close

Enter

Log in using OpenID

San-inNetブロードバンドサービス 設定手順書 Windows Vista 版 セコム

embedDownload
San-inNetブロードバンドサービス
設定手順書
Windows Vista 版
セコム山陰株式会社
設定手順書の構成
設定を行う前にお読みください。
1 ADSLモデム又はReachDSLモデムの設置
導 入 編
ADSLモデム又はReachDSLモデムの特徴、各部の名称と機能、ケーブル
の接続についてご説明しています。
ご使用の前に必ずお読みください。
2 LANボード/カードのセットアップ
LANボード/カードのセットアップ方法についてご説明しています。
尚、パソコンご購入段階で取付けされている機種もございます。詳細
は、パソコンの説明書をご参照ください。
設定手順書です。設定の際にお読みください。
3 ネットワーク設定
設 定 編
ネットワークの設定をご説明しています。LANボード/カードのセッ
トアップを完了させてから、設定を行ってください。
4 インターネット/メールの設定
インターネット接続ウィザードを使用した場合の設定の流れをご説明
いたします。
インターネット接続ウィザードをご利用することによりインターネッ
ト、メールの設定が可能です。
F A Q 編
トラブルシューティング。故障かなと思ったらお読みください。
5 トラブルシューティング
トラブルシューティングおよび注意事項を紹介致します。
ご参照ください。
Microsoft Windows Vista、Microsoft Internet Explorer、Windows メールは、米国Microsoft Corporationの
米国およびその他の国における商標または登録商標です。
−導入編−
1.DSLモデムの設置
1−1
モデムの概要
お客様へ配布しましたモデムはADSL用モデム住友電気工業製「MegaBit Gear 」又はReachDSL用モデム
パラダイン社製「Hotwire6350」となります。
DSLモデムは当社より販売させていただいているもの以外は動作保証はいたしませんのでご注意ください。
(ReachDSL用モデムは弊社が提供するモデムしかございません。)
1−2
ADSLモデム又はReachDSLモデムとパソコンの接続
■ ADSL用モデムの場合
ADSLモデムとパソコンへの接続方法を以下に示します。
≪正面≫
≪背面≫
①
接続手順
②
③
①
外部電源入力端子
付属のACアダプタを接続します。
② 10BASE−T端子
LANケーブルを接続します。接続したLANケーブルはパソコンのLANボード/カードの
コネクタ部分へ接続します。
③ LINEポート
電話回線を接続します。
ADSLモデム正面ランプの説明
ADSLモデム正面のランプを以下に示します。
POWER
ADSL
PPP
LAN
ALARM
:
:
:
:
:
ACアダプタからの電力が供給されている場合は緑色に点灯します。
ADSLリンクアップ時に緑色に点灯します。データが流れている時は点滅します。
本サービスでは使用しません。
パソコンとADSLモデム間の通信を示します。リンクアップ時は緑色に点灯します。
障害時に赤色に点滅します。
■ ReachDSLモデムの場合
ReachDSLモデムとパソコンへの接続方法を以下に示します。
≪正面≫
接続手順
①
②
③
④
≪背面≫
①
②
③
④
POWER端子
付属のACアダプタを接続します。
ETHERNET端子
LANケーブルを接続します。接続したLANケーブルはパソコンのLANボード/カードの
コネクタ部分へ接続します。
PHONE端子
電話機やFAXに接続します。
LINE端子
電話回線を接続します。
ReachDSLモデム正面ランプの説明
ReachDSLモデム正面のランプを以下に示します。
PWR : ACアダプタからの電力が供給されている場合は緑色に点灯します。
ALM : 障害時に赤色に点灯します。
TST : 通常は消灯しています。
LINE : ADSLリンクアップ時に緑色に点灯します。
TX/RX: データが流れている時は点滅します。
ETHERNET: パソコンとADSLモデム間の通信を示します。リンクアップ時は緑色に点灯します。
−導入編−
2.LANボード/カードのセットアップ
2−1
LANボードの購入
パソコンをケーブルモデムに接続するためには、10BASE-TイーサネットボードまたはPCMCIAカードが
必要になります。(既にパソコン側に10BASE−T端子がある場合は、これらは必要ありません。)
また、LANボード/カードのご購入の際は、パソコンと動作確認が取れていることをご確認ください。
LANボードの種類と確認事項
■PCIバスまたはISAバス用の10BASE-T LANボード
1.ボード増設用の空きスロットがあること。
2.バスの種類(PCIバス/ISAバス)をご確認ください。
デスクトップ型
パソコン
■PCMCIA
LANカード
1.PCMCIAカードスロットがあること。
ノート型
パソコン
2−2
LANボードの増設手順
LANボードの増設手順については、パソコンのマニュアル及びLANボードの説明書を参照してください。
尚、増設はお客様の責任の元に行ってください。
−設定編−
3.ネットワークのTCP/IP設定
3−1
≪Windows Vista 編≫
起動
1.〔スタートボタン〕から〔コントロールパネル〕を開きます。
2.〔コントロールパネル〕の中から〔ネットワークとインターネット〕を開きます。
3. 〔ネットワークとインターネット〕の中から〔ネットワークと共有センター〕を開きます。
−設定編−
≪Windows Vista 編≫
3−1
起動
4.〔ネットワークと共有センター〕の中から〔ネットワーク接続の管理〕を開きます。
5.DSLモデムとの通信ができている場合、〔LANまたは高速インターネット〕の中に
接続中のアイコンが表示されるので、このアイコンをダブルクリックします。
−設定編−
≪Windows Vista 編≫
3−1
起動
1.〔ローカルエリア接続のプロパティ〕が起動します。
2.〔インターネットプロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)〕にチェックが入っていることを確認
の上、選択し〔プロパティ〕をクリックします。
チェックが入って
いることを確認。
−設定編−
≪Windows Vista 編≫
3−2
設定
1.〔次のIPアドレスを使う〕にチェックします。
登録通知に記載されているIPアドレスとサブネットマスク、デフォルトゲートウェイを
それぞれ入力します。
〔次のDNSサーバーアドレスを使う〕にチェックしてあることを確認して、登録通知に
記載されているプライマリDNSサーバーとセカンダリDNSサーバーを、優先DNSサ
ーバーと代替DNSサーバーにそれぞれ入力します。入力が完了したら〔OK〕ボタンを
クリックしてください。
登録通知書に記載さ
れているIPアドレス、
サブネットマスク、デ
フォルトゲートウェイ
の数値を入力。
登録通知書に記載さ
れているプライマリD
NSサーバとセカンダ
リDNSサーバーの数
値を入力。
2.〔ローカルエリア接続のプロパティ〕の画面に戻ったところで〔OK〕ボタンをクリックします。
−設定編−
4.インターネット/メールの設定
≪Windows Vista 編≫
本設定手順書は、Microsoft Internet Explorer7.0、Windows メールを使用した場合の接続手
順書となります。
これよりご説明しますインターネット接続ウィザードを使用することにより、ブラウザ(ホー
ムページ閲覧ソフト)及びメールの設定が可能です。
4−1
Microsoft Internet Explorer の設定方法
1.〔スタートボタン〕から〔コントロールパネル〕を開きます。
2.〔コントロールパネル〕の中から〔ネットワークとインターネット〕を開きます。
3.〔ネットワークとインターネット〕の中から〔インターネットオプション〕を起動します。
−設定編−
≪Windows Vista 編≫
4−1
Microsoft Internet Explorer の設定方法
4.〔インターネットのプロパティ〕が起動します。
〔全般〕タブ→〔ホームページ〕→〔アドレス〕欄に「http://www.miracle.ne.jp」
を入力し、〔適用〕→〔OK〕をクリックします。
5.〔スタートボタン〕の中から〔インターネット〕を起動します。
下記の画面が出れば完了です。
−設定編−
≪Windows Vista 編≫
4−2
Windows メール の設定方法
1. 〔スタートボタン〕から〔メール〕を起動します。
2. 〔ツール〕メニューの中から〔アカウント〕を開きます。
3. 〔インターネットアカウント〕の中から〔追加〕クリックします。
−設定編−
≪Windows Vista 編≫
4−2
Windows メール の設定方法
4. 〔電子メールアカウント〕を選択し、〔次へ〕をクリックします。
2.名前
〔表示名〕を入力し、〔次へ〕をクリックします。
〔表示名〕とは電子メールを送付した際に相手に知らせる名前です。お客様のお好きな
任意の名前を入力してください。
−設定編−
≪Windows Vista 編≫
4−2
Windows メール の設定方法
3.インターネット電子メールアドレス
〔電子メールアドレス〕欄へ、登録通知に書かれているメールアドレスを入力し、
〔次へ〕をクリックします。
4.電子メールサーバー名
〔受信メールサーバーの種類〕は〔POP3〕を選択します。
〔受信メールサーバー/送信メールサーバー〕には登録通知に記載されているメール
サーバ名を入力し、〔次へ〕をクリックします。
−設定編−
≪Windows Vista 編≫
4−2
Windows メール の設定方法
5.インターネットメールログオン
〔アカウント名〕欄へは登録通知の〔メールアカウント〕、〔パスワード〕欄へは〔メール
パスワード〕を入力し、〔次へ〕をクリックします。
6.インターネット接続ウィザードの終了
〔完了〕をクリックし、インターネット接続ウィザードを終了します。
−設定編−
≪Windows Vista 編≫
4−2
Windows メール の設定方法
7.Windows メールの設定完了
以上でメールの設定は完了です。〔閉じる〕をクリックし画面を閉じてください。
8.電子メールの動作確認
〔Windows メール〕を起動し〔送受信〕をクリックします。
この段階では通常、お客様へのメールはありませんので、送受信は自動的に終了します。
−FAQ編−
5.故障かなと思ったら! こちらをご確認ください。
5−1
インターネットへつながらない
1−1.ADSLモデムの場合
〔ADSLモデム〕のインジケーターをご確認ください。
〔ADSLモデム〕〔パソコン〕の電源が投入されている状態でご確認ください。
→〔ADSL〕ランプが消灯している場合は、San-inNetサポートセンターへご連絡ください。
→〔LAN〕ランプが消灯している場合は、〔ADSLモデム〕と〔パソコン〕の接続をご確認
ください。正常に接続されている場合は緑色に点灯しています。
→〔ALARM〕ランプが赤色で点滅している場合は、障害の発生が考えられます。
San-inNetサポートセンターへご連絡ください。
→ADSLモデムのインジケータに問題がない場合は「2」へ進んでください。
1−2.ReachDSLモデムの場合
〔ReachDSLモデム〕のインジケーターをご確認ください。
〔ReachDSLモデム〕〔パソコン〕の電源が投入されている状態でご確認ください。
→〔LINE〕ランプが消灯している場合は、San-inNetサポートセンターへご連絡ください。
→〔ETHERNET〕ランプが消灯している場合は、〔ReachDSLモデム〕と〔パソコン〕の接続
をご確認ください。正常に接続されている場合は緑色に点灯しています。
→〔ALM〕ランプが赤色で点灯している場合は、障害の発生が考えられます。
San-inNetサポートセンターへご連絡ください。
→ReachDSLモデムのインジケータに問題がない場合は「2」へ進んでください。
2.パソコンの〔ネットワークのTCP/IP〕設定をご確認ください。
→詳細は本設定手順書の〔設定編〕〔3.ネットワークのTCP/IP設定〕をご確認
ください。
→パソコンの設定に問題が見受けられない場合は「3」へ進んでください。
3.上記をご確認後、症状が改善されない場合はSan-inNetサポートセンターへご連絡ください。
専門の係員がサポート致します。
−FAQ編−
5−2
ご注意事項
落雷等からDSLモデム、PC機器を守る方法
落雷等により、サージやノイズと呼ばれる電圧異常が発生し、これに起因する機器故障が頻発
しております。
このサージやノイズからDSLモデム・PC機器等を守る為、各メーカーからサージプロテクタ
が発売されております。
ご利用していただくことをお奨め致します。
※落雷等の自然災害に起因するDSLモデムの故障は保証期間内であっても保証の対象外となりま
すので、ご注意ください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
572 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content