close

Enter

Log in using OpenID

液晶ディスプレーの偏光子保護フィルム、生産能力を倍増

embedDownload
本
社
大阪市北区堂島浜二丁目 2 番 8 号
東京支社
東京都中央区京橋一丁目 17 番 10 号
名古屋支社 名古屋市西区市場木町 390 番地
〒530-8230 TEL(06)6348-4210 FAX(06)6348-3443
〒104-8345 TEL(03)6887-8827 FAX(03)6887-8829
〒452-0805 TEL(052)856-1631 FAX(052)856-1634
2016 年
8月
10 日
液晶ディスプレーの偏光子保護フィルム、生産能力を倍増
当社は、液晶ディスプレーの偏光子保護を主用途とする、超複屈折フィルム「コスモシャイン®
SRF」の生産ラインに 10 億円を投資し、生産能力の倍増を行います。17 年度に 150 億円の売上高
を目指します。
1.設備投資の背景
「コスモシャイン®
SRF」は、ポリエステルフィルムでありながら、複屈折による
着色(虹むら)を解消した画期的なフィルムです。液晶ディスプレーの偏光子保護
フィルムとして、韓国、台湾で採用されており、加えて、大手偏光板メーカーにも本格
販売が決まりました。引き続き市場の需要が拡大していることから、早急に生産を拡大
します。
偏光板
偏光板
保護フィルム
偏光子
位相差フィルム
液晶ディスプレーの構造
2.投資の内容
・
生産開始 : 16 年末から 17 年初め
・
投 資 額 : 約 10 億円
・
場
所 : 敦賀事業所内
・
内
容 : 既存設備の改造を行い、「コスモシャイン®
SRF」の生産ラインを
犬山工場の 1 ラインから、敦賀事業所を加えた 2 ラインに倍増します。
3.「コスモシャイン® SRF」について
従来、複屈折が起きるポリエステルフィルムは、
液晶セルの部材としては使用が難しいとされてき
ましたが、逆転の発想と当社の生産技術により製
品化に成功しました。
通常、偏光子保護フィルムには TAC フィルムが
使用されますが、その透湿性から過酷な使用環境
における問題が指摘されていました。「コスモシャ
イン®
SRF」は、ポリエステルの機能を生かし、
透湿性やコスト面ともに優れたフィルムです。
「コスモシャイン®
複屈折により発生する虹むら
SRF」には、以下の特長があります。
(1)延伸フィルムでありながら、複屈折による着色(虹むら)を解消します
(2)液晶から発せられる光を、より自然光に近い状態へ変換(偏光解消)します
(3)さまざまな素材との優れた接着性を有します
4.今後の展開
「コスモシャイン®
SRF」は、17 年度に売上高 150 億円を目指します。
フラットディスプレー市場は拡大が継続しており、今回の増設により偏光子保護フィルム
の世界シェア 25%を目標とします。
以
<お問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部
電話:06-6348-4210
FAX:06-6348-3443
e-mail:[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
171 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content