close

Enter

Log in using OpenID

JPAセーフティートレーニング 練習課程

embedDownload
パイロットの技術レベル
基礎技術
トラブルを回避する能力
緊急降下手段
振り子運動に対応する能力
上級パイロットの技術
一般的な目標:パラグライダーをコントロールする能力
ピッチング
ローリング
旋回
失速
潰れの対処
ピッチングの理解
ハーネスのコントロール
バンク角をコントロールする
-リズムを知る
-体重移動をどう行うか
-連続旋回、安定した旋回、
スピン
ディープストール
小さな潰れ
ツイストを回避する
SAT
&バリエーション
ツイストを止める、脱出
-ツイストを回避するために必要な反射的な動作とは
翼の非対称な潰れ
-コントール域の確認
コントロールされたバンク角
ブレーク操作
-潰れに対しての正しい理解
飛行速度の範囲
-回復操作
-使用できる飛行速度の範囲とは
-様々な感覚
-体重移動との連動性
ピッチングを起こす、維持する
ロールイン、ロールアウト
スピンエントリー
-フィギュアエイト(大きな半径から)
-片方を引き込み、もう片方をリリース
旋回のバリエーション
-振り幅が増加すること
アクセルを使用した状態から
ディープストールを体感する
の翼の非対称な潰れ
(後ろに倒れる感覚、振り子運動の安定、
-バンク角と速度の調整、連続操作
―非対称な失速
-体重移動、ブレーク操作
―フラットならせん降下
-一定のリズムを維持する
-体重移動の量を変える
旋回時のエネルギーの消し方
-視覚の変化(加速・低速時、潰れの兆候)
潰れていない翼のコントロール
-体重移動の量
―B ストールからのディープストール
加速する旋回に慣れる
-様々な感覚(風向き、見かけの重量変化、
導入動作
ディープストールの段階)
スピン
-翼の非対称な潰れ、飛行経路を維持す
360°
―色々な脱出方法
ブレークの重み
連続旋回
-バンクの加減、速度の調整方法
-リズム、感覚、視覚の変化を知る
-パイロットの意識(失神?)
るためのコントロール
―非対称な潰れのまま360度旋回
ピッチ運動の減衰
-体重移動のタイミング
タイミングよくブレークをリリー
―ブレークコードの操作域を知る
安定したスパイラル
-ブレーク操作によるリズムの維持
SATの維持
パラグライダーによる違い
旋回させながらのコントロール
スしてスピンから脱出する
-ブレーク操作のタイミング
-振り幅の加減
-非対称な潰れから90度ローテーショ
スパイラルからの離脱
-通常滑空に戻すためのブレーク操作
-適したパラグライダーで
ダイナミックSAT
ン、その後に回復動作
ロール運動を安定させる
-離脱時の急上昇を方向転換させ
スピンの維持
―同じく180度ローテーションから
-効果的な体重移動
パラグライダーの動きを効果的
振り子運動を利用する
に安定させる
―各段階でのスピード管理
る方法とそのコントロール
大きな潰れ
フロントコラップス
バック
スピンから操作しながら脱出
―失速した翼
―体重移動およびブレーク操作の加減
-適切なコントロール
-揚力を失う
-急降下を使用しての脱出(ヘリコプター
リズミックSAT
―翼のコントロール
―三次元に動くパラグライダーのコー
-振り幅の加減
スパイラルのコントロール
―後方にひっくり返る感覚
-導入で加速させる、パイロットの意識が
―回復方法
からSAT)
―脱出のタイミング
ディネイト、滑らかな動き
明瞭であるかの確認
―間違った操作、二次的ストール
ダイナミックストール
―緊急降下手段としての操作方法
―振り子運動の影響
フルストールの理解
ウイングオーバー<60°
スパイラルからの離脱
-的確なブレーク操作
-体重移動、ブレーク操作のリズム
―効果的に、同時のブレーキングではなく
―脱出のタイミング
アクセルを使用した状態からの
-パラグライダーのコントロールと維持
- 三 次元 に動 く翼 のコ ー ディネ イ
―体重移動とブレーク操作
―ブレークをリリースするタイミング
ト、滑らかな動き
離脱時の操作方法
ヘリコプター
フロントコラップス
マックツイスト
安定したディープストール
オートローテーションの管理
ウイングオーバー<90°
スパイラルの遠心力を減衰させる
-非対称の潰れ(50%)
、1回旋回、後ろへひっくり返る感覚、緩める、旋転の反対に
-スパイラルからの潰れ
―非対称の潰れ(50%)
、2回旋回、後ろへひっくり返る感覚、脱出
ミスティーフリップ
-体重移動、ブレーク操作のリズム
-三次元に動く翼のコーディネイト、滑らかな動き
-スパイラルからの外翼の潰れ
―翼が潰れた場合の対処
360°非対称
-スパイラルの振り子運動
クラバットの管理
タンブリング
―スパイラルからの脱出
-クラバットからのオートローテーションを維持しながら、操作し脱出
ウイングオーバー(MAX)、360°非対称、反転、トノーバリケ、ルーピング
ツイスター
―飛行方向のコントロール -回復方法
レスキューパラシュートの使用
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
89 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content