。
診断フローチャート
23
診断フローチャートの開始
診断プロセスを開始するには、以下のフローチャートを参照してください。
診断フローチャート
24
一般的な診断フローチャート
一般的な診断フローチャートは、トラブルシューティングするための包括的な方法を提供します。問題を確認でき
ない場合、または他のフローチャートを利用して問題を解決できない場合は、以下のフローチャートを参照してく
ださい。
診断フローチャート
25
電源投入時の問題のフローチャート
サーバー電源投入時の問題のフローチャート
サーバーには内部ヘルスLEDと外部ヘルスLEDの両方備えるものや、システムヘルスLEDを1つだけ備えるものがあり
ます。システムヘルスLEDの機能は、2つの独立した内部および外部ヘルスLEDと同じです。内部ヘルスLEDと外部ヘ
ルスLEDは、モデルによっては、点灯することも点滅することもあり、両方の状態が同じ症状を示します。両方の状
態が同じ症状を示します。
サーバーLEDの位置とそのステータスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手で
きるサーバーのマニュアルを参照してください。
症状:
•
サーバーに電源が投入されていない。
•
システムの電源LEDが消灯またはオレンジ色である。
•
外部ヘルスLEDが赤色で点灯、赤色で点滅、オレンジ色で点灯、またはオレンジ色で点滅している。
•
内部ヘルスLEDが赤色で点灯、赤色で点滅、オレンジ色で点灯、またはオレンジ色で点滅している。
•
システムヘルスLEDが赤色で点灯、赤色で点滅、オレンジ色で点灯、またはオレンジ色で点滅している。
考えられる原因:
•
パワーサプライが正しく固定されていない、または障害が発生している。
•
電源コードに不良または障害が発生している。
•
電源に問題がある。
•
正しく取り付けられていないコンポーネントまたはインターロックに問題がある。
診断フローチャート
26
診断フローチャート
27
p-Classサーバーブレード電源投入時の問題のフローチャート
c-Classサーバーブレード電源投入時の問題のフローチャート
サーバーLEDの位置とそのステータスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手で
きるサーバーのマニュアルを参照してください。
診断フローチャート
28
症状:
•
サーバーに電源が投入されていない。
•
システムの電源LEDが消灯またはオレンジ色である。
•
ヘルスLEDが赤色またはオレンジ色である。
考えられる原因:
•
パワーサプライが正しく固定されていない、または障害が発生している。
•
電源コードに不良または障害が発生している。
•
電源に問題がある。
•
正しく取り付けられていないコンポーネントまたはインターロックに問題がある。
診断フローチャート
29
POST実行時の問題のフローチャート
症状:
•
サーバーがPOSTを完了していない。
注:システムがブートデバイスにアクセスする場合、サーバーはPOSTを完了しています。
•
サーバーがエラーでPOSTを完了している。
考えられる原因:
•
内部コンポーネントが正しく固定されていない、または障害が発生している。
•
コンソールデバイスに障害が発生している。
•
ビデオデバイスに障害が発生している。
診断フローチャート
30
サーバーおよびp-ClassサーバーブレードPOST実行時の問題のフローチャート
診断フローチャート
31
c-ClassサーバーブレードPOST実行時の問題のフローチャート
オペレーティングシステム起動時の問題のフローチャート
症状:
•
インストール済みのOSをサーバーが起動しない。
•
SmartStartをサーバーが起動しない。
考えられる原因:
•
OSが破壊されている。
•
ハードディスクドライブサブシステムに問題がある。
診断フローチャート
32
•
RBSUによる起動順序の設定が間違っている。
サーバーブレードでOS起動時の問題を診断する場合、次の2つの方法でSmartStartを使用できます。
•
iLOを使用して仮想デバイスにリモートで接続し、サーバーブレードにSmartStart CDをマウントする。
•
ローカルI/Oケーブルとドライブを使用してサーバーブレードに接続し、サーバーブレードを再起動する。
診断フローチャート
33
サーバーの障害表示のフローチャート
症状:
•
サーバーは起動するが、障害イベントがInsightマネジメントエージェントから報告される。
•
サーバーは起動するが、内部ヘルスLED、外部ヘルスLED、またはコンポーネントのヘルスLEDが赤色もしくは
オレンジ色である。
注:サーバーのLEDの位置とLEDのステータス情報については、サーバーのマニュアルを参照してください。
考えられる原因:
•
内部または外部コンポーネントが正しく取り付けられていない、または障害が発生している。
•
取り付けたコンポーネントがサポートされていない。
•
冗長化による障害が発生している。
•
システムが温度超過状態にある。
サーバーおよびp-Classサーバーブレード障害表示のフローチャート
サーバーには内部ヘルスLEDと外部ヘルスLEDの両方備えるものや、システムヘルスLEDを1つだけ備えるものがあり
ます。システムヘルスLEDの機能は、2つの独立した内部および外部ヘルスLEDと同じです。内部ヘルスLEDと外部ヘ
ルスLEDは、モデルによっては、点灯することも点滅することもあり、両方の状態が同じ症状を示します。
診断フローチャート
34
サーバーLEDの位置とそのステータスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手で
きるサーバーのマニュアルを参照してください。
診断フローチャート
35
c-Classサーバーブレードの障害表示のフローチャート
診断フローチャート
36
ハードウェアの問題
すべてのProLiantサーバーに適用される手順
この項で説明する手順は包括的なものであり、ご使用のトラブルシューティングするサーバーがサポートしていな
いハードウェア機能に関する手順や説明が含まれている場合があります。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
電源の問題
電源の問題
修正方法:
1.
Power On/Standbyボタンを押して、オンになっていることを確認します。サーバーに、押すと元の位置に戻
るPower On/Standbyボタンがある場合は、必ずこのスイッチをしっかりと押してください。
2.
別のデバイスをアース付きコンセントに接続してコンセントが機能しているかどうかを確認します。また、電
源が適用される基準を満たすことを確認してください。
3.
電源コードを正常に機能することがわかっている電源コードと交換して、損傷していないことを確認します。
4.
電源ケーブルを正常に機能することがわかっている電源ケーブルと交換して、損傷していないことを確認し
ます。
5.
資格のある技術者に電圧を調べてもらい、必要な仕様を満たしていることを確認します。
6.
該当する回路ブレーカーがオンの位置に設定されていることを確認します。
7.
エンクロージャー動的消費電力上限またはエンクロージャー電力制限が、サポートされているサーバーで有効
になっている場合は、サーバーをサポートするために十分な電力が割り当てられていることを確認します。詳
しくは、以下のドキュメントを参照してください。
8.
o
テクノロジー概要の『HP Power Capping and HP Dynamic Power Capping for ProLiant servers』(HPのWeb
サ イ ト (http://h20000.www2.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c01549455/c01549455.pdf
(英語))
o
『HP BladeSystem Onboard Administratorユーザーガイド』(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/
manual)
接続不良がないことを確認します(「接続不良」(18ページ))。
パワーサプライの問題
修正方法:
1.
接続不良がないことを確認します(「接続不良」(18ページ))。
ハードウェアの問題
37
2.
パワーサプライにLEDがある場合、各パワーサプライが正常に動作していることをLEDが示しているかどう
かを確認してください。LEDがパワーサプライの問題を示す場合は、パワーサプライを交換してください。
詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手できるサーバーのマニュアルを参照して
ください。
3.
特に、最近、ハードディスクドライブなどのハードウェアを追加した場合は、システムに十分な電力が供給さ
れていることを確認してください。パワーサプライを追加する必要がある場合があります。IMLでシステムの
情報を調べます。
製品固有の情報については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手できるサーバーのマニュ
アルを参照してください。
詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hppoweradvisor(英語)のHP Power Advisorを参照して
ください。
4.
リダンダント構成で稼動している場合は、システム内のパワーサプライのタイプがすべて一致することを確認
します。サポートされるパワーサプライのリストは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手
できるサーバーのマニュアルに掲載されています。
システムの開回路および短絡
修正方法:
注意:アクセスパネルを開けたまま、または取り外したまま長時間サーバーを動作させないでください。
この状態でサーバーを動作させると、通気が正しく行われず、冷却機構が正常に動作しなくなるため、
高温によって装置が損傷する可能性があります。
1.
サーバーのLEDを調べて、問題の原因を示すステータスがあるかどうかを確認します。LEDについて詳しくは、
サーバーのマニュアルを参照してください。
2.
サーバーの電源をすべて取り外します。
3.
調査対象の場所に、接続不良(18ページ)がないことを確認します。
4.
調査対象の場所にある各コンポーネントが正常に機能していることを確認します。このガイドの各コンポーネ
ントに関する項を参照してください。
調査対象の場所を調べても問題を特定できない場合、以下の各手順を実行してください。各処置を実行してからサー
バーを再起動し、問題が解決されたかどうかを確認してください。
•
すべてのI/O拡張ボードを取り付けなおします。
•
サーバーの残りの部分に接続不良(18ページ)がないことを確認します。特に、システムボードに接続され
ているケーブルを確認してください。
•
ネジ、破片、またはスロットのブランクパネルなど、コンポーネントを短絡させている可能性のある異物がな
いかを確認します。
UPSの問題
UPSが正常に動作していない
修正方法:
1.
操作に適切なレベルまでUPSバッテリが充電されていることを確認します。詳しくは、UPSのマニュアルを参
照してください。
2.
UPSの電源スイッチがオンの位置になっていることを確認します。スイッチの位置については、UPSのマニュ
アルを参照してください。
3.
UPSのソフトウェアが最新バージョンに更新されていることを確認します。Rack and Power Management Pack
CDに入っているパワーマネジメントソフトウェアを使用してください。
ハードウェアの問題
38
4.
そのUPS、およびサーバーが設置されている国に適合したタイプの電源コードが使用されていることを確認し
てください。仕様については、UPSのリファレンスガイドを参照してください。
5.
電源コードが接続されていることを確認します。
6.
各回路ブレーカーがオンの位置に設定されていることを確認します。また、必要に応じて、ヒューズを交換し
ます。問題が繰り返し発生する場合は、HPのサービス窓口に連絡してください。
7.
UPSのLEDを調べて、バッテリや設置場所の配線に問題がないかを確認します。UPSのマニュアルを参照してく
ださい。
8.
UPSがスリープモードに入ったら、スリープモードを無効にして正常に動作させます。UPSのスリープモード
は、フロントパネルのモード設定でオフにすることができます。
9.
バッテリを交換して、過熱により損傷していないかどうかを確認します。最近、空調が停止した場合は、特に
この手順を実行してください。
注:UPSバッテリに最適な動作温度は、25°Cです。周囲温度が最適な温度よりも平均約8°C~10°C上昇
するごとに、バッテリの寿命は50%ずつ短くなります。
バッテリ残量低下の警告が表示される
修正方法:
1.
UPSをアース付きのコンセントに24時間以上接続しておき、バッテリを充電します。その後、バッテリをテス
トし、必要に応じて交換します。
2.
バッテリの残量が少なくなったことを示す警告が表示されるまでの時間を変更して、アラームを正しく設定し
ます。手順については、UPSのマニュアルを参照してください。
UPSの1つ以上のLEDが赤色で点灯する
修正方法:UPSのマニュアルに掲載されている各LEDに関する指示を参照して、エラーの原因を確認してください。
ハードウェアに関する一般的な問題
新しいハードウェアの問題
修正方法:
1.
取り付けるハードウェアがサーバーでサポートされているオプションであることを確認します。サポートされ
ているハードウェアについては、サーバーのマニュアルを参照してください。
必要に応じて、サポートされていないハードウェアを取り外します。
2.
ハードウェアに付属のリリースノートを参照して、ハードウェアリリースの変更によって問題が発生したので
は な い こ と を 確 認 し ま す 。 資 料 を 入 手 で き な い 場 合 は 、 HP の サ ポ ー ト の Web サ イ ト
http://www.hp.com/jp/supportを参照してください。
3.
新しいハードウェアが正しく取り付けられていることを確認します。デバイス、サーバー、およびOSのマニュ
アルを参照して、すべての要件が満たされていることを確認します。
よく発生する問題は次のとおりです。
o
メモリバンクに取り付けられているメモリモジュールの数が足りない。
o
対応するPPMのないプロセッサーが取り付けられている。
ハードウェアの問題
39
o
終端されていないかまたはIDが正しく設定されていない、SCSIデバイスが取り付けられている。
o
もう一方のIDEデバイスがCSモードで設定されているのに、一方のIDEデバイスがプライマリまたはセカン
ダリに設定されている。
o
新しいデバイスにデータケーブルは接続されているが、電源ケーブルが接続されていない。
4.
メモリ、I/O、および割り込みの競合がないかどうかを確認します。
5.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
6.
すべてのケーブルが正しい位置に接続され、ケーブルの長さも正しいことを確認します。詳しくは、サーバー
のマニュアルを参照してください。
7.
新しいハードウェアコンポーネントを取り付ける際に、他のコンポーネントを誤って外していないかどうかを
確認します。
8.
デバイスドライバー、ROMアップデート、パッチなど、必要なすべてのソフトウェアの最新版がインストー
ルされていることと、この最新版が取り付けたハードウェアに対して正しいバージョンであることを確認しま
す。たとえば、Smartアレイコントローラーを使用している場合、Smartアレイコントローラーの最新のデバイ
スドライバーが必要です。正しいドライバーをインストールする前に、不正なドライバーをアンインストール
してください。
「Unsupported processor detected」というメッセージが表示される場合は、取り付けられているプロセッサー
をサポートするように、システムROMを更新してください。詳しくは、「Intel®プロセッサーを使用する場合
のサポートされないプロセッサーステッピング」(84ページ)を参照してください。
9.
ボードやその他のオプションの取り付けまたは交換後、RBSUを実行して、すべてのシステムコンポーネント
に変更を認識させます。このユーティリティを実行しないと、構成エラーを示すPOSTエラーメッセージが表
示される場合があります。
a. RBSUで設定をチェックします。
b. 保存してユーティリティを終了します。
c.
サーバーを再起動します。
RBSUについて詳しくは、『HP ROMベースセットアップユーティリティユーザーガイド』(ドキュメンテー
ションCDまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manual)を参照してください。
10.
スイッチがすべて正しく設定されていることを確認します。必要なスイッチ設定について詳しくは、サーバー
のアクセスパネルの内側に貼付されているラベルか、またはサーバーのマニュアルを参照してください。
11.
すべてのボードがサーバーに正しく取り付けられていることを確認します。
12.
「HP Insight Diagnostics」
(75ページ)を実行して、デバイスが認識されテストされるかどうかを確認します。
13.
新しいハードウェアを取り外します。
未知の問題
修正方法:
1.
サーバーの電源を切り、サーバーから電源ケーブルを外します。
2.
サーバーのマニュアルに記載されているガイドラインおよび注意事項に従って、サーバーの起動に不要なすべ
てのカードやデバイスを取り外して、サーバーを最小のハードウェア構成にします。モニターは、サーバーの
起動プロセスを確認するために接続したままにしておきます。この手順を完了する前に、
「サーバーの最小ハー
ドウェア構成への分割」(16ページ)を参照してください。
3.
電源ケーブルを接続しなおし、システムの電源を入れます。
o
ビデオが機能しない場合は、「ビデオの問題」(53ページ)を参照してください。
ハードウェアの問題
40
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
o
この最小構成でも、システムが稼動しない場合は、主要コンポーネントのいずれかが故障しています。こ
こまでの手順で、プロセッサー、PPM、パワーサプライ、およびメモリが機能していることを確認してい
る場合は、システムボードを交換してください。そうでない場合は、各コンポーネントが正常に機能する
かどうかを確認してください。
o
システムが起動しビデオが機能している場合は、各コンポーネントを1つずつサーバに戻し、追加後にサー
バーを再起動して、このコンポーネントが問題の原因になっているかどうかを確認します。各コンポーネ
ントをサーバーに戻す際は、必ず、サーバーの電源を切り、サーバーのマニュアルに記載されているガイ
ドラインおよび注意事項に従ってください。
他社製デバイスの問題
修正方法:
1.
サーバーとオペレーティングシステムのマニュアルを参照して、サーバーおよびオペレーティングシステムが
そのデバイスをサポートしていることを確認します。
2.
最新のデバイスドライバー(「ドライバー」(77ページ))がインストールされていることを確認します。
3.
デバイスのマニュアルを参照して、デバイスが正しく取り付けられていることを確認します。たとえば、他社
製のPCIまたはPCI-Xボードには、プライマリPCIまたはPCI-Xバスにそれぞれ取り付けなければならないものが
あります。
デバイスのテスト
修正方法:
1.
デバイスをアンインストールします。
デバイスが取り外されアンインストールされた状態でサーバーが正常に機能する場合は、デバイスに問題があ
るか、サーバーがそのデバイスをサポートしていないか、または別のデバイスとの競合が存在します。
2.
対象のデバイスがバス上の唯一のデバイスの場合、そのバスに別のデバイスをインストールして、バスが機能
しているかどうかを確認します。
3.
以下の位置にデバイスを移動し、そのたびにサーバーを再起動して、デバイスが機能するかどうかを確認し
ます。
a. 同じバス上の別のスロット(PCI Expressには非対応)
b. 別のバス上のPCI、PCI-X、またはPCI Expressスロット
c.
同じかまたは同様の設計の正常に機能する別のサーバーの同じスロット
これらのスロットのいずれかでボードが正常に機能する場合は、元のスロットが故障しているかまたはボード
が正しく固定されていませんでした。ボードを元のスロットに挿入しなおして確認してください。
4.
ボード(または、ボードに接続されるデバイス)をテストする場合は、以下の手順に従ってください。
a. 他のボードをすべて取り外して、問題のボードのテストを行います。
b. 問題のボードだけを取り外してサーバーをテストしてみます。
ハードウェアの問題
41
注意:NVRAMをクリアすると、構成情報が消去されます。NVRAMをクリアする場合は、事前に、詳し
い手順をサーバーのマニュアルで確認してください。確認しないと、データが消失する可能性がありま
す。
5.
NVRAMをクリアすることによって、各種の問題を解決できることがあります。NVRAMをクリアしてくださ
い。ただし、プロンプトが表示される場合は、バックアップのSCIファイルを使用せずに、必要なCFG、OVL
またはPCFファイルのいずれかを使用してください。
内部システムの問題
バッテリパックの問題
バッテリの充電が停止するかまたは膨張し始める
BBWCバッテリパック内のバッテリは消耗品です。使用期間が3年を過ぎると、バッテリが予想データ保存時間を提
供しなくなる場合があります。HP Smartアレイコントローラーは、バッテリが完全に消耗すると、この状態を検出
し、ユーザーデータを保護するためにライトキャッシュの機能を自動的に制限します。性能レベルを確保するため
に、3年ごとにバッテリパックを交換することをおすすめします。
NiMHバッテリでは、充電プロセスと放電プロセスにより不活性ガスが発生し、ボタンセルのサイズが20%程度膨
張することがあります。バッテリパックは、過剰な膨張が起きる前に充電を停止するように設計されています。
ただし、過剰な膨張が起きる場合は、セルが損傷する前に、ボタンセル内の圧力メカニズムがこれらの無毒で非腐
食性のガスを排気します。この圧力メカニズムが作動すると、バッテリが正常に充電しなくなり、ストレージソ
リューションがバッテリ障害を報告します。
CD-ROMドライブとDVDドライブの問題
システムがドライブから起動されない
修正方法:
1.
RBSUのドライブブート順が、サーバーが最初にCD-ROMドライブから起動するように設定されていることを
確認します。
2.
CD-ROMドライブのジャンパーがCS(工場出荷時のデフォルト設定)に設定されている場合、CD-ROMドライ
ブがケーブルのデバイス0側に接続されていることを確認します。この位置に設定されている場合、サーバー
はこのドライブから起動します。
3.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
4.
起動元にしたいメディアが損傷していないことと起動可能なCDであることを確認します。
5.
USBのCD-ROMドライブから起動する場合は、以下の手順に従ってください。
o
オペレーティングシステムおよびサーバーのマニュアルを参照して、オペレーティングシステムとサー
バーがUSBのCD-ROMドライブからの起動をサポートしていることを確認します。
o
RBSUで、USBのCD-ROMの従来のサポートが有効になっていることを確認します。
ドライブから読み出されるデータが壊れている、またはドライブがデータを読み出せない
修正方法:
1.
ドライブとメディアの汚れをとります。
2.
使用中のCDまたはDVDの表面に紙やプラスチック製のラベルが付いている場合は、ラベルや接着剤の残りを
取り除きます。
ハードウェアの問題
42
3.
挿入されているCDまたはDVDのフォーマットがドライブに合ったものであることを確認します。たとえば、
CDだけをサポートするドライブにDVDを挿入していないことを確認してください。
ドライブが検出されない
修正方法:
1.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
2.
ドライブのマニュアルを参照して、指示に従ってケーブルが接続されていることを確認します。
3.
ケーブルが正しく機能していることを確認します。正常に機能することがわかっているケーブルと交換して、
元のケーブルが故障していないかどうかを確認します。
4.
正しい、最新のドライバーがインストールされていることを確認します。
ディスケットドライブの問題
ディスケットドライブのランプが点灯したままである
修正方法:
1.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
2.
ディスケットが損傷していないことを確認します。ディスケットに対してディスケットユーティリティ(シス
テムの一部ではCHKDSK)を実行します。
3.
ディスケットが正しく挿入されていることを確認します。ディスケットを取り出してドライブに正しく入れな
おしてください。
4.
ディスケットドライブが正しくケーブル接続されていることを確認します。サーバーのマニュアルを参照して
ください。
ディスケットトランザクションで問題が発生した
修正方法:ディスケットのディレクトリ構成が間違っていないことを確認してください。ディスケットユーティリ
ティ(システムの一部ではCHKDSK)を実行して、フラグメンテーションが発生していないかどうかを確認します。
ディスケットドライブでディスケットを読み出せない
修正方法:
1.
ディスケットがフォーマットされていない場合は、フォーマットします。
2.
使用しているドライブのタイプを調べて、正しいタイプのディスケットを使用していることを確認します。
ドライブが検出されない
修正方法:ドライブに接続不良(18ページ)がないことを確認してください。
Non-system diskメッセージが表示された
修正方法:
1.
システムディスケットではないディスケットをドライブから取り出します。
2.
起動できないUSBデバイスがあるかを調べて、あれば取り外します。
ディスケットドライブがディスケットに書き込めない
修正方法:
1.
ディスケットがフォーマットされていない場合は、フォーマットします。
ハードウェアの問題
43
2.
ディスケットが書き込み禁止になっていないことを確認します。書き込み禁止になっている場合は、別のディ
スケットを使用するか、または書き込み禁止を解除してください。
3.
パス名の中のドライブ文字を調べて、正しいドライブに書き込もうとしていることを確認します。
4.
ディスケットに十分な容量が残っていることを確認します。
ドライブの問題(ハードディスクドライブおよびソリッドステートドラ
イブ)
HP SIMがHP Smartアレイコントローラーで管理されているハードディスクドライブのドライ
ブ障害を報告する
修正方法:
•
ハードディスクドライブの障害LEDが点灯している場合は、「ハードディスクドライブLEDの組み合わせ」(20
ページ)に示されているドライブLEDの組み合わせの表を参照してください。
•
ドライブの障害LEDが点滅している場合は、ハードディスクドライブを交換してください。サーバーのメンテ
ナンス&サービスガイドを参照してください。
•
ドライブの障害LEDが点滅していない場合、オペレーティングシステムがHP Insight Diagnosticsのバージョ
ン7.40以上をサポートしているときは(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))、次の手順を実行してく
ださい。
a. 「SmartアレイSCSI診断機能」(75ページ)を実行します。
b. 診断レポートで推奨されている処置を実行します。
c.
それでも問題を解決できない場合は、該当するアレイ診断ソフトウェア(76ページ)を実行します。
アレイ診断ソフトウェアのレポート分析については、HPサポート(「HPへの問い合わせ」(185ページ))
にお問い合わせください。
•
ドライブの障害LEDが点滅していない場合、オペレーティングシステムがHP Insight Diagnosticsのバージョン
7.40以上をサポートしていないときは(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))、SmartStart CDを挿入して、
該当するアレイ診断ソフトウェア(76ページ)を実行してください。アレイ診断ソフトウェアのレポート分
析については、HPサポート(「HPへの問い合わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
HP Smartアレイコントローラーで管理されているハードディスクドライブで障害LEDが点灯し
ている
修正方法:
•
ハードディスクドライブの障害LEDが点灯している場合は、「ハードディスクドライブLEDの組み合わせ」(20
ページ)に示されているドライブLEDの組み合わせの表を参照してください。
•
ドライブの障害LEDが点滅している場合は、ハードディスクドライブを交換してください。サーバーのメンテ
ナンス&サービスガイドを参照してください。
•
ドライブの障害LEDが点滅していない場合、オペレーティングシステムがHP Insight Diagnosticsのバージョ
ン7.40以上をサポートしているときは(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))、次の手順を実行してく
ださい。
a. 「SmartアレイSCSI診断機能」(75ページ)を実行します。
b. 診断レポートで推奨されている処置を実行します。
c.
それでも問題を解決できない場合は、該当するアレイ診断ソフトウェア(76ページ)を実行します。
アレイ診断ソフトウェアのレポート分析については、HPサポート(「HPへの問い合わせ」(185ページ))
にお問い合わせください。
ハードウェアの問題
44
•
ドライブの障害LEDが点滅していない場合、オペレーティングシステムがHP Insight Diagnosticsのバージョン
7.40以上をサポートしていないときは(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))、SmartStart CDを挿入して、
該当するアレイ診断ソフトウェア(76ページ)を実行してください。アレイ診断ソフトウェアのレポート分
析については、HPサポート(「HPへの問い合わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
システムがPOSTを完了したが、ドライブが機能しない
修正方法:
1.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
2.
デバイスの競合がないことを確認します。
3.
ハードディスクドライブが正しくケーブル接続され、必要に応じて終端されていることを確認します。
4.
ハードディスクドライブデータケーブルを正常に機能することがわかっているケーブルと交換して、そのハー
ドディスクドライブデータケーブルが機能することを確認します。
5.
サーバーの動作時には、アクセスパネルが正しく取り付けられているようにします。ドライブが過熱し、応答
が遅くなったりドライブ障害が発生したりする可能性があります。
6.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
7.
RBSU(「HP ROMベースセットアップユーティリティ」(67ページ))を実行して、ブートコントローラー
順序が正しく設定されていることを確認します。
ハードディスクドライブが認識されない
修正方法:
1.
「電源の問題」(37ページ)がないことを確認します。
2.
「接続不良」(18ページ)がないことを確認します。
3.
取り付けられているハードディスクドライブをコントローラーがサポートしていることを確認します。
4.
コントローラーに最新のファームウェアがインストールされていることを確認します。
5.
コントローラーがライセンスキーをサポートしており、設定がデュアルドメインの場合は、ライセンスキーが
インストールされていることを確認します。
サーバーがハードディスクドライブを認識しない
修正方法:
1.
ハードディスクドライブのLEDを調べて、正常な動作を示していることを確認します。ハードディスクドライ
ブのLEDについては、「ハードディスクドライブLEDの組み合わせ」(20ページ)を参照してください。サー
バー固有のハードディスクドライブのLEDについては、サーバーのマニュアルまたはHPのWebサイト
http://www.hp.com/jpを参照してください。
2.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
3.
正しいドライブコントローラードライバーがインストールされていることを確認します。
4.
ハードディスクドライブが正しく設定されていることを確認します。
a. 正しい設定を確認するには、ハードディスクドライブのマニュアルを参照してください。
b. ハードディスクドライブを取り外して、構成ジャンパーが正しく設定されていることを確認します。
c.
ノンホットプラグハードディスクドライブの場合は、別のハードディスクドライブとの競合がないことを
確認します。SCSI IDの競合をチェックしてください。
d. アレイコントローラーを使用する場合は、アレイ内でハードディスクドライブが構成されていることを確
認します。ACUを実行します。
ハードウェアの問題
45
新しいドライブが認識されない
修正方法:
1.
ハードディスクドライブがサポートされていることを確認します。ドライブのサポートを確認するには、サー
バーのマニュアルまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualを参照してください。
2.
ハードディスクドライブを別のベイに取り付けて、ドライブベイが故障していないことを確認します。
3.
HP Insight Diagnostics(75ページ)を実行します。指示に従って故障したコンポーネントを交換します。
4.
ドライブが、アレイコントローラー上の交換用ドライブである場合は、元のドライブと同じ種類および同じ容
量以上であることを確認します。
データにアクセスできない
修正方法:
1.
ファイルが壊れていないことを確認します。オペレーティングシステムに対応した修復ユーティリティを実行
してください。
2.
サーバーがウィルスに感染していないことを確認します。最新バージョンのウィルススキャンユーティリティ
を実行してください。
3.
TPMが取り付けられ、BitLocker™が使用されている場合は、TPMがRBSU(「HP ROMベースセットアップユー
ティリティ」(67ページ))で有効化されていることを確認します。オペレーティングシステムのマニュア
ルに記載されているTPM交換リカバリ手順を参照してください。
4.
暗号化されたデータを新しいサーバーに移行する場合は、オペレーティングシステムのマニュアルに記載され
ているリカバリ手順に従ってください。
サーバーの応答時間が通常より遅い
修正方法:
1.
ハードディスクドライブの容量に空きがあることを確認してください。必要に応じて、ハードディスクドライ
ブの空き容量を増やします。ハードディスクドライブでは、15%以上の空き容量を確保しておくことをおすす
めします。
2.
オペレーティングシステムの暗号化テクノロジーに関する情報を調べてください。暗号化テクノロジーがサー
バーのパフォーマンスを低下させている可能性があります。詳しくは、オペレーティングシステムのマニュア
ルを参照してください。
SDカードの問題
システムがドライブから起動されない
修正方法:
1.
RBSUのドライブブート順が、サーバーがSDカードから起動するように設定されていることを確認します。
2.
SDカードを取り付けなおします。
USBドライブキーの問題
システムがドライブから起動されない
修正方法:
1.
RBSUでUSBが有効になっていることを確認します。
2.
RBSUのドライブブート順が、サーバーがUSBドライブキーから起動するように設定されていることを確認し
ます。
3.
USBドライブキーを取り付けなおします。
ハードウェアの問題
46
ファンの問題
ファンに関する一般的な問題が発生している
修正方法:
1.
ファンが正しく固定され動作していることを確認します。
a. サーバーのマニュアルの手順および警告に従って、アクセスパネルを取り外し、ファンにアクセスして、
ファンを交換します。
b. 正しい手順に従って、各ファンを取り外してから取り付けなおします。
c.
アクセスパネルを元に戻してサーバーを再起動します。
2.
ファンの構成がサーバーの稼動要件を満たしていることを確認します。サーバーのマニュアルを参照してくだ
さい。
3.
通気の問題がないことを確認します。アクセスパネルを取り外したまま長時間サーバーを稼動させていた場合、
通気が妨げられ、温度上昇によりコンポーネントが損傷する場合があります。要件について詳しくは、サーバー
のマニュアルを参照してください。
4.
サーバーの起動中に温度異常情報やファン障害情報を示すPOSTエラーメッセージ(「POSTエラーメッセージ
およびビープコード」(121ページ))が表示されていないことを確認します。サーバーの温度要件について
は、サーバーのマニュアルを参照してください。
5.
IMLを参照して、ファンに関するイベントリストエラーメッセージ(171ページ)が示されていないかどうか
を確認します。
6.
必要な動作していないファンを交換してサーバーを再起動します。ファンの要件の各項目については、サー
バーのマニュアルを参照してください。
7.
すべてのファンスロットにファンまたはブランクが取り付けられていることを確認します。要件については、
サーバーのマニュアルを参照してください。
8.
ファンの通気がケーブルや他の異物でふさがれていないことを確認します。
ホットプラグ対応ファンに関する問題が発生する
修正方法:
1.
LEDを調べて、ホットプラグ対応ファンが動作していることを確認します。LEDの情報については、サーバー
のマニュアルを参照してください。
注:リダンダントファンを搭載するサーバーの場合、バックアップファンが定期的に回転して機能のテ
ストを行う場合があります。これはリダンダントファンの正常な動作の一部です。
2.
POSTエラーメッセージ(「POSTエラーメッセージおよびビープコード」(121ページ))がないことを確認
します。
3.
ホットプラグ対応ファンの要件が満たされていることを確認します。サーバーのマニュアルを参照してくだ
さい。
HP BladeSystem c-Classエンクロージャーのすべてのファンが高速回転している
一方、他のエンクロージャーのファンは通常の速度で回転している
修正方法:
すべてのファンLEDが緑色で点灯しているのに、このエンクロージャーのファンが通常の速度ではなく高速で回転し
ている場合は、Onboard AdministratorまたはiLO 3から詳しい情報を調べてください。
ハードウェアの問題
47
HP ProLiant G6サーバーですべてのファンが回転していないかまたは回転速度に違いがある
修正方法:
どのサーバーの場合も、IMLにアクセスします。エラーメッセージが表示されていない場合は、ファンは設計どおり
に稼動しています。IMLにエラーメッセージが表示されている場合は、推奨されている手順を実行してエラーを修正
します。
どのサーバーブレードでも、Onboard AdministratorまたはiLO 3から詳しい情報を調べてください。
HP Trusted Platform Moduleの問題
修正方法:TPMが故障し、RBSUから検出されなくなった場合は、HPのサービス窓口から新しいシステムボードとTPM
ボードを取り寄せてください。
注意:取り付けたTPMをシステムボードから取り外そうとすると、TPMセキュリティリベットが破損ま
たは変形します。取り付けられたTPMで破損または変形したリベットを発見した場合、管理者は、シス
テムのセキュリティが侵害されたことを考慮し、適切な措置を講じてシステムデータの保全性を確保す
る必要があります。
TPMの取り付けまたは交換の際には、次のガイドラインに従ってください。
•
取り付けたTPMを取り外さないでください。一度取り付けると、TPMは永続的にシステムボードの一部となり
ます。
•
ハードウェアの取り付けや交換の際に、HPのサービス窓口でTPMまたは暗号化テクノロジーを有効にすること
はできません。セキュリティ上の理由から、これらの機能を有効にできるのはユーザーだけです。
•
サービス交換のためにシステムボードを返送する際は、システムボードからTPMを取り外さないでください。
要求があれば、HPサービスまたはHPのサービス窓口は、TPMをスペアのシステムボードとともに提供します。
•
取り付けたTPMをシステムボードから取り外そうとすると、TPMセキュリティリベットが破損または変形しま
す。取り付けられたTPMで破損または変形したリベットを発見した場合、管理者は、システムのセキュリティ
が侵害されたことを考慮し、適切な措置を講じてシステムデータの保全性を確保する必要があります。
•
BitLocker™を使用する際は、常に、リカバリキー/パスワードを保管してください。システムの保全性が侵害
された可能性をBitLocker™が検出した後にリカバリモードに入るには、リカバリキー/パスワードが必要です。
•
HPは、TPMの不適切な使用によって発生したデータアクセスのブロックについては、責任を負いかねます。操
作手順については、オペレーティングシステムに付属の暗号化テクノロジー機能のマニュアルを参照してくだ
さい。
メモリの問題
メモリに関する一般的な問題が発生している
修正方法:
•
メモリ構成を確認して最小にしてください。DIMMを取り扱う際は注意が必要です(「DIMMの取り扱いのガ
イドライン」(19ページ))。
o
メモリがサーバーの要件を満たしていることと、サーバーで指示されている手順に従って取り付けられて
いることを確認してください。サーバーには、メモリバンクにメモリモジュールをすべて取り付ける必要
がある、メモリバンク内のすべてのメモリモジュールのサイズ、種類、および速度が同一でなければなら
ないなどの要件があります。メモリが正しく取り付けられているかどうかを確認するには、サーバーのマ
ニュアルを参照してください。
o
メモリスロットに対応するサーバーのLEDをすべて確認してください。
ハードウェアの問題
48
•
o
DIMMに障害があるか確認できない場合は、他のすべてのDIMMを取り外して各バンクのDIMMをテストし
てください。次に、バンクにある各DIMMを正常に動作しているDIMMと交換して、障害のあるDIMMを特
定してください。
o
他社製のメモリをすべて取り外してください。
HP Insight Diagnostics(75ページ)を実行して、メモリをテストしてください。
サーバーのメモリ容量の不足
修正方法:
1.
メモリが正しく設定されていることを確認します。アプリケーションのマニュアルを参照して、メモリの構成
要件を確認します。
2.
オペレーティングシステムエラーが示されていないことを確認します。
3.
メモリカウントエラー(「メモリカウントエラーが発生している」(49ページ))が発生していないことを
確認します。POST実行時に表示されるメモリカウントのメッセージを参照してください。
メモリカウントエラーが発生している
考えられる原因:メモリモジュールが正しく取り付けられていません。
修正方法:
1.
メモリモジュールが、サーバーでサポートされていることを確認します。サーバーのマニュアルを参照してく
ださい。
2.
メモリモジュールが、サポートされている設定で正しく取り付けられていることを確認します。サーバーのマ
ニュアルを参照してください。
3.
メモリモジュールが正しく固定されていることを確認します(「DIMMの取り扱いのガイドライン」(19ペー
ジ))
4.
オペレーティングシステムエラーが示されていないことを確認します。
5.
サーバーを再起動して、それでもエラーメッセージが表示されるかどうかを確認します。
6.
HP Insight Diagnostics(75ページ)を実行します。指示に従って故障したコンポーネントを交換します。
サーバーが既存のメモリを認識できない
修正方法:
1.
メモリを取り付けなおします。DIMMを取り扱う際は注意が必要です(「DIMMの取り扱いのガイドライン」
(19ページ))。
2.
メモリが正しく設定されていることを確認します。サーバーのマニュアルを参照してください。
3.
メモリカウントエラーが発生していないことを確認します(「メモリカウントエラーが発生している」(49
ページ))。POST実行時に表示されるメモリカウントのメッセージを参照してください。
サーバーが新しいメモリを認識できない
修正方法:
1.
メモリのタイプがサーバーでサポートされ、メモリがサーバーの要件に従って取り付けられていることを確認
します。サーバーのマニュアルまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jpを参照してください。
2.
サーバーまたはオペレーティングシステムで許容されるメモリ容量を超えていないことを確認します。サー
バーのマニュアルを参照してください。
3.
IMLにイベントリストエラーメッセージが表示されていないことを確認します(「インテグレーテッドマネジ
メントログ」(76ページ))。
4.
メモリが正しく固定されていることを確認します(「DIMMの取り扱いのガイドライン」(19ページ))
5.
既存のメモリとの競合がないことを確認します。サーバーのセットアップユーティリティを実行してください。
ハードウェアの問題
49
6.
正常に機能することがわかっているサーバーにメモリを取り付けて、メモリをテストします。メモリが、メモ
リをテストする新しいサーバーの要件を満たしていることを確認しておいてください。
7.
メモリを交換します。サーバーのマニュアルを参照してください。
サーバーが起動に失敗する、すべてのDIMM LEDがオレンジ色で点灯する、....
...ヘルスLEDが赤色で点滅する、システムでビープ音が鳴り続ける、インテグレーテッドマネジメントログ(IML)にエントリー
が記録される
考えられる原因:このサーバーは、5500シリーズXeonプロセッサーが搭載されたHP ProLiant G6サーバーです。
DIMMの取り付け方法がサーバーの要件に従って取り付けられていません。
修正方法:メモリのタイプがサーバーでサポートされ、メモリがサーバーの要件に従って取り付けられていること
を確認します。
•
バッファーなしPC3 DIMMとレジスタ付きPC3 DIMMを混在させないでください。
•
プロセッサーが取り付けられている場合にのみ、プロセッサー用のDIMMスロットにDIMMを取り付けてくだ
さい。
•
バッファなしDIMMを取り付ける場合、各チャネルは最大2枚のDIMMをサポートします。
•
クアッドランクDIMMがプロセッサー用に取り付けられている場合は、そのプロセッサー用に、各チャネルに
最大2枚のDIMMを取り付けられることができます。
•
チャネルにクアッドランクDIMMが含まれる場合は、クアッドランクDIMMがそのチャネル上の最初に取り付
けられる必要があります。
詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手できるサーバーのマニュアルを参照してください。
システムがHP iLO 2ファームウェアバージョン1.75で構成されている場合、IMLで次のメッセージが報告されます。
Uncorrectable Memory Error (Module Unknown)
このメッセージが表示される場合、DIMMの構成が誤っているだけでありDIMMの故障ではありません。
システムがHP iLO 2ファームウェアバージョン1.77以降で構成されている場合、IMLで次のメッセージが報告さ
れます。
Memory Configuration Error: System boot halted
詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手できるサーバーのマニュアルを参照してくだ
さい。
PPMの問題
修正方法:PPMがシステムボードに内蔵されていない場合は、以下の手順に従ってください。
注意:アクセスパネルを開けたまま、または取り外したまま長時間サーバーを動作させないでください。
この状態でサーバーを動作させると、通気が正しく行われず、冷却機構が正常に動作しなくなるため、
高温によって装置が損傷する可能性があります。
1.
PPMのLEDがある場合は、チェックして、PPMに障害が発生しているかどうかを確認します。LEDについて詳し
くは、サーバーのマニュアルを参照してください。
2.
各PPMを取り付けなおして、サーバーを再起動します。
3.
PPMを取り付けなおしても問題が解決されない場合は、1つを除いてすべてのPPMを取り外して、サーバーを
再起動し、PPMが機能するかどうかを確認します。次に、各PPMを1つずつ取り付けて、そのたびにサーバー
の電源を切って入れなおします。サーバーのマニュアルの警告および注意事項に従ってください。
ハードウェアの問題
50
プロセッサーの問題
修正方法:
1.
プロセッサーのLEDがある場合は、チェックして、PPMに障害が発生しているかどうかを確認します。LEDにつ
いては、サーバーのマニュアルを参照してください。
2.
各プロセッサーが、サーバーでサポートされていることと正しく取り付けられていることを確認します。プロ
セッサーの要件については、サーバーのマニュアルを参照してください。
3.
サーバーROMが最新のものであることを確認します。
「unsupported processor detected」というメッセージが表示される場合は、「Intel®プロセッサーを使用する
場合のサポートされないプロセッサーステッピング」(84ページ)を参照してください。
4.
サーバーで、ステッピング、コア速度、またはキャッシュサイズの異なるプロセッサーの混在をサポートして
いない場合は、これらの点で異なるプロセッサーを混在させていないことを確認してください。詳しくは、サー
バーのマニュアルを参照してください。
注意:一部のプロセッサーおよびヒートシンクの取り外しについては、交換のために取り外す際に十分
な注意が必要です。その他のプロセッサーとヒートシンクは、一体化されており、分離すると再利用で
きません。ご使用のトラブルシューティングするサーバーに固有の手順については、そのユーザーガイ
ドのプロセッサーに関する説明を参照してください。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
5.
サーバーにプロセッサーが1基だけ取り付けられている場合は、正常に機能することがわかっているプロセッ
サーと交換します。サーバーの再起動後問題が解決される場合は、元のプロセッサーが故障しています。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
6.
サーバーに複数のプロセッサーが取り付けられている場合は、以下の手順に従って各プロセッサーをテストし
ます。
a. プロセッサーを1基だけ残して、他のすべてのプロセッサーをサーバーから取り外します。サーバーでプ
ロセッサーターミネータボードまたはブランクを使用している場合は、各プロセッサーをプロセッサー
ターミネータボードまたはブランクと交換します。
b. サーバーでシステムボードに内蔵されていないPPMを使用する場合は、取り外していないプロセッサー用
のPPMを除くすべてのPPMをサーバーから取り外します。
c.
取り外していないプロセッサーを正常に機能することがわかっているプロセッサーと交換します。サー
バーの再起動後問題が解決される場合は、1基以上の元のプロセッサーが故障しています。各プロセッサー
と対応するPPM(使用している場合)をサーバーに1組ずつ取り付けて、そのたびに再起動してみます。
これにより、故障しているプロセッサー(複数の場合もあります)が見つかります。各手順で、サーバー
がプロセッサーの構成をサポートしていることを確認してください。
テープドライブの問題
以下の各項では、テープドライブに関する一般的な問題について説明します。各修正方法を、ここで説明する順序
で実行してください。問題が解決したら、残りの修正方法を実行する必要はありません。
テープドライブのタイプによっては、ここで説明する修正方法の一部が該当しない場合があります。
ガイドに従ってテープドライブのトラブルシューティングを進めるための方法について詳しくは、HPのWebサイト
http://www.hp.com/support/gts(英語)を参照してください。
HP StorageWorks Library and Tape Toolsのダウンロードについては、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/support
/tapetools(英語)を参照してください。
ハードウェアの問題
51
一般的なタスクについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/support/lttfaqを参照してください。
テープが動かなくなった問題
修正方法:
1.
イジェクトボタンを手動で押します。最大10分待ちます。この間に、テープの巻き戻しと取り出しが行われ
ます。
2.
強制取り出しを実行します。
a. イジェクトボタンを10秒以上押し続けます。
b. 最大10分待ちます。この間に、テープの巻き戻しと取り出しが行われます。緑色のレディLEDが点滅します。
3.
ドライブの電源を切って入れなおします。最大10分待ちます。この間に、ドライブは再びレディ状態になり
ます。
4.
バックアップソフトウェアサービスで競合が発生していないかどうかを確認します。
5.
ドライブのSCSI/HBA/ドライバー設定を調べます。
6.
メディアとケーブルを調べ、故障しているものや損傷しているものがあれば廃棄します。
7.
HPのサービス窓口に問い合わせます。
読み出し/書き込みの問題
修正方法:
1.
HP StorageWorks Library and Tape ToolsでDrive Assessment Testを実行します。
注意:Drive Assessment Testを実行するとテープは上書きされます。テープが上書きされると困る場合
は、代わりにログベースのDevice Analysis Testを実行してください。
2.
HP StorageWorks Library and Tape ToolsでMedia Assessment Testを実行します。これは読み取り専用のテスト
です。
バックアップの問題
修正方法:
1.
HP StorageWorks Library and Tape ToolsでDrive Assessment Testを実行します。
注意:Drive Assessment Testを実行するとテープは上書きされます。テープが上書きされると困る場合
は、代わりにログベースのDevice Analysis Testを実行してください。
2.
バックアップログを調べます。
3.
使用している設定がサポートされているかどうか確認します。
4.
次の点について調べ、メディアが損傷していないかどうか確認します。
5.
o
ラベルの位置が間違っていないか。
o
リーダーピンに損傷、脱落、または緩みがないか。
o
カートリッジの継ぎ目に損傷がないか。
o
不正な環境で使用していないか。
ソフトウェアの問題を確認します。
a. バックアップソフトウェアを調べます。
b. バックアップの実行時に、ウィルススキャンソフトウェアの実行がスケジュールされていないかどうか調
べます。
6.
テープをフォーマットできるかどうか確認します。
ハードウェアの問題
52
メディアの問題
修正方法:
1.
正しい製品番号のメディアが使用されているかどうか確認します。
2.
HP StorageWorks Library and Tape Toolsを使用してサポートチケットを抽出します。
o
カートリッジヘルスセクションで問題を探します。
o
ドライブヘルスセクションで問題を探します。
3.
HP StorageWorks Library and Tape ToolsでMedia Assessment Testを実行します。
4.
次の点について調べ、メディアが損傷していないかどうか確認します。
5.
o
ラベルの位置が間違っていないか。
o
リーダーピンに損傷、脱落、または緩みがないか。
o
カートリッジの継ぎ目に損傷がないか。
o
不正な環境で使用していないか。
テープエラーLEDが点滅していないか調べます。
a. 問題の原因になっている可能性のあるテープを再ロードします。テープエラーLEDの点滅が停止すれば、
問題は解決されています。
b. 新しいテープまたは問題のないことが分かっているテープをロードします。テープエラーLEDの点滅が停
止すれば、問題は解決されています。
c.
6.
問題の原因になっている可能性のあるテープを再ロードします。テープエラーLEDが点滅する場合は、そ
のテープを故障と判断して廃棄してください。
温度が45ºCを超えるかまたは5ºC未満の環境で使用されたメディアは廃棄してください。
グラフィックアダプターとビデオアダプターに関する問題
グラフィックアダプターとビデオアダプターに関する一般的な問題が発生している
修正方法:
•
サーバーのサポートされるオプションとして提示されているカードだけを使用します。サポートされるオプ
ションの詳細なリストは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hpscで入手できるサーバーのマニュアル
に掲載されています。
•
サーバーに取り付けられているパワーサプライが、サーバー構成をサポートできるだけの十分な電力を供給す
ることを確認します。ハイパワーのグラフィックアダプターの中には、特別なケーブル、ファン、または補助
電源が必要なものがあります。アダプターの電源要件について詳しくは、グラフィックオプションに付属のマ
ニュアルまたはベンダーのWebサイトを参照してください。サーバーの電源機能について詳しくは、HPのWeb
サイトhttp://www.hp.com/go/hpscで入手できるサーバーのマニュアルを参照してください。
•
アダプターが正しく固定されていることを確認します。
外付デバイスの問題
ビデオの問題
画面に何も表示されない(サーバーに電源を入れてから、60秒を超えた場合)
修正方法:
ハードウェアの問題
53
1.
モニターの電源コードが、正常に機能しているアース付きコンセントに接続されていることを確認します。
2.
モニターの電源を入れ、モニターの電源ランプが点灯して、モニターに電源が供給されていることを確認し
ます。
3.
モニターが対象のサーバーまたはコンソールスイッチにケーブル接続されていることを確認します。
4.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
o
ラックマウント型サーバーの場合は、コンソールスイッチに接続されているケーブルを調べます。また、
スイッチがサーバー用に正しく設定されていることを確認してください。モニターを直接サーバーに接続
して、コンソールスイッチが故障していないことを確認する必要がある場合もあります。
o
タワー型サーバーの場合は、モニターからサーバー、サーバーからコンセントまでのケーブルの接続を調
べてください。
5.
どれかキーを押すか、またはパスワードを入力して、画面がアクティブになるまでしばらく待って、省電力機
能が有効になっていないことを確認してください。
6.
ビデオのドライバーが最新のものであることを確認します。ドライバーの要件については、他社のビデオアダ
プターのマニュアルを参照してください。
7.
オンボードビデオの代わりに、ビデオ拡張ボードが追加されていないことを確認します。ビデオ拡張ボードが
追加されていると、ビデオが機能していないように見えることがあります。オンボードビデオからビデオケー
ブルを外して、拡張ボード上のビデオジャックに接続しなおしてください。
注:すべてのサーバーでは、ビデオ拡張ボードが搭載されている場合、オンボードビデオは自動的に無
効になります。
8.
どれかキーを押すか、またはパスワードを入力して、画面がアクティブになるまでしばらく待って、電源投入
時パスワード機能が有効になっていないことを確認します。また、POSTが完了したときに画面に鍵の形のア
イコンが表示されるかどうかでも電源投入時パスワードが有効になっているかどうかがわかります。
パスワードがわからない場合は、システムボードのパスワードの無効スイッチを使用して、電源投入時パス
ワードを無効にする必要があります。サーバーのマニュアルを参照してください。
9.
PCIホットプラグ対応スロットにビデオ拡張ボードが取り付けられている場合は、該当するスロットの電源LED
をチェックして、スロットに電源が供給されていることを確認してください。サーバーのマニュアルを参照し
てください。
10.
サーバーおよびOSがビデオ拡張ボードをサポートしていることを確認します。
省電力機能を使用すると、モニターが正常に機能しない
修正方法:モニタが省電力機能をサポートしていることを確認してください。サポートしていない場合は、この機
能を無効にします。
ビデオの色が正しく出ない
修正方法:
•
15ピンVGAケーブルがサーバーの正しいVGAポートとモニターにしっかりと接続されていることを確認し
ます。
•
モニターおよびコンソールスイッチが、サーバーのVGA出力と互換性があることを確認します。
動きの遅い水平線が表示される
修正方法:電磁障害が発生していないことを確認してください。モニターを他のモニターや変圧器から遠ざけてく
ださい。
ハードウェアの問題
54
マウスとキーボードの問題
修正方法:
1.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。コンソールスイッチングデバイスを使用している場合は、
サーバーがスイッチに正しく接続されていることを確認します。
o
ラックマウント型サーバーの場合は、スイッチボックスまでのケーブルを調べてください。また、スイッ
チがサーバー用に正しく設定されていることを確認します。
o
タワー型サーバーの場合は、入力デバイスからサーバーまでのケーブルの接続を調べてください。
2.
コンソールスイッチングデバイスを使用している場合は、すべてのケーブルとコネクターが適切な長さで、ス
イッチによりサポートされていることを確認してください。スイッチのマニュアルを参照してください。
3.
オペレーティングシステム用の最新のドライバーがインストールされていることを確認します。
4.
デバイスドライバーを入れ替えて、デバイスドライバーが壊れていないことを確認します。
5.
システムを再起動して、サーバーの再起動後、入力デバイスが正しく機能するかどうかを確認します。
6.
正常に機能することがわかっている同等のデバイス(同タイプの別のマウスまたはキーボード)とデバイスを
交換します。
o
新しいマウスやキーボードでも問題が発生する場合は、システムI/Oボードのコネクターポートが故障し
ています。ボードを交換してください。
o
問題が発生しなくなった場合は、元の入力デバイスが故障しています。デバイスを交換してください。
7.
キーボードやマウスが正しいポートに接続されていることを確認します。POSTの実行中にキーボードのラン
プが点滅するか、NumLock LEDが点灯することを確認します。これが確認されなかった場合は、接続ポートを
変えてください。
8.
キーボードやマウスに汚れがないことを確認します。
オーディオの問題
修正方法:サーバーのスピーカーの接続を確認してください。サーバーのマニュアルを参照してください。
プリンターの問題
プリンターで印刷できない
修正方法:
1.
プリンターに電源が投入され、オンラインになっていることを確認します。
2.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
3.
適切なプリンタードライバーがインストールされていることを確認します。
プリンターで印刷されたものが文字化けする
修正方法:適切なプリンタードライバーがインストールされていることを確認します。
ハードウェアの問題
55
ケーブルの問題
古いMini SASケーブル使用時の、ドライブエラー、再試行、タイムアウト、および保証対象外
のドライブ障害
修正方法:Mini SASコネクターの製品寿命は、接続/切断回数250回です(外部、内部、およびケーブルMini SAS
コネクター)。寿命が近づいている古いMini SASケーブルを使用しているのであれば、交換してください。
ローカルI/Oケーブルの問題
注:ローカルI/Oケーブルは、HP ProLiant p-Classサーバーブレードでのみ使用されます。
修正方法:ローカルI/Oケーブルでホットプラグ対応機能を使用できない場合は、PS/2キーボードまたはマウスを
使用していないかどうかを確認してください。PS/2キーボードまたはマウスを使用する場合、ローカルI/Oケーブ
ルは、ホットプラグ対応デバイスとしては接続できません。ローカルI/Oケーブルのホットプラグ対応機能を使用
するには、サーバーを起動する前にローカルI/Oケーブルを接続するか、またはUSBデバイス(サポートされている
場合)に切り替えてください。
モデムの問題
ダイヤルトーンが聞こえない
修正方法:
1.
モデムのマニュアルで指定されているとおりにケーブルを接続しているかどうかを確認します。
2.
正常に機能する電話機をモジュラージャックに直接接続して、ダイヤルトーンが聞こえるかどうかを確認し
ます。
3.
ダイヤルトーンが聞こえない場合は、電話回線が動作していません。最寄りの電話会社に連絡して、問題を解
決してください。
ATコマンドをタイプしたのに応答がない
修正方法:モデムのCOMポートアドレスを再設定します。
1.
通信ソフトウェアが、モデムが接続されているCOMポートに設定されていることを確認します。
2.
ソフトウェアおよびモデムのIRQ設定を調べて、競合がないことを確認します。
3.
コマンドプロンプトでAT&Fとタイプして、モデムを工場出荷時のデフォルト設定にリセットします。
4.
MS DOSモードではなく、ターミナルモードになっていることを確認します。
5.
ATコマンドのリストについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com(英語)を参照してください。
ATコマンドが表示されない
修正方法:ATコマンドのATEを使用して、エコーコマンドをオンに設定してください。
接続を確立した後で、データが文字化けして表示される
修正方法:
1.
両方のモデムで、速度、データ、パリティ、ストップビットなどの設定が同じになっていることを確認します。
ハードウェアの問題
56
2.
ソフトウェアが、端末エミュレーション用に正しく設定されていることを確認します。
a. ソフトウェアを正しく再設定します。
b. サーバーを再起動します。
c.
通信ソフトウェアを実行し、設定を確認して、必要ならば修正します。
d. サーバーを再起動して、モデム接続を再確立します。
モデムが着信に対して応答しない
修正方法:
1.
通信ソフトウェアで、自動応答オプションを有効にします。
2.
モデムが応答できるようになる前に、留守番電話機能により応答しないようにします。
a. 留守番電話機能をオフにします。
または
自動応答オプションを、留守番電話よりも少ない回数の呼び出し音で応答するように再設定します。
b. サーバーを再起動して、再接続を試みます。
モデムが相手先のモデムとつながらない
修正方法:
1.
ダイヤルトーンが聞こえるかどうかを確認します。
2.
使用する前に、回線が他の内線電話で使用されていないことを確認します。
3.
正しい電話番号に電話していることを確認します。
4.
相手先のモデムが機能していることを確認します。
モデムがオンライン中に切断する
修正方法:
1.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
2.
回線に障害がないことを確認します。何度かダイヤルして接続をやりなおします。それでも改善されない場合
は、最寄りの電話会社に連絡して、回線をテストしてください。
3.
着信があったため、キャッチホン機能により接続が切断されていないかどうかを確認します。キャッチホン機
能を無効にして、接続を再確立します。
ATコマンドの初期化コマンドが動作していない
修正方法:タスクを実行するための、最も基本的な文字列を使用してください。デフォルトの初期化コマンドは、
AT&F&C1&D2&K3です。
接続エラーが発生している
修正方法:
1.
接続先のモデムの最大ボーレートを確認して、それに合わせてボーレートを設定します。
2.
アクセスしている回線で、エラー制御をオフにすることが要求されている場合は、ATコマンドのAT&Q6%C0
を使用してオフにします。
ハードウェアの問題
57
3.
回線に障害がないことを確認します。何度かダイヤルして接続をやりなおします。それでも改善されない場合
は、最寄りの電話会社に連絡して、回線をテストしてください。
4.
モデムが最新式で、ITU-Tの規格に準拠していることを確認します。必要に応じて、サポートされているモデム
と交換します。
オンライン加入サービスに接続できない
修正方法:
1.
アクセスしている回線で、エラー制御をオフにすることが要求されている場合は、ATコマンドのAT&Q6%C0
を使用してオフにします。
2.
アクセスするISPがより低いボーレートでの接続を要求する場合は、通信ソフトウェアを再設定して、接続の
ボーレートをISPの要求に合うように変更してください。
3.
これで解決しない場合は、ATコマンドのAT&Q6N0S37=11を使用して、ボーレートを強制的に低くしてくださ
い(14400ボー)。
56 Kbpsで接続できない
修正方法:
1.
ISPが接続する最高ボーレートを調べて、その値に設定を変更します。ボーレートを低くして、接続を試みて
ください。
2.
回線に障害がないことを確認します。何度かダイヤルして接続をやりなおします。それでも改善されない場合
は、最寄りの電話会社に連絡して、回線をテストしてください。
ネットワークコントローラーの問題
ネットワークコントローラーは取り付けられているが、動作していない
修正方法:
1.
ネットワークコントローラーのLEDを調べて、問題の原因を示すステータスがあるかどうかを確認します。LED
について詳しくは、ネットワークコントローラーのマニュアルを参照してください。
2.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
3.
ネットワークケーブルを正常に機能することがわかっているケーブルと交換して、このネットワークケーブル
が機能していることを確認します。
4.
ソフトウェアの問題が障害の原因になっているのではないことを確認します。必要に応じて、オペレーティン
グシステムのマニュアルに記載されている、PCIホットプラグ対応デバイスの追加または交換に関するガイド
ラインを参照してください。
5.
サーバーおよびオペレーティングシステムがコントローラーをサポートしていることを確認します。サーバー
およびオペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。
6.
RBSUでコントローラーが有効になっていることを確認します。
7.
PCIホットプラグ電源LEDを調べて、該当するPCIスロットに電源が供給されていることを確認します。
8.
サーバーのROMが最新バージョンであることを確認します。
9.
コントローラーのドライバーが最新バージョンであることを確認します。
10.
コントローラーに有効なIPアドレスが割り当てられ、構成設定が正しいことを確認します。
11.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
ハードウェアの問題
58
ネットワークコントローラーが動作しなくなった
修正方法:
1.
ネットワークコントローラーのLEDを調べて、問題の原因を示すステータスがあるかどうかを確認します。LED
について詳しくは、ネットワークコントローラーのマニュアルを参照してください。
2.
コントローラー用の正しいネットワークドライバーがインストールされ、ドライバーファイルが壊れていない
ことを確認します。ドライバーを再インストールします。
3.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
4.
ネットワークケーブルを正常に機能することがわかっているケーブルと交換して、このネットワークケーブル
が機能していることを確認します。
5.
PCIホットプラグ電源LEDを調べて、該当するPCIスロットに電源が供給されていることを確認します。
6.
ネットワークコントローラーが損傷していないことを確認します。
7.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
拡張ボードを追加したらネットワークコントローラーが動作しなくなった
修正方法:
1.
接続不良(18ページ)がないことを確認します。
2.
サーバーおよびオペレーティングシステムがコントローラーをサポートしていることを確認します。サーバー
およびオペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。
3.
新しい拡張ボードを取り付けた場合、ネットワークドライバーを再インストールして、サーバーの設定が変更
されないようにしてください。
a. オペレーティングシステムで、機能していないコントローラーのネットワークコントローラードライバー
をアンインストールします。
b. サーバーを再起動して、RBSUを実行します。サーバーがコントローラーを認識し、コントローラーがリソー
スを使用できることを確認します。
c.
サーバーを再起動して、ネットワークドライバーを再インストールします。
4.
オペレーティングシステムのマニュアルを参照して、正しいドライバーがインストールされていることを確認
します。
5.
オペレーティングシステムのマニュアルを参照して、ドライバーのパラメーターがネットワークコントロー
ラーの設定と一致していることを確認します。
ネットワークインターコネクトブレードで問題が発生した
修正方法:ネットワークインターコネクトブレードが正しく固定され接続されていることを確認してください。
拡張ボードの問題
拡張ボードの交換時にシステムがリカバリメソッドを要求する
BitLocker™で暗号化されているサーバーの拡張ボードを交換する場合は、拡張ボードを交換する前に必ずBitLocker™
を無効にしてください。BitLocker™を無効にしていない場合、システムは、BitLocker™が設定されたときに選択され
たリカバリメソッドを要求します。1つまたは複数の正しいリカバリパスワードを入力できないと、暗号化されてい
るすべてのデータにアクセスできなくなります。
取り付けが完了してからBitLocker™を有効にしてください。
BitLocker™については、Microsoft社のWebサイトhttp://www.microsoft.comから、サーバー用のBitLocker™に関する
資料を参照してください。
ハードウェアの問題
59
ソフトウェアの問題
ソフトウェアの問題を解決するのに最適の情報源は、オペレーティングシステムおよびアプリケーションソフト
ウェアのマニュアルで、それらのマニュアルでエラーを報告したり、システム構成を保存したりできる障害検出ツー
ルが指示されていることもあります。
ほかの役立つ情報源として、「HP Insight Diagnostics」(75ページ)およびHP SIM(「HP Systems Insight Manager」
(74ページ))があります。いずれかのユーティリティを使用して、重要なシステムハードウェアおよびソフトウェ
アの情報を収集し、問題の診断に役立てることができます。
重要:このガイドでは、複数のサーバーについて説明します。ここで説明する情報の一部は、ご使用の
トラブルシューティングするサーバーには該当しない場合があります。サーバーでサポートされる手
順、ハードウェアオプション、ソフトウェアツール、およびオペレーティングシステムに関する情報に
ついては、サーバーのマニュアルを参照してください。
詳しくは、「ソフトウェアツールおよびソリューション」(67ページ)を参照してください。
オペレーティングシステムの問題および解決
オペレーティングシステムの問題
オペレーティングシステムのロックアップ
修正方法:最新のウィルススキャンユーティリティを使用してウィルスをスキャンしてください。
一般保護違反が発生した
一般保護違反、または一般保護エラーは、Microsoftオペレーティングシステムが突然停止したときに発生します。
停止の原因となるエラーは次のとおりですが、これ以外にもあります。
•
割り当てに必要なRAM容量の誤計算
•
実行不可能なセグメントへの実行の移動
•
読み取り専用セグメントまたはコードセグメントへの書き込み
•
セグメントレジスタへの誤った値のロード
•
ヌルポインターの使用
GPFは、白いテキストのあるブルースクリーンが表示されるため、すぐにわかります。テキストには、問題を特定
する情報が記述されている場合があります。
修正方法:
•
新しくインストールされたソフトウェアをアンインストールするか新しく取り付けられたハードウェアを取
り外し、それらが原因でないことを確認します。
•
サーバーを、セーフモードまたは前回正常起動時の構成で起動します。
どちらの修正方法でも問題が解決しない場合は、HPのサービス窓口にお問い合わせください。デバッグツールまた
は特定のGPFメッセージについて詳しくは、Microsoft社のWebサイトhttp://www.microsoft.com/whdc/devtools/
debugging/default.mspxを参照してください。
ソフトウェアの問題
60
エラーログにエラーが表示された
修正方法:エラーログで提供されている情報に従ってください。また、その後オペレーティングシステムのマニュ
アルを参照します。
サービスパックのインストール後に問題が発生する
修正方法:オペレーティングシステムのアップデート手順(「オペレーティングシステムのアップデート」(61ペー
ジ))に従ってください。
Intel®デュアルコアプロセッサー(ハイパースレッディング対応)を使用する場合のオペレー
ティングシステムの問題
Intel®社製デュアルコアプロセッサーを3基または4基搭載するサーバーで、OSインストール時にMicrosoft®
Windows®の一部のバージョンおよびLinuxディストリビューションが、ハングするか、OSのインストールを完了で
きないか、またはインストール後に起動できない場合があります。
修正方法:
Microsoft® Windows Server™ 2003ベースのメディアの場合
•
インストール時または起動時にシステムがハングすることがあります。SP1が適用されたWindows Server™
2003ではこの問題は発生しません。
•
SP1の適用済みメディアを入手できない場合は、次のいずれかの方法を実行するとベースメディアからインス
トールできます。
o
プロセッサーを1基または2基だけ取り付けた状態で、OSをインストールします。
o
RBSUでハイパースレッディングを無効にしてから、SP1を適用し、その後、プロセッサーの追加やハイパー
スレッディングの再有効化を実行します。
Linuxディストリビューションの場合
•
Linux デ ィ ス ト リ ビ ュ ー シ ョ ン に 関 す る 追 加 情 報 や 適 切 な 解 決 策 が あ る 場 合 は 、 HP の Web サ イ ト
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/linux/processor-notes.html(英語)で参照できます。
オペレーティングシステムのアップデート
オペレーティングシステムのアップデート(サービスパック、ホットフィックス、およびパッチ)を適用する場合
は、注意してください。オペレーティングシステムをアップデートする前に、各アップデートのリリースノートを
よく読んでください。アップデートが提供する各修正が必要ない場合は、アップデートを適用しないことをおすす
めします。アップデートによって、HP独自のファイルが上書きされてしまう場合があります。
オペレーティングシステムをアップデートする場合は、以下の手順に従ってください。
1.
システム全体のバックアップを取ります。
2.
各オペレーティングシステムの指示に従って、オペレーティングシステムをアップデートします。
3.
最新のドライバー(「ドライバー」(77ページ))をインストールします。
アップデートを適用したが問題がある場合は、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/supportで問題を修正するた
めのファイルを見つけてください。
バックアップしたバージョンの復元
最近、オペレーティングシステムまたはソフトウェアをアップグレードして問題を解決できない場合は、前に保存
したバージョンのシステムを復元してみてください。バックアップを復元する前に、現在のシステムのバックアッ
プを作成してください。前のシステムを復元しても問題が訂正されない場合、追加機能を失わずに現在のシステム
を復元することができます。
バックアップソフトウェアに付属のマニュアルを参照してください。
ソフトウェアの問題
61
ソフトウェアを再設定または再ロードしなければならない場合
他のすべての方法で問題が解決されなかった場合、システムを再設定します。この手順を実行する前に、次の点を
確認してください。
1.
ソフトウェアの再ロードに必要なダウン時間と断続的な問題のトラブルシューティングにかかる時間を推定
して比較します。問題のソフトウェアを削除して再インストールして最初からやりなおす方が簡単な場合があ
ります。また、System Eraseユーティリティを使用したあとですべてのシステムソフトウェアを再インストー
ルする方が簡単な場合もあります。
注意:System Eraseユーティリティを実行する前に、データのバックアップを取ってください。このユー
ティリティは、システムを工場出荷時の初期設定に戻し、既存のハードウェアの設定情報(アレイの設
定およびディスクのパーティションを含む)を削除して、接続されているハードディスクドライブの内
容をすべて消去します。このユーティリティの使用については、マニュアルを参照してください。
2.
サーバーがソフトウェアを実行するのに十分なリソース(プロセッサー速度、ハードディスクドライブの空き
容量、およびメモリ)を備えていることを確認します。
3.
サーバーのROMが最新のもので、設定が正しいことを確認します。
4.
ここまでの手順で用意したすべてのトラブルシューティング情報の記録を印刷しておいてください。
5.
開始する前に、正しいバックアップを2つ作成します。バックアップユーティリティを使用してバックアップ
をテストします。
6.
オペレーティングシステムおよびアプリケーションソフトウェアに関する参照資料を調べて、最新情報を入手
します。
7.
正しく機能することがわかっている最新の設定で動作しない場合は、オペレーティングシステムの復旧ソフト
ウェアを使用してシステムを復旧します。
o
Microsoft®オペレーティングシステム
Windows Server® 2003 - 自動システム回復ディスケット。オペレーティングシステムが工場出荷時にイ
ンストール済みだった場合、[スタート]メニューから、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム
ツール]の順にクリックして、バックアップユーティリティにアクセスします。詳しくは、オペレーティン
グシステムのマニュアルを参照してください。
Windows® 2000 - システム修復ディスケット。オペレーティングシステムが工場出荷時にインストール
済みだった場合、[スタート]メニューから、[プログラム]、[システムツール]の順にクリックして、
Emergency Repair Diskユーティリティにアクセスします。詳しくは、オペレーティングシステムのマニュ
アルを参照してください。
o
Novell NetWare - VREPAIRを使用してこれまでのボリュームを修復してください。必要に応じて、NetWare
5.Xシステムでは、NSSメニューコマンドを使用してNSSボリュームを修復し、NetWare 6システムでは、
NSS/PoolVerifyコマンドの次にNSS/PoolRebuildコマンドを使用してNSSボリュームを修復します。
詳しくは、NetWareの各バージョンのマニュアルを参照してください。
o
Caldera UnixWareおよびSCO OpenServer from Caldera - Emergencyブートディスケット。詳しくは、
Caldera UnixWareまたはSCO OpenServer from Calderaのマニュアルを参照してください。
ソフトウェアの問題
62
o
Linux - 詳しくは、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。
Linuxオペレーティングシステム
Linuxオペレーティングシステム固有のトラブルシューティング情報については、HPのProLiant用LinuxのWebサイト
http://h18000.www1.hp.com/products/servers/linux(英語)を参照してください。
アプリケーションソフトウェアの問題
ソフトウェアのロックアップ
修正方法:
1.
アプリケーションのログおよびオペレーティングシステムのログを調べて、ソフトウェアが停止した理由を示
すエントリーを確認します。
2.
サーバーにインストールされている他のソフトウェアとの間で不適合がないかどうかを調べます。
3.
ソフトウェアベンダーのサポートWebサイトにアクセスして、既知の問題を確認します。
4.
ログファイルを参照して、問題の原因となっている可能性のあるサーバーに対する変更がないかどうかを確認
します。
5.
最新のウィルススキャンユーティリティを使用してサーバーをスキャンし、ウィルスに感染していないかどう
かを確認します。
ソフトウェアの設定変更後のエラー
修正方法:システムログを調べて、行われた変更を確認し、元の設定に戻してください。
システムソフトウェア変更後のエラー
修正方法:設定を元に戻してください。複数の設定を変更した場合は、設定を一度に1つずつ元に戻して問題の原
因を突き止めてください。
アプリケーションインストール後のエラー
修正方法:
•
アプリケーションのログおよびオペレーティングシステムのログを調べて、ソフトウェアが停止した理由を示
すエントリーを確認します。
•
システムの設定を調べて、エラーの原因になっていないかどうかを確認します。サーバーのセットアップユー
ティリティで設定を確認して、ソフトウェアスイッチを手動で設定しなければならない場合があります。アプ
リケーションのマニュアル、ベンダーのWebサイトの情報、あるいはその両方を参照してください。
•
上書きされたファイルがないか調べます。アプリケーションのマニュアルを参照して、アプリケーションに
よって追加されるファイルを確認してください。
•
アプリケーションを再インストールします。
•
最新のドライバー(「ドライバー」(77ページ))がインストールされていることを確認します。
ソフトウェアの問題
63
ROMの問題
リモートROMフラッシュの問題
リモートROMフラッシュに関する一般的な問題が発生している
修正方法:リモートROMフラッシュユーティリティを使用する場合、必ず、次に示す要件を満たすようにしてくだ
さい。
•
Microsoft® Windows NT® 4.0、Windows® 2000、またはWindows Server™ 2003オペレーティングシステ
ムを実行している、ローカルの管理クライアントシステム
•
アップグレードが必要なシステムROMを搭載している1台以上のリモートサーバー
•
各ターゲットシステム上の管理ユーザーアカウント。この管理アカウントは、ローカルの管理クライアントシ
ステムと同じユーザー名およびパスワードを使用していなければなりません。
•
すべてのターゲットシステムが、同じネットワークに接続され、管理クライアントからこれらのシステムを識
別できるようにするプロトコルを使用している。
•
各ターゲットシステムに、32 MB以上の容量のシステムパーティションがある。
•
アップグレードするROMバージョンがアップグレードされるすべてのサーバーまたはアレイコントローラー
で使用可能なことが確認されている。
•
ソフトウェアに付属のリモートROMフラッシュ手順の指示に従っている。
コマンドライン構文エラー
正しいコマンドライン構文が使用されていない場合、構文が間違っていることを示すエラーメッセージが表示され、
プログラムが終了します。構文を訂正して、プロセスを再開してください。
ターゲットコンピューターでアクセスが拒否された
ネットワーク接続されたターゲットコンピューターを特定して、そのコンピューターに対する管理権限を持たない
場合は、問題を説明するエラーメッセージが表示され、プログラムが終了します。ターゲットコンピューターに対
する管理権限を取得して、プロセスを再開してください。Windows®ベースのシステムでは、リモートレジストリ
サービスが実行されていることを確認してください。
コマンドラインパラメーターが無効または正しくない
コマンドラインに誤ったオプションパラメーターを追加した場合、パラメーターが無効または正しくないことを示
すエラーメッセージが表示され、プログラムが終了します(例:Invalid source path for system configuration or
ROMPaq files)。無効なパラメーターを訂正して、プロセスを再開してください。
リモート通信でネットワーク接続の障害が発生する
ネットワーク接続を確立できないため、ROMフラッシュの準備中に、管理クライアントとターゲットサーバー間の
リンクが中断する可能性があります。オンラインでのROMフラッシュの準備中に、リモート接続処理に障害が発生
した場合、ターゲットシステムでROMフラッシュは行われません。接続の中断を示すエラーメッセージが表示され、
プログラムが終了します。接続障害の原因の確認と修正を試みて、プロセスを再開してください。
ソフトウェアの問題
64
ROMフラッシュ中の障害
オンラインでのフラッシュの準備が正常に完了した後は、システムROMはオフラインでフラッシュされます。フ
ラッシュのプロセスは、中断できません。万一中断した場合、ROMイメージが破壊され、サーバーは起動しなくな
ります。障害の考えられる最大の原因は、フラッシュプロセスの実行中のシステムの電源の切断です。ROMPaqディ
ザスタリカバリ手順を開始してください。
ターゲットシステムがサポートされていない
ターゲットシステムが、サポートされているサーバーのリストにない場合は、エラーメッセージが表示され、プロ
グラムが終了します。リモートROMフラッシュユーティリティを使用してアップグレードできるのは、サポートさ
れ て い る シ ス テ ム だ け で す 。 サ ー バ ー が サ ポ ー ト さ れ て い る か ど う か を 確 認 す る に は 、 HP の Webサ イ ト
http://www.hp.com/go/hpscにアクセスしてください。
ファームウェアの更新時にシステムがリカバリメソッドを要求する
BitLocker™で暗号化されているサーバーのファームウェアを更新する場合は、ファームウェアを更新する前に必ず
BitLocker™を無効にしてください。BitLocker™を無効にしていない場合、システムは、BitLocker™が設定されたとき
に選択されたリカバリメソッドを要求します。1つまたは複数の正しいリカバリパスワードを入力できないと、暗号
化されているすべてのデータにアクセスできなくなります。
BitLocker™がオプションROMを監視するように設定されている場合は、「ファームウェアの更新」(82ページ)に
示されているファームウェア更新手順に従ってください。BitLocker™は、以下のオプションROMを監視するように
設定できます。
•
iLO 2
•
NIC
•
Smartアレイストレージ
•
単体のHBA
ファームウェアの更新が完了してからBitLocker™を有効にしてください。
ROMの更新の実行方法については、「ファームウェアのメンテナンス」(80ページ)を参照してください。
BitLocker™については、Microsoft社のWebサイトhttp://www.microsoft.comから、サーバー用のBitLocker™に関する
資料を参照してください。
起動の問題
サーバーが起動しない
考えられる原因:
•
システムROMPaqフラッシュが失敗しています。
•
システムROMが壊れています。
•
ROMPaqを使用したSYSROMの更新後、サーバーが起動に失敗しています。
修正方法:
サーバー(ブレード以外)
システムROMが壊れたら、ほとんどの場合、システムは自動的にリダンダントROMに切り替えます。システムが自
動的にリダンダントROMに切り替わらない場合は、以下の手順を実行してください。
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
必要に応じて、ラックからサーバーを取り外します。
ソフトウェアの問題
65
3.
アクセスパネルを取り外します。
4.
システムメンテナンススイッチの1、5、および6の位置をオンに変更します。
5.
アクセスパネルを取り付けます。
6.
サーバーをラックに取り付けます。
7.
サーバーの電源を入れます。
8.
システムがビープ音を鳴らしたら、手順1~3を繰り返します。
9.
システムメンテナンススイッチの1、5、および6の位置をオフに変更します。
10.
手順5および6を繰り返します。
現在のバージョンとバックアップバージョンのROMが両方とも壊れている場合、システムボードを返却して交換を
依頼してください。
システムROMが壊れていないときにバックアップROMを切り替えるには、RBSU(「HP ROMベースセットアップ
ユーティリティ」(67ページ))を使用してください。
サーバーブレード
システムROMが壊れたら、ほとんどの場合、システムは自動的にリダンダントROMに切り替えます。システムが自
動的にリダンダントROMに切り替わらない場合は、以下の手順を実行してください。
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
サーバーを取り外します。
3.
アクセスパネルを取り外します。
4.
システムメンテナンススイッチの1、5、および6の位置をオンに変更します。
5.
アクセスパネルを取り付けます。
6.
サーバーをエンクロージャーに取り付けサーバーの電源を入れます。
7.
システムがビープ音を鳴らしたら、手順1~3を繰り返します。
8.
システムメンテナンススイッチの1、5、および6の位置をオフに変更します。
9.
手順5および6を繰り返します。
現在のバージョンとバックアップバージョンのROMが両方とも壊れている場合、システムボードを返却して交換を
依頼してください。
システムROMが壊れていないときにバックアップROMを切り替えるには、RBSU(「HP ROMベースセットアップ
ユーティリティ」(67ページ))を使用してください。
ソフトウェアの問題
66
ソフトウェアツールおよびソリューション
構成ツール
SmartStartソフトウェア
SmartStartは、単一のサーバーを最適化された状態にセットアップするためのソフトウェアセットです。これによっ
て、サーバー構成を展開するためのシンプルで一貫性のある方法が提供されます。SmartStartは、多くのProLiantサー
バーでテストされており、実績のある信頼性の高い構成を実現します。
SmartStartは、以下のようなさまざまな設定機能によって、展開プロセスを支援します。
•
既製の主要オペレーティングシステムをインストールできるようにシステムを準備する
•
すべての自動インストールで、最適化されたドライバー、マネジメントエージェント、およびユーティリティ
を自動的にインストールする
•
Insight Diagnosticsユーティリティ(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を使用して、サーバーのハード
ウェアをテストする
•
CDからソフトウェアを直接インストールする。インターネットに接続しているシステムでは、SmartStartの
Autorunメニューを利用して、ProLiantシステムソフトウェアのリストにアクセスできます。
•
アレイコンフィギュレーションユーティリティおよびEraseユーティリティ(73ページ)へのアクセスを可能
にする
SmartStartは、HP Insight Foundationスイートfor ProLiantに含まれています。SmartStartソフトウェアについて詳しくは、
HP Insight Foundationスイートfor ProLiantまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/proliantessentialsを参
照してください。
SmartStart Scripting Toolkit
SmartStart Scripting Toolkitは、サーバーの無人/自動での大量展開の作成を可能にするサーバー展開製品です。
SmartStart Scripting Toolkitは、ProLiant BL、ML、DL、およびSLサーバーをサポートするように設計されています。こ
のツールキットには、モジュール式のユーティリティセットと、このユーティリティセットを使用して自動サーバー
展開プロセスを作成する方法を記載した非常に役立つマニュアルが含まれています。
Scripting Toolkitを使用すると、標準となるサーバー設定スクリプトを柔軟に作成できます。ユーザーは、作成した
スクリプトを使用して、サーバーの設定プロセスで発生する多くの手動手順を自動化します。この自動サーバー設
定プロセスにより、各展開にかかる時間が短縮されるため、迅速に多数のサーバーを設置してサイトを拡張するこ
とができます。
SmartStart Scripting Toolkitについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/sstoolkitを参照して
ください。
HP ROMベースセットアップユーティリティ
RBSUは、次のような広範な設定作業を実行するHP ProLiantサーバーに内蔵された構成ユーティリティです。
•
システムデバイスと取り付けられているオプションの設定
•
システム機能の有効化および無効化
ソフトウェアツールおよびソリューション
67
•
システム情報の表示
•
プライマリブートコントローラーの選択
•
メモリオプションの設定
•
言語の選択
RBSUについて詳しくは、『HP ROMベースセットアップユーティリティユーザーガイド』(ドキュメンテーション
CDまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manual)を参照してください。
RBSUの使用
RBSUを使用するには、次のキーを使用してください。
•
RBSUにアクセスするには、電源投入時にメッセージが表示されるので、F9キーを押します。
•
メニュー内を移動するには、矢印キーを使用します。
•
選択するには、Enterキーを押します。
•
強調表示されている構成オプションのヘルプにアクセスするには、F1キーを押します(言語設定を英語に設
定している場合のみ有効)。
重要:Enterキーを押すと、RBSUは自動的に設定を保存します。このユーティリティでは、ユーティリ
ティの終了前に設定の確認は指示されません。選択した設定を変更するには、別の設定を選択してEnter
キーを押さなければなりません。
デフォルトの構成設定は、以下のいずれかの時点で、サーバーに適用されます。
•
システムへの最初の電源投入時
•
デフォルト設定に復元した後
デフォルトの構成設定は、一般的なサーバーの正常動作には十分ですが、RBSUを使用して変更することができます。
電源を投入するたびにRBSUへのアクセスを指示するメッセージが表示されます。
自動構成プロセス
自動構成プロセスは、サーバーを最初に起動する際に自動的に実行されます。電源投入シーケンス中に、システム
ROMは、ユーザーの操作を必要とすることなく、システム全体を自動的に構成します。ほとんどの場合、このプロ
セス中にORCAが、サーバーに接続されているドライバーの数に応じて、アレイをデフォルト設定に自動的に構成
します。
注:サーバーは、以下のすべての例をサポートするわけではありません。
注:起動ドライブが空いていないかすでに書き込まれている場合、ORCAはアレイを自動的に構成しま
せん。ORCAを実行して、アレイを構成する必要があります。
取り付けられている 使用されている
ドライブ
ドライブ
RAIDレベル
1
1
RAID 0
2
2
RAID 1
3、4、5、または6
3、4、5、または6
RAID 5
7以上
0
なし
ORCAのデフォルト設定を変更したり、自動構成プロセスを無効にする場合は、プロンプトが表示されたらF8キー
を押します。
ソフトウェアツールおよびソリューション
68
自動構成プロセスは、デフォルトでは、英語環境用にシステムを構成します。言語設定、オペレーティングシステ
ム設定、プライマリブートコントローラー設定など、自動構成プロセスのデフォルト設定を変更するには、メッセー
ジが表示されたときにF9キーを押してRBSUを実行します。設定を選択したら、RBSUを終了し、サーバーが自動的
に再起動するようにしてください。
RBSUについて詳しくは、『HP ROMベースセットアップユーティリティユーザーガイド』(ドキュメンテーション
CDまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manual)を参照してください。
起動オプション
起動プロセスの最後に近づくと、起動オプション画面が表示されます。この画面が数秒間表示された後、システム
は、サポートされているブートデバイスからの起動を試みます。この画面が表示されている間に、以下のことがで
きるようになります。
•
F9キーを押して、RBSUにアクセスする
•
F10キーを押して、[System Maintenance Menu]にアクセスする(これにより、ROMベースの診断ユーティリ
ティまたはシステム情報の参照(Inspect)ユーティリティを起動できます)
•
F12キーを押して、PXEネットワークブートを強制的に実行する
BIOSシリアルコンソール
BIOSシリアルコンソールを使用すると、シリアルポートを設定してPOSTエラーメッセージを表示したり、サーバー
のCOMポートへのシリアル接続を介してRBSUをリモートで実行したりすることができます。リモートで構成する
サーバーにはキーボードやマウスは不要です。
BIOSシリアルコンソールについて詳しくは、『BIOSシリアルコンソールユーザーガイド』(ドキュメンテーション
CDまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manual)を参照してください。
AMPモードの設定
ProLiantサーバーの中には、一部のAMPモードがサポートされないものがあります。RBSUは、サーバーでサポート
されているモードについてのみメニューオプションを表示します。RBSUに含まれるアドバンストメモリプロテク
ションにより、以下のアドバンストメモリが有効になります。
•
アドバンストECCモード- 標準ECCよりも強力なメモリ保護機能を提供します。すべてのシングルビットエ
ラーと一部のマルチビットエラーが訂正され、システムのダウン時間は発生しません。
•
オンラインスペアモード- DIMMの故障または劣化に対する保護を提供します。一部のメモリがスペアとして
設定され、劣化したDIMMが検出されるとスペアメモリに自動的にフェイルオーバーされます。致命的/訂正
不能なメモリエラーを受け取った可能性のあるDIMMが動作状態から自動的に削除され、システムのダウン時
間が削減されます。
DIMMの取り付けに関する要件については、サーバー専用のユーザーガイドを参照してください。
•
ミラーメモリモード- このモード以外ではシステム障害になる訂正不能なメモリエラーに対する保護を提供
します。このモードでは、すべてのデータを二重化して保持します。訂正不能なメモリエラーが発生すると、
システムは、ミラーコピーから正常なデータを自動的に取得します。システムは、ユーザーが操作しなくても
正常な動作を継続します。システムがホットプラグ対応メモリをサポートしている場合は、システムを動作さ
せたまま故障したメモリを交換できます。
•
RAIDメモリモード- ミラーメモリモードと同様のレベルの保護を提供しますが、メモリ割り当てが完全な冗長
化に比べて少なくて済みます。
ソフトウェアツールおよびソリューション
69
アレイコンフィギュレーションユーティリティ
ACUは、以下の機能を備えたブラウザーベースのユーティリティです。
•
ローカルアプリケーションまたはリモートサービスとして動作
•
オンラインでのアレイ容量の拡張、論理ドライブの容量の拡大、オンラインスペアの割り当て、およびRAID
またはストライプサイズの移行をサポート
•
未設定のシステムに対して最適な構成を提示
•
各種の動作モードによって、構成速度の向上や設定オプションを使用した、より多くの制御が可能
•
サーバーの動作中にいつでも使用可能
•
構成手順の各手順ごとに画面にヒントを表示
•
ACUのバージョン8.28.13.0以降では、[診断]タブで診断機能(以前に、「アレイ診断ユーティリティ」と呼
ばれた機能)が提供されます。
最適な性能を確保するために、少なくとも1024×768の解像度および16ビットカラーのディスプレイ設定が必要で
す。Microsoft®オペレーティングシステムを実行するサーバーでは、サポートされる次のいずれかのブラウザーが
必要です。
•
Internet Explorer 6.0以降
•
Mozilla Firefox 2.0以降
Linuxサーバーのブラウザーとサポートについて詳しくは、README.TXTファイルを参照してください。
コントローラーおよびその機能について詳しくは、
『HP ProLiantサーバー用HP Smartアレイコントローラーユーザー
ガイド』(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/support/SAC_UG_ProLiantServers_jp)を参照してください。アレ
イの設定については、『HP Smartアレイコントローラーでのアレイの設定リファレンスガイド』(HPのWebサイト
http://www.hp.com/support/CASAC_RG_jp)を参照してください。
診断タスク
ACU診断は、SmartStart v8.20以前によってでサポートされているアレイ診断ユーティリティと置き換えられる機能
です。各コントローラーについて(またはすべてのコントローラーについて)、次のタスクを選択することができ
ます。
•
[診断レポートの表示] - 診断レポートが生成および表示されます。
•
[診断レポートの生成] - レポートが生成されますが、グラフィカルには表示されません。
どちらのタスクの場合でも、レポートを保存できます。SmartStart環境では、レポートを、フォーマットされたディ
スケットまたはUSBデバイスに保存することができます。オンライン環境でもオフライン環境でも、ACUは、診
断レポートを圧縮されたフォルダーに保存します。このフォルダーには、XMLレポート、テキスト形式レポート、
およびビューアーファイルが含まれており、Webブラウザーを使用してレポートを表示および操作することがで
きます。
各ACU診断レポートには、発生したエラーおよび警告状態の統合ビューが含まれています。また、次のような、各
ストレージデバイスに関する詳細情報も提供されます。
•
デバイスステータス
•
設定フラグ
•
ファームウェアのバージョン番号
•
物理ドライブエラーログ
ACU診断は、論理ドライブのデータ内容に関する情報を収集しません。診断レポートには、次の情報は含まれま
せん。
•
ファイルシステムのタイプ、内容、またはステータス
ソフトウェアツールおよびソリューション
70
•
パーティションのタイプ、サイズ、またはレイアウト
•
ソフトウェアRAID情報
•
オペレーティングシステムデバイス名またはマウントポイント
Option ROM Configuration for Arrays(ORCA)
オペレーティングシステムをインストールする前に、ORCAユーティリティを使用して第1論理ドライブの作成、
RAIDレベルの割り当て、およびオンラインスペア構成の設定を行うことができます。
このユーティリティは、次の機能もサポートしています。
•
1つまたは複数の論理ドライブを再構成する
•
現在の論理ドライブの構成を表示する
•
論理ドライブの構成を削除する
•
コントローラーをブートコントローラーとして設定する
•
ブートボリュームを選択する
このユーティリティを使用しない場合は、ORCAがデフォルトの標準構成に設定します。
ORCAが使用するデフォルトの構成について詳しくは、ドキュメンテーションCDに収録されている『HP ROMベー
スセットアップユーティリティユーザーガイド』を参照してください。
コントローラーおよびその機能について詳しくは、
『HP ProLiantサーバー用HP Smartアレイコントローラーユーザー
ガイド』(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/support/SAC_UG_ProLiantServers_jp)を参照してください。アレ
イの設定については、『HP Smartアレイコントローラーでのアレイの設定リファレンスガイド』(HPのWebサイト
http://www.hp.com/support/CASAC_RG_jp)を参照してください。
シリアル番号とプロダクトIDの再入力
•
HP ProLiant G4またはG5サーバーでシリアル番号とプロダクトIDを再入力する場合は、以下の手順に従ってく
ださい。
システムボードを交換した後は、サーバーのシリアル番号とプロダクトIDを再入力する必要があります。
1.
サーバーの起動シーケンス中、F9キーを押して、RBSUにアクセスします。
2.
[アドバンストオプション]メニューを選択します。
3.
[シリアル番号]を選択します。以下の警告が表示されます。
警告:シリアル番号は、資格のあるサービス担当者にのみ変更されるべきです。この値は、必ず筐体のシリア
ル番号と一致させてください。
4.
Enterキーを押して、警告をクリアします。
5.
シリアル番号を入力して、Enterキーを押します。
6.
[プロダクトID]を選択します。
7.
プロダクトIDを入力して、Enterキーを押します。
8.
Escキーを押して、メニューを閉じます。
9.
Escキーを押して、RBSUを終了します。
10.
F10キーを押して、RBSUの終了を確認します。サーバーは自動的に再起動します。
ソフトウェアツールおよびソリューション
71
•
HP ProLiant G6以降のサーバーでシリアル番号とプロダクトIDを再入力する場合は、以下の手順に従ってくだ
さい。
システムボードを交換した後は、サーバーのシリアル番号とプロダクトIDを再入力する必要があります。
1.
サーバーの起動シーケンス中、F9キーを押して、RBSUにアクセスします。
2.
[アドバンストオプション]メニューを選択します。
3.
[サービスオプション]を選択します。
4.
[シリアル番号]を選択します。以下の警告が表示されます。
警告:シリアル番号は、資格のあるサービス担当者にのみ変更されるべきです。この値は、必ず筐体のシリア
ル番号と一致させてください。
5.
Enterキーを押して、警告をクリアします。
6.
シリアル番号を入力して、Enterキーを押します。
7.
[プロダクトID]を選択します。次の警告が表示されます。
警告:プロダクトIDは、資格のあるサービス担当者にのみ変更されるべきです。この値は、必ず筐体のプロ
ダクトIDと一致させてください。
8.
プロダクトIDを入力して、Enterキーを押します。
9.
Escキーを押して、メニューを閉じます。
10.
Escキーを押して、RBSUを終了します。
11.
F10キーを押して、RBSUの終了を確認します。サーバーは自動的に再起動します。
管理ツール
自動サーバー復旧
自動サーバー復旧(ASR)は、ブルースクリーン、ABEND(HP ProLiant DL980サーバーには該当しません)、また
はパニックなどの致命的なオペレーティングシステムのエラーが発生した場合にシステムを再起動させる機能です。
システムフェイルセーフタイマー(ASRタイマー)は、システムマネジメントドライバー(ヘルスドライバー)が
ロードされたときに開始されます。オペレーティングシステムが正常に動作していると、システムはタイマーを定
期的にリセットしますが、オペレーティングシステムに障害が発生すると、タイマーが時間切れとなりサーバーが
再起動されます。
ASRは、システムのハングが発生した後、指定した時間内にサーバーを再起動することによって、サーバーの可用
性を向上させます。同時に、HP SIMコンソールから指定されたポケットベル番号にメッセージを送信することによ
り、ASRがシステムを再起動したことがユーザーに通知されます。ASRは、System Management Homepageまたは
RBSUから無効にすることができます。
ROMPaqユーティリティ
ROMPaqユーティリティにより、システムファームウェア(BIOS)をアップグレードできます。ファームウェアを
アップグレードするには、ROMPaq USBキーを空いているUSBポートに挿入してシステムを起動します。ROMPaq
以外に、WindowsおよびLinuxオペレーティングシステム用のオンラインフラッシュコンポーネントで、システム
ファームウェアを更新することもできます。
ROMPaqユーティリティは、システムを調べて、使用できるファームウェアのリビジョンが複数存在する場合は、
その中から1つを選択します。
ソフトウェアツールおよびソリューション
72
詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hpscから、[ドライバー、ソフトウェア、ファームウェア]をク
リックします。次に、[HP製品の検索]フィールドに製品名を入力して、[実行]をクリックします。
iLOおよびiLO 2テクノロジー
iLOサブシステムは、一部のProLiantサーバーの標準コンポーネントであり、サーバーのヘルス情報を提供し、サー
バーをリモートで管理できるようにします。iLOまたはiLO 2サブシステムは、インテリジェントなマイクロプロセッ
サー、セキュリティ保護されたメモリ、および専用のネットワークインターフェイスを備えています。この設計の
ため、iLOまたはiLO 2は、ホストサーバーやそのオペレーティングシステムとは独立して動作することができます。
iLOまたはiLO 2サブシステムは、アクセス権のあるネットワーククライアントへのリモートアクセスを可能にした
り、アラートの送信を行ったり、サーバーのその他の管理機能を実行することができます。
iLOまたはiLO 2を使用すると、次のことが可能になります。
•
リモートからのホストサーバーの電源投入、電源切断、または再起動
•
ホストサーバーの状態に関係なく、iLOまたはiLO 2からアラートを送信
•
iLOまたはiLO 2インターフェイスによって提供される高度なトラブルシューティング機能の使用
•
WebブラウザーとSNMPアラート通知によるiLOまたはiLO 2の診断(HP SIMを使用)
iLOまたはiLO 2の機能(iLO Advanced PackまたはiLO Advanced for BladeSystemのライセンスが必要になる場合が
あります)について詳しくは、ドキュメンテーションCDに収録されているiLOまたはiLO 2のマニュアルを参照して
ください。このガイドは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/iloから入手することもできます。
iLO 3テクノロジー
Integrated Lights-Out(iLO)3サブシステムは、一部のProLiantサーバーの標準コンポーネントであり、サーバーのヘ
ルス情報を提供し、サーバーをリモートで管理できるようにします。iLO 3サブシステムは、インテリジェントなマ
イクロプロセッサー、セキュリティ保護されたメモリ、および専用のネットワークインターフェイスを備えていま
す。この設計により、iLO 3は、ホストサーバーおよびそのオペレーティングシステムとは独立して動作が可能です。
iLO 3は、リモート管理機能に加え、ProLiantサーバーの稼動状況の管理も担当します。iLO 3のインテリジェンス機
能は、Sea of Sensorsによる温度制御の管理、電力管理機能の監督、サーバーコンポーネントの稼動状況の監視を行
います。
ユーザーは、iLO 3サブシステムを利用して、認証済みの任意のネットワーククライアントから安全にリモートアク
セスできます。iLO 3の機能強化により、リモートアクセスの性能が強化され、操作が円滑になり、標準サポートが
拡張されたため、作業時間を短縮できます。
iLO 3を使用すると、以下のことができるようになります。
•
世界中のどこからでも、リモートコンソールを介してサーバーに高い性能で安全にアクセス
•
iLO 3の共有リモートコンソールを使用して、最大6人のサーバー管理者が協同作業
•
ハイパフォーマンス仮想メディアデバイスをリモートからサーバーにマウント
•
管理対象サーバーの電源状態を安全にリモート制御
•
ホストサーバーの状態に関係なくiLO 3からアラートを送信
•
iLO 3インターフェイスによって提供される高度なトラブルシューティング機能の使用
iLO 3の機能(iLO Advanced PackまたはiLO Advanced for BladeSystemのライセンスが必要になる場合があります)
について詳しくは、ドキュメンテーションCDに収録されているiLO 3のマニュアルを参照してください。このマニュ
アルは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/iloから入手することもできます。
ソフトウェアツールおよびソリューション
73
Eraseユーティリティ
注意:System Eraseユーティリティを実行する前に、データのバックアップを取ってください。このユー
ティリティは、システムを工場出荷時の初期設定に戻し、既存のハードウェアの設定情報(アレイの設
定およびディスクのパーティションを含む)を削除して、接続されているハードディスクドライブの内
容をすべて消去します。このユーティリティの使用については、マニュアルを参照してください。
次の理由によって、システムを消去する必要がある場合、Eraseユーティリティを実行してください。
•
既存のオペレーティングシステムをインストール済みのサーバーに、新たにオペレーティングシステムをイン
ストールする場合
•
工場出荷時にインストール済みのオペレーティングシステムのロード中に、エラーが発生した場合
Eraseユーティリティにアクセスするには、SmartStart CD(「SmartStartソフトウェア」(67ページ))のホーム画
面の[システム消去]ボタンを使用してください。
HP Systems Insight Manager
HP Systems Insight Manager (SIM) は、システム管理者が、Webブラウザーを使用して、任意のリモートサイトから
通常の管理作業を実行できるようにするためのWebベースのアプリケーションです。HP SIMのデバイス管理機能に
より、HPや他社製デバイスの管理データを連結して統合することが可能です。
重要:プロセッサー、SASおよびSATAドライブ、およびメモリモジュールに対する事前予防保証を有効
にするには、HP SIMをインストールして使用する必要があります。
詳しくは、HP ProLiant Essentials Foundation Packに含まれるManagement CDまたはHPのWebサイトhttp://www.
hp.com/jp/hpsimを参照してください。
リダンダントROMのサポート
サーバーでは、リダンダントROMをサポートするために、ROMを安全にアップグレードしたり設定したりすること
ができます。サーバーには、1つのROMが搭載され2つの独立したROMイメージとして機能します。標準の実装で
は、ROMの片方のサイドに現在のバージョンのROMプログラムが内蔵され、ROMのもう一方のサイドにバックアッ
プバージョンのROMが内蔵されています。
注:サーバーの工場出荷時には、ROMの両サイドに同じバージョンのROMが実装されています。
安全とセキュリティ上の利点
システムROMをフラッシュする場合、ROMPaqはバックアップROMを上書きし、現在のROMをバックアップとし
て保存して、新しいROMが何らかの理由で壊れたときに代替のバージョンのROMに簡単に戻ることができるように
します。この機能では、ROMのフラッシュ中に電源障害が発生した場合でも、既存のバージョンのROMが保護され
ます。
USBサポート
HPは、標準USBサポートとレガシーUSBサポートの両方を提供しています。標準サポートは、適切なUSBデバイス
ドライバーをサポートするOSによって提供されます。OSがロードされる前でも、レガシーUSBサポートを介して、
HPはUSBデバイスをサポートします。システムROMによってレガシーUSBのサポートはデフォルトで有効になって
います。
レガシーUSBサポートは、USBサポートを通常は利用できない環境でUSB機能を提供します。具体的には、HPは以
下の環境でレガシーUSB機能を提供します。
ソフトウェアツールおよびソリューション
74
•
POST
•
RBSU
•
Diagnostics
•
DOS
•
ネイティブUSBを提供しないオペレーティングシステム環境
診断ツール
HP Insight Diagnostics
HP Insight Diagnosticsは、オフライン版とオンライン版の両方を備えた予防用途のサーバー管理ツールです。この
ツールは、診断機能とトラブルシューティング機能を提供し、サーバーのインストールの確認、問題のトラブル
シューティング、および正当性の修復を実行するIT管理者を支援します。
HP Insight Diagnosticsオフライン版は、OSが稼動していない間に、システムとコンポーネントのさまざまな詳細テ
ストを実行します。このユーティリティを実行するには、SmartStart CDを起動してください。
HP Insight Diagnosticsオンライン版は、Webベースのアプリケーションであり、効率的なサーバー管理を実現する
ために必要な、システムの構成と他の関連データを取得します。Microsoft® Windows®およびLinuxバージョンで利
用可能なこのユーティリティは、システムの正常動作を確保するために役立ちます。
このユーティリティについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/smartstartを参照してくだ
さい。このHPのWebサイトからは、ユーティリティをダウンロードすることもできます。
SmartアレイSCSI診断機能
注:この機能は、HP Insight Diagnosticsオンライン版でのみ入手することができます。
HP Insight Diagnosticsオンライン版(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))は、動作を妨げないシステムレベル
チェックを使用してSmartアレイSCSIハードディスクドライブを診断する機能を提供します。診断は、Smartアレイ
コントローラーに接続され論理ボリュームの一部として設定されているSCSI、SATA、およびSASハードディスクド
ライブをサポートします。診断は、コンポーネントテストではありませんが、ドライブ履歴とコントローラーエラー
ステータスの組み合わせです。
診断は、ハードウェアステータスの確認を支援し、オフラインテストより高速です。診断機能を使用すると、ダウ
ン時間が短縮され、1つの成功についての情報が提供されます。
診断機能は、次の場合に使用してください。
•
ハードディスクドライブが特定の状態にある理由をトラブルシューティングする場合。
•
HP SIMが、ハードディスクドライブの事前障害または障害発生を報告した場合。
•
データの破壊やストレージの問題が発生したが、物理的には障害が明らかでない場合。
•
競合するエラーが存在する場合。
•
障害が繰り返して発生する場合。
HP Insight Diagnostics Survey機能
HP Insight Diagnostics(75ページ)に含まれるSurvey機能は、ProLiantサーバー上のハードウェアとソフトウェアの
重大な情報を収集します。
ソフトウェアツールおよびソリューション
75
この機能がサポートするオペレーティングシステムが、サーバーでサポートされていない場合があります。サーバー
によってサポートされるオペレーティングシステムについては、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/supportos
(英語)を参照してください。
データ収集間隔の間に重要な変更があった場合は、Survey機能は古い情報をマークし、Surveyデータファイルを上
書きして、構成の最新の変更内容を反映させます。
Survey機能は、すべてのSmartStart自動HP Insight Diagnosticsインストールでインストールされ、HP PSP(「ProLiant
Support Packs」(78ページ))によってインストールすることもできます。
注:SmartStartの最新バージョンは、サーバー用のメモリのスペア製品番号を提供します。最新バージョ
ンをダウンロードするには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/supportを参照してください。
インテグレーテッドマネジメントログ
IMLは、数百のイベントを記録して簡単に表示できる形式で格納します。IMLは、各イベントに1分単位のタイムス
タンプを記録します。
IMLに記録されたイベントは、次のような複数の方法で表示できます。
•
HP SIMから (「HP Systems Insight Manager」(74ページ))
•
Surveyユーティリティから
•
オペレーティングシステム固有のIMLビューアーから
o
NetWareの場合:IMLビューアー(HP ProLiant DL980サーバーには該当しません)
o
Windows®の場合:IMLビューアー
o
Linuxの場合:IMLビューアーアプリケーション
•
iLO 3ユーザーインターフェイスから
•
HP Insight Diagnosticsから(75ページ)
詳しくは、HP Insight Foundationスイートfor ProLiantに含まれるManagement CDまたはDVDを参照してください。
アレイ診断ソフトウェア
サーバーでサポートされるSmartStartのバージョンを確認し、次のいずれかのアレイ診断方式を選びます。
•
SmartStart 8.25以降をサポートするサーバーの場合、アレイ診断機能はACUソフトウェアに組み込まれていま
す。詳しくは、「アレイコンフィギュレーションユーティリティ」を参照してください。
•
バージョン8.2以前のSmartStartをサポートするサーバーでは、アレイ診断ユーティリティは独立したユーティ
リティです。
HPアレイ診断ユーティリティは、HPストレージコントローラーおよびディスクドライブレポートをすべて作
成する、Webベースのアプリケーションです。このレポートは、障害または注意が必要な状態を把握するの
に役立つ、重要な情報を提供します。ADUには、SmartStart CD(「SmartStartソフトウェア」(67ページ))
からアクセスできます。また、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/supportからダウンロードすることも
できます。
ソフトウェアツールおよびソリューション
76
リモートサポートおよび分析ツール
HP Insight Remote Supportソフトウェア
HP Insight Remote Supportソフトウェアのインストールを強くおすすめします。このソフトウェアをインストールす
ると、ご使用の製品のインストールまたはアップグレードが完全なものになり、HPの保証、HP Care Packサービス、
またはHPとのサポート契約が高度なレベルで提供されるようになります。HP Insight Remote Supportは、お客様の
監視機能を継続的に補助し、最高レベルのシステム可用性を実現します。具体的には、このソフトウェアにより、
インテリジェントなイベント診断が提供されハードウェアイベント通知がHPに安全な方法で自動送信されます。さ
らに、それに基づいて、製品のサービスレベルに合わせた正確で迅速な保守対応が自動的に開始されます。また、
通知がHP認定保守パートナーに送信され、オンサイトサービスが提供されることもあります。
Insight Remote Support Advancedソフトウェアについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/hpalert
を参照してください。前提条件、サポートされるハードウェア、および関連オペレーティングシステムについて詳
しくは、『HP Insight Remote Supportリリースノート』を参照してください。このリリースノートは、HPのWebサイト
http://h50146.www5.hp.com/services/cs/availability/hpalert/insight_rs_inst.htmlで提供されています。HP Insight Re
mote Supportは、HPの保証、HP Care Packサービス、またはHPとのサポート契約に含まれています。
システムの最新状態の維持
ドライバー
重要:必ず、バックアップを作成してから、デバイスドライバーをインストールまたはアップデートし
てください。
SmartStartがサポートしているOSをインストールするには、SmartStartソフトウェア(67ページ)およびその自動イ
ンストール機能を使用して、OSと最新のドライバーサポートをインストールしてください。
SmartStart CDからドライバーをインストールする場合は、サーバーがサポートする最新バージョンのSmartStartを使
用していることを確認してください。サポートされる最新バージョンを使用していることを確認するには、HPの
Webサイトhttp://www.hp.com/go/foundation(英語)を参照してください。詳しくは、SmartStart CDに付属のマ
ニュアルを参照してください。
SmartStart CDを使用してOSをインストールしない場合は、一部の新しいハードウェア用ドライバーが必要です。こ
れらのドライバーやその他のオプションのドライバー、ROMイメージ、および付加価値ソフトウェアは、HPのWeb
サイトhttp://www.hp.com/jp/supportからダウンロードできます。
サポートされているG7以前のサーバーについては、引き続きHPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/foundation
(英語)でSmartStartを入手できます。
持続的なサポートについては、サーバーでサポートされている場合はSPP(「HP Service Pack for ProLiant」(78ペー
ジ))を使用してください。SPPがサポートされていない場合は、HP ProLiant Support Packs(「ProLiant Support Pack」
(78ページ))を使用してください(8.70の後)。お使いの製品がSPPでサポートされているかどうか調べるには、
HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/spp/documentation(英語)で最新のサーバーサポートガイドを参照して
ください。
バージョンコントロール
VCRMおよびVCAは、企業全体でのソフトウェア更新作業を可能にし、容易にするためにHP SIMが使用するWeb対
応のInsightマネジメントエージェントツールです。
ソフトウェアツールおよびソリューション
77
•
VCRMは、WindowsおよびLinux PSPならびにオンラインファームウェアのレポジトリを管理します。管理者は、
PSPのグラフィカル表示を閲覧できます。また、VCRMを設定して最新のソフトウェアをHPからインターネッ
ト経由でダウンロードしレポジトリを自動更新することもできます。
•
VCAは、インストールされているソフトウェアのバージョンと利用できるアップデートのバージョンを比較し
ます。管理者は、VCAを設定して、VCAにVCRMが管理するレポジトリを参照させることができます。
バージョン管理ツールについて詳しくは、HP Systems Insight Managerのヘルプガイド(http://www.hp.com/jp
/hpsim)、および『バージョンコントロールユーザーガイド』(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manual)
を参照してください。
オペレーティングシステムバージョンのサポート
オペレーティングシステムサポートマトリックス(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/supportos(英語))
を参照してください。
ProLiant Support Pack
PSPは中止され、SPPに置き換えられました。PSP 9.10が最後のバージョンになりました。SPPについて詳しくは、
「HP Service Pack for ProLiant」(78ページ)を参照してください。お使いの製品がSPPでサポートされているかど
うか調べるには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/spp/documentation(英語)で最新のサーバーサポート
ガイドを参照してください。
ProLiant Support Pack (PSP) は、ProLiant用に最適化されたドライバー、ユーティリティ、およびマネジメントエー
ジェントを各オペレーティングシステム用にバンドルしたものです。HPのPSPのWebサイトhttp://h18000.www1.
hp.com/products/servers/management/psp.html(英語)を参照してください。
Smart Update Firmware DVD
Smart Update Firmware DVDは、SPP(「HP Service Pack for ProLiant」(78ページ))に置き換えられています。Smart
Update Firmware DVD 10.10が最後のバージョンになりました。SPPについて詳しくは、
「HP Service Pack for ProLiant」
(78ページ)を参照してください。お使いの製品がSPPでサポートされているかどうか調べるには、HPのWebサイ
トhttp://www.hp.com/go/spp/documentation(英語)で最新のサーバーサポートガイドを参照してください。
Smart Update Firmware DVDは、ProLiantサーバーとオプション用のファームウェアを、HP Smart Update Manager
(79ページ)のサポートにより収集し編成したものです。Smart Update Firmware DVDでは、1枚のDVDに次のリソー
スが組み合わされ収録されています。
•
Firmware Maintenance CD
•
HP BladeSystem Firmware Deployment Tool(FDT)
•
HP BladeSystemオンラインファームウェアバンドル
•
ProLiant BladeSystemリリースセット
•
HP ProLiant BL、DL、ML、および100シリーズサーバー用のオフラインの自動モード
•
HP ProLiant 100シリーズサーバーのファームウェア展開サポート
HP Service Pack for ProLiant
SPPは、HP ProLiantサーバー、サーバーオプション、BladeSystemエンクロージャー、および一部のHPの外部ストレー
ジ用の単一ソリューションパックとしていっしょにテストされたファームウェアおよびシステムソフトウェアコン
ポーネントを包括的に提供するリリースセットです。
SPPについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/sppを参照してください。このHPのWebサイトか
らは、SPPをダウンロードすることもできます。
ソフトウェアツールおよびソリューション
78
SPPは、ほとんどのHP ProLiantサーバーおよびHP BladeSystem製品をサポートしていますが、古いモデルはサポート
していない場合があります。お使いの製品がSPPでサポートされているかどうか調べるには、HPのWebサイト
http://www.hp.com/go/spp/documentation(英語)で最新のサーバーサポートガイドを参照してください。
HP Smart Update Manager
HP SUMは、HP ProLiantサーバーのファームウェアおよびソフトウェアをインストールまたは更新するためのツール
で、多くのHP製品に含まれています。HP SUMは、単一または1対多のHP ProLiantサーバー、およびネットワークベー
スのターゲット(iLO、OA、VC Ethernet、ファイバーチャネルモジュールなど)にファームウェアおよびソフトウェ
アをインストールするための、GUIとスクリプト対応のコマンドラインインターフェイスを提供します。
HP SUMの主な機能は、次のとおりです。
•
依存関係のチェック。これにより、コンポーネント間で正しいインストール順序が決定され依存関係が適切に
チェックされる
•
必要なアップデートだけをインストールできる
•
GUIモードとCLIモードの両方で、複数のリモートターゲットにファームウェアとソフトウェアを同時にインス
トールできる
•
インストールパフォーマンスが向上
•
HP ProLiantサーバーおよびエンクロージャーのローカルオンラインインストールが可能
•
HP ProLiantサーバーおよびエンクロージャーのリモート(一対多)オンラインインストールが可能
•
HP Support Pack for ProLiantによるローカルのオフラインファームウェアインストール
•
Scripting Toolkit、iLO仮想メディア、またはPXEブートメディアとともに使用する場合、リモートオフラインイ
ンストールが可能
•
GUIまたはCLIスクリプトの広範囲なログ機能
•
リモートコマンドラインインストールが可能
•
ネットワークベースのターゲット(OA、ネットワークマネジメントポート経由のiLO、VC Ethernetモジュー
ル、ファイバーチャネルモジュールなど)、およびHP ProLiantサーバー上の3Gb/6Gb SAS BLスイッチインター
コネクトへのファームウェアのアップデートをサポート
HP SUMについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hpsum(英語)の製品ページを参照してくだ
さい。
『HP Smart Update Managerユーザーガイド』を利用するには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/prolia
ntessentials_manualにあるHP SUM情報ライブラリを参照してください。
システムオンラインROMフラッシュコンポーネントユーティリティ
このユーティリティは、HP ProLiant G6サーバー以降では利用できません。詳しくは、「ファームウェアの更新」
(82ページ)を参照してください。
システムオンラインROMフラッシュコンポーネントユーティリティにより、システム管理者は広範囲にわたるサー
バーやアレイコントローラー全体を通じて、効率的にシステムやコントローラーのROMイメージをアップグレード
することができます。このツールは、次の機能を備えています。
•
オフラインおよびオンラインで動作
•
Microsoft® Windows NT®、Windows® 2000、Windows Server® 2003、Novell NetWare、およびLinuxオペ
レーティングシステムのサポート
重要:このユーティリティがサポートするオペレーティングシステムが、サーバーでサポートされてい
ない場合があります。サーバーによってサポートされるオペレーティングシステムについては、HPの
Webサイトhttp://www.hp.com/jp/supportを参照してください。
ソフトウェアツールおよびソリューション
79
•
他のソフトウェアメンテナンス、デプロイメント、およびオペレーティングシステムツールとの統合
•
ハードウェア、ファームウェア、およびオペレーティングシステムの依存関係を自動的に調べて、各ターゲッ
トサーバーに必要とされる適切なROMアップグレードだけをインストール
ツールのダウンロードおよび詳しい情報については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/supportを参照してく
ださい。
Subscriber's choice
HPのSubscriber's Choiceは、製品に関するヒント、機能に関する記事、ドライバー/サポートアラート、またはその
他の通知を、各ユーザーに合わせて個別に作成された電子メールで受信することができるカスタマイズ可能な定期
配信登録サービスです。
プロファイルの作成および通知内容の選択方法については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/subscriberschoice
(英語)を参照してください。
Care Pack
HP Care Packサービスは、バンドルされているサービスを、購入しやすく、使いやすいサポートパッケージで拡張
するアップグレードされたサービスレベルを提供します。これにより、サーバーへの投資を最大限に活用できるよ
うになります。詳しくは、HPのWebサイト(http://h50146.www5.hp.com/services/ps/carepack/fixed/index.html
を参照してください。
ファームウェアのメンテナンス
HPでは、HP製サーバーのメンテナンスをできるだけ不要にし、最大限の稼動時間を実現するために役立つように技
術開発を進めています。また、これらの技術の多くは、サーバーの管理作業を軽減し、管理者がサーバーをオフラ
インにすることなく問題に取り組み解決することを可能にします。
システムファームウェアやオプションファームウェアを更新する処理を、フラッシュプロセスまたはROMフラッ
シュと呼びます。ファームウェアまたはROMのフラッシュは、既存のバージョンのファームウェアをROMから削除
し、より新しいバージョンに置き換えます。
以下を実現するために、ファームウェアを更新してください。
•
新しいハードウェア(プロセッサーリビジョンなど)のサポート
•
新機能のサポート
•
旧ファームウェアバージョンの問題の修正
ファームウェアのバージョンが正しくないと、サーバーやハードウェアオプションが正常に動作しない場合があります。
ROMの種類
ROMには、次のような種類があります。
•
システムROM(80ページ)
•
オプションROM(81ページ)
システムROM
どのProLiantサーバーもシステムROMを備えています。
ROMのアップグレードを有効にするには、システムを再起動する必要があります。HP製サーバーでは、リダンダン
トROMやROMのバックアップ機能が提供されるため、最新のROMイメージのバックアップを確保しておくことが
できます。このため、HP製サーバーではディザスタリカバリやROMのダウングレードが簡単です。
ソフトウェアツールおよびソリューション
80
ProLiantサーバーは、リダンダントROM機能とディザスタリカバリ機能のいずれかをサポートしています。どちら
も、システムROMリビジョンの管理を支援し、ファームウェアアップグレードプロセス中に障害が発生した場合の
プラットフォームの正常な動作を保証します。
リダンダントROMのサポート
サーバーでは、リダンダントROMをサポートするために、ROMを安全にアップグレードしたり設定したりすること
ができます。サーバーには、8MBのROMが搭載され2つの独立した4MB ROMとして機能します。標準の実装では、
ROMの片方のサイドに現在のバージョンのROMプログラムが内蔵され、ROMのもう一方のサイドにバックアップ
バージョンのROMが内蔵されています。
注:サーバーの工場出荷時には、ROMの両サイドに同じバージョンのROMが実装されています。
システムROMをフラッシュする場合、ROMPaqはバックアップROMを上書きし、現在のROMをバックアップとし
て保存して、新しいROMが何らかの理由で壊れたときに代替のバージョンのROMに簡単に戻ることができるように
します。この機能では、ROMのフラッシュ中に電源障害が発生した場合でも、既存のバージョンのROMが保護され
ます。
使用するROMは、RBSURBSU(「HP ROMベースセットアップユーティリティ」(67ページ))で選択できます。
ディザスタリカバリのサポート
ディザスタリカバリ機能は、リダンダントROM機能をサポートしていないサーバーでサポートされています。ROM
フラッシュに失敗したりシステムROMが壊れたりした場合、ディザスタリカバリにより、管理者は、システムROM
をSystem ROMPaqディスケットまたはUSBキーで更新できます。
サポートされているサーバーでこの機能を使用するには、影響を受けるプラットフォーム用の適切なメディア
(ROMフラッシュディスケットまたはUSBキー)で起動し、フラッシュリカバリプロセスを完了させます。このプ
ロセス中はビデオがサポートされなくなるため、完了すると一連のビープ音が鳴ります。
自動バックアップ
ターゲットサーバーに存在するROMイメージのバックアップコピーは、次のROMイメージバックアップサブディレ
クトリに作成されます。
¥CPQSYSTEM¥FWBACKUP¥SYSTEM
詳しくは、『HP Online ROM Flash User Guide』(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/support/smartstart
/documentation(英語))を参照してください。
オプションROM
オプションROM用のSmartコンポーネントを使用することにより、オプションROMアップグレードを効率的に管理
できます。オプションROMには、次のような種類があります。
•
SmartアレイストレージコントローラーROM
•
Lights-OutマネジメントROMフラッシュコンポーネント
•
SASハードディスクドライブROM
•
NICファームウェア
•
HP c-Class BladeSystem用HP Onboard Administrator
注:Onboard AdministratorおよびNICファームウェアは、オンラインインストールでのみサポートされ
ます。
ソフトウェアツールおよびソリューション
81
ファームウェアのバージョンの確認
最新バージョンのファームウェアを見つけ、確認するには、次のいずれかのツールを使用します。
•
Insight Diagnosticsオンライン版(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))
このツールには、System Management Homepage(http://h18013.www1.hp.com/products/servers/management
/agents/index.html )からアクセスします。
•
VCA(「バージョン管理」(77ページ))
このツールには、System Management Homepage(http://h18013.www1.hp.com/products/servers/management
/agents/index.html )からアクセスします。
•
HP SIM(「HP Systems Insight Manager」(74ページ))
•
VCRM(「バージョン管理」(77ページ))
•
Subscriber's Choice(80ページ)
ファームウェアの更新
ファームウェアの更新用にいくつかのツールが提供されています。次の方法が用意されています。
•
HP Service Pack for ProLiant(78ページ)(優先)
•
Smart Update Firmware DVD(78ページ)
•
ROMPaqユーティリティ(72ページ)
•
システムオンラインROMフラッシュコンポーネントユーティリティ(79ページ)
手動でファームウェアを更新するには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/supportから最新バージョンの
ファームウェアをダウンロードしてください。
ファームウェアを更新するには、以下の手順に従ってください。
1.
デバイスのファームウェアのバージョンをチェックします(「ファームウェアのバージョンの確認」(82
ページ))。
2.
利用可能なファームウェアの最新バージョンを確認します。
3.
TPMがサーバーに取り付けられて有効化されている場合は、ファームウェアを更新する前にBitLockerを無効に
します。詳しくは、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。
4.
ファームウェアをダウンロードし、ご使用のハードウェア構成用にサポートされている最新バージョンに更新
します。
5.
ファームウェアのバージョンを調べて、ファームウェアが更新されたことを確認します。
6.
TPMがサーバーに取り付けられて有効化されている場合は、ファームウェアの更新が完了してからBitLockerを
有効化します。詳しくは、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。
HP Smart Update Managerのインストール
HP SUMは、HP ProLiantサーバーのファームウェアおよびソフトウェアをインストールまたは更新するためのツール
で、多くのHP製品に含まれています。Smart Update Firmware DVDやPSPなどの製品は更新されなくなり、SPPに置
き換えられました(「HP Service Pack for ProLiant」(78ページ))。お使いの製品がSPPでサポートされているか
どうか調べるには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/spp/documentation(英語)で最新のサーバーサポー
ト ガ イ ド を 参 照 し て く だ さ い 。 お 使 い の 製 品 が SPP で サ ポ ー ト さ れ て い る 場 合 は 、 HP の Web サ イ ト
http://www.hp.com/jp/proliantessentials_manualの『HP Smart Update Managerユーザーガイド』にあるインストー
ル情報を利用してください。
HP SUMについて詳しくは、「HP Smart Update Manager」(79ページ)を参照してください。
ソフトウェアツールおよびソリューション
82
オフラインインストール(SPPがサポートされていない場合)
お使いの製品がSPPでサポートされていない場合のみ、この項の手順を使用してください。お使いの製品がSPPでサ
ポートされている場合は、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/proliantessentials_manualの『HP Smart Update
Managerユーザーガイド』にあるインストール情報を利用してください。
オフラインでコンポーネントのインストールを実行するには、以下の手順に従ってください。
1.
Firmware Maintenance CD/DVDまたはHP Smart Update Firmware DVD、あるいはUSBドライブキーからサー
バーを起動します。
2.
Smart Update Firmware DVDを使用する場合は、メニューで[Automatic Mode](デフォルト)または
[Interactive Mode]を選択します。
o
[Automatic Mode]を選択する場合または30秒のデフォルトタイマーが時間切れになった場合は、DVD
に収録されている中で最新のファームウェアがインストールされます。更新が終わると、サーバーは自動
的に再起動します。この方法でインストールする場合、ログファイルは使用できません。
o
[Interactive Mode]を選択する場合は、適用する具体的なリリースセットまたはバンドルを選ぶ必要が
あります。
3.
プロンプトで、言語とキーボードを選択します。
4.
[続行]をクリックします。
5.
エンドユーザー使用許諾契約書を読みます。使用許諾契約書の内容に同意する場合は、[同意]をクリックして
続行します。ファームウェアアップデートインターフェイスが表示されます。
6.
[ファームウェアアップデート]タブをクリックします。
7.
[ファームウェアのインストール]をクリックします。HP SUMが起動します。
8.
インストールしたいコンポーネントを選択して、インストールします。詳しくは、
『HP Smart Update Manager
ユーザーガイド』(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/proliantessentials_manual)を参照してください。
オンラインインストール(SPPがサポートされていない場合)
お使いの製品がSPPでサポートされていない場合のみ、この項の手順を使用してください。お使いの製品がSPPでサ
ポートされている場合は、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/proliantessentials_manualの『HP Smart Update
Managerユーザーガイド』にあるインストール情報を利用してください。
オンラインでコンポーネントのインストールを実行するには、以下の手順に従ってください。
1.
次のオプションのいずれかを選択します。
o
Firmware Maintenance CD/DVDまたはSmart Update Firmware DVDを挿入します。ファームウェアメンテ
ナンスインターフェイスが自動で開きます。
Linuxでは、自動起動が有効になっていない場合、CDまたはDVDを手動で起動する必要があります。
o
USBド ライブ キーを 挿入しま す。イ ンターフ ェイス を手 動で起 動して、 CLIを開 きま す。 Firmware
Maintenance CD/DVDまたはSmart Update Firmware DVDにアクセスするには、次のいずれかのコマンド
を入力します。
Windows®の場合
\_autorun\autorun_win
Linuxの場合
/autorun
複数のイメージを持つUSBドライブキーを使用する場合は、適切なサブフォルダーに移動してFirmware
Maintenance CD/DVDまたはSmart Update Firmware DVDのAutorunを起動してください。
2.
エンドユーザー使用許諾契約書を読みます。使用許諾契約書の内容に同意する場合は、[同意]をクリックして
続行します。ファームウェアメンテナンスインターフェイスが表示されます。
3.
[ファームウェアアップデート]タブをクリックします。
4.
[ファームウェアのインストール]をクリックします。HP SUMが起動します。
ソフトウェアツールおよびソリューション
83
5.
インストールしたいコンポーネントを選択して、インストールします。詳しくは、
『HP Smart Update Manager
ユーザーガイド』(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/proliantessentials_manual)を参照してください。
ROMPaqユーティリティディスケットまたはUSBドライブキー
起動可能なROMPaqディスケットまたはUSBドライブキーには、ROMファームウェアをアップグレードするために
必要なすべてのシステムファイル、ROMイメージファイル、および構成ファイルが保存されています。
近接して設置されている少数のサーバーのROMをフラッシュする際は、この手順が最も効率的です。
ROMPaqを使用してROMをフラッシュするには、以下の手順に従ってください。
1.
各ターゲットサーバー用にシステムROMPaqユーティリティディスケットまたはUSBドライブキーをダウン
ロードします。ROMPaqのダウンロードファイルは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/supportで入手
できます。
2.
各ターゲットサーバーをシャットダウンし、そのサーバー用のROMPaqディスケットまたはUSBドライブキ―
を使用して再起動します。
3.
ROMPaqユーティリティのダイアログの指示に従い、フラッシュするデバイスを選択します。
4.
選択したデバイスのROMフラッシュが完了したら、電源を手動でいったん切って、システムを再起動し、オ
ペレーティングシステムを立ち上げます。
Option ROMPaqは、ストレージオプションのアップグレードの配布には使用されなくなりました。ストレージオプ
ションのファームウェアアップグレードは、現在、SmartコンポーネントとSmartコンポーネントデプロイメントユー
ティリティを使用して配布されています。
ROMPaqユーティリティについて詳しくは、サーバーのマニュアルまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/
supportを参照してください。
System ROMPaqファームウェアアップグレードユーティリティ
ProLiantサ ー バ ー 用 の System ROMPaq フ ァ ー ム ウ ェ ア アッ プ グ レ ー ド ユ ー テ ィ リ ティ は 、 HPの Webサ イ ト
http://www.hp.com/jp/supportからのSoftPaqダウンロードとして提供されています。Enhanced SoftPaqダウンロー
ドには、ProLiantサーバーのシステムROMを復元またはアップグレードできるユーティリティが含まれています。
•
ROMPaqディスケット
システムROMをローカルで復元または更新するために使用できる起動可能1.44MBディスケットを作成する
ためのWindowsベースのユーティリティです。
•
ROMPaq USBキー
ファイルをローカルでパーティション分割し、フォーマットし、USBフラッシュメディアデバイス(HPドライ
ブキーなど)にコピーするためのWindowsベースのユーティリティです。
•
ROMPaq USBキーディスケットフォーマット
ファイルをローカルでパーティション分割し、フォーマットし、USBフラッシュメディアデバイス(HPドライ
ブキーなど)にコピーするためのWindowsベースのユーティリティです。フォーマット済みのUSBキーは、容
量がディスケットと類似しており、以下のサーバーで使用できます。
o
サーバーがサポートされていないプロセッサー状態を示す(「Unsupported Processor Detected System will
ONLY boot ROMPAQ Utility. System Halted.」(130ページ))
o
ディザスタリカバリ機能をサポートするサーバー(「ディザスタリカバリのサポート」(81ページ))
詳しくは、Enhanced SoftPaqに付属のマニュアルを参照してください。
Intel®プロセッサーを使用する場合のサポートされないプロセッサー
ステッピング
Intel®プロセッサーベースのシステムの場合は、プロセッサーの新しいステッピング(リビジョン)がサポートされ
るようにシステムROMを更新する必要があります。HP製サーバー用のシステムROMには、システムがプロセッサー
ソフトウェアツールおよびソリューション
84
を初期化しプラットフォームの正常な動作を保証するために使用するIntel®マイクロコード(プロセッサーサポート
コードとも呼ばれます)が含まれています。
Intel®プロセッサーの新しいステッピングは多くの場合、古いステッピングと機能的に同等です。HP ProLiantサー
バーは、他のパラメーター(プロセッサー速度、キャッシュサイズ、コア数、プロセッサーワット数)が同じであ
る場合、ステッピングの混在を完全にサポートします。サポートと稼動時間を維持するために、HPは、新しいステッ
ピングのプロセッサーが出荷される前に、システムROMを更新して提供します。
新しいプロセッサーや交換用のプロセッサーは、より新しいステッピングである可能性があります。現在のシステ
ムROMが新しいステッピングのプロセッサーをサポートしていない場合は、起動時にサーバーに表示されます。次
のメッセージが表示されます。
Unsupported Processor Detected
System will ONLY boot ROMPAQ Utility.
このメッセージが表示されたら、次のいずれかの方法でシステムROMを更新してください。
•
プロセッサーを取り外さずにシステムROMを更新する(85ページ)
•
プロセッサーを取り外してからシステムROMを更新する(85ページ)
プロセッサーを取り外さずにシステムROMを更新する
「Unsupported Processor Detected」というメッセージが表示され、プロセッサーを取り付けたままの場合、システ
ムは以下のデバイスからのみ起動できます。
•
従来のディスケットドライブに挿入されたSystem ROMPaqディスケット
•
USBディスケットドライブに挿入されたSystem ROMPaqディスケット
•
ディスケットフォーマットのSystem ROMPaq USBキー
ディスケットフォーマットのSystem ROMPaq USBキーは、ROMPaqユーティリティを使用してディスケット
ドライブとしてフォーマットしたUSBドライブキーです。ディスケットフォーマットのSystem ROMPaq USB
キーの作成方法については、「System ROMPaqファームウェアアップグレードユーティリティ」(84ページ)
を参照してください。
プロセッサーを取り外してからシステムROMを更新する
「Unsupported Processor Detected」というメッセージが表示され、プロセッサーを取り外す場合は、どの標準ROM
フラッシュメカニズムでもシステムROMを更新できます。システムROMを更新したら、新しいステッピングのプロ
セッサーを取り付けてください。
AMDプロセッサーを使用する場合のサポートされないプロセッサース
テッピング
AMDプロセッサーベースのシステムの場合は、プロセッサーの新しいステッピング(リビジョン)がサポートされ
るようにシステムROMを更新しなければならないことがあります。ただし、ほとんどの場合、システムROMの更新
は不要です。
システムROMが新しいステッピングのプロセッサーをサポートしていない場合、システムはメッセージを表示しま
せん。システムROMの更新の要件については、プロセッサーに付属のマニュアルを参照してください。
ソフトウェアツールおよびソリューション
85
HPの提供するトラブルシューティング用情報の入
手先
オンライン情報
HPのテクニカルサポートのWebサイト
トラブルシューティングのためのツールと情報および最新バージョンのドライバーとフラッシュROMイメージは、
HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/supportから入手できます。
HPのガイドに従ってトラブルシューティングを進めるためのWebサイト
HPのWebサイトhttp://www.hp.com/support/gts(英語)では、多くの製品およびコンポーネントのトラブルシュー
ティングをHPのガイドに従って進めることができます。
サーバーのマニュアル
各サーバーには、マニュアルセットが同梱されています。サーバーに関する多くのマニュアルが、PDFで、または
ドキュメンテーションCDのリンクから入手できます。サーバーのマニュアルには、HPサポートセンターのWebサ
イトhttp://www.hp.com/go/hpscからもアクセスできます。
White Paper
White Paperは、専門的な技術分野の知識に関するオンラインマニュアルです。一部のWhite Paperでは、詳細な説
明と手順が説明されています。項目としては、HP製品、HPのテクノロジー、OS、ネットワーク製品、パフォーマ
ンスがあります。HPの下記のWebサイトにあるいずれかのWhite Paperを参照してください。
•
HPサポートセンターのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hpsc
•
HPのIndustry Standard Server Technology CommunicationsのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/proliant_
technology
サービス通知、アドバイザリ、およびお知らせ
サービス通知を検索するには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hpscを参照してください。[サポート技術
情報(アドバイザリー)]を選択します。製品名を入力して、[実行]をクリックします。製品を選択すると、資料の
リストが表示されます。
サブスクリプションサービス
HPでは、製品の最新情報、ドライバーアップデート、ソフトウェアの変更、およびその他のアラートを通知するサ
ブスクリプションサービスを提供しています。
Subscriber's choice for business
HPのSubscriber's Choiceは、製品に関するヒント、機能に関する記事、ドライバー/サポートアラート、またはその
他の通知を、各ユーザーに合わせて個別に作成された電子メールで受信することができるカスタマイズ可能な定期
配信登録サービスです。
HPの提供するトラブルシューティング用情報の入手先
86
プロファイルの作成および通知内容の選択方法については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/subscriberschoice
(英語)を参照してください。
変更管理および事前通知
HPでは、変更管理および事前通知サービスによって、HP製品のハードウェアおよびソフトウェアに関する変更予定
を、実施の30~60日前にユーザーに通知しています。
詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/pcn(英語)を参照してください。
HP Care Packサービス
HP Care Packサービスは、バンドルされているサービスを、購入しやすく、使いやすいサポートパッケージで拡張
するアップグレードされたサービスレベルを提供します。これにより、サーバーへの投資を最大限に活用できるよ
うになります。詳しくは、HPのWebサイト(http://www.hp.com/jp/proliantessentials_manual)を参照してくださ
い。
製品情報
製品に関する追加情報
HPのサーバーのWebサイトhttp://www.hp.com/country/us/eng/prodserv/servers.html(英語)の製品情報を参照し
てください。
サーバーの機能およびインストール手順の概要
サ ー バ ー の 機 能 に つ い て は 、 HPの Web サ イ ト http://www.hp.com/go/productbulletin ( 英 語 ) に あ る 製 品 の
QuickSpecsを参照してください。
イ ン ス ト ー ル 手 順 に つ い て は 、 ド キ ュ メ ン テ ー シ ョ ン CD ま た は HP サ ポ ー ト セ ン タ ー の Web サ イ ト
http://www.hp.com/go/hpscで提供されるサーバーのユーザーガイドを参照してください。
主な機能とオプションの製品番号
製品の特長、仕様、オプション、構成、および互換性について詳しくは、HP Product Bulletin のWebサイト
http://www.hp.com/go/productbulletin(英語)にあるその製品のQuickSpecsを参照してください。
サーバーおよびオプションの仕様、記号、取り付けに関する警告、およ
び注意事項
サーバーのマニュアルおよび印刷されたお知らせを参照してください。印刷されたお知らせは、「リファレンス情
報」パックに入っています。サーバーのマニュアルは、次の提供元から入手できます。
•
サーバーに付属のドキュメンテーションCD
•
エンクロージャーに同梱されているドキュメンテーションCD(HP BladeSystemのマニュアル用)
HPの提供するトラブルシューティング用情報の入手先
87
•
HPサポートセンターのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hpsc
分解手順、製品番号、仕様
次の提供元から入手できるサーバーのメンテナンス&サービスガイドを参照してください。
•
サーバーに付属のドキュメンテーションCD
•
エンクロージャーに同梱されているドキュメンテーションCD(HP BladeSystemのマニュアル用)
•
HPサポートセンターのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hpsc
技術的な情報
White Paperは、専門的な技術分野の知識に関するオンラインマニュアルです。一部のWhite Paperでは、詳細な説
明と手順が説明されています。項目としては、HP製品、HPのテクノロジー、OS、ネットワーク製品、パフォーマ
ンスがあります。HPの下記のWebサイトにあるいずれかのWhite Paperを参照してください。
•
HPサポートセンターのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hpsc
•
HPのIndustry Standard Server Technology CommunicationsのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/proliant_
technology
製品インストール情報
スイッチの設定、LEDの機能、ドライブ、メモリ、拡張ボード、および
プロセッサーの取り付け手順、ボードのレイアウト
フードラベルおよびサーバーのユーザーガイドを参照してください。フードラベルは、サーバーのアクセスパネル
に貼付されています。
•
サーバーに付属のドキュメンテーションCD
•
HPサポートセンターのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hpsc
外部ケーブル接続に関する情報
HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/supportのケーブル接続に関する情報を参照してください。
電源容量
すべてのHP ProLiant MLおよびDLサーバーについては、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/hppoweradvisor(英
語)のHP Power Advisorを参照してください。
すべてのHP ProLiant BLサーバーブレードについては、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/bladesystem/
powercalculator(英語)のHP BladeSystem Power Sizerを参照してください。
HPの提供するトラブルシューティング用情報の入手先
88
製品構成情報
デバイスドライバーに関する情報
HPのソフトウェアおよびドライバーのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/supportのドライバー情報を参照してく
ださい。
DDR3メモリ構成
HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/ddr3memory-configurator(英語)のDDR3 Memory Configuration Toolを参
照してください。
オペレーティングシステムバージョンのサポート
サ ポ ー ト さ れ て い る オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム の バ ー ジ ョ ン に つ い て は 、 HP の Web サ イ ト
http://www.hp.com/go/supportos(英語)に掲載されているオペレーティングシステムサポートマトリックスを参
照してください。
オペレーティングシステムのインストールおよび構成情報
(工場出荷時
にインストールされたオペレーティングシステムの場合)
サーバーに同梱されているプリインストールオペレーティングシステムのインストールマニュアルを参照してくだ
さい。
サーバーの構成情報
ドキュメンテーションCDに収録されているサーバーのユーザーガイド、サーバーに同梱されているサーバーのイン
ストレーションポスター、およびHP ProLiant Essentials Foundation Packの『SmartStartのインストール』ポスター(サー
バーがSmartStartをサポートする場合)を参照してください。
サーバーセットアップソフトウェアのインストールおよび構成情報
ドキュメンテーションCDに収録されているサーバーのユーザーガイド、サーバーに同梱されているサーバーのイン
ストレーションポスター、およびHP ProLiant Essentials Foundation Packの『SmartStartのインストール』ポスター(サー
バーがSmartStartをサポートする場合)を参照してください。
サーバーのソフトウェアのインストールと構成
サーバーがSmartStartをサポートする場合は、HP ProLiant Essentials Foundation Packの『SmartStartのインストール』
ポスターを参照してください。
iLO情報
ドキュメンテーションCDに収録されている『HP Integrated Lights-Outユーザーガイド』、またはHPのリモートマネ
ジメントのWebサイトhttp://www.hp.com/servers/lights-out(英語)を参照してください。
サーバーの管理
Management CD/DVDまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/hpsimで提供される『HP Systems Insight
Managerインストール/ユーザーガイド』を参照してください。
HPの提供するトラブルシューティング用情報の入手先
89
サーバー管理システムのインストールおよび構成情報
Management CD/DVDまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/hpsimで提供される『HP Systems Insight
Managerインストール/ユーザーガイド』を参照してください。
フォールトトレランス機能、セキュリティ機能、メンテナンス、構成と
セットアップ
次の提供元から入手できるサーバーのマニュアルを参照してください。
•
サーバーに付属のドキュメンテーションCD
•
HPのビジネスサポートセンターのWebサイトhttp://www.hp.com/go/bizsupport(英語)
HPの提供するトラブルシューティング用情報の入手先
90
エラーメッセージ
ADUエラーメッセージ
ADUエラーメッセージについて
この項には、ADUバージョン7.85.16.0以前のすべてのADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))エラー
メッセージをアルファベット順に一覧表示した表を掲載します。
重要:このガイドでは、複数のサーバーについて説明します。ここで説明する情報の一部は、ご使用の
トラブルシューティングするサーバーには該当しない場合があります。サーバーでサポートされる手
順、ハードウェアオプション、ソフトウェアツール、およびオペレーティングシステムに関する情報に
ついては、サーバーのマニュアルを参照してください。
警告:問題の発生を防止するため、必ず、サーバーのマニュアルに掲載されている警告および注意事項
をよく読んでから、システムコンポーネントの取り外し、交換、再取り付け、または変更を行ってくだ
さい。
Accelerator Board not Detected
説明:アレイコントローラーが、設定されたアレイアクセラレータボードを検出できませんでした。
修正方法:アレイアクセラレータボードをアレイコントローラーに取り付けてください。アレイアクセラレータボー
ドをすでに取り付けている場合は、アレイコントローラーボードに正しく取り付けられているかどうかを確認して
ください。
Accelerator Error Log
説明:アレイアクセラレータボード上のメモリ間での転送中に発生した最新の32個のパリティエラーの一覧です。
開始メモリアドレス、転送回数および操作(読み出しと書き込み)が表示されます。
修正方法:パリティエラーが多数示される場合、アレイアクセラレータボードを交換しなければならないことがあ
ります。
Accelerator Parity Read Errors: X
説明:アレイアクセラレータボード上のメモリから転送中にメモリ読み出しパリティエラーが検出された回数を表
示します。
修正方法:パリティエラーが多数発生する場合、アレイアクセラレータボードを交換しなければならない場合があ
ります。
Accelerator Parity Write Errors: X
説明:アレイアクセラレータボード上のメモリへの転送中にメモリ書き込みパリティエラーが検出された回数を表
示します。
修正方法:パリティエラーが多数発生する場合、アレイアクセラレータボードを交換しなければならない場合があ
ります。
エラーメッセージ
91
Accelerator Status: Cache was Automatically Configured During Last Controller Reset
説明:キャッシュボードが異なるサイズのボードと交換されました。
修正方法:処置は不要です。
Accelerator Status: Data in the Cache was Lost...
...due to some reason other than the battery being discharged.
説明:バッテリ放電以外の理由でキャッシュのデータが失われました。
修正方法:アレイアクセラレータが正しく固定されていることを確認してください。それでも問題が解決されない
場合は、アレイアクセラレータの交換が必要かもしれません。
Accelerator Status: Dirty Data Detected has Reached Limit...
...Cache still enabled, but writes no longer being posted.
説明:ドライブにフラッシュ(書き込み)できないダーティデータを含むキャッシュラインの数が設定された限界
に達しました。キャッシュメモリは有効ですが、書き込み要求はできません。通常この問題が発生する場合は、1
台または複数のドライブで問題が発生しています。
修正方法:1台または複数のドライブの問題を解決してください。問題が解決されると、コントローラーはダーティ
データをドライブに書き込むことができるようになります。書き込み要求動作は復旧されます。
Accelerator Status: Dirty Data Detected...
...Unable to write dirty data to drives
説明:最低1本のキャッシュラインにダーティデータが含まれています。コントローラーは、このデータをドライ
ブにフラッシュ(書き込み)できませんでした。通常この問題が発生する場合は、1台または複数のドライブで問題
が発生しています。
修正方法:1台または複数のドライブの問題を解決してください。問題が解決されると、コントローラーはダーティ
データをドライブに書き込むことができるようになります。
Accelerator Status: Excessive ECC Errors Detected in at Least One Cache Line...
...As a result, at least one cache line is no longer in use.
説明:最低1本のキャッシュラインが使用されなくなりました。これは、そのラインに関連したメモリの使用中に
過剰なECCエラーが検出されたためです。
修正方法:キャッシュの交換を検討してください。キャッシュを交換しない場合は、通常、残りのラインが適切に
動作します。
Accelerator Status: Excessive ECC Errors Detected in Multiple Cache Lines...
...As a result, the cache is no longer in use.
説明:過剰なECCエラーが起きるキャッシュラインの数が設定された限界に達しました。その結果キャッシュが
シャットダウンしました。
修正方法:
1.
キャッシュをコントローラーに取り付けなおします。
2.
問題が解決されない場合は、キャッシュを交換します。
エラーメッセージ
92
Accelerator Status: Obsolete Data Detected
説明:再初期化中に、キャッシュ内に古いデータが検出されました。これは、ドライブが移動され、別のコントロー
ラーによって書き込まれたためです。
修正方法:処置は不要です。コントローラーは、このデータをドライブに書き込むか、完全に消去します。
Accelerator Status: Obsolete Data was Discarded
説明:再初期化中に、キャッシュ内に古いデータが検出され、このデータは消去されました(ドライブには書き込
まれていません)。
修正方法:処置は不要です。
Accelerator Status: Obsolete Data was Flushed (Written) to Drives
説明:再初期化中に、キャッシュ内に古いデータが検出されました。古いデータはドライブに書き込まれましたが、
新しいデータが上書きされた可能性があります。
修正方法:新しいデータが上書きされた場合は、新しいデータを復旧する必要があるかもしれません。上書きされ
ていなければ、通常どおりに動作します。
Accelerator Status: Permanently Disabled
説明:アレイアクセラレータボードが継続的に無効になりました。ACUを使用して再初期化するまでアレイアクセ
ラレータボードは無効になったままです。
修正方法:Disable Codeフィールドをチェックしてください。ACUを実行して、アレイアクセラレータボードを再
初期化してください。
Accelerator Status: Possible Data Loss in Cache
説明:すべてのバッテリが十分な電圧以下だったか、アレイアクセラレータボード上に識別用のシグネチャがない
ために、電源投入時にデータ消失が検出された可能性があります。
修正方法:キャッシュ内にダーティデータまたは不良データが入っていて、そのデータが消失しているかどうかを
調べる方法はありません。
Accelerator Status: Temporarily Disabled
説明:アレイアクセラレータボードが一時的に無効になりました。
修正方法:Disable Codeフィールドをチェックしてください。
Accelerator Status: Unrecognized Status
説明:ADUが識別しないステータスがアレイアクセラレータボードから返されました。
修正方法:最新バージョンのADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))を入手してください。
Accelerator Status: Valid Data Found at Reset
説明:再初期化時に書き込み要求メモリで有効なデータが見つかりました。データはディスクにフラッシュされ
ます。
修正方法:エラーやデータの消失は、発生しません。処置は不要です。
エラーメッセージ
93
Accelerator Status: Warranty Alert
説明:アレイアクセラレータボードで重大な問題が発生しています。このメッセージについて詳しくは、[Diagnostics]
画面上の他のメッセージを参照してください。
修正方法:アレイアクセラレータボードを交換してください。
Adapter/NVRAM ID Mismatch
説明:EISA NVRAMに物理スロットに入っているものとは別のコントローラーのIDがあります。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行してください。
Array Accelerator Battery Pack X not Fully Charged
説明:バッテリが完全には充電されていません。
修正方法:装着したバッテリの75%が完全に充電されていれば、アレイアクセラレータは完全に動作します。バッ
テリの75%以上が完全には充電されていない場合は、36時間をかけて再充電してください。
Array Accelerator Battery Pack X Below Reference Voltage (Recharging)
説明:アレイアクセラレータ上のバッテリパックが必要とされる電圧レベルより下にあります。
修正方法:電源を入れたままの状態で36時間以内にバッテリが充電されない場合、アレイアクセラレータボードを
交換してください。
Board in Use by Expand Operation
説明:アレイアクセラレータメモリは容量の拡張またはRAIDの移行で使用中です。
修正方法:アレイアクセラレータは、容量の拡張またはRAIDの操作が完了すると、キャッシュ機能が自動的に再度
有効になります。
Board not Attached
説明:アレイコントローラーはアレイアクセラレータボード用に設定されていますが、現在、アレイアクセラレー
タボードが接続されていません。
修正方法:アレイアクセラレータボードをアレイコントローラーに接続してください。
Cache Has Been Disabled Because ADG Enabler Dongle is Broken or Missing
説明:RAID ADGボリュームが設定されていますが、ADGイネーブラドングルが壊れているかまたは取り付けられ
ていないため、キャッシュが無効になっています。
修正方法:ADGイネーブラドングルをチェックして、必要な場合は、交換してください。
Cache Has Been Disabled; Likely Caused By a Loose Pin on One of the RAM Chips
説明:POST実行中のキャッシュのテスト時に、多数のECCエラーが検出されたため、キャッシュが無効になってい
ます。RAMチップのいずれかのピンの接続不良が原因と思われます。
修正方法:キャッシュをコントローラーに取り付けなおしてください。取り付けなおしても問題が解決しない場合
は、キャッシュを交換してください。
エラーメッセージ
94
Configuration Signature is Zero
説明:ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))が、NVRAMにゼロの構成シグネチャが入っていること
を検出しました。これは、サーバーのセットアップユーティリティのバージョンが古いために発生した可能性があ
ります。
修正方法:最新バージョンのサーバーのセットアップユーティリティを実行して、コントローラーとNVRAMを設定
してください。
Configuration Signature Mismatch
説明:アレイアクセラレータボードが別のアレイコントローラーボード用に設定されています。アレイアクセラレー
タボード上の構成シグネチャがアレイコントローラーボードのシグネチャと一致しません。
修正方法:アレイアクセラレータボードを認識させるために、ACUを実行してください。
Controller Communication Failure Occurred
説明:コントローラーの通信エラーが発生しました。ADUが、このスロット内のコントローラーにコマンドを正常
に発行できませんでした。
修正方法:
1.
すべてのケーブルが正しく接続され動作していることを確認します。
2.
コントローラーが動作していることを確認します。必要に応じて、コントローラーを交換します。
Controller Detected. NVRAM Configuration not Present
説明:このコントローラー用にEISA NVRAMが設定されていません。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行してNVRAMを設定してください。
Controller Firmware Needs Upgrading
説明:コントローラーのファームウェアが最新の推奨バージョン以下です。
修正方法:コントローラーを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナンス」
(80ページ))。
Controller is Located in Special "Video" Slot
説明:コントローラーが特別なビデオ制御信号用のスロットに取り付けられています。コントローラーがこのスロッ
トで使用される場合、フロントパネルのLEDインジケーターが正しく機能しない場合があります。
修正方法:コントローラーを別のスロットに取り付け、サーバーのセットアップユーティリティを実行して、NVRAM
を設定してください。次にACUを実行してコントローラーを設定してください。
Controller Is Not Configured
説明:コントローラーが設定されていません。コントローラーをあらかじめ設定しておいてドライブの位置を変更
すると、ドライブ位置に関する問題が発生する可能性があります。ADU(「アレイ診断ソフトウェア」
(76ページ))
は、各物理ドライブを調べて、別のドライブベイに移されたドライブを探します。
修正方法:どのドライブが移動したかを示すメッセージを見つけてください。何もメッセージが表示されず、ドラ
イブ交換が発生していなければ、ACUを実行してコントローラーを設定し、サーバーのセットアップユーティリティ
を実行してNVRAMを設定します。ドライブの交換が行われたことがわかっていれば、いずれのユーティリティも実
行しないでください。
エラーメッセージ
95
Controller Reported POST Error. Error Code: X
説明:POSTでコントローラーのエラーが表示されました。
修正方法:コントローラーを交換してください。
Controller Restarted with a Signature of Zero
説明:ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))が、データの取得に使用できる正当な構成シグネチャを
検出できませんでした。NVRAMが存在しないか(設定されていない)、またはNVRAM内にあるシグネチャがコン
トローラー上のシグネチャと一致していない可能性があります。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行してコントローラーとNVRAMを設定してく
ださい。
Disable Command Issued
説明:Accelerator Disableコマンドの発行によって、書き込み要求が無効になりました。これは、オペレーティング
システムのデバイスドライバーのせいで発生します。
修正方法:システムを再起動します。ACUを実行して、アレイアクセラレータボードを再初期化してください。
Drive (Bay) X Firmware Needs Upgrading
説明:この物理ドライブのファームウェアが最新の推奨バージョンより古いバージョンです。
修正方法:ドライブを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナンス」(80
ページ))。
Drive (Bay) X has Insufficient Capacity for its Configuration
説明:この論理ドライブ構成で使用するには、ドライブの容量が足りません。
修正方法:このドライブを容量の大きいドライブと交換してください。
Drive (Bay) X has Invalid M&P Stamp
説明:物理ドライブに不正なモニターおよびパフォーマンスデータがあります。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行してこのドライブを正しく初期化してください。
Drive (Bay) X Has Loose Cable
説明:電源投入時にアレイコントローラーがこのドライブと通信できませんでした。それまでは、このドライブは
故障していませんでした。
修正方法:
1.
すべてのケーブルが正しく接続され動作していることを確認します。
2.
システムの電源を切って、データ/電源ケーブルをドライブに再接続してみてください。
3.
システムの電源を入れます。
4.
問題が解決されない場合は、システムの電源を切って、ケーブルを交換します。
5.
問題が解決されない場合は、システムの電源を切って、ドライブを交換します。
エラーメッセージ
96
Drive (Bay) X is a Replacement Drive
説明:このドライブは交換されました。このメッセージは、ドライブがフォールトトレラントな論理ボリューム内
で交換される場合に表示されます。
修正方法:交換が意図的であれば、ドライブを再構築してください。
Drive (Bay) X is a Replacement Drive Marked OK
説明:次の3つのシナリオのいずれかによって、ドライブは交換され、ファームウェアによってOKがマークされま
した。フォールトトレランスでない構成でドライブが交換された。設定されたフォールトトレランスモードが維持
できる以上のドライブが交換された。または、ストレージエンクロージャーの電源が切られてからサーバーの電源
が切られ、ドライブが再構築できなかった。ドライブに正しくないデータが含まれている可能性があります。
修正方法:ドライブ上のデータを確認してください。必ず、サーバーの電源を切ってから、外付ドライブエンクロー
ジャーの電源を切ってください。
Drive (Bay) X is Failed
説明:表示された物理ドライブが故障しました。
修正方法:
1.
接続不良(「接続不良」(18ページ))がないかどうかを確認します。
2.
ケーブルコネクターにしっかり接続している場合は、ドライブを交換します。
Drive (Bay) X is Undergoing Drive Recovery
説明:このドライブは、対応するミラーまたはパリティデータから再構築中です。
修正方法:処置は不要です。
Drive (Bay) X Upload Code Not Readable
説明:ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))がこのドライブからアップロードコード情報を読み出そ
うとしているときにエラーが発生しました。
修正方法:複数のエラーが発生する場合は、ドライブを交換しなければならない可能性があります。
Drive (Bay) X Was Inadvertently Replaced
説明:別のドライブが故障しているのに、この物理ドライブが誤って交換されました。
修正方法:
注意:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、再設定しないでください。データが消失し
ます。
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
誤って交換されたドライブを元の位置に戻します。
3.
実際に故障したドライブを交換します。
エラーメッセージ
97
Drive Monitoring Features Are Unobtainable
説明:重大なコマンドの問題(ドライブタイムアウトなど)のためにADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ペー
ジ))がモニターおよびパフォーマンスデータを取得できませんでした。または、これらの機能がコントローラー
でサポートされていないためにADUがデータを取得できませんでした。
修正方法:他のエラー(タイムアウトなど)がないかどうかチェックしてください。エラーが他に発生していなけ
れば、必要に応じてモニターおよびパフォーマンス機能をサポートするバージョンにファームウェアをアップグ
レードしてください。
Drive Monitoring is NOT Enabled for SCSI Port X Drive ID Y
説明:モニター機能とパフォーマンス機能がこのドライブ上で有効になっていません。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行してモニター機能とパフォーマンス機能を初期化してく
ださい。
Drive Time-Out Occurred on Physical Drive Bay X
説明:ADUが物理ドライブにコマンドを発行しましたが、ドライブ側でコマンドが認識されませんでした。
修正方法:ドライブまたはケーブルが不良になっている可能性があります。[Diagnostics]画面に他のエラーメッセー
ジがないかどうかを確認して解決策を決定してください。
Drive X Indicates Position Y
説明:ドライブベイの配置が混乱しているか、または最初の設定とは異なるドライブベイに物理ドライブが入って
います。
修正方法:
1.
ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))が示すドライブの図を調べて、正しいドライブ位置を確
認します。
2.
サーバーの電源を切ります。
3.
ドライブXを取り出してドライブ位置Yに入れます。
4.
ADUの指示に従ってドライブを並べ替えます。
Duplicate Write Memory Error
説明:パリティエラーが検出されたために、データをアレイアクセラレータボードに重複して書き込むことができ
ませんでした。データが消失することはありません。
修正方法:アレイアクセラレータボードを交換してください。
Error Occurred Reading RIS Copy from SCSI Port X Drive ID
説明:ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))がこのドライブからRISを読み出そうとしているときに
エラーが発生しました。
修正方法:RISには、ハードディスクドライブの設定情報が格納されています。複数のエラーが発生する場合は、ド
ライブを交換しなければならない可能性があります。
FYI: Drive (Bay) X is Third-Party Supplied
説明:取り付けられたドライブは他社製です。
修正方法:このドライブに問題がある場合、サポートされているドライブと交換してください。
エラーメッセージ
98
Identify Logical Drive Data did not Match with NVRAM
説明:アレイコントローラーのコントローラー識別データがNVRAMに格納されている情報と一致しません。これは、
あらかじめ設定されているシステムに、前に設定されたドライブを新しいドライブとして取り付けたために発生し
た可能性があります。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行してコントローラーとNVRAMを設定してください。
Insufficient adapter resources
説明:アダプターに、アレイアクセラレータボードに対する書き込み要求操作を実行するのに十分なリソースがあ
りません。ドライブの再構築が行われている可能性があります。
修正方法:ドライブの再構築が完了するまで、アレイアクセラレータボードを使用せずにシステムを動作させてく
ださい。
Inter-Controller Link Connection Could Not Be Established
説明:リダンダントコントローラーを接続しているリンク経由で通信できません。
修正方法:両方のコントローラーが同じバージョンのハードウェアとファームウェアを使用していることを確認し
てください。一方のコントローラーで障害が発生した場合は、そのコントローラーを交換してください。
Less Than 75% Batteries at Sufficient Voltage
説明:十分な電圧レベルにあるバッテリパックが全体の75%未満であるために、アレイアクセラレータボードが動
作不能になりました。
修正方法:電源を入れたままの状態で36時間以内にバッテリが充電されない場合、アレイアクセラレータボードを
交換してください。
Less Than 75% of Batteries at Sufficient Voltage Battery Pack X Below Reference Voltage
説明:アレイアクセラレータ上のバッテリパックが必要とされる電圧レベルより下にあります。
修正方法:電源を入れたままの状態で36時間以内にバッテリが充電されない場合、アレイアクセラレータボードを
交換してください。
Logical Drive X Failed Due to Cache Error
説明:致命的なキャッシュエラーのために、この論理ドライブが故障しました。
修正方法:アレイアクセラレータボードを交換し、ACUを使用して再設定してください。
Logical Drive X Status = Failed
説明:このエラーが発生した場合、いくつかの理由が考えられます。
•
論理ドライブをフォールトトレランスなしに設定して、1台以上のドライブが故障した場合
•
ミラーリングが有効で、ミラー化されたドライブのいずれか2台が故障する場合
•
データガーディングが有効で、2台以上のドライブが故障する場合
•
さらに、別の設定済み論理ドライブで"WRONG DRIVE REPLACED"または"LOOSE CABLE DETECTED"のエラー
が起きている場合
修正方法:ドライブの障害や"WRONG DRIVE REPLACED"または"LOOSE CABLE DETECTED"メッセージがないかど
うかをチェックしてください。ドライブ障害が発生した場合、故障した1台または複数のドライブを交換したあと、
この論理ドライブのデータをテープバックアップから復元してください。それ以外の場合は、誤ったドライブが交
換されているか、緩んでいるケーブルが検出されているときの問題解決手順に従ってください。
エラーメッセージ
99
Logical Drive X Status = Interim Recovery (Volume Functional, but not Fault Tolerant)
説明:この論理ドライブ内の物理ドライブが故障しました。論理ドライブは動作していますが、ドライブがもう一
台故障すると、データが完全に消失する場合があります。
修正方法:できるだけ早く故障したドライブを交換してください。
Logical Drive X Status = Loose Cable Detected...
...SOLUTION: Turn the system off and attempt to reattach any loose connections. If this does not work, replace the cable(s) and
connection(s).
説明:電源投入時に、システムが、前回のシステムシャットダウンまで検出されていた設定済みの物理ドライブま
たは外付ストレージユニットを検出しません。これは、システムの電源を切ってから1台または複数台のドライブを
取り外したか、ケーブルのゆるみや障害によってドライブがスピンアップしていない可能性があります。
修正方法:
ドライブまたはエンクロージャーが取り外されたり切断されたりしている場合は、以下の手順に従ってください。
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
配線を確認します。
3.
サーバーとストレージエンクロージャーの電源を同時に入れます。
システムに電源が入っていないときにドライブに障害があったり、意図的に取り外されたりしている場合は、以下
の手順に従ってください。
1.
サーバーを再起動します。
2.
POST実行中にプロンプトが表示されたら、F2キーを押して存在しないドライブを無効にします。
Logical Drive X Status = Overheated
説明:インテリジェントアレイ拡張システムのドライブの温度が安全な動作レベルを超えているため、損傷を防ぐ
ためにシャットダウンしました。
修正方法:ファンと動作環境を確認してください。
Logical Drive X Status = Overheating
説明:インテリジェントアレイ拡張システムのドライブの温度が安全な動作レベルを超えています。
修正方法:ファンと動作環境を確認してください。
Logical Drive X Status = Recovering (rebuilding data on a replaced drive)
説明:この論理ドライブ内の物理ドライブが故障しましたが、すでに交換されました。交換されたドライブはミラー
ドライブまたはパリティデータから再構築中です。
修正方法:処置は不要です。正常に動作します。ただし、再構築のプロセスが完了するまでパフォーマンスは低下
します。
エラーメッセージ
100
Logical Drive X Status = Wrong Drive Replaced
説明:この論理ドライブ内の物理ドライブが故障しました。誤ったドライブが交換されました。
修正方法:
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
誤って交換されたドライブを元の位置に戻します。
3.
実際に故障したドライブを新しいドライブと交換します。
注意:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、再設定しないでください。データが消失し
ます。
Loose Cable Detected - Logical Drives May Be Marked FAILED Until Corrected
説明:電源投入時に、システムが、前回のシステムシャットダウンまで検出されていた設定済みの物理ドライブま
たは外付ストレージユニットを検出しません。これは、システムの電源を切ってから1台または複数台のドライブを
取り外したか、ケーブルのゆるみや障害によってドライブがスピンアップしていない可能性があります。
修正方法:ドライブまたはエンクロージャーが取り外されたり切断されたりしている場合は、以下の手順に従って
ください。
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
配線を確認します。
3.
サーバーとストレージエンクロージャーの電源を同時に入れます。
システムに電源が入っていないときにドライブに障害があったり、意図的に取り外されたりしている場合は、以下
の手順に従ってください。
1.
サーバーを再起動します。
2.
POST実行中にプロンプトが表示されたら、F2キーを押して存在しないドライブを無効にします。
Mirror Data Miscompare
説明:再初期化時に書き込み要求メモリ内でデータが見つかりましたが、ミラーデータ比較テストに失敗したため、
そのデータは無効としてマークされました。データが消失する可能性があります。
修正方法:アレイアクセラレータボードを交換してください。
No Configuration for Array Accelerator Board
説明:アレイアクセラレータボードが設定されていません。
修正方法:アレイアクセラレータボードがある場合は、ACUを実行してボードを設定してください。
One or More Drives is Unable to Support Redundant Controller Operation
説明:使用中のドライブのうち少なくとも1台が、リダンダントコントローラー動作をサポートしていません。
修正方法:リダンダントコントローラー動作をサポートしていないドライブを交換してください。
エラーメッセージ
101
Other Controller Indicates Different Hardware Model
説明:リダンダントコントローラー構成のもう一方のコントローラーが、ハードウェアモデルの異なるコントロー
ラーです。
修正方法:両方のコントローラーが同じハードウェアモデルを使用していることを確認してください。同じハード
ウェアモデルを使用している場合は、コントローラーがスロットに確実に挿入されていることを確認してください。
Other Controller Indicates Different Firmware Version
説明:リダンダントコントローラー構成のもう一方のコントローラーが、バージョンの異なるファームウェアを使
用しています。
修正方法:両方のコントローラーで同じバージョンのファームウェアを使用するようにしてください。
Other Controller Indicates Different Cache Size
説明:リダンダントコントローラー構成のもう一方のコントローラーが、容量の異なるアレイアクセラレータを使
用しています。
修正方法:両方のコントローラーで同じ容量のアレイアクセラレータを使用するようにしてください。
Processor Reduced Power Mode Enabled in RBSU
説明:プロセッサーの動作速度が低下しました。
修正方法:RBSUで省電力モードを選択すると、POSTの実行時に、プロセッサーが、低下した動作速度で表示され
ます。このメッセージは、RBSUの省電力モードが有効になっていることと、取り付けられているプロセッサーの最
大動作速度を示します。
Processor Not Started (Processor Stalled)
説明:プロセッサーが起動しなかった場合、または起動プロセスを開始した後に初期化を完了できなかった場合、
プロセッサーは動作を開始せず、このメッセージが表示されます。多くの場合、プロセッサーが故障しています。
Processor Not Started (Stepping Does Not Match)
説明:ブートストラッププロセッサー以外のプロセッサーにステッピングがある場合、プロセッサーは動作を開始
せず、このメッセージが表示されます。
Processor Not Started (Unsupported Processor Stepping)
説明:プロセッサーにサポートされていないステッピングがある場合、プロセッサーは動作を開始せず、このメッ
セージが表示されます。
Processor Not Supported (Unsupported Core Speed)
説明:プロセッサーのコア速度が、取り付けられている他のプロセッサーと互換性がない場合、プロセッサーは動
作を開始せず、このメッセージが表示されます。
エラーメッセージ
102
RIS Copies Between Drives Do Not Match
説明:このコントローラー上のドライブに一致していないRISのコピーがあります。アレイのハードディスクドライ
ブに、一致する設定情報がありません。
修正方法:
1.
他のすべてのエラーを解決します。
2.
最新バージョンのADUを入手して、ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))を再実行します。
3.
未設定ドライブを追加した場合は、ACUを使用して、このドライブを設定します。
4.
ドライブまたはアレイを移動した場合は、移動方法がアレイコントローラーのマニュアルに記載されているガ
イドラインに適合していることを確認します。
5.
手順1~4を実行してもエラーが解決しない場合は、HPのサービス窓口まで連絡してください。
SCSI Port X Drive ID Y Failed - REPLACE (failure message)
説明:ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))は、ドライブの障害を検出しました。
修正方法:エラーの原因を修正するか、できない場合はドライブを交換します。
SCSI Port X, Drive ID Y Firmware Needs Upgrading
説明:ドライブのファームウェアが問題を引き起こしている可能性があるため、ファームウェアを更新する必要が
あります。
修正方法:ドライブを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナンス」(80
ページ))。
SCSI Port X, Drive ID Y Has Exceeded the Following Threshold(s)
説明:このドライブでモニターおよびパフォーマンススレッショルド違反が発生しました。
修正方法:該当するスレッショルドを確認して、問題を修正してください。
SCSI Port X, Drive ID Y is not Stamped for Monitoring
説明:ドライブにモニターおよびパフォーマンス特性が設定されていません。
修正方法:現在の構成を維持したまま設定を行うには、以下の手順に従ってください。
1.
ACUを実行します。
2.
アレイアクセラレータのサイズを変更して、構成を保存します。
3.
アレイアクセラレータのサイズを元に戻して、保存しなおします。
これにより、ACUはドライブにモニターおよびパフォーマンス特性を設定します。
SCSI Port X, Drive ID Y May Have a Loose Connection...
...SOLUTION: Turn the system off and attempt to reattach any loose connections. If this does not work, replace the cable(s) and
connection(s).
説明:ケーブルがしっかりと接続されていないため、またはドライブケージの接続に障害があるため、SMARTがド
ライブと通信できません。
修正方法:
1.
システムの電源を切ります。
エラーメッセージ
103
2.
ケーブルをしっかり接続しなおします。
3.
システムを再起動します。
4.
問題が解決しない場合は、必要に応じてケーブルおよびコネクターを交換します。
SCSI Port X, Drive ID Y RIS Copies Within This Drive Do Not Match
説明:ドライブのRISのコピーが一致しません。
修正方法:他のエラーを確認してください。ドライブの交換が必要かもしれません。
SCSI Port X, Drive ID Y...S.M.A.R.T. Predictive Failure Errors Have Been Detected in the Factory
Monitor and Performance Data...
...SOLUTION: Please replace this drive when conditions permit.
説明:このハードディスクドライブに関する障害予測アラートが生成されました。これは、ドライブの障害が緊急
の問題であることを示しています。
修正方法:このドライブを、なるべく早く交換してください。サーバーのマニュアルのドライブ交換情報を参照し
てから、この操作を行ってください。
SCSI Port X, Drive ID Y...S.M.A.R.T. Predictive Failure Errors Have Been Detected in the Power
Monitor and Performance Data...
...SOLUTION: Please replace this drive when conditions permit.
説明:このハードディスクドライブに関する障害予測アラートが生成されました。これは、ドライブの障害が緊急
の問題であることを示しています。
修正方法:このドライブを、なるべく早く交換してください。サーバーのマニュアルのドライブ交換情報を参照し
てから、この操作を行ってください。
SCSI Port X, Drive ID Y Was Replaced On a Good Volume: (failure message)
説明:ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))は、正常なボリュームのドライブが交換されたことを検
出しました。
修正方法:処置は不要です。
Set Configuration Command Issued
説明:アレイコントローラーの構成が更新されました。アレイアクセラレータボードは、再初期化されるまで無効
のままです。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行してアレイアクセラレータボードを再初期化してくだ
さい。
Soft firmware upgrade required
説明:ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))は、コントローラーがアップグレードユーティリティを
使用してソフトウェアによってアップグレードされたファームウェアを実行していると判断しました。ただし、実
行中のファームウェアは必ずしもすべてのドライブ上にあるとは限りません。これは、新しいドライブをシステム
に追加したために発生した可能性があります。
修正方法:すべてのドライブを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナン
ス」(80ページ))。
エラーメッセージ
104
Storage Enclosure on SCSI Bus X has a Cabling Error (Bus Disabled)...
...SOLUTION: The SCSI controller has an internal and external cable attached to the same bus. Please disconnect the
internal or external cable from the controller. If this controller supports multiple buses, the cable disconnected can be
reattached to an available bus.
説明:現在のケーブル接続構成はサポートされていません。
修正方法:サーバーのマニュアルに記載されているケーブル接続のガイドラインを参照し、指示に従って再構成し
てください。
Storage Enclosure on SCSI Bus X Indicated a Door Alert...
...SOLUTION: Be sure that the storage enclosure door is closed or the side panel is properly installed.
説明:外付ストレージユニットのサイドパネルが開いています。
修正方法:ストレージユニットのサイドパネルがしっかりと閉じられていることを確認してください。
Storage Enclosure on SCSI Bus X Indicated a Power Supply Failure...
...SOLUTION: Replace the power supply.
説明:外付ストレージユニットのパワーサプライが故障しています。
修正方法:パワーサプライを交換してください。
Storage Enclosure on SCSI Bus X Indicated an Overheated Condition...
...SOLUTION: Make sure all cooling fans are operating properly. Also be sure the operating environment of storage
enclosure is within temperature specifications.
説明:外付ストレージユニットが過熱状態です。
修正方法:
1.
すべてのファンが取り付けられて、正しく動作していることを確認します。
2.
ストレージユニットの動作環境が仕様の範囲内にあることを確認します。
3.
通気をよくするために、ファンやその他の部分にたまったほこりを取り除きます。
4.
サーバーのマニュアルで、許容温度範囲およびその他のヒントを調べます。
5.
問題が解決されない場合は、ファンを交換します。
Storage enclosure on SCSI Bus X is unsupported with its current firmware version...
...SOLUTION: Upgrade the firmware version on the storage enclosure.
説明:外付ストレージユニットで使用されているファームウェアのバージョンはサポートされていません。
修正方法:ストレージデバイスを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナ
ンス」(80ページ))。
Storage Enclosure on SCSI Bus X Indicated that the Fan Failed...
...SOLUTION: Replace the fan.
説明:外付ストレージユニットの冷却ファンが故障しています。
修正方法:ファンを交換してください。
エラーメッセージ
105
Storage Enclosure on SCSI Bus X Indicated that the Fan is Degraded...
...SOLUTION: this condition usually occurs on enclosures with multiple fans and one of those fans has failed. Replace any fans not
operating properly.
説明:外付ストレージユニットのファンが1台以上故障しています。
修正方法:故障したファンを交換してください。
Storage Enclosure on SCSI Bus X Indicated that the Fan Module is Unplugged...
...SOLUTION: Make sure the fan module is properly connected.
説明:外付ストレージユニットのファンが正しく接続されていません。
修正方法:すべてのファンの接続を確認して、しっかりと固定しなおしてください。
Storage Enclosure on SCSI Bus X - Wide SCSI Transfer Failed...
...SOLUTION: This may indicate a bad SCSI cable on bus X. Try replacing the cable.
説明:バスXのケーブルが故障しています。
修正方法:
1.
故障したケーブルを交換します。
2.
問題が解決されない場合は、HPのサービス窓口に連絡してください。
Swapped cables or configuration error detected. A configured array of drives...
...was moved from another controller that supported more drives than this controller supports.
SOLUTION: Upgrade the firmware on this controller. If this doesn’t solve the problem, then power down system and move the
drives back to the original controller.
説明:このコントローラーでサポートされるドライブの最大数を超えました。また、接続されているコントローラー
は、元のアレイコンフィギュレーションの一部ではありませんでした。
修正方法:
1.
コントローラーを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナンス」(80
ページ))。
2.
問題が解決されない場合は、以下の手順を実行してください。
このコントローラーを元のコントローラーと交換します。
または
このコントローラーを、アレイ内のドライブ数をサポートできる新しいコントローラーと交換します。
Swapped Cables or Configuration Error Detected. A Drive Rearrangement...
...was attempted while an expand operation was running. This is an unsupported operation.
SOLUTION: Power down system then move drives back to their original location. Power on system and wait for the expand
operation to complete before attempting a drive rearrangement.
説明:拡張作業中に、1台以上のドライブの位置が変更されました。
修正方法:
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
ドライブを元の位置に戻します。
3.
サーバーを再起動して、拡張作業を完了します。
4.
拡張作業が完了した後で、ドライブを新しい位置に移動します。
エラーメッセージ
106
Swapped Cables or Configuration Error Detected. An Unsupported Drive Arrangement Was
Attempted...
...SOLUTION: Power down system then move drives back to their original location.
説明:1台以上の物理ドライブが移動され、サポートされない構成になっています。
修正方法:すべてのドライブを元の位置に戻します。サポートされる構成については、サーバーのマニュアルを参
照してください。
Swapped cables or configuration error detected. The cables appear to be interchanged...
...SOLUTION: Power down system then move the drives or cables back to their original location.
説明:ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))は、ケーブル構成の変更を検出しました。1本以上のケー
ブルが誤ったバスに接続されている可能性があります。あるいは、1台以上のドライブが新しい位置に移動されてい
ます。
修正方法:
1.
サポートされる構成およびケーブル接続のガイドラインについては、サーバーのマニュアルを参照してくだ
さい。
2.
元の構成に戻してください。
Swapped cables or configuration error detected. The configuration information on the attached
drives...
...is not backward compatible with this controller's firmware.
SOLUTION: Upgrade the firmware on this controller. If this doesn’t solve the problem then power down system then move drives
back to the original controller.
説明:コントローラーの現在のファームウェアのバージョンは、接続されているドライブの構成情報を解釈できま
せん。
修正方法:コントローラーを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナンス」
(80ページ))。
または
問題が解決されない場合は、ドライブを元のコントローラーに戻してください。
Swapped Cables or Configuration Error Detected. The Maximum Logical Volume Count X...
...was exceeded during logical volume addition. All logical volumes beyond X have been lost and cannot be recovered.
SOLUTION: Identify the drives that contain the lost logical volumes. Move those drives to another controller where the logical
volumes can be recreated. NOTE! If a drive contains a valid logical volume and a lost logical volume, then do not move that drive
to another controller.
説明:このコントローラーでサポートされる数よりも多い論理ドライブが作成され、論理ドライブボリュームの消
失が発生しています。
修正方法:消失したボリュームを含むドライブを特定し、それらのドライブを他のコントローラーに移動すること
により、消失したボリュームを再作成できるようにしてください。
注意:有効なボリュームデータを含むドライブを取り外すと、有効なデータがすべて消失します。
エラーメッセージ
107
System Board is Unable to Identify which Slots the Controllers are in
説明:システムボードのスロットインジケーターが正しく動作していません。ファームウェアは、両方のコントロー
ラーが同じスロットに取り付けられていると認識しています。
修正方法:
1.
両方のコントローラーがスロットに確実に挿入されていることを確認します。
問題が解決しない場合は、コントローラーかシステムボードに問題がある可能性があります。
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
2.
構成から一方のコントローラーを取り外し、残りのコントローラーでPOSTメッセージが表示されるかどうか
確認します。
3.
残りのコントローラーを別のスロットに移動し、POSTメッセージが表示されるかどうか確認します。
4.
もう一方のコントローラーで、同じ手順を繰り返します。
両方のコントローラーが一方のスロットでPOSTメッセージを表示し、もう一方のスロットでPOSTメッセージを表
示しない場合、システムボードの問題です。一方のコントローラーがPOSTメッセージを表示し、もう一方のコント
ローラーがPOSTメッセージを表示しない場合、POSTメッセージを表示するコントローラーを交換してください。
事前予防保証による交換については、HPのサービス窓口にお問い合わせください。
The Redundant Controllers Installed are not the Same Model...
...SOLUTION: Power down the system and verify that the redundant controllers are different models. If they are different models,
replace the other controller with the same model as this one.
説明:ADUは、リダンダントコントローラー構成で、モデルの異なる2枚のコントローラーが取り付けられている
のを検出しました。この構成はサポートされないため、1枚または両方のコントローラーが正しく動作していない可
能性があります。
修正方法:リダンダントコントローラー構成には、同一のコントローラーモデルを使用してください。
This Controller Can See the Drives but the Other Controller Can't
説明:リダンダントコントローラー構成のもう一方のコントローラーはドライブを認識できませんが、このコント
ローラーは認識できます。
修正方法:他のすべてのエラーを解決し、ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))を再実行してくだ
さい。
This Controller Can't See the Drives but the Other Controller Can
説明:リダンダントコントローラー構成のもう一方のコントローラーはドライブを認識できますが、このコントロー
ラーは認識できません。
修正方法:他のすべてのエラーを解決し、ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))を再実行してくだ
さい。
Unable to Communicate with Drive on SCSI Port X, Drive ID Y
説明:アレイコントローラーがドライブと通信できません。
修正方法:ハードディスクドライブのオレンジ色のLEDインジケーターが点灯している場合は、ドライブを交換して
ください。
エラーメッセージ
108
Unable to Retrieve Identify Controller Data. Controller May be Disabled or Failed
...SOLUTION: Power down the system. Verify that the controller is fully seated. Then power the system on and look for helpful error
messages displayed by the controller. If this doesn’t help, contact your HP service provider.
説明:ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))は、コントローラー識別データをコントローラーに要求
しましたが、そのデータを取得できませんでした。これは通常、コントローラーが正しく固定されていないか、故
障していることを示しています。
修正方法:
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
コントローラーが正しく固定されていることを確認します。
3.
サーバーを再起動します。
4.
コントローラーにより表示されるすべてのエラーメッセージを解決します。
これにより問題が解決されない場合は、HPのサービス窓口に連絡してください。
Unknown Disable Code
説明:ADUが識別しないコードがアレイアクセラレータボードから返されました。
修正方法:最新バージョンのADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))を入手してください。
Unrecoverable Read Error
説明:ミラー化されたメモリの両方から同じデータを読み出そうとしたとき、読み出しパリティエラーが検出され
ました。データが消失します。
修正方法:アレイアクセラレータボードを交換してください。
Unsupported Processor Configuration (Processor Required in Slot #1)
説明:プロセッサーをスロット1に取り付ける必要があります。
修正方法:サポートされているプロセッサーをスロット1に取り付けていない場合、このメッセージが表示され、
システムは動作を停止します。
Warning Bit Detected
説明:モニターおよびパフォーマンススレッショルド違反が発生した可能性があります。また、論理ドライブのス
テータスがOKではない可能性があります。
修正方法:他のエラーメッセージをチェックして問題が示されていないかどうかを確認してください。
WARNING - Drive Write Cache is Enabled on X
説明:ドライブの内部書き込みキャッシュが有効になっています。ドライブが他社製であるか、ドライブの動作パ
ラメーターが変更されています。ドライブの電源が遮断された場合、データが壊れる可能性があります。
修正方法:ドライブをサポートされているドライブに交換するか、ドライブの動作パラメーターを復元してくだ
さい。
エラーメッセージ
109
WARNING - Mixed Feature Processors Were Detected
説明:機能の異なるプロセッサーが混在していることが検出されました。サーバーは、最も低機能のプロセッサー
を使用して起動します。
異なる機能を持つ、サポートされているプロセッサーを同じシステムに取り付けると、この情報メッセージが表示
されます。
WARNING - Resetting Corrupted CMOS
説明:CMOSが壊れていることをROMが検出すると、この情報メッセージが表示されます。デフォルト値が復元さ
れます。RBSUを使用して、NVRAMを消去することによって、設定を意図的に無効化している場合は、このメッセー
ジは表示されません。
WARNING - Resetting Corrupted NVRAM
説明:NVRAMが壊れていることをROMが検出すると、この情報メッセージが表示されます。デフォルト値が復元
されます。RBSUを使用して、NVRAMを消去することによって、設定を意図的に無効化している場合は、このメッ
セージは表示されません。
WARNING - Resetting Corrupted System Environment
説明:システム環境変数が壊れていると、この情報メッセージが表示されます。デフォルト値が復元されます。RBSU
を使用して、NVRAMを消去することによって、設定を意図的に無効化している場合は、このメッセージは表示され
ません。
WARNING - Restoring Default Configurations as Requested
説明:RBSUでNVRAMを消去するオプションを選択すると、その次の電源投入時に、この情報メッセージが表示さ
れます。
WARNING: Storage Enclosure on SCSI Bus X Indicated it is Operating in Single Ended Mode...
...SOLUTION: This usually occurs when a single-ended drive type is inserted into an enclosure with other drive types; and that
makes the entire enclosure operate in single ended mode. To maximize performance replace the single-ended drive with a type that
matches the other drives.
説明:1台以上のシングルエンドモードのSCSIドライブが、LVDモードで動作する外付ストレージユニットに取り付
けられています。
修正方法:アレイは動作可能ですが、取り付けるすべてのドライブをLVDドライブにすることにより、性能は最大
になります。
Write Memory Error
説明:データをキャッシュメモリに書き込むことができません。これは通常、キャッシュにデータを書き込む間に
パリティエラーが検出されたことを意味しています。これはキャッシュとコントローラーの接続不良によって起き
ます。これによってデータが消失することはありません。
修正方法:システムの電源を切ってから、キャッシュボードがコントローラーに正しく接続されていることを確認
してください。
エラーメッセージ
110
Wrong Accelerator
説明:ボードが誤ったスロットに取り付けられたか、または前に別の種類のボードで設定されたシステムに取り付
けられたことを示しています。このメッセージには、(1)ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))が
検出したアダプターの種類および(2)EISA NVRAMで最後に設定されたアダプターの種類を示すメッセージがいっ
しょに表示されます。
修正方法:[Diagnostics]画面を確認して、他のエラーメッセージがないかどうかを調べてください。サーバーのセッ
トアップユーティリティを実行してシステム構成を更新してください。
ADUバージョン8.0~8.28のエラーメッセージ
この項には、ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))エラーメッセージをアルファベット順に一覧表示
した表を掲載します。現在、ADUに代わってACUの診断機能(「診断タスク」(70ページ))が使われるようになっ
ています。サーバーに次のバージョンがインストールされている場合は、この項のメッセージを参照してください。
•
ADUバージョン8.0~8.25
•
ACU診断機能8.28以降
Array Accelerator: The batteries were hot-removed.
修正方法:バッテリを交換してください。
Array Accelerator: The cache is disabled because the batteries are low on the redundant
controller.
修正方法:電源を入れたままの状態で36時間以内に充電されない場合、バッテリを交換してください。
Array Accelerator: The cache for this controller is temporarily disabled since a snapshot is in
progress....
...The controller requires a reboot to enable the cache. 拡張、拡大、移行などのアレイアクセラレータの操作は、再起動される
まで無効です。
修正方法:コントローラーを再起動してキャッシュを有効にします。拡張、拡大、移行などのアレイアクセラレー
タの操作は、再起動されるまで無効です。
Array Accelerator: The cache is disabled because the batteries are low.
修正方法:電源を入れたままの状態で36時間以内に充電されない場合、バッテリを交換してください。
Array Accelerator: This controller has been set up to be a part of a redundant pair of controllers...
...but the array accelerator cache sizes are different on the two controllers. Make certain that both controllers are using array
accelerators with the same amount of cache memory installed.
修正方法:アレイアクセラレータに設置されているメモリのサイズを一致させてください。
エラーメッセージ
111
Array Accelerator: The cache is disabled because the restore operation from flash memory failed.
修正方法:コントローラーのキャッシュモジュールを交換してください。問題が解決しない場合は、HPのサービス
窓口にお問い合わせください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Array Accelerator: The cache is disabled because the charge on the flash-memory capacitor is too
low.
修正方法:10分以内に充電されない場合、キャパシターを交換してください。
Array Accelerator: The cache is disabled because a capacitor has failed to charge to an
acceptable level.
修正方法:キャパシターを交換してください。
Array Accelerator: The cache is disabled because the backup operation to flash memory failed.
修正方法:コントローラーのキャッシュモジュールを交換してください。問題が解決しない場合は、HPのサービス
窓口にお問い合わせください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Array Accelerator: The cache is disabled because there are no capacitors attached to the cache
module.
修正方法:キャパシターを取り付けてください。
Array Accelerator: The cache is disabled because a flash memory or capacitor hardware failure
has been detected.
修正方法:HPのサービス窓口に問い合わせます(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Array Accelerator: This controller's firmware is not backward compatible with the cache module
revision.
修正方法:コントローラーを最新のファームウェアにアップグレードします。問題が解決しない場合は、HPのサー
ビス窓口にお問い合わせください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Array status: The array has failed.
修正方法:アレイ内の故障した物理または論理ドライブを調べて、故障の原因を解決してください。
Array status: The array currently has a drive erase operation queued, running, stopped or
completed on a logical or physical drive.
修正方法:処置は不要です。
エラーメッセージ
112
Array Status: The array has a spare drive assigned which is smaller than the smallest data drive in
the array…
…Some operations in the array will not be available.
修正方法:スペアドライブを、アレイ内で最小サイズのデータドライブ以上の容量を持つ別のドライブに交換して
ください。
Controller State: The array controller contains a volume that was created with a different version of
controller firmware…
…and is not backward-compatible with the current version of firmware. You may reconfigure the controller, but the existing
configuration and data will be overwritten and potentially lost.
修正方法:コントローラーを最新のファームウェアにアップグレードします。問題が解決されない場合は、設定済
みのアレイを元のコントローラーに戻してください。
Controller State: The array controller contains more logical drives than are supported in the current
configuration…
…Any configuration command (e.g. logical drive creation, array expansion, etc.) or modification to the controller will result in the
loss of all existing data on the disabled volume(s).
修正方法:消失した論理ボリュームを含むドライブを特定します。それらのドライブを、論理ボリュームを再作成
できる別のコントローラーに移動させます。
ドライブに、使用中の有効な論理ボリュームと、消失した論理ボリュームが含まれている場合は、そのドライブを
別のコントローラーに移動させないでください。
Controller State: The array controller contains one or more logical drives with a RAID level that is
not supported in the current configuration…
…Any configuration command (e.g. logical drive creation, array expansion, etc.) or modification to the controller will result in the
loss of all existing data on the disabled volume(s).
修正方法:次のいずれかを実行してください。
•
このメッセージが、設定済みのドライブアレイを別のコントローラーから移動した後に表示される場合は、こ
のコントローラーのファームウェアをアップグレードします。また、キャッシュモジュールが取り付けられて
いるかどうか調べます。取り付けられていない場合は、キャッシュモジュールを取り付けます。これにより問
題が解決されない場合は、サーバーの電源を切り、ドライブを元のコントローラーに戻します。
•
このメッセージが、ドライブを移動していないときに表示される場合は、キャッシュモジュールが故障してい
ないかどうか調べて、必要に応じて交換してください。問題が解決しない場合は、HPのサービス窓口にお問
い合わせください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Controller State: The array controller contains redundant connections to one or more physical
drives that are not supported in the current configuration…
…Please remove the redundant connection(s) or, if your controller supports it, install the appropriate license key to enable the dual
domain feature.
修正方法:メッセージに示されている適切な修正方法を実行してください。
エラーメッセージ
113
Controller State: The array controller is connected to an expander card or an external enclosure…
…and is operating without a memory board. If there are physical drives attached to the expander card or external enclosure, and
those drives contain any logical drives, then making any configuration change will lead to potential data loss on those logical
drives.
修正方法:キャッシュメモリモジュールを取り付けてください。
Controller State: The array controller is operating without a memory board…
…and contains one or more logical drives with a RAID level that is not supported in the current configuration. Any configuration
command (e.g. logical drive creation, array expansion, etc.) or modification to the controller will result in the loss of all existing
data on the disabled volume(s).
修正方法:キャッシュメモリモジュールを取り付けてください。
Controller State: The array controller is operating without a memory board and has a bad volume
position…
…Any configuration command (e.g. logical drive creation, array expansion, etc.) or modification to the controller will result in the
loss of all existing data on the disabled volume(s).
修正方法:キャッシュメモリモジュールを取り付けてください。
Controller State: The array controller is operating without a memory board and contains more
logical drives than are supported in the current configuration…
…Any configuration command (e.g. logical drive creation, array expansion, etc.) or modification to the controller will result in the
loss of all existing data on the disabled volume(s).
修正方法:キャッシュメモリモジュールを取り付けてください。
Controller State: The array controller is operating without a memory board and has an invalid
physical drive connection…
…Any configuration command (e.g. logical drive creation, array expansion, etc.) or modification to the controller will result in the
loss of all existing data on the disabled volume(s).
修正方法:キャッシュメモリモジュールを取り付けてください。
Controller State: The array controller has a configuration that requires more physical drives than
are currently supported…
…You may reconfigure the controller, but the existing configuration and data will be overwritten and potentially lost.
修正方法:次のいずれかを実行してください。
•
このメッセージが、設定済みのドライブアレイを別のコントローラーから移動した後に表示される場合は、こ
のコントローラーのファームウェアをアップグレードします。また、キャッシュモジュールが取り付けられて
いるかどうか調べます。取り付けられていない場合は、キャッシュモジュールを取り付けます。これにより問
題が解決されない場合は、サーバーの電源を切り、ドライブを元のコントローラーに戻します。
•
このメッセージが、ドライブを移動していないときに表示される場合は、キャッシュモジュールが故障してい
ないかどうか調べて、必要に応じて交換してください。問題が解決しない場合は、HPのサービス窓口にお問
い合わせください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
エラーメッセージ
114
Controller State: The array controller has an unknown disabled configuration status message…
…Any configuration command (e.g. logical drive creation, array expansion, etc.) or modification to the controller will result in the
loss of all existing data on the disabled volume(s).
修正方法:HPのサービス窓口に問い合わせます(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Controller State: The array controller has an unsupported configuration…
…You may reconfigure the controller, but the existing configuration and data will be overwritten and potentially lost.
修正方法:次のいずれかを実行してください。
•
このメッセージが、設定済みのドライブアレイを別のコントローラーから移動した後に表示される場合は、こ
のコントローラーのファームウェアをアップグレードします。また、キャッシュモジュールが取り付けられて
いるかどうか調べます。取り付けられていない場合は、キャッシュモジュールを取り付けます。これにより問
題が解決されない場合は、サーバーの電源を切り、ドライブを元のコントローラーに戻します。
•
このメッセージが、ドライブを移動していないときに表示される場合は、キャッシュモジュールが故障してい
ないかどうか調べて、必要に応じて交換してください。問題が解決しない場合は、HPのサービス窓口にお問
い合わせください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Controller State: The controller cannot be configured. CACHE STATUS PROBLEM DETECTED:...
…The cache on this controller has a problem. To prevent data loss, configuration changes to this controller are not allowed. Please
replace the cache to be able to continue to configure this controller.
修正方法:キャッシュモジュールを交換してください。
Controller State: A logical drive is configured with a newer version of the Array Configuration
tools than is currently running.
...Please obtain a newer version of the Array Configuration tools to configure or diagnose this controller.
修正方法:最新バージョンのACUを入手してください。
Controller State: The HBA does not have an access ID...
...External SCSI array controllers that support SSP require HBAs to have an access ID.
修正方法:HBAをアップグレードしてください。問題が解決しない場合は、HPのサービス窓口にお問い合わせくだ
さい(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Drive Offline due to Erase Operation: The logical drive is offline from having an erase in progress.
修正方法:処置は不要です。論理ドライブは一時的にオフラインになります。消去操作が進行しているときは、論
理ドライブの移行操作や拡大操作は実行できません。
エラーメッセージ
115
Drive Offline due to Erase Operation: The physical drive is currently queued for erase.
修正方法:処置は不要です。消去操作が進行しているときは、この物理ドライブを含む論理ドライブを移行または
拡大することはできません。
Drive Offline due to Erase Operation: The physical drive is offline and currently being erased.
修正方法:処置は不要です。消去操作が進行しているときは、この物理ドライブを含む論理ドライブを移行または
拡大することはできません。
Drive Offline due to Erase Operation: The physical drive is offline and the erase process has been
failed...
...The drive may now be brought online through the re-enable erased drive command in ACU.
修正方法:アレイコンフィギュレーションユーティリティを使用して、物理ドライブを再度有効にしてください。
Drive Offline due to Erase Operation: The physical drive is offline and the erase process has
completed...
...The drive may now be brought online through the re-enable erased drive command in ACU.
修正方法:アレイコンフィギュレーションユーティリティを使用して、物理ドライブを再度有効にしてください。
Drive Offline due to Erase Operation: The physical drive is offline from having an erase in
progress.
修正方法:処置は不要です。消去操作が進行しているときは、この物理ドライブを含む論理ドライブを移行または
拡大することはできません。
Failed Array Controller: code:<lockup Code> : Restart the server and run a diagnostic report…
…Install the latest version of controller firmware. If the condition persists, the controller may need to be replaced or require service.
修正方法:メッセージに示されている適切な修正方法を実行してください。状況が変わらない場合は、コントロー
ラーを交換するか、HPのサービス窓口にお問い合わせください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Logical drive state: A logical drive is configured with a newer version of Storage/Config Mod
than is currently running.
修正方法:最新バージョンのACUを入手してください。
Logical drive state: Background parity initialization is currently queued...
...or in progress on this logical drive. If background parity initialization is queued, it will start when I/O is performed on the drive.
When background parity initialization completes, the performance of the logical drive will improve.
修正方法:処置は不要です。
エラーメッセージ
116
Logical drive state: The current array controller is performing capacity expansion,...
...extension, or migration on this logical drive.
修正方法:処置は不要です。プロセスが完了するまで、新たに設定を行うことはできません。
Logical drive state: The logical drive is disabled from a SCSI ID conflict.
修正方法:すべてのSCSIコンポーネントを調べて、どのコンポーネントにも固有のSCSI IDが割り当てられているこ
とを確認します。
Logical drive state: The logical drive is not configured.
修正方法:アレイコンフィギュレーションユーティリティを使用して、システムを更新します。
Logical drive state: The logical drive is not yet available.
修正方法:処置は不要です。このアレイですべての拡張/縮小または移動操作が完了するまで、この論理ドライブの
状態は変わりません。この状態の論理ドライブに送信されるI/Oリクエストは、すべて拒否されます。
Logical drive state: The logical drive is offline from being ejected.
修正方法:取り外した物理ドライブを元に戻します。
Logical drive state: The logical drive is queued for erase.
修正方法:処置は不要です。消去操作が進行しているときは、論理ドライブの移行操作や拡大操作は実行できま
せん。
Logical drive state: The logical drive is queued for expansion.
修正方法:処置は不要です。
Logical drive state: The logical drive is queued for rebuilding.
修正方法:処置は不要です。正常に動作します。ただし、再構築のプロセスの進行中はパフォーマンスが低下し
ます。
Logical drive state: This logical drive has a high physical drive count...
...as well as a high stripe size value such that a controller lock up could occur. It is recommended that the stripe size be migrated to
a lower value.
修正方法:アレイコンフィギュレーションユーティリティを使用して、ストライプサイズをより低い値に移行して
ください。
NVRAM Error: Board ID could not be read...
...(Read-Only Table failed checksum test). Unrecoverable error.
修正方法:HPのサービス窓口に問い合わせます(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
NVRAM Error: Bootstrap NVRAM image failed checksum test,...
...but a backup image was found and successfully restored. A system restart is needed.
修正方法:サーバーを再起動します。
エラーメッセージ
117
NVRAM Error: Bootstrap NVRAM image failed checksum test...
...and could not be restored. This error may or may not be recoverable. A firmware update might be able to correct the error.
修正方法:コントローラーファームウェアを更新します。更新できない場合は、HPのサービス窓口にお問い合わせ
ください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Physical Drive State: The data on the physical drive is being rebuilt.
修正方法:処置は不要です。正常に動作します。ただし、再構築のプロセスの進行中はパフォーマンスが低下し
ます。
Physical Drive State: Predictive failure. This physical drive is predicted to fail soon.
修正方法:このドライブにフォールトトレランス機能が設定されていない場合は、以下の手順に従ってください。
1.
ドライブ上のすべてのデータのバックアップを取ります。
2.
ドライブを交換します。
3.
すべてのデータを新しいドライブにリストアします。
このドライブにフォールトトレランス機能が設定されている場合は、アレイ内の他のすべてのドライブがオンライ
ンでない限り、このドライブを交換しないでください。
Physical Drive State: This drive is not supported for configuration...
...and should be disconnected from this controller.
修正方法:物理ドライブをコントローラーでサポートされているドライブと交換してください。
Physical Drive State: SATA drives are not supported for configuration and should be disconnected
from this controller.
修正方法:物理ドライブをコントローラーでサポートされているドライブと交換してください。
Physical Drive State: Single-ported drives are not supported for configuration and should be
disconnected from this controller.
修正方法:物理ドライブをコントローラーでサポートされているドライブと交換してください。
Physical Drive State: This drive contains unsupported configuration data...
...It cannot be used for configuration and should be disconnected from this controller.
修正方法:物理ドライブをコントローラーでサポートされているドライブと交換してください。
Physical Drive State: This drive is not supported for configuration by this version of controller
firmware.
修正方法:物理ドライブをコントローラーでサポートされているドライブと交換してください。
Physical Drive State: This drive is smaller in size than the drive it is replacing...
...It is not supported for configuration and should be disconnected from this controller.
修正方法:物理ドライブを、コントローラーでサポートされている、より大きな容量のドライブと交換してくだ
さい。
エラーメッセージ
118
Physical Drive State: This drive is unrecognizable...
...It is not supported for configuration and should be disconnected from this controller.
修正方法:物理ドライブをコントローラーでサポートされているドライブと交換してください。
Physical Drive State: This physical drive is part of a logical drive that is not supported by the
current configuration...
… Any configuration command (e.g. logical drive creation, array expansion, etc.) or modification to the controller will result in the
loss of all existing data on the disabled logical drive(s).
修正方法:次のいずれかを実行してください。
•
このメッセージが、設定済みのドライブアレイを別のコントローラーから移動した後に表示される場合は、こ
のコントローラーのファームウェアをアップグレードします。また、キャッシュモジュールが取り付けられて
いるかどうか調べます。取り付けられていない場合は、キャッシュモジュールを取り付けます。これにより問
題が解決されない場合は、サーバーの電源を切り、ドライブを元のコントローラーに戻します。
•
このメッセージが、ドライブを移動していないときに表示される場合は、キャッシュモジュールが故障してい
ないかどうか調べて、必要に応じて交換してください。問題が解決しない場合は、HPのサービス窓口にお問
い合わせください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Redundancy State: This controller has been setup to be part of a redundant pair of controllers....
...but redundancy is temporarily disabled. Redundancy is temporarily disabled because capacity expansion, extension, or
migration is in progress. Redundancy will be enabled when this process is complete.
修正方法:処置は不要です。
Redundancy State: This controller has been setup to be part of a redundant pair of controllers....
...but redundancy is disabled. Redundancy is disabled for an unknown reason.
修正方法:HPのサービス窓口に問い合わせます(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Redundant Path Failure: Multi-domain path failure
修正方法:ストレージデバイスのI/Oモジュールとケーブルを調べて、リダンダントパスを復元します。
Redundant Path Failure: The logical drive is degraded due to the loss of a redundant path.
修正方法:ストレージボックスのI/Oモジュールとケーブルを調べて、論理ドライブへのリダンダントパスを復元
します。
Redundant Path Failure: The physical drive is degraded due to the loss of a redundant path.
修正方法:ストレージボックスのI/Oモジュールとケーブルを調べて、物理ドライブへのリダンダントパスを復元
します。
エラーメッセージ
119
Redundant Path Failure: Warning: Redundant I/0 modules of this storage box...
...are not cabled in a recommended configuration.
修正方法:ストレージシステムにケーブルを正しく接続するには、製品のユーザーガイドを参照してください。
Smart SSD State: SSD has less than 2% of usage remaining before wearout.
修正方法:ドライブをこまめに監視し、ドライブが使用寿命に達する前に交換してください。
Smart SSD State: SSD has less than 2% of usage remaining before wearout…
…It has less than an estimated 56 days before it reaches the maximum usage limit and should be replaced as soon as possible.
修正方法:できるだけ早くSSDを交換してください。
Smart SSD State: SSD has less than 5% of usage remaining before wearout.
修正方法:ドライブをこまめに監視し、ドライブが使用寿命に達する前に交換してください。
Smart SSD State: SSD has less than 5% of usage remaining before wearout…
…It has less than an estimated 56 days before it reaches the maximum usage limit and should be replaced as soon as possible.
修正方法:できるだけ早くSSDを交換してください。
Smart SSD State: SSD has less than an estimated 56 days before it reaches the maximum usage
limit for writes (wearout)...
...and should be replaced as soon as possible.
修正方法:できるだけ早くSSDを交換してください。
Smart SSD State: SSD has reached the maximum rated usage limit for writes (wearout) and should
be replaced immediately.
修正方法:すぐにSSDを交換してください。
Smart SSD State: The SmartSSD Wear Gauge log is full…
...Wear Gauge parameters are not available.
修正方法:SSDの使用寿命を監視できません。使用寿命を監視する必要がある場合は、ドライブを交換してくだ
さい。
Storage Enclosure: The enclosure is reporting a critical temperature status condition...
...Power off the enclosure immediately.
修正方法:すぐにエンクロージャーの電源を切ってください。すべてのファンが取り付けられて、正しく動作して
いることを確認します。障害のあるドライブを交換します。通気をよくするために、ファンやその他の部分にたまっ
たほこりを取り除きます。問題が解決しない場合は、HPのサービス窓口にお問い合わせください(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))。
エラーメッセージ
120
Storage Enclosure: One or more fans have failed.
修正方法:故障したファンを交換してください。
Storage Enclosure: Warning: The enclosure is reporting a high temperature status.
修正方法:すべての ファンが取り付けられて、正しく動作していることを確認します。障害のあるドライブを交換
します。通気をよくするために、ファンやその他の部分にたまったほこりを取り除きます。問題が解決しない場合
は、HPのサービス窓口にお問い合わせください(「HPへの問い合わせ」(185ページ))。
Storage Enclosure: Warning: One or more redundant power supplies in this enclosure has failed
or is not plugged in correctly.
修正方法:パワーサプライをしっかりと固定しなおして、電源ケーブルをチェックしてください。問題が解決され
ない場合は、パワーサプライをチェックしてください。
POSTエラーメッセージおよびビープコード
POSTエラーメッセージについて
この項では、ProLiantサーバーにより生成されるすべてのメッセージを含むエラーメッセージとコードを紹介します。
情報を提供するためだけに生成され、エラーを示さないメッセージもあります。各サーバーが生成するコードは、
そのシステム構成とオプションに適用されるコードだけです。
HP ProLiant p-Classサーバーブレードでは、スピーカーが搭載されないので、音によるメッセージはサポートされま
せん。サーバーにスピーカーが搭載されていない場合は、ビープ音に関する情報は無視してください。
重要:このガイドでは、複数のサーバーについて説明します。ここで説明する情報の一部は、ご使用の
トラブルシューティングするサーバーには該当しない場合があります。サーバーでサポートされる手
順、ハードウェアオプション、ソフトウェアツール、およびオペレーティングシステムに関する情報に
ついては、サーバーのマニュアルを参照してください。
警告:問題の発生を防止するため、必ず、サーバーのマニュアルに掲載されている警告および注意事項
をよく読んでから、システムコンポーネントの取り外し、交換、再取り付け、または変更を行ってくだ
さい。
番号のないメッセージまたはビープ音のみ
Advanced Memory Protection mode: Advanced ECC
ビープ音:なし
考えられる原因:アドバンストECCサポートが有効になっています。
修正方法:処置は不要です。
Advanced Memory Protection mode: Advanced ECC with hot-add support
ビープ音:なし
考えられる原因:ホットアド対応のアドバンストECCサポートが有効になっています。
修正方法:処置は不要です。
エラーメッセージ
121
Advanced Memory Protection mode: Online spare with Advanced ECC
...Xxxx MB System memory and xxxx MB memory reserved for Online Spare.
ビープ音:なし
考えられる原因:このメッセージは、オンラインスペアメモリが有効になっていることと、この機能のために予約
されているメモリの総容量を示しています。
修正方法:処置は不要です。
Advanced Memory Protection mode: Multi-board mirrored memory with Advanced ECC
...Xxxx MB System memory and xxxx MB memory reserved for Mirroring.
ビープ音:なし
考えられる原因:このメッセージは、ミラーメモリが有効になっていることと、この機能のために予約されている
メモリの総容量を示しています。
修正方法:処置は不要です。
Advanced Memory Protection mode: RAID memory with Advanced ECC
...Xxxx MB System memory and xxxx MB memory reserved for RAID.
ビープ音:なし
考えられる原因:このメッセージは、RAIDメモリが有効になっていることと、この機能のために予約されているメ
モリの総容量を示しています。
修正方法:処置は不要です。
An Unexpected Shutdown occurred prior to this power-up
ビープ音:なし
考えられる原因:最後のシステム起動以降に、予期しないイベントによってサーバーのシャットダウンが発生しま
した。
修正方法:システムマネジメントログまたはOSイベントログを調べて、障害の詳細を確認してください。
Critical Error Occurred Prior to this Power-Up
ビープ音:なし
考えられる原因:サーバーをクラッシュさせる致命的なシステムエラーが記録されました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
Fan Solution Not Fully Redundant
ビープ音:
考えられる原因:最小要件を満たすファンが取り付けられていますが、いくつかのリダンダントファンが取り付け
られていないか、故障しています。
修正方法:ファンを取り付けるか、故障しているファンを交換して、完全な冗長構成にしてください。
エラーメッセージ
122
Fan Solution Not Sufficient
ビープ音:
考えられる原因:最小要件を満たすファンが取り付けられていないか、故障しています。
修正方法:ファンを取り付けるか、故障しているファンを交換してください。
Fatal DMA Error
ビープ音:なし
考えられる原因:DMAコントローラーに重大なエラーが発生したために、NMIが発生しました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
Fatal Express Port Error
ビープ音:なし
考えられる原因:PCI Expressポートに致命的なエラーが発生したために、NMIが発生しました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、故障したPCI Expressボードを
交換するか、正しく固定されていないPCI Expressボードを取り付けなおしてください。
Fatal Front Side Bus Error
ビープ音:なし
考えられる原因:プロセッサーのフロントサイドバスに致命的なエラーが発生しました。
修正方法:
1.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行してください。
注意:任意のプロセッサーを交換したり、取り付けなおしたりする前に、「トラブルシューティングプ
ロセスでのプロセッサー手順の実行」(16ページ)に記載されているガイドラインに従ってください。
推奨されるガイドラインに従わない場合、システムボードが損傷し、システムボードの交換が必要にな
る場合があります。
2.
故障したプロセッサーを交換するか、正しく固定されていないプロセッサーを取り付けなおしてください。
Fatal Global Protocol Error
ビープ音:なし
考えられる原因:システムに重大なエラーが発生したために、NMIが発生しました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
エラーメッセージ
123
Fatal Hub Link Error
ビープ音:なし
考えられる原因:ハブリンクインターフェイスに重大な障害が発生したために、NMIが発生しました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
FATAL ROM ERROR: The System ROM is not Properly Programmed.
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:システムROMが正しく設定されていません。
修正方法:ROMを交換してください。
Fibre Channel Mezzanine/Balcony Not Supported.
ビープ音:短く2回
考えられる原因:サーバーでファイバーチャネルアダプターがサポートされていません。
修正方法:サポートされているファイバーチャネルアダプターを取り付けてください。
High Temperature Condition detected by Processor X
ビープ音:なし
考えられる原因:周囲温度が推奨レベルを超えたか、ファンソリューションが不十分であるか、ファンが故障しま
した。
修正方法:周囲温度を調節するか、ファンを取り付けるか、故障しているファンを交換してください。
Illegal Opcode - System Halted
ビープ音:なし
考えられる原因:予期しないイベントによってサーバーで不正なオペレーターハンドラが発生しました。多くの場
合、このエラーは、ソフトウェアに関係するものであり、必ずしもハードウェアの問題を示すものではありません。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。すべてのソフトウェアが正しくインストールされていることを確認します。
iLO Generated NMI
ビープ音:なし
考えられる原因:iLOコントローラーがNMIを生成しました。
修正方法:iLOのログを調べて、イベントの詳細を確認してください。
エラーメッセージ
124
Internal CPU Check - Processor
ビープ音:なし
考えられる原因:プロセッサーで内部エラーが発生しました。
修正方法:
1.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行してください。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
2.
プロセッサーやPPMを含め、指示に従って故障したコンポーネントを交換してください。
Invalid memory types were found on the same node. Please check DIMM compatibility. - Some
DIMMs may not be used
説明:POSTの実行中に無効なメモリタイプまたはメモリタイプの混在が検出されました。
修正方法:メモリソケットにメモリを取り付けるときに、サポートされるDIMMペアを使用してください。対応す
るサーバーのユーザーガイドのメモリ要件を参照してください。
Invalid Password - System Halted!
ビープ音:なし
考えられる原因:無効なパスワードが入力されました。
修正方法:システムにアクセスするための有効なパスワードを入力してください。
Invalid Password - System Restricted!
ビープ音:なし
考えられる原因:有効であるがシステムへのアクセス権限を持たないパスワードが入力されました。
修正方法:適切な権限を持つ有効なパスワードを入力してください。
Memory found on unpopulated Node. - Processor is required to be installed for memory to be
used.
説明:システムがDIMMを検出しましたが、対応するソケットにプロセッサーが取り付けられていないのでDIMMを
使用することができません。
修正方法:
注意:任意のプロセッサーを取り付ける前に、「トラブルシューティングプロセスでのプロセッサー手
順の実行」(16ページ)に記載されているガイドラインに従ってください。推奨されるガイドラインに
従わない場合、システムボードが損傷し、システムボードの交換が必要になる場合があります。
取り付けられたDIMMを使用するには、プロセッサーを対応するソケットに取り付けてください。
エラーメッセージ
125
Mismatched power supplies not supported
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:サーバーに取り付けられているパワーサプライは、現在の構成ではサポートされていません。サー
バーは、タイプが異なるパワーサプライの設置をサポートしていません。
修正方法:サポートされている構成にサポートされているパワーサプライを取り付けてください。
サポートされているパワーサプライの構成については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手でき
るサーバーのマニュアルを参照してください。
Mixed processor speeds detected. Please make sure that all processors are the same speed. System Halted!
ビープ音:長く1回、短く1回
説明:異なる速度のプロセッサーの混在はサポートされません。
修正方法:サポートされているプロセッサーについては、サーバーのマニュアルを参照してください。取り付けら
れているすべてのプロセッサーの速度が同じであることを確認してください。
Network Server Mode Active and No Keyboard Attached
ビープ音:なし
考えられる原因:キーボードが接続されていません。エラーは発生していませんが、キーボードのステータスを示
すメッセージが表示されます。
修正方法:処置は不要です。
NMI - Button Pressed!
ビープ音:なし
考えられる原因:NMIボタンが押され、クラッシュダンプ解析のためのメモリダンプが開始されました。
修正方法:サーバーを再起動します。
NMI - Undetermined Source
ビープ音:なし
考えられる原因:NMIイベントが発生しました。
修正方法:サーバーを再起動します。
Node Interleaving disabled - Invalid memory configuration
説明:インタリーブを有効にするには、各ノードのメモリ構成を同じにする必要があります。
修正方法:各ノードのメモリ構成を同じにし、RBSUでインタリーブを有効にしてください。
エラーメッセージ
126
No Floppy Drive Present
ビープ音:なし
考えられる原因:ディスケットドライブが取り付けられていないか、またはディスケットドライブに障害が発生し
ました。
修正方法:
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
故障したディスケットドライブを交換します。
3.
ディスケットドライブが取り付けられている場合は、正しくケーブル接続されていることを確認します。
No Keyboard Present
ビープ音:なし
考えられる原因:サーバーにキーボードが接続されていないか、またはキーボードに障害が発生しました。
修正方法:
1.
サーバーの電源を切ったあと、キーボードを接続しなおします。
2.
押されたままのキーや動かなくなっているキーがないことを確認します。
3.
それでも障害が発生する場合は、キーボードを交換します。
Parity Check 2 - System DIMM Memory
ビープ音:なし
考えられる原因:DIMMメモリで、訂正不能エラーメモリイベントが発生しました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、故障したDIMMを特定します。
DIMM LEDを調べて故障したDIMMを確認し、交換してください。
PCI Bus Parity Error, PCI Slot X
ビープ音:なし
考えられる原因:PCIデバイスが、PCIバスでのパリティエラーを生成しました。
修正方法:プラグインPCIカードの場合は、カードを取り外します。内蔵PCIデバイスの場合は、Insight Diagnostics
を実行し、指示に従って故障したコンポーネントを交換してください。
Power Fault Detected in Hot-Plug PCI Slot X
ビープ音:短く2回
考えられる原因:PCI-Xホットプラグ対応拡張スロットに電源が正しく投入されませんでした。
修正方法:サーバーを再起動します。
エラーメッセージ
127
Power Supply Solution Not Fully Redundant
ビープ音:なし
考えられる原因:最小要件を満たすパワーサプライは取り付けられているが、リダンダントパワーサプライが取り
付けられていないか、故障しています。
修正方法:次のいずれかを実行してください。
•
パワーサプライを取り付けます。
•
故障しているパワーサプライを交換して、完全な冗長構成にしてください。
Processor X Unsupported Wattage.
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:現在のサーバーは、プロセッサーをサポートしていません。
修正方法:
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
サポートされているプロセッサーについては、サーバーのマニュアルを参照してください。プロセッサーがサポー
トされている場合は、プロセッサーを取り外し、システムを最新バージョンのROMに更新してから、プロセッサー
を取り付けなおしてください。
Redundant ROM Detected - This system contains a valid backup system ROM.
ビープ音:なし
考えられる原因:システムは、システムROMとリダンダントROMがともに有効であることを認識しています。こ
れはエラーではありません。
修正方法:処置は不要です。
REDUNDANT ROM ERROR: Backup ROM Invalid. - ...
...run ROMPAQ to correct error condition.
ビープ音:なし
考えられる原因:バックアップシステムROMが壊れています。プライマリROMは有効です。
修正方法:ROMPaqユーティリティを実行してシステムをフラッシュしてください。これにより、プライマリROM
とバックアップROMが有効になります。
REDUNDANT ROM ERROR: Bootblock Invalid. - ...
...contact HP Representative.
ビープ音:なし
考えられる原因:ROMのブートブロックが壊れています。
修正方法:HPのサービス窓口にお問い合わせください。
エラーメッセージ
128
REDUNDANT ROM ERROR: Primary ROM invalid. Booting Backup ROM. -...
...run ROMPAQ to correct error condition
ビープ音:なし
考えられる原因:プライマリシステムROMが壊れています。システムは、リダンダントROMから起動しています。
修正方法:ROMPaqユーティリティを使用して、システムROMを正しいバージョンにリストアしてください。
Temperature violation detected - system Shutting Down in X seconds
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:システムの温度が注意レベルに達しました。システムはX秒後にシャットダウンします。
修正方法:周囲温度を調整するか、ファンを取り付けるか、故障しているファンを交換します。
There must be a first DIMM in pair if second DIMM in pair is populated.
ignored.
Second DIMM in pair
説明:メモリペアの1番目のDIMMソケットにDIMMが取り付けられていません。2番目のDIMMは認識されていな
いかまたは使用されていません。
修正方法:DIMMソケットにDIMMを取り付けてください。
This DIMM does not support thermal monitoring...
A less efficient cooling solution with fans running at higher speeds will be utilized to allow the system to operate with this DIMM
installed.
ビープ音:なし
考えられる原因:サポートされていないDIMMが装着されています。このDIMMは温度センサーを内蔵していません。
このプラットフォームでは、サポートされるすべてのDIMMが温度センサーを内蔵しています。
修正方法:サポートされているDIMMについては、サーバーのマニュアルを参照してください。このサーバーでサ
ポートされているDIMM以外は装着しないでください。
This system only supports 667 MHz Front Side Bus Speed Processors. One or more 800 MHz
Front Side Bus Speed Processors have been initialized at 667 MHz. System Halted!
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:1つ以上の800MHzのフロントサイドバス速度のプロセッサーが667MHzで初期化されています。
修正方法:
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
プロセッサーの構成を修正します。
エラーメッセージ
129
Trusted Execution Error found: 0X
ビープ音:なし
考えられる原因: 前回のトラステッドブートの試行時に、インテルトラステッドエグゼキューションテクノロジー
によってエラーが示されました。
修正方法:Intel社の資料でエラーコードを調べてください。詳しくは、Intel社のWebサイトhttp://www.intel.comを
参照してください。
Unsupported DIMM(s) found in system. - DIMM(s) may not be used
説明:システムでサポートされていないメモリタイプが見つかりました。
修正方法:該当するサーバーのユーザーガイドのメモリ要件を参照し、サポートされているDIMMと交換してくだ
さい。
Unsupported PCI Card Detected Remove PCI Card from Slot
ビープ音:短く2回
考えられる原因:メッセージに示されているスロットに取り付けられているPCIカードは、厳密には、このシステム
でサポートされていません。
修正方法:メッセージに示されているスロットからカードを取り外してください。
Unsupported power supply detected in bay X
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:ベイXのパワーサプライは、このサーバーではサポートされていません。
修正方法:ベイXにサポートされているパワーサプライを取り付けてください。
サポートされているパワーサプライについては、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手できるサー
バーのマニュアルを参照してください。
Unsupported Processor Detected System will ONLY boot ROMPAQ Utility. System Halted.
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:現在のシステムROMは、プロセッサーまたはプロセッサーのステッピングをサポートしていま
せん。
修正方法:サポートされているプロセッサーについては、サーバーのマニュアルを参照してください。プロセッサー
をサポートしているバージョンのROMが搭載されている場合は、以下の手順に従ってください。
1.
サーバーの電源を切ります。
2.
最新バージョンのROMを含むSystems ROMPaqディスケットをディスケットドライブに挿入します。
3.
システムを起動し、最新のROMバージョンにフラッシュします。プロセスが完了するまで15分待ちます。プ
ロセスが無事に完了すると、徐々に音が高くなる一連のビープ音が鳴ります。
USB Tape-based One button Disaster Recovery (OBDR) drive detected.
<<Press F8 for configuration options>>
Select a configuration option:
1. Enable OBDR
2. Exit
エラーメッセージ
130
ビープ音:なし
考えられる原因:ワンボタンディザスタリカバリ(OBDR)をサポートするUSBテープドライブがシステムに取り付
けられています。
修正方法:
1.
1または2を押します。
o
2を押すと設定を終了します。
o
1を押すと設定を開始します。次のメッセージが表示されます。
Attempting to enable OBDR for the attached USB tape drive...
2.
設定プロセスを確認します。表示される可能性のあるエラーは以下のとおりです。
Error - USB tape drive not in Disaster Recovery mode.
3.
画面の指示に従います。
Remove power to USB drive and reboot.
表示されるメッセージは以下のとおりです。
OBDR is now enabled for the attached USB tape drive.
WARNING:
A Type 2 Header PCI Device Has Been Detected...
The BIOS will not configure this card.
It must be configured properly by the OS or driver.
ビープ音:短く2回
考えられる原因:このシステムROMでは、Type 0およびType 1 Header PCIデバイスのみが設定されています。OS
またはデバイスドライバーでカードが正しく設定されていない場合、デバイスは動作しません。通常、PCI-PCMCIA
ブリッジを含むPCIカードが取り付けられている場合にのみ表示されます。
修正方法:オペレーティングシステムのマニュアルまたはType 2 PCIデバイスに同梱されているデバイスドライ
バー情報を参照してください。
WARNING - iLO 2 not responding. System health monitoring has been disabled.
ビープ音:なし
考えられる原因:iLO 2ファームウェアが応答していません。iLO 2ファームウェアが壊れている可能性があります。
修正方法:iLO 2ファームウェアが壊れている場合は、Firmware Maintenance CDを使用して更新してください。
WARNING - iLO 3 not responding. System health monitoring has been disabled.
ビープ音:なし
考えられる原因:iLO 3ファームウェアが応答していません。iLO 3ファームウェアが壊れている可能性があります。
修正方法:iLO 3ファームウェアが壊れている場合は、Firmware Maintenance CD/DVDまたはSmart Update Firmware
DVDを使用して更新してください。
WARNING - Mixed Stepping Processors were detected. System cannot proceed.
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:1つ以上の800MHzのフロントサイドバス速度のプロセッサーが667MHzで初期化されています。
修正方法:
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
エラーメッセージ
131
プロセッサーの構成を修正します。
WARNING: ProLiant Demand Based Power Management cannot be supported with the
following processor configuration. The system will run in Full Performance mode.
ビープ音:なし
考えられる原因:システムが、HP Static Lowモード用に設定されており、現在のプロセッサーがこのモードをサ
ポートできません。
修正方法:ProLiantパワーレギュレーターオプションについて詳しくは、ドキュメンテーションCDまたはHPのWeb
サイトhttp://www.hp.com/jp/manualから『HP ROMベースセットアップユーティリティユーザーガイド』を参照
してください。
1xxのメッセージ
101-I/O ROM Error
ビープ音:なし
考えられる原因:PCI、PCI-X、またはPCI ExpressデバイスのオプションROMが壊れています。
修正方法:デバイスを取り外すことができる場合は、取り外して、メッセージが消えるかどうかを確認します。故
障しているデバイスのオプションROMを更新してください。
101-ROM Error
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:システムROMチェックサム
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
101-Option ROM Checksum Error...
...An add-in card in your system is not working correctly. If you have recently added new hardware, remove it and see if the
problem remains. If this message goes away after you remove your new hardware, there may be a problem with the add-in card.
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:システムに搭載された拡張ボードが正しく機能していません。
修正方法:最近新しいハードウェアを追加した場合は、そのハードウェアを取り外し、問題が解決するかどうかを
確認します。新しいハードウェアを取り外すとこのメッセージが消える場合は、拡張ボードに問題がある可能性が
あります。拡張ボードのマニュアルを確認して、ボードを再インストールしてみてください。
エラーメッセージ
132
102-System Board Failure
ビープ音:なし
考えられる原因:8237 DMAコントローラー、8254タイマーなどのデバイス
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
修正方法:システムボードを交換してください。サーバーのセットアップユーティリティを実行してください。
102-System Board Failure, CMOS Test Failed.
ビープ音:なし
考えられる原因:8237 DMAコントローラー、8254タイマーなどのデバイス
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
修正方法:システムボードの交換については、HPのサービス窓口にお問い合わせください。
102-System Board Failure, DMA Test Failed
ビープ音:なし
考えられる原因:8237 DMAコントローラー、8254タイマーなどのデバイス
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
修正方法:システムボードの交換については、HPのサービス窓口にお問い合わせください。
102-System Board Failure, Timer Test Failed
ビープ音:なし
考えられる原因:8237 DMAコントローラー、8254タイマーなどのデバイス
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
修正方法:システムボードの交換については、HPのサービス窓口にお問い合わせください。
エラーメッセージ
133
104-ASR Timer Failure
ビープ音:なし
考えられる原因:システムボードの障害
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコン
ポーネントを交換します。
162-System Options Not Set
ビープ音:長く2回
考えられる原因:設定が間違っています。最後の起動以降にシステム構成が変更されているか(たとえば、ハード
ディスクドライブの追加)、またはリアルタイムクロックに電源が供給されていません。オンボードバッテリが正
常に機能していない場合、リアルタイムクロックに電源が供給されません。
修正方法:F1キーを押して、新しい構成を記録してください。サーバーのセットアップユーティリティを実行して
構成を変更してください。このメッセージがクリアされなければ、オンボードバッテリを交換する必要がある場合
があります。
163-Time & Date Not Set
ビープ音:長く2回
考えられる原因:構成メモリ内の時刻または日付が正しくありません。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して時刻または日付を訂正してください。
172-1-Configuration Non-volatile Memory Invalid
ビープ音:なし
考えられる原因:不揮発性メモリの設定が壊れています。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
180-Log Reinitialized
ビープ音:なし
考えられる原因:IMLが破壊されたため、(「インテグレーテッドマネジメントログ」(76ページ))再初期化さ
れました。
修正方法:イベントメッセージです。何もする必要はありません。
エラーメッセージ
134
2xxのメッセージ
201-Memory Error
ビープ音:なし
考えられる原因:メモリの障害が検出されました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
203-Memory Address Error
ビープ音:なし
考えられる原因:メモリの障害が検出されました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
207 - Invalid Memory Configuration Detected. DIMMs installed when no corresponding processor
is detected.
説明:メモリを使用するには、プロセッサーを取り付ける必要があります。
修正方法:
注意:任意のプロセッサーを取り付ける前に、「トラブルシューティングプロセスでのプロセッサー手
順の実行」(16ページ)に記載されているガイドラインに従ってください。推奨されるガイドラインに
従わない場合、システムボードが損傷し、システムボードの交換が必要になる場合があります。
プロセッサーソケットにプロセッサーを取り付けるかまたはDIMMを取り外してください。
207-Invalid Memory Configuration - DIMMs must be installed in pairs or sequentially
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:システムが1枚のFBDIMMのみで構成されており、シングルFBDIMMモードをサポートしていませ
ん。または、複数のFBDIMMが取り付けられているが、正しい順序で取り付けられていません。
修正方法:次のいずれかを実行してください。
•
システムがシングルチャネルメモリモードをサポートしていない場合は、FBDIMMを2枚1組で正しく取り付け
てください。
•
FBDIMMを取り外して、正しい順序で取り付けなおしてください。
207-Invalid Memory Configuration - DIMMs Must be Installed Sequentially
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:DIMMが正しい順序で取り付けられていません。
修正方法:正しい順序でDIMMを取り付けなおしてください。
エラーメッセージ
135
207-Invalid Memory Configuration - DIMM Size Parameters Not Supported.
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:サポートされていない容量のメモリモジュールが取り付けられています。
修正方法:サポートされている容量のメモリモジュールを取り付けてください。
207-Invalid Memory Configuration - Incomplete Bank Detected in Bank X
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:バンクに、1つまたは複数のDIMMが取り付けられていないスロットがあります。
修正方法:メモリバンクの空いているスロットにDIMMを取り付けてください。
207-Invalid Memory Configuration - Insufficient Timings on DIMM
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:サポートされていないメモリモジュールが取り付けられています。
修正方法:サポートされている種類のメモリモジュールを取り付けてください。
207-Invalid Memory Configuration - Mismatched DIMMs within DIMM Bank
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:同じバンクに取り付けられているDIMMの容量が一致していません。
修正方法:正しく一致するDIMMを取り付けてください。
207-Invalid Memory Configuration - Mismatched DIMMs within DIMM Bank...
...Memory in Bank X Not Utilized.
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:同じバンクに取り付けられているDIMMの容量が一致していません。
修正方法:正しく一致するDIMMを取り付けてください。
207-Invalid Memory Configuration - Mismatched DIMMs within DIMM Bank...
...Memory in Board X Bank X Not Utilized.
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:同じバンクに取り付けられているDIMMの容量が一致していません。
修正方法:正しく一致するDIMMを取り付けてください。
207-Invalid Memory Configuration - Unsupported DIMM in Bank X
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:バンクXに取り付けられているDIMMのうち1つがサポートされていない種類のDIMMです。
修正方法:バンクのすべてのスロットに、サポートされているDIMMを取り付けてください。
エラーメッセージ
136
207-Invalid Memory Configuration - Single channel memory...
...mode supports a single DIMM installed in DIMM socket 1. Please remove all other DIMMs or install memory in valid pairs.
System Halted.
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:DIMMは2枚1組で取り付けられていますが、サーバーはシングルチャネルメモリモードになって
います。
修正方法:他のすべてのDIMMを取り外すかDIMMを2枚1組で正しく取り付けて、メモリモードを変更してください。
207-Invalid Memory Configuration - Unsupported DIMM in Socket X
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:このDIMMはレジスタ付きではありません。または、DIMMのタイミングが不適切です。
修正方法:レジスタ付きECC DIMMを取り付けてください。
207-Memory Configuration Warning - DIMM In Socket X does not have Primary Width of 4 and
only supports standard ECC.
Advanced ECC does not function when mixing DIMMs with Primary Widths of x4 and x8.
ビープ音:長く1回、短く1回、またはなし
考えられる原因:プライマリ幅がx8のDIMMが取り付けられています。
修正方法:アドバンストECCメモリサポートが必要な場合は、プライマリ幅がx4のDIMMを取り付けてください。
208-Memory Board Error - This error could be the result of a bad or improperly installed memory
board or a system board issue
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:メモリボードが適切なものではないか正しく取り付けられていない、またはシステムボードに問
題があります。
修正方法:メモリボードを交換してください。これにより問題が解決されない場合は、メモリボードまたはシステ
ムボードを交換してください。
209-Online Spare Memory Configuration - No Valid Banks for Online Spare
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:有効なバンクが2つありますが、オンラインスペアメモリ構成のサポートに使用することはでき
ません。
修正方法:オンラインスペア構成をサポートするようにDIMMを取り付けまたは再度取り付けてください。
209-Online Spare Memory Configuration - Spare Bank is Invalid
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:オンラインスペアバンクに取り付けられているDIMMの容量が別のバンクのDIMMよりも小容量です。
修正方法:オンラインスペア構成をサポートするようにDIMMを取り付けまたは再度取り付けてください。
209-Hot-add Memory Configuration - Boards must be installed sequentially.
ビープ音:長く1回、短く1回
エラーメッセージ
137
考えられる原因:メモリボードが正しい順序で取り付けられていません。
修正方法:正しい順序でメモリボードを取り付けまたは再度取り付けてください。
209-Invalid Lockstep memory configuration
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:メモリがロックステップモードをサポートするように正しく取り付けられていません。
修正方法:サーバーのマニュアルを参照して、サポートされるロックステップメモリ構成を確認してください。
209-Mirror Memory Configuration - Memory Sizes on boards X and Y do not match
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:ミラー構成に参加している2枚のボードの総容量が一致していません。
修正方法:ミラーモードをサポートするようにDIMMを取り付けまたは再度取り付けてください。
209-RAID Memory Configuration - Memory Sizes on boards X and Y do not match
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:RAIDに参加している2枚のボードの総容量が一致していません。
修正方法:RAIDモードをサポートするようにDIMMを取り付けまたは再度取り付けてください。
210-Memory Board Power Fault on board X
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:メモリボードの電源が正常に投入されませんでした。
修正方法:DIMMを交換してテストしなおしてください。問題が解決されない場合は、メモリボードを交換してく
ださい。
210-Memory Board Failure on board X
ビープ音:長く1回、短く1回
考えられる原因:メモリボードの電源が正常に投入されませんでした。
修正方法:DIMMを交換してテストしなおしてください。問題が解決されない場合は、メモリボードを交換してく
ださい。
212-Processor Failed, Processor X
ビープ音:短く1回
考えられる原因:スロットX内のプロセッサーが故障しました。
修正方法:
1.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行してください。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
2.
指示に従って故障したコンポーネントを交換します。
エラーメッセージ
138
214-Processor PPM Failed, Module X
ビープ音:なし
考えられる原因:表示されたPPMが故障しました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
3xxのメッセージ
301-Keyboard Error
ビープ音:なし
考えられる原因:キーボードの障害が発生しました。
修正方法:
1.
サーバーの電源を切ったあと、キーボードを接続しなおします。
2.
押されたままのキーや動かなくなっているキーがないことを確認します。
3.
それでも障害が発生する場合は、キーボードを交換します。
301-Keyboard Error or Test Fixture Installed
ビープ音:なし
考えられる原因:キーボードの障害が発生しました。
修正方法:
1.
サーバーの電源を切ったあと、キーボードを接続しなおします。
2.
押されたままのキーや動かなくなっているキーがないことを確認します。
3.
それでも障害が発生する場合は、キーボードを交換します。
303-Keyboard Controller Error
ビープ音:なし
考えられる原因:システムボード、キーボード、またはマウスコントローラーの障害が発生しました。
修正方法:
1.
キーボードおよびマウスが接続されていることを確認します。
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
2.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
エラーメッセージ
139
304-Keyboard or System Unit Error
ビープ音:なし
考えられる原因:キーボード、キーボードケーブル、マウスコントローラー、またはシステムボードの障害が発生
しました。
修正方法:
1.
キーボードおよびマウスが接続されていることを確認します。
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
2.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
4xxのメッセージ
40X-Parallel Port X Address Assignment Conflict
ビープ音:短く2回
考えられる原因:外部および内部ポートの両方がパラレルポートXに割り当てられています。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
404-Parallel Port Address Conflict Detected...
...A hardware conflict in your system is keeping some system components from working correctly. If you have recently added new
hardware remove it to see if it is the cause of the conflict. Alternatively, use Computer Setup or your operating system to insure that
no conflicts exist.
ビープ音:短く2回
考えられる原因:システム内のハードウェアの競合のために、パラレルポートが正常に機能していません。
修正方法:
1.
最近ハードウェアを追加した場合は、競合の原因かどうかを確かめるために、そのハードウェアを取り外し
ます。
2.
サーバーのセットアップユーティリティを実行して、パラレルポートのリソースの再割り当てを行い、リソー
スの競合を手動で解決します。
3.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
6xxのメッセージ
601-Diskette Controller Error
ビープ音:なし
考えられる原因:ディスケットコントローラーの回路障害が発生しました。
修正方法:
1.
ディスケットドライブケーブルが接続されているかどうかを確認します。
エラーメッセージ
140
2.
ディスケットドライブまたはケーブル、あるいはその両方を交換します。
3.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
602-Diskette Boot Record Error
ビープ音:なし
考えられる原因:ブートディスケットのブートセクターが壊れています。
修正方法:
1.
ディスケットをディスケットドライブから取り出します。
2.
ドライブのディスケットを交換します。
3.
ディスケットをフォーマットしなおします。
605-Diskette Drive Type Error.
ビープ音:短く2回
考えられる原因:ドライブタイプが一致しませんでした。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、ディスケットドライブタイプを正しく設定してく
ださい。
611-Primary Floppy Port Address Assignment Conflict
ビープ音:短く2回
考えられる原因:システム内のハードウェアの競合のために、ディスケットドライブの正常な動作が妨げられてい
ます。
修正方法:
1.
サーバーのセットアップユーティリティを実行して、ディスケットドライブのポートアドレスを設定し、手動
で競合を解決します。
2.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
612-Secondary Floppy Port Address Assignment Conflict
ビープ音:短く2回
考えられる原因:システム内のハードウェアの競合のために、ディスケットドライブの正常な動作が妨げられてい
ます。
修正方法:
1.
サーバーのセットアップユーティリティを実行して、ディスケットドライブのポートアドレスを設定し、手動
で競合を解決します。
2.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
エラーメッセージ
141
11xxのメッセージ
1151-Com Port 1 Address Assignment Conflict
ビープ音:短く2回
考えられる原因:外部および内部シリアルポートの両方がCOM Xに割り当てられています。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
16xxのメッセージ
1609 - The server may have a failed system battery. Some...
...configuration settings may have been lost and restored to defaults. Refer to server documentation for more information. If you
have just replaced the system battery, disregard this message.
ビープ音:なし
考えられる原因:リアルタイムクロックのバッテリが完全に消耗しました。システムをAC電源から切り離す(シス
テムの電源コードをACコンセントから抜き取る)たびに、システムの設定が消失します。また、このメッセージは、
バッテリに障害が発生すると再び表示されます。ただし、システムは正常に動作し、システムがAC電源に接続され
ている間は、構成設定が維持されます。
修正方法:バッテリを交換(または外付バッテリを増設)してください。
1610-Temperature Violation Detected. - Waiting 5 Minutes for System to Cool
...Press Esc key to resume booting without waiting for the system to cool.
WARNING: Pressing Esc is NOT recommended as the system may shutdown unexpectedly.
ビープ音:なし
考えられる原因:システム温度センサーのうちの1つで測定した温度が、許容レベルを超えています。これは、多
くの場合、吸気口の温度が許容レベルを超えていることが原因で発生します。
修正方法:サーバーのすべての環境要件に従ってください。
•
•
空間および通気
o
常に、十分な換気を行う。
o
ラックにはブランクパネル、エンクロージャーにはブレードブランクを必ず取り付ける。
o
サーバーには、必ず、エアバッフル、ブランク、およびヒートシンクを取り付ける。
o
サーバーは、必ず、アクセスパネルを取り付けた状態で稼動させる。
温度
サーバーは、必ず、室温がそのサーバーの推奨温度を超えない部屋で稼動させてください。
サーバーの最適な環境について詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで入手できるサーバーの
ユーザーガイドを参照してください。
1611-CPU Zone Fan Assembly Failure Detected. Either...
...the Assembly is not installed or multiple fans have failed in the CPU zone.
エラーメッセージ
142
ビープ音:なし
考えられる原因:必要なファンが取り付けられていないか、回転していません。
修正方法:
1.
ファンを調べ、取り付けられ、動作しているかどうかを確認します。
2.
アセンブリが正しく接続され、各ファンがしっかりと固定されているかどうかを確認します。
3.
問題が解決されない場合は、故障したファンを交換します。
4.
正常に動作することが確認されているファンと交換しても回転しない場合は、アセンブリを交換します。
1611-CPU Zone Fan Assembly Failure Detected. Single fan...
...failure. Assembly will provide adequate cooling.
ビープ音:なし
考えられる原因:必要なファンが回転していません。
修正方法:必要に応じて、故障したファンを交換して、冗長構成にしてください。
1611-Fan Failure Detected
ビープ音:短く2回
考えられる原因:必要なファンが取り付けられていないか、回転していません。
修正方法:
1.
ファンを調べ、動作しているかどうかを確認します。
2.
各ファンケーブルが正しく接続され、各ファンがしっかりと固定されているかどうかを確認します。
3.
問題が解決されない場合は、故障したファンを交換します。
1611-Fan x Failure Detected (Fan Zone CPU)
ビープ音:短く2回
考えられる原因:必要なファンが取り付けられていないか、回転していません。
修正方法:
1.
ファンを調べ、動作しているかどうかを確認します。
2.
各ファンケーブルが正しく接続され、該当する各ファンがしっかりと固定されているかどうかを確認します。
3.
問題が解決されない場合は、故障したファンを交換します。
1611-Fan x Failure Detected (Fan Zone I/O)
ビープ音:短く2回
考えられる原因:必要なファンが取り付けられていないか、回転していません。
修正方法:
1.
ファンを調べ、動作しているかどうかを確認します。
2.
各ファンケーブルが正しく接続され、該当する各ファンがしっかりと固定されているかどうかを確認します。
3.
問題が解決されない場合は、故障したファンを交換します。
エラーメッセージ
143
1611-Fan x Not Present (Fan Zone CPU)
ビープ音:短く2回
考えられる原因:必要なファンが取り付けられていないか、回転していません。
修正方法:
1.
ファンを調べ、動作しているかどうかを確認します。
2.
各ファンケーブルが正しく接続され、該当する各ファンがしっかりと固定されているかどうかを確認します。
3.
問題が解決されない場合は、故障したファンを交換します。
1611-Fan x Not Present (Fan Zone I/O)
ビープ音:短く2回
考えられる原因:必要なファンが取り付けられていないか、回転していません。
修正方法:
1.
ファンを調べ、動作しているかどうかを確認します。
2.
各ファンケーブルが正しく接続され、該当する各ファンがしっかりと固定されているかどうかを確認します。
3.
問題が解決されない場合は、故障したファンを交換します。
1611- Power Supply Zone Fan Assembly Failure Detected. Either...
...the Assembly is not installed or multiple fans have failed.
ビープ音:なし
考えられる原因:必要なファンが取り付けられていないか、回転していません。
修正方法:
1.
ファンを調べ、取り付けられ、動作しているかどうかを確認します。
2.
アセンブリが正しく接続され、各ファンがしっかりと固定されているかどうかを確認します。
3.
問題が解決されない場合は、故障したファンを交換します。
4.
正常に動作することが確認されているファンと交換しても回転しない場合は、アセンブリを交換します。
1611-Power Supply Zone Fan Assembly Failure Detected. Single fan...
...failure. Assembly will provide adequate cooling.
ビープ音:なし
考えられる原因:必要なファンが回転していません。
修正方法:必要に応じて、故障したファンを交換して、冗長構成にしてください。
1611-Primary Fan Failure (Fan Zone System)
ビープ音:なし
考えられる原因:必要なファンが回転していません。
修正方法:故障したファンを交換してください。
エラーメッセージ
144
1611-Redundant Fan Failure (Fan Zone System)
ビープ音:なし
考えられる原因:リダンダントファンが回転していません。
修正方法:故障したファンを交換してください。
1612-Primary Power Supply Failure
ビープ音:短く2回
考えられる原因:主電源が故障しました。
修正方法:パワーサプライを交換してください。
1615-Power Supply Configuration Error
ビープ音:なし
考えられる原因:このサーバーの構成では、追加のパワーサプライが必要です。動くバーが表示され、システムが
もう1台のパワーサプライの取り付けを待っていることを示します。
修正方法:追加のパワーサプライを取り付けてください。
1615-Power Supply Configuration Error
-A working power supply must be installed in Bay 1 for proper cooling.
-System Halted!
ビープ音:なし
考えられる原因:このサーバーの構成では、追加のパワーサプライが必要です。動くバーが表示され、システムが
もう1台のパワーサプライの取り付けを待っていることを示します。
修正方法:追加のパワーサプライを取り付けてください。
1615-Power Supply Failure, Power Supply Unplugged, or Power Supply Fan Failure in Bay X
ビープ音:なし
考えられる原因:パワーサプライが故障したか、取り付けられていますがシステムボードまたはAC電源に接続され
ていません。
修正方法:パワーサプライをしっかりと固定しなおして電源ケーブルをチェックするか、パワーサプライを交換し
てください。
1616-Power Supply Configuration Failure
-A working power supply must be installed in Bay 1 for proper cooling.
-System Halted!
ビープ音:なし
考えられる原因:パワーサプライが正しく設定されていません。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
エラーメッセージ
145
17xxのメッセージ
1700-Slot X Drive Array - Please replace Array Accelerator Battery...
...The Array Accelerator Cache will be enabled once the battery has been replaced and charged.
ビープ音:なし
考えられる原因:バッテリを交換または充電する必要があります。
修正方法:アレイアクセラレータのバッテリを交換または充電してください。
1701-Slot X Drive Array - Please install Array Accelerator Battery...
...The Array Accelerator Cache will be enabled once the battery is installed and charged.
ビープ音:なし
考えられる原因:バッテリを取り付けるか充電する必要があります。
修正方法:アレイアクセラレータのバッテリを取り付けるか充電してください。
1702-SCSI Cable Error Detected
ビープ音:なし
考えられる原因:SCSIケーブルが故障しました。
修正方法:
1.
すべてのSCSIケーブルのコネクターを調べて、ピンが曲がっていないか確認してください。
2.
コントローラーと、接続されているすべてのデバイスにSCSIケーブルを取り付けなおしてください。
3.
問題が解決されない場合は、SCSIケーブルを交換します。
1703 - Slot X Drive Array controller - Memory Self-Test Error - Access to all storage has been
disabled...
...Access to all storage has been disabled. Replace the Array Accelerator daughtercard if this error persists after restarting
system.
ビープ音:なし
考えられる原因:キャッシュモジュールが故障したか、キャッシュモジュールで障害が発生しています。
修正方法:キャッシュモジュールを交換してください。
1704-Unsupported Virtual Mode Disk Operation - System Halted
ビープ音:なし
考えられる原因:現在実行中のオペレーティングシステムが、仮想DMAサービスをサポートしていません。
修正方法:オペレーティングシステムに対応するように、デバイスドライバーをロードするかまたは更新します。
1706-The Extended BIOS Data Area in Server Memory has been Overwritten...
...Smart Array Interrupt 13h BIOS Cannot Continue - System Halted
エラーメッセージ
146
ビープ音:なし
考えられる原因:Smartアレイコントローラーが予約しているメモリをアプリケーションが上書きしました。
修正方法:特定のアプリケーションをロードするとこの問題が発生する場合は、そのアプリケーションの更新版が
ないかどうかを確認します。
1707 - Slot X Drive Array Controller - Bootstrap NVRAM checksum failed
メッセージの2行目には、次のいずれかのテキスト行が含まれます。
(unrecoverable error)
または
(no suitable backup found)
ビープ音:なし
考えられる原因:指定されているSmartアレイコントローラー上のBootstrap NVRAMが壊れているかまたは無効です。
修正方法:
1.
最新バージョンのファームウェアでコントローラーを更新します。
2.
問題が解決されない場合は、コントローラーを交換します。
1708 - Slot X Drive Array Controller - Bootstrap NVRAM restored from backup. System restart
required
ビープ音:なし
考えられる原因:指定されているSmartアレイコントローラーのBootstrap NVRAMが、次のいずれかの方法で復元さ
れました。
•
壊れていると判定され、バックアップコピーが復元されました。
•
新しいバージョンを入手できたため、自動的に更新されました。
修正方法:
1.
サーバーを再起動します。
2.
問題が解決されない場合は、コントローラーのファームウェアを最新バージョンに更新します。
1710-Slot X Drive Array - Non-Array Controller Drives Detected Warning: possible data loss may
occur...
...Physical drive(s) detected which had been previously attached to a non-array controller. Any non-array data on these drives will
be lost unless they are removed. To save data, turn off system power immediately and remove the drives.
ビープ音:なし
考えられる原因:1台以上の物理ドライブが非アレイコントローラーに接続されました。
修正方法:システムの電源を切り、ドライブを取り外してください。
エラーメッセージ
147
1711-Slot X Drive Array - RAID ADG logical drive(s) configured but Array Accelerator size <= 32
MB
...This configuration is not recommended. Consider migrating logical drive(s) to RAID 5 or upgrading the Array Accelerator
module.
ビープ音:なし
考えられる原因:この構成はおすすめできません。
修正方法:論理ドライブをRAID 5に移行するか、容量の大きいアレイアクセラレータモジュールにアップグレード
してください
1711-Slot X Drive Array - Stripe size too large for RAID 5/6 logical drive(s)
...This configuration is not recommended due to transfer buffer usage. Consider migrating to smaller stripe size via Array
Configuration Utility.
ビープ音:なし
考えられる原因:コントローラーメモリの要件により、この構成はおすすめできません。
修正方法:アレイコンフィギュレーションユーティリティを使用して、より小さいストライプサイズにRAIDを移行
してください。
1712-Slot X Drive Array - RAID 5 logical drive(s) configured with 56 Drives, but Array Accelerator
size <= 32 MB...
...This configuration is not recommended. Consider migrating logical drive(s) to RAID 0 or 1, reducing the number of drives in the
array, or upgrading the Array Accelerator module.
ビープ音:なし
考えられる原因:アレイアクセラレータモジュールをより大きなサイズにアップグレードしてください。
修正方法:論理ドライブをRAID 0または1に移行するか、アレイ内のドライブ数を減らすか、または、容量の大き
いアレイアクセラレータモジュールにアップグレードしてください。
1713-Slot X Drive Array - Redundant ROM Reprogramming Failure...
...Replace the controller if this error persists after restarting system.
ビープ音:なし
考えられる原因:フラッシュROMが故障しています。コントローラーがチェックサムの異常を検出していますが、
バックアップROMを更新できません。
修正方法:
1.
コントローラーを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナンス」(80
ページ))。
2.
問題が解決されない場合は、コントローラーを交換します。
1714-Slot X Drive Array - Redundant Checksum Error...
...Backup ROM has automatically been activated; check firmware version.
ビープ音:なし
考えられる原因:コントローラーのフラッシュ動作が電源のサイクルにより中断されたか、またはフラッシュROM
が故障しています。コントローラーがROMのチェックサムエラーを検出して、自動的にバックアップROMイメージ
に切り替えています。
修正方法:このバックアップROMイメージのバージョンが、最初に実行されていたものより古い場合は、コントロー
ラーを最新のファームウェアのバージョンに更新してください。
エラーメッセージ
148
1715-Slot X Drive Array Controller - Memory Error(s) Occurred...
Warning: Corrected Memory Error(s) were detected during controller memory self-test. 最新のファームウェアにアップグレード
してください。If the problem persists, replace the Cache Module or Controller.
ビープ音:なし
考えられる原因:メモリで障害が発生し始めています。
修正方法:
•
最新のファームウェアにアップグレードしてください。
•
問題が解決しない場合は、キャッシュモジュールまたはコントローラーを交換してください。
1716-Slot X Drive Array - Unrecoverable Media Errors Detected on Drives during previous Rebuild
or Background Surface Analysis scan...
...Errors will be fixed automatically when the sector(s) are overwritten. Backup and restore recommended.
ビープ音:なし
考えられる原因:ドライブでメディアエラーが検出されていますが、フォールトトレランスが劣化しているか、同
じアレイ内にある別のドライブの同じ位置でメディアエラーが発生したために解決できません。このブロックアド
レスが読み取られるときに、回復不能な読み取りエラーがオペレーティングシステムに返されます。
修正方法:ドライブのデータをバックアップし、リストアします。影響を受けたブロックへのシーケンシャル書き
込み操作により、メディアエラーは解決されます。
1717-Slot X Drive Array - Disk Drive(s) Reporting OVERHEATED Condition: Port X Box Y Bay(s) Z
ビープ音:なし
考えられる原因:このメッセージに示されているドライブは、現在過熱状態にあります。
修正方法:ファンを調べ、ドライブ周辺の通気を確認します。アクセスパネルが取り外されている場合は取り付け
てください。
1718-Slot X Drive Array Device discovery found more devices attached to this controller than
firmware currently supports...
...Some devices are ignored.
ビープ音:なし
考えられる原因:ファームウェアは、現在コントローラーに接続されているデバイスの台数をサポートしていま
せん。
修正方法:
•
デバイスのサポートが追加されたことがリリースノートに示されている場合は、コントローラーファームウェ
アを最新バージョンにアップグレードしてください。
•
コントローラーに接続されているデバイスのいくつかを取り外してください。
エラーメッセージ
149
1719-Slot X Drive Array - A controller failure event occurred prior to this power-up (previous
lock-up code = 0x####)
ビープ音:なし
考えられる原因:サーバーの電源投入前にコントローラー障害イベントが発生しました。
修正方法:最新バージョンのコントローラーファームウェアをインストールしてください。状態が変化しない場合
は、コントローラーを交換します。
1720-Slot X Drive Array - S.M.A.R.T. Hard Drive(s) Detect imminent failure: Port X Box Y Bay(s) Z...
...Do not replace drive unless all other drives in the array are online! Back up data before replacing drive(s) if using RAID 0.
ビープ音:なし
考えられる原因:SMARTによるハードディスクドライブの障害予測状態が検出されました。近い将来に、故障する
可能性があります。
修正方法:
•
このドライブにフォールトトレランス機能が設定されていない場合は、すべてのデータのバックアップを作成
してからドライブを交換した後、すべてのデータを復元してください。
•
このドライブにフォールトトレランス機能が設定されている場合は、アレイ内の他のすべてのドライブがオン
ラインでない限り、このドライブを交換しないでください。
1721-Slot X Drive Array - Drive Parameter Tracking Predicts Imminent Failure...
...The following devices should be replaced when conditions permit. Port X Box Y Bay(s) Z
ビープ音:なし
考えられる原因:指示されたドライブで、ドライブパラメータートラッキングが、障害予測状態を報告しています。
近い将来に、故障する可能性があります。
修正方法:
•
ドライブにフォールトトレランス機能が設定されていない場合は、すべてのデータのバックアップを作成して
からドライブを交換した後、すべてのデータを復元してください。
•
ドライブにフォールトトレランス機能が設定されている場合は、アレイ内の他のすべてのドライブがオンライ
ンでない限り、このドライブを交換しないでください。
1724-Slot X Drive Array - Physical Drive Position Change(s) Detected - ...
...Logical drive configuration has automatically been updated.
(and sometimes also this:)
* Inactive spare drive assignments have been lost due to invalid movement.
ビープ音:なし
考えられる原因:物理ドライブの位置が変更された後に論理ドライブの設定が自動的に更新されました。
修正方法:処置は不要です。
エラーメッセージ
150
1725-Slot X Drive Array-Optional SIMM (Memory Module) Problem Detected
ビープ音:なし
考えられる原因:メモリエラーまたはサポートされていない種類のSIMMが取り付けられているため、SIMMが自動
的に無効になっています。
修正方法:表示されたコントローラーのSIMMメモリモジュールを交換してください。
1726-Slot X Drive Array - Cache Memory Size or Battery Presence Has Changed
...Array Accelerator configuration has automatically been updated.
ビープ音:なし
考えられる原因:アレイアクセラレータ(またはコントローラー)をキャッシュメモリ容量が異なるものと交換し
たためにアレイアクセラレータの設定が自動的に更新されました。このメッセージは、キャッシュバッテリバック
の取り外し/取り付け後に表示されることもあります。
修正方法:デフォルトのキャッシュの読み出し/書き込みの割り当て比率を変更するには、ACUを実行してくだ
さい。
1727-Slot X Drive Array - New Logical Drive(s) Attachment Detected...
...If more than 32 logical drives, this message will be followed by: “Auto-configuration failed: Too many logical drives.”
ビープ音:なし
考えられる原因:電源切断中にコントローラーに新たに接続されたドライブアレイを、コントローラーが検出しま
した。新しい論理ドライブを追加するために、論理ドライブの設定情報が更新されました。サポートされる論理ド
ライブの最大数は32です。追加の論理ドライブは設定に追加されません。
修正方法:処置は不要です。
1727-Slot X New (or Previously Failed) Logical Drive(s) Attached...
(sometimes followed by:)
...*Auto-configurations failed: Too many logical drives
*Auto-configurations failed: RAID 5/6 Drive Array Migrated
ビープ音:なし
考えられる原因:電源切断中にコントローラーに新たに接続されたドライブアレイを、コントローラーが検出しま
した。新しい論理ドライブを追加するために、論理ドライブの設定情報が更新されました。サポートされる論理ド
ライブの最大数は32です。追加の論理ドライブは設定に追加されません。
修正方法:処置は不要です。
1728-Slot X Drive Array - Abnormal Shut-Down Detected With Write Cache Enabled
ビープ音:なし
考えられる原因:アレイコントローラーにアレイアクセラレータバッテリバックアップが存在しないのに、キャッ
シュ機能が有効になりました。コントローラーの電力が失われたために、アレイアクセラレータメモリ上に存在し
ていた可能性のあるすべてのデータが消失しました。
修正方法:バックアップからデータを復旧します。
エラーメッセージ
151
1729-Slot X Drive Array - Performance Optimization Scan In Progress
...RAID 4/5/ADG performance may be higher after completion.
ビープ音:なし
考えられる原因:1つまたは複数のRAID 4/5/ADGのパリティドライブが、初期化されました。ARM(コントロー
ラーのバックグランドで実行される自動プロセス)によってパリティデータが初期化されると、コントローラーの性
能が向上します。
修正方法:処置は不要です。
1729-Slot X Disk Performance Optimization Scan In Progress...
(sometimes followed by:)
...RAID 5/6 performance may be higher after completion
** Automatic RAID 6 parity data reinitialization in progress after migration from another controller model - multiple drive failure is
not tolerated until this background initialization process completes
ビープ音:なし
考えられる原因:1つ以上のRAID 5/6/50/60ボリュームで、パリティの初期化が完了しませんでした。
修正方法:処置は不要です。
1730-Fixed Disk 0 Does Not Support DMA Mode
ビープ音:なし
考えられる原因:修理されたドライブに関するエラーが検出されました。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1731-Fixed Disk 1 Does Not Support DMA Mode
ビープ音:なし
考えられる原因:修理されたドライブに関するエラーが検出されました。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1732-Slot X Drive Array - Array Accelerator Battery Pack Missing...
...Array Accelerator Posted-Write Cache is disabled until additional battery packs are installed.
ビープ音:なし
考えられる原因:バッテリパックがコントローラーから外れたか、故障しました。
修正方法:バッテリパックがしっかりと接続されていることを確認してください。状態が変化しない場合は、交換
用のバッテリパックを取り付けてください。
1733-Slot X Drive Array - Storage Enclosure Firmware Upgrade Problem Detected...
...Port x Box y
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く)
*Enclosure firmware upgrade needed - run Flash Components.
*Unable to read firmware version of one or more components
エラーメッセージ
152
ビープ音:なし
考えられる原因:インストールされているエンクロージャーファームウェアのバージョンが正しくないか、エンク
ロージャーファームウェアのアップグレードが必要です。
修正方法:
•
エンクロージャーファームウェアとコントローラーファームウェアをアップグレードします。
•
状態が変化しない場合は、エンクロージャーコンポーネントを交換します。
詳 し く は 、 HP の Web サ イ ト http://www.hp.com/support/BladeSystem_Enclosure_TSG_en ( 英 語 ) に あ る 『 HP
BladeSystem c-Class Enclosure Troubleshooting Guide』を参照してください。
1735-Slot X Drive Array - Unsupported Redundant Cabling Configuration Detected...
...Multiple paths to the same enclosure/drives are not supported by this Smart Array firmware version. Access to all drives has been
disabled until redundant SAS cable(s) are detached, or firmware is updated to a version that supports dual-domain.
ビープ音:なし
考えられる原因:インストールされているバージョンのSmartアレイファームウェアに対してサポートされていない
リダンダントケーブル接続構成です。
修正方法:リダンダントSASケーブルを取り外してから、Smartアレイファームウェアを適切なバージョンに更新し
てください。
1736-HP Trusted Platform Module Error
ビープ音:短く2回
考えられる原因:TPMが取り付けられていますが、システムROMがTPMと通信できません。
修正方法:HPのサービス窓口から新しいシステムボードとTPMボードを取り寄せてください。
TPMの取り付けまたは交換の際には、次のガイドラインに従ってください。
•
取り付けたTPMを取り外さないでください。一度取り付けると、TPMは永続的にシステムボードの一部となり
ます。
•
ハードウェアの取り付けや交換の際に、HPのサービス窓口でTPMまたは暗号化テクノロジーを有効にすること
はできません。セキュリティ上の理由から、これらの機能を有効にできるのはユーザーだけです。
•
サービス交換のためにシステムボードを返送する際は、システムボードからTPMを取り外さないでください。
要求があれば、HPサービスまたはHPのサービス窓口は、TPMをスペアのシステムボードとともに提供します。
•
取り付けたTPMをシステムボードから取り外そうとすると、TPMセキュリティリベットが破損または変形しま
す。取り付けられたTPMで破損または変形したリベットを発見した場合、管理者は、システムのセキュリティ
が侵害されたことを考慮し、適切な措置を講じてシステムデータの保全性を確保する必要があります。
•
BitLocker™を使用する際は、常に、リカバリキー/パスワードを保管してください。システムの保全性が侵害
された可能性をBitLocker™が検出した後にリカバリモードに入るには、リカバリキー/パスワードが必要です。
•
HPは、TPMの不適切な使用によって発生したデータアクセスのブロックについては、責任を負いかねます。操
作手順については、オペレーティングシステムに付属の暗号化テクノロジー機能のマニュアルを参照してくだ
さい。
エラーメッセージ
153
1737-Slot X Drive Array - Redundant Cabling Configuration has excess Device Paths...
...Redundant I/O paths to some devices attached to the controller are exceeding per device limit by firmware. These excess paths
are ignored.
ビープ音:なし
考えられる原因:リダンダントケーブル接続構成により、ファームウェアが許容できる数を超えるリダンダントI/O
パスが作成されています。
修正方法:ファームウェアを適切なバージョンに更新してください。リダンダントケーブル接続構成を確認してく
ださい。
1738-Slot X Drive Array - Storage Enclosure Redundant Cabling Problem Detected...
...Check storage box I/O module and cable to restore redundant paths to the following disk drive(s):
Port x Box y Bay(s) z
Select "F1" to persist with this message on reboots until failed paths are restored
Select "F2" to disable this message on reboots - no further POST message for recurring path failure with logical drive(s)
corresponding to these disk drives
ビープ音:なし
考えられる原因:ストレージエンクロージャーのリダンダントケーブル接続に問題があります。以前にリダンダン
ト接続されたドライブへのシングルパスが検出されました。
修正方法:
ストレージボックスのI/Oモジュールとケーブルをチェックし、ドライブへのリダンダントパスを復元してから、
次のいずれかを実行してください。
•
リダンダントケーブル/パスが意図的に取り外されているのではない場合は、問題が解決するまで、再起動時
にF1キーを押してこのメッセージを表示させてください。ドライブには、残りのパスを介してアクセスでき
ます。
•
リダンダントパスが意図的に取り外されている場合は、F2キーを押して、以降の再起動時にこのメッセージ
が表示されないようにしてください。
1739-Slot X Drive Array - Redundant Cabling is not as recommended...
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く。複数のメッセージが続く場合もある)
...*
*
*
*
*
Storage box has multiple paths from same controller port
I/O modules are not cabled for good fault tolerance
Redundant I/O paths exist due to direct loopback of controller ports
Redundant I/O module supported and unsupported storage boxes are cabled together.
Refer to product user guide
ビープ音:なし
考えられる原因:リダンダントケーブル接続構成が間違っています。
修正方法:デュアルドメインリダンダントパスサポートに対してサポートされた方法でデバイスをケーブル接続す
る方法については、製品のユーザーガイドを参照してください。
1740-Fixed Disk 0 failed Set Block Mode
ビープ音:なし
考えられる原因:修理されたドライブに関するエラーが検出されました。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
エラーメッセージ
154
1741-Fixed Disk 1 failed Set Block Mode
ビープ音:なし
考えられる原因:修理されたドライブに関するエラーが検出されました。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1743-Slot X Drive Array - Logical Drive Erase Operation in Progress...
...Logical drives being erased are temporarily offline.
ビープ音:なし
考えられる原因:消去しようとしているドライブがオフラインになっています。
修正方法:次のいずれかを実行してください。
•
論理ドライブを使用する前に、消去プロセスが完了するのを待ちます。
•
ACUを使用して、消去プロセスを中止します。
1743-Slot X Drive Array - Logical Drive Erase Operation(s) are Queued...
...Logical drives will temporarily go offline while being erased.
ビープ音:なし
考えられる原因:消去しようとしているドライブがオフラインになっています。
修正方法:次のいずれかを実行してください。
•
論理ドライブを使用する前に、消去プロセスが完了するのを待ちます。
•
ACUを使用して、消去プロセスを中止します。
1744-Slot X Drive Array - Drive Erase Operation In Progress (or Queued)...
...The following disk drive(s) will be blank upon completion: (followed by a list of drives)
ビープ音:なし
考えられる原因:以前ユーザーが開始したドライブ消去操作が進行中であるか、リストに示されているすべてのド
ライブに対してスケジュール設定されています。
修正方法:処置は不要です。
1745-Slot X Drive Array - Drive Erase Operation Completed...
...The following disk drive(s) have been erased and will remain offline until hot-replaced or re-enabled by the Array Configuration
Utility:
(このメッセージの後にドライブのリストが続く)
ビープ音:なし
考えられる原因:ドライブ消去操作が正常に完了し、ユーザーによって再度有効化されるまでドライブをブランク
にしておくために、ドライブがオフライン状態で維持されています。
修正方法:次のいずれかの方法で、リストに示されている各ドライブを交換するか再有効化します。
•
アレイコンフィギュレーションユーティリティを使用します(すべてのドライブタイプ)。
•
ホットプラグ取り外しおよび再取り付けを実行します(ホットプラグ対応ハードディスクドライブのみ)。
エラーメッセージ
155
1746-Slot X Drive Array - Unsupported Storage Connection Detected...
...SAS connection via expander is not supported on this controller model. Access to all storage has been disabled until the
expander and connections beyond it are detached or controller is upgraded.
ビープ音:なし
考えられる原因:コントローラーまたはファームウェアバージョンが、接続されているドライブエンクロージャー
をサポートしていません。
修正方法:コントローラーをアップグレードするか、エキスパンダーベースのストレージ接続を取り外してくだ
さい。
1747-Slot X Drive Array - Unsupported Array Configuration Detected...
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く)
...* More logical drive(s) configured than what this controller model can support when the memory module is detached
* One or more logical drive(s) are configured in positions that this controller does not support when the memory module is
detached.
* One or more logical drive(s) are configured for RAID fault tolerance level(s) that are not supported when the memory module is
detached.
* Configuration information indicates one or more hard drive(s) are located in drive bays that are inaccessible when the memory
module is detached.
* Capacity Expansion operation(s) are pending but cannot continue because the Array Accelerator module has been detached.
* ALL logical drive(s) have been disabled. To avoid data loss, upgrade controller or move the drives back to the original controller.
Run Array Configuration Utility to discard the current array and create new configuration
* Access to the following disk drives(s) has been disabled:
Select “F1” to continue disabling these drives until a new array configuration is created on them. To avoid data loss, move these
drives back to the original controller.
Select “F2” to reset configuration in these disk drives now.
ビープ音:なし
考えられる原因:
•
アレイアクセラレータメモリモジュールが取り外されたか故障しました。
•
アレイアクセラレータメモリモジュールが取り付けられていないコントローラーにドライブが移動しました。
修正方法:アレイアクセラレータメモリモジュールをこのコントローラーに取り付けるか、ドライブを元のコント
ローラーに戻してください。容量拡張操作が中断されている場合は、元のアレイアクセラレータモジュールが取り
付けられていることを確認してください。
すべての論理ドライブが無効になっている場合は、コントローラーをアップグレードするか、データが消失しない
ように、ドライブを元のコントローラーに移動させてください。次に、ACUを実行して現在のアレイを廃棄し、新
しい構成を作成してください。
特定のドライブへのアクセスが無効になっている場合は、次のいずれかを実行してください。
•
新しいアレイ構成が作成されるまで、F1キーを押して、ドライブを無効にした状態で、動作を続行します。
問題が解決されない場合は、ドライブを元のコントローラーに戻してください。
•
F2キーを押して、ドライブの設定をリセットします。
1748-Slot X Drive Array - Unsupported Array Accelerator Battery Attached...
...Please install battery pack(s) with the correct part number.
エラーメッセージ
156
ビープ音:なし
考えられる原因:現在のバッテリパックは、このアレイアクセラレータモジュールではサポートされていません。
修正方法:適切な製品番号のサポートされているバッテリパックのみを取り付けてください。
1749-Slot X Drive Array - Array Accelerator Flash Memory being erased...
...Accelerator will be reenabled when flash memory erase has completed.
ビープ音:なし
考えられる原因:アレイアクセラレータのフラッシュメモリが消去中です。
修正方法:処置は不要です。
1750-Fixed Disk 0 failed ID command
ビープ音:なし
考えられる原因:修理されたドライブに関するエラーが検出されました。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1751-Fixed Disk 1 failed ID command
ビープ音:なし
考えられる原因:修理されたドライブに関するエラーが検出されました。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1753-Slot X Drive Array - Array Controller Maximum Operating Temperature Exceeded During
Previous Power Up
ビープ音:なし
考えられる原因:コントローラーが過熱しています。
修正方法:システムが適切に冷却され、コントローラーへの通気が十分に確保されるようにしてください。
1754-Slot X Drive Array - One or more RAID levels are configured...
...but are not supported due to controller model or an inactive/missing license key. Please re-attach drives to original controller or
enter license key.
ビープ音:なし
考えられる原因:コントローラーモデルがドライブでの設定をサポートしていないか、ライセンスキーが非アクティ
ブになって(または消失して)います。
修正方法:ドライブを元のコントローラーに取り付けなおすか、ライセンスキーを入力します。
1756-Redundant controllers are not the same model
ビープ音:なし
考えられる原因:
•
Smartアレイ3100ESコントローラーが4250ESコントローラーとペアになっています。リダンダントコント
ローラー構成では、両方のコントローラーが同じモデルである必要があります。
エラーメッセージ
157
•
システムボードに障害があるか、コントローラーがPCIスロットに確実に固定されていません。
修正方法:
•
コントローラーのモデルが異なる場合は、両方のコントローラーが同じモデルになるように、一方を交換して
ください。
•
コントローラーを取り付けなおしてください。
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
•
問題が解決されない場合は、システムボードを交換します。
1757-Slot X Array Accelerator module Incompatible with this controller...
...Please replace Array Accelerator module.
ビープ音:なし
考えられる原因:現在のアレイアクセラレータはサポートされていません。
修正方法:アレイアクセラレータモジュールをこのコントローラーに適したモデルに交換してください。より大き
な容量のモジュールにアップグレードした後に発生する場合は、新しいモジュールを取り付ける前にコントロー
ラーファームウェアを更新してください。
1758-Drive Array - Accelerator Size Mismatch Between Controllers...
...Same size Array Accelerator should be attached to both controllers.
ビープ音:なし
考えられる原因:不適切なアレイアクセラレータが、リダンダントSmartアレイ4250ESコントローラーに取り付け
られています。
修正方法:64MBアレイアクセラレータモジュールを、両方のSmartアレイ4250ESコントローラーに取り付けてく
ださい。
1759-Slot X Drive Array - Redundant Controller Error:...
...Unable to read slot position (bad motherboard or controller)
ビープ音:なし
考えられる原因:リダンダントコントローラーに問題があるか、システムボードに障害があります。
修正方法:
1.
コントローラーを取り付けなおしてください。
2.
問題が解決されない場合は、以下の手順を実行してください。
a. コントローラーを交換します。
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
b. システムボードを交換します。
エラーメッセージ
158
1760-Fixed Disk 0 does not support Block Mode
ビープ音:なし
考えられる原因:修理されたドライブに関するエラーが検出されました。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1761-Fixed Disk 1 Does Not Support Block Mode
ビープ音:なし
考えられる原因:修理されたドライブに関するエラーが検出されました。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1762-Slot X Drive Array - Controller Firmware Upgrade Needed
...(Unsupported Array Accelerator Attached)
ビープ音:なし
考えられる原因:現在のコントローラーファームウェアは、接続されているタイプのアレイアクセラレータモジュー
ルをサポートしていません。
修正方法:コントローラーファームウェアをアップグレードするか、またはアレイアクセラレータモジュールを交
換してください。
1763-Slot X Drive Array - Array Accelerator daughtercard critical error; please replace...
...(Controller is disabled until this problem is resolved)
ビープ音:なし
考えられる原因:アレイアクセラレータモジュールの接続が緩んでいるか、搭載されていないか、または故障して
います。
修正方法:アレイアクセラレータモジュールを交換してください。
1763-Slot X Drive Array - Array Accelerator module is detached; please reattach.
ビープ音:なし
考えられる原因:アレイアクセラレータモジュールの接続が緩んでいるか、搭載されていないか、または故障して
います。
修正方法:
1.
アレイアクセラレータモジュールを取り付けなおします。
2.
問題が解決されない場合は、アレイアクセラレータモジュールを交換します。
1764-Slot X Drive Array - Capacity Expansion Process is Temporarily Disabled...
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く)
...Expansion will resume when Array Accelerator has been reattached.
* Expansion will resume when Array Accelerator has been replaced.
* Expansion will resume when Array Accelerator RAM allocation is successful.
* Expansion will resume when Array Accelerator battery/capacitor reaches full charge.
* Expansion will resume when Automatic Data Recovery has been Completed.
* Expansion will resume when Array Accelerator battery/capacitor is connected.
エラーメッセージ
159
ビープ音:なし
考えられる原因:容量拡張プロセスが一時的に無効になりました。
修正方法:画面に表示されている処置に従って、容量拡張プロセスを復旧してください。
1768-Slot X Drive Array - Resuming Logical Drive Expansion Process
ビープ音:なし
考えられる原因:論理拡張操作の実行中に電源が切断されました。アレイの拡張中に、コントローラーのリセット
または電源のサイクルが起きました。
修正方法:処置は不要です。
1769-Slot X Drive Array - Drive(s) Disabled due to Failure During Expansion...
(このメッセージの後に、次のいずれかの詳細情報が続く場合がある)
...* Array Accelerator Removed or Failed; Expansion Progress Data Lost.
* Expansion Progress Data Could Not Be Read From Array Accelerator.
* Expansion Aborted due to Unrecoverable Drive Errors.
* Expansion Aborted due to Array Accelerator Errors.
Select "F1" to continue with logical drives disabled
Select "F2" to accept data loss and to re-enable logical drives
ビープ音:なし
考えられる原因:アレイの拡張中にデータが失われました。このためドライブは一時的に無効になっています。次
のいずれかの問題により、容量拡張は失敗しました。
•
アレイアクセラレータまたはハードディスクドライブが故障しているかまたは取り外されています。拡張進行
中のデータは失われました。
•
拡張進行中のデータをアレイアクセラレータから読み出せませんでした。
•
回復不能なドライブエラーにより拡張が破棄されました。
•
アレイアクセラレータのエラーにより拡張が破棄されました。
修正方法:
•
F1キーを押して、論理ドライブを無効にした状態で、動作を続行します。または、F2キーを押して、データ
の消失を受け入れ、論理ドライブを再度有効にします。
•
バックアップからデータを復旧します。
•
ドライブまたはアレイアクセラレータのどちらか該当する方を交換します。
1770-Slot X Drive Array - Disk Drive Firmware Update Recommended - ...
...Please upgrade firmware on the following drive model(s) using
www.hp.com/support/proliantstorage): Model XYZ (minimum version = ####)
ROM
Flash
Components
(download
from
ビープ音:なし
考えられる原因:ドライブのファームウェアの更新が必要です。
修正方法:指定されたドライブで動作しているファームウェアは、断続的な問題を発生させることが確認されてい
ます。すべてのドライブを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナンス」
(80ページ))。
エラーメッセージ
160
1771-Primary Disk port Address conflict
ビープ音:なし
考えられる原因:内蔵および外付けハードディスクドライブコントローラーの両方に、プライマリアドレスが割り
当てられています。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1772-Secondary Disk port Address conflict
ビープ音:なし
考えられる原因:アドレス割り当てが競合しています。内蔵および外付けハードディスクドライブコントローラー
の両方に、セカンダリアドレスが割り当てられています。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1773-Primary Fixed Disk port Address conflict
ビープ音:なし
考えられる原因:修理されたドライブに関するエラーが検出されました。
修正方法:サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
1774-Slot X Drive Array - Obsolete data found in Array Accelerator...
...Data Found in Array Accelerator was Older Than Data Found on Drives. Obsolete Data has been Discarded
ビープ音:なし
考えられる原因:データが元のコントローラーのキャッシュにある間に、ドライブが別のコントローラーで使用さ
れ、元のコントローラーに再接続されました。アレイアクセラレータ上のデータはドライブ上のデータよりも古く、
自動的に廃棄されました。
修正方法:ファイルシステムを調べて、消失したデータがあるかどうかを確認してください。
1775-Slot X Drive Array - Storage Enclosure Cabling Problem Detected: SAS Port Y:
this box is attached to OUT port of previous box...
OUT port of
...Turn system and storage box power OFF and check cables. Drives in this box and connections beyond it will not be available
until the cables are attached correctly.
ビープ音:なし
修正方法:ケーブル接続構成については、ストレージエンクロージャーのマニュアルを参照してください。
1776-Slot X Drive Array - SCSI Bus Termination Error
...Internal and external drives cannot both be attached to the same SCSI port. SCSI port Y: Check cables
ビープ音:なし
考えられる原因:指定されたSCSIポートの外部および内部コネクターがドライブに接続されています。この問題が
解決されるまで、指定されたSCSIバスは無効になります。
修正方法:同一のSCSIバスに内蔵および外付ドライブが同時に接続されていると、SCSIバスは正しく終端されま
せん。
1.
サーバーの電源を切ります。
エラーメッセージ
161
2.
指定されているポートに、ケーブルが正しくしかもしっかりと接続されていることを確認します(「接続不良」
(18ページ))。
3.
ドライブを別のSCSIポートに設定しなおします。
1776-Slot X Drive Array - Shared SAS Port Connection Conflict Detected - Ports 1I, 1E: Storage
connections detected on both shared internal and external ports.
...Controller selects internal port until connection is removed from one of the ports.
ビープ音:なし
修正方法:ケーブル構成について詳しくは、コントローラーのマニュアルを参照してください。
1776-Drive Array Reports Improper SCSI Port 1 Cabling
ビープ音:なし
考えられる原因:
•
内蔵アレイイネーブラボードが故障しました。
•
I/Oボード、ドライブバックプレーンファンボード、またはドライブバックプレーンが故障しています。
修正方法:
1.
内蔵アレイイネーブラボードを交換します。
2.
内蔵Smartアレイのオプションを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメン
テナンス」(80ページ))。
注意:I/Oボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。I/Oボー
ドの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合わせ」(185
ページ))にお問い合わせください。
3.
次の各部品を交換するたびにサーバーを再起動してください。
a. ドライブバックプレーンファンボード
b. ドライブバックプレーン
c.
I/Oボード
1777-Slot X Drive Array - Storage Enclosure Problem Detected...
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く。複数のメッセージが続く場合もある):
...SCSI Port Y: Cooling Fan Malfunction Detected
SCSI Port Y: Overheated Condition Detected
SCSI Port Y: Side-Panel must be Closed to Prevent Overheating
SCSI Port Y: Redundant Power Supply Malfunction Detected
SCSI Port Y: Wide SCSI Transfer Failed
SCSI Port Y: Interrupt Signal Inoperative
SCSI Port y: Unsupported ProLiant Storage System Detected
ビープ音:なし
考えられる原因:ドライブエンクロージャーで環境スレッショルド違反が検出されました。
修正方法:
•
ファンの排気口に手を当てて、冷却ファンが動作しているかどうかを確認します。
エラーメッセージ
162
•
タワー型サーバーまたはストレージシステムの場合は、内部の冷却ファンを確認してください。ファンが動作
していない場合は、障害物の有無と内部のすべての接続を確認してください。
•
装置のサイドパネルが取り外されている場合は取り付けてください。
•
LEDを調べます。ProLiantストレージシステムの電源LEDが緑色ではなくオレンジ色で点灯している場合は、リ
ダンダントパワーサプライが故障しています。
•
SCSIケーブルの確認を指示するメッセージが表示される場合は、以下の手順に従ってください。
a. 『HP Smartアレイコントローラーユーザーガイド』のケーブル接続図を参照して、ケーブル接続を確認し
ます。
b. 配線に問題がなければ、POSTエラーメッセージが消えるまで、指定されたポートのケーブルを交換して
ください。
重要:このエラーメッセージは、SCSIコントローラーを使用するシステムに適用されます。SASコント
ローラーを使用するシステムについては、SAS用のエラーメッセージ1777(「1777-Slot X Drive Array Storage Enclosure Problem Detected...」(163ページ))を参照してください。
1777-Slot X Drive Array - Storage Enclosure Problem Detected...
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く。複数のメッセージが続く場合もある):
...* Cooling Fan Malfunction Detected
* Overheated Condition Detected
* Side-Panel must be Closed to Prevent Overheating
* Redundant Power Supply Malfunction Detected
* Unsupported ROM Type Installed on Backplane
* Enclosure Processor Not Detected or Responding - Turn system and storage enclosure power OFF and turn them back ON to
retry. If this error persists, upgrade the enclosure firmware or replace the I/O module.
* Link Errors Detected by Expander
* Incorrect Bay Information Received from Enclosure
* Installed drives not detected, only I/O module 2 present
ビープ音:なし
考えられる原因:ドライブエンクロージャーで環境スレッショルド違反が検出されました。
修正方法:
•
ファンの排気口に手を当てて、冷却ファンが動作しているかどうかを確認します。
•
タワー型サーバーまたはストレージシステムの場合は、内部の冷却ファンを確認してください。ファンが動作
していない場合は、障害物の有無と内部のすべての接続を確認してください。
•
装置のサイドパネルが取り外されている場合は取り付けてください。
LEDを調べます。ProLiantストレージシステムの電源LEDが緑色ではなくオレンジ色で点灯している場合は、リダンダ
ントパワーサプライが故障しています。
重要:このエラーメッセージは、SASコントローラーを使用するシステムに適用されます。SCSIコント
ローラーを使用するシステムについては、SCSI用のエラーメッセージ1777(「1777-Slot X Drive Array
- Storage Enclosure Problem Detected...」(162ページ))を参照してください。
エラーメッセージ
163
1778-Slot X Drive Array resuming Automatic Data Recovery (Rebuild) process
ビープ音:なし
考えられる原因:自動データ復旧中に、コントローラーのリセットまたは電源の切断および投入が行われました。
修正方法:処置は不要です。
1779-Slot X Drive Array - Replacement drive(s) detected OR previously failed drive(s) now appear
to be operational:...
...Port X Box Y Bay(s) Z
Restore data from backup if replacement drive(s) have been installed.
ビープ音:なし
考えられる原因:フォールトトレランスレベルの許容台数を超えるドライブが無効に(または交換)されました。
アレイを再構築できません。ドライブを交換していない場合、このメッセージは断続的なドライブの障害を示し
ます。
修正方法:次に示すように、システムの電源投入および切断は、必ず、正しい手順で行ってください。
•
システムに電源を投入する際は、すべての外付ストレージシステムの電源を入れてから(あるいは同時に)、
サーバーの電源を入れなければなりません。
•
システムの電源を切断する際は、サーバーの電源を切ってから外付ストレージシステムの電源を切るようにし
なければなりません。
1779-Slot X Drive Array - Logical drive(s) previously failed...
...Select "F1" to continue with logical drives disabled
Select "F2" to accept data loss and to re-enable logical drives
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く)
* Logical drive(s) disabled due to possible data loss.
* Logical drive(s) reenabled.
Restore data from backup if replacement drive(s) have been installed
ビープ音:なし
考えられる原因:以前に故障した論理ドライブがコントローラーに接続されています。
修正方法:次のいずれかを実行してください。
•
論理ドライブを無効にした状態で、動作を続行するには、F1キーを押します。
•
データの消失を受け入れ、論理ドライブを再度有効にするには、F2キーを押します。
1780-Disk 0 Failure
ビープ音:なし
考えられる原因:ハードディスクドライブまたはフォーマットに関するエラーが検出されました。ドライブが正し
く取り付けられていないか、故障しています。
修正方法:
1.
すべてのジャンパーが正しく設定されていることを確認します。
2.
ドライブとシステムボードの両方で、電源ケーブルとドライブケーブルが確実に接続されていることを確認し
ます。
3.
ケーブルが、サーバーモデルに適したケーブルであることを確認します。
4.
Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポーネン
トを交換します。
エラーメッセージ
164
1781-Disk 1 Failure
ビープ音:なし
考えられる原因:ハードディスクドライブまたはフォーマットに関するエラーが検出されました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
1782-Disk Controller Failure
ビープ音:なし
考えられる原因:ハードディスクドライブの回路に関するエラーが検出されました。
修正方法:Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に従って故障したコンポー
ネントを交換します。
1783-Slot X Drive Array Controller Failure...
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く)
...* [Board ID not programmed (replace ROMs or replace controller)]
* [I2C read error]
* [Image checksum error]
* [Inconsistent volume count]
* [Inconsistent volume count (B)]
* [Unexpected hardware revision - hardware rework needed]
* [Unsupported Flash ROM type installed]
* [iLO communication mechanism self-test error]
* [PROGRAM BUG! Insufficient padding bytes (cmd=##h)]
* [Incorrect EEPROM type]
* [Init failure (cmd=##h, err=##h)]
* [Command failure (cmd=##h, err=##h)]
* [Self-test failure (ErrCode=####h)]
* [I2C NVRAM reconfiguration failure]
* [PCI bridge missing]
* [PCI bridge disabled; check System ROM version]
* [PDPI not found]
* [PDPI disabled; check System ROM version]
* [Board ID not programmed]
ビープ音:なし
考えられる原因:コントローラーが故障しています。
修正方法:
1.
アレイアクセラレータモジュールを取り付けなおします。
2.
コントローラーをPCIスロットに取り付けなおします。
3.
コントローラーを最新のファームウェアのバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナンス」(80
ページ))。
4.
問題が解決されない場合は、コントローラーを交換します。
1784-Slot X Drive Array - Drive Failure...
...The following disk drive(s) should be replaced:
Port X Box Y Bay(s) Z
エラーメッセージ
165
ビープ音:なし
考えられる原因:ドライブまたはケーブルの障害が検出されました。
修正方法:
1.
すべてのケーブルが正しくしかもしっかりと接続されていることを確認します。
2.
すべてのドライブが確実に固定されていることを確認します。
3.
障害のあるケーブル、ドライブX、またはその両方を交換します。
1784-Slot X Drive Array - Logical Drive Failure
ビープ音:なし
考えられる原因:ドライブまたはケーブルの障害が検出されました。
修正方法:
1.
すべてのケーブルが正しくしかもしっかりと接続されていることを確認します。
2.
すべてのドライブが確実に固定されていることを確認します。
3.
障害のあるケーブル、ドライブX、またはその両方を交換します。
1785-Slot X Drive Array not Configured...
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く)
...* Run Array Configuration Utility
* No Drives Detected
* SAS Cable(s) Attached to Wrong SAS Port Connector(s) - Turn system power OFF and swap SAS port connectors to prevent
data loss.
* Drive positions cannot be changed during Capacity Expansion.
* Drive positions appear to have changed. Run Array Diagnostics Utility (ADU) if previous positions are unknown. Then turn
system power OFF and move drives to their original positions.
* Configuration information indicates drive positions beyond the capability of this controller. This may be due to drive
movement from a controller that supports more drives than the current controller. To avoid data loss turn system power OFF and
reattach drives to the original controller.
* Configuration information indicates drives were configured on a controller with a newer firmware version. To avoid data loss,
reattach drives to original controller or upgrade controller firmware.
ビープ音:なし
考えられる原因:ドライブアレイコンフィギュレーションが検出されません。
修正方法:
•
ACUを実行します。
•
データが消失しないように、システムの電源を切り、SASケーブルを別のSASポートコネクターに接続します。
•
前の位置がわからなければ、ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))を実行します。次に、シス
テムの電源を切ってドライブを元の位置に移します。
•
データが消失しないように、コントローラーのファームウェアを元のコントローラーのファームウェアと同じ
またはそれ以上のバージョンに更新します(「ファームウェアのメンテナンス」(80ページ))。
1786-Slot X Drive Array Recovery Needed...
...The following drive(s) need Automatic Data Recovery (Rebuild): Port x Box y Bay(s) z
Select F1 to continue with recovery of data to drive. Select F2 to continue without recovery of data to drive.
エラーメッセージ
166
ビープ音:なし
考えられる原因:障害が発生したドライブ、または交換用ドライブが、まだ再構築されていません。
修正方法:
•
•
以下のいずれかの処置を実行してください。
o
F1キーを押して、そのまま、ドライブへのデータ復旧を行います。故障したドライブを交換した場合、デー
タはドライブXに自動的に復旧されます。また、元のドライブがエラーなしで再び動作する場合は、元の
ドライブにデータが復旧されます。
o
F2キーを押すと、ドライブにデータを復旧することなく、動作が継続されます。故障したドライブは再構
築されませんが、システムは暫定データ復旧モードという障害状態で動作を継続します。
故障したドライブを交換して、F1キーを押し、アレイを再構築します。ドライブの再構築がうまくいかない
場合や、ドライブの再構築完了前にシステムが再起動したため再構築が破棄された場合は、別の1786 POST
エラーメッセージが表示されます。
1787-Slot X Drive Array Operating in Interim Recovery (Degraded) Mode...
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く。複数のメッセージが続く場合もある)
...* The following disk drive(s) are failed and should be replaced
* The following disk drive(s) are insufficient size and should be replaced
* The following disk drive(s) are mismatched type and should be replaced
* The following disk drive(s) are unsupported type and should be replaced
* The following disk drive(s) are offline due to the erase process
(さらに、スペアドライブがアクティブ化されている場合は、次のいずれかが続く)
* On-Line Spare Drive is being Activated
* On-Line Spare Drive Active
* On-Line Spare Drive Failed
ビープ音:なし
考えられる原因:ハードディスクドライブXが故障したか、ケーブルが緩んでいるか、あるいはケーブルに障害があ
ります。システムが再起動したあとにこのメッセージが表示された場合は、ドライブXに欠陥があり、フォールトト
レランス機能を使用中であることを示します。
修正方法:
1.
すべてのケーブルが正しくしかもしっかりと接続されていることを確認します。
2.
テストを行い、不良ケーブルを交換します。
3.
ドライブXを交換します。(フォールトトレランスレベルに応じて、他のドライブに障害が発生すると、すべ
てのデータが消失します)。
1788-Slot X Drive Array Reports Incorrect Drive Replacement...
...The following drive(s) should have been replaced: Port x Box y Bay(s) z
The following drive(s) were incorrectly replaced: Port x Box y Bay(s) z
Select "F1" to continue - drive array will remain disabled.
Select "F2" to reset configuration - all data will be lost.
ビープ音:なし
考えられる原因:
•
交換用ドライブが間違ったドライブベイに取り付けられた可能性があります。
•
ドライブへの電源ケーブル接続が正しく行われていないか、データケーブルでノイズが発生したか、または
SCSIケーブルが損傷しています。
エラーメッセージ
167
修正方法:
•
•
交換用ドライブが間違ったベイに取り付けられている場合は、指示に従って正しく取り付けなおしてから、次
のいずれかを実行してください。
o
ドライブアレイを無効にしたままサーバーを再起動するには、F1キーを押します。
o
設定したとおりにドライブを使用するにはF2キーを押します。そのドライブ上のすべてのデータが消失し
ます。
ドライブへの電源ケーブル接続が正しく行われていない場合は、以下の手順に従ってください。
a. 接続を修正して、F2キーを押します。
b. 問題が解決されない場合は、ADU(「アレイ診断ソフトウェア」(76ページ))を実行して解決します。
•
ケーブルが正しく配線されているかどうかを確認します。
1789-Slot X Drive Array Disk Drive(s) Not Responding...
...Check cables or replace the following drive(s): Port x Box y Bay(s) z
Select "F1" to continue - drive array will remain disabled
Select "F2" to fail drive(s) that are not responding - Interim Recovery Mode will be enabled if configured for fault tolerance.
ビープ音:なし
考えられる原因:システムを最後に使用したときに機能していたドライブが欠けているかまたは起動していません。
ドライブの問題またはケーブルの接続不良の可能性があります。
修正方法:
1.
システムの電源を切ります。
2.
すべてのケーブルが正しく接続されていることを確認します。
3.
すべてのドライブが確実に固定されていることを確認します。
4.
システムの電源を切った状態で、外付エンクロージャーの電源を切って再起動します。
5.
サーバーの電源を再度入れ、問題が残っているかどうかを確認します。
6.
フォールトトレランス動作用に設定され、指示されたすべてのドライブの障害に耐えるRAIDレベルが設定さ
れている場合は、以下の手順に従ってください。
a. F2キーを押して、応答しないドライブを無効にします。
b. 故障したドライブを交換します。
7.
F1キーを押してコントローラー上のすべての論理ドライブを無効にした状態でシステムを起動します。
システムの電源投入および切断は、必ず、正しい手順で行ってください。
•
システムに電源を投入する際は、すべての外付ストレージシステムの電源を入れてからサーバーの電源を入れ
なければなりません。
•
システムの電源を切断する際は、サーバーの電源を切ってから、外付ストレージシステムの電源を切るように
しなければなりません。
1790-Disk 0 Configuration Error
ビープ音:なし
考えられる原因:ハードディスクドライブに関するエラーまたは不適切なタイプのドライブが検出されました。
修正方法:
1.
サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
2.
問題が解決されない場合は、Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に
従って故障したアセンブリを交換します。
エラーメッセージ
168
1791-Disk 1 Error
ビープ音:なし
考えられる原因:ハードディスクドライブに関するエラーまたは不適切なタイプのドライブが検出されました。
修正方法:
1.
サーバーのセットアップユーティリティを実行して、設定を修正してください。
2.
問題が解決されない場合は、Insight Diagnostics(「HP Insight Diagnostics」(75ページ))を実行し、指示に
従って故障したアセンブリを交換します。
1792-Slot X Drive Array - Valid Data Found in Array Accelerator...
...Data will automatically be written to drive array.
ビープ音:なし
考えられる原因:データがアレイアクセラレータメモリに入ったままの状態で電源が切断されました。そのあと、
数日以内に電源が復旧して、アレイアクセラレータ内のデータはドライブアレイにフラッシュされました。
修正方法:処置は不要です。データは消失しません。通常のシステムシャットダウンを実行して、アレイアクセラ
レータ内にデータが残らないようにします。
1793-Slot X Drive Array - Data in Array Accelerator has been Lost...
(このメッセージの後に、次のいずれかが続く)
...* Array Accelerator Battery Depleted
* Array Accelerator Battery Disconnected
* Array Accelerator Data Backup Failed
* Array Accelerator Backup Data Restore Failed
ビープ音:なし
考えられる原因:データがアレイアクセラレータのメモリに入ったままの状態で電源が切断されたか、またはアレ
イアクセラレータのバッテリが故障しました。アレイアクセラレータ内のデータは消失しました。
修正方法:
1.
ドライブに格納されているデータの整合性を確認します。電源の復旧が遅れたため、データを保存できません
でした。
2.
通常のシステムシャットダウンを実行して、アレイアクセラレータ内にデータが残らないようにします。
1794-Drive Array - Array Accelerator Battery Charge Low...
...Array Accelerator is temporarily disabled.
Array Accelerator will be re-enabled when battery reaches full charge.
ビープ音:なし
考えられる原因:バッテリの残量が75%以下になっています。書き込み要求は無効になります。
修正方法:電源を入れたままの状態で36時間以内にバッテリが充電されない場合、アレイアクセラレータボードを
交換してください。
1795-Slot X Drive Array - Array Accelerator Configuration Error...
...Data does not correspond to this drive array. Array Accelerator is temporarily disabled.
エラーメッセージ
169
ビープ音:なし
考えられる原因:データがアレイアクセラレータのメモリに入ったままの状態で電源が切断されたか、またはアレ
イアクセラレータに保存されているデータがこのドライブアレイに対応していません。
修正方法:アレイアクセラレータを正しいドライブアレイと一致させるか、またはACUを実行してアレイアクセラ
レータ内のデータを消去してください。
1796-Slot X Drive Array - Array Accelerator Not Responding...
...Array Accelerator is temporarily disabled.
ビープ音:なし
考えられる原因:アレイアクセラレータに障害があるか、取り付けられていません。この問題が解決されるまで、
アレイコントローラーのモデルに応じて、キャッシュは無効になるか、またはコントローラーが使用できなくなる
場合があります。
修正方法:
1.
コネクターが緩んでいる場合は、アレイアクセラレータドータボードを固定しなおします。
2.
問題が解決されない場合は、ボードを交換します。
1797-Slot X Drive Array - Array Accelerator Read Error Occurred...
...Data in Array Accelerator has been lost.
Array Accelerator is disabled.
ビープ音:なし
考えられる原因:書き込み要求メモリからデータを読み出している途中でハードパリティエラーが検出されました。
修正方法:アレイアクセラレータドータボードを交換してください。
1798-Slot X Drive Array - Array Accelerator Self-Test Error Occurred...
...Array Accelerator is disabled.
ビープ音:なし
考えられる原因:アレイアクセラレータがセルフテストに失敗しました。この問題が解決されるまで、アレイコン
トローラーのモデルに応じて、キャッシュは無効になるか、またはコントローラーが使用できなくなる場合があり
ます。
修正方法:アレイアクセラレータドータボードを交換してください。
1799-Slot X Drive Array - Drive(s) Disabled due to Array Accelerator Data Loss...
...Select "F1" to continue with logical drives disabled.
Select "F2" to accept data loss and to re-enable logical drives.
ビープ音:なし
考えられる原因:書き込み要求メモリ内のデータ消失のために1つ以上の論理ドライブに障害が発生しました。
修正方法:
•
F1キーを押して、論理ドライブを無効にした状態で、動作を続行します。
•
F2キーを押して、データの消失を受け入れ、論理ドライブを再度有効にします。F2キーを押してから、ファ
イルシステムの整合性を確認して、バックアップから消失したデータを復旧します。
エラーメッセージ
170
18xxのメッセージ
1800-Slot X Drive Array - Array Accelerator Super-Cap is charging...
...The Array Accelerator Cache will be enabled once Super-Cap has been charged. No action is required.
ビープ音:なし
考えられる原因:Array Accelerator Super-Capが充電中です。
修正方法:処置は不要です。
1801-Slot X Drive Array - Please install Array Accelerator Super-Cap...
...The Array Accelerator Cache will be enabled once Super-Cap is installed and charged.
ビープ音:なし
考えられる原因:Array Accelerator Super-Capを取り付ける必要があります。
修正方法:Array Accelerator Super-Capを取り付けてください。
イベントリストエラーメッセージ
イベントリストエラーメッセージについて
この項では、IML(「インテグレーテッドマネジメントログ」(76ページ))に記録されるイベントリストエラー
メッセージを紹介します。このメッセージは、さまざまなツールを介して表示できます。
このメッセージの表示形式は、使用するツールにより異なります。たとえば、IMDでは、イベントは次の形式で示
されます。
**001 of 010**
---caution--03/19/2002
12:54 PM
FAN INSERTED
Main System
Location:
System Board
Fan ID: 03
**END OF EVENT**
警告:問題の発生を防止するため、必ず、サーバーのマニュアルに掲載されている警告および注意事項
をよく読んでから、システムコンポーネントの取り外し、交換、再取り付け、または変更を行ってくだ
さい。
重要:このガイドでは、複数のサーバーについて説明します。ここで説明する情報の一部は、ご使用の
トラブルシューティングするサーバーには該当しない場合があります。サーバーでサポートされる手
順、ハードウェアオプション、ソフトウェアツール、およびオペレーティングシステムに関する情報に
ついては、サーバーのマニュアルを参照してください。
注:この項のエラーメッセージの語句は、サーバーにより表示されるものと少し異なる場合があります。
エラーメッセージ
171
A CPU Power Module (System Board, Socket X)...
...A CPU Power Module (Slot X, Socket Y) Failed
イベントの種類:電源モジュール障害
修正方法:電源モジュールを交換してください。内蔵電源モジュールの場合は、システムボードを交換してくだ
さい。
ASR Lockup Detected: Cause
イベントの種類:システムのロックアップ
修正方法:IML(「インテグレーテッドマネジメントログ」(76ページ))を調べて、ロックアップの原因を確認
します。詳しくは、サーバーのドキュメンテーションCDまたはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/manualで
提供される『HP ROMベースセットアップユーティリティユーザーガイド』を参照してください。
Automatic operating system shutdown initiated due to fan failure
イベントの種類:ファン障害
修正方法:ファンを交換してください。
Automatic Operating System Shutdown Initiated Due to Overheat
Condition...
...Fatal Exception (Number X, Cause)
イベントの種類:過熱状態
修正方法:ファンを確認してください。また、サーバーの通気が適切に確保され室温が要求される範囲内に保たれ
ていることを確認してください。
Blue Screen Trap: Cause [NT]...
...Kernel Panic: Cause [UNIX]
Abnormal Program Termination: Cause [NetWare]
イベントの種類:システムのロックアップ
修正方法:オペレーティングシステムのマニュアルを参照します。
Corrected Memory Error Threshold Passed (Slot X, Memory Module Y)...
...Corrected Memory Error Threshold Passed (System Memory)
Corrected Memory Error Threshold Passed (Memory Module Unknown)
イベントの種類:訂正可能エラーのスレッショルドを超えました。
修正方法:通常の動作を続行し、予定されている次回のメンテナンスの実行時にメモリモジュールを交
換して、動作の信頼性を確保してください。
エラーメッセージ
172
EISA Expansion Bus Master Timeout (Slot X)...
...EISA Expansion Bus Slave Timeout
EISA Expansion Board Error (Slot X)
EISA Expansion Bus Arbitration Error
イベントの種類:拡張バスエラー
修正方法:サーバーの電源を切り、EISAボードを交換してください。
PCI Bus Error (Slot X, Bus Y, Device Z, Function X)
イベントの種類:拡張バスエラー
修正方法:PCIボードを交換してください。
Processor Correctable Error Threshold Passed (Slot X, Socket Y)
イベントの種類:訂正可能エラーのスレッショルドを超えました。
修正方法:
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
プロセッサーを交換してください。
Processor Uncorrectable Internal Error (Slot X, Socket Y)
イベントの種類:訂正不能エラー
修正方法:
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
プロセッサーを交換してください。
Real-Time Clock Battery Failing
イベントの種類:システム構成バッテリの残量が少なくなりました。
修正方法:システム構成バッテリを交換してください。
エラーメッセージ
173
System AC Power Overload (Power Supply X)
イベントの種類:電源の過負荷
修正方法:
1.
電圧を100~110 Vから200~220 Vに切り替えるか、パワーサプライを追加してください(システムに適用
できる場合)。
2.
問題が解決されない場合は、取り付けられているオプションをいくつか取り外してください。
System AC Power Problem (Power Supply X)
イベントの種類:AC電圧の問題
修正方法:電源の問題をチェックしてください。
System Fan Failure (Fan X, Location)
イベントの種類:ファン障害
修正方法:ファンを交換してください。
System Fans Not Redundant
イベントの種類:ファンが冗長化されていません。
修正方法:ファンを追加するか、または故障しているファンを交換してください。
System Overheating (Zone X, Location)
イベントの種類:過熱状態
修正方法:ファンを確認してください。
System Power Supplies Not Redundant
イベントの種類:電源が冗長化されていません。
修正方法:パワーサプライを追加するかまたは故障したパワーサプライを交換してください。
System Power Supply Failure (Power Supply X)
イベントの種類:電源障害
修正方法:パワーサプライを交換してください。
Unrecoverable Host Bus Data Parity Error...
...Unrecoverable Host Bus Address Parity Error
イベントの種類:ホストバスエラー
エラーメッセージ
174
注意:システムボードの取り外しは、HPのトレーニングを受けた認定技術者のみが行ってください。シ
ステムボードの交換が必要と思われる場合は、交換する前にHPテクニカルサポート(「HPへの問い合
わせ」(185ページ))にお問い合わせください。
修正方法:プロセッサーが取り付けられているボードを交換してください。
Uncorrectable Memory Error (Slot X, Memory Module Y)...
...Uncorrectable Memory Error (System Memory)
Uncorrectable Memory Error (Memory Module Unknown)
イベントの種類:訂正不能エラー
修正方法:メモリモジュールを交換してください。問題が解決されない場合は、メモリボードを交換します。
HP BladeSystem p-Classインフラストラクチャエラー
コード
サーバーブレード管理モジュールと電源管理モジュールは、サービス担当者が障害情報を収集できるサービスポー
トを備えています。
障害情報を収集するには、以下の手順に従ってください。
1.
サービスポートに接続します。詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl
/p-class/info (英語)にある『HP BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
2.
診断にアクセスします。詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class
/info (英語)にある『HP BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
サーバーブレード管理モジュールエラーコード
サーバーブレードエラーコード
位置
LEDコード
サーバーブレード- スロット1
1-1または1-2
サーバーブレード- スロット2
2-1または2-2
サーバーブレード- スロット3
3-1または3-2
サーバーブレード- スロット4
4-1または4-2
サーバーブレード- スロット5
5-1または5-2
サーバーブレード- スロット6
6-1または6-2
サーバーブレード- スロット7
7-1または7-2
サーバーブレード- スロット8
8-1または8-2
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーを取り付けなおします。
HPのWebサイトhttp://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info(英語)にあるサーバーのマ
ニュアルを参照してください。
サーバーブレード管理モジュールボードエラーコード
LEDコード:9-1、9-2、9-3、9-4、9-5、9-6、9-7、9-8、9-9、9-10、9-11、または9-12
位置:サーバーブレード管理モジュール
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
エラーメッセージ
175
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
サーバーブレード管理モジュールを交換します。
サーバーブレード管理モジュール信号バックプレーンエラーコード
LEDコード:10-1、10-2、または10-3
位置:サーバーブレード管理バックプレーン
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
信号バックプレーンを交換します。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
サーバーブレード管理モジュール電源バックプレーンAエラーコード
LEDコード:11-1、11-2、11-3、または11-4
位置:サーバーブレード電源バックプレーンA
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
電源バックプレーンを交換します。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
サーバーブレード管理モジュール電源バックプレーンBエラーコード
LEDコード:12-1、12-2、12-3、または12-4
位置:サーバーブレード電源バックプレーンB
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
電源バックプレーンを交換します。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
インターコネクトAエラーコード
LEDコード:13-1、13-2、13-3、または13-4
位置:インターコネクトデバイス- サイドA
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
インターコネクトデバイスを取り付けなおします。
エラーメッセージ
176
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
3.
インターコネクトデバイスを交換します。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
インターコネクトBエラーコード
LEDコード:14-1、14-2、14-3、または14-4
位置:インターコネクトデバイス- サイドB
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
インターコネクトデバイスを取り付けなおします。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
3.
インターコネクトデバイスを交換します。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
インターコネクトモジュールA(10コネクター)エラーコード
LEDコード:15-1または15-2
位置:インターコネクトモジュール- サイドA(10コネクター)
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
インターコネクトデバイスを取り付けなおします。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
3.
インターコネクトデバイスを交換します。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
インターコネクトモジュールA(6コネクター)エラーコード
LEDコード:17-1または17-2
位置:インターコネクトモジュール- サイドA(6コネクター)
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
インターコネクトデバイスを取り付けなおします。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
3.
インターコネクトデバイスを交換します。
エラーメッセージ
177
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
インターコネクトモジュールB(10コネクター)エラーコード
LEDコード:16-1または16-2
位置:インターコネクトモジュール- サイドB(10コネクター)
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
インターコネクトデバイスを取り付けなおします。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
3.
インターコネクトデバイスを交換します。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
インターコネクトモジュールB(6コネクター)エラーコード
LEDコード:18-1または18-2
位置:インターコネクトモジュール- サイドB(6コネクター)
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
インターコネクトデバイスを取り付けなおします。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
3.
インターコネクトデバイスを交換します。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
不明なサーバーブレード管理モジュールエラーコード
LEDコード:19-1
位置:不明
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
2.
サーバーブレード管理モジュールを交換します。
電源管理モジュールエラーコード
パワーサプライエラーコード
位置
LEDコード
パワーサプライ- スロット1
1-1または1-2
パワーサプライ- スロット2
2-1または2-2
エラーメッセージ
178
位置
LEDコード
パワーサプライ- スロット3
3-1または3-2
パワーサプライ- スロット4
4-1または4-2
パワーサプライ- スロット5
5-1または5-2
パワーサプライ- スロット6
6-1または6-2
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
パワーサプライを取り付けなおします。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/servers/proliant-bl/p-class/info (英語)にある『HP
BladeSystem Maintenance and Service Guide』を参照してください。
2.
電源管理モジュールを取り付けなおします。
3.
パワーサプライを交換します。
電源管理モジュールボードエラーコード
LEDコード:7-1、7-2、7-3、7-4、7-5、7-6、7-7、7-8、7-9、7-10、7-11、7-12、または7-13
位置:電源管理ボード
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
電源管理モジュールを取り付けなおします。
2.
電源管理モジュールを交換します。
電源管理モジュールバックプレーンエラーコード
LEDコード:8-1、8-2、8-3、8-4、8-5、8-6、8-7、または8-8
位置:電源管理バックプレーン
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
不明な電源管理モジュールエラーコード
LEDコード:19-1
位置:不明
修正方法:以下の手順を実行して、問題を解決してください。問題が解決したら手順を終了してください。
1.
サーバーブレード管理モジュールのリセットボタンを押します。
ポート85コードおよびiLOメッセージ
ポート85コードを使用したシステムのトラブルシューティング
1.
ポート85コードディスプレイの位置を確認します。
重要:ポート84/85スイッチが、ポート85コードを表示するように設定されていることを確認してくだ
さい。
2.
次の表から、コードの位置を確認してください。
エラーメッセージ
179
たとえば、ポート85コードが「31h」と表示される場合は、「プロセッサー関連のポート85コード」(180
ページ)を参照して詳細を確認してください。
ポート85コード
説明
3xh
「プ
この形式のポート85コードは、プロセッサー関連のエラーを示します。詳しくは、
ロセッサー関連のポート85コード」(180ページ)を参照してください。
4xh
この形式のポート85コードは、メモリ関連のエラーを示します。詳しくは、「メモリ
関連のポート85コード」(181ページ)を参照してください。
6xh
この形式のポート85コードは、拡張ボード関連のエラーを示します。詳しくは、「拡
張ボード関連のポート85コード」(182ページ)を参照してください。
00h、01h、5xhなどの この範囲のポート85コードは、複数の領域に対応します。詳しくは、「その他のポー
その他すべてのコード ト85コード」(182ページ)を参照してください。
3.
対応するトラブルシューティング手順については、このガイドの指定された項を参照してください。
プロセッサー関連のポート85コード
プロセッサー関連のポート85コードは、3xhの形式で表示されます。
重要:各番号の手順が完了したら、サーバーを再起動してください。エラーの状態が続く場合は、その
次の手順を続行します。
プロセッサー関連のエラーコードをトラブルシューティングするには、以下の手順に従ってください。
1.
サーバーがPOSTを完了するために必要としないすべてのコンポーネントを取り除いて、サーバーを基本構成
にします。詳しくは、「サーバーの最小ハードウェア構成への分割」(16ページ)を参照してください。こ
のプロセスでは、次のすべてを取り除くことができます。
o
拡張ボード
o
最初のバンクを除くDIMM
o
ハードディスクドライブ
o
周辺装置
重要:プロセッサーソケット1とPPMスロット1には、常にプロセッサーとPPMが実装されていなければ
なりません。このソケットとスロットにプロセッサーとPPMが実装されていなければ、サーバーは正常
に機能しません。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
2.
ソケット1に取り付けられているプロセッサーおよび対応するPPMを除き、すべてのプロセッサーとPPMを取
り外します。
注意:任意のプロセッサーを交換したり、取り付けなおしたりする前に、「トラブルシューティングプ
ロセスでのプロセッサー手順の実行」(16ページ)に記載されているガイドラインに従ってください。
推奨されるガイドラインに従わない場合、システムボードが損傷し、システムボードの交換が必要にな
る場合があります。
3.
プロセッサーを、ソケット1に取り付けます。
エラーメッセージ
180
注意:任意のプロセッサーを交換したり、取り付けなおしたりする前に、「トラブルシューティングプ
ロセスでのプロセッサー手順の実行」(16ページ)に記載されているガイドラインに従ってください。
推奨されるガイドラインに従わない場合、システムボードが損傷し、システムボードの交換が必要にな
る場合があります。
4.
残りのプロセッサーを取り付け、取り付けるたびに再起動して、障害のあるプロセッサーを特定します。
重要:プロセッサーは、1、2、4、3の順で取り付けてください。
重要:プロセッサーを取り付ける場合は、必ずPPMを取り付けてください。PPMが取り付けられていな
いと、システムは起動できません。
5.
ソケット1のプロセッサーを交換します。
6.
必要に応じて、プロセッサーボードを交換します。
7.
システムボードを交換します。
重要:システムボードを交換するか、NVRAMをクリアする場合は、RBSUを介してサーバーのシリアル
番号を再入力する必要があります(「シリアル番号とプロダクトIDの再入力」(71ページ))。
メモリ関連のポート85コード
メモリ関連のポート85コードは、4xhの形式で表示されます。
重要:各番号の手順が完了したら、サーバーを再起動してください。エラーの状態が続く場合は、その
次の手順を続行します。
メモリ関連のエラーコードをトラブルシューティングするには、以下の手順に従ってください。
1.
メモリLEDから識別されているエラーや障害のあるDIMMを確認し、訂正処置を実行します。
2.
サーバーがPOSTを完了するために必要としないすべてのコンポーネントを取り除いて、サーバーを基本構成
にします。詳しくは、「サーバーの最小ハードウェア構成への分割」(16ページ)を参照してください。こ
のプロセスでは、次のすべてを取り除くことができます。
o
拡張ボード
o
最初のバンクを除くDIMM
o
ハードディスクドライブ
o
周辺装置
重要:プロセッサーソケット1とPPMスロット1には、常にプロセッサーとPPMが実装されていなければ
なりません。このソケットとスロットにプロセッサーとPPMが実装されていなければ、サーバーは正常
に機能しません。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
3.
ソケット1に取り付けられているプロセッサーおよび対応するPPMを除き、すべてのプロセッサーとPPMを取
り外します。
4.
必要に応じて、残りのメモリボードを取り付け、取り付けるたびに再起動して、障害のあるメモリボードを特
定します。
エラーメッセージ
181
5.
DIMMをメモリの残りのバンクと交換します。
6.
必要に応じて、メモリボードを交換します。
7.
システムボードを交換します。
重要:システムボードを交換するか、NVRAMをクリアする場合は、RBSUを介してサーバーのシリアル
番号を再入力する必要があります(「シリアル番号とプロダクトIDの再入力(71ページ))。
拡張ボード関連のポート85コード
拡張ボード関連のポート85コードは、6xhの形式で表示されます。
重要:各番号の手順が完了したら、サーバーを再起動してください。エラーの状態が続く場合は、その
次の手順を続行します。
拡張ボード関連のエラーコードをトラブルシューティングするには、以下の手順に従ってください。
1.
すべての拡張ボードを装着しなおします。
2.
サーバーがPOSTを完了するために必要としないすべてのコンポーネントを取り除いて、サーバーを基本構成
にします。詳しくは、「サーバーの最小ハードウェア構成への分割」(16ページ)を参照してください。こ
のプロセスでは、次のすべてを取り除くことができます。
o
拡張ボード
o
最初のバンクを除くDIMM
o
ハードディスクドライブ
o
周辺装置
重要:プロセッサーソケット1とPPMスロット1には、常にプロセッサーとPPMが実装されていなければ
なりません。このソケットとスロットにプロセッサーとPPMが実装されていなければ、サーバーは正常
に機能しません。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
3.
ソケット1に取り付けられているプロセッサーおよび対応するPPMを除き、すべてのプロセッサーとPPMを取
り外します。
4.
拡張ボードを1枚ずつ取り付け、取り付けるたびに再起動して障害のある拡張ボードを特定します。
5.
必要に応じて、障害のある拡張ボードを交換します。
6.
必要に応じて、PCIライザーボードを交換します。
7.
システムボードを交換します。
重要:システムボードを交換するか、NVRAMをクリアする場合は、RBSUを介してサーバーのシリアル
番号を再入力する必要があります(「シリアル番号とプロダクトIDの再入力(71ページ))。
その他のポート85コード
その他すべてのポート85コードをトラブルシューティングするには、以下の手順に従ってください。
エラーメッセージ
182
重要:各番号の手順が完了したら、サーバーを再起動してください。エラーの状態が続く場合は、その
次の手順を続行します。
1.
サーバーがPOSTを完了するために必要としないすべてのコンポーネントを取り除いて、サーバーを基本構成
にします。詳しくは、「サーバーの最小ハードウェア構成への分割」(16ページ)を参照してください。こ
のプロセスでは、次のすべてを取り除くことができます。
o
拡張ボード
o
最初のバンクを除くDIMM
o
ハードディスクドライブ
o
周辺装置
重要:プロセッサーソケット1とPPMスロット1には、常にプロセッサーとPPMが実装されていなければ
なりません。このソケットとスロットにプロセッサーとPPMが実装されていなければ、サーバーは正常
に機能しません。
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
2.
ソケット1に取り付けられているプロセッサーおよび対応するPPMを除き、すべてのプロセッサーとPPMを取
り外します。
3.
残りの各システムコンポーネントを取り付け、取り付けるたびに再起動して障害のあるコンポーネントを特定
します。
4.
システムのNVRAMをクリアします。
5.
システムボードを交換します。
重要:システムボードを交換するか、NVRAMをクリアする場合は、RBSUを介してサーバーのシリアル
番号を再入力する必要があります(「シリアル番号とプロダクトIDの再入力(71ページ))。
Windows®イベントログプロセッサーエラーコード
メッセージID:4137
重大度:エラー
説明:スロットX、ソケットXのプロセッサーは、過剰な数の内部エラーを訂正しています。システムは動作を継続
します。
修正方法:
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
プロセッサーを交換してください。
エラーメッセージ
183
メッセージID:4140
重大度:警告
説明:システムは異機種プロセッサー環境で動作しています。
修正方法:処置は不要です。
メッセージID:4141
重大度:警告
説明:取り付けられているX個のプロセッサーのうち、オペレーティングシステム上で動作しているのはX個だけで
す。システムは動作を継続します。
修正方法:該当するライセンス契約書で、取り付けられているすべてのプロセッサーがサポートされているか確認
してください。
メッセージID:4169
重大度:警告
説明:スロットX、ソケットXのプロセッサーは、過剰な数の内部エラーを訂正しています。システムは動作を継続
します。
修正方法:
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
プロセッサーを交換してください。
メッセージID:4190
重大度:エラー
説明:今回の起動の前にシステムでNMIが発生しました。NMIソース:「訂正不可能なキャッシュメモリエラー」。
修正方法:
注意:プロセッサーの取り外しまたは交換を行う前に、
「トラブルシューティングプロセスでのプロセッ
サー手順の実行」(16ページ)のガイドラインに必ず従ってください。推奨されているガイドラインに
従わないと、システムボードが損傷してシステムボードの交換が必要になる場合があります。
プロセッサーを交換してください。
エラーメッセージ
184
HPへの問い合わせ
カスタマーセルフリペア(CSR)
カスタマーセルフリペアとは、どのようなサービスでしょうか。
HPのカスタマーセルフリペアは、保証または契約のもとで最も迅速なサービスを提供します。HPが交換用の部品を
直接お客様に出荷し、お客様が部品を交換します。このプログラムでは、お客様がご自分の都合の良いときに部品
を交換できます。
この便利で合理的なプログラムには、以下の利点があります。
•
HPのサポート担当者が、システムの問題を解決するために交換部品が必要かどうかを診断し、評価します。
また、お客様による部品交換が可能かどうかを判断します。
•
お客様による交換が可能な部品について詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/support(英語)から、
メンテナンス&サービスガイドを参照してください。
必要なサーバー情報
HPにお問い合わせになる前に、次の情報を準備してください。
•
問題点、最初に発生したとき、および頻度の説明
•
問題が表面化する前にハードウェアまたはソフトウェアに加えた変更内容
•
Onboard Administrator SHOW ALLレポート(HP BladeSystem製品のみが対象)
HPへの問い合わせ
185
Onboard Administrator SHOW ALLレポートの入手について詳しくは、HPのWebサイトhttp://h20000.www2.
hp.com/bizsupport/TechSupport/Document.jsp?lang=en&cc=us&objectID=c02843807(英語)を参照してく
ださい。
•
•
•
•
他社製ハードウェアの情報:
o
製品名、モデル、およびバージョン
o
会社名
固有のハードウェア構成:
o
製品名、モデル、およびシリアル番号
o
プロセッサー数と速度
o
DIMMの数、サイズ、および速度
o
コントローラーとNICのリスト
o
接続されている周辺装置のリスト
o
その他のオプションのHPまたはコンパック製ハードウェア
o
ネットワーク設定
固有のソフトウェア情報:
o
オペレーティングシステム情報(「必要なオペレーティングシステム情報」(186ページ))
o
インストールされている他社製、HP、およびコンパック製ソフトウェアのリスト
o
PCAnywhereがインストールされていれば、その情報
o
最新ドライバーがインストールされていることの確認
o
最新のROM/BIOSの確認
o
アレイコントローラーおよびドライブ上の最新のファームウェアの確認
NVRAMのクリア作業の結果
必要なオペレーティングシステム情報
問題によっては、特定の情報を求められる場合があります。使用しているオペレーティングシステムごとに、以下
の各項の情報にアクセスできるようにしておいてください。
Microsoft®オペレーティングシステム
次の情報を準備してください。
•
オペレーティングシステムが工場出荷時にインストールされたものかどうか
•
オペレーティングシステムのバージョン番号
•
次のファイルの最新コピー
o
WinMSD(Microsoft® Windows® 2000システムではMsinfo32.exe)
o
Boot.ini
o
Memory.dmp
o
イベントログ
o
Insightエージェントなどのユーザーモードアプリケーションに問題がある場合は、ワトソン博士のログ
(drwtsn32.log)
HPへの問い合わせ
186
o
テキスト形式のIRQおよびI/Oアドレス情報
•
最新バージョンのシステム修復ディスク
•
HP製ドライバーをインストールしている場合
•
o
使用したPSPのバージョン
o
PSPからインストールしたドライバーのリスト
ドライブサブシステムおよびファイルシステム情報
o
パーティションおよび論理ドライブの個数とそのサイズ
o
各論理ドライブ上のファイルシステム
•
インストールされているMicrosoft® Windows®サービスパックおよびホットフィックスの現在のレベル
•
取り付けてある各他社製ハードウェアコンポーネントとそのファームウェアリビジョンのリスト
•
インストールしてある各他社製ソフトウェアコンポーネントとそのバージョンのリスト
•
問題点の詳細な説明と関連するエラーメッセージ
Linuxオペレーティングシステム
次の情報を準備してください。
•
オペレーティングシステムのディストリビューションとそのバージョン
/etc/distribution-releaseと名付けられたファイルを検索してください(例:/etc/redhat-release)。
•
使用中のカーネルのバージョン
•
次のコマンドの出力(ルートで実行)
•
•
o
lspci -v
o
uname -a
o
cat /proc/meminfo
o
cat /proc/cpuinfo
o
rpm -qa
o
dmesg
o
lsmod
o
ps -ef
o
ifconfig -a
o
chkconfig -list
o
mount
次のファイルの内容
o
/var/log/messages
o
/etc/modules.confまたは/etc/conf.modules
o
/etc/lilo.confまたは/etc/grub.confまたは/boot/grub/menu.lstまたは/boot/grub/grub.conf
o
/etc/fstab
HP製ドライバーをインストールしている場合
o
使用したPSPのバージョン
HPへの問い合わせ
187
o
PSPからインストールしたドライバーのリスト(/var/log/hppldu.log)
•
取り付けてある各他社製ハードウェアコンポーネントとそのファームウェアリビジョンのリスト
•
インストールしてある各他社製ソフトウェアコンポーネントとそのバージョンのリスト
•
問題点の詳細な説明と関連するエラーメッセージ
Novell NetWareオペレーティングシステム
次の情報を準備してください。
•
オペレーティングシステムが工場出荷時にインストールされたものかどうか
•
オペレーティングシステムのバージョン番号
•
AUTOEXEC.NCF、STARTUP.NCF、およびシステムディレクトリの内容を印刷したものまたは電子版コピー(サ
ポート担当者に電子メールで送信するため)
•
モジュールのリスト。CONLOG.NLMを使用して、モジュール名とモジュールをロードしようとしたときにエ
ラーが発生するかどうかを確認します。
•
NetWareのデフォルト設定とは異なるSETパラメーターのリスト
•
サーバーで使用しているドライバーおよびNLMファイルのリスト。名前、バージョン、日付およびサイズなど
(CONFIG.TXTまたはSURVEY.TXTファイルで直接確認できます)
•
HP製ドライバーをインストールしている場合
•
o
使用したPSPのバージョン
o
PSPからインストールしたドライバーのリスト
次の出力結果やファイル内容を印刷したものまたは電子版コピー(サポート担当者に電子メールで送信するた
め)
o
SYS:SYSTEM\SYS$LOG.ERR
o
SYS:SYSTEM\ABEND.LOG
o
SYS:ETC\CPQLOG.LOG
o
SYS:SYSTEM\CONFIG.TXT
o
SYS:SYSTEM\SURVEY.TXT
•
現在のパッチレベル
•
取り付けてある各他社製ハードウェアコンポーネントとそのファームウェアリビジョンのリスト
•
インストールしてある各他社製ソフトウェアコンポーネントとそのバージョンのリスト
•
問題点の詳細な説明と関連するエラーメッセージ
SCOオペレーティングシステム
次の情報を準備してください。
•
インストールされているシステムソフトウェアのバージョン(TCP/IP、VP/Ix)
•
可能な場合、障害発生時のプロセスのステータス
•
次の出力結果やファイル内容を印刷したものまたは電子版コピー(サポート担当者に電子メールで送信する
ため)
o
/etc/hwconfigコマンドの出力
o
/usr/bin/swconfigコマンドの出力
HPへの問い合わせ
188
•
o
/etc/ifconfigコマンドの出力
o
/etc/conf/cf.d/sdevice
o
/etc/inittab
o
/etc/conf/cf.d/stune
o
/etc/conf/cf.d/config.h
o
/etc/conf/cf.d/sdevice
o
/var/adm/messages(PANICメッセージが表示されている場合)
HP製ドライバーをインストールしている場合
o
使用したEFSのバージョン
o
EFSからインストールしたドライバーのリスト
•
マネジメントエージェントがインストールされている場合、そのエージェントのバージョン番号
•
入手できれば、システムダンプ(パニックの場合)
•
取り付けてある各他社製ハードウェアコンポーネントとそのファームウェアリビジョンのリスト
•
インストールしてある各他社製ソフトウェアコンポーネントとそのバージョンのリスト
•
問題点の詳細な説明と関連するエラーメッセージ
IBM OS/2オペレーティングシステム
次の情報を準備してください。
•
•
•
•
オペレーティングシステムのバージョン番号と次の出力結果やファイル内容を印刷したものまたは電子版コ
ピー(サポート担当者に電子メールで送信するため)
o
IBMLAN.INI
o
PROTOCOL.INI
o
CONFIG.SYS
o
STARTUP.CMD
o
SYSLEVELの詳細情報
o
TRAPDUMP情報(TRAPエラーが発生している場合)
次のディレクトリのディレクトリリスト
o
C:\
o
C:\OS2
o
C:\OS2\BOOT
o
HPFS386.INI(AdvancedまたはAdvanced with SMPの場合)
HP製ドライバーをインストールしている場合
o
使用したSSDのバージョン
o
SSDからインストールしたドライバーのリスト
o
使用しているOS/2 Management Insight Agent、CPQB32.SYS、およびOS/2ヘルスドライバーのバー
ジョン
ドライブサブシステムおよびファイルシステム情報
o
パーティションおよび論理ドライブの個数とそのサイズ
o
各論理ドライブ上のファイルシステム
HPへの問い合わせ
189
•
使用しているWarp Serverのバージョンと以下の情報
o
Whether Entry、Advanced、Advanced with SMP、またはe-Business
o
問題発生時に動作していたすべてのサービス
•
取り付けてある各他社製ハードウェアコンポーネントとそのファームウェアリビジョンのリスト
•
インストールしてある各他社製ソフトウェアコンポーネントとそのバージョンのリスト
•
問題点の詳細な説明と関連するエラーメッセージ
Oracle Solarisオペレーティングシステム
次の情報を準備してください。
•
オペレーティングシステムのバージョン番号
•
選択したインストールタイプ(Interactive、WebStart、またはCustomer JumpStart)
•
インストールのために選択したソフトウェアグループ(End User Support、Entire Distribution、Developer System
Support、またはCore System Support)
•
HP製ドライバーをDUでインストールしている場合
•
o
DU番号
o
DUディスケットのドライバーのリスト
ドライブサブシステムおよびファイルシステム情報
o
パーティションおよび論理ドライブの個数とそのサイズ
o
各論理ドライブ上のファイルシステム
•
取り付けてある他社製ハードウェアとインストールしてある他社製ソフトウェアおよびそのバージョンのリ
スト
•
問題点の詳細な説明と関連するエラーメッセージ
•
次の出力結果やファイル内容を印刷したものまたは電子版コピー(サポート担当者に電子メールで送信する
ため)
o
/usr/sbin/crash(/var/crash/$hostnameのクラッシュダンプイメージにアクセスします)
o
/var/adm/messages
o
/etc/vfstab
o
/usr/sbin/prtconf
HPへの問い合わせ
190
頭字語と略語
ABEND
abnormal end。異常終了
ACPI
Advanced Configuration and Power Interface
ACU
Array Configuration Utility。アレイコンフィギュレーションユーティリティ
ADG
Advanced Data Guarding。アドバンストデータガーディング(RAID 6とも呼ばれます)
ADU
Array Diagnostics Utility。アレイ診断ユーティリティ
AMP
Advanced Memory Protection。アドバンストメモリプロテクション
ASR
Automatic Server Recovery。自動サーバー復旧
BMC
baseboard management controller
CS
cable select。ケーブルセレクト
DMA
direct memory access。ダイレクトメモリアクセス
DU
driver update
EFS
Extended Feature Supplement
頭字語と略語
191
ESD
electrostatic discharge。静電気放電
FBDIMM
fully buffered DIMM
FDT
Firmware Deployment Tool
HP SIM
HP Systems Insight Manager
HP SUM
HP Smart Update Manager
IDE
integrated device electronics
iLO
Integrated Lights-Out
iLO 2
Integrated Lights-Out 2
iLO 3
Integrated Lights-Out 3
IMD
Integrated Management Display。インテグレーテッドマネジメントディスプレイ
IML
Integrated Management Log。インテグレーテッドマネジメントログ
IRQ
interrupt request。割り込み要求
KVM
keyboard, video, and mouse。キーボード、ビデオ、およびマウス
LVD
low-voltage differential。低電圧ディファレンシャル
頭字語と略語
192
MMX
multimedia extensions
NMI
nonmaskable interrupt。マスク不可能割り込み
NVRAM
nonvolatile memory。不揮発性メモリ
OBDR
One Button Disaster Recovery。ワンボタンディザスタリカバリ
ORCA
Option ROM Configuration for Arrays
PCI-X
peripheral component interconnect extended
POST
Power-On Self-Test。電源投入時セルフテスト
PPM
processor power module。プロセッサーパワーモジュール
PSP
HP ProLiant Support Pack
PXE
preboot execution environment
RBSU
ROM-Based Setup Utility。ROMベースセットアップユーティリティ
RIS
reserve information sector。リザーブインフォメーションセクター
RPM
Red Hat Package Manager
SAS
serial attached SCSI
頭字語と略語
193
SATA
serial ATA。シリアルATA
SIM
Systems Insight Manager
SIMM
single inline memory module。シングルインラインメモリモジュール
SP1
Service Pack 1
SPP
HP Service Pack for ProLiant
SSD
support software diskette。サポートソフトウェアディスケット
TPM
Trusted Platform Module
UPS
uninterruptible power system。無停電電源装置
USB
universal serial bus。ユニバーサルシリアルバス
VCA
Version Control Agent。バージョンコントロールエージェント
VCRM
Version Control Repository Manager。バージョンコントロールレポジトリマネージャー
頭字語と略語
194
索引
A
H
Accelerator Status
92、93、94
ACU ( ア レ イ コ ン フ ィ ギ ュ レ ー シ ョ ン ユ ー テ ィ リ テ
ィ)
70
ADG Enabler Dongle is Broken or Missing
94
ADU(アレイ診断ユーティリティ)
76
ADUエラーメッセージ
91、111
ASR(自動サーバー復旧)
72、172
ASRタイマー障害
134
ATコマンド
56、57
HP BladeSystem イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ エ ラ ー コ ー
ド
175
HP Care Packサービス
80、87
HP Enterprise Configurator
88
HP Insight Diagnostics
75、171
HP Insight Diagnostics Survey機能
75
HP ProLiant Essentials Foundation Pack
74、89
HP Service Pack for ProLiant
78
HP Smart Update Manager、インストール
82
HP Smart Update Managerの概要
78、79
HP Systems Insight Managerの概要
44、74、89、90
HPのWebサイト
86
HPのガイドに従ってトラブルシューティングを進めるための
Webサイト
86
HPの提供するトラブルシューティング情報
86
HPへの問い合わせ
185、186
B
BIOSシリアルコンソール
69
Board in Use by Expand Operation
Board not Attached
94
94
C
Care Pack
77、80、87
CD-ROMドライブ
42
COMポート
142
CSR(カスタマーセルフリペア)
I
185
D
DDR3メモリ構成
89
DIMM
19、125、127、129、130、135、136、137、
138
DIMMの取り付けに関するガイドライン
50
Disable Command Issued
96
DMAエラー
123
DVD-ROMドライブ
42
E
ECCエラー
92
EISA expansion bus master timeout
173
Eraseユーティリティ
74
EULA(エンドユーザー使用許諾契約書)
Expressポート、エラー
123
F
FBDIMM
19、48
Firmware Maintenance CD
83
IBM OS/2
189
iLO(Integrated Lights-Out)
73、89、131
iLOメッセージ
179
IMD
171
Insight Diagnostics
75、77、171
Integrated Lights-Out(iLO)
73、89、131
K
KVM
54、55
L
LED
39
LED、PPM障害
50、51
LED、トラブルシューティング
20
LEDの組み合わせ、SASハードディスクドライブ
20
LEDの組み合わせ、SATAハードディスクドライブ
20
LEDの組み合わせ、ハードディスクドライブ
20
LED、ハードディスクドライブ
20
LED、プロセッサー
51
Linux
63、187
M
78、83
Management CD
89、90
Microsoftオペレーティングシステム
Mini-SASケーブル
56
186
索引
195
NMIイベント
123、124、126
Non-system diskメッセージ
43
Novell NetWare
188
NVRAMエラー
117、118
ROMの問題
64
ROMフラッシュ
65、80
ROMベースセットアップユーティリティ(RBSU)
67
ROM、リダンダント
65、74
ROMレガシーUSBサポート
74
O
S
N
Option ROM Configuration for Arrays(ORCA)
Oracle Solaris
190
ORCA(Option ROM Configuration for Arrays)
OS起動時の問題のフローチャート
32
71
71
P
PCI拡張スロット
127
PCIスロット、電源障害
127
PCIデバイス
130、131
PCIバスエラー
173
PCIボード
41
POSTエラーメッセージ
102、110、121
POSTエラーメッセージ、100シリーズ
132
POSTエラーメッセージ、200シリーズ
135
POSTエラーメッセージ、300シリーズ
139
POSTエラーメッセージ、400シリーズ
140
POSTエラーメッセージ、600シリーズ
140
POSTエラーメッセージ、1100シリーズ
142
POSTエラーメッセージ、1600シリーズ
142
POSTエラーメッセージ、1700シリーズ
146
POSTエラーメッセージ、番号のない
121
POST実行時の問題のフローチャート
30、31、32
PPM
50、51、125
PPMスロット
50
PPMの障害LED
50、51
PPMの問題
50、139
ProLiant Support Pack (PSP)
78
PSP、概要
78
Q
QuickSpecs
87
R
RAID設定
157
RAIDメモリ
69、122
RBSU(ROMベースセットアップユーティリティ) 42、
67、68、69
RBSU、設定
68
RIS (Remote Installation Services)
98、103、104
ROM
65、79
ROMPaq、ディザスタリカバリ
65、81
ROMPaqユーティリティ
72、74、84
ROMエラー
64、124、128、129、132
ROM、確認
82
ROM、種類
80
42、
Subscriber&apos
80、86
SAS/SATA LEDの組み合わせ
20
SASおよびSATAハードディスクドライブのガイドライ
ン
19
SASドライブ
19、20
SASハードディスクドライブLED
20
SATAハードディスクドライブ
19、20、45、46
SATAハードディスクドライブのLED
20
SCO
188
SCSIハードディスクドライブ
19、44、45
SCSIハードディスクドライブのガイドライン
19
SCSIバス終端エラー
161
SCSIポートのケーブル接続
162
SDカード
46
Smart Update Manager
78、79、82
SmartStart Scripting Toolkit
67
SmartStart、概要
67
SmartStartソフトウェア
89
SmartStartのAutorunメニュー
67
SmartアレイSCSI診断機能
44、75
SPP
78
Sun Solaris
190
Support Pack
67
System Eraseユーティリティ
74
System ROMPaqファームウェアアップグレードユーティ
リティ
84
Systems Insight Manager
74
T
TPM(Trusted Platform Module)
Trusted Platform Module(TPM)
153
21、46、48、59、65
21、46、48、59、65、
U
UPS
38、39
USBサポート
74
USBドライブキー
46、83、84
V
VCRM(バージョンコントロールレポジトリマネージャ
ー)
77
W
Webサイト、HP
86、87
索引
196
Webサイト、参照
22、86
White Paper
86、88
Windowsイベントログプロセッサーエラーコード
お
183
あ
アクセラレータエラーログ
91
アダプター
94、99
アダプターに十分なリソースがない
99
新しいハードウェア
39
アップデート、オペレーティングシステム
61
アドバイザリ
86
アドバンストECCサポート
121、122
アドバンストメモリプロテクション(AMP)
121、122
アプリケーションソフトウェアの問題
63
アレイアクセラレータ
91、92、94、98、99、101、
109、111、148、151、169
アレイアクセラレータのバッテリパック
169
アレイアクセラレータのメモリサイズ変更の検出
151
アレイアクセラレータモジュール
158
アレイコントローラー
104、157
アレイコンフィギュレーションユーティリティ
(ACU)
70
アレイ診断ユーティリティ(ADU)
76
アレイステータス
112
安全
12、74
安全に関する情報
12、14、74
安全に使用していただくために
12
い
一般的な診断フローチャート
25
一般的な問題
18
一般的な問題の解決
18
一般保護違反
60
イベントリストエラーメッセージ
171
色
54
インストール
88
インストール、オフライン
83
インテグレーテッドマネジメントログ(IML)
134、171
インフラストラクチャエラーコード
175
応答時間
46
オーディオ
55
オーディオの問題
55
オプションROM
81
オフラインインストール
83
オペレーティングシステム
60、61、63、78、89、
186
オペレーティングシステムのアップデート
61
オペレーティングシステムのバージョンサポート
78、
89
オペレーティングシステムの問題
60、61、172
オペレーティングシステムのロックアップ
60、72
温度
124、129、142
オンラインROMフラッシュコンポーネントユーティリテ
ィ
79
オンラインインストール
83
オンライン情報
86
オンラインスペアメモリ
69、122、137
か
改訂履歴
8、9
ガイドに従ったトラブルシューティング
86
ガイドライン、ケーブル接続
19
回復不能なホストバスデータパリティエラー
回復不能な読み取りエラー
109
拡張ボード
59、88
拡張ボード関連のポート85コード
182
拡張ボードの問題
59
カスタマーセルフリペア(CSR)
185
過熱
174
画面に何も表示されない
53
管理ツール
72
174
き
50、76、
え
エラーコード、HP BladeSystem p-Classインフラストラク
チャ
175
エ ラ ー コ ー ド 、 Windows イ ベ ン ト ロ グ プ ロ セ ッ サ
ー
183
エラーコード、プロセッサー
183
エラー、パワーサプライの障害エラー
178
エラーメッセージ
61、64、91、111、121、171、
175
エラーメッセージ、ADU
91
エラーログ
61
エンドユーザー使用許諾契約書(EULA)
83
キーボード
55、126、127
キーボードの問題
55、126、127、139、140
記号
87
技術的な情報
88
起動オプション
69
起動の問題
42、65
機能
8、87
キャッシュエラー
99
キャッシュ、交換
92
キャッシュ、無効
94
共有SASポート接続競合
162
共有ポート
162
く
グラフィックアダプターの問題
53
グラフィックカードオプション
53
グローバルプロトコルエラー
123
索引
197
け
警告
13、87
警告メッセージ
109、110
ケーブル
18、101、106、107
ケーブル、VGA
54
ケーブル接続
88
ケーブル接続の問題
162
ケーブル、トラブルシューティング
ケーブルの問題
56
18
こ
更新情報
8
構成エラー
106、107、134
構成シグネチャ
95
構成ツール
67
構文
64
構文エラー
64
ご注意
86
このガイドの使用方法
11
コマンド構文
64
コマンドライン構文エラー
64
コントローラー
108、109、111
コントローラー、アレイ
95、96、102、108、157、
159
コントローラー障害
95、150
コントローラー相互間のリンク接続
99
コントローラーの状態
115
さ
サーバーが起動しない
65
サーバー、セットアップ
77、89、94
サーバーの応答時間
46
サーバーの管理
89、90
サーバーの起動
42
サーバーの機能とオプション
87
サーバーの障害表示のフローチャート
34、36
サーバーのマニュアル
86、87、88、89
サーバーブレード管理モジュールエラーコード
175、
176、177、178
サービス通知
18、86
サービスパック
61、78
サポート
77
サポートされていないアレイアクセラレータバッテリの取
り付け
156
サポートされていないプロセッサー構成
109
サポートされない電圧
128
サポートされないプロセッサーステッピング
84、85
サポートされるオペレーティングシステム
78、89
サポート、ハードウェア
37
し
システムAC電源の負荷
システムAC電源の問題
174
174
システムROM
80、84
システムROMの更新
74、85
システムオンラインROMフラッシュコンポーネントユー
ティリティ
79
システム構成
67、74、134
システムの過熱
174
システムの設定
67、89
システムバッテリ
142
システムパワーサプライが冗長ではない
174
システムパワーサプライ障害
174
システムファン
174
システムファンが冗長ではない
174
システムファン障害
174
システムボード障害
133
システムボードの交換
108、133
自動構成プロセス
68
自動サーバー復旧(ASR)
72
自動バックアップ
81
仕様、オプション
87
障害予測エラーが検出された
104
消去操作
115、116
消去操作が原因でドライブがオフライン
115、116
使用、このガイド
11
仕様、サーバー
87、88
症状に関する情報
15
冗長状態
119
省電力機能
54
情報
86
情報、トラブルシューティング
86
情報、必要
186
シリアル番号
71
診断
70
診断、手順
15
診断タスク
70
診断タブ、HP Insight Diagnostics
75
診断ツール
67、72、75
診断のためのサーバーの準備
15
診断フローチャートの開始
24
診断前の手順
12
診断ユーティリティ
75
す
スイッチ
88
スクリプト式インストール
67
ストレージエンクロージャー
105、106
ストレージ、外部
88
せ
静電気
14
静電気対策
14
製品インストール情報
製品構成情報
87
製品情報
87
製品番号
87、88
87
索引
198
接続エラー
57、58
接続の問題
18、56
接続不良
18、103
電源の問題
37、38
電源モジュール
172
電源を切る
122
そ
と
装置の記号
12、87
外付デバイスの問題
53
その他のポート85コード
182
ソフトウェア
60、67、89
ソフトウェアエラー
63
ソフトウェアの再設定
62
ソフトウェアのトラブルシューティング
60、63
ソフトウェアの問題
60、63
ソフトウェアのリロード
62
ソフトウェアリソース
67、89
ソフトウェアを再設定または再ロードする場合
62
ドライバー
77、89
ドライブ
19、20、44
ドライブアレイコントローラー
147
ドライブが応答しない
98
ドライブがタイムアウトした
98
ドライブが認識されない
43、45
ドライブ障害
43、56、96、97、98、101、103、
104、108、127、140、141
ドライブ障害、検出
43
ドライブ消去操作
155
ドライブ、トラブルシューティング
44
ドライブにモニター特性が設定されていない
103
ドライブのLED
20、43
ドライブのパフォーマンススレッショルド違反
103、
109
ドライブのモニター機能が有効になっていない
98
ドライブの問題
42、43、44、103、104
トラブルシューティング
20、37
トラブルシューティング情報
11、22、86
トラブルシューティング手順、プロセッサー
16
トラブルシューティングのフローチャート
22
取り付け手順
87、88
た
ダーティデータ
92
ダイヤルトーン
56
ダイヤルトーンが聞こえない
他社製デバイス
41、98
タスク
70
短絡
38
56
ち
チェックサム障害
147
致命的なエラー
122
注意事項
13
つ
追加情報
87
て
ディザスタリカバリ
81
ディスケットドライブ
43
ディスケットドライブの問題
43、140、141
訂正不能なメモリエラー
175
データ修復
42、46
データを読み出せない
42
テープが動かなくなった
52
テープドライブ
51
テープドライブの問題
51
デバイスドライバーに関する情報
89
デバイスのテスト
41
電源
37
電源管理モジュールエラーコード
178、179
電源計算ツール
88
電源コード
13
電源障害
127
電源投入時の問題
122
電源投入時の問題のフローチャート
26、28
な
内部システムの問題
内部ヘルスLED
20
42
ね
ネットワークインターコネクトブレード
59
ネットワークコントローラー
58、59
ネットワークコントローラーの問題
58
ネットワーク接続の障害
64
は
バージョンコントロールレポジトリマネージャー
(VCRM)
77
ハードウェア機能
37
ハードウェア、トラブルシューティング
37、39、40、
42、53
ハードウェアの最小構成
16
ハードウェアの問題
37、39
ハードディスクドライブLEDの組み合わせ
20
ハードディスクドライブ、移動
45、46
ハードディスクドライブ、機能しない
45
ハードディスクドライブ、ステータスの判断
20
ハードディスクドライブのLED
20、44
ハードディスクドライブのガイドライン
19
ハードディスクドライブの問題、診断
44
索引
199
パスワード
125
バックアップの問題
52
バックアップ、復元
61
バックプレーン、エラーコード
179
パッチ
61
バッテリ
39、42、99、111、142
バッテリ、残量低下の警告
39
バッテリ、取り扱い
42
パフォーマンス最適化スキャン
152
ハブリンクエラー
124
パラメーター
64
パラレルポート
140
パリティエラー
91、98、127
パワーサプライ
37、126、128、130、144、145、
174、178
パワーレギュレーター
132
プロセッサーステッピング
84、85、131
プロセッサー訂正可能エラーのスレッショルドを超え
た
173
プロセッサー訂正不能内部エラー
173
プロセッサー取り付けツール
16
プロセッサーの問題
16、51、84、85、125、126、
138、183、184
プロセッサーパワーモジュール(PPM)
50、51
フロントサイドバス、エラー
123
分解手順
88
ひ
ほ
ビープコード
121
日付、時刻
134
必要な情報
186
ビデオアダプターの問題
ビデオの色
54
ビデオの問題
53、54
ポート85コード、拡張ボード関連
182
ポート85コード、その他
182
ポート85コード、トラブルシューティング
179
ポート85コード、表示
179
ポート85コード、プロセッサー関連
180
ポート85コード、メモリ関連
181
ポート85コード、リスト
179
ホットフィックス
61
ホットプラグ対応PCIスロット、電源障害
127
53
ふ
ファームウェア
65、78、89、95、104
ファームウェア、アップグレード
18、65、82、103、
159
ファームウェア、更新
18、65、78、80、82
ファームウェアの更新
82、84
ファームウェアのメンテナンス
80
ファームウェア、バージョン
82
ファイバーチャネルアダプター
124
ファン
47、48、122、123、124、143、144、145、
172
ファンアセンブリ
142、143、144
ファンのLED
47
ファンの問題
47、48、122、123
フォールトトレランス機能
90
復元
61
不正なオペコード
124
不正なオペレーターハンドラ
124
物理ドライブの状態
118
不明なエラーコード
179
プリンター
55
プリンターの問題
55
ブルースクリーン
172
フローチャート
22
プロセッサー
16、51、88、125、126、128、129、
130、132、183、184
プロセッサーエラーコード
84、183
プロセッサー関連のポート85コード
180
プロセッサー障害LED
51
へ
ヘルスLED
20
ヘルスドライバー
変更管理
86
72
ま
マウス
55
マウスの問題
55
マニュアル
86
み
未知の無効化コード
109
未知の問題
40
ミラーデータ比較テストに失敗した
ミラーメモリ
69、70、122
101
む
無効なパスワード
125
め
メディアの問題
53
メモリ
48、88、125、134、135、136、137、172
メモリ、RAID
69、138
メモリ、インタリーブ
126
メモリエラー
110、135、175
メモリカウントエラー
49
メモリ関連のポート85コード
181
メモリ、構成
89、135、136、137
メモリの問題
48、49
索引
200
メモリボード
138
メモリ、ミラー
69、70、138
メモリ要件
50
メモリを認識できない
49
メンテナンス&amp
88
も
モデム
56、57
モデムの問題
56
モニター
53、54
問題がないのにドライブが交換された
問題の診断
75
104
ゆ
ユーティリティ
67
ユーティリティ、展開
67
よ
読み出し/書き込みの問題
43
読み出し/書き込みの問題、テープドライブ
52
ら
ラック、警告
13
ラック、注意事項
13
り
リアルタイムクロックバッテリ障害
173
リダンダントROM
65、74、81、128、129
リダンダントケーブル接続構成
153、154
リダンダントコントローラー動作
101
リダンダントパス障害
119、120
リモートROMフラッシュ
64
リモートROMフラッシュの問題
64
リモートサポートおよび分析ツール
77
ろ
ローカルI/Oケーブル
56
論理ドライブ
99、151
論理ドライブ、移行
148
論理ドライブ拡張プロセス
160
論理ドライブ、故障
99、100、101、148、151
論理ドライブ接続の検出
151
論理ドライブの状態
116、117
わ
ワンボタンディザスタリカバリ
130
索引
201
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
93
File Size
5 800 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content