close

Enter

Log in using OpenID

飼い主のいないねこ

embedDownload
平成 24 年度「飼い主のいないねこ」調査
「飼い主のいないねこ」の調査結果について
1 調査の経緯・目的
「飼い主のいないねこ」の糞尿の被害、可燃ごみ(生ごみ)をあさり周辺を散らか
す、などの苦情が寄せられることがあります。
「飼いねこ」であれば、飼い主に苦情を
言うこともできますが、
「飼い主のいないねこ」に対しては、不満を訴える相手がなく、
「ねこ」を傷つけたり、
「ねこ」にエサを与えている人との間でトラブルに発展するこ
ともあります。
犬については、狂犬病予防法により登録が義務付けられ、放し飼いが禁止されてい
ることから、迷い犬(鎖等で繋がれていない犬)であれば、飼い主がいる、いないに
関わらず、愛知県の動物保護管理センター(東三河支所:豊橋市)で保護することに
なります。
しかし、
「ねこ」には、このような規制が
ないため、
「飼いねこ」については、飼い主
の承諾なしに保護することができません。
外見上、飼い主がいるかどうか判断が困難な
ことから、
「ねこ」については、保護するこ
とができないことになります。
(例外として、
生まれたばかりの「子ねこ」や「ケガを
しているねこ」であれば、動物愛護の観点
から保護することは可能です。
)
「飼い主のいないねこ」にエサを与えている人と地域の住民との間のトラブルが、
地域の大きな問題となることがあります。
このため、今まで、
「ねこ」についての調査等が行われてこなかったことから、今回、
「飼い主のいないねこ」の状況を把握し、今後の基礎資料とするため、調査を実施し
ました。
飼い主のいない「ねこ」
特定の飼い主(所有者)がなく、地域や公園等に住み着き、人から
エサをもらったり、ごみをあさるなどして生活している「ねこ」
。一般
には「ノラねこ」
。
1
平成 24 年度「飼い主のいないねこ」調査
2 調査方法
市内 151 行政区(平成 24 年 10 月 1 日現在。内訳は、旧新城市 57、旧鳳来町 66、
旧作手村 28)のすべての地区を対象とし、代表区長会に調査協力の要請を行い、承認
を得た上で、各行政区長へ行政区内の「飼い主のいないねこ」の状況について、調査
を依頼しました。
具体的な調査方法としては、行政区の役員会等で、役員や組長さんから、行政区内
の「飼い主のいないねこ」の状況を聞き取り、または、区長さんへの報告により、調
査票へ記入し、環境課へ提出いただく方法としました。
【調査内容等】
(1)調査対象:
「飼い主のいないねこ」
(2)調査場所:市内全域
(3)調査時期:平成 24 年 10 月~12 月
(4)調査事項:
・よく見かける場所
・
「ねこ」の数
・エサを与えている人の有無
・地域でのトラブル
・苦情の有無及び内容
2
平成 24 年度「飼い主のいないねこ」調査
3 調査結果
この調査では、飼い主がいるかどうか不明の「ねこ」についても含まれていますの
で、すべてが「飼い主のいないねこ」とは限りません。また、住み着いている場所ま
では特定していないため、隣接する行政区において、重複して集計されている場合が
あります。
なお、
「飼い主のいないねこ」のいる場所等については、
「ねこ」の遺棄を誘発する
ことも考えられるため、行政区名、施設名など場所が特定できる項目については公表
しないこととします。
(1)
「飼い主のいないねこ」を見かける場所がある行政区
「飼い主のいないねこ」を見かける場所がある行政区は、151 行政区の内 61 行政
区(全体の 40%)にあります。
「飼い主のいないねこ」を見かける場所は、市内の 61 行政区に 125 か所で報告さ
れています。
新城地区では 27 行政区に 68 か所、
鳳来地区では 29 行政区に 52 か所、
作手地区では 5 行政区に 5 か所あります。
(新城地区)
「飼い主のいないねこ」を
見かける場所がある行政区数
有 27
無 30
有 61
(鳳来地区)
有 29
無 37
無 90
(作手地区)
無 23
3
有5
平成 24 年度「飼い主のいないねこ」調査
(2)1 か所あたりの「ねこ」の数
「飼い主のいないねこ」を見かける場所にいる「ねこ」の数については、
「3~5 匹」
の記載は、平均を取り 4 匹として集計しています。
市内全域には、約 400 匹弱(392 匹:下限 347 匹~上限 436 匹)の「飼い主のいな
いねこ」がいるものと推計されます。
(ただし、飼い主がいるかどうか不明の「ねこ」
も含んでいます。
)
「飼い主のいないねこ」のいる場所の 125 か所では、1~3 匹の場所が多く 83 か所
(66%)
、4~10 匹の場所は 39 か所(31%)
、また、11 匹以上の場所も 3 か所(2%)
あります。
1か所あたりの「ねこ」の数
(新城地区)
11匹~
1
11匹~
3
1~3匹
46
4~10
匹
21
4~10匹
39
11匹~
(鳳来地区)
2
1~3匹
33
4~10匹
17
1~3匹
83
(作手地区)
4~10匹
1
11匹~
0
1~3匹
4
(3)
「飼い主のいないねこ」の苦情の有無・苦情の内訳
「飼い主のいないねこ」のいる場所の 125 か所の内、苦情を把握している場所は、
57 か所(46%)あります。
苦情の内訳(重複回答あり)としては、糞尿による苦情が 41 件(53%)と多く、次
いで、生ごみを荒らす 8 件(10%)
、庭や畑を荒らす 6 件(8%)
、
「子ねこ」が増える
5 件(6%)となっており、その他には、家の中に入り込み、食べ物を食い散らかす等
の苦情もありました。
4
平成 24 年度「飼い主のいないねこ」調査
・苦情の有無
(新城地区)
「飼主のいないねこ」の
苦情の有無
無 36
有 32
(鳳来地区)
有 57
無 28
有 24
無 68
(作手地区)
有1
無4
・苦情の内訳
その他
8
繁殖
0
「飼主のいないねこ」の
苦情の内訳
(新城地区)
庭・畑
6 生ごみ
4
その他
18
糞尿 41
その他
10
糞尿
26
(鳳来地区)
糞尿
15
繁殖 5
繁殖 5
生ごみ
3
庭・畑
0
庭・畑 6
その他
0
生ごみ 8
(作手地区)
糞尿 0
繁殖 0
庭・畑
0
*複数回答あり。
5
生ごみ
1
平成 24 年度「飼い主のいないねこ」調査
(4)エサやりの有無
「飼い主のいないねこ」が、「お腹を空かせて、かわいそう」
、「かわいい」として、
地域の方でエサを与えている場合があります。
(エサやり)
「飼い主のいないねこ」のいる場所の 125 か所の内、エサやりが行われている場所
は、27 か所(22%)あります。また、不明も 49 か所(39%)ありますが、このほと
んどは「エサを与えているところを見たことはないが、常に監視しているわけではな
いので、不明」と注釈つきで回答しているケースが多ことから、エサやりが行われて
いる場所は 27 か所として差支えないと考えられる。
(新城地区)
エサやりの有無
有 17
不明
26
有 27
無 25
(鳳来地区)
不明 49
有 10
不明
22
無 20
(作手地区)
無 49
不明 1
有0
無4
(5)エサやりをする人と地域住民とのトラブル
「飼い主のいないねこ」のいる場所の 125 か所の内、エサやりをする人と地域住民
との間で地域の問題にまで発展してはいないがトラブルはある、
「トラブルとまでは言
えないが、2~3 回、注意しているが、何度も言えない。
」
、
「顔見知りであるため、注
意しにくい。
」という控えめな回答もあり、将来トラブルとなる可能性のある場所を含
め、4 か所(3%)あります。
現時点では、エサやりをする人と地域住民との間で対立しているようなケースは、
見られませんでした。
6
平成 24 年度「飼い主のいないねこ」調査
(新城地区) 有 2
エサやりをする人と
地域住民とのトラブル
不明 8
有4
無 58
不明
11
(鳳来地区)
不明 3
有2
無 47
(作手地区)
無 110
不明 0
有0
無5
4 今後の対応
「飼い主のいないねこ」でも、もともと飼い主に捨てられた「飼いねこ」であり、
また、その「ねこ」から生まれて増えた「ねこ」です。
「飼い主のいないねこ」が、
「お腹を空かせてかわいそう」
、
「かわいい」と、エサを
与え、その残ったエサが腐敗し悪臭がする。また、エサを与える場所付近に、
「ねこ」
が集まることにより、糞尿の苦情が増える。さらに、栄養状態がよくなることから、
「子
ねこ」が増える。
「ねこ」が悪戯をする。
などの迷惑があっても、犬のように狂犬病
予防法等の規制がないことから、行政とし
ては、有効な対策がないのが実情です。
飼い主が、責任をもって最後まで飼養
する。繁殖を望まないのであれば避妊・
去勢を行うなど、責任のある飼い方をする
ことは当然のことですが、すでに、地域に
いる「飼い主のいないねこ」についても
「排除」するのではなく、私たち人間と
7
平成 24 年度「飼い主のいないねこ」調査
同じ「命あるもの」として、地域の中で
「適正に管理する」ことで地域住民との
共生を認め、地域の問題として、トラブル
の解決・環境美化を図っていくことが大切
であります。
その方法として、愛知県では「あいち
コミュニティキャット推進プロジェクト」
として「地域ねこ活動」を支援しています。
「飼い主のいないねこ」のいる地域の住民の方に、
「飼い主のいないねこ」問題への
地域の対応、また、トラブルなど地域の問題を未然に防ぐ手段として、
「地域ねこ活動」
や取り組み事例を周知していく必要があります。
「地域ねこ活動」とは?
飼い主のいないねこを適正に管理するために、地域住民が主体とな
り、動物愛護ボランティア等の協力を得て、共同飼養する活動のこと。
① 不妊・去勢の手術をする。
② 適切なエサやりをする。
③ エサを与える場所の清掃・管理をする。
④ トイレ等を設置し、糞尿の始末・管理をする。
⑤ 地域で協力し、①~④を継続して実施していく。
調査の内容:飼い主のいないねこの状況
調査の時期:平成 24 年 10 月~12 月
調査及び調査結果の取りまとめ:
新城市環境部環境課(新城市字東入船 6-1)
Tel:0536-23-7677
Fax:0536-23-8388
E-mail:[email protected]hinshiro.lg.jp
8
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
386 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content