close

Enter

Log in using OpenID

Visual Dialogue ユーザー ガイド

embedDownload
Visual Dialogue ユーザー
ガイド
バージョン 6.0 SP1
©
2013 Pitney Bowes Software Inc. All rights reserved.
本ドキュメントには、Pitney Bowes Inc. またはその子会社や関連企業が所有する機密情報と独占情報が含ま
れます。
Portrait Software、Portrait Software ロゴ、Portrait、および Portrait Software の Portrait ブランドは、Portrait
Software International Limited の商標であり、Portrait Software International Limited から書面による事前の承
諾を得ない限り、いかなる方法でも使用できません。
商標に関する告知
その他、記載されている製品名、社名、マーク、ロゴ、およびシンボルには、各社の商標または登録商標と
して使用している場合があります。
Portrait Software サポート
本ドキュメントに記載された情報で対処できない状況が発生し、支援が必要な場合は、当社 Web サイトの
Knowledge Base をご利用ください。http://support.portraitsoftware.com にアクセスし、目的の製品のリ
ンクをクリックします。
このサイトでは、他の Portrait Software ドキュメントをダウンロードすることもできます。 ユーザ名とパス
ワードをお持ちでないか、お忘れの場合は、以下の連絡手段のいずれかでお問い合わせください。
本製品の使用、インストール、またはドキュメントに問題点がありましたら、以下の連絡手段のいずれかで
お問い合わせください。
電子メール:[email protected]
電話
• 米国/カナダ 1-800-335-3860 (フリーダイヤル)
• その他の国 +44 800 840 0001
問題点をご連絡いただく際は、以下の情報をお手元に控えておいてください。
• ソフトウェア アプリケーションの名前
• 問題が発生したときの状況
• エラー メッセージが表示された場合はその文言
• 使用していたソフトウェアのバージョン
Pitney Bowes Software Inc.
目次
第 1 章 : はじめに.........................................................................................................9
目的.....................................................................................................................................10
対象読者..............................................................................................................................10
関連マニュアル...................................................................................................................10
第 2 章 : 製品の概要....................................................................................................11
Visual Dialogue について..................................................................................................12
主な機能..............................................................................................................................12
第 3 章 : Visual Dialogue の GUI...............................................................................13
メイン アプリケーション ウィンドウ.................................................................................14
リボン..................................................................................................................................14
リボン タブ....................................................................................................................14
[ファイル] タブ...............................................................................................................15
[ホーム] タブ..................................................................................................................15
[作成] タブ......................................................................................................................17
[表示] タブ......................................................................................................................17
‎[Web] タブ......................................................................................................................18
フォルダ..............................................................................................................................18
Visual Dialogue 内のフォルダについて.........................................................................18
[Explorer]........................................................................................................................18
ブラウザ..............................................................................................................................19
メイン コンポーネント ブラウザ...................................................................................19
[列を選択] ウィンドウ....................................................................................................19
Visual Dialogue のオプション...........................................................................................20
[バックグラウンド タスク モニター] ウィンドウ...............................................................24
依存関係の参照...................................................................................................................24
第 4 章 : ダイアログ....................................................................................................27
ダイアログとは...................................................................................................................28
新しいダイアログの作成.....................................................................................................29
Dialog Designer.................................................................................................................29
Dialog Designer について..............................................................................................29
[デザイン] ビュー...........................................................................................................30
[実行] ビュー..................................................................................................................56
[スクリプト] ビュー.......................................................................................................66
[オプション] タブ...........................................................................................................67
ダイアログのプロパティ...............................................................................................68
テレマーケティング プロジェクト................................................................................70
ダイアログの参照................................................................................................................75
ダイアログのセキュリティ.................................................................................................76
ダイアログ テンプレート....................................................................................................77
ダイアログ テンプレートとは.......................................................................................77
新しいダイアログ テンプレートの作成.........................................................................77
Dialog Template Designer..............................................................................................77
[ガイド付き設定]............................................................................................................78
[ダイアログ テンプレートのプロパティ].......................................................................81
ダイアログ テンプレートのリボン タブ........................................................................83
第 5 章 : セレクション................................................................................................85
セレクションについて.........................................................................................................86
ダイアログでのセレクション..............................................................................................86
Customer View でのセレクション.....................................................................................87
Selection Designer............................................................................................................87
Selection Designer について.........................................................................................87
新しいセレクションの作成............................................................................................88
条件の追加.....................................................................................................................89
セレクションのプレビュー............................................................................................90
条件の追加.....................................................................................................................91
条件のグループ化..........................................................................................................92
4
Portrait Dialogue 6.0 SP1
Selection Designer のツールボックス...........................................................................92
グループ条件..................................................................................................................93
特別な条件タイプ..........................................................................................................94
式モードでの作業..........................................................................................................98
SQL モードでの作業......................................................................................................99
コンテキストに関する作業..........................................................................................100
セレクションの参照..........................................................................................................102
第 6 章 : メッセージ..................................................................................................103
メッセージについて..........................................................................................................104
ドキュメント タイプ.........................................................................................................104
メッセージ テンプレートの参照.......................................................................................105
メッセージ マネージャ......................................................................................................105
メッセージのテスト送信...................................................................................................107
追跡データの削除..............................................................................................................108
マスター テンプレート......................................................................................................108
マスター テンプレートについて..................................................................................108
マスター テンプレートのプロパティ..........................................................................109
マスター テンプレート デザイナ - メッセージ デザイナ............................................111
メッセージ テンプレート..................................................................................................122
新しいメッセージ テンプレートの作成.......................................................................122
HTML テンプレートと Web モジュール......................................................................122
Message Template Designer.......................................................................................123
第 7 章 : アンケート..................................................................................................157
アンケートについて..........................................................................................................158
アンケートの使用方法.......................................................................................................158
新しいアンケートの作成...................................................................................................159
アンケート デザイナ.........................................................................................................160
Questionnaire Designer について................................................................................160
[質問] ビュー................................................................................................................161
アンケート デザイナの [レイアウト] ビュー...............................................................171
マージ タグの使用.......................................................................................................182
アンケートのプロパティ.............................................................................................185
Visual Dialogue ユーザー ガイド
5
アンケートのテスト.....................................................................................................187
アンケート URL の作成....................................................................................................187
回答の追跡.........................................................................................................................189
アンケートの参照..............................................................................................................189
アンケート レポートの実行..............................................................................................190
回答データのエクスポート...............................................................................................190
回答データの削除..............................................................................................................191
アンケート スタイル.........................................................................................................191
Script Object Model.........................................................................................................192
Script Object Model の概要..........................................................................................192
Global オブジェクト、メソッド、およびプロパティ..................................................193
Questions オブジェクト..............................................................................................197
Alternative オブジェクト.............................................................................................201
Matrix オブジェクト.....................................................................................................203
Column オブジェクト..................................................................................................204
Row オブジェクト.......................................................................................................205
Cell オブジェクト........................................................................................................206
Page オブジェクト......................................................................................................207
Section オブジェクト..................................................................................................209
Customer オブジェクト...............................................................................................210
アンケート フローでのスクリプティングの例............................................................212
Dialogue Server API.....................................................................................................214
クライアント側のイベントとスクリプト..........................................................................224
クライアント側のイベントとスクリプトについて......................................................224
クライアント側のスクリプトやイベントとの連携......................................................224
使用できるイベント.....................................................................................................225
グローバル スクリプト メソッド.................................................................................227
グローバル スクリプト プロパティ.............................................................................232
第 8 章 : レポート.....................................................................................................237
レポートについて..............................................................................................................238
レポートを使用する方法と理由........................................................................................238
レポート デザイナ.............................................................................................................239
新規レポート テンプレートの作成..............................................................................239
レポート デザイナについて.........................................................................................239
6
Portrait Dialogue 6.0 SP1
レポート テンプレートのプロパティ..........................................................................240
データ ビュー...............................................................................................................241
Report Designer の [レイアウト] ビュー.....................................................................247
ツールバー...................................................................................................................269
サブレポートの使用.....................................................................................................272
[プレビュー] ビュー..........................................................................................................272
[プレビュー] ビューについて.......................................................................................272
レポートのプレビュー.................................................................................................273
レポートの印刷............................................................................................................273
Report Portal でのレポートの表示..............................................................................273
レポートの参照.................................................................................................................274
レポート セキュリティ......................................................................................................274
レポート フォーマット......................................................................................................275
Report Portal....................................................................................................................276
統合レポート.....................................................................................................................277
統合レポートの概要.....................................................................................................277
標準レポート................................................................................................................278
標準レポートのカスタマイズ......................................................................................280
標準レポートの SQL ステートメント.........................................................................280
第 9 章 : タスク オーガナイザ..................................................................................289
Task Organizer について.................................................................................................290
作業グループ.....................................................................................................................290
作業グループ ユーザー......................................................................................................291
手動分配............................................................................................................................292
自動分配............................................................................................................................293
作業グループとユーザーの削除........................................................................................293
第 10 章 : ブロードキャスト.....................................................................................295
ブロードキャストについて...............................................................................................296
第 11 章 : 発行済みファイル.....................................................................................297
発行済みファイルについて...............................................................................................298
Visual Dialogue ユーザー ガイド
7
第 12 章 : コンテンツ オブジェクト.........................................................................301
コンテンツ オブジェクトについて...................................................................................302
新しいコンテンツ オブジェクトの作成............................................................................303
コンテンツ オブジェクト デザイナ..................................................................................304
[コンテンツ オブジェクト デザイナ] について............................................................304
コンテンツ オブジェクトのプロパティ.......................................................................304
コンテンツ項目に関する作業......................................................................................305
ルールに関する作業.....................................................................................................309
コンテンツ オブジェクトのテスト..............................................................................313
コンテンツ オブジェクトの HTML タグの作成................................................................314
アンケートでのコンテンツ オブジェクトの使用..............................................................315
メールでのコンテンツ オブジェクトの使用.....................................................................316
コンテンツ オブジェクトの参照.......................................................................................316
第 13 章 : Visual Dialogue オブジェクトのエクスポートとインポート..................319
エクスポートとインポートについて.................................................................................320
Visual Dialogue エクスポート ウィザード......................................................................323
Visual Dialogue インポート ウィザード..........................................................................324
8
Portrait Dialogue 6.0 SP1
はじめに
• 目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10
• 対象読者 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10
• 関連マニュアル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10
1
目的
目的
このドキュメントでは、Visual Dialogue を使用してマーケティング戦略やキャンペーンをデザインし
て実施する方法を説明します。
対象読者
このガイドは、マーケティング キャンペーンを計画して実施するマーケティング アナリストを対象読
者としています。
関連マニュアル
ドキュメント
メディア (zip/dvd) と場所
• Portrait Dialogue 6.0 SP1 リリース
ノート
• Portrait Dialogue メディアの \Documentation\
ヒント: すべてのドキュメントは、次の Portrait Software サポート Web サイトでも入手できます。
http://support.portraitsoftware.com
10
Portrait Dialogue 6.0 SP1
製品の概要
• Visual Dialogue について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12
• 主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12
2
Visual Dialogue について
Visual Dialogue について
CRM(顧客関係管理)を支援するPortrait Dialogue Suite 製品群の一部として提供されます。 Visual
Dialogue は、1 to 1 マーケティングの原則をサポートするように設計されており、マーケティング担
当者が大規模な構造化コミュニケーションプロセスを定義、管理、及び実行する為に使用します。
Visual Dialogue アプリケーションが提供する直観的な作業環境により、マーケティング担当者は、顧
客とコミュニケーションプロセスの計画をグラフィカルに構築でき、容易にプロセスのすべての段階
を実行できます。 たとえば、次の用途に Visual Dialogue を使用できます。
• 新しい顧客を迎え、コミュニケーションに関する希望について質問して、顧客が選択したコミュニ
ケーション メディアを通じてオファーを送信する。
• 苦情処理で、初回の苦情はすべて電話で対応し、度重なる苦情には顧客の利益に基づいた対応を徹
底する。
• 顧客満足度調査を実施し、回答を評価して、その回答に応じて顧客をさまざまなグループに分類、
そのうえでグループごとに適切なコミュニケーションまたは適切な措置をとる。
主な機能
Visual Dialogue には、マーケティング戦略やキャンペーンの実施に役立つ 5 つの主要コンポーネント
が含まれています。
• Visual Dialogue Designer: 顧客ダイアログを作成し、実行します。
• Visual Selection Designer: 顧客対応の差別化に使用するセレクションを作成し、テストします。
• Message Template Designer: さまざまなチャネルを通じて顧客とコミュニケーションをとるため
に使用するメッセージ テンプレートを作成し、テストします。
• Questionnaire Designer: 顧客からフィードバックを得るためのアンケートを作成し、テストしま
す。
• Report Designer: システム内のデータに容易にアクセスするためのレポートを作成し、テストしま
す。
12
Portrait Dialogue 6.0 SP1
Visual Dialogue の GUI
• メイン アプリケーション ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . . .14
• リボン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14
• フォルダ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18
• ブラウザ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19
• Visual Dialogue のオプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20
• [バックグラウンド タスク モニター] ウィンドウ . . . . . . . .24
• 依存関係の参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .24
3
メイン アプリケーション ウィンドウ
メイン アプリケーション ウィンドウ
Visual Dialogue を起動すると、メイン アプリケーション ウィンドウに開始ページが表示されます。
これは作業に使用する多数のウィンドウの 1 つですが、多くの要素はすべてのウィンドウに共通のも
のです。
要素
説明
リボン タブ
Visual Dialogue のコマンドのほとんどが含まれています。 また、右クリック メ
ニューを使用すると、特定の項目に直接関連付けられた機能にアクセスできま
す。
クイック アクセス メニュー オペレーションを行うことなく一般的な機能を実行できるボタンが含
ツールバー
まれています。
[Explorer バー]
Visual Dialogue のさまざまな部分にすばやくアクセスできます。 このオペレー
ションは、[ホーム] タブから行うこともできます。
作業エリア
システム内の様々なパーツの編集等を行う作業を行うエリアです。 開始ページ
の場合は、このエリアに最近のすべての作業への参照が含まれています。 クリッ
クすると、参照先の作業を開くことができます。
ステータス バー[す アプリケーション活動に関する情報が表示されます。
てーたすばー]
[ヘッダー バー]
現在作業している対象が表示されます。
[タブ バー]
開いているウィンドウの切り換えができます。 このオペレーションは、[表示]
タブから行うこともできます。
[ツールボックス]
作業中に使用できるさまざまなツールが含まれています。ツールボックスは、現
在作業している対象に応じて変化します。
リボン
リボン タブ
Visual Dialogue には 5 つの標準リボン タブがあります。 [ファイル] タブ、[ホーム] タブ、[作成] タ
ブ、[表示] タブ、および [Web] タブです。
これらのタブと共に、作業対象のタスク固有の追加タブもアプリケーション内の異なる部分に表示さ
れます。
14
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 3 章 : Visual Dialogue の GUI
[ファイル] タブ
以下のコマンドは、[ファイル] タブからアクセスできます。
タブのオプション
説明
[保存]
現在作業している項目を保存します。
[名前を付けて保存...] 現在作業している項目のコピーを保存します。
[すべて保存]
保存されていない変更点があるすべての項目を保存します。
[閉じる]
現在作業している項目を閉じます。
[最近使用したファイ 最近作業を行った項目を開きます。
ル]
[印刷]
現在作業している項目を印刷します。
[プリンタの設定...]
プリンタの構成を行います。
ヘルプ
ヘルプ ファイル、リファレンス ヘルプ、バージョンおよびライセンス情報を
表示します。
[再ログイン]
アプリケーション サーバーに再接続します。 接続がタイムアウトした場合に
必要になります。
オプション...
Visual Dialogue の各種オプションの表示と変更を行います。
[終了]
すべてのウィンドウを閉じ、アプリケーションを終了します。
また、ダイアログ、セレクション、アンケートなどのオブジェクトに関する作業を行う際は、 以下の
サブ オプションを持つ [情報] オプションが表示されます。
タブのオプション
説明
プロパティ
選択されている項目のプロパティを表示します。
依存関係
選択されている項目の依存関係ブラウザ ウィンドウを開きます。
セキュリティ
選択されている項目のセキュリティ設定ウィンドウを表示します。
[ホーム] タブ
以下のコマンドは、[ホーム] タブからアクセスできます。
タブのオプション
説明
[アクティブな項目]
開いているすべての項目のリストが表示されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
15
[ホーム] タブ
タブのオプション
説明
[探索]
[エクスプローラー] ウィンドウまたはメイン コンポーネント ブラウザ ウィン
ドウを開きます。
切り取り
現在の選択内容を削除し、クリップボード上に置きます。
コピー[こぴー]
現在の選択内容をクリップボードにコピーします。
貼り付け
クリップボードの内容をアクティブなウィンドウに挿入します。
削除
現在の選択内容を削除します。
検索
テキストを検索します。
置換
テキストを検索して置換します。
[すべて選択]
アクティブなウィンドウ内のすべての要素を選択します。
名前の変更
選択されている項目の名前を変更します。
レポート
[レポート] では、Visual Dialogue 内のさまざまな場所から統合レポートを実
行できます。
[レポート] は、統合レポートが有効になっている場合にのみ使用できます。
構成は Visual Dialogue のオプションで行います。
内容は、どの統合レポートが Visual Dialogue 内のモジュール/場所に適用でき
るかによって変化します。 詳細については、「統合レポートの概要」および
「標準レポート」を参照してください。
また、メイン コンテンツ ブラウザで作業する際は、以下のコマンドがタブに表示されます。
16
タブのオプション
説明
開く
選択されている項目を開きます。
プロパティ
選択されている項目のプロパティを表示します。
セキュリティ
選択されている項目のセキュリティ設定ウィンドウを表示します。
依存関係
選択されている項目の依存関係ブラウザ ウィンドウを開きます。
エクスポート
Visual Dialogue エクスポート ウィザードを起動します。このウィザードでは、
Visual Dialogue でデザインされたオブジェクト (ダイアログ、セレクションな
ど) をファイルにエクスポートしたり、現在のブラウザのコンテンツのリスト
をファイルにエクスポートしたりできます。
インポート
[Visual Dialogue エクスポート ウィザード] を起動します。このウィザードで
は、Visual Dialogue オブジェクトをファイルからインポートできます。
検索
ブラウザで、項目を検索できるウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 3 章 : Visual Dialogue の GUI
タブのオプション
説明
プレビュー
ブラウザの下部で、選択されている項目のプレビューの表示/非表示を切り替
えます。
また、 エクスプローラーで作業する場合は、以下のコマンドがタブに表示されます。
タブのオプション
説明
[新規フォルダ]
新しいフォルダを作成します。
上へ
フォルダ構造内を 1 レベル上へ移動します。
戻る
フォルダ構造内を戻ります。
前へ進む(F)
フォルダ構造内を進みます。
[作成] タブ
新しいダイアログまたはダイアログ テンプレート、セレクション、メッセージまたはマスター テンプ
レート、アンケート、レポート テンプレート、ブロードキャスト、アンケート スタイル、発行済み
ファイル、およびコンテンツ オブジェクトを作成します。
[表示] タブ
以下のコマンドは、[表示] タブからアクセスできます。
タブのオプション
説明
[列を選択]
ブラウザに表示する列を選択します。
最新表示
アクティブなウィンドウ内のデータをサーバーからの最新データによって再表
示します。
[Explorer バー]
Explorer バーの表示/非表示を切り替えます。
[ツールボックス]
ツールボックスの表示/非表示を切り替えます。
[ヘッダー バー]
ヘッダー バーの表示/非表示を切り替えます。
[タブ バー]
タブ バーの表示/非表示を切り替えます。
[ステータス バー]
ステータス バーの表示/非表示を切り替えます。
[前のウィンドウ]
開いているウィンドウのリスト内で 1 つ前のウィンドウにフォーカスを移動し
ます。
[次のウィンドウ]
開いているウィンドウのリスト内で次のウィンドウにフォーカスを移動しま
す。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
17
‎[Web] タブ
タブのオプション
説明
[前のサブ ビュー]
アクティブなウィンドウでの前のサブビュー (タブ) に移動します。
[次のサブ ビュー]
アクティブなウィンドウでの次のサブビュー (タブ) に移動します。
[言語をスイッチ]
ユーザー インターフェイスで使用する別の言語を選択します。 この変更を有
効にするには、アプリケーションを再起動する必要があります。
‎[Web] タブ
[Web] タブから、Web アプリケーションの Customer View、Telemarketing、Report Portal、および
メッセージ デザイナを開くことができます。 いずれの場合も、Visual Dialogue にログインしている
ユーザーとして自動的にログインすることになります。
フォルダ
Visual Dialogue 内のフォルダについて
Visual Dialogue は、Windows のフォルダ構造と非常によく似た動作をするフォルダ構造を備えていま
す。 すべての Visual Dialogue オブジェクトをフォルダに作成でき、フォルダ自体にもサブフォルダ
を作成できます。
フォルダを使用すると、任意の方法で作業を整理できます。 たとえば、システムのユーザーごとに
フォルダを作成したり、ダイアログごとにフォルダを作成して、そこにダイアログとそのダイアログ
で使用されるすべてのオブジェクトを (場合によってはサブフォルダ内に) 保存したりできます。 もち
ろん、これら 2 つの方法を組み合わせることもできます。
[Explorer]
[Explorer] には、システム上のオブジェクトおよびフォルダの階層構造が表示されます。
[Explorer] を使用すると、ツリー ビューへのドラッグや、切り取りおよび貼り付けのオペレーション
によってフォルダやオブジェクトを整理できます。 オブジェクトの作成や削除、既存オブジェクトの
編集、プロパティの表示、オブジェクトに関連したその他のアクションの実行も行えます。
18
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 3 章 : Visual Dialogue の GUI
ブラウザ
メイン コンポーネント ブラウザ
すべてのメイン コンポーネントは、グリッド付きのブラウザウィンドウを持っており、最初のウィン
ドゥとして表示できます。 ブラウザ内で項目を開くには、その項目をダブルクリックします。 列の
ヘッダーをクリックすると、項目をソートできます。
項目を右クリックすると、新しいメニューが表示されます。 以下のコマンドは、このメニューからア
クセスできます。
メニュー オプショ 説明
ン
新規...
新しい項目を作成します。
開く
選択されている項目を開きます。
削除
選択されている項目を削除します。
プロパティ
選択されている項目のプロパティを表示します。
[セキュリティ...]
選択されている項目のセキュリティ設定ウィンドウを表示します (すべての項目
タイプに当てはまるわけではありません)。
[依存関係を参照...] 選択されている項目の依存関係ブラウザ ウィンドウを開きます (すべての項目タ
イプに当てはまるわけではありません)。
レポート
選択されている項目で使用可能な統合レポートを表示します。
エクスポート...
Visual Dialogue エクスポート ウィザードを起動します。このウィザードでは、
Visual Dialogue でデザインされたオブジェクト (ダイアログ、セレクションなど)
をファイルにエクスポートできます。
インポート(I)...
[Visual Dialogue エクスポート ウィザード] を起動します。このウィザードで
は、Visual Dialogue オブジェクトをファイルからインポートできます。
[列を選択...]
[列を選択] ウィンドウを開き、表示する列とその順序を選択します。
[列を選択] ウィンドウ
[列を選択] ウィンドウでは、表示する列とそれらを表示する順序を選択できます。
選択されている列を表示します。
すべての列を表示します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
19
Visual Dialogue のオプション
選択されている列を非表示にします。
すべての列を非表示にします。
選択されている列の表示順を上げます。
選択されている列の表示順を下げます。
Visual Dialogue のオプション
[ファイル] タブから [オプション] ウィンドウを開くことができます。ここでは、Visual Dialogue の外
観やその動作方法を変更するさまざまなオプションを変更できます。
[全般] タブ
オプション
説明
[最近の作業を表示]
このチェックボックスがオンになっていると、アプリケーションを起動し
た際に、最近作業した項目が初期ページとして [ファイル] タブに表示され
ます。
[Explorer を表示]
このチェックボックスがオンになっていると、アプリケーションを起動し
た際に、Explorer が初期ページとして表示されます。
[アプリケーションのタ このチェックボックスがオンになっている場合、ログオンしているインス
イトルにインスタンスと タンスとサーバー名が、Visual Dialogue のメイン ウィンドウのタイトルに
サーバーを表示]
表示されます。
[タブ バーにアイコンを このチェックボックスがオンになっている場合、タブ バー内のタブには、
表示]
そのコンテンツを象徴する小さなアイコンが表題の左側に表示されます。
[タブ バーにアイコンを このチェックボックスがオンになっている場合、タブ バー内のタブには、
表示]
そのコンテンツを象徴する小さなアイコンが表題の左側に表示されます。
[例外をファイルにログ] このチェックボックスがオンになっている場合、アプリケーションでのす
べての例外 (エラー) のログがファイルに記録されます。
[ログファイルのフォル 例外のログ記録をオンにする場合は、このフィールドを使用してログ ファ
ダ]
イルの保存先フォルダを指定します。
20
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 3 章 : Visual Dialogue の GUI
ダイアログ全般タブ
オプション
説明
[クイック デザイン モー クイック デザイン モードを有効にするには、このオプションをオンにしま
ド]
す。クイック デザイン モードが有効になっている場合、プロパティ ダイ
アログを表示しなくても、ダイアログ グループやオペレーションの描画/デ
ザインが行えます。
[グリッドを表示]
ダイアログのデザイン時にキャンバス グリッドを表示するには、このオプ
ションをオンにします。
[グリッドにスナップ]
ダイアログのデザイン時にグループをキャンバス グリッドにスナップさせ
るには、このオプションをオンにします。
[左右サイズ] / [上下サイ これらの設定では、キャンバス グリッドの幅および高さのサイズを指定し
ズ]
ます。
[実行の進捗ウィンドウ ダイアログ オペレーションの実行時に実行の進捗ウィンドウを自動的に表
を自動表示]
示するには、このオプションをオンにします。
[実行前にダイアログを オペレーションの実行前にダイアログを自動的に保存するには、このオプ
自動保存]
ションをオンにします。
[ダイアログの概要
ビューを有効にする]
このチェックボックスがオンになっている場合、ダイアログ デザイナの一
部として概要ページが表示されます。
[コンポーネント ID を表 このチェックボックスがオンになっている場合、グループの内部 ID とオペ
示]
レーションが Dialog Designer に表示されます。
[コメントを表示]
このチェックボックスがオンになっている場合、コメントがダイアログ デ
ザイナに表示されます。
[実行オプションをアイ このチェックボックスがオンになっている場合、実行アイコンが Dialog
コンとして表示]
Designer に表示されます。実行アイコンは、オペレーションに設定された
実行オプションを視覚的に表現します。
[ダイアログの色とスキン] タブ
オプション
説明
DS
デザイン ビュー内にいるときのダイアログの作業エリアの背景色を設定し
ます。
実行(E)
実行ビュー内にいるときのダイアログの作業エリアの背景色を設定します。
アクティブ/非アクティ
ブ
アクティブなダイアログ オペレーションの色を設定します。
非アクティブにする(I)
非アクティブなダイアログ オペレーションの色を設定します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
21
Visual Dialogue のオプション
オプション
説明
選択された
選択されているダイアログ オペレーションの色を設定します。
[既定]
新しいダイアログの作成時に使用される既定のスキンを設定します。
[メッセージ デザイナ] タブ
オプション
説明
[デザイン ビューで開く] このチェックボックスがオンになっている場合、HTMLのメッセージ テン
プレートがデザイン ビューで開かれます。
[ソース ビューで開く]
このチェックボックスがオンになっている場合、HTMLのメッセージ テン
プレートがソース ビューで開かれます。
[統合デザイナで開く]
このチェックボックスがオンになっている場合、メッセージ デザイナ テン
プレートが Visual Dialogue で開かれます。
[以前のスタイルのダイ このチェックボックスがオンになっている場合、メッセージ デザイナ発行
アログを使用して発行済 済みファイル ブラウザの代わりに Visual Dialogue 内部発行済みファイル
みファイルを選択]
ブラウザを使用して、発行済みファイルを選択します。この Visual Dialogue
内部ブラウザはフォルダをサポートしています。
[Web ブラウザでデザイ このチェックボックスがオンになっている場合、メッセージ デザイナ テン
ナを起動]
プレートが Web ブラウザで開かれます。
セレクション デザイナ タブ
オプション
説明
[適切な場合に新しい条 このチェックボックスをオンにすると、適当な記述を得ることができた場
件を自動記述]
合に、セレクション デザイナ内の新しい条件にテキスト記述が自動的に与
えられます。
[タスク オーガナイザ] タブ
22
オプション
説明
[確認を求める]
これらのオプションでは、タスク オーガナイザで行うさまざまなオペレー
ションに対する確認ダイアログ ボックスのオン/オフを切り替えます。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 3 章 : Visual Dialogue の GUI
[統合レポート] タブ
オプション
説明
[統合レポートを有効に 統合レポート機能を有効に構成します。
する]
[Report Portal を起動]
Report Portal で統合レポートを実行するには、このオプションを選択しま
す。
[Visual Dialogue 内でレ Visual Dialogue で統合レポートを実行するには、このオプションを選択し
ポートを開く]
ます。
[新しいウィンドウでリ Visual Dialogue 内の統合レポートを新しいウィンドウで開くには、このオ
ンクを開く]
プションを選択します。
[レポートの表示フォー レポートの実行時に使用される出力フォーマットです。使用可能な各種
マット]
フォーマットの詳細なリストについては、「レポートフォーマット(275ペー
ジ)」を参照してください。
[コンテンツ オブジェクト デザイナ] タブ
オプション
説明
[デザイン ビューで開く] このボックスがチェックされると、HTML タイプのコンテンツ項目がデザ
イン ビューで開かれます。
[ソース ビューで開く]
このボックスがチェックされると、HTML タイプのコンテンツ項目がソー
ス ビューで開かれます。
‎[Web] タブ
オプション
説明
[常に Internet Explorer このチェックボックスがオンになっている場合、Visual Dialogue から開か
で開く]
れた Web アプリケーションでは、常に Internet Explorer が使用されます。
[必要に応じて Internet
Explorer で開く]
このチェックボックスがオンになっている場合、Visual Dialogue から開か
れた Web アプリケーションが Internet Explorer をサポートしているときに
のみ (たとえば、Customer View、Report Portal、Telemarketing など) Internet
Explorer が使用され、その他の Web アプリケーションはシステムの既定の
Web ブラウザで開かれます。
[常に既定の Web ブラウ このチェックボックスがオンになっている場合、Visual Dialogue から開か
ザで開く]
れた Web アプリケーションでは、常にシステムの既定のブラウザが使用さ
れます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
23
[バックグラウンド タスク モニター] ウィンドウ
[バックグラウンド タスク] タブ
オプション
説明
[実行の進捗ウィンドウ このチェックボックスがオンになっている場合、バックグラウンド タスク
を自動表示]
がトリガーされると必ず、バックグラウンド タスク用の実行の進捗ウィン
ドウが表示されます。チェックボックスがオフになっている場合は、バッ
クグラウンド タスクの進行がステータス バーにのみ表示されます。
[バックグラウンド タスク モニター] ウィンドウ
バックグラウンド タスク
バックグラウンド タスクは、通常“バックグラウンドで”長期的に実行されるタスクであり、その間
Visual Dialogue で他のタスクの実行を続行できます。
[バックグラウンド タスク モニター] ウィンドウ
[バックグラウンド タスク モニター] ウィンドウを使用すると、バックグラウンドで実行されている進
行中のタスクを監視したり中止したりできます。 バックグラウンドで実行されるタスクの例として、
[ダイアログをクリア]、[ダイアログを削除]、および [メッセージ バンドルを削除] があります。
注意 : 初めてバックグラウンド タスクがトリガーされると、バックグラウンド タスク実行ウィンドウ
が表示されます。
Visual Dialogue では、バックグラウンド タスク実行ウィンドウを表示せずにバックグラウンド タス
クを実行するように構成できます。 Visual Dialogue のオプション(20ページ) を参照してくださ
い。 あるいは、[このウィンドウを自動で表示する] チェックボックスをオフにしても構いません。 こ
のチェックボックスがオフになっている場合は、ステータス バーでのみバックグラウンド タスクの実
行を監視できます。 ステータス バーをクリックすると、[バックグラウンド タスク モニター] ウィン
ドウが開きます。
依存関係の参照
依存関係ブラウザ ウィンドウを使用すると、ダイアログおよびメッセージ テンプレート、アンケー
ト、セレクション、および他のダイアログの間の依存関係を参照できます。
ダイアログの依存関係ウィンドウの上側には、ダイアログを使用する他のダイアログのオペレーショ
ンが表示されます。 下側に表示されているのは、このダイアログのオペレーションによって使用され
る項目です。 他のタイプのコンポーネントでウィンドウを開いた場合は、上の部分だけが表示されま
す。
24
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 3 章 : Visual Dialogue の GUI
右側にある編集 (ペンの絵柄) ボタンをクリックすると、ウィンドウを閉じて選択した項目を開くこと
ができます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
25
ダイアログ
• ダイアログとは . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .28
• 新しいダイアログの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .29
• Dialog Designer . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .29
• ダイアログの参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .75
• ダイアログのセキュリティ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .76
• ダイアログ テンプレート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .77
4
ダイアログとは
ダイアログとは
1 to 1 マーケティングでは、たとえ何千、何万という顧客が存在していても、各顧客に対し、組織と
ダイレクトな 1 対 1 でコミュニケーションが取れているという感覚を与えられるよう努めます。 さら
に各顧客とのコミュニケーションから多くを学ぶことを目的とします。 そして、顧客とのコミュニ
ケーションを今後に生かす事が重要です。
このことは、ダイアログにおけるコミュニケーションの構築時にも当てはまります。 ダイアログと
は、多数の顧客とのマーケットでの 1 対 1 のコミュニケーションを計画、実行、および追跡するため
のツールです。
ファイル ボックス間での名刺の移動との比較
ここでは、ダイアログに対する理解を深めるために、それぞれの顧客への対処方法に応じて異なるファ
イル ボックスに顧客の名刺を手作業で振り分けるプロセスにダイアログをなぞらえます。
• まず、少なくとも 1 年間あなたから何も購入していないすべての顧客の名刺を集めて、“連絡が必要
な顧客のグループ” のボックスに入れます。
• それらの名刺の一部を “電話で連絡” ボックスや “書簡で連絡” ボックスに振り分けることもできま
す。
• 各顧客に電話した後、名刺をさらに新しいボックスに振り分けます。それらは “新規注文あり”、“関
心あり (後でフォローアップ)”、“喪失した顧客 (再獲得の計画を作成)” というボックスです。
以下の図は、こうしたファイル ボックスによる方法を使用したコミュニケーション プロセスを表して
います。 Visual Dialogue では、コミュニケーション プロセスのさまざまな段階を示す要素を使用し
て、グラフィカルな環境でコミュニケーション プロセスを作成します。
28
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
新しいダイアログの作成
新しいダイアログを作成するには、[作成] タブの [ダイアログ] を選択します。 [新規ダイアログ ウィ
ザード] が表示されます。 適切な情報を入力します。
オプション
説明
[ダイアログ名]
新しいダイアログの名前を入力します。
[顧客ドメイン]
このダイアログの参加顧客の取得元となる顧客ドメインを選択します。
[状態]
ダイアログの状態です。 このフィールドは参考情報に過ぎず、ダイアログに
関する作業の方法やダイアログの動作にはまったく影響を与えません。
以上の情報をすべて入力したら、[次へ] をクリックして作業を続行します。
オプション
説明
[顧客の重複参加を許可す 同じ顧客をこのダイアログの参加顧客として 2 回以上出現させる場合は、
る]
このチェックボックスをオンにします。ただし、付属するコンテキスト
情報が毎回異なっている必要があります。 オフになっている場合は、い
かなるときも同一の顧客をダイアログ内の複数の場所に出現させること
はできません。
[参加顧客のログを有効に ダイアログの実行時に追加のログを作成するには、このチェックボック
する]
スをオンにします。 これにより、統計と分析のための基盤は充実します
が、実行速度が (場合によっては著しく) 低下します。 [オペレーション毎
にログの有無を決める] が選択されている場合は、オペレーションごとに
ログのオン/オフを設定できます。 [参加顧客のログを常に生成する] が選
択されている場合は、常に追加のログが作成されます。
すべての情報を入力したら、[完了] をクリックして新しいダイアログを作成し、Dialog Designer で
の作業を開始します。
Dialog Designer
Dialog Designer について
Dialog Designer は、ダイアログの作成と実行に使用します。 Dialog Designer には、3 つのメイン モー
ドとして、 概要ビュー、デザイン ビュー、および実行ビューがあります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
29
[デザイン] ビュー
概要ビュー
このビューには、ダイアログに関する主な情報 (重要なプロパティ、実行の要約など) が含まれていま
す。 また、[編集...] をクリックすることで、ダイアログのプロパティをこのページで編集できます。
[フォルダを開く] をクリックすると、ダイアログ フォルダを開くことができます。 このビューは、[オ
プション] で表示/非表示を切り替えることができます。
[デザイン] ビュー
デザイン ビューでは、ダイアログのデザインを行います。 ここでは、ツールボックスを使用してグ
ループやオペレーションを追加したり、後でそれらの編集や削除を行ってダイアログを調整したりで
きます。
[実行] ビュー
実行ビューでは、ダイアログのオペレーションを手動で実行できます。 参加顧客をあるグループから
別のグループに移動したり、グループの一部またはすべての参加顧客を非アクティブ化したりするな
ど、他の方法でもダイアログをオペレーションできます。 また、ダイアログの参加顧客やさまざまな
履歴のログを表示することもできます。
[デザイン] ビュー
デザイン ビューについて
デザイン ビューでは、ダイアログのデザインやカスタマイズを行います。 右側にあるツールボックス
を使用してグループやオペレーションを追加できます。 グループやオペレーションを編集するには、
グループまたはオペレーションを右クリックして [編集] を選択するか、グループまたはオペレーショ
ンをダブルクリックします。
ダイアログの外観を変更する場合は、各種の要素を任意の位置にドラッグしたり、グループの色を変
更できます。
また、オペレーションの開始グループや分割の終了グループを別のグループにドラッグしてダイアロ
グのフローを変更することで、それらのグループを変更することもできます。
[クイック デザイン モード]
グループやオペレーションをダイアログ内に簡単に配置するには、[クイック デザイン モード] を使用
します。 この機能を使用してまずダイアログを描き、微調整は後で行います。
ダイアログの要素
次の図は、ダイアログに表示される要素の例として、 グループ、オペレーション、分割、分割ポイン
ト、エントリ ポイントを示したものです。 この例のオペレーションには分割オペレーションが 1 つだ
け含まれています。
30
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
グループ
グループの追加
1. ダイアログ ツールボックスで追加するグループをクリックします。
2. マウス ポインタ (小さなグループ シンボルが表示されているはずです) を作業エリア内のグループ
配置先に移動し、一度クリックします。 [クイック デザイン モード] がオフになっている場合は、
[グループのプロパティ] ウィンドウが開きます。 [クイック デザイン モード] がオンになっている
場合は、グループを右クリックし、[編集] を選択します。
3. [グループのプロパティ] ウィンドウでの情報の入力が完了したら、[OK] をクリックします。
グループの編集
変更対象となるグループ内をダブルクリックする、[デザイン] タブで [選択された項目を編集] を選択
する、グループを右クリックして [グループのプロパティ] を選択する、のいずれかを行います。 [オ
ペレーションのプロパティ] ウィンドウが開きます。
オプション
説明
グループ タイプ
この [タイプ] フィールドには、そのグループのグループ タイプが表示されま
す。 グループ タイプは原則変更できません。
参加者
ここには、グループ内の参加顧客数が表示されます。
グループ名
グループに対してわかりやすい名前を指定します。 ここに入力する名前は、
Visual Dialogue でグループを示す四角形の内側に表示されるので、かなり短
くする必要があります。
[グループ ID]
データベース内でグループを識別するための一意のグループ ID です。
説明
ユーザー自身や他のダイアログのユーザーが後でダイアログの動作を理解す
る際に役立つ説明を入力します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
31
[デザイン] ビュー
オプション
説明
[Customer View から 参加顧客を Customer View からグループに挿入する場合は、参加顧客の手動
の参加顧客の挿入を許 挿入を許可するチェックボックスをオンにします。
可]
[レポートに使用]
このグループを [概要] ビューの要約に表示する場合は、[レポートに使用] を
オンにします。 このプロパティは、一部の標準レポートにグループを表示す
るかどうかの決定にも使用されます。
グループ タイプ
グループは、作業の対象となる顧客を格納するコンテナです。 Visual Dialogue では、大きな四角形と
して表示されます。
以下の 4 種類のグループ タイプがあります。
[グループ化]
説明
[すべての既知の顧 [すべての既知の顧客] グループには、作業を行っている顧客ドメイン内のすべ
客]
ての顧客を含みます。 これらの顧客は、ID 番号によってのみ識別され、そのた
め、グループに一度だけ現れます。 つまり、[すべての既知の顧客] グループは、
ダイアログにおける参加顧客の“ソース” グループと見なすことができます。
すべての既知の顧客グループは、通常、ダイアログ内の開始グループとして使
用されます。 ただし、新しい参加顧客を (たとえば、ファイルからのインポー
ト オペレーションとの併用によって) ダイアログに入力する場合にも使用でき
ます。
[既知の顧客]
[既知の顧客] グループには、選択された顧客が含まれます。 これらの顧客は、
ID とコンテキストの組み合わせによって識別され、そのため、グループ内やダ
イアログ内には同じ顧客 ID が 2 回以上現れる場合があります。 現在、[既知の
顧客] グループは、ダイアログにおけるほぼすべてのオペレーション タイプで
[ソース] グループまたは [ターゲット] グループとして使用できます。
[マーケット セグメ [マーケット セグメント] グループには、想定されるセグメント メンバーの記述
ント]
が含まれます。 これは数が不明な未確認の顧客であり、顧客データベース内の
一部またはすべての顧客が含まれる可能性があります。 このグループ タイプ
(および関連するオペレーション) を用意することで、ユーザーは潜在的な顧客
や顧客の取得を目的としたダイアログを定義し、他のダイアログでも同じ方法
でコストを記録できます。
32
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
[グループ化]
説明
コントロール グ
ループ
[コントロール グループ] には、選択された顧客が含まれます。 これらの顧客
は、ID とコンテキストの組み合わせによって識別され、そのため、グループ内
やダイアログ内には同じ顧客が 2 回以上現れる場合があります。
[コントロール グループ] は、コントロール用途でランダムに選択された参加顧
客のみが含まれる追加のグループ タイプです。 このグループ タイプに関する
機能は十分に実装されておらず、今後のリリース向けに計画が行われています。
ただし、現時点では、ダイアログで不要な顧客のグループを選択するために使
用できます。 さらに、データ マイニングを使用して、コントロール グループ
内の顧客の結果を、ダイアログに参加した顧客の結果と比較できます。
オペレーション
オペレーションの追加
1. ダイアログ ツールボックスの [描画オペレーション] をクリックします。
2. 作業エリアで、マウス ポインタ (小さな矢印が表示されているはずです) を、空のエリア上または
オペレーションを開始するグループ内に置きます。 マウス ボタンをクリックして押したままの状
態で、オペレーションを終了するエリアまたはグループまで線をドラッグします。
注意: オペレーションを追加する際、グループが選択されておらず、[クイック デザイン モード]
がオフになっていれば、新しいグループを構成できるように [新しいグループ] ウィンドウ
が自動的に開きます。
3. 適切なオペレーション タイプを選択します。
4. [クイック デザイン モード] がオフになっている場合は、[編集] ウィンドウが開きます。 選択した
オペレーションに関する適切な情報を入力します。 このウィンドウ内のオプションの詳細につい
ては、オペレーションの編集(33ページ) を参照してください。
5. [編集] ウィンドウに必要な情報をすべて入力したら、[OK] をクリックしてオペレーションを保存
します。
オペレーションの編集
変更対象となるオペレーションをダブルクリックする、オペレーションを右クリックして [編集] を選
択する、オペレーションを選択して [デザイン] タブで [選択された項目を編集] を選択する、のいずれ
かを行います。 [編集] ウィンドウが開きます。
[編集] ウィンドウは、次の 4 つの部分に分割できます。 主なオペレーション情報、[分岐] タブ、[実行
オプション] タブ、[メモ] タブです。
オペレーションに関する主な情報
オペレーションに関する主な情報は、ウィンドウの上部に表示されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
33
[デザイン] ビュー
オプション
説明
[ID]
[ID] フィールドには、オペレーションに与えられた ID が表示されます。 シ
ステムのテーブル内にあるオペレーションの識別に使用されるこの ID は、
変更できません。
[ソース グループ]
[ソース グループ] フィールドには、オペレーションの [ソース グループ] で
あるグループの名前が表示されます。
[オペレーションのタイ [タイプ] フィールドには、そのオペレーションのタイプが表示されます。
プ]
[名前]
[名前] フィールドでは、オペレーションの名前の設定または変更を行うこ
とができます。 ここに入力した名前は、Visual Dialogue に表示されるの
で、なるべく短い名前にします。
[開始日] / [終了日]
オペレーションをアクティブにする期間を制限する場合は、開始日フィー
ルドを使用して、オペレーションがアクティブになる起点となる日の日付
を入力できます。 次の “[終了日]” フィールドには、オペレーションが実施
される最終日の日付を入力します。 ダイアログのプロパティで設定されて
いる [ダイアログ開始日] / [ダイアログ終了日] の範囲外の日付は無効になり
ます。
[オペレーションはアク オペレーションを実行できるようにするには、オペレーションをアクティ
ティブです]
ブにする必要があります。 オペレーションをアクティブにするには、[アク
ティブ] チェックボックスをオンにします。 それ以外ではチェックボック
スをオフにする事により、オペレーションを非アクティブ化して、実行の
準備が整うまでオペレーションが実行されないようにすることができます。
Visual Dialogue 内のオペレーション ラインが赤色になっている場合、その
オペレーションは非アクティブに設定されています。
分岐
分岐情報は [分岐] タブに表示されます。
左側にはオペレーションに属するすべての分岐が表示されます。 各分岐の前の数値は、その分岐が実
行される順序を示しています。 実行順を変更するには、リストの右側にある三角矢印を使用します。
34
オプション
説明
[分岐 ID]
[ID] フィールドには、当該分岐の ID が表示されます。 この ID は、システ
ムのテーブル内での分岐の識別に使用されるため、変更できません。
[分岐タイプ]
このタイプ フィールドには、分岐タイプが表示されます。
[ターゲット グループ]
[ターゲット グループ] には、分岐が入るグループの名前が表示されます。
[分岐名]
[名前] フィールドでは、分岐の名前を設定したり変更したりできます。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
オプション
説明
[参加顧客ログを生成]
[参加顧客ログを生成] ボックスをオンにすると、オペレーションが実行さ
れるたびに分岐による影響を受けた参加顧客の履歴が Visual Dialogue に
よって生成されます。 こうした履歴情報が不要な場合は、フィールドを空
のままにしておきます。 このフィールドは、ダイアログのプロパティで [オ
ペレーションごとにログを決定する] を選択している場合にのみ有効になり
ます。
[非アクティブ]
[分岐を非アクティブ化] チェックボックスをオフにすると、このウィンド
ウに戻って再びアクティブ化しない限り、分岐は非アクティブになります。
このオプションは、デザイン ビューで分岐の矢印そのものを右クリックし
ても使用できます。
[レポートに使用]
このオペレーションを [概要] ビューの要約に表示する場合は、[レポートに
使用] をオンにします。 このプロパティは、一部の標準レポートに当該オ
ペレーションを表示するかどうかの決定にも使用できます。
パラメータ
使用できるパラメータ フィールドは、作業の対象になっているオペレー
ション タイプによって異なります。 詳細については、それぞれのオペレー
ション タイプの各種パラメータを参照してください。
[実行オプション]
オペレーションの実行オプションは、[実行オプション] タブに表示されます。 ダイアログにオペレー
ションを追加する際には、オペレーションの実行の開始方法を決定する必要があります。 既定では、
[ユーザー コマンド] オプションが既にオンの状態になっています。
オプション
説明
[ユーザー コマンド]
[ユーザー コマンド] を選択している場合は、いつでも [実行] ビューでその
オペレーションを手動で実行できます。
[ウォーターフォール]
[ウォーターフォール] を選択している場合は、顧客を操作の [ソース グルー
プ] に移動する前の操作が実行されるとすぐに、この操作が実行されます。
たとえば、[選択] のオペレーションを実行した後に [分割] のオペレーショ
ンがあり、[ウォーターフォール] オプションを [分割] のオペレーションを
配置している場合、[分割] のオペレーションは [選択] のオペレーションオ
ペレーションの実行が終了すると直ちに実行されます。
複数のオペレーション結果が流入しているグループを[ソースグループ]とし
たオペレーションに、このオプションを適用している場合、当該オペレー
ションは、その[ソース グループ]に流入している複数のオペレーション、
それぞれの実行が終了する毎にトリガーされ、実行されます。
前のオペレーションが完了するたびにオペレーションを実行する場合には、
[常に実行] チェックボックスをオンにします。 前のオペレーションによっ
Visual Dialogue ユーザー ガイド
35
[デザイン] ビュー
オプション
説明
て実際に参加顧客が移動した場合にのみオペレーションを実行する場合は、
[参加顧客が移動されたときのみ実行] チェックボックスをオンにします。
[スケジュール]
[スケジュール] を選択している場合は、オペレーションを実行する時間の
スケジュールを設定できます。
[次の実行] フィールドでは、そのオペレーションを次に実行する日時を入
力します。 これがスケジュールの開始点になります。 そのオペレーション
が実行されると、次のスケジュールの日時がここで自動的に更新されます。
オペレーションを一度だけ実行する場合は、[1 回のみ実行] チェックボッ
クスをオンにします。 このオペレーションにより、自動的に [実行間隔] の
選択が解除されます。
複数の実行に対するスケジュールを設定する場合は、[実行間隔] フィール
ドにチェックを入れ、オペレーションの実行頻度を指定する数値を入力し
ます。 たとえば、2 という数値を入力し、その下で [時] オプションを選択
した場合、オペレーションは 2 時間ごとに実行されます。
[参加顧客の最大数] チェックボックスをオンにして、下のフィールドで参
加顧客の最大数を指定すると、スケジュールされたオペレーションが最大
で指定数の参加顧客に対して実行されるように設定できます。 これは、[高
度な実行] ポップアップ メニューでオペレーションを手動で実行する場合
に類似しています。
オペレーションがスケジュールどおりに実行されるのは、そのオペレーショ
ンがアクティブで、ダイアログの開始日から終了日までの期間に該当する
場合 (各日付はオペレーションに関する主な情報のウィンドウで設定できま
す) に限ります。
[イベント発生]
[イベント発生] が選択されている場合は、[下で選択されたイベントに対応]
テーブルに入力されたイベントによって実行がトリガーされます。
トリガーするイベントを選択し、[OK] をクリックします (イベントはダイ
アログ データベース内にあります)。 使用可能なもの以外のイベントが必
要な場合は、マーケティング データベース管理者にお問い合わせくださ
い)。
イベントでの実行を無効にするにはイベントの選択を解除します。
注意: このオプションを選択すると、オペレーションは関連する参加顧客
に対してのみ実行されます。
参加顧客がオペレーションのソース グループに入っているかどうかにかか
わらず、選択されているタイプのイベントが発生するたびにオペレーショ
ンを実行する場合は、 [常に実行] をオンにします。 イベント内で指定され
た参加顧客または顧客がオペレーションのソース グループ内に存在する場
36
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
オプション
説明
合にのみオペレーションを実行する場合は、[顧客がソース グループに含ま
れる場合のみ実行] をオンにします。
[注意]
[注意] タブには、オペレーションに追加する任意のテキストを追加できます。 たとえば、同僚の何人
かがダイアログで作業を行うことがわかっている場合は、[注意] タブを使用して、オペレーションに
ついて同僚に指示を与えることができます。 追加した情報は、オペレーションの機能に影響を与える
ことなく、いつでも編集できます。
オペレーション タイプ
オペレーションのタイプの概要
選択できるオペレーションは、マーケティング データベース管理者がダイアログ データベース内で
ユーザーによる使用を許可している内容によって異なります。 以下に、システムの標準インストール
で用意されるオペレーションのタイプを示します。
[オペレーション]
説明
ダイアログで連絡先にメールを送信する際には、[バウンス メールをチェック]
操作を使用して、正しいメール アドレスを持つ参加顧客と、メール サーバー
によってメールのバウンス (差し戻し) が行われたメール アドレスを持つ参加
顧客を選択します。
[重複チェック] オペレーションでは、データベース内で重複しているソース
グループ内のすべての顧客を選択します。 重複チェックの詳細については、
テクニカル ヘルプを参照してください。
[別のダイアログにコピー] オペレーションでは、参加顧客をあるダイアログ
(ソース ダイアログ) から別のダイアログ (デスティネーション ダイアログ) に
コピーできます。
[顧客を作成] オペレーションでは、データベース内に新しい顧客を作成しま
す。 このオペレーションは、新しい顧客に関する使用可能なデータと、顧客
データベースの構造に応じて、カスタマイズする必要があります。 こうした
理由から、このタイプの新規オペレーションは、サンプル スクリプトを含む
スクリプト オペレーションとして作成されます。
[レターを作成] オペレーションでは、メッセージ テンプレートや顧客データ
ベース情報を使用し、ソース グループ内の各顧客に対する個人用レターを
Microsoft Word で作成したうえで、顧客をターゲット グループに移動します。
[タスクを作成] オペレーションでは、すべての参加顧客向けのタスクを作成し
ます。 フォローアップの日付を設定したり、特定の作業グループにタスクを
割り当てたりできます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
37
[デザイン] ビュー
[オペレーション]
説明
[カスタム] オペレーションを使用すると、いかなるロジックも持たない、オペ
レーションの最小限の実装のみを含むスクリプト オペレーションを作成でき
ます。 これは、独自のカスタマイズ オペレーションの基盤として使用できま
す。
最適化オペレーションは、[既知の顧客] グループ タイプのソース グループか
ら顧客を取得し、設定された最適化ルールに基づき顧客を評価し、その結果に
基づいて顧客を各種ターゲット グループに移動します。
[分割] オペレーションでは、[既知の顧客] グループ タイプのソース グループ
から顧客を取得し、優先度順に各種のセレクション基準との比較を行って、顧
客を各種ターゲット グループに移動します。 そのため、ターゲット グループ
には、ソース グループ内の顧客よりも“類似性の高い”顧客同士が含まれること
になります。
[Facebook] オペレーションでは、Facebook メッセージ テンプレートと顧客
データベースからの情報を使用し、個人用 Facebook 投稿を作成および投稿し
て、その顧客をターゲット グループに移動します。 オペレーションに分岐を
追加する際には、オペレーションの Facebook テンプレートを指定します。
[ファイルからインポート] オペレーションでは、指定されたテキスト ファイ
ル内の顧客の顧客 ID を取得し、データベース内に存在するかどうかを確認し
たうえで各顧客をターゲット グループに配置します。 このオペレーション
で、データベース内に見つからない顧客があった場合、顧客の ID がエラー
ファイルにログとして記録され、その顧客はターゲット グループには移動さ
れません。
[非アクティブ化] オペレーションでは、参加顧客を非アクティブにします。
[移動] オペレーションでは、ソース グループ内の顧客を取得し、他のいかな
るアクションも実行せずにそうした顧客を別のグループにただ移動します。
たとえば、期限満了グループ内の顧客に対して何らかのアクションを実行する
場合は、実行するアクションと関連付けられた別のグループに顧客を移動しま
す。
[回答を受け取る] オペレーションでは、ソース グループ内の顧客向けのアン
ケートへの回答が登録されたことを検出し、その顧客をターゲット グループ
に移動します。 オペレーションの分割情報を定義する際には、回答を受け取
る対象となるアンケートを当該オペレーションに関連付けます。 通常、これ
はダイアログで以前 [メールを送信] または [レターを作成] オペレーションで
使用したアンケートになります。
38
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
[オペレーション]
説明
[選択] オペレーションは、[すべての既知の顧客] グループ タイプのグループ
から対象顧客 (ダイアログの参加顧客) を選択し、新しいグループに移動する
ために使用します。 分岐タイプ項目の設定に応じて、[選択] オペレーション
の機能は変化します。
[メールを送信] オペレーションでは、メールのメッセージ テンプレートと、
顧客データベースからの情報を使用し、個人用メールを作成および送信して
ターゲット グループに移動します。 オペレーションに分岐を追加する際に
は、オペレーションのメール テンプレートを指定します。
[SMS を送信] オペレーションでは、SMS メッセージ テンプレートと、顧客
データベースからの情報を使用し、個人用 SMS を作成および送信して、その
顧客をターゲット グループに移動します。 オペレーションに分岐を追加する
際には、オペレーションの SMS テンプレートを指定します。
[カテゴリを設定] オペレーションは、選択されている参加顧客に対する顧客
データベース内のカテゴリの設定や解除を可能にするオペレーションです。
[Telemarketing] オペレーションは、たとえば、電話を使用して、アンケート
内の質問を行ったり、商品やサービスを販売したりするために、ダイアログに
テレマーケティング キャンペーンを含めることを可能にします。
[Twitter] オペレーションでは、Twitter メッセージ テンプレートと顧客データ
ベースからの情報を使用し、個人用 ツイートを作成および投稿して、その顧
客をターゲット グループに移動します。 オペレーションに分岐を追加する際
には、オペレーションの Twitter テンプレートを指定します。
バウンス メールをチェック オペレーション
分岐
パラメータ
OK
メールがバウンス (差し戻し) されていない、つまり届いたと想定される参加
顧客を選択します。
[バウンス]
メールがバウンス (差し戻し) された、つまり届いていない参加顧客を選択し
ます。
パラメータ :
• [最大猶予期間]: 参加顧客が [ソース グループ] 内に存在できる最大日数です。
オペレーションの実行時に、この日数を超えてグループ内に存在している参
加顧客は移動されます。 このパラメータでは、日数を小数で指定できます。
• [固定失効日]: この日付になると、参加顧客は [ソース グループ] 内に所属し
ていた日数に関係なく、移動されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
39
[デザイン] ビュー
分岐
パラメータ
• [バウンス コード]: メールが受信者に届かなかった理由を表すバウンス コー
ドを選択します。
重複チェック オペレーション
分岐
パラメータ
[重複をチェック]
顧客データベース内に 1 つ以上の重複がある顧客を表す参加顧客を選択しま
す。 重複確認の設定方法の詳細については、テクニカル ヘルプを参照してく
ださい。
[有効期限]
「[分割] オペレーション(43ページ)」の [有効期限] の項目を参照してくだ
さい。
別のダイアログへコピー オペレーション
分岐
パラメータ
[別のダイアロ
グにコピー]
[ソース] グループ内の参加顧客を別のダイアログ内に存在するグループにコピーし
ます。
• [ターゲット グループ]: 参加顧客のコピー先となるグループです。 すべての参加
顧客がコピーされるとは限りません。これは、参加顧客が既にコピー先のダイア
ログの参加顧客となっている場合があるからです。こうした参加顧客はターゲッ
トグループへの移動も行われません。 こうした参加顧客は、ターゲット グループ
への移動も行われません。
• [コンテキストを上書き]: ダイアログ内のコンテキストではなく、特定のコンテキ
ストを持つ参加顧客をコピーする場合は、そのコンテキストの値をここに入力し
ます。
[有効期限]
「有効期限による分割」を参照してください。
顧客の作成オペレーション
40
分岐
パラメータ
[顧客を作成]
カスタマイズされたオペレーション スクリプトを使用して、新規顧客をデータベー
ス内に作成します。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
レターの作成オペレーション
分岐
パラメータ
[レター ファイルを作成]
顧客ドメインからのマージ情報を使用して、それ
ぞれの参加顧客へのレターを作成します。
• [メッセージ テンプレート]: 使用するメッセージ
テンプレートです。 これは Word 文書テンプ
レートでなければなりません。
• [ブロッキング カテゴリをチェック]: レターの受
信に対する保護を実施している顧客向けにレ
ターを作成する場合は、このチェックボックス
をオフにします。 このオペレーションは特別な
状況でのみ行ってください。
• [顧客のソート順]: このパラメータでは、レター
生成時の顧客のソート方法を指定できます。
「有効期限による分割」を参照してください。
[有効期限]
タスクの作成オペレーション
分岐
パラメータ
[タスクを作成] それぞれの参加顧客に対するタスクを作成します。
• [タスク タイプ]: 作成するタスクのタイプです。
• [チャネル]: タスクのチャネル タイプです。
• [タスク作業グループ]: フォローアップのためにタスクを作業グループに割り当て
ます。
• [フォローアップ日]: タスクのフォローアップ日です。
• [タスクの説明]: タスクの説明を割り当てます。
カスタム オペレーション
分岐
パラメータ
[カスタマイズされた分岐]—カスタマイズされた パラメータは、オペレーションの実装方法によっ
分割にはロジックが含まれておらず、スクリプト て異なります。
化されたオペレーションとして自力で実装する必
要があります。
意思決定最適化
最適化オペレーションについて
最適化オペレーションは、Portrait Miner の結果をダイアログ内で実行するための手段です。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
41
[デザイン] ビュー
これにより、“洗練された”分割オペレーションが可能になります。このオペレーションでは、どの顧客
を分割のどの分割に割り当てるのかに関する選択が、Portrait Miner 内の Portrait Optimizer ツールで生
成される、リアルタイム分析ルールによって決定されます。
Visual Dialogue では、最適化オペレーションを使用して、分析ベースの最適化された分割をダイアロ
グに含めることができます。
最適化オペレーション
分岐
パラメータ
最適化分岐—分析的決定最適化ルールに基づいた
• [Optimization]: 使用する最適化オペレーション
分割です。
です。 既存の最適化を選択するか、新しい最適
化を作成できます。 その場合は、新しい最適化
の結果を生成するために、Portrait Optimizer で
新しい最適化を編集する必要があります。
• [最適化の成果]: この分割に割り当てられている
顧客が結果として得られる最適化ルールの結果
名です。
[有効期限]
「有効期限による分割」を参照してください。
新しいOptimizationの作成
Optimizationの項が設定されていない場合、[最適化]オペレーションのプロパティでOptimizationを設定
する為の参照ボタンを押すと、ウィザードが開き、既存の最適化を使用するのか、それとも新しい最
適化を作成するのかを尋ねられます。
[既存の最適化を使用] を選択すると、既存の最適化のリストが表示されます。 そのうち 1 つを選択す
ると、最適化分岐の構成ウィンドウが表示されます。
[新規最適化を作成] を選択すると、ウィザードの次のページが表示され、そこで新しい最適化を作成
できます。
注意: このウィザードを完了すると、未完成の最適化が作成されます。 この最適化は、オペレーショ
ンとしてダイアログで使用する前に、Portrait Miner でさらに定義を行う必要があります。 [意
思決定最適化の作成] ウィザードで入力したすべてのパラメータは保存され、Portrait Miner で
使用したり変更したりできます。
新しい最適化を作成するには、[最適化名] を入力する必要があります。 分析を改善するために、他の
パラメータを設定したり使用したりすることもできます。
以下のパラメータは、新しく作成された最適化に保存されます。 これらはグローバルな制約であり、
最適化が終了すると、Portrait Miner 内にある Portrait Optimizer ツールを使用して編集できます。 こ
れらのグローバルな制約は、結果に関係なく、最適化全体に適用されます。
ウィザードを完了するには、[完了] をクリックします。
最適化オペレーションの構成
42
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
Optimizationの項が設定されている場合、 [最適化]オペレーションのプロパティでOptimizationを設定
するための[参照ボタン]を押すと、 ウィンドウが開きます。
このウィンドウでは、最適化の結果を Visual Dialogue のオペレーションからダイアログ分割に接続す
ることが重要です。 そのため、このウィンドウを開く前に、ダイアログ内のオペレーションがすべて
の分割で設定済みの場合は、このオペレーションの設定が容易になります。
赤い四角形は、オペレーションを完全に動作させるために設定が必要なパラメータを示しています。
この例には、[分割マッピング (グループへ)] パラメータの値の設定によって適切な分割へのマッピン
グが必要な結果が 3 つあります。 こうしたマッピングがなければ、オペレーションを実行してもエ
ラーが発生します。
このウィンドウ内のパラメータに表示されている値は、最適化の作成時のみ変更できます。 そのた
め、これらの値は Portrait Miner 内の Portrait Optimizer ツール使用時にしか編集できません。
[分割] オペレーション
分岐
パラメータ
[インポート ファイルを使って分割]—顧客 ID と、
• [ファイル名をインポート]: 顧客 ID の取得元ファ
場合によってはファイル内のコンテキストに基づ
イルです。
いて参加顧客を分割します。 ファイル内に存在す
• [フィールド区切り文字]: インポート ファイルで
る参加顧客のみを移動します。 このオペレーショ
使用する区切り文字です。
ンは、ファイルの最初の行に列の見出しがあるこ
• [既定のコンテキスト]: ダイアログでコンテキス
と、顧客IDの 列名が CustomerID であることを前
トを使用 (複数の顧客を許可) する場合、イン
提としています。 コンテキストを使用する場合、
ポート ファイルにコンテキスト列がなければ、
コンテキスト列の名前は Context でなければなり
ここで指定したコンテキストが使用されます。
ません。
[リモート グループを使って分割]—別のダイアロ
• [グループと比較]: 分割の条件となるグループで
グ内の別のグループ内に存在する参加顧客に基づ
す。
き、参加顧客を分割します。 リモート グループ
内に存在する参加顧客のみを移動します。
[コールステータスを使って分割]—特定のテレマー
• [テレマーケティング プロジェクト]: 参加顧客が
ケティング プロジェクト内で参加顧客が受け取っ
関与している テレマーケティング プロジェク
たコール ステータスに基づき、参加顧客を分割し
トです。
ます。 指定されたコール ステータスの 1 つを持
• [コール ステータス] (1 つ以上): これらのコール
つ参加顧客のみが移動されます。
ステータスの 1 つを持つ参加顧客のみを移動し
ます。
[セレクションを使って分割]—セレクションに基
• [セレクション]: 使用するセレクションです。
づいて参加顧客を分割します。 セレクションに適
合する参加顧客のみが移動されます。
[タスク完了に基づいて分割]— タスクの完了に基
• [タスク タイプ]: 確認するタスク タイプです。
づいて参加顧客を分割します。 参加顧客は、指定
Visual Dialogue ユーザー ガイド
43
[デザイン] ビュー
分岐
パラメータ
されたタイプのタスクを持ち、そのタスクが完了
と設定されている場合に移動されます。
[バウンス メールに基づいて分割]— バウンス メー
• [バウンス コード]: 確認する 1 つ以上のバウンス
ルの登録に基づいて参加顧客を分割します。 参加
コードです。
顧客は、指定されたバウンス コードの 1 つと共に
送り返されたメールがシステムによって登録され
ている場合に移動されます。
[回答受理に基づいて分割]—アンケートに回答し
• [アンケート]: 参加顧客は、このアンケートに対
た参加顧客を分割します。
する回答を提出すると移動されます。
• [次の日付以降の回答]: アンケートへの回答をこ
の日付以降に行った参加顧客のみが移動されま
す。
• [次の日付以降の変更]: アンケートの変更をこの
日付以降に行った参加顧客のみが移動されま
す。
[メール アドレス検証を使って分割]—参加顧客の
• [チェック対象のメール フィールド]: 検証する
メール アドレスの検証に基づいて参加顧客を分割
メール アドレスを含む顧客ドメイン フィール
します。
ドです。 アドレスは、Dialogue Admin に定義
されているシステム パラメータ
CheckEmailAddressExpr で定義されている正規
表現を使用して検証されます。 システム パラ
メータの詳細については、テクニカル ヘルプを
参照してください。
[ランダムに分割]—ランダム抽出に基づいて参加
• [ランダム ルール]: ランダムな分割を行う方法を
顧客を分割します。
指定します。 [参加顧客の人数を指定する]: 一定
数の参加顧客をランダムに選択します。 [ソー
ス グループのパーセンテージを指定する]: 指定
のパーセンテージに厳密に一致する数の参加顧
客をランダムに選択します。 [確率をパーセン
テージで指定する] を選択した場合は、各参加
顧客が相互の関連なしに指定の確率で移動され
ます。
• [人数/パーセンテージ]: 参加顧客の数、参加顧客
のパーセンテージ、またはパーセンテージで指
定された確率です。 このパラメータには小数を
44
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
分岐
パラメータ
指定できます。 参加顧客の数に小数で指定した
場合は、常に端数の切り捨てが行われます。
• [初期のセレクション]: 初期のセレクションを使
用して抽出を抑制できます。
[分析ルールを使って分割] — Portrait Miner また
• [ルール条件]: 分割オペレーションで使用する
は Portrait Explorer で作成された分析ルールに基
ルール条件を記述する式です。 この式は、右側
づいて参加顧客を分割します。
の参照ボタンを押して作成する必要がありま
す。 テキストボックスに直接書き込むことはで
きません。
注意: 参照は、Miner との統合が有効になって
いるシステムでのみ使用できます。
• [初期のセレクション]: 初期のセレクションを使
用して抽出を抑制できます。
[リストを使って分割] — リストのメンバーシップ
• List: 使用するリストです。
に基づいて参加顧客を分割します。 参加顧客は、
リスト内の顧客と一致した場合にのみ移動されま
す。
[有効期限]—定められた日数が経過するか、定め
• [最大猶予期間]: 参加顧客が [ソース グループ] 内
られた日付を過ぎると、参加者を移動します。
に存在できる最大日数です。 オペレーションの
実行時に、この日数を超えてグループ内に存在
している参加顧客は移動されます。 このパラ
メータでは、日数を小数で指定できます。
• [固定失効日]: この日付になると、参加顧客は
[ソース グループ] 内に存在していた日数に関係
なく、移動されます。
Facebook オペレーション
分岐
パラメータ
[ウォール投稿を作成] — 顧客ドメインからのマー
• Facebook メッセージ: 使用するメッセージ テ
ジ情報を使用して、それそれの参加顧客に
ンプレートです。 これは Facebook テンプレー
Facebook ウォール投稿を発行します。
トでなければなりません。
[有効期限]— 「有効期限による分割」を参照して
ください。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
45
[デザイン] ビュー
[ファイルからインポート] オペレーション
分岐
パラメータ
[インポート]—顧客 ID と場合によってはファイル
• [ファイル名をインポート]: 顧客 ID の取得元ファ
内のコンテキストに基づいて参加顧客を選択して
イルです。 ファイルのエンコードは ANSI また
ダイアログに挿入します。 ファイル内にある参加
は Unicode 形式のどちらかでなければなりませ
顧客のみが選択されます。 このオペレーション
ん。
は、ファイルの最初の行に列の見出しがあるこ
• [フィールド区切り文字]: インポート ファイルで
と、顧客IDの 列名が CustomerID であることを前
使用する区切り文字です。
提としています。 コンテキストを使用する場合、
• [既定のコンテキスト]: ダイアログでコンテキス
コンテキスト列の名前は Context でなければなり
トを使用 (複数の顧客を許可) する場合、イン
ません。
ポート ファイルにコンテキスト列がなければ、
ここで指定したコンテキストが使用されます。
[非アクティブ化] オペレーション
分岐
パラメータ
[すべて非アクティブ化]—参加顧客を非アクティ
ブ化します。
[移動] オペレーション
分岐
パラメータ
[移動]—すべての参加顧客を次のグループに移動
します。
[有効期限]— 「有効期限による分割」を参照して
ください。
[回答を受け取る] オペレーション
分岐
パラメータ
[回答フォームの受理]—アンケートに回答した参
• [アンケート]: このアンケートに対する回答を提
加顧客を次のグループに移動します。
出した参加顧客が移動されます。
• [次の日付以降の回答] アンケートへの回答をこ
の日付以降に行った参加顧客のみが移動されま
す。
[有効期限]— 「有効期限による分割」を参照して
ください。
46
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
[選択] オペレーション
分岐
パラメータ
[リモート グループを使って選択]—異なるダイア
• [グループと比較]: 選択の条件となるグループで
ログ内の異なるグループから参加顧客を選択して
す。
ダイアログに挿入します。
[回答に基づいて選択]—アンケートに回答した参
• [アンケート]: このアンケートへの回答を提出し
加顧客を選択してダイアログに挿入します。
た回答者をダイアログに移動します。
• [次の日付以降の回答]: アンケートへの回答をこ
の日付以降に行った回答者のみをダイアログに
移動します。
• [次の日付以降の変更]: アンケートの変更をこの
日付以降に行った回答者のみをダイアログに移
動します。
[セレクションを使って選択]—セレクションに基
• [セレクション]: 使用するセレクションです。
づいて参加顧客を選択してダイアログに挿入しま
す。
[イベントに基づいて選択]—イベントに基づいて
参加顧客を選択してダイアログに挿入します。
[ランダムに選択]—ランダム抽出に基づいて参加
• [ランダム ルール]: ランダムな選択を行う方法を
顧客を選択してダイアログに挿入します。
指定します。 [参加顧客の人数を指定する]: 一定
数の参加顧客をランダムに選択します。 [ソー
ス グループのパーセンテージを指定する]: 指定
のパーセンテージに厳密に一致する数の参加顧
客をランダムに選択します。 [確率をパーセン
テージで指定する] を選択した場合は、各参加
顧客が相互の関連なしに指定の確率で移動され
ます。
• [人数/パーセンテージ]: 参加顧客の数、参加顧客
のパーセンテージ、またはパーセンテージで指
定された確率です。 このパラメータは小数に対
応しており、参加顧客の数を小数で指定した場
合は、常に端数の切り捨てが行われます。
• [初期のセレクション]: 初期のセレクションを使
用して抽出を抑制できます。
[分析ルールによって選択] — Portrait Miner また
• [ルール条件]: 選択オペレーションで使用する
は Portrait Explorer で作成された分析ルールに基
ルール条件を記述する式です。 この式は、右側
づいて、参加顧客をダイアログに選択します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
47
[デザイン] ビュー
分岐
パラメータ
の参照ボタンを押して作成する必要があり、テ
キストボックス内への直接入力はできません。
注意: 参照は、Portrait Miner との統合が有効に
なっているシステムでのみ使用できま
す。
• [初期のセレクション]: 初期のセレクションを使
用して抽出を抑制できます。
[リストを使って選択] — リストのメンバーシップ
• List: リストのメンバーシップに基づいて、参加
に基づいて、参加顧客をダイアログに選択しま
顧客をダイアログに選択します。
す。
[メールを送信] オペレーション
分岐
パラメータ
[メールを作成]—顧客ドメインのマージ情報を使
• [メッセージ テンプレート]: 使用するメッセージ
用して各参加顧客に対するメールの作成と送信を
テンプレートです。これはメール テンプレート
行います。
でなければなりません。
• [添付ファイル]: メールに添付するファイルを指
定します。指定するファイルは、システムが
メールの送信に使用するメール サーバーにとっ
て利用可能なものでなければなりません。
• [ブロッキング カテゴリをチェック]: メールの受
信に対する保護を実施している顧客向けにメー
ルを作成する場合は、このチェックボックスを
オフにします。このオペレーションは特別な状
況でのみ行ってください。
[レターを添付してメールを作成]—Word 文書ファ
• [メール テンプレート]: 使用するメッセージ テ
イルを添付したメールを作成し、各参加顧客に送
ンプレートです。これはメール テンプレートで
信します。メールと Word 文書の両方に、顧客ド
なければなりません。
メインのマージ情報を含めることができます。
• [レター テンプレート]: メールに添付するメッ
セージ テンプレートを指定します。これは Word
文書テンプレートでなければなりません。
• [レターを顧客履歴にログ]: メッセージ履歴ログ
に Word 文書のログを記録しない場合は、この
チェックボックスをオフにします。メール メッ
セージのログは常に記録されます。
48
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
分岐
パラメータ
• [ブロッキング カテゴリをチェック]: メールの受
信に対する保護を実施している顧客向けにメー
ルを作成する場合は、このチェックボックスを
オフにします。このオペレーションは特別な状
況でのみ行ってください。
[レターを添付して管理メールを作成]—Word また
は Rtf 文書ファイルを添付したメールを作成して
指定のメール アドレスに送信します。添付の文書
には顧客ドメインのマージ情報を含めることがで
きます。この文書はファイルとして保存されてい
なければならず、1 件の顧客につき 1 つのメッセー
ジが生成される場合は、最初のメッセージのみが
添付されます。
• [送信先アドレス]: メールの宛先となるメール ア
ドレスです。
• [送信元アドレス]: メールで使用される差出人ア
ドレスです。
• [件名]: メールの件名です。
• [本文]: メールの本文 (実際のメッセージ) です。
• [レター テンプレート]: メールに添付するメッ
セージ テンプレートを指定します。これは Word
または Rtf 文書テンプレートでなければなりま
せん。
• [顧客のソート順]: このパラメータでは、レター
添付ファイル生成時の顧客のソート方法を指定
できます。
[レポートを添付して管理メールを作成]—レポー
ト ファイルを添付したメールを作成して指定の
メール アドレスに送信します。レポートはいかな
る形でもソース グループ内の参加顧客には関連付
けられておらず、ターゲット グループへの移動以
外のアクションが参加顧客に対して取られること
はありません。
• [送信先アドレス]: メールの宛先となるメール ア
ドレスです。
• [送信元アドレス]: メールで使用される差出人ア
ドレスです。
• [件名]: メールの件名です。
• [本文]: メールの本文 (実際のメッセージ) です。
• [レポート テンプレート]: メールに添付するレ
ポート テンプレートを指定します。
• [レポート フォーマット]: メールに添付するレ
ポートのレポート フォーマットを指定します。
[有効期限]— 「有効期限による分割」を参照して
ください。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
49
[デザイン] ビュー
[SMS を送信] オペレーション
分岐
パラメータ
[SMS メッセージを作
• [メッセージ テンプレート]: 使用するメッセージ テンプレートです。 こ
成]—顧客ドメインの
れは SMS テンプレートでなければなりません。
マージ情報を使用して、
• [ブロッキング カテゴリをチェック]: SMS メッセージの受信に対する制
SMS を作成して各参加
限を実施している顧客向けに SMS メッセージを作成する場合は、この
顧客に送信します。
チェックボックスをオフにします。 このオペレーションは特別な状況で
のみ行ってください。
[有効期限]
「有効期限による分割」を参照してください。
[カテゴリの設定] オペレーション
分岐
パラメータ
[ブロッキング カテゴリを設定]—ダイアログの参
• オプション: このカテゴリを顧客に対して設定
加顧客によって表される顧客向けのブロッキング
する場合は、[カテゴリの設定] にマークを付け
カテゴリを設定または削除します。
ます。 このカテゴリを顧客から削除する場合
は、[カテゴリの削除] にマークを付けます。
• [ブロッキング カテゴリ]: 顧客に対して設定また
は削除するカテゴリです。
[簡易カテゴリを設定]—参加顧客によって表され
• オプション: このカテゴリを顧客に対して設定
る顧客向けの簡易カテゴリを設定または削除しま
する場合は、[カテゴリの設定] にマークを付け
す。
ます。 このカテゴリを顧客から削除する場合
は、[カテゴリの削除] にマークを付けます。
• [簡易カテゴリ]: 顧客に対して設定または削除す
るカテゴリです。
[スコアリング カテゴリを設定]—ダイアログ参加
• オプション: このカテゴリを顧客に対して設定
顧客によって表される顧客向けのスコアリング カ
する場合は、[カテゴリの設定] にマークを付け
テゴリおよびスコアを設定または削除します。
ます。 このカテゴリを顧客から削除する場合
は、[カテゴリの削除] にマークを付けます。
• [スコアリング カテゴリ]: 顧客に対して設定また
は削除するカテゴリです。
• [スコア]: 設定するスコア値です。
[価値カテゴリを設定]—ダイアログ参加顧客によっ
• オプション: このカテゴリを顧客に対して設定
て表される顧客向けの価値カテゴリを設定または
する場合は、[カテゴリの設定] にマークを付け
削除します。
50
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
分岐
パラメータ
ます。 このカテゴリを顧客から削除する場合
は、[カテゴリの削除] にマークを付けます。
• [価値カテゴリ]: 顧客向けに設定または削除する
カテゴリとカテゴリ値です。
[有効期限]— 「有効期限による分割」を参照して
ください。
テレマーケティング オペレーション
分岐
パラメータ
[テレマーケティングで処理済み]—このオペレー
• [テレマーケティング プロジェクト]: 参加顧客を
ションでは、テレマーケティング プロジェクト向
処理するテレマーケティング プロジェクトで
けに参加顧客を設定します。 参加顧客が呼び出さ
す。
れた後、または他の何らかの理由でプロジェクト
によって処理された後、その参加顧客は [ターゲッ
ト グループ] に移動されます。
[有効期限]— 「有効期限による分割」を参照して
ください。
Twitter オペレーション
分岐
パラメータ
[ツイートを作成] - 顧客ドメインからのマージ情
• ツイート メッセージ: 使用するメッセージ テ
報を使用して、それぞれの参加顧客にツイートを
ンプレートです。 これは Twitter テンプレート
発行します。
でなければなりません。
[有効期限]— 「有効期限による分割」を参照して
ください。
コメント
ダイアログ ツールボックスの [コメント] をクリックして、ダイアログ図にコメントを追加できます。
コメントによってダイアログの動作は変わりませんが、ダイアログに関する情報を追加したり、重要
な部分をマークしたりできます。 単純にコメントをダブルクリックしてコメントのテキストを編集し
たり、コメントのエッジをドラッグしてコメントのサイズを変更したりできます。 デザイン ビューの
ポップアップ メニューで、その他のアクションを実行できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
51
[デザイン] ビュー
ダイアログ ツールボックス
Dialog Designer 内で作業している場合は、ダイアログの設計に役立つ項目が Visual Dialogue ツール
ボックスに数多く表示されます。
デザイン ツールを使用してグループの追加やオペレーションの追加を実行できます。
ツールボックスの [グループ タイプ] および [オペレーションタイプ] グループを使用すると、指定した
タイプのグループやオペレーションをすばやくダイアログに追加できます。
デザイン ビューのポップアップ メニュー
ダイアログの各種要素を右クリックすると、ポップアップ メニューが表示されます。
グループの右クリック
メニュー オプション
説明
編集
グループのプロパティを編集します。
[背景色]
グループの色を編集します。 色のポップアップが表示されます。こ
こでは、標準の色からの選択や、[その他の色] オプションを使用し
た独自の色の作成ができます。
テキスト
グループでのテキストの色を編集します。 色のポップアップが表示
されます。ここでは、標準の色からの選択や、[その他の色] オプショ
ンを使用した独自の色の作成ができます。
コピー[こぴー]
グループをコピーします。
削除
グループを削除します。
オペレーションの右クリック
メニュー オプション
説明
編集
オペレーションのプロパティを編集します。
[オペレーションはアクティブで オペレーションをアクティブまたは非アクティブに設定します。
す]
52
[オペレーション スクリプト] >
[スクリプトを表示]
スクリプト ビューを開きます (1 つ以上の分割がスクリプト化され
ている場合にのみ有効)。
[オペレーション スクリプト] >
[スクリプト分岐に変換...]
オペレーションの最初の分割をスクリプト分割に変換します。
[オペレーション スクリプト] >
[標準の分岐に戻す]
オペレーションのすべての分割を (スクリプト化されていない) 標準
の実装に戻します。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
メニュー オプション
説明
コピー[こぴー]
オペレーションをコピーします。
削除
オペレーションを削除します。
[セレクション/テンプレート/TM オペレーションでこれらのコンポーネントのいずれかを使用してい
プロジェクト/アンケートを編集] る場合は、そのコンポーネントをここで直接編集できます。
分岐の右クリック
メニュー オプション
説明
編集
分割のプロパティを編集します。
[非アクティブ化された分割]
分割をアクティブまたは非アクティブに設定します。
[直線化]
分割ラインをセグメントに分割している場合は、それらのセグメン
トをマージして 1 つのラインに戻すことができます。
[オペレーション スクリプト] >
[スクリプトを表示]
スクリプト ビューを開きます (分割がスクリプト化されている場合
にのみ有効)。
[オペレーション スクリプト] >
[スクリプト分岐に変換...]
分割をスクリプト分割に変換します。
[オペレーション スクリプト] >
[標準の分岐に戻す]
分割を (スクリプト化されていない) 標準の実装に戻します。
コピー[こぴー]
分割をコピーします。
削除
分割を削除します。
[セレクション/テンプレート/TM 分割でこれらのコンポーネントのいずれかを使用している場合は、
プロジェクト/アンケートを編集] そのコンポーネントをここで直接編集できます。
コメントの右クリック
メニュー オプション
説明
編集
コメントのテキストを編集します。
[背景色]
コメントの色を変更します。 色のポップアップが表示されます。
ここでは、標準の色からの選択や、[その他の色] オプションを使用
した独自の色の作成ができます。
テキスト
コメント テキストの色を変更します。 色のポップアップが表示さ
れます。ここでは、標準の色からの選択や、[その他の色] オプショ
ンを使用した独自の色の作成ができます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
53
[デザイン] ビュー
メニュー オプション
説明
[最背面へ]
コメントをダイアログ図内のその他すべてのコメントの背面に移動
します。 コメントは常にグループとオペレーションの背面に表示
されることに注意してください。
[テキストの位置合わせ]
コメント テキストの位置合わせを変更します。
コピー
コメントをコピーします。
削除
コメントを削除します。
デザイン ビューでのコピーと貼り付け
デザイン ビューでは、グループ、オペレーション、および分割のコピーや貼り付けができます。
デザイン キャンバスでオブジェクトのコピーや貼り付けを行うには:
1. オブジェクトの選択: マウスで領域を選択するか、Shift キーを押しながらオブジェクトをクリック
して、複数のオブジェクトを選択します。
2. オブジェクトのコピー: [ホーム] タブで [コピー] を選択する、Ctrl + C キーを押す、オブジェクト
を右クリックして [コピー] を選択する、のいずれかを行います。
3. オブジェクトの貼り付け: [ホーム] タブで [貼り付け] を選択する、Ctrl + V キーを押す、オブジェ
クトを右クリックして [貼り付け] を選択する、のいずれかを行います。
2 つのダイアログが同じ Visual Dialogue ウィンドウで開かれている場合は、一方のダイアログの
オブジェクトを他方のダイアログに貼り付けることができます。
[デザイン] タブ
デザイン ビューのダイアログに関する作業の際には、このリボンに [デザイン] タブが追加されます。
タブのオプション
説明
[アクティブな項目] 開いているすべての項目のリストが表示されます。
54
[探索]
[エクスプローラー] ウィンドウまたはメイン コンポーネント ブラウザ ウィンド
ウを開きます。
上書き保存
作業しているダイアログを保存します。
閉じる
作業しているダイアログを閉じます。
プロパティ
ダイアログのプロパティを表示します。
移動
ナビゲーション ペインを表示します。このペインでは、作業しているダイアロ
グの異なる部分に簡単に移動できます。
中へ
表示サイズを約 50 パーセント拡大します。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
タブのオプション
説明
送信
表示サイズを約 50 パーセント縮小します。
標準
標準の表示サイズに設定します。
[選択された項目を 選択されている項目のプロパティ ウィンドウを開きます。
編集]
テキスト
グループまたはコメント内のテキストの色を変更します。 色のドロップダウン
が表示されます。ここでは、標準の色からの選択や、[その他の色] オプションを
使用した独自の色の作成ができます。
[背景色]
グループまたはコメントの色を変更します。 色のドロップダウンが表示されま
す。ここでは、標準の色からの選択や、[その他の色] オプションを使用した独自
の色の作成ができます。
[テキストの位置合 コメント テキストの位置合わせを変更します。
わせ]
[最背面へ]
コメントをダイアログ図内のその他すべてのコメントの背面に移動します。 コ
メントは常にグループとオペレーションの背面に表示されることに注意してくだ
さい。
[直線化]
分割ラインをセグメントに分割している場合は、それらのセグメントをマージし
て 1 つのラインに戻すことができます。
[テキストの色]
選択されているグループのテキストの色を編集します。
[左端寄せ]
選択されているコンポーネントのうち最も左側にあるものの左端に合わせて、選
択されているグループと分割点を配置します。
[中央寄せ (横方向)] 選択されているコンポーネントのうち最も中央に近いものと中心が揃うように、
選択されているグループと分割点を横に移動します。
[右端寄せ]
選択されているコンポーネントのうち最も右側にあるものの右端に合わせて、選
択されているグループと分割点を配置します。
[上寄せ]
選択されているコンポーネントのうち最も上にあるものの上端に合わせて、選択
されているグループと分割点を配置します。
[中央寄せ (上下方
選択されているコンポーネントのうち最も中央に近いものと中心が揃うように、
選択されているグループと分割点を上下に移動します。
向)]
[下寄せ]
選択されているコンポーネントのうち最も下にあるものの下端に合わせて、選択
されているグループと分割点を配置します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
55
[実行] ビュー
タブのオプション
説明
[均等間隔 (横方向)] 左端と右端のコンポーネントの間にそれ以外のコンポーネントが均等間隔で並ぶ
ように、選択されている 3 つ以上のグループおよび分割点を横に配置します。
[均等間隔 (縦方向)] 選択されているコンポーネントのうち最も中央に近いものと中心が揃うように、
選択されているグループと分割点を上下に移動します。
[スクリプトを表示] スクリプト ビューを開きます (分割がスクリプト化されている場合にのみ有効)。
[スクリプト分岐に 分割をスクリプト分割に変換します。
変換...]
[標準の分岐に戻す] 分割を (スクリプト化されていない) 標準の実装に戻します。
テレマーケティン
グ プロジェクト
テレマーケティング プロジェクト デザイナを開きます。 新しいダイアログが作
成されている場合、このオペレーションは、そのダイアログを初めて保存した後
にのみ可能です。
[実行] ビュー
実行ビューについて
実行ビューでは、オペレーションの実行、参加顧客の表示やオペレーション、ダイアログ履歴の表示
が行えます。
オペレーションの実行
Dialogue Server は、個々の実行オプションに従ってダイアログ内のオペレーションを自動的に実行し
ます。 ただし、[ユーザー コマンド] 実行オプションを持つオペレーションは、[実行] ビューから手動
で実行できます。
[実行] ビューでオペレーションを手動で開始するには、オペレーションを選択し、右クリックによっ
てポップアップ メニューを表示します。
ポップアップ メニューには、オペレーションの実行に関する以下の 5 つのメニュー項目が含まれてい
ます。
メニュー オプショ 説明
ン
56
[実行]
オペレーションを実行します。
[高度な実行]
最大数 (上限) の参加顧客を伴うオペレーションを実行します。 この数値はオペ
レーションの実行前に設定します。
[実行を中止]
現在行われている実行を中止します。
[実行の詳細]
[実行の進捗] ウィンドウを表示します。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
メニュー オプショ 説明
ン
[実行モニター]
[実行モニター] ウィンドウを表示します。
[実行の進捗] ウィンドウ
実行中のオペレーションは緑色でマークされます。 実行に失敗したオペレーションは赤色でマークさ
れます。 オペレーションがこれらの色の 1 つでマークされている場合は、オペレーションをダブルク
リックしたり、ポップアップメニューから [実行の詳細] を選択したりできます。 こうしたオペレー
ションにより、[実行の進捗] ウィンドウが開き、現在行われているか、失敗した実行の詳細情報が表
示されます。
[参加顧客の要約]
[参加顧客の要約] ウィンドウを開くには、実行ビュー キャンバス内の空のエリアを右クリックして [参
加顧客の要約] を選択するか、[実行] タブで [参加顧客の要約] を選択します。 [参加顧客の要約] は、
ダイアログ内のすべてのグループの参加顧客に関係する機能と情報を提供します。
[参加顧客の要約] ウィンドウ
[参加顧客の要約] ウィンドウの [ホーム] リボンは、以下の機能を提供します。
オプション
説明
[閉じる]
[参加顧客の要約] ウィンドウを閉じます。
エクスポート
選択されているグループ内のすべての参加顧客をファイルにエクスポートしま
す。
[グループに移動]
選択されているグループ内のすべての参加顧客を別のグループに移動します。
[非アクティブ化]
選択されているグループ内のすべての参加顧客を非アクティブにします。
[参加顧客を表示]
グループリスト内のグループをダブルクリックするか、
をクリックします。
このオペレーションにより、新しいウィンドウが開き、選択されているグルー
プ内の参加顧客のリストが表示されます (「[参加顧客] ウィンドウ(58ページ)」
を参照)。
[再表示] (F5 キー)
すべてのグループの参加顧客情報を再表示します。
[チャートを表示]
ウィンドウの下部にあるチャートの表示/非表示を切り替え、すべてのグループ
内の参加者数をグラフィカルに表示します。
[列を選択]
[列を選択] ウィンドウを開き、表示される一連の列を構成できます。
[参加顧客] ウィンドウ
Visual Dialogue ユーザー ガイド
57
[実行] ビュー
参加顧客ウィンドウは、1 つのグループ内の参加顧客に関係する機能と情報を提供します。 詳細につ
いては、「[参加顧客] ウィンドウ(58ページ)」を参照してください。
[参加顧客] ウィンドウ
参加顧客ウィンドウを開くには、[実行] ビュー内のグループをダブルクリックするか、[参加顧客の要
約] ウィンドウで適切なグループをダブルクリックします。
参加顧客ウィンドウは、1 つのグループ内の参加顧客に関係する機能と情報を提供します。
[参加顧客] ウィンドウのリボンは、以下の機能を提供します。
オプション
説明
[閉じる]
[参加顧客] ウィンドウを閉じます。
[グループに移動]
選択されている参加顧客を別のグループに移動します。
[非アクティブ化]
選択されている参加顧客を非アクティブにします。
[マージ テンプレートを ダイアログで使用されているテンプレートと選択されている参加顧客に基
テスト]
づいてテスト メッセージを作成します。
[Customer View で開く] 選択されているユーザーを Customer View で開きます。
[重複チェック]
Customer View を開き、選択されている顧客の可能な複製を表示します。
注意: このオプションは、[顧客ドメイン] の設定 (Dialogue Admin) で複写
のチェックが構成されている場合にのみ使用できます。
[エクスポート]
選択されている参加顧客をファイルにエクスポートします。
[詳細を表示]
選択されている参加顧客の詳細の表示/非表示を切り替えます (以下の「詳
細」を参照)。
[列を選択]
[列を選択] ウィンドウを開き、表示される一連の列を構成できます。
[リスト内の最大数]
この数値により、表示される参加顧客の数が制限されます。 このフィール
ドを大きな数値に設定すると、現在のウィンドウのパフォーマンスが低下
する可能性があります。
[再表示] (F5 キー)
参加顧客の情報を再表示します。
検索
このリボン タブは、参加顧客をフィルタするための単純な検索の機能を提
供します。
[詳細]
[詳細] ボタンをクリックすると、選択されている参加顧客の詳細が次の 5 つのビューを使用して表示
されます。
58
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
ビュー
説明
[参加顧客履歴]
[参加顧客履歴] ビューは、選択されている参加顧客の履歴をダイアログ内
に一覧表示します。 このテーブルでは、参加者のパスがダイアログにわ
たって一覧表示されます。
注意: ログに記録された参加顧客の履歴情報を表示するためには、参加顧
客のログがオンになっている必要があります。 このオペレーション
は、ダイアログ全体、または各オペレーションについて、[ダイアロ
グのプロパティ] ([詳細設定] タブ) で行うことができます。
[テレマーケティング履 [テレマーケティング履歴] ビューには、ダイアログ内のすべての
歴]
[Telemarketing] プロジェクトと、参加顧客が参加しているプロジェクトの
それぞれにおけるその参加顧客のステータスと履歴が一覧表示されます。
メッセージ
[メッセージ ビューア] には、選択されている参加顧客によって表される顧
客に関連したすべてのメッセージが一覧表示されます。 メッセージごとに
ステータス (電子の送信エラーなど) が表示されます。
メッセージを表示するには、リスト内のメッセージを選択し、[表示] をク
リックします。
[回答フォーム]
[回答フォーム] ビューには、選択されている参加顧客によって表される顧
客に関連したすべての回答フォームが一覧表示されます。
回答フォームを表示するには、リスト内の回答フォームを選択し、[表示]
をクリックします。
[活動 & タスク]
[活動 & タスク] ビューには、選択されている参加顧客によって表される顧
客に関連したすべての活動とタスクが一覧表示されます。
活動またはタスクを表示するには、リスト内の活動またはタスクを選択し、
[表示] をクリックします。
参加顧客ウィンドウからのレポートの実行
統合レポートが有効になっていて、システム タイプが [顧客レポート] または [参加顧客レポート] であ
るレポートが定義されている場合、メニュー バーに [レポート] メニューが追加されます。 詳細につ
いては、「統合レポートの概要(277ページ)」を参照してください。
[オペレーション ログ]
[オペレーション ログ] ウィンドウを開くには、オペレーションを右クリックするか、 [実行] ビュー
キャンバスの空白部分を右クリックし、[オペレーション ログ] を選択します。 [オペレーション ログ]
は、ログに記録された、すべてのオペレーション実行に関する情報を提供します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
59
[実行] ビュー
ログに記録された情報を確認するには、[オペレーション] テーブルで対象のオペレーションを選択し
ます。
オペレーション ログの詳細情報は、3 つのビューを使用して表示されます。 詳細については、「オペ
レーション ログ ビュー(60ページ)」を参照してください。
オペレーション ログ ビュー
オペレーション ログの詳細情報は、以下の 3 つのビューを使用して表示されます。
1. [要約]—オペレーションに関する要約情報が表示されます。
オプション
説明
[ソース グループ]
オペレーションのソース グループです。
[実行回数合計]
オペレーションの実行総数です。
[参加顧客数合計]
オペレーションによって移動された参加顧客の総数です。
[最初の実行]
オペレーションを最初に実行した日時です。
[最後の実行]
オペレーションを最後に実行した日時です。
[分割の詳細]
このテーブルには、オペレーションの分割のそれぞれに関する要約情報が
含まれています。
2. [すべての実行]—あるオペレーションのすべての実行に関する詳細情報が表示されます。
オプション
説明
[オペレーションのす このビューには、オペレーションの実行がすべて含まれています。 以下の
べての実行]
列があります。
• [開始時刻]—オペレーション実行の開始時間です。
• [期間]—オペレーション実行の期間です。
• [参加顧客]—オペレーション実行によって移動された参加顧客の数です。
• [実行モード]—オペレーションがどのように開始されたのかを示します。
取り得る値は次の 4 つです。
• [手動実行]—オペレーションは Visual Dialogue でユーザーが手動で実
行したものです。
• [ウォーターフォール]—オペレーションはウォーターフォール メカニズ
ムを使用して開始されたものです。
• [スケジュール]—オペレーションはスケジューラ メカニズムを使用して
開始されたものです。
• [イベント]—オペレーションはイベントによってトリガーされたもので
す。
60
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
オプション
説明
詳細については、「実行オプション」を参照してください。
• [ユーザーによる実行]—オペレーションを実行したシステム ユーザーで
す。
• [オペレーション ログ ID]—ログ テーブル内のオペレーション実行の一意
のデータベース ID です。
さらに、オペレーション実行の各分割についての詳細を確認するために、
オペレーション実行を展開できます。
分割テーブルを開くには、プラス (+) 記号をクリックします。 分割テーブ
ルには、以下の列があります。
• [分割名]—オペレーション分割の名前です。
• [開始時刻]—オペレーション分割の開始時刻です。
• [期間]—オペレーション分割の実行期間です。
• [参加顧客]—操作分岐によって移動された参加顧客の数です。
• [優先度]—オペレーション分割の優先度です。 優先度が最も高い (数値の
最も小さい) 分割が最初に実行されます。
• [分割ログ ID]—ログ テーブル内のオペレーション分割実行の一意のデー
タベース ID です。
3. [時間グラフ]—オペレーションによって移動された参加顧客に関する情報を時間の関数として表示
します。
オプション
説明
[タイトル]
グラフのタイトルを表示するには、このオプションをオンにします。
[凡例]
グラフの凡例を表示するには、このオプションをオンにします。
[階段]
グラフの線を階段状に表示するには、このオプションをオンにします。
[マーク]
グラフの線にマーク (主要な数値) を表示するには、このオプションします
グラフをカスタマイズするには、[ホーム] リボン タブで [カスタマイズ] を選択します。
[実行モニター]
[実行モニター] には、バックグラウンドで実行されるダイアログ オペレーション (ウォーターフォー
ル、スケジュール済み、およびイベント トリガー型のオペレーションなど) に関連するすべての活動
が表示されます。
注意: ビューを開くために使用したダイアログ内のオペレーションのみが表示されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
61
[実行] ビュー
このリスト ビューには、現在バックグラウンドで実行中のすべてのオペレーションだけでなく、失敗
したすべてのバックグラウンドオペレーションも表示されます。 失敗したオペレーションの場合は、
下のペインにオペレーションのエラーに関連する情報が表示されます。
[実行モニター] リボン
オプション
説明
閉じる
[実行モニター] ウィンドウを閉じます。
再始動
選択されているタスクの実行をもう一度試みます。 バックグラウンドのオペレー
ションは、3 回まで実行を自動的に再試行した後、エラーによって中止されま
す。 エラーの原因を修正した後、手動でタスクを再できます。
中止
選択されているタスクの実行を中止します。
実行の進捗
選択されているタスクの [実行の進捗] ウィンドウを表示します。
削除
選択されているタスクを削除します。
最新表示
ビューを再表示します。
[自動再表示]
毎秒ビューを自動的に再表示します。
[列を選択]
[列を選択] ウィンドウを開き、表示される一連の列を構成できます。
[オペレーションに 実行ビューで、選択されているタスクを中央に位置付けます。
移動]
[実行] ビューのポップアップ メニュー
ダイアログの各種要素を右クリックすると、ポップアップ メニューが表示されます。
グループの右クリック
62
メニュー オプション
説明
[参加顧客を表示]
[参加顧客] ダイアログを開きます。 ここでは、グループ内の参加顧
客を表示できます。 顧客ビューでの参加顧客の表示、個々の参加顧
客の非アクティブ化、参加顧客が返した回答フォームの表示、別の
グループへの個々の参加顧客の直接移動といったオペレーションが
行えます。
[参加顧客を非アクティブ化]
グループ内のすべての参加顧客を非アクティブ化します。 このオペ
レーションにより、参加顧客は非アクティブとしてマークされ、ダ
イアログには含まれなくなります。
[参加顧客を移動]
グループ内のすべての参加顧客を別のグループに直接移動します。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
メニュー オプション
説明
[参加顧客をエクスポート...]
参加顧客をファイルにエクスポートします。 エクスポートの側面を
カスタマイズできるウィザードが表示されます。
レポート
適用可能な統合レポートを実行します。 詳細については、「統合レ
ポートの概要(277ページ)」と「標準レポート(278ページ)」を
参照してください。
オペレーションの右クリック
メニュー オプション
説明
[実行]
オペレーションを実行します。 [ユーザー コマンド] 実行オプションを設定
して、この実行を可能にする必要があります。
[高度な実行...]
最大数の参加顧客に関するオペレーションを実行します。 この数値はオペ
レーションの実行前に設定します。
[実行を中止]
オペレーションの実行を中止します。
[実行の詳細]
[実行モニター] ウィンドウを表示します。
[実行モニター]
実行モニターを表示します。
[オペレーション ログ]
オペレーション ログ ウィンドウを表示します。
[セレクション/テンプ
レート/TM プロジェク
ト/アンケートを編集]
オペレーションでこれらのコンポーネントのいずれかを使用している場合
は、そのコンポーネントをここで直接編集できます。
レポート
適用可能な統合レポートを実行します。 詳細については、「統合レポート
の概要(277ページ)」と「標準レポート(278ページ)」を参照してくださ
い。
分割の右クリック
メニュー オプション
説明
[セレクション/テンプレート/TM 分割でこれらのコンポーネントのいずれかを使用している場合は、
プロジェクト/アンケートを編集] そのコンポーネントをここで直接編集できます。
レポート
Visual Dialogue ユーザー ガイド
適用可能な統合レポートを実行します。 詳細については、「統合
レポートの概要(277ページ)」と「標準レポート(278ページ)」
を参照してください。
63
[実行] ビュー
コンポーネントを一切選択せずに右クリック
メニュー オプション
説明
[参加顧客の要約]
[参加顧客の要約] は、ダイアログ内のすべてのグループの参加顧客
に関連する機能と概要を提供します。
[実行モニター]
実行モニターを表示します。
[オペレーション ログ]
[オペレーション ログ] は、ログに記録された、すべてのオペレー
ション実行に関する情報を提供します。
レポート
適用可能な統合レポートを実行します。 詳細については、「統合
レポートの概要(277ページ)」と「標準レポート(278ページ)」
を参照してください。
[実行] タブ
実行ビューのダイアログに関する作業の際には、このリボンに [実行] タブが追加されます。
64
タブのオプション
説明
[アクティブな項目]
開いているすべての項目のリストが表示されます。
[探索]
[エクスプローラー] ウィンドウまたはメイン コンポーネント ブラウザ ウィ
ンドウを開きます。
上書き保存
作業しているダイアログを保存します。
閉じる
作業しているダイアログを閉じます。
プロパティ
ダイアログのプロパティを表示します。
移動
ナビゲーション ペインを表示します。このペインでは、作業しているダイ
アログの異なる部分に簡単に移動できます。
中へ
表示サイズを約 50 パーセント拡大します。
送信
表示サイズを約 50 パーセント縮小します。
標準
標準の表示サイズに設定します。
実行(E)
オペレーションを実行します。 [ユーザー コマンド] 実行オプションを設定
して、この実行を可能にする必要があります。
拡張機能
最大数の参加顧客に関するオペレーションを実行します。 この数値はオペ
レーションの実行前に設定します。
中止
実行中のオペレーションを中止します。
[実行モニター]
実行モニターを表示します。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
タブのオプション
説明
[参加顧客を表示]
[参加顧客] ダイアログを開きます。 ここでは、グループ内の参加顧客を表
示できます。 顧客ビューでの参加顧客の表示、個々の参加顧客の非アク
ティブ化、参加顧客が返した回答フォームの表示、別のグループへの個々
の参加顧客の直接移動といったオペレーションが行えます。
[参加顧客を移動]
グループ内のすべての参加顧客を別のグループに直接移動します。 このタ
スクはバックグラウンド タスクになります。
[参加顧客を非アクティ グループ内のすべての参加顧客を非アクティブ化します。 このオペレー
ブ化]
ションにより、参加顧客は非アクティブとしてマークされ、ダイアログに
は含まれなくなります。 このタスクはバックグラウンド タスクとして実行
されます。
[参加顧客をエクスポー 参加顧客をファイルにエクスポートします。 エクスポートの側面をカスタ
ト...]
マイズできるウィザードが表示されます。
[すべての参加顧客を非 ダイアログ内のすべての参加顧客を非アクティブ化します。 このタスクは
アクティブ化]
バックグラウンド タスクとして実行されます。
[ダイアログをクリア]
ダイアログを効果的にクリアします。 すべての参加顧客が非アクティブ化
され、生成されたすべての履歴ログが削除されます。 また、そのダイアロ
グに関与していた顧客について作成されたメッセージ ログや活動ログを削
除することもできます。 このタスクはバックグラウンド タスクとして実行
されます。
[参加顧客の要約]
[参加顧客の要約] ウィンドウを表示します。
[オペレーションログ]
[オペレーション ログ] は、ログに記録された、すべてのオペレーション実
行に関する情報を提供します。
最新表示
グループに表示される参加顧客の数を更新します。 これは、スケジュール
済みのオペレーション、前のオペレーションが完了すると実行されるオペ
レーション、またはイベント トリガー型のオペレーションがある場合に役
立ちます。
レポート
適用可能な統合レポートを実行します。 詳細については、「統合レポート
の概要(277ページ)」と「標準レポート(278ページ)」を参照してくださ
い。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
65
[スクリプト] ビュー
[スクリプト] ビュー
オペレーションのスクリプト化
オペレーションをスクリプトとして記述する際には、分割の実装を、システムにインストールされて
いる定義済みオペレーションのセットから、ダイアログ内の完全にカスタマイズされた実装に変更し
ます。
注目: オペレーションのスクリプティングを行うには、一般的なスクリプティング技術と、特に Visual
Dialogue のオペレーション フレームワークを完全に理解している必要があります。
オペレーションをスクリプト化している場合は、その右側に小さい S が表示されます。 下部には [ス
クリプト] タブもあります。 S をダブルクリックすると、ビューがスクリプト実装に切り替わります。
分割をスクリプト化するには、スクリプト化する分割を右クリックし、 [スクリプティング] > [スクリ
プト分割に変換...] を選択します。 . 表示されるウィンドウで、その分割の標準をスクリプトのベース
にする場合は [はい] を、完全に空のスクリプトから作業を開始する場合は [いいえ] をクリックしま
す。 この設定が完了すると、[スクリプティング] ビューが表示されます。
このビューの右側には、ダイアログ内のすべてのオペレーションが表示されます。 1 つ以上のスクリ
プト分割を持つオペレーションには、赤い丸が表示されます。 オペレーションの下に表示されている
のは、選択されているオペレーションのすべての分割です。 分割をスクリプト化するにはその横にあ
るチェックボックスをオンにし、標準の分割の実装に戻すにはチェックボックスをオフにします。
このビューの左側には、実際のスクリプト エディタが表示されます。
オペレーション フレームワークや、オペレーションの実装に必要な要素については、リファレンス ヘ
ルプを参照してください。
[スクリプト] タブ
スクリプト ビューでの作業の際には、このリボンに [スクリプト] タブが追加されます。
66
タブのオプション
説明
[アクティブな項目]
開いているすべての項目のリストが表示されます。
[探索]
[エクスプローラー] ウィンドウまたはメイン コンポーネント ブラウザ ウィ
ンドウを開きます。
上書き保存
作業しているダイアログを保存します。
閉じる
作業しているダイアログを閉じます。
プロパティ
ダイアログのプロパティを表示します。
言葉づかい
スクリプト言語を選択します。 JScript、VBScript、および PerlScript がサ
ポートされています。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
タブのオプション
説明
[スクリプト テンプレー
ト]
現在のスクリプト コードをスクリプト テンプレートのコードで置き換え
ます。 このテンプレートは、システム内のすべての標準的オペレーション
を実装したものです。
[構文チェック]
スクリプトの構文を検証するには、構文チェックを使用します。 スクリプ
トの構文のみがチェックされ、たとえばメソッドや変数名のスペル誤りな
どを見つけることはできません。
[実行]
オペレーションを実行します。 [ユーザー コマンド] 実行オプションを設
定して、この実行を可能にする必要があります。
拡張機能
最大数の参加顧客に関するオペレーションを実行します。 この数値はオペ
レーションの実行前に設定します。
中止
実行中のオペレーションを中止します。
[行番号]
スクリプト エディタ内の行番号を表示または非表示にします。
[スクリプトを非表示]
スクリプト ビューの表示/非表示を切り替えます。
[オプション] タブ
ダイアログに関する作業の際には、このリボンに [オプション] タブが追加されます。
タブのオプション
説明
[スキン]
ダイアログで使用されるスキンを選択できます。 スキンは、ダイアログで使用
されるすべてのオブジェクトの外観を定義します。
[ID を表示]
このチェックボックスがオンになっている場合、グループの内部 ID とオペレー
ションが Dialog Designer に表示されます。
[実行アイコンを表 このチェックボックスがオンになっている場合、実行アイコンが Dialog Designer
示]
に表示されます。 実行アイコンは、オペレーションに設定された実行オプショ
ンを視覚的に表現します。
[コメントを表示]
このチェックボックスがオンになっている場合、コメントがダイアログ デザイ
ナに表示されます。
[イメージをクリッ ダイアログ イメージのコピーを作成し、クリップボード上に置きます。 コピー
プボードにコピー] されたイメージは、イメージ エディタ内やドキュメント内に貼り付けることが
できます。
[イメージをファイ ダイアログ イメージのコピーを Windows ビットマップ (bmp) または JPEG 互
ルにコピー]
換 (jpg) ファイルに保存します。 Windows オペレーティング システムの制限に
より、クリップボードへの大きなイメージのコピーは失敗することがあります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
67
ダイアログのプロパティ
タブのオプション
説明
その場合は、クリップボードではなくファイルにイメージをコピーして、そのイ
メージを他のアプリケーションでオペレーションしたり使用したりできます。
[クイック デザイン [クイック デザイン モード] を有効にすると、ダイアログ内にグループやオペレー
モード]
ションを容易に配置できます。 この機能を使用して、まずダイアログを描き、
使用するグループやオペレーションは後で構成できます。
[簡略なオペレー
ション リスト]
オンになっている場合、ダイアログ ツールボックスに表示されるオペレーショ
ンのリストは、小さいアイコン付きのリストになります。 オフになっている場
合、大きいアイコンが使用されます。
[グリッドを表示]
キャンバス グリッドを表示します。
[グリッドにスナッ [グリッドにスナップ] を有効にすると、デザイン キャンバスでのオブジェクト
プ]
の正確な配置が容易になります。
[スクリプトを表示] スクリプト ビューの表示/非表示を切り替えます。
[ダイアログをテン ダイアログをダイアログ テンプレートとして保存します。
プレートとして保
存]
ダイアログのプロパティ
[ダイアログのプロパティ] ウィンドウは、[ファイル] タブまたはダイアログ ブラウザから開くことが
できます。 このウィンドウには、以下の 3 つのタブがあります。
[全般] タブ
68
フィールド
説明
[名前]
ダイアログの名前です。
[状態]
ダイアログの状態です。 このフィールドは参考情報に過ぎず、ダイアログ
に関する作業の方法やダイアログの動作にはまったく影響を与えません。
[開始日] / [終了日]
ダイアログをアクティブにする期間を制限する場合は、[開始日] フィール
ドに移動し、ダイアログがアクティブになる起点となる日の日付を入力し
ます。 次の [終了日] フィールドには、ダイアログがアクティブになる最終
日の日付を入力します。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
フィールド
説明
[ダイアログを非アクティ このチェックボックスがオンになっている場合、ダイアログ全体が非アク
ブ化]
ティブとなっており、実行できません。
注意: ファイルからのダイアログのインポート後、インポートされたダイ
アログは常に非アクティブとマークされます。アクティブにするに
は、このチェックボックスをオフにする必要があります。
[顧客ドメイン]
ダイアログの参加顧客の取得元となる顧客ドメインです。
[顧客の重複参加]
これがはいに設定されている場合、付属するコンテキスト情報が毎回異なっ
ていれば、同じ顧客をこのダイアログの参加顧客として 2 回以上出現させ
ることができます。 いいえに設定されている場合は、いかなるときも同一
の顧客をダイアログ内の複数の場所に出現させることはできません。
[作成日]
ダイアログが作成された日時です。
[作成者]
ダイアログを作成したユーザーのログイン名です。
[最終更新日]
ダイアログが最後に変更された日時です。
[最終更新者]
ダイアログを最後に変更したユーザーのログイン名です。
[詳細] タブ
フィールド
説明
[パス]
このダイアログがすべてのメッセージ テンプレート、メッセージ、およびロ
グ ファイルを保存しているディレクトリへのパスです。 これを変更する場合
は、そのダイアログを使用するすべての人がアクセスできる共有を指し示す
ようにしてください。
[参加顧客のログを有 ダイアログの実行時に追加のログを作成するには、このチェックボックスを
効にする]
オンにします。 これにより、統計と分析のための基盤は充実しますが、実行
速度が (場合によっては著しく) 低下します。 [オペレーション毎にログの有無
を決める] が選択されている場合は、オペレーションごとにログのオン/オフ
を設定できます。 [参加顧客のログを常に生成する] が選択されている場合は、
常に追加のログが作成されます。
[見積もり開始コスト] ダイアログ全体の初期化に関して予算化されたコストです。
[実データ開始コスト] ダイアログ全体の初期化に関する実際のコストです。
[通貨コード]
予算で使用する通貨のコードです。
[顧客ログインを有効 このダイアログで参加顧客 ID を使用した顧客のログインとアンケートへの回
にする]
答を有効にする場合は、このチェックボックスをオンにします。 これは、ア
Visual Dialogue ユーザー ガイド
69
テレマーケティング プロジェクト
フィールド
説明
ンケートへの Web リンクを含むメッセージをダイアログで生成する場合に役
立ちます。
[注意] タブ
このタブでは、ダイアログに関するメモを入力できます。
テレマーケティング プロジェクト
テレマーケティング プロジェクトについて
ダイアログで テレマーケティング オペレーションを使用する際には、各種のテレマーケティング オ
ペレーションがどのように機能するのかを定義するテレマーケティング プロジェクトを設定できま
す。
テレマーケティング プロジェクトの設定方法については、「新規テレマーケティング プロジェクトの
作成(71ページ)」を参照してください。
テレマーケティング プロジェクト リストを開く方法
テレマーケティング プロジェクト リストは、メニュー バーの [ダイアログ] > [テレマーケティング プ
ロジェクト] を選択することで、Visual Dialogue から開くことができます。
テレマーケティング プロジェクトの概要
テレマーケティング プロジェクトを開くと、すべてのテレマーケティング プロジェクトのリストが表
示されます。 そこには、新規または変更したテレマーケティング プロジェクトを追加できます。 そ
の方法については、「新規テレマーケティング プロジェクトの作成(71ページ)」を参照してくださ
い。
テレマーケティング プロジェクトのプロパティ
新規プロジェクトの作成、または既存プロジェクトの編集を行う際には、[プロパティ] ウィンドウが
開きます。
• [全般] タブ
このタブでは、アンケートと顧客データに関連する情報を設定できます。 その方法の詳細について
は、「新規テレマーケティング プロジェクトの作成(71ページ)」を参照してください。
• [オペレータ] タブ
このタブでは、テレマーケティング プロジェクト内の参加顧客に対する作業を行えるオペレーショ
ンをオペレータを設定できます。 その方法については、「テレマーケティング プロジェクト用の
リーガル オペレータの設定(73ページ)」を参照してください。
• [コール ルール] タブ
70
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
このタブでは、プロジェクトに適用されるコール ステータスを設定できます。 その方法について
は、「参加顧客を自動的に移動する理由の設定(73ページ)」を参照してください。
• [活動の設定] タブ
このタブでは、プロジェクトの活動タイプを設定できます。 その方法の詳細については、「新規テ
レマーケティング プロジェクトの作成(71ページ)」を参照してください。
• [詳細] タブ
このタブでは、カスタマイズ SQL の使用など、プロジェクトの詳細オプションを設定できます。
その方法については、「高度なオプションの設定(74ページ)」を参照してください。
オペレータとは
テレマーケティング オペレーションでは、ダイアログ内の参加顧客に電話をかける実在の人物が必要
になります。 こうした人々をオペレータと呼びます。
テレマーケティング プロジェクトごとに、すなわち、テレマーケティング オペレーションごとに、オ
ペレーションのソース グループ内の参加顧客に対処できるオペレータの“グループ”を定義できます。
その方法については、「テレマーケティング プロジェクト用のリーガル オペレータの設定(73ペー
ジ)」を参照してください。
コール ステータスとは
テレマーケティング コールの状況では、いくつかの事情や条件を適用できます。 たとえば、参加顧客
のなかには、電話でアンケートに回答することを好まない人や、オペレータが電話した際に自宅にい
ない人もいれば、電話番号を変更または別の住所に転居している人もいるでしょう。 顧客の状況を区
別するために、オペレータは電話をかけた顧客に異なるステータスを設定できます。 これらのステー
タスをコール ステータスと呼びます。
テレマーケティング プロジェクトでは、こうしたステータスを使用して、参加顧客をテレマーケティ
ングのコール キューからテレマーケティング オペレーションのターゲット グループに移すための具
体的な理由を定義できます。 その方法については、「参加顧客を自動的に移動する理由の設定(73ペー
ジ)」を参照してください。
新規テレマーケティング プロジェクトの作成
テレマーケティング プロジェクトは、いくつでも作成できます。 ただし、所定のテレマーケティング
オペレーションでは 1 つのプロジェクトのみ使用できます。
新規テレマーケティング プロジェクトの作成方法
1. [デザイン] タブで [テレマーケティング プロジェクト] を選択して、テレマーケティング プロジェ
クト リストを開きます。
2. [新規作成] をクリックします。
[新規テレマーケティング プロジェクト] ウィザードが開きます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
71
テレマーケティング プロジェクト
3. 新規 (空の) テレマーケティング プロジェクトを作成する場合は、[空のプロジェクトを作成] を選
択します。 一方、既存のテレマーケティング プロジェクトをコピーする場合は、[既存のテレマー
ケティング プロジェクトをコピー] を選択します。
4. 既存のテレマーケティング プロジェクトをコピーする場合は、コピー元のプロジェクトを選択し
ます。
5. [完了] をクリックします。
[テレマーケティング プロジェクトのプロパティ] ウィンドウが開きます。
6. [テレマーケティング プロジェクト名] フィールドに新しいプロジェクトの名前を入力します。
7. [説明] フィールドには、プロジェクトの目的を後で自分や他のユーザーが理解するのに役立つよう
なプロジェクトの説明を入力します。
8. [全般] タブでは、アンケートと顧客データに関連する情報を設定できます。
• [アンケート] フィールドでは、参加顧客による回答が必要なアンケートを選択します。
• [レイアウト] フィールドでは、テレマーケティング Web アプリケーションで使用する、このア
ンケート用に定義したレイアウトを選択します。 レイアウトを一切作成していない場合や、[既
定のレイアウト] を選択した場合は、単純な既定のレイアウトが使用されます。
• 回答者によるアンケートへの回答の進捗を追跡する場合は、[回答の追跡を有効にする] チェック
ボックスをオンにします。 なお、既定のレイアウト使用時には、回答の追跡機能は使用できま
せん。
• テレマーケティング Web アプリケーション内でオペレータに対する顧客データの表示を可能に
する場合は、[顧客データを表示] チェックボックスをオンにします。
• テレマーケティング Web アプリケーション内でオペレータが顧客データを編集できるようにす
る場合は、[顧客データの更新を許可] チェックボックスをオンにします。
• [プロジェクト開始日] および [プロジェクト終了日] を設定すると、テレマーケティング Web ア
プリケーション内でプロジェクトを使用できる時間を制限できます。
9. [オペレータ] タブでは、テレマーケティング プロジェクトで参加顧客をオペレーションできるオ
ペレータを指定できます。 その方法の詳細については、「テレマーケティング プロジェクト用の
リーガル オペレータの設定(73ページ)」を参照してください。
10. [コール ルール] タブでは、プロジェクトで適用されるコール ステータスを設定できます。
• [許可されたコール アテンプト数] フィールドには、オペレータが顧客に電話をかけることがで
きる回数を入力します。
• [コールの間隔] フィールドには、オペレータが一度電話した顧客に再び電話するタイミングをテ
レマーケティング Web アプリケーションが提案する際に適用される時間間隔を分単位で入力し
ます。
• [次の場合に参加顧客を移動] リストでは、“ターゲット グループ”への参加顧客の移動のトリガー
となるコール ステータスを設定できます。 その方法の詳細については、「参加顧客を自動的に
移動する理由の設定(73ページ)」を参照してください。
11. [活動の設定] タブでは、プロジェクトの活動タイプを設定できます。
72
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
• [活動タイプ] フィールドでは、活動の投稿を有効にしている場合に作成する活動のタイプを選択
します。
• [投稿活動ルール] フィールドでは、活動を投稿するタイミングを選択します。
12. [詳細設定] タブでは、カスタマイズされた SQL ステートメントを使用するようにプロジェクトを
設定できます。 その方法の詳細については、「高度なオプションの設定(74ページ)」を参照し
てください。
テレマーケティング プロジェクト用のリーガル オペレータの設定
定義するプロジェクトごとに、そのプロジェクトで電話をかけることができるオペレータを設定する
必要があります。
プロジェクトのリーガル オペレータの設定方法
1. テレマーケティング プロジェクトのプロジェクト プロパティを開きます。
2. [オペレータ] タブに移動します。
3. +(プラス記号) をクリックします。 このオペレーションにより、[グループまたはユーザーの選択]
ウィンドウが開きます。
4. [グループまたはユーザーの選択] ウィンドウで、プロジェクトに適用するオペレータを選択しま
す。 複数のオペレータを選択するには、Ctrl キーを押したまま、適切なオペレータ名をクリック
していきます。
注意: オペレータの追加ウィンドウで使用可能なオペレータは、マーケティング データベース管
理者、またはその他の Visual Dialogue 責任者によって定義されます。 そのため、リストで
使用できるオペレータ以外の個人の追加が必要な場合には、この人物に連絡する必要があ
ります。
5. [OK] をクリックして、選択したオペレータを [オペレータ] タブのリストに追加します。
6. [OK] をクリックして、設定を保存します。
オペレータのリストからオペレータを削除する必要がある場合は、単純に、そのオペレータを選択し
て - (マイナス記号) をクリックします。
参加顧客を自動的に移動する理由の設定
オペレータが顧客に対して設定するコール ステータスに基づき、テレマーケティング プロジェクトで
は、ダイアログの参加顧客をテレマーケティングのコール キューから取り出してテレマーケティング
オペレーションのターゲット グループに入れるための具体的な条件 (理由) を定義できます。 これに
より、参加顧客はテレマーケティング Web アプリケーションやオペレータによる処理をずっと受けら
れなくなるのでしょうか?
参加顧客を自動的に移動する理由の設定方法
1. テレマーケティング プロジェクトのプロジェクト プロパティを開きます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
73
テレマーケティング プロジェクト
2. [コール ルール] タブに移動します。
新しい標準プロジェクトの [コール ルール] タブを開くと、いくつかの項目が既定で追加されます。
これらの項目はマーケティング データベース管理者、または Visual Dialogue のその他の責任者
よって設定されます。 ただし、リストの上にある [追加] ボタンと [削除] ボタンを使用すると、所
望の理由を適用できます。
注意: リストの先頭にある灰色の項目は必ず選択されるものであり、選択を解除することはでき
ません。
3. [次の場合に参加顧客を移動] リストでは、ダイアログの参加顧客をテレマーケティング Web アプ
リケーションのコール キューからテレマーケティング オペレーションのターゲット グループに移
動する理由を選択します。
4. [OK] をクリックして、設定を保存します。
高度なオプションの設定
[詳細設定] タブでは、カスタマイズされた SQL ステートメントを使用するようにプロジェクトを設定
できます。 これは非常に強力なオプションであり、電話をかけるテレマーケティング参加顧客を
Dialogue Server が取得する方法を変更できます。
カスタマイズされた SQL ステートメントを使用する場合は、[カスタム SQL を使用] チェックボック
スをオンにします。 これにより、[サーバーが生成した SQL を取得] ボタンと SQL の選択に使用する
ボタンが有効になります。
[サーバーが生成した SQL を取得] では、テレマーケティング参加顧客を取得してクリップボード上に
配置するためにサーバーが使用する SQL ステートメントのコピーが取得されます。 このコピーは、
カスタマイズされた SQL ステートメントの基礎として使用できます。
SQL の選択用ボタンでは、カスタマイズされた SQL ステートメントを選択できます。 この SQL ス
テートメントは、Dialogue Admin からアクセスできる SQL リポジトリ内に存在する必要があります。
なお、カスタマイズされた SQL ステートメントは、条件の数を満たしている必要があります。
カスタマイズされた SQL ステートメントの記述
テレマーケティング プロジェクトで使用されるカスタマイズされた SQL ステートメントを記述する
際には、そうした SQL が満たすべき数々の条件があります。
• SQL ステートメントは、mh_participant_id、mh_customer_id、mh_context、ccpa_current_call_no、
ccpa_next_call_datetime、ccpa_assigned_user_name、および ccpa_locked_by_user_name の各
フィールドを常に返す必要があります。
• また、SQL ステートメントは、顧客ドメインで [Telemarketing Web で表示] とマークされたすべ
てのフィールドも返す必要があります。
• SQL ステートメントで使用するすべてのパラメータは、一意の名前を持つ必要があります。 これは
非常に重要です。一意でない名前を含む SQL ステートメントを使用すると、Dialogue Server が完
全に応答を停止する可能性があります。 5 種類のパラメータ、 dg_id (ダイアログのソース グルー
プ)、ccp_id (テレマーケティング プロジェクト ID)、sui_user_name (ユーザー名)、cd_id (顧客ドメ
74
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
イン ID)、および ct_name (テレマーケティング ブロック チャネルのチャネル タイプ名) を使用でき
ます。 Dialogue Server は、ステートメントを解析し、これらの名前のうち 1 つで始まるすべての
パラメータに適切な値を割り当てます。つまり、ccp_id1 と ccp_id2 はどちらもテレマーケティング
プロジェクト ID の値を取得することになります。
• テレマーケティング オペレーションが 1 つ以上のソース グループを持つ場合は、SQL ステートメ
ント内に異なるグループ ID のハードコーディングを行う必要があります。 この場合、そのテレマー
ケティング プロジェクトを 1 つ以上のオペレーションで使用できなくなるわけではありません。た
だし、それらのオペレーションがいずれも複数のソース グループを持たないことが条件になります。
ダイアログの参照
定義されているすべてのダイアログを確認するには、Visual Dialogue の [ホーム] タブで [探索] > [ダ
イアログ] を選択します。 [ダイアログを参照] ウィンドウが開きます。
ダイアログ リストのソート
セレクションをソートするには、セレクション リストの見出しで対象となる列をクリックします。
列の選択
リストに表示された一連の列を構成するには、[表示] タブで [列を選択] を選択します。
別の列の位置へドラッグ アンド ドロップすることによって、列の配置を変更することもできます。
ダイアログのプロパティ
ダイアログのプロパティ (名前や説明など) の確認または編集を行うには、アンケートを 1 つ選択し、
[ホーム] タブで [プロパティ] を選択します。 [レイアウトのプロパティ] ウィンドウが開きます。
ダイアログのオープン
Dialog Designer について(29ページ) でダイアログを開くには、リストにある 1 つのダイアログを
ダブルクリックするか、[ホーム] タブで [開く] を選択します。
ダイアログの削除
ダイアログを削除するには、ダイアログを 1 つマークし、[ホーム] タブで [削除] を選択します。 この
タスクはバックグラウンド タスクとして実行されます。
プレビュー
ダイアログのプレビュー イメージがブラウザの下部に表示されます。 プレビューのオン/オフを切り
替えるには、[ホーム] タブの [プレビュー] ボタンをクリックします。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
75
ダイアログのセキュリティ
赤いマーク付きのダイアログ
ダイアログのアイコン上にある赤いマークは、そのダイアログが非アクティブ化されていることを示
します。 詳細については、「ダイアログのプロパティ(68ページ)」を参照してください。
ダイアログのセキュリティ
ダイアログには、組み込みのセキュリティ機能が備わっています。 この機能により、ダイアログのア
クセス権や権限を制御できます。 セキュリティ設定は、ユーザーとユーザーグループの両方のレベル
で適用されます。
セキュリティ設定ウィンドウ
ダイアログのセキュリティ設定ウィンドウを開くには、以下のオペレーションのどちらかを実行しま
す。
• [ダイアログを参照] ウィンドウで対象となるダイアログを右クリックし、[セキュリティ] を選択し
ます。
•
ダイアログを開き、[ファイル] リボン タブの南京錠のボタンをクリックします。
The [ユーザー グループまたはユーザー] ウィンドウには、すべてのユーザーおよびユーザー グループ
のリストと、レポート テンプレートに対するアクセス権や権限が表示されます。
ユーザーまたはユーザー グループの権限を確認するには、そのユーザーまたはユーザー グループを選
択します。 権限のリストが下側の [アクセス権または権限] ウィンドウに表示されます。
無効になっている権限 (灰色で表示) はグローバルな権限であり、変更や削除はできません。
ユーザーやユーザー グループの追加
ユーザーまたはユーザー グループを追加するには、[追加] をクリックします。 [グループまたはユー
ザーの選択] ウィンドウが開きます。
対象のユーザーまたはユーザー グループを選択し、[OK] をクリックします。 選択したユーザーまた
はグループが、セキュリティ ウィンドウの [ユーザー グループまたはユーザー] リストに追加されま
す。 その後、そのユーザーまたはユーザー グループの適切な権限とアクセス権を選択します。
アクセス権と権限
以下に、ユーザーおよびユーザー グループで使用できるアクセス権と権限を示します。
• [ダイアログを削除]—ダイアログ ブラウザでダイアログ全体を削除する権限です。
• [ダイアログを実行]—実行ビューでダイアログに対する作業を行う権限です。 こうした作業には、
オペレーションの実行や、あるグループから別のグループへの参加顧客の移動が含まれます。
76
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
• [ダイアログを編集]—デザイン ビューでダイアログに対する作業を行う権限です。 こうした作業に
は、グループやオペレーションの追加、編集、削除が含まれます。
• [ダイアログをクリア]—ダイアログの実行データをクリアする権限です。 ダイアログからのすべて
の参加顧客とすべての履歴の削除が含まれます。 ダイアログのクリアは、そのダイアログの実行
ビューで行われます。
ダイアログ テンプレート
ダイアログ テンプレートとは
ダイアログ テンプレートは、Visual Dialogue でダイアログをすばやく作成するためのテンプレートの
作成や、ガイド付きダイアログの設定用のテンプレートの作成に使用されます。
このテンプレートは、次の 2 つの部分で構成されます。
1. ダイアログ フロー (デザイン ビュー)
2. ページ、セクション、および質問の定義 ([ガイド付き設定])
[ガイド付き設定] は、Portrait HQ での使用を目的としたテンプレートでのみ必要であり、Visual Dialogue
で作成されたダイアログには何の影響も与えません。
Visual Dialogue では、ダイアログ テンプレートへのリンクが、左側のメニューの Explorer バーにあ
る [管理] エリアの下に配置されます。
新しいダイアログ テンプレートの作成
新しいダイアログ テンプレートを作成するには、[作成] タブで [ダイアログ テンプレート] を選択しま
す。
ダイアログ テンプレートの名前を入力し、そのテンプレートが使用されるドメインを選択します。
テンプレートの既定のオプションを設定します。 この設定は、このテンプレートに基づいたダイアロ
グで継承されます。
[完了] をクリックすると、ダイアログ テンプレートが作成され、デザイン ビューに移動します。
Dialog Template Designer
Dialog Template Designer は、テンプレートのデザインに使用します。 2 つのビューが存在します。
それらは [デザイン] と [ガイド付き設定] です。
デザイン ビューは、ダイアログ フローのデザインに使用します。 ダイアログ デザインは、標準のダ
イアログのデザインの場合と同じ方法で行います。
[ガイド付き設定] ビューは、ガイド付きダイアログ設定でテンプレートを使用するページ、セクショ
ン、および質問の定義に使用します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
77
[ガイド付き設定]
[ガイド付き設定]
[ガイド付き設定] とは
ガイド付き設定により、ユーザーは Visual Dialogue を使用しなくてもダイアログを構成できます。
この作業は、ユーザーが回答しなければならない一連の質問を定義することで行われます。 その後、
これらの回答はダイアログを自動的に構成するために使用されます。 質問への回答は、Portrait HQ ア
プリケーション内で行われます。 回答が完了すると、その回答に基づいて新しいダイアログが作成さ
れます。 ユーザーが後で回答を変更した場合は、その変更がダイアログに適用されます。
• セレクションやテンプレートに関する質問は Visual Dialogue で定義されます。
• Portrait HQ でセレクションやテンプレートを指定することで、質問に回答します。
• 回答は新しいダイアログに適用されます。
ガイド付き設定の定義
ガイド付き設定は、3 種類の項目で構成されます。 それらは、ステップ、セクション、および質問で
す。 ステップは、設定を別々のページに分割するために使用されます。セクションは、それぞれの
ページを論理的なパーツに分割するために使用されます。質問は、ユーザーから実際の入力を取得す
るために使用されます。
例: [メールの送信] と [アラームの送信] がステップ、[ターゲット グループの選択] と [メール テンプ
レートの選択] はセクション、そして [ターゲット グループ]、[メール テンプレート]、および [顧客に
は送信しない…] は質問です。
ガイド付き設定デザイナ
ダイアログ テンプレートでガイド付き設定を使用するには、ダイアログ テンプレートのプロパティ
ボックスにある [キャンペーンの設定] タブでガイド付きダイアログ設定を有効にする必要があります。
ガイド付き設定デザイナは、主に 2 つの部分で構成されています。 左側の部分には、設定で定義され
たすべてのステップ、セクション、および質問のツリー ビューが表示されます。 ここで、ステップ、
セクション、および質問を追加することもできます。 右側のビューには、現在選択されているステッ
プの簡易プレビューが表示されます。
ガイド付き設定のステップ
新しいステップを作成するには、ツリー ビュー内を右クリックして [新規ステップ...] を選択するか、
[ガイド付き設定] タブで [ステップ] を選択します。 既存のステップをダブルクリックするか、そのス
テップが選択されている状態で Enter キーを押すと、そのステップを編集できます。
78
オプション
説明
[設定のステップ名]
ステップの名前です。 Portrait HQ では、この名前がスクリーンに表示され
ます。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
オプション
説明
説明
ステップの説明です。
[キー]
システムで使用される内部キーです。 このキーを変更する必要はありませ
ん。
ガイド付き設定のセクション
新しいセクションを作成するには、ツリー ビュー内を右クリックして [新規セクション...] を選択する
か、[ガイド付き設定] タブで [セクション] を選択します。 既存のセクションをダブルクリックする
か、そのセクションが選択されている状態で Enter キーを押すと、そのセクションを編集できます。
フィールド
説明
[設定のセクションの表 セクションの表題です。 Portrait HQ では、この表題がユーザーに表示され
題]
ます。
[指示]
Portrait HQ でユーザーに表示される指示です。
質問の設定
ガイド付き設定の質問
新しい質問を作成するには、ツリー ビュー内を右クリックして [新規質問...] を選択するか、[ガイド付
き設定] タブで [質問] を選択します。 既存の質問をダブルクリックするか、その質問が選択されてい
る状態で Enter キーを押すと、その質問を編集できます。
フィールド
説明
[質問の表題]
質問の表題です。 Portrait HQ では、この表題がユーザーに表示されます。
[指示]
Portrait HQ でユーザーに表示される指示です。
[回答が必須]
このチェックボックスがオンになっている場合、設定が完了したと見なさ
れるためには、ユーザーがこの質問に回答する必要があります。
[キー]
システムで使用される内部キーです。 このキーを変更する必要はありませ
ん。
[タイプ] タブ
[タイプ] タブでは、どんなタイプの質問が必要なのかを選択できます。 質問には、単純なチェックボッ
クス質問と分割パラメータ質問という 2 つのタイプがあります
通常、チェックボックス質問は、他の質問や分割を有効または無効にするために使用します。 既定で
オンまたはオフに設定できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
79
[ガイド付き設定]
分割パラメータ質問は、ユーザーからの入力を取得してダイアログ分割を構成するために使用します。
フィールド
説明
[オペレーション]
ダイアログで設定するオペレーションを選択します。
[分割]
ダイアログで設定するオペレーションの分割を選択します。
パラメータ
ダイアログで設定するオペレーションのパラメータを選択します。
[最小値]
ユーザーからの回答の最小値を入力できます。 この値は一部のタイプのパ
ラメータにのみ適用できます。
[最大値]
ユーザーからの回答の最大値を入力できます。 この値は一部のタイプのパ
ラメータにのみ適用できます。
[既定値]
ユーザーのために自動的に選択される既定値を入力できます。
[取扱いを要求]
このチェックボックスがオンになっている場合、ユーザーは質問への回答
時に作業を行っている Portrait HQ キャンペーンによる取扱いのリストか
ら選択を行う必要があります。 取扱いはダイアログの構成時に分割に割り
当てられます。
[条件] タブ
条件は、設定内の別の質問への回答の有無に基づいて、構成している質問を有効または無効にするた
めに使用します。 通常、この設定はチェックボックス質問への回答に基づいたものになります。
[追加パラメータ] タブ
[追加パラメータ] タブを使用すると、[タイプ] タブで指定したパラメータに加えて、ダイアログ内の
分割パラメータも構成できます。 ただし、パラメータのタイプは同じでなければならず、ユーザーに
よる質問への回答に応じて、すべてのパラメータに同じ値が割り当てられます。 追加のパラメータを
設定するには、[追加]、[編集]、および [削除] の各ボタンを使用します。
[分割をアクティブ化] タブ
[分割をアクティブ化] タブでは、構成している質問が回答済みかどうかに基づいて、分割をアクティ
ブまたは非アクティブにできます。 ダイアログのパーツを有効または無効にするには、通常、このタ
ブをチェックボックス質問と共に使用します。 追加のパラメータを設定するには、[追加]、[編集]、お
よび [削除] の各ボタンを使用します。
[ガイド付き設定] タブ
ガイド付き設定ビューでの作業時には、このリボンに [ガイド付き設定] タブが追加されます。
80
タブのオプション
説明
[アクティブな項目]
開いているすべての項目のリストが表示されます。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
タブのオプション
説明
[探索]
[エクスプローラー] ウィンドウまたはメイン コンポーネント ブラウザ ウィ
ンドウを開きます。
上書き保存
作業しているダイアログを保存します。
閉じる
作業しているダイアログを閉じます。
プロパティ
ダイアログのプロパティを表示します。
ステップ
新しいガイド付き設定のステップを挿入します。
セクション
新しいガイド付き設定のセクションを挿入します。
質問
新しいガイド付き設定の質問を挿入します。
[選択された項目を編集]
選択された項目を編集します。
上に移動(U)
ツリー ビューで選択された項目を上に移動します。
下に移動(O)
ツリー ビューで選択された項目を下に移動します。
[検証]
ダイアログ テンプレートに対するチェックを実行し、ウィンドウ下部のペ
インに結果を表示します。 このペインには、テンプレート内の (発生の可
能性がある) 問題について説明するメッセージのリストが表示されます。
検証メッセージをダブルクリックするか、そのメッセージが選択されてい
る状態で Enter キーを押すと、テンプレート内の問題のエリアにフォーカ
スが設定されます。
Show Messages
検証ペインの表示/非表示を切り替えます。
[ダイアログ テンプレートのプロパティ]
ダイアログ プロパティ ウィンドウは、[ファイル] タブまたはダイアログ テンプレート ブラウザから
開くことができます。 このウィンドウは、4 つのタブで構成されています。
[全般] タブ
[名前]
ダイアログ テンプレートの名前です。
[ダイアログ テンプレー このチェックボックスがオンになっている場合、テンプレートは非アク
トを非アクティブにする] ティブ化され、新しいダイアログの作成に使用できません。
[顧客ドメイン]
このテンプレートを使用して作成された顧客ドメインでは、顧客ドメイン
から参加顧客が取得されます。
[作成日]
テンプレートが作成された日時です。
[作成者]
テンプレートを作成したユーザーのログイン名です。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
81
[ダイアログ テンプレートのプロパティ]
[最終更新日]
テンプレートが最後に変更された日時です。
[最終更新者]
テンプレートを最後に変更したユーザーのログイン名です。
[キャンペーンの設定] タブ
[ガイド付きダイアロ このチェックボックスがオンになっている場合、テンプレートは [ガイド付き
グの設定を有効にす ダイアログ] 設定をサポートします。
る]
[ダイアログの実行]
この設定は、ガイド付きダイアログ設定が有効になっている場合にのみ適用さ
れます。 このテンプレートに基づいたダイアログにだれかが関与してそのす
べてまたは一部を手動で実行する必要があるのか、またはこのテンプレートに
基づいたダイアログがユーザーの介入なしに自動的に実行されるのかを決定す
るために、Portrait HQ によって使用されます。
こうした決定と、その結果に応じたテンプレートのデザインは、テンプレート
デザイナであるユーザーに委ねられます。 通常、自動化されたダイアログ テ
ンプレートは、[スケジュール済み]、[ウォーターフォール]、[イベント トリ
ガー型] の各オペレーションの組み合わせを使用してデザインされます。
[詳細] タブ
82
[顧客の重複参加を許可]
このチェックボックスがオンになっている場合、付属するコンテキス
ト情報が毎回異なっていれば、同じ顧客を参加顧客としてこのテンプ
レートに基づいたダイアログに 2 回以上出現させることができます。
オフになっている場合は、いかなるときも同一の顧客をダイアログ内
の複数の場所に出現させることはできません。
[参加顧客のログを有効にす
る]
このテンプレートに基づいたダイアログの実行時に追加のログを作成
するには、このチェックボックスをオンにします。 これにより、統計
と分析のための基盤は充実しますが、実行速度が (場合によっては著
しく) 低下します。 [オペレーションごとにログを決定する] が選択さ
れている場合は、オペレーションごとにログのオン/オフを設定できま
す。 [参加顧客のログを常に生成する] が選択されている場合は、常に
追加のログが作成されます。
[見積もり開始コスト]
このテンプレートに基づいたダイアログを初期化した場合の既定の見
積りコストです。
[実データ開始コスト]
このテンプレートに基づいたダイアログを初期化した場合の既定の実
コストです。
[通貨コード]
このテンプレートに基づいたダイアログの見積もりで使用される既定
の通貨コードです。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 4 章 : ダイアログ
[顧客ログインを有効にする] このテンプレートに基づいたダイアログで参加顧客 ID を使用した顧客
のログインとアンケートへの回答を有効にする場合は、このチェック
ボックスをオンにします。 これは、アンケートへの Web リンクを含
むメッセージをダイアログで生成する場合に役立ちます。
[注意] タブ
このタブでは、テンプレートに関するメモを入力できます。
ダイアログ テンプレートのリボン タブ
ダイアログ テンプレート デザイナで使用するタブは、ダイアログ デザイナのデザイン ビューで使用
するタブとよく似ています。 ただし、[オプション] タブに追加が行われています。
[テンプレートから このダイアログ テンプレートに基づいて新しいダイアログを作成します。 ただ
ダイアログを新規 し、このテンプレートに基づいたダイアログには、ダイアログ作成時点のテンプ
作成]
レートの状態のみが反映されます。 それ以降に行われたテンプレートのいかな
る変更も、ダイアログでは継承されません。
これ以外にも、ガイド付き設定デザイナに関連する [ガイド付き設定] タブ があります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
83
セレクション
• セレクションについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .86
• ダイアログでのセレクション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .86
• Customer View でのセレクション . . . . . . . . . . . . . . . . . . .87
• Selection Designer . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .87
• セレクションの参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .102
5
セレクションについて
セレクションについて
セレクションは、Portrait Dialogue の重要な概念の 1 つです。
セレクションとは
セレクションとは、基本的に顧客データベース内のすべての顧客のサブセットです。 セレクションで
は、そのようなサブセットを作成するために使用される 1 つ以上の条件を定義します。
セレクションの定義方法
Visual Dialogue には、セレクションの定義に使用する Selection Designer と呼ばれるモジュールが
含まれています。 このツールでは、マーケティング担当者とデータベースの知識を持つユーザーの双
方に適した、さまざまな方法でセレクションを作成できます。
セレクションの使用
セレクションは、使用可能なモジュールでさまざまな用途に使用できます。 後ほど、こうした使用法
を詳しく説明します。
• ダイアログでのセレクション(86ページ)
• Customer View でのセレクション(87ページ)
ダイアログでのセレクション
セレクションは、ダイアログでの選択や分割のオペレーションに使用されます。 通常、ダイアログの
最初のオペレーションは、セレクションを使用して顧客データベースからダイアログの参加顧客を選
択することです。
分割のオペレーションは、ダイアログ参加顧客のグループを、とるべきアクション別に分けるために
使用されます。 分割のオペレーションでは、分割の条件を定義するためにセレクションを使用しま
86
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 5 章 : セレクション
す。 以下の図では、分割のオペレーションによって、メール アドレスがある参加顧客とメール アド
レスがない参加顧客に分けています。 メール アドレスがある参加顧客の識別方法が、セレクションに
よってシステムに伝えられています。
Customer View でのセレクション
セレクションは、検索タイプ [詳細設定] の下にある [検索ページ] の Customer View で使用できます。
セレクションのリストから選択を行うことができ、検索結果は、選択したセレクションに含まれる顧
客のリストになります。
Selection Designer
Selection Designer について
Selection Designer は、マーケティング担当者がシステムで利用可能な顧客データに基づいてセレク
ションを容易に作成できるように設計されています。
管理者レベルの構成により、顧客情報のグループは、Visual Dialogue のユーザーが利用できるように
なります。 こうしたすべての顧客データは、顧客の主要な情報 (名前、住所、売上など) と対話履歴の
双方で構成されており、セレクションの定義に使用できます。
Selection Designer の対象ユーザー
通常、ダイアログの設計者は、Selection Designer を使用します。というのも、ダイアログ内の選択や
分割のオペレーションにはセレクションが使用されるからです。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
87
新しいセレクションの作成
また、マーケティング担当者よりも専門的なユーザーは、データベースや SQL の知識を必要とする高
度なセレクションによってマーケティング担当者をサポートするために、Selection Designer を使用す
ることがあります。
Selection Designer で異なるレベルのユーザーをサポートするために、セレクションのデザイン時に
は、さまざまな方法を使用できます。
デザイン モードを使用したセレクションのデザイン
セレクションをデザインする最も簡単かつ直観的な方法は、デザイン モード (Selection Designer での
既定のモード) を使用することです。 このモードでは、セレクションの条件を 1 つずつ定義したり、
そうした条件を AND と OR によるグループ化を使用して結合したりできます。 セレクション内の条
件の概要は、ツリー構造で示されます。
式モードを使用したセレクションのデザイン
[デザイン] モードでデザインされたすべてのセレクションは、テキストの式として表現できます。 式
は、顧客データにアクセスするために Visual Dialogue で使用されます。 [式] モードでは、選択式を直
接編集できます。 [式] モードでの作業は、式に関する知識が必要になるため、[デザイン] モードでの
作業ほど単純ではありません。 ただし、式を直接記述することで、できることの幅が広がります。 式
の詳細については、リファレンス ヘルプを参照してください。
例:
Sex = "Female"
and (has WorkEmail or has Telefax)
SQL モードを使用したセレクションのデザイン
[デザイン] モードや [式] モードを使用する代わりに、SQL の SELECT ステートメントを使用してセレ
クションを定義したほうが適切な場合があります。 これには、セレクションの複雑さ、データの可用
性、パフォーマンスなどの理由が考えられます。
SQL モードで作業する場合は、セレクションに含まれる顧客の一意の ID を返す SQL ステートメント
を記述します。 SQL モードでの作業には、SQL とその根底にあるデータ構造 (データベース) に関す
る知識が必要です。
以下に SQL モードを使用した例を示します。
SELECT cust_char_id as mh_customer_id
FROM mhcust.customer, mhcust.person
WHERE cust_id = pers_cust_id
AND pers_sex = 'F'
AND (not cust_email1 IS NULL
OR not pers_day_telefax IS NULL)
新しいセレクションの作成
新しいセレクションを作成するには、Visual Dialogue の [作成] タブで [セレクション] を選択します。
[新規セレクション ウィザード] が開きます。
88
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 5 章 : セレクション
このウィザードでは、新しいセレクションの名前を指定する必要があります。 オプションで、説明を
入力することもできます。
セレクションは、常に 1 つの特定の顧客ドメインで動作します。 複数のドメインがインストールに定
義されている場合は、このウィザードで顧客ドメインを選択する必要があります。
[SQL を使用してセレクションを作成] では、SQL モードを使用してセレクションが保存されるかどう
かを指定します。 SQL モードでのセレクション保存の詳細については、「SQL モードでの作業(99ペー
ジ)」を参照してください。
[Customer View で使用] では、そのセレクションが [詳細検索] の Customer View で使用できるかど
うかを指定します。
注意: 顧客ドメインを除き、[新規セレクション ウィザード] のすべてのオプションは、後で変更でき
ます。
新しいセレクションに名前を与え、適切なドメインを選択したら、[完了] をクリックします。 Selection
Designer が、何も条件が定義されていない状態で開きます。
画面の上部にはセレクション内の条件が表示され、下部はテスト メッセージ (つまり、セレクション
エラー メッセージ) とセレクション プレビュー (セレクション内の顧客のサンプル) 用に確保されてい
ます。
条件が何もないセレクションには、定義上 (ドメイン内の) すべての顧客が含まれます。 セレクション
内の顧客の数を確認するには、[セレクション] リボン タブで [カウント] > [セレクションをカウント]
を選択します。 条件が何も定義されていない場合は、表示される数がドメイン内の顧客の数に等しく
なります。
条件の追加
セレクションに条件を追加するには、[デザイン] タブで [新規条件] > [フィールド条件...] を選択しま
す。
[新規顧客フィールド条件を作成] ウィンドウが表示されます。 フィールド条件が標準の条件タイプで
す。この条件では、顧客データに関する条件を定義できます。
[フィールド] ドロップダウン リストは、条件を定義する顧客データ フィールドです。
[演算子] は、使用する条件のタイプです。 以下の演算子が使用できます。
演算子
説明
=
[フィールド] が [値] に等しいかどうかをテストします。
>
[フィールド] が [値] より大きいかどうかをテストします。
<
[フィールド] が [値] より小さいかどうかをテストします。
>=
[フィールド] が [値] 以上であるかどうかをテストします。
<=
[フィールド] が [値] 以下であるかどうかをテストします。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
89
セレクションのプレビュー
演算子
説明
<>
[フィールド] が [値] と異なっているかどうかをテストします。
has
指定したフィールドが値 (空の文字列や null 値を除く) を持っているかどうかをテストし
ます。
注意: ドロップダウン リストで使用できる演算子のリストは、選択したフィールドによって異なりま
す。 フィールドによってデータ型が異なるので、すべてのフィールドにすべての演算子が対応
しているわけではありません。 たとえば、演算子 > および < は、数値フィールドと日付フィー
ルドにのみ対応しています。
[値] は、条件の値を指定するフィールドです。 選択したフィールドと演算子に応じて、[値] のエディ
タ コントロールは、通常の編集フィールドになったり、ドロップダウン リストになったりします。
エディタ コントロールの横にある ... ボタンは、参照ウィンドウが使用できる場合に有効になります。
そうした参照ウィンドウでは、設定可能な値を選択できます。 たとえば、日付の値の場合はカレン
ダーが表示されます。
[テキストの説明] を使用して、条件にオプションの説明を与えることができます。 その場合、入力さ
れた説明は、条件の概要に表示されることになります。
[OK] のクリック後、新しい条件が Selection Designer に表示されます。
セレクション内の顧客の数は、条件を追加する前の数より少なくなる場合があります。
追加した条件を変更するには、その条件をダブルクリックするか、その条件を選択して [デザイン] タ
ブで [条件を編集] を選択します。 [新規顧客フィールド条件を作成] ウィンドウが再び表示されます。
条件を削除するには、その条件を選択し、コンテキスト メニューまたは [ホーム] リボン タブで [削除]
を選択します。
グループ条件を追加することで、より詳細な顧客データ条件を定義できます。
注意: Selection Designer では、完全な切り取り、コピー、および貼り付けの機能がサポートされて
います。 そのため、条件を切り取るかコピーした後、条件の概要の別の場所や、別のセレク
ションに貼り付けることができます。 セレクション デザイナでは、元に戻すアクションとやり
直しのアクションも使用できます。
セレクションのプレビュー
セレクション デザイン プロセスのどの段階でも、セレクション内にある顧客のプレビューを確認でき
ます。 これをセレクションのサンプリングと呼びます。セレクション内のすべての顧客のうち小規模
なセットのみを Selection Designer 内に表示することを意味しています。
サンプリングを実行するには、[デザイン] タブで [サンプル] > [セレクションをサンプリング] を選択
します。 画面の下側に顧客のリストが表示されます。
ヒント: Customer View 内のリストに表示された顧客の 1 つを表示するには、その顧客をマークし、
コンテキスト メニューの [Customer View で開く] を選択します。
90
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 5 章 : セレクション
顧客のリストの左にある “+” をクリックすると、その顧客のすべての活動のリストなど、顧客の詳細
な情報が表示されます。
セレクションのサンプリング方法を制御するために、[サンプリングのオプション] というウィンドウ
が用意されています。 このウィンドウを表示するには、[デザイン] タブで [サンプル] > [サンプリング
のオプション...] を選択します。
[サンプルに含まれる顧客の最大数] は、セレクションに含まれる顧客数がその値より小さくない限り、
リストに表示される顧客数になります。
[取得して表示する追加データ グループ] では、顧客リストの + ボタン展開時に表示される情報を指定
します。
[詳細設定フィールドを表示] では、システム管理者によって "“高度な使用専用”" とマークされた顧客
データを表示するかどうかを指定します。
[今すぐサンプリング] ボタンを押すと、ウィンドウが閉じられ、[セレクションをサンプリング] が新
しいオプション設定を使用して実行されます。
条件の追加
Selection Designer の動作を複数の条件によって確認するために、セレクションにはいくつかの条件が
追加できます。
以下に示すように、条件のアウトラインで最上位にあるノードがグループ ノードになります。 グルー
プ ノードとは、サブ条件を含めることができる条件ノードです。 2 つの定義済み条件は、グループ
ノードのサブノードになります。
基準の説明
定義
- AND-group
- AND-group
"New customers in
third quarter"
DateValue(Registered)> '2004-7-01'
and "Customer with
email address"
has WorkEmail
このグループ ノードの名前が AND-group になっているのは、サブノードどうしが AND で結合されて
いるためです。 OR 結合を使用することもできます。 グループ ノードを編集するには、そのノードを
マークし、[条件を編集] を選択します。[条件グループ] ウィンドウが開きます。
今回は 3 番目の条件が追加されたと仮定します。
3 つの条件は、アウトラインに表示されるようになっています。
また、3 つの条件を含むセレクションが用意されています。 このセレクション内の顧客は、これら 3
つの条件をすべて満たす顧客になります。 ここで [セレクションをカウント] を実行すると、以前より
も小さな数が得られます。
基準を 1 つだけ満たす顧客をカウント ([デザイン] タブで [カウント] > [選択されたノードをカウント]
を選択) したり、すべてのノードのカウントを同時に実行したりすることもできます。 このタブで [カ
Visual Dialogue ユーザー ガイド
91
条件のグループ化
ウント] > [すべてのノードをカウント] を選択します。 今度は、それぞれの条件を満たす顧客数のリス
トがカウント列に表示されます。
さらに、単一条件ノード内の顧客のプレビューを取得することもできます。 条件をマークし、[デザイ
ン] タブで [サンプル] > [選択されたノードをサンプリング] を選択します。
条件のグループ化
条件どうしの AND および OR の関連付けを作成するために、Selection Designer はグループ化のメカ
ニズムを備えています。
以前に定義した 3 つの条件について検討します。 メール アドレスまたは FAX 機器のどちらかを持つ
新しい顧客を選択する場合を想定します。 この場合は、“メール”の条件と “FAX” の条件との OR 結合
を使用する必要があります。 Shift キーまたは Ctrl キーを使用して、両方の条件を選択します (複数選
択)。 その後、コンテキスト メニューの [OR を使用したグループ条件] を選択します。 OR タイプの
新しいグループ ノードが作成されます。
基準の説明
定義
- AND-group
- AND-group
"New customers in
third quarter"
DateValue(Registered)> '2004-7-01'
- and "New criteria
group"
OR-group
"Customer with fax"
has Telefax
or "Customer with
email address"
has WorkEmail
[AND を使用したグループ条件] を使用すると、同様に AND タイプのグループを作成できます。
グループ内の条件のグループ化を解除するには、そのグループをマークし、コンテキスト メニューの
[グループ化解除基準] を選択します。
グループ ノードに名前を与えるには、そのノードをマークし、[条件を編集] を選択します。 [条件グ
ループ] ウィンドウが開きます。 [テキストの説明] に適切な説明を入力します。
これで、セレクション内のすべてのノードで顧客の数をカウントできます。 その結果には [OR グルー
プ] が反映されていることがわかります。
注意: グループ化は、かっこを使った式に相当します。
Selection Designer のツールボックス
Dialog Designer での作業時には、条件のデザインに役立つ項目が Visual Dialogue ツールボックスに
数多く表示されます。 ツールボックスの [顧客フィールド] には、使用できるすべてのデータ グルー
92
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 5 章 : セレクション
プとフィールドのリストが表示されます。 項目をダブルクリックすると、その項目が選択された状態
で [フィールド条件] ウィンドウが開きます。
別の例として、ツールボックスのカテゴリ グループがあります。 定義済みのすべてのカテゴリのリス
トが表示されます。 カテゴリをダブルクリックすると、そのカテゴリが選択された状態で [カテゴリ
条件] ウィンドウが開きます。
グループ条件
グループ条件は、1 対多のグループに対して条件を設定するという点でフィールド条件とは異なりま
す。
セレクションにグループ条件を追加するには、 [新規条件] > [グループ条件] を選択し、条件を作成す
るデータ グループを選択します。
[オペレーションのプロパティ] ウィンドウが開きます。 グループ条件では、1 対多のグループ内にあ
る顧客データに関する 1 つまたは複数の条件を定義できます。
[条件の追加] ボタンを使用して条件に条件を追加したり、[グループの追加] ボタンを使用して条件の
グループを追加したりできます。 条件が true になるためには、条件内のすべての条件が満たされなけ
ればなりません。
上に示した条件では、アドレス タイプが郵便の住所であって、なおかつ郵便番号が 1000 より小さい
か 2000 より大きい、すべての顧客が選択されます。 条件で使用されている演算子は、フィールド条
件で使用されるものと同じです。
グループ条件コマンド
グループ条件
説明
[条件を追加]
条件に条件を追加します。 条件が選択されている場合は、選択されている条
件と同じグループに新しい条件が挿入されます。 グループが選択されている
場合は、そのグループに新しい条件が挿入されます。
[グループを追加]
2 つの条件からなるグループを条件に追加します。 条件が選択されている場
合は、その条件と同じグループに新しいグループが挿入されます。 グループ
が選択されている場合は、そのグループに新しいグループが挿入されます。
[グループ化]
選択されている条件やグループをグループ化して、新しいグループを形成しま
す。 右側のセレクタ エリアをクリックすることで、条件やグループの選択と
選択解除が行えます。
[グループ化解除]
1 つのグループ内で 1 つ以上の条件を選択されている場合は、このコマンドに
よってグループ化が解除されます。 選択されているグループが 1 つの場合は、
そのグループ内のすべての要素のグループ化が解除されます。 右側のセレク
タ エリアをクリックすることで、条件やグループの選択と選択解除が行えま
す。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
93
特別な条件タイプ
グループ条件
説明
[削除]
選択されている条件やグループを削除します。 右側のセレクタ エリアをク
リックすることで、条件やグループの選択と選択解除が行えます。
グループ条件の編集
グループ条件の編集を試みた際に、特別な条件タイプのウィンドウでグループ条件が開かれることが
あります。 これは、定義されたグループ条件が特別な条件としても解釈できるためです。 こうした条
件を強制的にグループ条件ウィンドウで開くには、その条件をマークし、Ctrl + W キーを押すか、[デ
ザイン] タブで [詳細] > [グループ条件として編集...] を選択します。
特別な条件タイプ
特別な条件タイプについて
一般的な条件タイプであるフィールド条件とグループ条件に加えて、一連の特別な条件タイプもサポー
トされています。 フィールド条件およびグループ条件のウィンドウでは使用可能な任意の顧客データ
を使用して条件を定義できるのに対し、これらの特別な条件タイプでは、特にダイアログ データベー
スで使用可能なデータに注目しています。 たとえば、アンケートの回答を使用した条件の定義に使用
できる特別な条件タイプが存在します。
すべての特別な条件タイプには対応するウィンドウがあり、そこで条件が定義されています。 [新規条
件] ボタンでは、特別な条件タイプのリストが表示されます。
以下に示す特別な条件タイプがサポートされています。
• アンケート回答条件(94ページ)
• 活動条件(95ページ)
• カテゴリ条件(96ページ)
• ダイアログ条件(96ページ)
• メッセージ条件(96ページ)
• メール追跡条件(96ページ)
• リンク追跡条件(97ページ)
• 回答追跡条件(97ページ)
• サブセレクション条件(97ページ)
• 分析ルール条件(98ページ)
• リスト条件(98ページ)
アンケート回答条件
アンケート回答条件は、ダイアログ データベース内の回答フォームに関連したものです。 新しいアン
ケート回答条件を作成するには、[デザイン] タブで [新規条件] > [アンケート回答条件] を選択します。
[新規アンケート回答条件を作成] ウィンドウが開きます。
94
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 5 章 : セレクション
ウィンドウの上部で、アンケートを選択します。 すると、アンケート内の質問が左側に表示されま
す。 質問を選択するとすぐに、回答の選択肢が右側に表示されます。 続いて、回答の選択肢を 1 つ以
上選択できます。
また、完成した回答フォームと未完成の回答フォームの両方を条件の評価時に考慮する必要があるか
どうかを選択することもできます。
回答フォームへの回答が行われているかどうかの確認のみを行う場合は、[アンケートが回答されてい
るかどうかのみチェック] オプションを使用します。 同様に、質問への回答が行われているかどうか
の確認のみを行う場合は、[質問が回答されているかどうかのみチェック] オプションを使用します。
選択されている回答の選択肢が多肢選択式の質問 (チェックボックスまたはラジオボタンによる選択
肢) である場合は、少なくとも 1 つの選択肢を選択した回答者や、すべての選択肢を選択した回答者を
選択できます。
選択されている回答の選択肢がテキストボックスによる選択肢 (回答者がテキストに入力) である場合
は、ウィンドウにテキストボックスが表示され、そこにテキストを入力できます。 条件で指定された
テキストに一致するテキストを入力した回答者が選択されます。
選択されている質問がマトリクス形式の質問である場合は、[質問] リスト ボックスの下に [マトリクス
形式の質問を選択] コンボ ボックスが表示されます。 このコンボ ボックスは、マトリックス内の質問
を選択する際に使用します。
注意: 異なる回答どうしの AND や OR を使用するには、必要なすべての条件を定義したうえで、そ
れらの条件を [AND グループ] や [OR グループ] としてグループ化します。
活動条件
活動条件は、ダイアログ データベース内の活動に関連したものです。 新しい活動条件を作成するに
は、[デザイン] タブで [新規条件] > [活動条件] を選択します。 [活動条件のプロパティ] ウィンドウが
開きます。
例: 以下の値を選択すると、2004 年 9 月 1 日より後の送信メールによって対話が発生し、フォロー
アップを経て 2004 年 10 月 1 以降に完了した、“メッセージ” タイプの活動を持つすべての顧客が選択
されます。
グループ条件
説明
活動タイプ
メッセージ
チャネル
電子メール
方向
送信
[作成日]
> 01.09.2004
完了
>=01.10.2004
Visual Dialogue ユーザー ガイド
95
特別な条件タイプ
カテゴリ条件
カテゴリ条件は、ダイアログ データベース内のカテゴリに関連したものです。 新しいカテゴリ条件を
作成するには、[デザイン] タブで [新規条件] > [カテゴリ条件] を選択します。 [カテゴリ条件] ウィン
ドウが開きます。
カテゴリはドロップダウン リストで選択できます。 この場合、条件を満たす顧客はそのカテゴリのメ
ンバーである顧客になります。
選択されているカテゴリのタイプが [スコアリング カテゴリ] の場合は、スコアリング値の間隔を指定
できます。
選択されているカテゴリのタイプが [カテゴリと値] の場合は、取りうる値のドロップダウン リストが
表示されます。
ダイアログ条件
ダイアログ条件は、ダイアログ参加顧客に関連したものです。 新しいダイアログ条件を作成するに
は、[デザイン] タブで [新規条件] > [ダイアログ条件] を選択します。 [ダイアログ条件] ウィンドウが
開きます。
ダイアログはドロップダウン リストで選択できます。 条件を満たす顧客は、そのダイアログに参加し
ている顧客になります。
さらに、選択されているダイアログ内のグループを指定できます。 その場合は、条件によって対象が
選択されているダイアログ グループ内の参加顧客に限定されます。
また、参加顧客がダイアログに挿入された日付 ([入力されたダイアログ]) や、参加者が現在のグルー
プ に移動された日付 ([最終移動日]) の条件を含めることもできます。
メッセージ条件
メッセージ基準は、顧客に送信されたメッセージ (レターまたはメール) に関連したものです。 新しい
メッセージ条件を作成するには、[デザイン] タブで [新規条件] > [メッセージ条件] を選択します。 [新
規メッセージ条件を作成] ウィンドウが開きます。
最初にコミュニケーション チャネルを選択します。 この場合、条件を満たす顧客は、指定したチャネ
ル経由でメッセージを受け取った顧客になります。
さらに、テンプレート名やメッセージ名を指定したり、[送信日] の条件を指定することもできます。
これにより、条件の対象は、特定の名前のメッセージを特定の時点に受け取った顧客に限定されます。
メール追跡条件
メール追跡条件は、メール追跡を使用したメールの追跡が行われている顧客に送信された HTML メー
ル メッセージに関連したものです。 新しいメール追跡条件を作成するには、[デザイン] タブで [新規
条件] > [メール追跡条件] を選択します。 [新規メール追跡条件を作成] ウィンドウが開きます。
テンプレート名を選択します。 この場合、条件を満たす顧客は、問題のメールを開いた際にシステム
によって登録された顧客になります。
96
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 5 章 : セレクション
注意: [メール追跡] がテンプレートで有効になっている必要があります。 メール クライアント
(Microsoft Outlook など) による HTML メールの処理方法に関する理由から、実際にメールを開
いたすべての顧客がシステムによって登録されるわけではありません。
リンク追跡条件
リンク追跡条件は、顧客に送信された HTML メール メッセージ内のハイパーリンクに関連付けられま
す。このハイパーリンクは、リンク追跡を使用して追跡されます。 新しいリンク追跡条件を作成する
には、[デザイン] タブで [新規条件] > [リンク追跡条件] を選択します。 [新規リンク追跡条件を作成]
ウィンドウが開きます。
リンク名を選択するか、URL を指定します。 このリンクを含む HTML メールを受け取ってそのリン
クをクリックした顧客が、条件を満たす顧客になります。 さらに、テンプレート名を指定してセレク
ションを絞り込み、指定したテンプレートのリンクをクリックした顧客のみを選択することもできま
す。
なお、最初のクリックが登録されるまでは、リンク名が [リンク名] ドロップダウンに表示されないこ
とに注意してください。 ただし、編集ボックスに直接書き込んで、まだメッセージの送信には使用さ
れていないテンプレート内のリンクに基づいた条件を作成できます。 HTML メール テンプレートでリ
ンク追跡を有効にする際に名前を指定しない場合は、使用した URL を代わりに指定できます。
回答追跡条件
回答追跡条件は、回答追跡を使用した追跡が行われている顧客が完了したアンケートに関連したもの
です。 新しい回答追跡条件を作成するには、[デザイン] タブで [新規条件] > [回答追跡条件] を選択し
ます。 [新規メール追跡条件を作成] ウィンドウが開きます。
最初にアンケートを選択します。 この場合、条件を満たす顧客は、回答を開始し、アンケート全体を
完了していない顧客になります。
さらに、レイアウトや、オプションとしてレイアウト内のページを指定することも指定できます。 こ
れにより、条件の対象は、指定したレイアウトを使用して追跡され、指定のページに到達している顧
客に限定されます。
レイアウトを使用せずに回答されたアンケートについては、回答追跡の登録が一切行われません。そ
のため、アンケートのみを指定した場合であっても基準を満たさないことになります。
サブセレクション条件
サブセレクション条件により、他のセレクションへのアクセス権が与えられます。 新しいサブセレク
ション条件を作成するには、[デザイン] タブで [新規条件] > [サブセレクション条件] を選択します。
[新規サブセレクション条件を作成] ウィンドウが開きます。
セレクションはドロップダウン リストで選択できます。 条件を満たす顧客は、選択したセレクション
に含まれている顧客になります。
サブセレクション条件では、セレクションどうしを組み合わせることができます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
97
式モードでの作業
注意: 現時点では、サブセレクション条件に次の 2 つの技術的な制限があります。
1. サブセレクションではコンテキストを使用できません。
2. サブセレクションには SQL 表現が必要です (ほとんどのセレクションにはあります)。
コンテキストを使用しているセレクションは、ドロップダウン リストに表示されません。
分析ルール条件
分析ルールを使用すると、Portrait Miner のルールに基づいてセレクションを作成できます。 新しい分
析ルール条件を作成するには、 [新規条件] > [分析ルール条件] を選択します。
既存のルールをドロップダウン リストで選択し、演算子を選択して、セレクションが適用される値を
入力できます。
リスト条件
リストとは、データベースに格納されている顧客のセットです。 リスト内の顧客は、リスト メンバー
と呼ばれます。 リストは、Portrait Explorer アプリケーションを使用して作成および更新できます。
その後、Portrait Dialogue のセレクションおよびダイアログ (ガイド付きダイアログを含む) でリスト
を使用できます。 リストとリスト メンバーの格納に使用されるデータベース テーブルは、LIST と
LIST_MEMBER です。
リスト条件は、リストへのアクセスを提供します。 新しいリスト条件を作成するには、[デザイン] タ
ブで [新規条件] > [リスト条件] を選択します。 [New List Criterion] ウィンドウが開きます。
リストはドロップダウン リストで選択できます。 条件を満たす顧客は、選択したリストに含まれてい
る顧客になります。
式モードでの作業
デザイン モードでの作業時には、いつでも式モードに変更して、セレクション条件を純粋なテキスト
として編集したり、その逆のオペレーションを行ったりできます。
Selection Designer は、デザイン モードでの変更が式モードに反映され、式モードでの変更がデザイ
ン モードに反映さえれるという意味で、双方向のツールです。 実際には、データベースへのセレク
ションの保存時には、式の文字列が格納されます。 そのため、式には、セレクション内の条件に関す
るすべての情報が含まれています。
デザイン モードで条件を定義してから式モードに切り替えた場合は、条件の式表現を確認できます。
基準の説明
定義
"New customers in
third quarter"
DateValue(Registered)> '2004-07-01'
選択式ウィンドウ内で、
"New customers in third quarter" : DateValue(Registered) > '2004-07-01'
98
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 5 章 : セレクション
その後、条件をテキストとして入力すると、式モードで条件を追加できます。
式が有効なことを検証するには、[デザイン] タブで [チェック] を選択します。 式にエラーがある場合
は、Selection Designer にメッセージが表示され、カーソルの位置でエラーの箇所がわかります。
ここでデザイン モードに切り替えると、条件のアウトラインに式モードで追加された新しい条件が反
映されます。
式モードでの作業時にも、[デザイン] タブの [新規条件] ボタンで利用可能な機能を使用できます。 ま
た、[条件を編集] を選択すると、カーソル位置の条件を編集するためのウィンドウが開きます。
式の編集時には、Ctrl + Space キーを押すと、有効なフィールドと機能のリストが表示されます。
SQL モードでの作業
SQL モードで新しいセレクションを作成するには、[作成] タブで [セレクション] を選択します。 [新
規セレクション ウィザード] の [SQL を使用してセレクションを作成] オプションを必ずオンにしま
す。
これで、Selection Designer は SQL モードで表示され、SQL テンプレートを使用して SQL の記述を
開始できます。
セレクション SQL クエリを記述する際の基本的なルールとして、SQL は顧客 ID を返す SELECT ス
テートメントにする必要があります。 このステートメントは mh_customer_id という名前の列を返す
必要があります。 それ以外の場合、Selection Designer はエラー メッセージを返します。
これで、初期ステートメントを“本来の”実行可能な SQL ステートメントに変更できるようになります。
ステートメントをテストするには、[デザイン] タブで [チェック] を選択します。 SQL の結果セットの
サンプルが、画面の下部に表示されます。
SQL ステートメントにエラーが含まれる場合は、画面の下部にデータベース サーバーからのエラー
メッセージが表示されます。
さらに、セレクションのカウントとプレビューを行うためのオプションがあります。 セレクション内
の顧客の数を計算するには、 [カウント] > [セレクションをカウント] を選択します。
セレクション内の顧客プレビューを確認するには、[デザイン] タブで [サンプル] > [セレクションをサ
ンプリング] を選択します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
99
コンテキストに関する作業
コンテキストに関する作業
Visual Dialogue のコンテキストは、比較的高度な概念です。
コンテキストとは
コンテキストは、ダイアログに参加している顧客に割り当てられる値です。つまり、その顧客は、一
意の ID によって識別されるだけでなく、一意の ID とコンテキスト値の組み合わせによっても識別さ
れることになります。 これにより、異なるコンテキスト値を使用することで、同じ顧客が 1 つのダイ
アログ内に複数回出現することが可能になります。
ダイアログでコンテキストを使用できるようにするには、コンテキスト値を持った参加顧客を挿入す
る選択オペレーションを可能にする必要があります。 そのため、コンテキスト値を指定したセレク
ションの作成が可能になっています。
セレクションにおけるコンテキストの有効化
セレクションでコンテキストを有効にするには、[デザイン] タブを使用します。 [詳細] > [セレクショ
ンにコンテキストを使用] オプションを使用すると、セレクションでコンテキストが有効になります。
[セレクションにコンテキストを使用] オプションを有効にすると、式モードと SQL モードのどちらで
もコンテキスト値を指定できます。
式モードでのコンテキストの指定
式モードでは、コンテキスト式を指定できます。 この式のデータ型は string です。 この式は、定数に
することも、顧客によって値を変えることもできます。
下の図では、セレクションにメール アドレスを持つ顧客が含まれています。 コンテキスト値は、顧客
ID に現在の時刻を連結したものになっています。 このセレクションの例では、コンテキスト値が 2 番
目の列に表示されています。 この場合は、値がセレクション内の顧客ごとに異なっています。
100
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 5 章 : セレクション
SQL モードでのコンテキストの指定
SQL モードでは、コンテキストを SELECT ステートメント内の別の列として指定します。 コンテキ
ストに関する作業の際には、セレクション SQL によって mh_context という列を mh_customer_id 列
に加えて返す必要があります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
101
セレクションの参照
セレクションの参照
定義されているすべてのセレクションを確認するには、Visual Dialogue の [ホーム] タブで [探索] > [セ
レクション] を選択します。 [セレクション] フレームが表示されます。
セレクションをソートするには、セレクション リストの見出しで対象となる列をクリックします。
リストに表示された一連の列を構成するには、[表示] タブで [列を選択] を選択します。
プロパティ (セレクションの名前や説明など) の確認または編集を行うには、セレクションを 1 つ選択
し、[ホーム] タブで [プロパティ] を選択します。
[Customer View で使用] では、そのセレクションが Customer View の詳細検索からアクセス可能か
どうかを指定します。
[メッセージ テンプレートをテストするときに使用] では、このセレクションがメッセージ デザイナの
[テスト オプション] ウィンドウで使用可能かどうかを指定します。
[メッセージ テンプレートで条件を定義するときに使用] では、このセレクションがメッセージ デザイ
ナでの条件の定義時に使用可能かどうかを指定します。
セレクション デザイナでセレクションを開くには、リストにある 1 つのセレクションをダブルクリッ
クするか、[ホーム] タブで [開く] を選択します。
セレクションを削除するには、セレクションを 1 つマークし、[ホーム] タブで [削除] を選択します。
102
Portrait Dialogue 6.0 SP1
メッセージ
• メッセージについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .104
• ドキュメント タイプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .104
• メッセージ テンプレートの参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .105
• メッセージ マネージャ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .105
• メッセージのテスト送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .107
• 追跡データの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .108
• マスター テンプレート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .108
• メッセージ テンプレート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .122
6
メッセージについて
メッセージについて
メッセージ テンプレートは、Visual Dialogue や Customer View でメッセージを作成するための基盤
です。 システムは、メッセージを作成する際、最初にメッセージ テンプレートを使用し、続いてこの
テンプレートに顧客情報をマージしてメッセージを完成させます。
Visual Dialogue では、Message Template Designer を使用してメッセージ テンプレートの作成や編
集を行います。
ドキュメント タイプ
すべてのメッセージ テンプレートは特定のタイプに属しています。 これらのタイプは、マーケティン
グ データベース管理者によって定義されます。
104
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
テンプレートは、組み込みのテンプレート エディタで編集できる単純なファイル (テキスト、HTML
など) の場合もあれば、外部エディタでの編集が必要な特別なファイル形式 (Microsoft Word テンプレー
ト) である場合もあります。
メッセージ テンプレートの参照
定義されているすべてのメッセージ テンプレートを確認するには、Visual Dialogue の [ホーム] タブで
[探索] > [メッセージ テンプレート] を選択します。 [メッセージ テンプレートを参照] フレームが表示
されます。
リスト内のテンプレートをソートするには、見出しで対象となる列をクリックします。
リストに表示された一連の列を構成するには、[表示] タブで [列を選択] を選択します。
プロパティ (メッセージ テンプレートの名前や説明など) の確認または編集を行うには、テンプレート
を 1 つ選択し、[ホーム] タブで [プロパティ] を選択します。 [メッセージ テンプレートのプロパティ]
ウィンドウが開きます。
メッセージ テンプレート デザイナでテンプレートを開くには、リストにある 1 つのテンプレートをダ
ブルクリックするか、[ホーム] タブで [開く] を選択します。
テンプレートを削除するには、テンプレートを 1 つマークし、[ホーム] タブで [削除] を選択します。
テンプレートのプレビューがブラウザの下部に表示されます。 プレビューのオン/オフを切り替えるに
は、 [ホーム] タブの [プレビュー] ボタンをクリックします。 テンプレートを保存するとプレビュー
イメージが自動的に生成されますが、ブラウザのコンテキスト メニューで [プレビュー イメージの更
新] を選択して、手動で生成することもできます。
メッセージ マネージャ
メッセージ マネージャは、メッセージを管理する、Visual Dialogue 内のツールです。
概念
メッセージという用語は、電子メール、レター、SMS メッセージなど、顧客に送られるあらゆる種類
の情報を意味します。
ダイアログでは、多くの場合、メッセージが大量に作成されます。 メッセージ バンドルとは、同時に
作成された一連のメッセージを意味します。 たとえば、メールの作成オペレーションを実行すると、
メッセージ バンドルが作成されます。 このバンドルには、作成された個別のメールがすべて含まれま
す。 次回、このオペレーションを実行すると、新しいバンドルが作成されます。
メッセージは、以下に示す 5 つのとり得るステータス値のうち 1 つを持ちます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
105
メッセージ マネージャ
• [アウトボックス]
メッセージはアウトボックスの中にあります。 メッセージを送るには、[メッセージ マネージャ] で
の手動のアクションが必要です。
• [送信キュー内]
メッセージは送信キューに入っています。 送信可能になり次第、Send Message Service によって
メッセージが送信されます。 このステータスは、電子的に送信できるメッセージ タイプ (通常は電
子メール、レターは対象外) にのみ適用されます。
Send Message Service は、Dialogue Server 上で動作するソフトウェア モジュールです。 このモ
ジュールは、電子的なメッセージ (電子メールや SMS メッセージ) を送信する役割を担っています。
• [エラー] としてマーク
Send Message Service がメッセージを送信しようとしてエラーが発生した場合、そのメッセージは
エラー フラグとエラー メッセージによってマークされます。 メッセージ マネージャで、メッセー
ジを送信キューに手動で戻すことができます。 このステータスは、電子的に送信できるメッセージ
タイプにのみ適用されます。
• [送信済み項目] として保管
メッセージが顧客に届けられると、メッセージは [送信済み] とマークされます。 電子的なメッセー
ジの場合、Send Message Service によるメッセージの送信時に、この処理が自動的に行われます。
非電子的なメッセージの場合は、メッセージ マネージャでメッセージを手動でマークできます。
• [バウンス] (電子メールのみ)
電子メール メッセージが届けられたものの、バウンス コードと共に返された状態です。 バウンス
メールの技術的な詳細については、リファレンス ヘルプを参照してください。
[メッセージ マネージャ] インターフェース
メッセージ マネージャを開くには、[ホーム] タブで [探索] > [メッセージ マネージャ] を選択します。
[メッセージ マネージャ] には、メッセージのとり得るステータス値を反映した、 [アウトボックス]、
[送信キュー]、[エラー]、[送信項目数]、[バウンス メール数] という 5 つのビューがあります。
画面の上部には、現在のビューに一致するメッセージを含むメッセージバンドルが表示されます。
画面の下部には、選択されているバンドル内にある個々のメッセージが表示されます。現在のビュー
に一致するバンドル内のメッセージ のみが表示されます。 メッセージのリストは、パフォーマンス上
の理由から、自動的には表示されません。 バンドルをダブルクリックするか、バンドルをマークして
Enter キーを押す必要があります。
1 つのメッセージの内容を表示するには、メッセージをマークし、[ホーム] タブで [開く] を選択しま
す。 [メッセージ マネージャ] は、メッセージ タイプに応じて、内部のビューアまたは外部のプログラ
ム (Microsoft Word など) を起動します。
106
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
[メッセージ マネージャ] リボン タブ
Visual Dialogue には、メッセージ マネージャの独自のリボン タブがあります。
[バンドル] > [送信] では、選択されているバンドル内のすべてのメッセージをアウトボックスから送
信キューに移動します。
[バンドル] > [再送信] では、選択されているバンドル内のすべてのメッセージを [エラー] ビューから
送信キューに移動します。
[バンドル] > [送信済みとしてマーク] では、選択されているバンドル内のすべてのメッセージをアウ
トボックスから [送信項目数] ビューに移動します。
[開く] > [外部エディタで開く] では、選択されているメッセージを、Windows によってそのファイル
タイプに関連付けられている外部のプログラムで開きます。
[メッセージ] > [送信] では、選択されているメッセージをアウトボックスから送信キューに移動しま
す。
[メッセージ] > [再送信] では、選択されているメッセージを [エラー] ビューから送信キューに移動し
ます。
[メッセージ] > [送信済みとしてマーク] では、選択されているメッセージをアウトボックスから [送信
項目数] ビューに移動します。
[開く] > [メッセージを ID で開く...] では、一意のメッセージ ID (message_log データベース テーブル
の ml_id) を入力することで指定したメッセージを開くことができます。
[オプション] > [顧客データを表示] では、個々のメッセージについて受信側の顧客に関するデータを
表示します。 この設定はオンとオフを切り替えることができます。
[エラー] ビュー
メッセージの送信に失敗すると、メッセージにエラー メッセージのマークが付きます。 [エラー] ビュー
では、エラー メッセージを調べることができます。
[バウンス メール] ビュー
電子メールが戻ってくると、そのメールは [バウンス メール] ビューに一覧表示されます。 1 つのメッ
セージが 2 回以上戻ってきた (つまり、複数のバウンス メールがシステムに届いた) 場合、そのメール
はバウンスのたびにリストに表示されます。
メッセージのテスト送信
Message Template Designer を使用して (電子的に送信されるタイプの) メッセージをデザインした
場合は、そのメッセージをテスト送信できます。 この機能により、メッセージのテストと、クライア
ントで受信した際にどのように表示されるのかの確認が容易になります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
107
追跡データの削除
電子メールと SMS メッセージは、テスト送信が可能なメッセージタイプの例です。
メッセージは、次の 3 つのステップに従うことでテスト送信できます。
1. テスト マージ: [デザイン] タブで [テスト] を選択するか、F9 キーを押します。
2. 送信ウィンドウを開きます。 [ホーム] タブで [テスト送信] を選択するか、Ctrl + Enter キーを押し
ます。
3. メッセージの送信: 受信者のアドレス/番号などを入力し、[OK] をクリックします。
また、メッセージ バンドル内のメールも、上記と同じ手順に従ってテスト送信できます。 メッセージ
バンドルの詳細については、メッセージ マネージャ(105ページ) を参照してください。
追跡データの削除
[追跡データの削除] ウィザードは、プロセスの進展中にシステムに投稿された追跡データ形式のテス
ト データの削除を主な目的としていますが、任意の追跡データの削除にも使用できるので、十分に注
意して使用する必要があります。
[追跡データの削除] ウィザードを実行するには、メッセージ テンプレート ブラウザに移動し、[ホー
ム] タブで [追跡データの削除...] を選択します。
選択されているメッセージ テンプレートについて、リンク追跡とメール追跡のレコードの総数を示す
ウィザードが表示されます。
次のページでは、開始と終了の日付を指定することで、削除の対象となるデータの期間を制限できま
す。
削除される追跡レコードの数が (日付による制限の適用後に) 表示されます。
マスター テンプレート
マスター テンプレートについて
マスター テンプレートについて
マスター テンプレートは、メッセージ テンプレートに共通のスタイルを与えるために使用できます。
このテンプレートには、たとえば、会社のロゴや住所など、共通の要素や会社プロファイルを構成す
るその他の要素を含めることができます。 マスター テンプレートは、新しいメッセージ テンプレー
トの作成時のベースとして使用されます。 ほとんどのメッセージ テンプレートは、マスター テンプ
レートをベースとして使用せずに作成できますが、マスター テンプレートが必要なもの (メッセージ
デザイナ テンプレートや Word メッセージ テンプレート) もあります。
108
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
マスター テンプレートを変更した場合、変更内容はそのマスター テンプレートに基づいた新しいメッ
セージ テンプレートにのみ影響を与えます。
マスター テンプレートの編集には Master Template Designer を使用します。
メッセージ デザイナ マスター テンプレート
すべてのメッセージ デザイナ テンプレートは、マスター テンプレートに基づいています。 マスター
テンプレートは、メール テンプレートのメイン レイアウトの定義に使用され、通常は、静的 HTML、
スタイル セット、本文領域と呼ばれる編集可能な領域、マスター テンプレート自体によって使用され
る一連の CSS クラスで構成されています。
マスター テンプレート:
マスター テンプレートは、Visual Dialogue で定義され、1 つ以上の編集可能な領域 (本文エリアと呼
びます) で構成されます。 また、このテンプレートには、既定のスタイル セットが含まれ、場合によっ
ては本文エリア項目やフォントの色に関して優先される 1 つまたは複数のスタイル セットが含まれる
こともあります。
メッセージ テンプレート:
メッセージ デザイナでは、新しいメッセージ テンプレートをマスター テンプレートに基づいて作成
できます。 一連の定義済み本文エリア項目を使用して、本文エリアを編集できます。 項目のレイアウ
トは、マスター テンプレート内のスタイル セットによって制御されます。 ある項目でスタイル セッ
トが定義されている場合は、その項目の [編集] メニューを使用して、スタイル セットをすばやく切り
替えることができます。
顧客メッセージ:
完成したメッセージ テンプレートは、通常は Visual Dialogue で定義されたダイアログによる 1 つ以
上の顧客メッセージの作成に使用されます。 多くの場合、このプロセスをメールのマージと呼びま
す。
その後、メッセージは Dialogue Server メール送信エンジンを介して顧客に送信されます。
マスター テンプレートのプロパティ
マスターテンプレートには、以下のプロパティがあります。
[全般] タブ
フィールド
説明
[名前]
マスター テンプレートの名前です。
説明
マスター テンプレートの説明です。
[顧客ドメイン]
マスター テンプレートによる顧客の取得元になる顧客ドメインです。
[ドキュメント タイプ]
マスター テンプレートのドキュメント タイプです。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
109
マスター テンプレートのプロパティ
フィールド
説明
[作成日]
マスター テンプレートが作成された日時です。
[作成者]
マスター テンプレートを作成したユーザーのログイン名です。
[最終更新日]
マスター テンプレートが最後に変更された日時です。
[最終更新者]
マスター テンプレートを最後に変更したユーザーのログイン名です。
[マスター テンプレート このチェックボックスがオンになっている場合、新規メッセージ テンプ
を非アクティブにする] レートの作成時に、このマスター テンプレートをベースとして使用できま
せん。
[詳細] タブ
フィールド
説明
[テンプレート ファイル] マスター テンプレート ファイルのパスとファイル名です。
[活動を生成]
テンプレートに基づいたメッセージの送信時に活動を作成する場合は、こ
こで活動タイプを選択します。 メッセージごとに活動が 1 つ作成され、顧
客に関連付けられます。
[アウトボックスを使用] このチェックボックスがオンになっている場合、すべてのメッセージがいっ
たんアウトボックスに送られ、そこで実際に送信する前にメッセージを表
示したり、問題がないか確認したりできます。 この作業はメッセージ マ
ネージャで行えます。 このチェックボックスがオフになっている場合、す
べてのメッセージは作成されるとすぐに送信されます。 マスターから新し
いテンプレートを作成する際には、この設定が既定値として使用されます。
[既定でメールの追跡を このマスター テンプレートに基づいたすべてのメッセージ テンプレートで
有効にする]
メールの追跡を既定で有効にします。 マスターから新しいテンプレートを
作成する際には、この設定が既定値として使用されます。 この設定は、
メッセージ デザイナ テンプレートにのみ適用されます。
[プレビュー イメージ]タブ
フィールド 説明
[プレビュー プレビュー イメージは、新しいテンプレートを作成したときに表示されます。 この機
イメージ]
能を使用する場合は、マスター テンプレートのイメージを作成する必要があります。
110
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
マスター テンプレート デザイナ - メッセージ デザイナ
デザイナの概要
マスター テンプレートの編集には Master Template Designer を使用します。
Master Template Designer には、主なエリアが 3 つあります。 中央の作業エリアでは、テンプレート
のデザインを行います。上段にあるコントロール パラメータは、テンプレートに基づいたメッセージ
テンプレートの既定値の設定に使用します。右側のツールボックスでは、マージ フィールドにすばや
くアクセスできます。
また、Master Template Designer には、主なモードとして HTML ビューと [スタイル セット] ビュー
の 2 つがあります。 HTML ビューには、HTML に適用される CSS スタイルを含む HTML が格納され
ます。[スタイル セット] ビューには、メッセージ テンプレートで使用される本文エリア項目に適用さ
れる CSS スタイル セットが格納されます。
スタイル セットに関する作業の際には、ツールボックスにより、使用可能な本文エリア項目にすばや
くアクセスでき、CSS スタイルの作成に役立ちます。 メイン ビューには、定義のために選択されて
いるスタイルのプレビューを行うプレビュー ペインもあります。
新しいマスター テンプレートの作成
新しいテンプレートを作成するには、Visual Dialogue の [作成] タブで [マスター テンプレート] を選
択します。 [新規メッセージ テンプレート ウィザード] が開きます。
ステップ 1
ウィザードの最初のページでは、新しいマスター テンプレート名、(オプションの)説明、および顧
客ドメインを設定します。
ステップ 2
ウィザードの 2 ページ目では、このマスター テンプレートが対象とするドキュメント タイプを選択し
ます。
ウィザードの完了後、Master Template Designer が開きます。
HTML ビュー
HTML ビューについて
[マスター テンプレート] は、HTMLボディ内に含まれ機能するための特別なタグを含む、標準的な
HTML ドキュメントで構成されています。 HTML ドキュメントの作成と編集には、HTML ビュー エ
ディタを使用します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
111
マスター テンプレート デザイナ - メッセージ デザイナ
エディタの要素
説明
[コントロール パラメー マスターを使用したメッセージ デザイナ テンプレートによって継承される
タ]
既定のコントロール パラメータの設定に使用します。
[HTML]
マスター テンプレート用の完全な HTML ドキュメントの定義に使用しま
す。
[ツールボックス]
マスター テンプレートの HTML コンテンツで使用する利用可能なマージ
フィールドへのアクセスを容易にします。
Visual Dialogue で利用できる HTML エディタは、機能に制限があります。 そのため、Microsoft
Expression Web のようなサードパーティ製 HTML エディタと Visual Dialogue を併用して、マスター
テンプレートのデザインと編集を行うことをお勧めします。
[本文エリアのプレースホルダーの挿入]
本文エリアのタグの作成を容易に行うには、Visual Dialogue に用意されているタグ ビルダーを使用し
ます。 [挿入] タブで [本文エリアのプレースホルダ] を選択するか、マスター テンプレート エディタ
で Ctrl + Y キーを押します。
フィールド
説明
本文エリア ID
本文エリアの一意の ID です。
説明
タグの簡単な説明です。
[既定の項目の位置合わ このコンテナに追加されているすべての項目の既定の位置合わせです。
せ]
[最大イメージ幅]
この項目で許容される最大のイメージ幅を定義します。 ユーザーがこの指
定値よりも幅の広いイメージの挿入を試みた場合、イメージを自動的に縮
小するためにエディタで使用されます。
[最小項目数]
この本文エリアで許容される最小の項目数です。
[最大項目数]
この本文エリアで許容される最大の項目数です。
[許可する項目タイプ]
使用できる項目タイプをセミコロンで区切って列挙したリストです。
[許可する項目定義]
使用できる項目定義をセミコロンで区切って列挙したリストです。
[既定の項目定義]
セミコロンで区切った既定の項目群です。
コード (HTML) における本文エリアのプレースホルダー タグの例:
<div MHBodyAreaID="body_1" description="Body item area"
DefaultItemAlign="default" maximagewidth="560"
minitems="" maxitems="" alloweditemdefs=""
alloweditemtypes="" defaultitemdefs=""></div>
112
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
[スタイル セット] ビュー
[スタイル セット] ビューについて
[マスター テンプレート] は、本体エリア項目の既定のスタイルよりも優先されます。 また、1 つ以上
の本体エリアの項目定義に対して定義された 1 つ以上のスタイル セットを用意することもできます。
スタイル セット XML ドキュメントの編集には、[スタイル セット] ビュー エディタを使用します。
エディタの要素
説明
[スタイル セット]
各種スタイル セットを定義する XML ドキュメント用のエディタです。
[項目のプレビュー]
選択されている適用済みスタイル セットによるスタイルを使用した項目を
すぐにプレビューできます。
[本文エリアの項目定義] すべての項目定義に手軽にアクセスして、その項目の CSS や HTML を容
易にコピーできます。
[スタイル セット要素の挿入]
本文エリアのタグの作成を容易に行うには、Visual Dialogue に用意されているタグ ビルダーを使用し
ます。 [挿入] タブで [スタイル セット要素] を選択するか、マスター テンプレート エディタで Ctrl +
B キーを押します。
スタイル セット要素ビルダー:
オプション
説明
[名前]
スタイル セットの一意の名前です。
説明
要素の簡単な説明です。 このテキストは、メールの作成時にユーザー
に表示されます。
[スタイル セットの適用先]
[すべての項目定義]
使用可能なすべての項目にスタイル セットが適用されます。
[下で選択された項目定義]
ドロップダウン リストを使用して 1 つ以上の項目を指定します。
[CSS クラスを挿入]
スタイル セットで選択されている項目に対して既定の CSS クラスを
挿入します。
コード (XML) におけるスタイル セット要素の例:
<StyleSet Name="htb_blue" Description="Blue and light gray"
AppliesToItemDefs="MHHeaderTextBackground">
.mh_htst_img_tl {background-color: #6699CC; height: 22px;
border-bottom: 1px #ffffff solid;}
.mh_htst_img_tm {background-color: #6699CC; height: 22px;
padding: 1px 5px 1px 5px; border-bottom: 1px #ffffff solid;}
.mh_htst_img_tr {background-color: #6699CC; height: 22px;
border-bottom: 1px #ffffff solid;}
Visual Dialogue ユーザー ガイド
113
マスター テンプレート デザイナ - メッセージ デザイナ
.mh_htst_txt_body {font-family: Arial; font-size: 11px;
color: #333333; word-wrap: break-word;}
.mh_htst_txt_header {font-family: Arial; font-size: 13px;
font-weight: bold; color: #ffffff; word-wrap: break-word;}
</StyleSet>
詳細については、「マスター テンプレートのスタイル セット」‫‏‬を参照してください。
項目定義の CSS と HTML
本文エリア項目定義ツールボックスを使用すると、すべての定義済み項目定義の CSS や HTML にす
ばやくアクセスできます。 選択した項目は、プレビュー ウィンドウに表示されます。 項目を展開 (“+”
記号をクリック) すると、その項目で使用されている個々の CSS クラスが表示されます。
ツールボックス内の項目を右クリックすると、コンテキスト メニューが表示されます。 このメニュー
には、以下のツールが用意されています。
オプション
説明
[プレビューで表示]
項目のプレビューを表示するには、これを使用します (自動プレビューがオ
フの場合にのみ適用されます)。
[CSS をコピー]
項目の既定の CSS をクリップボードにコピーします。
[項目定義名をコピー]
項目定義のテクニカル名をコピーします。 この名前は “AppliesToItemDefs”
フィールドで使用します。
[HTML フラグメントを
コピー]
項目の既定の HTML をクリップボードにコピーします。
[プレビュー HTML をコ 項目の既定のプレビュー HTML をクリップボードにコピーします。
ピー]
[新規スタイル セット要 現在の項目が選択された状態で “[スタイル セット要素の挿入]” ダイアログ
素を作成]
ボックスが表示されます。
[自動プレビュー]
自動プレビューを有効にします。 項目を選択するとそのプレビューがすぐ
に表示されます。
[ヒントを表示]
各項目に対するヒントを有効にします。 このオペレーションにより、項目
の上にマウス ポインタを移動すると、その項目の短い説明が表示されるよ
うになります。
ヒント: カーソルをスタイル セット内に置いた状態で F8 キーを押すと、項目のプレビューがそのスタ
イル セットを使用して再表示されます。
詳細については、「マスター テンプレートのスタイル セット」‫‏‬を参照してください。
114
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
マスター テンプレート HTML
マスター テンプレートは、本文エリアを定義するための特別な要素を含む標準的な HTML を使用して
作成されています。 ここでは、マスター テンプレートの構成要素について詳しく説明します。
メッセージ デザイナ エディタに表示されたメッセージ デザイナ マスター テンプレートの例:
このテンプレートは、本文エリアのプレースホルダーを定義している 2 つの特別な “DIV” タグを含む
標準的な HTML で構成されています。 テンプレートには少なくとも 1 つの本文エリア定義を含める必
要がありますが、通常、テンプレートは複数のエリアで構成されます。
このマスター テンプレートの HTML は次のようになります:
Visual Dialogue ユーザー ガイド
115
マスター テンプレート デザイナ - メッセージ デザイナ
HTML コードに関する重要な注意:
1. ドキュメントの型宣言—DocType—メール クライアントには、DocType 宣言をサポートおよび使
用しているものとそうでないものがあります。 そのため、DocType を HTML メールで使用しない
ことをお勧めします。
2. ヘッダー—メタ タグ—コンテンツ タイプおよびエンコードのメタ タグを含めます。 エンコード
は、Dialogue Admin のメール出力チャネルでの設定と同じものにする必要があります。 通常、日
本語の場合は iso-2022-jp です。
3. ヘッダー—スタイル定義—マスター テンプレート用の一般的なすべてのスタイル定義は、ヘッダー
の <style> タグで定義する必要があります。 本文エリア項目のスタイルは、ここには定義しない
でください。 それらはマスター テンプレートのスタイル セットで定義する必要があります。スタ
イル タグに対するカスタム属性の指定によって、スタイル定義を各要素にインラインでコピーす
る方法を制御し、メール クライアントによるサポートを向上できます。インライン CSS のサポー
トを参照してください。
4. 本文エリアのプレースホルダー タグ—メッセージ テンプレートで編集できないようにする本文エ
リアの定義には、特別な <div> タグを使用します。 タグ自体は標準の <div> タグですが、本文
エリアのプロパティを定義する特別な属性で構成されます。 自動的に作成する方法については「本
文エリアのプレースホルダーの挿入」を、使用可能な項目の表示方法については「本文エリアの項
116
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
目定義」を、タグの ID がメッセージ テンプレートにおけるマスター テンプレートの変更に与える
影響の詳細については、「本文エリアのプレースホルダー タグ」を参照してください。
注意: マスター テンプレートの作成時には、メールで使用する HTML のデザインが Web で使用する
HTML のデザインとは別のタスクであることに注意してください。 詳細とベスト プラクティス
については、メールで使用する HTML のデザイン(118ページ) を参照してください。
マスター テンプレートのスタイル セット
マスター テンプレートは、本体エリア項目の既定のスタイルよりも優先されます。 また、1 つ以上の
本体エリアの項目定義に対して定義された 1 つ以上のスタイル セットを用意することもできます。 ス
タイル セットの定義と編集は、マスター テンプレート エディタの [スタイル セット] ビューで行いま
す。
使用可能なすべての本文エリア項目には、既定のプロパティが定義された CSS クラス セットが用意
されています。 新しいマスター テンプレートのデザイン時には、通常、CSS プロパティの一部また
はすべてを上書きし、メッセージ テンプレートの要件を満たすようにそれらのプロパティの各種バリ
アントを作成する必要があります。 スタイル セット XML には、この作業を行うためのグループが 3
種類あります。
スタイル セット XML の例:
オプション
説明
DefaultStyleSet
ここでは、本文エリア項目の既定のスタイルを異なる CSS クラスで上書きし
ます。 ユーザーによるメッセージ テンプレートへの項目の追加時に、本文エ
リア項目によって既定で使用されるスタイルです。 通常、CSS クラスのほと
んどは上書きされます。
ColorPalette
ユーザーがテキストと背景の色を設定できる本文エリア項目テキスト エディ
タです。 このカラー パレットには、DefaultStyleSet または StyleSet のどちら
かで指定した CSS クラスで使用されているすべての色が自動的に取り込まれ
ます。色の追加が必要な場合は、ここで追加の色を指定できます。
StyleSet
本文エリア項目または (AppliesToItemDefs で指定された) 項目のグループに対
するスタイル セットを定義します。 名前は、一意でなければなりません。説
明は、エディタでのスタイル セットの選択時に表示されます。
スタイル セット XML には、スタイル セットをまったく含めないことも、複
数のスタイル セットを含めることもできます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
117
マスター テンプレート デザイナ - メッセージ デザイナ
オプション
説明
これらのスタイル セットは、メッセージ エディタの項目メニューで使用でき
ます。
注意: CSS クラスの上書き時には、すべてのプロパティを上書きする必要があります。 メッセージ
テンプレートでは、既定のクラスまたは上書き結果が使用されます。 クラスのプロパティは
マージされません。
スタイル セット タグの挿入方法については、[スタイル セット要素の挿入](113ページ) を参照して
ください。 本文エリア項目の CSS クラスのオペレーション方法については、項目定義の CSS と HTML
(114ページ) を参照してください。
メールで使用する HTML のデザイン
マスター テンプレートの作成時には、メールで使用する HTML のデザインが Web ブラウザ用の HTML
のデザインとは別のタスクであることに注意してください。 主要なメール クライアント間で不整合な
く表示される HTML メールのデザインには、多大な時間がかかる可能性があります。 単純な CSS の
サポートでさえクライアント間で著しく異なり、同じクライアントでもバージョン間で異なる場合も
あります。 残念ながら、HTML メールの表示に関しては 1998 年から進展がありません。 比較的単純
なデザインを 10 ~ 12 種類の主要なメール クライアントで動作させるだけでも非常に悩ましい作業に
なる可能性があり、そのサポートとなると状況は改善するどころかさらに悪化します。
本文エリアの項目定義によって作成される HTML については、すべてのクライアントで正しく表示さ
れることを確認していますが、最終的な結果 (顧客のメッセージ) については、ユーザーによるマスター
テンプレートのデザインの善し悪しに大きく依存します。
メール用 HTML デザインのベストプラクティスに関する有用なリソースについては、「Email Standard
Project」を参照してください。
http://www.email-standards.org/
このサイトは、各種メール クライアントとそのサポート対象に関する多くの有用な情報も提供してい
ます。
本文エリアのプレースホルダー タグ
本文エリアのプレースホルダー タグの “mhbodyareaid” プロパティ (「本文エリアのプレースホルダー
の挿入」と「マスター テンプレート HTML」を参照) は、マスター テンプレートの再適用と変更をメッ
セージ デザイナでサポートするうえで重要な役割を果たします。 これをサポートする名前付け規則に
従うことが大切です。
ユーザーがメッセージ テンプレート用のマスター テンプレートの変更を選択すると、プログラムは一
致する本文エリアのプレースホルダーが他のマスター テンプレート内にないか検索します。 同じ名前
のタグ (MHBodyAreaID プロパティ) が見つかった場合は、そのソースで定義されているすべてのコン
テンツがデスティネーションに移動されます。 一致するものが見つからなかった場合は、そのコンテ
ンツが削除されます。
118
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
テンプレート変更の例
この例では、どのようにしてすべての項目が保持されるのか、またタグの名前が一致するので、ある
テンプレートから別のテンプレートに適切に移動されることもわかります。
あらゆるマスター テンプレートのデザイン時には、本文エリアのプレースホルダーの名前付け規則を
適用するようにしてください。 これにより、この機能がすべてのテンプレートにわたって確実に動作
することになります。
本文エリアの項目定義
Message Template Designer には、あらかじめ定義された一連の本文エリア項目定義が用意されてい
ます。 これは、メッセージ テンプレートをデザインするユーザーが使用するすべての項目のベースと
なる HTML フラグメントのセットです。 マスター テンプレートのデザイナは、テンプレートとその
テンプレート用に定義されたスタイル セットによってメッセージ テンプレートに必要なすべてのスタ
イルとレイアウトが提供されることを確認する必要があります。
すべての定義済み本文エリア項目定義は、マスター テンプレート スタイル セット ビューに表示でき
ます。
新しいタイプの本文エリア項目定義を定義できます。 この作業はシステム管理者が行う必要がありま
す。
注意: 絶対に必要なものでない限り、新しい定義は作成しないことをお勧めします。 通常は、CSS
オーバーライドの変更または新しいスタイル セットの作成によって、標準の項目を使用できま
す。
注意: 名前が “mh” で始まるすべての定義は、システムが所有するものであり、アップグレード時に
変更または削除される可能性があります。 これには、サイトで作成された新しい定義が含まれ
ます。 同様のことがスタイル シート定義にも当てはまります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
119
マスター テンプレート デザイナ - メッセージ デザイナ
HTML による CSS のサポート
エディタによる CSS スタイルの自動的なインライン移動の制御
一部のメール クライアントは、<style> タグ内に定義された CSS をサポートしていません。 その場
合、<style> 定義は完全に無視されます。 この問題は、マスター テンプレートの <style> タグと
スタイルセットで定義されたスタイルを、テンプレート保存時に自動的にインラインに移動すること
で解決されます。 つまり、マスター テンプレートのデザイン時にこの問題を気にする必要はありませ
ん。
メッセージ デザイナ テンプレートでは、テンプレートの保存またはテスト マージの際に、既定です
べての CSS を <style> タグおよびスタイル セットから要素に移動します。 このテンプレートで使
用されている CSS のみが移動され、それ以外はメールのサイズを最小限に抑えるために削除されま
す。 この動作は、マスター テンプレートで <style> タグに対してカスタム属性を指定することで、
上書きできます。
CSS のインライン適用の制御:
スタイル タグの定義
説明
<style type="text/css">
既定—すべての CSS をインラインに移動します。
<style type="text/css"
inlinemode="MoveInline">
既定と同様—すべての CSS をインラインに移動
します。
<style type="text/css"
inlinemode="CopyInline">
すべての CSS をインラインにコピーします。
<style type="text/css"
inlinemode="None">
何もしない—<style> タグをそのままの状態で
残します。
ヒント: すべての CSS をインラインに移動する既定の動作の使用をお勧めします。
CSS のインライン サポート
メール デザイナは、以下のセレクタでインライン スタイルの適用をサポートしています。
120
セレクタ
説明
例
Element
特定の要素のすべてに一致します。
td { color: red }
ID
特定の ID を持つ 1 つの要素に一致します。 #MyTag { color: blue }
Class
特定のクラス名を持つすべての要素に一致 .ClassName { color: green }
します。
Descendant
element
特定のセレクタを持つすべての子孫要素に .ClassName td { color: gray }
一致します。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
その他の CSS セレクタはサポートされていません。以下に例を示します。
セレクタ
説明
例
Universal
すべての要素に一致します。
* { color: blue }
Pseudo-class
ユーザー アクション時に要素に一致します a:hover { color: blue }
(インライン指定は不可)。
Grouping
グループ化されたセレクタのすべての一致 td, div, span { color: red }
します。
Attribute
ある値に設定された属性を持つ特定の要素 td [foo=info] { color: green }
のすべてに一致します。
Child
別の要素の子である要素に一致します。
td > a { color: blue }
注意: 利用可能な CSS セレクタはどれでも使用できますが、インライン適用が行われるのはサポー
トされているセレクタ (先ほど示したもの) のみです。
既定のサンプル
Visual Dialogue には、メッセージ デザイナ マスター テンプレートのデザイン方法に関するベスト プ
ラクティスの事例として、メッセージ デザイナ マスター テンプレートのサンプル群が用意されてい
ます。 サンプルは、一連のイメージと共にインストールされます。 イメージは Visual Dialogue の発
行済みファイルに格納されています。
使用可能なサンプル:
マスター テンプレート名
説明
MH Generic—blue—left sidebar 2 つの本文エリア—左バー (左) とメイン エリアが 1 つずつ。
MH Generic—blue—right sidebar 2 つの本文エリア—左バー (右) とメイン エリアが 1 つずつ。
MH Generic—blue—single
column
本文エリアが 1 つ。
MH Newsletter—green—left
sidebar
2 つの本文エリア—左バー (左) とメイン エリアが 1 つずつ。
MH Newsletter—green—right
sidebar
2 つの本文エリア—左バー (右) とメイン エリアが 1 つずつ。
MH Newsletter—green—single
column
本文エリアが 1 つ。
サンプルは、2 つの主なレイアウト (3 つの青色のレイアウトと 3 つの緑色のレイアウト) で構成され
ています。 これらのサンプルは、すべての主要メール クライアントでテストされており、独自のマス
ター テンプレートを作成するための出発点として使用するのに適しています。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
121
メッセージ テンプレート
注意: サンプルは、既定ではインストールされません。インストールまたはアップグレード時にシス
テム管理者が設定する必要があります。 サンプルがインストールされていない場合は、システ
ム管理者にお問い合わせください。
メッセージ テンプレート
新しいメッセージ テンプレートの作成
新しいメッセージ テンプレートを作成するには、Visual Dialogue の [作成] タブで [メッセージ テンプ
レート] を選択します。 [新規メッセージ テンプレート ウィザード] が開きます。 適切な情報を入力し
ます。
[テンプレート名] を入力し、テンプレートで使用する [顧客ドメイン] を選択します。 Dialog Designer
または Customer View での作業時には、ダイアログまたは顧客として同じ顧客ドメインに属している
テンプレートのみ使用できます。
[次へ] を選択して、続行します。
テンプレートのドキュメント タイプを選択します。 また、メッセージ テンプレートの作成方法も選
択します。
• [空のテンプレートを作成] では、空のテンプレートが作成されます。 これは、内部エディタ (HTML
およびプレーン テキスト テンプレート) を使用するドキュメント タイプでのみ使用できます。
• [マスター テンプレートをテンプレートのベースとする] では、マスター テンプレートのコピーであ
るテンプレートが作成されます。
• [既存のテンプレートをコピー] では、ユーザー自身または他のユーザーが以前作成したメッセージ
テンプレートのコピーが作成されます。
すべての情報を入力したら、[完了]をクリックして新しいメッセージテンプレートを作成し、「Message
Template Designer の概要(123ページ)」の作業を開始します。
HTML テンプレートと Web モジュール
Web モジュールの内部メール エディタ (Customer View など) では、HTML テンプレート内の html、
head、および body 要素を処理できません。 これらの要素が存在する場合は、メール エディタでの
テンプレートの表示時に削除されます。 開始と終了のタグのみが削除され、その内容は削除されませ
ん。 ほとんどの場合は、この処理が問題になることはありません。 ただし、これらのタグ内に格納さ
れている情報に依存した要素が含まれているテンプレートは、通常どおりに動作しない可能性があり
ます。 HTML テンプレートを Web ベースのメール エディタで適切に動作させるために、これらのタ
グにはテンプレートの適切な動作に必要な情報は含めないでください。 たとえば、head タグ内に定
義されているスタイルは、start タグや end タグ内では定義されていないので、通常どおりに動作する
可能性がありますが、HTML コード内の関連タグ内にスタイルを直接指定するのが最も安全です。
122
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
Message Template Designer
Message Template Designer の概要
Message Template Designer には、主な 3 つの領域として、 テンプレートをデザインする中央の作業
領域、作成したメッセージの制御に使用する上部のコントロール パラメータ、マージ フィールドにす
ばやくアクセスできる右側のツールボックスがあります。
また、Message Template Designer には、主な 2 つのモードとして、 [デザイン] ビューと [テキスト]
ビューがあります。 HTML または RTF テンプレートに関する作業の際には、デザイン ビューのみ使
用できます。
Visual Dialogue は、プレーンテキスト、HTML、および RTF の各テンプレートの編集をサポートして
います。 Visual Dialogue 内では編集できないテンプレート (Word テンプレートなど) に関する作業の
際には、[テンプレートを開く] と [テスト] という 2 つのリンクが Message Template Designer によっ
て提供されます。 [テンプレートを開く] リンクは、Windows によってそのファイル タイプに関連付
けられている外部のプログラムでテンプレートを開きます。 [テスト] リンクは、テンプレートのテス
ト マージを行います。
メッセージ デザイナ
メッセージ デザイナ ドキュメント タイプには、別の特別なデザイン キャンバスがあります。
メッセージ デザイナ テンプレートの編集の詳細については、「メッセージ デザイナについて」を参
照してください。
メッセージ テンプレート デザイナのリボン タブ
メッセージ テンプレートに関する作業の際には、[デザイン]、[挿入]、および [形式] リボン タブが追
加されます。
[デザイン] リボン タブには、メッセージ テンプレートのテストや、メッセージ テンプレート ツール
ボックスのカスタマイズが行える項目が含まれています。
オプション
説明
[テスト] > [テスト]
メッセージ テンプレートのテスト マージを行います。 ウィンドウが開き、そ
こで、メッセージ作成時にそのメッセージがどのように表示されるのかを確認
できます。 [テスト オプション] のメニュー選択肢を使用すると、表示される
顧客の数などを指定できます。
[テスト] > [テストの メッセージ テンプレートのテスト時に表示される顧客の数を指定します。 テ
オプション...]
ストの対象となる顧客の数を指定したり、必要に応じて、次の手順で顧客を選
択したりできます。
1. セレクションを指定します。 セレクションは、“[メッセージ テンプレート
をテストするときに使用]” にチェックされたものでなければなりません。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
123
Message Template Designer
オプション
説明
2. 式を入力します。
3. 参加顧客を含むダイアログ グループを指定します。
4. 特定の顧客の顧客 ID を入力します。
[文字をカウント]
使用されている文字の総数と現在選択されている文字数をカウントします。 こ
れは [テキスト] ビューでのみ使用できます。
[詳細] > [詳細設定
フィールドを表示]
メッセージ テンプレート ツールボックスでの詳細フィールドの表示/非表示を
切り替えます。 詳細フィールドとは、通常はテンプレートで使用しないフィー
ルド (内部 ID など) です。
[リンクの概要...]
[リンクの概要...] ウィンドウを表示します。 HTML の [デザイン] ビューでのみ
使用できます。
[デザイン] リボン タブでは、テンプレートによってカスタム SQL ステートメントを使用したり、テ
ストしたりすることもできます。
オプション
説明
[カスタム SQL] > [カ このチェックボックスをオンにすると、テンプレートでのカスタム SQL ステー
スタム SQL を使用] トメントの使用が有効になります
[カスタム SQL] >
[SQL をテスト]
カスタム SQL ステートメントをテストします。
[カスタム SQL] >
[データベースを変
更...]
既定の接続とは異なるデータベース接続を使用できます。 データベース接続
は、管理者が Dialog Admin ツールで定義します。
[挿入] タブでは、テーブル、図、ハイパーリンク、および横線を HTML または RTF テンプレートに挿
入できます。
[形式] タブでは、HTML または RTF テンプレートの書式設定をさまざまな形で行うことができます。
メッセージ テンプレート ツールボックス
Message Template Designer での作業時には、Visual Dialogue ツールボックスがテンプレートのデザ
インに役立つ項目で満たされます。
ツールボックスには、4 つのグループがあります。 ツールボックス内の項目のいずれかをダブルクリッ
クすると、その項目が [デザイン] ビューまたは [テキスト] ビューのテンプレートに追加されます。
• [顧客フィールド] グループでは、顧客ドメインからマージ フィールドを追加できます。
• [Web リンク] グループには、使用できる各種 Web リンク タグが用意されています。 データのマー
ジを行う際には、これらのタグが実際の Web リンクで置き換えられます。メッセージの受信者は、
このリンクをクリックして Web モジュールの各パーツにアクセスできます。
124
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
• [式関数] グループからは、式機能を挿入できます。
• [ステートメント] は、if..else ステートメントをテンプレートに挿入できる効果的なツールです。 条
件に応じてテキストのマージを行う場合に使用できます。 たとえば、顧客が女性であれば Miss/Mrs.、
男性であれば Mr. と記し、性別不明であれば何も記さない場合などが挙げられます。
«[if] Sex = "Female"»Miss/Mrs.«[elseif] Sex = "Male"»Mr.«[endif]»
• カスタム SQL ステートメントの使用時には、[カスタム SQL フィールド] グループも用意されます。
メッセージ テンプレート デザイン ビュー
メッセージ テンプレート デザイン ビューでは、HTML または RTF のメッセージ テンプレートを編集
できます。 要素をテンプレートに挿入したり、テンプレートの書式を設定したりするには、[挿入] お
よび [形式] リボン タブを使用します。 右クリックによるポップアップ メニューを使用すると、既に
テンプレート内にある要素を編集できます。 マージ フィールドを挿入するには、ツールボックスを使
用します。 HTML ソースを編集する場合は、テキスト ビューに表示して編集できます。
メッセージ テンプレート テキスト ビュー
メッセージ テンプレート テキスト ビューでは、テキスト メッセージ テンプレートを編集できます。
このビューは、HTML テンプレートの HTML ソースの編集にも使用します。 ツールボックス を使用
すると、[テキスト] ビューにマージ フィールドを挿入できます。
メッセージ テンプレートのプロパティ
メッセージ テンプレートのプロパティ ウィンドウは、[ファイル] タブまたはダイアログ ブラウザか
ら開くことができます。 このウィンドウは、2 つのタブで構成されています。
[全般] タブ
フィールド
説明
[名前]
テンプレートの名前です。
[顧客ドメイン]
テンプレートによる顧客の取得元になる顧客ドメインです。
[ドキュメント タ
イプ]
テンプレートのドキュメント タイプです。
[マスター テンプ
レート]
テンプレートの作成時に使用されたマスター テンプレート (存在する場合) です。
[作成日]
テンプレートが作成された日時です。
[作成者]
テンプレートを作成したユーザーのログイン名です。
[最終更新日]
テンプレートが最後に変更された日時です。
[最終更新者]
テンプレートを最後に変更したユーザーのログイン名です。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
125
Message Template Designer
[詳細] タブ
フィールド
説明
[テンプレート
ファイル]
テンプレート ファイルのパスとファイル名です。
[ターゲット パ
ス]
そのメッセージテンプレートに基づいたメッセージが保存されるディレクトリへの
パスです。 パスが指定されていない場合は、顧客ドメインのメッセージ パスが使
用されます。 これを変更する場合は、パスがそのテンプレートを使用するすべて
の人がアクセスできる共有を指していることを確認します。
[活動を生成]
テンプレートに基づいたメッセージの送信時に活動を作成する場合は、ここで活動
タイプを選択します。 メッセージごとに活動が 1 つ作成されます。
[活動の説明]
メッセージ送信時の活動の生成を選択した場合は、ここに活動の説明を入力できま
す。
[送信キューの優 メッセージ送信時に使用される優先順位です。 この設定は、電子的に送信される
先順位]
メッセージ (メールや SMS メッセージ) にのみ適用されます。 顧客がそのメッセー
ジを比較的早く受信することが重要な場合は、優先順位を標準よりも高く設定しま
す。 例として、“忘れたパスワード”の記されたメールなどが挙げられます。
[アウトボックス このチェックボックスがオンになっている場合、すべてのメッセージがいったんア
を使用]
ウトボックスに送られ、そこで実際に送信する前にメッセージを表示したり、問題
がないか確認したりできます。 この作業はメッセージ マネージャで行えます。 こ
のチェックボックスがオフになっている場合、すべてのメッセージは作成されると
すぐに送信されます。
[Customer
View で使用]
このメッセージ テンプレートを Customer View で使用できるようにする場合は、
このチェックボックスをオンにします。
カスタム SQL クエリの使用
注意: カスタム SQL クエリを記述して使用するには、SQL とダイアログ データベースの両方を完全
に理解する必要があります。
カスタム SQL クエリを記述すると、顧客ドメインに見つからないマージ データを使用できるように
なります。 基本的に、マージ データはドメインから取得されますが、他のマージフィールドが必要な
場合には、その取得のためのカスタム SQL クエリを記述する方法が役立ちます。 ただし、カスタム
SQL クエリを使用すると、通常、マージ プロセスの処理速度が低下します。これは、SQL ステート
メントをすべての顧客に対して実行する必要があるためです。
カスタム SQL クエリの記述を開始するには、[デザイン] タブで [カスタム SQL] > [カスタム SQL を
使用] を選択します。 すると、デザイナ ウィンドウに [カスタム SQL] という新しいタブが表示されま
す。
126
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
SQL ステートメントの記述時には、データベース内のすべてのテーブルとフィールドがツールボック
スで使用可能になります。 そのうち 1 つをダブルクリックすると、その要素をステートメントに挿入
できます。
SQL ステートメントの選択部には、顧客またはダイアログ参加顧客へのリンクが設定された 1 つ以上
のフィールドを追加できます。 mh_customer_id、mh_participant_id、mh_context のいずれかを使用
できます。 上の例では、mh_customer_id が使用されています。
SQL ステートメントの選択部にあるすべてのフィールドは、テンプレートでマージ フィールドとして
使用できます。 ツールボックスには、テンプレートにフィールドを容易に追加できる [カスタム SQL
フィールド] グループが用意されます。 フィールドを手動で入力する場合や、外部のプログラムを使
用してテンプレートを編集する場合は、フィールドを <<CustomSQL.フィールド名>> の形式で記述し
ます (フィールド名 には SQL ステートメント内のフィールドの名前を指定します)。
注意: Microsoft Word を使用する場合は、マージ フィールドを <<CustomSQLフィールド名>>
(CustomSQL とフィールド名 の間にドットを入れません) の形式で挿入する必要があります。
Word はマージ フィールド内のドットを認識しないからです。
[デザイン] タブで [カスタム SQL] > [SQL をテスト] を選択すると、SQL ステートメントをテストで
きます。 結果は、ウィンドウの下部にある [SQL テスト] ペインに表示されます。
[コントロール パラメータ]
[コントロール パラメータ] は、メッセージの配信を制御するために使用します。 各種ドキュメント タ
イプは別々のコントロール パラメータ群を持ち、一部のドキュメント タイプ (レターなど) にはコン
トロール パラメータがありません。 コントロール パラメータでは、マージ フィールドを使用できま
す。 たとえば、メール アドレスのマージ フィールドをメール テンプレート内のコントロール パラ
メータ [送信先アドレス] で使用すると、顧客のメール アドレスをメッセージ内にマージできます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
127
Message Template Designer
以下の段落では、インストール済みの電子的なチャネルによって使用されるコントロール パラメータ
について説明します。
メール メッセージ用のコントロール パラメータ
以下のコントロール パラメータは、メール メッセージ タイプで使用します。 これらのコントロール
パラメータのほとんどは、標準的なメール プロトコルによって定義された値です。 ただし、独自の仕
様になっていて、メールの内容やメールの送信方法を制御するものもあります。
パラメータ
説明
[件名]
メールの件名です。
[送信先アドレス]
メールの受信者のメール アドレスです。 通常、ここには顧客のメール アドレス
を設定します。
[送信元アドレス]
メールの送信元となるメール アドレスです。
[CC アドレス]
メッセージのカーボン コピーを受け取る受信者を指定します。 つまり、メール
のコピーを受け取るメール アドレスのリストです。
[BCC アドレス]
メッセージのブラインド カーボン コピーを受け取る受信者を指定します。
[返信アドレス]
受信者がメールに返信する場合の送信先アドレスです。 この値は、返信アドレ
スが [送信元アドレス] と異なる場合にのみ指定する必要があります。
[添付ファイル]
メール メッセージに添付する追加のファイルをセミコロンで区切ったリストで
す。 Dialogue Server から見た場合のローカル パスを指定する必要があります。
[送信キューの優先 受信者に表示される際のメールの優先度です。 このパラメータでは、メール送
順位]
信時の優先度の制御は行われません。 既定値は [標準] です。
[CharSet]
メッセージで使用する文字セットを指定します。
[組織]
メッセージ作成者の所属組織を識別します。
[受信者の受領]
受信メールアドレスを返します。
[ID をヘッダーに挿 指定した識別子をメール ヘッダーに挿入するかどうかを制御します。 この識別
入]
子は、バウンス メールを特定するためにシステムによって使用されます。
[標準テキスト部を プレーン テキスト部を HTML メールに追加するかどうかを指定します。 プレー
追加]
ン テキスト部は、パラメータ [標準テキスト部] で指定しておく必要があります。
既定値は False です。
[標準テキスト部]
[標準テキスト部を追加] パラメータが True に設定されている場合の、HTML メー
ルに追加されたプレーン テキスト部です。
例: これは HTML 形式のメール メッセージです。 Web ブラウザに
||«mh_message_url» という URL を入力してください。
128
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
パラメータ
説明
この例では、mh_message_url というタグが、HTML 版のメールを表示する Web
ページへのリンクに変換されています。 || は改行を挿入するために使用します。
Facebook メッセージ用のコントロール パラメータ
以下のコントロール パラメータは、Facebook メッセージ タイプで使用します。
パラメータ
説明
Facebook ユー
ザー名および
Facebook アクセ
ス トークン
Facebook のセキュリティ キー。 顧客データにはこれらのキーが含まれている
必要があります。これらのキーは、おそらく、顧客の Facebook アカウントへの
アクセスを要求した Facebook アプリケーションを通じて収集されます。
ロケーション
目的のロケーションにリンクされている Facebook ページ ID を指定することに
より、ロケーション情報を提供できます。 ロケーションについては、Facebook
から提供されている情報を参照してください。
プライベート
[プライベート] パラメータを True に指定することにより、ウォールのステータ
スをプライベートに設定できます。
イメージ ファイル イメージを Facebook にアップロードするときに使用するイメージ ファイル名
名
を指定できます。 Dialogue Server から見た場合のローカル パスを指定する必要
があります。 現在サポートされているイメージ形式は、JPG、GIF、BMP、TIF、
および PNG です。 サポートされているイメージ サイズについては、Facebook
から提供されている情報を参照してください。
イメージ URL
この投稿に埋め込まれた画像へのリンク (画像が埋め込まれている場合)。
リンク URL
この投稿に添付されたリンク。
[リンク名]
リンクの名前。
リンクの説明
リンクのキャプション (リンク名の下に表示されます)。
注意: Facebook メッセージのコントロール パラメータは、作成している Facebook メッセージのタ
イプによって異なります。 Facebook セキュリティの詳細については、Facebook のドキュメ
ントを参照してください。
FTP メッセージ用のコントロール パラメータ
以下のコントロール パラメータは、FTP チャネルを使用して送信されるように構成されているメッ
セージ タイプで使用されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
129
Message Template Designer
パラメータ
説明
[ホスト]
メッセージのアップロード先 FTP サーバーのサーバー名または IP アドレスです。
[ポート]
FTP サーバーによって使用されるポートです。 既定値は 21 です。
[パッシブ]
アクティブまたはパッシブのどちらの FTP 通信モードを使用するかを指定します。
既定値は false (アクティブ モード) です。
[ユーザー名]
FTP サーバーへのログオンに使用するユーザー名です。
[パスワード]
FTP サーバーへのログオンに使用するパスワードです。
[リモート ディレ メッセージのアップロード先となる FTP サーバー上のディレクトリです。
クトリ]
[リモート ファイ アップロード時にメッセージに与えられる名前です。
ル名]
[転送タイプ]
FTP の転送タイプです。 既定値は [binary] です。
[添付ファイル]
メッセージと共にアップロードされる追加のファイルをセミコロンで区切ったリス
トです。 Dialogue Server から見た場合のローカル パスを指定する必要がありま
す。
SMS メッセージ用のコントロール パラメータ
以下のコントロール パラメータは、SMS メッセージ タイプで使用します。
パラメータ
説明
[携帯電話]
顧客の携帯電話番号です。
[発信元番号]
顧客が SMS メッセージを受け取った際に、送信者として表示される電話番号また
はテキストです。
注意: SMS メッセージ タイプのコントロール パラメータは、インストールごとに異なることがあり
ます。これは、各システムが異なる SMS ゲートウェイ プロバイダーを使用するように設定さ
れているためです。 ここに示したパラメータは、ノルウェーの ScanGIT SMS ゲートウェイ プ
ロバイダーで使用されているものです。
Twitter メッセージ用のコントロール パラメータ
以下のコントロール パラメータは、Twitter メッセージ タイプで使用します。
130
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
パラメータ
説明
アクセス トーク データにはこれらのキーが含まれている必要があります。これらのキーは、おそら
ン、アクセス
く、顧客の Twitter アカウントへのアクセスを要求した Twitter アプリケーションを
トークン シーク 通じて収集されます。
レット、コン
シューマー
キー、および コ
ンシューマー
シークレット
画面名に送信
ダイレクト メッセージの送信先となる Twitter ユーザーを識別するために使用され
ます。 例えば、@PortraitTweet のように指定します。 これらのユーザーは、ダイ
レクト メッセージの送信に使用されるアカウントのフォロワーとなっている必要
があります。
添付イメージの イメージを Twitter にアップロードするときに使用するイメージ ファイル名を指定
パス
できます。 Dialogue Server から見た場合のローカル パスを指定する必要がありま
す。
注意: Twitter メッセージのコントロール パラメータは、作成している Twitter メッセージのタイプに
よって異なります。 Twitter のセキュリティの詳細については、Twitter のドキュメントを参照
してください。
URL 短縮
Portrait Dialogue は、URL 短縮をサポートしています。 作業の対象になっているメッセージ タイプに
よっては、ハイパーリンクの挿入時に URL を短縮できます。 URL 短縮機能の詳細については、リファ
レンス ヘルプを参照してください。
HTML メール イメージ
HTML メールの作業を行う際には、イメージを挿入するオプションが用意されています。 受信者 (顧
客) にイメージを送信するさまざまな方法から選択を行うことができます。 この作業は、[図のプロパ
ティ] ウィンドウで行います。
図の挿入
HTML メールに関する作業の際に図を挿入するには、[挿入] タブで [図] を選択します。 [図のプロパ
ティ] ウィンドウが開きます。 プロパティの設定を完了したら、[OK] をクリックします。すると、テ
ンプレートに図が挿入されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
131
Message Template Designer
図のプロパティ
フィールド
説明
[図のソース]
イメージが受信者にどのように送信されるのかを決定します。
• URL: Web サーバー上で既に利用できるイメージを表示する場合に使用しま
す。 [図のソース] フィールドにイメージの URL を入力します。 例 :
http://www.mycompany.com/MHProdWeb/Images/MHlogo_nordma.gif.
注意: 不用意にローカル ファイルを指定しないようにしてください。
• [発行済みファイル]: 発行済みファイルとは、Dialogue Server によって保存
されるファイル (この場合は図) です。
• [参照]: このボタンを使用して [イメージを選択] ウィンドウを表示します。
ここでは、別の (または現在の) テンプレート内で使用されているために
サーバーで既に保存されている図を選択できます。 ディスクから新しい
図のファイルを開くこともできます。
• [ファイルへのリンク]: これを使用すると、Web アプリケーションがイン
ストールされている Web サーバー上で図を使用できるようなります。 イ
メージはアプリケーションによって Web サーバー上に置かれるので、[参
照] ボタンを使用してイメージを選択するだけで済みます。
• [ファイルを添付]: 図を添付ファイルとしてメールと一緒に送信する場合
に使用します。
説明
レイアウト
• [代替テキスト]: 何らかの理由で図が表示されない場合に表示されるテキス
トです ([図のソース] パスが間違っている場合や、ユーザーがメールのイメー
ジ表示をオフにしている場合など)。
• [位置合わせ]: 周囲のテキストに応じてイメージを配置する方法を指定しま
す。
• [境界線の太さ]: イメージの周囲の境界線を定義します。 太さはピクセル単
位で指定します。
[間隔]
• [横]: イメージの左側と右側の余白をピクセル単位で指定します。
• [縦]: イメージの上下の余白をピクセル単位で指定します。
イメージ ソースの選択
• URL
132
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
URL の使用は、HTML ドキュメント内にイメージを表示する従来の方法です。 一部のメール リー
ダー プログラム (Microsoft Outlook など) は、既定では URL イメージを表示しません。ユーザーは、
こうしたイメージの表示を手動で承認する必要があります。 Web サーバー上で既に利用できるイ
メージを使用する必要があります。
• [ファイルへのリンク]:
メールの受信者から見ると、これは URL とほぼ同じ役割を果たします。この場合も、ユーザーはイ
メージの表示を承認する必要があります。 [ファイルへのリンク] イメージを持つメールを大量に送
信し、短い時間の間に多数の顧客がそのメールを開いた場合、Web サーバー上でパフォーマンス上
の問題が生じる可能性があります。 イメージは、自動的に使用できるようになります。
• [ファイルを添付]:
[ファイルを添付] を使用した場合、イメージはメールに対する添付ファイルとして送信されます。
ほとんどの場合、これらのイメージは自動的に表示されます。 イメージを添付ファイルとして送信
する場合、イメージは個々のメールと共に送信されますが、特に大きなサイズのイメージを使用し
ている場合には、メール サーバーに余分な負荷をかけることになります。 また、一部のメール ア
カウントでは、ユーザーが一定のサイズを超える添付ファイルを受信できず、その場合、顧客はイ
メージを表示できなくなることに注意してください。
HTML メールの追跡
システムによって送信された HTML メールを顧客がいつ開いたのかを追跡できます。 これを [メール
追跡] と呼びます。 メールの追跡を有効にするには、[挿入] タブで [メール追跡イメージ] を選択しま
す。 すると、テンプレート内に式関数が表示されます。この関数は、マージ プロセスでは小さなイ
メージで置き換えられます。 このイメージをテンプレートの下部に配置すると、通常、最適な視覚的
結果が表示され、ほとんどの状況ではイメージが見えなくなります。 顧客がメールを開くと、イメー
ジがダウンロードされ、そのイベントのログがシステムに記録されます。
注意: 一部のメール クライアント (Microsoft Outlook など) では、イメージが既定では表示されず、
ユーザーが手動でイメージの表示を承諾する必要があります。 これは、メール追跡の精度を
100% にするうえでの妨げになっています。
メール追跡の使用法
メール追跡リポートは、メッセージ ブラウザと Dialog Designer で利用できます。 また、セレクショ
ンでメール追跡を使用することもできます。
HTML メールのリンク追跡
メールへのハイパーリンクの挿入時には、どの受信者がリンクを実際にクリックしたのかを追跡する
オプションが用意されています。 こうした追跡を行うには、2 つの方法があります。 1 つは [ハイパー
リンク] ウィンドウでリンクに対するリンク追跡を有効にする方法で、もう 1 つは [リンクの概要] ウィ
ンドウで複数のリンクを一度に管理する方法です。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
133
Message Template Designer
ハイパーリンクのプロパティ
[ハイパーリンク] ウィンドウは、新しいハイパーリンクを挿入したり、[形式] タブで [ハイパーリンク]
を選択したりすると、表示されます。 リンクに対するクリックを追跡する場合は、[このリンクの追跡
を有効にする] チェックボックスをオンにします。 リンク追跡名を入力すると、異なるテンプレート
内にある同じリンクのインスタンスを区別できます。
[リンクの概要]
[リンクの概要] ウィンドウには、[デザイン] タブからアクセスできます。 ここでは、作業しているテ
ンプレート内のすべてのハイパーリンクを確認できます。 各リンクの横にあるチェックボックスのオ
ン/オフによって、個々のリンクのリンク追跡を有効または無効にしたり、[すべてのリンクを追跡] ま
たは [リンクを追跡しない] のクリックによって、すべてのリンクの追跡を有効または無効にしたりで
きます。 F2 キーを押すと、リンク追跡名を編集できます。また、[選択されたリンクを編集] をクリッ
クするか、Enter キーを押すと、すべてのリンク プロパティの編集が可能になります。
リンク追跡の使用法
リンク追跡レポートは、メッセージ ブラウザと Dialog Designer で利用できます。 また、セレクショ
ンでリンク追跡を使用することもできます。
HTML メールの高度な機能
ここでは、HTML メール テンプレートの編集時に使用できる高度な機能について説明します。
web-hide 機能
アンカーや div 要素を HTML メール内に指定して、顧客によるメールの受信時に表示したり、Customer
View や Web ブラウザでの表示時には非表示にしたりできます。
この機能を使用するためには、以下の例のように、html アンカーまたは div 要素に mh_web_hide 属
性を含めます。
web-hide 機能は、たとえば、“このメールが読めない場合はここをクリックしてください” というリン
クをテンプレートに含める場合などに便利です。よって、このリンクは、顧客が自分のメール受信箱
の受信メールを表示する際には表示されますが、このメールを Web ブラウザで表示する場合には表示
されません。 Web ブラウザでのメール表示の詳細については、Web ブラウザでの HTML メールの表
示(135ページ) を参照してください。
134
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
Web ブラウザでの HTML メールの表示
HTML メールを送信しても、すべてのメール クライアントがその HTML を正しく処理できるとは限り
ません。 メール クライアントによっては、イメージがブロックされたり、その他の方法でメールが変
更されたりします。 顧客がメールをデザインされたとおりに表示しやすくするために、顧客の Web
ブラウザを開いてメールを表示するためのハイパーリンクを追加できます。
メールを表示するハイパーリンクを挿入するには、ツールボックスの [Web リンク] を選択し、[メー
ルをCustomer Web で表示] を選択します。 このリンクの既定のテキストは、“このメールが読めない
場合はここをクリックしてください” ですが、このテキストは自由に変更できます。
注意: メールは、マージ オペレーションで実際に作成されるまでは、Web ブラウザに表示できませ
ん。 つまり、メールのテスト マージを試みた場合、リンクは正しく動作しません。
メッセージ デザイナ
Message Designer モジュールの概要
メッセージ デザイナは、以下に対応するテンプレートの作成と編集に使用します。
• 電子メール
• Facebook
• レター
• SMS
• Twitter
テンプレートは、オプションで、マスター テンプレートをベースとすることもできます (詳細につい
ては、 『Visual Dialogue ユーザー ガイド』のマスター テンプレートに関するドキュメントを参照)。
マスター テンプレートは、スタイル シート (メール メッセージ) と 1 つ以上の本文エリアから構成さ
れます。
テンプレートの概要
[テンプレートの概要] ページには、システムにあるすべての Message Designer テンプレートがリスト
に表示されます。
テンプレート タイプ
[テンプレート タイプ] フィールドを使って、テンプレートのタイプ ([電子メール]、[SMS] など) を短
いリストとして設定します。 絞り込んだ結果がリストに表示されます。
ソートとグループ化
既定で、リストの項目は日付でソートされます。 フィールドの値でリストの項目をソートするには、
そのフィールドのヘッダーをクリックします。
ソートの順序を逆にするには、もう一度ヘッダーをクリックします。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
135
Message Template Designer
リストは、[作成者] など、フィールドの値によってグループ化できます。グループ化に使うヘッダー
をドラッグし、リスト ヘッダー フィールド [グループ化する列をこのエリアにドラッグします。] にド
ロップします。
テンプレートの削除
リストからテンプレートを削除するには、テンプレートを右クリックして [削除] をクリックします。
削除の確認を求めるメッセージが表示され、ここで削除に同意すると取り消すことはできません。
新しいテンプレートの作成
新しいテンプレートを作成するには、次のいずれかをクリックします。
• 新規メール テンプレート
• 新規 facebook テンプレート
• 新規レター テンプレート
• 新規 SMS テンプレート
• 新規 Twitter テンプレート
この操作で、 [新規テンプレートを作成] ダイアログが表示されます。 詳細については、「新しいテン
プレートの作成」を参照してください。
リストのフィルタ
列の見出しをそのすぐ上のエリア ([検索] フィールドの左側にあるエリア) にドラッグすると、リスト
をフィルタできます。 リストは、[名前]、[ドメイン]、[作成者]、または [変更者] フィールドの値に基
づいてフィルタできます。 または、検索条件を [検索] フィールドに入力して、フィールドを自動的に
更新またはフィルタすることもできます。
新しいテンプレートの作成
新しい電子メール テンプレートを作成するには、サイド メニューで新規テンプレート オプション ([新
規メール テンプレート]、[新規 Facebook テンプレート]など) の 1 つをクリックします。 [新規テン
プレートを作成] ダイアログが表示されます。
このダイアログでは、3 つのステップを進んで 3 つのフィールドを設定する必要があります。
1. 新しい電子メール テンプレートの名前を入力します
2. 顧客ドメインを選択します。 選択したドメインにあるすべてのマスター テンプレートが表示され
ます。
3. テンプレートの基盤とするマスター テンプレートを選択します。 マスター テンプレートの詳細に
ついては、Visual Dialogue ヘルプのマスター テンプレート関連トピックを参照してください。
[OK] ボタンをクリックしてテンプレートを作成します。これにより、選択したテンプレートの種類に
対応する編集ウィンドウが開きます。 テンプレートの編集については、「電子メール テンプレートの
編集」を参照してください。
136
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
テンプレートの編集
テンプレートを編集するには、[テンプレートの概要] を開き、編集するテンプレートをクリックしま
す。 テンプレート エディタが表示されます。
テンプレート エディタは、次のセクションに分かれています。
• コントロール パラメータ
この 3 つのフィールドは、最も一般的なテンプレート コントロール パラメータです。 マージ フィー
ルドを挿入するには、テキスト ボックスの右側にあるアイコンをクリックします。
• テキストまたは本文ページのエディタ
テンプレートに対する項目の追加、編集、および削除を行うデザイン エリアです。 電子メール テ
ンプレートの編集中は、複数の本文エリアが表示されます。 他の種類のテンプレートを編集する場
合は、テキスト エディタが表示されます。
• 左側のメニュー
左側のメニューには、テンプレートの基本情報、テンプレートに固有の動作、テストおよびスパム
評価へのリンク、マスター テンプレートの動作が示されます。
電子メール テンプレートの編集
[項目] メニュー
テンプレート内の各本文エリアと各項目には、[項目] メニューが用意されています。
本文エリアが空の場合、[項目] メニューには [追加] ボタンだけが表示されます。
[項目] メニューでは、次の操作を行うことができます。
•
項目を編集
項目を編集するには、このボタンをクリックします。 詳細については、「項目の編集」を参照して
ください。
•
コピー/貼り付け/クリップボード (サブメニュー ドロップダウン)
• 以下をコピー
このボタンをクリックしてアイテムをコピーし、そのアイテムの下に貼り付けます。
• クリップボードに切り取り
項目を切り取り、その内容をクリップボード上に配置するには、このボタンをクリックします。
詳細については、「項目クリップボードでの作業」を参照してください。
• クリップボードにコピー
項目をコピーし、その内容をクリップボードに格納するには、このボタンをクリックします。 詳
細については、「項目クリップボードでの作業」を参照してください。
• クリップボードから貼り付け
Visual Dialogue ユーザー ガイド
137
Message Template Designer
最後に追加された項目をクリップボードから貼り付けるには、このボタンをクリックします。 詳
細については、「項目クリップボードでの作業」を参照してください。
•
項目を削除
項目を削除するには、このボタンをクリックします。
•
スタイル セットを変更 (サブメニュー ドロップダウン)
項目のスタイル セットを設定または変更するには、このボタンをクリックします。 詳細について
は、「スタイル セット」を参照してください。
•
静的項目を追加 (サブメニュー ドロップダウン)
このボタンをクリックしてアイテムの下に静的項目を追加してください。
•
下記の項目を追加
項目の下に新しい項目を追加するには、このボタンをクリックします。 この操作により、[新規項目
を追加] ダイアログが開きます。 詳細については、「新しい項目の作成」を参照してください。
•
上記の項目を追加
項目の上に新しい項目を追加するには、このボタンをクリックします。 この操作により、[新規項目
を追加] ダイアログが開きます。 詳細については、「新しい項目の作成」を参照してください。
•
下へ移動
このボタンをクリックして、項目を下方に移動します (本文エリア下にある項目と入れ替えます)。
•
上へ移動
このボタンをクリックして、項目を上方に移動します (本文エリア上にある項目と入れ替えます)。
新しい項目の追加
空の本文エリアに項目を追加
本文エリアが空の場合、メニューには [追加] ボタンだけが表示されます。
空の本文エリアに新しい項目を追加するには、[追加] ボタンをクリックします。
既存の項目の下に項目を追加
既存の項目の下に新しい項目を追加するには、既存の項目の [項目] メニューで [下記を追加] ボタンを
クリックします。
138
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
既存の項目の上への項目の追加
既存の項目の上に項目を追加するには、既存の項目の [項目] メニューで [上記を追加] ボタンをクリッ
クします。
以上の手順のいずれを実行しても、[新規項目を追加] ダイアログが開きます。 追加する項目タイプを
参照し、選択して、[OK] をクリックします。
[項目編集ダイアログを開く] を選択すると、新しい項目の追加直後にその項目の編集ダイアログが開
くようになります。 各種項目タイプの編集の詳細については、「項目の編集」を参照してください。
それぞれの項目タイプに独自のエディタ コントロールがあります。
項目の編集
項目の編集
電子メール テンプレートを編集するには、編集する本文エリアをクリックし、[項目] メニューの [項
目を編集] (
) ボタンをクリックします。
この操作により、[項目を編集] ダイアログが開きます。 このダイアログには、項目のパーツごとに編
集セクションが表示されます。
一般的な項目のプロパティ
すべての項目には共通の一般的なプロパティがあります。 これらのプロパティは [項目を編集] ダイア
ログの下部に表示されます。
• コンテンツ配置
[コンテンツ配置] に従って、項目のコンテンツが整列されます。 指定できるモードは次のとおりで
す。
• 未設定: 項目には配置が設定されません。 通常、[左] と同じ配置です。
• [右]: 右端に揃えて配置されます。
• 中央: 中央に配置されます。
• 左: 左端に揃えて配置されます。
• 両端揃え: 両端揃いの配置です。
• 項目の状態
[項目の状態] を使うと、顧客に関連する状態を項目に定義できます。 この設定は、マージの際に実
行され、項目をマージ メールに含めるかどうかを決定します。
詳細については、「項目の状態」を参照してください。
項目固有のプロパティ
各項目には、固有の項目編集オプションがあります。
テキスト 項目の編集の詳細については、「テキスト項目」を参照してください。
イメージ項目の編集の詳細については、「イメージ項目」を参照してください。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
139
Message Template Designer
コンテンツ オブジェクト項目の編集の詳細については、「コンテンツ オブジェクト項目」を参照して
ください。
テーブル項目の編集の詳細については、「テーブル項目」を参照してください。
混合項目の編集の詳細については、「混合項目」を参照してください。
コンテナ項目の編集の詳細については、「コンテナ項目」を参照してください。
テキスト項目
テキスト項目タイプの編集時には、各テキスト項目パーツに 1 つ、テキスト エディタ コントロールが
編集ダイアログに表示されます。
テキストエディタでは、次のツールバー操作が使用できます。
元に戻す
直前の操作を元に戻します
やり直し
元に戻された操作をやり直します/繰り返します
切り取り
選択されているコンテンツを切り取り、クリップボードにコピーします
コピー
選択した部分をクリップボードにコピーします
標準テキストを貼り付け
テキスト形式 (未フォーマット) をエディタに貼り付けます
Word から貼り付け
Word からコピーした内容を貼り付け、Web では見にくいタグを削除します
貼り付け
クリップボードからコピーしたコンテンツをエディタに貼り付けます
フォント サイズ
現在のセレクションにピクセル (px) 単位のフォント サイズを適用できます。
太字
選択されているテキストを太字にします。
斜体
選択したテキストを斜体にします
下線
選択されているテキストに下線を引きます。
前景色
140
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
テキスト カラー (前景) ボタン - 選択されているテキストの前景色を変更します。 使用できる色は、マ
スター テンプレートでの設定に依存します。
背景色
テキスト カラー (背景) ボタン - 選択されているテキストの背景色を変更します。 使用できる色は、マ
スター テンプレートでの設定に依存します。
箇条書き
セレクションから箇条書きリストを作成します
番号リスト
セレクションから番号付きリストを作成します
インデント
段落を右側にインデントします
アウトデント
段落を左側にインデントします
リンク プロパティ
選択されているテキストにハイパーリンクを設定したり、[リンク プロパティ] ダイアログを開いたり
します。
リンクを削除
選択したテキストからハイパーリンクを削除します
マージ フィールドを挿入
[マージ フィールド] ダイアログを開きます。 このダイアログでフィールドを選択またはダブルクリッ
クすると、カーソル位置のテキストへのマージ フィールドの挿入 (貼り付け) が行われます。
マージ フィールド開始タグを挿入
テキストのカーソルの位置にマージ フィールド開始タグ (<<) を挿入 (貼り付け) します。
マージ フィールド終了タグを挿入
テキストのカーソルの位置にマージ フィールド終了タグ (>>) を挿入 (貼り付け) します。
全画面モードを切り替え
テキスト エディタを全画面表示モードにします。
イメージ項目
イメージ項目タイプの編集時には、イメージ項目パーツごとにイメージ エディタ コントロールが編集
ダイアログに表示されます。
イメージエディタコントロールの設定は次の通りです:
• 発行済みファイル
Visual Dialogue ユーザー ガイド
141
Message Template Designer
Dialog Server により保存されている発行済みファイル (この場合はイメージ) を挿入したい場合はこ
のオプションを使用します。
• [選択] ボタン: このボタンを使用して [イメージを選択] ダイアログを表示します。 このダイアロ
グでは、Dialogue Server 上にある適用可能なすべての発行済みファイルを参照できます。
• イメージの場所
Web サーバー上で既に利用できるイメージを表示する場合に使用します。 [図のソース] フィールド
にイメージの URL を入力します。 例 :
http://www.mycompany.com/MHProdWeb/Images/MHlogo_nordma.gif 注意: 不用意にローカル ファ
イルを指定しないようにしてください。
• ツールヒント/代替テキスト
代替テキストをイメージ用に設定します
• サイズ
イメージのサイズを設定します。 2 つのテキスト ボックス間の連動のオン/オフを切り替えると、イ
メージ サイズの縦横比のロック設定/ロック解除が行われます。
イメージ サイズを元に戻すには [サイズをリセット] ボタンをクリックします。
注意: イメージの最大サイズは、マスター テンプレート内の設定によって制限できます。
• 埋め込みイメージ
この設定は、発行済みファイルを参照する場合にのみ有効です。
このオプションを選択すると、添付ファイルとして発行済みファイルが電子メールに埋め込まれま
す (選択しない場合、発行済みファイルは URL によって参照されます)。
• イメージ リンクを有効にする
イメージをハイパーリンクとして有効にするには、このオプションをチェックします。
• イメージ リンクの URL
イメージをリンクとして有効にする場合のイメージ リンク URL アドレスまたは Web リンク。
• リンクを新しいウィンドウに開く
イメージ リンクを新しいウィンドウで開きます。 この設定は、イメージをリンクとして有効にする
場合に使用することをお勧めします。
• リンクの追跡を有効にする
イメージリンクのトラッキングを有効にするにはこのオプションをチェックします
• リンク名
追跡されるリンクの名前です。 リンク追跡を有効にすると、自動的に設定されます。
コンテンツ オブジェクト項目
142
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
コンテンツ オブジェクト項目タイプの編集時には、各コンテンツ オブジェクト項目パーツに 1 つ、コ
ンテンツ オブジェクト エディタ コントロールが編集ダイアログに表示されます。
コンテンツオブジェクトエディタコントロールは次の様に設定します。
• コンテンツ オブジェクトの選択
使用するコンテンツオブジェクトを選択するには、このドロップダウンリストを使用します
テーブル項目
テーブル項目タイプの編集時には、各テーブル項目パーツに 1 つ、テーブル編集コントロールが編集
ダイアログに表示されます。
テーブルへの新しい行の追加
テーブルに新しい行を追加するには、[新規行を追加] をクリックします。
この操作により、テーブルの最下部に空白の行が挿入されます。
テーブルへの新しい列の追加
表に新しい列を追加するには、[新規列を追加] をクリックします。
この操作により、テーブルの最後尾に新しい列が挿入されます。
テーブル内のセルのコンテンツ編集
コンテンツを編集するセルをクリックします。 セルのコンテンツは、テーブルの下にあるテキスト エ
ディタを使用して編集します。
セルはテキスト エディタを使用している間、継続的に更新されます。
このテキスト エディタは、テキスト項目の編集に使用するエディタと同じものです。 このテキスト
エディタの使い方は、「テキスト項目」で説明されています。
行と列の削除
行と列を削除するには、該当する行または列のヘッダー セルの [削除] ボタンをクリックしてくださ
い。
混合項目
混合タイプの項目には、1 種類以上の項目タイプのパーツを含めることができます。
混合項目タイプの編集時には、異なる項目パーツごとにその項目タイプに固有のエディタ コントロー
ルが編集ダイアログに表示されます。
テキスト項目パーツの編集の詳細については、「テキスト項目」を参照してください。
イメージ項目パーツの編集の詳細については、「イメージ項目」を参照してください。
コンテンツ項目パーツの編集の詳細については、「コンテンツ項目パーツ」を参照してください。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
143
Message Template Designer
テーブル項目パーツの編集の詳細については、「テーブル項目」を参照してください。
コンテナ項目
コンテナ項目とは、表形式で複数の子項目を整理するための特別な項目です。
子項目は列に沿って整理されますが、横方向に配置することもできます。
コンテナ項目のプロパティ
コンテナ項目編集コントロールには、以下の設定項目があります。
• 項目を左右に整列
この設定では、各項目が横方向に列を変えながらコンテナ内に配置されます。
• 静的項目をすべての列に分散
この設定では、静的な項目がコンテナ内のすべての列にわたって分散配置されます。
• 列幅
オプション。
これらのテキストボックスは列の幅を設定します。
144
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
列の幅を設定する場合、コンテナの幅が 100% (基準) であれば、複数の列のうち 1 つの幅を空欄に
しておき、最後に残るコンテナの幅に合わせてその列が動的にサイズを変更できるようすることを
推奨します。
したがって、[すべての列の幅を自動で設定するには、ここをクリックしてください] リンクをクリッ
クすると、最後の 1 つを除く全ての列の幅を設定します。
• 列の間隔
オプション。
この設定を使用し、コンテナ上の全ての列に余白を付け加えます。
コンテナのイメージ
本文エリアの最大イメージ幅が設定されている場合は、イメージ (項目タイプのイメージ) がこの最大
イメージ幅に合わせて縮小されます (最大イメージ幅よりも広い場合)。
項目タイプのイメージをコンテナに追加する場合も、同様のロジックがイメージに適用されます。 追
加先のコンテナ列で列幅が設定されていて、イメージの幅がこの値より広い場合、イメージの幅はこ
の値まで縮小されます。
項目クリップボードでの作業
項目クリップボードは、クリップボードに対する項目の切り取りやのコピーを行ったり、その項目の
コピーを同じテンプレート (または他のテンプレート) 内の任意の場所に貼り付けたりする機能を備え
ています。
クリップボードの有効範囲はユーザー セッション内となっているので、アプリケーションにログオン
するとクリップボードはリセットされます。
切り取ってクリップボードにコピーする
項目のメニューで、[コピー/貼り付け/クリップボード] ボタン (
) をクリックします。 この操作に
より、ドロップダウン メニューが開きます。このメニューには、以下のクリップボード関連操作が表
示されます。
• クリップボードに切り取り
項目を切り取り、その内容をクリップボード上に配置するには、このボタンをクリックします。
• クリップボードにコピー
項目をコピーし、その内容をクリップボード上に配置するには、このボタンをクリックします。
クリップボードから貼り付け
クリップボードからの貼り付け方法は 2 通りあります。
• クリップボードからの最後に追加された項目の貼り付け
Visual Dialogue ユーザー ガイド
145
Message Template Designer
[コピー/貼り付け/クリップボード] メニューで、[クリップボードから貼り付け] をクリックします。
この操作により、最後に追加された項目がクリップボードから貼り付けられます。
• クリップボードからの項目の貼り付け
1. [新規項目を追加] ダイアログを開きます。
2. [クリップボード] タブを開きます。 この操作により、項目クリップボードが開きます。
3. 貼り付ける項目をダブルクリックします。
クリップボードからアイテムを削除する
項目クリップボードから 1 つ以上の項目を削除するには、次の手順に従います。
1. 前のセクションで説明した手順で、項目クリップボードを開きます。
2. 削除する項目の右上にある削除ボタンをクリックします。
または
[クリップボードをクリア] ボタンをクリックし、クリップボードから全ての項目を削除します。
スタイルセット
スタイル セットは、さまざまなスタイルをテンプレート内の項目に適用するために使用します。
スタイル セットは、マスター テンプレートで設定されます。 詳細については、マスター テンプレー
トに関するドキュメントを参照してください。
スタイル セットの適用
スタイルセットを項目に適用するには、次の手順に従います。
1.
[項目] メニューで、[スタイル セットを変更] ボタン (
すべてのスタイル セットの一覧が表示されます。
) をクリックします。 項目に適用可能な
2. 適用するスタイル セットをクリックします。
項目のスタイル セットのリセット
項目のスタイル セットをリセットするには、次の手順に従います。
1.
[項目] メニューで、[スタイル セットを変更] ボタン (
) をクリックします。
2. [既定のスタイル セット] をクリックします。
項目の状態
テンプレート上のどの項目にも条件を指定することができます。
[項目の状態] を使うと、条件付きの設定を項目に定義できます。 この設定は、マージの際に実行され、
項目をマージ メールに含めるかどうかを決定します。
146
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
項目の状態を指定する
項目の状態を指定するには、[項目の編集] ダイアログの下部にある [条件の編集] をクリックします。
この操作により、[項目の状態] ダイアログが開きます。
項目の状態は、セレクションや式を使って指定できます。
セレクションを使用した項目の状態の定義
このダイアログ使用できるセレクションは、Visual Dialogue で定義されます。 セレクションの作成に
ついては、Visual Dialogue ドキュメントの「セレクションについて」を参照してください。
セレクションを使用して項目の状態を指定するには、次の手順に従います。
1. セレクションのラジオ ボタン [顧客] を選択します。
2. ドロップダウン リストの [セレクション] を選択します。
指定したセレクションに顧客が入っていれば、その項目が含めれられます。
[次のセレクションに含まれない] をオンにした場合は、指定したセレクションに顧客が入っていな
いときに、項目が含められます。
式を使用した項目の状態の定義
式を使用して項目の状態を指定するには、次の手順に従います。
1. [式] ラジオ ボタンを選択します。
2. テキスト ボックスに式を入力します。
顧客が式の結果セットに入っていれば項目が含められます。
式の構文をテストするにはテキストボックスの右側にある [式をテスト] ボタンをクリックしてくだ
さい。
マスター テンプレートの変更
電子メール テンプレートの基礎となったマスター テンプレートを、同じ顧客ドメイン上の他のマス
ター テンプレートに変更することができます。
マスター テンプレートを変更すると、電子メール テンプレート内のコンテンツを含まないデータを変
更することになります。これは、新しいマスター テンプレートの HTML コードおよびスタイル シー
ト、全てのアイテム定義の HTML コードを含みます。
項目の制限 (新しいマスター テンプレートの本文エリアで) がさらに厳しくなる場合は、マスター テ
ンプレートの変更時に項目が削除されることがあります。
マスター テンプレートの再適用
電子メールの基盤となっているマスター テンプレートを再適用することが可能です。
マスター テンプレートを再適用することにより電子メール テンプレートのコンテンツを含まないデー
タが更新されます。これは、マスター テンプレートの HTML コードおよびスタイル シート、全ての
アイテム定義の HTML コードを含みます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
147
Message Template Designer
項目の制限 (マスター テンプレートの本文エリア内のもの) がさらに制約されている場合は、マスター
テンプレートの再適用時に項目が削除されることがあります。
追跡の概要
メールの追跡
システムによって送信された HTML メールを顧客がいつ開いたのかを追跡できます。 これをメール追
跡と呼びます。 メール追跡を有効にするには、[追跡の概要] ダイアログの [メールの追跡を有効にす
る] をオンにします。
これにより、メールの最後に追跡イメージが挿入されます。 ほとんどの状況では、このイメージがエ
ンド ユーザーに表示されます。 顧客がメールを開くと、イメージがダウンロードされ、そのイベント
がシステムによってログに記録されます。
一部のメール クライアント (Microsoft Outlook など) では、イメージが既定では表示されず、ユーザー
が手動でイメージの表示を承諾する必要があります。 これは、メール追跡の精度を 100% にするうえ
での妨げになっています。
リンクの追跡
追跡の概要には、すべてのテキスト項目、テーブル項目、およびイメージ項目内にあるすべてのリン
クをまとめたリストが含まれています。
各リンクの横にあるチェック ボックスのオン/オフによって、個々のリンクのリンク追跡を有効または
無効にしたり、[すべてのリンクの追跡をオン/オフ] ボタンのクリックによって、この機能をすべての
リンクで有効または無効にしたりできます。
チェック ボックスの右側にあるテキスト ボックスを使って、リンクの追跡の名前を編集できます。
リンク追跡の使用法
リンク追跡レポートは、メッセージブラウザと Dialog Designer で利用できます。
メール追跡の使用法
メール追跡リポートは、メッセージ ブラウザと Dialog Designer で利用できます。 また、セレクショ
ンでメール追跡を使用することもできます。
Facebook、SMS、レター、および Twitter のテンプレートの編集
テンプレートを編集するには、[テンプレートの概要] 画面で、Facebook、Twitter、SMS、およびレ
ターのテンプレートをダブルクリックします。 この操作により、テンプレート エディタ画面とテキス
ト エディタが表示されます。
テンプレート エディタは、次のセクションに分かれています。
• コントロール パラメータ
この 3 つのフィールドは、最も一般的なテンプレート コントロール パラメータです。 マージ フィー
ルドを挿入するには、テキスト ボックスの右側にあるアイコンをクリックします。
148
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
• テキストまたは本文ページのエディタ
テンプレートに対する項目の追加、編集、および削除を行うデザイン エリアです。 電子メール テ
ンプレートの編集中は、複数の本文エリアが表示されます。 他の種類のテンプレートを編集する場
合は、テキスト エディタが表示されます。
• 左側のメニュー
左側のメニューには、テンプレートの基本情報、テンプレートに固有の動作、テストおよびスパム
評価へのリンク、マスター テンプレートの動作が示されます。
テキスト エディタの操作
テキスト エディタを使用してテンプレートを編集するには、[テンプレートの概要] 画面で、Facebook、
SMS、レター、または Twitter のテンプレートをダブルクリックします。 この操作により、テンプレー
ト エディタとテキスト エディタが表示されます。
テキスト エディタでは、次の編集を行えます。
元に戻す
直前の操作を元に戻します。
やり直し
元に戻された操作のやり直し/繰り返しを行います。
切り取り
選択されているコンテンツを切り取り、クリップボードにコピーします。
コピー
選択されているコンテンツをクリップボードにコピーします。
貼り付け
クリップボードからコピーしたコンテンツをエディタに貼り付けます。
マージ フィールドを挿入
[マージ フィールド] ダイアログを開きます。 このダイアログでフィールドを選択またはダブルクリッ
クすると、カーソル位置のテキストへのマージ フィールドの挿入 (貼り付け) が行われます。
マージ フィールド開始タグを挿入
テキストのカーソルの位置にマージ フィールド開始タグ (<<) を挿入 (貼り付け) します。
マージ フィールド終了タグを挿入
テキストのカーソルの位置にマージ フィールド終了タグ (>>) を挿入 (貼り付け) します。
ハイパーリンクを挿入
ハイパーリンクを挿入できます。
全画面モードを切り替え
Visual Dialogue ユーザー ガイド
149
Message Template Designer
テキスト エディタを全画面表示モードに切り替えます。
テストとスパム評価
テストのオプション
[テストのオプション] ダイアログを使用すると、電子メール テンプレートをテスト マージする際に使
用する顧客セットを指定できます。
• 顧客セットを指定
テンプレートをテスト マージする際に使用する 1 セットの顧客を指定する場合に、この設定を使い
ます。
セレクション: 顧客セットの選択にセレクションを使用します。 ここで <未選択> に設定すると、
データベースで最初に見つかった顧客が取得されます。
顧客の最大数: テスト マージで取得する顧客の最大数。 1 ~ 20 の整数値出なければなりません。
式: セレクションで返された顧客のフィルタに使う省略可能な式。
• 特定の顧客を指定
テンプレートをテスト マージする際に使用する単一の顧客 (顧客 IDを使用) を指定する場合に、この
設定を使います。
テンプレートのテスト
[テスト テンプレート] ウィンドウを使用すると、電子メール テンプレートをテスト マージして、ブラ
ウザで結果をプレビューできます。
テンプレートは、顧客セットを使ってメッセージ セットにマージされます。 これらの顧客を選択する
方法については、「テスト オプション] を参照してください。
• マージされたメッセージの参照
テスト マージされたメッセージをプレビューするには、[先頭]、[前へ]、[次へ]、および [最終] ボタ
ンを使います。
• メッセージのテスト送信
電子メールの受信者宛にメッセージをテスト送信するには、[テスト送信] ボタン (封筒のアイコン)
をクリックします。
詳細は「テンプレートのテスト送信」を参照してください。
• メッセージのスパム評価
[スパム率] ボタン (赤いフラグのアイコン) をクリックして、メッセージをスパム評価します。 この
操作により、[スパム率レポート] ウィンドウが表示されます。
詳細については、「テンプレートのスパム判定」を参照してください。
• テストメッセージの印刷
[メッセージを印刷] ボタン (プリンタのアイコン) をクリックして、メッセージを印刷します。 通
常、この操作により、システムの [印刷] ダイアログが開きます。
150
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
• イメージを無効にする - 電子メール メッセージのみ
[イメージを無効にする] ボタンをクリックして、電子メールで使用されるすべてのイメージを無効
にします。 この操作により、すべての HTML イメージ (HTML IMG タグ) と CSS から参照されるす
べての背景イメージが無効になります。
デフォルトで HTML 形式の電子メールのイメージが無効になる電子メールビューア (例: Outlook) の
表示と同様に、メッセージをプレビューすることを目的としています。
テンプレートのテスト送信
テンプレート デザイナでメッセージをデザインするときに、メッセージをテスト送信できます。
この機能により、メッセージのテストと、クライアントで受信した際にどのように表示されるのかの
確認が容易になります。
メッセージは、次の 3 つのステップに従うことでテスト送信できます。
1. メッセージのテストマージ: [テスト メッセージ] ウィンドウを開きます。
2. [テスト メッセージを送信] ダイアログを開く: [テスト送信] ボタン (封筒のアイコン) をクリックし
ます。
3. メッセージの送信: SMS の場合は携帯電話番号、電子メール メッセージの場合はメール アドレス
など、重要なコントロール パラメータを入力して、[OK] をクリックします。
テンプレートのスパム判定 (電子メールのみ)
メールによる大規模なコミュニケーションは、Portrait Dialogue の重要な機能です。 電子メールを送
信する際の問題の 1 つは、メールがスパムフィルタにかかる可能性です。 メッセージをテストするこ
とで、ユーザーは電子メールがスパムとして扱われる可能性の程度を確認できます。
テンプレートのスパム判定
電子メールのスパム評価をするには、[スパム率レポート] ウィンドウを開きます。
これにより、メールのテスト マージが行われ、結果として得られるメッセージのスパム判定が行われ
ます。 スパム スコアが、電子メールがスパム フィルタをパスする可能性を表示します。
コントロール パラメータ
[コントロール パラメータ] は、メッセージの配信を制御するために使用します。
コントロール パラメータでは、マージ フィールドを使用できます。 たとえば、メール アドレスのマー
ジ フィールドをメール テンプレート内のコントロール パラメータ [送信先アドレス] で使用すると、
顧客の電子メール アドレスをメッセージ内にマージできます。
メール メッセージ用のコントロール パラメータ
このリストでは、以下のコントロール パラメータを使用できます。 これらのコントロール パラメー
タのほとんどは、標準的なメール プロトコルによって定義された値です。 ただし、独自の仕様になっ
ていて、メールの内容やメールの送信方法を制御するものもあります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
151
Message Template Designer
パラメータ
説明
件名
メールの件名です。
送信先アドレス
メールの受信者のメール アドレスです。 通常、ここには顧客のメール ア
ドレスを設定します。
送信元アドレス
メールの送信元となるメール アドレスです。
CC アドレス
メッセージのカーボン コピーを受け取る受信者を指定します。 つまり、
メールのコピーを受け取るメール アドレスのリストです。
BCC アドレス
メッセージのブラインド カーボン コピーを受け取る受信者を指定します。
返信アドレス
受信者がメールに返信する場合の送信先アドレスです。 この値は、返信ア
ドレスが [送信元アドレス] と異なる場合にのみ指定する必要があります。
添付ファイル
メール メッセージに添付する追加のファイルをセミコロンで区切ったリス
トです。 Dialogue Server から見た場合のローカル パスを指定する必要が
あります。
ターゲット アドレスを
検証
メールを送信しようとする前にメール アドレスの検証を行うかどうかを指
定します。 既定値は True です。
優先度
受信者に表示される際のメールの優先度です。 このパラメータでは、メー
ル送信時の優先度の制御は行われません。 既定値は [標準] です。
コンテンツ転送エンコー メール伝送時のメッセージの MIME エンコードを指定します。
ディング
CharSet
メッセージで使用する文字セットを指定します。
組織
メッセージ作成者の所属組織を識別します。
受信者の受領
受信メールアドレスを返します。
ID をヘッダーに挿入
指定した識別子をメール ヘッダーに挿入するかどうかを制御します。 この
識別子は、バウンス メールを特定するためにシステムによって使用されま
す。
標準テキスト部を追加
プレーン テキスト部を HTML メールに追加するかどうかを指定します。
プレーン テキスト部は、パラメータ [標準テキスト部] で指定しておく必要
があります。 既定値は False です。
標準テキスト部
[標準テキスト部を追加] パラメータが True に設定されている場合の、HTML
メールに追加されたプレーン テキスト部です。
例 : これは HTML 形式のメール メッセージです。 メッセージを読むには、
Web ブラウザに ||«mh_message_url» という URL を入力してください。
この例では、mh_message_url というタグが、HTML 版のメールを表示す
る Web ページへのリンクに変換されています。 || は改行を挿入するために
使用します。
152
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
Facebook メッセージ用のコントロール パラメータ
以下のコントロール パラメータは、Facebook メッセージ タイプで使用します。
パラメータ
説明
[Facebook ユーザー名] Facebook のセキュリティ キー。 顧客データにはこれらのキーが含まれて
および [Facebook アク いる必要があります。これらのキーは、おそらく、顧客の Facebook アカ
セス トークン]
ウントへのアクセスを要求した Facebook アプリケーションを通じて収集
されます。
場所
目的のロケーションにリンクされている Facebook ページ ID を指定するこ
とにより、ロケーション情報を提供できます。 ロケーションについては、
Facebook から提供されている情報を参照してください。
プライベート
[プライベート] パラメータを True に指定することにより、ウォールのス
テータスをプライベートに設定できます。
イメージ ファイル名
イメージを Facebook にアップロードするときに使用するイメージ ファイ
ル名を指定できます。 Dialogue Server から見た場合のローカル パスを指
定する必要があります。 現在サポートされているイメージ形式は、JPG、
GIF、BMP、TIF、および PNG です。 サポートされているイメージ サイズ
については、Facebook から提供されている情報を参照してください。
イメージ URL
この投稿に埋め込まれた画像へのリンク (画像が埋め込まれている場合)。
リンク URL
この投稿に添付されたリンク。
リンク名
リンクの名前。
リンクの説明
リンクのキャプション (リンク名の下に表示されます)。
注意: Facebook メッセージのコントロール パラメータは、作成している Facebook メッセージのタ
イプによって異なります。 Facebook セキュリティの詳細については、Facebook のドキュメ
ントを参照してください。
Twitter メッセージ用のコントロール パラメータ
以下のコントロール パラメータは、Twitter メッセージ タイプで使用します。
パラメータ
説明
[アクセス トークン]、 データにはこれらのキーが含まれている必要があります。これらのキーは、
[アクセス トークン シー おそらく、顧客の Twitter アカウントへのアクセスを要求した Twitter アプ
クレット]、[コンシュー リケーションを通じて収集されます。
マー キー]、および [コ
ンシューマー シーク
レット]
Visual Dialogue ユーザー ガイド
153
Message Template Designer
パラメータ
画面名に送信
添付イメージのパス
説明
ダイレクト メッセージの送信先となる Twitter ユーザーを識別するために
使用されます。 例えば、@PortraitTweet のように指定します。 これらの
ユーザーは、ダイレクト メッセージの送信に使用されるアカウントのフォ
ロワーとなっている必要があります。
イメージを Twitter にアップロードするときに使用するイメージ ファイル
名を指定できます。 Dialogue Server から見た場合のローカル パスを指定
する必要があります。
注意: Twitter メッセージのコントロール パラメータは、作成している Twitter メッセージのタイプに
よって異なります。 Twitter のセキュリティの詳細については、Twitter のドキュメントを参照
してください。
テンプレートプロパティ
[プロパティ] ウィンドウは左のメニューから開くことができます。 ウィンドウには、 [全般] タブと [詳
細] タブがあります。
[全般] タブ
このタブは次の情報を表示します。
• 名前
テンプレートの名前
• 顧客ドメイン
テンプレートが顧客を取得する顧客ドメイン
• ドキュメント タイプ
テンプレートのドキュメントの種類
• マスター テンプレート
電子メールテンプレートの基礎になっているマスターテンプレートの名前
• 作成者
テンプレートを作成したユーザーのログイン名
• 作成日
テンプレートが作成された日時
• 最終更新者
テンプレートを最後に変更したユーザーのログイン名
• 最終更新日
154
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 6 章 : メッセージ
テンプレートが最後に変更された日時
[詳細] タブ
このタブでコントロールできるのは次の通りです。
• 活動を生成
テンプレートに基づいたメッセージの送信時に活動を作成する場合は、ここで活動タイプを選択し
ます。 メッセージごとに活動が 1 つ作成されます。
• 活動の説明
メッセージ送信時の活動の生成を選択した場合は、ここに活動の説明を入力できます。
• 優先度
メッセージ送信時に使用されるシステム優先順位です。 顧客がそのメッセージを比較的早く受信す
ることが重要な場合は、優先順位を標準よりも高く設定します。 例として、「忘れたパスワード」
が記載されたメールなどが挙げられます。
• アウトボックスを使用
このチェックボックスがオンになっている場合、すべてのメッセージがいったんアウトボックスに
送られ、そこで実際に送信する前にメッセージを表示したり、問題がないか確認したりできます。
この作業はメッセージ マネージャで行えます。 このチェックボックスがオフになっている場合、す
べてのメッセージは作成されるとすぐに送信されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
155
アンケート
• アンケートについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .158
• アンケートの使用方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .158
• 新しいアンケートの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .159
• アンケート デザイナ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .160
• アンケート URL の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .187
• 回答の追跡 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .189
• アンケートの参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .189
• アンケート レポートの実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .190
• 回答データのエクスポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .190
• 回答データの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .191
• アンケート スタイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .191
• Script Object Model . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .192
• クライアント側のイベントとスクリプト . . . . . . . . . . . . . .224
7
アンケートについて
アンケートについて
アンケートについて
アンケートによって、個人、会社、見込み顧客をはじめとするビジネス プロセスのターゲット グルー
プから構造化された回答を受け取るという概念が導入されます。
アンケートの定義
アンケートは、基本的には質問と回答の選択肢のセットを含むテンプレートであり、回答のデータ構
造は、回答の選択肢によって定義されます。
アンケートには、以下の情報も含まれます。
• アンケートを使用する状況と方法
• アンケートの視覚的レイアウト
• 回答者に質問を表示する方法のロジックを制御するフロー
回答フォームの定義
回答フォームとは、アンケートで定義された質問構造に対する回答の単一セットです。
回答フォームは、完了または未完了のどちらかの状態をとります。 完了の場合、回答者はアンケート
への回答を完了しています。 未完了の場合、回答者はまだアンケートの一部しか完了していません。
たとえば、回答を中断して後で再開する場合が考えられます。 その間、回答フォームは未完了となり
ます。
回答者の定義
回答者は、回答フォームを返す顧客です。 回答者は、特定済みの場合もあれば匿名の場合もありま
す。
アンケートの使用方法
アンケートの使用方法
アンケートは、構造化された情報を顧客から収集するために使用されます。 この情報は、構造化され
ているので、容易に分析して、セレクションの作成、顧客のセグメント化、レポート、ダイアログお
よびその他のビジネス プロセスにおける意思決定に使用できます。 アンケートへの回答は、ダイアロ
グ データベースに格納されます。 これにより、収集した回答の再利用が最大限に促進されます。すべ
158
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
ての回答をいつでも、Portrait Dialogue 内の任意のモジュールや、他のサードパーティ アプリケーショ
ンで利用できるためです。
数あるアンケートの使用方法のうち、いくつかの例を示します。
• 顧客からの重要情報の収集 (住所情報、習慣、関心事項など)
• イベントの予約または登録通知の受信
• 顧客満足度の測定
• イベント後の評価調査の実施
アンケートの利用
通常、アンケートのデザインと管理は Visual Dialogue で行われます。一方、回答フォームは別の Web
アプリケーション モジュールで使用できます。
Visual Dialogue には、アンケートのさまざまの部分を設定する多数のツール群を備えたアンケート
デザイナが含まれています。 WYSIWYG 方式のプレビュー機能やテスト機能、高度なスクリプト作成
機能も含まれています。 また、Visual Dialogue には、回答フォームを別のファイル形式 (Microsoft
Excel 形式など) にエクスポートするためのウィザードも含まれています。
Customer Web Access モジュールは、エンド ユーザーとなる顧客がブラウザに依存しない Web イ
ンターフェイスを通じてアンケートを利用できるようにします。 識別済みの顧客は、受け取ったメー
ル上のリンクをクリックするか、ログイン ID とパスワードを使用してログインすることで、アンケー
トに回答できます。 匿名の回答者は、Web ページ上のリンク (オンライン新聞広告内のものなど) を
たどることで、アンケートに回答できます。
Customer View および Telemarketing Web モジュールは、顧客のコンサルタントのような外部ユー
ザーがアンケートを利用できるようにします。
Dialog Server API を使用することで、インテグレータはアンケートや回答フォームに容易にアクセス
できます。 たとえば、回答フォームは、回答を含む単純な XML ドキュメントを Dialogue Server に送
信することで、ダイアログ データベースに容易に登録できます。
新しいアンケートの作成
新しいアンケートを作成するには、Visual Dialogue の [作成] タブで [アンケート] を選択します。 新
規アンケート ウィザードが開きます。
ステップ 1
ウィザードの最初のページでは、新しいアンケートに名前とオプションの説明を設定します。
また、アンケートで使用する言語も選択します。 内部で生成されるすべてのテキスト (検証エラー メッ
セージなど) が、この言語で表示されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
159
アンケート デザイナ
[Customer Web Access (CWA) で有効にする (CWA)] チェックボックスをオンにすると、インター
ネット上の回答者がアンケートにアクセスできます。
ステップ 2
ウィザードの最後のページである 2 ページ目では、調査タイプを選択します。 調査タイプにより、こ
のアンケートで有効になる回答のタイプが制御されます。 以下に示す 3 種類の調査タイプがありま
す。
• [混合モード]: 匿名および特定済みの両方の回答者がアンケートに回答できます。 これは、最も制限
の少ない調査タイプです。
• [匿名]: 匿名の回答のみが許可されます。 匿名の回答フォームがデータベース内の顧客に関連付けら
れることは決してありません。
• [特定]: 匿名の回答は許可されません。 回答フォームは、常にデータベース内の顧客に関連付けられ
ます。
オプションで、混合モードおよび特定の調査タイプについては、顧客ドメインを選択できます。その
場合は、そのドメイン内の顧客だけがアンケートに回答できます。 顧客ドメインは、[ターゲット顧客
ドメイン] ドロップダウン リストで選択します。
注意: ウィザードで選択したテキストとオプションはすべて、後でアンケートのプロパティ ウィンド
ウで変更できます。
[新規アンケート] ウィザードを完了すると、Questionnaire Designer が表示されます。
アンケート デザイナ
Questionnaire Designer について
Questionnaire Designer について
Questionnaire Designer は、アンケートの定義が行われる、Visual Dialogue 内のツールです。
Questionnaire Designer には 2 つのメイン ビューがあります。 [質問] ビューと [レイアウト] ビューが
あります。 簡単に言うと、質問ビューでは、質問と回答の選択肢を定義でき、[レイアウト] ビューで
は、視覚的な表現とフローを編集できます。
160
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
[質問] ビュー
[質問] ビューについて
[質問] ビュー
[質問] ビューでは、アンケート内のすべてのセクションと質問が定義されます。 つまり、ここではア
ンケートの構造が定義されます。 [レイアウト] ビューでは、同じセットのセクションと質問に異なる
レイアウトを適用できます。
セクション
セクションとは、質問のグループです。 アンケートには、1 から始まる番号が付いた 1 つ以上のセク
ションが含まれます。 通常、各セクションには 1 つ以上の質問が含まれます。
質問
質問は、アンケート内の基本的な要素です。 質問は、回答フォーム内で回答されるか、そうでないか
のどちらかになります。 回答が必須の質問もあれば、そうでないものもあります。
質問には、 シンプルな質問 (テキスト、日付、整数など)、複数選択肢の質問、マトリクス質問など、
さまざまな種類があります。 複数選択肢の質問など、一部の質問タイプには、回答の選択肢が存在し
ます。 各種の質問タイプには、異なるルール (最大長、最大値、最小値など) を持たせることができま
す。
たとえば、「“休暇に出かける頻度はどれくらいですか?”」という質問が複数選択肢の質問であり、回
答者は選択肢 (一度もない、年に 1 回、年に 2 回、など) の 1 つを選択できます。
質問と選択肢のキー
質問や選択肢のそれぞれには、固有の [キー] があります。 [キー] は、質問または選択肢を特定する短
い文字列 (最大 8 文字) です。
[キー] は、新しい質問や選択肢の追加時に自動的に作成されますが、変更することもできます。
[キー] は、アンケート フローを定義する際に、スクリプトで質問や選択肢を参照するために使用され
ます。 また、キーは、回答をエクスポートする (「回答データのエクスポート(190ページ)」を参照)
際や、回答フォームを XML ドキュメントとして Dialog Server API (リファレンス ヘルプを参照) にエ
クスポートする際に、列の見出しとして使用します。
新規セクションの作成
新規セクションの作成
新しいセクションを作成するには、ツリー ビューの任意の場所を右クリックし、[新規セクションを作
成] を選択します。 新しいセクションの [セクションのプロパティ] ウィンドウが表示されます。 新し
いセクションのプロパティを入力し、[OK] をクリックします。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
161
[質問] ビュー
セクションのプロパティ
以下に、セクションのプロパティを示します。
• [セクションの表題]: セクションの表題 (名前) です。 このテキストには、マージ タグを含めること
ができます。
• [指示]: セクションの指示です。 このテキストは、セクションの表題の下に表示されます。 このテキ
ストには、マージ タグを含めることができます。
新規質問の作成
新規質問の作成
新しい質問を作成するには、質問を追加するセクションを右クリックして [新規質問を作成] を選択す
るか、セレクションを選択してキーボードの Insert キーを押します。 [質問のタイプの選択] ウィンド
ウが開きます。
以下に、新規質問のオプションを示します。
• [標準]: “標準の質問”を作成します。 [タイプ] リストから以下に示す標準の質問のタイプを選択しま
す。
• [単純]: 単純な質問を作成します。
• [複数選択肢]: 複数選択肢の質問を作成します。
• [ランク付け]: ランク付けの質問を作成します。
• [評価]: 評価付けの質問を作成します。
• [マトリクス]: マトリクス形式の質問を作成します。 この質問タイの選択時には、以下のオプション
を設定する必要があります。
• [行]: マトリクス内の行の数です。
• [列]: マトリクス内の列の数です。
• [複数選択]: 最初に複数選択肢の質問によってマトリクス形式の質問を作成する場合は、このオプ
ションを選択します。
• [単一選択]: 最初に単一選択肢の質問によってマトリクス形式の質問を作成する場合は、このオプ
ションを選択します。
簡易質問のプロパティ
単純な質問とは、1 つの回答 (テキスト文字列、日付、または数値) のみが可能なタイプの質問です。
簡易質問のプロパティ
簡易質問のプロパティを表示するには、質問ノードを選択して [質問] タブで [選択された項目を編集]
を選択する、質問ノードを右クリックして [選択された項目を編集] を選択する、またはツリー ビュー
162
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
内で単純に質問ノードをダブルクリックする、のいずれかを行います。 あるいは、[質問の詳細] ウィ
ンドウにある質問の表題をクリックします。
簡易質問の基本プロパティ
単純な質問には、基本 (簡易) プロパティと詳細プロパティの各セットがあります。 簡易ビューと詳細
ビューの切り替えは、プロパティ ウィンドウの右側にある [詳細設定 >>]/[単純 <<] を押すことで行え
ます。
以下では、基本プロパティについて説明します。
• [セクションの表題]: 親セクションの表題です。 このプロパティは、質問のプロパティ ウィンドウか
らのセクションの表題の変更を可能にします。 このテキストには、マージ タグを含めることができ
ます。
• [質問の表題]: 質問の表題です。 このテキストには、マージ タグを含めることができます。
• [回答が必須]: このチェックボックスをオンにすると、質問への回答が必須になります。
• [キー]: 質問のキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグから質問にアクセスするために使用
します。
• [データ型]: 質問のデータ型です。 このプロパティでは、質問に回答する際に使用できるデータ型を
設定します。 使用できるデータ型のオプションは、次のとおりです。
• [文字列型]: 任意の文字群を質問への回答に入力できます。
• [整数型]: 整数のみを質問への回答に入力できます。
• [Float]: 浮動小数点数のみを質問への回答に入力できます。
• [日付]: 日付の値のみを質問への回答に入力できます。
• [日付と時刻]: 日付と時刻の値のみを質問への回答に入力できます。 [回答が必須] チェックボック
スがオフになっている場合、時刻を指定せずに日付のみを入力できますが、日付を指定せずに時
刻のみを入力することはできません。 [回答が必須] チェックボックスがオンになっている場合は、
日付と時刻の両方を入力する必要があります。
簡易質問の詳細プロパティ
• [ドメイン フィールドにリンク]: 「ドメイン フィールドへの簡易質問のリンク設定(164ページ)」
を参照してください。
• [既定値]: ここでは、既定で入力される値を設定します。 このテキストには、マージ タグを含めるこ
とができます。
• [最大長]: ここでは、回答者が質問への回答時に入力できる最大文字数を指定します。 string (文字列)
データ型の質問にのみ適用されます。
• [最小値]: ここでは、回答者が質問への入力時に使用できる最小の値 (日付または数値) を指定しま
す。 文字列以外のデータ型の質問にのみ適用されます。
• [最大値]: ここでは、回答者が質問への入力時に使用できる最大の値 (日付または数値) を指定しま
す。 文字列以外のデータ型の質問にのみ適用されます。
• [コントロール タイプ] 質問のコントロール タイプです。 使用できるコントロール タイプは、デー
タ型に依存します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
163
[質問] ビュー
• [テキストボックス]: 標準のテキストボックス コントロールです。 すべてのデータ型で使用できま
す。
• [日付/時刻のポップアップ]: 日付選択のポップアップ ウィンドウを表示するポップアップ ボタン
付きの標準的なテキストボックス コントロールです。 日付および日付/時刻のデータ型でのみ使用
できます。
• [行の数]: このプロパティでは、文字列テキストボックスの行数を設定します。 2 以上の値に設定し
た場合、その質問ではテキスト領域 (複数行のテキストボックス) が表示されます。 string (文字列)
データ型の質問にのみ適用されます。
ドメイン フィールドへの簡易質問のリンク設定
簡易質問から顧客ドメイン フィールドへのリンクを設定することができます。 そのためには、アン
ケートのプロパティでターゲット顧客ドメインを設定しておく必要があります。
ドメイン フィールドへのリンクを設定すると、以下の追加オプションが使用可能になります。
• [既定値] ドメイン フィールドの既存の値を、質問への回答の既定値として使用できます。 そのため
には、[ドメイン フィールドを既定値として使用] チェックボックスをオンにします。
• ドメインの更新: 回答者によるアンケートへの回答が終了するとすぐに、その回答値を使用してドメ
イン フィールドの値を自動的に設定できます。 そのためには、[ドメイン フィールドを回答で自動
更新] チェックボックスをオンにします。
複数選択肢の質問のプロパティ
複数選択肢の質問とは、1 つ以上の回答選択肢 (オプション) を持つ質問です。
複数選択肢の質問のプロパティ
複数選択肢の質問のプロパティを表示するには、質問ノードを選択して [質問] タブで [選択された項
目を編集] を選択する、質問ノードを右クリックして [選択された項目を編集] を選択する、またはツ
リー ビュー内で単純に質問ノードをダブルクリックする、のいずれかを行います。 多選択肢の質問の
プロパティ ウィンドウが開きます。
以下では、複数選択肢の質問のプロパティについて説明します。
• [セクションの表題]: 親セクションの表題です。 このプロパティを使用すると、質問のプロパティ
ウィンドウからセクションの表題を変更できます。 そのテキストには、マージ タグを含めることが
できます。
• [質問の表題]: 質問の表題です。 このテキストには、マージ タグを含めることができます。
• [回答が必須]: オンにすると、質問への回答が必須になります。
• [キー]: 質問のキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグから質問にアクセスするために使用
します。
• [複数選択]: 質問で複数の回答が許可される (回答者は複数の選択肢を選択できる) 場合には、このオ
プションを選択します。
164
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
• [単一選択]: 質問で 1 つの回答しか許可されない (回答者は選択肢を 1 つしか選択できない) 場合に
は、このオプションを選択します。
• [オプション]: 質問の選択肢のオプションのリストです。 これらのオプションは、リスト内の順序で
表示されます。 この順序を変更するには、上下の矢印を使用してオプションを移動します。 オプ
ション (選択肢) を追加するには、プラス (+) 記号をクリックします。 オプションを削除するには、
マイナス (-) 記号をクリックします。
オプションを変更するには、選択肢を選択して Enter キーを押すか、編集サイン (ペンの図柄) をク
リックします。 このオペレーションにより、オプション (選択肢) のプロパティ ウィンドウが開きま
す。
• [表題]: オプション (選択肢) の表題です。
• [既定で選択]: このチェックボックスをオンにすると、既定でそのオプションが選択された状態に
なります。
• [テキストボックス コントロールを使用]: テキストボックスの入力コントロール付きのオプション
を表示するには、このチェックボックスをオンにします。
• [キー]: オプション (選択肢) のキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグからそのオプショ
ンにアクセスするために使用します。
• [複数選択]: 質問が単一選択肢の場合にのみ使用できます。 このオプションは複数選択肢であり、
そのため、他のオプションと一緒に選択できます。
• [単一選択肢]: 質問が単一選択肢の場合にのみ使用できます。 このオプションは単一選択肢であ
り、そのため、他のオプションと一緒には選択できません。 このオプションを選択すると、選択
されている他のすべての質問オプション (選択肢) がクリアされます。
• [回答に必要なオプション数]: このプロパティでは、ユーザーが回答できるオプションの最小数と最
大数を設定します。 質問が複数選択肢の場合に使用できます。
• [最小]: 回答できるオプションの最小数です。
• [最大]: 回答できるオプションの最大数です。
• [コントロール タイプ]: 質問のコントロール タイプです。 以下に、使用できるコントロールタイプ
を示します。
• [チェックボックス]: 複数選択肢の場合にのみ使用できます。
• [ラジオ ボタン]: 単一選択肢の場合にのみ使用できます。
• [リストボックス]: 複数選択肢と単一選択肢のどちらでも使用できます。
• [ドロップダウン リスト]: 単一選択肢の場合にのみ使用できます。
• [行の数]: リストボックスのコントロール タイプでのみ使用できます。 このプロパティでは、リスト
ボックス コントロールの行数を設定します。 2 より小さな値にはできません。
ランク付け質問のプロパティ
ランク付け質問は、ランク付けが必要な 1 つ以上の項目を持つ質問タイプです。 回答者は、テキスト
ボックスに希望のランク付け (1 以上) を入力することによって項目をランク付けします。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
165
[質問] ビュー
ランク付け質問のプロパティ
ランク付け質問のプロパティを表示するには、質問ノードを選択して [質問] タブで [選択された項目
を編集] を選択する、質問ノードを右クリックして [選択された項目を編集] を選択する、またはツリー
ビュー内で単純に質問ノードをダブルクリックする、のいずれかを行います。 あるいは、[簡易(シン
プル)質問のプロパティ] ウィンドウにある質問の表題を単純にクリックします。 ランク付け質問の
プロパティ ウィンドウが開きます。
以下では、ランク付け質問のプロパティについて説明します。
• [セクションの表題]: 親セクションの表題です。 このプロパティは、質問のプロパティ ウィンドウか
らのセクションの表題の変更を可能にします。 このテキストには、マージ タグを含めることができ
ます。
• [質問の表題]: 質問の表題です。 このテキストには、マージ タグを含めることができます。
• [回答が必須]: このチェックボックスをオンにすると、質問への回答が必須になります。
• [キー]: 質問のキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグから質問にアクセスするために使用
します。
• [ランク付けする項目]: ランク付けする項目のリストです。 これらの項目は、リスト内の順序で表示
されます。 この順序を変更するには、上下の矢印を使用して項目を移動します。 項目を追加するに
は、プラス (+) 記号をクリックします。 項目を削除するには、マイナス (-) 記号をクリックします。
項目 (ランク付け項目のプロパティ) を編集するには、項目を選択して Enter キーを押すか、編集サ
イン (ペンの図柄) をクリックします。
• [表題]: 項目の表題です。
• [キー] 項目のキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグから項目にアクセスするために使用
します。
• [項目ごとのポイントの制限: 最小]: このプロパティは、回答者がランク付けしなければならない項
目の最小数を設定します。
• [最大]: このプロパティは、回答者がランク付けできる項目の最大数を設定します。
評価の質問のプロパティ
評価付け質問は、評価付けのための 1 つ以上の選択肢 (オプション) を持つ質問です。 選択肢は、総合
計 (“ポット”) からポイントを分配することによって評価されます。
評価の質問のプロパティ
評価の質問のプロパティを表示するには、質問ノードを選択して [質問] タブで [選択された項目を編
集] を選択する、質問ノードを右クリックして [選択された項目を編集] を選択する、またはツリー
ビュー内で単純に質問ノードをダブルクリックする、のいずれかを行います。 あるいは、[簡易(シン
プル)質問のプロパティ] ウィンドウにある質問の表題を単純にクリックします。 評価付け質問のプ
ロパティ ウィンドウが開きます。
以下では、評価付け質問のプロパティについて説明します。
166
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
• [セクションの表題]: 親セクションの表題です。 このプロパティは、質問のプロパティ ウィンドウか
らのセクションの表題の変更を可能にします。 このテキストには、マージ タグを含めることができ
ます。
• [質問の表題]: 質問の表題です。 このテキストには、マージ タグを含めることができます。
• [回答が必須]: このチェックボックスをオンにすると、質問への回答が必須になります。
• [キー]:質問のキーであり、スクリプトやマージ タグから質問にアクセスするために使用します。
• [評価する項目] 評価する質問項目のリストです。 これらの項目は、リスト内の順序で表示されます。
この順序を変更するには、上下の矢印を使用して項目を移動します。 項目を追加するには、プラス
(+) 記号をクリックします。 項目を削除するには、マイナス (-) 記号をクリックします。
項目 (ランク付け項目のプロパティ) を編集するには、項目を選択して Enter キーを押すか、編集サ
イン (ペンの図柄) をクリックします。
• [表題]: 項目の表題です。
• [キー]: [キー] 項目のキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグから項目 (選択肢) にアクセ
スするために使用します。
• [分配するポイントの総数]: このプロパティでは、項目間で分配されるポイントの総合計を設定しま
す。
• [すべての項目の評価に必要]: このチェックボックスをオンにすると、すべての項目の評価が必要に
なります。
• [項目ごとのポイントの制限]: 1 つの項目に与えることができる最小および最大のポイント数を設定
します。
• [最小]: 各項目には、少なくともこの数のポイントを与える必要があります。
• [最大]: 各項目に与えることができる最大のポイント数です。
• [項目ごとの既定のポイント数]: すべての項目に最初に設定される既定のポイント数です。
マトリクス質問のプロパティ
マトリクス質問は、マトリクス グリッド内で質問コントロールを整列するために使用されます。 マト
リクス質問には、1 つ以上の単一質問または複数選択肢の質問が含まれます。
マトリクス質問でサポートされる質問タイプは、複数選択肢の単一選択 (ラジオ ボタン)、複数選択肢
の複数選択 (チェックボックス)、および単純の各質問です。 マトリクスは、縦方向および横方向の位
置合わせを行うことができます。
マトリクス質問のプロパティ
マトリクス質問のプロパティを表示するには、質問ノードを選択して [質問] タブで [選択された項目
を編集] を選択する、質問ノードを右クリックして [選択された項目を編集] を選択する、またはツリー
ビュー内で単純に質問ノードをダブルクリックする、のいずれかを行います。 マトリクス質問のプロ
パティ ウィンドウが開きます。
以下では、マトリクス質問のプロパティについて説明します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
167
[質問] ビュー
• [セクションの表題]: 親セクションの表題です。 このプロパティは、マトリクスのプロパティ ウィン
ドウからのセクションの表題の変更を可能にします。 このテキストには、マージ タグを含めること
ができます。
• [マトリクスの表題]: マトリクスの表題です。 このテキストには、マージ タグを含めることができま
す。
• [横レイアウトを使用]: 既定 (“[標準]”) のマトリクスのレイアウトです。 このレイアウトを使用する
と、マトリクス内の複数選択肢の質問が各行の左から右に整列されます。
• [縦レイアウトを使用]: このレイアウトを使用すると、マトリクス内の複数選択肢の質問が各列で上
から下に整列されます。 つまり、マトリクスが縦にフリップされ、行が列になり、列が行になりま
す。
• [キー]: マトリクスのキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグからマトリクスにアクセスす
るために使用します。
• [列]: マトリクス グリッド内の選択されているセルの列の表題です。
列を追加するには、列のテキストボックスの右にあるプラス (+) 記号をクリックし、新しい列の名
前を入力します。
列を削除するには、列のテキストボックスの右にあるマイナス (-) 記号をクリックします。
• [行]: マトリクス グリッド内の選択されているセルの行の表題です。
行を追加するには、行のテキストボックスの右にあるプラス (+) 記号をクリックし、新しい行の名
前を入力します。
行を削除するには、行のテキストボックスの右にあるマイナス (-) 記号をクリックします。
• [セルのタイプ]: 選択されているセルまたは列の質問タイプです。 以下に、セルのタイプを示しま
す。
• [テキスト編集]: 選択されているセルは、文字列データ型を持つ単純な質問です。
• [番号編集]: 選択されているセルは、数値 (整数または浮動小数点数) データ型を持つ単純な質問で
す。
• [日付編集]: 選択されているセルは、日付 (日付または日時) データ型を持つ単純な質問です。
• [ラジオ ボタン]: 選択されているセルの行には、複数選択肢の単一選択型の質問が含まれていま
す。
• [チェック ボックス]: 選択されているセルの行には、複数選択肢の複数選択型の質問が含まれてい
ます。
セルをクリアするには、セルを選択し、セル タイプのオプションの右にある、マイナス (-) 記号をク
リックします。
マトリクス形式の簡易質問のプロパティ
セル内の単純な質問を編集するには、単純な質問を含むマトリクスのグリッド内のセルを選択し、編
集サイン (ペンの図柄) をクリックします。 その質問のプロパティ ウィンドウが開きます。
• [回答が必須]: オンにすると、質問への回答が必須になります。
168
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
• [データ型]: 質問のデータ型です。 以下のオプションは、(マトリクスのプロパティ内の) セルのタイ
プ に依存します。
• [最大長]: このプロパティは、質問のデータ型が文字列の場合にのみ使用できます。 このプロパティ
では、質問に回答する際に入力できる文字の最大数を設定します。
• [最小値]: このプロパティは、質問のデータ型が文字列以外の場合にのみ使用できます。 このプロパ
ティでは、質問に回答する際に入力できる最小値 (日付または数値) を設定します。
• [最大値]: このプロパティは、質問のデータ型が文字列以外の場合にのみ使用できます。 このプロパ
ティでは、質問に回答する際に入力できる最大値 (日付または数値) を設定します。
• [既定値]: このプロパティでは、質問の既定値を設定します。 そのため、アンケートに回答する際、
質問には既定でこの値が設定されることになります。 このテキストには、マージ タグを含めること
ができます。
• [コントロール タイプ]: 質問のコントロール タイプです。 以下に、使用できるコントロール タイプ
(データ型に依存) を示します。
• [テキストボックス]: すべてのデータ型で使用できます。 標準のテキストボックス コントロールで
す。
• [日付/時刻のポップアップ]: 日付と日時のデータ型でのみ使用できます。 日付の選択ウィンドウを
表示するポップアップ ボタンが付いた標準のテキストボックス コントロールです。
• [質問キー]: 質問のキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグから質問にアクセスするために
使用します。
マトリクス形式の複数選択肢の質問のプロパティ
マトリクス内の複数選択肢の質問を編集するには、複数選択肢の選択肢を含むマトリクスのグリッド
内にあるセルを選択し、編集サイン (ペンの図柄) をクリックします。 マトリクス型の複数選択肢質問
のプロパティ ウィンドウが開きます。
• [質問に回答が必要]: このチェックボックスをオンにすると、質問への回答が必須になります。
• [既定で選択]: このチェックボックスをオンにすると、その選択肢が既定で選択された状態になりま
す。
• [テキストボックス コントロールを使用]: このチェックボックスをオンにすると、テキストボックス
の入力コントロールを持つ選択肢が表示されます。
• [複数選択]:質問タイプを複数選択型 (複数の選択肢を選択可能) にするには、このオプションを選択
します。 チェックボックスが使用されます。
• [単一選択]: 質問タイプを単一選択型 (選択肢を 1 つだけ選択可能) にするには、このオプションを選
択します。 ラジオ ボタンが使用されます。
• [質問キー]: 質問のキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグから質問にアクセスするために
使用します。
• [選択肢キー]: 選択肢のキーであり、たとえば、スクリプトやマージ タグから選択肢にアクセスする
ために使用します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
169
[質問] ビュー
イメージ プロパティ
質問や選択肢にイメージを追加することができます。
質問には 1 つ以上のイメージを追加できます。 これらのイメージを [質問のイメージ] と呼びます。
多肢選択式質問の各選択肢にはイメージを 1 つ追加できます。 これらのイメージを [代替イメージ] と
呼びます。
[質問のイメージ]
質問または選択肢にイメージを追加するには、ツリー ビューで質問を選択して [質問] タブで [イメー
ジ] を選択するか、ツリー ビューで質問を右クリックして [イメージ] を選択します。
質問のイメージを追加するには、プラス記号をクリックします。 [ダイアログを参照] ウィンドウが開
きます。 追加するイメージを参照し、選択します。
[イメージ] リストには、質問に追加した質問のイメージが表示されます。
イメージのプロパティを表示したり編集したりするには、リスト内のイメージを選択します。
• イメージのプレビューがプレビュー エリアに表示されます。
• [イメージの表題] テキストボックス内のテキストは、イメージのツールヒント テキストとして表示
されます。
• 別のイメージを選択するには、[参照] をクリックして [イメージの参照] ウィンドウを開きます。
• イメージをファイルにエクスポート (“名前を付けて保存”) するには、[エクスポート] をクリックし
ます。
イメージは、[イメージ] リストに表示されている順序で、アンケートに表示されます。
代替イメージ
質問の選択肢にイメージを追加するには、ツリー ビューで質問を選択して [質問] タブで [イメージ] を
選択するか、ツリー ビューで質問を右クリックして [イメージ] を選択します。 次に、[代替イメージ]
タブを選択します。
[代替] リストで選択肢を選択し、選択肢に追加するイメージを追加するために [参照] ボタンをクリッ
クします。 [ダイアログを参照] ウィンドウが開きます。 追加するイメージを参照し、選択します。
代替イメージのプロパティを表示したり編集したりするには、[代替] リスト内の選択肢を選択します。
• イメージのプレビューがプレビュー エリアに表示されます。
• [イメージの表題] テキストボックス内のテキストは、イメージのツールヒント テキストとして表示
されます。
• 別のイメージを選択するには、[参照] をクリックして [イメージの参照] ウィンドウを開きます。
• イメージをファイルにエクスポート (“名前を付けて保存”) するには、[エクスポート] をクリックし
ます。
• 選択肢からイメージを削除するには、[クリア] をクリックします。
170
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
アンケート デザイナの [レイアウト] ビュー
Questionnaire Designer のレイアウト ビューについて
アンケートのレイアウトについて
アンケートのレイアウトには、コンテンツの表示と編成の方法が記述されます。 アンケートには、1
つ以上のレイアウトを定義できます。
• レイアウトにはページが含まれ、各ページには 0 個以上のページ セクションが含まれます。 アン
ケート セクションがページ内に存在する場合、そのセクションをページ セクションと呼びます。
• ページ セクションには、0 個以上のページ質問が含まれます。 質問は、[質問] ビューで定義され、
ページ内に存在する場合はページ質問と呼ばれます。
• ページ質問が複数選択肢、ランキング、または評価の質問の場合、そのページ質問には 0 個以上の
ページ選択肢が含まれます。 選択肢は、[質問] ビューの質問内で定義され、ページ内に存在する場
合はページ選択肢と呼ばれます。
レイアウトの作成方法については、「新規レイアウトの作成(171ページ)」を参照してください。
[レイアウト] ビュー
[レイアウト] ビューは、2 つのメイン フレームである レイアウト ツリー ビューとページ ビューで構
成されます。
レイアウト ツリー ビューでは、レイアウト、ページ、ページ セクション、ページ質問などを追加、
削除、編成、および操作できます。
ページ プレビューでは、ツリー ビューで選択されているページのプレビューを行います。 このプレ
ビューには、アンケートの実施時に表示される場合と同じようにページが正確に表示されます。 ただ
し、ページ プレビューではボタンが無効になっています。
新規レイアウトの作成
アンケートへのレイアウトの追加
アンケートにレイアウトを追加するには:
• レイアウト ツリー ビュー内の任意の場所を右クリックをします (レイアウト フォルダなど)。 [レイ
アウト] タブで [レイアウト] を選択します。 [新規レイアウト] ウィンドウが開きます。
• レイアウトの名前を [名前] テキストボックスに入力します。
• レイアウトにスタイルが適用される場合は、[スタイル] ドロップダウン リストからスタイルを選択
します。 スタイルの詳細については、「アンケート スタイル(191ページ)」を参照してください。
• [質問を使用してページを自動作成] チェックボックスをオンにします。 このオプションがオフになっ
ている場合、レイアウトはページを一切使用せずに作成されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
171
アンケート デザイナの [レイアウト] ビュー
• [すべてのセクションを 1 ページに入れる] オプションが選択されている場合は、1 つのページが作
成され、そこにすべてのセクションが含められます。 [セクションごとに 1 ページ] が選択されてい
る場合は、セクションごとにページが 1 つ作成されます。
• レイアウトにPrologを追加する場合は、[ようこそ] ページ (Prolog) を含める] チェックボックスを
オンにします。
• レイアウトにEpilogを追加する場合は、[ありがとうございました] ページ (Epilog) を含める] チェッ
クボックスをオンにします。
• 調査の最後で回答フォームを完了として保存することに加え、各ページの終了時に回答フォームを
未完了として保存する場合は、[各ページ回答後に自動保存] チェックボックスをオンにします。
• [OK] をクリックします。
これで、指定したページを含む新しいレイアウトが作成されます。
レイアウトのプロパティ
レイアウトのプロパティを表示するには、レイアウトを選択して [レイアウト] タブで [選択された項
目を編集] を選択する、レイアウトを右クリックして [選択された項目を編集] を選択する、またはツ
リー ビュー内で単純にレイアウトをダブルクリックする、のいずれかを行います。 [レイアウトのプ
ロパティ] ウィンドウが開きます。
以下では、レイアウトの主なプロパティについて説明します。
• [名前]: レイアウトの名前です。
• 説明: レイアウトの説明 (オプション) です。
• [スタイル]: レイアウトに適用されるスタイルです。 スタイルの選択は必須ではありません。 スタイ
ルの詳細については、「アンケート スタイル(191ページ)」を参照してください。
• [Customer View でこのレイアウトを使用]: Customer View Web アプリケーションは、このレイア
ウトを使用してアンケートを表示します。
[レイアウトのプロパティ] ウィンドウの下側の領域には、詳細設定を含むタブ シートがあります。
[ナビゲーション] タブ
• [進捗情報を表示]: アンケート内にページの進捗情報を表示します。
• [[戻る] を許可]: アンケート完了時に、回答者が前に戻れるようにする [戻る] ボタンを有効にして表
示します。
• [[警告を閉じる] を表示]: ユーザーがアンケートを完了せずにブラウザを閉じようとした場合に、閉
じる際の警告をユーザーに表示するかどうかを決定します。
[保存オプション] タブ
[保存オプション] では、不完全な回答フォームの処理方法を制御できます。
• “[保存]” ボタンの表示: “[保存]” ボタンがレイアウトの各ページに表示されます (PrologとEpilogペー
ジを除く)。
• [各ページ回答後に自動保存]: 回答フォームは、各ページの終了後に不完全として保存されます。
• [顧客が不完全な回答フォームを再度開いた場合]
172
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
• [顧客が前の状態から再開できるようにする]: 不完全な回答フォームを再び開いた場合、顧客は以
前に回答を中断したページから作業を続行できます。
• [顧客は先頭ページから回答を開始]: 不完全な回答フォームを再び開いた場合、顧客は常に最初か
作業を開始する必要があります。ただし、以前に回答を中断した時点までの回答は保持されてい
ます。
[セクション] タブ
• [セクション番号を表示]: 各セクションにセクションの通し番号を表示します。
• [セクションのコメントを有効にする]: 各セクションのコメント テキスト領域を有効にして表示しま
す。
• [指示を非表示]: すべてのセクションで指示を非表示にします。
[質問] タブ
• [既定の表題位置]: 質問の表題の位置を選択できます。
• [必須の質問を次のテキストでマーク]: 必須の質問の右に表示されるテキスト (空にすることもできま
す) です。
[顧客データ] タブ
• [顧客データの更新を無効にする]: 回答に基づく顧客データとこのレイアウトのフロー スクリプトを
無効にします。
• [次のページに移動するときに顧客データを更新]: これが有効になっている場合は、回答者が次のペー
ジに移ると、基盤となる顧客ドメイン (顧客データベース) に対する顧客データの更新が行われます。
既定では、回答者がアンケートを完了すると、データが更新されます。
レイアウトへのページの追加
レイアウトには、1 つ以上のページが含まれます。 ページには 0 個以上のページ セクションが含まれ
ます。
レイアウトへのページの追加
レイアウトにページを追加するには:
• レイアウト ツリー ビュー内の任意の場所を右クリックをします。 [レイアウト] タブで [ページ] を
選択します。 [新規ページ] ウィンドウが開きます。
• 追加するページのページ タイプを選択します。
1. [標準]: セクションを含む標準ページです。
2. [プロローグ]: 開始テキストを含む “[調査にようこそ] ページ”です。
3. [エピローグ]: “[ありがとうございました] ページ”です。
• [標準ページ] が選択されている場合は、[ページ数] で追加するページ数を選択します。
• 新規ページの挿入場所は、以下から選択できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
173
アンケート デザイナの [レイアウト] ビュー
• [現在のページの後ろにページを挿入]: 新規ページは、現在選択されているページの後ろに挿入さ
れます。 “レイアウト” ノード自体が選択されている場合は、レイアウト内のその他のページの前
に新規ページが挿入されます。
• [一番後ろにページを挿入]: 新規ページは、既存のどのページよりも後ろになる、レイアウトの最
後に追加されます。
• [OK] をクリックします。
すると、新規ページがレイアウトに追加されます。 ページを選択して [レイアウト] タブで [上へ] また
は [下へ] を選択するか、ページを右クリックして [上へ] または [下へ] を選択すると、容易にページを
再配置できます。
ページのプロパティ
ページのプロパティを表示するには、ページを選択して [レイアウト] タブで [選択された項目を編集]
を選択する、ページを右クリックして [選択された項目を編集] を選択する、またはツリー ビュー内で
単純にページをダブルクリックする、のいずれかを行います。 ページのプロパティ ウィンドウが開き
ます。
以下では、ページのプロパティについて説明します。
• [ページのテキスト]: このテキストは、ページ上部、すべてのセクションの上に表示されます。 この
テキストをピュア テキストとして表示する場合は、[ピュア テキスト] オプションを選択します。
ページ テキストが HTML コードとして与えられている場合は、[HTML コード] オプションを選択し
ます。 このテキストには、マージ タグを含めることができます。
• [スタイルの優先]: レイアウトのスタイル設定を上書きし、別のスタイルをこのページに適用します。
スタイルの詳細については、「アンケート スタイル」を参照してください。
• [[戻る] を許可の既定のレイアウトに優先]: レイアウトの [[戻る] を許可] 設定を上書きし、レイアウ
トの設定にある別の [戻る] を許可の設定をページに持たせることができます。
[[戻る] を許可 (ユーザーは前のページへ移動できる)]: 現在のページで [[戻る] を許可] を強制的に有
効にするには、このオプションを選択します。 現在のページで [[戻る] を許可] を強制的に無効にす
るには、このオプションをオフにします。
• [[閉じる] ボタンを表示]: このチェックボックスをオンにすると、“[閉じる]” ボタンがページに表示さ
れます。 このオペレーションはEpilog ページでのみ可能です。
• [[保存] ボタンを非表示]: このチェックボックスをオンにすると、“[保存]” ボタンがページで非表示に
なります。 このオプションは、レイアウトのプロパティで “[保存]” ボタンが有効になっている場合
にのみ使用できます。
ページへのセクションの追加
それぞれの標準ページには 0 個以上のセクションが含まれます。 これらのセクションをページ セク
ションと呼びます。 ページ セクションは、実際のページに含まれている 1 つのセクションです。 ペー
ジ セクションにはページ質問が含まれます。
同じセクションを複数のページに含めることができます。
174
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
あるページへのセクションの追加
0 または 1 つ以上のセクションをページに追加できます。 セクションには 0 または 1 つ以上のページ
を配置できます。
ページにセクションを追加したり、ページからセクションを削除したりするには、ツリー ビュー内の
ページを右クリックして [セクションをページに追加] を選択することで、[ページ上のセクション] を
開きます。
ここで単純に、ページ上に表示するセクションのチェックボックスをオンにするか、ページから削除
するセクションのチェックボックスをオフにします。 [ページ上] 列には、セクションが含まれている
ページの概観が表示されます。
ページ セクションのプロパティ
ページ セクションのプロパティを表示するには、ページ セクションを選択して [レイアウト] タブで
[選択された項目を編集] を選択する、ページ セクションを右クリックして [選択された項目を編集] を
選択する、またはツリー ビュー内で単純にページ セクションをダブルクリックする、のいずれかを行
います。 ページ セクションのプロパティ ウィンドウが開きます。
以下では、ページ セクションのプロパティについて説明します。
• [セクションの表題を非表示]: ページ セクションの表題を非表示にするには、このチェックボックス
をオンにします。
• [指示に優先]: 質問ビューにおいてセクション上で指定された指示を上書きするには、このチェック
ボックスをオンにします。 このテキストには、マージ タグを含めることができます。
• 注意: これらのプロパティは、現在のページ セクションにのみ適用されます。 セクションが複数の
ページに含まれていても、これらのプロパティは他のページ上のセクションには適用されま
せん。
ページ質問
ページ セクションに含まれている質問は、ページ質問と呼ばれます。 これらの質問は、質問ビューに
おいてページ セクションのセクション内で定義されています。 そのため、ページ質問は、ページ セ
クションへの追加や、ページ セクションからの削除を行うことができません。
ページ質問のプロパティ
ページ質問のプロパティを表示するには、ページ質問を選択して [レイアウト] タブで[選択された項目
を編集] を選択する、ページ質問を右クリックして [選択された項目を編集] を選択する、またはツリー
ビュー内で単純にページ質問をダブルクリックする、のいずれかを行います。 ページ質問のプロパ
ティ ウィンドウが開きます。
以下では、ページのプロパティについて説明します。
• [質問を非表示]: このオプションは、ページ質問を非表示にします。
• [質問の表題を非表示]: このオプションは、ページ質問の質問の表題を非表示にします。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
175
アンケート デザイナの [レイアウト] ビュー
• [コントロール タイプ (既定に優先)]: 既定のコントロール タイプを上書きします。 このオプション
は、質問タイプで複数のコントロールが使用可能な場合にのみ使用できます。
• [行の数]: このオプションは、コントロール タイプが [リストボックス] または [テキストボックス]
に設定されている場合に使用します。
• [選択肢のレイアウト]: このオプションは、複数選択肢の質問タイプでのみ使用できます。
• 選択肢を縦方向に表示するには、[縦方向の位置合わせ] を選択します。
• 選択肢を横方向に表示するには、[横方向の位置合わせ] を選択します。
• [列]:[横方向の位置合わせ] が選択されている場合は、質問の選択肢を次の行に折り返すまでに表
示する列 (選択肢) の数を設定します。
• [選択肢をランダムな順序で表示]: このオプションをオンにすると、選択肢はランダムな順序で表示
されます。
• [選択肢のオプション]:このリストには、ページ質問のすべての選択肢 (ページ選択肢とも呼びます)
のリストが表示されます。 あるページ選択肢のプロパティを設定するには、リスト内の選択肢を選
択して編集アイコンをクリックするか、選択肢をダブルクリックします。 ページ選択肢のプロパティ
ウィンドウが開きます。
• [選択肢を非表示]: ページ選択肢を非表示にします。
• [選択肢の順序がランダムな場合に位置をロック]: [選択肢をランダムな順序で表示] が選択されて
いる場合に、選択肢の位置をロックします。
質問の位置
質問 (マトリクスを含む) は、既定では [質問] ビューで定義された順序で上から下へと表示されます。
セクション内に質問を配置するには、質問の位置を使用します。 質問はグリッド内に配置されます。
質問の位置の定義
質問の位置を定義するには:
• ツリー ビューでセクションを選択して [レイアウト] タブで [質問の位置] を選択するか、セクション
を右クリックして [質問の位置] を選択します。 そのセクションの [質問の位置] ウィンドウが表示さ
れます。
• [既定の位置を使用] チェックボックスをオフにします。 これにより、セクションで [質問の位置] が
有効になります。
• グリッド内のセルを選択し、そのセルを右クリックします。 そのセクションのすべての質問を含む
メニューが表示されます。
• 選択したセルに配置する質問を選択します。 グリッド内に配置するすべての質問について、この手
順を繰り返します。
• 質問の配置を有効にした後、グリッド内に配置されていない質問は、[質問] ビューで定義した順序
で、配置した質問の下に表示されます。
176
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
グリッド内のセルに配置した質問に関する情報は、ウィンドウの下部にある黄色いボックスに表示さ
れます。 セルをクリアするには、セルを選択し、そのセルを右クリックして [セルをクリア] を選択し
ます。 グリッド内のすべてのセルをリセットして、すべてのセルをクリアするには、グリッドを右ク
リックし、[すべてのセルをクリア] を選択します。
イメージの位置
イメージの位置は、質問に関連する質問のイメージや、選択肢に関連する代替イメージを配置するた
めに使用します。 イメージの位置は、質問や選択肢のイメージを非表示にしたり、そのサイズを変更
する場合にも使用します。
イメージの位置の定義
イメージの位置を定義するには:
• ツリー ビューで質問を選択して [レイアウト] タブで [イメージの位置] を選択するか、質問を右ク
リックして [イメージの位置] を選択します。 その質問の [イメージの位置] ウィンドウが表示されま
す。
• 質問のイメージを配置するには、[質問のイメージ—位置とサイズ] セクションのドロップダウン リ
ストで [イメージの位置] を選択します。 位置のオプションとして、 [上]、[下]、[左]、[右]、[非可
視] があります。 [非可視] を選択すると、質問のイメージは表示されません。
• 質問のイメージに固定のサイズを設定するには、[質問のイメージ] セクションで幅や高さを設定し
ます。
• 選択肢のイメージを配置するには、[代替イメージ—位置とサイズ] セクションのドロップダウン リ
ストで [イメージの位置] を選択します。 位置のオプションとして、 [上]、[下]、[左]、[右]、[非可
視] があります。 [非可視] を選択すると、質問のイメージは表示されません。
• 質問のイメージに固定のサイズを設定するには、[代替イメージ] セクションで幅や高さを設定しま
す。
注意: 幅と高さの両方を設定すると、イメージの縦横比を変更できますが、イメージが歪む可能性
があります。 これを避けるには、幅と高さのどちらか 1 つだけを設定するようにします。
カスケーディング スタイル シート (CSS)
カスケーディング スタイル シート (CSS) について
カスケーディング スタイル シート (CSS) 規格は、World Wide Web コンソーシアムによって定義さ
れ、広く使用されている標準規格です。
CSS は、スタイル (フォント、色、間隔など) を Web ドキュメントの要素に追加するための単純なメ
カニズムです。 CSS スタイルシートには、アンケート内の要素に適用されるスタイル定義が含まれま
す。
CSS スタイルは、CSS クラス内でグループ化されます。 その後、これらの CSS クラスを Web ペー
ジ内の要素に適用できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
177
アンケート デザイナの [レイアウト] ビュー
CSS の概要については、「W3 Schools」 (外部のリンク) を参照してください。
アンケート内の CSS
イメージ、質問コントロール、テーブルなど、アンケート内のあらゆる GUI 要素では、1 つ以上の
CSS クラスが定義されています。
新規レイアウトの作成時には、一連の既定の CSS クラスが適用されます。 レイアウトにアンケート
スタイルが適用されている場合は、そのスタイルの CSS クラスが適用されます。 その場合、これら
の CSS クラスは、アンケート内の要素にカスタムスタイルを適用するために上書きされることがあり
ます。
ツリー ビュー内の特定のレベルで使用できる CSS クラスを表示するには、たとえば質問であれば、
レイアウト ツリー ビューにある質問を右クリックし、[スタイルシート] を選択します。 すると、ス
タイルシートのプロパティ ウィンドウが表示されます。
一連の CSS クラスが [詳細] とマークされています。 これらの CSS クラスは、アンケート要素 GUI
の詳細な構成で使用されます。 [詳細] とマークされたクラスを含むすべての使用可能なクラスを表示
するには、[詳細設定フィールドを表示] オプションを選択します。
上位クラスによる上書き
アンケート レイアウト内の CSS クラスは、上位クラスからの上書きができます。 正確に言えば、ア
ンケート レイアウト内にあるすべての要素の CSS クラスは、ツリー ビュー内のその要素以上の任意
のレベルで上書きできます。 そのため、そのレイアウト用のスタイルシートのプロパティ ウィンドウ
を開くと、そのアンケートで使用されているすべての CSS クラスが使用可能になっています。
例:
1 つの質問の表題を上書きする場合は、実際の質問のスタイルシートのプロパティ ウィンドウを開き、
CSS クラス mh_question_caption を編集します (上の図を参照。表題の色が赤に変更されています)。
ただし、ページ上のすべての質問で表題を上書きする場合は、実際のページのスタイルシートのプロ
パティ ウィンドウを開き、CSS クラス mh_question_caption を上書きします。 これにより、上書き
された CSS クラスがそのページ上のすべての質問に適用されます。
階層的上書きの優先順位
下位レベルの CSS クラスは、より上位のレベルの CSS クラスよりも優先順位が高くなります。 その
ため、同じ CSS クラスを複数のレベルで上書きすると、最も低いレベルでの上書きが実際のレベル以
下に適用されます。
例:
1 つの質問の表題を上書きして、表題の色を緑に変更します。 次に、ページ上のすべての質問の表題
を上書きして、表題の色を赤に変更します。 この場合、最初の色 ( 緑色) は、そちらのほうが優先順
位が高いので、上書きされていません。
178
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
フロー
フローの定義
フロー
アンケート レイアウト内のフローは、とりわけ、アンケートのフロー ロジックの動的な制御、アン
ケートのユーザー インターフェースの制御、高度な検証の実装、および回答のオペレーションのため
に使用されます。 そのためには、簡単な条件文またはスクリプト ブロックをページの開始イベントと
終了イベントで定義します。
フローの定義方法
レイアウトのフロー ロジックを定義するには、[レイアウト] タブで [フロー] を選択してレイアウト フ
ローを開くか、ツリー ビュー内のページを右クリックして [フロー] を選択します。
ページ入力アクションやページ終了アクションは、アンケート レイアウトで定義されている標準ペー
ジごとに定義できます。
ページ入力アクションは、ページが表示される直前に実行されます。
ページ終了アクションは、回答者がそのページを正常に完了し、[進む] ボタンを押して次のページに
移動する際に実行されます。
アクションは、簡易条件またはスクリプティングのどちらかによって定義されます。 フローでのスク
リプティング時に使用できるすべてのオブジェクト、メソッド、およびプロパティについては、「Script
Object Model の概要(192ページ)」を参照してください。
レイアウト フロー内のページ シンボル (アイコン)
フロー エディタ ウィンドウ内のページ リストには、ページ内のフロー ロジックを示すのに使用され
る特別なシンボル (アイコン) があります。 これらのシンボルは、既存のフロー ロジックがどこにあ
るのかの概要をユーザーが取得するうえで役立ちます。
アイコンの左側に色が付いていれば、そのページ内にページ開始フロー ロジックが存在することを示
しています。 薄い青は簡易条件であり、暗い青は開始スクリプトを表します。 また、シンボルの右側
に色が付いていれば、そのページ内にページ終了フロー ロジックが存在することを示しています。
ツールヒントは、ページ内に実装されているフロー ロジックを示すために表示されます。
ページ キー
ページ キーは、スクリプティングで使用します。 ページ キーは、レイアウト内のページに固有の短
い文字列 (最大 8 文字) です。 キーは、ページを参照する際にスクリプト コードで使用されます。 ペー
ジは、ページのインデックス (ページ番号) を使用して参照することもできます。 しかし、キーを使用
するとインデックスにはない利点が得られます。それは、ページを再編成すると、インデックスの値
は変化しますが、キーの値は保持される点です。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
179
アンケート デザイナの [レイアウト] ビュー
キーの既定値は、1 ページ目の “P1” から始まり、2 ページ目は “P2”、のようになっています。 キー
は、編集 キーをクリックすることで変更できます。 たとえば、最初の 2 ページを “P1” と “P2” ではな
く、“導入部 1” と“導入部 2” と呼ぶほうが好都合な場合があります。
[再割り当て] ボタンを使用すると、変更したキーを既定値 (“P1”、“P2”、...) に戻すことができます。
フロースクリプティングの使用例については、「アンケートフローでのスクリプティングの例(212ペー
ジ)」を参照してください。
ページ入力アクション
ページ入力アクションは、ページが表示される直前に実行されます。 ページ終了アクションは、簡易
条件またはスクリプトのどちらかによって定義します。
簡易条件
ページ入力アクションの簡易条件を編集するには、 レイアウト フローを開き、[ページ入力アクショ
ン] タブを選択して、[簡易条件を使用] を選択します。
こうした簡易条件は、所定の条件が true と評価されたときにセクションを非表示にしたり、ページを
スキップしたりするために使用します。
ページをスキップするには、フロー レイアウト内で [ページのスキップ] アクションを編集します。
ドロップダウン リストで [質問] と [選択肢] を選択します。
[選択] オプションが選択されている場合は、回答者による質問の選択肢での回答が済んでいればペー
ジがスキップされます。
[未選択] オプションが選択されている場合は、回答者による質問の選択肢での回答が済んでいなくて
もページがスキップされます。
セクションを非表示にするには、[セクション [セクション名] を非表示] アクションを編集します。
ドロップダウン リストで質問と選択肢を選択します。
[選択] オプションが選択されている場合は、回答者による質問の選択肢での回答が済んでいればペー
ジがスキップされます。
[未選択] オプションが選択されている場合は、回答者による質問の選択肢での回答が済んでいなくて
もセクションが非表示になります。
スクリプティング
ページ入力アクションのスクリプティングを編集するには、フロー レイアウトを開き、[ページ入力ア
クション] タブを選択して、[スクリプティングを使用] を選択します。
レイアウト フロー内のスクリプティングは、とりわけ、アンケートのフロー ロジックの動的な制御、
アンケートのユーザー インターフェースの制御、および回答のオペレーションのために使用されま
す。 フローでのスクリプティング時に使用できるすべてのオブジェクト、メソッド、およびプロパ
ティについては、「Script Object Model の概要(192ページ)」を参照してください。
180
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
通常、ページ入力アクションのスクリプティングは、ページ上の要素の表示/非表示、特定の条件が
true になった場合のページのスキップ、および回答の追加または削除のために使用します。
アンケートのフロー スクリプティングでサポートされているスクリプト言語は、Microsoft JScript.NET
です。
フロースクリプティングの使用例については、「アンケートフローでのスクリプティングの例(212ペー
ジ)」を参照してください。
[ページ終了アクション]
ページ終了アクションは、回答者がそのページを正常に完了し、[進む] ボタンを押して次のページに
移動する際に実行されます。 ページ終了アクションは、簡易条件またはスクリプトのどちらかによっ
て定義します。
簡易条件
ページ終了アクションの簡易条件を編集するには、フロー レイアウトを開き、[ページ終了アクショ
ン] タブを選択して、[簡易条件を使用] を選択します。
こうした簡易条件は、所定の条件が true と評価されたときにページの移動を行うために使用します。
1 つ以上の条件を指定できます。 各条件は、表示されている順序で評価されます。 この順序を変更す
るには、条件を選択して上下の矢印をクリックします。 ある条件が true と評価されると、連続した条
件評価は停止します。
ドロップダウン リストで [ページにジャンプ]、[質問]、および [選択肢] の選択を行います。
[選択済み] オプションが選択されている場合は、回答者による質問の選択肢での回答が済んでいれば、
次のページが [ページにジャンプ] で選択したページに設定されます。 つまり、表示される次のページ
は、レイアウト ツリー ビュー内の次のページとは異なる場合があります。
[未選択] オプションが選択されている場合は、回答者による質問の選択肢での回答が済んでいなくて
も、次のページが [ページにジャンプ] で選択したページに設定されます。
スクリプティング
ページ終了アクションのスクリプティングを編集するには、フロー レイアウトを開き、[ページ終了ア
クション] タブを選択して、[スクリプティングを使用] を選択します。
レイアウト フロー内のスクリプティングは、とりわけ、アンケートのフロー ロジックの動的な制御、
アンケートのユーザー インターフェースの制御、および回答のオペレーションのために使用されま
す。 フローでのスクリプティング時に使用できるすべてのオブジェクト、メソッド、およびプロパ
ティについては、「Script Object Model の概要(192ページ)」を参照してください。
通常、ページ終了アクションのスクリプティングは、回答データの検証、回答の追加や削除、または
ActivePage.NextPage 属性の設定によるフロー内のページ順序の変更のために使用されます。
アンケートのフロー スクリプティングでサポートされているスクリプト言語は、Microsoft JScript.NET
です。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
181
マージ タグの使用
フロースクリプティングの使用例については、「アンケートフローでのスクリプティングの例(212ペー
ジ)」を参照してください。
エンドポイント
ページ終了アクションの下には、[ページがエンドポイント] チェックボックスがあります。 このチェッ
クボックスがオンになっている場合、このページを終了すると、レイアウト ツリーにおけるそのペー
ジの位置に関係なく、アンケートは完了となります。 このページを終了すると、回答がデータベース
に保存され、回答者はそのままEpilog ページ (“[ありがとうございました] ページ”) に移動します。
以下の図に、エンドポイントの使用例を示します。
このレイアウト ツリーには、エンドポイントとして定義されているページが 3 つあります (3 ページ
目、4 ページ目、および 5 ページ目)。 2 ページ目が終了すると、回答者は、2 ページ目での回答に応
じて、これら 3 つのページのいずれか 1 つに移動することになります。 3、4、または 5 ページ目が終
了すると、アンケートは完了となり、回答者はEpilog (6 ページ目) に移動します。
マージ タグの使用
マージ タグ
マージ タグによって、アンケート内の表題や既定値への動的な情報のマージの概念が導入されます。
182
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
マージ タグを使用すると、以下の 5 種類の情報を含めることができます。
• 顧客ドメイン データ
例: 名前、メール アドレス、電話番号など
• 回答データ
アンケートの前のページにある質問への回答は、以降のページにある表題やテキストにマージでき
ます。
例: 回答者が 1 ページ目で自分の名前を入力した場合、その名前を 2 ページ目の表題で使用できま
す。
• 式
式の結果です。 式の詳細については、リファレンス ヘルプを参照してください。
• カスタム値
アンケートの先行ページにあるアンケート スクリプトによって保存される値です。
• コンテンツ オブジェクト
コンテンツ オブジェクトは、動的なコンテンツを定義します。動的なコンテンツでは、実際に表示
されるコンテンツが一連のルールを評価して決定されます。 例: コンテンツ オブジェクトは、アン
ケートのページのテキストに含めることができます。 このコンテンツ オブジェクトは、女性の顧客
と男性の顧客にそれぞれ別の広告用バナーを表示します。
マージ タグは、角かっこで囲まれています ([名前] など)。
タグはセクションと質問の表題、また質問の既定値にも使用されています。
さまざまなタイプのマージ タグ
• ドメイン フィールド タグ
このタイプのタグは、回答者の顧客ドメインからデータを取得します。
構文: [<domain_field>]
例:
Your first name is: [firstname]
• 回答タグ
このタイプのタグは、アンケート内の回答済みの質問からデータを取得します。
構文: [?<question_key>]
例:
You answered: [?Q2]
• 式タグ
Visual Dialogue ユーザー ガイド
183
マージ タグの使用
このタイプのタグには、式が含まれます。 式の詳細については、テクニカル ヘルプを参照してくだ
さい。
構文: [#<expression>]
例:
You currently subscribe to [#NumberOf(Subscriptions)] newspapers.
• カスタム値タグ
このタイプのタグは、CustomValue コレクション内の項目から文字列データを取得します。
CustomValue コレクションは、開始および終了スクリプト内で管理されます。
構文: [!<CustomValueItem>]
例:
This page contain information related to [!products].
• コンテンツ オブジェクト タグ
このタイプのタグは、そのタグが配置されている場所にコンテンツ オブジェクトを表示します。
構文: [$(<Content Object key>, <optional parameters>)]
例: 次のタグは、ContentNr1: [$(ContentNr1)] というキーを持つコンテンツ オブジェクトを追
加します。
オプションのパラメータ:
コンテンツ オブジェクト タグを指定すると、いくつかの追加パラメータを含めることができます。
これらのパラメータとコンテンツ オブジェクトのキーとの区切りにはコンマを、パラメータどうし
の区切りにはセミコロンを使用します。 例: [$(ContentKey, Option1;Option2)]
• Caching—マージ タグを使用して表示されるコンテンツ オブジェクトは、既定でキャッシュされ
ます。 コンテンツ オブジェクト タグ内に C=Ignore を指定すると、表示のたびにそのコンテン
ツ オブジェクトを強制的に実行させることができます。 キャッシュのタイムアウトは既定で 5 分
になっていますが、この設定は CTO=<timeout> (<timeout> はタイムアウトまでの分単位の時
間) を指定することで上書きできます。 コンテンツ オブジェクトのキャッシュの詳細については、
テクニカル ヘルプのセクション「コンテンツ オブジェクト」を参照してください。
例: [$(ContentObjectKey, C=Ignore)]—キャッシュを使用しない場合です。
例: [$(ContentObjectKey, CTO=15)]—コンテンツ オブジェクトのキャッシュのタイムアウトを 15
分に設定しています。
• NoScramble—コンテンツ オブジェクト タグによって生成された URL のクエリ文字列は、既定
でスクランブル化されます。 スクランブル化されていない URL を取得するには、このパラメータ
を使用します。
例: [$(ContentObjectKey, NoScramble)]
• ShowError—コンテンツ オブジェクトの表示でエラーが発生した場合に、エラー メッセージを表
示するかどうかを指定します。 主にデバッグ時に使用します。
184
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
- 例: [$(ContentObjectKey, ShowError)]
• UsePageMode—既定では、コンテンツ オブジェクト タグは、そのタグが配置されている場所に
コンテンツ オブジェクトを自動的に挿入するスクリプト タグで置き換えられます。 iFrame にコ
ンテンツ オブジェクトを含める場合は、このパラメータを指定し、コンテンツ オブジェクト タグ
をその iFrame のソース属性の値として設定します。
例:
<iframe src="[$(ContentObjectKey, UsePageMode)]"></iframe>
• Additional parameters—追加のパラメータは、値の有無に関わらず、いくつでも含めることがで
きます。
- 例: [$(ContentObjectKey, NoScramble;Score=5;IsInterested)]
マージ タグを使用できる場合
マージ タグは、以下のように、アンケート内のほとんどのテキストで使用できます。
• [質問] ビュー
• セクションの表題と指示
• 質問の表題
• 質問の既定値
• マトリクスの表題
• 選択肢の表題
• [レイアウト] ビュー
• ページ ヘッダー
• ページ セクションの指示 (セクションの指示を上書き)
注意: フローでスクリプトを使用して見出しや表題を変更する際には、マージ タグも使用できます。
アンケート ページが表示されるとすぐに、タグは実際の値で置き換えられます。
アンケートのプロパティ
アンケートのプロパティを編集するには、アンケート デザイナでの作業時に、[ファイル] タブで [プ
ロパティ] を選択します。 以下では、プロパティ ウィンドウの各種ページについて説明します。
[全般] タブ
全般ページには、アンケートの名前と説明が表示されます。 また、アンケートの作成や変更がいつ、
誰によって行われたかに関する情報も表示されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
185
アンケートのプロパティ
[言語] タブ
言語ページには、アンケートの言語設定が含まれています。 内部で生成されたすべてのテキスト (検
証エラーなど) は、この言語で表示されます。
[調査タイプ] タブ
このタブでは、調査のタイプを選択します。
• [混合モード]: 匿名および特定済みの両方の回答者がアンケートに回答できます。 これは、最も制限
の少ない調査タイプです。
• [匿名]: 匿名の回答のみが許可されます。 匿名の回答フォームがデータベース内の顧客に関連付けら
れることは決してありません。
• [特定]: 匿名の回答は許可されません。 回答フォームは、常にデータベース内の顧客に関連付けられ
ます。
さらに、ターゲット顧客ドメインを選択できます。 このオプションは、[混合モード] および [特定] の
調査タイプに適用され、対象者を指定の顧客ドメインの回答者のみに制限します。
[既存の顧客の更新を有効にする] オプションでは、既存顧客の顧客データをその顧客の回答に基づい
て更新できるようにするかどうかを指定します。 このオペレーションは、単純な質問のドメイン項目
へのリンク設定、またはフロー スクリプト (顧客オブジェクトを使用できます) の記述のどちらかに
よって行うことができます。
同様に、[匿名の回答からの新規顧客の作成を有効にする] オプションを使用して、新しい顧客をその
顧客の回答に基づいて作成することもできます。 この機能では、混合モードであること、匿名で回答
を開始すること (“ランディング ページ”など) が要件になります。 新規顧客は、指定したターゲット顧
客ドメイン内に作成されます。
[活動] タブ
活動ページでは、活動タイプを選択できます。 特定済みの回答者がアンケートに回答すると、選択さ
れた活動タイプの活動が作成され、その顧客に関連付けられます。 この活動には回答フォームへのリ
ンクが設定されます。
[Web アクセス] タブ
Customer Web Access (CWA) モジュール を通じて顧客がアンケートを利用できるようにするには、
[Customer Web Access で有効にする] チェックボックスをオンにする必要があります。 また、日付
の範囲を設定して、アンケートを利用できる期間を制御できます。
[ログインにパスワード不要] では、顧客がパスワードを入力せずにアンケートにログインし、回答で
きるかどうかを制御します。
[顧客が既存の回答を変更できる] では、顧客が既に登録された回答フォームを再び開き、回答を変更
できるかどうかを制御します。
[回答の追跡を有効にする] では、回答者によるアンケート回答の進捗の追跡を有効にできます。 ただ
し、既定のレイアウトを使用している場合は、回答の追跡機能を利用できません。
186
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
[Customer View のお気に入りリストに表示] では、アンケートの抜粋リスト (お気に入りリスト) を
Customer View に表示するかどうかを指定します。
その他
[既定のレイアウトでセクションのコメントを有効にする] では、既定のレイアウト内にある各セクショ
ンのコメント テキスト領域を有効にして表示できます。
アンケートのテスト
[アンケートのテスト] ウィンドウのアクティブ化
アンケート デザイナでの作業中にアンケートをテストするには、[質問] または [レイアウト] リボン タ
ブで [テスト] を選択します (または F9 キーを押します)。 [アンケートのテスト] ウィンドウが開きま
す。
テストにおけるアンケートの動作は、検証やフローなどのロジックも含めて、“実際の”回答者がアン
ケートを完了した場合とまったく同じです。 唯一の違いは、回答フォームがダイアログ サーバーの
データベースに保存されないことです。
アンケートのテストとレイアウト
[レイアウト] ビューの作業で特定のレイアウトが選択されている場合、このレイアウトは [アンケート
のテスト] ウィンドウに表示されます。 レイアウトが選択されていない場合や、[質問] ビューで作業し
ている場合は、既定のレイアウトを使用してアンケートが表示されます。 既定のレイアウトは、シス
テムによって自動的に生成されるレイアウトです。
アンケートのテストのオプション
アンケートに回答するにあたり、回答者は識別されている場合と匿名の場合のどちらかになります。
これら 2 つのモードをアンケートのテスト時にシミュレートするために、オプション ウィンドウが用
意されています。 このウィンドウを表示するには、[質問] または [レイアウト] リボン タブで [テスト]
> [テストおよびプレビューのオプション...] を選択します。
注意: このウィンドウ内のオプション セットは、[レイアウト] ビューでの作業時のページのプレビュー
にも適用されます。
アンケート URL の作成
顧客は、[Customer Web Access (CWA)] モジュールを利用してアンケートに回答できます。 このモ
ジュールを使用して特定のアンケートにアクセスするには、URL が必要です。 そうした URL を作成
するために、アンケート デザイナでは特別なツールを利用できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
187
アンケート URL の作成
アンケート URL の作成を開始するには、アンケート ブラウザを開き、[ホーム] タブで [アンケートの
URL を作成] を選択します。 [アンケートの URL を作成] ウィンドウが開きます。
[アンケートの URL を作成] ウィンドウ
URL を生成する前に、いくつかのオプションを選択する必要があります。
回答者が回答するアンケートと、使用するレイアウトを選択する必要があります。
作成できる URL タイプがいくつかあります。
• [匿名の回答]: アンケートに回答する際、回答者の特定は行われません。つまり、回答フォームはど
の顧客ドメインのどの顧客にも関連付けられません。
• [固有の URL を使用して特定された回答]: このオプションは、メッセージ デザイナでのメッセージ
のデザイン時にのみ使用できます。 顧客 ID (および場合によってはコンテキスト値と参加顧客 ID)
を含む URL が生成されます。
• [ログインを使用して特定された回答]: 回答者は、アンケートへの回答前にログイン ページに誘導さ
れます。
ドロップダウン ボックスで顧客ドメインを選択する必要があります。 顧客ドメインによって、顧客
の認証の有無や認証の方法が定義されています。そのため、作成された URL は、選択した顧客ドメ
イン内の顧客に対してのみ有効です。
2 種類のログイン URL があります。
• [ログイン ID を使用してログイン]: 顧客の認証には、Dialogue Admin における顧客ドメインの設
定で定義されたログイン ID とパスワードが使用されます。
• [参加顧客 ID を使用してログイン]: 顧客の認証には、顧客が参加しているダイアログの参加顧客
ID (dp_id) が使用されます。 参加顧客 ID を使用してログインするには、ダイアログのプロパティ
でこの方法が特定のダイアログで有効になっている必要があります。 パスワードは、Dialogue
Admin における顧客ドメインの設定で定義されます (ログイン ID を使用したログインの場合と同
様)。
さらに、回答をブロードキャストに関連付けることができます。 ブロードキャストを選択すること
で、生成された URL を使用して登録された回答フォームがこのブロードキャストに関連付けられま
す。 これは、たとえば、Web ポップアップ広告の効率の分析に役立つ場合があります。
[URLをスクランブル化] では、チェック サムによる URL パラメータの暗号化を行うかどうかを指定
します。
注意: インターネットでの実際の調査では、このオプションの使用を強くお勧めします。 テストの場
合は、スクランブル化オプションを省略するのが実用的です。
注意: [OK] をクリックすると、生成された URL をクリップボードにコピーできます。 こうすること
で、URL を他のアプリケーション (Web ページ エディタなど) のドキュメントに貼り付けるこ
とができます。
188
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
アンケート URL の使用
ほとんどの場合、アンケート URL は、メール内のリンク、または顧客がアクセスしている Web ペー
ジを通じて、顧客が利用できるようになります。
回答の追跡
はじめに
回答の追跡は、アンケート回答の進捗を追跡するために使用します。 回答の追跡ログの項目は、回答
者がアクセスしたアンケート ページごとにデータベースに保存されます。 回答をログに記録するに
は、アンケート Web アクセス設定またはテレマーケティング プロジェクトのどちらかで回答の追跡
を有効にしておく必要があります。
回答の追跡の使用
Visual Dialogue には、アンケートの回答追跡データに容易にアクセスするための標準レポートが用意
されています。 このレポートには、以下の情報が含まれます。
• アンケートへの回答を終了した回答者の数。
• (アンケートへの回答を開始した回答者の総数に対する) アンケートの各ページへの回答を終了した
回答者のパーセンテージ
• アンケートへの回答にかかった平均時間。
• アンケートの各ページへの回答にかかった平均時間。
アンケートの参照
アンケートの参照
定義されているすべてのアンケートを確認するには、Visual Dialogue の [ホーム] タブで [探索] > [ア
ンケート] を選択します。 [アンケートを参照] フレームが表示されます。
リスト内のアンケートをソートするには、見出しで対象となる列をクリックします。
リストに表示された一連の列を構成するには、[表示] タブで [列を選択] を選択します。 [列を選択]
ウィンドウが開きます。
プロパティ (アンケートの名前や説明など) の確認または編集を行うには、アンケートを 1 つ選択し、
[ホーム] タブで [プロパティ] を選択します。 [アンケートのプロパティ] ウィンドウが開きます。
アンケート デザイナでアンケートを開くには、リストにある 1 つのアンケートをダブルクリックする
か、[ホーム] タブで [開く] を選択します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
189
アンケート レポートの実行
アンケートを削除するには、アンケートを 1 つマークし、[ホーム] タブで [削除] を選択します。
アンケートのプレビューがブラウザの下部に表示されます。 プレビューのオン/オフを切り替えるに
は、リボン バーの [プレビュー] ボタンをクリックします。 アンケートを保存するとプレビュー イメー
ジが自動的に生成されますが、ブラウザのコンテキスト メニューで [プレビュー イメージの更新] を
選択して、手動で生成することもできます。
アンケート レポートの実行
統合されたアンケート レポートを実行するには、アンケート ブラウザに移動し、[ホーム] タブで [回
答の概要] を選択します。
レポート パラメータに関するウィザードが開きます。 アンケートを選択し、レポートの対象期間を設
定する必要があります。 つまり、レポートには、1 つの質問に所定の期間内に回答するための情報が
含まれることになります。
さらに、完全な回答のみを含めるのか、不完全な回答のみを含めるのか、その両方を含めるのかを選
択できます。
また、レポートにおけるパーセンテージの数値の計算方法も選択できます。 パーセンテージは、レ
ポート内の回答フォームの総数に対して、またはある質問ごとの回答の総数に対して産出されます。
パーセンテージのオプションは、複数選択式の質問のみに適用されます。
ウィザードの完了後、アンケート レポートが生成され、Visual Dialogue のメイン ウィンドウに表示
されます。 レポートのドキュメント形式は HTML です。
回答データのエクスポート
[回答データをエクスポート] ウィザードを実行するには、アンケート ブラウザにアクセスし、[ホーム]
タブで [エクスポート] > [回答データをエクスポート] を選択します。
3 つの段階から成るウィザードが表示されます。 最初のページ (次の図を参照) では、以下の要素を選
択できます。
• データをエクスポートするアンケート
• エクスポートするファイルの形式とそのファイル タイプに適用されるいくつかのオプション ([列ヘッ
ダーを含める] など)
• ファイルの名前
2 番目のページでは、エクスポートする質問を選択できます。 既定では、アンケート内のすべての質
問が選択され、エクスポートされるファイルに含められます。
190
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
単一選択の質問の場合は、特別なオプションとして、 [単一選択の質問を 1 つの列としてエクスポー
ト] を使用できます。 このオプションでは、選択されている選択肢のキーを含む 1 つの列として単一
選択肢の質問をエクスポートするのか、質問のすべての選択肢をそれぞれ別の列に入れるのかを制御
します。
ウィザードの最後のページである 3 ページ目では、完全な回答のみを含めるのか、不完全な応答だけ
を含めるのか、またはその両方を含めるのかを選択できます。 また、 高度なユーザーには、エクス
ポートの対象となる回答フォームをフィルタする SQL ステートメントを入力するオプションが与えら
れます。
回答データの削除
[回答データを削除] ウィザードは、プロセスの進展中にシステムに投稿された追跡データ形式のテス
ト データの削除を主な目的としていますが、任意の追跡データの削除にも使用できるので、十分に注
意して使用する必要があります。
[回答データの削除] ウィザードを実行するには、アンケート ブラウザに移動し、[ホーム] タブで [回
答データの削除] を選択します。
選択されているアンケートについて、回答フォームと回答の追跡レコードの総数を示す、ウィザード
が開きます。
次のページでは、開始と終了の日付を指定することで、削除の対象となるデータの期間を制限できま
す。
次のページでは、回答タイプを指定することで、削除の対象となるデータを制限できます。 完全な回
答のみ、または不完全な回答のみ、あるいはその両方を削除するのかを選択できます。
必要に応じて制限を指定した後、その制限を適用した場合に削除される回答フォームと回答追跡ログ
のレコードの総数が表示されます。
アンケート スタイル
アンケート スタイルは、統一された外観をアンケートに対して作成するために使用します。 このスタ
イルは、2 つの部分で構成されます。 それらは、HTML テンプレートと、CSS クラスのコレクション
です。
HTML テンプレート
HTML テンプレートは、単にアンケート ページが表示される HTML ページです。 特別なタグとして
#MHQUESTIONNAIRE を配置します。これは、HTML ページ上で質問が表示される場所になります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
191
Script Object Model
この点を除けば、このページは普通の HTML ページと同じです。 テンプレートのデザイン時には、F9
キーを押して、既定の Web ブラウザでプレビューを行うことができます。
CSS クラス
CSS クラスは、アンケート ページ上の各種要素の外観を制御するために使用します。 新しいレイア
ウトを作成する際には、既定の CSS クラスのセットが用意され、これは自分のスタイルに合うように
変更できます。 CSS クラスは、個々のアンケート要素上で上書きすることもできます。
注意: CSS クラスページ上の CSS クラスは、定義済みのクラスのみを含むことができます。 独自の
クラスが必要な場合は、そうしたクラスを HTML テンプレートに配置する必要があります。
Script Object Model
Script Object Model の概要
概要
Script Object Model (SOM) は、アンケートに含まれている要素を表すオブジェクトのコレクションで
す。 このモデルを使用すると、アンケート内にある要素のプログラムによる読み取り、オペレーショ
ン、および変更が可能になります。
このモデルでアクセスできるオブジェクトは、 [質問]、[選択肢]、[ページ]、[セクション]、[マトリク
ス]、[列]、[行]、および [セル] です。
また、[SOM] でのスクリプティング時に直接使用できるグローバル メソッドおよびプロパティ群も存
在します。
アンケートでの SOM によるスクリプティングの実際の使用例については、「アンケート フローでの
スクリプティングの例(212ページ)」を参照してください。 各オブジェクトのプロパティとメソッド
のそれぞれについて、説明と例が示されています。
スクリプト言語
アンケート フローでサポートされているスクリプト言語は、Microsoft JScript.NET、Microsoft C#、お
よび Microsoft Visual Basic .NET です。 JScript.NET は、既定の言語であり、特に Web テクノロジと
の併用のために設計された Microsoft のスクリプト言語です。 この言語は、ECMAScript 仕様に準拠し
ており、基本的には、広く使用されている JavaScript の Microsoft 版といえます。
スクリプティング時に C# または Visual Basic .NET を使用する場合は、各スクリプトの 1 行目にそれ
ぞれ [C#] または [VB] の指定を行う必要があります。
192
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
仮想化されたオブジェクト モデル
SOM には、オブジェクトのツリー構造が備わっています。 各種オブジェクトはさまざまなプロパティ
やメソッドを持ち、それらのプロパティやメソッドを通じてサブオブジェクトにアクセスできます。
たとえば、Questions オブジェクトでは、その質問の選択肢オブジェクトにアクセスできます。
1. Global オブジェクト、メソッド、およびプロパティ(193ページ)
2. Questions オブジェクト(197ページ)
3. Alternative オブジェクト(201ページ)
4. Matrix オブジェクト(203ページ)
5. Column オブジェクト(204ページ)
6. Row オブジェクト(205ページ)
7. Cell オブジェクト(206ページ)
8. Page オブジェクト(207ページ)
9. Section オブジェクト(209ページ)
10. Customer オブジェクト(210ページ)
Global オブジェクト、メソッド、およびプロパティ
概要
これらのGlobal プロパティおよびメソッドは、Questionnaire Designer でのスクリプト作成時に直接
使用できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
193
Global オブジェクト、メソッド、およびプロパティ
[プロパティ]
以下のGlobal プロパティがサポートされています。
プロパティ
説明
page ActivePage
現在のページを表すページ オブジェクトを取得します。
long AnswerFormID
回答フォームの ID を取得します。
int BroadcastID
ブロードキャスト ID を取得します。
string ChannelName
チャネル タイプ名を取得します。
string Context
回答フォームのコンテキストを取得または設定します。
customer Customer
アンケートに回答する顧客を表す顧客オブジェクトを取得します。
int CustDomainID
顧客ドメイン ID を取得または設定します。
string CustomerID
顧客 ID を取得または設定します。
object CustomerAPI
顧客に関連するデータにアクセスするための一連のメソッドを提供する [顧
客] API を取得します。
object DialogAPI
ダイアログおよび参加顧客に関連するデータにアクセスするための一連の
メソッドを提供する [ダイアログ] API を取得します。
object GenericAPI
Dialogue Admin で定義された汎用オブジェクトにアクセスするための一連
のメソッドを提供する [汎用] API を取得します。 これらには、SQL レポジ
トリに格納されているデータセットや SQL ステートメント、また汎用プラ
グインも含まれます。
bool IsAnonymous
回答フォームが匿名かどうかを示すブール プロパティを取得または設定し
ます。
bool IsNew
回答フォームが新規のものかどうかを示すブール プロパティを取得しま
す。
long ParticipantID
参加顧客 ID を取得または設定します。
int QuestionnaireID
アンケート ID を取得します。
string ServerSession
ユーザー セッションのセッション キーを取得します。
collection Questions
アンケート内のすべての質問を表す、Questions オブジェクトのコレクショ
ンを取得します。 質問に関する情報と機能には、Questions オブジェクト
上のプロパティやメソッドを通じてアクセスできます。
使用法
question Questions[string Key]
質問キーを使用して質問にアクセスします。
194
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
プロパティ
説明
question Questions[int Index]
0 から始まるインデックス (質問 1 のインデックスは 0、質問 2 のインデッ
クスは 1、のようになります) を使用して、質問にアクセスします。
int Questions.Count
アンケート内にある質問の総数を返します。
例
Questions["Q17"].Hide = true;
Questions[16].Hide = true;
var iQuestionCount = Questions.Count;
collection Matrix
アンケート内のすべてのマトリクスを表す、マトリクス オブジェクトのコ
レクションを取得します。 マトリクスに関する情報と機能には、マトリク
ス オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセスできます。
使用法
matrix Matrix[string Key]
マトリクス キーを使用してマトリクスにアクセスします。
matrix Matrix[int Index]
0 から始まるインデックス (マトリクス 1 のインデックスは 0、マトリクス
2 のインデックスは 1、のようになります) を使用して、マトリクスにアク
セスします。
int Matrix.Count
アンケート内にあるマトリクスの総数を返します。
例
Matrix["A2"].Hide = true;
Matrix[1].Hide = true;
var iMatrixCount = Matrix.Count;
collection Pages
アンケート内のすべてのページを表す、ページ オブジェクトのコレクショ
ンを取得します。 ページに関する情報と機能には、ページ オブジェクト上
のプロパティやメソッドを通じてアクセスできます。
使用法
page Pages[string Key]
ページ キーを使用してページにアクセスします。
page Pages[int Index]
1 から始まるインデックス (ページ 1 のインデックスは 1、ページ 2 のイン
デックスは 2、のようになります) を使用して、ページにアクセスします。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
195
Global オブジェクト、メソッド、およびプロパティ
プロパティ
説明
int Pages.Count
アンケート内にあるページの総数を返します。
例
Pages["P2"].Skip = true;
Pages[2].Skip = true;
var iPageCount = Pages.Count;
collection CustomValue name–value コレクションを返します。 このコレクションは、キーまたは
インデックスを使用してアクセスできる、関連付けられた String キーと
String 値のソートされたコレクションを表します。
このコレクションは、ページ読み込みを経ても保持されるので、ページ間
でデータや情報を保存するために使用できます。
使用法
値の追加: CustomValue.Add(key, value);
値の取得: var myValue = CustomValue[ key ];
collection Sections
アンケート内のすべてのセクションを表す、セクション オブジェクトのコ
レクションを取得します。 セクションに関する情報と機能には、セクショ
ン オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセスできます。
使用法
section Sections[int Index]
1 から始まるインデックス (セクション 1 のインデックスは 1、セクション
2 のインデックスは 2、のようになります) を使用して、セクションにアク
セスします。
int Sections.Count
アンケート内にあるセクションの総数を返します。
例
Sections[2].Hide = true;
var iSectionCount = Sections.Count;
メソッド
以下のグローバル メソッドがサポートされています。
196
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
メソッド
説明
string
指定した式の結果の値を含む XML ドキュメントを返します。
EvaluateExpression(string
expression は評価する式です。
expression)
bool
ブール式を評価し、その結果を返します。
EvaluateExpressionBool(string
expression は評価する式です。
expression)
ブール式以外を指定すると例外が発生します。
string
式を評価し、その結果を返します。
EvaluateExpressionString(string
expression は評価する式です。
expression)
データ グループまたは配列を返す式を指定すると、例外が発生します。 そ
のような式を評価するには、EvaluateExpression メソッドを使用します。
string
顧客ドメイン データを取得します。
GetCustomerData(string
dataField は、ドメインから取得するフィールドです。
dataField)
注意: GetCustomerData メソッドは、アンケートのキャッシュ メカニズ
ムを使用して顧客データにアクセスします。 そのため、パフォーマ
ンスの観点からは、上記の EvaluateExpression… メソッドを使用す
るよりも好ましい、顧客データへのアクセス方法といえます。
例
var sEmailAddress = GetCustomerData("email");
Questions オブジェクト
概要
Questions オブジェクトには、Questions コレクションを通じてアクセスできます。
質問に関する情報と機能には、Questions オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセス
できます。
Questions コレクション内の Question オブジェクトにアクセスするには、質問キーを使用します。
Question オブジェクトに既定のプロパティはありません。
例:
var oQuestion = Questions["Q17"];
[プロパティ]
以下のプロパティがサポートされています。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
197
Questions オブジェクト
プロパティ
説明
collection
Alternatives
このプロパティは、質問で使用可能な選択肢を表す、選択肢オブジェクトのコ
レクションを取得します。 複数選択肢の質問でない場合、コレクションは空
になります。 選択肢に関する情報と機能には、選択肢オブジェクト上のプロ
パティやメソッドを通じてアクセスできます。
使用法
alternative Alternatives[ string Key ]
選択肢キーを使用して選択肢にアクセスします。
alternative Alternatives[ int Index ]
0 から始まるインデックス (選択肢 1 のインデックスは 0、選択肢 2 のインデッ
クスは 1、のようになります) を使用して、選択肢にアクセスします。
int Alternatives.Count
質問内にある選択肢の総数を返します。
例
Questions["Q17"].Alternatives["A1"].Hide = true;
Questions["Q17"].Alternatives[0].Hide = true;
var iAlternativesCount =
Questions["Q17"].Alternatives.Count;
string Caption
このプロパティは、質問の表題を取得および設定します。
例:
Questions["Q17"].Caption = "Cars";
string ErrorMessage このプロパティは、質問の検証に使用します。
このプロパティは、質問の IsValid プロパティが false に設定されたときに質
問に表示される、質問に関するエラー メッセージを取得または設定します。
例:
Questions["Q17"].ErrorMessage = "Answer is not valid";
bool Hide
このプロパティは、質問を強制的に非表示にしたり、表示したりします。 つ
まり、true に設定されていると、質問は常に表示され、false に設定されてい
ると、質問は決して表示されません。 未設定の場合は、アンケート レイアウ
トの定義に従って質問の表示が行われます。
例:
Questions["Q17"].Hide = Questions["Q16"].IsAnswered();
bool IsValid
このプロパティは、質問の検証に使用します。
このプロパティは、質問の検証状態を表すブール値を取得および設定します。
198
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
プロパティ
説明
例:
Questions["Q17"].IsValid = false;
メソッド
以下のメソッドがサポートされています。
メソッド
説明
void ClearAnswer()
質問に対する回答をすべて削除します。
このメソッドに戻り値はありません。
例:
Questions["Q17"].ClearAnswer();
DateTime
与えられている回答を DateTime 値として返します。 回答が存在しない場
GetAnswerDateTime() 合は、DateTime.MinValue が返されます。
例:
var dtAnswer = Questions["Q17"].GetAnswerDateTime();
注意: 質問に対する回答が行われたかどうかを確認するには、IsAnswered()
メソッドを使用します。
float GetAnswerFloat() 与えられている回答を float 値として返します。 回答が存在しない場合は、
0 が返されます。
例:
var fAnswer = Questions["Q17"].GetAnswerFloat();
注意: 質問に対する回答が行われたかどうかを確認するには、IsAnswered()
メソッドを使用します。
int GetAnswerInt()
与えられている回答を integer 値として返します。 回答が存在しない場合
は、0 が返されます。
例:
var iAnswer = Questions["Q17"].GetAnswerInt();
注意: 質問に対する回答が行われたかどうかを確認するには、IsAnswered()
メソッドを使用します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
199
Questions オブジェクト
メソッド
説明
string GetAnswerText() 与えられている回答を string 値として返します。 回答が存在しない場合
は、空の文字列が返されます。
例:
var sAnswer = Questions["Q17"].GetAnswerText();
string
単一選択型の質問に対する回答の選択肢キーを返します。 回答が存在しな
GetSingleChoiceAnswer() い場合は、空の文字列が返されます。
例:
var sAlternativeKey =
Questions["Q17"].GetSingleChoiceAnswer();
bool IsAnswered()
質問に対する回答が存在する場合に true を返し、存在しない場合は false
を返します。
例:
Questions["Q19"].Hide = Questions["Q18"].IsAnswered();
void
SetAnswerText(string
answerValue)
質問に対するテキストの回答を保存します。
このメソッドに戻り値はありません。
answerValue は質問に対して設定される回答の文字列値です。
例:
Questions["Q17"].SetAnswerText("Opel");
void SetAnswerInt(int
answerValue)
質問に対する整数の回答を保存します。
このメソッドに戻り値はありません。
answerValue は質問に対して設定される回答の整数値です。
例:
Questions["Q17"].SetAnswerInt(19);
void
SetAnswerFloat(float
answerValue)
質問に対する浮動小数点数の回答を保存します。
このメソッドに戻り値はありません。
answerValue は質問に対して設定される回答の浮動小数点数値です。
例:
Questions["Q17"].SetAnswerFloat(2.54);
void
質問に対する日付/時刻の回答を保存します。
SetAnswerDateTime(DateTime
このメソッドに戻り値はありません。
answerValue)
200
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
メソッド
説明
answerValue は質問に対して設定される回答の日付/時刻の値です。
例:
Questions["Q17"].SetAnswerDateTime(datetime);
void
SetAnswerBool(bool
answerValue)
質問に対するブール値の回答を保存します。
このメソッドに戻り値はありません。
answerValue は質問に対して設定される回答のブール値です。
例:
Questions["Q17"].SetAnswerBool(true);
注意: 将来の使用のためだけに用意されています。
Alternative オブジェクト
概要
Alternative オブジェクトには、Alternatives コレクションを通じてアクセスできます。
選択肢に関する情報と機能には、選択肢オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセスで
きます。
選択肢コレクション内の Alternatives オブジェクトにアクセスするには、選択肢キーを使用します。
Alternative オブジェクトに既定のプロパティはありません。
例:
var oAlternative = Questions["Q17"].Alternatives["A2"];
[プロパティ]
以下のプロパティがサポートされています。
プロパティ
説明
string Caption
このプロパティは、選択肢の表題を取得および設定します。
例:
Questions["Q17"].Alternatives["A2"].Caption = "Opel";
bool Hide
このプロパティは、選択肢を強制的に非表示にしたり、表示したりします。
つまり、true に設定されていると、選択肢は常に表示され、false に設定さ
れていると、選択肢は決して表示されません。 未設定の場合は、アンケー
ト レイアウトの定義に従って選択肢の表示が行われます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
201
Alternative オブジェクト
プロパティ
説明
例:
Questions["Q17"].Alternatives["A2"].Hide =
Questions["Q16"].IsAnswered();
メソッド
以下のメソッドがサポートされています。
メソッド
説明
bool IsAnswered()
選択肢が回答として選択されている場合に true を返し、それ以外の場合は
false を返します。
例:
Questions["Q18"].Alternatives["A1"].Hide =
Questions["Q17"].Alternatives["A2"].IsAnswered();
void ClearAnswer()
選択肢に対する回答をすべて削除します。 このメソッドに戻り値はありま
せん。
例:
Questions["Q17"].Alternatives["A2"].ClearAnswer();
string GetAnswerText() 選択肢のテキストボックスに文字列値として与えられた回答を返します。
回答が存在しない場合は、空の文字列が返されます。
例:
var sAnswer =
Questions["Q17"].Alternatives["A2"].GetAnswerText();
void
SetAnswerBool(bool
answerValue)
選択肢に対するブール値の回答を保存し、質問の選択肢をそのように設定
します。 このメソッドに戻り値はありません。
answerValue は選択肢に設定される回答のブール値です。
例:
Questions["Q17"].Alternatives["A2"].SetAnswerBool(true);
void
SetAnswerText(string
answerValue)
選択肢に対するテキストの回答を保存します。 この選択肢には適切な テキ
ストボックスが存在する必要があります。 このメソッドに戻り値はありま
せん。
answerValue は選択肢のテキストボックスに設定される回答の文字列値で
す。
202
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
メソッド
説明
例:
Questions["Q17"].Alternatives["A2"].SetAnswerText("Opel");
Matrix オブジェクト
概要
Matrix オブジェクトには、Matrix コレクションを通じてアクセスできます。
Matrix に関する情報と機能には、Matrix オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセスで
きます。
マトリクス コレクション内の Matrix オブジェクトにアクセスするには、Matrix のキーを使用します。
Matrix オブジェクトに既定のプロパティはありません。
例:
var oMatrix = Matrix["M2"];
[プロパティ]
以下のプロパティがサポートされています。
プロパティ
説明
string Caption
このプロパティは、マトリクスの表題を取得および設定します。
例:
Matrix["M2"].Caption = "Personal information";
collection Columns
このプロパティは、マトリクスで使用可能な列を表す、column オブジェ
クトのコレクションを取得します。
列に関する情報と機能には、列オブジェクト上のプロパティやメソッドを
通じてアクセスできます。
使用法
column Columns[ int Index ]
0 から始まるインデックス (列 1 のインデックスは 0、列 2 のインデックス
は 1、のようになります) を使用して、列にアクセスします。
int Columns.Count
マトリクス内の列の総数を返します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
203
Column オブジェクト
プロパティ
説明
例
Matrix["M2"].Columns[2].Hide = true;
var iColumnCount = Matrix["M2"].Columns.Count;
bool Hide
このプロパティは、マトリクスを強制的に非表示にしたり、表示したりし
ます。 つまり、true に設定されていると、マトリクスは常に表示され、
false に設定されていると、マトリクスは決して表示されません。
未設定の場合は、アンケート レイアウトの定義に従ってマトリクスの表示
が行われます。
例:
Matrix["M2"].Hide = Questions["Q16"].IsAnswered();
collection Rows
このプロパティは、マトリクスで使用可能な行を表す、行オブジェクトの
コレクションを取得します。
Row に関する情報と機能には、row オブジェクト上のプロパティやメソッ
ドを通じてアクセスできます。
使用法
Row Rows[ int Index ]
0 から始まるインデックス (行 1 のインデックスは 0、行 2 のインデックス
は 1、のようになります) を使用して、行にアクセスします。
int Rows.Count
マトリクス内の行の総数を返します。
例
Matrix["M2"].Rows[0].Hide = true;
var iRowCount = Matrix["M2"].Rows.Count;
Column オブジェクト
概要
Column オブジェクトには、Columns コレクションを通じてアクセスできます。
Column に関する情報と機能には、Column オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセス
できます。
Column オブジェクトに既定のプロパティはありません。
例:
var oColumn = Matrix["M2"].Columns[2];
204
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
[プロパティ]
以下のプロパティがサポートされています。
プロパティ
説明
string Caption
このプロパティは列の表題を取得および設定します。
例:
Matrix["M2"].Columns[2].Caption = "Name";
bool Hide
このプロパティは、列を強制的に非表示にしたり、表示したりします。 つ
まり、true に設定されていると、列は常に表示され、false に設定されてい
ると、列は決して表示されません。 未設定の場合は、アンケート レイアウ
トの定義に従って列の表示が行われます。
例:
Matrix["M2"].Columns[2].Hide =
Questions["Q16"].IsAnswered();
Row オブジェクト
概要
Row オブジェクトには、Rows コレクションを通じてアクセスできます。
Row に関する情報と機能には、Row オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセスできま
す。
Row オブジェクトに既定のプロパティはありません。
例:
var oRow = Matrix["M2"].Rows[3];
[プロパティ]
以下のプロパティがサポートされています。
プロパティ
説明
string Caption
このプロパティは行の表題を取得および設定します。
例:
Matrix["M2"].Rows[3].Caption = "Medium";
bool Hide
このプロパティにより、行の表示/非表示が強制的に行われます。 つまり、
true に設定されていると、行は常に表示され、false に設定されていると、
Visual Dialogue ユーザー ガイド
205
Cell オブジェクト
プロパティ
説明
行は決して表示されません。 未設定の場合は、アンケート レイアウトの定
義に従って行の表示が行われます。
例:
Matrix["M2"].Rows[3].Hide = Questions["Q16"].IsAnswered();
collection Cells
このプロパティは、行で使用可能なセルを表す、Cell オブジェクトのコレ
クションを取得します。
セルに関する情報と機能には、セル オブジェクト上のプロパティやメソッ
ドを通じてアクセスできます。
使用法
cell Cells[ int Index ]
0 から始まるインデックス (セル 1 のインデックスは 0、セル 2 のインデッ
クスは 1、のようになります) を使用して、セルにアクセスします。
int Cells.Count
行内のセルの総数を返します。
例:
Matrix["M2"].Rows[2].Cells[1].Hide = true;
var iCellCount = Matrix["M2"].Rows[2].Cells.Count
Cell オブジェクト
概要
Cell オブジェクトには Cells コレクションを通じてアクセスできます。
Cell に関する情報と機能には、Cell オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセスできま
す。
Cell オブジェクトに既定のプロパティはありません。
例:
var oCell = Matrix["M2"].Rows[3].Cells[2];
[プロパティ]
以下のプロパティがサポートされています。
206
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
プロパティ
説明
bool Hide
このプロパティは、セルを強制的に非表示にしたり、表示したりします。
つまり、true に設定されていると、セルは常に表示され、false に設定され
ていると、セルは決して表示されません。 未設定の場合は、アンケート レ
イアウトの定義に従ってセルの表示が行われます。
例:
Matrix["M2"].Rows[3].Cells[2].Hide =
Questions["Q16"].IsAnswered();
Page オブジェクト
概要
Page オブジェクトには、Pages コレクションを通じてアクセスできます。
Page に関する情報と機能には、Page オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセスでき
ます。
Pages コレクションのインデックスは 1 から始まります (つまり、ページ 1 のインデックスは 1、ペー
ジ 2 のインデックスは 2、のようになります)。
Page オブジェクトに既定のプロパティはありません。
例:
var oPage = Pages[2];
[プロパティ]
以下のプロパティがサポートされています。
プロパティ
説明
bool IsValid
このプロパティは、ページの検証に使用します。
このプロパティは、ページの検証結果を表すブール値を取得および設定し
ます。
例:
Pages[2].IsValid = false;
string ErrorMessage
このプロパティは、ページの検証に使用します。
このプロパティは、ページの IsValid プロパティが false に設定されている
場合にページに表示されるページに関するエラー メッセージを取得または
設定します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
207
Page オブジェクト
プロパティ
説明
例:
Pages[2].ErrorMessage = "Page is not valid";
string Key
このプロパティは、ページのキーを取得します。 このキーは、レイアウト
内のページに固有の短い文字列です。 この値は読み取り専用です。
string PageText
このプロパティは、PageText 文字列を取得および設定します。 この文字
列は、ページの上部、すべてのセクションの上に表示されます。 このテキ
ストには、マージ タグを含めることができます。
例:
Pages[2].PageText = "Please fill in all fields on this
page";
bool PageTextIsHtml
このプロパティは、テキスト形式の PageText プロパティを取得および設
定します。 このプロパティを false に設定すると、PageText は純粋なテキ
ストとして表示されます。 このプロパティを true に設定すると、PageText
の HTML コードが表示されます。
例:
Pages[2].PageText = "<h4>Please fill in all fields on
this page</h4><br><hr>";
Pages[2].PageTextIsHtml = true;
bool Skip
ページをスキップするかどうかを示すブール値を取得および設定します。
true に設定すると、このページは NextPage プロパティで指定された次の
ページにフローを渡します。
例:
Pages[2].Skip = true;
int NextPage
ページのインデックスを使用して次のページを取得および設定します。
注意: NextPage の代わりに NextPageKey を使用することをお勧めしま
す。ページのキーは、ページの移動や配置変更があっても変化しな
いからです。
このプロパティは、既定で次のページ (現在のページ + 1) に設定されます。
最後のページでは、このプロパティが -1 に設定されます。
このプロパティが -1 に設定されている場合、そのページは Endpoint ペー
ジとして機能します。
例:
Pages[2].NextPage = 4;
208
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
プロパティ
説明
string NextPageKey
ページのキーを使用して次のページを取得および設定します。
このプロパティは、既定で次のページのキーに設定されます。 最後のペー
ジでは、このプロパティが空の文字列に設定されます。
このプロパティが空の文字列に設定されている場合、そのページは Endpoint
ページとして機能します。
例:
Pages["P2"].NextPageKey = "P4";
Section オブジェクト
概要
Section オブジェクトには、Sections コレクションを通じてアクセスできます。
Section に関する情報と機能には、Section オブジェクト上のプロパティやメソッドを通じてアクセス
できます。
Sections コレクションのインデックスは 1 から始まります (つまり、Section 1 のインデックスは 1、
Section 2 のインデックスは 2、のようになります)。
Section オブジェクトに既定のプロパティはありません。
例:
var oSection = Sections[2];
[プロパティ]
以下のプロパティがサポートされています。
プロパティ
説明
string Caption
このプロパティはセクションの表題を取得および設定します。
例:
Sections[2].Caption = "Personal information";
bool Hide
このプロパティは、セクションを強制的に非表示にしたり、表示したりし
ます。 つまり、true に設定されていると、セクションは常に表示され、
false に設定されていると、セクションは決して表示されません。 未設定の
場合は、アンケート レイアウトの定義に従ってセクションの表示が行われ
ます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
209
Customer オブジェクト
プロパティ
説明
例:
Sections[2].Hide = Questions["Q16"].IsAnswered();
メソッド
以下のメソッドがサポートされています。
メソッド
説明
bool SetComment(string セクションにコメントを追加します。
commentValue)
このメソッドに戻り値はありません。
commentValue は、セクションに設定するコメントの文字列値です。
例:
Sections[2].SetComment("Enter your comment here");
string GetComment()
セクションのコメントを文字列値として返します。
セクションにコメントが指定されていない場合は、空の文字列が返されま
す。
例:
var sComment = Sections[2].GetComment();
void ClearComment()
セクションのコメントが存在する場合、そのコメントを削除します。
このメソッドに戻り値はありません。
例:
Sections[2].ClearComment();
Customer オブジェクト
概要
Customer オブジェクトを使用すると、顧客データにアクセスできます。 このオブジェクトにより、
フロー スクリプトから顧客ドメイン フィールドの値を取得および設定できます。
例:
var Gender = Customer.Fields["Gender"];
[プロパティ]
以下のプロパティがサポートされています。
210
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
プロパティ
説明
object Fields[string
FieldName]
アンケートを完了した顧客の顧客ドメイン フィールドの値を取得または設
定します。
例:
Customer.Fields["Email"] =
Questions["EMAIL"].GetAnswerText();
注意: 顧客データを設定/更新するには、アンケートが正しく設定されてい
る必要があります。 「アンケートのプロパティ(185ページ)」を参
照してください。
bool HasChanged
顧客データに対するキャッシュされた変更であって、基盤となる顧客ドメ
イン (顧客データベース) にまだ書き込まれていないものが Customer オブ
ジェクトに含まれているかどうかを示します。
通常、顧客ドメイン (顧客データベース) は、顧客がアンケートへの回答を
終了したときに更新されます。 つまり、回答フォームと、顧客データに対
するすべての変更は、同じデータベース トランザクションで同時に保存さ
れます。
メソッド
以下のメソッドがサポートされています。
メソッド
説明
void Remove (string
FieldName)
以前に Fields プロパティを使用して設定された、ドメイン フィールドの値
に対する変更を削除します。 Remove は、基盤となる顧客ドメイン (顧客
データベース) にその変更が書き込まれる前に呼び出す必要があります。
例:
Customer.Remove("Email");
void RemoveAll()
以前に Fields プロパティを使用して設定された、ドメイン フィールドの値
に対するすべての変更を削除します。 RemoveAll は、基盤となる顧客ドメ
イン (顧客データベース) にそれらの変更が書き込まれる前に呼び出す必要
があります。
例:
Customer.RemoveAll();
Visual Dialogue ユーザー ガイド
211
アンケート フローでのスクリプティングの例
アンケート フローでのスクリプティングの例
概要
ここでは、アンケート フローでスクリプティングを使用する実際の例をいくつか示します。 質問と選
択肢の各キーは、かっこで囲まれています。
例: ページ フローの変更
この例では、(1 ページ目の) 3 つの選択肢から 1 つを選択する質問 (Q1) に対する回答を確認し、その
回答に応じて次のページを 2 ページ目、3 ページ目、または 4 ページ目に設定します。
このスクリプトは、ページのページ終了アクションに配置されます。
if (Questions["Q1"].Alternatives["A1"].IsAnswered())
ActivePage.NextPageKey = "P2";
else if (Questions["Q1"].Alternatives["A2"].IsAnswered())
ActivePage.NextPageKey = "P3";
else if (Questions["Q1"].Alternatives["A3"].IsAnswered())
ActivePage.NextPageKey = "P4";
例: マトリクスの行の非表示化
この例では、3 つの選択肢から 1 つを選択する質問 (Q5) に対する回答を確認し、その回答に応じてマ
トリクス (M2) 内の行を非表示にします。
このスクリプトは、このページのページ入力アクションに配置されます。
if (Questions["Q5"].Alternatives["A1"].IsAnswered())
Matrix["M2"].Rows[2].Hide = true;
else if (Questions["Q5"].Alternatives["A2"].IsAnswered())
Matrix["M2"].Rows[3].Hide = true;
else if (Questions["Q5"].Alternatives["A3"].IsAnswered())
Matrix["M2"].Rows[4].Hide = true;
例: ドメイン データを使用した回答の検証
この例では、顧客の住所と郵便番号を顧客ドメインから取得し、質問 Q15 と Q16 で顧客が回答した
内容と照合しています。 名前が一致した場合、次のページはスキップされます。 名前が一致しない場
合、次のページはスキップされず、ユーザーは質問 Q17 と Q18 (セクション 10) でデータの確認を求
められます。
このスクリプトは、5 ページ目のページ終了アクションに配置されます。
var
var
var
var
sDomainStreetaddress = EvaluateExpressionString("Streetaddress");
sDomainZipcode = EvaluateExpressionString("Zipcode");
sGivenStreetaddress = Questions["Q15"].GetAnswerText();
sGivenZipcode = Questions["Q16"].GetAnswerText();
if ((sDomainStreetaddress != sGivenStreetaddress)
|| (sGivenStreetaddress != sGivenZipcode))
{
Sections[10].Caption = "Please verify your street address and zip code.";
212
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
Questions["Q17"].SetAnswerText(sGivenStreetaddress);
Questions["Q18"].SetAnswerText(sGivenZipcode);
}
else
Pages["P6"].Skip = true;
例: 回答の検証
この例では、複数選択肢の質問 (Q2、メール送信情報の要求) でユーザーがあるチェックボックス (A1)
をオンにしたかどうかを確認しています。 このチェックボックスがオンになっている場合は、入力さ
れたメール アドレス (Q3) の確認が正規表現を使用して行われます。 このテストに失敗した場合、回
答はクリアされ、メールの質問に関するエラー メッセージが表示されます。
このスクリプトは、ページのページ終了アクションに配置されます。
if (Questions["Q2"].Alternatives["A1"].IsAnswered())
{
var sEmail = Questions["Q3"].GetAnswerText();
var regEx = /^([a-zA-Z0-9_\-\.]+)@((\[[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}\.[09]{1,3}\.)|(([a-zA-Z0-9\-]+\.)+))([a-zA-Z]{2,4}|[0-9]{1,3})(\]?)$/;
if (!regEx.test(emailaddress))
{
Questions["Q3"].IsValid = false;
Questions["Q3"].ErrorMessage = "Please enter a correct email address"
+ "(you entered: " + sEmail + ")";
Questions["Q3"].ClearAnswer();
}
}
例: 顧客データの設定
この例は、匿名の回答を使用して“サインアップ” ドメインに新規顧客を作成するサインアップ ページ
のものです。 顧客に関するフィールドには、簡易質問からドメイン フィールドへのリンクを設定する
ことによって Questionnaire Designer のユーザー インターフェースで設定されるものと、質問が他の
タイプ (複数選択肢など) であるという理由でユーザー インターフェースではなくスクリプトで設定さ
れるものがあります。 このスクリプトは、このページのページ終了アクションに配置されます。
[C#]
// Set gender in customer data
if (Questions["GENDER"].Alternatives["F"].IsAnswered())
Customer.Fields["Gender"] = "Female";
else
Customer.Fields["Gender"] = "Male";
// Set country in Customer data
if (Questions["COUNTRY"].Alternatives["OTHER"].IsAnswered())
Customer.Fields["Country"]
= Questions["COUNTRY"].Alternatives["OTHER"].GetAnswerText();
else
Customer.Fields["Country"]
=
Questions["COUNTRY"].Alternatives[Questions["COUNTRY"].GetSingleChoiceAnswer()].Caption;
次の図は、この質問の構造を示しています。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
213
Dialogue Server API
Dialogue Server API
汎用 API
概要
汎用 API には、Dialogue Admin で定義された汎用オブジェクトにアクセスするための一連のメソッド
が用意されています。 これらには、SQL レポジトリに格納されているデータセットや SQL ステート
メント、また汎用プラグインも含まれます。
例:
var dataSet = GenericAPI.GetDataset("MyCustomSQL");
214
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
メソッド
以下のメソッドを使用できます。
メソッド
説明
variant ExecutePlugin(string インターフェイス IMHGenericPlugin を実装している、汎用プラグイ
PluginName, array Params)
ン型の Dialogue Server プラグインを実行します。
PluginName は Dialogue Admin で定義されているプラグインの名前
です。
Params はパラメータ値を含む配列です。
戻り値はプラグインから返される値です。
integer ExecuteSQL(string
SQLName, array Params)
Dialogue Admin の SQL リポジトリに格納されている SQL ステート
メントを実行します。
SQLName はステートメントのテクニカル名です。
Params はパラメータ値を含む配列です。
戻り値は、影響を受けるレコードの数です。
void ExecuteSQLScript(string Dialogue Admin の SQL リポジトリに格納されている SQL スクリプ
SQLName, array of
ト (複数の SQL ステートメント) を実行します。
MHGenericParam Params)
SQLName はステートメントのテクニカル名です。
Params はパラメータ値を含む配列です。
MHGenericParam の定義は、呼び出し側の言語に依存するレコード、
構造体、またはクラスの場合があります。
注意: このメソッドは、クライアントによる 1 つのトランザクショ
ンの一連の SQL ステートメントの実行を可能にします。
void
ExecuteStoredProc(string
StoredProcName, array
Params, string
ConnectionName)
指定したデータベース接続を使用してストアド プロシージャを実行
します。
StoredProcName はデータベースで定義されているストアド プロシー
ジャの名前です。
Params はパラメータ値を含む配列です。
ConnectionName は Dialogue Admin で定義されているセカンダリ
データベース接続のテクニカル名です。 ConnectionName を空白の
ままにすると、既定のデータベース接続が使用されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
215
Dialogue Server API
メソッド
説明
DataSet GetDataset(string
SQLName, array Params)
Dialogue Admin で XML として定義されている DataSet オブジェクト
を返します。
SQLName はこのデータセットを定義している、SQL リポジトリ内
の項目の名前です。
Params はパラメータ値 (データベース ホスト変数) を含む配列です。
DataSet GetDataset (string
SQLName, array Params,
integer MaxRows)
Dialogue Admin で XML として定義されている DataSet オブジェクト
を返します。
SQLName はこのデータセットを定義している、SQL リポジトリ内
の項目の名前です。
Params はパラメータ値 (データベース ホスト変数) を含む配列です。
MaxRows には取得する行の最大数を指定します。 MaxRows を -1 に
設定するとすべての行が返され、値を 0 にすると空のデータセットの
みが返されます。
long GetSequenceID(string
SequenceName)
指定したシーケンスの次の値を返します シーケンスは、一意の識別
子を保持するために Dialogue Server によって提供されます。 Dialogue
Server は、GetSequenceID に対する明確な呼び出しによって返され
る数値の一意性を保証します。
SequenceName はシーケンスの名前です。 存在しないシーケンスが
指定された場合は、新しいシーケンスが自動的に作成されます。
注意: シーケンスは、Dialogue Server の内部メカニズムです。デー
タベース シーケンスと混同しないでください。 たとえば、
Oracle にはシーケンスと呼ばれる独自のメカニズムがありま
す。
variant UpdateDataset(string GetDataset メソッドを使用して以前に取得されたデータセットを更
SQLName, array Params,
新します。
DataSet dataSet)
UpdateDataset は、データベースによってデータセット内の最上位
テーブルに対して生成された最後の ID を返します。 通常、これは自
動インクリメント列またはデータベース シーケンスから得られる値
になります。 そのような列が Dialogue Admin で定義されていない場
合、戻り値は null になります。
SQLName はこのデータセットを定義している、SQL リポジトリ内
の項目の名前です。
216
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
メソッド
説明
Params はパラメータ値を含む配列です。 これらのパラメータ値は、
元のデータセットが GetDataset を使用して取得されたときに指定さ
れたパラメータ値に等しくなければなりません。
dataSet は新規、更新、または削除されたレコードを含む DataSet オ
ブジェクトです。
[顧客] API
概要
[顧客] API には、顧客に関連するデータにアクセスするための一連のメソッドが用意されています。
メソッド
以下のメソッドがサポートされています。
メソッド
説明
DataSet
指定した式の結果の値を含む DataSet オブジェクトを返します。
EvaluateExpression(int
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、CustomerID は
CustDomainID, string
CustomerID, string Expression) 式の評価が行われる顧客の ID です。
Expression は評価する式です。
bool
ブール式を評価し、その結果を返します。
EvaluateExpressionBool(int
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、CustomerID は
CustDomainID, string
CustomerID, string Expression) 式の評価が行われる顧客の ID です。
Expression は評価する式です。 ブール式以外を指定すると例外が発
生します。
string
式を評価し、その結果を返します。
EvaluateExpressionString(int
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、CustomerID は
CustDomainID, string
CustomerID, string Expression) 式の評価が行われる顧客の ID です。
Expression は評価する式です。 データ グループまたは配列を返す式
を指定すると、例外が発生します。 そのような式を評価するには、
EvaluateExpression メソッドを使用します。
integer
GetCustomerCount(int
CustDomainID, string
Visual Dialogue ユーザー ガイド
指定した条件を満たす顧客の数を返します。
CustDomainID は、顧客ドメインを指定する ID です。
217
Dialogue Server API
メソッド
説明
FilterExpression, string
ContextExpression)
FilterExpression は、カウントされる顧客のセレクションのフィルタ
または絞り込みに使用される式です。
ContextExpression を指定した場合は、顧客がカウントされる前に、
コンテキスト値が顧客に割り当てられます。 ContextExpression は、
文字列値、場合によっては文字列の配列を返す式です。 文字列の配
列の場合は、1 つの顧客に複数のコンテキスト値を持たせることがで
き、同じ顧客を複数回 (そのたびにコンテキスト値を変えて) 含める
ことができます。
DataSet GetCustomers(string 指定した条件を満たす顧客データを持つ顧客を含む DataSet オブジェ
FilterExpression, string
クトを返します。
ContextExpression, string
DataFields, integer MaxCount) FilterExpression は、返される顧客のセレクションのフィルタまたは
絞り込みに使用される式です。
ContextExpression を指定した場合は、返される DataSet のフィール
ド mh_context に値が割り当てられます。 ContextExpression は、文
字列値、場合によっては文字列の配列を返す式です。 文字列の配列
の場合は、1 つの顧客に複数のコンテキスト値を持たせることがで
き、同じ顧客を複数回 (そのたびにコンテキスト値を変えて) 含める
ことができます。
DataFields は、DataSet オブジェクトで返される顧客データのグルー
プとフィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切った
リストです。
MaxCount は返される顧客の最大数です。 MaxCount を -1 に設定す
ると、指定したその他の条件を満たす顧客がすべて返されます。
DataSet GetCustomers(int
CustDomainID, string
FilterExpression, string
ContextExpression, string
DataFields, integer MaxCount)
指定した条件を満たす顧客データを持つ顧客を含む DataSet オブジェ
クトを返します。
CustDomainID は、顧客ドメインを指定する ID です。
FilterExpression は、返される顧客のセレクションのフィルタまたは
絞り込みに使用される式です。
ContextExpression を指定した場合は、返される DataSet のフィール
ド mh_context に値が割り当てられます。 ContextExpression は、文
字列値、場合によっては文字列の配列を返す式です。 文字列の配列
の場合は、1 つの顧客に複数のコンテキスト値を持たせることがで
き、同じ顧客を複数回 (そのたびにコンテキスト値を変えて) 含める
ことができます。
218
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
メソッド
説明
DataFields は、DataSet オブジェクトで返される顧客データのグルー
プとフィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切った
リストです。
MaxCount は返される顧客の最大数です。 MaxCount を -1 に設定す
ると、指定したその他の条件を満たす顧客がすべて返されます。
DataSet
指定したセレクション内の顧客を含む DataSet を返します。
GetCustomerSelection(int
SelectionID, string DataFields, SelectionID はセレクションの ID です。
integer MaxCount)
DataFields は、この DataSet で返される顧客データのグループと
フィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切ったリス
トです。
MaxCount は返される顧客の最大数です。 MaxCount を -1 に設定す
ると、指定したその他の条件を満たす顧客がすべて返されます。
integer
指定したセレクション内の顧客の数を返します。
GetCustomerSelectionCount(int
SelectionID はセレクションの ID です。
SelectionID)
DataSet
GetSingleCustomer(string
DataFields)
指定した条件を満たす顧客データを持つ現在の顧客を含む DataSet
オブジェクトを返します。
DataFields は、DataSet オブジェクトで返される顧客データのグルー
プとフィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切った
リストです。
DataSet
指定した基準を満たす顧客データを持つ単一の顧客を含む DataSet
GetSingleCustomer(int
オブジェクトを返します。
CustDomainID, string
CustomerID, string DataFields) CustDomainID は顧客ドメインを指定している ID であり、CustomerID
は取得する顧客の ID です。
DataFields は、DataSet オブジェクトで返される顧客データのグルー
プとフィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切った
リストです。
DataSet GetCategories()
Dialogue Admin で定義されているすべてのカテゴリを含む DataSet
オブジェクトを返します。
void PostEvent(string
EventTypeName, string
Description, string Context)
システム イベントを投稿します。 システム イベントは Dialogue
Admin で定義されており、Dialogue Server はシステム イベント発生
時にアクションを実行するように設定できます。 たとえば、あるオ
ペレーションを 1 つ以上のダイアログで実行できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
219
Dialogue Server API
メソッド
説明
EventTypeName は Dialogue Admin で定義されているイベント タイ
プのテクニカル名です。
Description はイベントに対するオプションの説明です。
Context は顧客のコンテキスト値です。 コンテキストが必要ない場合
は、Context を文字列 "0" に設定します。
void PostEvent(string
EventTypeName, string
Description, int CustDomainID,
string CustomerID, string
Context)
システム イベントを投稿します。 システム イベントは Dialogue
Admin で定義されており、Dialogue Server はシステム イベント発生
時にアクションを実行するように設定できます。 たとえば、あるオ
ペレーションを 1 つ以上のダイアログで実行できます。
EventTypeName は Dialogue Admin で定義されているイベント タイ
プのテクニカル名です。
Description はイベントに対するオプションの説明です。
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、CustomerID は
新しいイベントに関連する顧客の ID です。
Context は顧客のコンテキスト値です。 コンテキストが必要ない場合
は、Context を文字列 "0" に設定します。
void RemoveCategory(int
CustDomainID, string
CustomerID, string
CategoryName)
カテゴリから顧客を削除します (カテゴリ メンバーシップの削除な
ど)。
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、CustomerID は
顧客の ID です。
CategoryName は Dialogue Admin で定義されているカテゴリのテク
ニカル名です。
void
RemoveCategoryValue(int
CustDomainID, string
CustomerID, string
CategoryName, string Value)
カテゴリから顧客の値を削除します。 カテゴリは 値を持つタイプの
カテゴリでなければなりません。
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、CustomerID は
顧客の ID です。
CategoryName は Dialogue Admin で定義されているカテゴリのテク
ニカル名です。
Value は、Dialogue Admin のカテゴリ 設定で定義されている、削除
の対象となる文字列値です。
void SetCategory(int
CustDomainID, string
CustomerID, string
CategoryName)
220
カテゴリに顧客を追加します (カテゴリ メンバーシップの作成など)。
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、CustomerID は
顧客の ID です。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
メソッド
説明
CategoryName は Dialogue Admin で定義されているカテゴリのテク
ニカル名です。
void SetCategoryValue(int
CustDomainID, string
CustomerID, string
CategoryName, string Value)
値を持つカテゴリに顧客を追加します (カテゴリ メンバーシップの作
成、既存のメンバーシップへの値の追加など)。
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、CustomerID は
顧客の ID です。
CategoryName は Dialogue Admin で定義されているカテゴリのテク
ニカル名です。
Value は、Dialogue Admin のカテゴリ 設定で定義されている、設定
の対象となる文字列値です。
string
変更を保存するために顧客データの更新内容を Dialogue Server に送
UpdateSingleCustomer(string 信します。 このメソッドにより、新しい顧客が挿入されたり、既存
DataFields, DataSet
の顧客の削除または更新が行われたりする場合があります。 新しい
CustomerData)
顧客が挿入された場合は、新しい顧客の顧客 ID が返されます。
DataFields は、この CustomerDataXML に含まれる顧客データのグ
ループとフィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切っ
たリストです。
CustomerData は、変更された顧客データを含む DataSet オブジェク
トです。
注意: DataFields は、理論的には冗長な情報です。 ただし、現在の
バージョンでは、クライアントと Dialogue Server との間で変
更のやりとりを容易にするために必要です。
string
UpdateSingleCustomer(int
CustDomainID, string
CustomerID, string DataFields,
DataSet CustomerData)
変更を保存するために顧客データの更新内容を Dialogue Server に送
信します。 このメソッドにより、新しい顧客が挿入されたり、既存
の顧客の削除または更新が行われたりする場合があります。 新しい
顧客が挿入された場合は、新しい顧客の顧客 ID が返されます。
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、CustomerID は
更新、削除、または挿入する顧客の ID です。
DataFields は、この CustomerDataXML に含まれる顧客データのグ
ループとフィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切っ
たリストです。
CustomerData は、変更された顧客データを含む DataSet オブジェク
トです。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
221
Dialogue Server API
メソッド
説明
注意: DataFields は、理論的には冗長な情報です。 ただし、現在の
バージョンでは、クライアントと Dialogue Server との間で変
更のやりとりを容易にするために必要です。
[ダイアログ] API
概要
[ダイアログ] API には、ダイアログと参加顧客に関連するデータにアクセスするための一連のメソッド
が用意されています。
メソッド
以下のメソッドがサポートされています。
222
メソッド
説明
DataSet
EvaluateExpression(int
CustDomainID, double
ParticipantID, string
Expression)
指定した式の結果の値を含む DataSet オブジェクトを返します。
bool
EvaluateExpressionBool(int
CustDomainID, double
ParticipantID, string
Expression)
ブール式を評価し、その結果を返します。
string
EvaluateExpressionString(int
CustDomainID, double
ParticipantID, string
Expression)
式を評価し、その結果を返します。
integer
GetParticipantCount(int
CustDomainID, int GroupID,
string FilterExpression)
指定した条件を満たす参加顧客の数を返します。
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、ParticipantID
は式の評価が行われるダイアログ参加顧客の ID です。
Expression は評価する式です。
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、ParticipantID
は式の評価が行われるダイアログ参加顧客の ID です。
Expression は評価する式です。 ブール式以外を指定すると例外が発
生します。
CustDomainID は顧客ドメインを指定する ID であり、ParticipantID
は式の評価が行われるダイアログ参加顧客の ID です。
Expression は評価する式です。 データ グループまたは配列を返す式
を指定すると、例外が発生します。 そのような式を評価するには、
EvaluateExpression メソッドを使用します。
CustDomainID は、顧客ドメインを指定する ID です。
GroupID は参加顧客を含むダイアログ グループの ID です。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
メソッド
説明
FilterExpression は、カウントされる参加顧客のセレクションのフィ
ルタまたは絞り込みに使用される式です。
DataSet GetParticipants(int 顧客データと共に参加顧客を含む DataSet オブジェクトを返します。
CustDomainID, int GroupID,
string FilterExpression, string CustDomainID は、顧客ドメインを指定する ID です。
DataFields, integer MaxCount) GroupID は参加顧客を含むダイアログ グループの ID です。
FilterExpression は、返される参加顧客のセレクションのフィルタま
たは絞り込みに使用される式です。
DataFields は、DataSet オブジェクトで返される顧客データのグルー
プとフィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切った
リストです。
MaxCount は返される参加顧客の最大数です。 MaxCount を -1 に設
定すると、すべての参加顧客が返されます。
DataSet
顧客データと共に参加顧客を含む DataSet オブジェクトを返します。
GetParticipantSelection(int 返される参加顧客は指定したダイアログ グループ内に存在しなけれ
GroupID, int SelectionID, string ばならず、なおかつ同時に指定したセレクションにも含まれている必
DataFields, integer MaxCount)
要があります。
GroupID は参加顧客を含むダイアログ グループの ID です。
SelectionID はセレクションの ID です。
DataFields は、DataSet オブジェクトで返される顧客データのグルー
プとフィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切った
リストです。
MaxCount は返される参加顧客の最大数です。 MaxCount を -1 に設
定すると、すべての参加顧客が返されます。
integer
指定した条件を満たす参加顧客の数を返します。 カウントされる参
GetParticipantSelectionCount(int 加顧客は指定したダイアログ グループ内に存在しなければならず、
GroupID, int SelectionID)
なおかつ同時に指定したセレクションにも含まれている必要がありま
す。
GroupID は参加顧客を含むダイアログ グループの ID です。
SelectionID はセレクションの ID です。
DataSet
GetSingleParticipant(long
ParticipantID, string
DataFields)
顧客データと共に 1 つの参加顧客を含む DataSet オブジェクトを返
します。
CustDomainID は、顧客ドメインを指定する ID です。
ParticipantID は返される参加顧客の ID です。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
223
クライアント側のイベントとスクリプト
メソッド
説明
DataFields は、DataSet オブジェクトで返される顧客データのグルー
プとフィールド (顧客ドメイン定義のもの) をセミコロンで区切った
リストです。
クライアント側のイベントとスクリプト
クライアント側のイベントとスクリプトについて
概要
アンケート モジュールは、標準の JavaScript 言語を使用したクライアント側のスクリプトをサポート
しています。 クライアント側のスクリプトを使用する目的は、ブラウザ ページのユーザー インター
フェイスをオペレーションすることです (値の変更、要素や質問の表示/非表示など)。 スクリプトは、
質問や選択肢のコントロールと、ページ オブジェクトに関するさまざまなイベントに対して定義でき
ます。
スクリプト言語
使用されるスクリプト言語は、広く用いられている標準の JavaScript 言語です。 アンケート モジュー
ルで JavaScript を記述する際には、クライアント側の特別なサポート関数およびプロパティのセット
を使用できます。 これらのサポート関数により、ページ上の要素やコントロールや、値の設定やメッ
セージの表示などを行うための機能に容易にアクセスできます。
イベント
クライアント側のスクリプトをアンケート内で使用する際には、質問および選択肢のコントロールや
ページ オブジェクトに関する多数のイベントを使用できます。
詳細については、「クライアント側のスクリプトやイベントとの連携(224ページ)」を参照してくだ
さい。
クライアント側のスクリプトやイベントとの連携
概要
アンケート内のクライアント側スクリプトは、レイアウト (すべてのページ)、ページ、質問、および
選択肢に関する多数のイベントに対して定義できます。
MHControl プロパティは、イベント用のスクリプトを記述する際にいつでも使用できます。 このプロ
パティは常に、イベントを発生させた要素を返します。
224
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
アンケート内の JavaScript は次の 4 つのレベルで追加できます。
1. レイアウト
レイアウト レベルで追加した JavaScript は、すべてのページに追加されます。 特定のページ上の
同一イベントにスクリプトを追加すると、そのレイアウトに追加したスクリプトが上書きされま
す。
2. ページ
ページ オブジェクトに対する JavaScript です。
3. 質問
質問コントロール上のイベントに対する JavaScript です。
4. 選択肢
質問の選択肢コントロール上のイベントに対する JavaScript です。
JavaScript の追加
1 つのイベントに対して JavaScript を定義するには、アンケート内のレイアウトを開き、スクリプト
を追加するレイアウト、ページ、質問または選択肢を探します。 右クリックの後、[JavaScript] を選
択 (またはスクリプト ボタンをクリック) します。
[JavaScript] ウィンドウが開きます。 イベント リストでイベントを選択します。 [スクリプト] テキ
ストボックスに JavaScript ステートメントを記述します。 [OK] をクリックします。
JavaScript の概要
[JavaScript の概要] ウィンドウには、レイアウト内で使用されるすべての JavaScript の概要が表示さ
れます。 ここに挙げたスクリプトは、このウィンドウで直接編集できます。 [JavaScript の概要] ウィ
ンドウを表示するには、レイアウト ツリー ビュー内の任意の場所を右クリックし、[JavaScript の概
要] を選択します。
スクリプト作成時に使用できるすべてのイベントの詳細なリストについては、使用できるイベント
(225ページ) を参照してください。
使用できるイベント
使用できるイベント
以下に、アンケート モジュールで使用できるイベントのリストを示します。
イベント
onclick
説明
説明: ユーザーがオブジェクト上でマウスの左ボタンをクリックすると、発
生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
Visual Dialogue ユーザー ガイド
225
使用できるイベント
イベント
onchange
説明
説明: オブジェクトまたはセレクションの内容が変化すると発生します。
適用範囲: 質問、選択肢
onblur
説明: オブジェクトが入力フォーカスを失うと発生します。
適用範囲: 質問、選択肢
ondblclick
説明: ユーザーがオブジェクトをダブルクリックすると発生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
onfocus
説明: オブジェクトがフォーカスを取得すると発生します。
適用範囲: 質問、選択肢
onkeydown
説明: ユーザーがキーを押すと発生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
onkeypress
説明: ユーザーが英数字のキーを押すと発生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
onkeyup
説明: ユーザーがキーを放すと発生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
onmousedown
説明: ユーザーがいずれかのマウス ボタンでオブジェクトをクリックする
と発生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
onmousemove
説明: ユーザーがオブジェクト上でマウスを動かすと連続的に発生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
onmouseover
説明: ユーザーがオブジェクト上にマウス ポインタを動かすと発生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
onmouseup
説明: オブジェクト上にマウスがある場合に、ユーザーがマウス ボタンを
放すと発生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
226
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
イベント
onpageenter
説明
説明: ブラウザがオブジェクトを読み込んだ直後に発生します。
適用範囲: ページ
onpageexit
説明: オブジェクトの読み込み解除の直前に発生します。
適用範囲: ページ
onbeforevalidate
説明: ページが検証される直前に発生します。
適用範囲: ページ
使用法: false を返すと、ページの検証と提出が行えなくなります (return
false;)。
onaftervalidate
説明: ページの検証に成功した直後に発生します。
適用範囲: ページ
使用法: false を返すと、ページの提出が行えなくなります (return
false;)。
onmouseout
説明: ユーザーがオブジェクトの境界線の外側にマウス ポインタを動かす
と発生します。
適用範囲: ページ、質問、選択肢
グローバル スクリプト メソッド
グローバル メソッド
クライアント側の JavaScript をアンケート内で使用する際には、以下のグローバル関数を使用できま
す。
関数
説明
void
パラメータ
MHDisplayErrorMessage(string
errorMessage: 表示するエラー メッセージです。
errorMessage [, string
questionKey])
questionKey (オプション): 質問のキーを指定します。 指定した場合
は、質問上にエラー メッセージが表示され、指定しなかった場合は、
ページの下部にエラー メッセージが表示されます。
説明
Visual Dialogue ユーザー ガイド
227
グローバル スクリプト メソッド
関数
説明
このメソッドは、質問または選択肢のコントロールの値を設定するた
めの手軽な機能を提供します。 このメソッドには戻り値がありませ
ん。
戻り値
このメソッドには戻り値がありません。
例
この例は、質問に関連するエラー メッセージを表示します。
MHDisplayErrorMessage("Please fill in your phone
number", "Q7");
object
パラメータ
MHGetAlternativeContainer(
questionKey: 質問のキーです。
string questionKey, string
alternativeKey )
alternativeKey: 選択肢のキーです。
戻り値
ラジオボタンまたはチェックボックスの選択項目を含む要素 (TABLE)
を返します。
戻り値の型: Table HTML element (クリックすると外部のドキュメン
トが表示されます)。
例
この例は、選択肢の境界線を変更します。
var alternative = MHGetAlternativeContainer("Q2",
"A3"); alternative.style.border = "2px outset red";
object
MHGetAlternativeImage(
string questionKey, string
alternativeKey)
パラメータ
questionKey: 質問のキーを指定します。
alternativeKey: 選択肢のキーを指定します。
戻り値
選択肢のイメージ要素を返します。
戻り値の型: Img HTML element (クリックすると外部のドキュメント
が表示されます)。
例
この例は、選択肢のイメージの URL を変更します。
var image = MHGetAlternativeImage("Q5", "A3");
image.src = "http://myserver/path/football.jpg";
228
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
関数
説明
object MHGetCaption( string パラメータ
questionKey [, string
questionKey: 質問のキーを指定します。
alternativeKey])
alternativeKey (オプション): 選択肢のキーを指定します。 省略した場
合は、質問の表題の要素が返されます。
戻り値 質問または選択肢の表題の要素を返します。 戻り値の型: Span
HTML element (クリックすると外部のドキュメントが表示されます)。
例
この例は、質問の表題を変更します。
var caption = MHGetCaption("Q3"); caption.innerHTML
= "Custom Question Caption";
object MHGetControl(string
questionKey [, string
alternativeKey, bool
getAlternativeTextbox] )
パラメータ
questionKey: 質問のキーを指定します。
alternativeKey (オプション): 選択肢のキーを指定します。 省略した場
合は、質問のコントロールが返されます。
getAlternativeTextbox (オプション): この関数に true を渡すと、選択
肢のテキストボックスが返されます。
戻り値
質問、選択肢、または選択肢のテキストボックス要素を返します。
返される要素の型は、要求したアンケートの要素に依存します。
• 単一行のテキスト コントロール: Input HTML element, type=text
(クリックすると外部のドキュメントが表示されます)。
• 複数行のテキスト コントロール: Textarea HTML element (クリッ
クすると外部のドキュメントが表示されます)。
• ドロップダウン リスト コントロール: Select HTML element (ク
リックすると外部のドキュメントが表示されます)。
• リストボックス コントロール: Select HTML element (クリックす
ると外部のドキュメントが表示されます)。
• ラジオ ボタン コントロール: Input HTML element, type=radio (ク
リックすると外部のドキュメントが表示されます)。
• チェックボックス コントロール: Input HTML element,
type=checkbox (クリックすると外部のドキュメントが表示されま
す)。
例
Visual Dialogue ユーザー ガイド
229
グローバル スクリプト メソッド
関数
説明
この例は、チェックボックス (複数選択式質問のもの) を設定します。
var chkbox = MHGetControl("Q1", "A2");
chkbox.checked = true;
object MHGetMatrixCaption( パラメータ
string matrixKey [, string type,
matrixKey: マトリクスのキーを指定します。
int index])
type: (オプション) 行または列の場合に指定します。 行または列の表
題の要素を取得するには、"row" または "column" に設定します。
省略した場合や他の値を指定した場合は、マトリクスの表題が返され
ます。
index (オプション): 行または列のインデックスを指定します。 最初
の行または列では index = 0 となります。
戻り値
マトリクスの表題要素またはマトリクスの行または列の表題要素を返
します。
戻り値の型: Span HTML element (クリックすると外部のドキュメン
トが表示されます)。
例
この例は、マトリクスの 2 行目の表題を変更します。
var rowcaption = MHGetMatrixCaption("M1", "row", 1);
rowcaption.innerHTML = "Custom Row Caption";
object
MHGetQuestionContainer(
string key [, bool isMatrix])
パラメータ
key: 質問キーまたはマトリクス キーのどちらかです。
isMatrix (オプション): コンテナがマトリクスかどうかを指定します。
省略した場合、コンテナは質問と見なされます。
戻り値
質問またはマトリクスを含む要素 (SectionItem) を返します。 戻り値
の型: Table HTML element (クリックすると外部のドキュメントが表
示されます)。
例
この例は、質問全体を非表示にします。
var question = MHGetQuestionContainer("Q2");
question.style.display = "none";
230
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
関数
説明
object
パラメータ
MHGetQuestionImage(string
key [, int index, bool isMatrix]) key: マトリクスまたは質問のキーを指定します。
index (オプション): 質問またはマトリクス イメージのインデックス
を指定します。 最初のイメージでは index = 0 となります。 省略し
た場合は、最初のイメージが返されます。
isMatrix (オプション): マトリクスの質問が要求されているかどうかを
指定します。 省略した場合、イメージは質問のイメージと見なされ
ます。
戻り値
質問またはマトリクスのイメージ要素を返します。
戻り値の型: Img HTML element (クリックすると外部のドキュメント
が表示されます)。
例
この例は、質問のイメージの URL を変更します。
var image = MHGetQuestionImage("Q4");
image.src = "http://myserver/path/car.jpg";
object MHGetSection(int
sectionIndex)
パラメータ
sectionIndex: ページ セクションのインデックスを指定します。 最初
のセクションでは index = 0 となります。
戻り値
セクション要素を返します。 戻り値の型: Table HTML element (ク
リックすると外部のドキュメントが表示されます)。
例
この例は、ページの 2 番目のセクションを非表示にします。
var section = MHGetSection(1);
section.style.display = "none"
object MHGetSectionCaption( パラメータ
int sectionIndex)
sectionIndex: ページ セクションのインデックスを指定します。 最初
のセクションでは index = 0 となります。
戻り値
セクショの表題要素を返します。
戻り値の型: TD HTML element (クリックすると外部のドキュメント
が表示されます)。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
231
グローバル スクリプト プロパティ
関数
説明
例
この例は、ページの最初のセクションの表題を変更します。
var caption = MHGetSectionCaption(0);
caption.innerHTML = "Custom Section Caption";
void MHSetValue(variant
value, string questionKey [,
string alternativeKey, bool
getAlternativeTextbox] )
パラメータ
variant: 設定する値です。 このパラメータの型は、指定した質問また
は選択肢のコントロールに依存します。
questionKey: 質問のキーを指定します。
alternativeKey (オプション): 選択肢のキーを指定します。
getAlternativeTextbox (オプション): この関数に true を渡すと、最初
のパラメータに従って選択肢のテキストボックス値が設定されます。
説明
このメソッドは、質問または選択肢のコントロールの値を設定するた
めの手軽な機能を提供します。 このメソッドには戻り値がありませ
ん。
戻り値
このメソッドには戻り値がありません。
例
この例は、単純な (テキスト) 質問の値を変更します。
MHSetValue("Type Some Text Here...", "Q6");
グローバル スクリプト プロパティ
グローバル プロパティ
クライアント側の JavaScript をアンケート内で使用する際には、以下のグローバル プロパティを使用
できます。
プロパティ
説明
string
MHAlternativeKey
説明
このプロパティは、イベントを発生させた選択肢コントロールの選択肢キー
を返します。
プロパティの型
232
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
プロパティ
説明
このプロパティの型は、文字列オブジェクトです。
object MHBackButton
説明
戻るボタンを取得します。
プロパティの型
このプロパティの型は、 Input HTML element, type=submit (クリックす
ると外部のドキュメントが表示されます) です。
object MHCloseButton 説明
閉じるボタンを取得します。
プロパティの型
このプロパティの型は、 Input HTML element, type=submit (クリックす
ると外部のドキュメントが表示されます) です。
string MHContext
説明
回答フォームのコンテキストを取得または設定します。
プロパティの型
このプロパティは文字列型です。
object MHControl
説明
このプロパティは、イベントを発生させたコントロールを返します。
プロパティの型
このプロパティの型は、イベントを発生させたコントロールに依存します。
• 単一行のテキスト コントロール: Input HTML element, type=text (クリッ
クすると外部のドキュメントが表示されます)。
• 複数行のテキスト コントロール: Textarea HTML element (クリックする
と外部のドキュメントが表示されます)。
• ドロップダウン リスト コントロール: Select HTML element (クリックす
ると外部のドキュメントが表示されます)。
• リストボックス コントロール: Select HTML element (クリックすると外
部のドキュメントが表示されます)。
• ラジオ ボタン コントロール: Input HTML element, type=radio (クリッ
クすると外部のドキュメントが表示されます)。
• チェックボックス コントロール: Input HTML element, type=checkbox
(クリックすると外部のドキュメントが表示されます)。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
233
グローバル スクリプト プロパティ
プロパティ
説明
• ページ コントロール: Div HTML element (クリックすると外部のドキュ
メントが表示されます) です。
int
説明
MHCustomerDomainID
顧客ドメイン ID を取得します。 MHIsAnonymous = false の場合にのみ意
味をもちます。
プロパティの型
このプロパティは整数型です。
int MHCustomerID
説明
顧客 ID を取得します。 MHIsAnonymous = false の場合にのみ意味をもち
ます。
プロパティの型
このプロパティは整数型です。
object
MHForwardButton
説明
進む (次へ) ボタンを取得します。
プロパティの型
このプロパティの型は、 Input HTML element, type=submit (クリックす
ると外部のドキュメントが表示されます) です。
bool MHIsAnonymous 説明
このブール プロパティは、回答フォームが匿名の場合は true、それ以外の
場合は false となります。
プロパティの型
このプロパティはブール型です。
bool MHIsNew
説明
このプロパティは、回答フォームが新しい (以前に格納されていない) 場合
は true、それ以外の場合は false となります。
プロパティの型
このプロパティはブール型です。
bool MHIsPagePreview 説明
このブール プロパティは、Visual Dialogue でのページのプレビュー時には
true、それ以外の場合は false となります。
234
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 7 章 : アンケート
プロパティ
説明
プロパティの型
このプロパティはブール型です。
bool MHIsPreviewMode 説明
このブール プロパティは、Visual Dialogue でのアンケートのプレビュー時
には true、それ以外の場合は false となります。
プロパティの型
このプロパティはブール型です。
string MHQuestionKey 説明
このプロパティは、イベントを発生させた質問コントロールの質問キーを
返します。
プロパティの型
このプロパティの型は、文字列オブジェクトです。
object MHPage
説明
アンケート ページ要素を取得します。
プロパティの型
このプロパティの型は、 Div HTML element (クリックすると外部のドキュ
メントが表示されます) です。
int MHPageIndex
説明
現在のページ インデックスを取得します。
プロパティの型
このプロパティは整数型です。
int MHParticipantID
説明
参加顧客 ID を取得または設定します。
プロパティの型
このプロパティは整数型です。
object MHResetButton 説明
リセット ボタンを取得します。
プロパティの型
Visual Dialogue ユーザー ガイド
235
グローバル スクリプト プロパティ
プロパティ
説明
このプロパティの型は、 Input HTML element, type=submit (クリックす
ると外部のドキュメントが表示されます) です。
236
Portrait Dialogue 6.0 SP1
レポート
• レポートについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .238
• レポートを使用する方法と理由 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .238
• レポート デザイナ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .239
• [プレビュー] ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .272
• レポートの参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .274
• レポート セキュリティ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .274
• レポート フォーマット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .275
• Report Portal . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .276
• 統合レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .277
8
レポートについて
レポートについて
Visual Dialogue には、レポートをデザインおよび実行するための機能が組み込まれています。 組み込
まれているレポート デザイナ ツールは、レポートをデザインするために使用されます。
レポート デザイナ
レポート デザイナは、ドメインや SQL データソースを使用したカスタム レポートのデザインに使用
されます。
詳細については、「レポート デザイナについて(239ページ)」を参照してください。
レポート テンプレート
レポート テンプレートを作成するには、レポート デザイナを使用します。
レポート テンプレートは、Report Portal アプリケーションでのレポート生成 (およびオプションの保
存オペレーション) の際に使用されるテンプレートです。
テンプレート作成方法の詳細については、新規レポート テンプレートの作成(239ページ) を参照し
てください。
レポートを使用する方法と理由
レポートは、データを評価し、書式化して、組織の内外に配信するプロセスです。
レポートは、ビジネス インテリジェンス戦略でも使用され、要求された情報を要求された形式でユー
ザーに提供します。
Report Portal は、Web 上でのレポートの管理、セキュリティ保護、および利用を簡単にできるよう
にします。 また、情報をなじみのある使いやすい形式で提示します。
レポートの構成
レポートを利用する過程は以下の式で表現できます。
データ アクセス + データ プロセス + レポート レイアウト = レポート出力
• データ アクセス
データ アクセスは、データベース内の物理的なデータです。
• データ プロセス
データ プロセスとは、データに基づく中間的な結果の計算と、レポート生成時のレポート レイアウ
トの変更を意味します。
238
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
• レポート レイアウト
レポート レイアウトは、レポートの外観を記述したり、レポート生成時のコンポーネントの動作を
定義したりする一連のデザイン コンポーネントです。
• レポート出力
レポート出力は、レポート プロセスの結果であり、正確なコンテンツを要求された形式で提示しま
す。
この表現式は、レポートと呼ばれる作業の領域全体を大体カバーしています。 この表現式の各要素
の重要性は、基本的に同じです。 等式の要素がどれか 1 つでもサポートされていない場合や、十分
にサポートされていない場合は、レポート ソリューションの有用性が著しく低下します。
レポート デザイナ
新規レポート テンプレートの作成
新しいレポート テンプレートを作成するには、Visual Dialogue の [作成] タブで [レポート テンプレー
ト] を選択します。 [新規レポート テンプレート ウィザード] が開きます。
ステップ 1
ウィザードの最初のページでは、新しいレポート テンプレートに名前とオプションの説明を設定しま
す。
また、レポート テンプレートを保存するレポート ポータルのフォルダを選択する必要があります。
レポート ポータルのフォルダの削除、作成、または名前変更を行うには、フォルダのドロップダウン
リストの右にあるボタンをクリックします。 [Report Portal フォルダの選択] ウィンドウが開きます。
ステップ 2
ウィザードの最後のページである 2 ページ目では、[既定の出力フォーマット] を選択します。 各種レ
ポート フォーマットについては、「レポート フォーマット(275ページ)」を参照してください。
注意: ウィザードで選択したテキストとオプションはすべて、後で [レポート プロパティ] ウィンドウ
で変更できます。
[新規レポート テンプレート] ウィザードを完了すると、レポート デザイナが開きます。
レポート デザイナについて
レポート デザイナは、レポート テンプレートを構築およびデザインするために使用するアプリケー
ションです。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
239
レポート テンプレートのプロパティ
レポート デザイナには、以下の 3 つのビューがあります。
• [データ]
既定では、レポートを開いたときや、新しいレポートを作成するときにデータ ビューが開きます。
通常は、データソースの定義が最初のタスクになります。
• レイアウト
[レイアウト] ビューは 2 つの領域、 キャンバスとワークベンチに分かれています。 キャンバスは、
レポート デザインそのものを含む領域です。 ここには、最終的にレポートの各ページのコンテンツ
を制御することになる、バンドやコンポーネントを配置します。 ワークベンチは、ツールバー、コ
ンポーネント パレット、ルーラーをはじめとする、キャンバスのオペレーションに使用できるツー
ルで構成されます。
• [プレビュー]
[プレビュー] ビューは、一連のテスト パラメータ値に基づき、レポートのプレビューを行うために
使用されます。
レポート テンプレートのプロパティ
レポート テンプレートのプロパティを確認または編集するには、[ファイル] タブで [プロパティ] を選
択します。 レポート セキュリティに関連する情報については、「レポート セキュリティ(274ペー
ジ)」を参照してください。
[全般] タブ
全般的なテンプレートのプロパティです。
• [名前]—レポート テンプレートの名前です。
• [説明]—レポート テンプレートの説明です。
• [作成日] (読み取り専用)—テンプレートが作成された日時です。
• [作成者] (読み取り専用)—レポートを作成したユーザーのユーザー名です。
• [最終更新日] (読み取り専用)—テンプレートが最後に変更された日時です。
• [最終更新者] (読み取り専用)—テンプレートを最後に変更したユーザーのユーザー名です。
[Report Portal] タブ
Report Portal でレポートの動作を制御するには、以下のプロパティを使用します。
• [Report Portal フォルダ]—テンプレートが保存されるレポート ポータルのフォルダです。 テンプ
レート フォルダの参照や管理を行うには、フォルダ名の右にある参照ボタンをクリックします。
• [既定の出力フォーマット]—レポートの実行時に使用される既定の出力フォーマットです。 使用可
能な各種フォーマットの詳細なリストについては、「レポート フォーマット(275ページ)」を参照
してください。
240
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
• [Report Portal の概要に表示]—Report Portal の概要でレポート テンプレートを使用可能にするに
は、このチェックボックスをオンにします。 Report Portal 内の概要ページは、Report Portal に表
示される、すべての発行済みレポートのリストになっています。
このオプションの一般的な使用法は、テンプレートのデザインを終了するまではオフのままにして
おくことです。
• [レポートの実行を有効にする]—Report Portal ユーザーによるレポートの実行を許可するには、こ
のチェックボックスをオンにします。 このオプションがオフになっている場合は、テンプレートの
アーカイブのみが使用可能になります。
[詳細] タブ
システム タイプにレポートを関連付けるには、このプロパティを使用します。 たとえば、すべての標
準レポートはシステム レポート タイプのセットを持っています。
• [システム レポート タイプに関連付け]—使用できるすべてのシステム レポート タイプのリストで
す。
• [特定の顧客ドメインでのみ使用]—使用できるすべてのドメインのリストです。 1 つのドメインのみ
でシステム レポート タイプを使用するには、このドロップダウン リストを設定します。
データ ビュー
データ ビューについて
既定では、レポートを開いたときやレポートを作成するときに、データ ビューが開きます。 ここで
は、レポートで使用されるすべてのデータソースを定義します。 このビューで作業することで、デー
タソースを定義したり、実行時のデータのフィルタ/制限に使用されるパラメータを指定したりしま
す。
データソース
データは、2 つの異なるタイプのデータソースから選択できます。
1. [カスタム SQL]
このオプションにより、カスタム SQL クエリを記述して、SQL データベースからデータを選択で
きます。
2. [顧客ドメイン]
このオプションにより、顧客ドメインからデータを取得できます。 定義済みのセレクションを使
用して、データ選択を制限できます。
新しいデータソースの定義については、「データソースの定義(242ページ)」を参照してください。
また、データソースはサブデータソースとしても作成できます。 サブデータソースは、別のデータ
ソースの“下”で作成されたデータソースであり、“親データソース”に連結されます。 新しいサブデータ
ソースの定義については、「サブデータソースの定義(243ページ)」を参照してください。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
241
データ ビュー
パラメータ
パラメータは、実行時のデータ選択をフィルタしたり制限したりするために使用します。 1 つまたは
複数のパラメータを定義でき、各パラメータは 1 つまたは複数のデータソース フィールドに連結され
ます。
データ ビューのユーザー インターフェース
以下の図に、2 つの SQL データソースが定義された、データ ビューの例を示します。
データソースの定義
新しいデータソースを作成するには、[データ] リボン タブで [データソース] > [新規データソース...]
を選択するか、ツリー ビューでデータソース フォルダを右クリックして [新規データソース] を選択
します。 [新規データソース ウィザード] が開きます。
ステップ 1
ウィザードの最初のページでは、データソースに名前とオプションの説明を設定します。
ステップ 2
ウィザードの 2 ページ目では、データソース タイプを選択します。
• [カスタム SQL]
このオプションにより、カスタム SQL クエリを記述して、SQL データベースからデータを選択で
きます。
• [顧客ドメイン]
このオプションにより、顧客ドメインからデータを選択できます。
[Custom SQL] を選択した場合、ウィザードはこのステップの後で完了します。 [顧客ドメイン] を選
択した場合は、3 ページ目 (ステップ) を処理する必要があります。
ステップ 3
ウィザードの最後のページである 3 ページ目では、顧客ドメインと、オプションで (データの選択を制
限するための) セレクションを選択できます。
242
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
関連情報
新しいサブデータソースの定義については、「サブデータソースの定義(243ページ)」を参照してく
ださい。
データソースの作成後、そのデータソースに連結されているパラメータを定義できます。 「パラメー
タの定義と連結(244ページ)」を参照してください。
データソースのテストについては、「データソースのテスト(245ページ)」を参照してください。
データソースのソートについては、「データソースのソート(247ページ)」を参照してください。
サブデータソースの定義
サブデータソースは、別のデータソースの“下”で作成されたデータソースであり、“親データソース”に
連結されます。
サブデータソースの作成
サブデータソースを作成するには、“親データソース”を選択して [データ] タブで [データソース] > [新
規サブ データソース...] を選択するか、ツリー ビューでデータソース フォルダを右クリックして [新
規サブ データソース] を選択します。 [新規データソース ウィザード] が開きます。
注意: サブ データソースは、SQL データソースの下でのみ作成でき、SQL ステートメントを使用し
た定義のみ行えます (そのため、ウィザードには最初のステップのみが含まれます)。
親データベースへのサブデータソースの連結
サブデータソースの定義時には、ホスト変数を使用して、データソースをその親データソースに“連結”
する必要があります。こうしたホスト変数は、親データソース内のあるフィールドを直接参照します。
ホスト変数を使用すると、レポート パラメータをサブデータソースに連結することもできます。 パラ
メータ名に空白が含まれている場合、こうした空白は SQL ステートメントでの参照時にアンダースコ
アで置き換える必要があります。
使用法
サブデータソースは、親データソースの結果データ テーブル内の各列について一度ずつ実行されま
す。 そのため、サブデータソースは、たとえば、サブレポートや [DBChart] コンポーネントの使用時
に便利です。
関連情報
データソースの作成後、そのデータソースに連結されているパラメータを定義できます。
データソースのテスト方法については、「データソースのテスト(245ページ)」を参照してください。
データソースのソート方法については、「データソースのソート(247ページ)」を参照してください。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
243
データ ビュー
パラメータの定義と連結
パラメータは、レポート生成実行時のデータの選択のフィルタまたは制限に使用します。
1 つのレポートに対して 1 つ以上のパラメータを定義できます。 パラメータを作成するには、[データ]
タブで[パラメータ] を選択するか、ツリー ビューでパラメータ フォルダを右クリックして [新規パラ
メータ] を選択します。 [新規パラメータを作成] ウィンドウが開きます。
[全般] タブ
[全般] タブでは、以下のプロパティが定義されます。
• [パラメータ名]—パラメータの名前 (必須) です。
• [説明]—パラメータの説明 (オプション) です。
• [必須パラメータ]—このチェックボックスをオンにすると、必須のパラメータとして設定されます。
• [データ型]—パラメータのデータ型 (必須) です。
• [演算子]—パラメータの演算子 (必須) です。
• [固定演算子]—演算子をロックするには、このチェックボックスをオンにします。 オフになってい
る場合は、実行時に演算子を変更できます。
• [既定値]— パラメータの既定値 (オプション) を設定するには、このオプションを使用します。
[連結] タブ
[連結] タブでは、1 つ以上のデータソースへの連結を定義できます。
連結を 1 つ追加するには、[連結] をクリックします。
• [データソース]—連結先のデータソースを選択します。
• [フィールド]—連結先のデータソース フィールドを選択します。
続いて、[OK] をクリックすると、そのパラメータ連結がパラメータ連結のリストに追加されます (上
の 2 つの図を参照)。
連結を編集するには、対象の連結を選択し、[編集] をクリックします。 [パラメータ連結] プロパティ
ウィンドウが開きます。
連結を削除するには、対象の連結を選択し、[削除] をクリックします。
注意: フィールドをパラメータに連結する代わりに、データソースの最上位 SQL ステートメント内の
パラメータを直接参照することもできます。 例:
SELECT * FROM dialog where dlg_id = :Dialog
パラメータ名に空白が含まれている場合、こうした空白は SQL ステートメントでの参照時にア
ンダースコアで置き換える必要があります。
244
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
[検索 SQL] タブ
必要に応じて、検索 SQL クエリを定義できます。 Report Portal でレポートを実行すると、検索 SQL
が実行され、パラメータの演算子が “in” の場合は、チェックボックス内に結果が表示されます。 そう
でない場合は、ドロップダウン リストに表示されます。
検索 SQL クエリを使用するには、[検索 SQL を有効にする] チェックボックスをオンにし、SQL ス
テートメントを記述します。 SQL をテストするには、[テスト] をクリックします (返される行の数が
報告されます)。
注意: SQL ステートメントは、1 つまたは 2 つの列を返す必要があります。
• 1 つの列が返された場合、その列はチェックボックス リスト/ドロップダウン リストで値と
“表示テキスト”の双方に使用されます。
• 2 つの列が返された場合、最初の列は値として、2 つ目の列は表示テキストとしてチェック
ボックス リスト/ドロップダウン リストで使用されます。
[詳細] タブ
パラメータをシステム パラメータ タイプに関連付けるには、このチェックボックスをオンにします。
ドロップダウンリストからシステム パラメータ タイプを選択します。 たとえば、レポートがシステ
ム レポート タイプの [ダイアログ レポート] の場合、そのレポートは [ダイアログ ID] に設定されたシ
ステム パラメータ タイプのパラメータを持っている必要があります。
データソースのテスト
レポート内のデータソースはすべてテストできます。 これにより、データソースのデータセットのプ
レビューを確認できます。
SQL データソースのテスト
SQL データソースは、サブデータソースの有無にかかわらずテストできます。
• サブデータソースがない SQL データソースのテスト
サブデータソースを考慮せずに SQL データソースをテストするには、データソースを選択して [デー
タ] タブで [SQL をテスト] > [SQL をテスト] を選択するか、データソースを右クリックして [SQL
をテスト] を選択します。 これにより、SQL ステートメントが実行され、結果が [データソース デー
タのプレビュー] ウィンドウに表示されます。
• サブデータソースを含む SQL データソースのテスト
サブデータソースまで含めた SQL データソースをテストするには、データソースを選択して [デー
タ] タブで [データソースをテスト] を選択するか、データソースを右クリックして [データソースを
テスト] を選択します。 これにより、SQL ステートメントとサブデータソースが実行され、結果が
[データソース データのプレビュー] ウィンドウに表示されます。 データソースの結果にあるそれぞ
れの行は、サブデータソースの結果を確認するために展開できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
245
データ ビュー
データソースにサブ データソースがまったくない場合、結果は先ほどの手順の場合と同じになりま
す。
サブデータソースのテスト
サブデータソースは、親データソースとの連結の有無にかからわずテストできます。
• 連結のあるサブデータソースのテスト
親データソースと連結されたサブデータソースをテストするには、データソースを選択して [データ]
タブで [データソースをテスト] を選択するか、データソースを右クリックして [データソースをテ
スト] を選択します。 これにより、サブデータソースを含む SQL ステートメントが実行され、結果
が [データソース データのプレビュー] ウィンドウに表示されます。 親データソースの結果にあるそ
れぞれの行は、サブデータソースの結果を確認するために展開できます。
• 連結のないサブデータソースのテスト
親データソースと連結されていないサブデータソースをテストするには、データソースを選択して
[データ] タブで [SQL をテスト] > [SQL をテスト] を選択するか、データソースを右クリックして
[SQL をテスト] を選択します。 すると、ウィンドウが表示され、“連結パラメータ”の入力が求めら
れます。 パラメータの値を入力し、[OK] をクリックします。 これにより、SQL ステートメントが
実行され、結果が [データソース データのプレビュー] ウィンドウに表示されます。
顧客ドメイン データソースのテスト
顧客ドメイン データソースをテストするには、データソースを選択して [データ] タブで [データソー
スをテスト] を選択するか、データソースを右クリックして [データソースをテスト] を選択します。
これにより、[データソース データのプレビュー] ウィンドウに結果が返されます。
レポート パラメータのテスト値
1 つ以上のパラメータ値が与えられたデータソースをテストするには、[データ] タブで [パラメータ値]
を選択するか、ツリービューで右クリックして [レポート パラメータ値] を選択します。 [レポート パ
ラメータのテスト値] ウィンドウが表示されます。 対象となるパラメータのテスト値を設定し、[OK]
をクリックします。
必須のパラメータは、ウィンドウ内で赤くマークされます。
レポート内のデータソースをテストする際には、与えられたパラメータ値が使用されます。
グローバルなテスト値の設定については、「テスト オプション(246ページ)」を参照してください。
テスト オプション
テスト オプションは、レポート デザイナでのグローバル設定であり、デザイナでのすべてのレポート
の作業時に適用されます。
レポート デザイナでレポートをテストするためのテスト オプションを設定するには、[データ] リボン
タブで [テストのオプション] を選択します。 [レポート テストのオプション] ウィンドウが開きます。
246
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
• [SQL サンプル内のレコードの最大数] この設定は、SQL データソースの実行時に返されるレコード
の最大数を設定します。 この制限を無効にするには、フィールドをクリアするか、-1 を設定しま
す。
• [顧客ドメイン サンプル内のレコードの最大数] この設定は、顧客ドメインのデータソース実行時に
返されるレコードの最大数を設定します。 この制限を無効にするには、フィールドをクリアするか、
-1 を設定します。
これらの設定は、[プレビュー] ビューでのレポートのプレビュー時にも適用されます。
データソースのソート
レポート用に定義された任意のデータソースに対するソートを設定できます。 データソースのソート
を設定するには、ツリー ビューでデータソースを選択し、右クリックして、[データソースのソート設
定] を選択します。 [データソースのソート設定] ウィンドウが開きます。
使用可能なフィールド (列) からデータソースのソートのキーとして使用するものを選択し、左矢印を
クリックします。 これにより、選択されたフィールドが [ソート フィールド] リストに移動します。
使用可能なすべてのフィールドによってソートを行うには、“左向き二重矢印”をクリックします。
[ソート フィールド] リストからフィールドを削除するには、対象の項目を選択し、右矢印をクリック
して [使用可能なフィールド] リストに戻します。
データソース項目のソート順序を変更するには、項目を選択し、
をクリックします。
Report Designer の [レイアウト] ビュー
Report Designer の [レイアウト] ビューについて
[レイアウト] ビューでは、レポートのレイアウトのデザインと構築を行います。
[レイアウト] ビューは 2 つの領域、 ツールボックスとキャンバスに分かれています。
ツールボックス
ツールボックスは、コンポーネント パレット、ツールバー、ルーラーなど、キャンバスのオペレー
ションに使用できるツールで構成されます。
使用可能なツールボックスのコンポーネントの詳細については、「レイアウト ツールの概要(249ペー
ジ)」を参照してください。
キャンバス
キャンバスは、レポートデザインを含む領域です。 ここには、最終的にレポートの各ページのコンテ
ンツを制御することになる、バンドやコンポーネントをツールボックスから選択し、 配置します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
247
Report Designer の [レイアウト] ビュー
レポートのバンド
レポート バンドについて
キャンバスは、バンドと呼ばれるセクションに分かれています。
これらのバンドには、レポートの各ページのコンテンツを制御するコンポーネントを配置します。
バンド
バンドは、そのすぐ下にあるセクション区切り内でラベル付けされています。 最初のバンドは“ヘッ
ダー”、2 番目のバンドは“詳細”、3 番目のバンドは“フッター”と呼ばれます。 レポートの生成時には、
各バンドがページの異なる部分に印刷されます。 さまざまな場合のためにさまざまなタイプのバンド
が用意されています。
レポートに対するバンドの追加または削除を行うには、[レイアウト] リボン タブで [バンド] を選択し
ます。
レポートでの使用が可能または必須のバンドを以下に示します。
• 詳細
詳細バンドはレポートの本文です。 このバンドは、常に存在し、削除できません。
• ヘッダー
ヘッダー バンドのコンテンツは、レポートの各ページの上部に表示されます。
• フッター
フッター バンドのコンテンツは、レポートの各ページの下部に表示されます。
• [タイトル]
タイトル バンドのコンテンツは、レポートの冒頭に一度だけ表示されます。
• 要約
要約バンドのコンテンツは、レポートの最後に一度だけ表示されます。
バンドの調整方法については、「バンドの調整(248ページ)」を参照してください。
バンドの調整
形状がバンド内 (ヘッダー バンドなど) にうまく適合しない場合は、バンドの高さを上げることでlこれ
に対応することができます。
高さを調整するには:
1. [ヘッダー] というラベルの付いた区切りの上にカーソルを置きます。 カーソルが上/下向きの矢印
に変化し、区切りを上下にドラッグできるようになります。
248
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
2. マウスの左ボタンを押したまま、区切りを上下にドラッグします。 区切りの左にある縦ルーラー
上に 2 本の短い線が表示されます。 これらの線は、区切りの新しい位置を表しているので、ガイ
ドと呼ばれます。
3. 区切りをドラッグすることで、ヘッダー バンドの高さを上げます。
ヘッダー バンドのサイズを変更するこの方法は、すべてのバンドで機能します。
レイアウト ツール
レイアウト ツールの概要
レイアウト ツールは、コンポーネント パレット、タブ、ルーラーなど、キャンバスの操作に使用でき
るツールで構成されます。
• レポート コンポーネント: このツールバーには、レポート キャンバスのデザインに使用可能なコン
ポーネントが表示されます。 詳細については、「コンポーネント パレット ツールバー」を参照し
てください。
• レポート オブジェクト: レポートで使用されるすべてのオブジェクトとコンポーネントは、左側の
レポート ツリーに一覧表示されます。 詳細については、レポート ツリー(249ページ)を参照して
ください。
• 詳細については、「[レポート ツリー] タブ(250ページ)」を参照してください。
コンポーネント パレット ツールバー
コンポーネント パレット ツールバーは、レポート キャンバスをデザインするためのコンポーネント
を提供します。 レポートでコンポーネントを使用するには、コンポーネント パレット ツールバーで
適切なコンポーネントを選択し、カーソルをキャンバス内の適切な場所に移動して、クリック操作に
よってコンポーネントを挿入します。 キャンバスで選択されたコンポーネントのプロパティは、レイ
アウト ビューのツールバーとして使用できます。 以下に、使用可能なコンポーネントを示します。
• 次のセクション「[データソースとフィールド] ツールボックス タブ」まで、コンポーネントに関す
るすべての説明を続けます。
• 次のセクション「[データソースとフィールド] ツールボックス タブ」まで、コンポーネントに関す
るすべての説明を削除します。
• セクション「[レポート オブジェクト] ツールボックス タブ」を書き直します。
レポート ツリー
レポート ツリーは、レポートで使用されるすべてのオブジェクトとコンポーネントの概要を階層的に
表示し、それらへの迅速なアクセスを可能にします。 レポートで使用されるオブジェクトに対するア
クセスや選択を行うには、オブジェクトのアウトラインを参照し、対象のオブジェクトを選択します。
選択したオブジェクトがレポート キャンバスで選択された (フォーカスを取得した) 状態になります。
キャンバスで選択されているオブジェクトのプロパティは、レイアウト ビューの上のオブジェクト イ
ンスペクタから必要な設定を行います。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
249
Report Designer の [レイアウト] ビュー
[データツリー] タブ
[データツリー] タブでは、データベース フィールドやパラメータをレポート上にドラッグ アンド ド
ロップできます。
レポートでパラメータ フィールドを使用すると、レポートの実行時に使用されるパラメータ値がレ
ポートに表示されます。
キャンバスで選択されているコンポーネントのプロパティは、レイアウト ビューのツールバーとして
使用できます。
オプション
フィールドのオプションを表示するには、[データツリー] タブの下部にある、[レイアウト] を選択し
ます。
• [すべて]—選択されているフィールドについて、ラベルと値フィールドの両方を作成します。
• [スタイル]—上記のフィールドを交互に作成するには、[表形式] を選択します。 上記のフィール
ドを隣り合わせにして作成するには、[縦] を選択します。
• [ラベル]—選択されているフィールドにのみラベルを作成します。
• [フィールド]—選択されているフィールドにのみ値フィールドを作成します。
[レポート ツリー] タブ
[レポート ツリー] タブ—このタブは、レポートで使用されるすべてのオブジェクトとコンポーネント
の概要を階層的に表示し、それらへの迅速なアクセスを可能にします。
レポートで使用されるオブジェクトに対するアクセスや選択を行うには、オブジェクトのアウトライ
ンを参照し、対象のオブジェクトを選択します。 選択したオブジェクトがレポート キャンバスで選択
された (フォーカスを取得した) 状態になります。
キャンバスで選択されているオブジェクトのプロパティは、レイアウト ビューの上のオブジェクト イ
ンスペクタから必要な設定を行います。
コンポーネント
クロス集計
スプレッドシートについて
スプレッドシートは、PC を大きな成功に導いた最初のアプリケーションの 1 つでした。 スプレッド
シートは計算データをグリッド形式 (列の見出し、行ラベル、およびセル内の計算データ) で提示しま
す。
スプレッドシートはさまざまな形式をとることができます。 クロス集計形式は、特に広く使用されて
いる形式の 1 つです。 クロス集計とは、データセット内にある共通の値に基づいて合計値などの計算
を実行するプロセスです。
250
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
たとえば、ある会社の売上を記述したデータ セットがあるとします。 それぞれの売上は、データの行
によって表されています。 データの各行には、顧客名、都市、州、日付、売上高が記されています。
ここで、それぞれの月の州別の売上合計を知りたいとします。 以下では、このデータを提示できる 1
つの方法を示します。
州: AL
年: 1999
売上合計: $2577
州: CA
年: 2000
売上合計: $3548
この形式で問題はありませんが、州どうしの比較が困難になります。 以下に、別の形式を示します。
この形式はより読みやすく、よりコンパクトになっています。 少ないスペースに多くの情報が記され
ています。 また、州どうしの比較が簡単に行えます。 この形式がクロス集計です。 月および州の値
は、行および列内のデータに注目したものになるため、次元と呼ばれます。 セル内の値は、売上デー
タの要約時に作成された計算です。
ここに示した単純なクロス集計は、さらに複雑なものにできます。 都市別の売上や、都市ごとの売上
合計を知りたい場合はどうすればよいでしょうか。 こうした情報は、別の次元を列 (都市) に、別の計
算を値 (売上の件数) にそれぞれ追加することで、提示できます。 結果として得られるクロス集計は、
次のようになります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
251
Report Designer の [レイアウト] ビュー
新しい小計列が各州の後ろにあることに注意してください。 このクロス集計には、最初のクロス集計
のすべての情報に加えて、利別の詳細情報も表示されています。 クロス集計では、非常に小さなス
ペースで多くの情報を表現できることがわかります。 レポート デザイナには、クロス集計を作成する
ための機能が組み込まれています。 [クロス集計] コンポーネントは、特に一般的なクロス集計の要件
を、ユーザー側の手間を最小限に抑えて処理できるように設計されています。 たとえば、先ほど説明
したクロス集計を作成するとします。 その場合は、以下の手順に従うことになります。
1. データベースから売上データを選択します。
2. レポート レイアウトでクロス集計コンポーネントを作成します。
3. 州、市、および月を次元として選択します。
4. 件数と合計を値として選択します。
5. レポートのプレビューを行います。 次のように
表示されます。
[クロス集計] コンポーネント
概要
このチュートリアルでは、レポート作成時の [クロス集計] ツールの使用方法を説明します。
252
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
ステップ 1
顧客情報 (特に以下のフィールド) を含むデータソースを作成します。
• 販売月
• 販売額
ステップ 2
クロス集計の作成:
1. レイアウト ビューを表示します。
2. クロス集計コンポーネントを詳細バンドに配置します。
3. クロス集計を顧客データソースに割り当てるには、キャンパスに配置したコンポーネントを右ク
リックし、[編集] を選択します。
4. [ファイル] > [プリンタの設定] を選択し、印刷の向きを [横方向] に設定します。 [OK] をクリック
します。
5. クロス集計を右クリックし、[設定] を選択します。 Crosstab Designer が表示されます。
6. Crosstab Designer の上部にある指示を読みます。
7. 販売月フィールドを選択し、新しい行のセル上にドラッグします。 フィールドが配置される場所
を示す黒い三角のインジケータを探します。
8. インジケータが新しい行要素の左に表示されたら、フィールドをダイアグラムにドロップします。
9. [OK] をクリックします。
10. プレビューを行います。 クロス集計に値が一切割り当てられていないので、空白のページが表示
されます。
ステップ 3
クロス集計のデザイン:
1. レイアウトに戻り、クロス集計を右クリックして、[設定] を選択します。
2. 販売額フィールドを新しい値のセル上にドラッグします。 インジケータが表示されたら、フィー
ルドをダイアグラムにドロップします。
注意: 表示された 1000 という数は、計算された値のフォーマットを表しています。 総合計は、
クロス集計の最後の行にすべての月の合計販売額が表示されることを示しています。
3. 販売月を選択し、右クリックから[色]を選び、ハイライト カラー パレットを使用して表示色を緑に
設定します。 要素が緑色ではなく赤紫色になることに注意してください。 これは、セルが選択さ
れているためです。 別の要素をクリックして選択を解除すると、元の要素は緑色になります。
4. 総合計を選択し、色を黄色に設定します。
5. 販売額合計を選択し、色を赤紫に設定します。
6. 販売額合計のセルで 1000 を選択し、色を赤に設定します。
7. 総合計の右で 1000 を選択し、色を灰色に設定します。
8. Crosstab Designer を閉じます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
253
Report Designer の [レイアウト] ビュー
9. プレビューを行います。 これらの色により、各要素がどこに出力されるのかを確認できます。 赤
の値は 1 か月あたりの販売額を表します。 灰色の値は 1 年の総合計です。 緑色の数字は月を表し
ています。 黄色と赤紫色のセクションは、見出し (表題) がどこに印刷されるのかを示します。
[DBCalc] コンポーネント
このコンポーネントを使用すると、データソース フィールド上でさまざまな簡易計算を行うことがで
きます。
[DBCalc] コンポーネントの使用
レポート内に [DBCalc] コンポーネントを作成します。 キャンバスでこのコンポーネントを選択し、
計算で使用するデータソース フィールド (数値でなければなりません) を選択します。
キャンバスでコンポーネントを右クリックし、[計算] を選択して、使用する計算/ロジックのタイプを
設定します。
以下に、使用できる各種の計算を示します。
• [合計]—フィールド値の合計を表示します。
• [最小]—フィールドの最小値を表示します。
• [最大]—フィールドの最大値を表示します。
• [平均]—フィールドの平均値を表示します。
• [カウント]—フィールド値の総数を表示します。
注意: [DBCalc] コンポーネントは、反復されているフィールドの累積値に基づいてその値を計算しま
す。 たとえば、カウントの計算を使用すると、出力は 1、2、3、4、… のようになります。
出力値の書式設定
コンポーネントの数値型の出力値の書式を設定するには、キャンバスでコンポーネントを右クリック
し、[表示形式] を選択します。 [フォーマット] ウィンドウが開きます。
次に、適切なフォーマットをリストから選択します。 選択した書式の構文に従って表示フォーマット
が設定されます。
カスタム フォーマットを入力したり、選択したフォーマットを構文の編集によって変更したりするこ
ともできます。
チャート コンポーネント
チャート コンポーネント
[グラフ] コンポーネントは、一連の静的な値に基づいてチャートやグラフを描画する機能を提供しま
す。
さまざまなグラフや設定を使用できます。
254
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
[グラフ] コンポーネントの構成
キャンバスでコンポーネントを右クリックし、[グラフを編集] を選択して [グラフ] コンポーネントを
構成します。
[チャートを編集] ウィンドウは 2 つ以上のレベルのタブに分かれています。
一番上のタブ群を以下に示します。
• [チャート] タブ—全般的なチャートの構成、情報、機能 (系列の追加、タイトルの変更、書式設定な
ど) が表示されます。
このタブ内のすべてのタブについては、 「[系列] タブ(257ページ)」を参照してください。
• [系列] タブ—追加された系列の編集および構成を行います。
• [データ] タブ—系列のデータ (値) を設定し、棒グラフや折れ線グラフなどを描画します。
• [エクスポート] タブ—チャートをイメージ ファイルにエクスポートするための機能です。
• [印刷] タブ—印刷に関連する機能です。
系列の追加と設定
系列の追加と設定は、チャート コンポーネントの構成時に行う最も一般的なタスクであり、そうした
最初のタスクの 1 つになることも少なくありません。
[チャートを編集] ウィンドウで、 [[系列] ページを開き、[追加] をクリックして、系列を追加します。
[TeeChart ギャラリー] ウィンドウが開きます。
さまざまな系列を使用できます。 [系列] タブでは、値に基づいた系列を選択できます。 [関数] タブで
は、関数 (y=f(x) など) に基づいた系列を選択できます。
系列アイコンの左下にある小さい矢印をクリックすると、さまざまなバージョンの系列を使用できま
す。
注意: 選択されている系列ごとに、各種の構成設定を使用できます。
データの構成と設定
系列を追加した後は、データの構成が不可欠なタスクとなります。 この作業を行うためには、[チャー
トを編集] ウィンドウで [データ] タブを開きます。
[データ] タブには、すべての系列値が含まれています。 系列点の入力や変更を行うには、このタブを
使用します。 各系列は、系列スタイルに応じて 1 つ以上の値を提供します。 たとえば、棒グラフの系
列では、それぞれの点に値が 1 つ存在します。 折れ線グラフの系列では、オプションでそれぞれの点
に X 値 (横方向の位置) を持たせることができます。 系列値 (X および Y) は、数値または日付/時間と
なります。
このタブでは、それぞれの点で指定の色を変更することもできます。 その場合は、変更する色を単純
にダブルクリックします。 [パターンの色エディタ] が開き、別の色を選択できます。
値を変更するには、変更するテキストまたは数値をダブルクリックし、新しい値を入力した後に Enter
キーを押す必要があります。 F2 キーを押してもデータを変更できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
255
Report Designer の [レイアウト] ビュー
右クリック メニューを使用して、[行を追加] を選択すると系列に新しい点を追加でき、[行を削除] を
選択すると点を削除できます。 矢印付きのボタンをクリックすると、選択されているセルを変更でき
ます。 非常に大きい値を入力すると、その値が完全には表示されなくなる可能性があります。 グリッ
ド タイトルを区切る線をクリックしてドラッグすると、列のサイズを変更できます。
エラーのあるデータを入力した場合は、セルのコンテンツを変更できなくなります。 これは、日付ま
たは浮動小数点による数値の場合に重要です。 日付や浮動小数点数をカスタマイズするには、Windows
の [コントロール パネル] で [地域の構成] を確認または変更します。
新しい行を追加するには、テーブルを右クリックし、[行を追加] を選択します。
行を削除するには、テーブルを右クリックし、[行を削除] を選択します。
注意: このビューは、使用される系列のタイプによって異なる場合があります。
[DBChart] コンポーネント
[DBChart] コンポーネントは、データソースからの値に基づいてチャートやグラフを描画する機能を提
供します。
さまざまなグラフや設定を使用できます。
[DBChart] コンポーネントの構成
キャンバスでコンポーネントを右クリックし、[グラフを編集] を選択して、構成を行います。
上の図のように、[チャートを編集] ウィンドウは 2 つ以上のレベルのタブが付いたページに分かれて
います。 以下に、一番上のタブ付きページを示します。
• [チャート]—全般的なチャートの構成、情報、機能 (系列の追加、タイトルの変更、書式設定など)
が表示されます。
詳細については、「[系列] タブ(257ページ)」を参照してください。
• [系列]—追加された系列の編集や構成を行います。
• [データ]—系列のデータ (値) を設定し、棒グラフや折れ線グラフなどを描画します。
• [エクスポート]—チャートをイメージ ファイルにエクスポートするための機能です。
• [印刷] タブ—印刷に関連する機能です。
系列の追加と設定
系列の追加と設定は、チャート コンポーネントの構成時に行う最も一般的なタスクであり、最初のタ
スクの 1 つになることも少なくありません。
[チャートを編集] ウィンドウで、 [[系列] ページを開き、[追加] をクリックして、系列を追加します。
[TeeChart ギャラリー] ウィンドウが開きます。
さまざまな系列を使用できます。 [系列] タブでは、値に基づいた系列を選択できます。 [関数] タブで
は、関数 (y=f(x) など) に基づいた系列を選択できます。
系列アイコンの左下にある小さい矢印をクリックすると、さまざまなバージョンの系列を使用できま
す。
256
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
注意: 選択されている系列ごとに、各種の構成設定を使用できます。
データの構成と設定
系列を追加した後は、データの構成が不可欠なタスクとなります。 この作業を行うには、 [チャート
を編集] ウィンドウで [系列] > [データ ソース] のページを開きます。
[データ パイプライン] を選択します。 続いて、ラベル、x 値、およびバー (y 軸) の値を選択します。
注意: このビューは、使用される系列のタイプによって異なる場合があります。
[チャート] タブ
[系列] タブ
このタブでは、チャート系列の追加、削除、変更などの操作を画面上で行うことができます。
• [系列] チェックボックス—このプロパティをオンにすると、チャートで選択されている系列が表示
されます。
• [系列テキスト]—系列タイプをダブルクリックすると、チャート系列のプロパティを含む追加のタブ
が表示されます。
• [矢印]—このプロパティでは、選択されているチャート系列間を移動できます。
• [追加]—[追加] ボタンをクリックすると、チャート系列タイプのギャラリーが表示されます。
• [削除]—このプロパティでは、選択されている系列を削除できます。
• [タイトル]—[タイトル] ボタンをクリックすると、選択されている系列のタイトルを変更できます。
• [複製]— [複製] ボタンにより、選択されている系列を複製できます。
• [変更]—[変更] ボタンをクリックすると、系列タイプのギャラリーが表示され、選択されている系列
を新しい系列に変更できます。
[全般] タブ
このタブでは、[チャート] プロパティ全般を変更できます。
• [印刷プレビュー]—このボタンをクリックすると、チャート印刷ページの構成オプションを含む[印
刷用エディタ] ウィンドウが表示されます。
• [余白]—このオプションでは、チャート ページの余白を 右、左、上、下のそれぞれについて定義で
きます。 余白は百分率で表現されます。
• [ズーム] タブ
• [許可]—このオプションでは、チャートでのズーム機能を有効または無効にできます。
• [アニメーション]—このプロパティは、ズームがダイレクトに実行されるのか、アニメーションに
よるシーケンスとして表示されるのかを決定します。
• [ステップ]—このプロパティは、ズームの段階数を制御します。
• [ペン]—ペンのプロパティは、マウスのドラッグ時にズーム領域を囲む四角形を描くために使用さ
れます。 このボタンをクリックすると、[ペン] タイプを定義できる [境界線エディタ] が表示され
ます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
257
Report Designer の [レイアウト] ビュー
• [パターン]—このボタンをクリックすると、パターン タイプを定義できる [パターンの色エディタ]
が表示されます。
• [最小ピクセル]—ズーム アクションの動作でマウスのドラッグによって表示される画面の最小ピ
クセル数を設定します。
• [方向]—選択されているエリアに対するズームの方向 (横、縦、または両方) を設定します。
• [マウス ボタン]—ズーム アクションを有効にするために使用するマウス ボタンを設定します。
• [スクロール] タブ
• [スクロールを許可]—このオプションでは、チャート系列でのスクロール機能を有効または無効に
できます。
• [マウス ボタン]—スクロール アクションを有効にするために使用するマウス ボタンを設定しま
す。
[軸] タブ
このタブでは、画面のチャートの軸を定義できます。
[軸] タブには多数のパーツがあります。
• [表示]—このプロパティは、チャートの軸 (X、Y) の表示/非表示を切り替えます。
• [背後]—このプロパティは、チャートの軸を系列の背後に置くかどうかを示します。
• [軸]—チャートには 5 つの軸、 右、左、上、下、および深さがあります。
周囲のタブ オプションを使用して軸のプロパティを変更できます。
• プラス記号 (+) とマイナス (-) 記号—このオプションでは、チャートの軸を追加したり削除したりで
きます。
• [縮尺] タブ
• [自動]—選択されているチャートの軸のプロパティをプロポーショナルに設定します。
• [表示]—このプロパティは、選択されている軸の線の表示/非表示を切り替えます。
• [反転]—選択されている軸の値を反転して反転チャートにすることができます。
• [自動] / [変更]
“[自動]” プロパティにより、軸の値が自動的に設定されます。
“[変更]” プロパティでは、軸の最大値と最小値を定義できます。
• [変更]—このプロパティでは、軸の目盛を定義できます。 軸の目盛は、軸のラベル間の最小間隔
です。
• [対数]—このブール プロパティにより、軸が対数スケールになります。
• [対数の底]—対数スケールの底を設定します。
• [タイトル] タブ
• [スタイル] タブ
• [タイトル]—このプロパティでは、選択されている軸のタイトル (テキスト) を定義できます。
258
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
• [角度]—このプロパティでは、タイトル ラベルの表示角度を定義できます。
• [サイズ]—このプロパティでは、軸のタイトル ラベルのサイズを定義できます。
• [表示]—このプロパティは、選択されている軸のタイトルの表示/非表示を切り替えます。
• [テキスト] タブ
• [フォント]—このボタンをクリックすると、[フォント] ダイアログが表示され、そこで適切なタ
イトル フォントを選択できます。
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで適
切なテキストの色を選択できます。
• [アウトライン]—このボタンをクリックすると、[境界線エディタ] ダイアログが表示され、そこ
で軸のタイトル ラベルのアウトライン/境界線のスタイルを定義できます。
• [文字間隔]—このプロパティでは、軸のタイトル テキストにおける文字間の空白数を定義でき
ます。
• [影]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで軸
のタイトル ラベルの影の色を定義できます。
• [横サイズ] および [縦サイズ]—タイトルのサイズを設定します。
• [ラベル] タブ
• [スタイル] タブ
• [表示]—このプロパティは、選択されている軸のテキストの表示/非表示を切り替えます。
• [マルチライン]—複数行のラベルを有効にすると、ラベルの行が空白の位置で自動的に改行され
ます。
• [始点で揃える]—このプロパティは、選択されている軸のラベルを最も近い数量に自動的に“丸
める”かどうかを制御します。
• [軸のラベル]—このプロパティは、軸の最小値および最大値の位置にラベルを表示するかどうか
を制御します。
• [サイズ]—このプロパティでは、選択されている軸のラベルのサイズを定義できます。
• [角度]—このプロパティでは、選択されている軸のラベルの表示角度を定義できます。
• [最小距離]—このプロパティでは、軸のラベル間の最小距離をパーセンテージで指定します。
• [スタイル]—このプロパティでは、選択されている軸のテキスト スタイル (自動、値、マーク、
テキスト、なし) を定義します。
• [形式] タブ
• [指数]—このプロパティでは、軸の値を指数的に定義します。
• [値のフォーマット]—このプロパティでは、軸のラベル テキストの形式/マスクを定義します。
• [既定の位置合わせ]—このプロパティでは、軸のラベルを既定の位置に表示するかどうかを制御
します。
• [テキスト] タブ
Visual Dialogue ユーザー ガイド
259
Report Designer の [レイアウト] ビュー
• [フォント]—このボタンをクリックすると、[フォント] ダイアログが表示され、そこで適切な軸
のタイトル テキストを選択できます。
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで適
切な軸のラベル テキストの色を選択できます。
• [アウトライン]—このボタンをクリックすると、[境界線エディタ] ダイアログが表示され、そこ
で軸のラベル テキストのアウトライン/境界線のスタイルを定義できます。
• [文字間隔]—このプロパティでは、軸のラベル テキストにおける文字間の空白数を定義できま
す。
• [影]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで軸
のラベル テキストの影の色を定義できます。
• [横サイズ] および [縦サイズ]—軸のラベル テキストの影の太さを設定します。
• [目盛] タブ
• [軸]—このボタンをクリックすると、[境界線エディタ] ダイアログが表示され、そこで軸の目盛の
境界線を定義できます。
• [グリッド]—このボタンをクリックすると、[境界線エディタ] が表示され、そこで軸の目盛のグ
リッドを定義できます。
• [目盛 / 長さ]—このプロパティでは、軸の目盛の境界線と長さをピクセル単位で指定します。
• [内側 / 長さ]—このプロパティでは、チャートの境界線の内側に表示される軸の目盛の境界線と長
さをピクセル単位で指定します。
• [ラベルのみ]—このプロパティでは、軸の目盛と軸のグリッドがラベルにのみ表示されるように設
定します。
• [補助] タブ
• [目盛 / 長さ]—このプロパティでは、軸の補助目盛の境界線と長さをピクセル単位で指定します。
• [グリッド / カウント]—このプロパティでは、グリッドの境界線と、グリッド線の数を指定しま
す。
• [位置] タブ
• [位置]—軸の位置をパーセンテージ (0-100%) で指定します。 0% にすると横軸が上に、縦軸が左
に配置されます。
• [開始]—それぞれの軸の開始位置をパーセンテージ (0-100%) で指定します。 縦軸の場合、開始位
置を 75% にすると軸の最上部がチャートの 75% 下方に配置されます。
• [終了]—軸の終了位置をパーセンテージで指定します。 縦軸の場合、値を 75% にするとスケール
の始点が最上部から 75% 下方に配置されます。
• [その他の側面]—反対側の軸の位置を制御します。
• [横]—軸の横方向の位置を指定します。
[タイトル] タブ
260
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
このタブでは、チャートの [タイトル]、[サブタイトル]、[サブフッター]、または [フッター] を定義し
ます。
[タイトル] タブは、いくつかのサブタブに分かれています。
• [スタイル] タブ
• [表示]—このプロパティは、タイトル、サブタイトルなどを表示するかどうかを制御します。
• [枠を調整]—このプロパティは、テキスト ラベル枠を制御します。
• [位置合わせ]—このプロパティでは、チャート パネルでのタイトル ラベルの位置 ( 左、右、中央)
を決定します。
• [テキスト]—このプロパティでは、ラベル テキストを定義します。
• [位置] タブ
• [カスタム]—チャートのタイトル、サブタイトルなどのカスタマイズされた位置を制御します。
• [形式] タブ
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこでタイ
トル ラベルの色を選択できます。
• [パターン]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこ
でラベルのパターンを定義できます。
• [透明]—このプロパティでは、タイトル ラベルの背景色の透明度を設定します。
• [透明度]—このプロパティでは、タイトル ラベルの背景色の透明性の度合いを設定します。
• ‎[境界線] タブ
• [べベル]—このプロパティでは、べベル タイプ ( 下げる、上げる) を指定できます。
• [境界線]—このボタンをクリックすると、[境界線エディタ] ダイアログが表示され、そこでタイト
ル ラベルの境界線/枠を定義できます。
• [サイズ]—このプロパティでは、タイトル ラベルのべベルのサイズを定義できます。
• [角丸枠]—このプロパティでは、タイトル ラベルの角丸枠を指定します。
• [サイズ]—このプロパティでは、タイトルの角丸枠のサイズを定義できます。
• [テキスト] タブ
• [フォント]—このボタンをクリックすると、[フォント] ダイアログが表示され、そこで適切なタイ
トル テキストのフォントを選択できます。
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで適切
なタイトル テキストの色を選択できます。
• [アウトライン]—このボタンをクリックすると、[境界線エディタ] ダイアログが表示され、そこで
タイトル テキストのアウトライン/境界線のスタイルを定義できます。
• [文字間隔]—このプロパティでは、タイトル テキストにおける文字間の空白数を定義できます。
• [影の色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで
タイトル テキストの影の色を定義できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
261
Report Designer の [レイアウト] ビュー
• [横サイズ] および [縦サイズ]—このプロパティでは、タイトル テキストのサイズを設定します。
• [グラデーション] タブ
• [表示]—このプロパティでは、タイトルのグラデーション塗りつぶしの表示/非表示を切り替えま
す。
• [方向]—このプロパティでは、タイトルのグラデーション塗りつぶしを適用するかどうかを指定し
ます。
• [カラー]—いずれかのボタン ( [開始]、[終了]、[中間]) をクリックすると、[パターンの色エディタ]
ダイアログが表示され、そこでそれぞれの適切な色を定義できます。
“[変換]” プロパティにより、開始と終了の色を入れ換えることができます。
• [中間なし]—グラデーション塗りつぶしの中間色を表示するかどうかを制御します。
• [影] タブ
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで影の
色を定義できます。
• [サイズ]—影の太さを設定します。
[凡例] タブ
このタブでは、チャートの凡例を定義します。 既定では、凡例が表示されます。
[軸] タブは、いくつかのタブ ページに分かれています。
• [スタイル] タブ
• [表示]—このプロパティは、チャートの凡例の表示/非表示を切り替えます。
• [反転]—このプロパティは、凡例の項目の反対向きの表示/非表示を切り替えます。
• [チェック ボックス]—このプロパティは、凡例チェック ボックスの系列ごとの表示を有効または
無効にします。
• [フォント系列の色]—このプロパティでは、凡例テキストのフォントの色を系列の色と同じにする
かどうかを決定します。
• [凡例のスタイル]—このプロパティでは、凡例のスタイルを定義します。
• [テキストのスタイル]—このプロパティでは、凡例のテキストのスタイル ( [修飾なし]、[左の値]、
[右の値] など) を定義します。
• [縦間隔]—このプロパティでは、凡例の項目間の縦の間隔を (ピクセル単位で) 決定します。
• [区切り線]—このプロパティでは、凡例の項目の区切り線を指定します。
• [位置] タブ
• [位置]—このプロパティでは、チャートの凡例の位置を設定します。
• [チャートのサイズを変更]—このプロパティでは、凡例によってチャートの領域を自動的に縮小し
て、凡例とチャートの領域が重ならないようにするかどうかを指定します。
• [余白]—このプロパティでは、凡例とチャートの各領域の間の画面ピクセル数を決定します。
262
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
• [位置のオフセット]—このプロパティでは、凡例の位置に応じた変位をパーセンテージで指定しま
す。
• [カスタム]—このプロパティでは、チャート パネルにおける凡例の位置をカスタマイズできます。
• [記号] タブ
• [幅]—このプロパティでは、凡例の記号の幅を決定します。
• [幅の単位]—記号の幅をパーセンテージとピクセル単位のどちらで指定するかを決定します。
• [位置]—このプロパティでは、凡例の記号と単位をそれぞれ設定します。
• [連続]—このプロパティでは、異なる凡例の色の四角形を相互に表示できます。 異なる項目の色
の四角形が相互に隣接して (縦の間隔なし) 表示されます。
• [形式] タブ
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで凡例
ラベルの色を選択できます。
• [パターン]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこ
で凡例のパターンのスタイルを定義できます。
• [透明]—このプロパティでは、凡例の背景色の透明度を設定します。
• [透明度]—このプロパティでは、タイトル ラベルの背景色の透明性の度合いを設定します。
• ‎[境界線] タブ
• [べベル]—このプロパティでは、凡例のべベル ( 下げる、上げる、なし) を定義します。
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで凡例
ラベルの色を選択できます。
• [枠]—このボタンをクリックすると、[境界線エディタ] ダイアログが表示され、そこで凡例の境界
線/枠を定義できます。
• [サイズ]—このプロパティでは、凡例のべベルのサイズを設定します。
• [角丸枠]—このプロパティでは、角丸枠の設定を行います。
• [サイズ]—このプロパティでは、タイトルの角丸枠のサイズを設定します。
• [テキスト] タブ
• [フォント]—このボタンをクリックすると、[フォント] ダイアログが表示され、そこで凡例テキス
トのフォントを選択できます。
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで凡例
フォントの色を選択できます。
• [アウトライン]—このボタンをクリックすると、[境界線エディタ] ダイアログが表示され、そこで
凡例の境界線のアウトラインを定義できます。
• 文字間隔—このプロパティでは、凡例テキストにおける文字間の空白数を定義できます。
• [影の色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで
凡例テキストの影の色を定義できます。
• [左右] および [上下]—このプロパティでは、凡例テキストのサイズを設定します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
263
Report Designer の [レイアウト] ビュー
• [グラデーション] タブ
• [表示]—このプロパティでは、凡例のグラデーション塗りつぶしの表示/非表示を切り替えます。
• [方向]—このプロパティでは、凡例のグラデーション塗りつぶしの方向を設定します。
• [カラー]—いずれかのボタン ( [開始]、[終了]、[中間]) をクリックすると、[パターンの色エディタ]
ダイアログが表示され、そこでそれぞれの適切な色を選択できます。 [交換] プロパティにより、
開始と終了の色を入れ換えることができます。
• [中間なし]—このプロパティでは、凡例のグラデーション塗りつぶしの中間色を表示するかどうか
を制御します。
• [影] タブ
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで凡例
の影の色を選択できます。
• [サイズ]—このプロパティでは、凡例の影の太さを設定します。
[パネル] タブ
このタブでは、チャートのパネル プロパティを定義します。
[パネル] タブは、いくつかのサブタブに分かれています。
• [背景] タブ
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこでチャー
トのパネルの色を選択できます。
• [イメージ]—[参照] ボタンをクリックすると、ダイアログが表示され、チャートのパネルに表示さ
れるイメージをコンピュータのファイルから選択できます。
“[背景イメージをグラフの内側へ]” プロパティでは、チャートの内側のイメージを定義できます。
“[透明]” プロパティでは、イメージの背景を透明にできます。
“[スタイル]” プロパティでは、チャートのサイズに合わせてイメージを調整します。
• [境界線] タブ
• [内側をべベル / 幅]—このプロパティでは、チャート パネルの内側のべベル ( 下げる、上げる、な
し) を設定します。
• [外側をべベル / 幅]—このプロパティでは、チャート パネルの外側のべベル ( 下げる、上げる、な
し) を設定します。
• [境界線]—このプロパティは、チャート パネルの境界線の表示/非表示を切り替えます。
• [グラデーション] タブ
• [表示]—このプロパティでは、チャート パネルのグラデーション塗りつぶしを表示するかどうか
を決定します。
• [方向]—このプロパティでは、チャート パネルのグラデーション塗りつぶしの方向を設定します。
264
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
• [カラー]—[開始]、[終了]、または [中間] をクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログ
が表示され、それぞれの適切な色を選択できます。
[交換] では、開始と終了の色を入れ換えることができます。
• [中間なし]—このプロパティでは、チャート パネルのグラデーション塗りつぶしの中間色を表示
するかどうかを制御します。
[ページ] タブ
[ページ] タブでは、チャート ページ 1 つあたりのポイント数を定義します。
• [ページごとのポイント]—チャート ページ 1 つあたりのポイント数を設定します。
• [直前のページを拡大縮小]—このプロパティでは、直前のチャート ページの表示方法を制御します。
アクティブにすると、直前のチャート ページの横方向の倍率が他のページと同じになります。 アク
ティブにしていない場合は、直前のチャート ページの倍率がその直前のページの表示ポイント数に
基づいて調整されます。
• [現在のページの凡例]—このプロパティでは、チャートが複数のページに分割されている場合、凡例
に現在のページの項目のみを表示するかどうかを決定します。
• ページ 1/1—このプロパティでは、パネルにページ番号を表示するかどうかを決定します。
[壁] タブ
[壁] タブには、TeeChart の左、下、および後ろの壁に対するプロパティ/メソッドが含まれています。
[壁] タブには、いくつかのサブタブやプロパティが含まれています。
• [壁の表示]—このプロパティは、チャートの壁の表示/非表示を切り替えます。
• [左]、[右]、[下]、および [戻る] タブ—これらの各タブには、以下のプロパティが含まれています。
• [色]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこで壁の
色を定義できます。
• [境界線]—このボタンをクリックすると、[境界線エディタ] ダイアログが表示され、そこで壁の境
界線を定義できます。
• [パターン]—このボタンをクリックすると、[パターンの色エディタ] ダイアログが表示され、そこ
で壁のパターンのスタイルを定義できます。
• [グラデーション]—このボタンをクリックすると、[グラデーション エディタ] ダイアログが表示さ
れ、そこで壁のグラデーション塗りつぶしを定義できます。
• [表示]—このプロパティでは、選択されている壁を表示するかどうかを制御します。
• [3D 部を暗くする]—このプロパティは、壁の 3D の奥行きエリアの色を他の部分よりも暗くしま
す。
• [サイズ]—このプロパティでは、壁の太さ/サイズを定義します。
• [透明]—このプロパティでは、壁の色やグラデーションを表示するかどうかを制御します。
[3D] タブ
このタブには、オブジェクトを 3D で定義するプロパティが含まれます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
265
Report Designer の [レイアウト] ビュー
• [3D]—このプロパティでは、チャートを 3D で表示するかどうかを制御します。
“3D%” では、3D のパーセンテージを定義します。
• [直交]—このプロパティでは、チャートを直交に設定します。
“[角度]” では、表示の角度を定義します。
• [テキストをズーム]—このプロパティでは、3D 表示の際のテキスト サイズを制御します。
• [ズーム]—このプロパティでは、チャートのサイズを制御します。
• [回転]—回転のプロパティは、直交チャートではなく、3D チャートの場合にサポートされます。
チャートを 360° まで回転できます。
• [高度]—高度のプロパティは、直交チャートではなく、3D チャートの場合にサポートされます。
チャートを縦方向に 360° まで回転できます。
• [横オフセット] および [縦オフセット]—このプロパティでは、チャートを左右面または上下面上で
移動します。
• [透視]—透視のプロパティは、直交チャートではなく、3D チャートの場合にサポートされます。 表
示されるチャートの距離調整を行い、チャートの一番近い部分と一番遠い部分との間の遠近感を与
えることができます。
系列のタイプ
系列の追加と設定
系列の追加と設定は、チャート コンポーネントの構成時に行う最も一般的なタスクであり、最初のタ
スクの 1 つになることも少なくありません。
[チャートを編集] ウィンドウで、 [[系列] ページを開き、[追加] をクリックして、系列を追加します。
[TeeChart ギャラリー] ウィンドウが開きます。
[TeeChart ギャラリー] は、チャート コンポーネント内で使用可能なすべてのチャート タイプを視覚
的に確認できるカタログです。 系列を追加するたびに、チャートのタイプを選択できます。
ギャラリーの最上位レベルは、2 つのタブ ページ、 [系列] と [関数] で構成されています。
[系列] タブ
[系列] タブには、すべてのチャート タイプで使用できるサブタブが含まれています。
以下に、既存の系列タイプを示します。
• [線]
• [棒]
• [横棒]
• [面]
• [ポイント]
• [円]
• [折れ線]
• [泡]
266
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
• [矢印]
• [ガント]
• [シェープ]
[関数] タブ
このタブには、関数系列のタイプに関連するサブタブが表示されます。
以下に、既存の関数系列を示します。
• [追加]
• [減算]
• [乗算]
• [除算]
• [高]
• [低]
• [平均]
• [y = f(x)]
• [中央値]
• [モード]
式コンポーネント
式コンポーネント
このコンポーネントにより、データソースのデータ フィールドを使用した式の利用が可能になりま
す。
[式] コンポーネントの使用
キャンバスでコンポーネントを右クリックし、[式] を選択して、[式の定義] ウィンドウに式を記述し
ます。
このウィンドウは、以下の 2 つのセクションに分かれています。
• [式] ペイン—式の記述を行います。
• オブジェクト ツールボックス—一般的に使用されるオブジェクトや式関数に容易にアクセスできま
す。 ツールボックスには、以下の 3 つのタブが含まれています。
1. [データソースとフィールド] タブ—このタブには、レポート内で定義されたすべてのデータソー
ス内にあるすべてのパラメータとフィールドが一覧表示されます。 式の定義でフィールドを使
用するには、そのフィールドをダブルクリックします。
2. [レポート オブジェクト] タブ—このタブは、レポートで使用されるすべてのオブジェクトとコ
ンポーネントの概要を階層的に表示し、それらへの迅速なアクセスを可能にします。 式の定義
でオブジェクトを使用するには、そのオブジェクトをダブルクリックします。
3. [関数] タブ—このタブは、さまざまな型変換、日付、文字列、および数学の各関数を提供しま
す。 式の定義で関数を使用するには、その関数をダブルクリックします。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
267
Report Designer の [レイアウト] ビュー
出力値の書式設定
コンポーネントの数値型の出力値の書式を設定するには、キャンバスでコンポーネントを右クリック
し、[表示形式] を選択します。 [フォーマット] ウィンドウが開きます。
次に、適切なフォーマットをリストから選択します。 選択した書式の構文に従って表示フォーマット
が設定されます。
カスタム フォーマットを入力したり、選択したフォーマットを構文の編集によって変更したりするこ
ともできます。
式コンポーネントの日付に関する作業
キャンバスでコンポーネントを右クリックし、[式] を選択して [式の定義] ウィンドウを開きます。
次に、[関数] セクションで [日付/時刻関数] を選択します。
日付に関する作業
[日付/時刻関数] では、以下の日付/時間関数が使用できます。
• Year(s)—年を表す整数を返します。
• Month(s)—1 年の月を表す 1 ~ 12 の整数を返します。
• Day(s)—日付を表す 1 ~ 31 の整数を返します。
• WeekDay(s)—曜日を表す整数を返します。
• Hour(s)—時間を表す 0 ~ 23 の整数を返します。
• Minute(s)—分を表す 0 ~ 59 の整数を返します。
• Sec(s)—秒を表す 0 ~ 59 の整数を返します。
• StrToStamp(d)—1899 年 12 月 31 日から、引数で指定された日付までの日数を返します。
• LastDay(x)—引数のスタンプ値で指定された日付が存在する月の最後の日を返します。
• StampToStr(x)—1899 年 12 月 31 日に (引数で指定された) 日数を加えて計算された日付と時刻を
返します。
• StampToDateStr(x)—1899 年 12 月 31 日に (引数で指定された) 日数を加えて計算された日付を返
します。
• StampToTimeStr(x)—1899 年 12 月 31 日に (引数で指定された) 日数を加えて計算された時刻を返
します。
• _NOW—コンピュータのシステム日時の設定に従って現在の日時を返します。
• _TIME—コンピュータのシステム日時の設定に従って現在の時刻を返します。
• _DATE—コンピュータのシステム日時の設定に従って現在の日付を返します。
式コンポーネントの文字列に関する作業
キャンバスでコンポーネントを右クリックし、[式] を選択して [式の定義] ウィンドウを開きます。
次に、[関数] セクションで [文字列オペレーション] を選択します。
文字列の連結
2 つの文字列を連結するには、上の図にあるように、パイプ ( | ) を使用します。
268
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
文字列関数
[文字列オペレーション] では、以下の文字列関数を使用できます。
• [Length(s)]—与えられた文字列の長さを返します。
• [Pos(t, s)]—2 番目の引数 (文字列) における最初の引数 (文字列) の位置を返します。
• [Trim(s)]—指定された文字列から先頭および末尾の空白を削除したもののコピーを含む文字列を返
します。
• [TrimLeft(s)]—指定された文字列から先頭の空白を削除したもののコピーを含む文字列を返します。
• [TrimRight(s)]—指定された文字列から末尾の空白を削除したもののコピーを含む文字列を返しま
す。
• [Upper(s)]—指定された文字列を大文字に変換したものを含む文字列または文字を返します。
• [Lower(s)]—指定された文字列を小文字に変換したものを含む文字列または文字を返します。
• [Copy(s, x, [y])]—最初の引数で指定された文字列の、2 番目の引数で指定された位置から 3 番目の
引数で指定された位置までの部分文字列を返します。
• [CopyTo(s, x, [y])]—最初の引数で指定された文字列の、2 番目の引数で指定された位置から 3 番目
の引数で指定された位置までの部分文字列を返します。
• [Delete(s, x, [y])]—最初の引数で指定された文字列の、2 番目の引数で指定された位置から 3 番目の
引数で指定された位置までの部分を削除した後の部分文字列を返します。
• [Insert(s, t, x)]—最初の引数で指定された文字列の、3 番目の引数で指定された位置に、2 番目の引
数で指定された文字列を挿入した後の文字列を返します。
• [Replace(s, t, v, [1/0=ReplaceAll, 1/0=IgnoreCase])]—最初の引数で指定された文字列で、2 番目
の引数で指定された文字列を 3 番目の引数で指定された文字列で置き換えた結果を返します。
• [IFF(a, s, t)]—最初の引数 (整数) が 0 よりも大きい場合は 2 番目の引数 (文字列) を、それ以外の場
合は 3 番目の引数を返します。
• [Prefix(count, char, s)]—3 番目の引数で指定された文字列のコピーの先頭に、2 番目の引数で指定
された文字を追加した文字列を返します。結果として (最小) の長さが最初の引数で指定された整数
となる文字列が得られます。
ツールバー
ツールバー
このセクションでは、レポートとその基本的な機能をデザインする際に使用できるツールバーについ
て説明します。
ツールバーは、コンポーネントのプロパティを設定するために使用されます。 使用できる各種ツール
バーは、キャンバスで選択されるコンポーネントによって異なります。
ツールバーを表示したり非表示にしたりするには、ツールバー領域を右クリックし、対象のツールバー
を選択するか、選択を解除します。
以下に各種ツールバーを示します。
• 微調整ツールバー
Visual Dialogue ユーザー ガイド
269
ツールバー
• サイズ ツールバー
• 描画ツールバー
• 位置合わせツールバー
• 書式ツールバー
微調整ツールバー
このツールバーは、コンポーネントまたはコンポーネントのセレクションを高い精度で移動する際に
役立ちます。 各アイコンはセレクションの移動方向を表しています。
ボタン
説明
選択されているすべてのコンポーネントを 1 ピクセル上に微調整します。
選択されているすべてのコンポーネントを 1 ピクセル下に微調整します。
選択されているすべてのコンポーネントを 1 ピクセル左に微調整します。
選択されているすべてのコンポーネントを 1 ピクセル右に微調整します。
サイズ ツールバー
このツールバーを使用すると、セレクション内のすべてのコンポーネントを均一な高さまたは幅に設
定できます。
ボタン
説明
選択されているコンポーネントの幅を最も狭いものの幅に揃えます。
選択されているコンポーネントの幅を最も広いものの幅に揃えます。
選択されているコンポーネントの高さを最も低いものの幅に揃えます。
選択されているコンポーネントの高さを最も高いものの幅に揃えます。
描画ツールバー
このツールバーは、線、図形、および領域のコンポーネントで使用される色とスタイルを設定するた
めに使用されます。
ボタン
説明
図形または領域の塗りつぶしの色を設定します。
270
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
ボタン
説明
線の色、または図形や領域の境界線の色を設定します。
線の太さを設定します。
線のスタイルを設定します。
位置合わせツールバー
このツールバーは、コンポーネントを一様に配置する必要がある場合に役立ちます。 たとえば、上端
がすべて揃うように複数のコンポーネントを配置したり、コンポーネントが等間隔になるようにコン
ポーネントの間隔を設定したりできます。 選択されている最初のコンポーネントの位置によって、他
のコンポーネントの位置が決まります。
ボタン
説明
最初に選択されたコンポーネントの左端に合わせて、コンポーネントのグループを横方
向に配置します
最初に選択されたコンポーネントの中心を基準にして、コンポーネントのグループの中
心を横方向に揃えます。
最初に選択されたコンポーネントの右端に合わせて、コンポーネントのグループを横方
向に配置します
最初に選択されたコンポーネントの上端に合わせて、コンポーネントのグループを縦方
向に配置します
最初に選択されたコンポーネントの中心を基準にして、コンポーネントのグループの中
心を縦方向に揃えます。
最初に選択されたコンポーネントの下端に合わせて、コンポーネントのグループを縦方
向に配置します
最初に選択されたコンポーネントの左端と、最後に選択されたコンポーネントの右端の
間で、一連のコンポーネントの左右の間隔を設定します。
最初に選択されたコンポーネントの上端と、最後に選択されたコンポーネントの下端の
間で、一連のコンポーネントの上下の間隔を設定します。
コンポーネントをバンド内の左右中央に配置します。
コンポーネントをバンド内の上下中央に配置します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
271
サブレポートの使用
書式ツールバー
Windows の他のアプリケーションの書式ツールバーと同じように使用します。フォントの設定やテキ
ストの色、両端揃えといったテキストの属性、あるいは重なり合うオブジェクトの全面、背面の表示
などを変更することができます。
サブレポートの使用
サブレポートは、レポート (マスターレポート) 内のインラインレポートです。 マスターレポート内の
バンドが表示されるたびに、サブレポートが実行されます。 サブレポートでは、サブデータソースを
使用するのが一般的です。 これにより、マスターレポート内の反復ごとに一連のデータの処理を繰り
返すサブレポートをデザインできます。
サブレポートは、テキストボックスと使用可能なツールバーを使用して、“標準レポート”と同じ方法で
デザインされます。
サブレポートの挿入
レポートにサブレポートを挿入するには、ツールボックスからサブレポート コンポーネントを使用し
ます。 サブレポートによって使用されるデータソースを設定するには、キャンバスでコンポーネント
を選択し、キャンバスの上にある [フィールド] ドロップダウン リストでデータソースを選択します。
マスター レポートの任意のバンドにサブレポートを挿入できます。
マスター レポートに挿入されたサブレポートは、レイアウト キャンバス下のタブ付きページとして表
示できます。 サブレポートのデザインや作業を行うには、サブレポートのタブをクリックします。
[プレビュー] ビュー
[プレビュー] ビューについて
[プレビュー] ビューでは、レポートのプレビューが行えます。 このビューは、2 つの領域、 プレビュー
概要フレームと [プレビュー] フレームに分かれています。
[プレビュー] 概要フレーム
[プレビュー] 概要フレームには、生成されたレポートのページの簡単な概要が表示されます。 既定で
は、レポートの最初のページだけが読み込まれます。 参照するレポートのページが変わると、概要が
更新されます。
[プレビュー] フレーム
[プレビュー] フレームでは、現在のレポート ページのプレビューが行われます。
272
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
詳細については、「レポートのプレビュー(273ページ)」を参照してください。
レポートのプレビュー
[プレビュー]ビューを開くと、「テストオプション(246ページ)」と「データソースのテスト(245ペー
ジ)」で与えられたレポート テスト オプションを使用してレポートが作成されます。
[プレビュー フレーム] では、現在のレポート ページのプレビューが行われます。 ページ番号のプレ
ビューは、プレビュー ツールバーに表示されます。
レポートの印刷に関する詳細については、「レポートの印刷(273ページ)」を参照してください。
レポートの印刷
プレビューが行われているレポートを印刷するには、[プレビュー] リボン タブで [印刷] を選択しま
す。 [印刷] ダイアログが開き、[ファイルへ出力] オプションのほか、標準の印刷オプションが表示さ
れます。
ファイルへのレポートの出力
プリンタまたはファイルのどちらかにレポートを出力できます。
ファイルにレポートを出力するには:
1. [ファイルへ出力] を選択します。
2. [タイプ] ドロップダウン リストでファイル タイプを選択します。 使用可能な各種フォーマットの
詳細なリストについては、「レポート フォーマット(275ページ)」を参照してください。
3. レポートのファイル名と場所を [場所] テキストボックスに入力します。 ファイル名と場所を参照
するには、テキストボックスの右にあるボタンをクリックします。
Report Portal でのレポートの表示
Report Portal でレポートを表示するには、[プレビュー] リボン タブで [Report Portal で表示] を選択
します。
レポートが開き、Report Portal に [実行] ページが表示されます。 レポートにパラメータがある場合
は、それらを設定し、適切な形式を選択して、[実行] をクリックします。 すると、レポートが生成さ
れ、表示されます。
Report Portal の詳細については、「Report Portal(276ページ)」を参照してください。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
273
レポートの参照
レポートの参照
レポートの参照
定義されているすべてのレポートを確認するには、Visual Dialogue の [ホーム] タブで [探索] > [レポー
ト テンプレート] を選択します。 [レポート テンプレートを参照] フレームが表示されます。
レポート リストのソート
セレクションをソートするには、セレクション リストの見出しで対象となる列をクリックします。
列の選択
リストに表示された一連の列を構成するには、[表示] タブで [列を選択] を選択します。 [列を選択]
ウィンドウが開きます。
別の列の位置へドラッグ アンド ドロップすることによって、列の配置を変更することもできます。
レポートのプロパティ
プロパティ (レポートの名前や説明など) の確認または編集を行うには、レポートを 1 つ選択し、[ホー
ム] タブで [プロパティ] を選択します。 使用できるプロパティの詳細については、「レポート テンプ
レートのプロパティ(240ページ)」を参照してください。
レポート テンプレートを開く
レポート デザイナでレポートを開くには、リストにある 1 つのレポートをダブルクリックするか、
[ホーム] タブで [開く] を選択します。
レポート テンプレートの削除
レポートを削除するには、レポートを 1 つマークし、[ホーム] タブで [削除] を選択します。
レポート セキュリティ
レポート モジュールにはセキュリティ機能が組み込まれています。
これにより、レポート テンプレートのアクセス権と権限を制御できます。 セキュリティ設定は、ユー
ザーとユーザー グループのレベルで適用されます。
274
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
セキュリティ設定ウィンドウ
レポート用のセキュリティ設定ウィンドウを開くには、以下のオペレーションのいずれかを行います。
• レポート テンプレートで対象となるレポートを右クリックし、[セキュリティ] を選択します。
•
レポート テンプレートを開き、[ファイル] リボン タブの南京錠ボタンをクリックします。
レポート テンプレートのセキュリティ設定ウィンドウが開きます。
[レポート テンプレートのセキュリティ設定] ウィンドウには、対象のユーザーおよびユーザー グルー
プのリストと、レポート テンプレートに対するアクセス権や権限が表示されます。
1 人のユーザーまたはユーザー グループを選択すると、その権限を確認できます。 権限のリストが下
側の [アクセス権または権限] ウィンドウに表示されます。
無効になっている権限 (灰色で表示) はグローバルな権限であり、変更や削除はできません。
ユーザーやユーザー グループの追加
ユーザーまたはユーザー グループを追加するには、[追加] をクリックします。 [グループまたはユー
ザーの選択] ウィンドウが開きます。
対象のユーザーまたはユーザー グループを選択し、[OK] をクリックします。 選択したユーザーまた
はグループが、セキュリティ ウィンドウの [ユーザー グループまたはユーザー] リストに追加されま
す。 その後、そのユーザーまたはユーザー グループの適切な権限とアクセス権を選択します。
アクセス権と権限
以下に、ユーザーおよびユーザー グループで使用できるアクセス権と権限を示します。
• [レポート テンプレートを編集]—レポート デザイナでレポート テンプレートを編集する権限です。
• [レポートを実行]—Report Portal でレポートを実行 (生成) する権限です。
• [アーカイブ化されたレポートを表示]—Report Portal 内のレポートのアーカイブへのアクセス権で
す。
• [レポートをアーカイブに保存]—Report Portal で生成されたレポートをアーカイブに保存する権限
です。
• [レポートをアーカイブから削除]—Report Portal でレポートのアーカイブからレポートを削除する
権限です。
レポート フォーマット
レポートの表示や保存の際には、各種のフォーマットを使用できます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
275
Report Portal
レポート フォーマットの概要
以下の表に、使用可能な各種フォーマットの定義を示します。
フォー
説明
マット イ
ンデック
ス
出力ファイル
0
Adobe Acrobat PDF ファイル
1 つの PDF ファイルが生成されます。
1
改ページを含む HTML
ページごとに 1 つの HTML ファイルが生成されます。
図やチャートは JPG ファイルとして返されます。
2
1 ページの HTML
すべてのページを含む 1 つの HTML ファイルが生成さ
れます。 図やチャートは JPG ファイルとして返されま
す。
3
XHTML
ページごとに 1 つの XHTML ファイルが生成されます。
図やチャートは JPG ファイルとして返されます。
4
リッチ テキスト形式
1 つの RTF ファイルが生成されます。
5
1ページの Microsoft Excel
1 枚の Excel シートが生成されます。 グラフィックス
は含まれません。
6
JPEG 画像形式
ページごとに 1 つの JPG ファイルが生成されます。
7
GIF 画像形式
ページごとに 1 つの GIF ファイルが生成されます。
8
ビットマップ イメージ形式
ページごとに 1 つの BMP ファイルが生成されます。
9
Windows メタファイル
ページごとに 1 つの WMF ファイルが生成されます。
10
拡張 Windows メタファイル
ページごとに 1 つの EMF ファイルが生成されます。
11
複数ページの Microsoft Excel
レポート ページごとに 1 枚の Excel シートが生成され
ます。 グラフィックス (イメージなど) を含みます。 グ
ラフは、イメージとして挿入されます。
Report Portal
Report Portal アプリケーションは、レポート テンプレートの実行やアーカイブ化されたレポートの表
示を容易にする直観的な作業環境を提供します。
たとえば、次の用途で Report Portal を使用できます。
• レポート テンプレートの実行
276
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
• レポートのアーカイブへのレポートの保存
• アーカイブ化されたバージョンのレポートの参照
詳細については、Report Portal 自体のヘルプ ファイルを参照してください。
統合レポート
統合レポートの概要
統合レポートは、各種のシステム オブジェクトやモジュールのコンテキストでレポートを実行するた
めの機能です。 そのため、統合レポートの設定が行われたレポートは、Visual Dialogue、Customer
View、および Telemarketing Web 内の適用可能な場所で使用できるようになります。
統合レポート用の新しいレポート テンプレートの作成
統合レポートを使用するには、システム レポート タイプに関連付けられています。 統合レポートが
サポートされた レポート テンプレートを作成するには:
1. レポート テンプレート デザイナを使用してレポートの作成とデザインを行います。 詳細について
は、新規レポート テンプレートの作成(239ページ)を参照してください。
2. システム レポート タイプがパラメータを必要とする場合は (ダイアログ レポートなど)、レポート
パラメータを追加し、パラメータのプロパティで [詳細設定] タブを開き、[システム パラメータ タ
イプ] を選択します。 詳細については、パラメータの定義と連結(244ページ)を参照してくださ
い。
3. レポート テンプレートのプロパティを開き、[詳細設定] タブを選択します。 [システム レポート
タイプに関連付け] をオンにします。
4. システム レポート タイプを選択します。 以下に、使用できるレポート タイプを示します。
• [コンテンツ オブジェクト レポート]
• [顧客レポート]
• [ダイアログ グループ レポート]
• [ダイアログ オペレーション レポート]
• [ダイアログ レポート]
• [メール メッセージ バンドル レポート]
• [メール テンプレート レポート]
• [コンテンツ オブジェクトのグローバル レポート]
• [ダイアログのグローバル レポート]
• [メッセージのグローバル レポート]
• [アンケートのグローバル レポート]
• [メッセージ バンドル レポート]
Visual Dialogue ユーザー ガイド
277
標準レポート
• [メッセージ テンプレート レポート]
• [参加顧客レポート]
• [アンケート レポート]
• [テレマーケティング プロジェクト レポート]
統合レポート システムの設定
統合レポートの動作は、システムのオプションによって制御できます。 設定を編集するには、 [オプ
ション] > [統合レポート] を選択します。
• [統合レポートを有効にする]—統合レポートをすべて有効にします。
• [レポート ポータルを起動]—Report Portal で統合レポートを実行するには、このオプションを選択
します。
• [Visual Dialogue 内でレポートを開く]—Visual Dialogue 内で統合レポートを実行するには、このオ
プションを選択します。
• [新しいウィンドウで開く]—Visual Dialogue 内の統合レポートを新しいウィンドウで開くには、こ
のオプションを選択します。
• [レポートの表示フォーマット]—レポートの実行時に使用される出力フォーマットです。 使用可能
な各種フォーマットの詳細なリストについては、「レポート フォーマット(275ページ)」を参照し
てください。
標準レポート
統合レポートを使用する一連の標準レポートがインストールされています。 詳細については、標準レ
ポート(278ページ)を参照してください。
標準レポート
Visual Dialogue は、一連の標準レポートと共にインストールされています。 標準レポートは、システ
ム モジュールに関連付けられており、システム メニューから利用できます。
以下に、インストールされている標準レポートを示します。
• [MH Bounced Email Report]
説明: 送信済みおよびバウンス (未配信) メールの統計をメール テンプレートごとに表示します。
アクセス メッセージ テンプレート ブラウザ、および HTML テンプレートを使用したダイアログ オ
ペレーション。
• [MH Bundle Bounced Email Report]
説明: 送信済みおよびバウンス (未配信) メールの統計をメッセージ バンドルごとに表示します。
アクセス メッセージ マネージャ。
• [MH Content Object Report]
説明: コンテンツ オブジェクトとその実行の統計に関する情報を表示します。
278
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
アクセス コンテンツ オブジェクト ブラウザ
• [MH Dialog Cost and Income Report]
説明: 指定されたコストや収入を持つダイアログ内のすべてのオペレーションに対するコストと収入
の計算 (総計額など) を表示します。
アクセス ダイアログ ブラウザおよび Dialog Designer 実行ビュー
• [MH Dialog Execution Report]
説明: ダイアログ内のすべてのグループとブランチの統計および主要実行情報を表示します。
アクセス ダイアログ ブラウザおよび Dialog Designer 実行ビュー
• [MH Dialog Group Report]
説明: 参加顧客の移動を示すグラフなど、グループの主要なプロパティと実行の統計を表示します。
アクセス Dialog Designer 実行ビュー内のグループ。
• [MH Dialog Operation Report]
説明: オペレーションに関する実行設定、主要プロパティ、および統計を表示します。
アクセス Dialog Designer 実行ビュー内のオペレーション。
• [MH Dialog Specifications Report]
説明: 主要なダイアログのプロパティと、ダイアログ内のすべてのグループ、オペレーション、およ
び分割のリストを表示します。
アクセス ダイアログ ブラウザおよび Dialog Designer 実行ビュー
• [MH Dialogs Overview Report]
説明: Visual Dialogue 内のすべてのダイアログの主要なプロパティと数値を一覧表示します。 この
リストは、アクティブ ダイアログ、非アクティブ ダイアログ、および自動化されたオペレーション
にグループ分けされます。
アクセス ダイアログ ブラウザ。
• MH Tracking Report - Email
説明: メールの統計を表示します。 メールとリンクの追跡、および送信率とバウンス率が含まれま
す。 メールとリンクの追跡に関するブラウザの統計が含まれます。
アクセス メッセージ ブラウザ、および HTML メッセージ テンプレートを使用したオペレーション。
• MH Tracking Report - General
説明: リンクの追跡、送信率、およびエラー率を含むメッセージの統計を表示します。 リンクの追
跡に関するブラウザの統計が含まれます。
アクセス メッセージ ブラウザ、および HTML メッセージ テンプレートを使用したオペレーション。
• [MH Message Report]
説明: 主要プロパティ、送信済みメッセージ数、およびその日に送信されたメッセージを表示するグ
ラフを表示します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
279
標準レポートのカスタマイズ
アクセス メッセージ ブラウザ、およびメッセージ テンプレートを使用したオペレーション。
• [MH Questionnaire Report]
説明: アンケートのプロパティ、回答フォームの統計、および質問ごとの統計を表示します。 この
レポートには完全な回答フォームのみが含まれます。
アクセス アンケートブラウザ、およびアンケートを使用したオペレーション。
• [MH Questionnaire Report] (不完全なものを含む)
説明: アンケートのプロパティ、回答フォームの統計、および質問ごとの統計を表示します。 この
レポートは MH アンケート レポートと同じものですが、不完全な回答フォームも含まれます。
アクセス アンケートブラウザ、およびアンケートを使用したオペレーション。
• [MH Telemarketing Report]
説明: テレマーケティング プロジェクトのプロパティ、キューに登録されている参加顧客の数、処
理済みの参加顧客の統計、オペレータごとの通話統計、グループ別およびオペレータごとのグルー
プ別の正常に処理された参加顧客の場所を表示します。
アクセス Dialog Designer の実行ビュー。
• [MH Response Tracking Report]
説明: アンケートに関する情報、回答の統計、およびブラウザの統計を表示します。
アクセス アンケートブラウザ、およびアンケートを使用したオペレーション。
標準レポートのカスタマイズ
Visual Dialogue と共にインストールされた標準レポートは、カスタマイズできます。
標準レポートのカスタマイズ
標準レポートをカスタマイズするには、Report Designer でレポートを開き、適切な変更を実行して、
レポートを保存します。 Report Designer での作業の詳細については、「レポート デザイナについて
(239ページ)」を参照してください。
注意: 標準レポートをカスタマイズする際には、レポートの名前を変更するか、そのコピーを保存し
ておくことをお勧めします。 そうしないと、変更内容が将来のシステム アップグレードで失わ
れる可能性があります。
標準レポートの SQL ステートメント
Visual Dialogue と共にインストールされる標準レポートは、Microsoft SQL Server と Oracle RDBMS
の両方をサポートするように記述されています。 サイトで標準レポートをカスタマイズする場合は、
マルチプラットフォームをサポートしようと努める必要はありませんが、複数のデータベース プラッ
トフォームをサポートするために使用されているメカニズムを理解しておくことが、使用されている
SQL ステートメントのいずれかを変更しようとする場合に役立つ場合があります。
280
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
SQL ステートメントのタグ
複数のデータベース プラットフォームは、特別なタグの使用によってサポートされています。 タグ
は、中かっこで囲まれたタグ名で構成され、場合によってはそのかっこ内に 1 つ以上のパラメータが
含まれることもあります ( {Tagname parameter1 parameter2})。 タグ名と各パラメータは空白で区切
られています。
一般的なタグ
TIMESTAMP
パラメータ:
なし
説明:
現在の日付と時刻を返します。
SQL Server の実装:
CURRENT_TIMESTAMP
Oracle の実装:
SYSDATE
TODAY
パラメータ:
なし
説明:
時刻を午前 0 時にして現在の日付を返します。
SQL Server の実装:
cast(floor(cast(CURRENT_TIMESTAMP as float))
as datetime)
Oracle の実装:
trunc(SYSDATE)
DATEPART
パラメータ:
DatetimeValue
説明:
時刻を午前 0 時にして DatetimeValue パラメータ
を返します。
SQL Server の実装:
cast(floor(cast(DatetimeValue as float)) as
datetime)
Oracle の実装:
trunc(DatetimeValue)
TIMEDIFF_HOUR
パラメータ:
StartDatetime、EndDatetime
説明:
StartDatetime から EndDatetime までの時間数を
端数切り捨てで返します。 StartDatetime の値が
EndDatetime よりも時間的に後である場合は、負
の値が返されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
281
標準レポートの SQL ステートメント
SQL Server の実装:
datediff(hh, StartDatetime, EndDatetime)
Oracle の実装:
trunc((EndDatetime - StartDatetime) * 24)
TIMEDIFF_MIN
パラメータ:
StartDatetime、EndDatetime
説明:
StartDatetime から EndDatetime までの時間数を
端数切り捨てで返します。 StartDatetime の値が
EndDatetime よりも時間的に後である場合は、負
の値が返されます。
SQL Server の実装:
datediff(mi, StartDatetime, EndDatetime)
Oracle の実装:
trunc((EndDatetime - StartDatetime) * 24*60)
TIMEDIFF_SEC
パラメータ:
StartDatetime、EndDatetime
説明:
StartDatetime から EndDatetime までの時間数を
端数切り捨てで返します。 StartDatetime の値が
EndDatetime よりも時間的に後である場合は、負
の値が返されます。
SQL Server の実装:
datediff(ss, StartDatetime, EndDatetime)
Oracle の実装:
trunc((EndDatetime - StartDatetime) * 24*60*60)
YEAR
パラメータ:
DatetimeValue
説明:
DatetimeValue の年を返します。
SQL Server の実装:
year(DatetimeValue)
Oracle の実装:
extract(year from DatetimeValue)
MONTH
パラメータ:
DatetimeValue
説明:
DatetimeValue の年を返します。
SQL Server の実装:
month(DatetimeValue)
Oracle の実装:
extract(month from DatetimeValue)
DAY
282
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
パラメータ:
DatetimeValue
説明:
DatetimeValue の年を返します。
SQL Server の実装:
day(DatetimeValue)
Oracle の実装:
extract(day from DatetimeValue)
AGE
パラメータ:
DatetimeValue
説明:
DatetimeValue からの経過年数を計算して返しま
す。
SQL Server の実装:
Year(getdate()) - Year(DatetimeValue)
case
when
Month(getdate())
< Month(DatetimeValue)
then 1
when
(Month(getdate())
= Month(DatetimeValue
)) and (Day(getdate())
< Day(DatetimeValue
))
then 1
else 0
end
Oracle の実装:
extract(year from current_date) extract(year
from (DatetimeValue)) decode(
Sign(extract(month
from current_date) - extract(month
from (DatetimeValue))),
-1, 1,
0,
decode(Sign(extract(day
from current_date) - extract(day from
(DatetimeValue))),
-1, 1,
0), 0)
DAY_OF_WEEK
パラメータ:
DatetimeValue
説明:
DatetimeValue から曜日を返します。 結果は、常
に 1 ~ 7 までの整数となり、どの曜日が最初の曜
Visual Dialogue ユーザー ガイド
283
標準レポートの SQL ステートメント
日と見なされるかは、使用しているデータベース
によって決まります。
SQL Server の実装:
datepart(dw, DatetimeValue)
Oracle の実装:
to_number(to_char(DatetimeValue, 'd'))
ADD_MONTHS
パラメータ:
DatetimeValue、IntegerValue
説明:
DatetimeValue に IntegerValue の月数を加えた値
を返します。
SQL Server の実装:
dateadd(mm, IntegerValue, DatetimeValue)
Oracle の実装:
add_months(DatetimeValue, IntegerValue)
UPPER
パラメータ:
StringValue
説明:
小文字を大文字に変換した StringValue を返しま
す。
SQL Server の実装:
upper(StringValue)
Oracle の実装:
upper(StringValue)
LOWER
パラメータ:
StringValue
説明:
大文字を小文字に変換した StringValue を返しま
す。
SQL Server の実装:
lower(StringValue)
Oracle の実装:
lower(StringValue)
LENGTH
パラメータ:
StringValue
説明:
StringValue の文字数を返します。
SQL Server の実装:
len(StringValue)
Oracle の実装:
length(StringValue)
STR_CONCAT
284
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
パラメータ:
なし
説明:
2 つの文字列を連結します。
SQL Server の実装:
+
Oracle の実装:
||
ISNULL
パラメータ:
Value、Replacement
説明:
Value が null と評価された場合は、Replacement
を返し、それ以外の場合は Value が返されます。
SQL Server の実装:
isnull(Value, Replacement)
Oracle の実装:
nvl(Value, Replacement)
CAST
パラメータ:
Datatype、Value
説明:
Value を与えられた Datatype にキャストします。
サポートされているデータ型は、string、float、
integer、および datetime です。
SQL Server の実装:
cast(Value as Datatype)
Oracle の実装:
to_char(Value), to_number(Value) or
to_date(Value)
ORDER_NULL_FIRST
パラメータ:
なし
説明:
null 値を最初に置いた ORDER 句を返します。
SQL Server の実装:
asc
Oracle の実装:
desc
ORDER_NULL_LAST
パラメータ:
なし
説明:
null 値を最後に置いた ORDER 句を返します。
SQL Server の実装:
desc
Oracle の実装:
asc
Visual Dialogue ユーザー ガイド
285
標準レポートの SQL ステートメント
EMPTY_FROM_CLAUSE
パラメータ:
なし
説明:
どのデータベース オブジェクトからも選択を行わ
ない場合に使用できる FROM 句を返します。
SQL Server の実装:
Oracle の実装:
from dual
MSSQL_TOP
パラメータ:
StringValue
説明:
SQL Server で TOP キーワードを返します。
SQL Server の実装:
TOP StringValue
Oracle の実装:
MSSQL_NOLOCK
パラメータ:
なし
説明:
SQL Server で NOLOCK テーブルレベルのロック
ヒントを返します。
SQL Server の実装:
with (NOLOCK)
Oracle の実装:
MSSQL_TABLOCKX
パラメータ:
なし
説明:
SQL Server で TABLOCKX テーブルレベルのロッ
ク ヒントを返します。
SQL Server の実装:
with (TABLOCKX)
Oracle の実装:
ORACLE_ALL_ROWS
パラメータ:
なし
説明:
Oracle で ALL_ROWS オプティマイザー ヒント
を返します。
SQL Server の実装:
286
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 8 章 : レポート
Oracle の実装:
/*+ ALL_ROWS */
ORACLE_FIRST_ROWS
パラメータ:
なし
説明:
Oracle で FIRST_ROWS オプティマイザー ヒン
トを返します。
SQL Server の実装:
Oracle の実装:
/*+ FIRST_ROWS */
ORACLE_ONLY
パラメータ:
Statement
説明:
Oracle プラットフォームでのみ指定したステート
メントを返します。
SQL Server の実装:
Oracle の実装:
Statement
MSSQL_ONLY
パラメータ:
Statement
説明:
Microsoft SQL Server プラットフォームで指定し
たステートメントを返します。
SQL Server の実装:
Statement
Oracle の実装:
Visual Dialogue ユーザー ガイド
287
タスク オーガナイザ
• Task Organizer について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .290
• 作業グループ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .290
• 作業グループ ユーザー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .291
• 手動分配 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .292
• 自動分配 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .293
• 作業グループとユーザーの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .293
9
Task Organizer について
Task Organizer について
Task Organizer は、タスクをユーザーやグループに配布するために使用する Visual Dialogue 内のツー
ルです。
概念
タスクを作成するには、ダイアログで [タスクを作成] オペレーションを実行するか、このオペレーショ
ンを Customer View で手動で行います。
Task Organizer を使用すると、タスク作業グループやユーザーにタスクを配布できます。 この作業
は、手動、自動、またはこの 2 つの方法の組み合わせで行うことができます。
Task Organizer インターフェース
タスク オーガナイザを開くには、Visual Dialogue の [ホーム] タブで [探索] > [タスク オーガナイザ]
を選択します。
Task Organizer インターフェースには 2 つのメイン パネルがあります。 左のパネルには、すべての
作業グループとユーザーの概要が表示されます。 右のパネルには、左のパネルで選択されている作業
グループまたはユーザーに割り当てられたすべてのタスクのリストが表示されます。 You can also get
a summary of tasks assigned to the selected workgroup or user in the left pane if you select the [要約]
タブを選択すると、左パネルで選択されている作業グループまたはユーザーに割り当てられたタスク
の概要を表示できます。
注意: 左パネルでのユーザーや作業グループの切り替えが遅い場合は、タスクのリストで [顧客デー
タを表示] をオフにしてみてください。 「Visual Dialogue のオプション(20ページ)」を参
照してください。
作業グループ
作業グループは、ユーザーを異なるグループに分割します。 こうすることで、タスクを作業グループ
に割り当てておき、後でどのユーザーがそのタスクを処理するかを決定できます。 作業グループは、
企業の支店や部門など、使用する任意の論理セグメントを表すことができます。
作業グループの追加
作業グループを追加するには、[整理] リボン タブで [追加] を選択するか、左ペイン内で右クリックし
て [作業グループを追加] を選択します。 新規グループのプロパティを入力し、[OK] をクリックしま
す。
290
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 9 章 : タスク オーガナイザ
作業グループのプロパティ
[作業グループ名]
作業グループの名前です。
説明
作業グループのオプションの説明です。
[責任者]
作業グループに対する責任を負うユーザーです。 このユーザーは、明示
的な追加を行わない限り、グループのメンバーにはならないことに注意
してください。
[許可された活動タイプ]
ここでは、新しいユーザーをグループに追加する際に既定値となる許可
された活動タイプを設定できます。
[既定の自動分配ウェイト] ここでは、新しいユーザーをグループに追加する際に既定値となるウェ
イト値を設定できます。
作業グループ ユーザー
作業グループ ユーザーとは、Dialogue Admin でシステム管理者によって定義されるユーザーです。
こうしたユーザーを作業グループの 1 つに追加すると、作業グループのメンバーになります。 ユー
ザーは、作業グループのメンバーでなくても作業グループ ユーザーにタスクを割り当てることができ
ますが、自動分配の機能を使用する場合は、ユーザーが作業グループのメンバーである必要がありま
す。 ユーザーは 1 つの作業グループのメンバーにしかなれません。
作業グループへのユーザーの追加
ユーザーを作業グループに追加するには、ユーザーを追加する作業グループを選択して [整理] リボン
タブで [ユーザーの追加] を選択するか、作業グループを右クリックして [ユーザーをグループに追加]
を選択します。
[新規グループ メンバーを選択] ウィンドウで、リストから 1 人以上のユーザーを選択し、[OK] をク
リックしてグループに追加します。
注意: 既に他のグループに割り当てられているユーザーもリストに表示されます。 これにより、ある
グループにいるユーザーを別のグループに移動できます。
ユーザー プロパティ
ユーザー プロパティは、作業グループのメンバーであるユーザーでのみ使用できます。 すべてのユー
ザー プロパティはタスクの自動分配に対処する必要があるためです。
[ユーザー]
定義されているユーザーの名前です。
[作業グループのメンバー]
このユーザーがメンバーになっている作業グループの名前です。
ユーザーは 1 つの作業グループのメンバーにしかなれません。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
291
手動分配
[一時的にタスクをユーザーに割
り当てない]
自動分配の使用時にこのユーザーにタスクを割り当てない場合に
オンにします。 この設定は、自動分配の開始時に上書きできま
す。また、この設定に関係なく、手動でユーザーにタスクを割り
当てることができます。
[許可された活動タイプ]
ここでは、自動分配の使用時にユーザーに割り当てる活動タイプ
を設定できます。 自動分配開始時にこの設定を無視するように自
動分配を設定できます。また、この設定に関係なく、手動でユー
ザーに割り当てることができます。
[自動分配ウェイト]
ここでは、各作業グループ ユーザーに対してどのようにタスクを
自動分配するのかを定義できます。 ウェイトが 2 に設定されてい
るユーザーはウェイトが 1 のユーザーの 2 倍のタスクを、ウェイ
トが 3 のユーザーはウェイトが 1 のユーザーの 3 倍のタスクを取
得することになります。 自動分配開始時にこの設定を無視するよ
うに自動分配を設定できます。また、この設定に関係なく、手動
でユーザーに割り当てることができます。
手動分配
ユーザーが作業グループに割り当てられているかどうかに関係なく、すべてのユーザーにはタスクを
手動で分配できます。 作業グループに対して手動でタスクを分配することもできます。
手動でタスクを分配するには、右ペイン内で作業するタスクを選択してマウスで右クリックする (この
オペレーションにより、数々のオプションが提示されます) か、[整理] リボン タブでオプションを選
択します。
292
[タスクをユーザーに割り当て]
選択されているタスクをユーザーに割り当てます。
[タスクを作業グループに割り当て]
選択されているタスクを作業グループに割り当てます。
[タスクの自動分配]
自動分配を使用して、選択されているタスクを分配します。
[タスクを作業グループに返す]
選択されているタスクはユーザーへの割り当てが解除されま
すが、作業グループへの割り当ては維持されます。 作業グルー
プのメンバーであるユーザーに割り当てられているタスクで
のみ使用できます。
[タスクを割り当て解除]
選択されているタスクの割り当て解除を、ユーザーと作業グ
ループの両方に対して行います。
[Customer View で開く]
選択されているタスクを Customer View で開きます。 タスク
が 1 つだけ選択されている場合にのみ有効です。
[削除]
選択されているタスクを削除します。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 9 章 : タスク オーガナイザ
ドラッグ アンド ドロップによってタスクを手動で分配することもできます。
自動分配
自動分配では、それぞれのユーザーに設定できる優先度に基づいて、作業グループ内のユーザーに対
して自動的にタスクを分配できます。
タスクの自動分配を開始するには、右側のペインで分配するタスクを選択します。 次に、[整理] リボ
ン タブで [Auto Distribute] を選択するか、タスクを右クリックして [タスクの自動分配] を選択しま
す。 [タスクの自動分配] ウィンドウが開きます。
タスクの分配先となる作業グループを選択します。 使用する分配オプションを選択します。
• [ウェイトを使用] では、分配の際にそれぞれのグループメンバーのウェイトが考慮されます。 ウェ
イトが 2 に設定されているグループ メンバーは、ウェイトが 1 のグループ メンバーの 2 倍のタス
クを取得することになります。 ウェイトを使用しない場合、タスク分配の機能は、作業グループ
ユーザーへのタスクの均等な分配を試みます。
• [許可された活動タイプを使用] では、許可されている活動タイプに基づいたタスクの割り当てのみ
をユーザーに対して行います。
• [ユーザーごとのタスク数合計を使用] では、分配完了後のそれぞれのユーザーへの割り当てタスク
総数に基づき、ユーザー間でのタスク分配を試みます。
タスクを分配するユーザーを選択します。 [一時的にタスクをユーザーに割り当てない] としてマーク
されているユーザーは既定では選択されませんが、必要に応じて選択できます。
設定が終了したら、[プレビュー] をクリックして、タスクがどのように分配されるかを確認します。
[OK] をクリックすると、タスクが分配され、ウィンドウが閉じられます。
作業グループとユーザーの削除
作業グループの作業グループまたはメンバーを削除するには、左側のペインでそれらを選択し、右ク
リックによるメニューから [削除] を選択するか、Delete キーを押します。
作業グループを削除しても、グループのメンバーに割り当てられていたタスクはそのままユーザーに
割り当てられることになります。 ユーザーそのものは、<作業グループ外のユーザー> に移動されま
す。 グループにのみ割り当てられているタスクは、割り当てが解除されます。
作業グループからユーザーを削除する場合は、メンバーが <作業グループ外のユーザー> に移動されま
す。 このユーザーに割り当てられているタスクは、そのまま割り当てられますが、作業グループから
は割り当てが解除されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
293
ブロードキャスト
• ブロードキャストについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .296
10
ブロードキャストについて
ブロードキャストについて
ブロードキャストは、顧客の活動やアンケートの回答の出所を追跡するために使用されます。 ブロー
ドキャストの典型的な例は、雑誌や新聞の広告、Web サイトの広告、およびチラシです。
[ブロードキャストのプロパティ]
• [名前]: ブロードキャストの名前です。
• [発行チャネル]: このブロードキャストの発行に使用されるチャネルです。
• [発行日付]: ブロードキャストが発行された日付です。
• [関連ドキュメント]: ブロードキャストに関連付けられたドキュメント (雑誌の広告の基礎として使
用されたドキュメントなど) へのオプションのパスです。
• [アクティブ]: このチェックボックスは、新しい顧客の活動またはアンケートへのリンクを作成しと
きに、ブロードキャストがセレクションで使用できるかどうかを制御します。 ブロードキャストを
使用しなくなった場合は、チェッ クボックスをオフにします。
296
Portrait Dialogue 6.0 SP1
発行済みファイル
• 発行済みファイルについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .298
11
発行済みファイルについて
発行済みファイルについて
発行済みファイルとは、Dialogue Server を通じて保存され、使用できるファイルです。 発行済みファ
イルは、特別に作成された URL を通じて Web 上でアクセスでき、任意の Web ページで使用できま
す。 Visual Dialogue では、HTML メール テンプレートやアンケート スタイルで使用されます。
発行済みファイルの管理
発行済みファイルは、発行済みファイル マネージャを通じて管理できます。 リスト内のファイルを
ソートするには、見出しで対象となる列をクリックします。 リストに表示された一連の列を構成する
には、[表示] リボン タブで [列を選択] を選択します。 また、右クリック メニューを使用して、数々
のアクションを実行することもできます (これらのアクションは [ホーム] リボン タブからも使用でき
ます)。
新規...
ディスク ドライブの 1 つからファイルを開くことで、新しい発行済みファ
イルを作成します。
開く
選択されている発行済みファイルを、ファイル拡張子に関連付けられたプ
ログラムで開きます。
削除
発行済みファイルを削除します。
プロパティ
選択されている発行済みファイルのプロパティを表示します。 ここでは、
発行済みファイルの名前や説明を変更できます。
[コンテンツを更新...]
現在のコンテンツをディスク ドライブの 1 つにある別のファイルで置き換
えることで、発行済みファイルのコンテンツを更新します。 たとえば、メッ
セージ テンプレートで使用しているロゴを変更する場合などに、非常に便
利です。
[ファイルへの URL を作 発行済みファイルにアクセスするために HTML ドキュメントで使用できる
成...]
URL を作成します。 URL は、クリップボードにコピーし、HTML ドキュメ
ントに直接貼り付けることができます。
[コンテンツ ID をクリッ 選択されている発行済みファイルのコンテンツ ID をクリップボードにコ
プボードにコピー]
ピーします。 それぞれの発行済みファイルは、長さが 32 文字のコンテンツ
ID によって識別されます。
[コンテンツをディスク 選択されている発行済みファイルのコンテンツをディスク ドライブの 1 つ
にエクスポート]
にコピーします。
エクスポート...
298
[Visual Dialogue エクスポート ウィザード] を起動します。このウィザード
では、Visual Dialogue オブジェクト (1 つ以上の発行済みファイル) をファ
イルにエクスポートできます。
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 11 章 : 発行済みファイル
インポート(I)...
[Visual Dialogue インポート ウィザード] を起動します。このウィザードで
は、Visual Dialogue オブジェクトをファイルからインポートできます。
[プレビューを表示]
ウィンドウの下部にあるプレビューのオン/オフを切り替えます。
[列を選択]
リストに表示されている列のセットを構成します。
注意: 発行済みファイルを削除、またはそのコンテンツを更新すると、既に作成と送信が済んでいる
電子メールに影響を及ぼす可能性があります。 たとえば、メールからのリンクが設定されてい
る図 (発行済みファイル) が削除された場合、その図はメールで使用できなくなります。 メール
に図が埋め込まれていてそのファイルが削除された場合、その図は依然として受信者のもとに
ありますが、Message Manager でそのメールを表示するとエラーが発生します (図は表示され
ません)。 使用中または最近使用された発行済みファイルは変更したり、削除したりしないこ
とをお勧めします。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
299
コンテンツ オブジェクト
• コンテンツ オブジェクトについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . .302
• 新しいコンテンツ オブジェクトの作成 . . . . . . . . . . . . . . .303
• コンテンツ オブジェクト デザイナ . . . . . . . . . . . . . . . . . .304
• コンテンツ オブジェクトの HTML タグの作成 . . . . . . . . .314
• アンケートでのコンテンツ オブジェクトの使用 . . . . . . . .315
• メールでのコンテンツ オブジェクトの使用 . . . . . . . . . . .316
• コンテンツ オブジェクトの参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .316
12
コンテンツ オブジェクトについて
コンテンツ オブジェクトについて
コンテンツ オブジェクトについて
コンテンツ オブジェクトの概念は、個人用に設定されたコンテンツを顧客に伝えるという考え方に由
来しています。 顧客がある Web サイトに移動して自身の身元確認を行うと、その顧客に関する情報
に基づいたコンテンツの表示が可能になります。 そのようなコンテンツの一例として、顧客に対する
個人用設定オファーが挙げられます。
コンテンツ オブジェクトは、個人用に設定された動的なコンテンツを定義してオペレーションする、
構造化および一元管理された方法を提供します。
コンテンツ オブジェクトの定義
コンテンツ オブジェクトは基本的に、どんなコンテンツが所定の状況で配信されるのかを記述した一
連のルールです。
コンテンツ オブジェクトは、コンテンツ項目と呼ばれるとり得るコンテンツのセットと、優先順位付
きのルールのセットを持ちます。 各ルールは、true または false のどちらかになります。 所定の状況
で true となる最初のルールが、そのオブジェクトのコンテンツの配信に関与します。 このコンテンツ
は、定義済みコンテンツ項目の 1 つになります。
あるコンテンツ オブジェクトが実行される所定の状況は、ほとんどの場合、特定の顧客に関連してお
り、個人用に設定されたコンテンツの配信を可能にします。 ただし、特定の顧客の識別情報以外の情
報も、コンテンツ オブジェクトのコンテンツの決定に使用される場合があります。
コンテンツ オブジェクトの定義とデザインの詳細については、「[コンテンツ オブジェクト デザイナ]
について(304ページ)」を参照してください。
コンテンツ オブジェクトの使用
コンテンツ オブジェクトは、さまざまなチャネルでのコンテンツ配信に使用できます。 たとえば、コ
ンテンツ オブジェクトは、Web ページの一部になることができ、アンケート内に表示したり、メール
の一部になったりできます。
以下の説明では、1 つのコンテンツ オブジェクトをメール、アンケート、および Web ページで再利用
する方法を示します。
302
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 12 章 : コンテンツ オブジェクト
コンテンツ オブジェクトの使用方法の詳細については、以下のトピックを参照してください。
• コンテンツ オブジェクトの HTML タグの作成(314ページ)
• アンケートでのコンテンツ オブジェクトの使用(315ページ)
• メールでのコンテンツ オブジェクトの使用(316ページ)
新しいコンテンツ オブジェクトの作成
新しいコンテンツ オブジェクトの作成
新しいコンテンツ オブジェクトを作成するには、Visual Dialogue の [作成] タブで [コンテンツ オブ
ジェクト] を選択します。 [新規コンテンツ オブジェクト ウィザード] が表示されます。
ステップ 1
ウィザードの最初のページでは、新しいコンテンツ オブジェクトに名前と説明を設定します。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
303
コンテンツ オブジェクト デザイナ
ステップ 2
ウィザードの最後のページである 2 ページ目では、[ターゲットの対象顧客タイプ] を選択します。
ターゲットの対象顧客により、コンテンツ オブジェクトが常に既知の顧客のコンテキストで実行され
るかどうかが制御されます。 以下の 4 種類のターゲット対象顧客タイプがあります。
• [特定]: コンテンツ オブジェクトの実行時には、特定の顧客ドメインの既知の顧客が常に指定されま
す。
• [匿名]: コンテンツ オブジェクトに対する匿名の要求のみが許可されます。
• [混合モード]: コンテンツ オブジェクトに対する匿名と特定済みの両方の要求が許可されます。
注意: ウィザード内で選択されているすべてのテキストとオプションが、後で [コンテンツ オブジェ
クトのプロパティ] ウィンドウで変更されます。
[新規コンテンツ オブジェクト ウィザード] の完了後、[コンテンツ オブジェクト デザイナ] が表示さ
れます。
コンテンツ オブジェクト デザイナ
[コンテンツ オブジェクト デザイナ] について
[コンテンツ オブジェクト デザイナ] は、コンテンツ オブジェクトの作成と編集を行うための、Visual
Dialogue 内のツールです。 [コンテンツ オブジェクト デザイナ] では、コンテンツ項目やルール関す
る作業を行います。
コンテンツ オブジェクトのプロパティ
コンテンツ オブジェクトのプロパティを確認または編集するには、[ファイル] タブで [プロパティ] を
選択します。
[全般] タブ
このタブには、一般的なコンテンツ オブジェクトのプロパティが含まれています。
• [名前]—コンテンツ オブジェクトの名前です。
• [説明]—コンテンツ オブジェクトのオプションの説明です。
• [キー]—キーはコンテンツ オブジェクトを識別する一意の文字列です。 この値は、コンテンツ オブ
ジェクトの呼び出し時に使用されます。 [キー] が空白の場合は、コンテンツ オブジェクトの保存時
に一意の値が生成されます。
• [作成日] (読み取り専用)—コンテンツ オブジェクトが作成された日時です。
• [作成者] (読み取り専用)—コンテンツ オブジェクトを作成したユーザーのユーザー名です。
• [最終更新日] (読み取り専用)—コンテンツ オブジェクトが最後に変更された日時です。
304
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 12 章 : コンテンツ オブジェクト
• [最終更新者] (読み取り専用)—コンテンツ オブジェクトを最後に変更したユーザーのユーザー名で
す。
• [コンテンツ オブジェクトを非アクティブ化]—コンテンツ オブジェクトを非アクティブ化してアク
セスできないようにするには、このオプションをオンにします。
[対象顧客タイプ] タブ
これらの設定を使用して、コンテンツ オブジェクトへのアクセス方法を制御します。
[ターゲットの対象顧客タイプ] のとり得る値として、次の 3 つがあります。
• [特定]: コンテンツ オブジェクトの実行時には、特定の顧客ドメインの既知の顧客が常に指定されま
す。
• [匿名]: コンテンツ オブジェクトに対する匿名の要求のみが許可されます。
• [混合モード]: コンテンツ オブジェクトに対する匿名と特定済みの両方の要求が許可されます。
[その他] タブ
このタブには、コンテンツ オブジェクトの動作を制御するその他の設定が含まれています。
• [オブジェクト実行のログを有効にする]—このチェックボックスをオンにすると、コンテンツ オブ
ジェクトのすべての実行のログがデータベース テーブル CONTENT_OBJECT_LOG に記録されま
す。 この情報は、レポートや分析に役立ちます。 既定では、新しいコンテンツ オブジェクトの作
成時にこのオプションがオンになります。
[ログを削除] ボタンを使用すると、コンテンツ オブジェクトの実行ログの内容を消去できます。 この
ボタンをクリックすると、[コンテンツ オブジェクトのログの削除] ウィンドウが開きます。
• [ログ全体を削除]—このオプションでは、ログ全体が消去されます。
• [指定された原点を持つログ項目のみを削除]—このオプションでは、指定された [原点] を持つログ項
目のみを消去します。 [原点] は、コンテンツ オブジェクトの呼び出し時に指定できるオプションの
パラメータです 参照してください。 を参照してください)。 [原点] は、テーブル
CONTENT_OBJECT_LOG 内のデータベース フィールド COL_ORIGIN に対応しています。
コンテンツ項目に関する作業
コンテンツ項目について
コンテンツ項目について
コンテンツ オブジェクト内で定義されたそれぞれの [コンテンツ項目] は、そのコンテンツ オブジェク
トのとり得るコンテンツを表しています。 コンテンツ オブジェクトの実行時には、コンテンツ項目の
1 つがその特定の実行の結果として返されます。
あるコンテンツ オブジェクトのすべてのコンテンツ項目が、デザイナの左側にあるツリー ビューに表
示されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
305
コンテンツ項目に関する作業
各種タイプのコンテンツ項目
さまざまなタイプのコンテンツを表す、さまざまなタイプのコンテンツ項目が存在します。
• イメージ
このコンテンツ項目は、イメージへのリンク (URL) を指定します。 詳細については、イメージ コン
テンツ項目(307ページ)を参照してください。
• HTML
このコンテンツ項目には、HTML コードが含まれます。 詳細については、HTML コンテンツ項目
(307ページ)を参照してください。
• テキスト
このコンテンツ項目には、純粋なテキストが含まれます。 詳細については、テキスト コンテンツ項
目(308ページ)を参照してください。
• メッセージ テンプレート
このコンテンツ項目は、メッセージ テンプレートに基づいています。 詳細については、メッセージ
テンプレート コンテンツ項目(308ページ)を参照してください。
• URL
このコンテンツ項目は、Webページを指しています。詳細については、URLコンテンツ項目(309ペー
ジ)を参照してください。
新しいコンテンツ項目の作成
新しいコンテンツ項目を作成するには、[デザイン] リボン タブで [新規コンテンツ項目] を選択しま
す。 [コンテンツ項目のプロパティ] ウィンドウが表示されます。
コンテンツ項目の設定の詳細については、「コンテンツ項目のプロパティ(306ページ)」を参照して
ください。
コンテンツ項目のプロパティ
コンテンツ項目のプロパティの説明
これらのプロパティは、コンテンツ タイプには依存していません。
• [コンテンツ項目名]—コンテンツ オブジェクト デザイナに表示されるコンテンツ項目の名前です。
• [説明]—コンテンツ項目のオプションの説明です。
• [キー]—コンテンツ項目を特定するキーです。 キーの値はコンテンツ オブジェクト内で一意でなけ
ればなりません。 新しいコンテンツ項目が作成されると、システムによってキーの値が提示されま
す。
• [コンテンツ タイプ]—コンテンツのタイプです。 詳細については、コンテンツ項目について(305ペー
ジ)を参照してください。
306
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 12 章 : コンテンツ オブジェクト
• [フィールドのマージを無効にする]—一部のタイプのコンテンツ (HTML やテキスト) は、マージ タ
グをサポートしています。 つまり、顧客データを、メッセージ テンプレートのように、コンテンツ
内にマージできます。 パフォーマンス向上のために、使用されていないところではこの機能を無効
にできます。
• [ランダム ウェイト]—ランダムなコンテンツ項目を選択するようにルールを構成する際に各種コン
テンツ項目に相互に設定されるウェイトの数値です。 この値を 0 に設定すると、そのコンテンツ項
目はランダムな描画の一部から除外されます。
イメージ コンテンツ項目
イメージ コンテンツ項目について
image タイプのコンテンツ項目は、インターネット上でアクセスできるイメージにリンクしています。
イメージ コンテンツ項目の構成
イメージ リンクの構成時には、イメージの URL の指定、または発行済みファイルの選択のどちらか
を行うことができます。 イメージの指定後、[コンテンツのプレビュー] エリアが更新されます。
オプションで、イメージ リンクを指定できます。 これは、ユーザーがイメージをクリックすると開か
れる URL です。 [イメージ リンクの設定] ウィンドウには、以下の構成オプションがあります。
• [イメージ リンクを有効にする]—イメージ リンクのオプションを有効または無効にします。
• [リンク URL]—リンクの実際の URL です。
• [新しいウィンドウで開く]—リンク先を新しいブラウザ ウィンドウで開くかどうかを指定します。
• [リンクの追跡を有効にする]—ユーザーがリンクをクリックしたときのログでリンク追跡を使用する
かどうかを指定します。
• [リンク名]—追跡情報をデータベースに保存する際に使用される、リンクのオプションの名前です。
注意: コンテンツ オブジェクトでのリンク追跡では、HTML メールでのリンク追跡と同じログ メカニ
ズムが使用されます。 このメカニズムは、顧客に送信された特定のメールに関連付けられるリ
ンクに依存します。 そのため、コンテンツ オブジェクトがメールで使用された場合、ログに記
録された情報によって顧客の識別のみが行われます。 それ以外の場合、ログに記録された情報
は、顧客に関連付けられ、その他の情報 (特定のリンクがクリックされたタイミング、ブラウ
ザのタイプなど) のみを含むことになります。リンク追跡のログは、データベース テーブル
web_track_log に記録されます。
HTML コンテンツ項目
HTML コンテンツ項目について
HTML タイプのコンテンツ項目には、HTML メール テンプレートに類似した HTML コードが含まれま
す。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
307
コンテンツ項目に関する作業
HTML コンテンツ項目のデザイン
HTML コンテンツ項目に関する作業の際には、[デザイン モード] または [HTML モード] のどちらかで
作業できます。
ツールボックスには、コンテンツ オブジェクトの対象顧客タイプが特定である場合に使用できるマー
ジ フィールドやその他のタグが含まれています。 対象顧客タイプの詳細については、「コンテンツ
オブジェクトのプロパティ(304ページ)」を参照してください。
HTML コンテンツ項目のデザインは、HTML メール テンプレートに関する作業に非常によく似ていま
す。 HTML デザインに関する作業の詳細については、「Message Template Designer の概要(123ペー
ジ)」を参照してください。
テキスト コンテンツ項目
テキスト コンテンツ項目について
テキスト タイプのコンテンツ項目には、テキストベースのメール テンプレートによく似たテキスト
コンテンツが含まれます。 テキスト コンテンツ項目は、たとえば、テキストベース メールや SMS
メッセージで使用できます。
テキスト コンテンツ項目のデザイン
テキスト コンテンツ項目に関する作業の際には、デザイナにテキスト コードを入力します。
ツールボックスには、コンテンツ オブジェクトの対象顧客タイプが特定である場合に使用できるマー
ジ フィールドやその他のタグが含まれています。 対象顧客タイプの詳細については、「コンテンツ
オブジェクトのプロパティ(304ページ)」を参照してください。
テキスト コンテンツ項目のデザインは、テキストベース メール テンプレートに関する作業に非常に
よく似ています。 メニュー オプションとツールボックスの機能の詳細については、「Message
Template Designer の概要(123ページ)」を参照してください。
メッセージ テンプレート コンテンツ項目
メッセージ テンプレート コンテンツ項目
メッセージ テンプレート タイプのコンテンツ項目は、実際のコンテンツを定義するメッセージ テン
プレートを指しています。
メッセージ テンプレート コンテンツ項目の構成
このコンテンツ項目を構成するには、[参照...] をクリックしてメッセージ テンプレートを選択します。
308
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 12 章 : コンテンツ オブジェクト
URL コンテンツ項目
URL コンテンツ項目について
URL タイプのコンテンツ項目は、実際のコンテンツを定義する Web ページを指しています。
URL コンテンツ項目の構成
このコンテンツ項目を構成するには、URL を指定します。
注意: URL には、次の例のように、マージ フィールドが含まれている場合があります。
http://www.mycompany.com/mypage.aspx?customer_id=«mh_customer_id»
ルールに関する作業
ルールについて
ルールについて
コンテンツ オブジェクトには、1 つ以上のルールが含まれます。 これらのルールでは、コンテンツ オ
ブジェクトのロジックを定義します。
コンテンツ オブジェクトのルールには、順序があります。 コンテンツ オブジェクトの実行時には、1
番のルールが最初に評価されます。 このルールが true と評価された場合は、このルールが適用され、
このルールで指定されているコンテンツ項目が実行の結果になります。 最初のルールが false と評価
された場合は、2 番のルールが評価されます。 リスト内のいずれかのルールが true と評価されるま
で、後続のルールが評価されます。
すべてのルールが false と評価された場合は、エラーが発生します。 これは、コンテンツ オブジェク
トの実行では何らかのコンテンツを返さなければならないためです。
注意: コンテンツ オブジェクトを実行する前に、少なくとも 1 つのルールを定義しておく必要があり
ます。
コンテンツ オブジェクトのすべてのルールが、デザイナの左側にあるツリー ビューに表示されます。
各種タイプのルール
さまざまなタイプのコンテンツを表す、さまざまなタイプのコンテンツ項目が存在します。
• “なし” ルール タイプ
“なし” というルール タイプには、条件となるタイプがないので、ルールは常に適用されます。 この
ルール タイプは、ほとんどの場合、コンテンツ オブジェクトの既定のコンテンツを指定するために
使用されます。 詳細については、 「なし ルール タイプ(311ページ)」を参照してください。
• セレクションベースのルール
Visual Dialogue ユーザー ガイド
309
ルールに関する作業
セレクションベースのルールは、セレクションを参照します。 コンテンツ オブジェクトに対する要
求で指定された顧客が指定のセレクションがの一部である場合、このルールは true と評価されます。
詳細については、セレクションベースのルール(311ページ)を参照してください。
• 式ベースのルール
式ベースのルールには、式が含まれます。 コンテンツ オブジェクトに対する要求で指定された顧客
に対して式が true と評価された場合、このルールは true と評価されます。 詳細については、式ベー
スのルール(311ページ)を参照してください。
• スクリプト ルール
スクリプト ルールは、最も高度なタイプのルールであり、スクリプト言語を使用したロジックの実
装を可能にします。 詳細については、スクリプト ルール(312ページ)を参照してください。
新しいルールの作成
新しいルールを作成するには、[デザイン] リボン タブで [新規ルール] を選択します。 [ルールのプロ
パティ] ウィンドウが表示されます。
ルールのプロパティの設定の詳細については、「ルールのプロパティ(310ページ)」を参照してくだ
さい。
ルールのプロパティ
コンテンツ項目のプロパティの説明
ルールの一般的なプロパティは、ルール タイプ には依存していません。
• [ルール名]—コンテンツ オブジェクト デザイナに表示されるルールの名前です。
• [説明]—ルールのオプションの説明です。
• [ルール タイプ]—ルールのタイプです。 詳細については、ルールについて(309ページ)を参照して
ください。
• [コンテンツ項目]—コンテンツ オブジェクト実行時にこのルールが適用 (true と評価) された場合に
使用されるコンテンツ項目です。 ある特定のコンテンツ項目を選択する以外に、コンテンツ項目プ
ロパティに次の 3 つの特別な値を設定することもできます。
1. [未選択]—コンテンツを一切指定しません。 この値は、スクリプト タイプのルールでのみ使用
してください。 このタイプのルールでは、プログラムによってコンテンツ項目を返すことで、
スクリプト コード内でコンテンツを動的に指定できます。
2. [空のコンテンツ]—ルール適用時に空のコンテンツが返されます。
3. [ランダム コンテンツ項目を選択]—ランダムなコンテンツ項目が選択されます。 ランダム アル
ゴリズムでは、コンテンツ項目の [ランダム ウェイト] プロパティを使用してコンテンツ項目の
ウェイトを設定します (「コンテンツ項目のプロパティ(306ページ)」を参照)。
• [アクティブな期間を指定]—このチェックボックスをオンにすると、[アクティブ開始] と [アクティ
ブ終了] で指定した限定された時間枠でのみルールが使用されます。 この時間枠以外では、コンテ
ンツ オブジェクト実行時にルールがスキップされます。
310
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 12 章 : コンテンツ オブジェクト
• [アクティブ開始]—アクティブな期間の開始日です。 空欄のままにした場合、開始日は存在しませ
ん。
• [アクティブ終了]—アクティブな期間の終了日です。 空欄のままにした場合、終了日は存在しませ
ん。
注意: [アクティブ開始] と [アクティブ終了] の値には、日付だけでなく時刻の部分も含めることが
できます。 例 : 12.06.2007 14:00
“なし” ルール タイプ
“なし” ルール タイプ
“なし” というルール タイプは、常に true と評価されます。 これは、通常、コンテンツ オブジェクト
の既定のコンテンツを指定するために使用されます。
このタイプのルールには、構成が必要な条件設定がありません。
セレクションベースのルール
セレクションベースのルールについて
セレクションベースのルールは、Visual Dialogue で定義されたセレクションを参照します。 コンテン
ツ オブジェクトに対する呼び出しで指定された顧客が実際のセレクションがの一部である場合、セレ
クションベースのルールは true と評価されます。
セレクションベースのルールの構成
使用するセレクションを指定するには、デザイナの [ルールの詳細] ペインの [参照...] をクリックしま
す。
[セレクションに含まれない顧客にルールを適用する] チェックボックスをオンにすると、ルール評価
の結果が反転されます。つまり、ルールは、顧客が指定されたセレクションの一部でない場合に true
と評価されます。
式ベースのルール
式ベースのルールについて
式ベースのルールには、式が含まれます。 ルールが true と評価されるのは、コンテンツ オブジェク
トに対する要求で指定された顧客に対して式が true になる場合です。
式ベースのルールのデザイン
式ベースのルールをデザインする際には、Selection Designer で使用されるものと同様の式を記述し
ます。 式の記述法の詳細については、「Portrait Dialogue テクニカル ヘルプ」の「顧客ドメインと
式」を参照してください。 Portrait Dialogue リファレンス ヘルプ.
Visual Dialogue ユーザー ガイド
311
ルールに関する作業
スクリプト ルール
スクリプト ルールについて
スクリプト ルールは、非常に高度なタイプのルールです。 このルールでは、スクリプト言語を使用し
てロジックを実装できます。
スクリプト ルールのデザイン
スクリプト ルールをデザインする際には、EvaluateRule という関数を実装します (以下の例を参照)。
この関数には、次の 3 つのパラメータがあります。
• ContentItems—コンテンツ オブジェクト内で定義されているすべてのコンテンツ項目のリストで
す。 コンテンツ オブジェクト実行の結果は、このリスト内のコンテンツ項目の 1 つを返すことで決
定されます (以下の例 3 を参照)。
• Customer—コンテンツ オブジェクトに対する呼び出しが特定された場合に顧客を表すオブジェク
トです。 このパラメータは、顧客データにアクセスするために使用されます (以下の例 1 を参照)。
コンテンツ オブジェクトへの呼び出しが匿名の場合、顧客は null の値を持ちます。
• RequestParams—コンテンツ オブジェクトへの呼び出しにおける追加のパラメータのリストです
(例 2 を参照)。
EvaluateRule 関数の戻り値は、ブール値 (true または false) か、コンテンツ項目である必要がありま
す。 ブール値を返すということは、ルールの評価が正常に行われ、そのルール用に指定されたコンテ
ンツ項目がコンテンツ オブジェクトの実行の結果になることを意味します。 また、コンテンツ項目を
返すということは、そのルールの評価は正常に行われますが、返されるコンテンツ項目がコンテンツ
オブジェクトの実行の結果であることを意味します。 false を返すということは、ルールがコンテンツ
オブジェクトの現在の実行に適用されないことを意味します。
EvaluateRule とそのパラメータの詳細な説明については、 「Portrait Dialogue テクニカル ヘルプ」
の「IMHContentObjectRulePlugin」を Portrait Dialogue リファレンス ヘルプ.
スクリプト言語
既定のスクリプト言語は Microsoft JScript です。 Windows スクリプトで使用できるその他のスクリ
プト言語は、[スクリプト] リボン タブの [言語] ボタンで選択できます。
例 : 顧客データの使用法
function EvaluateRule(ContentItems, Customer, RequestParams)
{
if (31 <= Customer.FieldValue("Age") <= 40)
return true
else
return false;
}
312
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 12 章 : コンテンツ オブジェクト
例 : RequestParams の使用法
function EvaluateRule(ContentItems, Customer, RequestParams)
{
if (RequestParams.Value("MyParam") == "A")
return true
else
return false;
}
例 : コンテンツ項目の返し方
function EvaluateRule(ContentItems, Customer, RequestParams)
{
if (RequestParams.Value("MyParam") == "A")
return ContentItems.ContentItem("C1") // Using content item key
else
return ContentItems.ContentItem(1); // Using the index of the content
item
}
例 : その場でのコンテンツ項目の作成
function EvaluateRule(ContentItems, Customer, RequestParams)
{
if (Customer.FieldValue("Email") == null)
{
NewContentItem = ContentItems.AddContentItem();
NewContentItem.ContentType = "text";
NewContentItem.ContentText = "Please register your email address...";
return NewContentItem;
}
else
return false;
}
コンテンツ オブジェクトのテスト
[コンテンツ オブジェクトのテスト] ウィンドウのアクティブ化
コンテンツ オブジェクト デザイナでの作業中にコンテンツ オブジェクトをテストするには、[デザイ
ン] リボン タブで [コンテンツ オブジェクトのテスト] を選択します (または Shift + F9 キーを押しま
す)。 [コンテンツ オブジェクトのテスト] が開きます。
[コンテンツ オブジェクトのテスト] の実行
コンテンツ オブジェクトをテストするには、テスト ウィンドウの [実行] をクリックするか、F9 キー
を押します。
コンテンツ オブジェクトを顧客のコンテキストで実行するには、次のように [顧客 ID] フィールドに
顧客 ID を入力します。 顧客 ID を空のままにすると、匿名モードでコンテンツ オブジェクトがテスト
されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
313
コンテンツ オブジェクトの HTML タグの作成
コンテンツ オブジェクトの HTML タグの作成
コンテンツ オブジェクトには、Web Utilities アプリケーションからアクセスできます。 つまり、適切
な HTML タグと URL を使用して Web Utilities アプリケーションへのリンクを設定することで、Web
ページ内のコンテンツ オブジェクトを使用できます。 そのような HTML タグや URL を作成するため
に、コンテンツ オブジェクト デザイナとコンテンツ オブジェクト ブラウザには特別なツールが用意
されています。
このツールを起動するには、コンテンツ オブジェクト デザイナの [デザイン] リボン タブで [HTML タ
グを作成] を選択します。 [コンテンツ オブジェクトの HTML タグの作成] ウィンドウが開きます。
[コンテンツ オブジェクトの HTML タグの作成] ウィンドウ
このウィンドウでは、コンテンツ オブジェクトを使用するための HTML タグや URL を作成できます。
ウィンドウの下部には、作成結果が表示され、その結果を Windows クリップボードにコピーできま
す。
HTML タグまたは URL を生成する前に、いくつかのオプションを選択する必要があります。
1. コンテンツ オブジェクトを選択する必要があります。
2. 作成できるタグまたは URL のタイプがいくつかあります。 以下のタイプの 1 つを選択する必要が
あります。
• [HTML のスクリプト タグ]: 動的 HTML を使用してコンテンツ オブジェクトを表示する HTML
のスクリプト タグが結果として生成されます。
• [HTML の i-frame タグ]: コンテンツ オブジェクトを表示する HTML のスクリプト タグが結果と
して生成されます。
• [コンテンツへの URL のみ]: コンテンツ オブジェクトを含む Web ページへの URL が結果とし
て生成されます。
3. 顧客ドメインと顧客 ID を指定できます。 この指定を行った場合、コンテンツ オブジェクトは特定
された顧客のコンテキストで実行されます。
4. [エラーの表示を有効にする] オプションでは、エラーメッセージを表示するかどうかを指定しま
す。 このオプションをオフにすると、エラーが発生した場合に空のコンテンツが表示されます。
5. [URLをスクランブル化] オプションでは、チェック サムによる URL パラメータの暗号化を行うか
どうかを指定します。
注意: Web Utilities アプリケーションによるコンテンツ オブジェクトへのアクセス時の URL パラメー
タの詳細については、「Portrait Dialogue テクニカル ヘルプ」の「コンテンツ オブジェクト」
を参照してください Portrait Dialogue リファレンス ヘルプ.
314
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 12 章 : コンテンツ オブジェクト
例
スクリプト タグの使用方法を説明するために、次の HTML コードを使用した簡単な Web ページを作
成します。
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>This is a test page</title>
</head>
<body>
<h1>This is a test page</h1>
<hr>
<script src="http://test005/mhwu452/co/Object.axd?
instance=MSSQL_DOC45&om=wrapped&cok=CO1&custdomainid=1001&customerid=106981"
type="text/javascript"></script>
<hr>
</body>
</html>
このスクリプト タグで URL の customerid パラメータを変更すると、コンテンツ オブジェクト内の
異なるルールが異なる顧客に適用されるため、さまざまな表示結果が得られます。
アンケートでのコンテンツ オブジェクトの使用
コンテンツ オブジェクトは、Visual Dialogue でのアンケートのデザイン時に使用できます。
アンケート内でコンテンツ オブジェクトを使用するには、次の 2 つの方法が考えられます。
1. コンテンツ オブジェクトをページのページ テキスト内に配置できます。
2. コンテンツ オブジェクトをアンケート スタイル内で使用できます。
ページ テキストでのコンテンツ オブジェクトの使用
コンテンツ オブジェクトは、アンケート レイアウト内にあるページのページ テキストで使用できま
す。 これをサポートするために特別なタグが定義されています。 以下に例を示します。
• [$(CO1)]
• [$(CO1, myparam1=A;myparam2=B)]
このマージ タグの詳細については、「マージ タグの使用(182ページ)」を参照してください。
アンケート スタイルでのコンテンツ オブジェクトの使用
コンテンツ オブジェクトはアンケート スタイル内で使用できます。 ページ テキスト内のものと同じ
タグが使用されます。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
315
メールでのコンテンツ オブジェクトの使用
注意: アンケート スタイルは、Customer Web Access (CWA) アプリケーションの [顧客 Web プロ
ファイル] ページで使用できます。 そのため、コンテンツ オブジェクトをスタイルを追加する
ことで、コンテンツ オブジェクトを [顧客 Web プロファイル] ページに表示できます。 アン
ケート スタイルを使用するように [顧客 Web プロファイル] ページを構成する方法については、
Configuration CWA.pdf ドキュメントを参照してください。
メールでのコンテンツ オブジェクトの使用
コンテンツ オブジェクトは、Visual Dialogue でのメールのデザイン時に使用できます。
コンテンツ オブジェクトは、[メッセージ デザイナ] のツールボックスに用意されています。 ツール
ボックス内のコンテンツ オブジェクトをダブルクリックすると、メールにタグが挿入されます。
メールのマージが行われると、コンテンツ オブジェクトが実行され、結果として得られるコンテンツ
がメール内に挿入されます。
注意: «$(CO223)» などのマージ タグは、コンテンツ オブジェクトをメールに挿入する際に使用しま
す。 コンテンツ オブジェクト内のリンク追跡は、このタグによって特別に処理されます。ま
た、結果として、コンテンツ オブジェクト内のリンク追跡は、まるでリンクがメール テンプ
レート自体に直接配置されているかのように動作します。
コンテンツ オブジェクトの参照
すべての定義済みコンテンツ オブジェクトを確認するには、Visual Dialogue の [ホーム] タブで [探索]
> [コンテンツ オブジェクト] を選択します。 [コンテンツ オブジェクトを参照] フレームが表示されま
す。
リスト内のコンテンツ オブジェクトをソートするには、見出しで対象となる列をクリックします。
リストに表示された一連の列を構成するには、[表示] タブで [列を選択] を選択します。 [列を選択]
ウィンドウが開きます。
プロパティ (コンテンツ オブジェクトの名前や説明など) の確認または編集を行うには、コンテンツ
オブジェクトを 1 つ選択し、[ホーム] タブで [プロパティ] を選択します。 [コンテンツ オブジェクト
のプロパティ] ウィンドウが表示されます。
コンテンツ オブジェクト デザイナでコンテンツ オブジェクトを開くには、リストにある 1 つのコン
テンツ オブジェクトをダブルクリックするか、[ホーム] タブで [開く] を選択します。
コンテンツ オブジェクトを削除するには、コンテンツ オブジェクトを 1 つマークし、[ホーム] タブで
[削除] を選択します。
316
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 12 章 : コンテンツ オブジェクト
コンテンツ オブジェクトにアクセスするための HTML タグまたは URL を作成するには、[ホーム] タ
ブで [コンテンツ オブジェクトの HTML タグを作成] を選択します。 詳細については、「コンテンツ
オブジェクトの HTML タグの作成(314ページ)」を参照してください。
赤いマーク付きのコンテンツ オブジェクト
コンテンツ オブジェクトのアイコン上にある赤いマークは、そのコンテンツ オブジェクトが非アク
ティブ化されていることを示します。 詳細については、「コンテンツ オブジェクトのプロパティ
(304ページ)」を参照してください。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
317
Visual Dialogue オブジェク
トのエクスポートとインポー
ト
• エクスポートとインポートについて . . . . . . . . . . . . . . . . .320
• Visual Dialogue エクスポート ウィザード . . . . . . . . . . . .323
• Visual Dialogue インポート ウィザード . . . . . . . . . . . . . .324
13
エクスポートとインポートについて
エクスポートとインポートについて
Visual Dialogue は、ファイルに対するエクスポートとインポートをサポートしています。 たとえば、
Visual Dialogue でダイアログ、セレクション、およびメッセージ テンプレートをデザインした後、こ
れらのオブジェクトをファイルにエクスポートできます。 このファイルは、別にインストールされた
Visual Dialogue にインポートできます。
Visual Dialogue では、オブジェクトのエクスポートには Visual Dialogue エクスポート ウィザード
を、インポートには Visual Dialogue インポート ウィザードを使用します。
サポートされるオブジェクト タイプ
Visual Dialogue 内での作業の対象になるほとんどのオブジェクトは、エクスポートとインポートが可
能です。 以下に、それらのオブジェクトを示します。
• ダイアログ (Telemarketing プロジェクトを含む)
• セレクション
• メッセージ テンプレート
• アンケート
• レポート テンプレート
• ブロードキャスト
• アンケート スタイル
• 発行済みファイル
• コンテンツ オブジェクト
オブジェクトをインポートする各種の方法
インポートは、次の 2 種類のモードで実行できます。 補助モードと非補助モードです。
補助モード
補助モードは、関連性のある一連のシステム間でオブジェクトのコピーや更新を行うことを目的とし
ています。 たとえば、開発のためのシステム、運用前テストのためのシステム、運用のためのシステ
ムが 1 つずつ存在するとします。 その場合、これらのシステムは同じ補助的な環境の一部であると言
います。 補助的環境では、新しいオブジェクトや変更されたオブジェクトをあるシステムから別のシ
ステムに移行できます。 以下の図を参照してください。
320
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 13 章 : Visual Dialogue オブジェクトのエクスポートとインポート
補助的環境を構成する方法の技術的な詳細については、テクニカル ヘルプを参照してください。
非補助モード
[非補助モード] は、標準のインポート モードです。 このモードでは、オブジェクトが常に新しいオブ
ジェクトとしてインポートされます。 つまり、オブジェクトはインポート機能を使用して更新するこ
とができません。
注意: 補助的な環境の一部でないシステムでは、インポートが自動的に [非補助モード] で実行されま
す。 [補助モード] または [非補助モード] のどちらを使用するかを考慮する必要はありません。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
321
エクスポートとインポートについて
エクスポート/インポートに関する制限と危険
Visual Dialogue でエクスポートとインポートの機能を使用する際には、一定の制限と潜在的な危険が
存在します。 以下では、特に重要なものについて説明します。
ダイアログ (補助的なインポートの場合のみ)
補助的な環境では、インポートを使用したダイアログ デザインの更新がサポートされています。 つま
り、既存のダイアログのデザインを運用前のシステム内で変更したりテストしたりできます。 テスト
の後、デザインを運用システムに移行できます。
ダイアログ内のグループを運用前システムで削除した場合、ダイアログを移行 (インポート) すると、
これらのグループは運用システムでも削除されます。 これらのグループ内の参加顧客は削除されるこ
とになります。 運用前システムで削除されたオペレーションや分割も、運用システムで削除されるこ
とになります。 これらのオペレーションや分割に履歴情報があれば、その情報も削除の対象になりま
す。
ダイアログ内の Telemarketing プロジェクト
Telemarketing プロジェクトのエクスポートとインポートがサポートされています。 Telemarketing プ
ロジェクトは、そのプロジェクトが定義されているダイアログの一部としてエクスポートされます。
ユーザーのセキュリティとアクセス許可はエクスポートやインポートの対象にならない点に注意して
ください。 そのため、Telemarketing オペレータはエクスポートやインポートが行われません。
補助的な環境でのダイアログの移行時には、ダイアログ内でテレマーケティング プロジェクトに割り
当てられているオペレータは更新されません。
アンケート (補助モード インポートの場合のみ)
補助的な環境では、インポートを使用したアンケート定義の更新がサポートされています。 つまり、
既存のアンケートのデザインは、運用前システムでの変更とテストの後、運用システムに移行できま
す。
運用前システムで質問や選択肢が削除された場合、そのアンケートを移行 (インポート) すると、それ
らの質問や選択肢は運用システムでも削除されます。 これらの質問や選択肢に対するすべての回答が
削除されることになります。
コンテンツ オブジェクト
コンテンツ オブジェクトには、[コンテンツ オブジェクト キー] という一意のプロパティがあります。
あるコンテンツ オブジェクトがインポートされ、そのキーが既に使用されていた場合、システムによ
る対処方法は補助モードと非補助モードで異なります。 補助モードでは、インポートが失敗します。
非補助モードでは、新しい一意のキーがコンテンツ オブジェクトに自動的に割り当てられます。
廃止されたエクスポート形式
以前のバージョン (バージョン 4.5.3 以前) では、アンケートとレポートのテンプレートを、それぞれ
*.qry、*.rtb 形式でファイルにエクスポートできました。 今回、これらの形式は廃止されていま
す。 代わりに、Visual Dialogue の一般的なエクスポートとインポートの機能を使用できます。
322
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 13 章 : Visual Dialogue オブジェクトのエクスポートとインポート
Dialogue Admin でのエクスポートとインポート
Dialogue Admin には、Visual Dialogue と同様のエクスポートとインポートの機能があります。 エク
スポートとインポートは、Dialogue Admin 内のすべてのオブジェクト タイプでサポートされているわ
けではありませんが、顧客ドメイン、 タイプ、プラグインなどの重要なオブジェクトではサポートさ
れています。 詳細については、リファレンス ヘルプを参照してください。
Visual Dialogue エクスポート ウィザード
Visual Dialogue エクスポート ウィザードは、1 つ以上の Visual Dialogue オブジェクトをファイルに
エクスポートするのに役立つユーザー インターフェースを備えています。
エクスポート ウィザードの起動
Visual Dialogue エクスポート ウィザードは、Visual Dialog エクスプローラまたはブラウザから起動
できます。 このウィザードを開くには、1 つ以上のオブジェクトを選択し、コンテキスト メニューの
[エクスポート...]、または [ホーム] リボン タブで [エクスポート] > [エクスポート ウィザード...] を選
択します。
ページ 1: 開始ページ
このウィザードの 1 ページ目は、開始ページです。 このページには、Visual Dialogue のエクスポート
予定のオブジェクトに関する一般的な情報が表示されます。
ページ 2: メイン ウィザード ページ
このウィザードの 2 ページ目では、エクスポートする追加のオブジェクトを選択できます。 左側に
は、エクスポートするオブジェクトのリストが表示されます。 最初、このリストには、ウィザード起
動時に選択されていたオブジェクトが含まれています。
ウィザードの右側には、依存関係オブジェクトのリストが表示されます。 依存関係オブジェクトは、
エクスポート用に選択されたオブジェクトとの関連性があるオブジェクトです。 たとえば、ダイアロ
グをエクスポートする場合、そのダイアログによって使用されるセレクション、テンプレート、およ
びアンケートはすべて依存関係オブジェクトになります。 これらのオブジェクトは、画面の中央にあ
る < および << のボタンを使用して、エクスポート用に選択できます。
Visual Dialogue エクスポート ファイルには、依存関係に関する情報が含まれています。 このインポー
ト ウィザードは、オブジェクトのインポート時にこうした依存関係を考慮します。
ただし、システムはオブジェクト間のすべての依存関係を自動的に検出するわけではありません。 通
常、ダイアログ オペレーションでパラメータを通じて関係付けられているオブジェクトは、検出され
ます。 ただし、アンケートのリンクがメッセージ テンプレート内にある場合、そのアンケートは依存
関係として検出されません。 この場合は、ウィザード内の [追加...] ボタンを使用して、アンケートを
手動で追加する必要があります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
323
Visual Dialogue インポート ウィザード
エクスポートするすべてのオブジェクトを選択した後、[エクスポート] をクリックすると、エクスポー
トが開始されます。 ウィザードによって、エクスポート用のフォルダおよびファイル名を選択するよ
うに求められます。
注意: 1 つのオブジェクトのみ (または、1 つのダイアログのみ) をエクスポートする場合は、ウィザー
ドによってエクスポート ファイル向けにこのオブジェクトの名前が提示されます。
エクスポートが完了すると、[Visual Dialogue] エクスポート ファイル (*.mhexport) が選択したエクス
ポート先フォルダに書き込まれます。 ウィザードにより、確認メッセージが表示されます。
インポート ウィザードを使用すると、作成済みのファイルを使用して、エクスポートされたオブジェ
クトを別のインストールにインポートできます。
Visual Dialogue インポート ウィザード
Visual Dialogue インポート ウィザードは、1 つ以上のオブジェクトを Visual Dialogue エクスポート
ファイルからインポートするのに役立つユーザー インターフェイスを備えています。 このようなファ
イルは、エクスポート ウィザードを使用して作成されます。
インポート ウィザードの起動
Visual Dialogue インポート ウィザードは、Visual Dialog Explorer、またはブラウザの 1 つから起動
できます。 このウィザードを開くには、コンテキスト メニューの [インポート...]、または [ホーム] リ
ボン タブで [インポート] > [インポート ウィザード...] を選択します。
ページ 1: 開始ページ
このウィザードの 1 ページ目は、開始ページです。 このページでは、インポート元となるファイルを
選択できます。
ページ 2: インポート モード ページ
このウィザードの 2 ページ目では、インポート モードを選択できます。
注意: このページは、(ページ 1 で) 選択したファイルが同じ補助的な環境内にあるシステムからエク
スポートされたものである場合に限り表示されます。
インポート モードの詳細については、「エクスポートとインポートについて(320ページ)」を参照し
てください。
ページ 3: メイン ウィザード ページ
このページには、選択したファイルに含まれるすべてのオブジェクトのリストが表示されます。 ここ
では、ファイル内のオブジェクトのうちインポートするものを選択できます。
324
Portrait Dialogue 6.0 SP1
第 13 章 : Visual Dialogue オブジェクトのエクスポートとインポート
ページの右側には、選択したオブジェクトの詳細が表示されます。 インポートの競合や依存関係の問
題が発生した場合は、ここに表示されます (インポートの競合と依存関係の問題(325ページ) を参
照)。
インポートを実行するには、[インポート] をクリックします。
注意: インポート ウィザードを Visual Dialogue の Explorer から起動した場合は、インポートされた
オブジェクトが Explorer の現在のフォルダに配置されます。 その他の場合、インポートされた
オブジェクトはルート レベルのフォルダに配置されます。
インポートの競合と依存関係の問題
インポート ウィザードでは、各種の競合や依存関係の問題が検出される場合があります。 以下では、
そのうち特に重要なものについて説明します。
名前の競合 (非補助的なインポート)
名前の競合は、インポートされるオブジェクトの名前が既に使用されている場合に発生します。 たと
えば、アンケートをインポートする際、そのアンケートの名前 (“Customer Survey 2007” など) が既に
使用されている場合は、新しい名前 (“My Survey 2007” など) を指定しなければインポートできませ
ん。 名前の指定はウィザードの右側のペインで指定します。
依存関係の問題 (非補助的なインポート)
依存関係の問題は、インポートされるオブジェクトが、存在場所の不明な (ターゲット システム内に
もインポートされるファイル内にも存在しない) 別のオブジェクトに依存している場合に発生します。
たとえば、アンケートをインポートする際、そのアンケートで使用しているスタイルが見つからない
場合は、新しい値を依存関係に指定しなければインポートできません。 この場合は、値を <blank> に
セットすることで可能になります。
依存関係の問題 (補助的なインポート)
[補助モード] でのインポート時に依存関係を解決できない場合は、インポートを実行できません。 た
とえば、アンケートをインポートする際、そのアンケートで使用しているスタイルが見つからない場
合は、インポートを実行できません。 この問題を解決するには、アンケート スタイルをアンケートよ
り先にインポートするか、インポートされるファイル内にアンケートとアンケート スタイルの両方が
存在する必要があります。
Visual Dialogue ユーザー ガイド
325
索引
記号
[OK] ボタン 136
[Web] タブ 18
[イメージを選択] ダイアログ 141
[コピー/貼り付け/クリップボード] メニュー 145
[ボタンを追加] 137
[レイアウト] ビュー 171
[印刷] ダイアログ 150
[項目の状態] ダイアログ 146
[項目を編集] ダイアログ 139
[項目を編集] ボタン 139
[項目を編集]ダイアログ 139
[新規メール テンプレートを作成] ダイアログ 135,
136
[追加] ボタン 138
[追跡の概要 ] ダイアログ 148
[貼り付け/クリップボード] ボタン 145
A
ActivePage 193
ActivePage.NextPage 181
Alternative オブジェクト 201
AnswerFormID 193
B
BCC 151
BroadcastID 193
C
CC 151
Cell 206
Cell object 206
ChannelName 193
ClearAnswer 197, 201
ClearComment 209
Column オブジェクト 204
Context 193
CSS 150, 177, 191
CustDomainID 193
Customer View 158, 292
CustomerID 193
CWA 158, 185
D
Dialog Admin 291
Dialog Server 105
Dialogue Server 141, 151
E
ErrorMessage 207
EvaluateExpression 193
EvaluateExpressionBool 193
EvaluateExpressionString 193
F
Facebook 135
False 151
G
GetAnswerDateTime 197
GetAnswerFloat 197
GetAnswerInt 197
GetAnswerText 197, 201
GetComment 209
GetCustomerData 193
GetSingleChoiceAnswer 197
H
R
HTML 104, 123, 125, 135, 147, 150, 151
HTML img 150
HTML メール 135
HTML 形式電子メール 148, 150
HTML 電子メール 151
Row オブジェクト 205
Rows 206
RTF 123
I
Script Object Model 192
Section オブジェクト 209
Selection Designer 20
Send Message Service 105
SetAnswerBool 197, 201
SetAnswerDateTime 197
SetAnswerFloat 197
SetAnswerInt 197
SetAnswerText 197, 201
SetComment 209
Skip 207
SMS 135
SOM 192
Sスパム判定 151
ID 20, 150
IsAnonymous 193
IsAnswered 197, 201, 205, 206, 209
IsNew 193
IsValid 197, 207
J
JavaScript 192
JScript.NET 192
M
Matrix 193
Matrix オブジェクト 203
Message Template Designer 124
Mh_message_url 151
Microsoft Outlook 148
Microsoft Word 104, 105
MIME 151
N
S
T
Telemarketing 158
True 151
Twitter 135
U
URL 141, 151, 187
URLをスクランブル化 187
NextPage 207
V
P
Page オブジェクト 207
Pages 193
PageText 207
PageTextIsHtml 207
ParticipantID 193
Q
Questionnaire Designer 160
QuestionnaireID 193
Questions オブジェクト 197
Visual Dialogue 20, 136, 146
Visual Dialogue のオプション 20
W
Web Portal 135
Web アクセス 185
Web モジュール 124
Word 48, 123
あ
アイテム 147
アイテムメニュー 137
328
Portrait Dialogue 6.0 SP1
アイテムを使用する 146
アウトデント 140
アウトボックス 105, 154
アウトボックスを使用 154
アンケート 158, 159, 160, 167, 173, 175, 185, 189,
190, 191, 192, 193
アンケート URL 187
アンケート URL の作成ウィンドウ 187
アンケート スタイル 191
アンケート レポート 190
アンケートのテスト 187
アンケートのテストのオプション 187
い
イメージ 170
イメージの位置 177
イメージ項目 141
こ
コピー/貼り付け/クリップボード 137
コンテナ 137
コンテナ項目 144
コンテンツ 139, 143
コンテンツ ID 298
コンテンツ オブジェクト項目 142
コントロールパラメータ 151
す
スタイル 191
スタイルシート 177
スタイルセット 146
ステップ/フィールド 136
スパム 137, 150, 151
スパム判定 150, 151
スパム率 151
え
エクスポート 190
エラー ビュー 105
エンドポイント 207
お
オーダー 151
オプション ダイアログ 20
か
カスケーディング 177
カスタム SQL 124
せ
セクション 161, 174, 193, 209
セル 192, 205
セル タイプ 167
セレクション 86, 146
た
タスク オーガナイザ 20, 290
タスク オーガナイザ インターフェイス 290
ち
チェック 146
き
キー 197
つ
ツールヒント/代替 141
く
クリア 145
クリックする 148
クリップボード 145
Visual Dialogue ユーザー ガイド
て
テーブル 139
テーブル項目 143
テキストアイテム 140
テキストの色 140
デザイン 135
329
デザインする 151
テスト ウィンドウ 187
テストする 146, 150, 151
テストのオプション 150
デフォルト 146
テンプレート 48, 150, 151
テンプレートテンプレート 149
テンプレートの概要 135
テンプレートプロパティ 154
と
ドキュメント タイプ 104
ドメイン 135
ドラッグ 135
は
め
メイン アプリケーション ウィンドウ 14
メールのリンク追跡 133
メールの作成 48
メールを有効にする 148
メール追跡 133
メッセージ デザイナ 135
メッセージ デザイナ メール 135
メッセージ デザイナ メール テンプレート 135
メッセージ デザイナ モジュール 135
メッセージ テンプレート 123
メッセージ テンプレート ツールボックス 124
メッセージ テンプレート テキスト ビュー 125
メッセージ マネージャ 105
メッセージマネージャ 154
メモ 37
パーツ 137, 151
ハイパーリンク 133, 140
ハイパーリンクおよび/または 140
や
ふ
ゆ
プレーン 151
プレビュー 293
フロー 179
ブロードキャスト 296
ユーザー 293
やり直す/繰り返す 140
ら
ランク付け 165
へ
ページ 173, 174, 179
ページのプレビュー 187
ページ質問 175
ページ終了アクション 179, 181
ページ入力アクション 179, 180
り
リセット 141
リンク 140
リンク追跡条件 97
れ
ま
マージ 140, 150, 151
マージ タグ 182
マスター 135, 146
マスター テンプレート 147
マスターテンプレート 136, 147
マトリクス 167, 192, 203
レイアウト 171
レイアウト ビュー 187
レター 135
レポート 190
ろ
ログイン 154
ログイン URL 187
330
Portrait Dialogue 6.0 SP1
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
13
File Size
3 541 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content