close

Enter

Log in using OpenID

インターネットを通じたコンテンツの配信と著作権問題

embedDownload
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
「インターネットを通じたコンテンツの配信と著作権問題」
市川類@JETRO/IPA NY
1.はじめに
近年、音楽、映像などのコンテンツの配信手法が、インターネット/ブロード
バンドの発展に伴い、大きく変わりつつある。
いわゆるコンテンツとは、一般的に、その内容によって、テキスト系、音声系、
映像系に分けられ、それぞれ、放送という無線/有線媒体や紙、CD/DVD などの
物理的媒体などを通じて消費者に提供/配信することによってビジネスがなされ
ている。具体的には、テキスト系では、新聞、雑誌、書籍など、音声系では、ラ
ジオ、音楽など、映像系では、テレビ、映画、ゲームなどがある。
このようなコンテンツ配信ビジネスに関し、従来の配信媒体ではなく、デジタ
ル化された上で、インターネットを通じて配信するという手法が普及しつつあり、
iTunes に代表される音楽コンテンツ配信ビジネスが新興勢力として開花しつつあ
るなど産業構造も含めて大きく変化しつつある。このような中、インターネット
環境下では、ファイル・シェアリングなどを通じたコピーがこれまでになく容易
になることから、当該コンテンツに係る著作権や著作権管理技術の扱いなどが大
きな課題となるとともに、既存メディア系企業、新興インターネット・サービス
系企業の競争の中で、当該著作権の有り方も絡みながら、新たなビジネスモデル
の模索がなされてきている。
本報告においては、コンテンツの中でも、特に音声系(音楽等)、映像系(テ
レビ、映像等)にかかるコンテンツ配信ビジネスを中心に、米国の現状について
報告する。
2.コンテンツ配信のビジネスモデルと著作権
(1)これまでのコンテンツ産業のビジネスモデル
<コンテンツとその配信媒体の分類>
コンテンツには、上述の通り、一般的に、テキスト系、音声系、映像系に分け
られるとともに、それぞれ、主に一次流通市場で利用されることを想定している
もの(一度提供されることを想定しているもの、速報性の高いもの)と、マルチ
ユース市場で利用されることを想定されているもの(何度も繰り返して利用され
ることを想定しているもの、コンテンツ性の高いもの)に分けられる。
-1-
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
コンテンツの分類1
主に一次流通市場
主にマルチユース市場
テキスト系
新聞
雑誌
書籍
音声系
ラジオ
音楽
映像系
テレビ
映画
ゲーム
これまで、コンテンツ配信ビジネスにおける媒体とは、放送媒体(ラジオ、テ
レビなど、一方向の媒体であり、主に一次流通市場が対象となる)と物理媒体
(紙媒体(書籍、新聞等)、電磁媒体(CD/DVD 等)など。主にマルチユース市
場が対象(新聞等を除く))などがあり2、これらの媒体を通じて、消費者に提供
されていた。したがって、ビジネスとしては、コンテンツの作成を確保すること
に加え、これらの媒体(配信網)を有していることが、企業としての競争上の優
位であったということができよう。
<コンテンツ配信ビジネスのビジネスモデル>
このようなコンテンツ配信ビジネスにかかるビジネスモデル(収入モデル)と
しては、大きく分けて、利用者から収入を得る「課金型・契約型」と、第三者か
ら収入を得る「広告型」の2形態があり、実際には、それぞれのコンテンツやそ
の流通形態の性質に応じて、それらを組み合わせて、ビジネスモデルを構築して
いるのが実態である。例えば、一般的には、放送(無線)は広告型、音楽・映
画・書籍は課金型が中心であるが、新聞や雑誌、放送(有線)は、契約型と広告
型の両方を組み合わせていると分類できる。
①課金型、契約型
利用者に対して、コンテンツごとに課金、あるいは、一定期間のコンテ
ンツ提供に係る契約を行うことによる資金回収形態。物理的な媒体や放送
(有線)など、当該コンテンツを専有する者が特定できるような場合に利
用される。特に、コンテンツ性が高い(多くの資金を投入される)など、
マルチユースで利用されるような場合に多く利用される。
②広告型
コンテンツ提供と併せて、第三者による広告を提供することによる資金
回収形態。放送(無線)など利用者が特定できない場合に利用されるが、
それ以外であっても、コンテンツの利用に邪魔を与えない範囲であれば、
物理媒体等の場合であっても、広告型が利用される。特に、一次流通で利
用される場合が多い。
1
もちろん、それぞれのコンテンツが、テキスト系、音声系、映像系といった分類や、一次流通市場やマル
チユーズ市場に一意的に分類できるわけではないことに留意する必要がある。例えば、新聞の記事は、他
のソースにも利用され、また、テレビ番組も、DVD 化されるなど他の媒体にも利用される。
2
それ以外にも、劇場、コンサートなどの対面による配信があるが、本報告では扱わない。
-2-
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
ただし、これらのビジネスモデルを考えるにあたって、以下の2点を含め、幅
広い観点からビジネスを見ることが必要であることに留意すべきである。
a) 一般的にコンテンツ性が高いなど課金型のビジネスモデルに基づいている
ものであっても、当該コンテンツを多く販売するため(ヒットさせるた
め)には、広告を行うことによって、消費者の評判を得ることが必要であ
る。(例えば、音楽でヒットするためには、ラジオなどを通じて広告し、
また、無料で聞ける機会を設け、話題にさせるなど。)
b) また、特に、マルチユースのものなどについては、複数の流通経路(メデ
ィア)を用いて、総合的に収入を確保するべくビジネスモデルを構築する
のが実態である。(例えば、音楽で CD の販売収入に加えて、コンサート
で収入を確保したり、映画を劇場で公開した後、DVD や TV で販売したり
するなど。)
<ビジネスモデルにおける著作権の位置づけ>
このようなコンテンツ配信ビジネスに関し、過去、特に CD/DVD などのデジタ
ル化に伴い品質を落とすことなくコピーされることが可能となり、これは、コン
テンツ配信事業者にとって、一般的に収入減につながりうるものであることから、
これらの著作権を元にした権利の主張を行ってきた。
ただし、収入源に係る可能性については、そのビジネスモデルや場面によって
程度差がある。具体的には、①課金型、契約型の場合については、自由に無料で
コピーされることはそのまま課金量、契約量の減少につながる可能性が高いこと
から、コンテンツに係る著作権を主張し、承認のないコピーを阻止することが重
要になる。いわゆる海賊版対策である。一方で、②広告型の場合については、原
則として無料でできるだけ幅広い利用者に利用してもらうことが重要となるため、
一般的に著作権を行使する必要性は低い。ただし、その場合であっても、収入を
確保するためには、当該広告とコンテンツとが切り離されたり、他の主体によっ
て提供されたりすることがないようにすることが重要になる。
(2)インターネットの進展によるビジネスモデルへの影響
そのような中、インターネットの進展、特に、ブロードバンドの進展に伴い、
新聞、ニュースなどのテキスト情報がインターネットを通じて配信されるだけで
なく、Apple iPod に代表される MP3 プレイヤーの人気を受けて、音楽・映像をは
じめとするエンターテイメント系コンテンツに係るインターネット配信が急速に
増加する傾向にある。
例えば、音楽のインターネット配信(以下、デジタル音楽という。)について
は、世界 1,450 社のレコード会社を代表する IFPI(International Federation of the
Photographic Industry)が発表した「Digital Music Report 2007」(2007 年 1 月)
-3-
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
3
によると、デジタル音楽ビジネスは今後も成長すると見込んでおり、2006 年のデ
ジタル音楽コンテンツの売上は約 20 億ドルと前年度と比較して約2倍になってお
り、一方、レコード、CD などの既存メディアによる売上高は減少している。この
デジタル音楽の売上は、音楽コンテンツ売上全体の約 10%であったが、2010 年ま
でには、音楽売上全体の 4 分の 1 はデジタル音楽になるだろうと予測している4。
このようなインターネットを通じたコンテンツの配信は、従来のメディア企業
におけるビジネスモデルに大きな変化を与えることになる。具体的には、以下の
ような変化が考えられる。
①インターネットの双方向性に伴う変化・・・著作権問題の拡大
インターネットによるコンテンツの配信は、これまでの一方向の放送や物理的
な配送網とは異なり、利用者・個人自らコンテンツを配信することが可能となる。
このため、(a)一つには、Web2.0 と言われるように、これまでのコンテンツの作
成・配信を独占していたメディア企業を通じなくても、利用者自らがコンテンツ
作成者として、コンテンツを配信することが可能となったことである。YouTube
がその典型的事例であると言われる。一方、(b)それがゆえに、利用者自らが他の
コンテンツ作成者(著作権者)の作成したコンテンツについても容易に、他者に
対して再配信・コピーすることが可能となる。このため、コンテンツに係る著作
権の問題は、CD/DVD 化などデジタル化に伴う問題だけではなく、ファイル・シ
ェアリングに代表されるようなさらに大きな問題を孕むことになる。
②インターネットの開放性、無料性に伴う変化・・・広告ビジネスシフト
近年、インターネットを使ったビジネスとしては、グーグルに代表されるよう
に、広告媒体として位置付けたビジネスが大きく開花しつつある。これは、一般
的に、インターネットは、セキュリティ技術などで特段の制限を加えない限り、
アクセスさえすれば誰にでも自由に無料で利用できるという特徴を有しており、
したがって、広告媒体としての親和性が高いとも言える。
従来のコンテンツ配信ビジネスのうち、特に物理的媒体の場合においては、原
則有料である物理的媒体の価値に加えて、コンテンツを販売するということが容
易であったが、インターネット配信の場合においては、もちろん課金することは
技術的には可能であるものの、一般的には消費者の理解は得られにくく、特に一
次流通市場のものを中心に、従来の契約・課金型のモデルから、広告型モデルに
重心がシフトすることになる。
③媒体の変化に伴う競争上の優位の変化・・・産業構造の変化
3
4
IFPI 発表:http://www.ifpi.org/content/section_resources/digital-music-report.html
http://www.ifpi.org/content/library/digital-music-report-2007.pdf 3ページ
-4-
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
これまで既存のコンテンツ配信業者(メディア企業)においては、コンテンツ
作成部門を押さえるともに、放送や物理的配送網(流通業界との連携など)など
を有することによって、配信する相手となる利用者を確保することが、企業とし
ての競争上の優位であった。また、このような中、米国を中心とする世界のメデ
ィア企業は、合併・買収を行うことによって、同じコンテンツを各種の媒体で配
信することができるような企業へと拡大してきた歴史がある。(下図参照)
これらの配信網(媒体)に関し、より魅力的かつ有望な配送網としてインター
ネットが加わることになるが、それらのビジネスにおいては、アマゾンから始ま
って、アップル、グーグルなど、既存のメディア企業というよりは、むしろ新興
のインターネット・サービス会社が、先行的に、自らの技術やビジネスモデルを
基に、プラットフォームを確立し、優位に立ってきている。このような中、もち
ろん、既存のメディア企業は、コンテンツの配信だけでなく、コンテンツの作成
も一貫して行っていることを背景に、著作権を交渉材料として、これらの新興企
業と覇権を目指して競争を行うことになる。
米国の主要 Media/Entertainment 企業の概要
企業名
Time Warner
($44.70B)
< New York>
Warner Music
Group
($3.50B)
Walt Disney
Company
($34.29B)
<Burbank, CA>
NEWS
Corporation
($28.65B)
<New York
NBC Universal
($16.19B)
<New York>
事業内容
<出版>Time、Sports Illustrated、
Fortune 等
<映画>ワーナーブラザーズ
<放送>TBS、HBO、CW(CBS と
の連携)、CNN 等
<ケーブル>Time Warner Cable
<インターネット>AOL
<音楽>アトランティック、エレク
トラ、ワーナーブラザーズ等
<放送>ABC、ESPN、Walt
Disney Television 他
<映画>Buena Vista Motion
Pictures (Walt Disney Pictures、
Touchstone Pictures 等)
ディズニーパーク・リゾート
<出版>ハーパーコリンズ、TV
Guide など
<新聞>タイムズ、New York
Post、Wall Street Journal 等
<映画>20世紀フォックス
<テレビ>FOX
<インターネット>MySpace
<放送>NBC、CNBC、MSNBC、
Sci-Fi
<映画>ユニバーサル映画(ユニバ
ーサルスタジオ等)
-5-
経緯
<NYSE:TWX>
・89 年、タイム社とワーナーコミュニケーショ
ンズが合併
・95 年、タイムワーナーが TBS 及びその傘下の
CNN 等を買収。
・2000 年、AOL と合併。その後、2002 年に現名
に変更。
<NYSE:WMG>
・2004 年 2 月、タイムワーナーは、WMG を売
却。
<NYSE:DIS>
・96 年、Capital Cities/ABC Group を買収。
<NYSE:NWS>
・もともと豪州にて設立。1979 年に持株会社設
立。1985 年、米国企業化。
・2003 年、DirecTV を GM から買収。ただし、
2006 年株式交換。
・2007 年、Dow Jones を買収。Wall Street
Journal を傘下に。
<GE80%、Vivendi(仏)20%の合弁会社>
・86 年、GE は RCA の買収により、NBC を取
得。
・2004 年 5 月、GE の NBC 部門と、Vivendi
Universal の Universal 部門を合併。
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
Universal Music
<音楽>ユニバーサル、MCA、ゲ
フィン、A&M、モータウンなど
CBS Corporation
($14.32B)
<New York>,
<放送>CBS、CW、CSTV、
Showtime など
CBS パラマウントテレビジョン
<テーマパーク>パラマウントパー
クス
Viacom ($11.47B)
<New York>
<放送>MTV、BET networks
<映画>Paramount Pictures、
DreamWorks
<音楽>コロムビア、エピック、ア
リスタ、RCA
<Vivendi Universal の子会社>
・95 年、シーグラムが MCA を買収。96 年にユ
ニバーサルに改名。
・2000 年、シーグラムが娯楽部門を Vivendi に
売却。
<NYSE:CBS>
・もともと、コロンビア系。88 年に、音楽部門
を Sony に売却。
・95 年、WH が買収。99 年、CBS からのスピン
オフである Viacom が買収。
・2005 年 12 月、CBS Corporation とし、切り離
した部門を Viacom とした。
<NYSE:VIA>
・2005 年 12 月、旧 Viacom から分離。
<Sony と Bertelsmann(独)の合弁(50:50)>
・2004 年 8 月、Sony Music Entertainment と
BMG Entertainment が合併。
EMI(£1.81B)
<音楽>EMI、キャピトル、アップ <英国企業>
ル、ヴァージン
・1931 年、英コロムビアと英グラモフォン
(HMV)が合併し、EMI に。
・2000 年、タイムワーナーとの合併を検討した
が、欧州独禁法のため実現せず。
(注1)いわゆる3大テレビ局は、ABC、CBS、NBC。(FOX を加えて4大テレビ局という場合もある。)
(注2)いわゆる4大レーベルは、WMG、Universal、Sony/BMG、EMI。
Sony BMG Music
Entertainment
このような頭の整理を踏まえつつ、次章において、インターネット配信ビジネ
スに係る著作権に関して、既存メディア業界と IT 関係業界などのそれぞれがどの
ような議論を行ってきたか、また、第四章においては、その一方で、互いの競争
の中で、どのようなビジネスモデルを模索してきているかについて報告する。
3.インターネットを巡る著作権を巡る法的議論
(1)米国の著作権法の法体系(Fair Use とその解釈)
本章においては、米国における、インターネットが進展する中での著作権を巡
ってのコンテンツ事業者と、IT 関係事業者、消費者団体等における考え方、議論
の状況等について報告する。
<著作権法と Fair Use>
米国著作権法では、他国の著作権法と同様、コンテンツ作成者などの著作権者
に対して、その著作権者が作成したコンテンツ(作品)の使用等に関して権利
-6-
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
(著作権)を与えることとしており、したがって、当該コンテンツ(作品)を他
者が使用等するにあたっては、原則、当該著作権者の許可・承認を必要とする。
そのような中で、現行の著作権法では、同第 107 条において、Fair Use(公正
使用)の概念が定められており、Fair Use に該当する著作物の使用は、著作権侵
害とはならないと規定されている。具体的に同条には、その判断基準として、批
評や報道目的など、Fair Use に該当する行為の例示に加え、Fair Use の判断にあ
たり考慮すべき4つの要素が列挙されている5。
この Fair Use の概念は、米国の判例の蓄積により形成されてきた概念であるが、
一般的には、非営利目的で少量の音楽ソフトをコピーする行為などについては、
著作権侵害とは見なされないとされ6、1992 年には、一定の要件を満たした場合、
音楽著作物の個人利用について画一的に免責する「Audio Home Recording Act」
が 1992 年に制定されている7。このように Fair Use の適用を消費者の私的利用に
限定したコピー作成については認める解釈につながったのが、1984 年のソニー・
ベータマックス訴訟8であった。同訴訟に対する最高裁判所の判決では、タイムシ
フトを目的とした家庭内での私的使用のための録画行為は、Fair Use と認められ
ることになった。ただし、いずれにせよその基準は曖昧であり、ケースバイケー
スの判断となる。
なお、同裁判では、併せて、著作権侵害行為を可能にする機器等を販売した企
業についても、侵害行為を助長・促進した責任が認められなければ、違法とはさ
れないという基準を示している。
<デジタルミレニアム著作権法(DMCA)>
一方、コンテンツのデジタル化の進展に対応する観点から、1998 年に、The
Digital Millennium Copyright Act (DMCA)が制定された(施行は 2000 年)9。こ
れは、米国が WIPO の条約10を批准し、それに対応する観点から制定されたもの
である11。
具体的に、同法は、Digital Rights Management(DRM)技術が利用されている
場合には、その技術を迂回することを禁止するものである。ただし、Fair Use に
5
U.S. Copyright Office:http://www.copyright.gov/fls/fl102.html 具体的には、①使用が商業目的か非営
利の教育目的かなど、使用の目的及び特徴、②著作物の性質、③全体から見た著作物の使用量及び重
要性、④著作物の潜在的市場又は価値に対する使用の及ぼす影響、の4点。
6
http://arstechnica.com/news.ars/post/20071002-sony-bmgs-chief-anti-piracy-lawyer-copying-musicyou-own-is-stealing.html
7
http://www.copyright.gov/title17/92chap10.html
8 Sony Corp.v. Universal City Studios, 464 U.S.417;
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/020/07051108/002.pdf
9
THE DIGITAL MILLENNIUM COPYRIGHT ACT OF 1998 U.S. Copyright Office Summary
http://www.copyright.gov/legislation/dmca.pdf
10
具体的には、 「The WIPO Copyright Treaty」 及び「WIPO Performances and Phonograms Treaty」。
11
United States Copyright Office: Digital Millennium Copyright Act Study
http://www.copyright.gov/reports/studies/dmca/dmca_executive.html
-7-
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
関しては、同法の規定においても、現行の著作権法に基づき、Fair Use に関する
例外規定が適用される旨規定されている12。
このような中、この規定に関し、デジタル・コンテンツの私的使用のためのコ
ピーは、原則現行著作権法に基づくFair Useにあたるとして、違法にならないとし
ても、その私的利用のためのコピーを行うにあたってDRMを迂回する行為につい
ては、消費者の私的使用であることから違法にならないと解釈するのか、それと
も、DRMを迂回する行為自体は目的に関わらず適用されるものであり、したがっ
て違法であると解釈するのかが焦点となる13。特に、DRMは、消費者の私的使用
であるか否かにかかわらずコピーができないように掛けられることから、これら
の解釈を巡って業界間の対立構造が生まれている。
<P2P(ファイル・シェアリング)に係る判決>
また、著作権法を巡る解釈として、大きな影響を与えたのが P2P(Peer to
Peer)サービスを提供する Napster 等に係る判決である。P2P サービスとは、ネ
ットワークに接続された複数のパソコンに保存されている音楽などのファイルを、
同ネットワークの参加者が相互に検索、直接ダウンロードし、共有できるソフト
ウェアやシステムである。Napster は、そのサービスの先駆けとして、1999 年 1
月に開始された。これにより、Napster の P2P を介して、消費者は当時、違法に
コピーした音楽ファイルを著作権者にライセンス料を支払うことなく無断で共有
していた。
音楽業界は、こうした事態を阻止するため、音楽業界は P2P のサーバを管理し
ていた Napster を訴え、その結果、2001 年 2 月、サンフランシスコ連邦控訴裁判
所は、この訴えを認め、Napster の P2P サービス(ファイル・シェアリング)の
提供は、著作権侵害であり違法との判決が下された。この判決のポイントは、本
サービスの個々の利用者については、直接コピーをしているため、違法であると
判断されることは容易に推測されるものの、当該コピーの仲介・支援はするもの
の、実際にコピーには関与しないで P2P サービスのみを提供する企業についても、
当該違法コピーを助長、誘発しているという観点から違法と判断された点である。
なお、技術の発展により、Napster の P2P とは異なり、ファイルのシェアに当
たって管理できるコンピュータを通さない、新たなタイプの P2P である Grokster
12
Section 1201(a)、Section 1201(c)
Law.com によれば、「DMCA は Fair Use を骨抜きにするものではない。事実、明確な例外を認めており、
『同法の下、同章(Section 1201)に規定されているものは、Fair Use を含めた著作権侵害に関する権利、
救済、制限又は防御に影響しない(Nothing in this section shall affect rights, remedies, limitations, or
defenses to copyright infringement, including fair use, under this title.)』」としている
(http://www.law.com/jsp/article.jsp?id=1052440872261)。しかし、同記事によれば、実際の判例では、
DRM をハッキングする(=迂回する)又はそのためのコードを流通させた行為について、Fair Use の敗北と
なるような判例「Universal City Studios Inc. v. Reimerdes」が裁判所によって判断されているとしている。
13
-8-
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
や Morpheus などが登場していた。これらについては、著作権侵害にはあたらな
いとする解釈があったが、結局責任を認める形になっている14。
(2)著作権を巡る各業界の立場と認識・試算
<著作権に係る両業界の立場>
このような中、デジタル・コンテンツに係る著作権の扱いに関し、音楽・映画
をはじめとするメディア(エンターテイメント)業界は、著作権法は、その利用
目的とは関係なく DRM の迂回を禁じているものである15、と解釈しているのに対
し、Consumer Electronics Association(CEA)を中心とした IT 関連業界団体や消
費者団体は、このような狭い解釈によって Fair Use が制限されてしまうことを危
惧し16 17、両者の考え方は真っ向から対立している。
また、Napster 等 P2P サービスに係る最高裁判決に係る評価に関しても、法律
関係者の間で多くの議論を呼んでいるが、それ以上に、両業界では、真っ向に対
立している。
例えば、映画産業を代表する業界団体である Motion Picture Association of
America(MPAA)の専務理事兼 CEO は、同判決を「デジタル時代の知的財産保
護にとって歴史的な勝利」と高く評価し、「消費者、アーティストのみならず技
14
具体的には、同年 10 月、映画・音楽業界は、Napster 判決を基に、P2P ファイル交換ソフト Grokster と
Morpheus を利用して交換される著作物の著作権侵害について Grokster 及び StreamCast(Morpheus
を提供する企業)に法的責任があるとして、ロスアンゼルス連邦地裁に提訴した。しかし、同地裁及び控訴
裁判所は Napster との違いが根拠となって、両者の法的責任を否定した。その結果、決着は連邦最高裁
に持ち込まれることとなり、連邦最高裁は、2005 年 6 月 27 日、全員一致で同サービスを利用するユーザ
が行なった著作権侵害行為について、P2P サービス企業がそれを誘発ないしは助長したのであれば、
P2P サービス企業に法的責任があると判断し、下級裁判所に差し戻されることになった。これは、下級審
での判決を覆したものと理解され、サーバの管理をしているかではなく、被告がユーザの著作権侵害を助
長ないしは誘発したかを基準に違法性を決定すべきとする判断を示し、Grokster らの責任を認めたものと
なった。 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/06/28/8171.html
15
例えば 2000 年の南部ニューヨーク地裁における Universal City Studios Inc. v. Reimerdes 事件では、
DVD のコピー制限技術を破壊するコードのウェブサイトが DMCA に違反するとされたものであるが、コー
ド自体は個人のバックアップ目的など純粋な Fair Use に使用できるものであるから、Fair Use を制限した
ものとして批判されている。
http://www.law.com/jsp/article.jsp?id=1052440872261
16
Gary L. Benton, Coudert Brothers LLP
http://www.metrocorpcounsel.com/current.php?artType=view&artMonth=March&artYear=2004&Entr
yNo=268
17
CAE は、2007 年 2 月に下院委員会に提出された「Freedom and Innovation Revitalizing U.S.
Entrepreneurship Act of 2007」(http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/z?d110:h.r.01201:)について、
「DMCA に反映されている伝統的な Fair Use の概念を補強するものである」として支持するコメントを公表
している。http://news.ecoustics.com/bbs/messages/10381/331066.html
-9-
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
術イノベーター及び合法的なインターネットビジネスを展開する事業者にとって
朗報である」とコメントした18。
一方、テクノロジーと法に関する非営利組織である Electronic Frontier
Foundation は「同判決は P2P をはじめとするその他のテクノロジーを危機にさら
す」とのニュース速報を発表。「同判決は、消費者に対して著作権侵害行為を誘
発する『故意』が認められる商品を開発した企業家か否かで、そうした企業の法
的責任を問えるか否かの新理論を適用している。これにより、発明家や起業家は、
新製品を開発し、商品化にかかるコストだけでなく、消費者が違法に商品を利用
した場合に起こる裁判費用も負担する可能性がある」とコメントした19。なお、
2005 年 9 月 28 日、上院司法委員会で開催された Grokster 判決を巡る公聴会
「Protecting Copyright and Innovation in a Post-Grokster World」でも、著作権者
の保護に傾きすぎである、著作権の保護は判例ではなく立法により解決すべきで
あるなどの意見が出ている20。
<経済効果を巡る両業界の試算>
また、こうした法的解釈論に加えて、これらに係る経済的効果についても、音
楽・映画業界とそれに対立するハイテク業界や消費者団体の間には、その考え方
に大きな乖離がある。
音楽業界団体 Recording Industry Association of America (RIAA21)は、音楽業
界が大きな被害を受けていることを強調するプレスリリースを多く発表している。
たとえば最近では、2007 年 11 月 15 日付けで、米国大学生による違法ダウンロー
ドの実態について発表しており、この中で、市場調査会社 NPD の調査データに基
づき、米国の大学生が 2006 年に違法にダウンロードした音楽は 13 億件に達した
18
19
20
http://www.mpaa.org/MPAAPress/2005/2005_06_27a.doc
http://www.eff.org/news/archives/2005_06.php#003748
公聴会証言者リスト及び各証言:http://judiciary.senate.gov/hearing.cfm?id=1624;
P2P 裁判関連の議論では、主に著作権侵害に関する議論が中心であるが、一方、ファイルシェアリング技術
そのものについては、著作権侵害だけではなく、その他の効用があるとして評価するレポート等が出されてい
る。例えば、Organization for Economic Co-operation and Development(OECD)は 2005 年 6 月 13 日、P2P
ファイルシェアリングに対する OECD の見解をまとめたレポート『OECD Report on Digital Music:
Opportunities and Challenges
(http://www.oecd.org/document/46/0,2340,en_2649_201185_34994926_1_1_1_1,00.html)』を発表、ファ
イルシェアリングに対して一定の評価をした。米国政府の FTC (Federal Trade Commission)は、2005 年 6 月
23 日、「Peer -to-Peer File-Sharing Technology: Consumer Protection and Competition Issues」と題するレ
ポートを発表した(FTC プレス・リリース:http://www.ftc.gov/opa/2005/06/p2p.htm; FTC レポート本文:
http://www.ftc.gov/reports/p2p05/050623p2prpt.pdf)。この中で、FTC は P2P 業界は、データ・セキュリティ、
スパイウェア、ウィルス、著作権侵害、ポルノ映像への望ましくないアクセスなどのリスクを低減する技術改
革、業界独自規制の制定、及び消費者教育などを進めるべきであるとしつつ、P2P のメリットとして①ファ
イル転送速度の高速化、②転送用ネットワーク・バンド幅の節約、③ファイル管理用セントラル・ストレージ
の必要性低下などをあげる一方、P2P を利用する際の消費者リスクについても指摘している。
21
http://www.riaa.com/
- 10 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
と指摘している22。また、同プレスリリースの中で、非営利調査グループ Institute
for Policy Innovation の調査結果を引用し、世界的な音楽コンテンツの違法コピー
の普及により、米国経済は 125 億ドルを失い、さらに、7 万 1 千人以上の雇用機
会を喪失したとして、違法コピーが米国音楽業界に与える被害の大きさを強調し
ている23。
また、映画業界団体である Motion Picture Association of America(MPAA)は、
2006 年 9 月 29 日、IPI(Institute for Policy Innovation)のレポート「The True
Cost of Motion Picture Piracy to the U.S. Economy」についてプレスリリースを発
表している24。これによると映画著作権侵害による米国の被害は、年収の減少(損
失)は 55 億ドル、失業数は 14.1 万人、年間税収減は 8.37 億ドル、米国全産業界
の年間損失は 205 億ドルに達すると試算している。これに関し、MPAA の Dan
Glickman 会長兼 CEO は、「映画の著作権侵害に関するレポートが発表されたの
は、今回が初めだが、本レポートは著作権侵害が映画業界だけでなく、米国人の
失業率増加や収入減少がその他の業界にも波及する『ドミノ効果』の恐れがある
ことを示している」とコメントしている。
一方、IT 関連業界を代表して、Computer & Communications Industry
Association (CCIA)は、2007 年 9 月 12 日、著作権法における、私的録音・録
画等の Fair Use 除外規定が米国経済にどれだけ貢献しているかを示す調査結果
「Fair Use in the U.S. Economy」を発表し、議会にも提出した25。その具体的に
は、Fair Use によって恩恵を受けている産業を特定することにより、収入面では
4.5 兆ドル、付加価値面では 2.2 兆ドル(米国の GDP の 16.6%)、雇用面では
1080 万人(米国の労働者の 8 人に 1 人)、生産性の面では、米国の労働者一人当
22
http://www.riaa.com/newsitem.php?news_year_filter=&resultpage=&id=E9266037-DD38-CE560D30-6FD0D60CD44A
23
Institute for Policy Innovation のプレスリリース:
http://www.ipi.org/ipi/IPIPressReleases.nsf/b28b474cd6e1de35862567f300164e9b/889b2a0fa65f09
7e8625733e005da65d?OpenDocument; レポート本文:
http://www.ipi.org/ipi/IPIPublications.nsf/PublicationLookupFullTextPDF/51CC65A1D4779E4086257
33E00529174/$File/SoundRecordingPiracy.pdf?OpenElement;同レポートでは、2005 年、世界的な物
理的模倣品の流通によって、米国音楽業界が蒙った直接的な損失(direct loss)は約 53 億ドル(このうち、
物理的な損害が 16 億ドル、オンラインによるものが 37 億ドル)は試算している。その直接的損害に加え
て、雇用喪失や小売店の売上減などの間接的な要素等について、乗数をかけて算出した全体としての経
済的インパクトとして、125 億ドルという数値を算出している。詳細は、同レポートの 5 ページから 11 ペー
ジを参照。
24
IPI レポート: http://www.ipi.org/ (9 月 29 日付けプレスリリースをクリック);MPAA プレスリリース:
http://www.mpaa.org/press_releases/ipi%20release%209%2029%2006.pdf
25
CCIA の発表文: http://www.ccianet.org/artmanager/publish/news/FirstEver_Economic_Study_Calculates_Dollar_Value_of.shtml
調査結果の全文(全文 83 ページ): http://www.ccianet.org/artmanager/uploads/1/FairUseStudySep12.pdf
- 11 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
たりの生産性の増加は 12.8 万ドル(米国産業平均の生産性の増加は 9 万ドル)、
輸出面では、2002 年から 2006 年にかけて、50%近く増加したと試算している。
また、このような結果を踏まえ、結論として、Fair Use は、これらの産業の更な
る発展を通じて、米国の経済成長を今後も支え続けるだろう、とレポートは述べ
ている。
(3)デジタル・コンテンツの著作権を巡る法制化の動き
このような中、被害を受けていると認識している音楽・映画コンテンツ業界は
上述のような P2P 裁判等を通じて、自らの権利保護に動くとともに、デジタル・
コンテンツの著作権を守るための各種法制化を進めるべく、議会に働きかけを行
ってきた26。
2006 年第 109 議会で議論された主な法案としては、Copyright Modernization
Act、デジタル音楽ダウンロードに関する法案(Perform Act(Platform Equality
and Remedies for Rights Holder Music Act of 2006:S.264427、H.R. 536128))、
オーディオ・フラッグ法案(Audio Broadcast Flag Licensing Act of 2006)などが
あげられる。その内容は、概ね、著作権のライセンスを適正化することに加え、
DRM などコピー防止に向けた技術の導入を求めるものとなっている。
2006 年第 109 議会での主な著作権関係法律案
内容(ポイント)
結果
Copyright
①代理人(音楽配信企業等) ・廃案(コンテンツ業
Modernization Act of
に、音楽配信に係る包括的な 界も IT 関連業界も支持
2006(H.R. 6052)29
強制ライセンスを付与(手続 せず。)
2006 年 9 月下院小委提 きコストの低減を目的)
出
Platform Equality and
①音楽配信会社は、消費者が ・廃案(IT 関連業界等
Remedies for Rights
ライセンス料を支払えば、ラ が反対)。
Holders in Music Act of イブラリを作ること。
・ただし、2007 年 1
26
なお、逆に、その前年の 2005 年、CEA は、DMCA の Fair Use の解釈を明らかにし、著作権のある作
品(コンテンツ)について Fair Use を利用した人が、DRM の迂回行為であるとして、訴えられるようなこと
が起こらないよう、Digital Media Consumers' Rights Act of 2005(DMCRA)法案を支持した
(http://www.ce.org/Press/CurrentNews/press_release_detail.asp?id=10726)が、同法はコンテンツ業界の支持を
受ける議員の反対により、廃案となった。しかし、2007 年 2 月 27 日には、Innovation Revitalizing U.S.
Entrepreneurship Act of 2007(通称 FAIR USE Act)が議会に提出され、CEA はこれを支持、一方、RIAA をはじめ
とするコンテンツ業界は、DMCRA の際と同様にこれに反対している
(http://arstechnica.com/news.ars/post/20070227-8934.html)。
27
http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/z?d109:SN02644:@@@D&summ2=m&
http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/z?d109:HR05361:@@@D&summ2=m&
29
http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/z?d109:HR06052:@@@D&summ2=m&
28
- 12 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
2006 (H.R. 5361:
「Perform Act」)30
2006 年 4 月上院、5 月
下院提出。
Audio Broadcast Flag
Licensing Act of 2006
(H.R. 4861)
2006 年 3 月下院提出
②音楽配信会社は、同じ料金
でライセンスを取得し、複製
可。
③企業は、技術により複製防
止をすること。
①デジタル・ラジオを録音で
きる装置の販売には、FCC の
承認を必要とすること。
月に、Perform Act
2007 が再提出されて
いる。
・廃案(IT 関連業界等
が反対)。
これらの法案の議論では、映画・音楽業界は、できる限りコンテンツ流通及び
価格設定などにおいてコントロールを維持し、さらに、違法コピーを防ぐために
消費者による Fair Use の範囲を狭め、DRM 導入を義務付けることを目指した法制
化を求める一方、ハイテク業界及び消費者団体は、Fair Use を制限する法案に反
対した。特に DRM の義務化(Performance Act)に関しては、Home Recording
Rights Coalition(HRRC31)が、2006 年 4 月 27 日、プレスリリースを発表し32、
「この法案は、消費者が長年に亘って享受しているデジタル技術の恩恵と柔軟性
を取り上げ、技術の進歩を否定するもの。消費者にとって、デジタル・メモリー
チップに録音することは 40 年前に磁気テープに録音していた時よりも更に不便に
なってしまう」 と述べている。
また、RIAA や MPAA などのエンターテインメント業界が著作権保護を強化し、
消費者の「Fair Use」を抑制しようと強力なロビー活動を展開していることに対抗
し、CEA を中心とした業界団体が、2006 年 10 月 25 日、「Digital Freedom」キ
ャンペーンを実施すると発表した33。これは、不当な制限や訴訟への恐怖をなくし、
アーティスト、イノベーター、クリエイター、消費者によるデジタル技術利用の
権利を守ろうとするものであり、同キャンペーンには、CEA、Media Access
Project, Computer and Communications Industry Association(CCIA)、Media
Public Knowledge(消費者団体)が参加している。
いずれにせよ、結局、両者の歩み寄りは見られず、これらの法案は 2006 年第
109 議会においては廃案という結果になっている。
30
31
http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/z?d109:HR05361:@@@D&summ2=m&
http://www.hrrc.org/; HRRC に参加している団体は Consumer Electronics Association(CEA)、Digital
Future Coalition、National Electronics Service Dealers Association、Consumer Electronics Retailers Coalition
がある。
32
http://www.ce.org/Press/CurrentNews/press_release_detail.asp?id=11005
「Digital Freedom」:http://www.digitalfreedom.org ; CEA の発表:
http://www.ce.org/Press/CurrentNews/press_release_detail.asp?id=11169
33
- 13 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
(4)P2P を巡る音楽業界による訴訟などの動き
一方、ファイル・シェアリングについては、大きな影響を与えた P2P 判決を踏
まえ、インターネット業界は合法なビジネスに見直しを進めつつあるが、音楽業
界等は、むしろ個別ユーザに対する訴訟にシフトするようになっている・
<裁判結果を受けたインターネット業界の動き>
前述の P2P 判決を受け、多くの P2P サイトでは、コンテンツ業界と折り合いを
付け、合法的なコンテンツ配信を目指す方向に進んでいる。P2P サイトでは、判
決により業務ができなくなった Napster は、ソフトウェア会社の Roxio 社を親会
社として、有料化ビジネスに乗り出すことにより、2003 年に復活を遂げた34。
Morpheus は、コンテンツ所有者の許可を受けていないデジタル・コンテンツのシ
ェアについては、違法行為であるということを同サイトのトップページで宣伝す
るとともに、有料サービスもしくは広告収入モデルによるコンテンツ配信サービ
スを行っている35。なお、Grokster サイトは閉鎖されている36。
また、裁判で違法性が争われたケースではないが、著作権侵害にあたる映画コ
ンテンツ・ファイルなどの流通が問題視されていた BitTorrent と呼ばれる P2P サ
イトは、2005 年 11 月、MPAA に対して、違法コンテンツに利用者を誘導するよ
うなリンクを取り除くことに合意した37。また、2006 年 5 月には、大手映画会社
である Warner Brothers が BitTorrent のパートナーとして、コンテンツを提供する
ことを発表38、これに続き、21 世紀 Fox、パラマウント、MGM などの大手映画会
社も同サイトの合法コンテンツ配信のパートナーに加わっている39。その上で、
2007 年 2 月には、自社サイトでデジタル・メディア・ストア「BitTorrent
Entertainment Network」を開店し、約 3,000 点の映画のほか、数千点のテレビ番
組やパソコン・ゲーム、音楽ビデオを全て合法的に販売すると発表している40。
<ファイル・シェアリングに対する音楽業界の訴訟等の対応>
一方、こうした P2P 判決が出された後も、消費者による違法音楽ファイル・シ
ェアリングは続いた。それを受けて、音楽業界は、P2P ファイル・シェアリン
グ・ネットワークだけではなく、それを使って違法行為を行っている個人をター
ゲットとした訴訟を開始した。
34
C/Net: http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20061200,00.htm
http://www.morpheus.com/download.asp?ref=MI636
http://www.grokster.com/
37
http://www.hollywoodreporter.com/hr/search/article_display.jsp?vnu_content_id=1001526505
38
http://www.bittorrent.com/about/press/warner-bros-home-entertainment-group-announcesrevolutionary-deal-to-publish-legal-film-and-tv-content-using-the-bittorrent-platform
39
http://www.bittorrent.com/about/press/bittorrent-inc-launches-the-bittorrent-entertainment-network
40
http://www.nytimes.com/2007/02/26/technology/26bit.html
http://www.bittorrent.com/about/press/bittorrent-launches-free-downloadable-music-and-film-trailersfrom-south-by-southwest-2006
35
- 14 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
具体的には、特にファイル・シェアリングは、前述のとおり、大学生によって
頻発に行われていることを踏まえ、音楽業界団体 Recording Industry Association
of America (RIAA41)は、2005 年 11 月 30 日、非合法の学生の P2P ファイル・
シェアリング・ネットワークにより著作権が侵害されたとして、12 大学のコンピ
ュータ・ネットワーク・ユーザーを含む 754 人を各州の連邦地裁へ訴えたことを
発表した42。RIAA はこれに続き、2005 年 12 月には、3 大学の学生を含む 751 人
を、LimeWire や Kazaa などといった非合法な P2P ファイル・シェアリング・サ
イトを使って、違法に音楽コンテンツを配布したとして訴えている43。また、最近
では、2007 年 11 月 15 日に 16 大学に対して警告を送っている44。
RIAA は、これ以外にも、多くの消費者に対し訴訟を起こし、和解に持ち込んで
いたが、2007 年 10 月 4 日、始めての判決があり、ミネソタの女性に対して 24 曲
の著作権侵害で総計 22.2 万ドルの損害賠償が課された45。この法外とも思えるよ
うな判決に関しては、むしろ音楽業界に対する批判が高まる結果になっていると
の見方もある46。
なお、大学生における違法ダウンロードに関し、最近上院で了承された College
Opportunity and Affordable Act において、全体の中の小さな項目として、連邦政
府の資金支援を得ている大学は違法ダウンロードに対する対策を取らなければい
けない旨の文言が入っていることが判明し、これに対し、全米大学協会
(Association of American Universities)が質問状を出すなど、ちょっとした騒動
になっている47。このような中、消費者からは、音楽業界等に対する不満が高まっ
ている。
(参考)海賊版デジタル・コンテンツを巡る国際的議論
このような違法コピーは、グローバルに流通してしまうことが可能であるため、
国内問題としてだけで片付けることができず、世界的な取り組みの必要性をコン
テンツ業界は訴えている。
41
http://www.riaa.com/
http://www.riaa.com/newsitem.php?news_year_filter=2005&resultpage=2&id=2C5BF036-17562857-B515-19FB6678C1C5
43
http://www.riaa.com/newsitem.php?news_year_filter=2005&resultpage=&id=2E9599A7-91FB739F-CACB-77EE7118AF1C
44
http://www.riaa.com/newsitem.php?news_year_filter=2007&resultpage=&id=E9266037-DD38CE56-0D30-6FD0D60CD44A
45
http://www.mercurynews.com/ci_7084555?nclick_check=1
46
http://jp.techcrunch.com/archives/court-victory-for-music-labels-wont-save-their-industry/
47
http://www.news.com/Anti-P2P-college-bill-advances-in-House/2100-1028_36218834.html?part=rss&tag=2547-1_3-0-20&subj=news
42
- 15 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
2006 年 10 月 17 日、IFPI は、非合法なデジタル音楽のファイル・シェアリング
によって数 10 億ドルの損失を受けたとして、世界 17 ヶ国で 8000 件の提訴を行
ったと発表した48。提訴の対象となった国は、アルゼンチン、ブラジル、フィンラ
ンド、ドイツ、アイスランド、イタリア、オランダ、ポルトガル、スイス、オー
ストリア、デンマーク、フランス、香港、アイルランド、メキシコ、ポーランド、
シンガポールで、そのうちブラジル、メキシコ、及びポーランドは初めての対象
国である。IFPI は、例えば、今回始めて提訴の対象国となったブラジルでは、
2000 年のレコード会社売上げが 7 億 2470 万ドルとなっていたのに対し、2005 年
には 10 億曲以上が不法にダウンロードされ、売上げが 3 億 9500 万ドルに落ち込
んだとしている。
また、著作権所有者グループのコアリションである IIPA (International
Intellectual Property Alliance49)は、2007 年 1 月 30 日、「Copyright Industry in
the U.S. Economy: The 2006 Report」を発表した50。同レポートについて報じた
2007 年 1 月 31 日付け『Daily Report for Executives』によれば、「①主要な著作
権業界は、2005 年には他の業界の輸出を超える海外での販売を行っている。著作
権分野における平均給与は全米の平均給与を大きく上回る。②著作権業界は、米
国経済に、2004 年に 7,607 億ドル、2005 年には 8,193 億ドル(前年比 586 億ド
ル増)、合計 1 兆 5800 億ドルの貢献をしている(GDP のほぼ 6.5%に相当)」の
2 点が主なポイントとしてあげている。
このような認識を踏まえ、IIPA は 2007 年 2 月 21 日、世界各国の知的財産権侵
害に関する報告書「Special 301」を USTR に提出、その中で、著作権侵害・市場
アクセスの制限などに関する提言を行った51。この中で、IIPA は、特に中国・ロ
シアを最優先監視国とすべきとしており、その他、メキシコ、カナダ、インドな
ど 16 ヶ国についても、優先監視国としている52。
これに対し、Office of the United States Trade Representative(USTR)は 2007
年 4 月 30 日、米国貿易相手国の知的財産権(IPR)の保護の程度やその効果とい
48
10 月 7 日付け IFPI プレスリリース:http://www.ifpi.org/site-content/press/20061017.html
IIPA の参加団体:Association of American Publishers (AAP), Independent Film & Television
Alliance (IFTA), Recording Industry Association of America (RIAA), Business Software Alliance
(BSA), Motion Picture Association of America (MPAA), Entertainment Software Association(ESA),
National Music Publishers’ Association (NMPA)
50
IIPA プレスリリース:
http://www.iipa.com/pdf/IIPA2006CopyrightIndustriesReportPressReleaseFINAL01292007.pdf;
レポート本文: http://www.iipa.com/pdf/2006_siwek_full.pdf
51
http://www.iipa.com/pdf/IIPA2007301PRESSRELEASEFINALwithchart021107.pdf
52
同上。尚、各国による損害推定額は、中国(22 億 700 万ドル:2005 年 26 億 4,400 万ドル)、ロシア(21
億 8,000 万ドル:19 億 200 万ドル)、メキシコ(10 億 60 万ドル)、カナダ(5 億 5,100 万ドル)、インド(4 億
9,600 万ドル)などと報告されている。
49
- 16 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
う観点からまとめた「Special 301」年次報告書53を発表した54。USTR の Susan C.
Schwab 代表は、「技術革新は、米国と世界のダイナミックな経済の活力源で、
我々は、詐欺師や泥棒からアイデア、発明、創造力を守らなければならない。
(中略、本レポートは)IPR の効果的な保護が米国の政策の上で、継続的に極め
て重要であることを貿易相手国に示すもの」としている。海賊版や模倣品の生産
と取引きは世界的に拡大しつつあり、「Special 301」は問題点を正確に把握する
重要な政策手段の一部となり、IPR を保護するための課題に対処するため、米国
の貿易相手国に建設的な取り組みの基礎を提供するとしている。これに対して、
映画業界団体 MPAA や音楽業界団体 RIAA は、同レポートは世界的著作権侵害に
焦点を充てており、USTR の努力を高く評価するというコメントを発表している55。
4.デジタル・コンテンツ配信ビジネスの最近の変化
(1)ビジネスモデルの見直しに向けた動き
上述の通り、音楽業界を始めとするメディア業界ではインターネットを通じた
コンテンツ配信ビジネスにおいても、原則 Fair Use によるコピーを認めず、著作
権を元にした課金等により収入の大半を確保するという既存のビジネスモデルの
維持を図るべく、法制度の強化に向けた働きかけを行い、また、裁判を起こして
きた。
しかしながら、近年のインターネットを通じたデジタル・コンテンツの配信ビ
ジネスの進展において、こうした既得権益に頼っていては生き残れないという危
機感をコンテンツ業界に与え始めている。特に、音楽の携帯等を使いにくくする
ような DRM によるコピー制限や、違法なファイル・シェアリングをしているにせ
よ自らの顧客である音楽のファンを訴えるような姿勢に対しては、消費者からの
不満や批判も大きく、これらに対する対応も求められている。例えば、WMG の
CEO である Edgar Bronfman は、2007 年 11 月、コンファレンスの中で、「(こ
れまで音楽業界は)消費者の求めるものを提供することに失敗し、消費者を敵に
回して戦争をはじめてしまった。結果は、もちろん消費者の勝利です。」と述べ
ている56。
53
http://www.ustr.gov/assets/Document_Library/Reports_Publications/2007/2007_Special_301_Rev
iew/asset_upload_file230_11122.pdf
54
http://www.ustr.gov/Document_Library/Press_Releases/2007/April/SPECIAL_301_Report.html
55
http://www.mpaa.org/press_releases/ustr%20global%20ip%20report%204.30.pdf
http://www.riaa.com/news/newsletter/043007.asp
56
http://jp.techcrunch.com/archives/warner-music-boss-we-were-wrong/
- 17 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
このような中、メディア業界においては、コンテンツを限りなく無料に近く販
売し、さらにコピーされることを前提とした上でも成り立つようなビジネスモデ
ル、すなわち、広告型に基づいたビジネスモデル等を模索し始めている。
実際に、たとえば、メディア業界の中でも、新聞業界は、もともと広告と契約
でビジネスを行ってきており、インターネット化にあたっても、そのビジネスモ
デルを踏襲する形で、概ね、記事要約をネット上に公開し広告収入を得る一方で、
より詳細な記事内容については有料で提供するというビジネスモデルで行ってい
た。しかしながら、このような有料を含むビジネスモデルについては、インター
ネットユーザーからは使いづらいとの指摘は大きく、また、そのため実際にネッ
トを訪問するビジターの数も少なく広告収入も上がらないことから、各社におい
ては、全て無料にし、広告収入のみによるビジネスモデルに移行しつつある。
具体的には、New York Times は、2007 年 9 月 17 日、有料サービスを中止し、
過去の記事も含めて無料にすることを発表した57。また、英国系の Financial
Times も、2007 年 10 月 23 日、ユーザ登録などの手続きなしにいつでも無料に見
られることを保証する新サービス「First Click Free」を開始したと発表している58。
そのような中、主要紙でほぼ唯一有料制の制度を残していた Wall Street Journal
も、2007 年 11 月 13 日、News Corporation の会長である Rupert Murdoch 氏は、
全て無料化し、広告収入で対応する方向を示している59。同氏によると、WSJ は
有料会員が 100 万人と最大規模を誇るが、これを無料にすることによって、少な
くとも 1000~1500 万人の購読者が得られるのではないかと推計している。
このような中、音楽・映像業界における動きについて、これまで業界として拘
ってきた DRM(=Digital Rights Management:著作権管理技術)に関して、それ
らをなくした形での販売手法の試行と、広告を活用したビジネスモデルの模索、
また、その中での既にそのようなビジネスに取り組んでおりプラットフォームを
確立しつつあるインターネット企業との競争の状況について報告する。
(2)DRM 制限なしのデジタル音楽配信の試行と新たなビジネスモデルの模索
①
DRM 制限なしのデジタル音楽配信の試行
<DRM の非互換性の問題>
57
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/18/news048.html
http://zen.seesaa.net/article/55917450.html
58
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/24/17282.html
59
http://www.nytimes.com/aponline/business/apeejournal.html?_r=1&ex=1352696400&en=7a2b32ecf59efea0&ei=5088&partner=rssnyt&emc=rss&or
ef=slogin
- 18 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
前章に記述したとおり、音楽業界においては、DRM 義務付けなどの法制化を働
きかけるなどの取り組みを行ってきたが、DRM については、その規格が各社で異
なり互換性がないために、これまで、例えば Apple の iTunes で購入した楽曲は
iPod 以外では再生できないなどの問題があった。その中でも、iTunes Music Store
のオンライン・コンテンツ販売市場シェアは約 70%60に達し、実質上のプラット
フォームとなっている Apple の iTunes が関心の的となっていた61。
この Apple/iTunes の非互換性に関しては、消費者の不満が大きいことはもちろ
ん、そのデジタル配信の主要企業である Apple 社は、欧州の消費者権利団体とそ
の代理人からは、消費者の製品や購入先の選択を制限し、ひいては創作品の流通
を妨げているとして、反トラスト法違反の訴えを起こされていた62。また、音楽業
界は、Apple は iTunes の DRM を他のメーカーの機器に使えるようライセンスす
ることを求めていたが63、Apple は営業秘密の漏洩をおそれて拒否していた64。
このような中、2007 年 2 月 6 日、Apple の CEO、Steve Jobs 氏は、同社のウ
ェブサイトでレコード会社に著作権保護(DRM)なしのオンライン音楽販売を可
能にするよう力説し65。「恐らく、欧州諸国の現状に対する不満は、音楽業界に
DRM フリーの音楽を販売するよう要請する方向へ軌道修正すべき」であり66、
DRM が音楽著作権侵害を防止しないとも主張した。
<EMI、UMG(音楽レーベル)の動き>
この Jobs 氏の発言に応えたかのように、EMI Music の Alain Levy 会長が 2006
年 2 月 8 日付け『Financial Times』に「Music‘s revolution is not to be feared: 音
楽の革命は脅威 にはならない」と題する記事を寄稿した。音楽業界は記事から 5
年前までオンラインビジネスは脅威であり、先行き不透明であると見ていたが、
今や新たなビジネスモデルを生み出し、新しいマーケットを作り出している、と
記事では述べている67。
60
The Washington Post, August 22, 2007 Wednesday, Suburban Edition, Financial Section
http://w3.nexis.com/new/results/docview/docview.do?risb=21_T2370064267&format=GNBFI&sort=
BOOLEAN&startDocNo=1&resultsUrlKey=29_T2370064270&cisb=22_T2370064269&treeMax=true
&treeWidth=0&csi=8075&docNo=7
61
この iTunes Music Store の成功は、魅力的なハードとソフトを抱き合わせることで、ユーザ基盤を広く獲
得したという面もあるが、それ以外にも、ターゲットとする若年層に購入しやすいような課金方法を採用、音
楽の場合、アルバム全体として課金するのではなく、1 曲あたりで購入できるような方法を提示したことも大
きいとされる。
62
http://www.news.com/2100-1027_3-5575417.html
63
News: http://www.macuser.co.uk/macuser/news/104101/music-industry-says-apple-shouldlicense-itunes-drm.html
64
Apple 発表 http://www.apple.com/hotnews/thoughtsonmusic/
65
Apple プレスリリース:http://www.apple.com/hotnews/thoughtsonmusic/
66
IFPI の John Kennedy 氏のコメント: http://www.ifpi.org/content/section_news/20070208.html
67
この記事の中で同会長は「デジタル革命は、とてもタフなものでは あったが、レコード業界史上最良の出
来事になるはずだ 」としている。同記事には、IT による音楽配信による収入の増加、インターネットによる
- 19 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
この発言を踏まえ、EMI グループは 2007 年 4 月 2 日、Apple の iTunes Store を
通じて、高音質で DRM 制限のないデジタル音楽を販売すると発表した68。具体的
にはまず Apple を通して販売し、その後他の販売店へ拡大する計画としている。
このように DRM 制限のない形式での販売に踏み切った背景としては、EMI が社内
で行ったテストでは、高音質で DRM のつかない楽曲は、低音質で DRM つきの楽
曲より 10 対 1 の割合で多く売れたという結果がある。すなわち、多少コピーがな
されたとしても、販売数を増やすためには、DRM 制限はない方が良いのではない
かという判断である69。CEO の Eric Ecoli 氏は、「我々は、変化に応じることに賛
成で、消費者が本当に買いたいと思う製品とサービスを開発していきたい」とし
ている。
また、これに引き続き、Universal Music Group(UMG)は、2007 年 8 月 10 日、
数千曲に及ぶ楽曲を DRM のないフォーマットでオンライン販売すると発表した70。
販売先は、BestBuy、Wal-Mart、Amazon.com などで、Apple の iTunes は含まれ
ていない。この販売は、コンピュータや移動通信機器の間で自由に複製できる
MP3 フォーマットで販売するための「テスト」で、売り上げや著作権侵害にどれ
だけ影響が現れるかを検証する計画としている。
なお、EMI、Universal と並んで4大レーベルに数えられる Sony BMG、
Warner71は、これら 2 社の状況を見守っている。
<コンテンツ配信サービスの動き>
このような動きを踏まえて、音楽のオンライン小売各社は、EMI、UMG から提
供される DRM なしコンテンツ配信に向けて、コンテンツ配信サービスが動きだし
ている。
Apple の Steve Jobs 氏は、EMI の動きを「デジタル音楽革命の次なるステップ。
DRM なしの楽曲の完全な相互運用性へと前進」とコメント。Apple は 5 月 30 日
付で DRM なしのオンライン配信を開始し、これにより、Apple 独自のダウンロー
ドソフト「iTunes」を通してダウンロードした音楽を、同社の MP3 プレーヤー
宣伝活動の効果、及び著作権保護の重要性などが述べられている。
http://search.ft.com/ftArticle?queryText=Music%E2%80%98s+revolution+is+not+to+be+feared&y=1
&aje=true&x=9&id=060207009558&ct=0&nclick_check=1
68
当初、5 月から同社のカタログにある全楽曲が iTunes から入手可能になるとのことであったが、10 月時
点において、99%が DRM なしで販売されているということである。
http://www.bloggingstocks.com/2007/10/18/all-drm-free-tracks-from-apples-itunes-plus-are-now-99cents/
69
なお。EMI は、過去にも P2P(ピア・ツー・ピア)サービスで自社の楽曲カタログを提供する実験的なイニ
シアティブを進めている。
70
UMG プレスリリース:http://new.umusic.com/News.aspx?NewsId=539
71
Reuters は、Warner Music Group の CEO、Edgar Bronfman 氏が投資家向け説明会で、DRM なし音
楽コンテンツ配信に前向きな姿勢であることを発表したと報じていると、2007 年 9 月 25 日付け日経 BP
記事に記載されている(http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070921/282670/?ST=ittrend)。
- 20 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
「iPod」以外の他規格のプレーヤーでも聴けるようになった72。これは、他社が配
信してダウンロードした音楽についても、同様である。
なお、Apple は、主要レコード会社及び独立レコード会社のすべてに同様な機会
を与えるために声をかけている。
主要音楽配信企業における DRM 制限なしの配信の動き
内容等
配信企業
開始月 対象レーベル
Apple
5 月 EMI
1 曲$0.99、アルバム$10.00 前後
Amazon
5月
EMI、UMG
12,000 曲以上
73
Wal-Mart
8月
EMI、UMG
1 曲$0.94、アルバム$9.24
Real Networks
8月
UMG 等
月額$12.99+1 曲 89c
(Rhapsody74)
携帯への配信も追加
なお、このような取り組みの結果、EMI の売上、シェアは、増加したとの結果
も報告されている75。
②
Apple との競争と新たなビジネスモデルの模索
<プラットフォーム企業である Apple との関係を踏まえた競争>
一方、これらの DRM 制限なしの配信に関しては、音楽企業は、アップルの独占
に対する警戒感は強く、それを踏まえた各種措置を取っている。
EMI は、アップルに対して配信をしているものの、Amazon 社のオンライン店
舗に、最新のデジタル・カタログを提供するなど、むしろ Amazon との連携を強
めている。これに関し、また、同社創業者で CEO の Jeff Bezos 氏は、「EMI が
72
http://www.apple.com/la/library/2007/05/30itunesplus.html
http://news.com.com/iTunes+goes+DRM-free+with+EMI/2100-1027_3-6187457.html?tag=sas.email
http://news.com.com/Will+music+industry+dance+again+to+Apples+tune/2100-1027_36187666.html?tag=sas.email
73
http://news.com.com/Wal-Mart+selling+DRM-free+digital+music/2100-1025_36203574.html?tag=sas.email
74
なお、インターネット配信事業者の RealNetworks は UMG と契約し、複製防止機能のない楽曲の販売に
加え、新たに、音楽専門チャンネルの MTV(Music Television)と携帯電話サービス大手の Verizon
Wireless と提携して、複製防止機能のない新しいオンライン楽曲配信サー ビスを立ち上げると発表。
新規サービス開始にともない合弁会社を設立( RealNetworks が合弁会社の株式の 51%を保有し、MTV
が残りの 49%を所有する)し、MTV は自社の楽曲配信サービス「Urge」を RealNetworks の「Rhapsody」
に統合するとともに。さらに、Verizon Wireless の携帯電話用マルチメディア・サービス「VCast」に対応さ
せることで、携帯電話での再生も可能になる。3 社は、新規サービスの価格については、まだ明らかにして
いない。
75
http://www.coolfer.com/blog/archives/2007/11/update_emi_digi_1.php
http://www.news.com/8301-10784_3-9810014-7.html?part=rss&subj=news&tag=2547-1_3-0-20
- 21 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
我々の事業に参画したことに興奮している」とコメントしている76。UMG は、
Apple を除外したのは、早期に効果を比較検証し、UMG がコントロール出来ると
ころに供給するためとしているが、実際には、Apple の影響力を考慮したためとも
指摘される。
また、2007 年 8 月、MTV を有する Viacom は、RealNetwork との連携を発表し、
UMG の楽曲を含めた提供を発表したが、その際、iPod の対抗機である Zune を有
する Microsoft と連携することとしている77。
<広告型ビジネスモデルの模索>
DRM をはずした音楽の配信の試行が進む中で、引き続き音楽業界では危機感は
強く、それと併せて、新たなビジネスモデルを模索しつつある。音楽業界におい
ては一部には、利用者全員に一律の使用料を課すべきとの考えがあるとの報道も
あるが78、新たな試みとして、広告収入を得ることで、消費者から料金をとらず音
楽ソフトをダウンロードするビジネスを始める事業者も出てきた。なお、下記の
通り、テレビ業界はインターネット上で、広告収入をベースとしたテレビコンテ
ンツの無料配信を開始している。
具体的には、ニューヨークに本拠を置く SprialFrog は、2007 年 9 月から、
UMG 等の音楽会社とライセンス契約を結び、広告収入を得ることにより、消費者
に無料で音楽コンテンツをダウンロードさせるビジネスを開始した。SprialFrog
は、80 万以上の楽曲、及び 3500 もの音楽ビデオを提供する。79しかしながら、
SpriralFrog は互換性のない DRM による制限を維持しているという点で、消費者
からは不満もある。80 この問題は、SprialFrog に先立ち、大学生を対象として無
料の音楽ダウンロードサービスを開始した Ruckus.com についても同様である81。
一方、EMI は、ソーシャル・ネットワーキングサイトである Imeem を通じて広告
による無料の音楽配信を試行している。このサービスは、ダウンロードではなく
ストリーミングという形を取っている82。
76
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1003003
http://online.wsj.com/article/SB118765486577703445.html
78
1 月 25 日付け『New York Times(NYT)』は、「売上高の急速な縮小に悩む音楽業界では、デジタル音
楽のダウンロード販売に対する『グローバル・ライセンス料』(利用者全員に一律の使用料を課す制度)の
導入を検討し始めている」と報道した。このライセンス料徴収案では、インターネット利用者がインターネッ
ト・サービス・プロバイダ(ISP)に払う月極め利用料を通じて徴収される可能性があるとのこと。
79
http://www.dmwmedia.com/news/2007/09/17/spiralfrog-launches-free-ad-supported-musicservice
http://www.dmwmedia.com/news/2007/09/17/spiralfrog-launches-free-ad-supported-music-service
http://www.floppyhead.com/2007/09/18/spiralfrog-launches-download-music-for-free/
80
http://weblogs.baltimoresun.com/business/appleaday/blog/2007/09/spiralfrog_can_go_jump_in_a
_la.html
81
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070123/259303/
82
http://www.news.com/8301-10784_3-9806463-7.html?part=rss&subj=news&tag=2547-1_3-0-20
77
- 22 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
(3)インターネット・サービス企業とメディア系企業の競争の激化
上記では、音楽業界を中心に議論したが、映像等を扱うテレビ関連業界では、
もともと、容量が多いためダウンロード、コピーされることが少なかったこと、
また、もともと広告収入に依存していたこともあり、インターネット配信業界の
提供するサービスを活用し、有料でコンテンツを配信するだけでなく、広告とし
ての無料の配信に取り組んできた。すなわち、コンテンツを広告と併せて有料で
配信するとともに、ショートクリップを広告として積極的に配信することにより、
本体ビジネスでの視聴率を上げるという取り組みを行ってきた。
一方で、広告収入を可能な限り囲い込み、また、有料配信に関しても価格決定
権を確保するべく、これまでプラットフォームを確立しつつある Apple(iTunes)
や Google(YouTube)に対して、著作権を元に競争を仕掛けてきている。
①アップルとメディア系企業との連携と競争
前述のとおり、音楽業界は、Apple と連携し iTunes に音楽を提供してきたが、
これに加えて、テレビ業界においても、iTunes を通じて番組の一部を提供してい
た。具体的には、Apple は、2005 年 12 月、NBC Universal の番組を提供すること
で合意したことを発表した83。価格はエピソード毎に 1.99 ドルとしている。その
後、2006 年 1 月には、Walt Disney 傘下の ABC や ESPN の番組84、Viacom 傘下
の MTV の番組を85、また同 2 月には、CBS Corporation との連携を発表86するな
ど、多くのテレビ局が iTunes を通じた番組の配信を開始している。
しかしながら、最近になって、こうしたコンテンツ配信サービスが増加するこ
とで、コンテンツ配信業者とコンテンツ提供者とのパワーバランスに変化の兆し
が出てきている。2007 年 8 月、NBC は同局のテレビコンテンツ単価に関して、
iTunes との間で合意することができなかったため、契約の更新を行わなかった。
その結果、同局の人気番組である「Office」「Heroes」などの新シーズンのコン
テンツは iTunes を通して購入できないことになった87。
83
http://www.apple.com/pr/library/2005/dec/06nbc.html
http://d.hatena.ne.jp/silvervine/20060104/1136351503
85
http://www.apple.com/pr/library/2006/jan/26itms.html
86
http://www.apple.com/jp/news/2006/feb/07showtime.html
87
http://www.nytimes.com/2007/08/31/technology/31NBC.html?ex=1346212800&en=dec07117d54e
611a&ei=5088&partner=rssnyt&emc=rsshttp://www.techcrunch.com/2007/08/30/nbc-bails-onitunes/ ただし、従来から提供していた過去のシーズンのコンテンツは今でも iTunes で購入することが可
能である。また、新番組トライアルとして今シーズンから開始された番組「Chack」などは iTunes で購入す
ることが可能となっている。
84
- 23 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
これは、ビデオ配信では大きなシェアを誇るアップル(iTunes)が、自らの強
い価格決定権を背景に、テレビ番組の単価を現在の 1.99 ドルから 99 セントまで
下げようと、テレビ局に対して働きかけをしてきたのに対し、むしろコンテンツ
を提供するサイドである NBC 側から見た場合、提供形態の柔軟性(単価の設定、
セット販売による割引、人気度に応じた価格など)を鑑みて、戦略的に対応した
いとの思いがあったとされる。また、この強気の価格交渉の背景には、下記で述
べる通り、テレビ局自らがコンテンツを無料でオンライン配信するというサービ
スを開始し始めたということも理由の一つとして上げられる。
②YouTube とメディア系企業の連携と競争
<YouTube を通じた番組の配信>
動画のファイル・シェアリング・サイトとしては、Google が買収した YouTube
が、他のサイトと比較して圧倒的な人気を確保しており、おおよそ 66%のシェア
を確保し88、この分野のプラットフォームとなりつつある。
もともと、YouTube は、消費者によるビデオクリップの投稿を対象にしたビジ
ネスであるが、投稿されるビデオクリップには、テレビ会社などが著作権を有す
るものも含まれており、これまで主に音楽産業の問題とされてきた違法コピーが、
映画や TV にも拡がっている。しかし、一方で、無料コンテンツ製作者の中には、
部分的な無料掲載(予告編など)を認めることで、有料コンテンツへの集客効果
を狙えるとして、YouTube などへの掲載を認める動きも出ている。
2006 年 10 月、YouTube と CBS、Sony BMG、UMG は、YouTube からは違法
のコンテンツを除去する一方で、CBS からは正式に番組を提供することで合意し
た89。その結果、同年 11 月には、CBS は、YouTube での視聴は、CBS の番組の
3 本がトップ 25 に入るとともに、テレビ自体の視聴も、番組によっては、
YouTube での公開前と比較して 10~20 万人増(5~7%増)になったと発表した
90
。これは、インターネットを通じ無料で公開することによって、本体ビジネスの
広告としても大きく機能することが示されたものである。
また、この無料で公開する部分についても、広告と併せて提供することによっ
て、収入を得ることができる。もともとインターネット広告に強みを持つ Google
は YouTube を使った画像コンテンツ向け広告サービスを次々に打ち出している。
YouTube は、CBS だけではなく、BBC、Universal Music Group、Sony Music
Group、Warner Music Group、NBA(National Basketball Association)などのコ
ンテンツ・プロバイダーとパートナーシップを結び、コンテンツを合法的に配信
88
http://ysonrt.weblogs.jp/blog/2007/06/post_21.html
http://www.rbbtoday.com/news/20061010/34723.html
90
http://www.cbscorporation.com/news/prdetails.php?id=1264
89
- 24 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
する一方で、そうしたコンテンツがターゲットとする視者層のデータ等を公開、
広告掲載者に適当なターゲットに焦点をあわせて、各種広告を掲載することがで
きるようにしている91。
そうした広告に関する取り組みの 1 つとして、2006 年 6 月 27 日、YouTube と
NBC はパートナーシップを結び、NBC の同年秋シーズンの新番組ラインナップ・
プログラムを YouTube に提供、NBC の番組プロモーションを行うというもので
ある92。さらに同提携では、NBC が従来の放送を使って、YouTube のサービスを
宣伝するというクロス・プロモーション広告も含まれていた。この提携は、NBC
の立場からすれば、若年層が集まる YouTube にコンテンツの一部を流すことによ
って、正規の放送への視聴者を増やせるというメリットがあり、一方の YouTube
とすれば、従来のメディアのみを対象としていたに視聴者及び広告主をインター
ネットという新しい分野に引き寄せることができるという点で、両社にメリット
のあるものであった。
<YouTube などへの訴訟と Google の対応>
一方で、ビデオ・シェアリングサイトには、正式なパートナーシップに基づく
配信だけではなく、ユーザによる違法とされる番組の投稿も多い。このような中、
Universal Music Group は、2006 年 10 月 6 日、YouTube と同様のビデオ・シェア
リングサイトである Grouper と Bolt に対して、ミュージシャンのビデオ交換など
の著作権侵害を許容し、1 件当たり 15 万ドルの損失を受けたとして、カリフォル
ニア連邦地裁に提訴した93。これに関連する形で、Google(YouTube)は、ライ
センス料を支払うことで同意したため、被告となっていない。Google、Yahoo、
MSN (Microsoft)も同様の方法で和解した94。
しかしながら、この後も、2007 年 3 月、Viacom は Google-YouTube に対し、
10 億ドルの損害賠償を求める訴えを起こした95。この訴えについて報じた 2007 年
3 月 13 日付けの Reuters によれば、Viacom の所有する約 16 万のクリップ映像が、
YouTube にアップロードされ、これらが 15 億回以上視聴されたと Viacom は主張
している96。また、Time Warner も Google が著作権管理技術を導入しなければ、
訴訟も辞さないとしていた97。
91
YouTube が提供している広告の種類:http://www.youtube.com/advertise
http://www.internetnews.com/xSP/article.php/3616696
93
http://japan.internet.com/ecnews/20061019/12.html
94
Grouper は、8 月に Sony Pictures Entertainment に買収されることで合意しており、Universal は、
Sony Pictures を被告に加える権利を留保している。
95
http://www.reuters.com/article/internetNews/idUSWEN535120070313
96
本件については、合意に達し、訴訟が取り下げられるのではという見方があったが、2007 年 11 月現在、
Viacom の本件に関するウェブサイトの状況から判断して、本件は継続中と見られる。
http://www.viacom.com/NEWS/YouTube%20Litigation/default.aspx
97
http://mashable.com/?p=1128
92
- 25 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
こうした批判に対応するため、Google は、2007 年 10 月、コンテンツ所有企業
が許可なしに YouTube 上にアップロードされた自社の著作権所有コンテンツを、
デジタル版の「指紋(fingerprint)」のようなものを使って、探し出すことができ
る技術を発表した98。このシステムを利用するためには、コンテンツ企業は、自社
のデジタル・コンテンツ・ファイルに「指紋」を組み込む必要がある。指紋を組
み込まれたファイルは Google に渡され、同社の巨大なデータベースにアップロー
ドされる。こうしてデータベース上に登録されたファイルの指紋情報と、
YouTube のサイトにアップされたコンテンツの指紋情報とを合致させることによ
って、違法にオンライン上に掲載されたコンテンツを見つけ出そうとするもので
ある。コンテンツ所有者の許可を受けていないコンテンツが発見された場合、
YouTube に対して、コンテンツ掲載を阻止させることができる一方、逆に同コン
テンツを生かして、YouTube に同コンテンツへの広告掲載を依頼、その広告収入
をコンテンツ所有者と Google がシェアするという選択肢を選ぶこともできるよう
になっている。
<メディア業界独自サイトの構築とガイドライン作成の動き>
このように、メディア業界においては、このように Google=YouTube で自らの
番組を公表する一方、違法とされる投稿等に対しては強く対応する中で、自らと
しては、広告収入を確保すべく、プラットフォームとなっている YouTube などを
通じずに自ら配信し、また、Google 抜きでのガイドラインを構築すべく取り組ん
でいる。
現在、4 大放送チャンネルである NBC、CBS、ABC、FOX はいずれも新しいシ
ーズンに放送した番組をオンラインで放送後に見ることができるようにしている。
こうしたインターネットでのコンテンツ放送は広告収入を基盤としたものとなっ
ている。さらに、地上放送では視聴することのできないケーブルテレビ専用のチ
ャンネル(例えば Comedy Central など)でも、オンラインで一部のコンテンツを
消費者が無料で視聴できるような広告収入をベースとしたサービスも始まってい
る。
それに加えて、YouTube に対抗する形で、各社は独自のサイトの構築を進めて
いる。2007 年 10 月 29 日、FOX 等を有する News Corporation と NBC Universal
は、広告ベースに基づく無料でストリーミング視聴が可能なサイトである Hulu
(ベータ版)を立ち上げた99。現時点では、同2社のコンテンツが対象であるが、
今後拡大していきたいとしている。一方、Viacom は、本 Hulu には参加する意向
98
'http://www.nytimes.com/2007/10/16/business/16video.html
http://www.businessweek.com/technology/content/oct2007/tc20071028_549560.htm?campaign_i
d=rss_tech
http://jp.techcrunch.com/archives/hulu-launches-private-beta-first-impressions-very-good/
99
- 26 -
ニューヨークだより 2007 年 11 月.doc
は示さず、Google を提訴した2週間後の 2007 年 2 月に、無料配信動画サービス
である Joost との連携する方針が明らかにされている100。
また、著作権管理に関しては、2007 年 10 月 18 日、Google による応用技術と
は別に、大手メディア及び IT 関連企業が結集し、インターネット上の著作権侵害
行為を防止するためのガイドライン101の取り組みが発表されている102。同ガイド
ラインの作成にかかわったのは、CBS、Fox Entertainment Group、NBC
Universal、Viacom、Disney などのメディアコンテンツ企業に加え、IT 業界から
は Microsoft、Myspace が参加している。さらに、オンライン・ビデオ共有サイト
である Dailymotion、Veoh Networks も加わっている。同ガイドラインでは、参加
企業に対して、先端的なフィルタリング技術の導入、技術のアップグレード、Fair
Use を含む法的な問題とのバランスなどを求めている103。しかしながら、このコ
ンソーシアムには Google は参加していない。
このレポートに対するご質問、ご意見、ご要望がありましたら、
[email protected] までお願いします。
なお、本レポートは、注記した参考資料等を利用して作成しているものであり、
本レポートの内容に関しては、その有用性、正確性、知的財産権の不侵害等の一
切について、執筆者及び執筆者が所属する組織が如何なる保証をするものでもあ
りません。また、本レポートの読者が、本レポート内の情報の利用によって損害
を被った場合も、執筆者及び執筆者が所属する組織が如何なる責任を負うもので
もありません。
100
http://jp.techcrunch.com/archives/viacom-to-sign-deal-with-joost/
http://www.ugcprinciples.com/
102
http://www.news.com/8301-10784_3-9799778-7.html
103
http://www.ugcprinciples.com/press_release.html
101
- 27 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
12
File Size
349 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content