close

Enter

Log in using OpenID

領有権めぐり中国人ツアーの地図没収、罰金も

embedDownload
産経新聞 25.10.29
ベトナム税関、領有権めぐり中国人ツアーの地図没収、罰金も
中国人のツアーガイドが持ち込もうとしたベトナム観光パンフレットの地図に、ベトナムによる南シナ
海のスプラトリー(中国名・南沙)
、パラセル(同・西沙)両諸島の領有を示す記載がないとして、ベトナ
ム税関がパンフレットを没収し、罰金を科すことが29日までに分かった。
ベトナムは両諸島の領有権を中国と争っており、両諸島の領有を示す記載がないベトナムの地図の持ち
込みを法令で禁じている。流通を放置すれば、中国による領有権の既成事実化につながりかねず、ベトナ
ム当局が警戒を強めている。
ベトナム国営メディアによると、パンフレットは23日、中部ダナンの空港に入国した中国人ツアーガ
イド(31)が持ち込んだ。税関はパンフレット257部を押収・破棄し、十数万円の罰金を科す方針だ。
ダナンの空港税関によると、同様の摘発事例は過去に4件ある。5月には中国・広州で旅行ガイド98
冊を購入し、ベトナムに持ち込もうとした中国人(33)が摘発されており、ベトナムで中国人の観光客
に渡す予定だったとされる。
昨年にベトナムを訪れた旅行客は684万人。そのうち中国人は最多となる142万人で、中国製の地
図流入が増加する背景となっている。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
86 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content