close

Enter

Log in using OpenID

PDF -ダウンロード

embedDownload
www.dmgmori.com
MORI-NET Global Edition Advance
MORI-NET Global Edition
MORI-NET LAN Edition
MORI-SERVER
MORI-MONITOR
MCC-TMS
ネットワークアプリケーション
MORI-NETWORK
お客様の生産課題を、
様々な条件に合わせ
解決へと導くソリューション。
機械のダウンタイム低減、生産管理・加工段取りの
効率化など、工場にはさまざまな課題があります。
DMG MORIでは独自のネットワークアプリケーションを
もとに、
それらの課題を解決する6つのソリューションを
ご提案いたします。
問題発生時の
ダウンタイムを減らしたい!
[メンテナンスサポート系ソリューション]
Solution: 1
インターネットを使った
高度な遠隔保守サービス
P.
06
[お客様にてご用意]
Solution: 2
P.
携帯電話回線を使った、
シンプルな遠隔保守サービス
[お客様にてご用意]
サービスセンタ
サーバ
機械
サービスセンタ
ソフトウェア
ソフトウェア
5年間無償*
(MAPPS Ⅳ搭載機)
パソコン
・ インターネット回線を利用したサポートサービス
・ DMG MORIサービスセンタによる安心の遠隔保守サービス
・ お客様による稼働情報蓄積サーバの設置不要な稼働監視
・ DMG MORI内のサーバから各種データのダウンロード機能
使用
アプリケーション
* 納入日から5年間は無償でご利用いただけます。6年目以降の継続をご希望のお客様につきましては、
有償にてご利用いただけます。詳しくは、弊社の担当窓口までお問い合わせください。
MORI-NETWORK
サーバ
機械
ハブ
2
09
5年間無償*
(MAPPS搭載機)
パソコン
・ 携帯電話回線を利用した、お客様によるネットワーク配線不要な
サポートサービス
・ DMG MORI サービスセンタによる安心の遠隔保守サービス
・ お客様による稼働情報蓄積サーバの設置不要な稼働監視
使用
アプリケーション
【インターネット】 ● ECOLINEシリーズでは
ご利用いただけません。
【LAN】 【携帯電話回線】
オフィスから現場を管理して、
もっと効率的に運用したい!
[生産管理・効率化系ソリューション]
Solution: 3
社内LANを利用した、
工場のリアルタイム
稼働監視システム
P.
10
[お客様にてご用意]
Solution: 4
12
P.
社内 LANを利用した、
パソコン~機械間の
データ入出力用アプリケーション
[お客様にてご用意]
MAPPS搭載機は
無償でご提供
オプション
機械
機械
ソフトウェア
ソフトウェア
ハブ
自社サーバ
パソコン
パソコン
・ リアルタイムで工場全体の稼働監視
・ パソコンと機械間でプログラミングデータの高速入出力が可能
・ 自社サーバ1台で最大30台の機械を接続可能
・ 機械内のプログラムをパソコンに収集可能
・ 社外へ回線接続を行わない自社完結型の稼働監視システム
・ 複数台の機械を接続可能
➡ 社外へ回線接続不可なお客様へ最適なシステム
使用
アプリケーション
使用
アプリケーション
Solution: 5
Solution: 6
社内LANを利用した、
パソコンからの機械遠隔操作用
アプリケーション
[お客様にてご用意]
13
社内 LANを利用した、
工具管理システム
P.
13
[お客様にてご用意]
オプション
(機種により対応できません*)
オプション
機械
機械
ハブ
ソフトウェア
パソコン
・ パソコンから機械画面を閲覧・操作できる
・ パソコンから機械へメッセージ送信が可能
・ 複数台の機械を接続可能
使用
アプリケーション
P.
ソフトウェア
MCC-TMS
ハブ
パソコン
* 対応機種につきましては、弊社の
担当窓口までお問い合わせください。
・ 工具所在と工具寿命、工具補正値を一元管理することで、
工具の手配を最適化
・ IDチップにも対応し、工具データの入力ミスを防止
・ ツールプリセッタの工具計測値を直接データベースに取り込む
ことが可能
使用
アプリケーション
MCC-TMS
【LAN】
MORI-NETWORK
3
機能対応一覧
項目
説明
P.6
ネットワーク
ソフトウェアを運用するために、最低限必要なネットワーク形式
です。
標準/オプション
ソフトウェアの入手方法です。
サービスセンタによる
遠隔アラームサポート
機械に発生したアラームがDMG MORIのサービスセンタに
送信され、担当員による遠隔保守が受けられます。
●
サービスセンタによる機械診断
機械アラーム発生時にDMG MORIのサービス担当員が
遠隔で機械を診断し、復旧に向け対応します。
●
< 高速診断 >
3次元干渉チェック用
工具モデルデータのダウンロード
工具の正確なモデルデータが、DMG MORI内の工具モデル
ダウンロード用ホームページより、機械に直接ダウンロード
できます。
●
機械稼働管理機能
パソコンから機械の稼働情報を随時閲覧可能です。
機械の稼働状況を一括管理できます。
●
E-mail通知機能
パソコンや携帯電話など、お客様の指定したE-mailアドレスに
機械の稼働情報を送信します。
●
定期レポート
稼働率や生産実績、アラーム履歴など、定期的に稼働実績
レポートをE-mailで配信します。
●
計測入力システム
マクロ変数に格納された機内計測の結果を、自動で収集
できます。
ー
計測データ統計処理
入力データを自社サーバに蓄積することで、計測データの
統計処理、
グラフ化が行えます。計測点の最大/最小/平均値や
Cp、Cpkが表示可能です。
ー
データの高速入出力
オフィスのパソコンと機械間でプログラミングデータの高速
入出力ができます。
ー
機械内データのバックアップ
データファイルをパソコンのハードディスクに保存し、機械の
データのバックアップをとることができます。
ー
機械遠隔操作・閲覧
MAPPSの画面をオフィスのパソコン上で遠隔操作・閲覧
できます。
ー
機械へのメッセージ送信
簡単なメッセージを通信先の機械に配信できます。
ー
工具管理システム
MCC-TMSは、工具関連データや構成部品を一元管理し、
段取り時間削減やミス減少に貢献します。
ー
環境
DMG MORI の
サポートを受ける
機械の稼働を
管理する
工場とオフィス間を
効率化する
工具の一元管理
4
MORI-NETWORK
10/100/1000BASE-Tイーサネット
(カテゴリ5以上のLANケーブル*1)
5年間無償*2
(MAPPS Ⅳ搭載機)
MCC-TMS
P.9
P.10
P.13
P.13
10/100/1000BASE-Tイーサネット
(カテゴリ5以上のLANケーブル*1)
KDDI通信モジュール
5年間無償*2
(MAPPS搭載機)
P.12
オプション
MAPPSに標準装備
オプション
オプション
(機種により対応できません*3)
●
ー
ー
ー
ー
●
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
●
●
<リアルタイム>
ー
ー
ー
●
●
ー
ー
ー
●
ー
ー
ー
ー
ー
●
ー
ー
ー
ー
●
ー
ー
ー
ー
ー
●
ー
ー
ー
ー
●
ー
ー
ー
ー
ー
●
ー
ー
ー
●
●
ー
ー
ー
ー
ー
●
<ECOLINEシリーズでは
ご利用いただけません>
*1 接続構成によりケーブルの種類(ストレート・クロス)
は変わる場合があります。ハブを使用せず機械とパソコンを直接接続する場合は、
クロスケーブルを使用してください。
*2 納入日から5年間は無償でご利用いただけます。6年目以降の継続をご希望のお客様につきましては、有償にてご利用いただけます。詳しくは、弊社の担当窓口までお問い合わせください。
*3 対応機種につきましては、弊社の担当窓口までお問い合わせください。
MORI-NETWORK
5
Solution 1:
インターネットを使った
高度な遠隔保守サービス
ネットワーク図
お客様 ≪工場、オフィス≫
外出先 ≪パソコン、携帯電話≫
■ パソコン
■ パソコン+ソフトウェア
稼働情報閲覧
❸ インターネットに接続可能な
パ ソ コ ン にMORI-NET Global
Edition Advanceをインストール
します。
メール通知受信
❹ 外出先でもインターネットや
Eメールができる端末を
お持ちなら、機械の状況を
いつでも確認できます。
■ 携帯電話
稼働情報閲覧
メール通知受信
メール通知受信
各種データの
ダウンロード
■ ハブ
■ ルータ
DMG MORI ≪サービスセンタ≫
❷ インターネットの接続環境を
整備し、ハブを介して社外と
接続を可能にします。
■ 機械
遠隔アラームサポート
各種データの
ダウンロード
❶ インターネットに接続可能なLAN
環境を整備し、ハブを介して機械と
パソコンを接続します。
■ サービスセンタ
機械から送信されたアラーム情報を
もとに、遠隔診断、パーツ手配、修理
担 当 員 の 派 遣 など、症 状に応じた
対応で問題を解決します。
■ サーバ
機械の稼働情報を蓄積します。それらの
情報はお客様が閲覧したりメールで
受信することができます。
● お客様の環境によって接続不可の場合があるので、
事前確認が必要です。
: 使用アプリケーション
● 機械に社内LANへ接続するための設定が必要です。
: 実現する機能
● LANおよびインターネッ
ト環境の整備については各プロバイダにご相談ください。
● お客様での機械の遠隔操作、
機械とパソコン間のデータ入出力は対応しておりません。
実現方法はP.12を参照して下さい。
❶ ~ : 接続手順
【インターネット】
【LAN】
社内 LAN+インターネット回線を利用したシステム
上図はインターネットを利用し高度な遠隔保守サービスやDMG MORI内のサーバからのデータダウンロードを可能にする
ソフトウェア、MORI-NET Global Edition Advanceを使ったネットワーク図です。
機械のアラーム情報や稼働状況は社内LANとインターネットを経由し、DMG MORIへ送信されます。
アラームに関しては、DMG MORIの遠隔保守サービスが対応します。また、稼働状況はお客様ご自身が遠隔地から閲覧する
ことができます。
■ 特長
■ お客様でご準備いただくもの
✓アプリケーションが5年間無償
■
*
✓インターネット回線を利用したサポートサービス
■
✓DMG MORIサービスセンタによる安心の遠隔保守サービス
■
✓高速・大容量ネットワークを利用した強力なサポート
■
✓DMG MORI内のサーバから各種データのダウンロード機能
■
・インターネット回線
・ ハブ
・ ルータ
・ インターネット接続が可能な社内 LAN
・ 機械に接続するLANケーブル
・ パソコン
(レポートを受信する場合)
・ Microsoft® Excel 2000以上
<詳しくはP.8をご覧ください>
✓お客様でのサーバ設置が不要で導入コスト削減を実現
■
✓ インターネットを使った稼働情報の閲覧
■
* 納入日から5年間は無償でご利用いただけます。6年目以降の継続をご希望のお客様につきましては、
有償にてご利用いただけます。詳しくは、弊社の担当窓口までお問い合わせください。
MORI-NET Global Edition Advance のより高度なシステム例は ▶
6
MORI-NETWORK
P.14
Application:
遠隔保守・機械稼働監視サービス
*1 納入日から5年間は無償でご利用いただけます。
6年目以降の継続をご希望のお客様につきましては、
有償にてご利用いただけます。詳しくは、弊社の
MORIサービスセンタによる遠隔保守サービスと、 担当窓口までお問い合わせください。
5年間無償*1(MAPPS Ⅳ搭載機 )
インターネットとLANを組み合わせたネットワークを使い、DMG
お客様ご自身でも機械を監視できる、カスタマーサポートサービスです。
万が一の問題発生時もDMG MORIの遠隔保守サービスが
スムーズに解決!
By
For
サービスセンタ
機械保全管理者
遠隔アラームサポート
アラーム発生時、メール送信ボタンを押すだけで、アラームの内容がサービスセンタに送信されます。
DMG MORI担当員が問題の原因を遠隔診断し、復旧に向けて迅速に対応します。
《お客様の工場》
《DMG MORI サービスセンタ》
《お客様の工場》
問題発生!
❶ MAPPSからアラームの
❶
内容がメール送信されます。
機械から送信されたアラームを
受信すると、サービスセンタは
お客様へ電話連絡いたします。
(手動/自動送信設定可能)
復旧
❷ 遠隔診断で問題の原因を
診断します。
遠隔診断での復旧が
困難な場合は、修理
担当員を迅速に派遣
します。
❸ ❸ 遠隔診断、パーツ手配、修理
担当員の派遣など、症状に
応じた 対 応 で 問 題 を 解 決
します。
24時間365日 お客様をサポート!
DMG MORIサービスセンタのご紹介
サービスコール機能を集約したサービスセンタでは、顧客情報や
納入機械情報はもちろん、
お客様の機械修理履歴を日々データ
ベースに蓄積することで、問題解決に向けて最短ルートで対応
します。
■ 電話サポート解決率*2
(日本・米州・欧州)
75%以上
*2 2014年7月現在
24 hours 365 days
高速・大容量ネットワークを活かした新機能
For
プログラマ
For
機械保全管理者
インターネット回線による高速・大容量ネットワーク
3次元干渉チェック用工具モデルデータのダウンロード
インターネット回線を利用することで、サービスセンタによる遠隔診断が
高速で行え、トータルの復旧時間も短縮します。また、アラーム・操作
履歴などのデータの入出力が、DMG MORIサービスセンタと機械間で
行えることにより正確な遠隔診断ができます。
複合加工機の干渉を未然に防ぐ
「3次元干渉チェック機能」
に欠かせない
工具の正確なモデルデータが、DMG MORI内の工具モデルダウンロード用
ホームページより、機械に直接ダウンロードできます。
お客様の機械
DMG MORI web site
■ インターネットによる通信速度
ダウンロード
最大1 Gbps
DMG MORI
サービスセンタ
携帯電話回線を使用する
MORI-NET Global Editionに比べ
約7倍の通信速度です。
●
機械
通信速度はお客様のネットワークや電波の環境に依存します。
工具モデルダウンロード用
ホームページにある
3D 工具モデル
機械に直接ダウンロード可能
【インターネット】
MORI-NET Global Edition Advance の主な仕様は ▶
P.17
MORI-NETWORK
7
どこにいても、インターネットを使って機械稼働情報を確認できる。
For
生産管理者
インターネット利用できる環境であれば、パソコン上でDMG MORI内のサーバに蓄積された
機械の稼働情報を閲覧することができます。
《お客様の工場》
《DMG MORI:サーバ》
❶ 機械の稼働情報がDMG MORIへ
送信されます。
❷ 機械の稼働情報が随時
蓄積されていきます。
《お客様のオフィス・自宅・出張先》
情報の蓄積
●
●
●
アラーム情報
稼働情報
加工実績 など
❸ サーバに蓄積された情報を
閲覧・受信できます。
●
●
●
機械の稼働情報を閲覧
定期レポートを受信
オフィス、外出先など
世界中どこでもアクセス可能
【インターネット】
機械稼働状況確認
定期レポート配信
パソコンからお客様の機械の稼働情報を随時閲覧可能です。
自宅や外出先で機械の稼働状況を一括管理できます。
稼働率や生産実績、アラーム履歴など、定期的に稼働実績レポートを
E-mailで配信します。これらのデータをもとに、今後の生産性向上や
不良防止に活用できます。
(別途 Microsoft® Excel 2000以上をインストール
詳細表示
する必要があります。)
稼働率
ガントチャート画面
日、週、月単位で稼働時間、
停止時間の割合
ガントチャート詳細画面
詳細表示
加工実績
加工数、完了時間などの
加工実績
アラーム履歴
パレート図を用いたアラーム情報の統計
処理
稼働率画面
稼働率詳細画面
アラームや加工完了などの情報も、指定したアドレスに転送。
アラーム情報転送
アラーム、
加工完了などの通知を、
パソコンや
携 帯 電 話 などお 客 様 の 指 定したE-mail
アドレスに送信いたします。
To
パソコン
To
携帯電話
主な通知内容
■ アラーム発生 ■ 加工完了 ■ アラーム一定時間継続 ■ バーフィーダに棒材が無くなった場合
■ ストッカにワークが無くなった場合(ローダ仕様の場合) など
MORI-NET Global Edition Advance の主な仕様は ▶
8
MORI-NETWORK
P.17
Solution 2:
<MORI-NET Global Edition Advanceの簡易版>
携帯電話回線を使った、シンプルな遠隔保守サービス
遠隔保守・機械稼働監視サービス
5年間無償*(MAPPS 搭載機 )
携帯電話回線とインターネットを使った、DMG MORIサービスセンタに
よる遠隔保守サービスと、お客様ご自身でも機械を監視できる、
カスタマーサポートサービスです。
ネットワーク図
外出先 ≪パソコン、携帯電話≫
お客様 ≪工場、オフィス≫
■ 機械
DMG MORI ≪サービスセンタ≫
■ パソコン
■ パソコン+ソフトウェア
■ サービスセンタ
稼働情報閲覧
メール通知受信
遠隔アラームサポート
稼働情報閲覧
■ 携帯電話
メール通知受信
■ サーバ
メール通知受信
au 無線基地局
● インターネッ
ト環境の整備については各プロバイダにご相談ください。
● お客様での機械の遠隔操作、
機械とパソコン間のデータ入出力は対応しておりません。
実現方法はP.12を参照して下さい。
: 使用アプリケーション
【インターネット】
: 実現する機能
【携帯電話回線】
■ お客様でご準備いただくもの
■ 特長
✓アプリケーションが5年間無償
■
・ インターネット回線(機械稼働情報を確認する場合)
*
・ パソコン
✓DMG MORIサービスセンタによる安心の遠隔保守サービス
■
・ Microsoft® Excel 2000以上(レポートを受信する場合)
<詳しくはP.8をご覧ください>
✓携帯電話回線を使うため、ネットワーク配線不要
■
✓お客様でのサーバ設置が不要で導入コスト削減を実現
■
✓ インターネットを使った稼働情報の閲覧
■
●
* 納入日から5年間は無償でご利用いただけます。6年目以降の継続をご希望のお客様につきましては、
有償にてご利用いただけます。詳しくは、弊社の担当窓口までお問い合わせください。
ECOLINEシリーズではご利用いただけません。
■ MORI-NET Global Edition AdvanceとMORI-NET Global Edition の機能比較
インターネット
使用回線
インターネットと無線通信
DMG MORI 内サーバ
データベース
(データ蓄積)
インターネット:最大1 Gbps
サービスセンタによる遠隔操作
通信速度:約
(通信速度はお客様のネットワーク環境に依存します)
E-mail通知機能
機械稼働管理機能
3次元干渉チェック用
工具モデルデータのダウンロード
DMG MORIサービスセンタと機械間の
データ入出力
(アラーム・操作履歴など)
○
○
MORI-NET Global Edition のより高度なシステム例は ▶
7倍
無線通信:最大144 kbps
(通信速度はお客様の電波環境に依存します)
○
○
P.15
×
×
MORI-NET Global Edition の主な仕様は ▶
P.17
MORI-NETWORK
9
Solution 3:
社内LANを利用した、
工場のリアルタイム稼働監視システム
ネットワーク図
お客様 ≪工場、オフィス≫
外出先 ≪パソコン、携帯電話≫
■ パソコン、携帯電話
■ パソコン+ソフトウェア
❸ パソコンにMORI-NET LAN Editionをインストールします。
<リアルタイム>
稼働情報閲覧
メール通知受信
メール通知受信
■ 自社サーバ
■ ハブ
■ ルータ
❷ データ蓄積用に自社サーバを
設置し、ハブを介して機械と
パソコンに接続します。
❹ インターネットの接続
環境を整備すれば、
外出先で機械稼働
情報のメールを受信
できます。
稼働状況蓄積
■ 機械
❺ E-mailアドレスを指定すれば、機械の
稼働情報をメールで受信することが
できます。
❶ LAN 環境を整備し、ハブを介して
機械とパソコンを接続します。
: 使用アプリケーション
: 実現する機能
❶ ~ : 接続手順
● 機械に社内LANへ接続するための設定が必要です。
● インターネッ
ト環境の整備については各プロバイダにご相談ください。
● お客様での機械の遠隔操作、
機械とパソコン間のデータ入出力は対応しておりません。実現方法はP.12を参照して下さい。
● DMG
MORIサービスセンタによる遠隔保守サービスはできません。
【インターネット】
【LAN】
社内 LAN+自社サーバを利用したシステム
上図は高度な機械稼働管理が行えるアプリケーション、MORI-NET LAN Editionを使ったネットワーク図です。
自社のサーバで構築するため、社外への接続が不可能なお客様に最適な、自社完結型のネットワークシステムです。機械の
稼働状況は自社サーバに蓄積し、オフィスのパソコンからはリアルタイムで工場全体の稼働状況を一元管理することが
できます。
■ 特長
■ お客様でご準備いただくもの
✓社外へ回線接続を行わない自社完結型の
■ ネットワークシステム
・社内 LAN
✓
■ 自社サーバ1台で最大30台の機械を接続可能
・自社サーバ
✓
■ リアルタイムで工場全体の稼働を管理
・機械に接続するLANケーブル
・インターネット回線(外出先でメールを受信する場合)
・ハブ
・ルータ
・パソコン
・SMTP サーバ(E-mail 通知機能を使用する場合)
MORI-NET LAN Edition のより高度なシステム例は ▶
10
MORI-NETWORK
P.16
Application:
機械稼働監視システム
オプション
複数台の稼働機械の稼働情報を収集・蓄積管理すると共に、機械、オペレーターや管理者に配信するネットワークシステム構築ソフトです。
MORI-NET Global Editionの稼働管理機能を強化し、工場全体の生産効率が大幅に向上します。
リアルタイムで工場を一元管理
For
生産管理者
機械状況詳細
全稼働状況表示
個々の機械における加工情報や機械側の設定、稼働実績などを
機械の稼働状況をリアルタイムに監視します。個々の機械の状態が
一覧表示できます。
色別で表示でき、全体の稼働状態が一目で確認できます。
♳
♴
♵
♶
♷
♳ NCモード状態 ♴ 加工情報 ♵ ガントチャート
♶ 主軸回転速度 ♷ 軸負荷情報 稼働状態
緑 :稼働中
黄 :停止中
赤 :アラーム発生中
計測入力や計測データの統計処理が可能
For
生産管理者
計測入力システム
計測データ統計処理
マクロ変数に格納された機内計測の
入力データを自社サーバに蓄積
結果を、自動で収集できます。
黒 :電源 OFF
することで、
計測データの統計処理、
グラフ化が行えます。計測点の
最大/最小/平均値やCp、Cpkを
表示できるため、品質管理に活用
できます。
E-mail通知機能
E-mail 通知機能
MORI-NET Global Edition の E-mail通知
機能に、機械をより細かく把握できる情報を
追加しました。
●
For
生産管理者
■ MORI-NET Global Editionとの通知内容比較
加工完了
通知メール
アラーム
通知メール
機械停止
通知メール
LAN Edition
ー
○
○
Global Edition
○
○
ー
アプリケーション
SMTPサーバが必要です。
MORI-NET LAN Edition の主な仕様は ▶
P.17
MORI-NETWORK
11
Solution 4, 5, 6:
パソコンと接続し、効率的な生産環境を
構築するアプリケーション
ネットワーク図
お客様 ≪工場、オフィス≫
■ パソコン+ソフトウェア
■ 機械
データ高速入出力
データ高速入出力
■ ハブ
機械遠隔操作・閲覧
プログラミング
プログラミング
❶ パソコンに各種ソフトウェアを
インストールします。
❷ LAN 環境を整備し、ハブを介して
機械とパソコンを接続します。
● 機械に社内LANへ接続するための設定が必要です。
: 使用アプリケーション
❶~
: 実現する機能
: 接続手順
【LAN】
社内 LANを利用したシステム
上図は、社内LANで機械とパソコンを接続することで、加工までのリードタイム短縮を実現するシステムです。オフィスの
パソコンから現場の機械を管理、操作したり
(MORI-MONITOR)
、機械とパソコン相互にデータを入出力がすることができます
(MORI-SERVER)
。
■ 特長
■ お客様でご準備いただくもの
✓ パソコンと機械間でプログラミングデータの
■ 高速入出力が可能(MORI-SERVER)
・社内 LAN
・機械に接続するLANケーブル
✓
■ パソコンから機械画面を閲覧・操作
(MORI-MONITOR)
データ入出力用アプリケーション
・ハブ(機械を複数台接続の場合)
・パソコン
オフィスのパソコンと機械間でプログラミングデータの高速入出力を
可能とし、加工までのリードタイム短縮を実現します。
標準装備
デリバリー不要
プログラムの一元管理
複数台の機械に接続
パソコン上で作成したデータを機械へ即転送
できます。
機械内のプログラムをパソコンに収集できます。
LANで接続することで、1台のパソコンから
複数台の機械に入出力作業が可能です。
容易なバックアップ
入出力作業の高速化
データファイルをパソコンのハードディスクに
保存し、機械のデータのバックアップをとる
ことができます。
大 容 量データも、LANを経 由し数 秒 程 度で
入出力可能です。
【オフィス】
【生産現場】
■ NCプログラム
・生成・保存(バックアップ)
・複数台の機械へ配信
・複数台の機械から収集
NCプログラムの流れ
12
MORI-NETWORK
パソコンからプログラムを受信
MAPPS画面遠隔操作・閲覧アプリケーション
オプション
MAPPSの画面をオフィスのパソコン上で遠隔操作・閲覧
できるアプリケーションシステムです。機械の状態確認、
問題発生時の対応など、これまでの現場作業をオフィスワーク
へと変えていきます。
機械登録(最大登録台数100台)
IPアドレス入力
械を複数台登録することができ、その一覧を
機
画面に表示します。選択するとその機械の
画面を閲覧可能です。
登録の機械でも、IPアドレスとパスワードを
未
入力することで閲覧が可能です。
メッセージ送信機能
自動リロード
簡 単 なメッセージを通 信 先 の 機 械に配 信
できます
(LANの接続が必要)
。
MAPPS 画 面 の 移り変わりを、ほぼリアル
タイムの監視が可能です。
ログイン機能
ログインしたパソコンのみ MAPPS 操作を
可 能 に する 機 能 で す。MAPPS 側 から の
操作もロックできます。
MAPPS 操作パネル部分の遠隔操作は、安全上行えません。
MCC-TMSは、工具関連データや構成部品を一元管理し、段取り時間削減や
ミス減少に貢献する工具管理システムです。
ツールIDに対応するほか、LPP
(リニアパレットプール)
など自動化システムに
おける工具の一元管理にも威力を発揮します。
工具管理システム
MCC-TMS
●
オプション
効率的に工具データを共有
工具補正値を正確に転送
工具の所在と寿命、補正値を一元管理することで、工場内での共有が
簡単に実現でき、工具の手配も最適化できます。
また工具摩耗も管理でき、加工品質も管理できます。
工具補正値や工具寿命などの工具情報は、工具を機械に取り付ける際に、
自動的に機械へ配信されます。
これにより、入力ミスなどのヒューマンエラーを防止することができます。
マネージャー
工具補正
ID番号通知
オペレーター
工具補正
工具寿命
NCプログラマー
MCC-TMS
IDの設定
工具データベース
工具管理部署
ID番号入力
読み取り
ツールプリセッタ
●
IDチップ
IDチップの有無に限らずシステムの運用は可能です。
工具管理システムの組合せ例
B
MCC-TMSツールプリセッタ
インタフェース
(標準)
ツールプリセッタ
MAPPS工具管理システム
OP
イントラネット RS-232-C
工具長と工具径の
データ転送
リーダ/ライタ
加工機
A
ツール IDシステム
MAPPSⅣ 加工機
MAPPSⅣ
イントラネット
リーダ/ライタ
リーダ/ライタ
OP
A
MCC-TMS
+
MAPPS工具管理システム OP
+
ツールプリセッタインタフェース
B
MCC-TMS
+
MAPPS工具管理システム OP
+
ツールプリセッタインタフェース
+
ツール IDシステム OP
パソコンにMCC-TMS、本機 MAPPS 側にMAPPS 工具管理システム OP を搭載し、工具を一元管理( A )。
またツールIDにより社内の工具情報の呼出・登録を自動処理できます
( B )。
MORI-SERVER, MORI-MONITOR, MCC-TMS の主な仕様は ▶
P.18, 19
MORI-NETWORK
13
システム例
システム例: 01 高度な遠隔保守+ 生産の効率化を実現する、理想的なシステム
お客様 ≪工場、オフィス≫
外出先 ≪パソコン、携帯電話≫
■ パソコン+ソフトウェア
■ パソコン
稼働情報閲覧
稼働情報閲覧
メール通知受信
メール通知受信
各種データの
ダウンロード
■ 携帯電話
データ高速入出力
メール通知受信
機械遠隔操作・閲覧
プログラミング
■ ハブ
■ ルータ
DMG MORI ≪サービスセンタ≫
■ サービスセンタ
機械から送信されたアラーム情報
をもとに、遠隔診断、パーツ手配、
修理担当員の派遣など、症状に
応じた対応で問題を解決します。
■ 機械
遠隔アラームサポート
各種データの
ダウンロード
データ高速入出力
■ サーバ
プログラミング
機械の稼働情報を蓄積します。
そ れらの 情 報はお客 様が閲 覧
したりメールで受信することが
できます。
お客様の環境によって接続不可の場合があるので、事前確認が必要です。
機械に社内LANへ接続するための設定が必要です。
● LANおよびインターネッ
ト環境の整備については各プロバイダにご相談ください。
●
: 使用アプリケーション
●
: 実現する機能
【インターネット】
【LAN】
■ 特長(MORI-NET Global Edition Advance)
✓
■ インターネッ
ト回線を利用したサポートサービス
・インターネット回線
✓
■ DMG
MORI サービスセンタによる安心の遠隔保守サービス
・ルータ
✓
■ 高速・大容量ネッ
トワークを利用した強力なサポート
✓
■ DMG
MORI 内のサーバから各種データのダウンロード機能
✓
■ お客様でのサーバ設置が不要で導入コス
ト削減を実現
✓
■ インターネッ
トを使った稼働情報の閲覧
✓ パソコンと機械間でプログラミングデータの
■ 高速入出力が可能(MORI-SERVER)
✓
■ パソコンから機械画面を閲覧・操作
(MORI-MONITOR)
14
■ お客様でご準備いただくもの
MORI-NETWORK
・ハブ
・インターネット接続が可能な社内 LAN
・機械に接続するLANケーブル
・パソコン
・Microsoft® Excel 2000以上(レポートを受信する場合)<詳しくはP.8をご覧ください>
システム例: 02 遠隔保守+生産の効率化を実現するシステム
お客様 ≪工場、オフィス≫
外出先 ≪パソコン、携帯電話≫
■ パソコン+ソフトウェア
■ パソコン
データ高速入出力
稼働情報閲覧
機械遠隔操作・閲覧
メール通知受信
プログラミング
■ 携帯電話
メール通知受信
■ ハブ
DMG MORI ≪サービスセンタ≫
■ サービスセンタ
■ 機械
機械から送信されたアラーム情報
をもとに、遠隔診断、パーツ手配、
修理担当員の派遣など、症状に
応じた対応で問題を解決します。
遠隔アラームサポート
データ高速入出力
プログラミング
❷ 機械が複数台の
場合は、それぞれ
をLAN で 接 続 し
ます。
●
au 無線
基地局
■ サーバ
機械の稼働情報を蓄積します。
そ れらの 情 報はお客 様が閲 覧
したりメールで受信することが
できます。
機械に社内LANへ接続するための設定が必要です。
: 使用アプリケーション
【インターネット】
: 実現する機能
【LAN】
【携帯電話回線】
■ 特長(MORI-NET Global Edition)
■ お客様でご準備いただくもの
✓
■ DMG
MORI サービスセンタによる安心の遠隔保守サービス
・インターネット回線
✓
■ 携帯電話回線を使うため、
ネットワーク配線不要
・機械に接続するLANケーブル
✓
■ お客様でのサーバ設置が不要で導入コス
ト削減を実現
・ハブ
・パソコン
・Microsoft® Excel 2000以上(レポートを受信する場合)<詳しくはP.8をご覧ください>
✓
■ インターネッ
トを使った稼働情報の閲覧
✓ パソコンと機械間でプログラミングデータの
■ 高速入出力が可能(MORI-SERVER)
✓
■ パソコンから機械画面を閲覧・操作
(MORI-MONITOR)
●
MORI-NET Global Edition: ECOLINEシリーズではご利用いただけません。
MORI-NETWORK
15
システム例
システム例: 03 オフィスを基点とした完全自社完結型の機械管理システム
お客様 ≪工場、オフィス≫
■ パソコン+ソフトウェア
■ 機械
<リアルタイム>
稼働情報閲覧
データ高速入出力
プログラミング
メール通知受信
データ高速入出力
機械遠隔操作・閲覧
プログラミング
■ 自社サーバ
稼働状況蓄積
●
●
■ ハブ
機械に社内LANへ接続するための設定が必要です。
DMG MORIサービスセンタによる遠隔保守サービスはできません。
: 使用アプリケーション
【LAN】
: 実現する機能
■ 特長(MORI-NET LAN Edition)
✓ 社外へ回線接続を行わない自社完結型の
■ ネットワークシステム
✓
■ 自社サーバ1台で最大30台の機械を接続可能
✓
■ リアルタイムで工場全体の稼働を管理
■ お客様でご準備いただくもの
・社内 LAN
・機械に接続するLANケーブル
・自社サーバ
・ハブ
・パソコン
✓ パソコンと機械間でプログラミングデータの
■ 高速入出力が可能(MORI-SERVER)
✓
■ パソコンから機械画面を閲覧・操作
(MORI-MONITOR)
MAPPS: Mori Advanced Programming Production System
16
MORI-NETWORK
仕様
項目
オプション
5年間無償*1
■ パソコン側の動作環境
2000 Professional(Service Pack 3以上)
2000 Server(Service Pack 3以上)
XP Home Edition(Service Pack 1以上)
XP Professional(Service Pack 1以上)
Vista Ultimate/Business/Home Premium/Home Basic
7 Home Premium以上
(32 bit)
7 Professional以上
(64 bit)
○ サーバ
Windows® Server 2003(Service Pack 2以上)
Windows® XP Professional(Service Pack 2以上)
Windows® 7 Home Premium 以上
(32 bit)
Windows® 7 Professional 以上
(64 bit)
®
Windows Server 2008 Standard 以上
(32 bit)
Windows® Server 2008 R2 Standard 以上
(64 bit)
○ クライアント
Windows® Server 2003(Service Pack 2以上)
Windows® XP Home Edition(Service Pack 2以上)
Windows® XP Professional(Service Pack 2以上)
Windows® Vista Ultimate/Business/Home Premium
Windows® 7 Home Premium 以上
(32 bit)
Windows® 7 Professional 以上
(64 bit)
®
Windows Server 2008 Standard 以上
(32 bit)
Windows® Server 2008 R2 Standard 以上
(64 bit)
OS
Windows®
Windows®
Windows®
Windows®
Windows®
Windows®
Windows®
CPU
Pentium® Ⅲ 600 MHz以上
Pentium® Ⅲ 600 MHz 以上
メモリ
256 MB以上
256 MB 以上
HDD
400 MB以上の空き容量が必要
10 GB 以上の空き容量が必要
ブラウザ
Internet Explorer 5.01以上
ー
モニタ
XGA以上
XGA 以上
必要な環境
Microsoft® Excel 2000以上
(レポートを受信する場合)
インターネット接続
(メール通知を受信、稼働実績を閲覧する場合)
○ サーバ:NET Framework 3.5, ASP.NET, IIS6.0*2
○ クライアント: NET Framework 1.1
データベース
DMG MORI内のサーバを使用
その他
ー
USBポート×1 DVDドライブ*4
ー
USBプロテクタ
SQL Server 2008*3
(インストールDVDに
「SQL Server 2008 Express with Advanced Services」
を同梱)
■ 標準付属品
ハードウェア
■ 機械側に必要な設備、設定
ネットワーク
MORI-NET Global Edition:KDDI通信モジュール
MORI-NET Global Edition Advance:
10/100/1000BASE-Tイーサネット
(カテゴリ5以上のLANケーブル*5)
インターネット接続が可能であること*6
10/100/1000BASE-Tイーサネット
(カテゴリ5以上のLANケーブル*5)
機械側の設定
MORI-NET Global Edition Advance:
社内LANへ接続の設定
(IPアドレス等)
社内LANへ接続の設定
(IPアドレス等)
機械側オプション
*1 納入日から5年間は無償でご利用いただけます。6年目以降の継続をご希望のお客様につきましては、有償にてご利用いただけます。詳しくは、弊社の担当窓口までお問い合わせください。
*2 SQL Server 2005を運用する場合はNET Framework 2.0, ASP.NET, IIS6.0をご使用ください。
*3 Windows® Server 2003, Windows® XPはSQL Server 2005でも動作可能です。
*4 MORI-NET LAN EditionのメディアはDVDです。
*5 接続構成によりケーブルの種類(ストレート・クロス)
は変わる場合があります。ハブを使用せず機械とパソコンを直接接続する場合は、
クロスケーブルを使用してください。
*6 MORI-NET Global Edition Advanceは通信速度がKDDI 通信モジュール方式より速く、より多くのサービスを受けることができます。
● MORI-NET Global Edition: ECOLINEシリーズではご利用いただけません。
MORI-NETWORK
17
仕様
項目
オプション
標準装備
■ パソコン側の動作環境
OS
Windows®
Windows®
Windows®
Windows®
XP Professional(Service Pack 3)
Vista Home Premium以上(Service Pack 2)
7 Home Premium以上 (Service Pack 1)
8(8.1)
CPU
Pentium® Ⅲ 1 GHz以上
Pentium® Ⅲ 600 MHz 以上
メモリ
256 MB以上
256 MB 以上
HDD
200 MB以上の空き容量が必要
200 MB 以上の空き容量が必要
ブラウザ
ー
ー
モニタ
XGA以上
XGA 以上
設定
MDAC 2.7以上
IISなどのWebサービスが起動していないこと
ー
その他
USBポート×1
ー
USBプロテクタ
ー
Windows®
Windows®
Windows®
Windows®
XP Professional(Service Pack 3)
Vista Home Premium 以上(Service Pack 2)
7 Home Premium 以上 (Service Pack 1)
8(8.1)
■ 標準付属品
ハードウェア
■ 機械側に必要な設備、設定
ネットワーク
10/100/1000BASE-Tイーサネット
(カテゴリ5以上のLANケーブル*)
10/100/1000BASE-Tイーサネット
(カテゴリ5以上のLANケーブル*)
機械側の設定
社内LANへ接続の設定
(IPアドレス等)
機械側オプション
社内LANへ接続の設定
(IPアドレス等)
* 接続構成によりケーブルの種類(ストレート・クロス)
は変わる場合があります。ハブを使用せず機械とパソコンを直接接続する場合は、
クロスケーブルを使用してください。
18
MORI-NETWORK
MCC-TMS
項目
オプション
■ パソコン側の動作環境
OS
Windows® 7 Professional(32 bit)
Windows® XP Professional(Service Pack 2以上)
CPU
Pentium® Ⅳ以上
メモリ
512 MB以上
HDD
40 GB以上の空き容量が必要
ブラウザ
Internet Explorer 6以上
モニタ
XGA以上
データベースソフト
Access 2000以上
SQL Server 2005 Express/Workgroup/Standard/Enterprise*1
その他
CD-ROM
キーボードおよびマウス
Windows® ネットワークに接続*2
Oracle 9i Client*3/Oracle 10g Express Edition*4
■ 機械側に必要な設備、設定
ネットワーク
10/100/1000BASE-Tイーサネット NIC
(×1)
機械側の設定
社内LANへ接続の設定
(IPアドレス等)
機械側オプション
*1 SQL Server 2005の導入・保守・管理は、お客様ご自身で行ってください。
*2 ツールプリセッタとのデータの受渡しに、共有フォルダもしくはRemote Serverインタフェースを使用する場合。
*3 MCC-LPSⅡとの連携使用の場合。
*4 MCC-LPSⅢとの連携使用の場合。
MORI-NETWORK
19
< 機械移設のご注意 >
輸出:本製品は、
日本政府の外国為替及び外国貿易法の規制貨物に該当します。従って、該当品を輸出する場合には、同法に基づく許可が必要とされます。
本製品は、機械の移設を検知します。機械移設後は、DMG森精機株式会社による確認作業を受けない限り、本製品の運転を行なうことができません。
DMG森精機株式会社は、機械を再運転させることが貨物もしくは技術の不正輸出となり得る、
または適法な輸出規制を侵害するであろうと判断する場合は、機械の再運転を
拒否することができます。その場合、DMG森精機株式会社は、機械を運転できないことによるいかなる損失、
またはサービス保証下における責務も一切負いません。
現在お持ちのMAPPSに搭載されていない機能については、
ソフトウェアのアップデートが必要です。詳しくは弊社の担当窓口にご相談ください(アップデートは有償です)
。
機種によっては対応していない機能があります。
記載された製品名等は、各社の商標または登録商標です。
● 記載の画面は、実際と異なる場合があります。
● CELOS、ERGOline 、SLIMline 、COMPACTline 、DMG MORI gearMILLはDMG 森精機株式会社の日本、米国およびその他の国における商標又は登録商標です。
● 記載の内容に関するご質問は、弊社の担当窓口までお問い合わせください。
● 本カタログの内容は2015年9月現在のものです。予告なく仕様などを変更させていただく場合があります。
● 機械の写真は、実機と異なる場合があります。また、銘板の貼付位置やサイズは実機と異なる場合があり、実際に貼付していない機種があります。
● ● ● DMG森精機株式会社
名古屋本社
□ 名古屋市中村区名駅2丁目35-16 (〒450-0002) TEL. (052) 587-1811
奈良事業所 奈良第一工場 □ 奈良県大和郡山市井戸野町362 (〒639-1183) TEL. (0743) 53-1121
奈良第二工場 □ 奈良県大和郡山市北郡山町106 (〒639-1160) TEL. (0743) 53-1125
DMG森精機セールスアンドサービス株式会社
□ 名古屋市中村区名駅2丁目35-16 (〒450-0002) TEL. (052) 587-1862
修理やパーツのご依頼・技術相談に関するお問い合わせは…
伊賀事業所
□ 三重県伊賀市御代201 (〒519-1414) TEL. (0595) 45-4151
■ サービスセンタ
千葉事業所
□ 千葉県船橋市鈴身町488-19 (〒274-0052) TEL. (047) 410-8800
24時間365日通話無料
0120-124-280
0077-78-0222
MORINETWORK-JC08-1D
D.1509.CDT.0000
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
4 729 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content